BBS Old Contents

掲示板への入り口 アニメイレコム

外から締め上げるとブラックホール。いずれゼロに なる。
内側から展開してゆけばホワイトホールになるかもしれない。

奇怪かいかい妖怪だらけ
日本は妖怪ふきだまりーーーーー

そこでえ ん魔くん



top/最下/07 1月/2月/3月/4月/5 月/6月/7月/8月 /9月/10月/11月/12月/】


【2008年 1月】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

/1 弟が暗殺された翌年につき、年賀は省略にて・・・・

それは昨年2月のことである。過去記事参照。
墓碑の画像は同年11月8日に掲載。

 ◇

トヨタが世界一になったとき

「おめでとう、ぼくももっと協力するよ」
と来るか、

「へっ世界一とか言ったっていずれ転落すんだよ」
と来るかは、

人望とか、世情とか、なんだろう。

日本国が、トヨタが、好かれてるか、嫌われてるか、そんだけの話。


積極的に、ネガティブ主導、
弾圧、締め付け、に走るようでは、後者は減ってゆく。「協力者」の激減。

みんなが地方公務員になってゆく。
「べつにやりたかねー仕事ですよ。仕方なくやってるんですよ」
ねむそうな、ダルそうな。


けさ、やはり電磁波常時照射の威圧感の中で起きた。もう3年間、引っ越してきてずっと、止んだことはなく、射線にも変更がない。
打ち込むほうは惰性で、生活に変化がない無害だ。やられるほうだけが追い詰められ健康を害する。

テレビゲーム的、最悪の「痛みを感じない」暗殺手法。

弾圧する側も、される側も、疲れている、余裕がない。笑みがない。予算も怪しい。
惰性的に、歯を食いしばってまで、やるべきことなのかどうか。森小泉の落し物。
個人を締め上げ暗殺するために年末年始の内閣府4号庁舎をめちゃくちゃにしてる人的予算的リソースを、とっとと建替えやモール化や経済立て直しにまわせ と。

失業中の家族(つまり勢力)が喧嘩してる間に、家計(景気や財政)は冷えて、よその家に仕事(経済)を持っていかれて、
ついには御家(つまり日本国)はガタガタになる。右兄さんも左お父さんもなにを馬鹿なことを。おとなりの米さんとか朝さんとかにそそのかされてるんじゃな いの?

これも東京に富がありすぎる裏目であろう。

東京で、転落してない、人間にとってはまだ、おいしいごはんに豪華な家に変わらぬ我 が家である。
実感がないのだよ。破綻 とか不況とか。

逆に言えば、都心の官僚や政治家さえ、いきなり職や給料を失い、大慌てするくらいの、インパクトが必須ということだ。
上も下も、しりに火がつかなきゃ改まらない。政治家も、政治家をマスコミ経由で叩くだけの民も、同罪だ。そもそも民が選挙してるんだろうが。

ペレストロイカの崩壊は近い。地方分権はまさにエリツィン時代の幕開け・・・・
ハッまさかラスプーチンののろいが・・・だってあっちの現大統領はプーtうあわなにをするダァァ許さんッッみぐっ(ただいま映像が乱れております)

いや、冗談交じりはさておき、でもそういう形の地方分権て結局、ロシアとウクライナ天下で。東京都と愛知県くらいしか華がなくなるよな。しかも貧乏に。
つくづく、悪材料ばかりそろっている斜陽の国。
倣うべきは、華はないが質素にも慣れてる北国だな。西国はダメだ、古来より政治経済に寄与してて。
海外へ出てしまったトヨタは賢いんだろう。いつでも拠点を海外へ移せる。F1やMOTOGPではホンダもトヨタもすでにやってるし。ベルギーだったかな。


トヨタ。マークX。
おれのイメージが投影されたCMではある。
わざわざトヨタカップの日産スタジアムに呼びつけられた一昨年年末(過去記事参照)といい、トヨタ幹部の一部もそうした経緯は知っているのだろうよ。

鴨さん=オレwwww

・・・だが、そんだけ。日本政府やトヨタに協力姿勢を打ち出せるかといえば、ノーでしかない。
クルマをくれとはいってない。タオルのお歳暮どころかおにぎりひとつも手渡せないのはどういうことかと。

ドロボウ国家なら、用はない。人の私生活を盗み見て、勝手にプライバシーを無断登用し、
「天下の日本政府様だ、トヨタさまだ、何が悪い」とえらそうに傍観されたんじゃ、ましてや兄弟まで暗殺されたんじゃ、

意欲もなくすといっている。

「おもしろい」、そうだ。いまリアルタイムでテレパシー越しに返答があった。高みから傍観してるとこっけいで面白いそうだ。

んじゃ、その面白さを全部ぶっ壊してやる。「破壊と再生」だ。おまえ らにとっては「おもしろくない」年が始まったんだ。

 ◇

さて、新年元旦も午前中から、モノを書けば、即、気配で妨害がやってくる。

あいつらはコンビニか。

 ◇

誰がこちらの、

くらし、
安全、
人生、

まで視野に入れてくれるのか、

ズルく利用しよう、操ろう、などとは対極であるのか、

これが今年の目安だね。
スーパーへ押し入って、無理やり値下げさせるようなのも、結局は妨害工作だ。

ふつうにみて、
詐欺会社か、
まともな会社か、

という違い。

詐欺会社が展開するということはだ、
詐欺国家になってしまうということ。
伝染病は、阻止せねば。
隔離追放よりも、合理的な治療法の発見だろうな。
荒療治はむしろ、体を蝕むから。

人が減らないで、治癒する人が激増するのが、医学的治療であろう。
罹患したら捨てる、追い出す、というのは、中世までのやり方だ。

 ◇

昨年末から、多いテレパシー野次
「とっとと日本から出てゆきやがれ」

弾圧側も、手を焼いてるらしい。彼らなりには。

で、こんな報道がきょう

若槻千夏ブログやめた!(サンスポ)
 同事務所ではこの日、「本人の書き込み通りですが、年明けにはCM撮影もありま すし、引退も休業もありません。
 そして、海外修業も視野に入っています」と説明している。

で、喪中も知らず業者がいくつか年賀状を送ってきて、
HISが。

そんなに追い出したいかね。


唯一、日本郵便の年賀状に癒された。
いや、「よしながさゆりたん」のあたたかい直筆にね。

ママ、おかみさん、母さん
には、誰もかなわないんだろうな。
母 べえ

だからシャープは世界を制した。

おれが暴走して歯止めがかからんのも、タブー意識が低いのも、
母がいないからだ。離婚したり、放棄したりな。
父母とも、こう、団塊のマザコンあまやかし世代の大卒で、そういう連中だから、
まともな家庭が築けないんだよな。インテリ左傾よろしく肩肘張って威張るけど、ギスギスするばっかりで。おれもその延長というわけさ。
おれはバカ親の一家離散や家庭崩壊の中で育ち、かれらのようなマザコンにも実家ベタベタにもならんくて済んだけど。


 


以下ブログ的雑談文

しっかしいま年賀状って、カスタマイズ依頼できるのね。HISオリジナルお年玉くじだってよ。
〒記入欄とか、レイアウトもぜんぶ変えてあるの。プリンターじゃないもんなこのコントラストといい。
あと、バラ撒きサービスつまりDMも出来るんだな。あて先が「首都圏にお住まいの皆様へ」

ブレーンは優秀な郵便事業。
でも、ハードウェアが、現場の人事や人員が、古臭いまんまだ。
地方主局(街で一番おっきい)での面接で「面接官」バッジつけてるんだもの。民営化した自覚がそもそもないんだよ。

袋とじをあけると、「イギリス」
うわあ前から女王陛下のMI6に勧誘されていたんだよなあ・・・ヘルシングとかアニメ化されて変な感じはしていたんだが…
ルイズの下僕になりに行くのは嫌だなあ・・・「そこにシビれるあこがれるゥッ」
めしがうまくないと評判でいつも曇ってるというしなあ、オセアニアより旅費も高いしなあボソボソ
でもベルサイユからも引き合いがなあ…ガラスの艦隊とか…でもサルコジはなあ…
ああそういやルジアンマフィアに中古PCを買いとってもらったり・・・デミトリさんだっけ…

某所より転載

 以前、ロンドンに住んでいた時にそこで知り合ったイギリス人が
 「日本人は他のアジア人にまぎれていてもすぐわかる。それは日本人がどんな汚い 格好をしていてもソフィスティケートされているからだ。
 それと一緒で白人がいっぱい居てもフランス人はすぐわかる。理由は同じ事だ。」 と言っていました。

どんなぼろい格好しても、キレイすぎるんだよな。ほんとうのボロを着ようとはしないで、マルイの3万円のボロ風ジーンズを買う。

そのくせ、無気力で、怠惰で、なんもできないから適当に生きようとしている。
だから日本人が大嫌いだ。
ま、その日本人から「あいつ三国人じゃね」とかからかわれる身なりが多いこのオレだけど。しょうがあるめえ弾圧で何年も同じ服着てりゃ。

管理しすぎ、決め付けすぎ、完璧を求めすぎ、がんじがらめ日本。
服だって、自分でつくらないで、一線のコーディネイターに作らせるだけ。日本人の才能格差や偏在って、そうとうなもんだよ。

ゴミが出てゆくのか、
頭脳流出なのか、

どっちだろうな。
それをジャッジできるほど高度なセンスが、日本社会には、ないことは確かだ。鹿鳴館時代が続いているのだから。




通行人が鬱陶しい。
いちいち、こちらと相互に”脳波感応”して、野次を始めるのだ。

近隣から機械で照射されている、洗脳作用や脳刺激作用を持つ電磁波。

これを一部の通行人も感じている。だから自宅で顕著な現象。

”感応スキルの有無は固有”だが、勢力属性があるかというとそうでもないらしい。
どこの誰がニュータイプかはアドリブだが、一度なった人は常時なっている、という。
NT脳どうしが共振し、不愉快や愉快を相手に感じることで、わかる。オールドタイプには何も感じない。

だれが”寄生獣”かは、不明というわけだ。だが一度判明すれば、あとは不変だ。
フルメタのウィスパードの共振現象にも共通する。

彼らがおれの気配感じると、「鬱陶しい、怖い」などと感じるようだ。
で、無我夢中で、洗脳波に含まれる、決められたせりふをまくし立てる。
「きもちわるい、あすこにいる、ころす」などと。幼児まで舌足らずでころすころっす言いながら去る。離れ去ってからこわいーとか言ってる。
決まったセリフだから、誰が通ってもおなじセリフを吐く。互いに離れ、脳波感応がなくなってやっと、自分の言葉が出てくる。

こういう時代になってしまった。
無駄な工作、無駄な金遣い、狂った方策の数々。

人間が、もたん時がきている。
人が狂えば世も狂い、森羅万象まで狂ってくれる。
自然はみんな共振し、連動するものなのか。

狂いを何とか食い止めるのは、自分を失わず、過去の狂っていない世界を覚えている人間。
その記憶が具現化される。時空間連続体が再構成される。

誰かが覚えていれば、死しても存在は消えない。
誰もが忘れれば、生きながらに死んでいる。

/2

ベルクへ行く。
「ざまあみろ」といきなりささやく老夫婦。さっそく、カルト族が登場か。

鷲宮神社へ出向く。
誘導警備員「わかってますよね」と、何度か意味深げに言う。
天皇川越訪問の写真を飾ってる最中の白作務衣の若いバイト連中が、気配につられて怒鳴りだす
「やろー ふざけやがって おんどりゃー」
で、気配が消えるとうなだれている。いつものパターンだ。あやつり人形め。

参拝客の何名か、おそらく右傾族だろう「逃げ回りやがって 怖気づきやがった」などと野次ってくる。
多くは無関心。いちいち気配に反応してくる時点で、政治宗教いずれかのカルトに属しているということ。

帰途、さっきの警備員が「はよかえれ」とつぶやく。

あいかわらず味方はいないな。仕事は干すわ、福田政権になってから最悪だ。最悪のファシストドクトリンかもしれん。


 ◇

おれのような人間は、
ある勢力変化が起こっても、
得つつあるものと、失いつつあるものと、同時平行だから、ややこしい。
企業の顧客に似ている。あっちが目減りし、こっちが増えて。


とりあえず、兵糧攻めが続いている。
一切の日雇求人先に干渉し、採用を絶たれている感じ。

 ◇

人を散々小突いて追い出して先代先代呼ばわりする、
自称当代配下の奴らは、なにをやってるんだろうね。

株価下がる、抜本対策見えず、
アニメもドラマも人気なく不振続き、
の今年。

どんどんおれみたいな強制退去OBを増やして、成果も出せなくて、
それじゃその組織だか団体だかは、なんの同人会ですかね。
同人で世の中を支配するのって、参院選出馬したあの団体みたいだねえ。

ま、いいや。軍配さえ握ってれば世の中がどうなろうが満足なんだろ。おれには関係ねえ。

株価が5000円も下がったのにガソリン150円なのに、何の対策もしないし、その発想があるかも怪しい、でもおれには関係ねえ。
「オレは一向に構わんッッ!!」

というか、この系統に担ぎ上げられると、政官財暴宗、不器用で古い人間が多いしな。
民業の現場に押しかけて、強引なことをやって顰蹙かって・・・
そういういみでも、もうそういうのはコリゴリだ。

貢献や成果が、きちんと透明にダイレクトに評価される方面でなら活躍したいが。こっちは確率的に難しいよな。
民業、草の根、そういうのがいい。ふつうにめしくいにいって、ふつうに評価たる給料(報酬)もらえる。
ただ働きはもうごめん。

 


「やはり、世には邪念邪気が満ちているのか。」

昨年末の内閣府5F再チャレンジ推進室跡で、
強烈な念術使いゴロに囲まれ、強い邪念を体内に宿してしまった。(定番パターン)
さすがは東京も中枢のなかの中枢。一線のワルがくる。

きょうのきょうまで、それに苦しめられた。
電力線の放射電磁波、
悪いやつの気配、
テレパシー、

全部敏感に拾い、増幅されてしまう。重い。

だが、鷲宮神社で気配を清めてくれば、スッキリしてしまうのだ。
霊験ある、秩父、赤坂日枝、羽黒山などのスポットに限り、有効。

帰宅しても、なんてことはない。うそのように軽い。(だ が定番パターン)

つまり、冒頭の言葉へつながる。
おれのほうが邪気ならば、神社を嫌がるはずだが、違う。むしろありがたい。

そして、おれに仕掛けてくるような連中はみな、競馬場系だ、公安系だ、茶髪だ、ろくでもない者達ばかりだ。
やはり、悪いやつには邪念が宿り、外見に出る。肌さえ黒く、目は赤く。

どんな善人顔でも、邪が宿った瞬間に、「何か変わる」。産後の女のように。
見抜けない悪党はいない。どんなプロのいい人そうな詐欺師でも、顔や気配でわかる。

人は自然と、「政界には魑魅魍魎、悪魔、妖怪が」と表現していた。正解なのだろう、政界だけに。


いまさっき、数軒先の近所の家の、ゴロツキというほどでもないケチなジジイとやりあって来た。書こうと思った発端だ。
おれが外へ出るとあのジジイも出てきて、車でブオンブオンと派手にアクセル全開で突っ込んできた。どけとばかりに。

こいつは、話をしねえといかんな、というわけだ。
対面早々、気配を使う、相手を気圧して、ボーっとさせ、たたんでしまおうとする。念術スキラー。
邪悪。気配が邪悪。近所の、おれを監視してる悪党の一味かも知れ ぬ。

話法も邪悪。ゴロ。「しらねえよ、しらねえって」
おれにむかってアクセル全開、うるさい車で後ろから突っ込んできておいて、シラをきる。そもそものってねえ、と。

だが、気配で負けてくれば、白状するのだ。「かみさんを迎えには行ったよ」

ケチな野郎なのだ。

念術で相手をノす、
話をうやむやにする、

で、話がついて、自宅へ差し掛かれば向かいの石井家が飛び降りたんだかテーブルを殴ったんだか
「ドスン!」
ああこいつらも、しょっちゅう見張るように出てくるだけあって、グルなのかな、と。
いつだか、亭主が怒鳴り散らしていた前歴もある(昨年秋 記事あり)

悪い気配を宿し、それを堂々と行使する、カルト性の覆面庶民がい る。人口の何割か。
だから、世の中はよくなるどころか、悪くなる兆候が目立つのだろう。

天は罰し、
魔は伸ばす。


近所の監視&暗殺工作員は、
とっととしね ずっとそこで寝てろ 働くな 食うな
散々、滅茶苦茶なことばかりいって、きのう元旦も一日中寝させてばかりだった。
3年住んで、健康も、収入も、大いに失われた。

反撃だ。

奪われた分は、全員に奪われてもらわねば。
人の命や生活や糧を奪っておいて、じぶんらは失わずにいようというのが間違っている。
自然物理の法則に反している。


いまNHK「仕事の流儀」でイチロー
プロフェッショナルとは。。。?「ファンも選手もみなを圧倒する

「よい圧倒」でありたい。
人から、吸い出す、うやむやにする、操る、コバンザメみたいな「悪」は御免だな。

プロの悪党は、気配で惑わし、操る。
プロの善人、予言師とか?は、気づかせ、導く。

悪事をもって「こいつに教えてやってんだ」というのは、言い訳に過ぎない。

和子などの教えを聞いてみな「おお」と目を輝かせるだろう。すーーーっと迷いが消える。即効薬だ。
何年も、牢獄に押し込め、ムチを叩くような非道ばかり仕掛ける、それ はただの”弾圧”だ。ムダに時間ばかりかけ、無力化や社会追放を謀る。


/3

ブログを書いたのと関係あるのかは不明だが、

みょうな一団が、家族なのか、散歩に来た。乱暴なスケボー乗りを伴って。
気のせいか、殺気がただ事じゃなかった気はしたが。
うちの前の公園で足を止めてしばらく駐屯し、きびすを返して去っていった。つばを吐くスケボーガキ。
おねえちゃんは、一見してチマチョゴリかと思ったが違った。だが顔つきは微妙だな。信者系。
というか、観てわかるとおり、家族っぽくはない。身なり、顔つき、みな違う。混成チームという感じ。ふつう大型小型で犬何匹も飼うか?

近所、通り沿いのはしっこの家に、新年の訪問かなんかで来ているようだ。八王子か。
「ストーカー、カルト、八王子」といえばアレで有名だが…まあ、基本的にはかんぐり過ぎだな。



きのう口論した
きょうの一団が入っていった

ああ、特筆がひとつ。
この亭主の水色のカーディガン。
昨晩、車で突っ込んできた近所の亭主と、おなじ色のカーディガン。珍しい色なのにな。

だが、組織諜報工作のあの類の連中は、よくこういうマッチングに凝ってくる。

ま、気配が殺気や邪気を帯びている人間に、ろくなのはいないとい うことさ。
気配が清い人間を、行いもそうだが、邪気とか悪人と、間違えることは、まずない。

 ◇

さすが毎日。
組織的ストーカー追尾追い込み、
政府がらみ、しかもその上に大国の影、
こういうのを引っ張ってくるとは。

こないだの猟銃 乱射自殺事件などは、このタイプだ。少年Aと同じく、「人為的」なのだ。

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080103mog00m200003000c.html
ブック批評:「ゴールデンスランバー」 “よくある”陰謀劇に見る 現代社会の 「気持ち悪さ」

 街中に設置した防犯カメラの管理と市民のGPS情報を警察が傍受し、
 各種データが統合される監視システムが導入された仙台で、パレードの最中に、首 相が爆殺される。
 容疑者の青柳雅春については、2年前に強盗からアイドルを救ったことや、2カ月 前に痴漢を行ったことが報道され始めた……。

 この物語は、ケネディ暗殺の政治的謀略説に想を得ている。
 巨大な権力を掌握している“なにものか”が状況証拠をねつ造し、無実の人間を犯 人に仕立てた「らしい」が、
 陰謀の標的となった青柳は、誤解を解くことも事件の真相に到達することもできず に、不確実な情報から状況を憶測し、逃げ回るしかない。

 伊坂幸太郎は、略 本作では
 「防犯システムを望む市民とそれを悪用する政府」
 「容疑者を犯人だと信じてやまない警察」
 「偏向報道をするマスコミ」といった、ステレオタイプな設定が散見される。
 しかし、逃走のジェットコースターストーリーがすっきりとしない終わりを迎えた とき、
 著者がそれらをあえて凡庸に描いてみせた意図に気づくだろう。

 この作品に“よくある”感じを抱くとしたら、現代日本がまさにそうした典型のよ うな社会を生きているからにほかならない。
 略

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎 新潮社 1600円(税別)



 ◇

24時間ではないが、多くの時間、右傾カルトとテレパシーでつながれ(強制オンライン)、「思考を盗聴監視」されている。

脳の状態が、ハイ気味で固定され、変な声、雑音のようなもの、が脳内でやかましくなることで、判別できる。
なにもない、一人だけ、の場合、本当に何もない。静かで、シンプルである。


なんか最近は、ただこうしてPCで入力するだけでも、「攻撃」を受けてけん制される。
いきなり体の局部が、電磁波を当てられてウネウネ動いたり、しびれたりする。

制限制限、弾圧弾圧。


下向き、逆行、根暗、

負の努力ばかりするということこそが、
文明が末期で、浮上要素がなくなった、行き詰まり、衰退の一途、であることを示 すものだ。

昆虫は大群になると、自分から共食いなどで死滅しようとする。
群れとしての”悟り”が、破滅と判断したとき、暴走が始まる。

それは強制力が強く、川の流れに逆行するに等しく、
なかなかどうして、抗えるものではない。

どこまで、食い止められるか、先延べで切るか、またその価値があるか。

なんせ「アイアム レジェンド」のごとく、
多くの人民が、人のようで人でない、夢遊病のように意識を失い、特定の人間に襲い掛かる。
操られている自覚さえない。異常を異常と気づくことも出来ない。なんせ普段はただの人である。いきなり意識がぼやけない限りは。

意識を失い異常行動、そのくせ、へんな悟りはあって、その被害者を悪く言う。
それは悟りではなく、「勘違いさせるトリック」に過ぎない。
どこかにいる支配者が、こいつペケ、とすれば、そいつは悪者になってしまう。黒いカラスが白いことになってしまう。


/4


午前中、近所の田園へ出向く。
1時間ほどすると、追っ手が追いついたのだろう。「嫌な気配」が届いてきた。
やくざなどゴロツキが出すのと同じ気配。「おーう、あんちゃん」などというテレパシー。

また30分ほどして帰宅の用意をしていると、黒フィルムのベンツが走り去る。こいつが追っ手だったようだ。


今月で餓死かな。いまのところ、先の見通しはまったく立っていない。
ま、つい数日前に内閣府で、自民党が雇った右傾ごろつきに囲まれて、暗殺未遂を受けてきたばかりだしな。(先月29日記事)
働き口が見つかれば今度は、従業員になりすましたごろつきにあれこれチョッカイ出される。
日雇いではなんの将来性もない。安い家賃さえも払いきれない生活を何年も続けたくないのが人間だ。

ダメな組織にはダメなもんがはやる。
会社なら退社すればいいが、国となるとそうは行かない。
国=フロント企業、ハイエナファンド系の傀儡になるとき。

たぶん、おれの運命と国の運命は、強制的に、連動させられている。
ダメな部分が、酷似している。おれも日本政経も、袋小路だ。囲まれている。方策はあるのに、ダメだダメだやらせねえ、と、

朝鮮人(米の使い走り)ばかりの右翼やくざと創価学会公明党が総連のいいなりになって天皇の名前や家紋を出して脅してくる。つまりこれは「日本侵略」に他 ならない。(妄言)

はー、妄言レベルでなく、真相がどうあれ、袋小路で、明るい材料もない。
誰も同情しない。当然、互助のかけらもない。飽きた。日本に飽きた。

神道の系統だけ、ささやかな光明だ。よい導きが目立つ。政治臭がしない。(除く、九段下)


 ◇

ミ クの流行は、「捏造と本当のミックス」である。

ガンダムSEEDが悪癖の発端、モデルケースといってよいようだ。

「粗製濫造も、ネット宣伝と自演買占めが絡めば、”華々しい成績”となってしまうカラクリ」
と当事、匿名工作員に教わったものだ。

ハルヒ、シャナ、らきすた、なども同じ手法で過剰宣伝されていった。
ただ、真偽の比率はまちまちで、ハルヒくらいなら 中身への共感、つまり真は多い。
極論、ゼーガペインなどはネット宣伝が絡まなくても、実質人気は根強くある。売れ行きや、ファンの言葉を閲覧していればわかる。

アニメさえも大本営発表、やくざのシノギにされていっている。
憂うばかりだが、ファンとしては楽しまないわけにもいかず、歯がゆい。

ミクを目にする機会がない。掲示板行かないし、いってもふたばなどでは騒がれてない。
どこで騒いでるんだろうと思う。ニコニコで会員登録などする気にはなれず。
コミケのお題が大本営の号令で決まる時代に、有明へ出向く気すら起きない今日(こんにち)。


http://anond.hatelabo.jp/20071022131154
 最近初音ミクが人気だ。
 これはすごいというようなことをいえば賞賛され、少しでも否定的なことを書 いただけで全力で批判される気がする。
 しかしこの人気は「本物」なんだろうか?
 初音ミクに人気があること自体は否定しない。ニコニコ動画という枠の中でだが、

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/

ここらへんの、最初のほうのミク記事にも、不審に関して言及されているはず。


おれは自宅の一室に閉じ込められ、強制労働で、一銭も出ず、
政治経済の片棒を担がされ、ようはトップの決定の参謀としてのブログを書かされまくっていた。

これは政官財マスコミ一部大企業、放送業界やアニメ業界、みなトップ層は知っていることだ。
みな強引におれの策をねじこまれ、助かったり、迷惑だったり、振り回されたりしたのだ。

で、文句を言えばやはり間接暴力が雨あられと飛んでくる。奴隷を正当化しているのはさすがごろつき、裏社会。前時代で脳が止まっている人種。


・・・かように、政治も経済もアニメさえも、裏社会が大本営となって牛耳っている。
ここまで”負のワンパターン”では。おもしろくなりようがないさ。いわゆる「パ ターナリズム」がファッショ化してゆくという。
自由で、空気など意識しない、ほんの10年15年前が懐かしいね。

矜持から欲へ、
悪魔が、霊界で、てぐすね引いて人心をたるませ、張っていたワナに、ついに人類がかかり始めた時代。


べつに今月で死ぬ可能性を考えれば、発言に遠慮する必要もないのでね。


隣室の住人。
ブログとか書き出すと、様々な物音を立てて妨害してくるのはもう日常的。
不愉快な気配まで伴ってくる「念術使い」だからタチが悪い。いわば暴力依存である。


アホか。
ケツを叩けばムキになる。
袋のねずみにすれば窮鼠ネコを噛む。

やりすぎは、むしろ手痛い反撃を呼ぶ。

脅威と思うならとっとと社会復帰させ、普通に収入をもたせ普通に暮らせるようにすればいいのに。

この点で、原理主義的、弾圧、暴力、追い込み、ばかりの前時代政治には限界がある。
テロをなくすためにじゅうたん爆撃をして、むしろ激しくしてしまう逆効果。
しかも裏社会ほど、その矛盾を理解している。


夕刻、買い物へ。
たまたま、アフターバーナー3面のような幸運に恵まれる。「われこそパワード!」


だが、自宅には変わらず、体調を壊す電磁波だか超音波だか、そういうのが撃ち込まれてる。
数時間いれば、ますます貧血が悪化する。非常に疲れる。

きょう明日も仕事は不採用。やはり”根回し工作”で、干されている。
やはり、目立った援護がない時点で、この国は終わっている。救うべきは救わず、忌むべきものを歓迎している。

今月自害シナリオか。まあ、へたすりゃ先月末に内閣府4号庁舎で倒れていたわけで。

もっとも、おれが万一、五体満足、至って健康であと2、30年も生きると、とんでもなく政治的にえらくなって手が出せなくなるだろうがなwwwwwバイ ファムのジェダさん
知恵も知識も経験も半端なく広いからなあ。ビッグプロジェクトの決済も経験重ねてるし。

 ◇


23時半すぎ、テレパシー越しに愚痴る。
「とっとと痛覚作用の電磁波撃ち込むのやめやがれ」

本当にやめやがった。3年間のここでの暮らしで、一年に一回ある かどうかだ。
すーっと血の気が戻り、神経錯乱がなくなり、緊張が解け自然な弛緩が。
ナメてんのか、びびったのか、相変わらずよくわからない。

数ヶ月前の連動(やつが帰宅して部屋に入って数分後に不快感開始)からして、
居間に撃ち込んでいるのは202の岩田の部屋からだと思われる。

台所へ撃ち込んでるのは別世帯、岡田家とかそっちの方向からか。
いやなんともいえない。水道管やガス管を伝って、やはりアパート内部から仕掛けられているかも。
体感調査は大まかなディレクションしかわからんから、照射元を確定するには至らない。


零時前、いきなりか、いつのまにかか、テレビ東京だけ、格子波状の白黒線ノイズが入る。
普通、ネット回線か、なんらかの電気器具をOFFにすれば、戻るのだが、
何をやっても、戻らなかった。

妙だと思い、3分ほど外を見回り(同時に、慌てたようにガタガタやってる家が二軒)、家に入るともう、ノイズはきれいさっぱりなくなっていた。

つまりこれは、サインなのだろう。いつものように、”犯行を示唆”しているのだ。
こちらがどこにいるか、常時大まかに把握している。
外へ出たら、ノイズ源となる電磁波の照射をやめる。

テレビノイズの原因となる時点で、どのような特性の電磁波なのかは大まかに予想がつく。
まず、周波数がTX帯域に近いということだ。少なくとも音波ではない。
「磁波」だな。ゲームセンターで、ブラウン管を消磁するときに、電磁コイルを使う。おなじ波状のノイズが出る。

磁波だから、ピップエレキバンや低周波治療器のように、血行に影響する。萎縮か、弛緩か、おそらく周波数か何かで変動する。
じっさい、IH器具に近づくと指先の血行が止まるという症例報告も、ネット上ではぽつぽつ見受ける。

やつらも、依頼元、収入源は、元をたどれば政府であろう。そ こを押さえてしまえば、
あるいはそのものを変化させてしまえば、(弾圧しない政党が与党になるとか、しない政策に転換するとか、)
工作そのものが廃止されることもありえる。



/5

ひどいねえ。

なんでもかんでも「やるな、口にするな、もう寝てろ、黙って死ね」
これが、弾圧側の工作員、普通の家庭の普通の家族。所属が右傾やカルトというだけの。

環境問題の番組を見ているだけで
「なに張り切ってるんだ、見るのやめろバカ」

こういう、頭の悪い、思考停止の、古臭さをただ惰性的に誇るよう な、連中をこれ以上のさばらせておいたら、
日本は
最悪の環境破壊国、
最悪の政治で国内破壊と経済破綻を呼ぶ国、

様々な失態で、爆発的に崩壊するだろう。

歌舞伎役者だって、常に変えている。「破壊と再生ですよ」とインタビューで明言している。
どんな老舗だって、”選択と集中”は必須になる。

 ◇


きょうも不採用続き。
どうやら、派遣業界はほぼ政府筋の根回しで完全にアウトのようだ。

自民公明も、ジリ貧をなんとかおれのせいにして、憂さ晴らしとい きたいのだろう。
おれと完全に、共感要素のない、無関係のことでばかり、「お前のせいだ」とののしらせる。実行部隊に。

今年は「君らが追い出してくれた」おかげで、少ロット生産、シェア少ないんですが。”手がけた”とひと目でわかるものはほぼ成功しておりますが、
ダメはダメを助長する。伸ばしあうシナジーには至ろうとしない。ののしりあい、喧嘩するばかり。


ヤル気ねーんだけど、やめていい?

