BBS Old Contents

掲示板への入り口 アニメイレコム

王様の耳はロバの耳


top/最下/07 1月/2月/3月/4月/5 月/6月/7月/8月 /9月/10月/11月/12月/】


【2007年 12月】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

/1

まあ、定番的に裏切られたな。
いつもと同じだ。悲しいまでに。

ブログを書く。被害日記を書く。
目くじらを立てた、近所の暗殺工作員に、電磁波を撃ちこまれる。
寝てる最中なので起こされる。内臓が筋電図のようにドッカンドッカン痙攣している。
よくもまあ夜通し起きて人様を監視し、拷問できるものだ。呆れる。

日本は死んだ。まともな冷静な己を捨て、電波とかテレパシー集合体のようなものに依存し、
判断力を捨てた。なんでもウエのいいなり、信じ込む。

つまらんことに目くじらを立てて暴力で鎮圧するのは、国が持たなくなっている証拠だ。福田のジレンマを利用しているようなものだ。

郵政造反組など、かつて追い込まれ辛酸を舐めた人々が、なにも進化向上して無い。”攻撃される痛み”を学んで無い。
「反撃できるぞ、あいつは敵らしい、恨みに任せて殺してしまえ」、という。
まんまと、集合体を操る悪魔に乗せられ、操られ、理性が吹っ飛ぶに任せて暗殺に加担する。
散々、こちらが面倒を見た人間ですら、これである。 つくづく政治家とは、人を利用しては捨てる、悪魔に魅入られた職業らしい。

近所を歩く、石井家方向からとくに強い出力を感じる。ついで石井家方向から。
この直線上はいつも電磁波照射が続いている。
むしろ、アパート住人のうち誰かが、アドリブで行っている攻撃かもしれない。攻撃元はひとつとはかぎらない。特に深夜いきなり攻撃してくる場合。

寝る前くらいに、いきなり周囲の物体がビシバシ衝撃波で鳴り出した。
これは、アドリブに始まる攻撃を示すサインだ。超音波なのか、ウォーン、という音がすることもある。車の音とは違う。
そとでどっかのジジイが「ああん?」などと叫んでいたりもした。これもセオリー。
最近だとすぐ近くで新築している大工が、このように騒ぐ。こういう人種は特に反応しやすい。
自宅近辺のひどい気配に、抗えず叫んでいる要素は強いと思う。さっきも犬散歩のババアが義務的に小声で「しね」と呟いた。

なかば夢遊病、さからえぬ気配、「傲慢支配のための伝染病」


これ以上、生物を、悪魔の伝染病に染めてはならぬ。

争うにしても、まして仲良くやるには、
この気配が介在してはならない。
王家や議員ならば、行使してよいなどというものではない。これは悪魔と仲良くなることで、上位霊に操られるという危険な行為だ。

むしろこれによって、日本が混乱停滞に至っている。
冷静合理の話し合いがあれば済んだことが、ややこしく、うやむやに、暴力的に、ある勢力だけに有利に、運ばれてしまう。

ラピュタのシータの叫びを思い出せ。
国は滅んだのに、王だけ生きているなんて滑稽だわ!
だったっけ。

 ◇

きょうのも露骨な罠案件だった。
なんかもう毎日、こう書くようになってしまったな。

新成企業。ろこつな右傾企業なのは複数現場に数回入ってみればわかる。
採用電話の中年女からして猫なで声。で最後の殺し文句が「明日無事にこれますかねえ、大丈夫ですよねえ」
ああこりゃ、と引っかかったまま出向いてみれば案の定、

送迎バスから降りてきた新成の連中は開口一番「うわいたよ変なヤツ」

右翼系、カルト系、要は組織謀略を専門とする組織の人間”だけ”が、常にこのようである。
3年間、IT建築倉庫配達警備など様々な現場を回ったが、99%確実に。

もう勤務中なんかうるさくてしょうがない。
物陰にいれば「殺す 今は殺さねえギャハハ」などと仲間内ではしゃいでいる。
帽子に作業ズボンの30代、上下黒の20代、の男が右翼手下確定。
ほかはネエチャンばっかで、ころすだのやっちまうという話ばかりさせられてると(空気を操られればみな釣られて逃げ出せない)
みな青ざめていた。ノンケの兄ちゃんたちも、血の気が引いて臥していたり、ひどいもんだったが、特に俺が帰るような真似はしない。

どうも現場の出版産業からして、グルのようだった。前日に、打ち合わせ済みなのだどうみても。
午前中で帰らせる、という、よく見かける安易なプランで。

だがおれもしぶといから帰らない。
午前中までだんべ、などと周囲で囁いてニコニコしてる社員も、
午後になっても俺が出てきたので唖然、そして怒っている。
現場の空気が荒れて、重くて、脳がすっからかんになって、話が進まないのは俺のせいじゃない。
むしろ尾行してきた連中の仕業だっつの。

午後は帽子30代もまめに「ふー、ふー」と凄んで、殺気を放ち、おれの心臓をいたぶり続ける。
かなり躍起だが、結局追い出せなかった。
所詮はゲーム感覚で人を死に追いやるだけのアマちゃんだ。自分の家族が殺され、国にやくざに追い込まれたような経験が無い。

で結局、最後の手段だろう、1時間はやめて終わりにしやがった。

 ◇

右翼の尾行
なにか文句を呟けば「(テレパシー越しで)天皇にも聞こえているぞ」という脅しテレパシー

作業で箱詰めしている目の前の書籍には「生徒会選挙で本命だったやつがグレた!」
「とらドラ 6!」隣には電撃文庫稼ぎ頭の「焔眼のシャナ」、おれの創作やイメージなどを右傾に無断盗用され実現した作品。地元の大宮そごうがシンボルなのが いい証拠だ。これとハルヒはおなじ無断盗用の作。)
などと書いてある。運命操作、対する相手が王家支配者レベルになると頻発する。

で、「なにひとりでつっぱってんだ、グレんな」とか罵る。
こないだのヤマト運輸で、メシ買いに行くとき17号でカワサキZ1変な停め方してたやくざも、おんなじだった。
明らかにどうにもならんのに、助けようかと問うと「いらねえつってんだろ」と怒る。
あれはどうみても演技だった。指定された場所で指定された演技をしたのだ。

服従か死か、よくある拷問手法というわけだ。

ならおれはもう悪事には加担できない。後者を選ぶというか、もう選んだ。
はたらくたびに心臓が弱る。自宅にいれば電磁波を浴びせられ弱る。どのみち死ぬ。ロクに働けなければ、借家も長くは住めない。
まるで死にかけの年寄りだ。定年後も艶々してる団塊老人よりはるかに老けているし活気も無い。
というか、団塊以上の世代が無茶な国づくりをしてくれたおかげで、こんなひどい境遇になってるわけだがな
年金といい、下の世代に苦労と無茶ばかり押し付けやがる。
そもそもおれが右傾に睨まれている直接の理由は親父の公安マークされてた影響だ。80年代から家庭破壊工作が続いていた。


天皇家は
表に官庁と政治家の一部、
裏にヤクザと右翼、
の臣下を抱えている。実質、やくざの大親分でもあるわけだ。

宮内庁系統は支配至上であり、戦前回帰傾向であり、他はないがしろである。
だから改革はうまくゆかない。そんなものが成功されて官庁が衰え たら、支配が失われるからだ。巧みに操られ、捻じ曲げられる。右傾がらみ以外の改革などありえない。
まさにラピュタだ。民が皆死んでも王は富と共に生き残る、そんなシステム。私物国家。空気、運命、まで自在に私物化する。

そんなものにもはや加担は出来ない。
幻滅した。
日本は終わったのだ。むざむざ強欲支配に寄生虫に吸われながら弱ってゆくだけ。
なにも抜本対策は出来ない。民は増税や貧困や治安悪化に耐え、文句は集団洗脳で消されてしまう。

世界でも屈指の、未来のない国だと思う。調べるほどに、材料が無い。
欧米の真似事をしても、長続きはしなかったのだった。


これら、かなり総合的な事情を踏まえ、結論してなお、言える。
「俺が謀略で追い込まれて無力化され死ぬようでは、日本も遠からず死ぬ。」

官庁側が扱いやすい福田になったからって、「今の政権が一番。増税がけしからんなどと貴様、なにを楯突いておるか!大体先生方への礼儀をどう心得ておる か!」
この感覚には、ついてゆけるはずがない。


吐き気と消化不良と各内臓の鈍痛と。散々だが今晩も電磁波攻撃はあるだろう。こんだけ書けば。
いつまでも続く。いずれ音を上げて自害する。そんだけだ。福田のように、”扱いやすい傀儡”になるわけにはいかない。

 ◇

運命が操作されるなど、半信半疑だろうけど、

きょう、TBS「ニュースの森」を見ていると
血族の地元の長崎県大村市で、火災があったと現地リポ入りで報道。
長らく住んでた茨城県結城市で、国道4号で連続玉突き事故があったとこれも現地映像いりで報道。

これも天皇家配下の、右翼系統などが、年中、やってることだ。よくある「部下が勝手に」だとしても、関係ない。
同じように、アメリカにハリケーンを二度も食らわせた。新潟に狙いを定めて震災を何度も起こした。
で、飴と鞭の様に、願いをかなえてやったりもする。だが思惑がらみだ。好きなTV番組の中で公然と、嫌味伝言も混じったりする。
国家も運命も私物化放題。

おれはこういうのが実に許せない。世界の私物化も、この規模になると実に許せない。

息子が親父に憤る。そういうのって世の中で結構あって、じつは某国の王子が妻のこととかでたまらず公式会見したのも、そういうことではないかという、直感 というか、妄想というか、ある。
問題意識のある、賢い子孫は、かならず合理性を追求し、改善を実現する。事例は多い。規模の差はあれど。

次世代に期待する。そのときのおれの、生死問わずとも。


その運命操作の意味で、

鹿島が劇的な逆転優勝 清水に3−0、浦和敗れる

地元 浦和レッズはもう勝てないかもな。おれと運命共同体だったから、ぜんぶ放り出せばあすこが負けるのはなんとなくわかってた。
でも、悪逆非道の支配者に、浦和レッズを勝たせるだけのために従属するわけには行かない。
たとえ1億、1兆、積まれても。

毎度毎度122のレッズ渋滞に辟易してたが・・・寂しいものだ。


この土日で

「ケロロ軍曹」で、ドロロの元上司が脱走したのも、
「ゲキレンジャー」で、ジャンがやめるとか言い出したのも、
「仮面ライダー電王」で、白岡組を抜けた兄ちゃんが上納金払えとボコられてるのも、

ぜんぶネタにされてるのは、おれということだ。

大体、ここは蓮田市。隣が白岡町だ。

で、もっとも右翼ヤクザ系統に露骨に操られてる番組が、仮面ライダー。
特に「ブレイド(04)」、「響鬼(一昨年)」あたりからひどく、
「カブト(昨年)」はそのおかげであんまおもしろくはなかった。みればああいう系統の汚染ぶりがよくわかる。
今年はなんか揉め事があったのか、面白くはなったけど、色々と災難続きのようだ。女優が辞めたり、主題歌ユニットがスキャンダル報道とか。

まあ、おれがネタにされることがやくざの収益になってたんだろう。嫌な話だ。
こっちは無断盗用されタダ働き。ナメられ続けている。でやめるという話になれば執拗な追い込み。


全てを失っても、死んでも、ぜんぜん未練が無い。日本はトコトン汚れ、魅力を失った。家族も財産も仕事もぜんぶ奪われた。

/2

白々しく騙してくる。強者だという驕りは、大してそれを隠さない。

自宅近辺の工作員、騙しにかかる。守ってやるだのここは安全だのと。
うそこけ、と突っぱねるといきなりプレッシャー攻撃激化。

ここにいるから、心臓を締め付けられ、甲状腺が弱り、膠原病で手が硬化し始めている。
ぜんぶ蓮田のこのやくざ言うところの”牢獄”アパートに来てからだ。

常に、懐柔しようと近寄ってくる。だがみな共通だ。ワンパターンだ。見え透いている。真実が無い。
外出した時の追っ手と、自宅近辺の工作員とは、同期している。

いいなり、盲信が、身を滅ぼす。


これは出張記事

 ◇

 5年前、私は取り調べを受けている時、検察のあまりにも一方的なシナリオ・ストーリーづく りに驚き、検事に「私は政治家である前に人間としての心を忘れないでやってきた。検察官である前に人間としての心を持つことが大事ではないか」と言ったこ とがある。

毎日のようにおどされ、いわれてることだ。
「だって、お前を追い込むシナリオはもう、細部まで決まってるんだもの」

同じ境遇の人だと思った。
だから自分の中にある神通力で、ムネオを救った。

浦和レッズを勝たせてきた能力で、救ったのだ。虚言癖でかまわない。

こないだ、ぜんぶ投げてしまった、無償で酷な日々に耐え切れず、だから野党共闘は一気に崩れた。そういうことだ。
下支えを知らぬ、そういう人たちを支えてやれない。野党もまた貴族。

お米ひとつ、おすそわけしてもらえたことがないんだ。これは人望だけじゃない。
リモートで神通力で助けても、わかっちゃもらえないんだよ。疎遠なままさ。

3年前に結城の実家で、ロッテのお菓子を手渡してもらえたのが最後かな、善意は。
蓮田のアパートは牢獄物件として公安とヤクザが周辺を固めてるので、
いまだに付近住民はあいさつもしないし雨でも洗濯物を取り込んでもらえないし(おれはしてあげるんだけどね)
鼻つまみ扱いを、最初っから、される。誘導されるままに入居して3年になるが一切の人付き合いは無い。結城でさえあったのに。

昨日記事の、出版産業の現場と同じ。さいしょからそういうシナリオを、工作員が、推進し、素人をノセて引き入れてしまうのだ。
石井家(公安?)、土建渡辺(右傾)、グリーンハイツ(公明)、岡田家(公安)、みなグルである。

田舎はまだ素直な情が残っている。
でも、いまさら企業や政党にチヤホヤされても、何をしてあげる気にもならない。コアラのマーチも金塊も等価値=ゼロ。


だからすでに引退している中曽根さんの発言は褒める。善意だけで見返りが無いからだ。権力もはさんでいない。
何も言わなくていいはずなのに、今やるべきことを提言する姿勢。

マンガ版「デビルマン」のラストのくだりが、今の日本だ。予言どおり、「20世紀少年」
「おれはからだは悪魔になった・・・だが人間の心をうしなわなかった!」 「きさまらは人間のからだをもちながら悪魔に!悪魔になったんだぞ!!」
恋人がカルト化した暴徒に弾圧され、斬首され。

原作者も、アニメ版作曲家も、おれと同名だ。永井豪、三沢郷。

 ◇

やれやれ、同じ軌道でおなじ電磁波がずっと打ち込まれている。
夜に外を歩けばわかる。いつも同じ家が暗殺者ということだ。

たまに信号のデータが変わるだけ。からだの痛くなる部位や内臓が変わるだけ。
いまは過敏腸になるように仕組まれている。
電磁波を浴びる限り胃腸なり心臓が勝手に信号に従い動き、その癖がつくのだ。
どっかんどっかん電気ショックの動作をして患部が弱ってゆくことが多い。

遠からずこうした内戦向け暗殺追い込みシステムは、電磁波兵器も人海戦術部隊も含め、
あぶれ、予算を失い、散り散りになって行くだろう。

時代に見合わない。若手ほどにそれを体で気付いている。

 ◇

かつて、メカニックの師匠に気軽な質問したガキが絞られてた。
「このNチビ、どうすかねえ速くなりますか」

憮然としてしまった師匠、
見てわからんものは開けてもわからんよ

それ以上は一言も口を利かなかった。

ボロNSR。ゴミ捨て場に放置されてたのを引っ張ってきた。
いくらか分解整備すればいけますかね、というくらいの質問だったが、
サーキットの現場でメカニックをやってきた立場からすると、ガマンできなかったらしい。

機械ほど、最初から最後まで帳簿に履歴をつけて管理するものはない。
だから、いままで管理もせず放置しておいた、整備冥利の清掃すらして無い、そんなもの知るか、と。


日本の政治も似たような状況か。
K泉は横暴な一面はあれ、才能に対し柔軟で理解があったので、様々に冴えたプロジェクトが目立った。
専制君主下に花咲いたプチ・ルネサンスのような概念か。保護の徹底は強権ファシズムから、という皮肉。

その後は与野党問わずダメだ。AFO。あらゆる造詣や理解が無い。
だから、目の前の才能がどんな価値があり、どう動いてくれるのか、まったく理解しない、いやできない。

「理解できない人に、提供したって同じことだよ」

師匠のいうことはその意味で正しかった。
「産業再生機構」のように、ある特定局面で真価が発揮されるスペシャル、かつ現場を選ばぬ、という人種はいる。
これで大抵の人にも想像が付きやすいと思う。存在はわかっても、あまり日本社会で例を見ないから、イメージは浮かばないことだろう。

戦争屋や政治屋がいるように、改革屋さんとか変革屋さんとか、色々いるのだろう。複数の免許?を持ってる人間とか。

産業再生機構は、報酬と依頼で動けたが、
無償ボランティアかつ、待遇や反応に納得がいかない場合。
いちど自分がすべて手を引くしかないような気はす る。世の中に、じぶんの恩恵の部分を知らしめるためにも。


AもBも万事が正しくはない。
だが、ある人が、AからBに傾倒を移したからと言うだけで、A勢力が彼に対し一斉にしねのざいにんの罵るというのは、本末転倒だ。
だが世の中には、そういう故意に頭の固い勢力が少なくない。

だから自縄自縛な形で、国家滅亡はきちんと用意される。回避できない。


K泉だから悪で絶対許せないとか、
完全否定するほど、その人も正義失い相手に似てくるか、もっと堕ちるようだ。おれの経験則がそう確信を呼ぶ。
功罪を精査し、認めるは認め、追求するはする、科学性が求められる。 常にとはいわないが、最後にはそう仕向けてゆくのが”大人”だろう。

日本人、日本国、東アジア民族、が苦手なこと。だからどの国も、どんどんボロが出ている。とくに日本は政官業個人問わず出口が見えず。

日本人ほど、役者のように立ち居振る舞いに受け答えまでキッチリ決まってる民族は無い。

どの外国、世界地域も、もっとざっくばらん、できんことは出来んという。
障害者とは付き合えないとか、それと悪意とは別だろうとか、
日本では「そんなことを言うなんて、こいつ日本人かよ、亀田(朝関)じゃねえ?」と叩かれてしまうようなことは、あちらの日常の中にいくらでも残されてい る。

だが日本は何でも「これぞ完璧日本人マニュアル」に照らして、エラーであればなんとか報道に乗せてバッシングしようとする。ロボット。ラジコン。
特に表のマスコミつまり国立エリート大出身者と、それに張り合って利権を奪おうとしてる水面下カルトのネット世論と。

なまじの裁判官より怖い、記者会見での記者の追及口調。だが6070年代の映像を見ると、巨人の星の作中のように、もっと人情があって、柔らかい。
長島もカズシゲはダメだ。自分を出さないで大人の顔に固まってる。若手にそういう仮面顔が増えてしまったの一因だろう。東大生もこういうのが多い。
カズシゲが親父と違い監督不向きなように、茂男じゃないとボスとか、ボスを追及する適役にはなりえないようだ。

あとは茂男みたいな変わり者の若者を引っ張ってくるしかない。時代遅れとか異端と、蔑まれがちな若者を。

もう富国強兵でも、高度成長でも、ない。農民出身者をロボット役者に仕立てる時代ではない。
しぜんに育っている。判断力を有している。ナカタが世界で旅できるのはそういうことだ。
カズシゲをこれ以上量産するな。ジオン脅威のメカニズムをそういうことに無駄遣いするな。


日本国と日本人は、
風の噂、以心伝心、に慢心しすぎなのだ。

「すごい、かっこいい、高度、神様みたい、いろいろ知れる、みんなで悪をやっつけられる」
バカ言うな。

にんげんは、自ら、もっと高まろう、もっと知ろう、と意欲的に動 かないと、絶対に進化しない。それは釈迦やキリストと同じ、孤立の道で、日本ではとても辛いことだ。
テレパシーや神通力だけでは、全然人も国も進化しないのは過去5年の報道の通り。

仕事量も全然能率アップして無いだろう。してればGDPに顕れる。
テレパシーで瞬時に教えられても、相手が日雇い派遣で、毎日毎日人が変わり、
上長も上長で、会社も会社で、統一マニュアルを作らず、各々が適当に教えてるだけで、

宝の持ち腐れ。速いライン設備を入れたが、流れる品物が山積みに溜まるばかりで結局はラインが止まってしまう。
上長が気にしてるのは「ラインを停めるからサイレンを鳴らすな、怒られるから」
山積み感知センサーに荷物がかかってなければ、荷物を投げてどかそうがかまわない。コンテナに荷物を収めることはしない。改善努力もしない。声を上げな い。
手先が神懸かりに速いのは大勢いても、ラインをフルに活かした全体成果はちっともベストには近づいてゆかない。

ヤマト運輸の主管支店でさえ、そういう本末転倒。業界最先端でも。ほかITだろうが官庁だろうが、似たようなもんだ。

もういちどいう。

「ここはリヴァイアスだぜ!」

違った

「理解できない人に、提供したって同じことだよ」

使いこなせるわけが無い。
社会全体への普及実績を把握した、ヤリ手のシステムエンジニアが、指導マニュアル配布と、各現場の現地視察を重ねるしかない。
ITシステムを完成させる手順と同じだ。
だが日本ITシステム業界は、先進国Bricsの中でも各水準は最低に近い。応用性が無い。売るもの売っておわり、人は育てず外注かプロパーの狭い垣根に 依存。
外国の政府や大企業にシステムを売り込めない。うれるのはプラントや自動車など工業ハードだけ。

一部の選抜エリートに徹底して伝授することも、
大勢の大衆に普及させることも、
できるが、

エンジニアが足りなくては、プロジェクトチームが完成し、機能しなくては、社会中で、使いこなすレベルまでもってゆくのは無理。
パソコン使ったことが無い人間や会社にいきなり未開封の箱ごと置いて帰るのと同じ。
老人職人クラスでも、自己満足、改善意識なし、従属至上、で済ませるヤツが多い。「逆らうなんて、意見するなんて、とんでもないやつだ」といわんばかり の。

さっきもNHK総合で、フィギュアスケートのミキティや大輔に、NHKアナがかっこいいノーネクタイウォームビズでインタビューしてた。
ビズファッションは、システム、ソフトウェアだ。 日本が売り込むのが苦手な。中東や欧州等、各国で導入や評価の動きがある。

クールビズをk泉に打診して実現させたのは、このオレだ。 ゆり子たん ではない。

動機は単純、ヒートポンプ酷暑の都心をネクタイつけて歩きたくないからだ。ひよわなおれは5分歩くとしねた。野山で一日中でも大丈夫なのに。
サラリーマンの味方になる・・・・その思いが実った。初年度、なんか大企業は抵抗戦線組んで、意地張ってたけど、だんだん上から浸透してきたね。

k泉を指名はしない。だが総合組織力として、ほぼ同等、それ以上、を要求したい。
でないと、またAべFkだOzわ(略してアフォー)と同じだ。理解されず、
むしろ「慣例がしたい、椅子が欲しいだけだ、するとむしろわけのわからんシステムのエンジニアやコンサルなんて邪魔だ」などと、ごねられちゃうだけ。


つまりは、
クールビズの社会浸透と基本は同じだ。

クライアント側のボスは、よき理解者で、先進発想があり、柔軟でなくてはならない。

エンジニアの人材育成に、温厚、互助、支えあい、の精 神を求められる
。寺子屋方式でもある。
リリース側の人材が残らない、やめてしまう人が増える、それでは世の中の隅々にまで浸透し、活用してもらう、のは無理でしょ、と。
オープンソースで無料、情報公開を徹底しなくて は、もっと無理でしょ、と。

大体、こんなことを書かせる連中は、おれの幸せや身の安全どころか、生活ひとつ助けてはくれない。
そういうアングラ的胡散臭さが仕切ってはいけない。ホリエモン式、フロントIT企業的、ではだめなのだ。コンピュータじゃないから。

上長の理解を得て部下にまで導入し、全体のボトルネックを解消。
各業界へ導入することで業界間の垣根を超えた、ボトルネック解消。

一部だけ速い、自己満足、思い込み、根性論、ではダメなのだ。達人依存ではなくなれば、宅配便でいう所の、”番線”ごとの能率差は減ってゆく。
ヤマトでは、地域ごとに”番線”があるが、上長がハズレだと大いに苦労する。ヘタなくせに大声出したり、どやしつけたり。
うまい上長でも、全体的なシステム改善の必要性まで問題意識のある人はゼロだ。目の前の荷物を積み、どけることしか頭に無い。体当たりだ。
ボトルネックなど知らない。ヤンキー崩れやワル親父の巣窟だし。

システムエンジニアの仕事は兎に角、科学的。スタミナは要るけれど。


・・・でも、そんなきっつい全体進化を達成し、活かしたところで、
今度はその維持が大変、疲れる、いまの経済はさらに加速複雑化。滅亡や限界期も早めてしまう。
これ以上現状のままで効率化してどうすんの、という現場も出るだろう。
使うべきときや場所で使う。ここはコンサルが決めるか、依頼に任せるしかない。

むしろスローでいいとこも、ボトルネック解消だけでいいとこも、人員や若手の補充だけのとこも。


/3

何度となく着火しても、
しばらくすると消火されてる。

弾圧されるというのは、そういうことだ。

政府筋の暗殺行為。以前より、精気を抜き、自殺誘導することに、躍起になっている。
力が入らん。足腰がたたん。

きのうの昼、いきなり絨毯爆撃みたいに電磁波を撃ちこまれフラフラして、公園で子供がやかましくなった時、
どうも銃弾的な電磁波も撃ち込まれてたらしい。
首の貫通、頭部も貫通、直線状に、新たにツーンと痛むようになった。。

政府だ軍だ警察だのの、配下の、人殺しがそこかしこにいる。日本も中東も同じだ。


ひる、スーパーマルヤへ。数名の待伏せ。
ニヤニヤなんか呟いてるじいさんにとてつもない嫌な気配を感じたり。
「もうすぐおれたちの復讐が完成するぜ、こいつしぬぞ」
などと不気味な野次テレパシーが飛んできたり。

古老、一世代前、そんな連中が大挙して動員されている印象。


そのまま佐野の山中へ。
出かけてすぐ「なにも誘導される方向へ行かなくても・・・」とテレパシーで嫌味が飛んでくる。
つまり、待伏せがいると示唆してる。

案の定、湧き水汲みの場所に変な百姓ジジババ3名が陣取ってて、待ってましたと一斉にこっち見る。
「どうぞどうぞ少ないんでしょ、お先にどうぞ」

猫なで声でやったら優しいが、身震いするほど背筋が凍りつく。
霊的、気配的には、敵性。
害意、悪意、殺意。侮蔑、余裕、嘲笑。露骨な二面性、両極端。

こっちがボトルをしまい発車するまで、ずーーっと、じーーーっと、こっち見てる。全員で。
いつも来る様な、なんのそぶりもみせない普通の人間とは明らかに違う。尾行に多い不審人物属性。
だいたい、月曜なのに、なんであんなに来てたのか。すこし下の汲み場所には一台居ただけだったのに。

中腹まで上り適当に過ごしているとノロノロと猟師が軽で上がってくる。深山会のメンバーらしい。
これもどうも尾行工作員らしい。言動が変、やたらと噛み付いてくる。

「20人で追い込んでんだ。あっちの山行くと皆で追いかける。」
「間引き知ってるか、山中の見えない場所に間引いたの捨てたって誰も気付きやしねえんだ」
間引き殺人(暗殺)を口にするのは主に公安警察の配下。このジジイもやくざには似ないが、おかっ引みたいなせこいネズミ男属性には符合する。

「若いのは可哀想とかいうんだがよう、こっちは許可もらってるから殺しちまうんだ。猿一匹一万円出る。」
という話題をしつこく繰り返しがなら、殺気を徐々に強くしてくる。鹿や猪の”例え話”ではあるが。

「今時の若いのはやれ外国産のをどんどん安くとかいうけどなあ、おれたちからすりゃ」
この辺になると、自民党執行部とか官僚の文句の代弁してるのが明らか。

往路で妄想してたことを、テレパシー越しに盗聴し、声に出す。話題に含める。
「このへんなんか地価安いんだから別荘建てて住んじまえ。」
水汲むのが大変だね。というところまで精密に”朗読”してくれるもんな。


つまりは、よくある、こけおどし、圧力、恫喝、というやつだ。
支持母体の末端の人間を巧みに吹聴し、工作員として送り込んでくる。
建設業が支持母体なら、土建職人が、末端工作員として、尾行や暗殺もするということだ。

どんどん、主流とかいう50年前製造の”カビの生えたパン”が、復帰してきて、
いよいよ日本owataになってきてて、それはそれで楽しい。修理できないものはdestroy&rebirthするしかないでしょ。

とにかく、
変な気配を放っていて、こちらが言いたいことを遮ったり、威圧的な気配でのぼせさせて思考停止させたりする、
妖怪に憑かれたような人間、には、この手の被害者は注意せねばならない。

結城市にせよ、
立川ひろとし議員も、
後援会長の三浦氏も、

個人としては悪くない人だ。基本は善人である。

あの気配をまとい、
周囲の一部として兵隊のように動く時、
殺す、潰す、監視する、病院へ送る、

ろくでもない命令を、まったく頭で考えず、遂行する。
物陰から睨んだり罵るだけで、決して正面から追求することが無い。まるで公安や特高警察そのもの。
立川議員は正に、天使と悪魔の二面性。

俺は泣いた。慌てふためいた。2003年、この手の被害が激化したとき、
家族さえ、実家の中で、狂ったように、ロボットみたいに、あいつらと同じ動きをする。
殺そうと、潰そうと、追い出そうと、飯を食わせまいと、ありとあらゆる陰湿な努力を怠らない、悪魔のような。。。

日本がいきなり置き換わった。
ラジコンが、電波がこないときは動かず、電波が来ると動いてしまう、
まさにあれだ。

豹変したのだった。最初は米軍か北朝鮮に操られてるものとばかり思ってたが・・・

 ◇

http://business.nikkeibp.co.jp/article/premium/20071129/141885/
ハリウッド 日本アニメを呑む 脱「技術一流、商売二流」の勧め

ハリウッドの大物プロデューサーが日本企業と、極秘裏にアニメ、ゲームの
実写映画化交渉を進めている。世界が注目するクールジャパン。
だがメジャーデビューで浮かれていると、イチロー、松坂大輔を失って
人気低迷に悩むプロ野球の轍を踏む。・・・

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20071130/142052/
〜スパイダーマンのプロデューサー、アビ・アラド氏
「マンガの映画化には1本160億円以上かける。日本じゃちょっと難しいだろ?」

誰が苦心して米国の各界ルートを引き入れてきたと思ってるん だ・・・

かくいうおれは、「レミーのおいしいレストラン」の隠れた原作者だぞ。http://kasumin7.web.fc2.com/m0705f.html#11-1
まず隗から始めよ」、を実践したんだ。わけのわからん素人でも儲か るならプロ相手ならもっと、というわけだ。「トランスフォーマー」が成功したし。
ハリウッドもネタに困ってるのは、最近の映画CMを見てればわかるでしょ。

そういう付き合いは、大事なんだ。

なのに政治の世界のカタブツときたら、

反米とか言えばもーとにかく全否定、
改革といえば小泉とブッシュ、

不勉強、浅知恵にも程がある。付き合いきれん。

増税増税
ゼーゼーうるさいゼンソク官僚政権め。とか揶揄したくもなる。


イチローも松阪も浦和レッズも、運命共同体、おれはそのマネージャだ。
だから数日前にそれらの監督すべて”放り出し宣言”したら、野党連合ガタガタ、レッズボロ負け。そういうもんだ。

その”概念”や”意味”を知らず、ただ蹴落とし潰そうとしても、損するのは「日本」であり、どこぞのチンケな「敵」ではない。
老世代、既得権益、彼らは実にわかってない。実にわかってない。既にある地位は、頭を硬化させる。

だれのおかげで、何が実現しているのか、徹底して、わからせるべ き時期に来ている。

おれは別に今日明日死んでも悔いは無い。家族は殺され、実家は取り壊され一家離散し、働けず、健康も失い、何一つ残ってない。
それはすべて日本政府与党と、彼らと結託している裏社会のせいだ。せいだとおもっても、日本のためならと、献身したのが仇になった。


(追記 翌日)

「レミーのおいしいレストラン」が有力 米アニー賞候補(朝 日

YEAHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHHH!!!
yaha!

ありがとう小泉
ありがとうアメリカ
ありがとう公正な市場経済
ありがとう寛容な心よ

憎くても、
嫌なことされてもさ、

悪いことばっかじゃねえんだよ。完全悪なんて存在しようが無い。

/4

昨日は自宅にかなり殺傷電磁波が撃ち込まれてたらしい。リンパ腺が酷く腫れて熱がある。


きょうもまた倉庫作業で、ヤクザが送り込んだパシリ・フリーターに囲まれるいつものパターンで。
金色のお歳暮の箱を組み立てながら、「まだだ、まだ終わらんよ」などと呟くひととき。いや実際、終わらんよ何千もあって。

まー一日中、プレッシャー、嫌味、ざんまい。
やれ病院だ、傷だ、殺すだ、後ろから刺されるぞこら、言いてい放題。
近所の主婦パートたちが、パシリどもに操られるままに罵るのである。

やくざからの伝言は大体こうだ。

・おれらの利用価値を放棄したからには、今までと同じことをやってればナワバリ荒らしである
・いまは女の後任を立ててるから、もうしゃしゃり出んな

ほうほう、いいてえ放題、などと聞いていた。喋るの大好きな軽薄大卒系だったんで、あれこれ知ることが出来た。。
こいつらは、人が品物の完成品を台車に積んでやってるのに、わざわざ舌打ちで威嚇するのだ。
で「中々始末できませんな」などと、作業場の話に絡めて、物騒な話を吹っかけてくる。


ころされんぞ、といつも言われる。
だがな、それは違う。おれは何度となく、じゃあそうしろと、返答して来た。

彼らは奪いすぎる。人生も、財産も、職も、家族友人も、社会で歩くことさえも、
健康も、心の明るさも、運のよさも、何から何まで。

とくに家族を殺された人間は厄介だ。戦国武将ですら、かなわない者続出。

おれをやったら、それでオシマイ。それはそれでかまわん。
だが孤高の天才を育てたコストは無駄に帰し、
日本はいよいよよきアドバイザーを失い斜陽を抜けられなくなる。

必ず来る「ああ・・・彼らさえいてくれたら・・・・弾圧や暗殺などと、なんてことをしてしまったんだ・・・・」
という日が。
再来年の日本は世界恐慌に繋がるような不安定要素の中で、経済破綻でいよいよ破綻する可能性すらあるのだよ?よくても、次第にばれる。貧相になってきたの が。
サプライズを連発できる軍師なくして、のりきれない。
学者やリーダーがいればイイというものではない。ブーイングや抵抗必至ならばこそ、裏方にこそ才能が多く必要なのだ。

ま、言うだけ無駄だろ?

