BBS Old Contents

掲示板への入り口 アニメイレコム

外から締め上げるとブラックホール。いずれゼロに なる。
内側から展開してゆけばホワイトホールになるかもしれない。



top/最下/08 1月/3月/】


【2008年 2月】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29


/1

やれやれだぜ。。。

昨晩は、複合的な、呪いのラッシュで眠れなかった。
まぜ、バイト現場の右翼どものプレッシャーの呪い。
次に、フロント企業ガス屋のどばしでパンチパーマの従業員にすごまれて呪いの加算。
さらに、凄みを伴ってやってきたゴロツキ警官のおかげでさらに加算。

深夜にもってこられると、いつまでも引きずる。
圧力をかけるプロである公務員が持ってくる、ねちっこい気配なんてのは、最悪だ。
いつまでも周囲の壁はピシピシソニックブームできしみ続け、動的に方々からプレッシャーが飛んでき続ける。
霊的に、敏感肌にされてしまうためだ。

店に在庫がない嫌がらせも多くなった。角煮まん、タイヤ、などなど。その売り場には右翼っぽい人間が控えて睨んでいたりする。
やつらの主張はそもそも「二度と何も買うな、とっととしね」であるからして。

日本は崩れてゆく。
次回の道をまっしぐら、誰にもその全体像は、見えていない。
ただただ操られるがまま、自分の組織のためだけ、
自分勝手」だけが複合して拡散してゆく。

小泉政権のころのほうが実は、「じぶんかって」
は抑圧され、さほど多くなかったように感じる。
ある意味、「叱る親がいない大人たち」を、小泉体制が抑えていたのかもしれない。

世の中、マクロになればなるほど、長所短所を内包する。

たぶん保守派と改革派と、どっちが国や世界を滅ぼすか、の 答えは「前者」だな。
夢のようなことばかり言って、現実を見ない。

いま何をすべきかを要件定義せず、ヒトラーみたいに「まもるから!くわせるから!くにとは?みんぞくとは?」ばかり言っている。
そのくせ、改革派をして、「わけのわからないことをやる、常識に従わない、ヒトラーだ」などと中傷している。

いや、どっちもどっちだけど、上記のように、
いまのところは、保守派のほうが時代逆行で、現実をみず、「任せられない」。

福田政権も慣例的伝統的保守である。

・・・しかし不可解だったのは、昨晩の夢だ。
あれだけ他人のプレッシャーにさいなまれると、当然に夢も操られるのだが、
「福田総理が逃げ回っていて、変装してまであちこちで潜伏して、結局は見つかって、」。

という、安倍総理を追い出したなどと喜んでいる左派や官庁の勢力がみせてきたような、夢なのだ。
まあ、改革つぶしが官庁ならば、そのイヌである警官のプレッシャーで苦しみながら見た夢が、
警官冥利なのはある意味、自然ではあるが。

でもふつう、役人は同時に時の政権のために弾圧するものだ。ならば福田が悪役というのは矛盾する。
共産や民主のさしがねだろうか。なんにせよ、もはや右派より左派のほうが汚れてきたな。根性がネガティブ偏在だ。

 ◇

昼間、外を歩く。数十キロ四方、同じような敵意、プレッシャーで満ちている。
電波、テレパシー波、といった類で、放送のように発信されているものだろう。機械でないとこうまで恒常性は出せない。

当初は、取り組んだり、生み出すために使われていたものが、
いまや制限や禁止や邪魔のためにばかり使われている。
本末転倒。


きょうも、昼食を外食にしたら尾行がわんさかきた。
ほぼ誰もいない久喜のかっぱすしに、オレと同時か少しだけ遅れて、ワーーーーっと忙しく入ってくる。

金髪、頬に傷の若いゴロツキ(足立ナンバー)、昼間から用もなさそうで仕事もしてない感じの中年夫婦(熊谷)、など。
変えるときに逆に待ち伏せして一通り確認した。たいしたタマは一人もいなかったが、パシリで尾行させられる人間なんてそんなもんだ。

「ったくてめえを追いかけてくる面倒がよお」などとぼそっとつぶやかれる。

「泥棒」口に出して野次ってくる。またそれか。

アイデアや思考が盗まれるというならそれは、Winnyである。
俺が盗んでいるならば、盗まれてもいる。

DSやWiiで遊んだことがあれば、クールビズやノーネクタイをしたことがあれば、
おれにとってそいつら全員が泥棒だ。
だがオレはそれでイイと思っている。

しかし、オレから盗まれたと言い張る連中には、それを許せないというやつもいるのだろうか。
いや、ゴロツキの言い分は単なる扇動目的だろうけれど。

政争、抗争、人間の頭脳をバカにする。
ワナでも無根拠でも何でもけしかければいい、そういう発想。オナニーやセックスの最中の原始脳と同じ。

鷲宮神社へ行けば、帰ろうとするところへクラウンパトカー。
最近は警察もオレを敵視する側に回りやがった。

警察に自転車を盗まれたも同じだ。
あのMTBは戦友だった。記念すべき。そりゃ鍵はかけなかったけど、それでもこの近所は3年間盗まなかった。
2003年、RVFを維持できなくなり、それから半年の野宿を支え、
東京浅草橋も、足尾の峠も、家と野宿や買い物先の往復も、ぜんぶこなした。

その戦友を盗んだ連中は今頃、身内の不幸のひとつも起こっていても不思議ではないだろう。

 ◇

皮肉なもんだ。

民主主義の制度で選ばれたプロたちのやることが、民を無視するか 誤魔化すことであり、
民主主義を一見無視するかないがしろにしている連中のすることが、実は最も民のことを考えていたり、

すると後者は感謝されそうなもんだが。

実際は、
・情報操作や風説流布で悪印象、先入観が広まっている
・そもそも民もワガママか無知なため、厳しいことを言われたりすると、反目してしまう
・マスコミや左派右派のように、よかれと暴走してむしろはた迷惑なことも

だから、どのやり方がいいとは必ずしもいえない。
マクロなプロジェクトほど、長短内包する法則もある。


改革とか改善というヤツも、数々の業務事例を見てわかるとおり千差万別だが、
(一部の夢想家が言うような、改革=悪のフレーズの滑稽なこと)

・年寄りの年金や医療福祉も
・若者の未来つまり雇用や主力産業や人生設計も

時代なりにリフォーム、つまり改革しないことには、どうにもならないのは、
みなさん肌で感じておられるとおり。

 ◇

日本がドンドン終わってゆく。
タガがはずれ、
ネガティブ心理が主導権を握り、
魔女狩り、
罪人粗探し、
公開処刑の横行、

どんどん、悪魔に支配される傾向は強まっている。
広域洗脳電波が、平常心の人を皆無にした。

おれも心身ともにどんどん病状がひどくなってきた。健康さは影を潜めて久しい。


2003年、いきなり末弟が心不全で倒れて(つまり、おれが今日も昨日も味わった「外にいると襲ってくるプレッシャー」により)

その直後から新宿や自宅周辺でごろつきや大学生などに一心不乱に尾行されたり脅される、
やたらパトカーが付回してくる、
ことなどが日常化して、

・兄弟二人を殺され、
・意味もなく5年間以上、追い回され健康を奪われ、

そいつらの一味に「泥棒を教育指導しています」などとウソの風説流布される屈辱。

本当に教育なら、高校と比しても3年間で進化、進歩、してなくては教育者失格だ。
つまり、教育者としては無能なのだ、あいつらは。単に教育といいながら弾圧をしたいだけ。思想つぶし。


日本が憎い。弾圧に追い風ふかすいかな外国も憎い。




/2

きのうは、出歩けないほど、すごいプレッシャーが、空から降り注 いだ。日中ずっと。

おそらく、FM波などの短距離電波か、
それと人的なプレッシャー発信との相乗作用、

そのようなところであろう。
蓮田から上尾、白岡、久喜南部までは、おなじプレッシャーが感じられたが、
久喜北部あたりで、いきなり止んだ。「圏外」なのだ。直径10km圏くらいの”集中攻撃”だったらしい。

電波が、空気が、人を縛り、操り、殺すのだ。

体を操られれば心不全。
心を操られれば発狂か自殺。
意思をハッキングされれば、脅しや野次などのテレパシー通信が飛んでくるし、思考は盗聴される

電波であるというのは、いくつか理由がある。

・曇天や雨天で減衰
・現場へ尾行してきて、顔を合わせるゴロツキやカルトの末端工作員は、携帯電話を、プレッシャー伝達の「幇助ツール」として多用する

彼らの陰謀、弾圧、脅しは、まさにケータイなしには、為しえないの だ。電波と、通信機器がなくては。

テレパシーの中には、
ハングルを誇張してにおわすことが見受けられる。サランヘヨだの、アニョハセヨだの、将軍さまだの、強制連想を余儀なくされる。
つまりその局面においては、朝鮮系の工作員が仕掛けてきているということだ。
なんせ東京から、九州よりソウルのほうが近い。放送電波やテレパシーが飛んできても不思議はない。

右翼のとき、カルト宗教のとき、米国のとき、政府のとき、一般人のとき、
みな、個性が出る。顔や、話し方の、まんまそのまんまに。

 ◇


きょうは自宅にて、関根犬に噛み付かれた。

このところの、トレンド傾向である。
たぶん今月に同じような出来事を書いてると思う。

関根主婦「あれ、まーだやってるやついるのねえ」
どっかの主婦「そうねえ、久々にやろう、健康のために」
たぶん相方は、公明党信者の伊藤と言う家の主婦だな。

「健康のために」、といいながらむしろ、こちらの心臓が締め付けられてゆく。
密室拷問と手法が同一だ。

この近隣の秘密警察的過剰な監視や嫌がらせに及ぶ、
いわば「自民公明的な 集 団ストーカー

ネガティブの気配を受け入れ、身にまとった、悪魔のような勢力。
自分の家族職財産は温存したまま、睨んでいる近所の人を気配で追い込み健康や職を奪い殺す、悪魔のような人種。
やくざよりある意味悪質な、ファシスト。

石井家は、比較的穏健であまり態度に出さない。西向かい
関根家は、転入当時0503から、その西隣の古田と共にかなりタカ派な攻撃的監視を仕掛けてきた家。西南向かい
岡田家は、やや関根家に近い。北隣

やはり、ワル、盛んに暗殺行為やいやがらせを仕掛けてくる家ほど、
05年03月以降のテキストに、頻繁に登場する。

簡潔にまとめれば
・ボケた婆さんを頻繁にけしかけてきた。深夜で寒いのに外へ追い出してボソボソいつまでも罵らせるなど。
・石井やグリーンハイツ他、仲間の工作員の主婦を呼び出し、集団で罵る(今日のように)


なんせ、円卓を囲まないから、いつまでも話など進まない。

・金返せといいながら、口座も金額も氏名も教えず
・悪党といいながら、罪状も確定せず適当に罵るばかりで

5年前からずっと、罵る中身にアップデート皆無。

こんな勢力の居る意味など、無い。上記がすべてではないか。

それに比べれば、おれは無数に成果を出している。
DSやWiiはヒットしているし、ノーネクタイも定着させ。
まだまだ数重のパテント的成果を、方々に無償提供してある。

自警団気取りで他人様の人生を潰し、
5年間も幽閉し、人生を停滞させ、健康を奪い、

そのくせなんの成果も上げない。おれとは対照的な、毒虫のような勢力。
で、こうやって真実をぶちまけていると、テレパシー越しに察知し、気配で心臓を締め付けてくる。
つまり、カルト宗教的、「反省しない人種」である。自分の欠点を言われると、相手を殺す、ファシスト。


こんな、殺人工作員世帯だらけの地域でさえ、世帯ごとに特色は大いに出る。
まったくノンケ、さわやか、なんの曇りも無い一般人の世帯が大半である。
一部の人間たちが群れておかしなことをやっている。


ネガティブと(不快感、内臓や血管締め付け)
ポジティブと(快感、健康増進)

気配の特性に差が出るそのまんまに、
悪魔
天使

に属している。
悪魔の気配にやられても、霊験ある神社や寺などに漂う気配で、回復できる。

悪魔側は、痛めつける、危害を加える、ことをためらわず、むしろ嬉々としてやる。
究極が、天候を操り、米国に台風を突っ込ませる手口だ。日本海側の震災のいくつかも、同様の手口らしい。

究極、おれの兄弟を心不全で殺して(見せしめ)から「服従せよ 反省して自殺しろ」
と仕掛けてくる。やり方がいちいち西洋的で、日本人らしさが無い。

こないだ、隣室の村田へ、19時過ぎの暗い中を訪問しドアを叩き、
「てめえがなにもかもしゃべっちまうからだよおおお」などと、
しわがれた悪魔の憑いた声でつぶやいて逃げていった自治会役員も、公明党信者の伊藤だと思われる。


こうした、生産性が無く、むしろ廃墟や死者を増やすような、
無意味な勢力を縮小しないと、日本に救いは無い。
なんせ、官庁も与党政府も、おなじネガティブで動いている。

「呪い」は上層部から直撃しているから、定期的に与野党が交代するなりして、
照準から身をかわす、呪いの蓄積を和らげる、しか、手が無い。
外敵により狙われた結果かもしれないから。
政府が移動するひょっこりひょうたん島くらいでちょうどよい。せめて人員の不定期交代を。

ノンケが総人口の半数くらいにまで落ち込んだ、といった前提を想起してもらいたいものだ。


書いてて、まめに心臓圧迫や、思考停止(忘却誘導)などの、
心身を操る念術で、ちょっかいを出されていた。

書かせまい、
やらせまい、
無力化、あわよくば暗殺、

ネガティブだから、信じがたいポリシーで動いている。
妻子いる亭主どころか、その妻子までもが家族総出で襲い掛かる。

「リアル鬼ごっこ」は、警鐘のためのノンフィクション。一部脚色。


似たような民間諜報委託、あったのだろう。
だが最近数年間で、変貌振り、凶暴ぶりに、驚愕している人間が増えていることから察するに、

いきなり洗脳が強まり、
異常な勢力がより異常になる、過激化が進んでいるのは間違いなかろう。

米だの北だのに操られた結果の可能性は高く、
国を破壊しよう略奪しようなどという魂胆である場合、

「乗ってはならない」
「慎重に、思慮深く」

を基本理念にせねばならない。

周囲がやってるとか、
正しいといわれてるからとか、
空気に合わせて、

というのが危ない。個々で考えるようにされたい。空気は操られ、KYは自衛手段である。

 ◇

5年も10年もただ閉じ込め、拷問で弱らせ、
健康を奪い、内臓や血行の致命的な疾病を煩わせ、

立派に中世や近代の国家による拷問、弾圧、処刑である。

冗談ごととか、
実は芝居でしたとか、

そういうレベルでは済まされなくなっている。


おれひとりだけでも、
5年10年が停滞し、ただ自宅幽閉や、就労妨害の極貧を余儀なくされ、
まるで”生きた屍”のように無為に過ごしたのだ。

末弟と次弟は、暗殺された。

おれとちがい、ま昼間に空から襲い掛かるプレッシャーや、
右翼やカルトの殺気を含んだ追い込みに、耐えられなかったのだ。
若いから。25だの14で自衛できるわけが無かった・・・

おれは数ヶ月で、三流や二流を一流に育ててきた。相手がMBAでも鍛え上げ、総理でも助言した。
だがあいつらは、ネガティブで、生産性が無く、潰すだけで、5年間かけておれを阻止し、幽閉するだけだった。
5年間の総収入はおそらく150万にも満たないはずだ。ゼロで暮らした数ヶ月、などという地獄のスパンもあったのだから。
総理の1か月分の給料で、5年間をしのいできた。

泥棒国家。
暗殺国家。

ひとを掃いて捨てるチリくらいにしか思わない、気位の高さ、魔性。

支配者を固定してはならぬ。
悪魔の気配への感染度を減らすためにも、交代制を。
照準固定だから、ひとところに同じ人間が居るほど、体内蓄積、悪魔化が進む。
祓い方を、きちんと心得ている人材が非常に少ない。「知らねば」対処などしようとするはずが無いし。
政府機能を大宮や蓮田や松戸や真間や町田や相武台など、転々とするくらいでちょうど良いだろう。

 ◇

以下、思考停止で、思い出すのに2時間かかった。
それだけ「書かせたくない内容」だということ。


ネガティブ勢力の、最大の非人道的な、国益に反する、オペレーションとは、かようなも のだ。

おれの頭脳を絶えずテレパシーで盗聴してるわけだが(不定期に)、

悪い予測や予感は、高確率で実現させる。
・逆に、よいアイデアや取り組みは、ダメになるように、冴えない ように、悪評、評判今ひとつ、となるように余念がない。

どうも最近、オレがらみのオレ陣営のアニメ作品に、古さ、イマイチさ、目立ってきている。故意の悪意で。

この「動機」を見ても、
外敵による、「洗脳侵略」が根本にあることは、

にわかには信じがたいが、

”明白”なのである。

運命を操作するマジックも、
いくらで善用できるし
悪用も際限なく可能だ。

だが、国民は普通、
国家を、破壊とか、わざわざ事態が悪くなるように、誘導しない。 外 敵に比べれば、遠慮がある。

たとえ内紛、政争であれ、

・震災や悪天候を引き起こし、国土を荒らしたり、
・国民全員を悪魔に憑依させ、ネガティブに染めて争わせたり殺し合いをさせたり、

元来的な日本人は、そういうことにビビる、できない、民族だった はずだ。

根本が西欧で、子分が朝鮮半島など、と
ネットで検索すれば、簡単に見つかる概念を、何度も何度も説くのはそういうことだ。

お人よしの日本人よ、操られるな、誘導されるな、

互いに警戒と理解と、自分の冷静な判断で使い分けてゆけ。
警戒ばかりすれば外敵の思う壺、
理解ばかりのお人よしでも付け入られる、

知性が、ものを言う。

都心ど真ん中でふんぞり返って威張りちらしてオレを弾圧している”お偉い爺さんや木っ端役人”たちも、
おそらくは外敵に操られていることを自覚しているまい。自分の意思で意地悪であると、思い込まされ「過ぎて」いる。

誘導に乗れば乗るほど、気分は良くなる。
逆らうほど、心臓が締め付けられ、苦しくなる。


。。。ま、操られし政府や裏社会とて、
操っている側の利益供与を当てにしていて、子分に成り下がっている傾向もある。
オレに対して「お情けで生かしてやっておるのだ、利用されてでも生きられるだけましだろうが」
などと、伝言してはばからない連中だ。

狂わされた上流の連中も十分に厄介だ。
下々まで狂わせて従えて、ファシスト部隊となって襲い掛かる。

個々が自己防衛して生きる傾向に、世界全体がなってきている、
その理由のひとつが、これだと思う。

 

おれらがあたらしいんだ、
もう時代が違うんだよ、
すっこめ、

そういう言い方をする連中には、いつも付けねらわれてきたが。この数年間。命が危ないなんてしょっちゅうだ。

彼らがきちんと魅力を見せたのをほとんど見たことが無い。
虚勢とハッタリで、あとは勢い任せに、市場とか主導権を、”奪って”いるように見える。

覇権だけが目的の、虚業勢力。まるでホリエモンのライブドア。
でなきゃ西のヤクザが東のヤクザにすげかわっただけ、みたいな。
単に自民と民主が置き換わっただけ、みたいな・・・あれ?

・・・今の世の中、きちんと時代が進んでいるように見えるか?
逆に老化逆行してないか?
不変で済んでるぬるま湯体質の旧来的な某部署が仕切ってないか?とらのもんの近くにあるような。

アニメやドラマも、
かつての工業のような次々に斬新にステレオがラジカセやウォークマンになるような”進化的”ではなく、
服飾モードみたいな”サイクル的”になってきたけど。(世界文明のフェーズがそこに差し掛かっているから。)

ヤッ ターマンをリバイバルする際、まんまヤッターマンのまま中身もそのまんまで、
ゴールデンタイムに持ってこれる神経が信じられない。

どういう政治圧力なのかと。

第一話をチラっとみて、あまりのつまんなさ70年代当時の流れの再現にこだわりすぎてるアホさに絶望したよ。
コナン、犬夜叉はよくて、結界師でやや落ちて・・・・今度はなんだこりゃ???