むなしく響く声。

仕事も地位もない。
よって責任も報酬もない。

こんな月5万以下で暮らす極貧のおれだって、米の2k袋くらいなら振舞ってやれる。
けど、ほとんどが遥かに高収入なはずの、誰一人、飴玉ひとつよこ さない。
最後にもらったのは、結城市の旧知の人、あとは親父が持ってきた誰かつくったご飯、もう3年前だな。

これがおれの限界。
なにか”ビジネスモデル”としても、人間関係、地位構築としても、ミスったのだ。
というか、政府機関の号令で国を上げて干されれば、こうもなるよな、誰だって。
金もほとんどなく仕事もない。今月で餓死だ。

ま、それは置いといて、

今のおかれた状況が実に嫌だ。

「ヤル気ねーんだけど、やめていい?」

政官財、日本経済のマネジメンツを押し付けられている。その”妄想”を

「ヤル気ねーんだけど、やめていい?」

檻に繋がれて強制労働報酬なしじゃ、誰だってやる気なんか出ねえよ。


すこーしネット掲示板を覗きにいけば相変わらず、おれをストーキングしている連中が待ち伏せていて、
大量のストーキング投稿でスレッドを埋めている。プライバシーとか、罵りとかで、埋め尽くされている。
「あまやかすな」だの「かみつかれている」だの、政治家や役人が言った不平をそのまんまアレンジしつつ投稿している。
安部改造内閣から勃発し、いよいよ福田政権になってからだな、”甘やかし”がどうとか言い出したのは。
それで一気に、世の中の方々が旧態化して、崩れていった。放送業界、今年のドラマアニメ系はほぼ壊滅である。

ま、芸術家もパトロンに優遇されたり追い出されたりしていた。そんなもんだといえばそれまでだ。
理解できない人間は、ピカソもモーツァルトもなく追い出すだろう。、ムダ金といっては。

小泉のときは、官庁(公明系)とか日立(防衛庁)やパソナ(竹中)が動いてくれていた。
別にいまさら隠すほどのことでもない。当時から書いていることだし。
野党からこういう支援はほとんどなかったな。気づかないケースがあったかどうか。むしろ政府機関と野党勢力からの、弾圧のほうが多かったな。

今年一年への予言は一行で足りる。二行目はおまけ。

・このままの政界なら崖を転落、動乱再編でなんとかV字転機の可能性
・大統領選挙の結果が出る時期と同じくして、経済落ち込みは本格化する


おれさま自身の予言ww

・充実した人生をバリ島だかどこかのリゾートで過ごす

むりやんwwww

ま、細々と年末も生きていられたら、支持も支援もあったということだね。

悪意はのろいであり、ゾンビである。悪魔の気配だ。くもの巣のように絡み付いて離れない。
相手にしたら、キリがない。責めるほうも責められるほうも、相手にしないのが一番だが・・・

/6

テレビをつけるとちょうど、中曽根はじめあの年代の放談。フジ。

戦死した弟たち
「生き延びたほうは、何をなすか」

胸に詰まった。


「生活生活と、低いステージの話しかしない。」
「哲学とかいった、高いステージを示さなくては」

ビジョンを、ということだろう。

マスコミやネット自演を動員して、
ある時期は改革改革、
ある時期は生活生活、

しょせんはウソ、欺瞞、演出に過ぎないから、
どっちへ振ろうが、無党派庶民には響かないのだ。
政治ゲームの、盤上でしか。カラオケボックス。


運命は今も、敵勢力の意志を伝えてくる。
いまはドラマの予告だ。「あと11日の命のおれに、」
実際、昨年末に内閣府で右翼に包囲され殺気で暗殺未遂を受けてから、一回も日雇いで採用されてない。まさに干されている。根回しで。


時空はすべて、操られる。王や諸侯の意思に沿うのだ。

だいぶ、中和され、独善的ではなくなってきているけれど。
反面、行過ぎた平等だの人道だの、理想倒れの骨董屋まで出てきて困ったりもした昨年。さすがに揺り戻しがあったけど。
まあ、右だの暴だの宗だの、似た者同士が似た独占的ファッショを好き放題やってた時代よりは、ずいぶんマシ。


注文の多すぎる料理店、日本。
どうなることやら。。。頭でっかちでなまじ成果もあってしかし実行力のない同人の群れ・・・

小中学生ばかりの国を任されたような、ため息の出る気分だ。
いや本当の子供のほうが、子供ゆえに、しっかりしている部分があるかな。慣例や先入観が、人を腐らせる。朽木の一部になってしまう。


まあ、おれごときまで本気で締め出されてる、ムキになって怒気を向けられる、つまり、

カルト与党もついに余裕がない、転機を迎えざるをえない、てことなん だろう。
公明は魔術が、私設弾圧部隊が、なきゃただのカルト政党だからな。中身がない。信者のことしか 考えてない。たまたま信者の数が多いから、公共性を名乗れるだけ。

あいつらは、余裕がある、高笑いして人を見下し、痛めつけてまた笑う、うちは、大した弾圧はしてこない。根っからの暴君だ

特別な存在、不可触の立場、聖域、がリセットされつつある。今年は動乱である。内外問わず。
(キャンセルではなく、リセット。reであるからおそらく再選出、再構築、であろう。もう小泉時代開始から5年、プロジェクトからするとちょうど、見直し 時期)

日本もそうなら、海外もイラク兵に米兵が銃殺されたり、パキスタンで要人が暗殺されたり、やはり動乱である。
国内も異様に多い銃犯罪。

「人間社会が静まるとき、異常気象も減るだろうか。」
これもまた、今年以降のおれが注視する部分。

 ◇

昨年末、内閣府の件以降、一件も採用されない日雇い。
まさに、根回しで、干されている。

 ◇

5年、10年先が先読みできてしまうスキルの悲哀。

つまり、今やってることの欠点が誰より早く判断できてしまう。
「いつも違うことを言っているじゃないか」
「コストばかりかかってしょうがない」
などと罵られる。

突然、船長の判断で舵取りが変更されて揉める劇中のような。

知性的で、先見の明があり、そういう国は、どたばた針路変更する必要がない。
日本はつまり、知性的ではない、西洋国家になじむような民族性ではない、ということだ。

日本の体質が悪いから、躓き、袋小路にいるのであり、
その世直しのオペレーションに手間や金がかかるのは当然で、 そこに文句を言う時点で、
理解力、リテラシー、ないということだ。

つまり、世直しは進まず、逆に非難されて頓挫するお国柄。

どういう切り口でどう予測しても、今後10年の日本に明るい材料はない。
おれが弾圧され、閉じ込められ、封じられている時点で、それはもう。

排外する必要がない。優秀な頭脳よりさらに優秀な指導層がいれば、
暴力ではなく、弾圧ではなく、知的な策で、自然と納得させるはず だ。

どうみても、力で抑圧してくるあいつらのトップたちは、バカである。バカだが力を有しているばかりの。(たまには明言)
いや、バカにも色々あろうけど、いわゆる二世とか、慣例とか、既存エリートとか、そういう。
おれのようなニューウェイブバカとは違う。古物バカ。

わざわざバカであろうとする、バカがバカのまま仕切ろうとする、へんな国。なまじ先進、ほかより先に進んだために、進化が遅れた国。
アメリカと同じ、キリギリスの国。

いまや中国もロシアも、知的追求には余念がない。
それは学術とか経歴とかそういう話ではなく、いかに前時代を振り切りしがらみを減らすかという領域の。

前述のとおり、干されている、自宅を出ようとするだけで、近所にいる右傾カルト工作員に脅される。
言いたいことは今のうちに言っておかないと。来月生きているかどうかも怪しい。

 ◇


「いずれ自分に跳ね返ってくる仕組み」への疑問。

つらいことを主張や告発して、自分が同じことを報復されるのでは、
誰も何もやらなくなってしまう。

それは、形を変えた、テロの手法に過ぎない。

打ち負かす、というやり方には、限界がある。

しかし神というのは進化しないから、いつも同じように仕掛けてくるわけで。(静的)
絶えず進化する人間は、いつまでも同じように神を信じる、というわけにはいかないのだろう。(動的)
神だの王だのに妄信的であるか、そのフリをして威光をかさに来て、力を振るうことを目的とする人間たちは、以下略

 ◇


今年早々、はやくも転機が訪れた。

「日本はもう、ダメだ、見捨てよう」
そういうジャッジをせざるをえない、あとはやりたい奴らにやりたいようにさせ…

これまでは、決してなかった判断だ。「転機」

かなり、政経国内外、ワールドワイドな見極めのうえでの、重い判断である。
日本は神に見放された。ホ ロは逃げ出したのだ。傲慢で感謝のない農村から。

キッカケは簡単だ。

福田自民党が、
年末、おれを内閣府までおびき出し、右翼ゴロツキに包囲させ、始末しようとした。
しかもそれ以降、すべてのアルバイト募集で、断られ続けている。

干す気だ。このままおとなしくしてれば餓死。ふたりの弟と同じ暗殺を受ける。

小泉以前も安倍も、そこまではやらなかった。だが福田以下主流派とやらは、やった。公明の意思がどこまで含まれるか。

だが、気力がわかない。
まるでこの5年間は、総理代理に社長代理に天皇代理に、
それくらい、無理難題を押し付けられ、「弾圧」も同時に受けていた。
すこしでも勢いを落とせば「おいおい完璧超人なんだろ」と脅された。

そういう、リンチである。この国には、いちど不正告発をすると、そこまで追い込まれる仕組みがある。
右翼だの天皇制まで言及すると、高リスクのようだ。

こんだけ”国を支える奴隷”を5年間も続けて、一銭も報酬は支払わず、最後は干して殺そうという。
弟はもう墓に眠っている。25歳と14歳だ、2003、2007、立て続けに衰弱死・・・不自然だろう?普通、暗殺でもされなきゃ、若くしてこうも連続では死なない。

あきれた。疲れた。

反省する気のない日本。傲慢で堅物で競争力もリーダーシップも 「現状維持で」
きちんと対案を出し、注意してくれる若者は、殺そうという。

やってらんね。あの世いきでも何でもいいよ。日本を離れられるなら。
地球の、今の時代にいる限り、俺がオレである限り、救いはないのだから。


力比べだけで何でも決まってゆくから、日本は没落が止まらない。
ほしいのは英知で、合理性で、論理性で、論理一致での和合に抵抗のない、欧州的フランクな、
廃止したいのは、旧来の政治的な争い、泥沼の争い、そういう面々である。
欧州はもっと、知と力が分離して、使い分けられている。だが政経ともに知がある。

「権力闘争」、という言葉で同じイメージを浮かべるような、そういう”古い人間たち”が、日本を転落させ続ける。
透視予知能力で、はっきり見えてしまった。

このままだと、
清い人間ほど海外移住や隠遁生活を余儀なくされ、
汚い連中だけで国家転落は行くところまで行き着き、ユダヤ亡国か、骨身にしみての再生か、が遥か先にあるだろうか。


告白すると、世紀末のころから、「海外へ出ろ」、と何度か忠告を受けていた。
その意味が、いまなら良くわかる。

 ◇



死ぬのにも、身辺整理が要る。
家財をどうするか。たとえ死人が室内にいなくても、家財を処分するのに大家や保証人が大変だ。

だが、政府は俺を干している。
しかも、気力体力がなくなるように、有害な電磁波を浴びせてくる。
掃除も、働くのも、意欲減退、体も動かない。
血行不良で手指は硬直しかかっているのだ。心臓もほぼ狭心症である。この電磁波は神経麻痺作用が強く、言葉もうまく浮かばない。

八方塞だ。

せめて引越しとは言わなくとも、家財処分さえ出来ないとは。
服もここ3年間買った事がない。

何を訴えても通じない、呼びかけに答えない。
親鳥や同属が子の鳴き声に反応するような、本能的な反応さえも、人間は失ってしまったのだ。
それは大国や宇宙人が仕掛ける、”大規模な洗脳”によるものだ。

悪魔の気配ばかり感じる世間。
悪魔のような行動ばかりとる市民たち。

ォhル人類の前には、さしものおれも勝てない。生き抜けない。


これは、日本、世界、に対する、不信任提起である。

弾圧ファッショ暗殺国家にまでなり、社会不参加を政府ゴロツキ連合に 強制され、
だがこんな恐ろしい世の中を、誰も危機感を抱かず、被害者を助ける動きがほとんど見受けられない。
もっとおそろしいナチなどの時代だって、かくまう、レジスタンス、勇敢だったのに・・・

日本を、世界を、恨む、憎む、思いが増えるほど、
決して世界や日本は救われないだろう。
思いが世界を動かす時代であるから。

ひとつの思いでは小さくてロクに動かせなくても、集まれば・・・
そうして、世界は、滅んでゆく。

ちょっとしたケアで、救えたかもしれないのに。気づくことさえ出来ないか、見てみぬふり。
優先順位が違うことばかりやっている。いまや市民は豊かになり個室を持ち、みな貴族のように鈍感になってしまった。

あと数週間、こうした弱音や愚痴を書くだろう。
2004年にも、餓死寸前半月くらい、絶食リポートする羽目になったが、
こんどはそうは行くまい。この自宅で死ぬのは難しいから。

/7

きょうも心筋を引きつらせるような”脳波的電磁波”が打ち込まれっぱなし。
欝と無気力がが増幅される作用も強い。気づくと、信じられないくらい、何時間もただ寝転がって、食事も数時間遅れている。

まさに、人格改造だ。性癖や気分や衝動や食欲など、なにをイジられるかわからない。

夕方からひどくなるのもいつもと同じ。


ブログ見ながら笑ってたら、また心筋引きつり作用が急発。
なんかしらんが、迷惑なんだかムカつくんだか、過剰反応される。だが殺傷作用の電磁波や殺気を、安易に人に向けてくる態度はどうかと思うが。
な、102のねずみ男よ。

 ◇

(朝日)
 サルに慰謝料半世紀 観光に失敗、島に放置 鹿児島
 東シナ海に浮かぶ孤島に、厄介払いされたサルたちが暮らしている。

神、王、形式上では配下を名乗るゴロ組織・・・
これらが自らの尊大ぶりを誇示するとき、このような報道が散発す る。
人を、民を、サル扱い。

なまじこういう絶大な人種?が幅を利かすと、日本のようになるのだろう。
報道には出せない、口にも出来ない。政官財と、もうひとつの「老害」・・・

良くも悪くも、西欧文明のほうが神と人が拮抗し、住み分けしている感 じはする。
日本は飼いならされすぎたのだろう。しかし神は進化しないから、世は硬直し、国際社 会適応の遅れが顕著となった。

もはや、40代以下の無所属で身軽な若手が、キッチリ精神的「魂 的」に大人になり(社会人的ではなく)
50代以上の偉いサンたち(本質は子供のままな人種)からバトン を引き継ぎ、列島を牽引してゆくしかない。

実際、実のあるアイデアを出し続けているのは、40代30代が中心だ。束縛の多い現場よりも、身軽な位置にいる面々だ。
50代以上は90年代までの慣例政治で、問題を先送りしていただけである。よってノウハウが、ソリューションスキルが、身についていない。

人材は、頭脳は、空洞化している。ある程度若返り 的な「バトン渡し」というのは、そういう裏事情もあるだろう。中間がいないからだ。



昨晩はひどいものだった。

不正の告発を書けば、心臓引きつり作用の殺気、念術。
昨年春にもやられた手口だ。102に殺気をまとったカルトの男が出入りするようになってから、激化した手口。

だが外へ出て様子を見ても、静まっている。潜伏型の工作員であるから。
犯人はほぼ特定。アパート202岩田、北隣岡田。
これに準じて102村田、グリーンハイツ。各々がランダムに仕掛けてくるが、今回は前記の二者ッぽい。

とにかく、室内に仕掛けられた電磁波照射ギミック限定で、 執拗な拷問をかけてくる。
室内であれば追いかけてくる。念が追いかけ、そのスポットで突然不快感、家具がきしむ、など。

いちいち4:59でたたき起こしたり、するとビデオデッキが「バチン!」と熱変形のように激しく鳴り、
明らかに岡田のところから固定射線で撃ち込まれている電磁波と、念術と、相乗作用だ。年よりは早朝攻撃が得意だから。

9時を回り、「やくざだー チクりやがってー」などという文句テレパシーが散発。
「困ってたときは助けたー」なって、やたら恩義を匂わせても、
建築現場や倉庫の現場ばかり回し、その他のITなどの現場は妨害して行かせず、
その現場で過剰に重量物をもたせたり無理難題ばかり言って、
むしろ弾圧してた
のが実態だ。過去日記を見ればわかる。現場の素直そうなベテラン職人もたまりかねて「あんなのまともに聞かなくていいぞ」と囁いたりね。
まあ、あの筋のやり方はそんなもんだというのは、多くの社会人の知ることだろうが。

自称、味方だの恩義だの、信用できない。

そしてこういう手口は、すこし検索すればわかるが、一般的な、右傾ファッショの弾圧手法なのだ。
集 団ストーカー
いわば、外注に出された政府弾圧である。


やはり、朝になると気配が静まっている。

昼間は働きに出ている男が、夜の激しい拷問の首謀者であるという こと。
メンバーが欠ける平日午前などは、ゆるくなる。

静的固定的な攻撃は岡田家の電磁波兵器(?未確定)
動的追跡型の攻撃は102の男と202岩田など

という感じ。いちいち壁ぶったたくような威嚇までするしな、日記の内容によっては。
テレパシー越しに監視されている。今何をどう書いているかまで、ある程度筒抜けである。

だから、おれが頭の中で「やーいねずみ男」とか揶揄すると
「あんだとこら誰がねずみ男だこら」とか暴れだしたこともある。
外にいたから、ボロアパートだし、逆にその暴れっぷりが筒抜けであった。当時の日記にも書いたと思う。

 ◇



新年、テレビ朝日の環境問題スペシャル番組に、
ノリック似の顔、ダイジロー似の顔、の役者が出てきた。共に「運命的 陰謀」によって、暗殺された人物。
転ぶように仕組まれ、右翼配下のトラックにはねられるように仕組まれ。
(ダイジローが死んだのは「日0420・0240時」だったか、翼を広げた「左右対称型」だ。)

で、なかないでください〜〜のオペラ歌手。紅白で。
こいつの顔は、おれを尾行し嫌がらせし脅した、パティーテックの八並の顔にそっくりだ。

こんな神業か、ヴァーチャルなトリックか、というようなことまで、仕掛けてくる。
「七人のナナ」というアニメの主役声優のために生まれてきたような「水 樹奈々
というような、運命的な語呂合わせなど、造作もなく、日常的に仕組んでいる。

北島康介だの寺川綾だの、みなアニメな名前だ。
藤島康介だの久川綾と聞けば、半数以上のアニメオタクは知っている。

現実と仮想があいまいになるほど、人為が絡み、安っぽくなった「世界運命」
自分が化かされているほうが、よほどマシだ。これが現実であれば、魔界に等しいということだから…

まあ、「魔術」が旺盛になったのが5年前であるのは確かだろう。今はすこし「自治化」されてきたかな。あまりおおっぴらに濫用されにくくなった。
だからマトリックス、指輪物語、ハリーポッター、ハウルの動く城、学園アリス、ゼロの使い魔、などが流行し、”情報流布”された。

大きすぎる力は人間を漬物のように染め上げ、別物へ塗り替える。
インターネットさえ掌握しきれずにテレパシーネットへ手を染め、魔術を行使しても、飲まれ、「滅びの予感」を強めるばかり。

その強くまがまがしい気配は、人間のものだろうか。
それを発して唸っている奴は、人間と呼べるのだろうか。

 ◇


またまた来ました、昨年も何回かこの紙面をにぎわせた、大阪の

01/07 12:51
REMOTE_ADDR: 221.250.150.26

[ 名前 ]
青木久美子

[ 件名 ]
未記入

[ 本文(大) ]
推測で言いますけど、人の人生を勝ち負けとか、流行みたいに勝手にオモチャにするのは犯罪じゃないでしょうか?システムを知ってる人と知らない人がいるんですよね。私は正式に説明されたことがないですから、違和感や理不尽さがありましたよ。訳わかりませんけど。去年の春頃だって、意図もなく偶然事が大きくなっただけですしね。それでも監視システムの不明瞭なのはかわってないですし。自分の情報がどこで流れてるか的な質問しても誰も教えてくれないですし。リアルで近ずいて来た者でも、監視システムの件は、しらばっくれてウソをつきます。常に疑心状態でつき合わないといけないんですからね。教えてはいけないルールでもあるんですかね?誰かに見られてる監視システムがあるだけで危ないんですよ。変なのが近寄ってくるので。(ほんとは、その逆のものなんだろうけど)

異常な被害者を装う、
被害な文体を装い、加害者のそれである、

いつもワンパターンご苦労様で。

/8

おれが劇場化実現の決済をさせられたエヴァンゲリオン。
というかどう見ても親父か誰かに根回しされて1995年に作られた作品。1992年にはおなじ根回しでVガンダムが作られた。

そのエヴァのパチンコ用のポスターを梱包してる会社へ日雇いバイト、なんの因果か。
で、川口駅で民主党の石田衆院議員が演説してるし、出向いた会社のすぐ近くがレンゴー川口だし。
(ま、別に民主議員のはからいでレンゴーで働けてるわけじゃなし)

でも、やはり職場はワナで、わざわざおれのためにキッツイ作業が用意されてる。
他はポスター丸め箱に入れてるだけの十数名、おれはたったひとりでパレットにつんでリフトで移動してベーターでおろす。
無茶苦茶だ。

で、公安系か公明系か、威圧的な気配を発する連中が来ている。
民主をにおわしているから民主が用意したのか、そう思わせぶりでいつものように自公や公安や配下のやくざの仕業なのか、微妙。

気配で息が詰まる、
「ころす しね 病院いきだ もうあきらめろ」
ばっかり笑顔で言ってるオバチャンパートたちの一部。なんか創価臭のする。
この人たちが下の階に下ろされると、実に静かになった。

だがおっさん社員も他の奴もイアツの気配が弱く、これで本気で追い出す気だったのか、というくらい弱かった。
おれが家族を殺され家を潰され5年間も地獄を見てきたことなど知らないのだろう。

目が回った。
ろくなもんじゃなかった。
死にたいとは思わないが死んでもかまわん、だがたまたま死ねてない。
心肺肝腎リンパ系色々なところが疲弊している。顔も老けた。死相がまた濃くなった、死霊や殺し屋の気配と常に接しているから。

いつまでこの地獄世界にいなくてはいけないのか、その一点だけがいやでしょうがない。


きょうのオバチャンたちの罵りは、いわゆる、”昭和日本政府テーゼ” そのものだな。

・みんなと同じく黙って口答えせず操られてればいいんだ

いや、そうやって高みでものを見てる”偉いさんの魔術”が、
日本人をみんなおとなしくて没個性で自分の意見を言わない、
「今の日本を没落させている」
人間たちばかりにしてしまったんだが。

セグメント分けが必要だ。

オレ様改革系と、
私たち仲良し系と、

最低2系統がないと、日本が再浮上することはほぼないだろう。

ま、

・現場の集団作業(ブルーカラー、ワーカー、手作業、肉体労働)=右翼的没個性な軍隊的行動が適
・開発や創造系や、トップ(ホワイトカラー、クリエイティブ、イノベーション、取締役)=オレ様、がいないとソモソモ始まらない。原作者とか、プランナー とか。

だから、
労働者層は、労働者の頭で、後者を注意したり、懲らしめては、ならない。

ヤクザ右翼や、カルト宗教や、パートオバチャンが、なんの学習もせず、そのまんまで、政治経済に口を出したら、日本はおしまいだ。
口を出すからには、プロ顔負けの知識量と、センスと、磨かない と。
おれらに理屈は通じねえ、この姿勢をそのまんま変えようとしないようでは・・・
ゴロツキだって政治や経済に関与するなら合わせてゆく、学習する、ことに変わりはない。あっては聖域であり、逆効果だ。