だからさ、そんな日本で長生きはしたくないし、ころしたきゃそうしろと。自害する方法や場所に困ってるんだ今ちょうど。めんどくせ。

ふたりの弟の墓を眺めてさ、自分を責める日々を送るのもイヤなんだよ、カタキ取れる相手じゃなし。政府だのヤクザだの。
下の弟がころされたの、まだ二月だぜ?????


先週も、また近隣の古株ガソリンスタンドが潰れてた。新しい、レーンが多い、数を稼ぐスタンドじゃないと、生き残れない。
体力のある企業以外は皆潰れてゆく。国も金融機関も、だれも助けない。

助ける仕組みを作ろうとすらしないからだ。
むしろ政府や与党官庁は、面倒になると裏社会に投げる。新聞屋やサラ金がいい例だ。
だからあんがい、賢くなく、経営センスがまるで無いのだ。庶民市場を含めた国内市場でのサービス業経験が無いから。


常々言っている。日本は先進国Bricsでも際立って、経済状況的に不利であると。

日米比較でも、むこうには意見に垣根が無い。
こっちだと、やれ先生だのシノギだの、挨拶だ無礼だ何様だ、と。

無論あっちだって、経済格差による教育格差や、ユダヤ白人が政治家や学者を占めたり、色々あるけど、
日本よりずっと、言わせる。言わないのは罪だ。面白いヤツには、やらせる土壌がある。

知的分野、民度、様々に、不利。下層市民は、タブーが多すぎて、何もしない、できない、のがフツーになってるから。

やくざにタダ働きで利用されてれば、何を提案してもよくて、
そこを抜け出したらもう一切駄目で、

無茶苦茶だろう。米の教育格差とはもっと異なる、マフィア私物化国家のような無茶苦茶さ。

条件が多いチームと、少ないチームで、どっちが勝つかは明白だ。
知的なスポーツ競技などで、日本が進出してまぶち当たるのはいつもこれだ。
タブーが多すぎて、欧米の自由度に太刀打ちできない。車体設計とかチーム運用などで。

ドーハの悲劇での日本代表は、素人が見ても硬かった。ガチガチ日本人を象徴し、野性的な動きがまるでなかった。
それこそ、日本である。
今の時代に、福田従来方式政権にあやかって逆戻りしたがるなんて、狂気の沙汰だ。
益々厳しくなる国際グローバリズムの中で、ノンキにも固有性で、貯金を食いつぶしながら、
マイペーススローペースで、国際市場で通用するような上策もなく、やっていくつもりなのだ。

さて


日の記事に、

ブーを

 取
   っ
    払
      う

意義を、追記した。

涙ものだよ、本当に・・・

http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071130/142020/
〜空気を読まない中国人、空気しか読めない日本人

/5

きょう多かったのは、
何度右左折しても尾行してくるクルマ部隊。

荻窪、意味も無く複雑な路地を次々曲がるんだがキッチリ付いてくる。
蓮田も同じ。深夜零時に、路地に入れば、まず後から車が来ることは無いんだが、この3年間で初だ。
で、ハイビームのままいきなり停止してた。


きょうもアルバイト先は右傾工作員だらけだった。
業務パソコンの壁紙が、右傾アニメの「グレンラガン カミナ」になってたくらいだ。
あすこでインターネットなんかやってる暇は無い。わざとそうさせた、圧力をかけた、と思える。

「岩井君が出てくればいつでも正義感でなんとかしてくれるんだもんね」
なんとも最悪の嫌味を投げてくれるのだ。さすが自分の家族を殺されたことも無い、若造右傾パシリたちは軽薄な励ましをくれる。

近所の工作員はこうも言った。
「おまえはなんかあるとすぐ日記につけちゃうから、殺しづらくてしょうがない。」
そうだ。


滅びのパターンはほぼ、伝承伝説のとおりのようだ。
あやしいものがはやり、
わるものが伸びて、
シンプルな正論を言えば抹殺され、悪くなって汚職をしないと生き残れず、
「我々は絶対正しいのだ」といっては、ウソをついたのらしい人々が次々と処刑されてゆく。

カルトや右傾が宿す気配は、まんまカルト気配である。「カルト神様」なのだ。
眼が三角で、融通利かず、怒鳴りつけないと気が済まない。
いつもノルマがあるように犯人探しをしている。見つけると小躍りして群れで襲い掛かる。
なんとも、野生動物的ではある。

TVCMに対して詐欺だ許せん殺してやる、などと本気で怒鳴ってるようなものだ。
些細な誇張や脚色、勘違いのウソなど、とにかく気に入らない。とにかく叩く。
敵意を感じたり、利益に反したりしたが最後、死ぬまで付きまとい、日々このようにネクラに陰湿につきまとう。

彼らの気配は、縛り付ける。霊が動作は禁止なのだ。
カルト好みの禁止事項がリストされ、それに該当すると動作を停止させる。そういう自動プログラムが業務システムにはあるが、そういうやつ。
なまじ神懸かりに機能するので、カルト当人たちは大喜びし、鼻高々で、他人や自分達が決め付けた罪人を見下すが、
傍観視点だと、その実装機能のザルっぷり、欺瞞、偏向、あれよあれよと見受けられるので、呆れるしかない。

たとえば、カルトがウソだと決め付ける項目は、口に出すだけで心臓を締め付け、脳を思考停止させ、無力化してしまう。
憑依的に人間にくっついてるエージェントプログラムが、否応無しにそうさせる。マンガでよくある描写だが、実在する。

テレパシーネットワークがインターネットで、
悪霊的なエージェントプラグラムが、業務システムのアプリケーションで、
ユーザはパソコンをいじりながら、マクロや検知プログラムに様々な制限をかけられている。そのセキュアポリシーを決めるのは横暴な企業幹部や、家庭だと親 だったりする。

まるでコールタール。カルト≒タール。

まあ、世界が社会がそういう事態になると、なまじ説教や批判をしても、潰されるだけ。
結局は、流れに任せるしかない。滅びても、無法状態になっても。


きょうも久々に会った知人が、公明創価のエージェントに成り下がっていて萎えた。
根掘り葉掘り家族やら最近の動向やらを聞き出す。
気配でこちらを威圧統制、”ウソはすぐわかる”発言、
なにからなにまで創価公明。創価大家とは手を切ったとか言いつつも、いまでも盆栽を送ってもらう仲。

手を切ったというウソよりも、気配や物言いでぜんぶわかっちゃう。悲しいまでに。
カルトと右傾以外は、ああいう風じゃないもの。すべてが。

 だれだれは心臓麻痺で死んだけど自業自得だよねー
 やつもいよいよあっちの世界行きだよねー

そういう言い方をすぐする。大事な感覚が麻痺している。


三鷹の西久保公園にも待伏せが居た。
だいたい、マトモなヤツと、キチガイとペアで来ることが多い。きょうもスーツの若い男と、うーうー唸ってる障害ババアと、変なコンビ。
俺が休んでる場所のすぐ近くへ、夜も20時の寒い時間に腰掛けたり、会話になってなかったり、
いますぐやっちまうか、やるかよ、などといきなり凄んだり、
安い自転車のくせに「こないだ車輪が回らないとかいわれて、車輪だけ交換したんだよねー」
とか大嘘こくし。ふつう安物は車輪替える前に買い換えるだろ。

こういうやつらは、相手が苦しむとわかってて、威圧気配を放つ。プレッシャーで傷害や殺人を行う殺人工作員。

 ◇

きょうも得意げに
「神は実はキリストもイスラムも仏教もぜんぶおなじのが化けてるんだよ」
などと悦に入って話していた工作員。

だが、密接に頻繁にやつらと接すれば接するほど、”人”でしかない。

天皇の話をすると、いきなりニンマリさせ快調にさせたり、
批判に転じるといきなり心臓を締め付け混乱させ会話を中止させたり、

あからさまに、人為に過ぎない。もしくは王と神が結託している構図。

つまり、霊界は肉体界の次のステップでしかない、のだろう。
死してむこうで、「株式会社 神」に就職させられる。
そこではキリスト部とかイスラム部とか部課があり、人間界むけの対応マニュアルも揃っている。

実際、支配者が教える”神”とやらは、経営者にソックリだ。
過労死寸前まで働かせ、ボスを称えさせ崇拝させ、会社を絶対視させる。
まるで会社や仕事は、パラダイスにおけるバカンスのような、そう思いこませる。洗脳だ。

だが、天界とて脱サラ組やNPO人権団体や、適当にその日暮らしをしながら人として大事なことを問いかけるような、
様々な「神」がいるはずだ。いや実際、いる。
だがマフィアたる悪魔や、上司の神が怖くて、うかつに施しを出来ないのだ。このへんは、古代以前の神話に、武力衝突のストーリーが数多いのでも明白。神悪 魔も利権抗争をしたのだろう。

老世代までは、まるで王様を絶対的にあがめるように、神も疑問を持たず崇拝した。
だがいまは違う。若い世代は神の実態に疑問を持つほうがいいと思う。
神話や国家が説く本質や前提と、この世の中の実際の理は、あまりに違う。
しかも本当の本質ほど、なぜか、言ってはならぬ不文律、強制がある。

まさに、人間界は天界の生き写しだ。


だいたい、カルトや右傾の手下として、浅はかな軽い気持ちで、やれ許せないだの断罪だのと、
尾行ストーカー嫌味野次、プレッシャーでの傷害行為に及ぶ(プレッシャーでも疾病や怪我は引き起こせる)

若い連中は、おもに20代前半までの、

浅慮にも程がある。人の命や人生を奪うとか、そういう意識ではとても、ない。

昨日からして「ざまあみろ、今まで散々威張りやがって」

だもんな。ざまあみろ、程度の意識だよ。子供の喧嘩レベル。
むしろ、子供っぽい部分こそ、悪党の母体側は利用するわけだよ。
やれ、いばったの、厳しかったの、学校教師へしかえしする中学校卒業生みたいな。

自分が師範や、道を説く説法者になろうという気概はどこにも無い。
自分らはモヤシとして、集団で、物言わぬ受身に徹して、秀でた人間にぜんぶおしつけるくせに、
なにか気に入らないと溜め込んで、しかえしなどと言い出す。

PTAや、マスコミや、企業クレームの低レベル化が、日本そのものを現している。ガキオトナの蔓延。

日本は終わる。
ソフトウェアな部分、支配、統治、治安、などの面が皆、カルトの霊的なプログラムに汚染され、蔓延され、精神的低年齢化し。
カネとチカラさえあればどんな業界にも押し売りして、どんなひどい作品や製品を作ってもいいという意識。
90年代までの日本では大した懸案じゃなかったこいつらが、悪魔の追い風を受けて伸ばしてしまったことで、
今までと違うマイノリティによって、日本は滅びる。

例外はある。

右傾とカルトが謙虚になること。
断罪活動の一切を一度、中止すること。”客観視を委任されたエンジニア”に再設計させること。

裏だから横暴に何でもできるというのなら、それはジオンダイクンの思想を捨てたデキンザビであろう。
最低限、人をたすくの志は捨てなかった。今と昔とでは少なからず、裏の役割や姿は異なっていた。
これは裏自身が認めている。経済に手を出すようになり、国外とつるむようになり、ただのマフィアになったと。

神悪魔も、暴走はいくらでもさせてくれる。けれど伝染病は猛威を振るうと感染源を壊滅させる。ウイルスも生きてゆけない。

全体統制が必要だが、90年代に入るまでは機能してたのだ。安定期だから。
いま、どれだけ強引に統制した所で、どれだけ優秀なプランを導入した所で、
方々が勝手をやる図式を、そうそう抜け出せない。個人に無断で勝手に増税をやらかす自分勝手なトップがいるから、というのもあるが。
自分の利権にこだわりすぎる。だから利益が欲しくて皆が勝手をやる。
シェアクローズドがアタリショックを起こし、フリーオープンを自然と受容するようになるまで、まだ時間がかかる。

人間の手に余るのは核兵器ではない。カネである。政治権力もカネにはかなわない。神は有り余るカネで試練を与えているのかも。

類似
http://business.nikkeibp.co.jp/article/pba/20071127/141653/

/6

人々が同じ伝染病に罹患し、
まったく同じ反応しか示さなくなった、極端な時代。

神に酔いしれる。溺れて、飲まれ、下僕となり、疑うことを知らず、
ほれ神はこういってるぞ、すごいだろ、お前のことはなんでもわかるぞ、わるいやつめ。
・・・という割りには、栃木今市など、凶悪犯は今でも捕まらない。自慢してる人の仕事の評価や家計簿ひとつ優秀ではない。GDPに影響が認められない。
カラクリがある。

神悪魔に酔わせ、リモート腹話術のままに、サトリの領域の言葉を「言わされて」も、最新ゲーム機を自慢するユーザーに過ぎない。誰でも買える。
だがその真価や、裏側を、知るものは少ない。使いこなせるやつもまた。

自己で抗体を完成し、自我温存を図りながら、すこしでも”人類の延命”を、試行錯誤する一団。

 ◇

隣室の村田夫婦はきょうも、こっちが書いてる内容次第で壁を叩きやがる。
鬱陶しい。工作員だらけのこの近所。


あの手の連中は、まさにオレオレ詐欺であり、組織暴力の配下である。
つねに脅し、たかり、恐怖の配下に縛り付けようとする。

「成果でてねえぞ」(どこにも所属も契約もして無い)
「金返せ」(そもそも借りてない)
「裏切りやがった」(よって裏切る道理にはならない、何をしようがこちらの勝手だ)

まあ、あんなじゃ、たとえ日本を征服したとしても、
誰も幸せにはならないんだろう。
儲けを出しても長続きしないんだろう。長期安定経営というよりは、転々としている怪しい会社になる。

悪魔のネガティヴさに、溺れ、いつも人の不幸をエサにするような人種は、
未来永劫、不変に、報われることは無い。
できてしまうということは、死人が世の中を動かしつつ生人が墓に眠るようなものだから。

悪にも歴史上、波はあった。苦難の時代には救済や抵抗の勢力だったりもした。
その意味で、いまは最悪なのだろう。カネも力も人数も有り余っている。

/7

案の定、流れに沿って、ケンカを売られてしまったな。

グリーンハイツの隣で、プレハブでなく時間のかかる戸建建築をしている連中だ。

たまに、熱に浮かれたように、絡んでくる。大騒ぎして野次を飛ばすようになる。
つまり、「原因となる人物の有無が大きい」、いつものパターンだろう。

工作員がやってくるか、元々いる工作員が仕掛けはじめると、周囲が一斉に騒ぎ出す。
この近所では、大抵の場合は土建渡辺家の小学生兄弟たちだが、今日操られているのはこいつらというだけの違い。

今もいきなり大声で騒ぎ出した。原因工作員がいる証拠。16:55

やつらは気配越しに、テレパシー越しに、思考傍受している、異能力者だ。
だから常に反応してくる。チャットにいちいち絡んでくる荒らしみたいなもんだ。

昼過ぎ、やはりいきなり騒ぎ出した。次々に誹謗中傷を繰り返した後「だってしょうがねえだろ全部聞こえちまうんだからよお」と言い訳を始める。
外へ出てけんかを仕掛けるように仕組まれる、よくあるパターンだ。ガマンした所で抗いきれるものではない。

目がおかしい斜視の老人職人が、挑発する目でこちらをニヤニヤ見ている。
「きやがった」、などとさりげなく小声で話し、通過すると「なんだ、やんねえのか」と逃げ腰呼ばわり。
他の若い職人は当惑するばかりの中で、この斜視ジジイだけがニヤニヤしている。
結局、にらみ合いだけで消沈。

その気配を体内に残したまま近所の711へゆくと、寡黙だった店員がやはり付和雷同的にいきなり喋りだす。
「違いないや!」
でまた黙る。客対応もして無いし、喋る理由は見当たらないが、直前におれの頭に響いてきた
「とっとと帰ったほうがいい」
というテレパシー声への賛同としては、ピタリ一致する。

万事皆がこうなる。オナモミみたいに付着して追尾してくる悪霊工作員、みたいな。
モバイルであればこそ、どこへ行っても同じ反応がある。

次にカインズへゆくと、ここもどうやら尾行工作員が混じっている。
寒気が起こると止まらない、念術使いが混じってるときのパターン。
レジで後ろに並んだやつがいきなり思わせぶりな会話をしたり、
外でベンチに座ってたヤンキー崩れがおれを確認すると立ち去ったり。

 ◇

夕方に、その大工達と一緒になって騒いでたのが、近所の工作員の一味、古田家。

あやしい見慣れぬ車、黒のトゥデイ大宮・122。こういうのは、仲間の工作員が乗ってくるものとパターンが決まってる。
そのジジイと、門前でべちゃくちゃ大騒ぎしていて、聞こえるギリギリで「とっととしねや」とか言うわけだ。

そもそもこの古田のババアこそ、引っ越してきた当日に物件のまん前で待ち構えていて、
嫌な気配を漂わせながらちかづいてきて、なにやら話しかけてきた、典型的な、隣組系の監視工作員だった。
周辺を操り「追い出すぞコラッ」などとわめかせる。狂気、まさに狂人の徒。

夏祭りに参加しないだの、
挨拶がおろそかだの、
イチイチ、人様を採点するような行動が目立つ。しかも偉そうなのだ。役人と繋がっているんだぞという態度。

日本が極度のキチガイ空気に支配されてしばらくになる。支配者選出を誤ってしまった全国民の罪は重い。


おれが追い込まれるような国や世界はどの道、長持ちせず潰れる。5年間不変の主張は、やはり真理なのか。

人を罵ってばかり、どうやったらしぬだろうなどと本気で悩んだり嫌がらせするような、
そんな集団や社会が、いつまでも維持できるはずが無い。

なぜなら、それは神悪魔が、滅ぼすためのトラップとして、仕掛けているからだ。
気付けず、気付いても振り払わない、つまり静寂であれば、伝染病と同じ末路が待っている。
おそらく病気も狂気も、仕掛けているのはおなじ神悪魔だろうな。今度のトラップは手ごわいぞ。

多くの人間は実は、気付いてはいる。「自分たちは狂ったことをしている」と。
ただ、深入りも、詮索も、禁じられているのだ。
心臓が痛くなったり嫌な気分になったりして、阻まれてしまう。

いまのところ、崩壊滅亡まっしぐらだ。いい材料が無い。抗うしか無いのに誰も抗わないから。弱い。


もっと、人の痛みのわかる、やれ攻撃的に強引に、徒党組んでまで、他人を捻じ曲げようとしない、
当たり前の人間に、増えて欲しいのだよ。いくら”空気洗脳”のせいと は言え、なんで異常者だらけになってしまったのか・・・

 ◇

このところ、追い込み弾圧の強化に伴い、寝てるときの夢も操られてばかりだ。
昨晩は、海外へ渡航するために空港まで行くのに、あれこれ邪魔が入ってサッパリ搭乗手続きできない。

やけに具体的な工作員達の姿、具体的な手法、
これはつまり、個人の脳だけでみてる夢ではなく、外部から思考盗聴され、ハッキングされ、
外部の多数の脳内イメージが補完しているというわけだ。

で、老人はやはり冗談すら通じないという、裏づけにもなった。
http://kasumin7.web.fc2.com/m0712.html#6-3

昨日の記事を真に受けているのだ、この近所の、外見はフツーの3世代家族一戸建住宅の、暗殺監視工作員は。
http://kasumin7.web.fc2.com/m0712.html#6-1
 おりゃ機会を見て海外へ出るわ。

どうせ昼の古田か、石井、岡田、グリーンハイツ、どれかだろう。


おれのような弱者を追い込むほど、自分達、国家や社会の全体を追 い込んでいると、なぜ気付かん。
ネガティブ心理の弾圧の連続が、国風をドンドン悪魔化し、ろくな取り組みがなく、あっても進まず、温故知新どころか断固封新で。

近所の工作員は、ふつうに亭主が稼いで来て家や車があり子や孫がいるくせに、暗殺や監視をするろくでもない、罪の意識が無い、悪徳世帯である。
そんな頭では、「なにをいってるんだ」くらいにしか思えないらしい。
そんなノンキでしかも、日常生活のなかで暗殺をこなすような、アホが 減らないから、国が滅ぶまで気付かないんだ。


逃げ切ったか“額賀、久間、石破と福田自民”http: //gendai.net/?td=20071207
ビデ倫 警察に“異例”の要望書http://gendai.net/?m= view&c=010&no=20127

日本社会が狂ってゆく。誰も止められない。おそらく半分は諸外国が誘導してる”罠”なのだが。欲としがらみは、誰も拒否しないからなあ…
支えるべきを支えず、改善すべきをせず、すべて昨年と同じを旨とする。

 ◇

リフォームが終わったはずの北隣、岡田家に、またおなじリフォーム屋が。
要チェック事項。
「政府依頼 裏社会請負」のようなケースだと、よくこういうパターンになる。近隣に絶えず工事が入るように入念に仕組まれる。

午前中に近所のスーパーへ。やはり待伏せがいる。
強い恫喝口調と威圧気配とで、「いつまでやってるんだ、てめえ!」

連中の内部シナリオでは、自殺確定になっているのだ。だがこの5年間、そのシナリオは不変だ。
検察警察が議員や役人相手にそういう”国策逮捕シナリオ”を作っているように、やはりこの手のが絡んでいるということは、政府が絡んでいるということだ。

行き過ぎている。首脳陣は狂気レベルで高度さを求めているが、(確かに世界有数に高度なのだが、ある領域では)
むしろ国際的には遅れ続け、生み出すものが減り始めている。
努力のやり方が間違ってしまっている。これではいくら努力しても 体が疲弊し病気になるだけだ。生物の原理原則に反している。

そう、「PS3= 政府(官庁、政権)」

今までの延長線上で進化したってもう、世界は相手にはしないの に・・・
増税にしたって、従来の規定路線でしかない。無駄遣いや無駄構造を改革改善する気は無い。

「日本人はまるで完璧な役者、みな親切で礼儀正しく・・・」と外国人は言う。
それは、役人や草公安スパイたちに”完璧に操られてきたマリオネット”だったからで、中々Bricsや欧州は追いつけなかった。

だがもう違うのだ。日本は追い越されてしまった。主役は中米同盟 であり、日米関係はツユと消えた。
中国、製品作りはひどいが、サービス業の応対はもはや日本人と変わらん。多少ザルでも日本の10倍売れるのだ。人口が人口だし、米国の受注を一手に請けて るから。

はやく気付いて、身に染みてくれよ。間に合わなくなる。もう間に合わないとしても、もっと取り返しつかなくなる。
プランはあるが言わない。発言したら殺すと、政府系統の工作員が脅すんだから。


参考
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20071206/142512/
高機能、新技術では、なびかない


以下別枠で考察
 特にエコバッグは30代、40代、50代の女性のランキングの1位を飾るほどの人気だった。

1.5万円とか5万円とか30万円とか200万円のハイセンス・エコバッグを出せば、スーパーの袋はあまり持て囃されなくなるだろう。
5円ででもビニールの袋は買いたくないのだ。それが消費者心理。
co-opのように戸別配達を充実するのもいいが、やはり買い物やお料理はレジャーでもあるから、いち手段に過ぎないね。

普段から持ち歩けて、内装を洗ったり交換できて、オシャレで、実用性も高い。親子亀のようにダブルトリプル内臓とかね。
ヌ レンザのような職人の作が、売れる。はやる。PS3や与党執行部や従来方式の選挙など、だれも見向きもしない。(いや実はPS陣営は作 戦変更で逆転中なんですがね)
ipod-ecobagを売り出せば、メガヒット間違いなし!?

 ◇

夜の散策。
帰宅すると、隣室の村田夫婦の亭主、つまりは今年の春から挑発姿勢を通してきたナンパ男が、
待ち伏せるように表に立っていた。ものすごい威圧気配だ。

態度や言葉でいくら飾ろうが、本性は出る。
なによりも、気配が威圧的(昔から殺意や敵意を呼ばれてきた)は最悪だ。根が悪党か詐欺師の属性ということだ。
こいつを初見したときから、ひたすら気配により攻撃されてきた。挑発も数知れない。いちいちこっちにピタリあわせて飛び出してくることも多い。

それが、こいつの本性ということだ。

言葉がとにかく軽い。普段から人を騙し仮面をかぶることに慣れているということだ。

「へえ、すいませんねえ迷惑かけてばっかりですねえいやあどうも」などとクドクド聞けば聞くほど、

むしろ怒りや呆れや嫌気が増してくる。謝ってなどいない。白々しいまでに。

相手にすればするほど、相手の気配に飲まれ、操られやすくなる。
こいつはそういう概念を知っているから、謝りながらもこちらが返答するとすかさずマシンガントークで攻め込んでくる。

今日も何度となくあったが、
日に何度も壁を叩き威嚇するような連中だ。いや、ブログなどの内容を検閲しつつ警告する「検閲係」といったほうが正しいかな。


右傾とカルト宗教は、この技術を使いまわしている。政府はそうした脱法悪事を影で利用している。
水面下がこうしてあやしい悪魔になって行くほどに、
なるほど、明快に、日本はドンドンおかしくなってきている。

いやほんとうに、褒める所は減り続け、おかしくなってきている。


隣室の村田も
その上の岩田も、

なんでかネズミ男に似ている。やはり卑しさは、外見に出る。
数ヶ月前にこう書いた途端、壁を叩いて暴れだしたっけなあの男は。いまは赤ん坊がいるから渋々自重ってか。

さて、こいつと無駄な話をしながら鍵をあけると、抜けにくい。まさかこいつが鍵までいじってるとは思いたくは無いがなあ。
なんせ牢獄だの罠物件だの、工作員の方から公言してくるくらいだからな、ここは。

先週に胃腸への集中攻撃を受けた際も、真夜中4時に壁をぶったたいて起こしてくれたのはこの隣室だった。
つまり電磁波殺傷兵器も、隣室にある可能性は低くない。


ああくだらん。
まるで日本全体が、”大荒れの低レベル高校”みたいになってるからか、
苦言を呈するほどにこういう下らない人間が寄ってくる。清清しい論客ではなくて。
こうして無駄な数十行を足さねばならん。もっと正常な国なら、この日記自体、なかっただろうに。いまも普通に暮らしていた。

自分の国が、関わらん方がいいような風潮になるというのは、実に空しい。

 ◇

エスパーも結局は、

テレパシーの知恵に振るか、
サイコキネシスの武力に振るか、

分かれるようだ。むろん、人間だろうがエスパーだろうが武力に振るのは変わらず阿呆だ。
べつに知性が向上するわけじゃない。人間も人間性もそのままに、エスパースキルが増えるだけ。

/8

さて、いきなりフロント企業派遣会社が仕事持ちかけを渋りだして、
こうした「微妙な流れ」を静観してると案の定、朝青龍が怪我してハンカチ王子が右肩に違和感だと。
こうなるとつぎは松阪かイチローか松井あたりなんだよな。あんまりこういう言い方は控えてるんだが。

政府系の運命魔術師は、たえずオレを悪者にするシナリオを仕組もうと糸を引いている、
災厄は皆コイツが仕組んでます、的な風説流布を、なんどやられてきたことか。一昨年なんかスマトラ震災までぜんぶ俺のせいにされたよ、蓮田市役所職員(実 際は公安)に。
カルトや右傾や公安が大人数で信じ込んで襲い掛かるから始末におえなかった。あいつらは上から吹き込まれたら全部正しいからな。

ま、今のオレにとって、日本も、世界も、支えてやる価値なんか無いんだよ。恩を仇で返す連中揃い。
虜囚の、利用価値の有無としかみない。高慢な見下した態度で、召使としてつかってやるかやらぬか、そういう態度しか取られたことが無い。


終わってる世界では世界とともにオレも終わるしかない。
悪魔しかいない魔界では、天使は汚され滅ぼされる運命にある。

色々な伝承、歴史、などと照合しても、
人々、つまり社会や国家や人類、ちょっといやかなりヤバいレベル に達してきている。

自分達で自分達を制御できない。状態認識も出来ない。本能的判断力の催眠的麻痺。
しかも人類を操る連中も何だかおかしい。上 位は上位で催眠状態なのかもしれない。霊界なのか、王族や霊能師なのか、不明だが…

神話は過去の事例を示す、神と悪魔の、地上界へのジャッジメントパターンも。
それは別次元や異星での先例だったかもしれない。

それだけ裏づけとなる資料と照合して、ヤバイと結論される。

神であるウルトラマンが左傾に与するのは、そういうことなのだろう。
仮面ライダーは悪党と紙一重、都市の市民だから、右傾になる。

以上、狂った集団に追い掛け回され始まった2003より5年間の経験を踏まえた、私見である。

 ◇

備忘録再記

電磁波を撃ち込む、殺傷兵器がある。右傾や政府など謀略組織の工作員の家には必ずある。

色々な機能がある。詳細はこ ちらにも。

・各内臓の制御信号
・脳内音声と錯覚させる信号(共に、脳波擬似信号)

・壁など物体を振動させる
・物体に熱を持たせる(共に、レンジ効果)

誰かの心臓発作の信号を撃ち込めば、誰でも心臓発作になる。
ある脳内言葉の信号を記録すれば、ボタンひとつで同じ言葉を送り込める。

だから、毎日、まったく同じ言葉が、飛んでくる。抑揚まで同じ。
日替わり定食で、心臓、胃、甲状腺、などと、臓器によって同じ場所が痛んだり締め付けたりする。


で、外を歩くと待伏せ工作員はこう脅してくる。

「すべては妄想だ。忘れろ、じゃないとひどいぞ」と。

だが言う事を聞けば、家族が殺されたことも忘れることになる。
しかも、なにも言及できないまま、むざむざ殺されてゆくことになる。自殺や病死という形で。
だから、こうして記録されることをあいつらは嫌がっている。

 仲間になるのやーめた
 友達だろう

バカにした騙りかけも珍しくは無い。だがしょせんが不良ややくざの常套文句でしかない。
悪事に引き入れるためのまやかし。
で、突っぱねてるとむこうも付け上がってきて

 ここは牢獄だぞずっと幽閉して無力化してやる
 ここでゆっくりしにやがれ

などと凄んでくるわけだ。日夜ずっと電磁波を浴びて参って疲れ果ててる体に向かって。

この悪魔振りが、痛みや悲しみを忘れた非道振りが、国を世界を滅ぼす原動力。
どんなに表ッ面を虚蝕しても、世間全体の呪わしき流れは加速するばかりだ。

「もののけ姫」じゃないが、
アシタカがクビをお返しし、上下問わず全国民みなで平身低頭するしかないのかな、とは思う。
だが誰もそんな気は無いだろうな。とくに政府系カルト右傾は。。。じぶんらこそ正義、主流、という驕りに満ちてて。
汚れも綺麗さも、言いも悪いも、ぜんぶ認める姿勢なんだろうかな、大事なのは。
それは断罪糾弾に躍起になるバッシング屋が正しいというのではない、。あれはむしろ世の中を悪くする。魔女狩りを煽ると世の中は魔化するからね。

陰陽道、陰陽の均衡を。バランス取りを。アンバランスでしょうがない。

 ◇

起床一番、
「喰らい付いたら離さない」
という脅しテレパシー。夜通し、こういうのが散発していた気はするが、内容までは覚えてない。

アホが蔓延している、だからアホで気味悪いことばかり起きる変な国に成り下がっている。
知性も闇へ向けばろくなことはしないけどな。

平和な土地をわざわざ戦場にしてしまう。平和な生活を追い込んで潰してしまう。
争いばかり拡大したがる、利益的な部分は想像付くが、実際に実行するヤツの気は知れないね、やっぱ。

融通が利かない。昔なら、子供だからといわれ、高校生にもなれば自然と捨てていった部分。
だがいまの徒党はそれを誇る。「おれら融通きかねえからよう」15年前のヤクザもこういう風には迫ってこなかったがなあ。
では、年寄りが偉そうに昔ながらに”矯正 指導”とやらを展開すればいいのではない。むしろ彼らこそがこういう若者層を作っていったのだから。

彼らは
「新人類だ」とか、
「最強だ」とか、
若いのをよこしてきては、誇示したがる。

だからなに?と。

消えていった新製品(開発系統)なんていくらでもある。
魅力がたとえ磐石でも、使い方を間違え、アピールがダメなら、消えることはありえる。※

少なくとも、おれに対してのアピールは最悪だ。

あんなやつらが”製品”だとするなら、はやく”市場評価”によって”立ち消え”になって欲しいね。
家族を殺され一家離散を余儀なくされ職も人生も失い、いい事はなかった。


いちコンポーネント(組み込み機能)として、
魅力あるプロダクトの後方支援をする。
それしか、やろうとは思わない。今は。

かつてシキってたひとが、そのシステムを見限り、捨てて、協調と互助、機能提供に終始している。

それを見習うか、裏切りなどと罵ってシステム維持に努めるか、これで日本は決まる。
メインフレームで続行するのか、NWトランザクショナル系でゆくのか、という。


小泉政権の成果も、非常に優秀な部分を、非常に劣悪な部分が食ってしまい、立ち消え、継承されず、今に至る。非常にもったいない。
そして今の政権は優秀も劣悪も冴えが無い。やはり”時代遅れ”といわざるを得ない。暴力的弾圧はいまも不変で残してあるし。これは政権交代しないとなくな るまい。


http://www.chiyoda-corp.com/index.php
この会社の社員PCから、頻繁なアクセス。
千代田と聞いていい印象は無いが。


/9

また、操られた。睡眠中の夢を。公安系工作員の仕業。これで3日連 続。

サンライズの製作現場へ行き、
表向きはニコニコされて、
実質は疎まれ追い出されてしまうという、

現実でも良くあるパターンだ。

まあ、そんなわかりきったことを夢の中にまでストーカーしてきて、見せる。
いわゆる恫喝、揺さぶり。

歯がゆいが、役にたつこともある。苦々しい。
方々、そういう認識であろうよ。実際は。
あとは、本人が個人で無償でやってるのに、間に入って面倒な金だの恩だの言う連中を排除するだけ。

おれが手を出さないと、もっとひどいやつらが手を出す。
ガンダムダブルオー、らきすた、ひどすぎて黙って見ていられなかった。

視点を変えれば、おれは充分に「防波堤」なのだから。あんまりいい役割じゃ無いけどな。門番だの用心棒だの。

 ◇

昼過ぎ横になると、心臓への電気ショック作用。
電磁波を打ち込まれている。擬似脳波信号の。
ほんとう、この地域は、代わり映えがしない。
いつまでもいつまでも、慣例どおり、ヒトを追い込み、殺すのだろう。

結城市の実家もそうだった。みな疲れきっていつもゴロゴロしてた。
電磁波を打ち込まれると新陳代謝が衰え、単純疲労も重なり、意欲減退する。
胃腸、心臓、肝臓、甲状腺、様々に病んでゆく。

こんなシステムはなくても支障が無い。
ただ、予算だの利権だの、政府や裏社会など組織の都合で存続してるだけだ。
廃止せねばならない。


おれの平穏は、幸は、いつやってくるんだ。

これをないがしろにすることが平気な世の中が、どうしてよくなるというのか。誰かは犠牲になって当然では、小泉以前と同じだ。民も小泉も同一。

 ◇

土日は、洗脳攻撃が激化。お決まりのパターン。働いてるヤツも家にいるから、実質上の応援要員だ。

いつもより鮮明にテレパシーの野次が飛んでくる。
「家を出るな、ここで死ね、」
出かけようとすれば、
「おいおいおい、いいのかよ」
女の笑い混じりだと、気配越しにわかる。

