イラク情勢ニュース

URUK NEWS イラク情勢ニュース> 占領への抵抗 2004年> アブグレイブ

日常および全般状況  レジスタンス  「主権移譲」の現実  泥沼化した占領  アブグレイブ  米軍の再侵攻  ファルージャ
General situation    Resistance   Transfer of power   Bog down     Abu Ghraib    Re-invasion    Fallujah

(イラク情勢ニュース 2004年5月17日付から)

米誌: 収容者への威圧、「国防長官が承認」

朝日新聞 2004年5月16日 21:07
(ウェブ版asahi.comでの更新日時)
 米誌ニューヨーカー(電子版)は15日、ラムズフェルド米国防長官が昨年、反米武装勢力からの情報収集などを目的に、イラク人収容者に対し身体的な威圧や性的な屈辱を与えることを認める極秘作戦を承認していたと報じた。アブグレイブ刑務所で起きた虐待事件は、この極秘作戦の一環として実施されたものだとしている。 事実だとすれば、国防総省トップの承認の下で虐待が組織的に実施されていたことになる。 ・・・

THE GRAY ZONE  グレー・ゾーン
『ニューヨーカー』誌の報道 (英文)

New Yorker
SEYMOUR M. HERSH
Posted 2004-05-15

http://newyorker.com/printable/?fact/040524fa_fact
How a secret Pentagon program came to Abu Ghraib.

ペンタゴンの秘密計画はどのようにしてアブグレイブに届いたか

The roots of the Abu Ghraib prison scandal lie not in the criminal inclinations of a few Army reservists but in a decision, approved last year by Secretary of Defense Donald Rumsfeld, to expand a highly secret operation, which had been focussed on the hunt for Al Qaeda, to the interrogation of prisoners in Iraq. Rumsfeld’s decision embittered the American intelligence community, damaged the effectiveness of elite combat units, and hurt America’s prospects in the war on terror. ...

 アブグレイブ刑務所スキャンダルの根源は、少数の予備役兵の犯罪傾向にあるのではなく、アルカイダ捕獲を狙った高度の秘密作戦をイラクの収容所での尋問に拡大するために、昨年、国防長官ドナルド・ラムズフェルドによって承認された決定に根ざしている。ラムズフェルドの決定は、アメリカの諜報機関関係者を苦しくさせ、エリート部隊の有効性に損害を与え、テロとの戦いにおけるアメリカの見通しを失わせた。 ・・・・ (英字報道/長文です)


※ 関連 MORE ※
CNN ウェブ版 2004年5月15日 (英字報道)
   REPORT: RUMSFELD POLICY ALLOWED ABU GHRAIB ABUSE

   レポート: ラムズフェルドの方針がアブグレイブの虐待を認めた
http://www.cnn.com/2004/WORLD/meast/05/15/iraq.abuse.main/index.html


アルジャジーラ 2004年5月16日 (英字報道)
   New Yorker: Rumsfeld 'approved' abuse

   ニューヨーカー: ラムズフェルドは、虐待を『承認した』
http://english.aljazeera.net/NR/exeres/8C6F160D-F87E-4739-941B-81E888C33E04.htm


ワシントン・ポスト 2004年5月11日
  Secret World of U.S. Interrogation

  アメリカ式尋問の秘密の世界
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/articles/A15981-2004May10.html?referrer=email

イラク情勢ニュース イラク・レジスタンス・レポート
ショッピング通販『オンリースタ イル』