素人が口を出すことも、「とても大事」だが、それを続けるなら徐々に自分がプロ化してゆかなくては。
素人がいつまでも素人のままで向上心もなく惰性で政治や製品開発に口を出す、それを「デマゴーグ」という。


・自分だけいつまでも独り占めして

なんか裏稼業みたいな総理他重鎮代行、商品開発代行、の「バイトっぽい無償労働」を強制されて5年、
でも、政界運営とか世の中をマネジメントするという行為に、独り 占めとか、かわりばんことか、そういう概念は通用しないとつくづく思い知らされたな、

「らきすた」ゲキレンジャー、ガンダムダブルオー、矢継ぎ早にあ んな駄作を堂々とリリースされては・・・
具体例は挙げないが、経済界、民業、政界も同様で・・・・一時期後塵に任せてみれば、ひ どいもんだった。「おれにはないものがあるねえ」、では済まされないくらいに。

小泉はずっと続投しなくてはいけなかった、後塵がきちんと育ち、プロジェクトセンスに政界が目覚めるまでは。
(まあ、後塵がことごとく失敗しているのがむしろ、政官界全体としては、抜本改革のために、好材料なのだけど。)
小泉株式会社がずっと日本をコントロールすべきだった。企業方針は変更しても、システム的なものは残すべきだったのだ。

いずれまた、小泉政権が採用していた「システマティックな部分」を、また採用するときが来る。きちんと突き詰めれば、それくらいしか選択肢がないことはわ かるのだが。
そのときまでに、与野党問わず、きちんとした後塵を育成しておかねばなるまい。

山崎養世はだいぶ文章が完成してきて、政治家向けになっては来た。そういう。


 ◇

つくづくおれには、ニーズがないね。
いまでも自分で稼がなきゃいけないし、しかもワーキングプア、日雇い人夫だもんよ・・・星一徹かよ、いや祖母の姓は星だけどさ。
体もボロボロでそろそろ死に場所とか、警察や現場周辺の住民とかにかける面倒とか考えなきゃいけない。
引越しする金も気力もないから、大家も迷惑がかかる。
親も保証人でとばっちりがくるが、あいつらは”根が悪い”人間だから自業自得だろう。子供より親を採り、2人も息子が死んで3人目も絶対絶命なのに、逃げ やがった。

変な親(特にハンパなインテリ高学歴)を持つと、苦労する。ガンダムのアムロもカミーユもそうだった。
親らしくない。左傾の女性政治家っぽくはある。主張ばかり、自慢ばかり、しかし親はしない。



 ◇

 配達中に下見した民家の女性に性的暴行を加えたとして、
 茨城県警は8日、千葉県銚子市豊里台1丁目、ヤマト運輸運転手、佐久間清孝容疑 者(38)=同日付で懲戒解雇=
 を強姦(ごうかん)と住居侵入の疑いで逮捕した。
 同容疑者は女性宅への配達の際に目星を付けていたといい、「ほかにも十数件やっ た」と供述しているという。

なにやってんだヤマト。(笑)
おれを散々北東京ベースとかでいじめるからwww天に見放されたんでは。

ま、おれ自身もまた天運尽きた感じだけどな。力は抜けても沸いてこなくなった。

佐川と比して比較的右翼っぽくないのが多いとはいえ、居ることに違いはない。
むしろ、つっぱってても面白い奴は面白いし。


/9

きょうは露骨にやくざ系統の待ち伏せ現場であった。

DNP、あのDNP、元郷の。

露骨にうそをつく。
「いま梱包してるポスターの仕事、ここにまだたくさんありますすが、明日から別の現場でやるんです」

ありえない。パレットですでに開梱され、あと1パレしかないのに、移動してまで(しかも別工場まで)やるような、作業、ステータス、ではない。
しかも、真後ろで変な二人組みが突っ立って、威圧気配を出して、トコトン邪魔してくるのだが、
偽社員っぽいひょろい男に聞くと、「ここの課長と、末広工場の工場長です、」とか言う。
DNPに末広の事業所などない。すぐ隣町が末広だが。google検索したって、ヒットしない。
http://www.dnp.co.jp/logistics/20p.html

このひょろい男がまた、ひまさえあると、目の前にしゃしゃりでて、
「あんなやついらないんだ、本当は」などと揶揄しながらおれの作業の半分をやってしまう。

時給が相当低いので、くる連中もやくざ系の気配を放つ連中が多い。
SBSはだめだ。どこへ行っても、そういうやつがおおい、。会社がフロントなら、派遣される奴も同類で。
「かもしれない」、と用心して出向けば、本当にずぶでそうだった。

 私見だが、SBSほどに低時給だと、「貧 困ビジネス」といっていい。
 送迎バスでしか出向けない、時間を食われ、稼ぎが少ないと依存しやすい、
 現場も貧相で古臭い、河川敷とかの、疲れた現場が多い。みすぼらしさのめだつ。

あしたしぬ、だの
ころす、だの
これ消しちゃっていいか、だの

気づかれるギリギリ、たとえ話で濁し、絶えず仕掛けてくる。
いつものことだ。鉢合わせればいつもそんなことばかり言ってくる。

おそらくDNPじたい、右傾なのだろう。
ワルではないが、浅黒く、ハイエナみたいな親父が多い。

表の休憩場所で、いやな気配をみんなで出して、ニヤニヤしてからかっている。出入りの運送業者がビクビクしている。
おれが離れで座ってるのに、わざわざ追いかけてきて、隣に密着して座り、
呼吸をひたすら合わせる、都市部ではあんまり見ない嫌がらせを仕掛けてきた。

ひたすら寒くなり血管が緊縛、
ひたすら暑くのぼせて血管が弛緩、

寒暖両極端の、念術(気配)攻撃。
むろん、送迎バスなどは格好の念術攻撃タイムだ。

テレパシーも飛んでくるし、ラッシュになるときもある。
「ころすころすころす」
「リストラリストラリストラ、ころす」

 ◇

そんなことより、ここまで大人数でやくざ系統にからまれると、
わかりやすくて、率直な、”相手の意見”が聞けるわけだ。

SBSの送迎バスの運転手さえ、山口。

「こんどから、新しい工場で新しい人材で新しいシステムに移管します、旧来の工場ラインは今日限りで破棄です」

なんど、聞かされたかな、このあおり文句。たぶん3度目かな。

うまくいったのを見たことがない。人事としてもビジネスモデルとしても、体をなしてない。
自分たちの自分勝手な都合で、時期も適当で、どんなシステムであれ、いきなりリプレイスする・・・
うまくゆくわけがない。ハッタリ、口から出任せ、の類だろう。
すくなくとも、いきなり世の中が良い方向へ激変する、などということはまずありえない。

新しいぜおれたち、とか勢いづいて作ったのが、らきすた、ゲキレンジャー、ガンダムダブルオー・・・・
何度やっても、大差はなかろう。
第一、いまさら、裏でコソコソ”なんたらシステム”で世の中を動かそう、と・・・トレンドはもう過ぎた。情勢不利であろう。

LoseLose ネガネガは下火で、矛盾も多い上に、矛盾を治そうともしない。
WinWin ポジポジへ向かうべきであり、世界中がそうなってきている。


”頭の悪さ”は、イメージの捉え方にも現れている。
リーダーと、ブレインを、ごっちゃ混ぜにしている。

小泉が天才で、なんでもかんでもこなしただろうか。
そういうくだらないレベルの、押し付けをもう何年も何年も、仕掛けられてきた。
たぶん、無理難題を押し付け嫌にさせ、自害に及ばせるという段取りなのだろう。すこしネット検索すれば、類似例をみかける。

リーダーなんぞやりたくねからえ、一人でワーカーをやる。時給もワーカー分しかもらってないし。
なんで毎度毎度、日によって違う会社違う現場へ行っても、おなじ「お前が現場を操って見せろ」な無理難題が用意されているのか。
やる気にさせたきゃ、契約内容を変えて、時給を二倍にしてからだろう。
やりたくねえ、だからやらねえ、現場動かない、たったそんだけのことをもう2年くらい続けているかな。

ヤツラが用意してくる「リーダーブレイン脳」は、思考がテレパシーとなりやかましく響くのだ。
携帯電話でなく、軍事用レーダーを使うようなもんだ。強烈過ぎて、周囲は痴呆状態になってしまう。

周囲に支援する味方も居て、リーダーとして鷹揚に振舞えば、絶大な効力があるかもしれないが、
やりたくねえ、むしろこんなもん頭から外したい、
というやる気のなさ、周囲を操る兆候が出てきてしまったらむしろ引っ込めちゃう、ということを繰り返すと、
現場の人間たちは、やかましいやら、混乱するやら、困るばかりだ。

どうもこの、現場が困ることさえ、俺の不評を作り出すため、利用されているらしい。
マイナスがマイナスを生むスパイラルは何でも利用する、さすが裏社会らしい発想ではある。

ブレインは、周囲になるべく誰も寄せず、孤独に考えにふけるのみ。
だから霊能者は山や寒村でで暮らす。
周囲に与える影響が、バカにならないからだ。
また、周囲から受ける影響で、こちらが悪しくなったり、バカになったり、することも嫌うのだろう。
よく霊媒師は「都会の気配は」という言い方をして忌む。

プロジェクトセンスのない裏社会寄りの連中がなんど看板を架け替えても、マルチ商法が名前が変わるくらいでしかなかろう。

センスのある人間が入れ知恵すると、駄作アニメもここまで客を呼ぶのだ。

http://www.asahi.com/culture/update/0109/JJT200801090001.html?ref=rss
 「らき☆すた」効果、鷲宮神社初詣で17万人増 埼玉

当初は、一回イベントやっておしまいだった。
グッズ売りや定期化などを打診したのはこのオレだ。

 ◇

日本は、政府与党や官僚も、裏社会も、緻密だ。

毎日毎日、よくもまあ、あきれるほど、緻密に、大人数で、仕掛けてくる。

だが、その緻密さが、おごりを生んだのだ。不変でよいと、勘違い し、社会インフラを固定してしまった。
90年代も、00年代も、日本のインフラは、意識は、変化しなかった。
00年代に入ると、変えなくてはという声を弾圧し始めた右傾勢力と政府。太平洋戦争を再現しようなどと馬鹿なことまで・・・・

国民を緻密に操り、洗脳し、まさにロボットとして高品位に働かせる。。。。
工業製品を売れば売るほど儲かった時代は、それで数字が出たのである。

しかし、デジタル、IT、金融、世界に負けてばかり、勝った事がな い。

ソフトウェアにはてんで弱い。市場競争の真っ向勝負で勝てたことがない。

民を、緻密に操れば操るほど、
均一性を高め、例外動作を弾圧排除すればするほど、

日本は自ら落ちてゆく。決して上昇に転じることは なく。
逆をやるならば、俺のような人間を弾圧するどころか、解放し、活躍させるはずだ。

あの皇室でさえも、皇太子一家以下の世代はおそらく同じような想いを抱いているのではないのか。
縛りに縛られまくっているから。遊びまくってる女子大生皇族も居るという話は有名だし。

 ◇


現実離れ、を感じさせる情報をスカラプ。ここは仮想世界じゃないのか?と。
PSEや共謀罪で変だと思った。出来すぎている。

http://www.j-cast.com/tv/2008/01/09015363.html
 それも「おや、あなたまだ居たのネ」という感じのね。

http://www.j-cast.com/2008/01/09015402.html
   2008年1月9日付けの日経新聞のインタビュー記事では、任天堂の岩田聡社長の
   「周辺機器を使ったゲームは売れないという業界の常識もあり、 消費者に受け入れられるのか懸念はあった」
 というコメントが紹介されている。

 同社広報は「発売から間もないので好調の理由ははっきり分からないが、
 健康に興味を持っている方に関心を持ってもらえたのでは」と話している。
 一方で「今ではWiiと付けば何でも売れる状況になってきている」(ゲーム業界 関係者)との指摘もあり、
 「Wiiブーム」はしばらく続きそうだ。

ま、あまりに先進過ぎると、中々理解しがたいのはリリース側でさえも同じ、と。マスコミも同じ。
消費者は理屈ぬきに楽しむもんね。


どのみち、非常口や出口のない、逃げ出せない世界は、「現実」と いうことだ。
逃げ出して、傍観して、やっと仮想なら「仮想」と断定して良い。

からかい、
うそつきへの懲罰、
報復や復讐、

いろいろ理由があるにしても、やっていいことと悪いことがあり。
今オレがおかれている状況はまさに、「やられていいはずねーだろ」の部類だ。

蹴っ飛ばさねばならん。人をワナにはめて傍観してけらけら笑って良い特権など、破砕せねば。

/10

 「止 められずに深い自責の念」 長男転落死で西村議員

赤坂宿舎は、呪われている。
少なくとも、その手の呪術の連中に、付け狙われている。

だから、、住むにしても、用心したほうが良い。

総理が自宅通勤なのも、あの地域の危険性を認識してのことではないか、とも思える。
内閣府で右翼に囲まれ”殺気による袋叩き”を受けたからね、おれも。
ありゃ押しかけてきたのか、自民公明が依頼したのか、どうなんだろうな。
とりあえず安倍総理宛に指が送られてきたのがその内閣府なんだが。
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0712.html#29

筑波学園研究都市にちかい雰囲気を感じるね。あすこも自殺が急増した時期があった。
怨念、邪念、悪意、のふきだまり。


 ◇

朝からやかましい。昨日のように、右傾や公安系の大人数と現場を共にしてくると、こういう「気配のお持ち帰り」で悩むことになる。

妄想とテレパシー野次と違うのは、強制の度合いだ。
他人を想定して喋らせても、妄想ではそう強くはない。
早朝、まだほぼ寝ているにもかかわらず、
ほぼ他人そのもののように脳内でやかましく野次る、「もう終わりだ しぶといやつめ 面白い面白い」
止めようにも止まらない、

そういうのは、テレパシーの範疇だ。無線割り込み、ハッキング、という類。

「新時代の幕開けだ」
などと阿呆に勝ち誇ってみせるが、単に右から左へ移動するだけ だ。
たとえれば、ホンダ優勢がヤマハに置き換わるだけで、世の中はほとんど変化がない。進むわけではない。
知能の低い老人ハイエナが、出先現場への待ち伏せに多いのでも、それは頷ける。
どこかの組織に所属して、頭は使わず、言うことをへーへー聞いてるだけだ。

「組織」
ということは利権絡み
なのだ。

無償で人や企業のためにと尽くしてもいいと思う、
「個人」
の発想はほぼ皆無。

 ◇

傷に対してのみ、治癒という増殖や破壊を進めるのは、免疫である。
傷も何もないのに、無理矢理に増殖すると、ケロイドとかポリープになってしまう。
それが、命を脅かすレベルになると、癌や膠原病になる。

どんな国も、滅びる間際は、官庁や、政党が、そうなる。いまやなっている国がすぐ近くにあるが。


米が開発した全土無線洗脳兵器、
創価公明が自民にも提供、

・・・てな感じが一つの予測。

まず向こうから狂い、
この列島も徐々に、しかし一気に、狂ってきたと。

目も当てられんよ、実際。


日本を宝箱くらいにしか見ず、
利益の再分配、くらいの認識しかなく、
仮に米主導の、日本破壊工作、ユダヤ亡国化だったとしても、
利益さえあればよしという信じられない勢力ばかりが大きくなる、
その国の右翼の多くが周辺国の二世で占められていて、大国の命令で動いている、
そんな時代がついに、堰を切ろうとしている感じはする。

壊すにもほどがある。
同じ壊すでも、母国民と異国とでは、考え方は相当に異なるだろう。



自宅に不法侵入の形跡。まだ確証というレベルではなし。
先月だと、タバコを吸った臭気(俺は吸わない)、PCのメールブラウザのアイコンが大きくなってる、など。
きょうだと、ありえない位置にペットボトルが置いてある、など。
まあでも、入居当初からあったんだよな。だからロックを増やした。

でも、大家までグルだから、犯人も鍵もってるんだろうしな。
ワナ物件、政治的な暗殺物件とでも言おうか、(弟はそういう実家で電磁波を常に照射され心臓を弱らせ死んだ)
周辺の誰がどう秘密工作員をやってるか、わかったものではない。

近所がグルだと、黙認されてしまうだろうから、たちが悪い。
狂ってしまった人々は、人々、大衆、群れ、である以上、処方箋はないのかも。
街を捨て、孤独を受け入れ、関わらずすごす、なんていうのが生物的に理想なのだろう。
精神ウイルスに集団感染、自分も実質的ゾンビに。。。。よりは。

 ◇

比較的、現実味を感じる、同類かな、と思える。
yaplog.jp/awtsko47/archive/1

こっちはメールフォームで来たやつ。

0109 22:27
[ 名前 ]
tajima kiyotaka

[ 件名 ]
思考盗聴被害者です

[ 本文(大) ]
千葉県***** 田島清孝 ****まで電話ください、是非話しをしたい。

こっちはおとといの青木久美子とグルだな。ふつう、こう連チャンでメール来ないし。
偽者と区別がつかないが、本物だとは思いがたいタイプ。
青木だって、あの文章を見れば、おれが巻き込まれている事象を糾弾しているだけだし。

 ◇

公明信者がいる南向かいの、グリーンハイツ。
正午前、そっちからいきなり不快感。
ま、ここは”容疑者”だから、無理もないが。いつもいつも絶やさず電磁波だの念術だので苦しめてくる。
外で住人が剪定している。

近所のスーパー。ここも待ち伏せがいる。頭が痛い。
自然発生ではない、なんらかの信号で、症状が持続するタイプだ。その場所を遠ざかると解消する。

これ以上、狂気で、ネガネガシナジーで、統治してはならない。
表がしっかりして裏を従え直すべき。だが表は一度破壊して再生新築しないと、意識改革からはじめないと、とてもじゃないが無理。


http://www.chiyoda-corp.com/company/profile.php
この会社から定期購読を受けている。背後関係は不明。
チヨダというからには公安がらみか。


隣室かグリーンハイツの女だろう。若い女の物言いだ。
テレパシー野次「本気でおこるよ」
だからなんだ、無礼者が。
飯を食うなとか部屋に閉じこもれとか、病んだことばかり言う。
そんなファシズムばかり流行するから、世の中がおかしくなってしまったんだろうが。

ネガネガの連鎖を止めろ、いい加減に。こっちが怒る ぞボケが。

あまり天地が揺らぐような物騒な感情は抑えて抑えているがな、今は。たまには爆発する。
福田と連動しているから、低姿勢で貫いているんだよ。その苦労も知らず、弱くなっただの使えねえだの・・・・

 ◇

おかしな求人。またフェイク、ワナか。バイク乗り放題とか、家に乗って帰れるとか。
電話すると「スーツですか?」「あ?ああ、ああ。。。そうですねスーツで」

話をその場で合わせている。実態が無いっぽい。
しかも、来週の同じ曜日に面接だと。やる気が無い、切羽詰ってない、証拠。

とか書くと、急増するワナ案件。

会計監査院の倉庫で力仕事、5日間連続だと別途ボーナス。
明日深夜までと、明後日14時間のぶっ通しPC設定作業。

いずれも、長時間現場にいさせて、心臓を締め付け弱らせようとい う、定番パターンだ。

 WORK内容:書庫内の書類の整理・移動等の簡単な軽作業♪未経験の方大歓迎♪ 力自慢さらに大歓迎!
 「会 計検査院王子書庫」内での勤務。
 人気の勤務地なので、勤務期間5日連続で勤務していただける方優遇!別途 5,000円支給!

まず官庁の名前を出して、しかも急に、求人してくることは無い。

 WORK内容:企業様の移転に伴う業務です。PCの配線等を抜き、新しい設定に しなおして移転先に運び出す準備をしていただくお仕事です。
 17:30〜23:00、実働5時間30分、(日給6,000 円
 12日(土)の業務は8:30〜22:00で 日給¥13,625-となります。

安すぎるし、なんでヤフーで急に求人するのか、疑問。不審点。
この上野の派遣会社は警備業もやってる=右翼。


次から次から、嫌がらせのためだけに、色々仕掛けてくる、公安右翼与党カルトなどのシンジケート。

日本に救いようなど、ないのだろう。わ かってはいる。つい、希望へつなげたくて、無駄な努力を重ねてしまうだけだ。
悪魔に取り憑かれた国はまず助からない。「最 終兵器彼女」が真実を物語る。

例外は、個人が個人だけで生き延びることくらい。集団の繋がった意識が、狂気を呼び、増幅させる。まず逃れられない。

 ◇


21時過ぎ、いきなり始まった”殺気念術”での攻撃。
このアドリブ性、追尾のねちっこさ、人が放つものだ。機 械が出す電磁波ではない。

すぐ隣、隣室か、その2Fか、どちらかだ。おなじアパートに殺し屋がいる。

こんなだから、国は荒れる。世界もおかしい。海面上昇で滅びるスイッチが入った。
悪魔が悪党に積極的に力を貸すほどに、悪魔側は伸ばしてしまった。

核戦争をせっかく回避しても、
魔術戦争は、大丈夫だとたかをくくってるらしい。

兵器が何であれ、人為のひとつ上にいる悪魔の狙いは、
「世界中に病を蔓延させ、人類を屈服させるか、操って支配すること」
MRSAだサーズだ、相次ぐのもそうした取り組みの一部であろう。

「核じゃないから大丈夫、気軽に都合よく人を殺そう」、などと全国へ広めてしまった時点で、
むしろ核だろうが魔術だろうが媒体は何でも良い、悪魔の思惑に、ワナに、乗ってしまっている。

狂気におぼれる”滅びシナリオ”を選択したに等しい人類に、正気と平和は戻ってくるのだろうか。
世界人類が正気であれば、ジャッジを誤ることは少ないが、狂ってしまい、操られれば、話は別だ。

人類にかつて無い試練であるように、おれには見える。

弱者や非弾圧者を、殺すまで、社会を追い出すまで、収入を奪うまで、やるのか。脅しで家族を次々と殺して何年も幽閉し人生を奪い。
自分たちは殺す行為を重ねているくせに、のうのう豊かな暮らしをしようという傲慢が、いつまで続くのやら。

人一人を弾圧して、国ひとつが滅びる。壊滅的打撃。

そのようなシナリオが、たまには実行されるのだろう。
個を許さぬがゆえに、全もまた許されぬという連帯。

人と意識が繋がる以上、霊界とも無縁ではおれぬ。様々に教える。ウソかどうかも”気づかせる”。きわめて高度に。
高度なことばかり教わると、その”気づき”すらウソなのか、どうかも見分けがつくようになる。
世間に蔓延る盲信病はきわめて危険だ。デマ情報で人が死に、殺され、混乱が相次ぎかねない。魔女狩りなど狂信の時期に相次ぐ、悪魔の仕掛ける工作。

”気づき”が伴う教えは確かに、便利で、ありがたい。だがおぼれてはいけない。こなさなくては。

/11

無気力、無欲、思考停止、
そのよう一連の作用をもたらす、電磁波攻撃。

無欲化ボタンとか、
心筋梗塞ボタンとか、
いろいろな出力特性変更ボタンがついているのだろう。


気を許せば雪崩のように襲い掛かってくる、
弱気を引き出し、勝手におれのセリフを捏造し、頭の中で勝手に読み上げている。
(あーもうゆるして、たすけて、などなど。。。)

つまりこれは、その形はまさに、「霊との戦い」

人間が、この世界が、しだいに霊界による干渉を受け、支配を強められている。
生物が、生物自身でなく、霊にあやつられるようになるというのは、由々しき事態だ。
つまりは「侵略」ということだ。魂をみんなが食われ、寄生され、

トロイウイルスみたいに子プロセスを植えつけられ、
霊界の中枢に、ロボットとして操られるために、常時待機しているような、
スタートレックのボーグ。

生物味、人間味、とりもどす、温存する、
でないと、大変な事態は、悪化の一途をたどる。

 ◇


ブログ執筆がクリティカルな部分に差し掛かると、
喪主、だの
閻魔、だの
死して、だの

そういうミスタイプ変換候補が急増する。

シンクロニシティが強すぎる、変な世界。

ちっとも新しくも輝かしくもない。
支配オタクだけ、日本国内総人口”数十名”だけが喜ぶ、きわめて迷惑なシステム。
新人類などいない。世の大半は変わらず既存人類だけ。
あほな操られデンパで、操られ悟らされ騙され、進化したような気になってるだけ。

 ◇

昼過ぎ、すぐ近くの戸建の建築職人が騒ぎ出す。またかよ、という(昨年末記事参照)
いちいちこっちの思考に返答し、勝手に会話常態へ持ち込むアレだ。
「人心へ土足で踏み込み強制チャット」

表へ出ると「あいつきやがんぞー」などと騒ぐ。
表に出てくっ喋ってる連中に、茶髪薮睨みのヤクザが混じっている。
ああこういうノリか、という。
右傾やくざ系は強制的に意識がつながってしまう。なんか業界全体にそういうのを普及させてるらしい。
テレパシー野次がひどい
(いつまでかかってんだ、 あと一月でしね)
という感じの罵りが散発。

それにしてもここ、金がかかりすぎている。
プレハブでなし、毎日10人近い職人を入れて、もう3ヶ月目だ。
右傾工作員がいつまでも居座る工作としては、これほど厄介なケースはない。


マルヤへ行けば待ち伏せ。部落の中年夫婦、ブルドッグのように顔がブスくれてる、裏工作が似合うタイプの。むろん黒ジャンバー。
「あいつまだいるぜ、」などと罵りながら、何を買うでもなく狭い範囲でうろうろする。
ウロウロ合戦を逆に仕掛けてやると、少し困っていた。ざまあみろ。

だいぶ頭が混乱した。言葉が浮かばず、唐突の動作を嫌う。
サイキックな念術攻撃で、神経が参ってたようだ。すこし息を抜くと改善はした。

 ◇

狂わせようと躍起だな。
近所からの有害電磁波照射は、神経麻痺や混乱作用が強化された。


夜、外へ出て、
部屋の中で飽きるほど仕掛けられてる”脅しテレパシー”の主と、外でも交信を試みる。
やはり202岩田と北隣岡田家、なんらかの反応がある。さすがに、強烈で不快な電磁波照射の助けがない分、部屋の中より微弱だが。
「やる気ねえんだろ、んじゃいちぬけた、さよならだ」

特に岡田の婆は、きょうも午前中に小沢のジジイと示し合わせたように
「そういえば、誰が倒れたんだっけ」と聞こえる位置で離し始めるし、
先月に小野寺工務店が押しかけてきたときも、俺を操って追い返させていた。
電磁波を浴び続けたように、顔が赤ら顔だし、ベタな要素がこの近所では一番多い。

そういえば北隣は岡田、東隣は小沢、すっかり民主党に包囲されているのは皮肉だな。



/12

haken.en-japan.com
久々にこんなのを見ていると、余計に首を吊りたくなった。
出来る仕事は多い。しかしやくざだの公安だのに汚い待ち伏せや根回しを受けては、なにもできない。

弟は殺された。殺人政府の国だ。宮内や皇族が絡んでいる節もある。王が絡めばどんな無法なイジメもいいという恐ろしい国だ。

おれはなにをやってるんだろうか、書けば書くほどその殺人政府を助けることになる。
片っ端からネタにされて、盗まれて、手元には一銭も入ってこない。ネコババ国家。

日本なんか報いで滅んでしまえ、

と日記とブログの両方に書いて締めくくり、あとは何も書かないでいようか。
あとは機会があれば相性よさそうな国へ移住する。

福田を総理に推さなかったら、日本の歴史2000年の悪しき部分批判しなかったら、ここまで追い詰められなかっただろうか。
いやそんな単純じゃあるまい。

とにかく日本には愛想が尽きた。それだけだ。


昨日、ブログで鳩山失望を書いたら、なんと新テロ法が衆院通過で成立してしまったらしい。

やはり、政府筋の茶番的な仕組まれごとにせよ、おれは「運命的なボム」になって久しいということだ。
自公を引きずり落とす材料にもなりえるが、基本は野党を蹴落とすための材料として使われかねない、という立場に居る。