さっき嘲笑混じりで外へ出てきた、アパート202の岩田。その女のほうか。
「互換性がねえんだよ」などと伝言野次を言いながら下りてきた。
ここはこの付近では最も露骨に右翼ヤクザ系統だ。昨年も車でひき逃げしようとしてきたり、伝言が露骨だったり。
102と202は属性が似ている感じはする。

気配で人を操り、もっとマクロに世の中を操り、
気配によって暴力も監視も成立し、
職も命さえも、奪われる。

日雇いバイトすらやっと。どこへ行くにもテレパシー越しにバレているから待伏せがある。
そのようなヤクザ監視下日本で、苦しい生活を強いられている。

気がつけば、自宅にしばらくいると、
すっかりテレパシー洗脳が染み付き、
自信を失い、有害電磁波を浴びせられることにより毛細血管に血が通わなくなり、

相手の思う壺に弱体化している。国会議員や大臣でさえ、この”精神破壊のテレパシー工作”によって自殺していった。

 ◇

さいきんは自殺誘導されても、回復しにくい。

組織悪は連帯して、
テレパシーとサイコキネシスによる「追い込みと監視のシステム」を盛んに濫用し、
”裏支配”を実現し、”政府と結託”している。”支配委託業務”であろう。アウトソーシングだ。
なのに、それに抗う、被害者をカバーしてやる、レジスタンスが無い。

フツーの大人とやらが、なにもしない。
やれ政府機関だのヤクザという話になると、むしろ会社ぐるみで協力してしまうか、無視している。

こんな日本に愛着がわくはずが無い。

自分は一生こんなみじめな境遇で、誰の助けも受けられず、いずれ野垂れ死にが待っている。
これだけ無法国家、私物化国家、なのに嘘っぱち報道が流れ、「まだ豊かです、まだ治安はいい、狂ってなんかいません」

自分が動けば、賛同者が出てくるのが普通の世の中だ。
全く出てこない、異常で、弱すぎる国には、絶望し、愛想が尽きるのが当然だ。右傾悪以外に、どこも動かない。味方役さえ、こいつらが用意した役者ばかり。

 なんもしてやりたくないし、
 無理して生き残りしがみつきたいほどの”魅力も無い”。

おれの日本は世紀末で終わっていたのだ。いつのまにか国民皆で悪魔に変貌し、政府からは牙向かれていた。

きのうからして、202岩田102村田、工作員達による尋問と拷問は激しかった。
散々弱気にさせておいて、心臓に電気ショックを走らせ、
「もうやらないと誓うか?」
と、まるで警察そのもの、最初からこちらが悪と決め付けられてい る。

テレパシーもサイコキネシスも運命操作も、散々悪用しているのは裏社会と政府与党だろうに。
公明党が与党になる以前は、ここまでひどくはなかったんだ。創価だのオウムだのカルトが大きくなるほど、世の中は魔術的でおかしくなっていった。

しぬ機会は探しているが、
生きるチャンスはもはや無いものと割り切っている。

そこらじゅうにあるカネも家もバイク車もレジャーも食べ物も、おれには永久に手に入らない。
手に入らないのは幻と同じ。
ここは幻、幻惑の国。

俺が滅びようが、国や世界が滅びようが、それは幻でしかない。
ロボットのように操られロボットのように同じことしか言わず、
そして世界はマボロシときたもんだ。

そりゃ、現実でもない、人間でも無い、
魅力を感じるはずは無い。
ファミコンはいずれ飽きる。

このファミコン世界の全てが滅び、地球さえ真っ二つになり、
そしておれは現実世界へ戻り、数年ぶりに人間と再会できますように。

 ◇

ファミコンといえば、またゲームみたいな出来事が。

先週月曜、佐野の山中に出向いて、猟師に脅されたと記事にした。
きのうは銃の事件が二つあった。隣家に猟銃乱射して死傷者が出た事件と、銃の暴発で子供が死んだ事件だ。

裏社会は、よくこのような仕組み方をする。
やくざ系に脅されて帰った翌日に、福知山線の事故が起きたのはいまでも鮮明に覚えている。


/10

監視してくる加害者組織側を、逆監視。

基本的に、ギャーギャーつっけんどんに騒いで脅す、ヤンキータイプ。ああいう属性の人間だ。

テレパシー野次の数々
「地域が問題人物を監視しているのだ」
このへんは老人世帯の声っぽいな。任務とかオカミというのに弱い。夢中になってしまう世代。

整備記録をつけてると
「そんなもんどうでもいいだろ」
絶えず茶々入れしてくるし、プレッシャーをかけてくる。
「ったく強くなったり弱くなったりややこしいいやつだ」
知るか。

むこうのほうがどうも、多数の配役を使い分けるのに慣れてるようだ。
さすがテレパシーという、自作自演やしらばっくれが容易な媒体だけはある。

・隙があるとヤクザの手下みたいに突っついてきて
「このやろうとっととしねよ」
・弱音を見せるといきなり味方役に変貌する
「私がついている、自分は敵じゃないよ」
・無関心の他人に変貌
「こっちも忙しいんだから、放っておいてくれる?」


ウソついた、ということに非常に敏感だ。総会屋、バッシング屋の根性。目ざとく見つけるたびに報奨金でも出るのかもしれない。
断罪は断罪が目的になると逆効果になる。
彼らはそれをわかっている。手下はわかって無いが、教えてやるとしばらく黙る。
元々頭が弱いから、正論には黙するしかないのだ。

結局、誹謗中傷バッシングでネガティブ一直線でも、
ポジティブや表の側を萎縮させるだけして、表裏共に袋小路にハマっている。

裏が変わるしか無い。
裏のほうが今や強力なのだから。
そこで、うるっせえ!などと突っぱねたって、表裏共に話が進まぬだけだ。
誰を傀儡ボスに据えようが、なんも変わらん。

支配とか統治の、改革改善の、本質に迫るほど、これは避けては通れない。
この点では、やや避けて通”ら”ない議員や役人の方が上手ではある。しかし応用性がなくお堅い。


ちょうどいい教材が。

いいかげんにしろよ!安倍前首相 本気で複権だって (ゲンダイネット)
 再登板なんて聞いたら、日本中が失笑するのじゃないか。
 それにしても、国会会期中だというのに、よくもまあノンビリと帰省などできたも のだ。
 無責任な安倍晋三のせいで一体、いくら税金がムダになったと思っているのか。

 「安倍首相が突然、政権を放り出したために国会は1カ月も空転した。国会は1日 開くのに3億円もかかる。
 これだけで90億円近くの税金がドブに捨てられています。
 今回の里帰りだって、なぜ国会会期中に行くのか。墓参りしたいなら、閉会後に こっそり帰省すればいい。
 わざわざ前宣伝するから、警備が必要になり、また税金がかかります」(関係者)

 この男の「KY」ぶりは一生、治らない。


こういう昭和左翼新聞の書き方は一見もっともだが、他人面だ。

国会議員になったら最後、なにをするにも金はかかる。
実は平民だって、管理職程度だって、金は相応にかかっている。
議員だから大臣だから、コスト計算をして虐めよう、というのは本末転倒、無駄無意味。

夕刊ゲンダイを刷るのにいくらかかってると思ってるんだ!無駄遣いKY新聞め、 と言いたい。

おれはヘイトサイトもヘイトニュースも嫌いだから。
ヒトを叩く前にプロジェクトを見直し、自分でやってみろといいた い。
見渡すベクトルが既に間違っているし、頭が悪い。

 相手の立場に立ってものを言う。
 相手の立場になりきって、代案や対案さえ出してしまう。

それくらいのことを、出来ない人間だらけだ。いまの日本は。
都市銀が運営しているITシステムホスティング運用の現場でさえ、つまりは結構な頭脳が集まる場でさえも、同じ頭だ。まさにバッシング攻勢、他人面、
「んじゃやってみろ」
上司だろうがトップマネージャだろうが、頭を下げるしかなかった。「いや、こりゃたしかにできねえよな・・・」

ゲンダイに政権を取らせて見ろ。日本は半年で頓挫するだろう。


KYM、「空気読む」人間たちが日本を停滞後退するにまかせ、、食いつぶす。自分達は何もしないで。
ITシステムですらあれだもの、いわんや国政決定の現場をや。

最近のおれがいつも同じことばかり言うのは、つまりタスクがウェイトのままだからだ。
世間がサッパリ進まない。これでは俺も進むことが出来ない。一人相撲で世間とはならない。
これも、双方、個人と集団と、相互理解を放棄したり、逃げている証拠。

潰すのも殺すのも簡単だが、そうやってどんどん相互理解のスキル を低下させてゆくのだ。

ほんとうの改善とか改革って、面倒ばかりだ。だれもやりたがらない。

そんだけだ。


その大 きな原因は、ずばり小沢代表の弱気だ。

その原因は、おれがこないだ仕切りなおしをしてすべての勢力と袂を別ったからだ。
おれはMS-OSやNECパソコンのように、どこにでも普及している。
レッズは負けるし野党は自爆するし、いやはや”予想外割引”だったさ。

 ◇

浦和福山通運。

何度か行くたびに、右傾の待伏せ嫌がらせ。当然、今日も。
そもそもマイワーク自体がフロント企業だもの。当然、現場の右傾従業員とはつるんでいる。
欠員が出たとか言って、スーツで作業に入るマイワーク社員、こういう不審さで、工作員性をアピールするのは良くあること。
じっさい、きょう一番威圧的な気配を放っていたのがこいつだった。
あと、他に来てたわかいバイトも、一緒に台車を押すのに押さないなど、嫌がらせにかなり協力的だった。

最初からシナリオが出来上がっている。
人を操る気配により、それらは強制的に進行する。相当頑張らないと抗えないが、集団劇だから結局は大半が進行する。
これは検察警察など官公庁の常套手段だ。

この劇の目的は明白で、

・おれが無能だという演出を頻繁に行う
・右傾グルたちは一斉に「コイツは無能だ」と罵らなくてはいけない

ときどき、気配による威圧攻撃で、顔が青くなったり意識が飛んだりする。
いきなり眠くなる、なんてのも。

そこをすかさず、攻撃される。
右傾グルたちが近寄ってきて、「噂話をする格好」で二人で立ち、こっちをジロジロ見る。

「こいつが仕切ってるからいつもより遅いなあ」
と、何年も使い古されたウソ文句を始める。

本当だとしても、それは気配でシナリオを進行している連中が、
絶対にオレを活躍させないように、絶えず邪魔を仕掛けた結果だ。
眠かったり体が重かったりで、自分のことで精一杯では、W杯2002、韓国の組織工作で睡眠不足だった強豪スペイン勢が負けたようなことになる。

無言無思考で作業していると、ひとまずむこうは黙っている。
しかし、脳内で歌を歌ったり、最近の日本はなどと考えると途端に、
「なんだと!!」
と、まるで役人みたいにいきり立ち叫ぶ。右傾ゴロだけが、方々で。

そう、あの手の人間たちはまさに、政官財の高級な人間たちと、意識がひとつになっているのだ。
テレパシー意識共有。高度に触れる、恐れおののいて崇拝する。

だが待て、いま日本をダメにしているのはその、世間知らずで経営 力の無い、政官財である。民業や庶民ではない。
「だから、お前らはアホなのだぁ」東方不敗

不平や意見を言えば
「なんだとぉ!」
周囲と違うことを言うなりやれば
「こんな周囲と違うことをやる自分勝手はいらん、今すぐ出てゆけ!」

意見者つぶし。
聞く耳持たず。
永久にイノベーションはやってこない。

これが、日本だ。今の日本国、政府官庁のすべてだ。


だから、仕事の終わりにはっきり言ってやったさ。ありのまま、彼らの姿、やりように、素直な印象を。
「ああこれじゃ、」
「徒党組んで、絶対勝てないような嫌がらせを仕組み、」
「そりゃ、おれ一人には簡単に勝てるよ、だがな、」
日本は、その総力戦では、いかな外国を相手にしても、なにひと つ勝てない。
「なにひとつ勝てない。スポーツはともかく、個人競技はともかく、政治経済では。」

そりゃもう、羽田タートルの右傾おっさんなんか「あんだとぉぉ!!」だったよ。下向きながらな。

だが事実だ。

事実を見ない、
虚勢ばかり張って威張る、

そういう役人と政治家ばかりに、なってしまったんだ。
そういうえらいさん達がおいしいから、ヤクザも手をかすんだ。こんなつまらない嫌がらせ工作に。

おれは最近は常日頃「おいしくない利益にならない改革しかしたくない」というようになった。
それが嫌なだけなのだ。猫なで声、適当な美辞麗句を並べても、金づるでなくなったのが面白く無いだけ。

右翼もカルトだ。カルト宗教は無論カルトだ。
カルトとは、事実を認めず、自分らの思い込みだけが価値があると信じて疑わない。
事実を言っただけで「なんだとぉ!」というのは、両者くらいだ。だから魔女狩りのような暗殺追い込み活動だって、やれるのだ。


日本という国が今後きちんと勝ちをあげてゆくには、
結局は、我々のようなイノベーターを受け入れてゆくしかない。自由度を上げるしか。

出来なくても結構。オレは一向に構わん。困るのは、財産や儲けが目減りするほどに、渋い顔するしか無い人々だけだ。俺は困らん。

/11

出張記事
http://kasumin7.web.fc2.com/m0712.html#11-2


昨晩の夢も、近隣工作員により操られていた。

「勝手に仕事復帰したな、困る。」
老社長。
「あーあー、勝手に仕事復帰したわ、ねえ!」
と周囲で騒ぐ主婦パートたち。
「守秘義務とかねえ」と念押しをする老社長。
一度身につければ誰でも出来るんだけど、と手で仕草しつつ。

つまりは、「ブログコメンテーターで知性を振るうこと」をさしている。
人の夢を操ってまで、”間接的な伝言”をなしとげる。お公家さんのような奥ゆかしさに脱帽である。

・・・じゃなくて、これも立派に「犯罪行為」だと思うのだがな。立法は追いついてないが。
私有地侵入や、パソコンのハッキングがダメなら、頭脳(人格)だって無断侵入はダメだ。

そこをやってしまう時点で、「幼児退行」であろう。
大人ほど実は、法で縛られて維持されているので、逸脱を始めるともろく、暴走する。
大人とは幼児よりも横暴で知恵の働く生き物。

カルトとはこういうものだ。ランドセルが似合う大人たちが、他人に牙向く行為を知性で正当化する。迷惑な存在。

むろん、youtubeやtorrent、ニコニコやwinny、黙認されている。メリットがあるからだ。
いかに法の面、利益の面から、きちんと整備し、折衝し、まとめあげるか。ここにかかっている。
それをやろうともせず、「圧倒的武力であるうちに、好き放題やろう」

カルトとは、その親戚の組織暴力とは、つまり王的支配層とは、こういうものだ。


勝手に、ESPを利権化、寡占化、されても困るのである。
脳で思考することすら、許可だの料金だのという時代にさせるべきでは無い。

さすがに、オープンソースであろう。

 ◇

マイワーク。

川越方面の案件に応募したのに、
大宮支店から電話が来て、大宮支店の仕事ばかり提案される。
まあそれはそれで一見、いいことなのだが、こういう身分ではそうも行かない。

罠が張りやすい、右傾ゴロ下っ端を送り込みやすい、既存の案件だけ。
蓮田のトランコムとか、川口のヤマト運輸とか。

フロント企業としての動きしか見せない。
だから阿吽の呼吸で川越支店はNGを出してくる。大宮支店に圧力を受けているからだ。
むこうだって師走だから人が足りない。お願いしたいに決まっている。

やはり裏社会ばかり目立つ、現状のアウトソーシング業界は縮退させ、構造改革をせねばならない。
やくざやカルト宗教や、なにより政府の非合法謀略の、ツールと一体化しているようでは、
とても庶民のことを思いやってるとは言えない。だから社員無視の横暴さや、ヌケた部分が目立ち、それでも平然としている。
殿様商売だ。

 ◇

またきた蓮田市内の小野寺工務店
ながく俺の周辺の現場を作り、居座り、嫌がらせ工作してゆく部隊。
この手の連中とは2002年以来、ながく付き合っている。業者はとっかえひっかえ。

だから、「ゼネコン系=組織悪の手下」かつ「敵対関係」
という認識がある。現場職人の意思はともかく、上層系統から”操られる立場”にある者達。

鬱陶しい。
メリットを感じたことが無い。
2003年の日記を見ればわかるが、実家にも乗り込んできて、バスだのキッチンだの、無意味なリフォームを繰り返した。
あのときの業者はまんまヤクザだった。気配使いも慣れてた。

小野寺からも、
グリーンハイツの隣で新築作ってる職人からも、
野次と、威圧気配と、嫌がらせしか喰らったことは無い。

じっさい、外へ出てみれば、4人の職人が乗り込んできてて、北隣岡田の婆さんを取り囲み、
押し売り攻勢をしていた。いらないといってるのに、あれやろうこれやろうと気配で威圧しているのだ。

気に入らん構図だ。

だから追い払いを仕掛けた。少なくとも味方じゃねえ連中、うるさい、物々しい気配、百害。

そもそも、またこんな大量動員が行われる”理由”は、ここ数日のブログと日記の記事のみであろう。
政府右傾が送り込んでくるからには、ろくな理由ではない。

/12


ヤマトの夜勤。
今回はかなり右傾やくざ系がいきり立っていた。わざわざ合わせて出勤してきたアルバイターもいるようだ。

カチンときた。わざわざ真後ろに回りこんで言いやがったな。

「てめえみたいのがいるから、日本はダメなんだよぉコラ」

ほー
言うか、頭悪い舎弟のまた舎弟みたいなガキが。
5年間政局を支えた頭脳に向かって。
その口が、平然と総理バッシングをするわけだな、対案も出さずに。

こいつと相方と二人で、数時間ずっと「ころす たまたまいきてるだけ あいつわかってんだ」などと私語でブツブツやかましかった。
やくざの下だから、誰かケンカして見せて、大声を出しつかみ合い、という”威嚇”も忘れない。社員がオドオドしている、周辺も引いている。引いてないのは 同類だけ。
で、オレと会話する時だけは下手に出るわけだ。白々しい。

きょう何時までだ、どこの会社のどこ支店の登録だ、なんせやくざだから聞き込みがしつっこい。
暴対法対策で、なんでもかんでも非接触、高度情報型の追い込みに変貌したのだという。ネットですぐ拾える情報だが。

こんなだからむしろ社員の一部は、オレのフォローに回ってくれもした。
「あぶねえ、つってんのに、またくるから・・・」と呆れて言うオヤジ社員もいる。
逃げ帰る”予定”だったのに、最後の時間まで残ってたんでビックリしてんだか呆れてんだか、そういう顔の爺さん社員も。


いっそやつら(組織悪 裏社会)に好き放題やらせるほうがイイ。
日本の、日本人のためだ。どんな大変な状況なのか、思い知るべきだ。
すでにある脅威を、ほとんどの民は知りもしない。

どうせホンネは、組織悪が利益を上げるための利用価値がなくなったから、
いままでチヤホヤしたり脅したりしてこき使おうとしていたのが反転、
「余計なことすんな」排斥と、不評工作、一辺倒になった、だけだろうが。

やくざをはじめとする組織悪が、利益目立てだけの好き勝手に、
国政や、経済や、運命さえもいじくり回す、
そのための傀儡を、贔屓したり、すぐ使い捨てる、

日本は終わっている。遠くなく滅びる。少なくとも、みじめな国に なる。1年後でも明らかに変貌しているだろう。


さて、昨日の昼、ブログ記事もしくはメールに反応して、小野寺工務店ゴロツキを送り込んできたのは、どの勢力か。
あきらかに、ヤマトで待伏せしてたやつらとグルなんだが。

・与党政府
・民主小沢(典型的なゼネコン族)

あんがい、小沢じゃねえのかと。メールしたのは鳩山宛だけど。
まあでもこれまでの5年間の同様事例を見る限り、与党かな。


ショボい顔ぶればっかになってしまったあの業界や、かの業界。
だが、先生先生、守られ、
出来の悪いマンガ同人誌みたいな諸々の成果は、取り巻きによって、はなびら舞い散る大絶賛。
ふくだが日本を転落させる。結果的に、そういう構図になってしまった。
当人はある方向性には秀でていても、総合力、組織全体を見渡せば、絶望要因絶望要員ばかりだ。

絶望した!

なぜかくも、日本は、機会利益に乏しく、不利なのか。数年後にオレ(のような人材)に泣きついてきても、遅いというのに…

 ◇

マイワーク大宮

「あなたの言うことな違う」とかたとえ話始める。
こっちが操ってるんだとか、向こうは巻き込まれてるんだとか、そういうニュアンスか。

どっちの言うことも違う。どっちもおかしい。

おれを追い込む連中はいるし、同時に周囲を巻き込み迷惑を作り出し続けている構図も知っている。
迷惑拡大と、誤解の山積と、居場所がなくなる手法だ。
いっぱいいっぱいになってるところへ、さらに追い討ちをかける手法だ。

それらの介入を、知らないとは言わせない。
おまえらが電話で進めてくる案件は全部、罠が待っているものばかりだ。
マイワークがグルでなければ不可能な待伏せの罠ばかりだ。支店事務所でどこのごろつきにどう指示されてるかは知らんが。

結局、日本におれの居場所も、生きる術も、ないのだ。

日々健康が失われ病状は悪化し続けている。血も律液も次第に通わなくなっている。
弟二人が心不全や衰弱に追い込まれ殺されたのと、同じ手法で。

その工作の上で、さらに、無理難題を押し付けて、無理だとわかってることを散々やらせ、
出来ないと、拒否すると、組織暴力を振るってくる。

どういう遊びなのか、リンチなのか、想像は多々つくが、(すぐ天皇とかヤクザの親分を持ち出して、「あーあ大変なことに巻き込まれちゃったね」と来るか ら)

とにかく、直接暴力から間接暴力へ、(ライトコンタクト)
自前だけの暴力から政官財へ販売する暴力へ、(アウトソーシング)
ソフトウェア面で進化してしまった結果なのは間違いない。
サッパリソフトウェアが進化しない、庶民や政治家官僚とは大違いだ。

もう日本を背負わない。なんの傀儡にもならない。責任など知るか。
好き放題やらせてもらう。それがせめてもの、オレと、亡き弟達の”復讐”だ。

全部奪いやがった。
ビタ一文よこさなかった。

”ゼロヒャクの理不尽”に、天地鳴動するほどの怒りが溜まっている。

政府も、裏社会も、
いまでもオレの弟を暗殺したことへの、オレや家族の人生を奪ったことへの、謝罪は無い。

悪魔がとり憑いた日本に、なす術は無い。せめて裏社会が、悪魔の意思だけでも突っぱねるべきだったが、
あまりにも人を追い込むのに便利なため、悪魔の魔術を受け入れてしまった。輸入してしまった。

だから悪魔のような、人間性の壊れた、人間が増えている。伝染病の拡大は止まらない。


死にたくは無いが、死ねるのはいい、ただ今まで死ねる機会はなかった。
これ以上、日本列島の絶望に、俺を巻き込むな。せ めて、尾行もリンチも含めたすべて、オレを放っておけ。なにもいらん。

・・・・だが、俺の向きあう相手、人々もまた、同じことを考える ように仕組まれるだろう。
悪魔が絡んだ罠とは、運命も操作され、そのようになるから。


日本は今でもこのようである。
小泉政権当時のイメージイラストは、今でも同じく通用する。
http://aaa56.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/ealis/ealis.cgi

 ◇


弾圧側の野次に変化が。

これまでは「絶対日本から出さない」

最近は「とっととこの国を出てゆけ」

つくづく、気分屋で、中長期計画性の無い連中だ。


使われる側と、
使う側。

日本では世界標準と逆であることが多い。
組織が、奴隷たる没個性労働者に向かって、「お前は使えない」というのが一般化している。
経団連つまり財界はまさにその権化だ。

だが世界は、いわゆる欧米文化では、
企業は、ボスや、マネージャや、エンジニア、プランナーを、「招聘」する。
そして、招聘したら、企業経営の一切を任せるのだ。ボスさえもアウトソーシング。

使える使えないという、感情的、私情的、ではなく、
結果が思わしいか否か、長期的視野での希望的観測の有無、など、科学的にジャッジされる。

ここが、
国際社会化、否応なく国際化を求められ、
グローバル市場を意識せざるを得ない時代に、

日本が非常に不利になる、由縁であろう。

政府官公庁が、企業が、やくざでさえも、
使える、使えない、というほど、グローバル的なマネジメントスキルがあるのかどうか。

批判ではない。数年間の世情を鑑みての、心配、憂慮。

一発屋の、数年咲くだけの、経営者や企業家ばかり。ホリエモンライブドアがいまでも存続しているとしたら、よっぽど不安だ。
名軍師がいない。ビートルズ的に、時代を感じさせず存続し続けるだけの、大きな存在を見出せない。


たぶん、ソニー「PS3」の失敗と同じだ。
どんだけ、従来の延長で、高速化、合理化しても、人が疲れる、倒れる、ばかりで、先へ進めない。

むしろ民業や個人をどんどん引っ張り込む。
任天堂DSを大量配布して(比喩:人材の流動化)、引き入れた人材に指揮させドンドン吸収し、柔軟性や時代適応力を身につける。


/13

ソニックシティ。

やはりいる待伏せ。競馬場系か、ホームレス系の、きたないジジイ。まっすぐこっち見て立ってる。
しかも、バイク置き場に近づいて、ジロジロバイクを見るという、不審者にイチイチ成り下がる挑発行為。ここでクロ100%。


夕刻、コープ蓮田。

カルト系あやしい連中散見。
入り口に入ると、
催眠状態でパーになってる児童が、ギャーギャーわめきながらオレの周囲を囲むように走りまわる。
従来は高価なチーズが、疑問を呈した前回来店の後、ベルク並に安くなってる。

で、レジのどこに並ぶのかまでわかってるように、赤ん坊を抱いたカルト家族が待ち伏せている。
本能的に、不快な気配を感じ、気配も、視線も、避けてしまう。これは相手が100%クロということだ。
むこうもニヤニヤしながら自分のペースで、ペラペラまくし立てている。いつもと同じ流れだ。
入り口に溜まって待ち伏せてた老人達、同じ連中か別のグループか、出るときにもいて
「あいつはまずいやつ」
などとボソッと悪口を言う。

外へ出て、T字路にはクロ犬レトリバーを待ち伏せている、別のカルト家族。


それでもきょうの連中が比較的ソフトなのは、すこしでも与党を褒める文節が、ブログ記事の中にあったからだ。

日本はかくもおかしいのだ。
おかしいものは見直し、縮小や廃絶へ向けなくては。

野合政権は実力で劣るし、夢見がちなことばかり言ってるけど、
実力をつけさせるには一度実現させるしかないのだ。
どのみち、いまの与党だろうが、野合に置換されようが、旧態的だからいちど崩壊する。
がけ崩れの後に復旧、再編、ミックスジュースである。

それまでは、カルト宗教と公安が合体したような、
おかしなおかしな魔術的、神懸かり催眠で浮かれに浮かれ正気で無い、

そういう民間謀略活動が、散見され続けることだろう。
その意味で、過去10年ほどの指導者の選挙を、誤った。有権者にも罪がある。


そして帰宅すれば、きょうも一日中苦しめられた、殺傷性電磁波を自宅に撃ち込まれていることにより、
胃腸や心臓が自動的なストレスに苦しめられる。

異常・・・わざわざ異常になりたがる、伝染病的催眠連帯のトラップに 染まり続ける、病気日本人たち。
異常日本人と年中つき合わされてると、その異常な体験を告発日記にすると、日々、異常な文言で溢れるという皮肉。
以下もそうだな。


日々、
自宅で殺傷性電磁波照射による”血管締め付け攻撃”を受け、
出先で右傾ゴロ工作員に殺気念術で縮み上がらされ、
心筋梗塞まぎわなクリティカルな体をストレッチとかでごまかしゴマカシ。
・・・よく生きてるよなおれ。たまたま工夫してるから弟みたいに倒れて無いだけだな。
「霊的な伝染病に罹患した、異常心理と悪魔憑依の、右傾勢力と政府が結託した水面下弾圧」の一環、
「ここは工作員世帯に囲まれた、牢獄用途のトラップアパートだ」と周辺住民の監視工作員は堂々と言う。
その意味では、ミスターオリバみたいなものかもしれない。

まー近所(グリーンハイツ横山 岡田 石井ほか)とか隣の部屋(1F村田 2F岩田)の工作員も口八丁でねえ。
味方だ、敵だ、ヤクザだ、警察の手下だ、
頻繁に変わる野次の内容。テレパシー越しだと思っていい加減なもんだ。
でも深夜でも2時3時4時でも、気配越しに繋がってきて監視や威圧してくる。そういうとこだけは無駄に熱心なのな。アホか。

DG細胞に犯される地球・・・もう救えないのか。
カンフー習い出したらGガンダム放送開始した1994年。・・・あれは「そういうこと」だったんだな。
おれのこの手以下略 左手の甲に、珍獣「なにココ」が浮かび 上がる!


/14

秩父まで出向き、山里の水汲み場所まで行き、だがそこまで追手は追い かけてきた。
所沢ナンバーのワゴン車、嫌な気配、仏頂面の父母男子、後ろからジワジワ徐行して「どけ」とせまってくる。
ヘラヘラ笑いながら、「おれらに絡まない方がイイや」などと言っている。

途中で寄ったミニストップにも、へんなスーツ男が着てた。
その気配でみな意識が止まってしまい、思考停止。

立ち寄った浴場も人払いされ。

妙、妙が常にある。どこへ行っても。

 ◇


どう考えたって、物証の数々で、クロのやつにとぼけられるとさすがにムカつくな。

帰宅すれば、外で意味ありげなことを口走り外出する隣室のヤツ。
部屋に入れば、少しでも気を抜くと心臓へ電気ショック作用の攻撃をされる。
機械による脳波信号の照射、もしくはサイコキネシス作用での身体操り攻撃。

で、頭きて外で怒鳴れば、女房は「なに必死になって」と揶揄するし(いわなきゃいいものを)、
しばらくして亭主がやってくる。こいつはいつもイイワケがましい。
オレじゃないオレじゃない違うんです違うんですと繰り返すことで、オレが犯人だといっている手法と酷似している。口もうますぎる。
大体が、気配で人を飲み、操ることに長けている。カルトである証拠だ。
夏までにどんだけこいつに挑発されたことか。今年一番、この近所で、子供みたいな露骨な挑発が多かったのはこの世帯だ。日記の通り。

で、口論の後にヤツが帰ってゆく、おれは寝る、また心臓電気ショック、同時に「とっとと死ね」とテレパシー。

こいつらの部屋の方向に嫌な気配が充満し、敵意を見せると”反撃”が来るんだよな。目が回ったり、眠くなったり。
そういうのはこのアパートではこいつらだけ。
女の一人住まいの頃は夜はいなくて、そのときだけ気配がなかったから過ごしやすかった。
・・・やっぱクロだなこいつら。

こいつらだろ、バイト応募したり、電話に出たりすると、気配で脅して妨害してくるのも。
もう終わってんだよ、しぬしかない、みたいなテレパシーばっか飛ばしてくるのも。

で、ブログで際どいこと書けば、、壁ぶったたいてくるしな。
いちいちクドいんだよ言い回しが。「今の世の中物騒だからねえ、気をつけたほうがいいや」と何度も何度も、その言い方はヤクザの脅し方だろが。


なんつうかな、日本と関わりたくねえ。国も企業も人も。
できれば経済ぶっ壊してあいつらが食えないようにしたい。
それじゃ全員が困るからせめて、やつらの組織を壊滅させたい。

水面下陰謀暗殺、それを全てやめない限り、日本は数年で破綻する。これは予言だ。


・・・ったく、なにを熱心になって、日本が富むようなアドバイスばかりブログに書いてるんだ俺は。
放っとけばいいんだ。こんな国。
政府、大企業、裏社会、
何を支えたって、むこうはなにひとつ支え返してはくれん。

ただ、裏社会だけの一方的な言葉で、通じもしないのに、ギャーギャー罵ってくるだけだ。
裏切りだの、シネだのと。


死ねないで困っている。なにもやれることがない。社会から締め出され、弾圧が続き、5年目。
謝れ謝れと毎日しつっこいが、悪党に頭下げてまで生きる価値も無い。


隣のムラタハルミとその亭主はカルトが仕掛けた暗殺工作員

あースッキリした。おうさまのみみはなんとやら式ストレス解消法。

/15

この世界で生きる限界を感じる。

もう進展は望めない。老いぼれるか、若死にするまで、ずっと不変だ。生活保護以下の生活。
いや追い出されて、ホームレスになる前に自殺かな。

権力を持つ上流の連中が、神通力か魔術を使い、追い込んで、シナリオ通りに誘導してくるし。さいしょからおれが悪者扱いされるように出来ている。
つまり、森羅万象が誰かの好き勝手に動く。

漫画のように、誰かの嫌がらせとして、雨も降れば拳銃発砲事件も起きる。
人間は皆ロボットみたいに操られておなじように動くし、おなじように陰険で意地悪になるし。

バーチャル世界にいるのと同じだ。何もかも人工過ぎて、気持ち悪くなることが少なくない。
もう5年近く、人間とは会ってないんだ。

PS#のCMもきっと嫌味だろう。
GT-Rが途中でCGに変わったのが気付かない。それが俺をバカにしたネタなのだ。

こういう地獄に放り込み、謝れば服従すれば許してやる、元の世界に返してやる、などと。
夢うつつの妄想のほうへ誘導する。イイナリにさせようとする。

バカにするな、このやろうぶっ殺すぞ、だ。仮にバーチャルとて人の人生をめちゃくちゃにし、兄弟を二人も見せしめ暗殺し。
同じか、それ以上の「目には目を」

バーチャル世界と関わりたくない。
隣室のムラタハルミとそのネズミ男亭主に、ばかされて、犯人の癖に犯人じゃないとシラをきられ、笑われ、
ウンザリだ。

10年前はこんな露骨にテレパシーでもサイコキネシスでもなかったのに。魔界と化した地球上。

昨日だってなあ、
せっかく入浴でほぐした心臓付近が、
帰宅してムラタハルミ夫婦にサイコキネシスで圧迫されて、また元の木阿弥、コチコチだぞ。

このリピートがもうイヤなんだよ。徐々に重症へ向かってる。

 ◇

加害者側は、人を操る「”リモートESP技術”は、病気だから、暴力で痛めつけて、治療してやるんだ」、などとほざくことがある。
自分達が、人民を操り支配するために使っているくせにな。
組織に所属しているパシリたちには使わせ、メガネにかなわないとなったら使わせまいと潰しにかかる。横暴だな。

ま、「弾圧」のイイワケなんてどれもこれも、大いに呆れる文言ばかりだよ。
まず相手を悪者に決め付けるところから始まる、大人数で囲んで有無を言わせない、まんま検察と警察と裁判所のやり方。


治療で弟が二人も死なない。
弟達はESPなど使っていなかった。だが心不全や全身衰弱になり、「殺された」。
おれもいま、治療とか教育とか懲罰とか色々イイワケが変わる「弾圧」で、
心臓をやられ、胃腸も肝臓も甲状腺も順番に痛めつけられ、なまじの年寄りよりも弱りきっている。何割か死んでいるようなものだ。

