イラク情勢ニュース

URUK NEWS
2006年 占領への抵抗
イラクの主権は?
レジスタンス運動
米占領下の実態
米軍の動向・配置
世界の論調と動き
記事一覧・掲載日付順
速報&コメント 2006年10月
速報&コメント 〜2006年9月
写真&ビデオ サイト外含む
レジスタンス・レポート
メーリング・リスト

2005年 占領への抵抗
※2005年 全記事
イラクの主権は?
レジスタンス運動
米占領下の実態
世界の論調と動き
※ファルージャ特集2
2004年 占領への抵抗
※2004年 全記事
日常および全般状況
レジスタンス
「主権移譲」の現実
泥沼化した占領
アブグレイブ
米軍の再侵攻
※ファルージャ特集
〜03年イラク戦争の真実
2002年〜03年 全記事
米英のイラク侵攻前夜
  2002年〜2003年3月
侵略と国民の結束
     〜2003年6月
占領下のイラクの経験
     〜2003年12月
バスラ・ネット 日本語版
日本語の記事&翻訳など
重要な記事と事実
オリジナル アラビア語&英語

ショッピング通販/送料
無料/オンリースタイル
外付けバッテリー
大容量でも持運びOK。
USB接続もでき、ノート
PC、モバイルに最適。

    URUK NEWS イラク情勢ニュース
        
占領への抵抗 2004年  Resistance against Occupiers 2004

日常および全般状況  レジスタンス  「主権移譲」の現実  泥沼化した占領  アブグレイブ  米軍の再侵攻  ファルージャ
General situation    Resistance   Transfer of power   Bog down     Abu Ghraib    Re-invasion    Fallujah

ファルージャ特集 2004 Al-Fallujah

※ イラク・レジスタンス・レポート Iraqi Resistance Report ※

2005年は、ここをクリック Al−Fallujah, Now

地図 ファルージャ中心部

1) 写真映像 PHOTO:
   戦闘と犠牲の実態 

克明な記録映像 
(日付、場所指定はココから)

写真で見るファルージャ
 Fallujah in Pictures

ダール・ジャマイル 
Fallujah Pictures
Dahr Jamail's Iraq Dispatches

(更新 renew 28/12/2004)

  地図
参考: ファルージャの地図
  写真ページ (サイト外リンク)
武器を持たない負傷した捕虜が海兵隊に頭を撃たれた NBCnews
  同上 Information clearing house
Destroyed American  vehicles M113
ファルージャ空襲の犠牲者と戦場における米軍 2004年11月
レジスタンスの攻撃で破壊された、米軍の5トントラック
ファルージャ 06/10/2004写真映像: 米軍の攻撃を受けた結婚式
ファルージャ: 米軍の攻撃で破壊された現場
サマッラ: 破壊された家屋、車、命からがら非難する市民の姿など
米軍パイロットが「非戦闘員」のイラク人集団を爆殺し歓声 
 英インディペンデントが報道/チャンネル4放映