日本が崩れてゆく。だが、崩れてこそ支配しやすい、と高笑いしているアホが、脳が麻痺した人形が、トップなのだ。
日本は脱出対象であり、救出対象ではない。命がいくらあっても無駄の徒労だ。

無論、自民党には「与党降りろ」と抗議メールした。この「呪い」が功を奏してくれることを祈るばかりだ。
殺された弟二人と、おれの潰された人生の、カタキ。自公、右翼皇族系統。アメリカ。朝鮮。書けばきりはないが。

ったく団体も官庁も横断型有志で与党討伐にはしるくらいの意気込みがほしいもんだ。実のある仕事がしたかろうに。
http://kasumin7.web.fc2.com/m0801.html#11-11
この日経BP記事が単なる囮とかフェイクならば、本当に日本は終わるぞ。アメリカに無線で操られる家畜だ。財布もってるパシリに過ぎない。

いまちょうど、
かぜなんだからやすんでいなさい!というCMが流れた。バカにされたもんだ。


死が、明日か来週か来月かそれ以降か、まったく見えない。
餓死か凍死かそれ以外かも、まったく見えてこない。

            ・ ・ ・  ・ ・ ・ ・ ・・ ・ ・ ・
「なによりエリナ・・・・気力が、気力が沸かないんだッッッ」
あなオソロしや無気力化洗脳。永岡さんも松岡さんもこれには勝てなかったんだ、畜生。

 ◇

あと半年待てという。よくある、オレをただ働きさせたい連中の甘 言だ。

あと3ヶ月未満で、まるでドリフ全員集合の舞台交換みたいに、一気に政情がいい方へ激変するなら、考えなくもないが。
遅くとも3月事変と言っている。待てん。世の中と付き合うどころか、見るのもいやだ。ゆるりと生きる場所さえもない。

おれの活躍は勢いや活気と共にあった。いまのいかな陣営も、それを提供できないということ。
なら、俺に何を期待したり任せるだけ無駄だ。無気力と惰性が日本に世界に悪影響となるばかりだ。
見れば見るほど見劣りして失望する連中と、”活気”も提供できない連中と、良い仕事など出来るわけがない。

今年の年末もこのワナ物件で体を痛めつけ、自分で稼ぎ出した月収5万とかで地をはいずるように生きていたくはない。
もはや、日本に、そんな価値はないのだから。現状。財も命も多く 奪われ、リターンは皆無。

 ◇

こちらは朝起床以降。

きょうのケロロはクーデターものだった。「トイレ 今、立上がるとき! であります」
きょうのebookのメールは裁 判傍聴記。「こいつ絶対やってるよ」とかいった見出しが並ぶ。罪と罰、羅生門、ろくでもないタイトルばかり並ぶ。

運命を操り、”擬似的な会話”を常に仕掛けてくる、政府官庁筋の裏工作。

人様の家族を次々殺してくれた罪は忘れるくせに、

こっちがキレて暴言を吐けば、このように癇に障ることばかり示してくる。

自公、小泉安倍福田、知ってて、幽閉工作して、収入を奪い選択肢を奪い、利用してき たくせに、まるで一人だけが悪いようなとぼけ方をする。

あいつらが仕掛ける工作は全部そう。腹立たしく、しつこく、追い込むように、阻むように。
米寄りの右翼だの公明だの朝鮮系だの、似たもの同士でつるんでやってくる。妙な魔術は米の開発したものだろう。

昨日のヤフー求人も異常だった。
いきなり、求人が途絶えた。圧力がかかったとしか思えない。しかし、アークスタッフなど右傾フロント企業だけは、載せていた。


日本が許せん。絶対に許せん。


MSNでは

 ここまでやったら致命的?新年会「無礼講」のKY度
    * 禁煙求めた部下に解雇で仕返し

なんて見出しが。タダ働き強制奴隷扱いに、雇用も解雇もない。

ふたばちゃんねるなどネット掲示板も、同様の伝言記事ばかり目立つ。

 しょせんは寿司のガリ、
 逃げて所在不明、

録画を見れば、「NHK 仕事の流儀」、
82歳の寿司職人。狭心症と甲状腺がん、おれが電磁波攻撃で患っ てる症状と酷似。
引退を考えてるとかなんとか。
いつも尾行工作員や自宅近所工作員の脅しには「引退しろ」「じじいはすっこめ」が含まれている。

デキスギ。運命がまるでマンガでも描くように、人為で作り出され、メディアの向こうと、自分とで、酷似する。

まさに内向きの、弱いものいじめの、総力戦だ。
外に対しては弱い国らしい、うさばらし的な。魔術まで詰まっての、多大な人的予算的コストを使っての、リンチ。


安倍は崩れかかってたが残り火はあった。
福田で鎮火してしまった。

今の日本に、100%、魅力とか、未来とか、なくなった。
神が見放したように、方々がいっせいに下降線を強めている。

クビだ
クビだ
クビだ
クビだ

後には何も残らない。エニーやにっぽんe物産市や内閣府セカンドライフyoutubeなどがそれを物語ってる、。
残っていた人間だって、ただ働きの強制労働を、涙を飲みながら我慢していたのに。
せめて誰かのため、という最後の糸さえ、福田陣営は切ってしまった。ゆえに100%。ゴルビー福田キャビネット


 ◇

ヤツラは弾圧のプロなれば、弾圧が「逆効果」であることは熟知し てい る。

放っておき、普通に生活させ仕事をさせ、日常の中で忘却するように仕向ける、

それが”最善”だとわかっていながら、しない。
逆に、煽り、腹を立たせ、双方の復讐合戦になるように余念がない。 生活も仕事もギリギリまで奪うが、ゼロにはしない。

そこがアメリカ式だ。テロを自ら作り出し、自らの武力で応戦し、小競り合いを長引かせる。
どこかビジネススタイルになっている。アジア人の発想ではない。

日米とも、もはやキチガイだ。なるべく付き合わないのが得策だろう。
会社勤めしても、だまされた、あきらめ顔、な人間が増えている。
米式になるほど、いびつな格差化が進むほど、日本の凋落が目立ってくるほどに。
日米が日米である限り、このキチガイ化は阻止が難しい。だが、中国など別と組んでもいいことはない。日本、条件不利。


またまたおかしな求人が。
住所の番地が181、おれの苗字だ。
電話の応対も、こちらの考えたことが透けて見えるように、合わせてくる。
零時開始のほうが20時開始より不人気に決まっているのだが、後者のほうが不人気だとうそをつく。
おれが後者を選択しようと思っているからだ。考えが盗み読まれている。
面接日時も同様。こっちがこの日がいいなと思ったとおりに、指定してくる。
でこの会社、ブログで批判を繰り返したマンパワージャパンである。

こうも、世の中、出来すぎ、都合よく行きすぎ、まるで仮想世界。
どんどん”支配と管理だけ”が浸透し、魅力を失ってゆく世界。
人間がロボットになってゆく世界。

この”洗脳操りシステム”を破壊し ない限り、生物的に満ちた、明るい未来などやってこない。
おれにとって最重要の、唯一の、為すべきことは、これだけといっても 良い。

 

防災の集いに「セカンドライフ」活用 内閣府

 阪神大震災から13年になる17日前後に開かれる「防災とボランティアの集い」 で、
 内閣府はインターネット上の仮想 空間都市「セカンドライフ(SL)」を活用する。
 会場に来られない人の「分身」にも参加してもらい、ボランティアのすそ野を広げ る狙いだ。中央省庁がSLに取り組むのは初めてと いう。

すっかり5年前以前の古くカビた脳に先祖がえりしてしまった政 官業トップの頭脳。

終わりかけて過疎が進むセカンドライフで、何をするんだって????

まだミクシィみたいなSNSを利用した筑紫哲也のほうが賢明だな。

えらそうに「お前の時代は終わった、もっと優秀なやつに任せてある
とかタンカきっといて、これかよ

確かに優秀だな。時代意識が70〜90で止まってるが優秀だな。優 秀だがメールも知らないんじゃねえのwwwwwFAXと紙世代wwww

先月29日日記に 書いた感想の通りだ。
イノベーションさえあいつらの前では・・・国のイノベーション策を決めてるトップの部署が、あんな時代退行なドキュメントを作ってるようでは・・・

政変が必要だ。経緯はどうあれ、次代へと進めなくては、主導権を移さねば、多くの未来世代が苦しむ。
じっさい、〜’90までの面倒先送り体質のせいで、いまこうしておれ(団塊Jr)が苦しんでる。

エ ニーにっ ぽんe物産市も、ゴミだ。やる前にゴミとわかっているんだ。
・・・ってことは、早期中止したほうが節約になるってこと。急がねば。

ハッ

わかったぞこれは政官財有志のクーデターなんだよわざとダサい真似に賛同しつつ時代を転換するための以下略


おれは、面白いヤツラと組めるし、10億円をどぶに捨てるどころか確実にプラスに出来る。
かつ、負け組配慮の社会構築を急務にも出来る。

それが、「時代の転換期」というものだ。
時代に見合ったとき、ひとは、「面白い」と感じる。多くの要素が合理だから、面白い。投資の割りに利益が多いようなものだよな。

ハニカミ王子やイチローらと共にある。我々世代の”資産価値”は、はかりしれない。
しばらくは、「史上最年少」が相次ぐだろう。

弾圧したヤツラが、されたものたちに、逆に顎で使われるときがついにやってくる。
それはべつに感情的な復讐ではない。「テ ラへ…」みたいなもんだ。元々が次世代なものを、やっかみだけで潰し続けた反動さ。ある種の市場原理。

だが”ドス黒い新しさ”もある。

堀江だ村上だ勝ち負けだ搾取だ使い捨てだ、あの時代の一連の動きはその権化。
温故知新、きちんとプロジェクトのコンセプトを構築できる、そこは逸 材に一任するところだろう。

もはや右肩上がりの時代ではない。新しさ、上昇、成長、だけを無心に貪欲に追うような、ある種の”ギャングな発想”が、逆効果ともなる時代に。
社会がおろし器と化して人々を摩り下ろすような、それは実は 「20世紀的な欠陥」なのだから・・・・

互助と競争は両翼だ。左右翼がそのように分かれたのは自然なことだ。両方がなきゃ、鳥は飛べない。
万事はサイクル。途切れているのは欠陥だ。そこを誤ったのが小泉時代の改革だった。

 ◇

やはり水道管だな。

いやな気配を出すやつが、台所など水道管の咆哮へ行くと、不快感が倍増する。
住人の中には、それを知ってて利用している、そういう挙動を示すやつもいる。

水道管を通じて、電磁波を通電させた、細工がされている。

 ◇

おれごときを、躍起になって大量動員で弾圧しどん 底を維持させようとする、政府官僚、あるいは王族系。
なんかこう、中世みたいな、逆らったらネチネチいじめ続ける、まあ大企業でもそういうの見るけれど、
まさにそれだ。

シナリオが決まっている、ずっとどん底、徐々に衰弱、と。

中世以降、魔術を覚えて慢心しながらずっと使ってきたような、「奢りに奢った自信」が透けて見える。
絶対負けない、転落しない、官僚の奢り。つまり皇族貴族系統の奢り。

目障りなのにチャンピオン、だからか、ディフェンディングの雰囲気、難しさ、を肌で感じる。
どう言いがかりをつけても、汚い手を使っても、転覆させたい、なにか地位とかそういうものを奪いたい、
きたならしいハイエナの気配が裏工作が、絶えない。

ヘラクレスが神々に受けた嫌がらせ、
最近だと「ゼロの使い魔」のタバサが王家から受けたのも同じ。

一銭も出ない。
とっくに億万長者、成金どころじゃない富豪、そういう功績を残してなお。

 ◇

台所で卒倒寸前の電磁波攻撃。
水道管導電の電磁波が、相乗作用になっているようだ。

外を歩くと、電磁波の照射方向が90度変わっている。
南東から北西、あるいはその逆。

あいかわらず、隣室の村田夫妻、過剰反応と、動的なプレッシャー攻撃が絶えない。
常時、おれを気配(テレパシー)を通じて感じ、位置把握、思考盗聴、努めているようだ。
実際、いまこうして書いてると、ネチネチ威嚇するように心臓へのプレッシャーが増してくる。
くらいーきもーい連中。カルトか暴力系統であろう。

「もうやめろ。部屋出るな、餓死しろ」

年がら年中、そんなことばかり言ってる。テレパシーとは言え。

この部屋、赤ん坊までいて、夫婦のはずなのに、会話がまったくないのだ。
あまりに静か過ぎる。子供が出来た若夫婦というよりも、男がただのゴロツキで、乗り込まれてしまった、という風情。
実際、器用に強烈に、念術攻撃を仕掛けてくるのは、男のほうだけだ。

だいたい、男を見かけるようになったのが昨年3月4月。
赤子を抱いてきたのがたしか秋。妊娠期間がかみ合わない。
親のふりをしてるんだか老夫婦が一度だけ来たが、俺に気づくなり「きもちわるい、わるいやつだ」などと騒ぎながら室内へ入っていった。

なんか、生活臭、家族臭、ない。役者が集まってるだけ、という。
じっさい、この不審な男が出入りしてから、かなり威圧気配の面で体への負担が強くなり、疲労困憊が常態化した。

「もういい、かくな、無駄だ」

などといちいちテレパシーでやかましく牽制してくる。物音も立てる。

 ◇


やれやれ。
部屋にいると、近所から常時、有害電磁波を撃ち込まれている為、全身が帯電してくる。
神経刺激作用があるので、気づけば呆けて眼が点にもなってる。
帯電すると、近隣からのテレパシーもやかましい。感覚が鋭敏になる。

外のなるべく非電化で人がいない、郊外で放電しつつ妙な邪念も緊張も放出し、ニュートラルを取り戻す。

本来の自分が戻り、英気が戻り、帰宅すると、
また不愉快な電磁波の気配と、汚い罵りと。
根っから、人を罵り追い込み死を要求するような、そういう勢力が、人種が、あるのは確かだ。
カルト宗教なのか、それ以外にもあるのか、不明だ。明確にわかるわけはないか。
ただあんまり粗暴な連中は、こういうネクラでネチネチした真似はしないだろう、学校や会社や社会の通りで。


必需品と気分の混ぜ合わせで適当に買い物をすると、530円。(鶏胸275g214バナナ90人参98クッキー128)
クリーニング店で受け取れば、タグが53番。
郊外でブツブツ境遇に対する文句を言えば、いきなり風が突風に変わり襲い掛かる。

つくづく、誰かの私物、誰かの思い通り、そういう世界。まるで別世界、つくりもの、幻影。

http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20080112mog00m200015000c.html
 時空警察ヴェッカーシグナ:葉月あい、最後の“出動”にしんみり しほの涼が フォロー

こうやって、「最後だ最後だ」、矢継ぎ早に、無数に、目に付く場所に氾濫させる。
(心臓バクバク、心停止、といったワードもやけに目に付く。そして近隣工作員は心臓めがけてプレッシャーをかけてくる。)

なにがどう「最後」なのか、わけがわからないままだ。ヤツラは決して真相や状況を説明しない。

ただいえるのは、「時魔術の犯罪組織」に、付け狙われてるということ だ。
人間味が、物言いが、行いが、ギャングである。やくざ的である。カルト宗教である。どんな未知で、先進的でも。

オレはむしろそれらを追い、告発し、世間の認知を誘ってきたということだ。この数年間。

アテにしてる勢力と、(比較的新しく、柔軟)
ウザがってる勢力と、(古い、相手の死を厭わない)
いるということだ。数年間の逆観察結果を総合すれば。

あれだな、たまたま授けられちゃった木之本さくらと、本来の継承者であるはずの李小狼みたいな?
イレギュラーにしたがる伝統正統側と、そうでないと抗弁する現代当代側と、みたいな?

やっぱなんかこう、直接の開始、因縁、98年からなんだろうな。
もっと地味にくすぶってたのは、ずっと前からなんだが。93年も、83年も、似たような”痕跡”はあった。

/13


こんなブログ記事を書いてた ら、やっぱりものすごい不快な圧力が飛んできた(汗
念術を放つ工作員は、常に見張っている。深夜でも攻撃してくる。

深夜零時でもプレッシャー、しねやしねや、おわりだーなどと脅しテレパシー。
3時ごろでもまだプレッシャー、5時ごろ寝付いたがプレッシャー持続。

いちど強力な気配を撃ち込まれると、体に滞留、充電されてしまう。
気分的、気配的、リセットしないと、体感的強烈さの要因になる。

あしたが休みだとか、土日祝は特に危険だ。ふだんいなかったり疲れてる勤労男性が、漫然と家にいる。
世帯ぐるみでプレッシャーを仕掛けてくる。世帯包括工作員、地域包括工作員。

集 団ストーカー=現代の水面下弾圧=公明が大いに関与自民も相乗り、と言われる

だから、与党、右傾、裏社会、このへんに抵触する記事を書くと、
掌返して弾圧が強化され、波に乗って勢いがあればいきなり引いてしまう。
飴は奪われ鞭が増える。自作自演や、妨害工作。


まー実際、干されたり、年始のアルバイト減少で、半月で2日しか勤務できてない。
このままゆけば餓死だ。やっと苦しみからの解放か、それとも・・・

安倍のときは包囲されてる苦難、
福田になったら今度は追い出されてからの苦難。

桁違いだ。死がより身近で。


/14


近所で新築やってる、こないだの職人勢。
きょうも、祝日だとい うのに、来ている。

しかも、
ブロック塀をハンマーでガンガン破壊しては、
基礎部分をバ イブでドドドド破壊する、
かなり荒っぽく、ひどい騒音となる工事を、断行している。

2003年、あの押 しかけゴロツキリフォーム屋、大幸興業?の兄弟を思い出す。
においが、外見が、やることが、ソックリだ。

・なるべく、工事を長引かせる
・客を念術で操って誘導承諾させてでも
・最初はシンプルな工事だったのが、次々と余計なオプション工事で長引かせる

塀を取り壊してリプレイスする意味があるのか。

ってことは、「大差ない連中による同じような生活妨害工作」、の線はある。
依頼元も相変わらず政府与党かもしれないな。

与党が(いや野党でも企業でも個人でも)、俺を頼ってれば、食わせるはずだ。逆に、干そうとしている。
干されてて、キーマンなら、助けに入るはず。だが助けなどどこからも来ない。

 ◇

夕刻、何時間も自宅で殺傷性電磁波を浴びすぎて洗脳が強まったりストレスが溜まってきたので、
外へ出て様子伺い。

公園に差し掛かると、日 新グリーンハイツ日新化熱工業寮、公明信者 点在)203 のジジイがケケっと嫌味たらしくこっちみながら笑う。
あすこはカーテンも何もしてないから、公園から互いが丸見えだ。

なんというか、組織犯罪加害者の態度だな。へっざまあみろ、という態度。まさにこの方向からおれの部屋を通り北西へ向かって、不快な電磁波の気配がしてい る。


早くも土建業者は退散。たった2時間ほど来ただけ。妙だな。
まあ、やたらたくさんの業者を入れてる豪華な上モノ(グリーンハイツ東隣)なんで、スケジュールが押してるだけかもしれないが。

なんにせよ、地域によってはほぼ皆無なのに、
この周辺は、胡散臭いヤツラばかりだ。クジで外れた気分。

 ◇

しっかし、暇だな。もう月半ばで、働いたのは二度だけ。あとは金もなくずっと自室にこもるだけ。
画面を見るだけじゃ飽きる。散歩も飽きる。

なんかもう、あと1、2ヶ月で餓死、という実感すらないが、そうなってもいいような投げやりな気分だ。
演出にせよ事実にせよ、

いまの日本(※)は恐ろしすぎる。悪魔とは付き合いきれない。 ※の支配者、そいつの指示で動く大きな勢力  カルト、王家、などが見え隠れ
みな米あたりに無線で洗脳され、おかしくなり、常時操られ、監視され、例外動作したら電気ショックで痛めつけられるか、思考停止へ追い込まれる。
かなり高度な支配システムだ。未来か異星の技術じゃないのかこれは。無線で何でも操られるというのは。

まあ、2004年は一週間食わなかった。今度は何日間食わないのだろう。(当時の記録
餓死の苦痛で死ぬのか、耐え切れず凍死を選ぶのか、そのときにならないとわからん。
じっさい、弟はこう やって死んだらしい。おなじように、追い込まれてる。

死の影ばかりだ。逆襲のシャアでアムロが言ったとおりだ。「死者の世界に引きずられるぞ!」
こんなしょうもない世界が現実で、別世界でも何でもないのなら、つまり現代文明はもう終わり、と宣告されてるってことだろう。
操って狂わせて判断力を奪い取ってでも、人類をマトモにさせず、世の中を崩して行く腹だ。神だか悪魔だか宇宙人だか知らないけど。

そういう風に見える。

 ◇

「自力で何とかしろ、他者を頼るな」
そんな投げやりな物言いが目立つようになった。

邪魔や妨害はする、
仕事は干す、

どうやって自活しろというのか。

せめて、完全に無視し、ノーマーク無罪放免し、勝手に生きられるようにするのが筋じゃないのか。

「絶対合格しない再試験」
というのが免許センターには存在するが、そういうイメージだな。

切捨て日本、腹を切らせる日本、

いつまでもそんなんじゃ、死者にたたられ続けて、二度と浮上できないだろうに…
日本は妖怪吹き溜まり、良くない怨念邪念が渦巻いてる。戦後にゆがみすぎたか、戦前戦中の怨念も残ってるのか。
せめて豪州みたいに広大な平地大陸なら、話も違うんだろうけど。


/15


運命的ストーカー

NHKの天気予報に嫌気「この寒気、いすわりそうなんでねすねえ」
神か王か悪魔かやくざか、”気づかせる”。
霊媒師などがよくいう”きづき”ってやつだ。

はやくしね、と方々に言わせ、
いすわってる、という訳だ。

なんという、「世界の私物化」

人の命を奪う、軽んじる、オペレーションにいいものはない。

案の定、国が上昇機運になることがないではないか。

前向きさを生まず(代わってほしくない、政権が)
ひたむきな情熱を失い惰性的で(変わってほしくない、政権が)

政治支配中心のワガママでは、ろくなことにはならない。
数々の状況証拠が、提示している。

 ◇


ひでえな。

相当、脅威とみなされてる。

おとといは勢いに乗って、
きのうは逆にひどい転落、重々しい、不幸だらけ。

周囲の工作員は
天皇が怒っている
だの
自民を採らず民主を採るからだ
だの、
支離滅裂な野次ばかり飛ばし、

(ほほー、この全国に迷惑な寒波も天皇や総理の判断で仕掛けられてるのか、、、「迷惑な」)

いつものように、深夜寝てれば夢まで操られ、(電気ショックも特定臓器のひきつりも幻覚や夢の操作も、おなじ脳波コントロール技術によるものだ)
「なにかのはずみで刑務所行き」
という、”具体的”に受刑のため刑務所の受付にまで出向くというシーンの、
”脳波そのものを操られているとき”特有の具体性。”操られた夢”

たびたび起きるが、殺傷性電磁波の気配でひどい。むわっとする。ひきつる。
畳など有機繊維は電磁波を通電するらしい。ビニール床より体感が強い。

どうも、ラッシュを仕掛けられている。北隣岡田、南隣グリーンハイツ、あのへんからの夜通しのラッシュ。
また政治工作員が癇に障るようなことでもやったのだろう。

まあつまり、素人でもわかるような表現をすれば、
日本は、最悪の選択に入ってるということだ。

あれだけ時代錯誤で、支離滅裂で、
そういう政党や、官庁が、
いよいよ解体寸前にまで追いやられたとき、

おれをその尖兵のように危険視し、人生を奪おうと干しにかかった、と。
いわく「つかえないやつめ」という罵りに現れる。
「ぼったくり!」とか罵ってくるが、俺自身に一銭も払わないじゃ ないか。就労妨害はひどいし。
そんなんで「かかった経費がどうとか」言われたって知るか。

いまのところ姿は見えないがもし、新しさや若さを中心に控えてるやつら「対極側」が居たとしても、
総合力や、営利非営利の点で、ダメダメであることは知っている。
目先に走り、マネジメントに疎く、買った負けたにこだわり、まあ「らきすた」だわ。早い話。

老いに走ろうが
若さに走ろうが

いまのままでは、ダメということだ。国は沈む。荒れる。争いが絶えない。日本全体に、いい要素がない。

だっていまおれは、仕事を干され、弱気になるようなプレッシャーラッシュ攻撃を受けて、
これは「政争」だからだ。とばっちりだ。

いま一番、政争がやりたくない。政治の場の「ねじれ」と同じこと だよ。

自民が自民の、民主が民主の、営利追及で動くのが最もマズイ。
だが20世紀からプロだった人たちには、なかなかやわらかい動きや発想が出来ない。
「どうやれってんだ」、困惑だか、憤りだか、そういう。

いまは政争だの政治ではなく、経済政策をいかに打つかだ。
じゃないと、庶民の暮らしどころか、国の資本や財政や景気といった根っこが、どんどん修復不可能な域にダメージを受けてゆく。
ダメージは進行するのに、浪費癖はやめないのに、増税はするという。牛車で伝統的に、なんてやってないでカローラ買えよ、という。

個々の議員はまだ、使命感や、クリーンな心持で、体制しだいでは大活躍しそうな人がいる。
やはり、「仕組み 構造 システム」が大変なゆがみを維持している。

不平を言われたら圧力、命さえ奪う、不変の権力が、つまんないことで 人をばたばた殺してきた。
松下がトップであるために、強制的に製品を買わせ、文句を言えば射殺していた、みたいな。

変えなきゃいかんのはまず、仕組みだ。
中枢、
執行部。
個々の輝いてる人材、政治家や役人など、に枷をはめず仕事をさせるためのリプレイス。

今年早々に、そういう動きが無いのなら、永久にないだろう。

1月に無いもんは3月に無く、5月でも7月でも・・・
小泉時代に「恒久与党化」なんて本気でほざいてた政府だものな・・・

このままなのか、
だいドンデン返しなのか、

変えるのは無党派庶民、個々だ。組織は何もしてはくれない。何もするなとは言うけれど。
横断型で動くしかない。だが営利ではダメだ。
「天下を取るために取る」XのためのXの法則では、ダメだ。
張り合うための張り合い、弁論で勝つための口八丁手八丁のようなことでは。

 ◇

いくら仕事が激減する時期とはいえ、干されすぎている。

これはもう、7月後とか3月危機などといってられない。
都心の一部ではそうだろうが、オレ自身にとっては「1月危機」の最中 なのだ。

何十億円とか大企業とか政府が動くようなオペレーションす なわち仕事も、
「アルバイトだから」とかなんとか言い訳され、タダ働きである。
バカそういうのはバイトじゃなくボランティアとか強制労働と いうんじゃ、という。

世界にも日本にも愛想が尽きた。

俺はもう誰も助けない。文章を書くことで誰か大きな組織を助けるのが嫌でしょうがない。
廃業は自由だ。資本も事業所もなく、利益も負債もない。

映画「コロンブス」で現地人が嵐の中、文句を言って森林へ帰ってしまう。そういう。

俺の行動や状況と勝手に世界がシンクロニシティ連動して、せまい地球のどっかで1月 事変が起きようが、知ったことではない。
オレにとってオレはフリーだ。なにもしない。していない。今日以降。

「誰かのためにがんばる」、というにはあまりにも、誰も寄ってこない。近づいてこない。世界でただ一人オレしかいない世界だ。

誰かのため、なら、気持ちよい態度の子供や困ってるホームレスにわずかな菓子でもわけてやるだけ。
それ以上、なーーーんにも、したくない。情が移る大人なんか一人もいない