こういう「奪い方」を、教師とか医師は、しない。

医療であれば医療過誤、
教育であれば暴力教師、

どっちも「殺人」で大騒ぎになる。

なんで水面下弾圧の連中は、騒ぎにならんのか。
世間を騙すのがうまい。
そもそも水面下で不特定多数で動くし、地域に少なからず味方がいる。
大工もサービス業もどこにやくざ系がいるか、公安の配下が見張っているか、わかったもんじゃない。
単に暴力教師や過誤医師には、そういうアウトローな味方がいないだけだ。”公然の職業”だからだ。
非公然の汚い弾圧だから、人殺しを平気で重ねている。

あんまり人殺し加担が多い日本。理由をつけて弾圧に興じた時点で、殺人幇助だ。自覚は無いだろうが。
どういうふうに「逆懲罰」してやろうか、楽しみに思案に暮れてはいる。おれをなめるなよ。


きょうの現場はなかなか興味深い一日となった。
いつもと微妙に流れが違うのである。

まず、職場は単に巻き込まれた人々ではない。加害者側に通じる連中が紛れている。
あるていど、プレッシャーで威嚇するとか、わかっている。

すると、はいってくる情報も有意義なものになる。向こうの感想が有意義なのだ。

 まあそれでも、
 「電磁波打ち込まれると体が熱もつんだよな」
 「電気ショック攻撃」
 「このままゆけば、もうすぐ死ぬなあ」
 などと、背後で囁かれてたけどな。組織に属する工作員じゃ無いと、ここまではしゃべれない。

いつも、「プレッシャー」は、まるで日照や、人工降雪のように、定期的に降って来て、しばらくして止む。
もしかすると、信濃町や、北京から、
霊術使いたちが大挙して念じて、特定地域を狙い撃ちにする、そういう軍隊っぽいのがいるのかもしれないね。

飲み込みのいい彼ら従業員は、その法則をすぐ理解する。
「ああ、”不愉快な気配”で周囲が満ちて、威圧的になると、おれもあいつもおかしくなるんだな」

まさに半狂乱、罵りあい、ケンカが多発する。

最初は、「おれが発している何か」であると誤解されるのが普通だ。どの職場へでむいても同じだ。
なぜなら、完全な素人ばかりだからだ。

たとえばヤマト運輸のベース店だと大きすぎて、やくざやカルト宗教などの手下が多数入りこんでいる。
するとカルトたちは、空気を操り情報操作と、人心操作を始める。
「あいつがわるいんだぞ、どんどん野次を飛ばし、やっつけてしまえ」
という、気分誘導を全員に仕掛ける。オレが憎くてしょうがない、オレから発しているように見える気配が迷惑でしょうがない、
全員で”追い出しキャンペーン開始”である。

だがきょうは小さな倉庫で、そうした連中が入りようがなかった。いてもヨワッチイ若いのが数名。
で、事情通で察しやすいが敵対もあまりしない、そういう人間たちがいることで、相互学習が進んだ。

「ふむふむ、きみはスケープゴートであり、張本人的に悪くは無いらしいな」
というわけだ。

”気分誘導”で、相手を感じたら憎くなるのなら、かまわなければいい。なるべく無視しあえばいい。
いずれ、空から降って来る大掛かりな「気配攻撃」は止む。
止んだら用事を進めればいい。脳が邪魔されなくなって、とにかく作業がはかどる。意思疎通も。

おもうに、”外国からの武力攻撃”であると思える。
だが、ケチなカルト政府も加担しそうではある。アメリカに従属する政府とか、そういうやつだ。

なんにせよ、人々を集団で狂わせる、戦わせる、「百害のツール」
こんなものをアテにする国は、
いずれ国民たちが頭がおかしいのが常識になってしまい、文化も人間性も感性も、ガタガタになって衰退するであろう。
これは予言だ。

人間の手に余るツールを多用濫用すれば、かならず不幸や災厄へ繋がる。林檎であり、パンドラの箱である。
使い手をシビアに選ぶべきだろうが、おれのようにマークされてしまってはもはや無理に等しいだろう。

 ◇

早朝に銃声、教会厳戒 佐世保・乱射事件 容疑者自殺(朝 日
 8人を殺傷した容疑で警察に行方を追われていた男は、自宅近くの教会で、散弾銃 を抱きかかえるようにして死亡しているのが見つかった。

「あー、やっぱな」
だ。

おれはこの手の事情通となって久しいからね。
キリスト教会で自殺。いかに日本が念術で操られているか、よくわかるさ。
米国内で、同様の銃乱射事件・・・クラスメートや同僚殺しの後に銃で自殺、というのはお決まりだろう?
いつぞや韓国籍の学生が大学内で乱射した時だってそうだ。まいどコピペしたみたいに一緒さ。

我々は常に操られている。

オレごとき個人エスパーのような存在は、
それ(内外国家が自他国民を操っている巨大悪事)を多い隠すための情報工作と、
利用価値の手ゴマを保持しておくためでしか無い。
だから小泉公明は、おれを奴隷として、鞭打ってとにかく利用した。

操られている自覚を持つこと。すると容易には騙されない、正気を奪わ れない。
社会安定はまず、そこからだ。年齢問わずこれを実践することから。

教科書に書け。学校が教えて、親が教えろ。もう隠している場合 じゃない。



 ◇

たまにはみといてねリンク集。
体験記ばかりになると初心者の理解が見込めないので。理解者が増えないとこの社会はセクト(カルト)によって終わります。

2つめと 3つめ
ぼやきと日記

BBSと画像 とウェブログ

スレッド 1
スレッド 2
サクラ(工作員)しかいないけど事情はわかる

検 索1 集団ストーカー
検 索2 組織ストーカー
検 索3 電磁波被害
検 索4 思考盗聴

私にとっては3年の付き合いで古典的なキーワード。
検索結果を見ると、相変わらず加害側工作員の胡散臭い自演サイトが散発、上位に食い込んでいる。
というより、検索上位になるには結局はカネや影響力なのだよね。本当の被害者は個人だからね。

 ◇


カルト工作員達によれば、おれはもうすぐ死ねるんだそうだ。
ありがたいことだ。やっとこの地獄の世界をオサラバできる。
手先も内臓も硬直して来た。高原病、体が石になる病だ。もう治らない。弾圧の無理がついに病気を発症させた。

昔から、「いいとこは真似していいのよ、悪いとこは真似しちゃダメよ」
と、母や祖母に教わってきたはずだ。

だが昨今のカルトや組織暴力の手合いは逆で、
自分達の利益のためには、相手の悪い所ばかり真似するのだ。ものすごく誇張し、濃縮して。
「こういう悪いことばっかりしてるじゃねえか」
「こういう格好ワルイみっともない、まねばかりしてるじゃねえか」

「他人に真似されて恥ずかしいことはすんな」
いっけんもっともだが、そうやって、何もかもできないように萎縮させるだけ。

ただの弾圧。出る杭を打ちすぎて地面に埋もれ、フェンスも張れない。

ざまあみろ、
悪人め、
いばりやがって、
なまいきな、
アホ、無能、

罵ってばかりいる。なんだかこっちが向こうをかわいそうに思えてくる始末。

ネガティブばかり、
行き過ぎたネガ心理がやたら普及し、やはり世の中はおかしくなった。
つまり、多くの国民が来るってしまった。キチガイになるよう洗脳された。しかもほとんど気づくことがない。

終わった日本は、地球上の多くの国は、見るに耐えない。死んで去れるならそれも良し。

いまも多くの人間が勝手に俺の脳にテレパシーアクセスし、野次ったり記憶を盗み見たりしている。
いくらそんなハッキングができるからって、実行するかどうかは、
盗みを働いたりやくざになるのとおなじくらい、勇気がいる、普通は一線を超えられない、ことだろうに。

三男の大樹は心不全で殺された。
次男の淳は全身衰弱で殺された。
長男のオレも、そのふたつになるように電磁波や念術で攻撃され、病状は悪化するばかり。

何もかも奪い、それでも飽き足らなくなった悪魔化人類、悪魔化日本政府、悪魔化カルト宗教などなど・・・
まるでブラックホールだ。すべてを破壊し、吸い尽くすだけのために存在する。だが有限だからいずれ終わる。文明崩壊、人類滅亡で。


/16

コープいけば不快気配で充満(カルト尾行が5人は待ち伏せている)
「帰んなくていいからしばらく苦しんでいけ」と、傲慢なテレパシー野次。

セキ薬品いけば「すっごいらしいじゃない!」と大声上げて背後についたババア、店員を操って話し込み始める。

カインズいけば、俺の後ろから尾行の仕草をしてみせる爺、踵を返して対峙してやるとあわててやんの。
出口から出る時も、きったないおっさんが進行方向をふさぐためにニアミスに横切りやがった。

土日でヒマなやつが多い、
機能のブログ発言のこともある、

出かける際に隣室とか近隣の、嫌な気配を漂わしておれを監視している工作員どもが
「おうおう、でかけちゃっていいのかよう、大人しく投獄に繋がれてろ」
なんて脅してくるのも、もはや日常風景だ。

で、下記の通り、牢獄でおとなしくしている危険を思い知る。
でかけようと立ち上がるにもよろけてしまう、それくらいにここは危ない。

畳が電気を帯びるような仕掛けがあるらしい。
ビニールシート床の台所では、床側の不快感がピタッと途切れる。
だが、電気製品が皆無の部屋でも途切れるので、電化製品が放出する電磁波を利用しているのは確実。
携帯電話、電化製品、電線など、避けるほどに自分を取り戻し、体が活性化を加速する。


きょうの尾行 さん
ベタなクルマにベタな格好で。まあ大体はこういう風体の、つまりあっち系の連中ばかりだ。

田園も田園、周囲に何もなく何kmを広大な、
その川岸に、おれのような人間以外がわざわざやってくるわけもない。しかもおれが着いてから3分くらいで。
おれの真後ろに付けて、いきなり携帯電話を取り出し大声で通話。

リソースの使い方を誤っている。
こういう勢力に、世の中を動かさせたくはない。

ま、私見だけどな。背後事情とかは考えず言っている。
この兄さんに関しては、敵意や棘はなかった。
ふつう職場に押しかけてきたりするゴロというレベルの人間はもっとこう、
敵意、殺意、棘、悪意、の塊みたいな、寄り付けない気配をまとっているものだが。


帰宅すると、射線の軸もいっさいブレず、おんなじ位置におんなじ作用の殺傷性電磁波が撃ち込まれっぱなし。
まるで赤外線をくぐるルパン三世のように、窮屈に暮らしているが、
それでも外へ出て、なんの影響もない中でからだをチェックすると、全身くまなく血管が縮み上がり、ビリビリしている。
腰に血が行かなくて足が麻痺するなんてのはしょっちゅうだ。

こういう時代錯誤の、私用軍隊だの、勝手統治だの、私刑だの、
そういう連中に今後の世の中を動かさせたくはない。

クロスオーバーで、地味で良い。
確実で実質的な、変革を、交代を、期待したい。

変革が、必須の時期となれば、
理屈が通じる者が、通じない者に対して、かならず勝つのである。市場に評価を受けるのである。
そうでない国はみんな、軍事とか単独統治とか、狭い中で独占市場で無理矢理に先延ばししている。


「霊的警備」つまりボディガードを、産業として、軌道に乗せる必要。

ビジネス目的でもいい。

「霊的警備」つまりボディガードを、産業として、軌道に乗せる必要。

呪術であれば、無敵、
しかも核攻撃と違い、使い放題、

・・・というのでは、困る。

実際、世の中はこれのお陰で荒れに荒れる。波はあるが、荒れるときは多いに荒れる。みな気付かないだけだ。
議員や役人や会社員が、”暗殺”された現象を、いくつか見てきた。
あまり公言されることがないが、アメリカにハリケーンが二回も突撃したのは、これのせいだ。経験を重ねると、判断できるようになる。
裏で勢力どうし牽制はあるのかもしれないが、行き届いていない。狙われると非常に不利だ。

呪術とは神のワザ。肉体生物の手には余る。

ゴミは捨てて知らん振り。
失態も不正も同じだ。蓋をして誤魔化す。
人間が人間である限り、限界がある。
組織が大きくなればなるほど、強くなればなるほど。個人よりも組織の方が、自制の取り組みに関しては、厄介だ。

だから、昔の仙人じゃないが、個人が徹底して極め、管理し、あまり広めない、
そういう努力や取り組みは、無駄ではない。システムエンジニアは上流であるほど、人選して数を限り、精鋭化するしかないのだ。
決定に時間がかかったり、運用ポリシーにバラツキが出るから。

組織による活用は、下火にせねばならない。完遂出来ないうちは、要人警護としての「アンチ霊的現象ボディガード」が、必須であろう、


 ◇

きょうの「NHKスペシャル」 には、
オレと同姓の若いホームレスが出てくる。いまは三鷹で草刈作業をしているというが、天皇家とニアミスしたのが三鷹である。(昨年記事参照)
いつもそうだ、あの系統は、国粋だの右翼だの宮内庁だの皇宮警察だの。
こういう嫌味ばかり仕組む。ろくでもない連中だ。「仕組んでいる、運命操作呪術師を囲ってる」のがどのポジションかはしらんが。

日本が憎い。情はほとんど残っちゃ居ない。

なにをやって やったって、仇で返される。アイデアマンも、勤労も、正義心からの告発も。

すべて奪われ、
すべて暴力で返され、
タダ働きさせられ。
発言が気に入らないといっては、弟を二人暗殺された。

この5年間のブログと被害日記と、これが日本の真の姿だ。悪魔。悪魔国家。

これ以上、悪感情は書かない。自制も大人のうちだ。
だが、日本を離れたい、二度と関わりたくもない、そういうキモとはこの5年間、不変であった。

ひとをホームレス扱いして物影で嘲笑している、
天皇とその配下。むろん、天皇レベルはそんなこと知らないかもしれない。「部下が勝手に」かもしれない。

だが、仮に東芝にひどく迷惑をかけられたら、相手が東芝のアルバイトの山田くんだろうが関係なく、

「東芝が憎い!!」

というのが、人間であろう。
だからおれは

「日本が憎い」


謝罪させる。
弟の墓に、暗殺者の代表を、ひきずってきて、足蹴にして、謝罪さ せて、現地解散だ、送ってなどやらん。

この文節には言霊で呪いが込められている。
読む人が読めば、卒倒し、二度と人生が向上しないくらい呪われるかもしれない。
かつておれが、創価学会の信者に仕組まれたことだ。



日本を憎んでいる、秘弾圧者の若造でしか、日本を救えないとしたら・・・・・・・・
これほどドラマティックで、痛快な、復讐劇はないだろう。
そのアニメにはこう名づけよう「コードギアス」とでも。
黒の救世主が、ブリタニアと言う母国を壊し、そして救うのである。

/17

おそらく、MSIMEをクラッキングして入力しにくくするような謀略 法もあるのだろう。
別のMSIMEに切り替えると見違えてスムーズになる。


しっかし、なんなんだろうな、まるで整合性がない。めちゃくちゃ。

一昨日はばーーーっとたくさんの日経BP記事を読ませて部ログ記事(やはり変換がおかしい、ユーザ辞書リセットしないとな)でコメントさせたかと思えば、
こんどはいきなり近所からの電磁波攻撃を強化させて、「書くな、もういい、用済み」などとテレパシー越しに罵りまくる。

これがプロの作り出している手順なのか???
意図がわからん。読めん。伝わってこない。

こうしていても日々体は弱り病状は少しづつ悪化している。
手や内臓は硬化し、皮が厚すぎて物がつかめない、あらゆる血管が萎縮して血が通わず、
硬くなった指先ややつれた顔にこけた頬を見るたびに絶望し、

これだったら、惰性的、ノンビリチマチマした、
小僧のいたずらみたいな拷問にあと何年もつき合わされ、本当に発病や発作死に至る位なら、
早々に自殺したほうがいいような気もする。
脳内に張り込んでるテレパシー監視工作員も、こういう弱気を書くと調子に乗りやがってからに、
「いいぞその調子だ今すぐここで死んで見せろ」などとふざけた野次を飛ばす。

この中にどうやら親も含まれている。
あいつらは5年前にはやくざに家に乗り込まれ洗脳されまくって、おれを病的催眠的に敵視している。
もはや工作員の一部といっていい。

弟が死んだのは俺のせい、俺が殺したとまで罵り、
だから俺に死ねとまで言う。
三男次男を殺されてるのに、長男に死ねという本末転倒の親。
ある意味、まったく疎通がなくなったのはいいことだが、テレパシー越しには今でも死ね死ねとしゃしゃり出てくることがある。

仕掛けられるほうも狂うが、つまり仕掛けるほうはもっと狂っている。
毒手や、細菌兵器に似ている。感染させることで相手に危害を加えるから、毒をもつほうが重症なのだ。
王族も役人もギャングもみな重症で狂っている。狂わせる悪魔病のキャリアである。

だから日本に救いは訪れない。未感染者は目立つからどんどん追い込まれ消されている。

 ◇


人の心をえぐるような陰惨な記事を、
ここぞというときに仕掛けてくる。

それが、公安系なり、裏社会系なりの、情報工作員である。
多くはブロガーなりの”筆者”

以下のブログも一見は単なる左翼系、
しかし明らかに個人で収集できる範囲を超えている情報が目立つ。

景気曲線のような押し引きで、こいつが公安系だとばれる。バラしてくる。
心地よい記事がいくつか見受けられる、
しばらく目を通すようになるとすかさず、嫌で不愉快でたまらない記事をどーんとぶつけてくる。

http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-473.html
これがそうだ。虜囚になって強制徴兵だの別所だの、この地名はかつて住んでいたところだ。
親父が当時からマークされていたし、大宮のはずれに誘導されたのだろう。それでもあきたらず茨城の僻地まで飛ばされ、
そこでおれは暗殺未遂を受けることになる。再婚した義母も、振り返ってみれば、家庭を引っ掻き回すための工作員であった。

この工作員とほぼ同系列の工作員が、これである。
まったくおなじ手法で、嫌がらせを受けた。牢獄でいつまでも苦しむ政治犯、という突拍子もない記事が掲載されたのは昨年だったか。
http://accessjournal.jp/modules/weblog/

いかにも、野党左翼の発想だ。小泉加担歴がある俺を、どんな手を使ってでも追い落とそうという根性が見える。
社民、共産、民主、いずれかのシンパであろう。

まあ情報工作に、諜報戦に、
右も左も、政府も裏社会もない。
どっちも同じ手を使う。あとは与党根性と野党根性の違いだけ。

おれにとって日本とは、終わった、狭苦しい国である。
国土も狭い、心も狭い、


たのむからもう、ほうっておいてくれ。
俺抜きで、勝手にやってくれ。1億27百万−1で。

90歳老人みたいに衰弱病状になった体を見るのがつらい。
電磁波やプレッシャーまみれでろくに言葉も浮かばない頭がつらい。

戦場で疲弊しきった兵士に、なぜ街中で銃乱射させるような追い込みをかけるのか。
これが、平和ボケ日本と、悲惨な戦場に何年もいた個人との、ズレ なのか。
たぶんかれら政府政党なりマスコミなりは、クウェートの休養所※ で休んでいる米兵たちを一任されたらきっと、
逆なでするような厳しさばかり当てつけて、東京で銃乱射や爆弾テロばかり報復されるような、

アホな決済ばかりすることであろう。

しょせん、アメリカの戦争に巻き込まれるなだの、平和国家でいいだの、給油は大事だの、
寝言ばかりいってても、
ろくに戦場も銃器も知らない寝ぼけた国家で、国民なわけだよ。


※イラクの戦場最前線で殺気立ち頭が変になりそうな兵士を、
 買い物やレジャーで、とにかく正気に、一般人に、もどしてあげようという、
 戦争国家ならではの、ケア施設。
 ケアが薄いと、錯乱したまま帰国し、国内で家族殺人やテロまがいの異常犯罪を犯すケースが多発したため。


「日本にかかわりたくねえ」


このトラウマを、いましばらくでも、掘り起こさないではくれまい か。
この自宅近所の馬鹿工作員たちに、一切の弾圧をやめさせてくれよ。


大体さ、
委託だろうが、
傀儡だろうが、
影武者だろうが、

国の指導者を任されてる頭のいい人間をだな、
あんな近所の頭の悪い、なんの決済もできないで、脅しや暴力ばかり得意な、

つまり、優秀をバカが抑え込み、言いなりにさせようとする、
そういう”愚なる逆転現象”に、良いケースはまずないと思うんだよ。

どんなにアウトソーシングでも、
一芸に秀でた頭脳明晰な人間が、指揮役を担うのは普遍でしょう。

どこぞの公安だのマフィアのごろつきが、そのリーダーを服従させることを考えてみなさいよ。
これは”無法状態”でしょ、やくざが国家私物化したのと同じだよ。

だから、なんとしても、リーダーは守られねばならない。
物理的にも、霊的にも、衣食住的にも。

その認識において、日本の上層部は、古い頭のままで理解がない。
昭和以前のやり方のままで、アウトソーシングさえ不要であると、高飛車である。


なんかこう、高レベルのシステムを、実社会に対し、高次元にマッチングするのは無理な、
しょせん欧米に模倣しても、欧米ではない、不器用で低次元の国。
製造どまりで、ソフトウェアまで国民や役人の意識レベルが上向かない、サルを連想させる程度のアジア国家。

上記の水面下システムだって、もっと善事に有効活用できるだろうに、
けっきょくは昭和のままでいたいぬるま湯平和ボケたちが大半だから、変えなくていい引っ込めなどと、封殺されてしまう。

5年間も同じパターンの繰り返しだ。
利用するだけして、いきなり弾圧で禁止に転じる。意味を感じない。無意味な決済ほどいやなものはない。

繰り返す。
日本と絶縁したい。海外へ出たいくらいだ。放っておけ。近寄ってくるな。


いま午前10時台。
外へ出てきた石井家の女房が、「いつまでやってんだよ」とつぶやき、去った。

こっちだって現状を続けたくなくて錯乱してるくらいだ。

 ◇


随筆

空気まで縛られてがんじがらめ
悪霊を通じ、今言ったことへの報復や脅しがすぐ飛んでくる。

このシステムがあるかぎり、日本は浮揚できない。自縄自縛とはよく言った。

http://sankei.jp.msn.com/sports/soccer/071217/scr0712170816002-n1.htm
 「僕を切ったチームを僕が救った」ワシントン涙の惜別弾
 クラブW杯3位決定戦(16日、横浜国際総合競技場)アジア王者の浦和が
 アフリカ王者のエトワール・サヘル(チュニジア)と2−2で前後半90分を終えた後のPK戦を4−2で制し、アジア勢過去最高の3位。
 今季就任したオジェック監督と意見の不一致が続き、造反劇を連発。同監督の続投もあり、退団の道を余儀なくされた。

とにかく身軽になりたい。
霊界人間界問わず、誰からもほうって置かれたいし、当然、好きなバイトを好きなときにやりたい。

レッズも松井も松阪も与党も野党も任天堂も政官財すべても、もう二度と支えない。
米一粒もお礼がこない強制労働は嫌だ。感謝を見せず、薄情な人間を見るたびに吐き気がする。
NHKにせよ、大阪府知事にせよ、続投させない、だが後継が出てこない、なんてことになってるが、
おれはもう支えない。

真心に真心で返礼がくる、互助がすぐ通じるちっぽけな個人と、せつなに通じ合えるだけでいい。
いわゆる、対面型の直接取引きってやつだな。


ああでも、最近はぜんぜん応援がない。
体は弱り、勢いはすぐ消え、ものすごい弾圧。働き口がもうない。体も弱りついてゆけない。
年末年始にでも、徹夜で雪国まで行ってくるかな。散々追い込む割には、誰も殺してはくれん。非常に困惑している。

自宅にいても、昨年まではなんらかの勢いはあったものだが、
いまは全然ない。近所の敵対工作員が、「はやくしね しね しね」とテレパシーを中継してくるばかり。
弱り目に祟り目、弱る一方なのだから、死に時なのだろう。生きても長年地獄ばかりの人間なんてザラだ。

団子が食われるように、
三男、次男、と殺され、長男の俺も今年か来年にはお陀仏か。
こんなひどい弾圧国家だと知っていれば、学生のうちから海外移住のためにがんばったのに。

 ◇

「ハヤテのごとく!」は右翼系統、天皇家宮内庁系統の圧力が関与している作品だ。
三千院だの、帝のじいちゃんだの。主人公は彼ら三千院家にかしづく若い執事である。

帝のじいちゃんは意地悪が大好きで、というのはつまり、平成の某天の王様のことを匂わせているのだろう。
政府機関や裏社会による、メディア系情報操作のやり口って、いつもそんな感じのワンパターンだから。
某皇太子が不平会見したのも、そういう背景があるからじゃないかな、おそらく。

まあいいんだ。もう消えかかった蝋燭のような余命だもの。なんでってゆってやるさ。

 ◇


昼過ぎ、いかにも右翼っぽいがたいのいい男が小学生か幼稚園の娘を連れ、公園に来ていた。
サンライズあたりでも雇ってくれないかなあ、などと冗談を言っていると、テレパシー越しに聞こえたのだろう、
「いらねーーよ!!」
と大声で叫んだ。外を見ると、ニヤニヤしている。

こんなやつらばっかりだ。この近所も、出かけた先も。午前の石井家がいい例だ。

連中は、既得権益、専門家を立てる縦割り慣例主義、その配下の工作員たちだ。
若手つぶし、安倍内閣が倒れれば倒れるほど喜んでいて、勢いづく、そういう人種だ。
ああ日本もついに足の引っ張り合いで「終わる」んだなあ、しみじみしている、もはや他人事だ、死にかけの人間にとっては。


生き残る・・・生き「残る」ほどの苦労をしなくてはいけないなら、とっとと淘汰されたい。
病苦の重い体を引きずる苦痛は、病人にしかわかるまい。

こんな無気力だから、「平身低頭すれば助けてやる」などという公安ややくざの甘いキャッチセールスも耳には届かない。
助かり続けることがもはや苦痛だというのに。

 ◇

午後3時台。

「もう終わりにしない?」と女性的トークのテレパシー野次。
「あんたが全部悪いんでしょ」と、途方もない難癖も忘れない。
「金返せ」とか不透明なことも忘れない、
「いちいち記録してんじゃねえよ」とかいった野次も忘れない、
で、壁をたたいたりし始める。

面倒くさい連中だ。自宅付近でも、出かけた先でも。


日暮れ後。まーた蓮田のゴロツキ施工業者、小野寺工務店のトラックが北隣に押しかけている。

自宅はまだ騒がしい。テレパシー野次。
気配による威圧も、やたら強化されてて重苦しい。

「まだわかんないの」
「なにのんきにしてんの」
どれも若い女の口調だ。せいぜい隣室や隣家だな。

で、風呂に入ればあわてて追いかけてくる隣室の住人。壁むこうでどたばた物音を立てまくる。
笑っちまったよ。

本当、昔なら漫画みたいな悪魔というか、笑い話みたいな、せこいことばかり熱心なんだよな。
こりゃやはり人類滅亡の危機というやつかもな。
頭脳を洗脳され、憑依され、やることなすことがおかしくなっては、なあ。環境とか軍事で滅亡要因がなくても、ね。


「戻れ 戻れ」
と、痛めつけた後に散々迫ってくるパターンがある。
いわゆる、スパイへの勧誘手法。はだしのゲンでも紹介されていた手口。右傾の奴隷にもどれというわけだ。無償労働の。

やれボスだの王だのドンだの、もはや詐欺師の勧誘口上にしか聞こえない。
一銭も手渡されず、究極にマクロな面倒ばかりをしつけられ、ただ働きの5年間。

心を開くどころか、迎え入れるどころか、
むしろ暴力で従わせ、抜け駆けを脅し、まんまマフィアなやり口にあきれた。心は硬く閉ざされた。

もう孤立しか選ぶまい。ボトムアップの勝手支援しかしない。それで死ぬのならそれでいい。もう方々痛い体を引きずる日々には嫌気がさしている。
日本が嫌で、病的な体が嫌で、未練の対象がないのだ。どこにも誰にも魅力がない。地に堕ちた日本。

/18

昨晩、小野寺工務店が押しかけていた悪材料のままに、
北隣、岡田家は、猛攻撃を開始した。かなりボリュームを上げられた、電磁波照射。
ムワッと岡田家周辺が、縦に長く、重苦しい。

寝ると意識を持っていかれる。胃が電気ショックを受ける。
1:00、2:30、時計で測った正確さで、激しい攻撃が襲い、叩き起こされる。

「おれさまたちに声をかけようなんて、何様だ」

などと、寝る前のテレパシー野次の応酬を思い出す。


弾圧の強度や内容で、日本の下落傾向がわかる。
確実に、年々、悪くなっている。小泉で追いやられた我侭守旧軍、安部で外堀を囲み足引っ張り、福田で本丸に返り咲き好き放題。
だからこそ、勝敗で天下取りの方式じゃもうだめだといってるのに、

筑紫哲也に命じてブログ文 章を書かせ、
「後釜は才能がない」などと揶揄させる。
そうじゃないだろう、激動の時代の難易度と、高度成長安定期の難易度は違うというのに。
福田だってあの時代ならいい総理だった、そういう。いまの時代は誰が何をやっても難儀だ。

年よりは、自分たちを過信しすぎる。
年寄り言論人の文章を見ていると、それが確信できる。
いくら年寄りを大事にするといっても、そういうところは、反面教師にしなくては。

 ◇

派遣会社のバトラーにハメられた。やっぱりずぶにフロント企業だった。
採用扱いにしておいて、「詳細メール送ってないでしょ、だから不採用だ」
現場の職人たちまで巻き込み、「あれ、だってきょう二人なのに3人きてんの??」
という騒ぎになっていた、まあ、フロントだし、現場のゴロな職人たちも、事情はわかってる感じだったが。グルだ。

新成企業も、同じ手法ではめようとした。メールよこさず、こちらもいけなかったが、電話ひとつなかった。不採用のつもりでいたのだろう。


外はまるで大空襲。
蓮田の公害は静かだが、東大宮へゆくと猛烈な殺気気配で目がくらみ運転も危なげになる。
ちなみに蓮田の郊外へ着くと同時に、警察ヘリが真上に登場。大きく周回して何か探している感じ。

北隣はやはり小野寺が工事を始めた。職人4名の大掛かりな工事。あんなに職人使ってコンクリ基盤崩して彫って、いくらかかんだろ・・・
朝には小野寺の社長も着ていて、おれを見るや職人と手を耳に当ててこっちをちらちら、ヒソヒソ話。
夏ごろ、新座の日通で、アイラインのやくざ顔営業担当に、やられたのと同じ手法。
個別の手法ではなく、デンパに操られた日本人が、かならずするラジコン的動作。

だから、マルヤへ行っても、待ち伏せなのか、熱に浮かれたのか、
中年夫婦がおんなじことをやった。ちらちら見て、にやけて、指をさし、目を合わせると悪びれて逃げ出す。

「がんじがらめの空気」
制御信号で常に操られていろ、という統治方法。

息が詰まる。なにもこういう進化をさせなくたって良いだろうに…

みな戸惑っている。内心は嫌がっている。
警察官だって建築職人だってそうだ。
支配のための支配、支配の都合以外は何も考えてない。
気持ちなど無視して、とにかくロボットみたいに動け動けと強制する。

よほど隔離された、たとえば皇居みたいなとこで世間をみずにいないと、こうまで残酷には実行できまい。
世間の感覚があれば、ああも横暴ではできない。


その世間ずれした横暴さは、こ の記事と対局のことばかり強制してくる。
きょうに限って日経BPのメルマガがゴミ箱へゆき、(運命操作魔術)
「なにもすんな えらそうに発言するな、 黙って死ね 家から出るな」(テレパシー野次)

もう、むちゃくちゃだ。野次ってる張本人がまずやってみろと。なんべん死ぬかわからんが。

なぜ、仲良くやれないのか、相手を認め尊重できないのか、才能をほめないのか、

「やったことがないから」

相当に伝統だの格式だの、そういう世界だけで生きていないと、ああいう時代錯誤の弾圧圧力を命じるのは、不可能だ。

ついさっき昼過ぎ、オロオロしていた警察官たちの顔を見たのか、操られて起こっているマンション建築職人の怒号を。
シャチョー椅子に座ってる「弾圧仕掛けの張本人」は。
気配で広域が一変する。公職としても気が気でない。そこまで世の中を荒らしてでも、”支配”がそんなに大事か。

目を覚ませよ。

俺を放っておけよ。完全放置して、適当に暮らさせろよ。

「融通」が、世の中から消えているぞ。


互いを放っておくだけのことが、なぜできない?
ただブログで提案や告発するだけの人間に、なぜ無理難題を仕掛け、弾圧で干そうとまでする???