まだ、きらめきマンのほうが発想は若いよな。カレイドスターのタイムドカン最高だよwww
ガンダムをコードギアスにするのも若い。
でもおそらくヤッターマンやらせたボケ老人たちは、ガンダムをガンダムのまま再現させかねない。

サイクルの意味がわかってない。レプリケートに再現すればいいと思ってやがる。

老人だらけだろうが、
老若混成だろうが、
現チームはダメだ。おれを排他出来るほどの能力を有していない。グレンラガンと同等のクオリティなんて永久に無理。

だいたい、最初から排他思考、奪う、追い出す、
そういう、やくざ的、カルト的、なネガティブ理念である時点で、
いいものなんか生めるわけがないんだよ。

私利私欲を捨て、薄給とかボランティア、損すらかぶる、
そうやって日本アニメは成長してきた。

給料度外視の職人の意地だけが、品質維持に貢献してきたんだよ。

アニメに限らない、政官財業、すべて。
民業の底辺ががんばっちゃうから、上流の政財界がメチャクチャでも、支えてしまったんだ、
それは、罪でもあるんだ。
だから、ストライキや春闘はもっと、現代なりにアレンジして、盛んになってもいいと思う。ボイコットをうまく活用しないとね、双方の、全体 の、変革や進化のために。

サボタージュで生まれる新生日本もあろうと。

/3

思考停止や、
テレパシーによる意思疎通を奪う、

”ジャミング電波”がひどい。

まともに思考できず、
すぐ忘れ、
脳思考じたいが鈍化し、やがて停止する。

 ◇

毒物ギョーザ事件は、

グリコ森永系か、
狂牛病と鳥インフルエンザ系か、

どのみち、5年前からわかってたことだけどなあ、中国食品の危険性は。
弁当とかお惣菜とか、トレーサビリティ(産地)が表記されない商品が危ないんだよね。

・・・・だから、
今でも狂牛病牛丼を平気で売る、吉野家はボイコットし続けている。買うとしても豚丼だけ。なるべくすき家。
高卒なりあがり社長も、そういうモラルハザードには疎いらしくてね。
そういうことばかりブログで明言しているせいで、
栗橋のカミッサリセンターや、
浜松町店の皿洗いなんかにおびき出されて、(近くにヤクザの黒ベンツ止まっててこっち見てる)

散々嫌がらせされたよ。
うろ覚えだが、おなじ場所(浜松町駅近く)で、別の用事で別の日にきたとき、
その社長が待ち構えたように立ってて(ハイヤーが待ってる)、
こっちみてニヤニヤしてた気もする。「あー、あいつかー」とか言って。たぶん当時のブログか日記に書いた。

そもそも、2003年に政府や右傾団体がらみの組織的な追い込みをかけられるようになって、
田無在住で、田無駅の吉野家に見慣れない百姓顔の店員がいきなり居て、
並盛りを半分盛りでよこしたり「あいつキモイぜギャハハ」なんて影で騒いだり、
明らかな右翼筋のニセ店員がやってきた、

印象的な出来事が、吉野家だった。

http://www.geocities.jp/kasumin777/sho.html
 ・吉野家で並盛を頼んだところ、通常の3分の2しか盛ってこなかった。
  しかも店員と面識はないのに、中傷のオンパレード。(田無駅店)
  気のせいか、見かけない顔ぶれだった気がする。

  そして、表にはガタイのいいコート男が柱に寄り添ってこちらを見ていた。
  近づくと、馬鹿にしたように笑った。

 ・同じく吉野家で、廃棄寸前のドロドロのを盛られた。(浦和R17店)
  店員、陰口で「どうせ捨てるんだから、あの人にはあれでいいんだ」

政府による右傾弾圧に、加担した企業はボイコットする。永年で。

・吉野家牛丼
・東芝製品


 ◇

また早朝からプレッシャー威圧攻撃。
寝起きの1時間、サイコキネシス攻撃の応酬である。けっきょくは俺が勝つのだが。

よくもまあ、早朝、深夜、いちいち近所の他人様を敵視し、監視、攻撃できるよなあ。
おれなら、無理。大金積まれても無理。そんな疲れる、荒む、任務は続かないし、やる気が起きない。

弾圧に傾倒、従事、できる人間は、それくらい、異常なんだよ。
平気で他人を蹴落とし、命さえ奪っても目を背けられる、あつかましさが要求される。

深夜も心臓狙いの激しい電気ショック。
発言が政治経済レベルになると、きな 臭くなる。


/4


どうも、いつもプレッシャーで脅してくるハゲジジイ、ニセ社員かもしれない。
こいつだけ、一切仕事しないのだ。

荷物分別ラインの工場。みな必至な形相で動いている。
だがこのジジイだけは、どこからともなく現れて、何もせず、
プレッシャーかけ、
近くの作業してる人間に話しかけ「あいつがいると邪魔なんだよなー」などと野次を飛ばすと、
またどこかへ去ってゆく。

持ち場がラインごとに決まっている現場なので、どこかへ去ってゆく人間が居るはずはない。

顔がヤクザ、
気配もヤクザ、
真っ赤なジャンバー、
みなおびえた形相で見る、

まあ、ベタだよな。

この爺は何も言わず、
周囲の人間を操り、
操られた人は、いきなり必至の形相で俺の後ろに来ると
「悪いやつは帰れ」
などとつぶやいて、逃げるように去ってゆく。

この数年間、見飽きたパターンだけどな。

コープへ寄る。
スシの試食だという。作ったばかりで3割引きだという。
ちくしょう、おぼえてろ、などと店員がぼやいている。
店内では、殺虫剤餃子のお詫びアナウンスが流れている。

タイヤ屋へ寄る。
チョイワル小僧どもが群れていて、「あ兄貴すんませーん」といったかんじでへりくだり、道を開ける。なんだこりゃ…
だが、その群れを率いているらしいおっさんが、あれこれ喋ってはプレッシャーをかけてくる。
旧式め、弱い、などと野次る。

もう強さには興味ねえんだがなあ・・・腕力でサブプライム問題も政治閉塞も解決できないだろ?
いまのオレには知力と、陰で支えてくれるシンクタンクたちがいる。国際紛争からサブプライムから政治改革まで、なんでもござれだ。
それに政争抗争に巻き込まれまくり、そろそろ施したりケアして、感謝される側にもなりてえからな。

総じて、
・自分の立場しか考えず
・相手を無視し、自分の言葉で喋る

やつばかり寄ってくる。もう5年以上か。


考察

14年前、まだオウムが騒ぎを起こす前。阪神震災の前。逸見さんが亡くなった直後。

あのころは、おおらか、大目に見る、気にしない、
そういう人間が「普通の日本人」だった。
まだまだそういう時代、人間性だったと記憶する。「ま、いいじゃねえか、そんな目くじら立てなくて」というような。

当時、やたらと人を観察しては
「あの人はいい人ね」
「あいつはダメなヤツよ、悪いわ」

などと、品評するのが日課な人がいた。
創価学会員の、大家である。

珍しく思ったものだ。
大宮で育ち茨城へ引っ込み、また進学で出てきて、大宮とか東京にも慣れて。それでも、珍しく思った。
新聞屋として家庭を回ると、公明支持者だけが、しつこく票をくれ票をくれと勧誘してきた。

いま、2002年以降くらいから、
広域電波によるのか、変な洗脳が日本中を覆ってしまった。
人々の習性、性格が、激変したのだ。
・陰険
・意地悪
・目の前で品評する
・目の前で悪態をつく

どこかで見たことがある・・・ そう、思い出せば、創価信者の大家だった。

おそらく、与党になった公明党が、日本中を、「創価信者にかけている洗脳」で、染め上げたのだろう。

・放送電波
・電話電波

あたりに、混入しているようだ。

/5


きょうも、まったく仕事しないヤクザハゲジジイが巡回を重ねて威圧してきたり、
そのスネ夫みたいな若い子分が調子付いて仕事の邪魔したり、
昼過ぎに威圧のラッシュをかけられて卒倒寸前になったり、

まあ、いつものパターンだな。

常勤バイターがやくざ系、
期間バイターもなぜか同時期に入ってきた、実は常勤とグルのやくざ系。
セットで阿吽の呼吸であれこれ仕掛けて来る。

「おれたちのおもちゃ奪いやがってよお」
とは、どういう意味だろうか。わけがわからん。

スーパーへ行けば、また待ち伏せ。若いゴロツキ、不審なジジイ。
気配が悪くてしょうがない。ころすころすと強い思念が飛んでくる。思念の強さだけなら、最近ではみかけなかったくらいに。
10分近くもクリーニング屋と話し込んでる爺。おれが何度かちらちらみると逃げ出した。
メールがどうとか、クリーニング屋に無関係そうな話を始めて逃げたところを見ると、やはり追っ手だったか。
追っ手が居なくなれば、同じ場所でもいきなり魔界から人間界へ変わる。静穏になる。

経済とか政治とかいう以前に、日本で一番心配なのがここだ。

誰もが、やくざや、創価のようなカルト系の、気配による「洗脳、威圧して相手を痛めつけ殺す術」、をいつのまにか身に着けている。
それは悪魔だ。人が苦しむのを見て笑い、追い出したり発作で倒れるように威圧するのは「いいこと」と思い込んでいる。
だから、人が苦しもうが、笑っているし、意気揚々だ。

天使属性には、それは不可能。つらい人間を見ればやめろといい、相手が誰だろうが張ったおす。
ある種、神と悪魔の戦いの、代理戦争だ。地上は悪魔が優勢なのだ。

なぜか。「バブル崩壊後にたくさんの人間を国策で殺した」からだ。

企業から、追い出し、苦しめ・・・残る側の全員で笑顔で。
そこへやくざとカルト宗教がつけこんだ。政府と裏でつるんで、リストラのための嫌がらせや暗殺をビジネスにしてしまった。
どこへ入っても追い出され、嫌がらせとプレッシャーを受け、自殺に走る・・・・つまり日本政府は都合が悪くなれば殺す”暗殺推進国家”になってしまった。 15年前には。
(集団ストーカー で検索するといくつか説明文献が出てくる。)

もうそれから15年、味を占めた悪党は、それを続行したいのだろう。
だから、世の中を明るく、透明に、前向きにしよう、などという動きには、噛み付いてくる。
暴力という商売のタネが半減するからだ。

現状維持は、日本を滅ぼす。
社会や人間が残っても、心はほとんど悪魔で埋め尽くされる。

パターンを根本から変えないといけない。

 ◇

ゲンダイ
この不景気はこれから大不況に悪化する
    「日本経済はもうリセッション入りしている」とゴールドマン・サックス証券が衝撃的な報告を出した。
 その中では08年の日本の成長見通しを1.2%から1%に下方修正している。
 日本は再び不況に逆戻り。しかも、その理由はサブプライム問題ではなく、内需の 不振だというのだ。
 おまけに輸出は減速し、消費は低迷の一途。
 この不況はハンパじゃなく、日本経済にトドメを刺す恐れがある。
 それも福田無能政権の経済無策が最大の原因。さらにその根本には、小泉デタラメ 改革による国内の雇用や社会保障の破壊がある。

いや違うだろう。そうでもあるが、むしろ、

きのうきょう、オレを待ち伏せやストーカーして、様々な手段で痛めつけている、
組織暴力頼みに私利私欲だけに走る、
人命をなんとも思わない、

そういう連中が幅を利かせているからで、幅を利か せていいよと、結託してお墨付きを出してしまった歴代政権が悪い、ということだ。そういう話だ。

頭の悪い集団暴力とか、
経済なんか衰退したほうが日本のためだ、などと本気でいえてしまう頭の悪い集団暴力や老人世代とか、

彼らが、つまり日本人の数割が、日本を滅ぼしたがっている。私利私欲や、無知から来る願望によって。
個々は、自分たちや自分の属する組織の身勝手な欲望が、全体の滅びへ繋がるなどと、そこまで深くは考えていない。バカだから。
人々が捨てたゴミや排気排水で、地球が滅びる理屈だ。

バカは、対策をしない。バカほど平気で道にゴミを捨てる。
常に、知性が環境だの治安だのの、公共性でグローバルな、対策をする。知性と品性抜きにはありえない。

別に、政官財エリートを擁護してるわけではない。むしろいまの彼らは国の歩みの、足を引っ張ってもいる。
知性とは、どこにでも居る。どこにいる知性が役立つかなど、わからんものだ。

日本よ、利口になれ。
心優しい利口に率いられ、浄化を果たせ。

それはカルト宗教には無理だ。たいていの組織団体には無理だ。
染まらぬ勇気を持つ人間。日本で何にも染まらないというのは、大変な苦労と勇気が要る。


・・・上の新聞記事にもう少しツッコムと、
小泉改革は、片手落ちだっただけだ。決して成果としては悪くな い。
新庁舎を建てる改革なのに、壊すだけで終わりにしてしまった。「破壊と再生」はセットだ。

だから、安倍以降が継承し、再生と改善に努めなくてはいけなかったのに、
バカや古くて見識のない勢力が、改革そのものを潰し、頓挫させて しまった。

いま、政権や裏社会などでのさばってる連中こそが、小泉以上に、悪党である。

福田政権はたまたま、古臭くて経済オンチなのが大いにあだになっ てしまっただけ。運が悪かったとしか言いようがない。
だが時流に合わない社長なら交代させればいいだけのこと。
部署全体が対応能力に欠けるなら、補強や再編をすればいいだけのこと。

ゴシップがバカだから、こき下ろし方を間違えているから、
いつまでも国民も、間違った認識を持ち、正しいことが知れないで居る。
おれは独学、独自調査で、すべてを知ったよ。

ゴシップは不都合だから書かないが、
民主党の経済政策能力も疑問だ。とても改革派と呼べるようなチームは組めず、成果も出せないだろう。

だから、再編だ。全部解党し、組むべき同士が組みなおし、時代に見合ったチームで再度勝負するのだ、国を挙げて。

小泉派がやった改革は彼らにしか出来ないことが多々ある。再度参加してもらうしかない。
だが今度は破壊ではなく再生(Rebuild)だし、右傾軍事は腫れ物として無視すべきであるので、
前と同じようにぞんざいにというわけには行かない。むしろ対話や情報公開を厭わない福田流もバカには出来ない。

すべてを例外なく、一般市民のためになるように変えてゆく「覚悟と勇気」を見せられたとき、
多くの庶民無党派が、応援し賛同するだろう。
どこかインチキ、実はさわってない部分がある、すぐバレるだろう。

 ◇


昼のカワチ薬品で、いきなり中年奥さん二人に「ねえねえ、絶対あの人よ、(テレパシーが)やかましいったら、もうっ!」
とか、鬼のクビでも取ったかのように叫ばれたので、じろじろ見つめてあげると、目をそらす。
人の尊厳を貶めるようなことを言っておいて、目をそむけるとは。
しかも言い訳がましく「気持ち悪いわ」とか逃げに走り出した。

こういう人間ばかりだから、困るのだ。

思い込みや先入観だけで、突っ走る、被洗脳人間の、 なんと多いことか。

日本は滅びる。この病で。

いい気味だ、ざまあみろ、などと面識もない人間がやじるたびに、逃げてゆく。目を合わせるのを怖がる。
なんで、逃げの姿勢なのか。相手が罪人だとわかってるなら、堂々とすればいいじゃないか。なぜ糾弾するほうが逃げ隠れするのか。

催眠だ。正気じゃなく狂気。冷静な判断力を奪われ、空気中を飛んでくる情報に盲信しきっている。

日本は滅びる。この病で。


http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20080204/146231/?P=2
 どれだけ成果を出しても、上司は人事評価を巧妙に使い、あなたを潰すことができ ます!
 悲しいけれど、これが会社なのです。筆者も、会社員時代、無念な思いはたくさん しています。

会社員なら、な。
給料も出ない、援護もない、孤立無援のタダ働きでは、大いに話は違ってくる。

会社がメチャクチャでも尽くすのは人生を支えてくれるからだ。
人は、一銭にもならない困難な事業を背負うとき、同義や理想だけに走る。上司にこびる必要など微塵もないからだ。

毎日毎日与党とべったりなやくざ筋の放つ殺人的プレッシャーでもういつ死ぬかもわからん容態だ。
だが治療費も出ない、食い扶持はすべてアルバイトで稼がなきゃならない。
ブログで何を書こうが、どっこにも属さず、一銭ももらえないし、どの組織の援護ももらえない。

それを、まるで雇っているかのようにいうならば、そんな日本など滅びてしまえと、憤懣やるかたない気持ちでいっぱいだ。
ニンテンドーDS開発のキッカケを作ったのにDSくれない日本などなんの魅力もない。

おれはすでに、兄弟を 政府&ヤクザに暗殺され、
実家に乗り込まれリフォーム詐欺を契約するよう強要され、プレッシャーで洗脳されて狂った家族たちが争いを繰り返し、一家離散してしまった。(2003
フツーの人間ではない。恫喝や、懐柔が、通じる一般人ではない。あす死んでも悔いはない、というか自分が存在する価値を感じない。
タダ働きしろ、しかも媚びろ?バカにすんじゃねえよ。

承太郎は、きょうもメモをつけている。YESYESYES!


なんか不始末があって、報復で殺すというなら、とっとと殺すはずなのだが、
おれを苦しませることによほど意義でも見出しているようで、「ゆっくり殺してやる」とよく言われる。素人まがいよりは、よりやくざに近い追っ手工作員に。 現場のはげジジイなんかがまさに。

くだらない暗殺ビジネスや余興につき合わされているのは確かだ。
どのみちもうこの体は永く持たない。心臓はじめヤバイ兆候はいくらでもある。

だからこそ、最後まで徹底抗戦できる。健康も家族も気にする必要がない。おれからすべてを奪った連中、政府やヤクザやカルト宗教系も含め、に対して。

/6


昨晩は、総攻撃を受けた。
深夜4時にたたき起こされるパターン。
ものすごい、電磁波での攻撃。数十秒おきに心臓めがけて電気ショック。

しつこくなるほど、威力が増すほど、報復要素が濃いということ。

職場での嫌がらせも、スケールが増していた。
いつものハゲジジイ、きょうは露骨にサボタージュ。
いっさい、何もしない。

面倒くさそうにやろうとすると、周囲が慌てて代わりにやってしまう。
あきらかに、やくざだ。気配も、人相も。

一日中、一生懸命仕事をしている人々の背後へやってきては
「あいつきにいんなくねえ?」
などと話しかけ、同意を強制していた。
急いでやってきた従業員に話しかけ、固まらせて、困らせてニヤニヤしている。

みな、困っても従うしかない。
いまのやくざ連中は、気配で意思も体も操ってくる。
一緒にやくざみたいになって、脅したり、野次を飛ばす。

基本的に、だからおれのような”操られ抵抗力”のある人間に目くじら立ててくる。

「気に入らないとおもっても、色々教えてもらえるんだから黙って従っとけ」
と、半分自意識で促してくる、従業員。

だが、あのやくざのいうこと、”操る気配”
従えば従うほど、自分がロボットみたいになって、ただ操られているだけなのだ。
自分で判断することが、無効になってくる。

これが、日本中を今席巻している。

いわば詐欺師勢力だ。だからおれもその一環として詐欺師呼ばわりされることがある。
悪評流布部隊の扇動も手伝って。

あのジジイは、いわば、おれの姿なのだ。
いつもそうだ。芝居のように「におわせる」のだ。
おれの姿を、より醜く、より悪そうに、誇張して演じてくる。

自分じゃ何もせずに後ろで威張っている。
現場(社会)の人々の独立的な行動思考を奪い、操り人形のように動かしている。

ああいう勢力に、利用されているだけなのだ。

やはり、手を引くしかあるまい。
何かを書けば、
何かをいえば、

利用される。

同じ穴の狢、なあのジジイが、いう
「人が苦労して積み重ねてきたものを掠め取るやつが許せねえんだよ」

つまり、思考やアイデアは、裏社会や政府筋に盗まれている、と。
そしておれを目立つ囮、偶像にでっち上げ、罪だけ何もかもかぶせようというのだ。

代表的なのが、官庁。
FTAや農産物輸出増や、
クールビズや防衛省や、

手柄や利益はすべて横取り、一銭も報酬はよこさない。無視している。
そのくせ、失敗や不利益は「こいつのせいだ」と大げさに騒ぎまくる。
金融法や建築基準法やISPのアクセス制限など、失敗したものだけかぶせて逃げる気だ。
それら多くは、おれは提言も決済もしていないものばかりだ。
トヨタカップ2004に客入りが悪いことまで、おれのせいにされていた。当時の記録の通り。

おかしい。なにもかもおれが指揮や決済や提案したことになっている。

時すでに遅し、今更、ではあるが、今更も重ねて行けばムダではあるまい。


これは単に、個人とか、一部組織とかの、悪事というレベルではない。

むしろ、日本が一種の伝染性精神病に罹患し、滅びかかっているということだ。
狂人だけの国になれば、滅びたも同じ。一部の組織が操り放題の国民や政界など、という話だ。

権力と結託したマスコミの手法だ。一人二人を悪人に仕立てて騒ぎまくる。
鈴木宗男がそうだった。ほぼデッチアゲだ。ミラーマン植草元教授も完全ではないにせよ、その疑いは濃い。

自ら、停滞、逆行したがり、不変でいたがり、
いつまでもおなじ変わり映えの市内しない連中が仕切り、
ノウハウも精神性も代わり映えせず、世界から取り残され、
しかも精神異常で、自発性も活気もなく、判断力がおかしくておかしなことばかりやって、

気づけば亡国状態に。


きょうは、昨日の記事(日経BP引用部分)への報復だろう、いきなり日給が激減した。いままでエサ的に増額していたらしい。

そして雪が降ってきた。昨年末、霞ヶ関と蓮田だけに暴風や雨が降ったのと同じように。
コートを現場へ持ってゆけば昼忘れて寒い思いをして、とにかくいやなことばかり起きる。
運命が、天候が、操られている。


/7

やれやれ。
職場を休めば、こんどは隣室のムラタハルミ若夫婦(たぶん右傾スパイ)に気配で脅される。
昨晩もやっぱり4時きっかりに心臓電気ショックの電磁波信号を照射され、体が波打って眠れやしない。

どうも、水道管に電気信号を流しているのは間違いない。
ガス管は目の前、水道管は天井裏、間違えようがない。上から不快感が降ってくる。台所を横切る狭い領域で不快感。

だからか、村田夫婦が外へ出ると、一気に不快感が強くなった。
人がすごんだというより、そっちから不快感を催す電磁波がきていて、人体の放射脳波を増幅しているのだろう。
村田夫婦が外へ出る北東方向、いつも照準変わらず電磁波を打ち込んでくるのも、北東と北西のX字である。


/8


ひる、スーパーのマルヤへ。
袋に、保険のチラシが入っている。シナジー連携を見込んだ取り組みらしい。ここまではいい。
ヤクザの坊主頭オッサンガッツ石松系、上下ジャージが、格好だけ野菜を手にとって見せるなど、わざとらしいパフォーマンスをしてニヤけている。
最近たまに「生命保険かけとけ、殺すから」というテレパシーが飛んでくる。それと連動している感じ。
末弟が殺されたときも、保険がかかっていて、使途不明金が多かった。親は何が何でもその用途を言おうとはしなかった。ヤクザに掠め取られたのかもしれな い。

 ◇

ジョイントネットワークという会社が、ワナ案件らしき求人を出してきた。
案の定、電話は愚か面接でもおかしなことばかり。

事前に用意しますので近くで電話くださいとか言って、役者やニセ社員の用意を臭わせてきたり、
複数名同時に面接して個人情報ダダ漏れとか、
三井の飯田橋支店のカード作ってもらいますが、、自宅近くでも飯田橋支店の口座が作れますとか、
採用通知は火曜日なので自分で電話してきてね、とか
変に高い時給とか、

色々とメチャクチャだった。

2chスレの評判を見ても・・・案の定である。名簿屋。

隣で面接受けてるやつが、役者っぽい。
義母の旧姓をにおわしてくる。敵愾心むき出しで、思い込み激しく弟のカタキ呼ばわりしてきた義母の一族の。

おれはガキのころ、再婚前の義母の家族と一緒に車に乗ってて、
シガーライターで大ヤケドして、後日、結納の日にドアに指を挟んで病院へつれてかれた。
新聞奨学生で世に出て、やはり義母の旧姓とおなじヤンキー上がりが見せに入社してきた。途方もない面倒なやつだった。

いいイメージがまるでない。さながら、ハニートラップ、結婚して近づいてきて家庭の監視と破壊をやっていたような印象。


帰りに赤坂日枝神社へ、ここも待ち伏せ数名。
OL風4名がギャーギャー騒ぎながら、こちらとタイミングを合わせてはいってくる。
気配がよくない。工作員決定。

こっちが拝みだすと「へーそんなことして意味あるんだー」とか
「殺すかなー」とか

いつまでも拝殿前に居座ってベチャクチャやってるし、
普通の参拝客とは大いに違う。何年も訪れているが、明らかに。

国会周辺では、殺気と陽気が入り混じる。
「まだ生きてやがったのかてめえ」などというプレッシャー、
無言で、加勢の陽気。

議員会館脇は掘削工事の最中。下側に立体的な構造物を作るようだ。
議事堂は共産党の募集だかやっていた。ハイヤーが通りを埋めていた。
都内、やたら交通取締りの白バイが多かった。どこも混んでたのは何でだろう、週末というだけか??