 ◇

永田霞にもふた種類居る模様。
それはまるで昭和を引きずるNTTのような。

重鎮上司「貴様なんぞいらん、とっとと出てゆかんか若造!」
あわててひきとめる若い側近ヒラ、みたいな。たぶん視線が合うと意気投合しそうな。


18時過ぎ、
TVつけると忍たま乱太郎、
「きょうはうどん食べ放題に備えて食事を抜いていた」

こちらが飯抜きになったことへの皮肉。

19時過ぎ、買い物へ出かける前にまたつけるといきなり
「外へ出ちゃいけない、中で隠れているんだ」
おなじくNHK教育の米ドラマ。

実際はむしろ、自室は洗脳と殺傷作用の電磁波がずっと撃ち込まれているので、
居れば居るほど危険である。

シ ンクロニシティ魔術を使い、このような奇跡的な所業も日常的に仕組まれる。


ときに米、
ときに皇室、
ときに与党執行部、

やたらインフレな強い相手が示される。
まるでドラゴンボールのような、弾圧。

なんにせよ、洗脳に惰性的に従っていると、
次第に無気力になり、気づけばずーーーーっと部屋で寝ている。

下の弟が、そうやって死んだそうだ。小山警察署で聞いた。

ずっと寝ていて、次第に弱り、何も食わず、肺炎になってもそのまま死んだそうだ。
昨年2月のこと。

で、3月には確か隣室のムラタハルミのところに今も居るサル顔の やせ男が出入りするようになり、
こいつが人を操る気配を放つことに長けている、いわば念術者であった。

ひとり、組織に訓練された念術者が送り込まれると、環境は激変す る。人々が狂いだして騒いだり暴れることも珍しくない。
案の定、そのときから、臓器は激しく電撃をくらい、すぐ無気力や思考停止や寝てばかり、といった洗脳を受けるようになった。

弟が死んだ時期や、経緯と、いまのおれがやられている手法とが、まったく一致している。

念術で操って、寝たまま餓死、そいうとうな、姑息で、悪魔の 魔法じみた、手法まで使うようになった。

いわば、日本全土がもう悪魔に飲まれたのだ。
むしろ飲まれない耐性を持つほうがレア、数年前から一致している感想だ。

社会の上に行けば行くほど信用ならない。政権も皇室も官庁もみな操られているし、
逆らえばひどい目にあうことも、上ゆえに熟知している。
日々の政局を見ていれば、いかに国会で座ってる人々が操られて独自性のない人々なのか、よくわかる。米に操られた人形の国。

終わった。5年以上前に終わっていたのだ。日本でさえ。

中央、上、国、いや周囲の住民さえ、うかつに信用できない。
インフラに頼るでなく、自分で生きてゆくしかない。

福田と主流派がトドメを刺した感がある。弱すぎた。ポチ過ぎた。

 ◇

http://72.14.235.104/search?q=cache:xwLltb1eLcEJ:www.niji.jp/home/k-tatu/page066.html+%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E6%94%BB%E6%92%83&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp

これを見ても、

監視社会、ファッショ、という世の中だとしても、
誰か目をつけられた家に、

殺傷性電磁波を撃ちこみ、
操るか、
障害や疾病や致死を催す、

そうなっている現在、日本国内とて「戦時下」「内戦」

ちっとも平和じゃないし、「兵器」が濫用されている分、ことは深刻だ。
核兵器なら、誰もがおののく。だが電磁波兵器は、あまりに濫用され、方々に普及している。

これも何度も何度も書いたことだけど。

 ◇

2008/01/15(火) 21:25:06    as01-ppp32.ddi-mal.sannet.ne.jp
0801.html
2008/01/15(火) 21:24:55    as01-ppp32.ddi-mal.sannet.ne.jp
top.html
2008/01/15(火) 21:24:35    as01-ppp32.ddi-mal.sannet.ne.jp
0705.html
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%A8%E3%81%97&lr=
2008/01/15(火) 21:24:25    as01-ppp32.ddi-mal.sannet.ne.jp
0705.html
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E7%AB%8B%E5%B7%9D%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%A8%E3%81%97&lr=

結城市会議員立川ひろとしのアドレスから、またアクセス。
人を散々監視してた、表裏の激しい人物。議員としては模範的だが、諜報監視まで模範的ではたまらない。
保身的だから、自分の名前でどういうサイトが出てくるかはチェックしている。
だがこっちを心配しているとかしてないとか誤魔化しの発言ばかりだから、
ずいぶん前から一切連絡などしてこない。

いやな人間ばかりになった。まるでみながどんどんナチスに加入して行くプロセスを見るようだ。


めまいが。

電磁波で体表の毛細血管が血流しなくなり、神経麻痺もあわせ、感覚麻痺がおきる結果。
やはりきのうきょうの電磁波攻撃はかなりひどい。飯抜きも響いているか。

 ◇

たまにはみといてねリンク集。
体験記ばかりになると初心者の理解が見込めないので。理解者が増えないとこの社会はセクト(カルト)によって終わります。

2つめと 3つめ
ぼやきと日記

BBSと画像 とウェブログ

スレッド 1
スレッド 2
サクラ(工作員)しかいないけど事情はわかる

検 索1 集団ストーカー
検 索2 組織ストーカー
検 索3 電磁波被害
検 索4 思考盗聴

私にとっては3年の付き合いで古典的なキーワード。
検索結果を見ると、相変わらず加害側工作員の胡散臭い自演サイトが散発、上位に食い込んでいる。
というより、検索上位になるには結局はカネや影響力なのだよね。本当の被害者は個人だからね。


/16

昨日の、念術攻撃ラッシュ、洗脳ラッシュ、
これは外来者によるいわば””襲撃””だったようだ。

そういや北隣の岡田家にまた蓮田市のゴロ業者・小野寺工務店が押しかけていた。
こいつらがくるとまず間違いなく、周囲が狂い、物々しい空気になる。

こういうバカどもは、永久にその馬鹿加減を変えないだろう。

否、経済破綻すれば別だ。高コストで、無意味で横暴な政治工作、

街の施工業者が、ゼネコン業界の連絡系統を伝って、
自公与党から暗殺指令を受けるような、

愚行は、経済破綻以外には潰せない。
なまじ磐石であればあるほど、この日本の悪魔化は破壊できない。

富が人を悪魔にする。

そうやって、おれの人生は潰され、いまや餓死寸前で、家族が二人殺された。

日本は許すべき存在ではない。
大国の破綻に追随して堕ちる所まで堕ちるがいい、指導者の時代錯誤な判断に沿って。

金がなくなれば、業者は成り立たない。
本業すらないのに、陰謀なんぞのために押しかけることは出来なくなる。
組織であるほど。おれのような個人はまた別だが。

ほんとうに、救いの無い国になってしまった。

おれには生き延びる義務と権利がある。
あいつらには、ない。

 ◇

(12日の前例)

 辞退した会社に「やっぱり入れて」は虫がよすぎか

またMSNに政治的工作が。嫌味を混ぜる手法。

裏工作工作工作工作・・・・日本の汚染、悪魔化、下落傾向は止められないのだろう。

いまさらそんな国に、汚い水面下組織に、興味などない
生きることにすら。

はやく国ごと経済破綻して、勢力がこまごまと分断され、人をなめた裏工作なんか出来ないようになってほしいものだ。

オレの怒りだけじゃない。弟二人まで殺された怒りは富士山噴火に 匹敵する。
相手が政府与党だろうが天皇だろうが神悪魔だろうが関係ない。

 ◇


かようなブログを書いていると、
表で西隣石井家と、その南となりの関根家で、いつもの「中傷」をはじめた。

「あんな性格してるから」
「戦争で負けるんだ」

かなり大声で、聞こえるように。
というか、「気配 念術」のルールでは、「気に障る声=聞かせたい中傷」
相手が聞かせたくないものは、こっちも気にならない。


関根家がいかに老婆まで動員して中傷してきたか、
石井家の亭主が怒鳴る、女房はまめに外に出てきて出入りを監視する、

・・・などいかにこの近所が工作員だらけだったことか。2005年以 降の日記に記録している。


ふざけんなと怒鳴りつけたら、退散していった。
驚いたというよりは、へーへーという感じでね。


政府の謀略工作に加担しても、
他人事、知らんふり、自分は火の粉をかぶらない。

自分は家も車も家族もぜんぶ保持したまま、
おれのような被害者は実家も家族も潰され、兄弟を何人も殺されて。

他人事、ぜんぶひとのせい・・・・

この非道の「落差」がある限り、日本は終わりだ。転落を止められない。もうすぐ破綻する。

なぜなら、洗脳し、監視し、弾圧し、
判断を奪い、やるべきことを封じてまで、
「隠したいこと」
があるからだ。

本当に避けられない危機なのか、単に汚職や腐敗をごまかしたいだけか、
ともかく、隠蔽の一環だ。


まだ石井家の女房はテレパシー越しに「とっととあきらめてしねよ」などとやじっている。
関根家の女房は出かけてしまったから、ほかにいない。

それくらい、人間性を失い、政府の殺人工作には加担する、国民が増えているか、一定数維持されている現状。

戦争とかいって、国内問題で、他人事ということはつまり、「内戦」だろうに。
国内外の諸問題をテキパキ片付けたいときに、内戦で時間を先延ばししたり、
アイデアを出す人員を内戦や弾圧で潰したり。

やってることが、真逆だ。

訪問して追求し たら、やはりシラをきられた。「警察よぶ」を言い出すまでが速い速い。
まるきりディベート、誘い込みなのだ。素人ではなく、「上手(うわて)」。
さすがに撮影できなかったが、
・目が死んで下を向いている。
・かなり人格を作りこんでいる。地ではない。

関根家がグリーンハイツの爺さんと結託しておれをワナにはめたときとまったく同じ、(昨年秋ごろに記事にしてある)
最初からオレがワルで決定されてあり、みなでオレに突っかかられるのを網張って待ってたのだ。「ああいやだいやだあいてにしないようにしようねー」
突っかかったら最後、ものの10秒くらいで近所からもう3人くらい、主婦が駆けつけてきている。取り囲む。警官と同じ手法をなぜか身に着けてる。
みな政党とか宗教とかで繋がっている連中だろう。

このアパートを包囲する形で、東西南北とも、胡散臭い工作員ばかり住んで、結託している。
都心ほど露骨ではないにせよ、ここはカルト区画なのだ。ヤツラが言うように、このアパートは牢獄なのだ。
今でも覚えている。石井の女房が睨んでいた。関根家の隣の班長の女房は、ニヤニヤしながら監視していた。
引っ越してきた当日から、悪者として定義され、待ち構えられていたのだ。
石井の女房だ、睨む前に余計なことを言ってきたのは。「103のお兄ちゃん、救急車で運ばれちゃってねえ」
ここでもう工作員確定だ。
(・・・以上は全部当時の日記に書いてある。)


 ◇

新生銀へ。
ここは窓口が簡略化されただでさえ手間だ。
さらに、公明系か経済ゴロ系の追っ手が数名来て待ち伏せているからややこしい。
(オウム以来の大捕り物だ)なんてささやきも混じるから、公安に使われてるハイエナもいるのか。

かなりハイソな内装に、パンチパーマもどきが座っていると異様だ。
後から入ってきた零細商店系のジジイと、娘?と。これも「あいつよそからみたら変なヤツだぜー」とか野次をはじめる。

個室になってる部屋から、異様な殺気。油断してると心臓が異常動作と緊張で参ってしまう。
黒ずくめのばあさん一人、公明系だろうか。行員と対面してる。
「二億 いや一億」とか「1ドル1円」とか、やはり支離滅裂で場にそぐわないことばかり言っている。
行員と婆さんとセットか、婆さんだけ、が工作員のパターン。

経済ヤクザっぽいスーツの男、隣で、「開設に一時間ですが」といわれるとごねていた。
「待てない」という伝言だけを言いに来た工作員らしい。

たかが引き出すだけで40分待たされた。これも「仕組まれて」いたのかもな。
しかも俺が帰ると同時に、あれだけ中身のない長話を引き伸ばしていた黒婆さんが出てきた。
で行員が一言「やっちまう気で居ますから」顔が引きつっている。
2億の話をする婆さんが、お供も連れず、車もなく、そごうの裏のほうへ歩いていってしまう。



この記事も、「仕掛け」のようだ。まともなふりして、まともじゃない記事。日経でさえ、そういうのはたまにある。大手新聞では、もっとある。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20080110/144575/
 もう、「効率化」の罠にとらわれてるのだろう。自省しつつ、2ちゃんねるででも 探すとするか。

これ自体、「醜い政争」の代弁、だ。世の中が2ちゃんねる勢力の ファシズムに再度侵され始まっている。

近頃はアルバイトへ行けば尾行はみな大学生などナヨナヨの若い連中だ。以前のようにゴロ属性ではない。
あいつらが伸ばすほど、潔癖主義で、なんにでもカミツキ、蹴落とし、人生や命まで奪う、世の中がそうなってゆく。
まさにスレッドでのケンカの有様が、現実において命を奪うファシズムとして具現化されている。

やつらからすれば、30代でも「ジジイ」であり、蹴落として世の中を制圧するのに「邪魔」であるのだ。
彼らは十分に「クーデター属性」といえる。226のような。
こないだも検索キーワードを通じて伝言してきた。「若者 テレパシー ハッキング 逆襲」とかいったものだった。昨年末の記事にしたと思う。


「天下を奪う」と か、そっちが先に来すぎている。なにもかもが極端で容赦がない。
面倒見がいいとか、根っからやさしいとか、そういう個々の人格ではない。
組織力を見せ付け、蹂躙し、「最強だからよこせ」、いつもこのワンパターンだ。 カルトであり、ネオギャング的だ。

2ちゃんねるをみればわかるだろう、あの中に閉じこもり、住人という群れの中でのルールで威張り散らし、
「マスコミも政府もゴミだ、おれたちがいずれ成り代わってやる」
と叫び続けて、もう8年目だ。変わり映えがしない、カルト属性。ヒキコモリカルト。

2003年ごろに逆戻りだ。ファッショは治まるどころか、ひどくなっ ている。

「国民のため」なんてのは騙し言葉で、水面下では搾取と増税しか考えない。
騙し続け、改善は一切せず、無一文国家になるまで続けるつもりだろう。多数を蹴落とし踏み潰しながら。

朝 日
 内閣情報調査室の50代の男性職員が、日本の内政情報を在日ロシア大使館員に漏 らしたとして、警視庁公安部が事情聴取していることがわかった。

この立件もおそらく、そうした動きの一環だろう。今までなかった、遠慮してた、そういう動きがぱーっと展開される。
ゲーム発売時期があいついで「画質アップのため」と延期される。

 カプコン:「モンスターハンターポータブル2nd G」 発売を2週間延期
 任天堂:期待のWii版スマブラ 1週間発売延期

 何かあったのか?TVから消える細木数子
 「ズバリ言うわよ!」も「幸せって何だっけ」もこの3月に終わる。細木数子 (69)のTV番組が消えている。
 視聴率が低迷しているだけじゃない。これまで教祖サマとあがめていた会員の細木 離れも急速に進む。TVだけでなく、本業の占いの共倒れもささやかれている。

ただ単に、右から左へ主導権が移動する、だけではダメで、何も変わら ないのに、
そういう安直なクーデターがあると、このようになる。

これはつまり、9日にDNPでかなり周到に仕組まれた「自演劇」が、匂わせてきた「伝言」の通りなのだ。
「いやだから、飽きたから、交代させる」、と。

だが、しょせんは老人たちがクライアントだ。きち んと区別できるリテラシー、識別眼があるわけではないのは、
あいつらの””オペレーション””に危機感を抱かない、疑問を呈しない、のでも明らかだ。

たとえれば、さる老人部長(総理でも何でも)が、営業トークに乗せられて買い替え、 業者替えをした、という。
前任が、おなじ選択で失敗したことも知らず、同じ 危機的なオペレーションがまたも繰り返されて泡を食ってるオレのような立場の苦労も知らず、
いうなれば安倍前部長につづき「交代させ、世の中を混迷させている」

たとえば二大勢力がミクシィと2chしかないのなら、2chを国家支配に導入してはいけなかった。理由は何十行か上↑に書いたとおりだ。(これも)
企業にも地域にもSNSは浸透したが、2ch系掲示板はいつまでも狭い囲いの中のカルトで、基本姿勢は反社会的だ。

占領されこそすれ、社会のお役に立つという発想はあんがいに低い。ホリエモン時代が再燃しかねない。営利的で、権欲的で。
強弱、弱肉強食にこだわる。裏社会構想の概念に近く、実際に内包している。

 ◇

これが一時のクーデターならイイ。ソ連崩壊のプロセスと同じで、救いがある。

だが彼らがスタンダードになってしまうようなら、以下の「予言」は確定だ。

・没落必至で、誰もそれを止めようとはしない。
・業務改善をしようとしない、社会上層の組織は維持される。
・「貧困ビジネス」減ってゆく利益をさらに搾取するような、貧相な場末会社みたいに、世の中全体がなってゆく
・そのための集 団ストーカー追い込みのインフラ維持、ファッショ手段確保
・変革があったとしても、うまくはゆかない。右から左に利権が奪われるだけで。誤魔化しと持続型の政治が続く。

オレが活きるということは、一か八かにはなるが、この列島が転換を遂げるということだ。
我活きて世もまた活きる。
だが、そこに聖域はない。誰だろうが文句を言われる。責も問われる。但しつるし上げはしない。やり方を変える。
権益を守らないから、好かれない、ただそれだけのこと。いい悪いなど、追い込むほうは実は気にしてない。

悪魔が、支配者の使い魔が、おれを常時ストーカーしている。
彼らは運命を操る。現実世界のシナリオを書く能力がある。

・失言があれば、率先して物騒な事件や、企業の業績悪化や不祥事として具現化する
・迷いや弱気があれば増幅し、蹴落とそうとする

まさに、リストラに躍起になる悪魔のような企業社員。「憑」かれているのだから、彼らは。

つまり悪魔は、この世に悪いことしかもたらさない。

いくら特定の政治勢力にはおいしくても、世の中は悪くなり、みなが悪魔に憑依される。
いくら「そんなこたねーよ 爆笑」とか言い訳しても、現実社会において、やってる追い込みなどの悪事を見れば明白だ。

この世には光陰しかない。陰陽しか。

悪魔(陰)を流行させて、伸びることはない。
自然を破壊し続けて、存続することなどない。

だからこそ悪魔は、電気機器の電磁波を通じて人間の心をのっとり、
悪魔ばかり伸ばそうと躍起なのだ。ここは数年の体験から確信している。

もはや明言すらはばかられる、
指輪物語の、人々を監視する悪魔の塔みたいな、どこでもいつでも監視されかねない。テレパシーぐらいお手軽な技術の浸透。

レジスタンス、水面下で細々とでしか、まともな人間の心すら、維持できなくなった。
大元は””大国の魔術””であろうが、大国も結局は操られている。人間界は霊界の前には弱い。


http://www.asahi.com/national/update/0116/TKY200801160268.html?ref=rss
 皇后さまにめまいの症状

ああやはり、「日本が押されてきてるなあ」
と、ぱっと見て感じた。どうも昨年末あたりから、ラッシュを受けてい る感じがする。きっつい。

生気が抜ける、みなぎる、という形で、
「気配による戦争」の勝敗は、体感できる。

そりゃ、勝ったやつが何でもかんでも優秀なら、それでいいんだろうけども。。。。。


悩めば悩むほど、
押されれば押されるほど、
世の中も相乗して悪くなってゆく。

だがなぜか、””大掛かりな水面下活動””というものは、押して押して押しまくることばかりしてくれる。
追い込みは激しく、おにぎりひとつ支援してもらえない。

・世の中を滅ぼしたいのか、
・荒れようがお構いなしに、「どこぞの部外者」っぽいオレを始末したいのか、
・単なる貪欲な政争かも知れず、

あんまり悪くかんぐると、その””筋書き””で世の中が進められ、また荒れる。

意気揚々で居るしかないのかな。

まるでファフナーの竜宮島のような毎日。ボトムズの百年戦争みたいな。

 ◇

まあ、きょうの記事だけをみても、冒頭と結末で矛盾している。

だが、弾圧や戦争で人生を潰され、親兄弟を殺されれば誰 だって頭にくる。
だが、国が戦争や恐慌などで荒れれば助けたいと普通は思う。

どちらも人間は抱えている。

まして、世界を抱えるというのは、そういうものだ。どちらへ振っても陰陽両方が降りかかる。

このおれ、自分が「舵」だとすれば

弾圧でちょっかいを出す「操舵手」が、間違っ ているとはいえまいか?

ハンドルが気に入らないからといって、ぶっ叩いたり、乱暴に切れ ば、事故を起こすだろう。

弾圧側も、そういう観点で見直しをかけてくれればいいのに、とは思う。
ワガママなのは承知の上で。

強権だけではもう、世の中は仕切れないんだ。

 ◇

相変わらず重い。

うまく思考できないよう、妨害電波が照射されてる。
公園など外で入力すれば、実にスラスラ出て来るんだが。・・

ひとつの電磁波攻撃に、

・洗脳(喜怒哀楽、無気力に欝、性食などの欲、はては趣味趣向まで、多岐)
・体機能操り(血管や臓器緊張など、任意の部位にピンポイントで)
・熱線

様々にセットできるようだ。
日替わりでセットが変更されもする。

5年間ずっとそうだったから間違いなかろう。

 ◇

あいッ変わらず、夜になり帰宅してきた会社員男性工作員は、
「TV見るな」
「日記書くな」

命令口調で、なかば面白がって罵ってくる。

世の中が一大事、罵る相手も一大事、
そんな大変なときに、相手をからかえる無神経さ。

なにより、いまさら命令口調の時代錯誤振り、丁稚奉公時代の老人かと。
相互理解など進まない。命令口調がむなしく響くだけ。歩みよりはなく、従う者もいない。

時代錯誤が列島を覆う。

 ◇

長々と書いたが。

基本的に、「国や民族に対して感じる危機感」がきのうきょうで大きくなったからだ。

個々の文節ごとに、主張は整合していない。
・アイデア、仮説、より多く示す

ということに重点を置くため。
どれがただしいか明言できるなら絞って書く。


総理(与党執行部でもなんでもいい)が老いぼれて出し抜かれて、若い裏社会勢力に牛 耳られる、
そういった構図への危機感。
インターネットのどのサイトが売れるとか人気があるなんて、老人にわかるわけがない。

まして、「世の中を操る呪術的アウトソーシング・サービス」の各勢力ごとの個性、良し悪しなんて、老人管理職にわかるはずもなかった。
DNPで「もう交代するから前のは要らない」という大見得が、ボロボロだ。この記事で述べているようなこと だ。

「優秀だが、悪魔のようだぞ、カルト的で内向的で」

散々、こんなけちな日記やブログとはいえ、警鐘を鳴らしてきたのに。何度も何度もメールを送ったのに。
政党もマスコミもほかの人々も、きちんと読んではくれなかったようだ。

なんでか、悪い方向へ進むね、日本は。
まるで、悪意ある外国の、強力なノロイに、支配されてしまったかのように。


製品へのアドバイスは、容易にいいものが出来上がるのに、
政治や支配が絡むと、国家ということになると、ハイエナがカラスが囲んでくるような、ネガティブな結果にしかならない。

大丈夫か福田大丈夫か小沢いや綿貫も福島も志位も・・・不安でならない。
ムネオも基本は弱いし自民だから、、、きょ う16日の日記はちとひどいなあ。TV出演しても、言葉を選んで慎重すぎるしなあ。。。

凌駕するどころか、拮抗できる人材すら、皆無だもの。。。道理で表より裏ばかりが強いわけだよ。。。

つまりは株安に追い風を吹かせてるのも、あいつらかもしれん。「面白いから」というヌケた発想だけで、なんでも実行してしまうところがある。
おれのような敵対勢力を困らせ、悪評をふやすためなら、株安だろうが震災だろうが起こすところがある。この手の連中は大体そうだが。

おれはいわゆるプロの悪人ではないから、悩みに悩む。
だが悩まないやつが多すぎる、あの手勢は。

/17

今朝の「ぜんまいざむらい」

羊が手紙を届ける超高速メェール通信

あまりに高速で、江戸市中の人々はてんてこまい。
仕事も家事も放り投げて、返事を書くのに大童、ウンザリ。

そこをぜんまいざむらいが、プロバイダー業者を斬って機能停止させるという話。
「やっぱり、メールじゃ真意は伝わらないよね、会って話さないと」


テレパシー疎通にいいところなし。

少なくとも、謀略、追い込み、嫌がらせ、以外に使われてるのは、ほぼ 見ない。
いわば「放置 閑散 荒れた アングラ 不法横行」ネットワーク になってる気がする。

ダメなシステムなら、いちど止めるしかないと思うんだが。改修という段階にはいる気配すら見せないし。

 ◇

昨晩は、ブログでの政治発言を皮切りに、深夜から激しい電磁波攻撃が開始された。
相手はただ機械のツマミをひねるだけ、そのまま寝てしまうから、楽なもんだ。
だがこちらは苦しみもだえながらさして眠れなかった。ものすごい汗をかいていた。

照射元はまた北隣岡田家か、西向かい石井家か、アパート内部か、南向かいグリーンハイツか。
近隣にしか体感はない。しかも台所でも半分にはまったく体感がない。

きょうのバイトもやくざ筋を名乗る待ち伏せが散見。
現場リーダーの社員を名乗るなかで、おれの担当だけが茶髪。朝一番で「なにもねえわけねえだろうが」と陰口。
この人物だけ、制服をなぜか着ていない。教え方も変、むしろ邪魔ばかり。
ものすごい威圧プレッシャーでこちらをノそうとする。一日中。

「ちっとはこっちにも稼がせろ」という文言はむしろ新鮮だったな。
暴力より前に主張をよこせばいいのに。何年も無駄な追い込みばかりかけて、話は進まない。
なんだか本気で殺すだの何だの、毎度毎度と同じことをここでも言われてきた。


おれは”歌舞伎役者のように世の中の空気に影響し文化や技術を生み出す役割(説明しづらい)”を押し付けられてだいぶ経つ。
質の維持が出来る個人、組織が、他にいないんだから仕方があるまい。

歌舞伎が政治パーティみたいに金目当てになることはまずない。
最優先は、一定以上の、芸質の維持向上、それからだ。

製品競争で勝てないから脅したり殺すというのは、順番が違うよな、とはいつも感じている。
なんでもそうだ。暴力集団は悪魔にみそめられ、世の中を荒ませ、貧相にして、向上を奪う。
「貧困ビジネス」がいい例だ。奪って奪って先細り、結局は国や国際社会が機能しなくなる。
アメリカが現にそうなってる。ITの上級エンジニアやプログラマーさえ、あぶれて極貧にあえぐ。

「勝ちと負けの循環を作る」モデルケースを、まだ世界各国どこも設計してないし、まして実践などしていない。

陰陽の陰側、暴力側が変 わるしかない。
話を聞くようになり、今よりもっとサービスならサービスに徹し、客商売の基本、精神、に努める。
いざとなったら暴力が出てくるのは卑怯技だし、暴力が世の中を、というのは前述につき割愛。

かれらはすぐ人のせいにする。なすりつけが容赦ない。
ぜんぶあいつのせい、に文言が終始するのは結構だが、だからこそ何年間でも、停滞し、解決しない、ことにはどうして目を向け ないのか。
ビジネスやマネーにまで手を出しているインテリゴロも多いのに、なぜ暴力が抱える欠陥には目を向けないのか。

不思議だ。
暴力や付随する悪魔の気配が社会を満たして、結局は国家や世界の 破滅を早めては本末転倒ではないのか。
このボトルネック、矛盾、を改善してみるだけで、だいぶ違うと思うのだが。