やらせろよ、
やらせねえよ、

たったことだけで、血みどろの争いを続ける愚かさ。内容なんて瑣末なもんだ。意地でしかない。


あゆみよりが、ない、
画面越しで、ふれあい、握手がない。

すると庶民だろうが、政治家だろうが、なんでも残忍にやるようになる。

こんなことを書き始めただけで、この狭い住宅街の30km規制の道を全開加速して行くキチガイ車が走り去ってゆく。

やりすぎ。相手のことを考えない。世界一かもしれない。悪魔化しすぎ。
どういうことかをかいつまんで書けば、「小泉時代よりよっぽど恐ろしいファッショ

これだったら、追い出されたり劣勢だったやつらは逆転しなくて良 かった。
誰がやっても同じだ。


支払いが足りない、何も買えない、いつホームレスか、
そんな状態に縛り付けられるのもいい加減うんざりだ。

自殺するか、ホームレスになった時点で凍死に任せるか。まいにちそんなんばっかり考えている。
終わりにしたいのだ。いますぐでも。だが死ぬは面倒で苦痛だから困ったもんだ。

来年とか一年単位で生き延びたって意味がない。
いつまでワーキングプアかつ政治犯扱いで奴隷にしてタダ働きの総理と天皇の補佐みたいな、ばかげた重苦しい苦痛を強いられ、
「強制的に操りやがって 強制的に操ってこき使いやがって」などと罵られなくてはいけないのか。仕組んだのは俺じゃないのに。
どのバイト現場へ行っても、気配で現場を操り実質リーダーにならねばならんように、仕組まれている。やる気がないから大混乱になり、二度とくるないわれ る。

よっていまのおれは世界一、現場指揮に不向きな化け物であろう。物 理的距離が必須だ。テキストでまとめるだけの提言者が良い。

嗚呼、日本に生まれるんじゃなかった。

 ◇

夕刻。
ブログで政治系を書き始めたとたんに、またチクチクと器用な念術攻撃。
18時で帰宅した人間の仕業だろうか。夕方まではなかった。

胃と心臓だけ、器用に、まるで指で突っつくように、書いた文章へのツッコミとして、電気ショックをジワジワ仕掛けてくる。
「もうそんなのかかなくていい もうおわりにしろ」

相変わらず、あちらだけの都合だ。こちらの事情など無視だ。
書こうが書くまいが毎日追い回され、アルバイトもやっとなのは不変。強弱に多少の差があるくらいで。5年間ずっとそう。
まじめに就職しよう、と大いに動いた時期も、ヘリがたくさん飛んできて尾行がいっぱい街中を歩いて、職場では脅され妨害され、

「・・・あくまで水面下、裏社会ベースなのね」、あきらめたよ。とどめの工作員一言「おいおい先走るなよ」だっけかな。

そんな重大事なら、書面を交わし、契約化すれば良いじゃないか。
「ぜったいにブログは書かないことを誓約してもらう、その代わり、完全な社会復帰を認めよう、一切の弾圧もやめる」、と。

企業だってそれくらいは思いつく。もっと大きな出来事なら、なんでできない?やらない?
不思議要素ばかり目立つ。

なんかこう、力任せ、強引、高飛車でね。相手のことを思っていない。みていない。
健康さが、若さが、スッキリ感が、ないんだよ。日本の病状そのものなんだろうかな。

いまのまんまだったら、倒れるまで今のままがんばり、重症を悟った時点で自害する。ほかに魅力がないもん。

/19

もう、6年目か・・・
太平洋戦争より長く、戦時下を弾圧され生きてきた。
しかも敵の実行部隊はおなじ日本人だ。


就職とは、
結婚や異性交遊とは、
あいさつをする、
にこやかでいる、

上から見下して鞭を打って、
牢獄につないで思想矯正を試みるような、

まるで中国その他諸外国のような、
頭の悪い密室拷問、実社会追放の弾圧方式で、
成るものだろうか。

答えは出ている。彼らは失敗した。そしてそれを認めず、逃げている。官庁だ ろうが裏社会だろうが。

5年間もおれの人生を奪い、
就職させず、人付き合いもさせず、すべて隔離し、金銭を持たせず、

ただの弾圧だった。ほかのどんな理由付けも、ウソ口実だった。
何も進ませないことが、目的だった。

2002年で、俺の時間は止まったままだ。

俺の教育に、彼らは失敗し、いまでも逃げている。

ただ弾圧がしたかった連中だけが得したに過ぎな い。

そりゃムダ知識や、マネジメントスキルは身についたさ。さまざまな国家級プロジェクトに着手させられたからな。
だが、だからなんだというのだ。タダ働きだ。奴隷の強制労働だ。
苦学も大概にして食い扶持を得なくては、学までで死んでしまう。

もうこれ以上、一年と、現状続行を許さん。

させるというなら、日本を道連れにして死ぬ。俺が死んだら富士山噴火だ。大尉動きて天地鳴動す。
活かし、活躍させるポジティブな動機があるならまだしも、
ただ単にただ働きを強制し稼ぎは丸々横取りするマフィア根性だったというなら、

おれは日本をアメリカでさえも、絶対に許さん。おれの死と同時に、サブプライム問題どころじゃない苦境へ落としてやる。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20071210/142824/

 ◇

じゅうたん爆撃は続く。
精神崩壊を狙っているのだろう。擬似脳波作用の電磁波(つまりは人間がラジコンになるってこと)を照射され、
その威圧感で、ものすごい疲労と倦怠感。胃腸への電気ショック攻撃。

テレパシー野次もやかましい。
起きてすぐ「もうだめだあいぬしかない皇族を馬鹿にしやがって!」
とくれば次の一瞬には
『極道!』
「創価学会!」

もうわけわかんね。
いわゆる、口からでまかせで、手当たり次第に罵っている。
年がら年中、隣人のことを罵ってばかりいる、隣人の意識ばかりしている、
私怨ではなく、任務で。

これはさすがに、予想はできても理解はできない。

来月を生き抜けないかもしれない。職場つぶしどころか、応募つぶしまで旺盛になった。
まあ、ぎりぎりでいつまで生きるよりも、完全にだめな状況になったほうが、さっさと死ねるのだが。


しかし不思議なもんだ。
せいぜい最新記事でも、日に2,3アクセス、しかも監視組の常連がいるからなんと か、

そんな不人気ブログなのに、
なんで、あれを書いたこれを書いたといっては「弾圧」してくるのだろう。

おかしな日本、
くるった日本、

やはり支配者を間違えているとしか。間違った動き をしている。


午前10時。
またあの、グリーンハイツ(何百回書いたかなこの名称)の
隣で新築している、右傾職人。30mほど向こうの。

いちいち付和雷同し、野次を飛ばす。自動的なのだ。本人意思では、半ば、ない。
特定の勢力だけが、このような反応をする。右傾、カルト、どちらかだ。無反応の国民は多いのだ。

ブログ記事の執筆が追求部分に達するや
「うるせえなああいつ!ウルトラマンな!」
Winampではちょうどウルトラマンの曲がかかっているところ。室内でもかろうじて聞き取れる音量。

・国民は、ラジコンにならねばならない。いつでも支配者に操られること。
・国民は、マークされた人間に野次を飛ばさねばならない。
・国民は、マークされた人間の生活実況をして嫌な顔をされなければならない。

どこがはじめたんだ、こんなくだらないシステムを。5年間付き合っててメリットなんかみたことがない。
ほとんど、成果など出していない。いじめのためだけのシステム。前向きでないものが、政治経済生活、成果など出せるはずがない。

とっととやめちまえこんなカルト欠陥システム。


12時新越谷駅。
やはり集合場所に待ち伏せ。
昭和顔、リーゼントもどき、時代のファッションからわざわざはずすような右翼な連中が散見。嫌な気配で心臓が冷たくなってゆく。
赤ん坊を連れてきて、周囲でうろうろして泣き喚かせる父親。誰を待つでもなく、しばらくすると意味不明にどこはへ去った。


まただ、子供つくれだの結婚しろだの、えらそうに上から見下して、命令して強制してまで、することかっつの。
むしろゲンナリするだろうが普通。なんでもかんでも監視社会にファシズムじゃよ、余計に手控えねえか普通。
職もない、
危ない橋を渡らされて他人を巻き込めない。
そのみち女どころか人が寄り付いてこねえよ馬鹿。

しつっこい。
ガチガチ管理。

どっかいけ
つきまとうなアホ

完全管理を目指し、
常時付きまとい、厳しくすればするほど、
目的達成はむしろ確率を落とし、ムダに長引いてしまう。


寛容を。
放任を。

無論、そこはマネジメント能力の発揮しどころではあるが。すぐ万事適用したがるアホザルジャッジが、日本はじめ東アジア民族の悪いところだ。

あと5年でも10年でも30年でもこのままなんだろうと、予知能力が読み解いている。
日本に付き合わされる限り、
日本に生きている限り、
おれがおれであるかぎり。

生まれてくるんじゃなかった。

 ◇

http://gendai.net/?td=20071218
いま亡国の永田町の各政党事情
 「消えた年金」の公約違反が表面化した途端に、福田内閣の支持率がど〜んと急落 だ。
 福田自民党は完全に尻に火が付いた。だが、なんか変だ。
 今の国会はどこを探しても「全面対決」とか「選挙」「解散」のカケラもない。

 自公政権はもとより、野党にもヤル気が全然見えない。
 選挙で負けるのを恐れ今の勢力のまま悪政を強行する自民・公明、
 参院第1党でありながら国民の期待通りには動けない民主、
 弱小のくせに独善のその他政党……
 これで福田政権が越年国会で息を吹き返し、世論の支持が再び集まるようだと、こ の国は永遠の深い闇の中に沈む……。

そろそろ気づくべきだろう。
人と人とが通じ合い、以心伝心するということがどういうことか。
その中で中心人物を託された(押し付けられた)マネージャ的人材が、追い込まれ追い出された彼らが、

なにをどう盛り上げてきたのかを。ボーダーレスで。

支えるべきを追い込み、
支援するふりをしてサボタージュし不成功を呼ぶ、

いい加減にその”陰湿な手口”を撤廃していただきたいね。いつまで足の引っ張り合いに終始するのか。

「なにをあんなサルやかましい小僧が土足で入ってきて現場も知らずに引っかきまわしやがって、とっとと潰しちまえ」
散々聞いたよ。そういう野次は。

でもさ、以前からあるにはあったんだろう、どうやら。もっと水面下で寡黙に、存在がばれないよう、邪魔しないよう、

たまたま現任(前任?)は、いまどきの若造で、あけっぴろげでつっけんどんでやかましいだけなんだよ
でも、それは「システムのバグ」なんだ。おそらく故意に残された。
パソコンでもできる、音量調整も、ネット回線切断も、自由がないんだ。垂れ流しなんだ。常時接続さ。

こればかりは、改修できる人たちが結集して、してもらうしかないんだ。
システムそのものをなくせば良いという話ではないんだ。
悪意や欲望にまみれた、嫌がらせを何とかしないといけない気はするんだ。

中心をすえないと。
おのおのが勝手に、個人個人のやる気だけで、どうにかなるもんじゃない。それではパワーもまとまりも不足するんだ。

無論、システムを停止させる選択肢もあるのだろうけど、
どこにそれがあるのか知らないんだ外部だから。いつからあるのか知らないのもそういうことさ。いつのまにか引っ張り込まれてた、最終兵器彼女ちせ。

おれより詳しい古株のひと、教えて!


「静的な常駐」がまずければ、逆効果もあれば、
適宜、お邪魔してはまた去る、「動的運用」に改修すれば良い。
動的に柔軟に、組織運営はそうありたい。

絶対にあれ、
絶対になくせ、

どっちも同じ穴の狢。エンジニアの姿ではないよ。
小泉に追われて憎くて、でも返り咲いたら同じかそれ以上に相手を追い込んで弾圧して。
どっちも同じ穴の狢。

理解しようとしない限り、進まないし、進歩がない。
敵地へ攻め込んで、民家へ押し入り、見慣れないスープの入ったなべを気持ち悪がってひっくり返す野蛮な兵士みたいなもんさ。
相手のことをキモイキモイと思いながらも外交努力を進めるのってそれだけすごいことじゃないか。

 ◇


http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071213/143116/?P=2
サブカルチャーは民による民のためのもの

 中国政府の人たちにぜひとも言いたい。
 今の日本の政界には、アメリカとちがい、そのような長期的かつ高度な戦略 を構築できるような、国際的視点を持った者など、一人もいやしない。

要約
「ちうごく!安心して!日本の政府国会には、馬鹿しかいないから!あったまわりいから!」

中韓に限らず、敵国を決めて反感情をあおることで、選挙を盛り上げたり支持を増やす手法は散見される。
そこまで政官にウェイトをおくのか、
政官が多少馬鹿であるがゆえに民間が伸ばすのか、

この違いが大きい。なかなか理解できないとは思うが。
おっつけおいこせ、中韓は必死すぎているのだろう。政官エリートの頭も良すぎるし使命感もありすぎる。

ガッチガチに管理しようとする愚行は、俺自身もう5年間以上つき合わされている。
この時代退行的な流れが加わることで、日本は徐々に沈みこんでいるのだ。



「変われなければ、死ぬだけだ。」

そこまで切り捨て、突き放す世の中にしてまで、
あいつらは、何がしたいんだろうか。

そんな情けない支配者がまかり通っている世の中を憤慨する。小学校児童かよ。
なるべく関わらずに生きられるだけ生きたい。

老世代には、
スパルタだの、しごきだの、
完全正義だの、
単純な発想を信奉する傾向がある。

いわく、若者であれば悪であり、たたきなおす、というような体育会系の。

それは老人たちの同人の集まりでしかない。
若者を敵に回し、賛同者を減らすだけ。短歌が俳句を駆逐しようというのだ。

だから、なかなか世の中がまとまらない。
テレビの識者だの政治家だのの、時代錯誤、老世代寄り、な発言や法案が、次々と嫌われてゆく。

「じゃあ、あんたがたの理想像になるために変わりたくないんで、死にますよ」

という若者が一万人も出れば、少子高齢化どころじゃない騒ぎになり、世の中は維持できなくなるだろう。
死なずに日本の中で徒党組まれたら、国は二分されてしまうだろう。

日本がそういう欠点を改めないのは、豊かだからだ。愚行でも儲けているうちは威張れるからだ。

そういう日本が非常に嫌いだ。
露骨な弾圧で5年間、それ以前から父親がらみで生まれてこのかた30年、
ずっと、家族ぐるみで弾圧されてきたのだから。

あまりに潔癖すぎる。いびつな野菜をはねるような気軽さで、人を家族まとめて殺してくれるもの。

http://www.j-cast.com/2007/12/18014674.html
こんどはタイゾー議員をして
「自民党に逆らった」から干すそうだ。

魔女狩りばかり流行させ、弾圧ばかり流行させ、

確実に、骨抜き、ガタガタ、予算も使い果たす、
すっからかんな国になるために、今の日本は動いている。

  もっとも、タイゾー議員が1区で選ばれないとすれば、地元とのコミュニケーションを欠いた面は否めない。
 そんなタイゾー議員が中央ともうまくコミュニケーションが取れるのか。

無茶苦茶な上司と、コミュニケーションスキルが低いから干す、

寒い時代になったもんだ。
転職する先もないからね、独裁政党だから。


なあ福田さんと幹事長さんや、
あんたら小泉とやってることがどう違うの?

郵政造反組と同じじゃないの。今度は改革側を追い出すってか。
しかも内閣改造とか言って、大臣も半分くらい追い出すんでしょ???

追い出されたり、自分から出て行ったり、再編が一気に進むね。
保守と改革と野合と、さまざまな。
民主執行部が嫌な政権入り願望の一派、自公執行部が嫌いで改革がしたい一派、とか。

そこへ、先進的システマティックだったり、旧態依然縦割りだったり、世代別や業界別に異なる支持を集めたりもする。
企業的アピール政党、メガホン選挙カー政党。理想だけにこだわった社民はあれだけ縮んでしまったけど…

だが結局は中堅若手優位に、スタンダード決定は進まねば成らないから、
数年後を見据えれば、現在の与党は不利ということだ。

中継ぎ、後継のための下地作り、そういう政権になる。

改革や改善は苦手なのに懐柔や締め付けは得意。小泉政権まで何もしてこなかった連中、まさにその人たち。
何も進まない。面白みも、ほーと唸らせることも、皆無、希少。
景気対策もなにもなく。目先の原油高対策さえ遅れて。

来年が激変でない限り、おれは雪の中で冷たくなってるだろうよ。くそみそに毎日毎日このサイトを監視しに来る「立川結城市議」をぶん殴ってからにしようか なあ。

 ◇

JR東京駅交番内で警察官が拳銃自殺 側頭部撃ち死亡(朝日)
道仁会と九州誠道会を一斉捜索 抗争封じ込めへ(同)

歴代政権に、おなじことが起きるたびに、忠告していたものだったが・・・
どうも、みたまんまで、政官というやつは、連携とか横断とか言うものが非常に疎く、情報共有もしてないらしい。
だからまた、おなじ苦言を官邸に送る羽目と成った。

いつになったらおれの主張はきちんと受け取られるのか。
もっと社会の表で、注目されていい体験をし、知識やノウハウを持っている。

赤坂御所での昨年のケースと同じく、若いやつが狙われる。
意識がガチガチじゃないから、気の緩んだ隙を付かれて”洗脳”さ れる。コードギアスの一話だよ。

 (2006年9月)28日午後0時10分ごろ、東京都港区元赤坂の赤坂御用地内 のトイレで、
 皇宮警察赤坂護衛署勤務の男性巡査(19)が頭から血を流して倒れているのを同 僚が見つけた。(朝日)

追記
http://www.asahi.com/national/update/1219/TKY200712190400.html
拳銃自殺の警官「久しぶりの交番勤務で不安

 ◇


外を歩けば、違法電波か何かで、
特定の人間の脳に作用し、パーにしてしまう、ハッキング脳波信号が、放送されている。
すくなくとも、埼玉県南部すべてをカバーするくらいの。

とにかく、判断を誤る。道を間違え、思考が混乱し。

で、そこへ、やつら「組織営利的ストーカー」の得意技、精神障害者がうなったりニヤニヤしながら通過する、嫌がらせも完備。


たえず他人様の頭脳を、これら技術により、テレパシー盗聴し、尾行において先回りしたり、
放送番組へ無断登用させるような、犯罪者集団である。

これには官庁役人も加担し、実質、「国態」なのだ。
国民の脳を常時勝手に見回り監視し、
国民の脳から情報を無断で盗み出す「ドロボウ国家」だからこそ、社会の一線の人間たちにネタが尽きることがない。


14日記述のとおり、貸しきり状態の浴場で過ごせば、

http://animekko2.blog113.fc2.com/blog-entry-137.html
昨日のエロマンガブログ記事に、こんなのが。
よくあることだ。そこまで緻密に、
故意に仕組むか、(組織的謀略)
お互いが連動しあうか、(人間ラジコン)

うかつにインターネットで掲示板なんか見られない。情報操作の手合い、末端工作員、そういうのと鉢合わせると、まずこの手口を、やられるから。
右傾水面下活動>カルト>エロ=裏社会の仕切り つながっている。2chはじめ多くの大手掲示板は政府官庁の情報操作と弾圧のためのスパイ掲示板。

/20

近所のカルト筋の追い込み工作員。何軒かある。
とにかくやかましい一世帯がある。「しねしねしね つぶれろつぶれろ」
ラッシュをかけてくると大パニックだ。だがこちらがすごむといきなり消沈したりする。

こいつらは基本的に馬鹿で、低学歴だ。まあ、人を追い込むヤツな んぞ、普通に暮らせるスキルや金がある人間はやるまいが。

「俺達の使命はきさまを病院送りにすることだ」
というのは、連中の脳内では”カッコイイのかも”しれないが

散々追い込んでもらって食うや食わずやの人間に、病院行く金なんかあるわけないだろ。


馬鹿が社会を統治してはならない。

だから日本はおかしいのだ、今でも。
べつに高学歴とかエリートとか高い地位のことを言ってるのではないよ?
その馬鹿工作員たちを使ってるのは、裏社会を通じた、官庁や政治家たちである。まあ政治家もいまやカルトなんだが。

馬鹿ばっかりだから、馬鹿な世の中が治らない。


テレパシーネットワークを、
秘密主義、排他主義、で悪用する勢力は、

自分たちは次々と”おれの頭脳”へ侵入し、監視し、野次ばかり言うくせに、

こちらが考え事をしようとする、意見を書こうとする、と、
ぎゃーぎゃー騒ぎ始めて
「もういい 黙ってろ こっちに聞こえねえように」
などと我侭を言う。

横暴さをなくすには、オープンソース、開放性、対等性、が肝要だな、やっぱ。

カルトなんだよな、その閉鎖性が。有料主張したり詐欺っぽいし。
一部の特権を作り出し、自分たちだけ優秀で高位であろうとする姿勢。

いま日本の政治や社会がおかしくなった、ひとつの理由であろう。

 ◇


この物件は、不思議なことがいくつかある。

車も通らない。近所もみなおとなしく静かだ。
なのに、ガラスがはめ込まれただけの70年代式引き戸が、カタタタタ・・・・と、ゆれるのだ。脈絡なく、法則性もなく。昼夜問わない。振動の大きさはいつ も同じ。

暗殺のために撃ち込まれる、殺傷性の電磁波は、振動波を伴うことがよくある。
だから、壁や、家具などが、ビシバシと、バチンと、物騒に鳴ることがある。
体で、気圧されて、ふらついたり吹っ飛ばされることも。海の波のように。

ちょうど、北隣岡田家とか、その東となりの岡田荘とか、そっちから東北>南西で撃ち込まれている。もう3年間も不変の斜線。
方向的には、一致している。

敵があまり遠いと、鮮明にはテレパシーが響いてこない。まるで隣近所のように、いつも鮮明である。
電磁波自体、距離が開くと狙いを定められず、弱くなってしまうし。

壁向こう、塀向こう、
それくらい近いところに、犯人はいる。

で、たまに電磁波を強く撃たれると、顔などが酔っ払ったように焼けて赤くなるが、(3年間で二回あったな)
北隣の岡田家のばあさんは、いつも赤ら顔だ。
自分で浴びてるのか、撃ち込まれてるのか、不明ではあるが。

とにかく、悪性貧血だか膠原病だか、先週以前のこいつらの電磁波猛攻撃のおかげで、まるで40くらい一気に年をとったようだ。
なにもかも動かない。しんではいないが、、そこにいないかのような。しんでしまいたいくらいきつい。
血行不良になれば、ものがもてない、もったかわからない、くらいに皮膚が硬くなる。ボロボロに拍車がかかる体を見るだけで、しにたくなる。
社会常識をまもる余裕もないくらい意識もぼやけている。この辺は貧血要素なのだろう。

 ◇


究極にまで悟りを深めてしまえば、
この次元は異次元であり、
恣意的にいくらでも曲げられる世界であり、

「おれを苦しめたり窮地へ落とすためだけのために生まれ、存在する、 ヴァーチャライズ世界」

なんだよな。

それ以外の要素が、どこにもない。
ここにはロボットしか居ない。すべてがヴァーチャル。
何を抗うだけ、抜け出す努力をするだけ、無駄なのだ。

ヴァーチャルだから、おれが絡んで
どんな大きな災厄や事件がおきても、
まして大きな富をもたらしてくれても、

誰も連絡や訪問しては来ない。

実はぎりぎり目の前だけを変化させてごまかしているヴァーチャルゆえに、
キャスティングが追いつかないとか、そういうオチであろう。

もしくは、支配者の配下の呪術使いにより、万事が操られた、つまんない”超絶管理世界”

付き合うだけムダ。最大限、このウソ世の中に、関わらない努力だけはする。世捨て人だな。


生物は、陽でなくては健康を失う。陰はウイルスのような、克服要素である。


陰陽、2グループある。

相手の気を奪い、冷たい体にするか、猜疑心と悪意の閉じた心にするか、
相手に気を与え、温かい体にするか、互助と温和の開放的な心にするか、

あるいは、2グループは”同じ会社”の異部課であり、阿吽の呼吸のマッチポンプかもしれない。
このふたつで自作自演すると、「飴とムチ」が完成してしまうからだ。

あまりに”誘導の行き先”が間違っていれば、交わらない。
妥協の範囲では、接近もする。
そういう感じか。この世界は理想郷ではないのだから。


とりあえず今朝起きてみると、ものすごい、
血行不良、ひたすら冷たい、
悪霊や怨霊のようなぎすぎすしたやつらの意思が、
「馬鹿アホシネくず詐欺師」
と絶えずワーワーテレパシーしてくる。

つまりこの自宅は、陰陽の陰側の工作員が、
常時、暗殺誘導を計っているということだ。
ここには、陰陽の陽側は欠片もいない。

霊界の理か、この二種類は、絶えずある。
昔から、今までずっと。

怨霊悪魔と連携して人を追い込み死に至らせるよりは、
善霊善神と連携したほうがまだ、生物として、生きるのが前提の存在として、自然で、良い。


このテキストを書いてる最中も、「やめろうるさいもういい人殺しクズタコ」
ワーワー罵りまくってくる。よくまあ部屋に閉じこもっておれひとりを絶えず監視や攻撃するパワーがあるものだ。

取り憑かれると、
逃れられないと信じ込むと、
こうなる。表裏の裏、不変の手法である。


きのうだと、陰陽の陰側は、バイクで転倒させた。
交換するの、ひび割れたタイヤより、先にサスかな、とか考えた直後、タイヤのせいで転倒するように仕組まれた。
「彼ら」には、徹底して、融通がない。コテンパンにして教え込む方式。

だがこの5年間ほどを見ても、彼らに目立った成果は出せていな い。
あるいは利益を食いつぶしてしまい、長期安定運用できず、我侭に現場を翻弄し、帳消しだ。

”無茶な厳しさ”はむしろ切捨てや格差や暗殺など、恐ろしい現象を増やしてしまった。
ついでに儲かったのは裏社会の我侭な部分だった。最初は規律統制に準じても、やはり徐々に我侭奔放に戻ってしまったのだ。

ここが、表裏の属性による、身分的な限界だろう。

表がしっかりするしかないのだ。

裏が代役をすることは、まず不可能。
世の中が、無法化する。ぎすぎすし、すさむ。
テレパシーやサイコキネシスによる殺傷攻撃、人間や運命を操る無法行為、
これらを取り締まり、規制管理するには、政府こそが次世代化する よりほかにない。

自由も規制も、統治側がしっかりリリースしなくてはならない。
下へ行くほど薄まり、あいまいになり、不法も増える。この改造構造は、生物的性質からも、変えようがない。

やりすぎたり、勘違いすると、”国交省不況”になる。難しいのではないが、センスが必須だ。大計を読み、機転が利き・・・
その意味での、「次世代政府」
若返りや官民融合か、あるいは別の何かか。

プランはすでにいくつかある。
だが、決して水面下に潜るような、やましいものになっては、なら ない。
最初が肝心、源流の水は澄んで、飲用に理想的でなくては。いずれ中流下流でにごるのだから。


以下は参考。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071211/289292/
プロジェクトマネジャの暴走を食い止める
 それでは,PMOとして,プロジェクトマネジャの危険信号をどのように見極めれ ばよいでしょうか。筆者の経験上,次の兆候のうち複数があてはまるようだったら要注意です。

(1)プロジェクトメンバーがプロマネの指示に納得していない
(2)指揮系統を無視して,末端の担当者にプロマネが直接指示する
(3)顧客との関係が悪化している
(4)メンバーからプロマネへの不平不満や悪口が噴出している
(5)協力会社に対して無理難題を押し付けている
(6)プロマネが何をしているのか,メンバーが分かっていない
(7)プロマネ一人だけが何日も深夜残業や徹夜をしている

 これらは,プロジェクトマネジャがなんとかプロジェクトを回復させようとして対 策を打つものの,周りが見えなくなっていることを示す兆候です。
 前述したように,プロジェクトマネジャの内面的な問題により,視野が狭くなって しまうと起こります。
 放置すれば,メンバーのモチベーションの低下やプロジェクトの混乱を招くこと は,容易に想像できると思います。

優秀すぎるトップが孤軍奮闘しても、
馬鹿すぎる末端が上を知ろうともせず暴れだしても、
その中庸の問題が起きていようが、

回らないときは、ある。
解決は易しいが、やろうとしない場合がままある。鈍感、無能、意地、カネ・・・


・・・・で、こういう方向に流れてしまうことも。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20071217/143243/
だめな上司とどうしてもソリが合わなかったら・・・ピポパ「はい、スタッフッサービスです」

上の上がどうにもダメで・・・・「だったらほっときなさい」、という。

一番上のほうがどうもお爺さんくさくて、厳しくて粗暴なんだがやることがまるで明治大正で・・・
でもそう口に出すと雷が落ちてくる。槍が降ってくる。
コワッ! だったら手を引こうか、となる。最初から勝つ人がおじいちゃんと決まってる国じゃ・・・
まるで「三千院帝」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071204/288658/?ST=biz_honshitsu
「社長と田中本部長は,今の販売チャネルとの関係を良好に保つことしか考えていな いんだよ。
だから従来案しか眼中にないんだ。こんなことなら,そもそも新規事業を立ち上げる 意味がない!」

/21

早朝6時前から一戦。こちらがたたき起こされるのだ。

人が原因で不愉快な気配を感じるときは、そいつが起きているか寝てるかで、ON/OFFが決まる。
6時ごろに隣室のムラタハルミのほうが起きたので、ものすごい不快感で起きる羽目になった。

同時に、強制的テレパシー会話の開始。操られてきて、否応なく会話をさせられるのだ。自白強要と同じ。
「なんでこんなとこでくるしまねばならんのだ」と本音を言わされ、
「あんたがはたらかないからだろ」と憎まれ口が返ってくる。

つくづく、あの女は人を怒らせるための工作員である。
「やくざ系統に鞭打たれ、タダ働きを続けろ」と、伝言してくるのだから。
それでなくとも普段から、挑発ムードであることは多い。スイッチが入ったようにねずみ男夫と一緒にぎゃーぎゃー囃してくる。

その夫のほうは、「女房を困らせるヤツは承知しない」
とか言うのだが、逆だろ。
オレを怒らせる挑発ばかり仕掛けておいて、よくまあ亭主を迎えるだの赤子を産むだの、緊張感のないことができるものだ。
よほどやくざのインフラに依存し、慢心しているとみえる。

「こっちゃ弟殺されてんだよね」
といわれただけでいきなり気配がビビっちゃう男だしな、亭主は。
修羅場くぐってねえよ。

結局、気配の応酬があって、やめろややめないとすったもんだして、収まった。10分くらいか。

考えてみれば、義母の気配の強さと同じだな。裏社会は常に、壁一枚、塀向こう、に強い気配の工作員を送り込む。
結城市ではそれが身内だったわけだ。

最低でもこの隣室と、北隣と、敵意があり、裏社会特有の動きをする。


北隣の岡田家。こちらへの敵意はあるようだ。

「今すぐ、電磁波攻撃を止めろ、たまにいきなり止めるじゃねえか」
応戦し、要求する。無視される。
でも室内からカッターをキチキチ鳴らして、威嚇はしてくる。

あいつらは、力には弱い。強力な気配を振り回していたころは、すぐビビって止めたこともあった。
弱虫の老人だが、壁向こうでは強気になって、死ぬような電磁波を打ち込んでくる。すっごく腹の立つ嫌味も言う。

たまに電磁波照射方向に沿って、ビシッと壁が泣く、射線上の缶やらボトルやらも同時に泣く。



「心配だよなあ」
とニヤニヤしながら言うごろつき。舎弟のまた舎弟の位置っぽい若造。まだ艶々している。
だいたい、悪党が心配などというときは、脅しと相場が決まっている。

「あいつうるせえんだよ」
と、やくざの親玉の伝言を持ってくる。
ははは。裏社会に説教や告発でウザがられるほどの身分にはなれたようだな。

来年前半でどうにも努力が報われないなら、自害するしかあるまい。
心身ともに老化も疲労もピークだ。
悪党はタダ働きさせるだけ。いまだに1円も対価をもらったことがない。
面倒と、悪評と、追い込まれて社会に出られない足枷と、使いものにならない体と、
”厄”だけが残った。
家族は散り散りで、兄弟は二人も殺されて墓碑の下に眠っている。

好き勝手やりたい裏社会はまとまりゃしない。いや表社会も同じだが。
類まれなるモラリストにしてマネージャである俺を抜きにして、
もっとお互い馴れ合いでオイシイところは温存し、勝手にやるがいい。

愛想が尽きた。日本に、世界に。

なぜきょうも死ねなかったのかとため息をつく、そこまで堕ちた日 々。


若手は「古いヤツ邪魔 若気の至り、勢い任せに、譲れ馬鹿」
老練は「若造がうせやがれ、俺たちでまだまだやれるんだ」

老若ともに、己が姿を見ていない、夢ばっか見てる、バカばかり。

なんども言わせんな。日本はこうして、世界屈指の、機会利益的不 利を無数に抱える、没落必死の国なのだ。
奢っているバカが多すぎるんだ。豊かさを、えらい地位を、奪わないともうどうにもならん。特権も裏社会もすべてがどん底まで落ちないと。

仕切りなおし、ゼロスタート、そういう風に持ってくしかない日本列島。
だが、破綻だ、滅亡だというときにこそ、流されず、地方とかで悠々マイペースで努力し成果をあげてる人々が、勝つ。
かれらは経済にも、偉い人の地位にも、依存しないで自活できる。

 ◇


「懲らしめたし許してやっか」論は、意味を成さない。すくなくとも、現代社会では。

封建制度が息づいていた時代の発想であろう。
いまは身分もなく、誰も同じ笑顔で向き合わねばならない、資本主義やら、サービス業の社会だ。

しこりをのこす。
一方の自己満足で終わる。

だから、戸塚ヨットは見向きもされなくなった。

かくいうおれの親父が、バカな、体育会系発想の、スパルタ信奉者だから、
自信を持って言えるのだ。

あいつは、相手を見ない、殲滅や侵略しかできない。性格が鬼兵士だからそういうことができる。
実際、常に家庭は荒れ果てていた。涙は枯れ果て、逆らうことはできないとみなあきらめ、脱力し、表情は硬かった。

だから、そんなやりかたがいつまでも大きな勢力を持つ日本は、時代遅れを直さず、
これからどんどん落ちぶれ、貧しくなる。予算や資産を食いつぶしてゆく。
福田政権の時代ミスマッチ振りを見れば明らか。あと2,3年ああいう風に続ければいよいよ、破綻が見えてくる。

オレの弟はまさに、実験対象のような悲惨な成人になった。
ものすごい、たぶんヤクザもかなわない、ATフィールドの硬さである。

鬼悪魔の父に不定期数日おきにたたき起こされ、竹刀でぶったたかれ夜が明ける、
だが大きかった俺にはそこまでリンチできない。弱虫だから。
巨人が負けた腹いせに、宿題一問だけ間違ってたといってわめきちらし、弟を徹夜で殴る蹴る。俺も寝られない。
その結果、北風ばかり受けて、要塞のような堅固な心になってしまった。
どんなに説き伏せても、殴っても、聞き入れない。それが性格にまでなり、すごく偏屈だった。オレの比ではなく。

悪いことは言わない。
「いま、オレを虐待するものたちよ、」

即刻、武装解除し、追い込み事業をたたみ、
「北風と太陽」
今まで不足していた、太陽を存分に充実させるべく、ボランティアしなさい。

でないと、多くの国民が、
オレの弟のようになり、
偏屈で、耳を貸さず、あるいは復讐心に燃える、
貧しい精神性が増えてしまうぞ。

おれの実家のように、隅々まで荒れ果て、整備や清掃をされず、人々が地面で寝っころがって過ごす北の国みたいになる。

おれの親父が万能だの、仕事ができただの、
それはお前らの尺度だ。
あれはゴミだ。妻子を虐待しまくった鬼悪魔だ。マザコンで祖母に甘やかされまくった子供気性だ。
高度成長時代に派手なことをやって惚れ惚れしたのだろうが、いまは時代は違う。
あいつがいま活躍しようとしたって、むしろ恥をかくだけだろう。角栄だって現代じゃ福田総理と同じだ。

むしろそういう時代錯誤な尺度で人を判断するから、いまの若年世代はしぼんでるとか誤解するんだ。
親世代に翻弄されてばかりだ。なにをしていいかわからず迷ったりあきらめてばかりいる。
勝ち組はたまたま、継承的なビジネスに染まれているけれど。奴らはアメリカか親世代か、どっちかのコピーでしかない。

あらゆるミスマッチが、噴出し、日本をいよいよ土台から崩し始めた。

とてもいい時期だ。
きっと1年後には老人たちが泡を吹いてオロオロするだろう。
もやしになってしまった若者たちはメソメソするだろうか。実家のパパママとご相談かな。

/22

http://www.asahi.com/politics/update/1222/TKY200712220085.html?ref=rss
6の中には国土交通相、厚生労働相、農水相は入れてくれということで話はついてい た

国交省は取られちゃうわ、
いずれ与党を追い出されるわ、
そりゃ、創価に頼んで「呪術」で失敗を引き出させるに決まってるじゃん。

小泉にいつも追い風吹かせ、陽気で勢いづかせたのも、
逆に干上がらせて気分的に滅入らせて幾人もの自殺者を政治家ほか方々で出したのも、

状況証拠でみれば、すべてこの呪術のせいだ。

小泉政権に間接的にこき使われていたあのころ、
3回ぐらいか、国交省のコンピュータ単発派遣案件を、紹介されたことがあった。2004年末〜翌年明けごろかな。
しかも栃木陸運の局長と面会し、挨拶を交わし、局長室のPC設定を任されたりもした。