帰路、
自分のボロスクーターと同じ色で自家塗装してある”しかも新型”が、しつこく絡んでくる。しかも下手糞に。
これもまた、追っ手である。やくざ右翼が、よく使う嫌がらせ。
実際、ごつい体して、殺気を放っている。遅いから抜くと、殺気で脅してくる。
下手であぶねえ(車が走ってるのに原付でノロノロふらふらとウインカーつけず追い抜くタイプ)から抜いてるのにな。。。

議員会館で社民党党首と一緒に共謀罪反対集会に出席した帰り、
右翼のティアナに幅寄せや追尾をしつこく受けた一昨年を思い出す。
なんど逆追尾しても右左折やスタンド入りで逃げられそうになった。あれはプロだ。


家に帰ると、また電磁波攻撃のラッシュ。

こんどは、スイッチひとつで消火器を狙ってきている。胃の定点が電気ショックを受ける。
都心部の追尾と、連動している。

(隣近所だとわざとわかるようにやってる理由がわかるか?)
などと、挑発的な語句がテレパシーで飛んでくる。真夜中3時、4時に。

そこまで追い込むなら別に構わん。おれはあらゆる手を引くだけだ。

総理はそのまま、株価もそのまま、おまえらで勝手にやれ。

民主主義とやらの怖いところは、99%多数決でも間違うところだ。
ブッシュ政権がいい例だが。
デマゴーグも、催眠的熱狂も、誤りに気づくには時間を要する。しかも多数だから逃げるし反省しない。

むしろ、残り物の独裁が、一番正しいことだってある。
独裁=悪の、”固定観念”のほうが怖い。正義と思い込めば殺人だってやるから。
企業でもリストラと称して職場の島ぐるみで社員を追い出し、家族の人生を奪い自殺や心中させる「殺人」を常日頃やってるじゃないか。殺人国家日本。
そのとき、なんて言い訳する?「おれらは正しいから、あいつが間違ったんだからしょうがない」
正義面が、殺しを常態化する。

和同開珎のつかいかたわかんね、こんなガラクタよこしたガキは追い出して、
今までどおり、物々交換すんべ・・・・みんなこのほうが慣れてるし詳しいし、よその国のことはよくわかんね

人にまかせっきりで自分はやらない、
何か面倒があればおっかぶせて逃げる、決して責任とらない
「無能無責任」

無能で無責任で、シッカリした大人が皆無で、
どんなずるい手を使っても、人を使い捨てにしても、権益や権力の死守、金儲けに走れば、
悪魔に心を奪われ、気づけば卑しく、人命を軽視する、いまの日本国民になってしまう。

かわいそうなのは、そうでないマイノリティ。


/9

あえて釣ろう。

おれを追い込む「いっぱしの大人たち(のはず)」が、
根本的にオレに勝てないのは、
だらだら続くうちに国が疲弊するまでになったのは、

説教するからだ。
懲らしめようとするからだ。

どこがどう間違ってるのか、心のうちではわかってるはずだ。

 ◇

きょうの、運命操作的、亡霊的ストーカー

人体操作
きにいらない文章を書くと、電撃や、不安感急発や、痙攣で、脅してくる。


ミスタイプ
「往生(向上) ヤクザ李(役割)」


「慢心(漫然)」とミスした後に、報道に

 学校給食で異臭騒ぎ 天狗食品の缶詰マッシュルームから

と上がってきた。天狗、慢心、とそろった。きのうの日枝神社のおみくじも「二兎を追うな」と書いてあった。

そう、旧来的な、ベテランの、「運命魔術師」 たちは、
どんな悲惨な事件や災害だろうが、

このおれを、バカに出来れば、脅せれば、後は何でもよいのだ。

現実と、仮想と、区別がつかない連中。ゲームのように現実をいじる、その悪逆の極致を行くものたち。
やくざ配下で、思考停止、手先だけ動かすよう洗脳された、ああいう連中が想起される。

いわば、ホワイトナイトたる、おれのような属性とは違う。容赦がない。良心がない。

 ◇

胃も心臓も、キリキリと
”電磁波攻撃”の威圧感や、脳波を模した痛覚信号により締め付けられ、

体は老年の病人のようだ。あちこち硬直し、赤みがほとんどない。
艶々した団塊定年のほうがよほど活気に満ちて若々しい。
おれはもはや生きがいをなくし塞ぎこんだ80代老人だ。牢獄で朽ち果てたグリフィスに等しい。
なにより顔がコケてしわだらけでクマと青みで死人のようだ。5年前の弾圧開始前の写真があるが、つい目をそむける。

体調を崩せばトップでも引退する。もはやオレに未来はないのだ。

未来がない前提で、
動かぬ体で政府とヤクザの弾圧に耐えながら日雇いアルバイトでしのぐ。

いつまで続けられることやら。。。

いまも、自宅で、常時止まない電磁波により、締め付けられている。
仕方ないから居る。我慢比べだ。いればいるほど、血行は止まり、老化と病状悪化が進む。

そこまで、人の3倍5倍苦労しても、誰も褒めない、むしろ悪党呼ばわり、野次や悪意ばかり飛んでくる。

だからおれは日本を見捨てた。

豊かさは、人々を変えてしまった。
発想に悪魔じみたものが増えた。
あるいは、豊かすぎてのんきすぎる苦労を知らぬ人間ばかり。

上層部は表(政治)も裏(組織暴力)も、悪魔そのものだ。かぶれてるなんてものじゃない。
わざわざ、滅び、衰退、を選択してまで、我が家の財宝を死守し食いつぶす気だ。ラピュタの軍人たちや、クシャナ殿下の兄たちのように。

みんなが狂っているから、おれのようなくだらぬいち庶民まで、へんな弾圧に飲み込まれる。

弟は二人も死んだ。いや弾圧で殺されたのだ。
実家は壊滅し更地になった。
一家は離散しどこに居るかも知れん、知る気も起こらない。

こないだまで半月粘った職場も、やはりやくざに追い出された。
自分がこらえて居座っても、職場全体が脅されたり邪魔され迷惑がかかる。姑息な手を使うものだ。

 ◇

http://www.asahi.com/international/update/0209/TKY200802090226.html?ref=rss
 米で唯一の電気いす死刑、最高裁「禁止」 ネブラスカ州

このタイミングで、あの国から、こういう報道がなされ、しかもなぜか日本の全国紙でも。。。
これはつまり「電磁波攻撃」は、米による外国への領海侵犯的な死刑執行なのかな、とも。

日本政府をラジコンのように操る米としては、
政府の敵は米の敵、というわけだ。

以前、やはり妙な報道があった。
 「日本の右翼は内通者としてはうそつきで使い物にならなかった」という米の公的 資料発見

というやつだ。なんかアテツケっぽかったなあのタイミングだと。

/10


相変わらず、半日も家に居れば、通年やまぬ「殺傷性電磁波」を撃ちこまれているせいで
血行やリンパ行が途絶えてコチコチになる。
まるで生きたミイラだ。ケアが大変で追いつかない。

鉄砲ほど視聴覚的な物騒さはないため世間にバレにくいが、
核兵器並みにその殺傷効果は物騒、

厄介な殺傷兵器であ る。

 ◇

ちょっと夜に散歩すれば、警察を呼ばれてしまう。
どうにも、この自宅周辺は。オレが通報したのも含め、警察沙汰が多い。空き巣があったというが本当だろうか。

向こうも、通報で来たとも言えず、深くも質問できず、
隙をうかがい侵入してくるような、いやらしい誘導尋問に入り、二台のクラウンでやってきては、4人で取り囲んでくる。

開放的に心配です気をつけてねというときもあれば、
こちらから切り出すが最後、疑って係り誘導尋問を長引かせようともする。

なんともこう、プロと接している抜き差しならぬ感じが、充実感を呼ぶ。敵味方どちらでもない。

正直に、
「こないだツボシマくんにバイクのシート切られた件できてもらってね」
「元ITエンジニアでさ」
「ITセキュリティの件では警視庁や官邸等へ提言をメールした」、
「そういや昨日、Winny入りの私物PCで警部補が処分され自主退職したよね」
・・・などと余計なことを言わなければ、深く誘導尋問されることもなかろうが、それじゃ面白くない。深まらない。

ま、たぶん通報したのは通りを南に行った土建の渡辺一家だろう。
いっつも騒がしいし、気配がいやだし、昼間はガキどもが公園で騒いで絡んでくるし、
そういうわけでたまたま家のほう睨んだら玄関から家人が出てきて目が合った。間が悪かったな。
こいつら、いつも家族ぐるみで挑発的なんだよな。こっちがむかついたときに、わざわざゲラゲラ笑い出すとか。自分の子供をけしかけてくるとか。
オレの気配や敵意を察知し、わざわざ出てきた可能性もなくはない。

巡査、
「私、ネット接続もやっとなんですよ」とか誘導トークの最中に釣っておいて、
帰り際に
「Whois検索とか、全然知らないっすよ」と、皮肉ってくる。

「フィッシング詐欺って、やる側としては簡単ですかねえ」などと犯人扱いで、
その”気配”につられてると、
自白強要気味に、TVインタビューについ、リポーターから要求されてそうなウソをいってしまいそうな、
「そうですねえ簡単ですよねえ」
などと、本当は知らないことまで答えてしまいそうになるので、こっちから会話を打ち切る。

いかにも警官だよな、こういう物言いは。
やつらの根性に、自白強要とか、誘導尋問が、染み付いてやがるんだよな。

ああいう連中の組織に、自白最重視の風潮をいつまでも続けさせてはいけないな。
警察マニュアルとして、いつまでも国際的に三流だ。むしろポルポトや東欧などに近い。
これをもっとマクロにしたのが、検察が宗男を悪者に仕立て上げた「シナリオ絶対主義」
官庁で仕立てたシナリオだけが正しい、「事実よりも事実」、「白いカラスはいる理論」だ。
聖域が出来て口を挟めなくなり、捏造や冤罪が横行する。情報操作による虚構が跋扈する。

渡辺家・・・・2005年の過去記事の通り、
ドカン!
という音と共に、ソニックブーム交じりの電磁波を打ち込んできたのが、この家(の方角、狭い範囲)からだった。
近くへ寄って体感調査すれば、わかるんだよな、どの家から撃ち込んでるかぐらいは。

右傾勢力が自宅へ、心臓電気ショックを数秒おき定期的で仕掛けてくる場合は、この家からだ。
そういう、機械があるのは間違いない。

/11


何度も書いている通り

自宅に向かっては、決まった家から、決まった射線で、
有害電磁波を打ち込まれている。

多少、敏感な感覚を有していれば、
ものものしい、威圧感、と感じられる。

で、祝日ということもあり通行人が多い。その”電磁波の気配”を感じ取って
「うわ、こいつ、やべえ」
と言い捨てて去ってゆくやつが散見。

わかってない。
その気配は人じゃない。人殺しの機械が発する電磁波だ。

ま、その通行人も、挑発目的の右傾工作員かも知れぬ。


 ◇

昨晩の警官

・空き巣が増えてる
・県外ナンバー注意

ウチのアパート住人のクルマ、広島と福岡のナンバーなんですが。
しかも、たまに侵入されてるし。おれタバコ吸わないのにタバコ臭とか。
働きに出るようになって2日で物陰においてあった自転車が盗まれるって、どう見てもアパート住人の犯行だし。

 ◇

おかしなおかしな”国家全体無線洗脳”は、
おかしなおかしな思考回路まで、インストールし、違和感なく使わせよ うとする。

”なんでもかんでもあいつのせい回路”

COOPが毒ギョーザで大変な件まで誰かのせいにするな。

元々が中国食品の危険性など、知られていたことじゃないか、
ファンド経済と一緒で、どこがいつババクジ引くのかというだけのことだろ。

・・・というのが一般論だが、
刷り込まれた強烈な思い込み洗脳は、だれかのせいだと信じて疑わせない。
ひとりふたりならいいが、多くの人間がそうなってしまうと目も当てられない。

知的なリテラシーではなく、
狂った刷り込み情報に盲信する、

政府が、「和田アキ子に全身全霊で萌えろ(モチロン性的な意味 で」という電波を発信したら、国民の多くがそうなってしまう危険性。
逆らうと、「リアル鬼ごっこ」みたいに脳天に電撃を打ち込まれて暗殺される。

だから心配なのだが、話が通じないんではなあ・・・まったく軍事制圧的というか、よく出来ているよこの侵略システムは。

きょうのブログに引用したが、
韓国で南大門が放火され全焼、同日にサムスンが日本から家電撤退だそうだ。

毒ギョーザも袋がぬるぬるしたり、工場内での悪意ある混入が懸念されてるそうだ。。。

米軍基地反対の正義の人、伊原市長が落選したそうだ。自公の手先のナントカ市長が初当選。
同日、空母が入港、沖縄米軍人が強姦で逮捕、と報道。

国際的な、自演臭・・・

いやだねえ、進化というやつは。
いいところもありこれは目に付くが、
悪いところも確実に進化し、水面下に隠れて目に付かない。

 ◇


鏡を見て、これはダメだと思えた。

消耗が激しすぎる。心身ともにもたない。死と隣り合わせなのが明白だ。

だが、自宅へ電磁波を打ち込みながら脅したり貶したりする、組織工作の世帯は、きょうも元気だ。
ちっとも、逆境、牽制、という感じになったことがない。

天皇に逆らいやがって、とか
キマリごとに逆らう舞えんばかりしやがって、とか
低所得で定年したジジイババアとか、低学歴低所得でワルを気取るような世帯ばかりが、絡んでくる

この国はそれだけ、愚行をやめず、不変なのだ。

日本で生まれた時点で、おれはもうこうして徐々に弱り死んでゆくしかないようだ。

最近は電磁波出力が上がっている。
一晩出て起きると、
血がかなり破壊されているし、
全身の毛細血管が縮み上がって真っ青だ。しかもちっとも回復しない。


ダメが、ダメじゃなくなったら、このような状態は180度転換する。これは断言してよい。

日本と共に死ぬか、
日本と共に再生するか、

二択だ。それ以外はありえない。

それは、俺一人のやる気や努力ではどうにもならない。
レジスタンス、徹底抗戦、薩長同盟、倒幕、合流、離散、
いつの時代にもあった、一連の流れが必須だ。

ひとりでなんでも仕組めるわけがない。そうであるように見えても、一時的な傀儡に過ぎない。

民主党は最強チームじゃない。自民党も公明党という麻薬に手を染めているだけのドーピングジャンキーだ。
最強チームを組むしかない。横断で。

4月で、ジャッジする。キリがいいから。

 ◇

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-504.html
 このような、暴力的に札びらで頬をひっぱたく手法と、情報操作で選挙を乗り切れるならば、
 ファシズムの1mm手前の状態で政権を維持できる。

 内実はファシズムでありながら、形式的には民主主義の枠ぎりぎりで運営できるということは、政権にとってもっとも望ましい。

 今後は、岩国でとられた手法が、日本の政治のスタンダードになる。

予算(カネ)は、政治力で
職や家庭は、組織暴力で、
運や健康までも、呪術で、

奪った上で、チラつかせる。
かつては容易に守れた命や、
無料で無制限だった運命まで、

まるで水道みたいに向こうに制御され、課金されるような。

 ◇

2008/02/11(月) 14:18:56    gw0.jrkyushu.co.jp    210.197.95.2    10.14.2.41
アクセス先
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0610.html
リンク元
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B4%A0%E4%BA%BA+%E7%B7%8A%E7%B8%9B+%E5%A5%B4%E9%9A%B7+%E3%83%A0%E3%83%81+%E5%86%99%E7%9C%9F&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1&b=11&qrw=0    34
   
仕事しろJR九州(ギザワロス

/12


昨晩も、へんなのが来てた。渡辺家に。
見慣れぬクルマ、見慣れぬ人間。

おれが通りがかると飛び出してきて、必要あるのか?という感じで公園で携帯電話を始める。
あきらかに、おれに、見せ付けている。”パフォーマンス”だ。

きのうは、地域一体が、ぶっそうな気配で覆われていた。5km半径くらいの、もっとかな。
田園でさえ、狙い撃ちにされる感じ。知ってか知らずか、飛んでくる警察ヘリ。
休日は多いな、物騒になる傾向が。仕事が休みになる人間たちが、悪さに転じるらしい。

すっかり病人顔になった。若さが消えた。
あとはいつ死ぬかだけだ。未来などない。

5年前と、
昨年に、
おなじく衰弱、心不全で、暗殺された兄弟たち。
おれも、数年生き延びるのが精一杯だったようだ。

末弟の大ちゃんの病死は、加藤大治郎(大ちゃん)が事故死したピッタリ3ヶ月前だった。(1/21:4/21)
次弟の死は建国記念日の一日前だった。

組織がらみで、不審な謀略じみたことを仕掛ければ、かならず痕跡を残す。わざわざ。

 ◇


ブログや日記を書いていても、
まるで他人事、
傍観者、監視役、ゲームの観衆、

そういう、ナメた「組織の人間」の野次テレパシーが多く飛んでくる。
主に

・嘘つき
・泥棒


「お前が書いてる悪い部分だけを、実現してやる」

だそうだ。

好調とか健康とか書いても実現せず、
台風だのファシズムだの言うと、積極的に実現しようと、シンクロニシティな魔術を使う。

誰かになすりつけ、
誰か一人を悪に仕立て上げる手口。見飽きたワンパターン。
それは、2ちゃんねるそのものだ。無数の匿名悪が、特定個人を、ネットバッシングや、実社会での裏工作で、つるし上げる。

彼らにとっては、現実世界も、ゲーム世界も、同一に見えてるのだろう。
どういうマフィア組織なのか、わからんが。姿が見えないし。


人をウソつき呼ばわりするから、「じゃあお前は知ってる真実を教えろ」と反論すると、とたんに黙る。
真実など知らず、あやふやなのは向こうも同じか、よりひどい。バッシング集団としての性質が濃い。

警官を拳銃自殺させるような不法横行集団が
「天皇による一元支配だろ」
などと、真偽いい加減なテレパシー野次とはいえ、”言う資格”があるのか。それで、人はついてくるのか。

おれひとりでさえ、嫌気がさしているのに。そいつらのせいで家族は殺され、職を奪われ、病に倒れそうなのに。

不法集団が天皇を掲げるということは、
王家が黒く、血に染まるということだ。
宮内庁は、宮家は、それでいいと言うだろうか。
日本が反転するということだ。明るい雰囲気が、暗く沈むということだ。

