春の親子サッカー大会(2011・5・3)


本日5月3日、
大震災より2ヶ月弱が経過しましたが、
被災地は残念ながら復旧の道のりへはまだまだ程遠い状況が続いております。
本団におかれましてもご実家、ご親戚、ご友人、職場関係といった東北方面にゆかりある方も多いかと存じ上げます。
ゆかりのない方も被災地を思う気持ちをいつまでも持ち続け、一日も早い復旧を共にお祈りすることが大切かと感じております。

そんななかでも、
震災による不安や心配を吹き飛ばすかのように、
昨年40周年記念親子サッカー大会以上にたくさんの方々にご参加いただきました。
ゴールデンウィーク中日にもかかわらず皆様、本当にありがとうございました。

今日はなんだか天気は曇りだったけど、みんな気持ちは晴々して穏やかな楽しい一日でした。


午前・午後の部共にたくさんの試合が行われました。
本日の親子サッカーは巷で話題の8人制主体で行われました。
そして、今日の各大会のトロフィ受賞の栄冠は誰の手にわたったのでしょうか?

親子三世代に渡り参加されたご家族もおられました。・・・ワンダフル!

体験の子供たちも元気いっぱいでした。 そして、1年生のお兄さんぶりもなかなかなものでした。
そう、輝く未来を担う子供たちです。

午後にはリフティング・ヘディング・シュート大会が行われました。

ちょっとその前に・・・
コーチ陣&OBによる新しい試みもはじまったようでした。
ヘディングによるバックパスのリレーゲーム?
何度か繰り返して5人成功か?・・・へぇ〜なかなかやるねぇ〜!

決着つかず、最後みんなに見守られながらサドンデス対決となったヘディング大会でした。
どちらもガンバレ!

今大会の表彰者です。

リフティング大会では6年の部優勝 リヨウくん147回/準優勝 ハヤトくん127回、
5年の部優勝 シュウキくん55回/準優勝 ユウタロウくん53回、
4年の部優勝 トモヒトくん111回/準優勝 コウタくん36回、
3年の部優勝 ソウマくん58回/準優勝 ミズキさん17回が
それぞれ表彰されました。

ヘディング大会では6年の部優勝 ユウトくん10回/準優勝 リョウくん9回、
5年の部優勝 ユタロウくん9回/準優勝 ケイジくん7回、
4年の部優勝 ケンキくん7回/準優勝 トモヒトくん7回、
3年の部優勝 ソウマくん6回/準優勝 ショウタロウくん3回が
それぞれ表彰されました。

シュート大会1・2年の部では優勝 イクロウくん/準優勝 タイキくんが
それぞれ表彰されました。

シュート大会父母の部では優勝 三枝パパ/竹下ママが
それぞれ表彰されました。

表彰された方々、おめでとうございました。

また、6年のリフティング大会優勝者(リョウくん)には長峰杯が、
3年のリフティング大会優勝者(ソウマくん)には生田杯のトロフィーが贈呈されました。

最後は「お礼の言葉」と「終わりの言葉」で、楽しかった大会の幕を閉じました。