2) 本サイト内のファルージャ関連ページ

  2004年12月 December 2004
正直な海兵隊員、損害を認める/モスル米軍基地爆破etc US Marine Confirms.../Mosul Attack
米軍がイラクの医療の障害物に 2004/12/13 US Military Obstructing Medical Care in Iraq
ファルージャの写真  2004/12/09 Fallujah Pictures/Dahr Jamail's Iraq Dispatches
ファルージャの指導者はレジスタンス継続を誓う 2004/12/09 Falluja leader vows to go on resisting
軍の提供映像より個人サイトが生々しい 2004/12/05 Blogger's Display Is More Graphic Than a Military Slide Show
ファルージャ難民が語る殺人ゾーンでの生活と死 2004/12/03Fallujah Refugees Tell of Life and Death in the Kill Zone
ファルージャに行った救援スタッフの証言 2004/12/02 破壊と死につつまれた静寂 The Quiet of Destruction and Death
  2004年11月 November 2004
無視されるファルージャ救援2004/11/30 Neglect Follows Siege of Fallujah
ファルージャの指導者は地元の人間 2004/11/24 Fallujah Leaders Were Local, Not Foreign
ファルージャからの声明: 米軍の犯罪 2004/11/22
Statement from Falluja:  5000 were killed by USA chemical weapons
米軍兵士は即座に撃つよう命令されていた  2004/11/22 Falluja troops told to shoot on sight
さらなる流血、さらなる混沌 Dahr Jamail 2004/11/21 More blood, More chaos /Iraq Dispatches
「解放された」地で、メディア抑圧 IPS 2004/11/18 Media Repression in 'Liberated' Land
米企業メディアにおけるイラク報道の衰退 2004/11/18 The Failure of the Corporate Media's Coverage in Iraq
バグダード・バーニング 2004/11/16 アメリカの誇り Baghdad Burning /American heroes
ファルージャ攻撃に反対した政党幹部を逮捕 /2004/11/16 US forces arrest senior Iraqi official
米軍テロリストがイラクの都市でしていることを見よLook and hear what the American terrorists doing in the Iraqi cities
武器を持たない負傷者が海兵隊に頭を撃たれた! 11月15日
全イラクの医師にファルージャ救援要請 2004/11/9
ファルージャの医師がアピール 2004/11/15
Al-Fallujah doctors issue appeal
詩: 息子を庭に埋葬したファルージャの父親に捧げるTo The Father in Fallujah Who Buried His Son in His Garden
人道援助はファルージャ入市を阻まれた /2004/11/14 Humanitarian aid barred from Falluja
ファルージャは人道的な危機に直面 /2004/11/11 Falluja facing humanitarian crisis
ファルージャで戦闘、病院がまた攻撃された /2004/11/09 Hospital hit as fighting rages in Falluja
イラクからのメール 「奪われるファルージャ」 2004/11/08 Kidnapping of Faluja /mail from Iraq
ファルージャを爆撃、病院を破壊 2004/11/07 US forces pound Fallujah, destroy hospital
  2004年5月〜10月 May-October 2004
ファルージャからアナン国連事務総長への手紙/2004/10/14 Letter from Fallujah to Kofi Annan
アラウィは軍事攻撃を警告/米軍が撤退すべき10の理由ほかTop 10 Reasons for the US to Get Out
サマッラ、ファルージャに米軍の集中攻撃 2004/10/01U.S. strikes at rebels in Samarra, Fallujah
イラクの反乱地域、米軍は年末に奪還作戦 2004/09/19 U.S. Plans Year-End Drive to Take Iraqi Rebel Areas
米軍空襲がファルージャ市民多数を殺害 2004/09/08 US air raid kills many civilians in Falluja
都市が一つまた一つと米軍立入禁止に 2004/09/05 One by One, Iraqi Cities Become No-Go Zones
ザルカウィの役割は米政府の主張と異なる 2004/07/15 Zarqawi's Role in Iraq at Odds with White House Claims
「全土でレジスタンスの勝利を祈る」 2004/08/07 ‘We Pray the Insurgents Will Achieve Victory’
米軍との戦いを促すがイラク人を攻撃するな 2004/07/24 Sunni leaders press insurgents to fight US forces, not Iraqis
米海兵隊撤退後、初めての空襲 2004/06/19 Many Iraqis killed in air raid on Falluja
治安部隊の統制を米軍とイラク人競う 2004/06/15 Americans, Iraqis Vie for Control of Security Forces
バグダッドでは爆発、ファルージャでは会話 /TNS2004/06/03 Violence in Baghdad, Wordplay in Fallujah
米軍との戦闘でシーアがスンニに合流 2004/05/01 Shi'ites join Sunnis in fighting US troops
  2004年1月〜4月 January-April 004
医者たちが証言するファルージャの事態 4月20日 Baghdad doctors report US harrassment of patients
ファルージャ、ナジャフで非常事態 4月5日 Crisis in Falluja and Najaf
ファルージャ救援、参加者が経験した現場の状況 4月12日 米兵が一般市民を虐殺
    Report from Falluja: Americans Slaughtering Civilians in Falluja
ファルージャは米軍の猛攻撃に抵抗 4月7日 Scores dead as Falluja resists US onslaught
ファルージャで殺された米国人は「民間の兵士」 4月1日 Falluja: Private Armies for Hire
死んだアメリカ人は「羊のように」屠られた 4月1日 American dead butchered 'like sheep'
3) 10月〜12月 ファルージャの日々の記録 (イラク・レジスタンス・レポート)
   [2004年12月 December 2004]
12月30日 傀儡(かいらい)軍から脱走した将校へのインタビュー
12月26〜28日 ファルージャで700の遺体発見/ファルージャへの避難民帰還
12月25日 ファルージャの戦闘/ラマディで交渉を拒絶/自衛隊基地から出た外国人殺害
12月23日 サマッラで激戦/米軍から部族長を解放/サマワで自衛隊の通訳を殺害
12月21〜22日 ファルージャ戦/米軍のヒート封鎖を撃退/モスルで学生が反米抗議デモ
12月20日 米司令官、ファルージャ苦戦中と認める/傀儡軍、報道管制を証言
12月18日 アブグレイブ、女性収容者からの手紙/ファルージャで反転攻勢/プロパガンダ・・・
12月16〜17日 ファルージャのムジャヒディンがコミュニケ/大量の武器捕獲
12月15日 メンツ維持を模索/米、最大の攻撃で最大の敗北/北部でも基地撤収
12月13〜14日 米将官3人捕虜/レジスタンスに増援/新たな戦車部隊投入
 ミドルイースト・オンライン 12月13日 ラマディで孤立する米軍部隊
 アルジャジーラ 12月9日 ジャナビ師が声明、レジスタンスは戦いを続ける
12月8日 戦闘態勢/砲撃で少女救う/米兵、二日間で30人以上の民間人殺害
12月6日 赤新月社に退去命令/民家襲撃に反撃/イラク分裂策動
12月4〜5日 撤退後へ提案/盗品販売/冷凍室に250〜300遺体/米軍を逆包囲
12月2日 米軍の市内駐在は名目的/スンニ聖職者を米軍が逮捕
ビデオ: レジスタンスが掌握するモスルの道路
12月1日 村民が襲撃/西部で米軍撃退/アミリヤから米軍退却