 ◇

警視庁にメールできのうきょうのシンクロニシティ的事件について教えてやれば、
自衛隊輸送機がいつもより低空で1、2機多く通過する。
こういうパターンも見飽きた。

忠告しても、敵視される。弾圧が強まる。悪循環だ。
大体、忠告を無視した顛末って、ろくなのを見たことがない。

ある種、両者が同じなのだ。
おれは、このままじゃ日本は潰れると思っているし、
表裏のボスの側も、あいつはこのままじゃ生きてゆけないと思っている。

たぶん、両方が自滅する。予見的に、そう感じられる。
「あとひとひねりだ」
などと、おれが、日本政府や組織暴力に脅されている時点で、
日本国もまた、どこぞの国や勢力に、王手をかけられているということだ。

絶えず感じている。
この5年間ほど、途切れたことがない。
日本と、オレとの、どこかシンクロニシティしている事を。


人体通信 NTT

  「人体通信」対応のキャビネット (時事)

 NTTが開発した「人体表面電界通信システム」を利用し、
 IDカードをリーダーにかざすことなく、首に掛けて取っ手に触れるだけで
 開錠できるキャビネット
 (東京のNTT武蔵野研究開発センタ)

つまり、表皮に電気信号を走らせ、通信するということ。

「思考盗聴」
「通信機器を媒介したテレパシーや生理機能操作」

と無縁ではない。

このNTTの機器は民生だから、健康被害を考慮して、皮膚接触による有線式だが、
軍事諜報弾圧の類で、そんなことは考慮してこない。無線電波で強烈にやられる。

映像調査で、いちどだけこのセンターで試験アルバイトを受けたことがある。確か昨年、当時の日記にも書いたが、やはり追っ手が侵入してきた。

/13

隣室、村田夫婦の男のほう、また浴室で唸ったり”プレッシャー気配” を向けてくる。直後にゲラゲラ笑う。
テレパシー越しに友人呼ばわりする、しかし通常は求人を見れば締め付けを強め、「部屋でのたれじね」と迫ってくる。

理屈ではない、追い込みの渦中のままだ。

/14


このところ、電磁波による威圧攻撃が厳しい。
朝起きてみれば、顎が伸ばせないほど血行やリンパ行が阻害されていたなんてのはザラ。
しかも早朝になると、北隣岡田家のババアが、テレパシーで強制介入して罵詈雑言を浴びせてくる。

ためしに2Fの踊り場で寝てみると、これが明確になる。
室内で拡散した電磁波の気配に惑わされず、どの家から電磁波が打ち込まれているかが明白になる。
大体、2F踊り場は岡田家以外の周囲から見えないのに、電磁波やテレパシーが追尾してくるということは・・・

言葉遣いが、老婆である。若くないし、思想や発想も。

こんな無意味でむごい仕組みが、いつまでも維持されてる。流行のように、廃れるということがない。
実家も、家族も、兄弟の命も、職も、暮らしも、健康も、何もかも奪った。奪うだけ。同情もねぎらいも、なかった。


日本国が終わっている。終わっ”た”のではなく終わっている。
やはり、ダメなのだろう。その程度だったんだ、元々が。この国は、この世界は。

滅び行く世界文明。
まずは人間を狂わせることから。奢らせることから。魔の手先とすることから。

本当、おかしな5年間だった。

誰も、
不思議なくらい、寄ってこない。
不思議なくらい、悪意しか向けてこない。
不思議なくらい、無関心で見向きもされない。
不思議なくらい、ねぎらいや同情や手を差し伸べられるということがない。

世界全体が、強力に操られ、シナリオ通りに動く「劇場化」して、
人々はラジコンとなり、シナリオに逆らえず。

すると、「不思議なくらい」が激増する。
洗脳され操られた人間たちは、
操られた運命つまり”確率”は、

驚異的に、あらゆるものをオレから遠ざける。
マ トリックス。仮想世界。

緻密な支配でも狙ったつもりで、実質、人類の滅亡を加速させている。
いわば、パンドラの箱だが、今回ばかりは”希望”が残っているようには見えないのだよね。

ロー ドオブザリング・・・誰も指輪を捨てられず、滅亡。そんなイメージ。

誰かが神に近いという特権は、進化や改善を捨て、傲慢で強大で永久的な支配を行使するということ。
低層に居るような自制や道徳や分別や我慢のある人間はともかく、社会中枢の欲にまみれた人々では・・・
やれ、プロだアマだ、若いの年寄りの、右の左の、いつまでも奪い合っている。優劣の 決着が永久につかない争いをしている。

それが、指輪。

ラ イラの冒険くらい、多少は活劇方向へ向かうとよいのだが。

 ◇

日本の最大の悪癖は、安定期にせよ動乱期にせよ”黄金時代”ばかり見てしまう、「昔ばかり振り返っている」ことだ。

・江戸時代
・70〜80年代

・江戸末期〜明治維新
・戦国時代

これ以外を振り返っていることが、あるだろうか。そのとき歴史が動いた、大河ドラマ、の傾向は。

慣例慣例で、何千年も続いてしまったというのは、”不利”でもあるのだから。

 ◇

かくしてきょうも、有害電磁波を浴びせられる自宅から抜け出せない。職もなければ支援もない。
胴体全体の血行がなく硬直し指先がプラスティックのようだ。

終わっている体で、あと何年、何ヶ月、生きねばいけないのか。

 ◇

福田政権になって、特に昨年末あたりから、顕著にガラリと変わったこと。

・本気で暗殺にかかった
・アメと鞭を積極行使

きょうにしても、
自宅でプレッシャー漬けにし、洗脳付けで操り放題刷り込み放題、
面接へ行けばゴロツキが待ち伏せして空気を操り、気分がめまぐるしく変動、(プレッシャーが強くなってくるや、面接担当者「あ、段々わかってきまし た??」と意味深に言う)
で、いきなり河川敷のサーキットへ誘導し、「アメ」を見せるわけだ。

何も考えず、黙って働けば、何とかなるような”幻想”を見せる。(実際は弾圧は続くのだが)
で、締め付けるとき、畳むときは、容赦なくラッシュをかける。

相変わらず、日本がダメなままで堅固に維持する「システム」は顕在だ。

会社にしても、昭和30年代の社屋や家具のままだと、気分まで昭和のままというのが往々にしてある。
いわば、映画のセットで昭和の服を着て演じるようなものだからか。
だから霞ヶ関や永田町は変わらない、というのも眉唾ではない。昭和44年の建物のまま。看板のまま。議事堂は大正。

かような大規模暗殺工作、その工作員たちは一様に、
自宅で寝たまま、閉じこもったまま、シネという。
それは、ちょうど一年前、次弟が死んだ姿そのままだ。
なぜか、閉じこもり、死ぬまで寝ていたらしい。

 ◇

政争が、奪い合いが、けしかけられ、
たったそれだけで、日本は没落も、破滅も、避けられない、そういう”シナリオ”に乗せられている、と思われる。

主権側は、手放すまいと醜態を見せる。
野合側は、汚い手を使って、妨害したり、野次を飛ばしたり、なんとしても奪おうと醜態をみせる。

醜い姿、軍配を奪い合う姿は、何も生まない。ここ 数年間、きちんと政治経済が進んだことがあっただろうか。

細部はともかく、大きな流れは、10年位か、ほとんど変わってない。ワンパターンだ。粉飾傾向。
じっさい、弾圧は5年前に逆戻りした。扱いがまったく5年前になった。何も進んでいない証だ。

予知能力に照らしても、サッパリ、好転とか、上昇とか、解放と か、浮かんでこない。気分が曇ったままだ。
勘の鋭いおれを納得させられないようでは、無理だ。誰がどう天下を取ろうが、なんも変わらない。

血管は縮み上がり、神経は磨耗して痛みさえ走り、
先のない身の上。

周囲がすべて自分勝手で、思いやりがないのなら、
自分もまた、そうするしかなかろうな。そういうヤツラと対面、対峙するシーンでは。

かくして、日本国は、捨てられ、忘れられてゆく。せいぜい観光や、ファンドの餌食か。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20080208/146864/
 もはや中国は日本を相手にしていないという印象をうまく演出したな、という感じ です」(欧米もだけどな)

進化して優れたものたちも、(まあ、ハード志向だけどな、むしろ精神性は古臭い)
旧来のものたちも、(ノンキさや楽観主義という点ではむしろ若々しい、団塊みたいに)

おんなじだ。同じ醜さ、アホさ、それぞれの強みを、刃として相手に切りかかるだけ。


まるで、この世界は、「俺を困らせ追い詰めるためだけの専用空間」みたいに見えるし、実際そういう風にしか動かない。
だから余計に、ダメだろう。
「世界運命を背負わされた人間を、躍起になって潰そうとする」ということの解が、小学生でもすぐわかるだろうから。
まさに矛と盾。この場合、盾であるオレは劣勢だから、矛に突かれて割れてしまう。盾に守られた世界が粉々になる。終わり。

誰が、何を、支えてきたか、
知らない、無知なる者たちが、トドメを刺す。

援護は微塵もない。
弾圧だけが降りかかる。
昔なら、弾圧などと聞けば、集まってきてかばう人間が少なからず居たのにな。
みな、洗脳され、操られ、ることに体が慣れてしまって、そういうことをまったくしなくなった。弱者をみんなで笑う米創価王国。

彼らは、実に傲慢で、選民思想で、視野が狭く、寛容さがない。

ちょっと気に入らないことをブログに書かれただけで
「悪いやつだ、もういらねえ、この世を去れ」

ちょっと気に入ることを書かれれば
「使えるやつだ、総理になれ、有能」

めまぐるしく、幼児の気分みたいに、評価も、弾圧も変わる。幼児が、日本を支配して いるのだ。

運命共同体たちよ、俺とともに滅びるか。好きにするがいい。

神様も、よほど人類を抹殺したいようだ。ユダヤ方面でも、世界人口10億化を企んでいるとも聞く。
ユダヤ方面が、世界中を洗脳しているのかもな。頭が固く知性の低い老人や社会人を中心に、「間違った後じさりな努力」ばかりするように、半強制しているよ うな。

たぶんおれはもう生きられない。後の良識ある皆で、なんとか切り抜けてくれ。、。つかれた、しびれる、意識がぼやけ、心臓周辺がビリビリし、、、書くとま たきりがないが要は廃人だ。
痛みと絶望に、生きたくないんだ。そこをわかってくれ。何も支えたくはない。

どうせ今度の職場も三日とはもつまい。面接であすこまで脅されるとは。。。

生きたら生きたで、政府や右翼に、悪用され続ける。
定職も就けず結婚も出来ず貯蓄もゼロのまま、「貧困ビジネス」の手法で、面倒なことばかりブログで書かされ、囮にされ続ける。

そこまでわかっているから、わざわざ命を絶たないまでも、終わるのは拒まないということだ。

唯一の希望は、日本を捨てて遠い大陸へ避難すること。だが金もないし、実現しても追っ手が来るかも知れぬ。仕事は、言語は・・・
せめて、オレより先に日本が崩壊すればなあ。弾圧や政争の元を断てば・・・これも夢物語だな。

弟二人を暗殺された、自分の人生を破壊され命を奪われる一歩手前、

怒りと無念は、はかりしれ ない。もう少し、奪っておこうか。あいつらの根源、富をな。サブプライムで世界全体600兆、まだまだ足りないな。
富士山の噴火だの温暖化急進だの、妄想すればきりはないが。

徹底的に壊さねば生まれない明日もある。がけ崩れで埋まった洞窟の中みたいに。
おれは生きられないかも、教授できないかもしれない未来でも、貢献できるなら、

古だぬきだの、ニューウェイブ経済ゴロだの、そういうやつらを全員道連れに地獄へ落とせるというのも、悪くはない。

 ◇

その時歴史が動 いた

小泉政権だと、白洲次郎で、安倍政権だと源頼朝で、ベタ褒め。
福田政権だと、福島正則で、散々にこき下ろし、脅す。

政治がらみの嫌味や脅しなんて、日本の番組もほとんどが汚染されてる。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20080208/146864/?P=2
 だから、あの映画は、中国国内向けには江沢民派への脅しなのかもしれないね」


アホ日本。面倒見切れねえよ。
俺が手を引けば引くほど、引くと明言すればするほど、アホばかりが増えて、威張りちらす昭和20世紀型がのさばってくる。
だから手を引きまくればいいのだな。

 シホ   「日本はアピールが下手ですね。このままで大丈夫でしょうか?」

 お客様  「日本は、米国に対しては自由そして民主主義という価値を共有してい るのは中国ではなく日本であることをアピールすべきだし、
 中国に対しては平和的な発展のための協力を日本は惜しんでこなかったことをア ピールすべきだね」

 夏樹   「中国のSWF(ソブリン・ウェルス・ファンド)を『赤いハゲタカ』 とか呼んで怖がったりする暇があったら、
 日本の株式市場が中国よりも透明で公平で魅力的であることを世界にアピールした 方がいいですよね」

http://kasumin7.web.fc2.com/m0802.html#14-2
 日経ビジネスに、今週から急に、アホが急増している。これも、神による「人類滅 亡計画」の一端らしい。

/15

吐き気がひどい。血行もすぐ悪くなる。

これはもはや、電磁波攻撃を受けているだけの話ではない。
強い呪だ。呪が強いほど、強い欝と悲観と血管の硬直など、”死相”が出続ける。

なにもしてなくて、脱力してても、心臓周辺が凍り付いてくる。
とにかく、重い。これがずーーーーーーっと日夜何日何週間でも続く。
これに、永岡元衆院議員も、松岡元農相も、やられた。

 ◇

無茶苦茶だ。
すぐ、型にはめよう、はめまくろう、とする。

弾圧して心臓も消化器も参らせ死に際にまで追い詰め、
きちがい、ゲリラ、変人、などとなじり、

しかし、
結婚しろ、
子供を作れ、

無茶苦茶だ。

弾圧される世の中で、結婚?子供?
弾圧のお陰で、月収5万前後でか????

バカにするな。

 ◇

この近所は、悪い条件が揃っている。

・昭和40年代のニュータウン

爺婆ばかり。


元田畑地帯にポツポツ家が建って行った地域のような、
土着で結びついた、シッカリした人間は少なく、

カルトだの右翼筋だの、温床である。へんなやつは変な地域に群れる、オウムもそうだった。

カルトが日本の地域やヒトの結びつきを破壊した。
まず歩み寄り、心を和ませ、世話してみて、相手の進路を打診するのが、日本人社会だったのに・・・
いまや、実も知らぬ徒党が追跡してきて、自宅周辺でも睨んだりにやけたり、
なんの疎通もなく、弾圧や拷問ばかりの中、「あほ しね とっととまともになり結婚しろ」

なんなんだあいつらは。

弟は二人も殺され、実家は潰され、一家は離散、
おれの健康は奪われ、職も奪われ、
(以上、5年間書き続けてきたことのコピー)

だが、カルトは、オレに一切なにも差し伸べ、施すことなしに、
家もクルマも仕事も家族も、そのまんまで、
おれの
家もクルマも仕事も家族も、すべて奪い、

にやけている。劣等市民は死ね、という顔で。
もう5年が過ぎた。冗談とか、芝居とか、ウラがないことはハッキリした。
弾圧による心臓病が深刻になってきている。近々、弟と同じく心不全で死ぬかもしれない。


日本はもう救えない。

無理だ。みな悪魔の洗脳にどっぷり使って、おかしくなっていることに気づかないのだ。
どんなむごいことを、操られるままに自分で行っても、ニヤニヤしている。
まちがったことばかりやって破綻し、ユダヤだか宇宙人だか、そのへんの根源的な悪意は成就される。


4月まで何とか見届け、ダメであることを確認したら、首をつるか、豪雪地の寒い中で寝よう。
自殺が心地よいように、現代の地球は、出来ているのだから。始末始末始末、こればかりだ。臭いものに蓋がグローバルなのだろう。

 ◇

このところ、チョコチョコと侵入盗にやられている。

先月は、自転車を盗まれた。おれが働きに出て、日中不在時間帯が確定して2、3日後だ。たかだかヤフオクで1,2万の。
近所の犯行、もしくは組織的連携だ。
おそらく、隣室の村田男女、北隣岡田家、などの犯行と思われる。普段から挑発的だ。いつもこちらを見張っている。

きょうは、ある常備薬だけがなくなっていた。ひとつだけ、豊富にあったものが、サッパリなくなっていた。袋には数種類放り込んであり、ぜんぶ取り出すだけ でも大変なのだが・・・

以前から、たまにこのパターンにやられている。
いきなり煙草くさい台所とか、(タバコ吸わない)
あったかなかったか微妙な、つまんない品がなくなるとか。

明らかに「集 団ストーカー(政府弾圧の裏社会アウトソーシング)」的な、政治的弾圧の一環だ。
スポットでやってくるモノ盗り、高価値品目当ての盗賊ではない。

日本が狂った。
以前から内包はしていただろうが、あまりに伸ばしすぎている。

ダメだ。日本。いや、世界中が、不穏な兆候で満ちているのだが・・・


イリノイの大学で銃乱射、容疑者自殺。
先週にルイジアナであったばかり。

日本でも、岩国配備予定の米軍機がグアムで落ちた。
韓国では南大門が全焼、同日にサムスンが日本撤退。

民主党的左派潮流の世界政治とは裏腹な、”人為的惨事”が、裏では増えている。
魔術的な手段で、ヒトを手配して、操って、仕組んでいるのが見え見えだ。

世界中に、狂気を蔓延させようとしている。神も悪魔も、手を結んだか。




 ◇

たまにはみといてねリンク集。
体験記ばかりになると初心者の理解が見込めないので。理解者が増えないとこの社会はセクト(カルト)によって終わります。

2つめと 3つめ
ぼやきと日記

BBSと画像 とウェブログ

スレッド 1
スレッド 2
サクラ(工作員)しかいないけど事情はわかる

検 索1 集団ストーカー
検 索2 組織ストーカー
検 索3 電磁波被害
検 索4 思考盗聴

私にとっては3年の付き合いで古典的なキーワード。
検索結果を見ると、相変わらず加害側工作員の胡散臭い自演サイトが散発、上位に食い込んでいる。
というより、検索上位になるには結局はカネや影響力なのだよね。本当の被害者は個人だからね。


/16

バイト現場の現場リーダーの妙齢お姉オバチャン。

煙草くさい。
柄悪い。

気配がヤクザ。隠してもつくろってもわかる。
だから、故意に、気配で脅す。脅す教育方式。
こっちは優秀でも、わざわざミスをさせる。強制だ。「おーてめーほらー、やんなつってんだろ!」お前がさせたんだろ俺を操り。

何かというと、イチャモン付けてくる。つまらない、どうでもいいことばかり。
要はこっちがキレるのを誘っているのだ。
「一日違いでも、先輩は先輩なんだからね」ぅゎぁぁ

かなり大きな事業所で、多くの人間がそうだ。
元々、右傾だのカルト信者が多いのか、国民全体が広域電波洗脳でおかしくなってる証なのか。

「しね」
「あくとうめ」
「あっちいけ」
「あいつはわるいやつ」

散々言われる。初対面にいきなり。
俺の体に、呪いがかかっているとしかいえない。実際、やくざ系のひどい気配が体に蓄積するほど、周囲の反応もひどくなる。

このシステムが、政官、暴力、新興宗教、このシンジケートに故意に悪用されている。


[ 本文(大) ]
はじめまして。
「すでにあなたにも、洗脳による人格改造が…」
のホームページ見ました。
思考盗聴、集団でのストーカー行為などされているようですね。
メディアなどからの被害も受けているようですが、
実は僕もメディアなどからの被害を受けております。
また、僕も同じ茨城に住んでおり、詳しい情報交換がしたいのですが、
メールいただけませんでしょうか。

よろしくお願いいたします。

****r@yahoo.co.jp

こういうの急に増えているんだが、飽きるくらいみな同じことを言う。
5年間、たびたび増えたり減ったり。


REMOTE_ADDR: 221.250.150.26

[ 名前 ]
青木久美子

[ 件名 ]
未記入

[ 本文(大) ]
何かが変だなと思いつずけてますが、例えば、何も知らない人を無許可で盗聴盗撮し て、恋人を勝手に募集したり、宣伝したりしてる犯罪サイトがあるとしたら、その盗聴被害者は、どうやってそれを知ることができるのでしょうか?そういう身 勝手な馬鹿な犯罪サイトに疑問持たないんですかね。誰が好き好んで犯罪に巻き込まれるかというのに、経営論の話じゃなくて、犯罪の話ですよね。

また青木久美子 大阪府のへんなやつから。


いつのまにか、盗んで盗まれて、勝手な物々交換、テレパシーWinny強制。

そんなもんのせいで、”散々な現状”が個人国家問わずあるわけだが、
そういう話を匂わせたいのだろうか。

おれのプライバシーはアニメやドラマなど番組のネタにされ、脳裏に暖めてあったアイデア、任天堂DSを勝手に作られる。
盗まれた、という自覚はいくらでもあるなあ。
たぶん、被害総額を言い合ったら、こっちは百兆円単位だから、勝つぞ。どんだけ貢献したと思ってやがる。