だからこそ、政治を含む天下を、強弱では決められない。暴力が強いから独占、というのでは。

いいものを生み出す、芸や製品の質をあるレベル以上に保つ、
これは合理性や、謙虚さ、つまりは暴力を排した一般的な人物や企業にしか、実現できないのだか ら。

「いやおれらはかわりたくねえからおまえのほうがいうこときけ」、といわれても話が詰まるだけ。で3年ぐらいが過ぎた。
当初はそうじゃなかった。おれの話しを聞き、合わせていたはずだ。
途中からナメて、あるいは疑問をはさみ、独断専行がふえ統制が取れなくなり、というフローがあったはず。


学級、クラスでゆくのがいいのでは。立場を忘れ、みな平等な立場でおなじ机に座る。
親の職業(しがらみ)とか関係ないでしょ、基本的に。


しっかし帰りのスタンドで流れてたゆうせんの曲、あれはなんだ縁起悪い。
「もうすぐ滅びる国で、あなたはすこし清くなった」うろおぼえだがこんな感じ。

いくら歌詞を検索しても出てこないんだよな。自作の歌を流させてたのかな。

あれも同じだよ「私の墓のまえで泣かないでください」
ありえねえだろ、普通。あんなもんはやるわけがねえ。

まるっきり、バーチャルのインチキ世界だよな、やはり。でまかせが次々に作られては、目の前に現れるんだ。

スーパーに行けば主婦も爺婆も、半数くらいがニヤニヤして「あらー見直した」とかいいながらこっち見たり、しけたジジイが尾行してきてシネと言ったり、
ロボットか、ゾンビ映画の追尾型ゾンビじゃんか。人間じゃないぞあれは。

胴のあちこちが痛い。いずれ倒れて死ぬかもしれない。まあどうでもいいや。

/18

帰宅と同時に、四国の高松から電話0878 04 5392。出ないけどな、知り合いなんているわけないし。

あんな遠い土地でも、オレの動向を「感じ取っている」
テレパシー、おそろしや。

 ◇

やはり予想どおり

エスパーならではの不評に、「自分も周囲も」、苦しむことになった。

テレパシーが強力なら、当然、やかましい。

事業所内のみなが、「はよ出てけ」とおなじくテレパシーで返してくる。
相当、うるさいらしい。

それに、どうも、相当に高位の霊性が備わってるためか、
オレの放つ気配は、有無を言わさず、周囲の人間をひれ伏させてしまう。
現場のルールさえ、オレ流になってしまう。まわりがそうしてしまうのだ。逆らえないらしい。

これでは、ダメだ。いずれ、いられなくなる。

いわば、「王族の気配をまとった平民」だ。
不要なスキルが身についているために、社会不適合を余儀なくされ、追い出される。

子供のころから、集団がいやでいやでしょうがなかった。いつも、オレの気配や、態度は、集団の気に入らないようで、排斥され、いじめられていた。
やはり、気配も、ふるまいも、集団のそれにならないと、集団には仲間にしてもらえない。
自然と、本能的に、いやがられ、遠ざけられ、追い出される。だがそれが「正しい」のはやはり本能的にわかる。

一匹狼、
強烈な個性、

これはもう、「群れることが不可能」なのだ。
「集団」に反応をあわせる、ものすごい気苦労やストレスが蓄積する。しかもお互いに。

子供のころから、なぜ都市部の街や事業所が、肌に合わない、イラつく、恐ろしい、のかが、
今ならわかる。
ずっと同じことで悩まされてきたのだ。エスパー的な特異能力、繊細で敏感で強烈なエスパーセンスのために。

 ◇

そして、政府レベルが仕掛けているワナ、
「被弾圧者への対処マニュアル」

これもまた顕在である。

・悪評ばかりが、テレパシー(以心伝心)を通じて、ばらまかれているため、「悪党め、うわさは聞いているぞ、でていけ」と追い出される
・強烈なテレパシー発散体質に改造され(日々24時間、自宅で特殊な電磁波を浴びせられているために)、どこへ行っても「やかましい、あっちいけ」と追い 出される

日経BPでにおわしてきている伝言によれば、おれのこの5年間のために数億円がかかったらしい。
だが、製品開発だけでも総額で数十兆円の利益にはなった。
自分ひとりで開発したわけじゃなく、
アイデアを与える、
もしくは受け取ったものをモディファイして中継ぎする、
というプロセスがあるから、””受け取りを主張できる分””はもっと少ないにしても。

仮に4億円の投資で1兆円なら、すごい才能ではないか。

それだけ恩恵を受けておきながら、手柄は横取りして、悪評「だ け」ばら撒かれるというのは、なんとも納得が行かない。

レクサスに追い風を与え、
任天堂にDSやWiiを作らせ、
スズキにGSX-R1000の新型のプランを提供し、
ヤマハにロッシを移籍させ優勝もさせて、
クールビズを考案し総理に打診し、
魔法瓶浴槽を作らせ、
Zガンダムとヱヴァンゲリヲンの劇場版を作らせ、
ドラえもんをリニューアルさせ、

書けばきりがないくらい、カネにも功績にもなる仕事をこなしてきた。

いま、俺に出来ることは「手を出さないこと」くら いだ。
どうせ儲けは全部盗まれる。評判さえ盗まれる。そして悪評だけ押 し付けられる。

そんな盗賊団みたいなシステム、いつまでも関わってるほうがおかしいのだった。

おれ抜きの国や世界がどうなるか、楽しみではあるが、今は忘れ、気にしないでいようと思う。
それだけ、たぶん世界でも有数の、大規模の、嫌な思いをしてきた。


こんどは、大きなことをやるなら、きちんと報酬が出る契約をしなくては。

べつに1億円稼いだって、9900万円を投資に回し死に金にして、利益分を全額寄付したっていいのだから。
自分はボロアパートでも買って住めばいいのだ。生活費年100万の暮らしを楽しむ。


おれがまた、「自分たちの時代錯誤な傲慢さで失態を蓄積し続け、切羽詰ってあせった連中」に、平身低頭で招聘を請われるようなら、
そのときは国も世界もかなりピンチなのだろうなあ・・・・・・ずっと隠居できることを祈る。

おれでさえ、よく他人の追及をしてうらまれ、いやな気分にさせ、因果応報で、不吉な目にあったりするけど。
だから、世間の人々も、おれのことをよく知らず、実は大変にお世話になってるのに文句ばかり言い、
その因果応報がおそらく、降りかかっていると思うよ。

あまりに矛盾で偏った出来事なんて、実はそんなに無いと思う。
人は欲が絡んでズルばっかりするけど、天界の神のレベルでは、やや異なる。なんというか、””緻密””で、よく出来ている。

たまにはきちんと「知り」、感謝してほしいもんだ。
現場でテレパシーがやかましいのはこれ、どうにもできないから、甘んじて文句を受けるしかないんだけど。

/19

すっかり与党の飼い犬のゴロとそのパシリな若造ばかり。そんな大手書 籍流通の倉庫。
なんせラインのリーダーがどいつもこいつも茶髪だの、顔動かすの苦手そうな藪睨みだもんな。

なんせイヌだから、ふだんの政府弾圧どおりのことをやる。

与党に不利なブログを書けば締め付けられ、

たまたま有利になってしまうことを書けば、いきなり緩む。

給料が不自然に上がったり、下がったり。

昨日は残業1時間だったのに、なんで今日は逆に1時間早上がりなんだ。

しっかし、ああいう、政府系統の「周波数」に操られた連中は、
まるでアシモのダンスだな。ピッタリ同じことしかしないし、人情を捨 てて冷酷だ。実に、無線操縦の、ロボット。

目の前でプレッシャーの渦中で苦しむ人間を見て、みんな同じ顔 と、同じ考えで、でニヤニヤ笑うのだ。軍人みたい。
殺そうが追い詰められようが、ニヤニヤ見ている。みんなロボットだから無理もないが。

自分が何をしているのか気にせず、「政府周波数のデンパ」に操られるに任せている。
だからロボットとして感情も廃され、苦しめば苦しむほど逆に喜ぶようなイヌに成り下がっている。老若男女、善悪問わず。

しかしこれは、事業所の中だからこそ、大半がそのようなのだ
ゴロツキが周囲の人間を巻き込み、操っている。これはどこへいっても同じようにやられる。あいつらも手馴れている。

だが外へ出ると違う。みな呆けたり、疲れた顔になったり、うつむいたり。「さっきまでの悪魔のような威勢のよさはどこへ言ったんだ」
だがごろつき連中は外へ出てもそのままだ。近寄りがたく、ニヤニヤしたままだ。
目に見えている範囲では、「把握され」操られる。中にいるゴロツ キは、外にいる人間を把握できない。

つまりは敗戦国として米の電波に操られているから、このようである、のかもしれない。

だから弱腰で弱虫な与党がずっと君臨しているのかもしれない。
操られていればよし、ダメなら人生が危うくなる、与党はみな威張っていてもその点ではビビっている。
与党の要人よりオレのほうがずっと自由度があり、個人が個人で動いている。

操るほうも、られるほうも、悲惨なことに変わりはない。
よくあることだ、社会や国際社会では。

 閑話休題

ものすごい悪意。仕返しの一念。

パレット台車に書籍を積む、その最後の固めのところで、ベテランがほぼ毎回邪魔をする。
「しゃしゃり出てきて、作業を奪い取り、ぜんぶそいつがやってしまう。ものすごく罵 る。
教えるのが下手だ。これでは下が育たない。」

・・・という一連の出来事を見せ付けることで、悪意を示してい る。伝言だ。
「””このような内容””で腹を立ててるから、仕返ししてやる」、と。政府与党からの伝言である。
おれのブログ記事に、なんでか強制力がある。そこを罵りたいらしいが。ただでさえ連絡、意思疎通不足だから。敵同士で顔もあわせないような人間がボス、み たいなもんで。

すごく簡単な作業だ。むしろ介入しないほうがいいのだ。漠然と積 んで、最後に崩れないように一箇所だけ詰め込んで固めるだけ。
だが、弾圧だから、する。
アホだ。従業員でありながら、「事業の効率よりも、政府の弾圧を 最優先する」。

悪意だけだ。
お互いが向上するどころか、足を引っ張るのだ。感情的に対立を深めるのだ。しかもそれが狙いだ。

無意味どころか、逆効果、やらんほうがずっといい。

!!基本は弾圧!!だ。
だから、ゴロツキややくざの配下ばかり派遣されてくる。政府のアウトソーシングで。

足の引っ張り合いはつまり、内戦だ。決して向上しない。前へ進ま ない。今回はいち事業所だけのケースでも、結局は日本全体がそのようなのだ。
だが、昭和までにそれでやってきた連中は、改めようとしない。戦艦大和で撃沈すればいいとタカをくくっている。
 
(参考)
  若者の鼻が殴られへし折られ続ける。新興企業は決して大企業になれず、
  若手はみんな生気の抜けた青白い顔をするか、洗脳され安月給の社員や、けちないっぱしの地位に甘んじている。
  決して政財界に名を連ねるようにはならない。プチセレブ留まり。
(参考ここまで)

で、こっちがめげてくると、仲間内で暇なときに集合し、背後で野次を飛ばす集団となる。
「あいつもうだめらしいぜー、次の職場はどこだあキャハハ」
隣のラインの茶髪リーダーさえ、暇になるとこっちへ来て、おれの背後にピタリつける。野次を飛ばしたり、気配で威圧する。

なによりもびっくりしたのは、「スリがいたこと

休み時間にトイレ、混んでいる、用を足してる最中に、軍手を引っこ抜かれた。
作業場からトイレまで50mもない。トイレまでの往復で5分程度。それで落ちてない、なくなっている。ズボンのポケットから落ちるほどやわな突っ込み方は してない。
即ちスリだ。この3年間で、初めてのことだが、安い時給の事業所、柄の悪い、裏社会の中でも最底辺の連中ゆえ、不思議はない。


このロボットたちが、日本を衰退、滅亡させる。これは悟りに近い確信 だ。

おれの弟二人を、プレッシャー掛け捲って殺した政府のイヌ。
それをシラきったり、俺の責任として転化し、悪評ばかり流布している 汚い連中。
根回しや情報操作。

この主張を、脳内ですごんでやったら、ヤツラも気配の物々しさに負け始め
、「あーわかったわかった、もういい、わかった」と、判決でも下すような物言いを一斉に始めた。
で、いきなり1時間の早上がり。給料も少ない。

逆に言えば、「このロボットでない連中なら日本や世界を救う」などという、おめでたい勢力や個人は、決して出てこない。
でてきたら、欺瞞、自演、大本営の仕組んだ芝居。
出てこないなら、弾圧、圧力、ヒーローは政府にことごとく潰されている、それは政権と天皇のため、というところだ。

国民のロボット化によって、
世界でも屈指のハイレベルな
統率性と
従順さと
製造能力を
発揮してきた日本人も、最後はそれによってむしろ墓穴を掘り、滅ぶのだ。

この進言は、まだ一度も受容されたことが無い。自分たちが儲かる震源にはすぐ飛びつく「泥棒上流階級」なのに。政官財暴宗の。
面倒なことは無視したがる。目先の富は維持したがる。だがその維持でキャリアもノンキャリアも、大変荘ではあっても大して恩恵はなさそうだ。ここらへんも ロボット的。

全体を維持して、誰も幸せにならなかったなら、なんのための維持?

/20

「ライラの冒険」3月公開の映画、
これも、おれのプライバシーをパクっているな。
真実を知る羅針盤を手に世界を変える旅へ出るそうだ。

「世界の終わりに立ち向かう!」


あぶねえあぶねえ、
昨日の職場で締め付けラッシュを受けたせいか、
それとも深夜に自宅でラッシュを知らず知らず受けていたのか、
心臓が凝り固まって、日の出前に起きた。姿勢がやばかった。なんとか誤魔化し誤魔化し、対処。

悪魔の気配を宿す、プロのワルたちと一日中いると、邪念悪霊のたぐいが身辺を付きまとっている。
頭の中は罵詈雑言でやかましく、些細なことが気になり猜疑的で、
周囲のラップ音(自分の気配の変化と共に、壁などがサイコキネシス的に変形し、バリバリ音がする)、

ギャングはより悪魔と結びついているし、
神仏とちかいはずの人間たちも、道を誤れば(帰依団体とかがね)悪魔と手を結んでいるし、

油断ならぬ世の中。

神悪魔の影響下で、人は、簡単に狂う。
操るのではなく、操られるのだ。
意識が薄れ、タダタダ夢中になって、人をやじったり、追い詰めたりしている。楽しそうに。

自意識を暴力で封じるのが悪魔だ。


新しさも、無数にある。

古さに多様があり、紆余曲折失敗が多々あったように。

新しいから、とか
もう普及させちゃったから、とか

玄関に無断でふとんを持ち込んで売る押し売りみたいな連中には、用心すべきだ。

 ◇

午前、外へ出ると、慌てたように車で同時に出かけようとする北隣の岡田家の男。
(こっちの手間もかんがえろ)などと野次テレパシーが飛んでくる。
その言葉を裏付けるように。ベルク蓮田店には、日曜朝にもかかわらず、10名単位の待ち伏せが。

人員はほぼ、農村部落系。作業帽の爺など。
時代錯誤な服装のしょうゆ顔の女が血相変えて突っ込んでくる。
気配がおかしい。威圧的だけでなく。手足が勝手に動き、誘導されるような。いきなり心臓圧迫が強くなりよろける。

そう、これは5年前、田無市谷戸や結城市の部落民たちに苦しめられていたころとまったく同じだ。
家庭内かく乱工作員だったおれの義母もまた、部落民だったが。

日本がいよいよ狂気の「精神性伝染病」で、
狂い、我を忘れて神悪魔の手先となり、おかしさを増したのだろう。
農村連中を見ていると、昔から知ってたような、なじんでたような、節もあるが、
爆発的に流行し、重症にまでなってしまったのは、最近だと思える。

上下問わず狂ってしまった人々に、処方箋なし。日本もついに終わった。
見捨てるしかない。下手に触れてヤケドをするだけ無駄だ。

夕刻に帰宅するとやはり、西向かい石井家から女房が出てくる。
いっつもいつも、監視行為を示し立腹させるためにわざわざ出てくる。

あんのばばあ、こっちが弱って寝込んでるときとか、言いたい放題やじってきやがるからなあ。テレパシーでばれないと思って。
付近にも日本中世界中にも、味方なんて一人もない。手も差し伸べず、一声もかけてこない。ゼロだ。

超監視社会
超国民洗脳操り国家

義母さえ、家庭破壊のために公安から送られてきたスパイだった。ハニートラップだ。

昭和までを支えたインチキシステムが、
こんどは国を滅ぼすのだ。ある意味で皮肉、愉快ですらある。

日本が本当に滅亡し、ユダヤ流民のようにならないといいのだがな。
ま、どうでもいいけどなすぐに死んでしまう身だし家族郎党も一人もいないんでね。

つまんねえ弾圧で、弟ふたりは殺された。
おれもまた、まったく同じ心臓圧迫(三男心不全)や自宅軟禁(次男自宅で衰弱死)で、殺されかかっている。

恨み言はあえてここでは書かない。だが相当に積もりに積もっている。


とゆうかさ、部落の昭和初期みたいな服着てくるババアに、国の社会の企業の何がわかるの?
いますぐサブプライム問題解決できんの????年金改革できんの?????

おれはできるぞ、勉強もしたし、人脈もあるからな。身分を越えて身に着けてきた。
へんな邪魔さえなけりゃ、な。

ねえ、ストーカーしか出来ない、暴力しかできない、

おまえらに、なにができんの???????ねえ!

ほんっと、福田政権以降、自民主流が返り咲き、完了が返り咲き、最悪だ。
1990年に逆戻りだ。経済政策は無能、アニメはゴルゴにコブラにヤッターマン、挙げたらきりがない。

明日も明後日も、政府依頼の間接暴力集団に、小突かれるだろう。来月は生きてるのか。再来月は、春、夏、

殺人者ばかり住む国、日本。

操られれば誰もが暗殺者。


 ◇

メルマガの感想を送った先の鳩山の態度を見ても、あすこもダメだな。
きょうはげしかった追い込み、民主党も絡んでるだろう。

自民民主、でかいとこでなんか裏でつるんで汚くなってきてるんじゃないか?
どれもこれも信用ならん。末期というのはそういうものだろうか。

こういうとき、若いやつを立てて、なんか目新しくて見栄えがするプランを提示して見せる、
それは、「間違い」だ。

小泉改革すらきちんと理解せず、私怨とワガママで潰し、時代錯誤の風潮に戻して日本をストップさせてしまう。

バカばかりだ。

バカに、ネクストをやらせては、いけない。

ネクストをやる前に、ビフォアの改善、セカンドフェーズをきっちりやり直しさせなくては。
手順が違うのだ。

SE脳が根付かなくてバカばかりの農村と農村生まれ議員。
「手順」というものを知らない無能な全身分の国民に、明日は作れない。
なんでもかんでも従来どおり、それでいま世間がどんな悲惨なことになってるか!

だから

「滅びるよ」

と、

何度も
何度も

申し上げているのに。

なんのために、おれに神仏を宿らせ、「未来候補図」を多数透視させてきたのか。
やらせたのが皇室にせよ、創価にせよ。

せっかく育てたものを、今度は信用せず、潰してしまう。

あんたらはことごとくチグハグだ。


頭悪いし、時代の先を行けないし、日本は国家としてはもう終わった。

大企業は外国へ本拠を移すだろう。国内企業は潰れたり干上がるだろう。
なんでもかんでも外国からの輸入に依存し、人材すら外国人だらけに。
国が苦しくなればなるほど、権威や権力は威張り散らし、弾圧や軍事を好むだろう。北のように。露のように。

悪循環。貧困ビジネス。

/21

悪党どもは、

「独自の霊的技術」

に、身を染めている。
霊波テレパシーで皆が連携し、連動し、情報共有し、伝言し、

霊波は、徐々に体に蓄積されてくる。
悪党の不快な気配、威圧感を感じれば感じるほど、蓄積されてゆく。
呑まれてゆく、という感覚で、それはわかる。

だからいあいつらは「ほほう、段々聞こえるようになってきたか」
などという文言をよくする。

悪党の気配に染まってくるほど、自分も粗野になるし、相手のテレパシーも通じやすくなってしまう。

対極は、神の気配だ。神社のうち、霊験を放っている一部の。
身をそれで清めた後は、周囲にさほどやかましくテレパシーがひびくこともなく、心も穏やか、周囲の人もおっかなそうにしなくなり。

・・・かなり核心に近いことを書いているので、近隣の工作員世帯から、念術で威嚇された。心臓付近がうねるようにいじくられた。



相変わらず、
自分のネガティブ部分ばかり、
誇張気味に、
流布されている。

政府支配系統が、古来より安直にやってきた手法そのまんまだ。

陰陽善悪すべてがありのまま脚色なしに流布されていたら、

・悪意や不満をぶつけてくる人間と同じ数だけ、
・謝意をむけてくる人間もまたいなくてはおかしい。

大体、おれを知らない人間が、おれの気配を感じただけで、いきなり興奮気味にあやつられ、野次りだす。
あれは突発性の病気であって、普通ではない。

個人が自分の意思でしっかりと意見をした、とは到底いえない。
なぜなら、彼らに問うと例外なく「なんだろ、しらないなあ」などとばつが悪そうだ。
確信などない。単に頭に浮かぶまま喋っただけのロボット的行為。

おれから手柄や利益は盗み取り、
面倒や不平不満だけ押し付けて、

逃げた本当の悪党がいる。政官財業暴宗外国、そういった上層の連中であり、徒党だ。

個人が、個人の力や意思だけで、何でもかんでもこなせるものか。
できるのは助力があるからであり、
・わるいやつの場合、上記のように卑怯なことを仕組み、逃げる。
・普通かいいやつの場合:双方が向上する、利益を得る、ように工夫する。

まんま、地域社会、血縁、友人、そのまんまだよ。悪いやつと組むとろくなことはないんだ。
おれの過去5年間がそうだ。持ち逃げと押し付けばかりに押しつぶされ、いいことなどなかった。

いまもたまに、自宅にいると、テレパシーが飛んでくる、「仕事をしろ」と。
やくざとまで断定は出来ないが、悪事が好きなプロ組織が、
「タダ働きで、世の中を好き放題操り、上納金を出せ」みたいな要求をしてきている。

どうせ、おれのアイデアで儲けが出た企業のところへタカリに行き、しこたまフンダクッテいるんだろう。
おれのところには、一度も一銭も持ってきたことないけど。
いわばパシリだ、これ以上関わる義理はない。おれが得をせず、結局は社会も得をしない。貧困ビジネス、ユスリタカリだから。


おれ自身がきちんと対価をもらう仕事なりプロジェクト。
これ以外には手をつけない、

・・・位のことをしないと結局は、
社会全体が、不幸を引きずる。表裏の裏、不正だの悪事だの隠蔽だの水面下だの、そんなのばかりだ。

「私の提供したアイデアで成功した会社には、指定口座へ利益の1%を振り込む」、くらいはね。
当然、コミック本の版権収入みたいに、製品が売れてる限りは、振り込まれ続けるわけで。

当然、自分の資産は自分自身で管理する。
いま現在、誰にもそんなことは委託してないから、
もし、勝手に「彼の預かり資産です」とか言ってるやつがいたら、詐欺師だな。

政治も、製品開発も、ヤバイ話、もめる話、無縁ではいられない。
だからこそ、報酬はきちっとしないとな。いつでも表ざたに出来るように。
1億もらって9000万円寄付しようがそれはおれの勝手であり、
おれに一銭も渡さず勝手に運用するとか、そういうのは違うだろう。


こんなおれのアイデアを、ただでもらうならともかく、買うのはいやだと、
国内外の政財界が手を引き、
国内外がガラリと変容し、
もし凋落や時代逆行に歯止めがかからなくても、
ましてやもっとうまくいってしまっても(これは難しい、各状況を鑑みてもな)

知ったこっちゃないのである。

私利私欲が横行するだろう。
統制が取れないだろう。
かくして没落は加速する。

日本は、リーダーの登場を、拒んだのだから。ごく限られた勢力の仕業だとか、関係なく。

わるいモラリスト勢力を、数多く見てきた。数年前、劣勢の野党や、マスコミが、力を増すように働きかけたから。
彼らは何でもかんでも暴き、晒し、退治しようとする。
それは公明創価や、海外キリシタンが、やっていることと同じだ。

つるし上げは、悪であり、ネガティブであり、世の中が荒み、民の人心に悪魔が宿る燃料となる。

ココロに影が宿るような行為は、なるべく、慎まねばならない。
ほがらかが目立つ世間は、向上してゆくものと思う。

/22


外を歩くのも危険になった。

べつに誰も何もやっては来ないが、
「気配」が多数襲ってくる。そりゃもう矢が降ってくるように。へたに屋外にいられない。
だがまるでお役所仕事みたいに、おおよそ16時になると沈静化するのだ。

そう、「リアル鬼ごっこ」は、実在する。映 画化されたのは、警鐘のためだろう。

政府要人が気に入らない人物が、電撃を落とされる。社会追放を受けたり、あらゆる妨害や嫌がらせを受ける。

どんどん追い込み、どんどん悪事をけしかけ、虚実ない交ぜに悪評をばら撒き、気づけば様々な面倒が増えて重荷になっている。
まるきり、米国のテロリスト育成の手口と同一だ。

結局、おれが悪人扱いされ、迫害される、そうシナリオが出来上がっている。
2002年からずっと。
あの当時、おれになんの罪状があったというのか。「まず悪と決め付けありき」。

日本終わった。世界も終わった。もうまともで正気の人間なんて残ってはいない。
残っていれば迫害される。みな宇宙人かなにかに操られ、「ボーグ」になってしまった。

ボーグ:スタートレックに出てくる、機械化され操られるようになってしまった人類


きのうの「いやな予感」は、当たってしまった。
http://kasumin7.web.fc2.com/m0801.html#21-1
 ・・・さて、これだけ書いたからには、明日が怖い。

朝一番からして、
おれの後ろに金髪交じりのゴロツキ社員が張り付き、強烈な気配で威嚇し、
「ふざけんじゃねえ」などと小声で凄み、
おれはいいとしても周囲の人間たちがビビってこっち向いてた。
どこにでも右傾だのやくざと通じているやつはいる。それらがテレパシーネットワークでひとつになっている。

 ◇

よる帰宅すると、マウンテンバイクが盗まれていたので通報。
12時間の間に。
しかも、放置された自転車は他に3台もあるのに、これだけ盗まれている。

つい先月、バイクのシートを、表で唸っている男にカッターで切られて逃げられ通報したばかり。

そしておれが出かけるようになったのはまだ先週末のこと。
おれの在不在をよく知っているのは、隣室の村田と、西向かいの石井家くらいだ。
どちらも念術を通じては常に監視している。
村田は常時プレッシャーをかけてくる、
石井はおれが出るときと帰ってきたとき、気配を感じたら玄関に飛び出してくる。

近所が犯行に関与しているのを感じる。カルトで水面下な、組織がかった関与。

きた警察も妙なことを言う。
「銀?灰色でしょ、銀はもっとキレイだ」
とか、
「郷に入らば郷に従えですかね」
とか、
人をある種の容疑者扱いにする、巷の一般人と同じような「洗脳がかった、風のうわさを信じ込んでる」そういう。

ま、のろわれているおれの私物を盗むやつは必ず呪われる。
無事帰宅できたかどうか。大変なアクシデントに見舞われなければよいが・・・

で、これは16年前の再現でもある。
ということは、盗品は必ず発見されるということであり、犯人さえ特定できてしまうということだ。

/23

きょうも職場のゴロツキどもに脅されまくり、プレッシャーをかけられ まくり、ひどいものだった。
みな、ひと目で右傾やくざの類とわかる連中だ。他は無反応か、従属的に操られるだけである。
「エルボー 刺す まだ生きてんのかてめえ」
など、物騒な文言が散発する。用もないのによその部署からやってきては、背後でそのように話すのだ。