あれは、鈍感なおれのような人間はともかく、もっと社会的なできた社会人が見れば、
”アプローチ”であっただろう。
まあ、半年か一年後に、NECネクサ経由で財務省本庁に呼び出されて、ひどい扱いを受けるわけだが・・・(当時のブログや被害日記を参照)
まさか、クールビズがああまで恨まれていたとは・・・
官庁そっちのけで、小僧が官邸ホットラインでブレインやることで、ああまで嫉妬されてたとは・・・

いまおれが不遇なのも、その弾圧の半分は、霞ヶ関の一部が裏社会と通じ仕組んでいるものだ。
あと半分は、どうにもおれがいいなりにならないで不機嫌な、右傾ゴロ系統だろうか。

だから、いい悪いはともかく、今の「昭和的官庁政治」な状況(福田政権時代と同期)が終焉し、
(必須としての)改革や革新が求められ、官庁が自然とリビルドされる時代となれば、
自動的に、おれへの弾圧は衰退する。
むしろ、人材育成や、軍師として、重要になることは間違いない。どの政党や企業にとっても。もはやエーザイやオムロン、ソニーほか多くの企業トップに、存 在を知られている。
駐車監視員だけでも、警察庁に、FTAや農産物輸出だけでも、農水省に、恩は売っている。

だがこれらは、強制労働によるものだ。一員だったとか、責任を有するとはとても、いえない。
損をかぶらないから、利益もいただかない、もはやそういう風にしか取れない。そういう状況だった。ひたすらタダ働き。

 ◇


不法侵入の痕跡か。
このアパートではもう数回、経験している。
玄関付近だけ、タバコの灰のにおいが。おれは吸わない。おれ以外誰一人、入らない。


「1強はおもしろくねえ」

ふだんあんまり聞かない、愚痴な野次が飛んできた。
都内の現場でのこと。

そんな、きょうのバイト先にも、来たな。部落右傾系統の、足引っ張り工作員が数名。農民顔の。

気配を出す。やる気がなくなり、頭が混乱し眠くなり、猜疑心で満ちて悪態ばかり浮かぶような、
「悪魔の気配」

検品の仕事がどんどん遅くなる。

そいつらが75とか言ってるから、175か速いなあと感心すると、ほんとうに75なのだ。
こっちは初日で125。慣れてる人が180くらい。
当人たちもサボってばかりいて、職場に迷惑をかけている。で、「いわれたことだけやってりゃいいの、自分から何も言わないの」と、
これまた右傾縦割り系統の定番せりふをベラベラしゃべっている。
こちらはそれに反してヒートアップし、198の大台、職場トップで抜けてきた。おかげで物音により周辺の女性たちがビビってしまったが…

「やりづれえ」
となんべんもなんべんも言う。おれの近くにいるときだけ。
殺しにくいと、匂わせているわけだ。


台所付近に、猛烈な電磁波照射がされている。
むろん、弾圧、追い込み目的で。近所から。

岡田家、岡田荘、石井家、その周辺。いわば塀向こうくらいの至近距離。
直線的な照射を体感で追うと、北東から打ち込まれているので、岡田家、岡田荘だろうと仮定している。
おそらく岡田家の台所の東隅あたりに機械がありそうだ。
ごくたまに、その機械を止めて、いきなり不快感が消え去る。年に約1回あるね。
だから、この地域一帯が停電したら、この威圧感も消えるということだ。

ちなみに、ここらへんでもっともでんと座って、怪しげなのは、岡田家の婆と、石井家の亭主。グリーンハイツ2Fの爺もか。
過去には、東隣小沢家の爺にも、いきなりにらまれ、すごまれたことがある。
とにかくこの周辺は、そのような、秘密主義諜報のような、あやしげな連中が多いということだ。
荒川の川辺というのもよくない条件ではある。

近づくほど、むわっとした威圧感が強くなる。
「あーあー大丈夫なのか」
「おれたりは手ごわいぞ強いぞおっかないぞ、あーあいいのかなあ」

まるで小学生中学生のような、稚拙なこけおどしが続く。
こっちがだんだん飲まれて目が回ってくるにつれ、
相手も喜んで小躍りして、調子に乗り出す。


翌朝3時すぎ、ついさっき。
近所、岡田家のさらに来たの「にこにこ荘」のガキがアクセル全開で通過し、急停止。物騒なエンジン音、いきなり静かに・・・何事かと。
飛び出して、どやしつけた。こういうところが親父に似てきたのはいろいろと問題だな…

むしろ、こんなことまで「実は仕掛けられているのではないか」といちいち疑わなきゃいけない身の上に問題がある。
ラフな車が高速でニアミス通過するなんて嫌がらせは、たまに見かけるくらい見慣れている。黒グロリアとかな。

つうかやつは、くさかった。なにくさいとはいわないが、だからアクセル捌きがラフだったのは間違いない。遅くまでゴクゴクしてとっとと帰りたかったんだろ う。
忘れてしまうのがいいことなのかどうか、次というものがなければそれでよいのだろうか。

/23

きのうきょうと、点ふたつが線になった。

昨晩、泥酔で暴走で帰ってきたニコニコ荘。ヤンキー上がりの青年。
今日、石焼芋の車で通りがかった若いホームレス。

売る気が無い
「高いよ 2000円!」
冗談かと思えば、本気らしい。
風呂に入ってないから臭い。汚れすすけている。黒い。
客商売に不向きだ。

つまり、差し向けられた”役者”であり、販売目的ではない。

どちらも、おなじ組織が送り込んだ、同じ属性の人員ということだ。
街中を巡回する、回収だの販売の業者の半分は、こういう不透明な謀略がらみの手合い。さお竹とかな。

なんでか、外に出る気になってしまった 相手にしたくなった」

これが曲者なのだ。
この時点で、気分を、「操られている」

操るのはアノ組織の連中だけだ。そうそう誰もが使いこなすスキルではない。

で、隣室のムラタハルミと、念術使いのネズミ男亭主は、「いきり立って」追尾してくる。
トイレに入るや、それを察知し、血気盛んに追尾し、ガタガタと壁向こうで物音を立てる。

かわいそうなやつらだ。組織に操られたロボットなのだ。重篤に。おれのような、好き放題に回避できる自由すらない。

ろくでもないやつらばかり差し向けられてくる、
この時点で、おれの人生に明るい材料など無い、好転していない、ということだ。

・・・ということは、日本じたい、もう回復や再生の道は薄く、狂信的保守維持の勢力の念術や洗脳によって、縛り付けられ、ほろびるしかないということだ。
守るはずの免疫が過剰となり、自分を殺すのだ。

二千年紀、ついに終焉か。マジでそれくらい、”不安定な分岐点”の時期にあると感じられる。

高尚な呪術で、おれのことを、ボンバルディアなどと揶揄している場合ではない。http://www.j- cast.com/2007/12/23014898.html
揶揄で壇上から高笑いしている時点で、本気さが無い。笑う余裕があり、困っている下々を切り捨てている貴族のような気位であるということ。

事態は深刻だ。決し て、演劇のように傍観して鑑賞できるような余裕な状況ではない。
国や世界を挙げて、人類が「ボーグ化」されている。仕掛け人は、異星人か、神悪魔か、あるいは邪な人間たちか。

支配者を間違えているか、支配者というほどではない旧来保守老人勢力がネチネチけん制を続けているか。
いずれにせよ、良い材料ではないな。狂信者であるから。現実とい う現在や、未来を、見ようとはしない。

/24

食事中の小6女児をフォークで刺す…東急東横店で男を逮捕 (読売新聞)
 逮捕されたのは、都内に住む40歳代の無職の男。調べに対し、「食後にボーっと していたら、自分が危険な目に遭う夢を見て、気が付いたら刺していた」などと話しているという。

いきなり眠くなる=カルト水面下組織お得意の「瞬間催眠で、相手をあやつる」

自殺誘導や衝動的行動など、流れに任せて警戒心をゆるめていると、警官でも自殺させられている。
都心や地方大都市など、周辺から人がいくらでも飛んでくる地域は、危険度が高い。

気の張りようと、
この概念を知っているかどうかと、

だいぶ違ってくる。


きのうは民家銃撃、
きょうはパチンコ店強盗、

このところ、「岐阜」が急に騒がしい。
これも、オレに対するあてつけが含まれているかもしれない。
バイクを受け取りに出向いた地域から、銃撃地点まで3kmしかないし。

受け取って数日後、岐阜市の役場職員が転落死したのもよく覚えている。

運命は、
頭脳は、

操られる。誰かの意思で。まさに催眠術。超能力。

ガサ入れの報復で、同日に警官が頭に発砲して死ぬ例がもう5例はある。ぜんぶ都内だったような。
これもアニメ「コードギアス」1話そのまんまだ。
そういう”ハイスキラー念術使い”が複数名いるのだろう。所属組織や無所属などの違いはあれど。


 ◇

結局身辺事情は変化せず、

・大いに遠慮なく、裏社会経由で、弾圧や追い込みや嫌がらせはされるが、
・援護はほとんど皆無。

裏社会冥利、しいては裏社会に頼る政官財冥利。おもしろくない国。弱者は救われない。


1本2000円のホームレス焼き芋屋を巡回させ、(きのう)
東京鋼鐵某の社員に「あんなの誰でもできるんだ。しかもやつは雑でなあ」(先週金曜)

要するに、高邁に、間接的に、奥ゆかしく、
罵りたい内容は”ひとつだけ”。

指摘に対し、やってみようではなく、潰そうなのだ。裏社会的な伝統らしい。

オレは以前からそういう人間だ。「当たり前のことをいちいち言ってうるさいぞ」
父母の夫婦仲、家計、仕事、親が目くじら立てた。
職場の改善、新規事業提案、すでに幹部候補としてチヤホヤされてる冴えない若手たちがイキリ立った。

当たり前のことが、
土台が、
基礎が、

たしょうザルだろうが、できているなら、やろうとしているなら、
今、こんな日本にはなっていない。
エリートも勤勉も腐るほど居る。むしろ生真面目な連中が、腐るだけ腐ってる山頂のほうを支えすぎ。

しょせん、いますでに胴元で幹部で候補な勢力が、
おおげさに無能呼ばわりしたり、足を引っ張ろうという動きである。かなり大きな追い風、主力、主要構成、というヤツだ。

ヘイトに走るブログもネットも長続きしない。力で君臨はできないから。
国や企業がそれを倣っては、おなじ末路しか見出せないであろう。
民間企業だと、警備業だのベンチャーだのという、アレな会社くらいだろうけれど…

先進とは、機械的、自動的、思考停止、なものとは無縁で、
むしろ会議、問題提起、解決や具現化への具体努力に過ぎまい。

 


(日経BP インデックスページより)
    普通であればシャレにならないのに、当人はネットならシャレで済むと思ってしまったのだろう。
    安部 修仁 吉野家ホールディングス社長

この人が言うかな。

5年前から続くこの被害日記の記録にもあるとおり、
田無店、
浦和R17店、
新橋店でのイジメ罠アルバイト募集、

ゴロツキだぞ、吉野家は。
2003年にしてもう、小泉時代の右傾弾圧を、企業ぐるみで、受け入れたんだ。国家犯罪加担企業。

テラ牛丼どころか、

半分盛!の牛丼を、
見慣れぬ顔の、偽アルバイト店員みたいなゴロツキ男に手渡され、
やはり見慣れない数名(バカそうな顔の、右傾っぽい系統の)で「あいつバカだ たのしー」などと厨房でわめかれた田無店。

いつもなじみの、ハンサムでまじめな学生バイト君が半泣きしている、どうしたんだろう、と動揺が芽生えた。
外へ出ると、コートを着た格闘技やってるようなゴツイ男が張り込んでいる、ケタケタ笑い出した「おまえばっかじゃねえヒヒヒ」
異様な日常が始まりかけていた。すでに末弟が不審死していたのも、数ヵ月後に、関連があるとわかることになる。2003/03序盤くらいの話だ。

だがこれも安部 修仁が右翼だか小泉政権だかとグルになってやったリンチである。
案の定、苦情電話受付に電話しても、すットボケられてばかりだった。
末端店舗のアルバイト君が右翼?に店を占拠されて業務を荒らされ、半泣きしても、安部にとっては了承済みだったのだろう。

http://www.geocities.jp/kasumin777/sho.html
これは当時、方々を追い掛け回されて、必死でつかれきった中、書いたものだ。
ブラウザでF3押して「吉野家」で検索するとボロボロ出てくる。
だが吉野家だけじゃない。世の中全体が、いっせいに集団催眠でも受けたように、一気におかしくなり始めていた。


狂牛丼をいまでも売っていることへの憤懣は、また個人的な別の話だ。販売再開から一度も頼んだことは無い。だがこの一行で終わる話。

きちんと吉野家にも通報する。やつらはその後も栗橋カミッサリだの新橋店で、ワナまで仕掛けていたのだから。今さらだろう。昨年や今年の話。
新橋の派遣会社との待ち合わせ場所には黒ベンツのやくざが停めていた。

(以下、アクセスログ)
67    2007/12/24(月) 09:27:18    aurora.ydc.yoshinoya.com
 0712.html    Bookmark or Direct
68    2007/12/24(月) 09:24:10    aurora.ydc.yoshinoya.com
  top.html    Bookmark or Direct
69    2007/12/24(月) 09:19:40    aurora.ydc.yoshinoya.com
 0712.html    Bookmark or Direct


こっちは最近いちばん熱心な”常連読者”東映の白倉PDへ早朝メールして15分後にはアクセスがあったりとか。あれはたまたまかな。
p4134-ipad408hodogaya.kanagawa.ocn.ne.jp
保土ヶ谷に知り合いは居ない。近くに住んでたから土地勘はあるけど。そう、松阪と大魔神が活躍した1998、そしてそれ以前97〜95年付近と。
昼夜不定期に頻繁にアクセスということは、まともに仕事してる人ではないだろう。

どうですか?



 ◇

きょうのブログで政経な文章を書いてると、
「バイバイ いらねえよ」
などとテレパシーの後、

念術による衝撃波が襲ってきて、家具がバチンバチンと物騒に鳴った。

若手で、
能力的優越感に浸ってる、
組織の一部、末端工作員。カルト的な。

だな。雰囲気や仕掛け方からプロファイルすると。

新しいからとか、
古いからとか、

そういう安易なことでは、「任せられない」なあ、そう納得する毎日。

優越感のあまり
独占的に、
排他的に、
傲慢に、
粗暴に、

なるから。

秘密主義
水面下工作主義

そういう「ズルが前提の、かつ悪属性の、組織連中」が幅を利かせてどういう世の中になるか、
おれは散々、辛酸をなめてきたからねえ。

秘密が悪いとも、
公開がいいとも、

言ってない。その答えがわかるのが知性であり、リテラシースキルであろう。

 ◇


さて、午後からの日雇いへ出向けば、やはり吉野家系統(要はゴロ)からの復讐的な嫌がらせが待ってた。
ああいう右傾や裏社会とベタベタな企業とやりあって、翌日が穏やかだったことはない。
いや相手は東映の白倉PDかも、自民党かもしれない。最近はメールを送りつけたりギスギスしたりと忙しいからなあ。
ただ誰が発端にせよ、現場にやってくるのはやくざの系統だ。たまに創価信者であったりするが、最近はレアだ。

内容は簡単だ。上長パートに成りすまし、とにかく大声を上げて現場を震え上がらせつつ、難癖をつけてくる。何度も何度も、こっちが居られなくなるまで。
でも時折向こうのほうが震えだすのは、これも演技なんだろうか。やらされ感の強い末端工作員も、大変だよなあ。
蓮田に入って天野で給油するとここにも迷彩帽かぶったジジイ工作員が待ち伏せ、わざわざおれのバイクの前まで来て、
「やつがよお大事故よお何十針縫ってよお」などとまくし立てた後、ちらちらこっち見てやはりびびり出すのだ。
なんだ最近はビビリ演技もセットなのがトレンドか。
なんにせよ、やはり自民党くせえな。人員規模とか展開規模を鑑みて。
人の話も素直に聞けない分、小泉時代よりはるかに劣ってしまったんだな。
いや勘違いで実は吉野家だとしてもだ。狂牛病とか、自分たちは弾圧の加害者の一員だとか、真実を書かれただけで怒るようではなあ。
そんな店で飯が食えるかよ。まだまずくても愛想悪くてもおばちゃんおじちゃんの店がいいぜ。

高飛車で、地位至上主義で、
人の話は聞かず、改善提案も蹴り、
そのくせ自分たちじゃまともな構造改革もできず、バラマキと増税しかできない。国をつぶすことしかやってない。
おれをバカだの無能だの無礼だの散々言うがな、やつらはそれ以下じゃないの。


笑っちまうぜ。


(類似)
http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/071224/bbl0712241608006-n1.htm
巨人・内海、補強批判を球団に怒られた「もう言いません」
  19日に出演したラジオ番組で、クルーン、グライシンガーら大物 助っ人補強を繰り返すチーム方針に対して、
 「そんなに獲ってどうするの。生え抜きを信じろよと言いたい」などとコメント。 自覚の裏返しともとれた発言だったが、球団からは注意を受けたという。

こんなだからサッカーほど地域密着もできず、
売り上げが下がる一方で、
人材はどんどん海外へ出て行くんだよ。

ビジネスモデルとして、こんなナンセンスなことはない。だが日本で有力な企業や勢力ほど、この方式以外を認めようとはしない。
言うな、威張るな、平伏せよ、と。

中田ヒデも松井も、優秀な選手はなんでか独身で、ゆえにか”言うべき発言”には遠慮が無い。
日本は武家社会を引きずってるのか、「身を固める=人質」というのが通例になってしまっている。

どっか某西村と似てるオレだが、向かい風まともに受けるし、ズルして財産築いてないし、よっぽど損ばかりかぶる貧乏くじだな。
ヤツと違うのは、あんまり表裏使い分けない、その一点だけかもしれん。

奔放型ニューウェイブが時代の膿を出し切り、次世代を創出して行くのはほぼキマリだろうけど、
そのニューウェイブにも数種類居て、どんなヤツがどんな部分を切り盛りしてゆくのかまでは、わかんないな。シャッフルシャッフルだ。
ケロロ小隊にも5人もいるしなあ。


予算案を閣議決定、プ ライマリーバランス5年ぶり悪化 (読売新聞)
 社会保障費が過去最大の21兆7824億円に達したことなどで、
 政府が財政再建の目安とする基礎的財政収支(プライマリーバランス)が5年ぶり に悪化

ったく、いちばん改革路線が輝くべきときに…

分が悪く、
間が悪く、

サイアクだな、いまの日本って。国家経営力がほぼゼロ。いまだにハンディPOSも導入してない昭和的倉庫のような。

威張って、儲かってるうちは気にもならなかったが、
威張ってるだけで結果は出ず、余計に締め付けが厳しくなり横暴になり…

たったの半年や一年、経済振興のための政策(改革の一種)をやらないことで、どんどんPBも名目成長率も悪化してゆく。
玉子が焦げ付くフライパンを黙って見てるようなものだ。
もしくは焦げるたびにただ水を足してるだけ。


類似記事。この日記が裏なら、 表だ。

 ◇

過ぎた季節を
嘆く暇は無い

二度と迷ってしまわぬように

以上、暗号。ある狭い領域(千代田区とか)の専門家筋以外にはとても解けないような高度暗号アルゴリズム。モタビア方式とかね。モジック流とか。

/25 バカな国が「バカのままでいたい」と我侭をいい、亡国へ進んでゆくが、それこそが目的なんだそうだ


きょうの現場はさすがに昨日ほどひどくは無かった。
無論、舎弟のまた舎弟的な、若いのは来ていたし、
隙を見つければ「潰れますよ潰れます潰れます」と怒気をはらみながら”ラッシュ”を仕掛けてきたりしたが。
そこへねずみ男みたいな三下の情けない男が寄ってきて、スネ夫みたいに怒鳴ったり壁を叩いたりと調子に乗るので、睨み返し、竦んで頂く。

まあ、昨日みたいに現場が壊れるほどひどくはなかったが、ネチネチと小競り合いは続いた。
場の雰囲気を悪くしてみんなを好戦的にして、俺とけんかさせようとする、もはや日常的となったレベルだな。
きのうはまんまやくざ、きょうは自民公明公安右翼部落系統だろうな。よりシンジケート的な。

夕刻の食事休憩ですこしはなれた公園の脇の道で休めば、そこへも黒クラウンがやってくる。おれが去ると向こうも去る、尾行目的の。
そこは千葉・野田なのに練馬ナンバー。しかも寂れたニュータウンの公園、ハイヤーとかが用のある地域じゃない。

で夜のベルクへ行けば、右翼系の待ち伏せ。5人くらいの規模?
店内、カゴももたないスーツ若造、後ろから猛然と、鼻をすすりながら、嫌な気配を出しながら、肉売り場で追い抜いてゆく。
店を出るときは、やぶ睨みの男、ピターっと後ろにくっついて、ドアを出る、私服警官もやくざもやる定番手法。
こっちはビタ付けされたら、ドアが開いて、さっさとどかなきゃならんという気遣いが発生する。普通にある風景だ。車の運転でもあるだろう。
やつらはそれを陰謀の一環として実行するから、嫌らしいのだ。

外へ出ればスモークの黒クラウンが通過する。


日本が、自分からわざわざ、没落衰退し、ギスギスした国を作りたがっている、まさにそういう姿だ。
10年前はここまでじゃなかった。過激に大規模になったのはつい最近だ。森小泉の負の遺産でもある。

繰り返すが、
弾圧や監視の社会など、自分からみすぼらしくなりたがっているということだ。

儲かっていて、豊かであって、みな緩むのだ。
儲かる気が無い、豊かでありたくない、だから過激派がシャシャり出てきて、もっとギスギス貧しくしようとしている。
「バカな増税」だの考えてるのも、同じ系統だ。やることが滅茶苦茶なのだ。小遣いの計算ができないから、またせびるだけなのだ。

「支配など政治など、片隅で小さくしてればいいのだ。」大企業の社長だってそう発言している。
マーケットのためのインフラとルール運用開発だけしてくれればいい。余計な締め付けとか権威を振りかざすとかすんなと。
徹底して小さな政府になれと。クリスマスケーキのお菓子の家みたいに。
ケロロ小隊みたいに小さなケーキの上で官庁や政党同士争ってりゃいいじゃん。庶民が関心ないことを大々的に報道かましてまでやんなよ。

繰り返すがオレの言葉ではない。

バカな政府筋が
バカなガンダムダブルオーを政治介入で作らせ(政治のことしか描写しない、つまんないこと史上最大のガンダム)
バカなゲキレンジャーを作らせ(中国友好のことしか頭に無い役人が無理やり作らせた戦隊シリーズ)

どっちも、おれがフォローのため中途介入して持ち直したんです が。バカな政府筋はもう引っ込めとすら言いたい。
まだガンダムダブルオーからは引っ込まないようだけど。
もうおれだって、無償ボランティアで、大変になってしまった現場のアフターケアするのは嫌なんだが。金にならんし苦労は多いし。
東映の白倉プロデューサーからおれがにらまれてんのも、半分はお前らのせいじゃないか。

こっちはオレの言葉だ。


きょうの倉庫現場だって、

おれが
弟たちを殺され、家をつぶされ、
毎日ゴロツキと戦ってることを知れば、

「かわいそうだなあいつ」とつぶやき、
なるべく追手バイトと遠い場所で作業させたり、
所長が最後にしんみりした表情で見送ってくれたり。

これが、「普通の人
少なくとも、バカではなく、無能でもない。
気配だけでも瞬時に判別できる。
普通に暮らし働きたい人と、
加害したくてしょうがない、狂ったヤツと、

追っ手になるヤツ、
社会を、政治と政治謀略だけに染め上げたいヤツラ、
戦争したいだの貧しいのがいいとか「今から」本気でいってる夢見がちな老人ども、

ゴミ箱に捨てたいんだが。


おれはおおむね30代以下のことしか頭にない。
もっといえばいま幼児以下のことしか頭に無い。

日本がだめになりそうなら
全財産なげうって、命を捨てて、子供のために死ねよバカなオトナども。(バカじゃないオトナはこの限りではない)
ちっとは「Vガンダム」の老人たち、偽ジンジャハナム、見習え と。

なにを、老人と中年、しかも政官財暴宗の上層部だけの、「戦争監視諜報ファシズム天 国」なんかつくろうとしてんだよ。
クズになったなクズどもよ。究極の「巨大政府」じゃねえか。なんでも かんでもシャシャりでて、何でもかんでも監視し、介入する。

内向きにはとことん強い。弱いものイジメだけは強い日本の上層 部。
だがアメリカなど外国にはてんで弱い。だから外国とシンパシーしやすい俺を倒せない。

ま、極論、おれを暗殺したら、いよいよこの国は終わりだ。キカイダーの良心回路みたいなもんでね。悪魔ロボットだけの国になる。人間としての判断力は全滅 だ。
虫のいい話だ。だが真理を帯びている。

 ◇


結局、日本という
どうしようもない、(将来性の無い)
相性もサイアクの、
国で縛り付けられ、

弾圧を定出力で維持され(活かさず殺さず)、
死ぬことも生きることもできずに居る。
5年間をひどく奪われた。(本人弾圧)
35年間をヤンワリ奪われた。(親への弾圧の余波)

オレをドロボウと罵る公安ややくざやカルトたち弾圧連合。
だが、おれから何もかも奪い、家族の命も奪い、実家を取り壊すまで追い詰め、

「このドロボウ国家め!」

大人数で勢いで責め立て、「罪を済し崩す」というのは、醜く、浅ましいものだ。

おれが奪われたものすべての金額換算を、
オレの勝手で、「10京円(時価)」とする。相手も自分勝手だから別 にいいだろ。

まだまだ、オレがどんだけマイペースで引っかきまわし、振り回し、副作用で成果を出そうが(ちっ)、
”債権者はこのオレ”だ。
向こうは向こうで逆のことを言うとすれば、拮抗というヤツだ。物別れだ。

根付けなどしょせん、半ば強さや自我によって決められている。
言い値がきかないのは大量消費財くらいだ。

わけのわからん理由で、わけのわからん断罪や返済をせまられる”ゴロツキ市場”なら、
こちらもそのルールに準じるまで。


あー楽に死にたいね
豪州がうらやましい。広大な無人地域ばかりで。60kmならバイク押してでもいけるけど、600kmじゃのたれ死ぬしかない。カンガルーに食われよう。自 然偉大。しぜんだいすき。

この国が潰れれば、オレに対しての締め付けも自動消滅する。
(おれには)それだけの価値しかないんだ。(おれの)現状の閉塞感を見ても。
10兆円の手形を振りたい。でなきゃそんだけ現金化してマリアナ海溝へ沈めたい

それが、「弟たちへの、潰された実家への、奪われたオレの人生の、敵討ち」だ。

 ◇

追い込み、
痛めつける、

ことでしか、「世の中のことがわからせられない」「わからせてやる」

本気で思ってる勢力がある。


いや、所属構成員も、単に洗脳教育され、自動的にそう口走るだけのメカニズムなんだが。

5年間もおなじ暴力につき合わされ、いまも電磁波を照射されて神経や脳がつかれきっている。
もう知識も記憶も中々浮かんでこない。それくらい、もう治癒しないんじゃないかというくらい、つぶされた。
体感は大したこと無いが、何年も蓄積すること、慣れてしまうこと、の恐ろしさ。

彼らが何か生み出したのを見たことが無い。
破壊型であれど、創造はほぼ皆無。ただ、シキルとかなんとか鼻息荒くして、自動的に暴力を振るうだけ。

弾圧が、何らかの抑制へつながるのは確かだが、
どんぶり感情で暴力に依存し、結局は被害や破壊ばかりが残る、なんてことが多いようだ。
「グレンラガン」でも、風刺されていたよね。

どこかで、M管理、M記録、O観察、これらが知的に、必要だな。 MMOっ てもネトゲじゃねえぞ。

ネガティブには決してできないことがある。
その決してできないことが、表の支配統治。世のスタンダードを定 める業務や立場には、知性が、忍耐が、必須要素だ。
だから、ネガティブたちは支配階級になってはいけないのだ。適材適所に反し、社会システムを崩壊させる危険性が高い。
なりたきゃ個人で、表へ鞍替えしてのし上がるのみ、もしくは影響力や合理性で、構造そのものを改革して変えてしまうのみ。

現にこのおれの頭脳が破壊され麻痺させられている。創造でも向上 でもなく、単に破壊でしかない。
気に入らないとか言うことを聞かないとか、我侭な理由でこうまで 個人を壊してしまう。統治不向きというのはそういうことだ。

極貧では病院もいけない、危険な自宅を移ることも、どこかほかの地域で休息することも、なにもできない、。
これ以上潰れたらやばい、と悟れば、自害するしかない。家族もまた潰され離散し、血縁も居ない。ほんとうの孤立。

・おいつめるだけ
・救済しない
拷問期間の長期化を、むしろ欲する
・つくるというより、こわしてるなあ、という感想が目立つ

こういう人種は、おとなしく裏で”今までどおりの裏”をやってればいい。裏からの支配などもくろんではいけない。

 ◇

悪いことは言わない、

おもにカルトや思想系の、あさはかな頭脳で、あさはかな断罪を、暴力的に進めて結局はビジネス化しようとしてた者達、
そろそろ控えたほうがいい。
念術、サイコキネシスなどを悪用するのもそうだ。

マスコミもフェミニズム標榜政党も与党を追われた人々も、もうそいつらとつるんでいないで、自分らを振り返ってみたらいい。
憎き小泉と同等におごり、勢いで押し、ひどいもんだ。しかも小泉ドクトリンほどの冴えも無く。支配者候補(野合)に冴えが無いというのは見ていられない。

裏社会や野合がどうすがすがしく変貌し、貢献に転じるかに賭けた。信じた。
でもやはり、「大きな組織勢力は、まずダメなんだ」と思い知らされた。いずれ個人をナメるのだから。

任天堂とセガとソニーがおなじおごりでおなじ過ちを繰り返してきた。社会や国家も同じなのだ。軍配を握ったら、おごり、悪魔にもなる。

裏に関しては、成果が怪しいどころか、悪事、悪の心、悪魔的なことばかりが伸びてしまった。過去5年の顛末履歴を見れば瞭然。
社会は崩れ、すさみ、自分勝手ばかりまかり通る割りに、もうかりはしない。
貧困ビジネスなど、結局は社会の総パイ数をあやしくするだけだ。発展や平行線を妨げ先細りを保証する矛盾ビジネスだ。

高度情報化、
複雑で難解なシステム化、

賢人、知能の力はどうしても必要だ。

おれをはじめ?、賢人のいさめを、きみらは途中からことごとく無視し、「おれらだけでやれるからおまえはすっこめ」と、言ってしまった
言うことを聞き入れるにしても、よく話を聞かず、理解せず、それでもわかったと返事して実現してしまった。

だからガラガラ崩壊した。

ウェアパッケージを初期導入したら、かならずボロボロとトラブルが出る。サポートは待機しなくてはいけない。
早急にバグフィクスして2ndフェーズへこぎつけ、安定運用期を顧客に保証する。その繰り返し。
その概念を知らぬきみらは、パッケージが入った、もうイラネ、とやってしまって、国交省不況だ総務省不況だ金融危機だと騒ぐ羽目になってしまった。
おれも説明不足だったりすぐ投げたりしたけど、やはりすぐ追い出す君らも君らだ。
わからんシステムやマネジメントを委任したなら、辛抱強く付き合わなきゃ。顧問の弁護士や会計士をすぐ追い出す会社はどうなるよ?