散々人の世話になっておいて、罪だけなすりつけてウヤムヤにするつもりの連中。
おれみたいな個人を目立つところで集中砲火、やつら徒党は地下シェルターで安穏としている。

「誰が泥棒だ?」、というセンセーショナルでは、半永久に、何も解決すまい。
実態把握が急務、と5年間公的にもマスコミにも訴え続けても、無視し続けるんだから。

つまり、この世の中には、問題解決能力、ソリューションスキルが ないということだ。
カルト宗教みたいな、「誰が魔女だ」的な誹謗中傷追い込み以外、見かけるのはまれだ。

エンジニア(職人)が減り、
サービス業、ウケるウケない、場当たりで浅慮な人種が増えた結果。

”学”がなくなっているのだ。多くの庶民から。なんでもかんでもマスコミ、娯楽、最近だとネットである。
工夫して木彫りや建築に興じるのが職人的な人間だったが、いまやなんでもホームセンターとモールで買う。

 ◇

夕刻、マルヤ。
やはり、大量の尾行待ち伏せが。おなじ集落の連中、しかも家族総出。

こいつらが、オレの弟を殺し、家族を散り散りにし、職も人生も奪った。
「無反省な、日本政府の暗殺システム(地域住民を駆り出すアウトソーシング方式)」
国民の中に少なからず、政府のためなら暗殺も追い込みもやる人間が、集落が、団体が。

薮睨み、ブスっとした、人間が多い。
平静の客を装っても、気配や挙動、上記の情報でバレバレだ。

角を曲がるとき、睨んでくる、
隣の通路に入ると、なにやら物騒な罵りを展開する、

そういうやつばかり、店内に居る。

レジを終えると、そのレジ係に突進してきて話しかけるババア
「あと一月、様子を見て観察しようかと思ってね」
はあ???と店員が困惑し、「なんのことですか?」と聞くが、返答がないので困っていた。

ためしにカマをかけてみる。脳内で(自民 解散)と唱えてみた。
やはり思考盗聴してるババアが居て「いいんだよそういうのは考えなくて」とつぶやいた。公明創価系かもな。

外へ出ると、工作員家族の子供だろう、幼児がイヌを連れ
「こーらっ!おすわり!おすわりって言ってるでしょ!」と、目の前で何度も何度も罵って見せる。
これも、公安右翼創価部落系の集団的ストーカー行為では、おなじみの手法だ。

昭和の悪しき遺物が、かように、産学の足を引っ張る格好になってきている。
うまくいっていたものを、潰し、
信用されていた相互の関係を、破壊し、

古き政治勢力を残すためなら何でもつぶし、やっと福田旧態政権で返り咲き、彼らも必死なのだ。
だがどんなに大量動員し、「みんなが みんなが 全国が」などと言ってみても、みな同じような顔のカルトばかりだ。
街を歩き、いかにも普通そう、
カルトとかゴロツキに縁がなさそうな、
人々の99%は、おれの顔を見ても「見知らぬ他人」という普通の判別をする。

今年はある意味、チャンスだ。
やっと古く”意味薄”なものが、そう認識され、リプレイスやカスタマイズが開始される、
その可能性を秘めた年だと思う。

ムダを、減らす。
経営センス。
時代を見つめる。

できぬ旧態を。

人を脅す、殺す、潰す、
そればっかりやってる秘密警察(アウトソーシングされた部隊も同類)が、跋扈する国や社会が、
よくんるわけはないよなあと、今でも思っている。傷も犠牲も無数に重ね経験してきたからこそ。

本当に今やるべきことは、何だ?

何が何でも、職制や地位や資格を、優先することか?
それらに何が何でも、任せることか?

内部より外部のほうが優秀な時代に、経済危機が訪れている。この巡り合わせ・・・


(付則として。)
小泉安倍改革の何割かは、成功した。成功だけのプロジェクトなど、ありえない。
むしろ、足を引っ張り、頓挫させ、
自分たちで潰したものを「失敗だ、メチャクチャだ」と自作自演で非難する、そういう古い人々が元凶のように見えた。

継続している(すべき)ものを「もう失敗した」と断ずる矛盾。
見直せば済むことを「全部間違いだ」といってしまうイタさ。

センス、
リテラシー、

のなさに、プロもアマもない。あるヤツにはあるし、ないやつにはない。


だから、デマゴーグ集団愚行に堕した今、
毎日毎日、褒められたり蹴落とされたりという、
プロジェクト性も大計もへったくれもない、”出たとこ任せ”の弾圧が蔓延る今、

「”このまま”では、日本は終わるなあ・・・」
という、半ば科学、半ば予知、な認識がある。

/17

「流星のロックマン」当日録画分を観てから、バイト現場へ。
内容は、主人公の少年スバルが、成金のゴロツキ、ゴリに札束で買収を持ちかけられるが、断るという話。

で、現場にはヤクザが来ている。おそらく準構成員以上、ただのゴロツキではない。
太い、黒い、ジャージかトレーナーが板についている、話し方、話す内容、etc
これがまた、会話内容といい外見といい、ゴリそっくりだ。

「山口のね」
「土地転がしでよお」
「ぼったくり」
「やっちまうべ」
などなど

子分の若いのと漫才談義を繰り広げている。
気を緩めれば相手に呑まれ、操られてしまう。プロだけに強力で、油断ならない。

一昨年か、三菱品川本社では「住吉 住吉」とだけ繰り返すゴロツキがなぜか社屋内に居て脅してきたが(当時の日記に記載)

そういや昨日も
「こ難しいことはいいから、言われたことだけやってろ」と念押しされたっけね。

部分的に正しいが、だからといって、

政府と裏社会が弾圧をしてきて、
弟二人もころされて、

そういうことを我慢し、あきらめる、ということにはならない。

ダメなものをダメといえなくなることが、
対案を出せなくなることが、
真に、殺された兄弟に報いず、罰当たりな、ということだと思っている。

弾圧に屈して命を奪われたのだから、
その家族が屈しては、話にならない。

 ◇

深夜2時まえ。

裏社会を取り上げたブログ記事を書いていたら、
隣の部屋がゴトゴト動き回り、
膝周りが不自然に一定周期でグラグラ揺れた。

超音波などによる、衝撃波。

すぐ隣の部屋とか、そのくらい近い家に、それはある。
あまりに身近になりすぎた、殺傷兵器。裏社会による弾圧。


んな、ちっとやそっと振動で手足がやられたって、
今更オレが書くのをやめるわけが無いじゃん。

ヤツラに弟を殺され、人生を潰されれば、体もボロボロになればこそ、
ヤツラのために遠慮することも、屈することも、あるわけがない。

/18

同類被害者。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/news/1687/1127857708/18-
  スピーカーからの低周波音を使った嫌がらせは一人暮らしをしているときにやられました。
  部屋にいると、特に机にむかっているときによく起こったのですが、

  突然胸部の圧迫感と理解力の低下が同時に起こることがたびたびあって、隣人が帰宅して直後に始まることが

症状がまったく一緒。

 または2本の高周波音か超音波を使って低周波音や超低周波音を発生させることが 可能だということです。

これも、自宅の環境と同じ。
自宅へ向けてXの字に、北東南西方向、北西南東方向、線上に不快感がある。
相互作用を狙っているのは確かだ。

電磁波機器を持つと疑われる容疑者。電磁波線の延長線上に、犯人はいる。
・自宅アパート
202岩田
102村田

・隣近所
北隣 岡田
西向 石井
西南 関根
北西 菊池
南南西 渡辺(土建)

そろそろ、日本もこうした裏、闇の基調ではなく、
表、光の側へ、軌道修正しなくてはいけない。

でないと、いくらこうした不法組織の殺人工作が儲かろうが、勢力を増そうが、
むしろ日本全体が、壊れ、下落し、取り返しがつかない方向へ向かってしまう。

目先の利益で不法を働く勢力を衰退させ、
全体利益のために互助や善意を働く勢力を伸ばさせる

光陰の陰から光への転換。

 ◇


ブログを書き、プレッシャー圧力が襲ってくる。電磁波照射系の。

で、求人に応募すれば、近所から押しかけてきた老人が
「もうなんもやんなくていいんだっつの」
などとわめいている。外、南側で。
南向い、日新化熱工業グリーンハイツ(公明支持者)の住人だろうか、歩いていった物音や気配がしなかった。

そのまま、夜になると出力が強められ、心臓をひどく締め付けられた。

古き時代を引きずり、
古き弾圧しか出来ない、

今の時代に必要な、若い、人材やシステムを破壊するだけの、
連中にこそ、猛省を求めてゆきたい。

彼らは特にここ10年間ほど、暗躍しすぎた。多くの停滞原因はそこにある。

誰にとっても、汚名挽回、引責、は必要だが、
それは「結果を出す」ことでしか、補えないだろう。

潰しても潰しても潰しても、

人がいなくなるだけ。育たなくなるばかり。
かつて福田官房長官も、年金スキャンダルで突き上げられ、スパッと辞めた一人だったが。
オレはあのワンシーンで、「総理向きだな」と感じた。他の3人には感じなかったが。


従来型の、(過去十年間だろうが、それ以前だろうが、)
古いジャッジで、(左右だの赤だのと)
あるいは新しくても無茶なジャッジで、

「弾圧 暗殺 追い込み」

を基調にした、風潮を加速度的に衰退させること。


経済問題より、まして軍事だの外交より、
国の至上命題である。

できないなら、経済だの政治だのに、甘い汁は要らん。弾圧される側の苦しみを、上流もまた味わうが良い。
弾圧がいつまでも続き、苦しみが止まらなければ、
上流の苦しみもまた決して絶えない、

「究極の教育」ではある。(但し決して、数や力やカネで強い側、権力や暴力が、主導権を握れないことが条件だが)

誰に対しても平等で公正な教育、大人向けの。
大人をしかる親は居ないから、実に有効だとは思わないか?

通常、古来よりの歴史では、ウエからの一方的な弾圧もまた、教育などと嘯かれてきた。
21世紀に入り、やっと、下からの教育も可能で、上下に偏らない理想的な管制機能も実装して、
未曾有、前代未聞、、画期的、かつ良い結果になれば、言うことは無い。


http://www.gizmodo.jp/2006/10/ebay.html
 全ての偉大な発明は、最初はみんなから疑われているものなのかもしれないですし ね。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20071102/139543/

http://www.youtube.com/watch?v=w4oPwxJtw1o&NR=1
 「どんな言葉で飾っても、結局は人殺しだ!」8:00

/19


きょう、おびき出されたような経緯の日雇いバイト現場はやはり、やくざ系の巣窟だった。
とはいえ、女房とか女とか言う類の現場だったが。

一日中、あの独特の悪意、プレッシャー、喋り、などに悩まされた。
極めつけは、恒例の、「非効率 無理難題 攻撃」

順調にスパスパ進んでた仕事が、いきなり止まる。
なんか、難癖かなんかついたらしい。
途端に、シールを張り替えるだの、中身の量を調整するだの、
その場の思いつき、口頭の指示、倉庫物流でなくても「やってはいけない」オペレーションばかりするようになった。

専務が血相変えて飛んできて、「シールをあぶるなよ、真っ黒になっちゃう」などとわけのわからんことを言い出す。
「言わされてる」

こう、オレがブログで提唱したことを、わざと、
不器用に、メチャクチャに、嫌がるように、デフォルメして、ぶつけてくる。
まるでピエロにバカにされるような、そういう「芝居」

嫌がらせと、
追い込みしか、

できない連中が支配する国に、上昇機運は二度とやってこないだろう。

明らかに裏社会ばかり、積極的に荒らしまわり、仕切り、追い込みをかけている。
表社会、政府や公務員、いや地域のおじちゃんおばちゃんお兄さんも、誰も助けない。

”アンチ裏”が居ないのだ。少し昔なら、当たり前にいたのに。
みな、自分の欲、家やクルマや金のことばかり大事にして、道端の悪行を無視するようになった。

若者は萎縮し、逆らったり、ボウケンしなくなる。
誰も何も生み出さない。今あるもので満足するばかり。


帰りにコープへゆけば、待ち伏せヤクザ。
茶髪女房、伊武雅刀みたいな顔の亭主、
http://www.ibu-masatoh.com/opening/ibu-HP-opening.html

俺の前まで来ると「きったねえな」とつぶやいて立ち去る。気配がすごく陰険。

/20


朝っぱらから、待ち伏せ、尾行。

今朝は創価系のオバチャン二名。物腰が良い、ともするとカルトに入信しそうな、そういう。

外人強盗が入ったばかりのウェルシア蓮田。
一人目のオバチャンが、ウロウロしながら、オロオロしながら、こちらの気を引こうと躍起である。
テレパシーのみで(まだわかってないね)と。
で、レジを妨害する、定番工作を開始。でかいおむつを膨大に買って、いつまでも会計が終わらない。

だが「レジお願いしまーす」で事なきを得る。
このオバチャンはやや、頭が足りなかったようだ。やはり右傾ゴロツキ系より、創価カルト宗教系の方が、素人然だ。

椿山郵便局、たまたま立ち寄ったここにも、二人目が。
白セダン大宮54x・369アリオン、いやな予感はしたんだが、
白セダン=公安など工作員、369=弥勒、仏教カルト

窓口で、へんな会話をしている。居様にオバチャンの声が高い。
局員が苦しそうに咳払いをする、ここでもうバレバレ。

隣の窓口へ立つと、オバチャンは任務開始だ。見かけ、年金特別便の封筒所持で偽装しているが。
「早すぎる死なのよ、早すぎたわ、惜しいわよねえ・・・」
こっちがむかついて顔を向けると、
「あ、あなた理解しました?よかったー」
と、いつまでもしつこく繰り返している。

ふつう、自分の亭主のことにせよ、上記のような縁起でもないこと を、言うわけがない。

で、おれが外で待ってるのをビビったのか、中々出てこない。
時間を引き伸ばして、俺が帰るのを待つ、これもあいつらの常套手段だ。
(参議院会館え共謀罪反対の集会に出て、帰りに右翼のティアナに幅寄せなどの露骨な危険行為で嫌がらせを受けたときも、同じ手法で、より高度であった。一 昨年の当日記に記録あり)

出てきたら、ろくに眼もあわせずに退散した。眼を合わせない手法ひとつで、無関係素人と、工作員は、区別が容易だ。

うそだと思うなら、蓮田市の椿山郵便局へ電話して聞いてみればいい。11時前の話だ。


支配とか、権力とか、
こだわるヤツラほど、
その欲が強いほどに、
悪魔に引きずり込まれてゆく。
東京都心の中枢のヤツラはもはや、人命軽視で暗殺推奨の異常人間ばかり、悪魔そのものだけが、支配中枢にいる。

中枢の支配者が、アテにならない。むしろ逆効果だ、連日の失態報道を見てもわかるだろう。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20080218/147344/
 達也と真理は国家のためを思って不正を暴き、首謀者を見つけた。
 ところが、あの一連の事件で一番貢献したはずの団課長が、実質的に左遷になって しまった。

 JPそのものが伏魔殿なのだ。

 ただ1つはっきりしているのは、彼らの思惑通りに事が進めば、JPはいずれ破滅するということだ。
 この動きを止めなくてはならない。


ああそういや、生徒会で会計監査だったな、おれ。
「仕事ゼロ」、生徒会集会のときに、「承認しました」言うだけ。生徒会合宿では経費で派手に飲み会だ。(何を飲むかは常識の範囲)
官僚の仕事を早期に経験していたわけだな。

 ◇


明日、完全に政府とヤクザの結託した追い込みが完全にやまない限り、

明後日、日本は滅びる。

そういう”いい加減な予言” をし続けよう。毎日、毎日。毎日、毎日。毎日、毎日。毎日、毎日。
日増しにその呪いは、強くなるだろう。実現性を増 す。強大さも増す。

おれが、怨念の恐ろしさを思い知ったのは、創価学会員の娘にうらみつらみの手紙をよこされたときだ。
あいつらには、変に神がかったオーラ、霊性が宿されてる。
のろいの怨念がこもった手紙ひとつで、当時の下級ヤクザの脅しの何万倍も怖かった。
なんせ、翌日から、精気は抜け、41度の高熱を出し、それでも新聞を配り、肝臓が焼け、メシは喉を通らず、自慢のカラオケ声は衰弱で出なくなり、
その後数年間が一気にどん底へ堕ちた。まさに呪い、ゴロツキの日次の脅しとは違う。

そしていまや、公明創価はその呪術を、一般市民を「政治的に魔女狩り」し、暗殺する手段として濫用している。

・・・というわけだ。同じような怨念を、国全体へかけたげよう。特に裏表問わず上層部のほうへ。

ブログできわどい事を書き続けて、野垂れ死にする覚悟は前から出来ている。

老け込みと、病状衰弱が、ある一定を超えたら、自刃する。
今年か、来年か、
おれは面食いなので、早いだろうとは思う。すでに神経混乱で眼がよく見えない。
全部見えているのに、ある領域だけ知覚出来ないのは「脳障害」だ。これはもうダメだ。
30で脳障害で、中高年を生き抜けるわけがない。
過酷な底辺労働も一時避難なら我慢できるが、ずっとやるなど考えたくもない。

唯一の幸福は、
誰にも頼られず、重大な仕事を持っていて居なくなると困るわけでもなく、
まあ宇宙船サジタリウスのような人間だったことだ。

家族親戚が、財産が、地位が、人並みにあったなら、とてもじゃないができなかった。
きっと、どんなに疲れ果て、重い病に苦しんでも、死に顔は安らかに笑っている。

寝ていても、殺傷電磁波を浴びせられ、疲れは増してゆくし、神経は刺激されっぱなしだ。
死なない限り、安眠は出来ないのだ。俺がオレである限り、政府と裏社会は追い込みをやめない。

だから、おれを追い込み続けるならば、心中しようぜ、日本よ。

きっ と中韓露も米国ユダヤも、喜んで手を貸してくれる。
彼らは、未来のあてになるパートナーと、
国民殺しと、先すぼまりの、旧態依然堅持で、うまみのない現支配者層と、
どっちを選択するだろうか。

国際市場による、支配者商品の選択である。

/21

相変わらず、誰も援護しちゃくれない。
仕事はない。声をかけてもらうこともない。孤立無援。


それが結局、日本の限界であり、終末トレンドであり、滅亡へ自ら進むということなのだろう。
孤立無援の増加が、国家をスカスカにして、
スカスカを埋めるように無理をした労働者たちもまた、病気になる。

負のスパイラル。

http://kasumin7.web.fc2.com/m0802r.html#21-1
http://www.amakiblog.com/archives/2008/02/post_516.html
 ・・・正直者が馬鹿を見たり、まじめに働く者が損をする現実は、経済という有機 体の故障を物語っている・・・
 この言葉は、1947年に書かれた経済白書の一節であるという。

いつまでも、家賃も光熱費も食費も賄えない。
だがそれは、政府弾圧、その配下の実行部隊である裏社会が、

記録を付けて、綿密に管理しているからだ。
飢え死にさせないが、飢えさせる。
グルの大家に、ここぞとばかりに文句をメールさせる。

みんなグル。グルが社会のいたるところにいる。スパイ立国、監視社会大国。


一晩、有害で血の気や神経電圧を奪う、有 害電磁波を浴びた
疲弊しきっている、顔が青い、そうやってもう5年以上部屋に閉じ込められている。

現実的にみて、こんな日本が、変わるはずがない。
与野党や官庁が、明日いきなりぜんぶ崩壊しました、なんてことに、なるわけがない。

かくしておれは、
有害電磁波と、
右 翼カルト宗教の追い込みと、

青ざめてしわだらけになりながらかろうじて老いて生きるか、
降参し絶望して身を投げるか、

二択しかない。

いまこうしてタイプしている指も、血行不良で皮が厚く、冷たく、思うようにならない。半麻痺障害だ。

http://kasumin7.web.fc2.com/m0802r.html#21-1
 エリート、上層部、が病んでいる。
 もしくは、社会が病気であることを、観察、診断、していない。頭脳神経として の、失格。

オレのような人間に、大きな集団を仕切らせる、
俺の書いたブログを国政に反映させる、

ことの危険性は、そこにもある。
弾圧されて衰弱した「病人」に、健康な発想は生まれない。

病人を鞭打って悪用するような発想がまた「病人」であり、
そんな政治家と役人が、病気のような国づくりをするのは当然だ。

・・・この概念で言えば、日本は袋小路だ。
健康な人材などどこにも残っていない。いるにはいても、徹底援護し、活用するすべがない。その気もない。
ようはウエに理解がないんだ。奴隷を次から次へと補充して、使い 捨てる、くらいの発想しかない。


オレの人生と連動するように、
日本全体が、程よく負け続けて、下落し続けて、みんな自分勝手で、裏で糸引いてる大国やらがほくそえむ、

・・・というのが、関の山。

日本が勝つとき、上昇機運に転じるとき、
おれには解放と、程よい収入と、健康が、飛び込んでくる。
運命共同体。

弾圧をやめないアホが公明なら、連立を外すべきだ。
自民も結託してるなら、与党を下ろすべきだ。


優先事項というものがある。
国益より外交より、先にやめるべきは弾圧だ。いわれなきレッテルを流布して個人を生きてゆけなくすることだ。

国家カルト化に、歯止めを。麻薬のような「公明票田 公明弾圧」に、きょうあすにでも即刻の終止符を。


おととい、
きのう、
来たものは、やはり今日も来る。上の文面をアップロードしてから出かければな、そりゃ。

シャトレーゼ蓮田。
ためしによって見ると、やはり客は変なのばかり。
16:30にしては、集中しすぎ、混んでいる。

4名客(中年女 宗教系か、やや田舎顔、きつめ)
1名客(中年女 百姓顔)
1名客(目つき悪いしょうゆ顔の男、右翼系か)

