イラク情勢ニュース

 URUK NEWS イラク情勢ニュース> 占領への抵抗 2005 

バース党のwebサイトはサダム副官の生存を宣言
Baathist Web site says
Saddam lieutenant 'is alive and well'

URUK NET
LIZ SLY, Chicago Tribune
http://www.uruknet.info/?p=17764&hd=0&size=1&l=x
 2005年11月12日

 バグダッド発:

 先日、バース党最高指導者でまだ手配中のイザト・イブラヒム・アッ・ドゥーリの死亡を伝えたバース党のwebサイトは、12日にお詫びとあわせて彼が実際に生きていると発表した。

 米軍が2003年に侵略したあと最重要手配者カードでクラブの王様(キング)に位置づけられたアッ・ドゥーリ(63歳)の消息について疑問符が残るものの、矛盾した内容の声明に関する説明はなにもなかった。

 米軍とイラク政府は、アッ・ドゥーリの所在ないし生存に関する情報を持っていないと述べた。ドゥーリは、イラクのゲリラ勢力のなかでも、バース党関係の組織および資金提供のトップである。

 最初の声明はまず11日にAFP通信に送られ、その後、12日朝にはバース党のwebサイトにも掲載された。同日夕にその声明は削除され、「アッ・ドゥーリは生きていて元気だ」と宣言する新しい声明が現れた。

 その声明は、「すべての兄弟姉妹にお詫びする。われわれは先ほど、このニュースは真実ではなく、聖戦士イザト・アッ・ドゥーリは元気だ」という兄弟サラハ・アル・モフタールからのメッセージを受けとったと述べた。

 モフタールはイラクの元外交官であり、バース党の声明が掲載されたwebサイトを運営している。

 米高官は、「アッ・ドゥーリは長年にわたって白血病を病んでいたことが知られており、彼の死亡(のニュース)は驚きではなかった。しかし、ゲリラ活動はいっそう複合的な性質へ、本質的に異なる性質の反乱へと発展しているので、フセイン信奉者の影響力は衰えており、ゲリラに著しい影響を与えたかどうかは判らない」と語った。

 この報道はアナン国連事務総長がイラク侵攻以後では初め、突然のイラク訪問をおこなったときに届いた。 ・・・ (以下、略)

◆レジスタンス・解放軍指導者イザト・イブラヒム・アッ・ドゥーリは生存
Crd Izzat Ibrahim Al-Duri,
Leader of the Resistance and Liberation Forces is Alive and Well!


http://www.iraq-news.de/index.php?option=com_content&task=view&id=2569&Itemid=30

 <イラクとの友好・平和と連帯機構>の議長であるサラハ・アル・モフター
ル氏は、『アル・モハレル』に対して、ドゥーリ氏は生存しており体調も良好
だと確認した。(死亡を伝えたバース党の)声明は真実ではない。

 アルモハレル編集委員会 (Editorial Board of Al-Moharer)


 ※ Al-Moharer : http://www.al-moharer.net/

【参考資料】 今回の「死亡」報道例
読売: 潜伏中の旧フセイン政権No2が死亡?…メールで声明

http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4500/news/20051112i102.htm

 【カイロ=岡本道郎】イラクからの報道によると、旧フセイン政権の支配政党バース党を名乗る組織は11日、同政権ナンバー2だったイッザト・イブラヒム元革命指導評議会副議長(63)が同日未明に死亡したとする声明を欧米やアラブ報道機関に電子メールで配布した。

 しかし、イラク移行政府、米政府ともに元副議長の死亡を確認しておらず、真偽は不明。

 AFP通信によると、声明は「11日午前2時20分、抵抗指導者(元副議長)が死去した」とした上で、「聖戦継続のため、党地域指導部は抵抗の指導責任をアブドルカーディル・ドゥーリ副書記長に移行した」と後継人事にも言及。だが、死因や死亡場所など詳細について言及はないという。

 元副議長は、元大統領フセインの側近中の側近。米軍は2003年4月の政権崩壊後、元副議長が地下に潜伏して反米武装闘争を指揮しているとみて、拘束や死亡確認につながる情報提供に最高1000万ドルの報奨金を用意、行方を追っていた。

(2005年11月12日10時28分 読売新聞)



Saddam number two reported dead
アルジャジーラ (英文)
Saturday 12 November 2005, 1:24 Makka Time, 22:24 GMT


http://english.aljazeera.net/NR/exeres/C8BDF96B-BA73-465E-B582-570C2A57370F.htm

Izzat Ibrahim al-Duri, the fugitive former deputy of deposed Iraqi leader Saddam Hussein, has died, according to a statement from the dissolved Baath party.


An email sent to a Western news agency and signed by the Arab Socialist Baath Party - Iraq Command, said al-Duri died shortly before 2.30am on Friday but gave no indication of the cause.

"The leader of the resistance died on Friday 11 November at 2.20am," according to the statement signed by the Baath command.

There was a $10 million US bounty outstanding on al-Duri, who was said to be gravely ill with leukaemia. He was erroneously reported to have been captured in September 2004.

He was the most senior former Iraqi leader still at large since Saddam was captured in December 2003 from a hole in the ground on a farm.

Reports

Arab satellite television stations broadcast the report based on the email but said they had no independent confirmation. US and Iraqi officials in Iraq also said they were aware of the report but could not verify it.

Abd al-Rahman Muhammad Ibrahim, nephew and son-in-law of al-Duri, said he had heard the report on an Arab satellite television station but had no independent confirmation.

"We don't have such news," he said. "I cannot deny or confirm the report."

In Amman, Jordan, the secretary-general of the Jordanian Baath wing, Taysir al-Humsi, also said he had no information except what he had seen on television.

Right-hand man

Born in 1942, al-Duri was considered to be the right-hand man of Saddam and he held a prominent position in the Baath government.

A top military commander, he played a key role in using chemical weapons against Kurdish civilians, and he also surpervised tribunals charged with repressing a Shia uprising in southwestern Iraq in 1991.


Al-Duri was suspected of being behind several guerrilla attacks against US occupation forces, as well as allegedly brokering an alliance between pro-Baathist fighters and Islamists in Iraq.

Al-Duri had been rumored to be suffering from a serious illness, possibly leukaemia, before Saddam's government fell. He sought medical treatment in Austria in 1999 but had to leave abruptly after human rights groups threatened to file charges against him in Austrian courts.

Last June, the Iraqi government said in a statement that al-Duri was sick and losing influence among Baath party leaders but none the less retained his ability to "recruit terrorists and finance terrorist attacks with money he stole from Iraq and transferred to Syria during the rule of the tyrant Saddam".

Al-Duri had been rumoured to have been arrested several times before, most notably in September 2004, when the Iraqi authorities announced his capture during a raid near his home village near Tikrit. Later, the Iraqi Defence Ministry said the report was false.


Aljazeera + Agencies

イラク情勢ニュース イラク・レジスタンス・レポート
ショッピング通販『オンリースタ イル』