   [2004年11月 November  2004]

11月30日 統制を乱して米軍が退却/赤新月社/ファルージャに病院開設

11月27〜29日 米軍の退却続く/周辺から戦士が/救援物資届く
11月26日 外から米軍包囲網突破/包囲米軍の一部撤退/米軍の譲歩?
11月23日 ファルージャ米軍包囲を突破/スンニ聖職者暗殺
11月20日 ファルージャで断続的に戦闘/103体を埋葬、一部はなお放置
11月17日 米軍が化学兵器、焼夷弾も使用/路上の遺体収容
11月16日 ファルージャからのメッセージ/米軍戦車が女性・子どもを楯に
11月15日 ファルージャの医師が訴え: 米軍が残虐行為/写真
11月14日 レジスタンスがコミュニケ:米軍広報に反論/市内はなお掌握
11月12日 レジスタンスが総司令官を任命/モスルを今も掌握
11月11日 救援に向かった医師団に米軍が攻撃/米軍の兵站拠点を爆破
11月10日 レジスタンス側が戦術転換、米軍を市内に引き込み挟撃
11月9日 ファルージャの医師から支援要請
11月5日〜7日 ファルージャ攻撃続く/イラク軍に離脱者相次ぐ
   [2004年10月以前 October  2004]
10月23日〜25日 「ザルカウィ副官逮捕」の真相/米占領下で監獄が不足
10月19日〜22日 サマッラでも「イラク軍」兵士が逃亡していた
10月16日〜18日 ラマダン入りを米軍攻撃で祝う/米軍の雇う傭兵も逃亡
10月13日〜15日 ファルージャで「イラク軍」にまたも大量離脱
10月12日 ラティフィヤとユスフィヤ地域では、激戦の末に米軍主力が敗退
[写真特集] イラクの米軍基地に迫撃砲攻撃/報道されない写真
10月7日〜8日 バグダッド南で最大規模の戦闘/カイム、ファルージャ、・・
[写真特集]米軍基地: レジスタンスに破壊された車両の墓場
2004年10月5日〜8日 各地で連動か/バグダッド、サマッラ、ファルージャ
2004年10月2日〜4日 サマッラ制圧?/ある評価/CIA本部攻撃
2004年9月21日〜29日 米軍キャンプ陥落ハイファ通り/米軍への猛攻
※ 2003年は、<イラク戦争の真実 Truth of the War in Iraq>を参照してください。最初に出てくるのは、2003年4月29日付。つまり占領から間もない時期、ファルージャの民衆に米軍が発砲した時から、住民の反米感情が高まっていく様子が判ります。「スンニ派地域だから」とか、「サダム信奉者が多い」というのは、その後にあらわれた米軍サイドの説明にすぎません。

イラク情勢ニュース イラク・レジスタンス・レポート
[広告] 腰痛ベルト「コレクト」は骨盤をしっかり包み、 日常の激しい行動にも決してズレず、機能を完璧に満たした画期的な発明といえます。 ショッピング通販『オンリースタ イル』