女ども、ウロウロしながら嫌な気配を発する。軽く進路妨害。
1名客の女が、
「あらあら、こんな時間にたくさん押しかけて、どうしたの?」
と変な質問を投げれば、
「明日イベントがあるのよ」

「頑張ってね」
と、妙な返答をする。
何のイベント、とは聞かない。まるで予行演習済みの芝居のように。

明日、おれが出かけた先に、待ち伏せするつもりなのを臭わせているのだろう。

男の客のほうはもっと露骨に不審者だ。
ひたすら、アイス売り場でぐるぐる回っている。おっかない目つきで。
買うつもりがない。そもそもアイスに焦点が行ってないんだから。

いずれのグループも、オレが会計を済ますと、とっとと出てくる。男は何も買わなかった。
女4人と女1名も、同時に出てくる。 みな、示し合わせて押しかけているのだ。
で、4人グループは三菱ギャランにスポーツホイール、OL4人で来るには妙な車だ。

そこへさらに、もう一台、車が入ってきた。よぼよぼの農家爺さんが乗っている。
これも、クルマから出てこない。ジーーーとオレを睨んでいる。


こういう悪党組織の連中が、(おそらくは旧態盲信の悪党ども、殺人追い込みへの罪の意識なし、無自覚の)

日本を滅ぼす。

予言的にも、
理論的にも、

そういう結論が出る。

血の粛清で、追い込んで、
人生も、命さえも、奪い、

そんな、元来的に現代日本の風土に合わない、
ファシズムで強引な支配をしたって、続くわけがない。
人心荒廃、社会減速、

正論や理論は、恐怖支配の身勝手な物言いに打ち負かされ、

次第に日本は、実力を落としてゆく。いや、すでにそうなってるが、もっとひどくなる。


超能力だの、
神仏に近いだの、
電磁レンジの技術で人を殺すだの、(電磁波攻撃)
付きまとうだけで追い込んで殺すだの、(組織的ストーカー)

濫用すると、全体を滅ぼすツールがある。

個人なら思慮も利くが、
会社ぐるみなどという言葉の通り、組織に歯止めは聞かず、思慮も芽生えない。

彼らは、組織的に、大々的に、それを濫用することで、おおいに狂い、止めようがなくなっている。キチガイ集団、重度洗脳漬け集団。
自分の脳は麻痺し、組織の決定に任せている。

伝染病が、日本を死に至らしめる。

 ◇

以前、2006までは、
田園地帯は、かなり安全地帯だった。

”気配”が、追いかけてくることが出来なかった。

だが昨年からは違う。技術改良か、田舎でもなんでも気配は追いかけてくる。

愚行が進化した。

眼には見えなくても、軍事兵器である。
安易で手軽な軍事技術はワガママを助長する。念じるだけの魔法で、人が殺せるとなれば。

よって、日本は滅び、へたすれば世界が滅びる。


(ゲンダイ)
 イージス艦衝突で、石破防衛相(51)への風当たりが強い。野党から責任追及の 声が上がり、
 閣内では孤立し、党内でも援軍なし。
 そこに海上自衛隊は事故の真相を隠していたことが次々と発覚だから、もはや引責 辞任は時間の問題。
 それでなくとも福田政権は末期状態ときているから、どうしようもない。

こういうとき、良くも悪くも、挙党一致で助け舟に入るのが、90年までの自民政治だった気はする。
ま、金丸も竹下も、引退するととっとと捨てられていたけど。

つまり、自民与党、自公与党、ともにもう、続かないことが透けて くる。
解散総選挙後の連立、その政権ももたなくて再編、再再編・・・民主党は人材的に自民に劣るから。他の野党はそれ以下だ。

いずれにせよ、
政治混乱と、
経済における経営力のなさの世界中への露呈で、

日本の地位は低下し続けるこ とが予想される。

数ヶ月で政権は次々代わり、
担当能力、基礎設計力、経営力、すべて中途半端で、一貫性もなく、

おれが生き延び、あまつさえ巻き返してピンピンしていれば、日本は蘇っているだろう。
そのときにはすべての政官財が、過去のものになって、合理化されているだろう。
世の中がよくなるから、当たり前の両親を取り戻すから、国策暴力が抑制されて、オレは生き延びるのだ。

それくらい、おれは、国策の、「間違った弾圧」の最前線に居る。才能が潰され、特権無能が残る弾圧の。

日本の、アウンサンスーチー的存在である。隠蔽、幽閉、される理由に違いはあれど。

 ◇

こないだ、ある薬だけ盗まれ全部なくなっていたと、書いた。

きょうは、菜箸が一本だけなくなっていた。
シンプルな台所で、どこかにまぎれようがない。

こうやって、散発的に無断侵入しつつ、実に些細なことばかりチョコチョコと嫌がらせしてくる。
大家もグルだ。経緯でわかる。


きょうも有害電磁波と、空から降ってくるプレッシャーとで、すごい消耗、衰弱だ。

全身蒼白、吐き気、だるさ、目の焦点があわない。力が入らない。
がん患者だった当時、抗がん剤で全身ボロボロになったころに近い。

動けなくなる前に、山林だの廃屋だの、そのへんを探しておかねば。

何度も何度も、葛藤がある。
でも、普通の人間、普通の社会相手なら、どうにか世渡りできるけど、
ファシズムがどこまでも追いかけてくるナチス体制のような異常な世の中、

人間が次第に悪魔に置き換わってゆくような異常事態、

これでは生きぬけるはずがない。

最初から無理だとわかっていたのだ。根性で6年間を耐え抜き、ついに体は音を上げた。

孤立無援、ひとりだけで自分を支えるなど、セキュアが脆弱すぎる。
国レベルを支える人間の価値が、理解されていれば、周囲が放っておかない。
放逐され、襲われるに任せているということは、理解されない、無価値な人間ということだ。

さらば日本。中米朝露などに食い尽くされてゆく哀れな島国よ・・・
さらば悪魔化してゆく、強制指令に対して自制の聞かない、操り人形のように変貌してゆく、ラジコン人類よ。


(なんどもなんども書いたが)
一家離散へ追い込まれ、
実家にはヤクザリフォームやが乗り込んできて無意味な工事をわんさかしてゆき、
あげくに競売にかけられて更地になり(何のためのリフォームだ)

兄弟は2人も殺され、

あげくに自分まで殺されようとしている。

この国が憎い。悪党から順に絞め殺してやりたい。


与党のなかで
改革派が
守旧派が

野党が、

どれが勝とうが、俺を救わないだろう。

いま、おれを支援しないヤツラが、タダ働き強要で利用するだけの連中が、
勝ち馬に乗ってから救うと思うか?

政治屋は泥棒だ。
官僚はもっと泥棒だ。
その片棒が右翼や暴力団だ。最近は公明創価のコンビもだ。

泥棒しかいない国は滅びる。

俺を救わないような、むしろ追い込んでから脅し脅し利用するような、
発端が、普通に暮らしてるところを弾圧して職を奪い健康を奪い兄弟を暗殺するような、

すべて、ぶっ壊す。ぶっ壊さないと、まともな国の将来はない。
追い込まれなくて言い人間が追い込まれてる。犠牲がドンドン増えている。
オレに隠れ場すら与えないなら、すべてに逃げ隠れや不正を許さない。

3月解散総選挙、
5月霞ヶ関解体、
裏社会大混乱、
既得利権の全喪失。よりどころの喪失。

あらゆる組織系統の分断、再構築。


/22


陰 険な道徳に注意せよ!


いま、6年前の再来を見ている。。。。

おジャ魔女どれみが、急速に「道徳!道徳!あれダメ、これダメ!」
と、説教ばかりになり、急激にファンを減らし始めたのがあの頃。
しゃーぷだったか、その次だったか・・・

・陰険に、道徳を強要”サタニック・モラリスム”
・「あいつだけは許せない!」と、定期的に吊るし上げが行われる”魔女狩り”

どこか大陸的、西欧的な、

このふたつと、小泉政権のファッショ的改革姿勢とは、セットだっ たことを、
忘れてはならない。

やったことがない改革、つい小泉流がすべてと思いがちだが、違う
会社の数だけ、改革手法はある。


世間は、絶えず、支配者層からの洗脳を受けている。
支配者の趣味趣向、動向に、あわせるしかない。
支配者がヤッターマン大好きだと、そうなるしかない、”電波洗脳”である。

方々で、
やはり6年前回帰のような、奇妙な発言が相次いでいる。
本人らしからぬ、いきなり昨日と今日でブログが変貌する。伝染病だ。

何かこう、祈祷師が、必死で封じた妖怪が、
返り咲いてきちゃったような、
そういう不安である。

つくづく日本は、どう駒を進めても、袋小路にはまる。悪魔の手下、裏社会的な部分ばかり喜んでいる。


http://www.irooots.com/blog/mika_kikuchi/2008/02/post_73.html
いきなり道徳、しかもトーンダウン。

http://akitaroh.blog25.fc2.com/
[930] 2008/02/19 [Tue] 21:42
だけ、急変。

http://d.hatena.ne.jp/ch1248/20080218/p4
許せない的発言が勃発


いきなり、傾向が激変するのが特徴だ。
たまに見に行ってて、「あれ?」と思う。別人の発想みたいな。

で、5や10観察すると、同時多発的に、みんな同じように、急変してる。

無線で、いっせいに、ブロードキャスト送信で、ルーターのRIPみたいに、激変する。
だから、支配者選びは慎重でなくてはならない。


http://kasumin7.web.fc2.com/m0802r.html#22-1

こういうのも、2003,4、多発していたことと思う。
物騒な台風や大風など、事件や事故など、
呪術が絡むと、急増する。

あとは、ハト派が抑え込むか、タカ派が際限なく暴れるか、の違いだ。


社会総合的に見て、6年前に逆行している、デジャブーをみている、という思い。




/23


バイトへ行くとね、やはり◇以下のようになるわけだ。

しかも、くさいくさいと、周囲が小声でバカにしてると、ほんとうに空調からどぶのにおいがしてきて持ち場周辺だけ臭くなった。
待ち伏せ、仕組まれ、てんだよね。不定期でプレッシャーが襲ってきて、心臓止まりヒザがつきそうになるし。

帰路がまた変でね。
早朝の16号で、追い越し車線でシート倒して寝てるのよ、迷彩服の男が、ティアナでね。起きない。
迷彩服・・・尾行してくる連中が、よく着てくる。
警察呼んだり誘導したり。

で、30分遅れでBIG-Aに寄ると、
警備員のすすけたジジイが待ち伏せしてて、オレと眼を合わせず、到着と同時に退散するわけよ。
色々と嫌になるね。こっちもいつまでも尾行待ち伏せやら、命の危険を感じるやら、場末の仕事しか出来ないやら、ウンザリなんだが。

オレが日本に希望を感じず見捨てれば、
日本国もまた希望を得られず迷走を続ける、
まさに民と国、一心同体二人三脚。


きょう一番失望したのは、バイト現場の中の、一部のゴロツキ勢力の連中だ。
「いまのあいつなら楽勝勝てる」
とか、どうでもいい、くだらねえ、ことばかり言ってるわけだ。

国政とか経済とか、
国土を覆う規模の集団洗脳とか、

もっとも憂慮し、問題意識を持つべきことは、無視か。学歴低いんだろうけど、それにしても・・・

くだらない、「プレッシャー掛け合いゲーム」だけが、最も重要らしい。ああした頭の悪い連中は。

おれは、政治経済にまで浸透している、
「人間が異常な思考をするようになり、陰険になり、他人を傷つけることが平気になり、罵りあいばかりするような、ラジオコントロールな無線洗脳」
への憂慮と警戒と打破の模索、だけが大事なんでね。

ベクトルが合わない。そういう連中に付き合ってる暇はない。

 ◇

やはり、”自動的”な人々。日本国民たち。

相手が
知らない人だろうが、
初対面だろうが、

その人の気配につられて、
文句をまくし立てる。

脅し、野次、飛ばさずには居られない。
これが日本式の、イジメシステム。
暗黙の、人民支配システム。

囲いの中は安全で、様々な知的特権が与えられ、
外へ追い出されると、理由なく人々の侮蔑や虐待を受けるようになる。

囲いの胴元は、この国の支配者だ。


権威に、第一人者に、やたらと過敏である。

ネットにせよ、印刷にせよ、糾弾すると、すぐ右翼やくざ系がどこからともなく飛んでくる。
いまや、中学校、中学生にさえ、飛んでくる始末だ。(安倍総理に意見した中学校宛に、なぜかガラの悪い男から脅しメールが)

そうやって、所謂「昭和の日本」は、作られてきた。
ガチガチの、ロボットそのもののような人間が形成されていった。

おそらく、70年代の学園紛争への対策で、よりこのようなおかしいものに改悪されていったのだろう。
実際、その頃を境に、自由に振舞う、粗野な暴力や大声、などという人間が急速に、姿を消している。
80年代の若者が、ナンパ人間の先駆けだった。あれは人工だったということだ。洗脳されたり、誘導されたりして。

だが笑えるのは、そのガチガチな支配システムのおかげで、
いまや金融やITなど、日本の苦手とするソフトウェア的サービス、商品、国際経済の主流に置換された今、
まったく通用していない。むしろ逆効果になってしまった。

追い込めば追い込むほど、日本製品を売ることへ繋がった昔。
いまや追い込めば追い込むほど、日本国の首を絞めている。

だが、老人には、既得権益には、不勉強な田舎者には、それがわからない。

彼らの体内では、いまも昭和なのだ。時計の針は進んでいない。

時代を読み、危機感を叫ぶのは主に、40代中年とか、30代だ。
業界で否応なく先端事情を知った老人も、含まれる。
IT業界の大手には50代のSEだっているのだから。驚くほど勉強して、現場をこなしている。

そういう人々からすれば、いまだに昭和主義の人々など、足を引っ張る害悪でしかない。

温度差がありすぎるし、しかも深刻な悪影響をもたらしている。


時代を進めるのは、先端の人々、考えである。

きっと江戸時代の人々は「維新なんて、歌舞伎が絶滅するぞ」なんて考えたに違いない。
江戸の世でも「俳句なんて・・・短歌の冒涜だ、とっととやめろ」などという人がいたはずだ。
で、案外にマジョリティなのだよね。困ったことに。

古きを守る役目は、
新しきだけが、可能なのだが・・・

新型クラウンが60年当時のままだったら、
とっくにトヨタは潰れていた。


・・・・って書くじゃない?14時ごろだ。
で、適当にすごして14:30前くらいに、いきなり突風が吹くわけよ。おそらく関東一円の、下ろし風、春一番だ。

昨年末の霞ヶ関でも、同じ「嫌がらせ」があった。
思い起こせばたびたびあって、2003年4月の結城市の自宅付近(4月の3)
でもそうだった。歩けないほどの突風だった。

ないものは強引には実現できないが、(覆水盆に帰らず)
あるものを、実現するタイミングを、最適化することが出来る。
誰かをラッキーばかりにすることも、不幸ばかりにすることも、出来るが、
目の前の水がジュースになったりはしない。因果運命の設定値を変更するだけだ。

まさに、5年前に、2002,3ごろに、時代が逆行しているんだ。
・・・一時期、台風だの突風だの、震災(新潟やスマトラ)だの自衛隊事故だの、「沈静化」してたのに・・・・だれが”平定”していたんだろうか。

怪我する民が出るだろう。
壊れる家もあり、電車も止まるだろう。

神は、魔術使いは、そういうことは、
おかまいなしだ。政争だけが、支配だけが、すべて。支配オタク。

一人を貶すために、大災害だって起こす。

外国勢力の仕業だと信じたいが、
いつもいつも、
官僚や総理や皇族や右翼のために、この恐ろしい行為は行われているのだ。
つまり国内の勢力であろう。特典を受ける勢力が、非常に限られている。

自衛隊機が落ち、警察ヘリが落ち、
米国へ台風が連日二回も突っ込み、
このへんは右翼系を感じさせるし、

なんども震災、
なんども台風上陸、
アニメやドラマで出てきたビルが翌日に火災、なんてことが頻発、
このへんは朝鮮中国なんかが浮かんでくるし、

どこにどの程度広まってしまってるのか、わからんが。振るう勢力は、限られている。

 ◇


ここのところ、自宅へ向かって、思考停止を誘発し、思考を不活性化させる作用が、「電磁波攻撃」において強まった。
要するに、ブログを書かせたくないのだ。その傾向が非常に強まっている。

隙あらば攻撃し、心中にハッキングして侵入し、潰そうとするような流れを感じる。基本的に、防衛戦だ。

/24

心に重度に張り付かれている。
非常にシバリがきつい。気を緩めると、やくざ系の罵倒が雨あられと降ってくる。

魔属性の連中に、気配の影響を受けすぎている。
野山や神社の出番だな。


ただ、全身の感覚麻痺や、若さの喪失など、生命力低下は、
自宅に降り注ぐ有害電磁波のせいだから、、、別問題。

一戸建てとマイカーを買い、子育てをしている家庭が、
このような「殺人工作」を惰性で続けていることがそもそもおかしい。
このような社会のゆがみを、たださねばならない。
やくざだろうが右傾だろうがまして政府だろうが大国だろうが、殺人や人権侵害や不法など”負の特権”を与えない。

命や財産を奪ってまで、普通の生活が出来るという
奪われる側は、搾取や弾圧をされるがままに、普通どころか底辺の生活もできないような、
矛盾を正す。

簡単なことだ。
世界の文明が、経済が、政治も、裏社会さえも、
矛盾を抱えたままでは一歩も進まなければよい。


心に張り付いて、文句を言うヤツラの、「訴え」もだいぶ、消極的になってきたな。
道理で、世の中が老化し、元気なく、停滞するわけだ。

「もういい、聞き飽きた、モラルはモラル、やっちゃいけないことは絶対ダメ、先生に任せとけばいいんだ」
こっちが聞き飽きて嫌になるくらい、塞いでいる。

とにかく、封じようとするだけ。

「思考停止」ばかり、安直に仕掛けてくる。
無線電磁波での洗脳や、気配によるプレッシャーを駆使した結果が、これだけ。
小泉や安倍の時代は、ここまで愚かで低スキルなオペレーションではなかったぞ・・・・

若手が、有能が、逃げ出しているな・・・新銀行東京みたいに。
老いた反動的弾圧が、みなを蹴散らしてしまった。

http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html#30-2
 就任後、花岡は野洲セ ミコンダクターの清算や今回のディスプレー事業リストラなど、草間時代の“負債整理”に追われた。
 その過程で多くの優秀 な技術者が会社を去っている。「ディスプレーが苦しい本当の理由はキーマンがいないから」。
 このOBの指摘には花 岡も同意するだろう。
 「低温ポリシリコン液 晶」の基本特許を持つ大島弘之は台湾の液晶メーカー、トッポリ・オプトエレクトロニクスへ。
 画期的な希土類永久磁 石の発明者である下田達也は大学へと去った。

老人が役人が威張れるようになったはいいが、世の中がたいへんな老化を、停滞を、迎えてしまった。
あれもダメこれもダメ、監督官庁の許認可を・・・・小泉を支えたアングラめ、目星はついてる、許さないぞ、という…

昭和の老いたバカモラリスト。
昭和の老いた暴力懲罰根性論保守論者か。

ジジイババアに、未来は切り開けない。定年引退後の後援役や出資者にでも。
だが、”社会にあわせた自制”も知らぬ若造でもダメだ。30代以降(28くらいから?)「マネージャ」の統率を受けるべき「メンバー」だろう。

だから、
小泉に追い出された連中、
改革で切り捨てられ、破壊された部署、

正しかったんだ、ある意味では。

人道とか事後ケアはともかく、追い出されるべき要素だったのは間違いない。
それくらい、日本は停滞しすぎている。ちぎっては投げちぎってはなげ、いくらやっても追いつかないくらいに。

痛みを伴うのは避けえない。
しかしどこまでケアをするか。

無理難題にならん程度に、
しかし確実に進めなくては。

劣る人材に任せてみるローテーション」は一巡した。あとは「座るべ き連中、担うべき連中」が、結集することを祈る。
これ以上、ひどい製品、サービスを、世に送り出したくはない。適材適所、動的決済、を極める。


閑話休題


人の家族の命を奪い、

30年の人生を大半を、
オヤジをマークしたことで、家族全部が破綻するように仕向け、
ほぼすべて30年、ろくな目にあわず、進展がなかった、

そして直近5年間、
弾圧を強めて自宅幽閉、職を奪い、有害電磁波で健康な体と頭脳を奪い、

そういうヤツラがだよ?

「社会人としてしっかりしろ」だの
「まじめに働け」だの
「はやく妻子を作れ」??????????????????

おめえらが言うな、ての。

子分のギャングどもに尾行させ、職場を荒らさせて、

職を奪われ、
数十年、家族ぜんぶが追い込みを受けて、
収入は増えず、心はすさんで、
車を買ったことも、免許を取れたことさえ、ない。

車の免許も取れないまま、月収5だの8を何年も続けさせられて、

子供だ?女房だ??