ブログで書くべきと思ったことを書いて何が悪い。
「体の傷を減らすために口を閉じる愚行で、むしろ死ぬほど苦しくなる」ことを散々経験してきた。数十年にわたり。


さて、
政府や政治系の情報工作では、一定のマニュアル化されたパターンがある。
あまり複雑ではない。誰でもやられていればすぐ覚えてしまう程度。

http://www.amakiblog.com/archives/2008/01/post_479.html

この元官僚もまた、そのパターンを踏んで、このように書く。
誹謗中傷ノウハウのひとつだ。
組織力を大量動員して散々追い込み、職を奪い、家族も暗殺し、

その上で、
自宅篭城しか出来ないように仕組みながら、「こいつは働かない、ひきこもりだ」などと右翼筋や公安筋ににワーワー騒がせる。

5年前、実家で追い出し合戦をやるように仕組まれていた時期も、家族に散々そのように罵られていた。
彼らは洗脳され、ものすごい気配を発し、様子が普通でなく、白目を向いて何かに取り憑かれた、あるいはやくざにでも操られたような、そういう。

悪魔が世の中を包もうとしているのである。
だまされてはいけないし、誘いに乗るべきではない。

あの「気配」に染まるほど、普及するほど、人間が人間でなくなっ てゆく。

天木直人が信用ならなかったのは、ブログを見かけるようになった当初からずっとだ。
文言が、普通じゃない。だが工作員のシンプルなアルゴリズムそのものであった。

元官僚に、純粋に正義だけで生きる人間などいないのだろう。どっかで政府と通じている。
なにせ、ただの一般庶民でさえ、そういうのが大勢いるのだから。

かくして日本は下り坂を転げ落ちてゆく。その自らの特殊性に勝てない。土レンガが朽ちて崩れるような。

おれはなまじのえらいさんより多くを知った。いや、政府政治系の諜報工作に乗せられて、知らされた。詰め込まれたといっていい。
だから日本に希望など持てず、はやく海外移住したくてたまらん。理由は多くの人間が感じている、「日本はここがダメだ」の通りである。

筋金入りとはよく言ったものだ。ガチガチ、ダイヤより硬い。サンポールでも溶けない。それが日本。
いくらジジイ世代が強くても威勢良くても、そういう時代ではない。それで勝てる時代ではない。勝ちに行かなきゃ落ちぶれる時代。

おそらく、このままでは、日本はサボタージュを受け、放棄されるだろう。未来の世代 に。

 ◇

おれは、「ひきこもり」なる、実態のない虚像を 吹聴する連中が許せない。

盛んにそれを宣伝し、問題視させるように働きかける、政府の世論誘導、情報操作が許せない。

社会が、政府や裏で通じてるゴロ組織が、盛んに国民を監視し、敵 意を持って襲い掛かってくるのは明白だ。

失われた十年、どれだけの会社員が、リストラと称する政府による暗殺で殺されたか。何万人では利くまい。

逃げ場がないくらい、やくざが右翼が創価学会が襲い掛かってくる。追い掛け回す。
それが日本の実態だ。

だからこそ彼らは。

政府ややくざが右翼が創価学会が、国民を追いかけて追い詰める犯人で あるから、
追いかけられる側だけが、問題であると

すりかえたいに過ぎない。ことの本質を。

公安も自衛隊もやくざも右翼も左翼もカルト宗教もその配下のグレーな連中も、
すべて絡んでいることも、表も裏もすべて知っている。

全体を通し見て知っているからこそ、
おれはことの本質を捻じ曲げず、本当の敵を倒したい。

それはつまり、魔女狩り方式で、政府に都合よい国民だけを生かそう、ほかは殺そう、
そういう「網」を燃やしてしまうことと、従業員を解雇して食い扶持をなくさせることだ。

悪事に食い扶持があるから維持される。解散させればいい。

ひきこもりとかいう概念に押し込められた中にも、千差万別がいるだろう。

あんちょくな学生時代の、
やや深刻な新卒入社以降の、
ベテラン中堅になってからもリストラや難問で、
政治的弾圧で追い込まれ干され、

それらすべてが、ひとくくりにされるのがそもそも、おかしい。

これは自公政権のしわざといっていい。
小泉以降、魔女狩り政策をしいて、不審死が相次いだのだから。永岡議員も死んだ。松岡農相も死んだ。

その意味でも、民主政権は誕生の意義がある。

 政府と裏社会による追い込み:集 団ストーカー
 自宅に殺傷性電磁波が打ち込まれる:電 磁波攻撃

あるいみ、天木直人もまた、集団ストーカーの一員でもある、ということか。


この私の日記を数日分遡って見てもわかるだろう。

ブログで政権に意見をしただけで、電磁波が強く打ち込まれ、
翌日のアルバイト現場では、ゴロツキが殺気だって脅しを強めてくる。日次で変動するのだ。ものすごい諜報軍隊だ。

これが「ひきこもり」なる、実態のあやふやで、定義自体が誤っている、存在を作り出している元凶の、ひとつだ。

理由がなくて、三十六計逃げるにしかずを実行する動物はいない。人間とて同じだ。

それだけ、社会、国のほうから、脅威にわざわざなっている、軍 隊が市民に射撃している、ということだ。
なぜか警官や自衛権に混じって右翼やカルト信者も混じっているが。

友人とか、上司とか、ささいなもんが「逃避」の発端の人も居るだろう。
だが弾圧、職場を追い出され家族を殺されるこ とも含め、この犠牲者も また、少なくはない。

「次は妹を殺す」、公安や右翼ゴロツキにそう脅された回数は十や二十ではない。

/24

昨晩はひどかった。ブログ記事への、報復、弾圧である。

一晩中、心臓ノッキングの電気ショック攻撃。
淡いびりびり電撃も常時続く。常に半分目が覚めていた。

寝れたと思えば5時にまた電撃再開。老人である証。近所で起きてるのは北隣岡田だけだ。
「岡田じゃない、石井だ!」と寝ているおれにテレパシーで力説する、工作員。

朝出かけるとき「そうだよねー石井は大変なヤツだわ」とにこやかにバカにしてくる、テレパシー越しに。
石井家当人が誇っているのか、岡田家が騙したから悦に入ってるのか。


きょうのブログを書いていると、近 所の自治会役員、19時過ぎてるのに隣室のドアを叩いていた。まずめったにこないのだが。
つまり、ブログに「アポ取りに来い」書いたから、来たのだろう。マルヤにいた工作員ババアと、近所のババアと、通じているのだ。

帰り際にしわがれた声で「ったくなんでもかんでも喋っちまいやがって」

それくらい、地域ぐるみで、日常を監視されている。
テレパシーごしか。カメラやマイクなど機械がどれくらい導入されてるかは知らんが。
石井、関根、古田、菊池、岡田、小沢、岡田荘の住人、まだまだいる。

この蓮田にはまったくいい思い出がない。
結城の時より、確実に日々のストレスやダメージは増えて、健康被害は倍増し、老けて、弱って。

仲間などいるはずがない。せいぜい、「タダ働きを強制する悪の教団」みたいなロクでもない勢力だけだろう。
おれを何年もマンネリ地獄へ落とし続けた、根っから悪で、水面下カルトな連中。

蓮田を離れない限り、抜本的な人生改善はない。

おれが変われば世界が変わる。
おれがよくなれば世界もよくなる。
Win−Win、互助が互助を呼ぶのだ。

おれを追い込んで、世界まで追い込むはめになったって、しょうがない。
Lose−Loseで下り坂を堕ちてゆくだけ。

次はどこに住むのだろう。今より遥かに住みよいのは必須だ。戸建でないと意味がない。壁の向こう隣に工作員がいるのは困る。
地方か、あんがい都会か、はてまたシドニーやNYか。

 ◇

昨日の天木に関して。

http://www.amakiblog.com/archives/2008/01/post_480.html

塩を送る、などと書いて、事実上、公安政府筋の工作員であることを認めたようなものだな。

元官僚は一生官僚で政府の一員である。
元やくざがやくざといつまでもつうじているような?


/25

せっかくのチャンスを手放すな、という説得を繰り返され、
数日後のNHK教育で、庭の柿を独り占めする醜い爺さんの話が放映される。

政争とは、運命操作魔術が絡み、いつもこのようである。
いばら姫、対立する魔女たちの言葉の掛け合い。


きょうのアルバイト現場もひどかった。
いわば、右傾の連中の癇に障る発言があったのだろう。
それ以前に、いつもいつも、いやがらせ、脅し、追い出そうと躍起ではあるがな。
出版系物流の現場もまた、3割くらいは右傾ゴロツキで占められている。
「ゆっくりじわじわ殺してやる」
などと裏でささやかれる。みるからに目が据わった右翼ハゲジジイが、用もないのにやってきては、すごんで萎縮させ皆の作業の邪魔をする。

帰りにミニストップへ寄れば、買おうと思ってたえびマンだけ、ない。(ああ、またこの嫌がらせか・・・)という思いが。
先月も711でやられたけど。
ニセ店員だの、買い占めて売り切れにするだの、店や会社すら操るか脅すかして私物化してしまう。

近くのスーパーへゆけば、買おうと思ってた豚肉の前でやくざ夫婦が待ち伏せている。
なにもしない。買い物すらしない。ただぶすっとしてショーケースの前に立って邪魔するだけ。
亭主に耳打ちする金髪も金髪の妻。
ほかにも、ヤンキー数名だの、ドラゴン刺繍のジャンバーきた幼児連れのジジイ、農家の帽子ジジイ、
みな、与党系とか、公安系とか、そういう感じで一気に集合してきたようだ。

日本は自らの意思で終わってゆくなあ、と再確認。
意地だの面子だので、救世主を滅ぼした国があったけれど、ああいう。
救う若者を滅ぼし、大国の”人間ラジコンデンパ”に操られるがままに、
「何も考えるな、何も書くな」
と、政府がやくざを使って脅し、潰すのだ。

何も考えなければバカになるに決まっている。
かくして若年ほど徐々に製造などのセンスが欠落してきている。
絵ばかりどんどんきれいになって、中身がどんどん質低下しているドラマやアニメ、みたいな。

日本の支配のためとか言って、結局は日本を滅ぼしかけている。わかってるだろうに、目先のためにやめようとはしない。


おれにゃーかんけーねー
しぬのが明日だろうが30年後だろうが、終わった人生だし。毎日毎日やくざや右翼と小競り合い、生きてる限り続く。

 ◇


そろそろ家賃も払い込まねば、と思いながら帰ると、数分前のタイムスタンプで大家から催促のメールが来ている。このパターン、もう3度目だ。

つまり、そういうことだ。

右翼や公安に、密かに牢獄として使用されているような物件が、
大家が何も知らないわけがないのだ。

じっさい、10年前住んでた戸田のアパートで隣接するボロアパート、勝手にホームレスが住み込んでいた。
勝手に住み込むはずがない。大家も結託し、
この勝手に住んでる住人がオレのアパートのゴミ捨て場に大量のビール缶を捨てるように、工作に加担したのだ。

住人も住人なら、
近所も近所なら、
大家も大家。

テレパシーだのサイコキネシスが流行しようが、むしろ日本は多数決によって変化を拒み、没落を突き進んでる。
それが現実だ。どんなすばらしいツールでも、使いこなさない、有用しない、では無意味だ。逆効果。

スパイだの監視だの追い込みばかり流行する。
経済が冷え込んでもみな気にもしていない。

恐慌とかいった意味で、おそろしい時がやってくる。それはたぶん今年中に。

/26


自室にいると常時心臓がチクチクする。次第に緊縛が硬化となり進行する。いずれ心筋梗塞だろう。

昨晩も、””電磁波地獄””であった。ロクに眠れやしない。
当然、ブログで政治発言をしたからだ。やつらも逐一チェックしているわけだ。

同時にテレパシー疎通も強化され、その声では石井家を名乗っている。
だがこの近所は多くがグルだ。たらい回しを狙ったウソと見るべきだろう。

北隣 岡田家
西向い石井家
南向いグリーンハイツ公明
東隣 小沢家
ほか数軒

囲むように。

露骨な工作員性を隠さないのは、特に石井家と岡田家だ。

 ◇

おれを敵視する側に、インテリや都市層や中流層は少ない。
部落とか低学歴系の、右傾やカルトなど組織を通じて追い込み暗殺に 走っている連中と、性根の汚い上流階級と。

賢明な善良な比較的まともな暮らしをしている市民の多くは、知らぬままか、シンパシーの側のようだ。

組織に属すると上下問わず腐る。都心部でも結城の一大部落でも集金めぐりしたし、それはある程度わかっている。
ここは温厚で素直だ。カルトで目が三角な組織が、すべて腐らせる。

まともじゃないのは、底辺身分の目が三角な世帯と、私利私欲に取り憑かれ悪魔に魂を握られてる上流層だけなのだろう。
少数カルトのシンジケート。

きょうも、朝には誤解と思い込みだらけで、「アホだ無能だ自分勝手だ」おれを罵倒す るばかりだった人間が、
夕方には「板ばさみで方々かけずりまわって折衝して、たいへんだねえ」と理解を示し た

そんなものだ。
理にかなっているのだから、実情を知れば、気が変わる。

経済、政治、製品開発、企業経営、国家戦略、娯楽、格差や地域の活性、
どれもこれも、話が通じることしか、いわない。

眉間にしわを寄せているのは、自分らのボスやお抱えの人物に「先生」とつけば

 逆らったり意見をする=絶対悪

と決め付ける頭の悪さで、大人数で畳み掛けるように追い回したり仕事や生活を奪う、

まさに日本を泥棒山賊国家にしてしまうような、昭和以前の古い人間たちだけだ。
よって、農村や下町部落の、じじいばばあが実に多い。ついで、そうした貧しい地域でごろつきになった者たちだ。
彼らにとっての日本はいまだ、選挙だけが万能で、ナントカ先生、ばんざーい!なのだ。他を知らない。

日本の抱える膿は大きい。
だがだからこそ、是正、解消を、ついに、踏み切るしかないのだ。
裏のやくざを利用しすぎて巨大化され抑えきれなくなった表の政官財、などという構図も含めて。

Win-Win・・・痛み分けも含め、各々の利益配分は考慮してゆく。
当然だ。伊達にこの5年間「ひとり政府ごっこ」で頭を鍛えてきたわけではない。政官財業暴宗軍すべてが回っていた。

近頃、官僚任せの福田政権になってから、霞ヶ関がおれにたいして無茶な弾圧を欠かさなくなってきたのは、
いわば「ハウルの動く城」だからだ。
老いた魔女が「これはあげないよお・・・・あたしんだよぉ!!!」
あのシーンが、すべてだ。取られる、追い出される、そういう”怖れ”の方向へ考えている。

そうではない。

確かに利益や権限は「再分配」で失ったり目減りする可能性がある。
だが、生物である限り、一番幸福を感じるのは、「心」だ。

小泉政権のように、蹂躙しギスギスさせ奪うだけ奪っても、だれも幸せにはならず、長続きもしない。
それはやくざ的であり、貧困からさらにむしりとる「貧困ビジネス」
Lose-Loseである。負けが負けを呼び連鎖する。落ち目の人間に自分まで引きずられてゆく、アレ。

利益ではなく、体感的、精神的な、幸福が満ちる、最大公約数的に。

大半の国民が「ああ、やってみてよかったね」
と、自然に口から出てくる、そういうカスタマイズがしたいだけなのだ。
改革、改善、再建、改造・・・・語句などどうでもいい。

小泉は武力と畏怖に任せて、壊すだけだった。
きょうも言われたよ朝一番で「あいつは、壊すだけ壊したから。いまでもしつっこくやじられるんだ、な?」「なー」
だが、夕方には、それが誤解であるとそいつらは理解したんだ。

(こいつは、破壊と再生と両方セットでやるつもりらしい)

という、貫徹性を、本能的に感じ取ったのだろう。

小泉竹中がやった破壊は、
小泉竹中に再生させねば、

無理だ。システムを作った連中にしか、同じレベルではやれない。

人やカネや大手の協力姿勢などが集まらないし、どこかで食い違う。
原作は同じでも、監督やスタッフが変わって、別物になったドラマ、アニメのように。

だが、

自民小泉では、再生改革は、「不可能」
野党や民業から政権と官庁へ多数合流せねば、「不可能」

ゆえの大連立、再編。

みんなでこの国をあるべき姿へ変えよう、という一大事業である。
そこに私利をはさんだり、損が出るからいやだと言ったり、というのはどうも「従来的」で、””違う””のだよな。

誰だって医療費はゼロがいい。痛い治療など受けたくない。
だが、受けねば命に関わるならば。

・・・日本という生き物は、瀕死であろう?


いつ、「逆襲のシャア」のラストシーンくらい、
日本一致、世界一致で、決死の変革を遂行しようとするのか・・・・

必死さのない全体主義に、成功なし。
上から下まで、尻に火がつかなくては、出来ないこともある。

サブプライムショックでは、まだ落下するアクシズではないというのか。
いや、日本人はきっと、上空にアクシズが大きく迫ってきても、対岸の火事とおもい、ぼーっと眺めているかもな。「どーせチベットにでも落ちるべ」

手遅れにならぬことを切に祈る。


・・・まあ、先ほどのたとえ、「ハウルの動く城」の魔女婆さん、
心をほぐしたのは、あげてもいいやと心を開かせたのは、女性の優しい気遣いだった。ここがヒントかもしれない。

「北風と、太陽」

親父の出番は控えめに、
いまにお袋の出番を増やすか、なのだろうか。

田島とか辻元じゃダメだぞ???wwww

だからその意味では、妻であるひらりさんが大統領であるのはマッチしていると思う。
小浜さんは、その次の大統領になればいい。若い連中がいっぱいついてくる。

 ◇

朝一番、テレパシー越しに聞こえてきたため息
「だから2ちゃんだけはやめとけっていうたのに、あの福田老人どもは、前任からなにも教わってなかったのか・・・」
そうだよなあ、などと同意交じりにため息。いきなりセカンドライフだもの、実情も何もわかってないよな。

 ◇

ややこしく、わかりづらい。

お役所仕事が、庶民に理解させぬために、恒常的にやっているパターンだ。

今ならわかる。
おれは小泉時代、政権と官庁の影響下にあったことが。
意識が、思想信条が、一体化していたようなところがあった。
いわば、意識で繋がるSOHO大臣、とでもいうような。

いままさに「スーパーの女」だ。伊丹監督の。

テレパシーでの、
疎通、
民や社会の遠隔操作つまり支配、

様々な機能が、
ややこしい、
つかいづらい、
わかんない、

のは、お役所で使われてきた要素が強いから、なのだろう。
コソコソと民をテレパシーで思うままに操り、「日本人」という統一像へ、知らず知らずのうちに、あてはめてゆく。
なかなか民がまとまらなかったころは、それでよかったのだろう、いまカビがはえてきた数々の政策や法整備と同じで。

いまや、もっと合理的でわかりやすいものでいい。
民間が開発する、ファミコンやウォークマンや最近ではipodのような。

だが、クリティカルである。
支配だの中央官庁のレベルのシステムを、そうそう誰にでも開放していいはずがない。

セキュアポリシーの策定。
やはり現代の、「勝てるシステム」作りは、ITエンジニアの頭脳が役に立つ。

支配がいかにも支配であった20世紀までの役所頭脳では、もう限界だろう。
明治から学んできたレベルでは、
国際社会に渡り合う、グローバリズムを受容しつつ咀嚼する、
どちらも無理だ。次第に国際的孤立し、無能無策を露呈し続ける。

政治家政権はじゃあ有能か、違う。
政権も機敏で適格な指示が出せないほど機能低下、
役所も同様に退化。

民業や個人を侮るなかれ。すべてはシナジーへと。

ゲンダイ
 戦前の言論封殺と同じだ。
 衆院厚生労働委員会の茂木敏充委員長(自民党)が、職権 で勝手に議事録の発言を一部削除していた。
 削除したのはミスター年金こと長妻昭議員(民主党)の発言……
 「与党は一度でも不祥事を追及したことがあるの か」。
 これを「不適切」と削除させたというのだが、永田町では「ミスター年金への嫌がらせじゃないのか」といううがった見方もある。


小泉が以前よりもっと垣根を飛び越え、羽目を外せば
「うーん、ミスター年金なんだから、ぜひ厚生労働大臣をやっていただきたい、おれの後輩だ(www」
と、くるだろうに・・・

小泉と麻生は使いようだ。とおもうよ?

 ◇

[ 件名 ]
テレパシーストーカーについて

[ 本文(大) ]
プログ読みました。同じ経験があります。常に陰湿かつ悪質にテレパシーでストカーされています。突如起こりましたが非常に幼稚でやり方が汚いです。相談にのってください。
緊急です。宜しくお願いします。

とかいうメールが来たのだが、フリーのメアド渡されてもねえ。ここで返答するんじゃなんでだめなんだ?

/27

夜のスーパーとコンビニ、いずれも右傾部落と思しきが飛んできた。
銀の軽、ワゴンRなど、こればかりが集まってる711.
用もないのにガラ悪い兄ちゃんが駐車場でタバコふかしている。威圧感を撒き に着ている。

日本の病をまさに見ている。「進ませない病」
斜陽の国のセオリーを。

威圧されると、その敵対勢力とのチャネリング、テレパシー疎通がしばらくの間、強まってしまう。相手の敵意を体に宿してしまうためだ。
いわゆる思 考盗聴がされやすくなる。
対極の、温情や励ましなどが遠のく。心の牢獄である。


以前は、不自然に支持されすぎていた。
いまは、不自然に敵視や罪人扱いされすぎている。

すべては、国を覆う広域デンパ、テレパシー波による、広域洗脳による作用だ。
国民がラジコンにされるシーンが、増えているということだ。

騙されていた、という「扇動」もまた、洗脳。
扇動がすべてを操ろうとする。自分で考える、疑う、心を失わぬことだ。

 ◇

最近は、岩槻警察署の動きがおかしくなった。福田政権になり、官庁役所方面の態度が、ナメてきている。復活した復権した横柄な態度、というような。
黒浜中学校のひ どい態度も、その一部だ。教委のいうことしかきかない、という、どこかおびえたような態度。

自転車盗難でやってきた警官、ナメた態度、ツボシマだそうだが、ツボとは2ちゃんねるを表す言葉だ。
西村、ツボ、などというキーワードを提示する、こちらをなめている、どちらもよくないサイン。

無遠慮に、上がりこみたがる。あれこれ文句をつけて、テーブルで書きたいとかナントカ、あがりこまれてしまう。
で、後日、記載不備とか言って、またこようとする。
当日、110番が入ったんで遅れるが、いきますからと電話があり、
数分後に別の警官から電話で、やはり現場が押してるんでいけなくなりました、また数日後電話しますという。

変だ。不審だ。癇に障る。
警察と、自転車泥棒と、この近所の監視弾圧工作員と、グルな、連動している、そんな気配がする。
特に北隣岡田、西向かい石井とその南向かいの関根、そしておなじアパートの住人2世帯に、大家も。

弾圧のためには国家機能も私物化する、悪党にだってなる、泥棒国家にも、ギャング国家にもしてしまう、
タチの悪い洗脳が、中枢を狂わせている、いまのところ、歯止めはかけられそうにない。

内情も、外因も、最悪だ、日本は。正気さえ維持でいている人間が非常に少ない。
強烈な常時洗脳、つねに遠隔監視されつつ、例外を発見されるとその意思が封じられたり、捻じ曲げられてしまう。

何度も何度もくどいくらい、強く感じていて、言いたいことを言うが、

現状、各勢力が、好き勝手に青写真を描き、振舞いすぎる嫌いがある。
こんなでは、誰がすげ変わって押し付けられようが、何も変わるまい。変わるまいと弾圧する側の青写真どおりにすら、なるまい。

ダメなプロジェクトはダメのままだ。だからSIerはSEを総動員して、プロジェクトの改善に血眼になるのだから。
その改善も、「政界だから、お役所だから、暴力を振るいます、命を狙います」、と来るのでは、実現しようがない。
陥落間際、崩壊間際、あやうい日本よ、誰の青写真にも染まれず、半端や迷走を続けながら、どこへ行く・・・?

ゲンダイネットにも、天木直人にも、誰にもメシアは出来ない。他人の文句を言う立場に甘んじるだけ。
しようとすれば潰され、なんの援護も期待できないのでは、なり手が現れないし、なろうとする人間がいても一線が残らない。

放送がオンデマンドになるとか、航空運賃が規制緩和されるとか、小手先などどうでもいいのだ。
数年後か数ヵ月後の亡国を乗り切るほどのインパクトがないし、インパクトを起こそうという気概も感じられない。

なぜタイゾーもムネオもメールフォームを開放しておかないのか。ヤル気を謳いながらヤル気のなさをアピールしてはいまいか。
畜生、やはり滅亡鎮火要因ばかり目立つ。同人的、身内の自己満足自画自賛の要因ばかりで、これという大物、真打、抜本対策が、ない。
改革してこその保守である。保守だけやろうとするからむしろ、敵国の思惑にはまるのだ。敵国がわざわざ援助してくる。

なぜそれがわからん??両翼、マルチであることの大切さが。時代を受け入れ、進もうとすることの大事さが。

お前の言うことがわからん、とぼやかれる。右傾工作員に伝言されて。
ほとんどはエリート、中高年の。それくらい、若手の新しめの発想が理解できないほど、世代間の隔絶、進んでいる。デジタルディバイドなどがそうだ。

広域洗脳は、精密に個々の国民の脳を操り、意思疎通の妨害を試みる。
だから、お互いが理解できない傾向が強まるし、憎しみあうことは煽られる。空気が人を支配し、操る。たぶん日本製ではない空気が。KY必須。
真の敵には目が向かず、身内同士の内戦ばかりが散発し、事態は進まない。

 

http://www.m-kiuchi.com/blog/

この辺を読んでいると、
小泉改革の矛盾は確かに突いているけれど、(そりゃ、誰の目にも明らかで露骨だったし)
むしろ地方農村の事情に傾倒しすぎている、チグハグもまた、感じる。左派で国民重視ならいい、というのは理想論で、危険だ。

地方を優先しすぎたら、国政が破綻する。
外科治療、いたい治療もしなくてはいけない病人、日本。末期。
改革も保守も各地の実情に合わせてやらなきゃしょうがない。いまや保守リベラルなる合体系があるように。

完璧な個人も組織もない。

小泉改革が米寄りの悪だから、改革はみんな悪だ、という時点で、
いくら郵政民営化について勉強したといわれても、納得はできな い。

ならば、現政権官庁コンビの、時代遅れ政策の数々はイイと言うのか。

時代逆行で経済無策で、いいというのか。
プランを出せるのか、ゼヒ出してほしいものだ。ネタはいくらあってもよい。

世界的に、【製造>IT>マネー】、の順で商売のネタは進化してきている。
マネーをただ否定し、敵視し、追い出すのはいい。
ならば、異なる、独自の、経済政策のプランを打ち出さねば、政治家とはいえない。
ただ、「日本らしく戻ろう、日本人らしくあろう」、では、根性論で飢えなさいといっているのと同じ。戦前回帰に近い。

経済大国だったのだ。
経済を捨てる、放棄する = 落ちぶれるか、破滅するというこ と。
予算は、企業の稼ぎのネタは、どうするんだ。どうにもならなくなる。

矢祭町のように、純粋に意義ある改革だって出来るのだ。
改革全否定はむしろ有害ではないか、時代遅れが裏 目に出ている国では。

http://kasumin7.web.fc2.com/m0801.html#27-2
 商店街のクーポン券が、銀行小切手に変換され、
 税金や水道料を払うことが出来る、官民協業。

 総務省が圧力をかけにきても、無視して合併しなかったり。
 当初は財源のアテなどまるでなかったり。

 廃棄処分の書籍を集めて図書館、
 清掃や庶務のパートを解雇、
 職人報酬3割カット、エアコンは停止。
 365日ローテーション営業。

 これが全国に普及したら、(意識改革という意味で)
 日本はすごいことになる。過疎の市町村だぞ????