マネージャ一人がわかっててもしょうがない、のも道理だが、
マネージャ一人しか賢人が居ないなら、徹底してその人の言うことを聞き、理解できるまで動かない、べきではなかったのか。

詐欺が得意、なすりつけも得意、
面倒になったらおっかぶせてしまうのが得意なのは良く知ってる。
でもそれじゃ、結局、問題は、プロジェクトは、先へ進まない。
才能は次々消され、失脚させられ、賢人が居なくなる。

いままさに、そういう情勢だよ。

ま、同じことは何度も言ってきたが、通じたためしも無い。今回もダメだろう。


賢に通じ、愚ともなり、
左も右も知り、
内を知りつつ外とも通じ、

満遍なく、学ぶ材料は転がっている。
でないと、人を世の中を指揮するなど無理だ。ある程度はかじらなくては。

だがそんな人間どこにもいない。日本ではそれだけ没個性部品化が進んでいる。
そうそうそんなレアな人間の言うことを、理解できるはずがない。

音を上げるか、辛抱強く理解するか、だが前者が多かったな。

おれは衆愚を面倒見るのをやめ、孤独に積み重ねるのを続けて、
間接的に、世の才能たちにアレンジしてもらうことで、
自分のオリジンを、数々、一流のコンテンツや製品にしてゆき、「成果」をあげることができた。皮肉な話だ。
「リアル鬼ごっこ」なんてまさに、自分が描いた一枚のイメージボードが映画にまでなったものだし、ハルヒもシャナもアクエリオンもハウルもコードギアスも 同じパターン。
よくまあ、あのアクエリオンを、パチンコで一流にできたもんだよ。間接さまさまだ。

組む相性が悪かったかどうか。
とりあえずおれはもう散々成果を出して、飽きた。一銭ももらえないし。食い扶持を稼げないのは一人前じゃない、脇が甘い証拠だ。
きみらはどうなんだろうなあ、きみらでありつづけるのかな。

かだ知事はもうマイペースに新駅看板撤去しちゃったよ。やること速いよ。
社会的地位や財産で社会に認められる、ばかりとは言わない。なん か、形や、人の心に、残せよ。

こういう呼びかけでは必然的に、「抜け駆け」を奨励しているようなも んだ。
こんな会社、こんな組織、こんなサークル、
新卒や、自活経験なし、食うや食わぬや未経験、そういうもやしが勢い でやってもしょうがないけど、
紆余曲折、様々な逸品、一流の技術に触れてきた、ニラぐらいならトラ イしてみてもいいんじゃ。

おれは、素人が素人のままトライするのはじつは嫌いだ。

世に眠る、スーパー素人や、その玉子たちを、
合理的に掘り起こし
合理的に教育したり経験をつませ、

あるべきダイヤの姿復旧させたいだけなんだ。磨くんじゃなく、戻すんだよ。
凡庸では、戻らない。ボーキサイトを磨いてもダイヤにはならない。「クレオパトラDC」。


とどのつまり、派遣会社だいっ嫌い。

なにあれ、書類で何がわかんの。10年間苦汁をなめたのは全部あいつ らのせい、極論は。

自 分が障害者の介護会社社長、福祉の学校や学科卒は採用しないってよ。わかるよそれ。
社長のおしめをかえ、洗髪して、食事をさせる、のが採用試験だって。コムスン大嫌いだって。

書類で通るやつ、資格と経歴で通るやつ、バカが7割
だから日本社会、政官業、教職、バカばかりになったんだ。
システムも事務もぜんぶ書類選考の派遣社員にやらせちゃうから。

人を見出す、
人を育てる、
めをかけ、ひいきし、冷たくする、見放す、

派遣会社のコーディネイターには、100%、絶対に、無理。

派遣社員全員と、飲みに行ったのかよ自腹で。
派遣先での面談の直前のみ、会社の金でコーヒー飲ませるだけじゃん。接待な んだよなあれ。まごころじゃない。

いままでの派遣会社全部潰れろよもう。マンパワージャパンは日本撤退 してレノボ行けよグローバル化なんだから。


徹底警護して、
年俸300万は確保して、
お願いしますと頭を下げて、
政財界ルートがきちんと用意されて、

それでやっと、この日本と仲直りし、建て直しに加担してみてもいいかな、と。

身はボロボロで動かず、
脳や心はぶっ壊れて言葉も浮かばず、
牢獄みたいな、じっさいに拷問機能が完備のトラップアパートへ閉じ込め、

それが続くんだったら3兄弟ぶんの怨念を亡国の危機に変換させてもらうよ、おれの死に際に。
あれだ、メガンテってやつだよ。

とりあえずあさがきこうぞうで唯一見込んだ人材は、やはり、地味ながらやってくれる人だった。
薬害救済を英断する勇気はおそらく、4名中でひとりだけだろう。ほかは流されそうな団塊の顔をしている。団塊Jrならぬ団塊後輩だな。
団塊がかかる世代に、危険を感じる。維持だの理想だのばかり説くのは主にあの層だし。個性でぐいぐい英断し、牽引するようなのは育っていない。
いまの30代の、まんま先代。大学で遊んで暮らした最初のリベラル世代。

おれもフクちゃんも主役の相ではない。
おれが裏方以外に適さないことくらい、おれが一番よく知っている。
フクちゃんは中継ぎで、次以降への布石布石に向いてる人であり、これも大計で言えば裏方に近い。

せめて、意識改革と構造改革によって”未来のための骨格(プラットフォーム)” を新築し、
そのいわば”新オフィス”と”新UNIX分散システム”のような運用基盤で、
「人材流動化しソフトになった政官財の若く才能ある新鋭人材たち」へ、バトン(軍配)を渡す。

これくらいは、中継役としては、やらないとな。
おれはいわば役割としては山本勘助で、春日弾正や真田幸隆を拾いあげてやった経緯みたいな。
裏方ばかり苦労して、新しい基盤で新しい人材がのうのうと伸びてゆく。これでいいのだ。
水質改善事業の苦労は知られず、うまい上流の水で多くの人々が喜ぶ。

継承屋。育て屋。プロジェクトが無事終われば前田慶次や勝海舟みたいに下野してノンビリ暮らす。

愛 と青春の旅立ち
でいえばおれは、ラストシーンで敬語になる鬼教官の ほうだ。まさにラグビー部を叩きなおす相良宗介だ。
いまはまだ小中高や、民業に居る、未来の大臣たちこそが、巣立ってゆく新たな幹部たちである。

つかれきった中年や老人は、ワキでいいのだ。若いパワフルにかなうわけがない。
ただ、きちんと、「いつも夢中で忙しく充実した毎日」な「最先端のエリート教育」をしなくては、

余った力で悪さに走ってしまう。現代の子供はそういうのが多い。

生活に多彩さが無く、塾や学校の合間にうつろな暇を感じてしまう。
テレビゲームしか相手が居ない。生活がデジタルなのだ。無数の判断材料というのが、ないんだよ。ファジィがないの。
空き地や田んぼで何分でも過ごすということが無い。生活が理詰めで、そういうすごし方を見出せない。田園に子供が居ない。
武田鉄矢の歌の一部「虹のかけらがキラキラ光る 瞬きするたびに形を変えて」とは、親に叱られ外へ飛び出したときの、涙目で電柱を見上げた1シーン。
こういう感受性の豊かさが、どんどん消えていってる。マジョリティなレベルでは。

/26

先週末、
おそらくやくざに買収された事業所、東京鋼鉄ナントカの北上尾の工場。
現場サブリーダーみたいなやつ、新入社員のわかいの、みなやくざ未満のゴロツキ。

部長だか課長だか、「君は筋がいい、来週からぜひ毎日来てくれたまえ」
とかいいながら、すこしはなれた場所で「なんだあいつの仕事は使い物になんねえ」とか悪口を言いまくり、
案の定、火曜日に連絡するから是非、とか調子のいいことを言っておいて、音沙汰なしだった。


いまや、世の中全体が、万事こう。

みなおかしな催眠状態、
おかしな超能力を後付けインストールされて使いこなしたように錯覚しても、操られてるだけ。

この世界は常に、おれに死を要求してくる。とくにやくざ配下は。

はやく逝け
閻魔様が、お前がまだ来ないと言っている
閻魔の言うことが聞けないお前はもう知らん。やくざが殺しにゆくぞ

いまも
けしちまおうぜ
などと脅しテレパシーが来た。

むちゃくちゃだ。
おれの兄弟二人を殺してもまだ足りないというのだ。

これでおれまで殺されるときには、
日本列島を海に沈め、世界文明を崩壊させ、
人を組織の都合で安易に殺してしまった罪を、世界中をもって償ってもらいたい。無論、願望でしかないが。

むろん、断罪型を否定する側のおれだ。
大体、世の中ではワンパターンで、

「俺たち優良市民はぜったい正しい正義。あすこにいる悪いやつを懲らしめるのだ」
リンチ、何年でもリンチ、
全国で追い込まれ自殺させられるひとが後を絶たない。

という感じだ。

実は、そうそう、一般市民が裁判し、刑執行するなんてのは、必要ないのだ。
市民の協力が必須なのは消防団くらいだろう。


日本のほとんどの国民が、
「ハヤテのごとく!」で大蛇に洗脳され操られている超能力者の、
学院長とその執事みたいに、なっている。
冷静さが無い。つねにカッカして夢遊病のようで、断罪や争いを好む。

因果応報もよくない。
自分が相手を批判すると、それはイジメであり、自分に却って来るそうだ。
つくづく生き物なんて、自分が都合言いように解釈する。

 ◇

懲罰を前提にするのはもうやめねえか?
「世の中ってもん」を振りかざして、弾圧や追い込みで痛めつけるのも。

いや、きょうも日中、追い回されてきたけどさ。
若いゴロツキのワゴンRに乱暴運転された挙句に絡まれて、
コンビニ入れば、座った席の窓越しにゴロツキワゴンが停めてるし。店で何か買った様子も無い。
空から敵意や呪いが降ってくる、サイコキネシスってヤツだ。
意識が飛ぶ、いきなり脅しが聞こえる、体が重くなる、いきなり物騒な出来事が急増する。

悪魔ばっか強いなあ。
モラル側の善意の神の一派は弱くなっちまったなあ。
しょせん、霊界の霊の気配でラジコンみたいに操られて動いてるのが、生物だもんな。
霊界でマフィア天国化みたいな政変が起きれば、この世界も確かにこうなっちまうんだろうな。


常々、裏社会のどっかの連中にタダ働きさせられてることを愚痴っている毎日。
ほんとうに、一銭も、よこさないからな。最初から奴隷扱いだ。文句言えば脅してくるから間違いない。

にたような憤りを抱える野球選手もいる。
http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/071226/bbl0712261525000-n1.htm
怒りの川上「ボランティアじゃない…ロボットでもない」


ほんと、
政官みたいな表だろうが、
どことも明言できない裏社会だろうが、

人を散々利用はする割に、
一切、助け舟など出してこないもんだ。

「自分で稼げ、しかし邪魔するけどな、」
「何億でも儲けのネタになれ、一銭も分けないけどな、」

ドロボウ国家、日本。

つまりは弾圧と搾取、「貧困ビジネス」だけでなんとか続いている、続けようとしている。
民業的な頭で考えれば、無理がありすぎるが、ヤツラの催眠状態の頭では理解できないらしい。

だから日本は今後もすさむ。没落する。わざわざ落とし穴に入る。

悪材料ばかりだ。
逃げ、弾圧、ごまかし。

正論を言えば弾圧され、
意見すれば無断盗用され、
無断盗用に不都合が出ればこっちのせいにされ、

素直さが無い。肩肘張って威張ったりすごんだりするだけ。
世の中をまとめる連中がそれでは、今後よくなる材料はひとつも無い。

 ◇

死にたいが、死ねない。きょうも通報に入った佐野署で、
交通課に、おまえあんままともに取り合ってるとぶすっとやられるぞ、なんて笑顔で脅されたが、
財も人生も家族の命も奪われ、日本なんて命なんてどうでもいいおかげで、なんか大して恐ろしさが浮かばなかったな。

 (追記)
 自衛官が職質中に自分の腹を刺して重傷 北九州市 26日19時50分(朝 日
 商談中に相手刺殺=建設会社会長を逮捕−大阪府警 (時事通信)

 ああまた、ネタにされた。。。裏社会とつるんでる、運命操作魔術使 いの連中に。
 先々週か、佐野の山中で猟師に「撃ち殺して山に捨てちまうぞ」脅されて帰ってきたら、散弾銃発砲事件が2件あったしな。

 もう知らん。話が通じない。会話してくれようともしない。ここは異世界だ。悪魔が人間に化けておれをバカにしているんだ。

むしろ、いまのままの、無反省傲慢日本(裏表社会両方)なら、

おれが死ぬことで全国津々浦々に強いのろいがかかり、
富士山が噴火したり荒天が続いたり経済破綻したりしてひどめにあい、問答無用に反省するハメになればいいと思う。

かえせ。ささやかな人生をかえせ。
兄弟の命をかえせ。

なんで何百億も稼いでおいて、年俸300万くらいポンとプレゼントできないんだ。詐欺国家、詐欺裏社会。

ボロ家の家賃も払えぬ日雇い(現場でごろつきに絡まれる)の日々。けっして増えない生活保護以下の収入。
だがだれも近寄ってこない。手を差し伸べない。あんだけ多くの業界に巨額の貢献をしてやっても。

日本=白状ペテン
もう付き合いたくない。
勉強もコンサルも、どんな努力も飽きてしまった。裏社会の常時ネガ心理の連中にいつも文句言われ脅されてばかり。
きょうの佐野署での脅しも、裏社会とグルなんじゃないのか、アレ。表の駐車場にカローラワゴンのゴロツキ女がいつまでも停めてたぞ。

成果だけなら、とっくに資産家になっている。おれから搾取して儲けるだけ儲けたやつほど、
おれの死に際ののろいで命や財産を失うだろう。

今も、遠くからテレパシーで、おそらくやくざ系統か役人系統だろう。
はやくつぶれろ、だったらはやくしねよ、さきにいっちまえよ、ワーワー言いたい放題いってくる。
外を歩くと「気配をどんどん注入」され、ヤツラに発見されやすくなる。テレパシーもよく届いてしまう。

だから日本をにつぶしたくなるんだよ・・・死に際でもいいから。


テレパシー越しに、どこぞの若造が「日本がつぶれるってよ、おもしれー」などとほざいた。
こういうガキからお灸をすえたいのはヤマヤマだ。
おれとて、家族殺され、人生奪われ、どん底にいなければ、こんな辛らつなことなど言いたいものかよ。

だが、
他人が殺される。
国が滅亡する。
ことを、「たのしー」とか平気で言っちゃう子供が増えている。

画面越しや、ラジオ越しなら、なんでもかんでも楽しい。
娯楽が何でもかんでも自由に描写しすぎて、供給過剰、「もっと暴力を もっと残虐を」、の結果であろう。


おれが呪うことで潰れようが、
おれが見放すことで潰れようが、
おれが絡もうが絡むまいが、

未来を予見すればするほど、
日本には袋小路しか残されてない。

悪魔が宿っている。
正気は失われている。
簡単に人を追い込む。まるで国民みなマフィアギャングに操られるロボット兵士だ。

正気じゃない、電波で狂気を宿す国民が、
判断力を失い、ほろぶための処置にばかり精を出す。

会社ならば、つねに効率よく、一日の成果を増やそうとする。
だがヤマト運輸や吉野家などを始め、
「弾圧」を受け入れ、自ら進んで実行役となるようなゴロツキ企業は、

じぶんらの店や現場が、ギャングの弾圧で満ちて、業務にならなくても、社員がビビろうが困ろうが、
それでいい、と社長や幹部は思っている。バカな本末転倒が、狂気が、日本全国を覆っている。

こんな悪魔、魔術、使い始めたのはどこのバカ組織であろうか。

使い方が悪いのもある。
「魔法」を思い浮かべれば、
一人がひた隠しにして、善用に勤め誤用を避ける、漫画ではどういうセオリーだろう。
企業とか政府が利用すると、かならず使い方を誤る。

だからこそ。人類ではケアしきれないあぶない魔術で、悪魔になってしまった国は、救えない。
強烈な気配、強力な悪魔。

こんな国では俺ももはや、消極性しか見出せない。
なるべく関わらず、貧しく、奔放に。亡国の後の用意だけしておいて、野垂れ死にしたらそこまで。

カネも権力も寄ってくんな、きもいきもい。


岩 国市長が辞職へ 「クビと引き換えに予算通して」


悪魔洗脳でパーになってしまった人間たちにはわかるまい。
ほんとうに必要な、人材ほど、どんどん辞めてゆく。去ってゆく。

いや

追い出されてゆく。カルト与党やその親玉の大国が、追い出せと命じるのだ。

世界人類が、おおきなおおきな病に罹患した。
「悪魔憑依病」
だれも、逃げられない。せいぜい抵抗力をつけるくらい。
だが、まるで抗生物質と菌の戦いのように、抵抗力のついた人間は目立ち、追い出され、迫害される。

がんらい、人間が楽しくてこその国や社会であった。
どんどん国をロボット化し高効率化するためだけの、ロボット人間、消耗品、ラジコン、になってきている。

来年もどんどん経済は冷える。政治も停滞したり荒れる。
ひどくなればなるほど、今までなんとか社会を下支えしてた人々は逃げてゆく。倒産企業が増えているが、同じことだ。

悲しいが、避けえない。避ける方法を見出せる人間ほど、弾圧され追い出されるのだから。
おそらく地球を水槽みたいに傍観している宇宙人にとっては、これが最適なのだろう。

後釜狙い、自分たちだけが好き勝手やれる社会がほしくて、追い出しに加担する、
そんなアホばかりいるのだろう。湯水のように噴出している。
国が社会がいろいろな組織や外国のおもちゃにされているうちに、尽きて亡国となるばかり。


http://animeanime.jp/biz/archives/2007/12/v3.html

コードギアスを作り出した人材を、嫉妬や、後釜がうまい汁吸うために、言うことを聞かないとか言う理由で、追い出すのだ、見ていられない。
後釜が計画性の無いゴミ製品ばかり作るのを、数多く見てきた。もはや日本に計画性なんて無いのだ。

ギアスもFREEDOMもペールゼンファイルズも、
おれの音頭とり、指揮役があればこそ、実現したのだ。
高橋監督も日 経BPでカミングアウトしている、「やる気なんて全然なかったのに、子会社の若手からの熱意に負けてまた作ることになってしまった」と。

ツギハギだらけのボロ雑巾みたいな国になってゆくことだろう。
その場その場で統一性の無い、レベルの低い改革だのケアだのに手を染めて。

のだめもギアスもハルヒも再スタートを切ったが、
主導者不在で、うまくゆくのだろうか。

気分ひとつで世の中を動かす物騒な魔術が、
厳格で無欲な人間の管理抑制なしに、他方の多数に好き放題やられて、どういう混乱が起きるか。

悩みは尽きない。

 ◇


夜23時ごろ、たまらず外を散策。
自室は俺を操り洗脳しようとする電磁波で満ちて、威圧感も付帯し、気が狂ってしまう。

発見がひとつ。

南向かい。グ リーンハイツ方向からの、心臓を威圧を感じさせ弱らせる作用の、洗脳電磁波が、強められているか、久々に発生している。
心臓にぐさりと来る作用は、いつもこっちからだ。世帯により、固有の周波数を設定してるらしい。
ほぼ、真南〜真北への、細〜〜い狭い射線。
どうりで、けさ起きてみると、南の窓側周辺でだけ、心臓がチクチクしてくるはずだ。

記憶混乱、意欲減退作用も強い。何も考えさせず。食わせず、寝させようとする。
いま日経BPを読み始めるといきなりソニックブームを飛ばしてきて、テレビのボディがビシバシきしんだ。
テレパシー野次も露骨に「いますぐとっとと寝ろよ」ときたもんだ。これは隣室からかもしれないが。

・ここは日新化熱工業とやらの寮である。公明信者が、立候補者の応援に誘うために住人を呼びに来る。
・ここでのやりとりを小泉政権のメルマガでパクられたことがある。
・警察が聞き込みに入ったとき、念術で意識を惑わされ、早々に追い出されてきた。

よって、警察系公明系の色が強い工作員、その可能性がある、と認識している。

もう政府も官庁も信用しなくなってだいぶたつが、
あれこれ世話して忠告して、それでこんな暗殺を仕掛けられるのだから、
いい加減に日本国ぜんぶを見捨てたくてしょうがない。どっか離島だけ独立国家にならないかな。

/27

毎日、変化する処遇。

ここ数日は、
自民とたまたま重なる提案すると、一気に上向き、
森発言を否定するコメントを載せるととたんに尾行ストーキングは激化し日雇いバイトも不採用が増える。

どんどん裏で暗躍する連中の私物化国家になりゆく日本。
そりゃ、天皇もたまらずあんな誕生日コメントするよな。背後の連中の政治的思惑は抜きに考えても。


・・・さて、昨年秋に辛酸をなめさせられた富士通エフサス(音信途 絶)か ら、いきなり誘いのメール。怪しい。
聞けば霞ヶ関からの要請だという。うわ、くさい。

なのでこのトラップに乗ってやることにした。年末年始、まず最終日まで終わるどころか、
へたすればまた初日で追い出されるのは目に見えたもんだが、
逆に、そうわかっているならしめたものだ。つきあってやろう。

どのみちこのままゆけば来月に自殺だ。失う物はもう命しかない。暗殺も弾圧も遊びに変換しなくては損だ。


(過去の犯罪行為 備忘録)

昨年春頃か
財務省;「本庁4F 3Fの室長にごあいさつするのでいまここで30秒でネクタイ締めてください」・・・クールビズへの嫌がらせ

昨年秋頃
与野の太陽生命 偽エフサス社員の西村、偽太陽生命社員の小林、どっちもじっさいはゴロツキ、による”念術リンチの地獄”。

どちらも当時の日記に記録されている。

 ◇



魔族・・・
裏社会のゴロのみならず、えらかろうが、神仏を敬う宗教だろうが、
やってることが「アレ」魔女狩りとか冤罪とか、そういう人種。

彼らには、この世に二種類あるうちのひとつだけが宿っている。
魔性”だ。

しつっこい、
ねちっこくからみつく、
そいつの言葉や文字を見ただけで、どこまでも心に体にまとわりつく。
些細な一言で、ものすごい憎悪が膨れ上がる。
組織的ごろつきはこの特性を知りつつ、悪用してくることもある。

魔族が伸ばすとき、世の中はおかしくなり、傾き、浮揚しない。
揺り戻しか、破滅の試練か、なんだろうな。

その意味で日本はかなり危機的状況にある。

某、「集団ストーカー 観察」でgoogle検索すればすぐハンドルネームが出てくる隠れ創価信者のゴロ。
あれも、その口だ。書かれてる内容(文体や知識)が露骨に内部関係者の弁だが、それ以前に、見るもおぞましい。近寄れない。

悪魔がそこかしこにいる。繰り返すが、日本はかなり危機的状況にある。


好対照が、善良神属性。”神性”だ。

木村藤子の出ている番組を見ていて、 この人が本物であることはすぐにわかった。
見ていれば見ているほど、心が洗い流され、朗らかになってゆく。

まさに、「汚す魔族に、洗う神族」。

救いの神も群がれば、悪魔もまた群がる。どちらも万能ではない。ネットワーキングな概念であろう。

 ◇

若年層が国家ネットワークハッキングで逆襲

とかいう暗号めいた検索でアクセスが。
その意気込み方は違うぞ。
こればかりは言葉で説明できるもんじゃないが。

なかなか、過去から学んでしまう過ちを払拭できないのは、生き物の定めかな。

答えはいつもファジィの中に。
たゆたう川の流れにあって、絶えず変わる。
スローガンを掲げたときにはもう違う。掲げるまでの考証からしてもうズレている。ズレが少ない逸材をして「すごい人」


きょうもひどく人数は多く内容も悪質に執拗に、ストーキングや嫌がらせや脅迫が目立った。

汚い生き方をしてきた感じの年寄りが多い。
職場でぼそっとつぶやくときに「復讐だこのやろ」とか「しるかぼけ」とか。
仕事に関する会話は普通に明るいんだが。
たまに職場の多数の人間が荒む。気配に操られ、殺してやるだの容疑者めだの、物騒なことばかり言い出す。

だがきょうは、事情を疑う連中、主に素直な顔つきの若手の加勢も入り比較的無事だった。
やはり、風のうわさで色々伝われば、色々考えるのだろう。
殺すだの死ぬだのいってる老人に、黙って操られ、味方する人間が、いつまでも居るはずがない。
次第に「おかしいな」と思うだろう。かつて川崎ヨドバシで一緒に作業した日立の課長みたいに。

加害側のやつらは、挑発してくる。

現場の空気を操って、作業員たちを指揮するの下手になったな。おらどうしたどう した」

悟った。そう、悟った。

時すでに戦後。平和や笑顔がほしい時期。

こんなものはもう要らないんだ!

いや本当に。

つうか福山通運の集配センターの50人を操る”管理職”なら、時給2000円出せよな。なんでヒラの時給でやらなあかんねん・・・
ヤル気を出したって、疲れるんだぞあの魔術は。二度とやりたくもねえけどな。


帰路、やくざ風のベンツに追尾された。真後ろで物騒な気配を出している。
何度曲がってもついてくるが、住宅地なのでくねくねしてるうちにあきらめた様だ。
711にもコープにも、右傾配下の家族や独り者が追尾してきた。家族ぐるみで騒ぐんだよな、ころすだのしねだの裏切りだのと。
バカな坊主頭のちゅう房がしかめっ面で22時のコープで、何を買うでもなくつったってるあほな姿よ。親もあほそうでな。
711のレジ店員も気配に釣られて「うわすごいわういやつがあすこにいるぜ」などと勢いづいて言い始める。

ま、半分はおれに宿った悪の気配のせいだ。
ゴロツキ連中の気配と交わってると、たばこのタールみたいにどんどん蓄積されるんだ。
だから長く一緒にいたらあとで郊外で気を抜かねばいけないんだが、暇なときばかりじゃない。

こんなだから、何回かいったことのある現場ではほぼ「二度と来るな」と煙たがられる。
いかにも政府レベルの工作がやりそうなことだ。

悪いことが、
強引で怖さに任せることが、
はずかしい

・・・という”場”が多くなると、世の中は清く風通しがよく春を迎えるだろう。
きょうの現場やお店では、そんな可能性を見た。
ゴロたちは、どこかぎこちない。まっすぐ見られない。

昔はそうやって、悪いやつは自分が悪いことを悪びれ、自覚のもと物影で生きてきたものだった。

みんなで拍手し、励まし
清く正しいと思うことを自分の意思率先してやれ。

本能はすべてを知っている。
人を責めることが、人生や命さえ奪うことが、締め出すことが、優先とはならない。どうして中々。

そこまで誰かを非難したい、断罪したいなら、本人に直接掛け合ってみるのが、「普通の人間」だろう。
だが実際は、謀略のプロたちによる世論誘導や、卑怯な自作自演の騒ぎであるから、そういうことをむしろ”逃げる 嫌う”のだ。

影でこそこそ、色々言い分けつけて死なせよう、死んでもらおうなどと、タダの殺人組織、殺人国家であろう。
そういう国では、あってほしくはない。

「公開の場で民主的にしましょう」という民主党の鳩山氏が、きょう配信のメルマガで

  もし、あなたが、自覚症状が全くないにもかかわらず、検査でお医者さんから
 「あなたの余命はあと半年です」と宣告されたらどうしますか?

などと暗号めいた恫喝をして、ましてきょうやってきた”謀略人員”を 送り込む立場だったりしたら、
決して、民主党にも長く政権を取らせてはならないだろう。

旧来の陰惨な政治手法は要らない。復讐心だの悪意にまみれるなら、支配者には向かない。世が荒む。国民が感化される。


 ◇

TVなどみると、学生時代や卒業後すぐに自宅へひきこもる「弱い」例が多い。数多く取り上げてるだけだろうけど。
ああいうのはまだ恵まれてるよなあ。純粋培養。
実社会でいきなり弾圧を受けて、追い込まれ、職場などへ根回しをされ干されてボロアパートへ軟禁状態、
そういう「強さ」とは好対照だ。雑草の麦の。

前者はそもそも立ち向かわない。
後者は散々立ち向かって戦って押されている。

後者が増えると、いくら政府だろうが裏社会だろうが、うかつに追い込みなどできなくなるんだがなあ。
信者、構成員、減ってゆくだろうしなあ。草の根の人口が増えて。

・・・そんな薄汚れて狂ってしまった日本も、来年は正念場だ。経済の急降下が今のところ予知されている。

諸問題と正面から向き合わずに口封じや弾圧に頼るようでは、なあ・・・
歴史の長い国は、様々に時代と共に変化してきた国は、こういう時 勢になると、不利だわ。面倒な要素が多すぎて。雁字搦め。
アメリカが前例にとらわれず早々とまとまれたのも、そういう意味でフリー、身軽だったから。

武士が長々と名乗ってるうちに、鉄砲の集中砲火で全滅した。
太平洋戦争において、暗号も作戦も全部米軍に筒抜けだった。そもそも真珠湾攻撃するように赤いじゅうたんまで敷いて誘導挑発されていたのだった。

日本人が敗北感と劣等感で潰れることができる可能性が、あの戦後まもなくだった。
しかし自衛隊と高度成長、すっかり米の利用価値とされ、反省や謙虚さを培うタイミングがなかった。識者いわく「昭和33年で日本のいいところは終わった」

/28


洗脳ラジコン電波を受信し、おれと同期動作している小学生どもが、騒ぎ出す。
非常に耳障りだ。耳障りか、気にならないか、「そこまで操られる」。非常に精密で執拗だ。悪魔である。

「うそつくからー」
もはや、公安。、カルト、右翼系シンジケートの手先である。子供まで兵隊にしてしま う。
いいがかり、野次、国民全員にやらせるのだ。国民をラジコンにして。

ラジコンであるのは、動作を観察すればわかる。
たまにうまく受信できず、言葉が止まり、「あー」「うー」などと困って唸っている。いきなり途切れてうなだれたり、さっきの元気がウソのように気落ちして いる。
おれがネタとなる思考をしない限り、やつらはスタンバイするだけで、攻撃して来れない。
「おれ発」というのは、そういう意味で存在する概念だ。

せめて賢い人間たちだけでも、この伝染病のような「くるった空気」を、
いっさい、相手にしない。

これだけで、効力は弱まり、正気の人間が増える。
社会が、人間が、真の意味で、安泰になる。

あやつられるな。


きょうも日中からしつこいのは、ほかの攻撃でも明白だ。

・飯を食わない気にさせ
・外出しない気にさせ、
・眠たくさせ、
・寝たところをすかさず胃腸電気ショックで数秒おきに攻撃

部屋で場所を変えても数秒で追ってくるということは、
人間がテレパシーで監視して、座標を特定しているということだ。
何時間も何十時間も、そんな他人監視に生活を割いているバカがいる。

これいじょう病むな。あやつられるな。任務より、社会や人間が大事と知れよ、いいかげんに。


 ◇


亡国のセオリーに沿っている。

昨日今日の、一週一月の、一年五年の、
過去を振り返り、異常な連中の異常な活動やののしりを鑑みると。

狂っている。
命を活かすのではなく、奪うことにこだわる。
復讐のためだけに、
天災を起こし、
企業の現場を滅茶苦茶にして麻痺状態にし、
企業の社員を催眠状態にして操ったり(兵隊化)、

目的が、
手段が、

すべて狂っている。
経済活動とレジャーやホビー、そのくらいあればいいだけの世の中が、
狂った狂信者たちによって、
諜報活動と謀略や暗殺、そればかり目立つ世の中に様変わりしてしまった。

ごく一部の、マークされた人間だけの話だとしても、油断はできない。
普通に暮らせる人と、いきなり地獄へ落とされ命が危なくなる人と、平気で作り出してるようでは非常に困る。
できればそんな国は出て移住したい。
露骨に全国民が戦争で悲惨な国より、密かに一部だけが刈られてゆく方がよほど厄介だ。

超能力で操れるのは、悪魔の配下にあるからだ。
魔そのものだ。地震の起こし方、台風の呼び寄せ方、人の殺し方、
配下の人間に、うらむことや敵探しや追い込むことばかり考えさせる、

どんな知性が向上しても、高度文明が発達しても、
人間が狂ったらすべて終わりだ。

 ◇

せめて、己が記憶で、あるべき世界や日本を忘れずに、
記憶によって運命や歴史は再調律され、そのまま正常な日本や世界を再構築し続ける。
だがまた、悪魔側によって陰惨な運命改ざんが行われる。
近所で焼身自殺が起こり、パキスタンで元首相が殺され、出かけた岐阜で騒ぎが多発、
すべてはメッセージなのだ。悪魔からの。人間のマフィアギャングが実働してても、気配で操ってるのは霊界の悪魔。


振り払う気持ちさえあれば、なんとかなる。
うらまず、危害せず、
淡々と、冷静に、ネガティブな気配や感情すべてを捨てる。

清くあれば容易に追い払える、のだけど、そうしたがらない勢力が根強い。
その意味で、日本はもう終わっている。世界中が終わっている。

伝染病で脅威なもの
・蔓延を防げない(治療根絶法なし)
・蔓延を防ごうとも思わない(自由意志で肯定する人の多さ)


というか、全否定し、根絶すべきものとも限らない。
あまりに普及し、特定の勢力に偏ってるだけかもしれない。
がんらい霊能だの超能力だの、限られた人間(比較的、デキた人間)が密かに温存してきたイメージがある。

プロジェクトにおいては、
ケースを個々に見て、要件を定義する。
ユーザの要望、現場の状況、拾い上げなくていいなら要件定義不要なら、ラクではあるがろくなものは出来上がらない。
スズキのWGP500マシン、ガンマも、ホンダの初期型NSR500も、そういう技術者オナニーの連続だった。

 ◇


きょうも福山浦和であったのだが、(またこれも誘い込むような電話がいきなりあってな)

きょうは昨日の日記のパフォーマンス発言「もうこんなものは要らないんだ!」に応えたのか、
一切の覇気、俺自身が元来持っている以外の、”強烈な気配”が一切消えていた。
静かで、自然で、無理がなく、
物々しい気配に自分が押され、周囲も押され、ということもなく。

周囲の常勤スタッフも歓迎していた。「いつもこれくらい静かで速ければ歓迎だ」と。
当初は「またヤクザゆずりの厳しいツッコミがくるぞ、」などと野次りながら身構えていたのだが。

で、通せんぼなどでやんわり政府筋の工作員であることを名乗っていたジジイ連中が退勤のときに
「人様のカードを勝手に切ってるからおこられるんだよ」
と、たとえ話で臭わせていた。

やはり、おれは所謂だまされて、「知恵や権限の、盗人」をさせられている側面は否めないようだ。

小泉元総理は多分知っていた。ああいう性格と所業だから、とことん汚くおれを利用し、罪をかぶせたのだろう。
裏社会が実働部隊になると、ろくな顛末は待っていない。

まあ、
昨日は、この老人一派は
「このままの態度だと、さすがに年明けは殺しちまうぞ」
と、散々、脅しつけてきたわけで。
そこへ若手のフォローが入り事なきを得ていた。

やはり、若い連中と、年取った連中は、支持と弾圧とで二分されているようだ。
むろん、ニッカボッカ薮にらみ建築ゴロ系のような若いのは、年寄りの肩を持つけれど。右傾はみんな若くはない。ひとつの老人像だ。

 ◇



さて、
昨年10月に(日記にも書いた)おれを太陽生命与野事業所で、
右翼公安ぐるみで苦しい拷問工作にかけてくれた、「富士通エフサス・クリエ」。
こないだ、富士通の代表取締役宛で、この事実を公式サイトからメールで抗議し、会社ドメインで何度もアクセスがあったばかりだ。
だからおそらく富士通の幹部は大体の経緯を知っているだろう。

この”陰謀”のときとまったく同じ担当が、いきなりメールしてきて、なりゆきで、

内閣府に」

参上せねばならなくなった。明日から一週間だ。

いままで、官庁筋のはからいでは、2パターンがあった。

公明系の厚労省(外部で、国保記録照合作業)と、国交省(陸運のPC設定)は、
「もっと仕事して稼いでいきなさい」
とか
「君があの人物か」とほれぼれとした視線の中で陸運支局長さんと挨拶することになったり。
(このへんが小泉政権がらみの由縁だ)
エバーネットデータや、名もなき派遣会社からの派遣であった。

自民小泉系の財務省本庁舎では、(一昨年7月の日記記事のとおりだが)
フルキャスト系IT派遣から入って、NECネクサソリューションが我々3名を呼んだのだが、
「あ、ノーネクタイでいいよ暑いから」とワナをしかけ(官庁舎のエアコン設定は28度)
「あ、やっぱし今から室長様にあいさつにいくから30秒以内でネクタイ締めて」

要は、「憎憎しげな」、クールビズへの、いやがらせ、あてつけであった。まだ発表されて最初の夏だった。
それに「民間の小僧に出し抜かれた」うらみつらみがまじってもいた。
NEC内部ではまだまだ「部長がネクタイしてるのにはずせるかよ ネクタイ締めなきゃシマらない!」
であったし。

さて、
今回は、昨年10月日記記事のとおり、政府系とグルで陰謀を仕掛けてくれた富士通エフサス・クリエである。
これと、このところ自民公明や官庁からの「圧力工作」が、自宅や職場において目白押しな中で、

ロクな顛末が予測できない。

1 邪魔立てや無理難題やプレッシャー念術ラッシュで、1時間ももたなくて退散
2 1が弱めに淡々と続き、内閣府庁舎内部で半殺し軟禁8時間
3 なぜか大事もなく1週間が過ぎる
4 いきなり官邸へ呼ばれ


まあ現実に3パターンのうちどれかであろう。
1 30%
2 40%
3 29%
4 1%未満

あきらかに、
小泉改革派にとっては利用価値であっても、
主流派にとっては、ただの盗人、ただのお邪魔虫であるわけで。
でなきゃ、ブログで森発言をけなした直後に、プレッシャー弾圧が激化するわけがない。

「どう、嫌がらせがあるか」

を主眼に、前代未聞の
「内閣府でスーパーハケンは見た!衝撃の国家陰謀工作!ちみどろの闘争スキャンダル!湯けむり旅情舌鼓」

をお送りします。

・・・・いやマジで、
普通の人は光栄とは思いこそすれ、謀略を仕掛けられるような身分じゃないので、

おれみたいな日本で唯一くらいの特殊な人しか、
守秘義務のある派遣作業で、わざわざリポートなどすまいて。

だが、

これこそが、日本の裏側、日本そのもの、をえぐりだす情報となろ う。
すでに、財務省の化けの皮ははがされ暴かれたのだから。

・・・どうしよう、いいひとばっかりで、お茶飲ませてもらい、売れ残りのしんちゃんまんじゅうまでお土産もらっちゃったら・・・

ちなみに、これまた数日前「おれをころすきか、利用するだけして何のフォローもないな」などと内閣メルマガ(内閣府発行)へ、返信で抗議しているのであっ た。
自爆といえばそれまでだが。