日だろうが米だろうが潰すぞコラ

ふだんおとなしいからって、

ナメんなよ??????????



・・・・というような憤懣は、芦ノ湖の水より多いくらい、たまりに溜まっているよ。


結城市会議員の立川は、
地域住民(票田)相手にはいい顔して、奉仕活動だの口利きだのしているが、
オレに対しては侮蔑とプレッシャーを向けて、普段は連絡もしてこず無視で、
しかし役所だの警察の依頼には従い、おれを病院送りにする工作に参加しやがった。

クズだらけだ。一見立派なクズが多すぎる。
立派な顔、服、めがね、クルマ、
どいつもこいつも芯はクズ。クズじゃないと立派になれない変な国。

そうした多大な矛盾をごまかすために、
正常な判断力を奪う「洗脳」が仕掛けられてる。国家覆い尽くすくらいに広大に。
みな電波で飛んでくる洗脳内容を信じる。自分では考えない。
会ったこともない人間を、いきなり罵れる理由だ。

 ◇


まただ。
アニメ系サイトの、ある画像と、リンクしたHTMLページが、改変されている。
なんてことはない、くだらない画像なのに、なぜか。

「集団ストーカー」的な連中はいつもこうだ。些細なことをチョコチョコ仕掛けてくる。

以前も、「目の前で書いてる一文節が、眼が回ると同時に、瞬時に消失した」
オカルトな体験を、日記に記したが、
やつらはそういう「魔術的ノウハウ」をいくつか持っている。

このイラスト画像の件も、なかなか思い出せない。

「魔術的」に消された事案はみな、このようになる。
中々思い出せない上に、ファイルは消失している。苦闘が続くことになる。

で、よくよく調べてみると、ローカルPCをいじられている。
FTPの痕跡がないし、サーバー側のファイルは消えてない。
つまり、ローカルの画像ファイルが消去され、該当部分のHTML記述だけが、巧妙に消去されていたのだ。

それをおそらく、気づかないままHTMLだけアップしてしまったため、
画像は残るがHTMLには記述がない「先祖がえり」が起きてしまった。

guu5.hp.infoseek.co.jp/enikki.html
ここの、
2005の上三つ。
(ちなみにこの後、ケ ロロ軍曹で実際に、ス ト2をイメージした話が作られ、放送された。)
(画像のタイムスタンプの通り、作成が05/11.)
(ケロロ原作で、桃華ママがスト2っぽく登場したのが06/05
(ケロロアニメで、その話が放映されたのがその一年後
(おれはいつでも、影の原作者や、監督なのだ。)

以前も、前の晩いじって休止状態で朝出かけ夕方に帰宅すると、OSのアイコン表示が特大になっているなど、
ローカルをイタズラされている痕跡が、たまにあった。

問題は、
テ ンペストなどといわれるPC無線リモート操作技術、
いつのまにか意識を操られ、一部記述が消されているような、人体や運命のリモート操作技術(一部魔術的)、
が使用されたか否か、だ。

なんどか、勝手にエクスプローラーやカーソルが動き、暴れるという体験はした。
主にネット接続時だったと思うが(回線切ったら止まった)、スキャンしてもウイルスは出てこなかった。”非公開の軍事技術”に近いようだ。

/25


数日前、
菜箸の片割れが、いきなり盗まれて、なくなっていた、と書いた。たま にある「不法侵入」のことも。

今朝帰ってくると、いきなりなくなっていた菜箸の片割れが、あった。

しかも、シンクの上にそろって置いてあった。
探したら出てきたとか、そういうんじゃない。
片割れの一本だけ食器入れに仕舞っておいたものが、
もう片割れと一緒にシンクの上にあった。

自腹の多重キーまでセットしておいても、侵入されてしまう。
そうした組織に属する、プロでないと無理だ。


これが、日本政府の、
役人と、政治家と、
裏社会のヤクザ右翼ほか政争や弾圧系の連中が、やることだ。

ヤクザ右翼カルト宗教系の、汚い身なりの工作員が、隣近所の小悪魔が、ニヤニヤしながら様子を伺っている。
やつはいまごろ有頂天だろう。組織末端の手下とはそういうものだ。

(ちなみに昨年のある日、いきなり鍵の回転が硬くなり、侵入の痕跡も同時にあり、注油しているところへ飛び出してきてニヤニヤとなれなれしく語りかけてき たのが、)
(隣室のムラタハルミの自称オトコ、のゴロツキ末端だ。カルトや暴力独特の、人を操り惑わす、嫌な気配を発しながら、それを兵器として誇示しながら、相手 がのけぞるのを喜びながら、)
(プロ組織の構成員とは、みなこうだ。目先の快楽や命令をまもるために、悪魔の破滅的な魔術、気配を、濫用し、世の中を破滅へ導く)

だが、裏社会だけがほのめかすのではなく、たまにやってくる警察官まで「近頃この地区は空き巣がねー、いやあ心配だ」などと、”共犯”をほのめかす時代。
先月やってきた岩槻署のツボシマは、やたらと家に上がりこみたがった。
強引なトークでインチキセールスみたいに上がりこみ、キョロキョロ部屋中を見渡して観察していた。
付き添いの老人警官は、馬鹿にした態度でニヤニヤしていた。「あ、そうねお兄ちゃん、気をつけてねー」などと。

犯罪国家。
泥棒国家。
人命軽視国家。

最重要視すべき対象を間違えた。悪魔に魂を支配されてしまった救いのない国家。



 ◇

全身あちこちに、麻痺が出ている。
血行不良、神経不良、そろそろ引導を渡されそうだ。
20、30代でこんな体じゃ、先に激しく追い込まれた弟みたいに、数年で死ぬだろう。

昨晩も工作員とやりあった。
「きょうころせ」
何度も詰め寄ってるのに、ヤツラのほうから逃げてしまう。

病苦を抱え、弾圧や追い込みの毎日、を生きるほうがよっぽど苦痛だ。
実家を潰され、弟たちを殺されたトラウマも、ずっと引きずらなくてはならない。

 ◇

日本はすでに、洗脳され、人格改造され、
まともな人間など残っていないのだ。上記の異常事態が蔓延る様を見ればわかる。
上流の支配層ほど、重度の洗脳にはまり、抜け出せない、というか抜け出そうともしない。

なるほど、世界文明、破滅へ向かうわけだ。

荒天なり、
魔術による人格や運命の操作なり、
その洗脳された人類は、妬み恨み憎しみなどの負の感情ばかりで動くようになってしまい、

ありとあらゆるもの、森羅万象すべてが、
人々を狂わせ、
自然に牙をむかせ、

リセットへと、誘導されている。
こんな津波のような流れには、おれ個人でかなうはずもない。
来るべき時に備える、非難、備蓄、用意…

投機というマネーゲームで世界中の食糧事情(価格二倍、記録的不作)の悪化、
水がない、(中国大陸や、さんご礁で海抜が低い南国の島など)

いずれ、飢饉とか荒天の連続とか、もっと大変な事態がやってくる。

神か悪魔か、神悪魔に成りすましたユダヤや異星人などの地球支配民族か、
彼らの”オペレーション”は容赦ない。


おれはこの6年間の貴重で濃い体験で、さすがに悟った。経験は貴重だ。

人類が、まともに、思慮深く戻ることなどもう、ありえない。
破滅の道をやめることも、ありえない。

ある時期から操られてしまった時点で、
あるいは発祥のときからずっと操られていた時点で、

集団、組織、社会、国家、アテにならん。
個人の備えだけが確かなものだ。

日本政府が、やくざなど裏社会とつるんで、してきたこと。

・おれの弟2人を屍にした
・実家へやくざリフォーム屋を乗り込ませ、無意味なリフォームを数々行った
・家族を分断し、離散させた
・無意味なリフォームをした実家はいまや更地である
・おれ、家族、の人生を、健康を、奪った

ひとつやふたつの事例に留まる、マイノリティではない。数々の報告がある。

「国家なら、企業なら、特権だ、良い、免れる、」

その発想がついに通用しなくなり、世界破滅へ向かうのだとすれば、それは理にかなったことかもしれない。

運命を言うやつは、幾層もの筋書きが複合している。

人間の浅ましい思惑の層が下にあっても、
神悪魔の上の層では、もっと高度である。上位互換、上位優先、かなわない。

人間がその欲望で国家をここまで汚しきる愚行も、神悪魔の”現文明リセット懲罰”への布石に過ぎない、
そんな「孫悟空釈迦の掌中」みたいな、ものを感じる。世界全体の流れを読み解くと。

 ◇

ふだんは、ブログの「シンクロニシティ」カテゴリーで書くのだが、参考までに出張。

以下、「運命操作魔術」の陰謀論見地で。朝日RSS

 レストラン2階の床落 下、トヨタ関係者7人けが 南ア

トヨタ悪感情・・・欧米勢力の仕業か

 高波次々、家襲う 全 半壊や浸水被害 富山(02/25)
 強風・大雪で北海道の 大学など時間変更 国公立大2次

この辺は近隣諸国が怪しい。これと震災などは。

 シンガポール航空機、 エンジン不調で緊急着陸 中部空港

総じて、やはり、「荒れている」。
物騒な案件が急増している。新聞のRSSを見てると一目瞭然だ。

やりたい放題、リミッターが見られない。

元締め”が
居なくなったか、
新人にすげ代わった証拠だろう。

こういうことを書いて、教えるとまた、

裏社会や警察が俺自身を疑ってかかるか、
オレを常にワナをはめようと隙をうかがってる連中にえさを与えるか、

なので、書かないのが一番だと、常々怒られている。
ボランティア精神の人間はつくづく、損なものだな。

身辺でも、常時ストーキングな”運命操作”による「不幸」が散発。

ビニール床に落とした蓋が割れる前代未聞、
テレビをつければガンだの倒れたときの対処だの(爺婆御用達、NHKなんか見るからいけないのだが)
洗濯物を干せば強風で飛んでゆき、物干し竿を直そうとすればフックが外れて地べたに落ち、

ストーカーも、弾圧も、現代では、魔術がらみだ。
・悪霊憑きにしようとする
・不幸続きにする
・生命力を落とす、有害な気配を宿させようとする

さらに、人海戦術つまり「追い込みや追尾」と、科学つまり「有害電磁波を自宅へ向かって照射」ときた。

破滅の時代には、
破滅のオペレーションばかりはやるものだ。

おかしな時代にこそ、
おかしな者たちが支配者になり、
おかしなことばかりやる。

/26

材料はある、あとは活かす気があるかどう かだが

これをまず、記す。

 ◇

昨晩も、こっぴどく追い込みをかけられた。浦和の福山通運、どうしたってゴロツキ属性が蔓延る業者。

大別して、二種類。

・素直そうな顔、まきこまれ、操られる側
・ヒネテ浅黒い、ニヤニヤして悪意を向けてくるゴロ

ゴロたちは、意識をひとつにして、情報を共有し、
ひとつの組織として、おれを追い込みにかかる。
空気を、操る。その場にいる人間たちが、あやつられる。ゴロの手下のように。

周囲の素直な人間たちは、操られる。だから
「言いたくもないのに、悪口が出てくる」
「あいつの近くにいると、わけもなく腹が立って、敵意を向けたくなる」
「どうなってんだこりゃ、困るぞ」

というような文言が目立つことになる。迷惑なゴロツキたちが、現場の事情を無視してでも、追い込みをかけるせいで。

ではその老若混合、業者問わぬ横断連携のゴロたちはといえば、
ことあるごとに、
大声で威嚇、
「おわりだおわりだ」
「きょうでしまいだ、」

などと、終わる、死ぬ、病気、怪我、などの不吉を目の前で口走る。

 ◇

魔術とか、エスパーなどというものは、確かに軍事的に大きな威力がある。

だが、せめて軍隊ならともかく、社会のゴミが、濫用すると、(私利私欲の支配のために)
人類としてはむしろ、「品質低下」する。

冒頭にリンクを張った、林業の話にもあるとおりだ。貧困ビジネスという形態も、その一部だ。
悪くなり、
落ちてゆき、
バカになり、

負のスパイラルが、止まらない。

思い切った転換が、必須な事態だ。

 ◇

その昨晩の帰路に、コープ蓮田へ寄ったのだけど。
ここも案の定、深夜だろうが、追っ手は来た。おもにやくざ配下のゴロ。黒いトヨタセダン系の。

入り口スグ、野菜売り場の一番手前で、立ち止まり、話をしている、部落顔の、父母子供家族。
あやしい。あんなところで立ち止まり、いつまでも話をしている、しかも深夜、
いわば「不自然であるが、追っ手としては良く見かけるタイプ」。

またその、まん丸農村顔の女房が「おわりだあれ しぬ」などと口走る。おれの姿を認めると、立ち止まるのをやめて追ってくる。
だが、こっちがすごめば、黙る。この時点で、相手はクロだ。

何も買わず、カゴすら持たず、俺の周囲をウロウロする、
携帯電話を欠かさず通話し、意味不明な「たとえ話」を小声で展開し、
「しね ころす おわりだ」などと適宜混ぜてくる、浅黒い建築職人系の男。
けっきょくそいつらは買い物はせず、嫌な気配を発して、伝言をして、帰ってしまった。

気になるのは、その一味の一人が口走った言葉「横浜でよお」

今朝の報道で、横浜で暴力団員が女房を撃って逮捕されたそうだ。

数年前、同じような連中に脅されて、帰った翌日が、福知山線の大事故だった。
付近には、あやしい、こうしたタイプの人間が、不気味に立っていたそうだ。

たまに、”こういうパターン”を、仕掛けられる。



/27



/28

日記が途絶えたのには明確な理由がある。
「身の危険を感じる」
急激に、政府と裏社会による、追い込みが畳み掛けるように、急増した。

今までの、遠慮だか、逆らえないんだか、そういうハンパなレベルではない。


夜、前の日の給料を受け取りにマイワーク大宮へ。
ここですでに、今まで見たことないくらい大人数で待ち伏せが。
10人以上は居ただろうか。

ふだん、どんな時間に来てもここは、多くて5,6人だ。
支払い時間終了間際だからといって、駆け込みで人が多く来るのは見たことがない。

で、この時に押しかけてきていた連中の多くが、ゴロツキ属性だった。
エレベーターの前で座ってニヤニヤしているような、
中に入ってくるなり「自民党なあ、殺すよなあ」などといきなり口走るような。

偽名が多かった。
「中曽根さーーん」(こっちは有名)
「名古屋さーーん」(組織暴力、山口某の隠語としてよく使われる)
2人とも、わざとらしく、「いま携帯なくしちゃって」と言う。

金を渡している女が、今まで見たことない。
眼が寝たようにトロリとしたデブ女、ゴロツキ系にまま見かける。
これまたいきなり電話を受けたようなしぐさをして「あーおまえ、もういいから、こなくていいから」
と、凄みを利かせながら喋る。派遣会社の電話応対では、ありえないことなのは言うまでもない。
で、この女、次の瞬間にはいなくなっていた。19時で退出する社員は居ないはずだが。

いわば、中曽根だのといった老人たちが、おれを利用価値として散々利用した挙句、
捨てたわけだ。

結局、ふだんなら10分も待てば受け取れるのに、30分以上待たされた。
デブ女いわく「30分も前から通報受けて待ち伏せしてんだよ」だそうだ。

続いて、バイト現場へ。マイワークではないとこの。
ここも、待ち伏せと嫌がらせが用意されていた。
「森」という見慣れない社員が、いつもとは違う部署へ案内。
ここがまた、きつい。

いつもなら、到着してスグに日当を渡すのに、
この日は一転して、いつまでも渡さず、渋ろうとする。
昼休みでも渡さず、帰りに渡すなどというから、ゴネてなんとか受け取った始末。


インフルエンザか。
非常に重い症状。


翌朝、徹夜明けのまま深谷の教習所へ。
道中、自民党の街宣車が横切る。これも尾行の一環かもしれない。

どうもこの一連の流れ、「オレを監視し、弾圧している連中」
に仕組まれていたらしい。
福山で風邪を引き、無理して夜勤、そのまま教習へ、というのは。

案の定、受講者の大半はゴロツキの追っ手。
フォークの講習など、2,3人のはずで、じっさいクレーンのほうは1人しかいなかった。
それが10人も来ていた。一人は運転席に黒いカーテン付きのセルシオだ。

ちょっとした隙にバイクのミラーを折られていた。そういう連中だ。
昼に近所のスーパーへ行けば、「さよなら、おわりおわり」とつっけんどんに怒鳴って逃げ去るババアが。

講師がまた、変だ。警官の回し者らしい。
一日で膨大な専門知識を覚えなくてはいけないのに、無意味なたとえ話ばかりする、しかも必ず警察の話。
「警察はいつも監視している、みてみぬふりだが、事故があると乗り込んでくる」
で、えげつない話もすぐにする。
「指が飛ぶ、コロス、死ぬ、バラバラ」
もはや、講義の体をなしてない。
いわば、学科試験をパスできないように、仕組まれているとしか思えない。

それを裏付けるような。
今朝は欠席するために電話すると、「振り替えですか、それはこちらが指定した日になりますから、後でこちらから電話します」
の一点張り。
ふつう、振り替えは同じ講習の開催日になるはずだが、「ゴロツキ」と「警察の回し者」を用意するために、それではまずいのだろう。


無法者を動員してまで、
不要な弾圧、監視、ばかりするようになってしまった日本。

 ◇

よくない。
破滅傾向だ。

運命が、空気が、支配欲だけの横暴な支配者に、牛耳られている、。
今考えていることも、入力していることも、監視され、油断すれば書き換えられてしまう。

空気も運不運も、元は無料だ。
それを、アメと鞭の材料にして、横どりしたり、与えたりする。やり方が実にヤクザだ。

人の心に無断侵入し、すき放題に操る。
このシステムが、ロクデナシに占拠され、世の中は大変なことになっている。
支配者などというのは、たしょう歯がゆく、限定されていたほうがいいのがよくわかる。
心まで覗ける、
人心を自由に操り、
気に入らない人間の運を奪い不幸まみれにする、

神になってはいけない連中がなると、そういうダメなオペレーションばかりするから・・・

目先のことしか頭にない。
ヤツラが伸ばせば伸ばすほど、日本、世界、人類、全体的にはむしろ、破滅を早めるだけだ。

 ◇

最悪なタイミングに
最悪な要素ばかり増えてゆく。

いまこそ、素人もプロも協業せねば。
経済で国際社会から見放される事態は、それでしか打破できないから。
金融ビッグバンまで起こして、年寄りの無知と傲慢のせいで裁判ではスティールを追い出し、羽田から外資を追い出しては、元も子もない。

だが実際は、「プロこそがすばらしいのだ、素人はすっこめ」というジジイ発想が台頭している。
これに追い風を吹かせるのは、日本にダメな国で居て欲しい大国だろう。
冴えて、対等に渡り合う国になられては困るからだ。

テレビに限っても、ヤッターマンだの、ゴーオンジャーだの、老人が返り咲いてしまったせいでひどい”時代退行”が起きている。
政治も経済も同じだ。「まるで80年代に戻ったようだ」というような落胆の声が聞かれる。

おれが追い込まれることが激化したのも、福田政権が改革姿勢へ転じたことへの、役所などの危機感なのではないのか。
正常な業務改善が行われれば、役所の多くは干される。防衛省でいま起きている連絡体制見直しなどは、まさにそれだ。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20080221/147770/

このままおれが、弾圧の渦中で息絶えるようなら、
おなじように、方々で、本来なら重用されるべき人材が、潰されてゆく。
過剰な「時代遅れ死守免疫」が、足踏みを続けさせるのだ。決して進ませない。

かくして、虚言でも世迷いごとでもなく、理論的に、日本は滅びへ向かってゆく。


・・・まあ、いくら膨大に言葉を重ねても、理解されまい。
だが、いずれわかる。

 ◇

きょうの福田内閣メルマガは

 何かを犠牲にするのではなく、仕事と家庭が二者択一ではない社会をつくりあげたい。
などと格好いいことを書いているが、
俺を殺すことで、犠牲者を出し、日本を作り上げようとしている。

弟2人が殺された。
加藤大治郎も、
阿部典史も、
永岡衆院議員も、
松岡農相も、

みんな殺された。

 ◇

おれは幼少のころより、
学園紛争でマークされた親父のせいで、

職は続かず、
貧乏のままで、
人付き合いも苦手のまま、

でいるよう「仕向けられ」てきた。
どうも日本の政府機関は、そういうことを慣例的にやってきたようだ。
ウチだけ車が新しくならない。

おれなど、オヤジよりさらに雁字搦めだ。車の免許さえ取らせないよう見張られている。
それは、上記の通り、フォーク免許を取ろうとしただけで、ああまで過剰に邪魔されることでもわかる。

一生、生きてゆく限り、このように仕組まれる。
収入の向上もなく、
定職に付くこともなく、
車を買うどころか免許さえ取れず、

日本がひっくり返らない限りは。


総理にしてやった相手に殺される、皮肉な話よ。

/29

先日朝、大家が来た。
高熱で寝てるのに容赦なくあちこち叩いていた様だ。道理で悪い夢になるわけだ。
テープレコーダーで録音している。
我慢してやる、な物言い。
経年劣化で壊れたものを、壊した壊したとゴネる。