 必至で続投を嘆願されてる。根本町長が。
 いつも町民の人だかり。必至で嘆願され、涙交じりで慰労される。

共存共栄ということは福田総理のように方々の話を聞きいれて、事態が進まぬ衆参ねじれ国会ということだ。
ますます取り残される。一流に返り咲くチャンスは遠のく。経済立国が経済を失えば土台が崩れる。


おれは右翼系統に、きうち実の名をにおわされながら、弾圧され、威圧されたことが何度かある。
しょせん自民党の手先、暴力も振るう欺瞞の徒、という印象がある。決して第三者による印象操作、でもあるまいて。

弾圧と、経済放棄、両翼で衰退へ自らまっしぐら、 だと思うのだが。みな萎縮し、干上がり、根性論と理想論ばかり口にしてしのぐ。

どんな人間でも、いいところと悪いところが混じっている。その典型を見ている気はする。
だが、そんな人物が、やはり良悪両方あるおれを、自民党と右翼の系統で弾圧するのなら、

しれた人物だ。そんな人物に政治家をやってほしくはない。


http://www.m-kiuchi.com/2008/01/25/ohayougozaimasu/
 現在ダボス会議が開催されているが、サブプライムローン問題を巡って議論が展開 されている。
 今年から世界経済が大きな転換点を迎えるであろう。

ここまでよし。

 実体経済からかけ離れた行き過ぎたマネーゲームに歯止めがかかり、

これはどうかな、製造とIT以降の欧米の主力はマネーだから。

 また日本へのさまざまなつけまわしに対しても見直しがはかられるであろう。

つけまわしってなんだろう。意味不明。
市場価値として、パートナーとして、見放されてきてはいるけれど。

 日本を精神的(歴史・文化)に、肉体的(経済)に痛めつけ弱体化することは、
 それを画策している諸外国及び一部勢力自体の弱体化をもたらすことにようやく気 づき始めるであろう。

これもニュアンスが不明瞭。何がどう因果応報すると言いたいのかな。
いまでも自公与党はいいなりでしょう。ひとつも目覚めたり、自発的発言するようにはなってない。

 右でもない左でもないこれまでの既存の価値観を越えたうねりが少しずつであるが おきている。

流れとしてはあると思う。
だがまだ、強大な勢力だとか、右だといっては、脅され、封じ込まれる風潮が強い。昭和の悪癖そのままに。
上記の”きうち弾圧”も、その一部ではないか。守屋が毒殺されないといいなあ、などとブログに書くようでは、普通ではない。

倒れた平沼氏にも追い出された城内氏にも、様々に警鐘や忠告を送ってきた。個人の勇気ひとつでだ。
なのに結局は彼らを痛めつけたはずの自民党の筋を使い脅されるとは、ひどいものだ。
ゴロツキが勝手に名乗っただろうか?

力に頼る限り、西欧も日本も同類だと思う。だから日本へは日本なりの天罰が下り続けている、そのように思う。
なぜ毎日毎日おれは脅され、しねよしねよと言われ続けているのか。無茶苦茶にもほどがある。手順が違う。

アジア市場はまだ幼い。日本として欧米市場重視が揺るげないのは当然の処置だ。
そういうことの具体 策、マニュフェストを、きうち氏はじ め保守勢力を名乗る面々には、きちんと示していただきたい。

マネー市場の代替を示し、
世界に納得させ、ともすれば模倣される、
つまり日本が世界大国と呼ばれるくらい、冴えていると認めさせる 事業である。それを示さねばならない。
それは欧米をも模倣側に回すということだ。

さもなきゃ北朝鮮と同じになってゆくだろう。武士はくわねど高楊枝。

結局は、
・なにがなんでも改革つぶし、問答無用

という政争、弾圧の勢力が出来上がっている。
それに乗っかられては、本末転倒ではないか。

・なにがなんでもナチス的改革

という勢力と、親戚同士だよ。
私利私欲。

どちらも、矢祭町的ではない。
草の根で、利益の出ない、庶民参加、からしか、本当の改革は出来ない。
矢祭の取り組みに政官財暴宗などの利権的勢力は絡まなかったから、成功したのだろう。

逆に言えば、前矢祭町長や、町役場の職員なら、国政改革だって、 出来るということだ。
経験者だから。理想論者ではなく。

町長はプロジェクトマネージャ、
職員はプロジェクトリーダー、
庶民はプロジェクトメンバー。(強力な民兵)
みな、強いやりがいをもっていた。町長にやめないでとせがみ、自分た ちも疲れきっても満足感が残った。

キウチ氏個人からの、返答のみあり、”会議”が進行することを願う。
いま必要なのは、論客として方々が結びつくことなのだ。潰しあったって意味はない。
「本当に必要なことは?」、という答えを出す時期なのだから。

/28

昨晩の電磁波攻撃も厳しかった。
主に、熱感を感じさせる、汗がいつまでも出ている、そういう作用の。

翌朝、バイト現場。いつものように、背後から念術プレッシャーで心臓を痛めつけられる。
みなニヤニヤしている。追い込むのが、苦しんでるのを見るのが、つまり殺人が楽しくてしょうがない、という。

どいつもこいつも、狂ってしまったのだ。
いちど、狂うための洗脳を仕掛けると、抜けるのは難しい。
例外は、孤立し、組織を辞めて、郊外で落ち着いて過ごすことだが、
ほとんどの市民にとってそれは無理な話だろう。

 

またまた、きうち実氏向けに。質問主意書的に。

さっき、夕方バイトからの帰路、田園で休憩してると、自衛隊の追尾が。
陸自のカワサキC- 1輸送機2機、所沢方面からナナメに飛んできて、
俺を発見すると、
急旋回で進路を変えてまっすぐ突っ込んで来て、真上を北上していった。高度はおよそ700m。かなり大きく見える。

よくある手口だ。
官邸などへ文句のメールを出せば、小泉政権のときなら確実に翌朝にはC130輸送機がバンバン飛んできたものだ。

つまり、議員でもないきうち実氏に対して、政治発言を仕掛けたおれを弾圧しているのだ。
まあ、氏にメールを送った際のCCには国会議員も含まれるのだけど。

閑話休題

http://www.m-kiuchi.com/2008/01/26/katsudouhoukoku0125/

 改革派を名乗る既得権温存型の真の抵抗勢力(改革利権屋)

とのことですが、
あなたがたもまた、改革派と決め付けては弾圧排除つぶしにかかる、
保守派を名乗る既得権温存型の真の抵抗勢力(保守利権屋)

ではないでしょうか。
どちらも同じに見えます。

やってることがまったく一緒ですね、
松岡農相の命を奪ったり。彼は保守派の暗殺を受けましたね。
郵政反対の永岡さんは改革派に暗殺されました。ほらやっぱり同じじゃないですか。

自衛隊機など飛ばして威嚇したり、右翼を使って脅してきたり。
戦争をやれば、どちらも抵抗します。命が危ないなら、なおさらでしょう。

争いを続ける時点で、拒否しない時点で、阿呆はどちらも同じでしょう。

弟二人がやはり、脅さ れまくり、心臓や肺をいためつけられ、死んでゆきました。

あなたがたが殺したのだ。それは忘れるなかれ。
きょうのおれの心臓もまた、右翼数名からかなりプレッシャーを受け続けた結果、ビリビリしている。

http://www.m-kiuchi.com/2008/01/22/gekkannnippon2/
 私は最近、構造カイカク路線のことを、オウム真理教やイスラム原理主義をもじっ て、
 「カイカク真理教」、「カイカク原理主義」と呼ぶことにしている。
 無辜の民に「カイカク、カイカク」とお題目を唱えさせて、お布施(=国民負担) をふんだくる怪しい新興宗教と同じ手法だからである。

ここが非常に憤慨なのですが、
まず、あなたはイスラムを侮辱していますよね?
次に、オウムも侮蔑していますよね?

あなたがた、自民党員に、そんなことを言う資格があるのか。
理由は簡単です。

集 団ストーカー」なる検索でいくらか実態はわかりますが、
政府与党に公明が合流したころから、
こうした、アウトソーシング型の、正体をわからせない、水面下追い込み、弾圧が、
非常に急増しました。いきなり小渕さんが不審死しましたね。

はしりはバブル崩壊後のリストラにかこつけた組織的な追い込み工作だったようで、
次第に、対共産の仕事を失った公安が素人に牙をむいてきた、などの実態が複合していったと。

検索先を読み進めればわかることですが、
オウムと創価学会はカルトとしては酷似しており、
オウムは目立つ存在として、創価の目くらましにされた、とまで言われております。

そんな創価が与党になるから、弾圧やら、人命軽視やら、洗脳やら、
あやしいむごいことが盛んになってきてしまいましたね。(本日記事の冒頭の通りです。)

その公明の組織票や、
創価や右翼などにアウトソーシングした水面下弾圧、
これらをアテにしないと、まともに勝てないのはほかならぬ自民党、
これもすこし検索すればすぐ出てくる実態です。

あなたがた自身が、公明カルト宗教的でアヤシイ「カイカク」を生み出して、
うちの家族を狂わせ滅茶苦茶にし、ふたりの弟を殺しておきながら、

なにを、カイカクカイカクなどと、せせら笑っていられるのか。
勘違いにもほどがある。

あなたの勉強不足を常に問いただしたいのは、
そういうアラが目立ってしょうがないからだ。

そんな人に、今後の難しい国政を任せたくはない。
なぜ、せめて野党側に回らないのか。不勉強のまま平沼氏を立てるのか。

経済を知らず、プランも示さず、
カルト与党で殺人政府である自覚も、無く、

ことし正月早々の鳩山メルマガで氏は
「家族でハワイに行って息抜きしました」
と、”庶民政党”を標榜する立場とは思えない軽率な文面を堂々と書きました。

この5年間、政官業に提言したり内情を知るに当たり、
不勉強で、世間知らずで、理想論しか言わない、世間ずれした方が実に多いことがわかりました。

 <大阪府知事選>知名度に悔しさ…熊谷さん (毎日新聞)

 元大阪大大学院教授の熊谷貞俊さん(63)=民主、社民、国民新党推薦=は
 「知名度だけで政治の形が決まるなら、日本の将来は危ない」

おなじものを、城内氏には感じる。おなじ危うさを。
またどうせこの老婆心の忠告は、弾圧になって跳ね返ってくる。


日本は終わった。改革とか保守とか言う以前に、
殺人追い込みを喜び、笑みを見せるほど、「洗脳」が進み、かつ気づきにくい、

おそらく欧米が開発して普及させた、そういう”広域洗脳技術”が、国土を覆ってしまったからだ。公明が普及させたのだ。だから民主政権に意義があるのだ。
国民性が、悪魔のように変貌してもう長いこと経つ。いまだに問題視されていない。普段は普通だが、豹変するときだけするので、気づきにくい。

話は通じないが、
盛んに相手を監視し、プライバシーの聞き込みをしたがり、普通だとか普通じゃないと目くじらを立て、
あいつは問題だといっては、保守派だろうが改革派だろうが、ナチスみたいに弾圧を仕掛ける、すなわち「密告」によって。

国を挙げて、とことん困るだろう、今後数十年か数百年か。
どの勢力のお題目(夢のような理想論)も国を崩すだろう。
そして上はみんな逃げる、崩壊するころには。

山 崎養世氏は、おれの助言でだいぶたくましい文章を書いてくれるようになった。MBAに恥じない。知事より国会議員になってほしい。
城内氏も、そうなってくれることを望みたい。

/29


何なんだろうな、あのスネ夫くんは。
ひと目でやくざの息のかかったとわかるジジイに寄り添ってニヤけて、
大したことない嫌がらせやプレッシャー威嚇。なんかたまに爺の指令で一生懸命睨んでいる。

くわばらくわばら。。。

職場を上げて、嫌がらせに走る。
教えるためではなく、邪魔するために、怒鳴り、いつまでも居座る。目の前に荷物が積み重なってゆく。

よくあることだ。追っ手はどの現場にも必ずやって来る。根回しされる。

茶髪、薮睨み、据わった目、なにがしかサインを発してる奴は、まず群がってくるね。

なんせ、大きな工場くらいの作業場の、
100人はいる人間がみんな、おなじラジコンデンパで操られてしまう。
・・・まあ、”操る電波”を発してるのはやくざ系ゴロツキの脳なんだが。テレパシーに近いな。

100人とかがいっせいにおかしくなり、発狂したように笑い出し、たまらず叫びだしたり、悪口を言ったり、
あれは、たまらんな。終末を感じさせる。


/30


きょうはたまたま、昨日のネット発言で与党に都合いい部分があったためだろう、
いきなり追い風ラッシュ。
寒風はやんで暖かいし、
仕事は邪魔されず調子いいし、

だがおれにとっては、
与党も
野党も

どうでもいい存在だ。

前者は他人様の運命を勝手に操る。小泉政権の不自然な運のよさはそのためだった。

都合よければ与え、悪ければ奪う。
まるで給料みたいに、勝手に与えたり奪うのだ。
もとは無料で、人為でいじられるようなものではないのに…略奪された気分だ。

後者は、生真面目すぎ、バカである。
誰が運命をおすそ分けし、参院に追い風を吹かせたのかまるでわかってない。
野党によっては、自分勝手な悪党などとぬかし、追い込みをかけてくる。
基本的に、自民党付属だと思われている。某菅でさえ、そういう発言がままある。

総じて日本の政官はだめなのだ。だが壊せない。
時期が来ていない、ということもあるだろう。だがそこで納得しては、ますます遠のくばかり。
今週の時事放談の森発言を見てあきれ返った。あのレベル・・・

職場で嫌がらせや追い風を提供するのはやくざ右翼の息のかかったゴロツキであるから、
与党の手下は彼らということだ。今更だが。

/31

アカの法則。

やくざ系など、組織的追い込みの工作員は、真っ赤一色の服を着る。

ひとめでやくざか元とわかるジジイ、
用もないのに隣のこちらのラインにまめにウロウロ寄ってきて、(現場の上長でさえ、用がなければ隣に来たりはしない)
後ろでギャーギャー騒ぎつつ、プレッシャーで脅してくる。
こいつが、真っ赤なジャンバーを欠かさない。

きょうの作業終了後、待ち伏せて突っ立っていたデブ若いのも、上下真っ赤。
おれの通過を視認すると、立ち去った。

先週、別の事業所に応援へ行かされたが、
ここの、持ち場で唯一、不快なプレッシャーを放つ姉ちゃんも、真っ赤なジャンバー。
「はー?はぁぁぁ???」
なにを聞いても、こうやって脅してくるだけ。だから聞くのはやめた。別のヤツに聞くようにしていた。


いつもの作業持ち場。ほぼ全員やくざ系。
若いのは、大金などと名乗るが、偽名だろう。スネ夫みたいなヤツ。
5年前の2chバイク板の工作員も、金持なるヤツがいた。
もうひとり年配の小沢一郎みたいな顔のやくざ系。

もういらねえったら、
くんな
ころす
ゆるせねえ

たとえ話か、
テレパシーで、

ギャーギャーいつまでもしつこく、絡んでくる。
顔は笑顔なのだが。

仕事も、邪魔をしたり、滞るように絡んでくる。
こちらが終えた仕事を全否定していちから組みなおす。ラインから来る荷物が山積みになる。
助けに入らないでくれたほうがイイ、と念を押してるのに、わざわざ助けに入ってむしろ遅くなる。

いつもの、守旧やくざ系の嫌がらせも。都心だろうが関西だろうが、どこでも共通の手法で。

・完璧を求める
・一番でいない、たとえ二番でも、こいつじゃだめだ、追い出せ、やらせるな、などと騒ぎ出す

つまり、ゆすりたかりである。カランでいる状態が連中の冥利なのであり、それだけのことだ。
だから、連中の利益になる発言の翌日はおだてたり追い風に乗せて、
逆ならば痛めつけてくる。

利益でしか動かないくせに、いい悪いだの、完璧がどうだの、言葉遣いだの、
それはすべて、ゆするための材料でしかない。

きょうの、連中の動向を見る限り、やつらも守旧、権威主義を守る側だな。

当然か。日本では、自己免疫疾患にちかいくらい強力だから、
日本はいつまでもいつまでも変われないし、
ちょっとタガの外れというか、隙があれば小泉政権は右傾軍国化しそうになるし、

実に、危ないし、時代錯誤で、経済に疎くむしろ軽視侮蔑し、
つまり、日本国には、いい材料などほとんどないのだ。
トヨタとホンダが勃興した後は、なにも生まれないように出来ている、「死のシステム」
すべては雑草などと判断され刈られているから。


あいつらは、請負会社のくせに、依頼元の会社を逆に操っているようだ。
不自然な作業量増加、または減少。
昨日はいきなり作業量激増のラッシュにしておいて、定時より1時間短縮、
本日はいきなり2時間残業、

こんなおかしいペースが続くのだ。


連中は守旧で権威で保守だ。自ら名乗る通り。
このラインで、言われたとおりに何年でも作業するだけ。

おれはたまたま色々口出すのも改善するのも好きだ。
たったそれだけで、改革派の一味とか言われて心外ではある。

最新鋭の仕分けラインが泣く。

分岐のコンベアと、本ラインコンベアのクリアランスがなく、つまりライン設置エンジニアのミスで、
分岐側の滑車が本体側に接触し、うまく回らず止まる。
すると、
 軽い荷物が通過するとそこで引っかかって止まる>センサ検知で満杯アラームが鳴る>後続の荷物は仕分けされず終端までいってしまう

 ⇒進行方向
||||||||||||||||||||||||本線コンベア
   _      _      _←ここが固着する   _
   _    ↓ _      _             _ 個別コンベア
   _自動仕分_      _             _
                                終端(遠い、POS処理が一荷物ごとにあって面倒)

こんなことを、何年も、気づいてんだかいないんだか、放置してい る。長年の従業員は。
ずーっと、ラインに入ってからずーット、気になってた。

たまたまだろう、ラインエンジニアがきていたので、「クリアランス直しといてくだちい」
とお願いしたら、、ものの数分で直った。車載工具みたいなやすいスパナでチョコチョコと。ラインは動かしたまま。

これが、古い頭の連中が言う「改革」なのだろう。
こんな簡単な修理とか改善程度のことを、ギャーギャー大騒ぎして、やらせまいとする。
やれメンツだの、よそ者だの、生意気だの、あれこれヘ理屈で排除したがる。

直さなかったら、
隣接のコンベアとコンベアの狭ーーい間を走って荷物を取り上げに行かなくてはいかない。
怪我するかも。体力もムダに消耗。時間のロス、終端から荷物の引き上げに二度手間。

1ライン何億。価格と設置料などで。それが8ラインもある。
その1ラインが運ぶ経済効果は、年単位ではもっとだろう。
業界最大手の、書籍流通業であり、日本全国のスーパー、コンビニへ毎日発送している。
かの東大工学部、宮 田秀明教授とその教え子が完成させた高効率ライン。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20080125/145415/
 道路を整備することが、産業にどのような直接的効果をもたらし、
 市民にどのような間接的効果を及ぼすのかを試算して数字で示すことが求められる。
 さらにその効果は、この予算を別の事業に用いた時の効果と比較し、
 優劣判定を行ったうえで政策を選定するのが論理的な為政である。


500円の本が≒20冊梱包されて流れてくる。
≒50冊平均を台車へ積んで、発送へまわす。5〜10分。50万円。
1時間換算≒400万円
交代でやるので4人で2人分。
8時間×400万円×2人≒7000万円/日
7000万円×12ヶ月×23日≒200億円/年間、1ラインにつき(全8ライン)


たった2本の滑車が回る回らないで、コストも、安全性も、まるで変わ る。
遅れとか停止で1億円くらい簡単に吹き飛ぶ。
ベテランが怪我でもすれば、遅れが恒常化する。書籍は、不慣れに積むと移送中に崩れるか破れる。損害は膨らむ。

オンチ、鈍感、な流されるだけの連中には、そんなことがわかるはずもない。
上の計算だと、国家予算が40兆として、1/200なら2000億円が吹き飛ぶ。

数が多かろうが、暴力で強かろうが、仕切られては困るというの は、そういうことだ。

官庁も政界も要はライン設備だ。エンジニアがいじる領域だから。
やらせないだの、ひっこめだの、エンジニアに向かって脅してるようでは、国に「滅べ、みすみす衰退しろ」、といってるのと同じだ。

目の前に故障や不具合がごろごろ転がっている。
霞ヶ関とか、永田町とか、そこらへんに。

役人も政治家も、総合すれば”従業員”側だ。変えさせまいと圧力をかける側だ。
その逆の立場を貫く人々はいるが、孤立し、弱い立場で、封殺されている。ノンキャリやミスター年金などがそうだ。

エンジニアに、現場作業をラインで一番でやれ、という脅しは、ばかげている。だがやくざ系はこれをいつもワンパターンで仕掛けてくる。

・・・そういや最近はすっかり、爺さんばかりになった。店など公共の場にストーキング尾行してくる連中は。あとは部落だな。みすぼらしい、低学歴、そうい う。
若者や、物腰よい主婦などは消えた。右傾と部落と農村老人ばかり、つまり公明というより自民系統ばかり、か?

「こんな一流じゃねえガキは下がらせないと」、などと、至極もっともそうなことも野次ってくる。
だが、一流ぞろいの日本だからこそ、今のような閉塞を迎えたのだ。メンバーが煮詰まっている。頭の中も煮詰まっている。

どこにも完璧超人などいない。霞ヶ関官僚とて。
政治も製品開発もアニメもバイクも60年代も90年代も20代も60代も官も民も、少数の閉鎖的集団で、まかなえるわけがない。
なのに、人を入れない、人材やアイデアの流入を拒んでいる。これはもうガイアツ以前の、もっと低レベルの問題だろう。

(つまり、少数どころかたった一人でも、閉鎖的でなく、開放的に自由に柔軟に学び、応用性が一線級なら、べつに構わないんだ。)
(ライン作業員にしてライン修理も出来て管理用PCも操作も修理もできる、なんていう。もしくは誰に頼めばいいかわかってて、すぐ頼んだり呼んだり出来 る)
(時代に、ニーズに、即応できる、懐が深い、ということだと思う。)

とりあえず、ヤッターマンとかゴルゴ13とか冗談だろ、やめてくれよ老世代悪い冗談は。
しかも政治力で「大人気」っていうキャンペーン打つなよ。


ゲンダイ
えっ!羽田空港が「国際空港」じゃなくなる!?

 「“小役人”が考えそうなバカバカしい話ですよ」と、前出の航空ジャーナリスト が呆れ顔でこう内幕を明かす。
 「空港には第1種(国際航空路線に必要な飛行場)、
 第2種(主要な国内航空路線に必要な飛行場)などといった区分がありますが、
 国交省は以前から伊丹を第2種に格下げしたがっていた。実際、伊丹は国際線が飛 んでいませんから。

 しかし、地元は格下げになれば予算措置なども不利になりかねないと猛反発。
 地元国会議員も巻き込んで絶対に譲らない。
 そのため、国交省は法律改正して今の区分をやめ、名称変更という奇策を考えた。
 「国際」をはずすのが伊丹だけだと文句が出るから、「じゃあ、羽田もセットで」 というわけです」

 日本の国際的競争力を高めるために、国交省はもっと他にやることがあるんじゃな いか。

時代逆行要因。そうい うのをシンクタンクとは言わない。


 ◇

これを書いている最中、20時過ぎ、
まるでテレパシー越しに監視していたように、
電話がまるで途絶えていた、岩槻警察署のツボシマから、電話が。留守電越しに聞いてても、いるとわかってるような、「おーい」しか言わない。名乗らない。

来させてみると案の定、悪意と脅しの意図丸出し。
そもそも、盗難届けの書類不備からして、こうして再度やってくるために故意に仕組んでいたようだ。

なめた口の利き方「やってくんねー?にいさん」「おーさみ、めんどくせー」
さらに、不要な、あのよくある、住民カードだか、押し売りみたいな口調で書かせようとする。「・・・ところでさ、かいてくんね、ねー、ねー」
後ろでにやけているジジイ警部補。

で、会話の流れ上、おかしな言葉が。相手の気配でぼーっとなってきたそのときだ。
「何度も何度もドタキャンしてっからわかってっと思うけどさあ」
??
繋がらない。
だが、いつもの組織的ストーカーの連中は、なにかというとそういう言い方をしてくる。

警察も牙をむいてきているということだ。やくざと連携してると表明してはばからない。

「体に気をつけて かぎはしっかりかけて」
これらの言葉が、ただの嫌味でしかない。どうせ警官やくざの連合軍の手下だろう、鍵をかけ忘れた自転車を盗み出したのは。

いまも連中の悪魔の気配が体に残って苦痛だ。
あの二人の警官の捨て台詞「おーいまもブルブルびびってふるえてるよ」
べつに震えちゃいないんだがな。ただ物腰がやくざと変わらん警官は見慣れないんで物珍しくはあったが。
基本的に、気配、プレッシャーの類は、警官つまり役人は裏社会には勝ててないと思うね。


魔化してない人間は減ってるんだろうなあ。神はそこまでして人間を迷走、転落させたいのか。

人類が終わり始めている。それだけはよくわかるわ。世界中にブービートラップのなんと多いことか、、、

正気が淘汰され、
狂気が普及し、
その場限りの熱狂的な、口から飛び出す言葉が、主流になってゆく。

自分で考え、警戒心で精査した言葉ではなく、
どっかのだれかに操られるがままに、精査の暇もないマシンガントークで、しゃべっている、ロボット化した自分たち。

ひとりでじっくり考える暇が奪われてゆく。いつも集団に溶けていないといけなくなってきた。
ケータイやメールはそれを助長する。居場所さえ感知されてしまう。

 ◇

以下、蛇足。当人へメール済み。

http://www.m-kiuchi.com/2008/01/29/bs12/

>武士のなさけでここではあえて名前をあげないが

なぜ、書かないのか。
武士だの男というならば、
それが情けでもなんでもなく、

”公言するのを避けている逃げ”だと取られかねないことは、
わかっているものと思うが。

>文字通り粛正される日がこよう。

右翼だの保守という人々はどうしてこういう発想になるのか。
ただでさえ、アジア社会は男社会の弊害が出やすいというのに。

断罪しようとしては、
敵は増えて、何万もの敵を、整備されてない負け組み社会へ追い出すことになる。

きみたちは、そのつらさを味わったはずなのではないのか。
反省を踏まえられないなら、”きみたちの政権”は、小泉と同じひどさになるぞ?

その本質は、「醜い政争」でしかあるまい。旧態依然。

かつてのえたひにんも、そうして生まれた。
現在まで末裔は残り、様々な問題を残している。
民族紛争とて多くはそのような理由だ。

争い前提の姿勢を、変えられまいか。

アメリカはじめ諸国も狙っている。日本が分裂することをね。

 ◇

・とおはんの請負ヤクザ社員たちは、保守派の味方のような動きをする。
・城内実も、同様である。

「どこぞの馬の骨が、正統な立場でもないのに、勝手に指揮を取っている」
という文言。
おそらく、背後でつながり、連絡、連携を取っている。グルである。

社員は、後ろで待ち構えている。
こちらがミスするのを舌なめずりして、ニヤニヤ待っているのだ。
少しでもミスがあれば、その現場を横取りし、
リストラ目的でよく見受けられる、過剰な誹謗中傷、怒鳴り。

むしろ作業は遅れ、仕事は溜まる一方だが、事後処理は押し付けてくる。

まんま、やくざだ。Gラインのハゲジジイ、Eラインのおおかねによした。




top/最上/】
(未完)