ま、新庄みたいな「日本一のお騒がせ男」ってことで。

/29


きょうは長雨で
明日は強風だと。

悪意としては十分な…

世界運命はもはや、悪意だらけだ。運命魔術を人が濫用するように なって。
半分近くが、おれへの悪意だけで動いているから、こういう天候にもなる。
マータイさんは落選し、そのケニアは政情が荒れて、
パキスタンでは元大統領が暗殺され、
ドコモはタナボタでAUに勝ち始めているが、市場規模に変化はない。

なにもかも、冴えない。今一歩だ。「ただ、右から左へ移動してるだけ」。
知能のあるバカ連中がよくやる”野党的手口”だ。
日米で民主政権になるのと、世の中がよくなったり、経済が上向くのは、セットにはならない。
だが、勝ってる最中のヤツラは夢うつつで、ヤッタヤッタと騒ぐばかり。

こりゃ、近い将来たいへんなことになるなあ… その意味で頭を抱えている。

だが、このコンピュータ仮想世界みたいな安っぽい運命操作で動く世界は日本は、
おれが困れば困るほど、むしろ小躍りしてさらにたくさんのいやな事例を多発させる。
勝ってる最中のヤツラは夢うつつで、ヤッタヤッタと騒ぐばかり。

きょうの終業時のいやみからして「シェアじゃもうおれら圧倒的だしーー」ときた。
そりゃ、今のまま変わりたくねーーなんて中高年が群れれば数は集まるだろうよ。甘いほうへ人は依存したがる。

以下の、日本おわり論へ通じる。

 ◇

皇居前の千鳥が淵をとおるとなぜか、皇居の駐車場に白黒の垂れ幕のテントが。不吉。意味不明。(白紺だった。年賀のときに使うテントらしい。)

名威嚇布。

やっぱりなー、の連続。

数日前の担当からのメールでは
>60名ほどの大人数になりますので、

だったのが、現場ではなぜか100名以上になっている。
何割か、スキンヘッドの右翼である。どうしたことか、いくら不字痛とはいえ、これはありえない。
しかも、わざわざ、一昨年に財務省で派遣同僚としていっしょになって、
青木くんとふたりで気配による嫌がらせを仕掛けたスキンヘッド二本柳くんが、点呼を取っている。

これは、異常事態だ。
ふつう、点呼は富士通の社員がやる。どこぞの有象無象にはやらせない。

で、朝一番から、いやがらせなのだ。
名簿もあり、人数分の備品がないはずがない。
だが「腕章がありませんから」と、おれをふくめ10名近くがいつまでも門から中に入れない。
30分以上、外で待たされた。
しまいに怒り出して抗議する男がいるのだが、こいつこそ「工作員 自演部隊」
「おかしいだろ、名簿もあるのに」と、目の前で言って見せる”役者”
きょうのはほとんどが演技、工作、ワナだと、見せ付けているのだ。よくあるパターン。

3000台のPCだという。
工数的に、50名で、ひとり1時間2台、一日800台。メールのとおりでいいのだ。

だが、120名近く来ていて、おれのチームはみんなゴロツキとチーマー系。
物言いもわざとらしく、隙を見せると「コロス」いきなり「暗殺未遂!暗殺未遂!」内郭府の中で言うな。
気配の放ち方もプロである。どこまでやれば倒れたり死ぬかをわきまえている使いこなし方だ。

富士痛にも関わらず、ザルにもほどがある。だが「そういう予定」なのだ。嫌がらせ工作のための案件だから。
開始時間からなんと、「2時間」、ただ待機。廊下で待ってるだけ。
そのまま昼休み1時間。
やっと全員あつまって手順説明と思えば、これにも2時間かけている。
バカである。プロではない。わざとやっている。7年の職務経験上、零細でも大手でも、こんなやり方はない。

で、あと4時間残った作業時間で、60分で二台やれるところを、
おれが手がのろまなゴロツキ以上に急ぐと、気配で威圧して苦しませ、足止めするのだ。
究極に無駄な、「過剰にもほどがある並列主義」

おかげで残業まで入って6時間で4台。ありえない。
しかも、わざと、PCの設置や、LANの配線など、のそのそ始めている。
普通、「設置と配線 −> 設定」 だ。

だが、富自通の担当はわざわざうそを言ってからかう。
「午前中2時間も足止めだったんで、あおりを食らってます。」
なんで最後にやる設定が遅れた影響で、最初にやる配線や設置が遅れるんだ。嘘つき。

内閣不庁舎をあげて、うそつき演劇をやってた印象。(いや、職員はもう休みに入っててほぼいないんだけど)
そんな無駄なカネを、よくも個人イジメのために使えるものだと。


50人で800台が、
120人で190台…

まだ、現場をサボタージュへ導くゴロツキ系をぜんぶ追い出して、40人の無垢な若手中心にとっかかったほうが、すごく速くなる。いや別におれも邪魔だとい うならそうすればいい。
むろんきょうのように、配線まだだの、設置まだだの、わけわかんないミスマッチしてなければ、だが。進捗表書いてるのはどこのバカだ。

おれが2000年に派遣ITデビューした最初の現場、やはり短期のPC設定作業、がそうだった。
たまりかね、みようみまねで現場指揮をやる羽目になった。
人事見積り。PCスキルのない内職おばちゃん6名は95をピーピー泣かせるので全部やめてもらい、
気さくな日産副社長と血縁の若者と、二人だけで終わらせ、そのほうが無駄なく実に速かった。あんまり速かったのでまた開梱して見直し作業までしていた。
これも沖が請けた富士通製の在外公館PCだったのは、なんの因果か。
因果といえば、この作業の後に誘われた案件、これは受注自体がポシャったんだが、日産コールセンターの新規アウトソーシングであった。
どっか、偶然のようで偶然じゃなかったんだろうなあ。


発言に目をつけられ、嫌がらせばかりの日々になると、結果も逆に なる。
徹底していいほうへ向かわせる。
徹底して悪いほうへ向かわせる。


きょうのような大損必至を仕掛けた理由が、

「長時間、おなじ建物に縛り付け、心臓を圧迫しまくって、早死にを誘うため」だそうだ。

「すぐには殺さない、じわじわ弱らせる」そうだ。スキンヘッドや薮にらみやヘラヘラチーマー大学生は。
いっけん、右翼など裏社会に官庁さえも操られ、負けているのかとも思うが、
違うな。みんなグルだ。むしろ現政権も
「復讐ビジネス」
に乗っかってる口だろう。

しまいには、常勤の派遣社員たちも、おれが放つ気配に閉口して、文句を言い始める。
「うるさい、物々しい、思考が止まる」と。

だが、これこそが加害者側の常套手段だ。

物々しい気配で威圧されるうちにこちらも同じような気配を放つようになる。
だが文句を言われるのはおれだけだ。
被害者が社会から阻害されるための、ノウハウでしかない。

調子に乗って囃している若い連中やつやつやしたおっさんも、
「こっちは兄弟二人殺されてんだよ」
と脳内でどやしつければ、いっきにすくんで、無言になり、気配も引っ込めてしまう。

その程度だ。遊びの延長で暗殺をやっている。

だから日本は終わる。ろくな終わり方はすまい。

日本は経済や、生活の幸せではなく、
陰謀、謀略、嫌がらせ、リンチを最重視する国になった。

だから経済は下向いても上向くまい。みな頭がおかしいのだから。
零細の倉庫も、官庁でさえ、業務を投げ出して、陰謀のために仕事をノロノロにしてしまうのだから。

ヘラヘラして判断力が怪しくなった都会人が国を滅ぼす。
ど田舎の普通のままの人間たちには、何があったのか、わけがわからんだろうな。


 ◇

なんかもうきょうは、ガッカリした。最初あわてて、段々どうでもよくなった。

あんな日本の中枢ですら、踏み込まれてるんだか、狂って汚れてるんだか、
とにかく、世界の大きな部分が、
人という種族そのものかというほど、

終わり始めている。終わり始めているんだ。
株も雪崩も崩れると一気にだよ。

 ◇

・・・しっかし、
イノベートルームにも、
さいチャレンジルームにも、
入ったけど・・・・

たまたま目に映ったへんな書類に
「イノベートとは科学的な種である 出口までを速く、入り口には人をたくさん入れて、」
とか、すごい電波系の落しより受けする文章と、表が・・・書いてあるんだ・・・
ワードで打ったレポートに・・・

こりゃ、なるほど、まさに、あすこは、かすみは、あすこだけで、閉じているんだな。
あすこの提唱するイノベートは、イノベートとは遠いよ。そのための部署が、あれじゃ・・・

建物もぼろい。昭和を支えて取り壊し寸前、トイレさえも30年代のまま。
もう、官庁なんて散り散りに移転したほうがいいと思うなあ。
各都市のトレンドを自然と拾いやすいように、駅チカであるように。

金融庁は隣の新築に引越しの最中。
議員会館は参議と衆議のひとつづつしか明かりがともってなかった。みな帰省だろう。
むろん日枝神社にも寄ったさ。初詣準備でおおわらわだったな。


 ◇

総理はじめ与党の面々、いや野党でも民業でも個人でも、問う。

「これでいいのか」

経済より効率より、「謀略」だけが大事なのか。

そんなに邪魔なら、さっさと殺せばいいだろうが。
なんで5年間も生かして、ムダ金を使いまくり、

本人だけを殺すか、とっとと脅して謝らせればいいものを、
さきに家族二人を不審死(心不全)させて本気で怒らせ、
おれを「絶対に謝らない復讐心の人間」にして。

これが演技とか虚構でなく、
事実のみならば、
数年で大変な事態になるぞ。

なにせ、正気を残した人間がかぞえるほどしかいないんだからな。事情通になれる頭脳をもった人間はさらに少ない。

悪魔は、憑依しても、けっして他人だと思わせない。自分の一部な のだ。霊体優位、肉体不利。
そう。気づく、気づこうとするのは、社会、群れから離れる勇気が要る。被差別対象だ。

目を覚ませ。


これが数ヶ月とかの一時的現象ならまだいい。

だがおれはもう5年は同じ状態に追い込まれっぱなしだ。
この日記の最初のころ、つまり2003年春。
新宿西口で「しね ころす」などと尾行され脅されたときから、
異常事態は何も変わってはいない。人々は狂気を内包したままだ。
政府は気づいてないのか隠蔽してるのか、非常に不安要素だ。
5年前からずっと「とにかくこいつを悪人にしてやる」ありき。こういうところはいかにも役人的ではある。


23時に庁舎から直行で帰宅。雨で寄り道して雨具を脱ぎたくはない。
エンジン切ってそうっと帰宅したのに、5分もすると、奇声をあげてうろうろする若いのが。
あまり気にするでもなく翌朝、見事にバイクのシートがカッターで切られていた。警察を呼んで被害届を書いてもらう。

車庫入れの音だけで帰宅に気づくのはせいぜい、アパートの住人か、隣の家ぐらいだ。
犯人は近くに居る。あやしいやつは3人くらいいる。


(追記)

きょう30日も内角ふ。

簡潔に言えば、
午前中は邪魔されず、
午後に念術ラッシュで半殺しにされた。
14時過ぎに退勤。

朝から、天候すら悪意に満ちていた。
東京周辺は晴れマークの天気予報。
だが蓮田近辺だけが土砂降り。岩槻を過ぎ、浦和に入るともう降ってなくて青空。

で、昼休憩で庁舎から外へ出ると、やはりいきなり黒雲がすごい勢いで流れてきて、突風、寒い。
霞ヶ関虎ノ門など、都心で外に居た人間の多くは、面食らっていたことだろう。

朝は大雨、昼は強風と黒雲、帰途に着くといきなり穏やかに晴れた。

大雪、大雨、暴風雨、しけ、

いま夕方の報道でその大騒ぎぶりをリポートしているが、
すべては宮家だか右翼だか自民公明創価だかの、魔術師の仕業だ。
国を統べる指導者が、国土を荒らしまわっている。おれ一人を、嫌がらせするためだけに。


念術の
・プレッシャー暗殺攻撃
・天候操作

など、複合的に仕組まれていた。

昼休憩が終わるころ、午前中は居なかったガッツ石松みたいな下っ端ヤクザ顔の男が
「午前中に作業していたあの、再チャレンジ室でしたっけ、どこだったかな」
と、声をかけてきた。
どこもなにも、こいつは「午前中は居なかった」

で、その再チャレンジ室には、右翼(?不明)ゴロツキだけが集まっている。
Bチームを呼ばれる集団はみんなゴロツキばかり。
で、「大人の話をしようか」とかいきなりすごみはじめ、集団で念術を増幅させ、
おれを殺しにかかったのだ。

だがこちらもすごんでやれば、大学生ふぜいは逆にビビって窓際へ退散してしまう。
なんで大学生の癖に英単語カードなんかみて勉強してんだよ、しかも仕事中に。
こっちが気を緩めると手をポキポキさせるしな。
勝手に人の机のティッシュ使ったりな。
しょせん、徒党の勢いに乗って、「しねしねころす」いってる軽薄なガキなんぞ、
おれと面と向き合えば雑兵だ。追い込まれる側で地獄をみたことがない。

Bチームの点呼やってた、競馬場が似合うしわくちゃのジジイも、
「もうすこしでやれる、おわる」などと、隙あるごとに脅してくる。
こいつ、きのうは点呼の癖に酒臭かった。

なんというか、因縁吹っかけのごろつきに囲まれて作業していた感じ。
さいしょから、おれを困らせるための仕掛けが色々用意してある。
いきなりサーバーが止まり、
いきなりネットワークが止まり、
いきなりパスワードの変更を求められ、

いきなり、マニュアルにないことばかりやらされ、ことごとく失敗し、
「なんだよあいつ失敗してるじゃねえかクビだ」「とりあげろ、とりあげろ」「買収!買収!」「ウインドウズ気にいらねえ」
などと、目ざとく見つけては、野次るのだ。

とにかく粗探しをして、首にする口実を伺っている。

「志位さんというひとが、勝手な指示を出して、邪魔をしている」
などと、いきなりささやかれる。自民党が幅を利かす内閣府で、共産党をにおわせてくる。おれも仲間だとでも言いたいのだろうか。。
「やつはもう先代」
などといって、過去にしたがる。裏社会なりに、自分たちの欲を優先させたがっている。


偽名も多い。

イワイゴウ
にたいし、
イシイサトシ(読み違い)
別のイワイさん

で、「ボウケンジャーの明石」とブログへ書いた翌日に、
富士通側のヘルプデスクを名乗る「明石さん」

で、ハイエナどもは暇があると「なりすまし」と、しつこく言う。

本物のシステム請負会社社員らしい若いのが、おれをにらむ。
うるさい、でてゆけ、とささやく。
おそらく、おれと、偽富士通や偽派遣を包括した一団を見ているのだろう。
案件そのものがうそ臭い


きょうは、とにかく、はっきりした。

自民党が、おれを殺しにかかった。

はっきりと、あわよくば殺そうとしたのだ。
ただ、こちらの気配が拮抗しただけのこと。

再チャレンジ担当室でわざわざ殺そうとしたのは、
安倍前総理をセットでつぶそうとしていたからだ。
あいつらは、安倍政権のころから、あべとおれをセットにして敵視していた。
小泉のときも、小泉とおれはセットで敵視されていた。
蓮田市役所、福祉課、にせ職員のゴロツキ公安の、山崎課長代理も、
「てめえいまにおぼえてろよ」
と、プレッシャー合戦で負けたとき、捨て台詞をはいた。2005年のことだ。

内閣府4号庁舎が、暗殺の舞台となった。
きっと同じように、1kmも離れてない赤坂議員宿舎で、操られ、追い詰められ、首を吊った人も居たのだろう。

上層部は、支配者はもう、人間じゃない。悪魔だ。

http://www.asahi.com/national/update/1230/OSK200712300003.html?ref=rss
右翼などの情報紙 自治体、購読要求に一斉拒否作戦
2007年12月30日15時07分
 自治体職員らがトラブルを恐れてやむなく購読している情報紙や機関紙の発行元に 対し、弁護士と連携して自治体側が購読拒否を突きつける動きが広がっている。

このように、一方的に押しかけられてしまうほど、
官庁も、富士通も、ヤワではあるまい。

グルだ。政官財暴宗のゴロツキがツルんだ姿が連想される。

派閥争いのイメージに近い。複数ある水面下黒子のグループ、
自民主流だの民主党だのドコモだのと組むグループ、
自民改革だのAUだのと組むグループ、
で、数年間君臨してきたグループを、追い出そうとしている排他的な別グループ。
基本がごろつきで、つまりそのような無法者に支えられている世の中。あとはグループごとに自制や矜持がどれだけあるかというだけの話。


右翼系はなにかといえば「裏切りやがって」という。これが本音の本音だろう。きょうも背後に居る二本柳君にいわれてしまったが。
脅すばかり、こき使うばかり、雇用をいう概念を知らずムチばかり打って追い出し、出てゆけば裏切りと罵る。
因縁吹っかけて、揚げ足とって、ぜーーーんぶ、”憂さ晴らし”に見える。真偽などどうでもいいのだ。
おれの好調も不調も、成果もミスも全部、あいつらが気配によって自作自演を仕掛けている。その意味では、運命上では、傀儡に過ぎないおれ。

やはり、どんな友情も、罵りや脅し、恐怖が乱用されるとめちゃくちゃになる。そのへんは大手の商業、企業の透明性、ルール性、にはかなわない。

政官財暴に利用され(してやったケースも結果的にはあるだろう)、使い捨てられ、もう人生オワタ


おれが殺されようが自殺しようが病死しようが、
世の中には、少しでもマシになってほしいものだ。

きのうもきょうも、道中には味方が居たのだ。それは、勢力に影響されない、純朴そうな、個人たち。
「だいじょうぶか」きょうの往路ガソリンスタンド
「かっこいいぞ」内閣府で、Bチームリーダー(酒臭いゴロツキ)に啖呵きって早退して来た直後、金融庁の路上誘導やってる警備員に

きょう荒天を仕組んだようなヤツラが許せない。
いくら伝統だろうが手段を選ばないだろうが、国中を荒らしてまでおれを困らせるか、「普通は」

相手が神とて、お断りだ。そんなもんは。


・・・そうそう、
きのう120名近くて、スキンヘッド右翼もたくさん居たが、10時間で190台・・・

きょうはいきなり50名近くに減ってた。スキンヘッドも減ってた。
しかも午前中は妨害がなくて、2台同時で作業し、1台25分で片 付いた。10人8時間で160台やれる計算だ。

妨害なくば、ここまでやれるのだ。霞ヶ関にまた、実績を残した。

あとは参事官配下とか請負常駐のシステム会社プロパーに声をかけられれば、晴れて官 庁勤務である。
地方在住で実感のない若者のためにあえて書くが、それくらい気安く、 中枢 の仕事が出来るチャンスが東京には、ある。
反面、ゴロツキでも入り込んできちゃうのだ。一時期は面談で、オウムかどうか聞かれることがよくあった。2000年問題の対応作業で、入り込んでたらし い。

さて、帰宅して数分後に福田首相帰国。まあ総理が4号庁舎(地図では金融庁と記載される)に来ることはまずないだろうけどな。
ああそういや、安倍政権末期に右翼団体から指送りつけられたのも内閣府だったような(多分、病気辞任の一因)…施設の中にまで押しかけられ、散々だな。


一日に1kgづつ落ちた。まさに決死の取材だ。胸のかなり芯が焼けている。



追記
エフサスクリエへ送ったメール。

Date: Sun, 30 Dec 2007 20:33:22 +0900
From: kasumin@anime.go.jp
To:  bouehusasunohito@codomo.ne.jp
Subject: Re: =?ISO-2022-JP?B?GyRCJSglVSU1JTklLyVqJShGYkYjJEckORsoQg==?=

現場で問題になっていましたが、(お客様から、私語がやかましいなどというクレー ム)

Bチームはじめガラの悪い人間が多く、仕事に支障をきたします。
とても、仕事をする環境ではありません。

申し訳ありませんが、明日以降は辞退させていただきます。

一般企業での作業ならともかく、
「富士通」の名で、
「内閣府」での作業です。

そのクオリティを保証できません。

イワイ


おれはくさっても職人だ。たとえ総理が暗殺者の親玉だとしても、おれの弟のカタキだとしても、
中央も中央、国府の本庁舎でつかうPCをぞんざいには扱えない。
ゴロツキが邪魔をするような現場は、去るしかない。

美味しんぼで、杜氏を怒らせた話
げんに日本国は、職人肌の中小企業を見捨て、切り捨てるばかりだ。経団連からして、財界脳で硬直している。

 ◇
 ◇

ドロボウと、おれをののしるヤツラは、わかってない。
自分たちもまた、ドロボウであるということが。

おれは散々タダ働きさせられ、
アニメ、電化製品、ソフトウェア、政策・・・実現へこぎつけてきた。

おれが知恵や情報をテレパシーで吸い上げたのも、
むしろ吸い上げられたヤツラへ無償で還元し、DSやWiiなどを製品化させるためだった。

だれかは、中間マージンを稼いでいるはずだ。おれのところには、一銭も入ってこない。

なぜサンライズはおれの提案の部分は無視するのか。悪印象しか持ってないからだ。
おれが、散々作品のネタを提供したり、官庁から公的支援を引き出したり、そういう意外な裏側に「感謝」する姿勢は見受けられない。

日本中、みんなこうだ。俺に感謝するべき立場にありながら、気づきすらしない。
愛想が尽きる。どこに対しても何をしてあげる気にならない。
サンライズ潰れちまえ。日本アニメ衰退しろよ、もう。

(一部転載 サンライズへ送付内容)
腑に落ちない部分があってもいいから、
信じてはくれまいか。

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0712.html#27
きょう一日

http://kasumin7.web.fc2.com/m0712r.html#28-2
http://kasumin7.web.fc2.com/m0712r.html#28-1
アニメゲーム業界について
(転載ここまで)

これだけURL載せても、ブログのほうは素通り、アクセスがなかった。
ガンダムX映像の無断転用だけ、こだわったようである。ケチな連中だ。

2007/12/28(金) 14:42:30    p1112-ipbf406marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
0712.html
http://www.sunrise-anime.jp/staffarea/sunrise/sun_contact/item.php?id=30901

2007/12/28(金) 10:15:53    p1112-ipbf406marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp
0712.html
http://www.sunrise-anime.jp/staffarea/sunrise/sun_contact/item.php?id=30901

「事実を知らない」からといって、恩人をドロボウ扱いしかしないとは。

たぶん、仲介者がよくないのだ。ろくでもない連中の一味、くらいにしか思われていない。
恩人と感謝され、能力を認められてれば、今頃どっかの企業が放っておかない。
やくざだのぬすっととしか思われてないということだ。

ギアス2もハルヒ2も駄作になって潰れればいい。どうせ明朝の内閣府でもひどい目に合わされるだけだ。

日本政府は、企業も、詐欺師でギャングで盗人だ。

アイデアを盗み、
弟を二人も殺され、
文句を言えば組織暴力でつぶされる。

おれが最初に親父のせいで暗殺されかかったのはもう、昭和59年の子供のころだ。いきなり体が衰弱して癌になった。
以降、現在まで、ずーーーーっとそういう経緯ですごしてきた。つねに監視、妨害、嫌がらせ、尾行・・・


 ◇

おれはずっと、特にここ5年間、

尽くす主、

手を組むパートナー、


を求めてきたが、ムダだったようだ。どこにもそんなヤツは現れなかったさ。

これからは、「日本完全見捨て無視モード」に入る。なんの価値も感じなくなった。

もう一度言う
もうこんなものは要らないん だ!


http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/y/91/
なにを提案するだけムダさ。
握りつぶされ、無視され、上層部の古い頭で全部決めてしまう。


家族は部下は、
当然のように慕ってくることもあるから、目をかけ、施し、世話する。

慕われず、近寄られず、逆に迷惑がられ、悪人扱いされるなら
やる気をなくし、すべて引き上げて、相手がどうなろうが知ったことではない、となるのは当然の帰結だ。

もう今年のアニメ業界は低迷を始めて いる。
政界も同じである。
おれ(たち)を認めず、じぶんら年寄りやプロだけで大丈夫と過信し、
おれ(たち)にお世話されたことを全否定した。

ガラガラ崩れるだろう。自分たちではもう支えきれないから。

日本人てこんな自信過剰でバカだったんだ。
そうさおれもそのひとりだ。ただ、すでに莫大な成果を残している。先進的であるがゆえに、外向きであるがゆえに。

この文句は書き続けると治まりそうもないので、ここでストップ。

/30

1998年、似たようなほのめかしが二つのアニメで発生した。ちょうど10年前だ。

ドッペルケンガー
ターンエーガンダム、キエルとディアナ
エイトロン、ふたりのシュウ

片方は王様で、
もう片方は庶民で、
入れ替わる。

ショタコンが流行し始めた時期でもある。
エルハザード、パルナス
ベルセルク、アドニスとリッケルト
リヴァイアス、パット
ターンエーガンダム、ロラン

いつも書くような陰謀系ではないが、
「運命を人為操作する」動きとして、観察記録。

あれからもう10年。もういいや、というくらい、この手の体験を重ねた。

 ◇

平伏して謝れば許してやる、などという文言が絶えずある。

ということは、兄弟を殺され実家もつぶされ、
職を奪われ、つまり財産もなくなり、底辺の暮らしを強いられ、
日々自宅で外出先で追っ手にプレッシャーにやられまくって老け込んでるおれとしては、

一生突っ張り続けて生きるしかないってこった。

弟が殺される前に謝罪要求されたら、していただろうに。
いまはテロリストになって殉教する青年の気持ちがよくわかる。


きょう無事に帰ってこれたのは、弟の形見を着ていったおかげだと、思っておく。

むろん、発案者の一人として、終日ノーネクタイで通したよ。責任だよね。

で、弟の形見のネクタイはかばんに常備。
一昨年の財務省みたいにまた「30秒でつけて」、とか無理難題言われないために。年末年始休みに入ってて、杞憂だったけど。

/31

http://www.amakiblog.com/archives/2007/12/post_440.html
 日本が国際社会の中で孤立しているのも、政治の停滞が原因です 高村薫

まさに、民意や、政治が、硬直するよう、まるでセ メントのように、
「弾圧」をくらい、暗殺されかかっている俺が居る。

 まずテレビを消すことから始めようー「劣化」の責任は私たちにもある。

というわけで、任せっぱなしじゃ何も変わりませんよ、と。

5年以上、政治経済色々と陰で支えてきたけど、
ほっとんど、お米一袋、おにぎり一個、善意を返してもらえた覚えがない。

みんな、鈍感、他人事、なのだ。

これでは、庶民だけで1億いるこの国は、変わるわけがない。
金も面倒もかかるのが、政治がらみであるのに、献金するような議員職の”先生”じゃないと嫌だというのでは。
上も変わろうとせず、下も変わろうとせず。

きちんとおれの功罪を勉強調査理解し、
真心のにぎり飯ひとつが手渡されたら、それがスタートだ。日本も、オレも、運命共同体のようなものだ。


いま必要なのは、内向きのイジメじゃない。
外向きに商売や腕試しに打って出る、中国人のような覇気、マンパワーだ。

高度成長はパチンコの大勝にすぎない。
パチンコしかやれないんじゃ、金がなくなればあぶれるだけ。

小泉と安倍はおれに選挙の開票などを便宜し、
福田になったら官僚や党執行部たちの意思でつぶしにかかる、

この軽薄さでは・・・大儀も大計もない。目先の利益のみだ。

5年前にもう、まともに働けない工作、社会追放を受けた。
だが彼らは何十年も豊かなままだ。
温度差が、組織を壊す。

きのうの右傾謀略工作員の野次は、勝手な言いがかりもほどがある。なにが「おまえのせいで」だ。
人に言いがかりをつけてる暇があったら、もっと外向きの努力をしたらどうだ。
もっと秀でたボスやブレインが居れば、とうにおれなどかまわず次のことをやってるはずなのだが・・・だからおれの不平不満も絶えない。

やりたい、やらせたい、トライは無数にあるのに、
どっかの連中が関係業界にプレッシャーをかけて、全部ストップしている。

 ◇


きょうのブログかいてたら、アパート202の岩田が騒ぎ出して物をゴトンと落とした。
あすこはわかりやすくていいな。
きのうも警官が着たら203の作業員風茶髪カレシが飛び出してきて、あわてて階段を上下していた。
やはり、、気配というか、相性というか、あるらしいな。いまさらながら。


 ◇

この所、組織的追尾尾行&嫌がらせの連中に同じことを言われる。

「おまえが無能の癖にえらそうに居座るから日本が駄目になる、」

いや、おれが無能なのは今にはじまったことじゃないし。

しかし、有能とか先進とかいった”冴え”には敏感だ。(残念ながら、 まだ”そこまでのレベル”を見かけたことがほぼないんだけど…)
自分より秀でている、長期的に短期的にこいつのほうがいい、
そういうのはすぐわかる。はずよ?

お任せする。後はよろしく。というか最初から、明確になにを任された覚えもないのだが…うわいきなり鼻血ブー
(以後省略、きりがないから。)


だが何を「書く」のも「個人」の勝手だ。
書いたことにいちいち反応せんでほしい。どこかの勝手で、やれ具現化だの強制力だの、むしろ迷惑千万だ。


・・・さて、そんなことを書いている正午過ぎ、

南隣の「日新化熱工業グリーンハイツ」から、太い男ややさぐれ女どもが出てきた。ドンキが似合うほどではない、軽めのやさぐれ。
これがまた嫌な気配を出し、気圧され、
しかもごろつきの様なトークをはじめる。「なんでまだあすこにいんだよ」みたいな。

で、こっちがにらみつけると黙り、小声で話し始める。
というか、声だしてなくて、しゃべってるふりみたいな。フリーズしてた。

おかしなおかしなやつばかり、この周辺は多く住んでいる。
グリーンハイツじたい、公明信者が住んでるしな。”気配”で気圧して警官追い返しちゃうし。こんなふうに太田も福田をあやつって(爆笑問題と、ガンダムの 監督ね)


まあなんにせよ、都心田舎問わず、みんなたとえながら色々なことを言う。
会社(社員、幹部)公務員、ゴロ(右、宗)、
まあどれがどれやらだ。まるでインターネットを相手にするような。

インターネットも掌握しきれない(というか翻弄されてる)中で、
その上位の、
テレパシーネットにひどく翻弄されている、人類。
厳しいな。

もう徹底的に横断型で、生き残ってる劣勢と、死んでしまった優勢と、いる。
所属もなにも関係なく、「寄生獣」みたいに。ファイズ劇場版みたいに。
思いすらテレパシーで筒抜けの中で、必死でサバイブを模索している、などというSF。

スーパーイケテルダイヤルで、(懐!)
通産省の特務で任命とかナントカ、あれネタだったんだよな、な。

とりあえず昨日の被害届用紙を持ったまま当直明け休みに入ってしまった巡査。訂正印が押せないまま越年だ。

 ◇

一日中、部屋に居た。
最近は死角が少なく、どこにいても圧迫感や硬直など電磁波の作用が感じられる。
あんがいきょうも内閣府へ参上してたほうが良かったかもな。それくらい、自宅のほうがやばい。
なんせ、隙あれば寝かせようとする。寝た隙に心臓へ電気ショックなど連続で打ち込まれたら、数日は老け込む。
きょうも夕方に外へ出ると、脳梗塞気味だった。首と脳がびりびりしている。


一歩外へ出るとひっそりしちまうんだよな。

自宅内部には、電磁波を勝手に撃ち込まれ、テレパシー越しにギャーギャー野次られる。
ぶっ殺すぶっ殺すぶっ殺す、ラッシュされるかと思いきや、いきなり機械的になぐさめに走る。
だが、外へ出て同じ野次やってみろと迫っても、誰も出てきやしない。声も出さない。

きったない。さすがは何年も、見ず知らぬ人間を、命令されたからって追い詰めるようなハイエナだ。
小野寺工務店が乗り込もうが、電磁波だけは止まない。数カ月おきに、たまーーに気まぐれで数時間止まることはあるが。
やはり、地域停電でもないと、止めるのは無理だな。まさか地域一帯の家を全部壊すわけにも行くまい。


よる、スーパーマルヤへ行く。
また、カルト筋つまり自民公明系の、集団が。

値引きさせる手口」。
不自然に安いのだ。まだそんな時間じゃないのに半額
しかも、俺が買う商品にだけ、シールを貼りたがる。
で、店員は面食らった顔をしている。
ニコニコしながらへんな物々しい気配を出している”お客様集団”

なんで、シンプルに、ポケットマネーから些細な品を手渡そうとはしないのだろう。善意とは呼べない。へんな組織工作だ。
これもまた、「店を巻き込んで大迷惑」、なパターンなのかな。

俺の評判は下がりこそすれ上がりはしない。
風評工作は、政府筋工作の定番メニューだ。

現に、おれの家計は破綻寸前でいつも「管理」されている。ワーキングプアで維持されている。
おれよりも、公安カルト筋(仮定)のほうがよっぽど緻密に、家賃払えない、食うや食わず、なるように。

締め付けが厳しくなると、仕事の入りや採用まで少なくなり、しかし財布はゼロにはならない。
締め付けが緩んだり、利用価値として見直されると、月額1万とかそんな程度で上昇する。カネも仕事も。
よく考察すれば、「ワーキングプアで満足するように、1万増えただけで政府のブレイ ンや汚れ役をやってしまうように」
意識誘導されている。何年もかけて、感覚麻痺させている。

いわば、過剰管理弾圧社会の、尖兵だ。彼らが伸ばせば、ファシズ ムが伸ばす。

やはり中央は、意識が、感覚が、狂って居る。個々が分断され、山奥で目を覚ます必要があるが、地位や勤務形態からして、不可能。

うまく、システムの脆弱性を突かれているのだ。企業幹部ですら部課全員で山寺禅修行へ行く時代に、官庁や政党は出来ない。
総理や幹事長や局長にピシャリしてくれる坊さんが居ない。部長次長社長は部下の前で「偉そうで生意気な」とぶっ叩かれて居るのに。
いつまでも目が覚めない。


紅白歌合戦の終盤もおかしかったなあ。

なんか、キムタク、仲間、狼狽してたでしょ。
空気があやつられてるとか、
なんでこんな、みたいな狼狽が。

誰かが死んだとか無念だったとか、そんな悲しげな手紙を読み上げるし、
「私の墓の前で泣かないでください」なんて縁起でもない歌唱でしょ。
まあ、仲間は目が赤くて吹き出物も出ていて、疲れてたんだろうけど、なんども横向いてフォロー求めてたよね裏方に。


「ハイエナがハイエナのままでは暮らしてゆけない、水質浄化、上流源流化の国づくり、リビルドを目指す。」
これが来年のマニュフェストである。

いまの政権周辺には煙たがられてるが、どうでもいいや”一人同人本即売会in大宮ソ肉シティ”みたいな戯言だしな。

来年はよき天気、転機、でありますようにと、日枝神社で所信表明。

全体が晴れ渡れば、おれの体も自然とあたためられる。



top/最上/】
(未完)