典型的な、昭和大家。古い物件はこういうところが要注意だ。
サービス業でお客を相手にしているという自覚がない。

この物件が、右翼連中言うところの「処刑場」である以上、
付近住民からもことあるごとに「はよでたほうがいい」言われてきたことからも、
大家もグルだという可能性は低くない。

人が寝込んでる最中に押しかけてきて、
なりふり構わずドアや窓やそこらじゅうたたきまくる、
その姿勢からも、それはうかがえる。

・いつも、リモートで遠方からオレの様子が見えているかのように、一番嫌なタイミングでメールしてくる
・この日の押しかけも、おれがたまたま風邪でダウンしたことを知った上で乗り込んできたようだった。(欠席を決めたのは朝8時だ)とにかく在宅前提で、ネ チネチしつこかった。

テレパシーネットワークで、仲間内や、敵の、頭脳を盗み見ている人種は、
今のところ例外なく、右翼筋とか、たまに公安警官系くらいだ。
ロクなやつはいない。素人はいないのだ。

 ◇

来月は、dead or aliveのようだ。
自民系からの弾圧が急激に悪化したのだ。まあ内閣府にも相変わらず抗議メール送ったり、「読みました」なんて返答が着たりしてるけど。ガクガクブル ブルwwww

昨日までを見る限り、
スーパーだろうが職場だろうが、寄せ付けないくらいのすさまじい希薄と大量動員だ。

たかだかフォーク免許とるくらいで目くじら立てられるなんて、小泉安倍の時代では、ありえなかったことだ。
むしろ小泉のときは、府中の試験コースに3人も試験官がやってきて、追い風吹かせて合格させてくれたものだった。
つまりは、政争がらみなのだ。

住居を変えたところで、追っ手はやってくる。
体はもう、痛めすぎて限界だ。限りなく重態手前。
なんでも体当たりできた数年前とは違う。だがこんな生活を生きてる限り中高年でもこなさねばならない。

無理だ。

生きられない、という選択肢と、
生きるというプロジェクトを断念する、という選択肢と。


なんにせよ日本は、西洋魔法の毒牙にかかってしまった。
戦後はまさに欧米の金満と魔術に漬け込まれた政治だった。

「可能性」を潰しに潰してゆくほど、未来が骨抜きに、破滅ムードに、なってゆくのは、
実は誰でもわかっているのだろうに・・・

「惰性で可能性ある人物を潰しまくる慣例」により、日本は内部崩壊し、外国からハイエナがやってきて食い尽くされる。
やっちゃいけない、選択しちゃいけない、ことばかり選んでいる。


4月のオレは、生きているのか。
生きる意味は、あるのだろうか。

とりあえず、今の日本に、何の価値もない。
魔術は人々のつながりを希薄にし、
レッテルを貼られた人間を徹底無視、侮蔑、するようプログラムされている。

オレには何にも寄ってこない。
魔術的に仕組まれて、ノーニーズなのだ。

単に、俺に問題があるとか、それだけではない。人間関係が、人為的に、プログラムされている。
空気が、どこぞの支配者に、プログラミングされ、しかもKYは罪人、とばかりに空気を読むことを強制してくる。
高度な政治的手法だ。国内外の政府レベルのプロジェクティング・センスである。

「石ころ帽子」、耐えられるわけがない。
病苦も貧困も弾圧も、仲間や家族で支えてきたのが70年代までの日本だったというのに、

80年代以降の日本人改造は、その意味では最悪の「仕様」となってしまった。

 ◇

空気を操るプログラム、を具体例で紹介する。

今朝、近くのウェルシアとベルクに、買い物へ出かけた。
案の定、尾行が待ち伏せていた。

公安や右翼などの手下系工作員は、みな仏頂面だ。雰囲気がヨソと違う。

突っ立っている。待ち構えているからだ。仏頂面でこちらを視認すると、
まるで空気に操られるように、無線で操るロボットみたいに、ふらふらとカートで通路を塞ぎ始める。
自分の頭で、悪意で、塞いだのではない。空気にゆだねることで、もっと上層部の悪意を、体現している。ラジコン人間だ。

ウェルシアは客が少ないので、ほぼ工作員ばかりだった。
だがベルクとなると、明確に違いが出る。

素人、無関係、みな品物に夢中だ。視線、追う目線が、どれおこれも素人だ。
他人など気にしていない。おれをみても、すぐ眼をそむけるか、わ、と顔色悪い様に驚くか、だ。

だが工作員は違う。
出入り口で黒いコートを着てニヤニヤ立ってたり、
その頭上を県警ヘリが通過したり、

しまいには店員が集団で操られたのか。3人くらいで、ちょうどオレが通過するあたりに飛び出してくる。

異様と、
普通は、
容易に区別できる。

秘密裏ベースの警察や探偵などとちがい、
弾圧や威嚇や追い込み目的の裏社会主導の尾行、待ち伏せは、「顕示する」のがセオリーなので、
見分けが付きやすい。

 ◇

非常にシンパシー、近似をかんじた人物
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2008_02.html#04

おれは表政府や裏社会、すなわち上層に監視される身、
いわば虜囚にしてピエロをやらされる身であるゆえに
このような番組を通じ、嫌味を言われたり、慰められたり、といった「意思疎通」はめずらしくない。

近い将来の、日本の破滅が見えている。さながら大正デモクラシー直後の敗戦のごとく。

だが、あのころはまだ世界は遠かった。隅々まで近くはなかった。
今や、地球ひとつでかつての日本より狭い。

今度敗戦だの滅亡ともなれば、根こそぎ略奪しつくされることは、想像に難くない。
戦争が軍事から経済やスポーツになってきたからといって、むしろ油断ならぬ状況は、悪化の一途といえる。

世界を見ることだ。

おれは世界中を見た。
それを報告するほど、弾圧、追い込みは激しくなった。体を壊し、働くもままならず。
良く似ている。水野の直面した状況と。

夢ばかり見ている、なにかといえば天皇ばかり振りかざす、そういう連中の強引なやり方が、世の中を逆行させ、原爆まで落とさせた経緯に。

おそらくだが、皇族もまた、本音では嫌なのだろう。嫌でも、倣うしかない身分だから。「看板にされること」を受け入れている。
ファッショへ戦争へ本気で向かいたがる、
合理的経済より根性論鎖国へ向かいたがる、
そんな人間などほとんどいやしない。皇族とて、姿勢で遊んで学んでいる人々は少なくはない。

こんな日本でさえ、かつては経済で伸びてきた。工業が世界の主軸だった頃の話だ。


ま、体が痛いところばかりで、追い込みも激しく、将来不安が日本屈指のおれだからこそ、
あえて遠慮せずこういうことも言うさ。

だまされた。裏社会とか公権というヤツは本当に、びた一文も出さない。
「本当に必要な人材」の定義が、すでにある地位やカネなんだもの。将来的有望ではないんだ。
5年もかけて育ててきた人材も、情勢が変われば潰しにかかる。
フルブライト留学生を、いっときの都合で殺すことがアメリカにはあっただろうか。

そんなだから、MBAくらいの恒久的資格さえ、つくれないんだ日本では。

一説では、このように奴隷の扱いで酷使されているオレの実情が方 々へ知れ渡り、
「知恵貸しや助力」にはしる人間は次々減ったとも聞く。なり手が減ったというヤツだ。
総合力で成果を出すのに、総合力が次々と骨抜きになっては、もはやダメだろう。


小泉時代、おれは小泉の一味とみなされ、はげしい弾圧の渦中にあった。
「変えた、壊した、すべてを、、元に戻せ!」

と、良く脅されたもんだ。(これは政治圧力により、ローゼンメイデンの真紅のセリフにもなっている。)

不変こそが美学、さすがは昭和世代だけのことはあった。
だが
いまやどうだ。やつらの望みどおり、何もかも統べて元通りにしてあげた。
おれはまるで神のように願いをかなえてやったさ。福田プッシュの意図の半分もそれだった。

・・・民間の落胆や悲鳴はどうだろうか。外資や外国政府の失望感と言ったら。
ほぼ政官だけの理由で、経済が冷えて、規制論ばかり盛り上げようとしてる。閣僚さえ意見が二分し、調整型の総理にはうやむやにしかできなかった。


日本は、最後の隠し刀さえ、じぶんから折ってしまったのだ。

もう民間や個人の誰も協力すまい。
公の連中は無能揃いで、未来を切り開けない。


民が、
民業が、
政治をすべて代行するくらいでちょうど良い。今後の日本は。
政治だの、政争だの、政治団体だの、政治思想だの、「政」がしゃしゃり出てくるとろくなことはないんだ。

若い連中で犠牲や傷を分担し合って、力強くそれを為すんだ。決してオレのように一人で背負ってはならない。ゼーガペイン1話になる。
なんでも力任せ、軍隊式、の某勢力に伸ばさせてはいけない。日本がますます後退する。

一昨日、教習所に押しかけてきた右翼連中なんかがそうだが、
いまの時代逆行ムード、いたずらに融通を利かせず、ささいなことでも悪い悪いと締め上げる、
そこに便乗してるああいう連中は
「これが時代だよね、これからの時代だよね」
と、得意げに脅してくることで、納得、服従をさせようとする。

古さが時代?

バカをいうなバカを。

 ◇

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080222/147866/

自分が総理になったら、あるいは同年代が総理になったら、
かならず、諮問会議に迎えたい人物。

報酬はGT-Rと維持費一年分でww
出すべき相手には惜しみなく。

 その後、この小泉・竹 中時代を支えた優秀な人材の1人は、霞が関を去ってしまった。

 あまりにも能力が高い ためにムラ社会から追い出されてしまうケースだ。

 国際競争にさらされて いる組織なら、「この人は宝です」と言って逸材を手放すことはないだろうが、
 国際競争にさらされて いない内向きの企業や行政の社会ではこんな理不尽なことが発生する。

 このようなことは大袈 裟に言えば国家の損失だと思う。

官僚ですらこうなのだ。
元来、国交省などへ出向いても、〜課長クラスと話すと、頭脳レベルや話し方など、気が合う人物が多いのだが。

警察署も、正義感があって、矛盾が許せないと、数年でやめざるを得ない。そういう仕組みがもう何十年も続いている。

オレは伊達に、影で小泉ブレーンだったわけではない。
小泉だけではなく、ブッシュも、温以下略。まあ、ワールドワイドだったんだよじつに。いまはオバちゃんとヒラちゃんを後援している。


胸が痛いのは狭心症だろうし、
わき腹が張るのは肝炎だろうし、
リンパも循環せず皮膚再生も遅く、
弾圧のダメージとストレスを溜め込み、
その体で、これまでと同じ苦痛の日々を耐えるのは無理だ。支えが要るが、魔術にかけられたように誰も寄ってこない。
だから、来月再来月には死ぬ覚悟で、いろいろ伝えたい事を書いている。

アホでロクデナシの組織に属する、思考停止でラジコンロボットな連中ではなく、
そういう集団を抜け出し、本当に大事なことへ向かって突き進む、真に有望な若手のために。

「100年前に、こんな先鞭が居たとは」
といわれれば本望だ。

 ◇

ゲンダイ
内閣は呪われているとい う永田町の噂
 福田首相が就任当初、 感想を聞かれ、自嘲気味に語った「貧乏くじ」発言通りの不吉な展開になった。
 イージス艦の衝突事故 ばかりか、毒ギョーザや株価の大暴落、米軍兵士による少女レイプなどなど忌まわしい事件や事故が相次いでいる。
 支持率も下がる一方 で、それを挽回しようとして悪あがきするが、やることなすことすべて裏目に出て、さらなる凶事や変事に見舞われる。

 ――この内閣は呪われ ている。
 それもこれも、内閣発 足そのものが、「安倍逃亡」というハプニングに乗じて、
 能もないのに、父親の 意趣返しに総理の座を引き受けたバチがあたったのだ、ともいわれている。

呪いが、天だの神悪魔の領域にあるとでも?

すべては人の手による呪術であろう。

だから、小泉はいつもラッキーで、たとえ強引過ぎて人がたくさん死んだり殺されても、
安倍や福田はいつもろくなことがないのだ。

次から次へと、ボスを挿げ替えるのはたやすい。
「ではゲンダイくん、次の確実に長期政権を約束できる人材を、連れてきたまえ」

どうせ人選すら出来まい。
「悪口に留まるのが役目だ」
などと逃げ口上に徹するゴシップには、決してできない。

おれは、呪術、操られる運命、ひっくるめた全体を見ている。
そういう見識を叩き込まれたからだ。

これは「人災」だ。
自分では何も手をつけず、
人を立てるたび、
策を講ずるたび、

風を吹かせたり、
災難を仕掛けたり、

それが日本人の手に寄れば、「足の引っ張り合い」だし、
お隣や遠い国の仕業ならば、「侵略 妨害工作」だろうし。

ただ、おれが霞ヶ関へ来るだけで、(昨年の内閣府案件)
強風を吹かせ、霞ヶ関と蓮田市だけにスポットで大雨を降らせているから、
皇族とか、その取り巻きとかいった、
へたすれば江戸以前とかいった時代感覚の、老人勢力の仕業かもなあ、とは思う。

天皇系が、いくら支配のためとはいえ、自然災害だの不幸だのを引き起こすだろうか、
とは誰もが思うのだけど、
霞ヶ関においてのハ ンパなき悪意はやはり、日本の支配中枢の発想以外ではありえない。


たとえば場末の運送業の倉庫などで日雇いバイトに入ると、右翼系に通じるヤツラから、気配で脅されたり、様々な嫌がらせを受ける。
基本は「なんの妨害もなければ優秀に終えることが出来る業務を、わざわざ、できないように、叩かれるように、邪魔しまくる」
という手法だ。
これを仕掛けてくるのは、やくざ右翼系がほとんど。つまりウエには皇族がいる。

なんだろうね、今でも南北朝だのつまんない争いが続いてるのかねえ。
しかもゲーム感覚で、人任せで。
南北朝ゲームが最優先で、内閣が妨害されまくろうが、国が傾こうが、いいというのであれば、

これほどの本末転倒もないな。

あえて、ゲンダイの言い方を借りるなら、

呪われているのは
永田町ではなく、
日本全部だろう。

兆候は小渕病死以降、小泉くらいから顕著に。

気配が、空気が、悪魔に満ちている。みな、おかしい、険悪で、いつ豹変して悪意を向けてくるか油断ならない。
マンガに良くある描写だ。変な気配に飲まれて、とつぜん凶暴になるとか、ああいう。

これもよくある描写だが、人類には手に余る技術というのがある。

魔術なんてのはまさにそれで、
肉体が基本の生物は、霊界の生物にはかなわない。
魔と付き合っていれば魔に染まり抜け出せなくなり、
神と付き合うと、魔が跋扈する現代社会では苦労することが多い。

テレパシーやサイコキネシスといったESP、
運命操作、他人を操るといった魔術、
いずれも人類の手に余るものだ。
本来なら、ガイドラインを定めたり、軍縮なみに規制を考慮すべきであるのに。
核兵器は怖くて使えないが、
人類みなが狂ってしまえば滅亡しうるのだから。

仮定して、
「アメリカが、あるいは右翼など政治団体が、アメと鞭のツールにしていたらどうするか?」
そういう思考回路はもって置いて損はない。その思惑を都度観察すれば、相手はおのずと絞れてくる。

・岩国基地移転問題で市長選が行われた直後に、岩国配備予定の米軍機が墜落する
・ニューオーリンズへ向けて二度もカミカゼ台風が突撃した

これでアメリカの線は怪しくなるのだが。

魔術におぼれる個人も組織も国も、いずれ自らを滅ぼす。

バベルの塔は、神に近づこうという意思だけで、滅ぼす対象とされたのだ。
そこに近づくからには、受容される必要がある。要資格だ。巫女、シャーマンに等しい。

時代は「地球でひとつの国家。」
干されるか、自滅する。

改革のためなら善意で協力しよう、という程度の”遠隔通信”が、
内閣を牛耳り、傀儡にしてやろうなどという政治的プロ的な陰謀論”縄でふんじばる”にまでなったのならば、

そのシステムは、死んだに等しい。

前向きさを、
明るさを、
自発的意欲を、

取り戻さねば。

どうすればいいかは、
昨年12/29に霞ヶ関に突風を吹かせ、内閣府での作業のために富士通の名札を付けた右翼を数十名もかき集めた、
連中に聞いてみたらよい。”真の支配者”だから。

ま、福田総理がイ大統領と握手する数日前に、お得意の呪術で南大門が全焼するように仕組む連中のことだ。
察しもつくというものだが。
米軍機墜落から数日後だろう、あれも。あの時期は「呪術的には」大荒れだった。

過去5年の記録はこちらにも。
aaa56.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/ealis/ealis.cgi

魔術、それはメギドの火。

 ◇


ねむれないので書く。
寝ようとすると電撃が襲ってくる。

昨日今日と、
北隣・岡田家のババアからの、「電磁波攻撃」が激しい。
体験調査すると、あっちから我が家に向けて打ち込んでるのが明確だった。

脳に介入する”擬似脳波信号”なので、うとうとするなど、意識が薄れるにつれ、
脳が操られ、
「心臓に苦痛を与えろ」
「心臓に定期的に電気ショック動作を起こせ」
など、信号の内容に従い、体が動いてしまう。
日によって変化するので、いくつかのプログラムをスイッチで変更できるらしい。

もはやこの被害日記では有名人の、加害者である。
おそらく、健康を奪った、間接的に殺した、数十人ではきかないだろう人物。立派に暗殺者だ。
電磁波を強く受けると皮膚は赤くなる。ババアの顔もまた赤く焼けている。近所ではこいつだけだ。

週一でやってくる亭主だか息子の顔を見る限り、公安、右翼、政党系いずれかのエージェントと思われる。

おそらくこの物件、あづま荘の大家とはグルだ。
前の住人、篠崎といったか、かれも付かれきっていたのだろうか、風呂場などが悲惨なくらい汚くて掃除の様子もなかった。
こういう政府だの政治がらみの裏工作が、大家抜きで行われるとは考えにくい。
4年前に復活したこのボロアパート、
同時期に引っ越してきた西向かいの石井家(頻繁に出てきては”見てるぞ威嚇”)、
そして岡田(電磁波照射係)、
あたりがセットでグルのようだ。

まあ、また日記の内容にいちいち噛み付いてきてる構図なんだろう。

つまんないことにいちいち噛み付く、目くじら、余裕がない証拠だ。
つまりは国家滅亡の兆候である。
花火のように、豊かな時期から転落して鎮火するのはあっという間だったという歴史上の例は数多い。

1992年のVガンダムではまだ「人をそういう風にわるくいうものではありません」とたしなめる母親が登場した。
つまり、「ふつう」の大人が多く、「ふつう」の世の中だったということだ。

世の中を無線電磁波で洗脳し、コッソリ人格改造してみたはいいが、
カルト政党や右翼やらの好みどおりに作り変えられ、

誰も彼もすぐ
目くじら立てて、(魔女狩りのように)
人を罪人扱いして脅し、例外動作をドンドン禁止して行き、(その行いは非常識だ、非常識の烙印を押されたら生きてゆけなくなるぞ)

一億みんなカルト宗教信者みたいな、どうしょうもない国になってしまった。

これは神悪魔が仕掛けた、滅亡への強力なトラップだ。
阻もうにも右翼だのカルト宗教だの、へたすりゃ政府機関だのが邪魔をする。
彼らにはもう正常なリテラシーは残ってない。上からの命令でしか動けない。ウエもまた洗脳され狂っている。
以下の理由で、本当のテロルは追い込まず捕まえず、被害者側、告発側の弱い人間ばかり捕まえる馬鹿警察になっている。

「睨まれたというだけで相手をストーカー扱いするのか!」
と怒鳴れば
ストーカー犯人は無罪放免、
被害者がむしろ悪者になる、

「逆転現象」

ばかりがはびこる、なぜなら、これら陰謀を推進したい連中が、広めているからだ。
いいやつはドンドン蹴落とされる。
悪いやつ、ずるいヤツ、友人や家族さえ蹴落とすヤツ、ばかりが生き残る。

彼らは現に、イノベーションや改革風土まで全滅させてしまった。
新しいもの、才能ある者を蹴散らし、
古臭く、時代錯誤にもほどがある人間ばかりを中枢にすえた。

もしかると、日本が滅亡して欲しくてやってるのかもしれない。
なぜ、朝鮮カルトのみならず右翼ヤクザまでそんなことに協力するのかは不明だが。


それにしても、
階段を転がり落ちて骨折で運ばれたり、
怖いリフォーム屋に乗り込まれたりしてでも、
おれんちへの攻撃をやめない岡田はある意味、プロ根性があるのかもしれない。

弾圧だの追い込みだの、アホのプロ根性ばかりが目立つようでは、日本は滅亡トレンドを払拭できない。
30年後にはゴーストタウン、スラム化かもな。

歯を食いしばるような余裕のない国づくりをやめれば、いいだけなのにな。簡単なこともできないあほ国。
余裕のない融通を利かせられない国に、悪は栄えるんだろうに。指導者がバカだからツッコまれると、悪党が飛んでゆくような仕組みばかり使われて。
馬鹿指導者といわれたら、きちんと馬鹿じゃなくなればいいのにな。指導部が変わんなくてどうやって国が向上するんだよ。

過去の夢ばかり追いやがって、精神的ニート民族め。


top/最上/】
(未完)