BBS Old Contents

掲示板への入り口 アニメイレコム

これはなんでしょ うか。

のど飴ですね。
ですがねこれは、

「弟の形見」です。

電磁波攻撃、プレッシャー攻撃、
政府と裏社会連合軍の、非道の弾圧で、今年2月に衰弱死した弟の ね。


おれはキレた。春からそうすることに決めている。


top/最下/07 1月/2月/3月/4月/5 月/6月/7月/8月 /9月/10月/11月/12月/】


【2007年 7月】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

/1

蓮田境の田園。
こんな広野でプレッシャーが感じられる=尾行が着ている
案の定、似つかわしくないクラウン、農作業の車は止めないような場所に。
その車がしばらくして去ると、プレッシャー解消。


自宅環境も変わらずひどい。
最近は特に、脳神経を常時疲労させて尋常でなくさせておく意図の 攻撃ばかり激しいし、何日も持続されている。
これは、3月から隣室に出入りするようになった男の仕組んでいることだろう。
こうした記録も、書かせまいと妨害著しい。気がつくと気分を操られ、これの編集をしないで翌日になってたりする。
常時、いつ操られるか、いつプレッシャー攻撃を喰らうか、わからない予断を許さぬ状況だ。

このパターンは実に多く見られ、2003年に都内のアパートでプレッシャー攻撃で襲われた日、やはり見慣れぬ若者数名が、
押しかけるように下の住人の部屋に入り浸って騒いでいた。ドア越しに「うわーぶっ倒れちゃうぞー」などと喜んで騒いでいた。
普段はほぼ静かに一人暮らししてる兄さんだったのに。
同じような工作は、99年に戸田のアパートでもやられた。大人しい専門学校生の上の住人に、ゴロツキな二人組みが入り浸り、悪意を持って執拗に騒ぐように なった。
だがプレッシャー攻撃などはこの頃はなかったといっていい。あっても強力ではなかったのかもしれない。

また、今年2月に弟が衰弱死した際もアパートだったが、やはり隣室にこうした人間が出入りしていたと思われる。
念術使い、プレッシャーで人を疲れさせたり衰弱させる、そういう工作員が必ず近くに見かけるようになる。不審な車であることもある。
逆に言えば、何の不審者もないのにいきなり身辺が危なくなることはありえない。
それくらい、連中は、「接近 肉薄」することに躍起になる。


つまり、昨年以前から今年2月までに弟が追い込まれ殺された、その「同じ手段」で、
自分のところにも暗殺の手が伸びてきた、ということだろうか。
何度か書いたが、隣には会話が一切ない。女のところに、工作員が押しかけて居座ってるだけかもしれない。このパターンもたまにあることだ。

深夜に苦痛を与えて大量の寝汗で飛び起きる、
朝っぱらに働きに出ることを考えたら、思考を盗み読んでいるので牽制とばかりにプレッシャーをかけてくる、
「ずっと家で寝伏して大人しく攻撃を受け続けて死んでしまえ」などとえらそうにとんでもない命令をしてくる、

やることが、街中で良く見るような「乗せられた素人」ではなく、「プ ロ」である。身近に居たら排除したい、危険な連中だ。
深夜3時近いいまでも、こちらの編集内容に合わせて物音を立てたりいきなりプレッシャーをかけたりして相手牽制してくる。執拗。

「結局なによ、弟の敵討ちだの、やられるくらいならやってやる、みたいな殺伐に向かわねばならんの?」
とウンザリしてはいる。偏狭なカルトがやることは極端なだけで、ちっとも幸せを呼ばない。奴らは世の中を私物か出来ても、決して良くは出来ないのだ。5年 間見てきてよーくわかった。
なんかシンクロニシティな自慢話をブログに書けばもう、水面下に隠れてるあいつらにオトリにされ、俺だけが悪党にされる、という図式もわかってる。
なんでもかんでもコソコソだ。隠れて押し付けて。


過敏症は国家謀略かもしれない

大手ネット掲示板でも、繰り返しいわれていることではあるが。ザビビとか 2chとか阿修羅とかで。


隣室や近所などに潜む、プロの暗殺工作員からの強いプレッシャー攻撃で、一種の洗脳作用により脳機能が”知覚過敏”を啓発されると、

・ちょっとした電磁波でも苦痛を感じるようになる、
・ちょっとした考え事も周囲にやかましくテレパシーで響くようになる、

といった共通概念の問題が噴出する。
先ほど夜中に、放電(啓発された癖を抜く息抜きみたいなもの)がてら出歩くと、
明らかに変圧器周辺の円内で、プレッシャーとして感じられた。これは癖を抜くと感じなくなってくる。

つまり、知覚過敏(アレルギーや免疫過剰含む)は、国家レベル裏社会レベルの組織犯罪によって引き起こされた悪意ある加害行為かもしれない。
実際、急激に衰弱して悪性リンパ腫になったのは20年前、小学生のときだ。
親が思想的に狙われていた。数年ごと定期的に交通事故など痕跡があった。

・同じような事故や体調不良

が相次ぐ。これは現在でも不変だ。


/2

みなテーゼに操られる兵隊

恨み晴らさでおくべきか
恨み晴らさでおくべきか

日通の現場の若いリーダーにわざと、パレット台車を当て逃げされた。
器用でスピーディな彼が、魔がさしたとしても、うっかりミスするはずがない。こいつ、物陰から度々文句言ってきてた。嫌な気配でプレッシャーかけてきて た。
リーダーともなれば何年も同じ現場に居る。あの要領で当て逃げしてたらキリがなかろう。
「いたくなかったですか」などとオロオロするのはポーズに過ぎない。
まあどうせ、オレ様に当て逃げするなどという愚行は、必ずヤツに何らかの対価となって降りかかるだろう。故意の当て逃げならね。

日通が仕切るコンビニ配送センタ。
この現場に限らないが、社会、会社というものは、「組織ストーカー」国民皆兵での嫌がらせ、追い込み、

これらは当然のことなのだ。

空気を乱すやつは敵なのであり、積極的に攻撃し、排除しなくてはいけない。相手の都合より、場の集団の空気が一番大事。

恭順、平身低頭すればよし、さもなくば皆殺し。これが日本社会の隠されたシステムであった。
現に会社も学校も、ある種の空気に交われないと、文字通り生きてゆけないではないか。
交われないだけなら逃げ場がある。しかし実社会で追い込まれるようになれば、これは追跡されるので逃げ場さえなくなるのだ。

彼ら、1億人の裏社会や政府の手下達(集団催眠で支配者に操られて、自分の頭で考えることを禁止された者たち)は、
おれがどんな苦労や苦痛を味わってようが、そんなことはどうでもいいのだ。
「生意気らしい、リーダーを無理やりやらせて困らせ、いじめてやれ」と上から指令が来ればもう、それ以外は頭にはない。
ニヤニヤして待ち構え、様々なボイコット、妨害、仕掛けてくる。

昨日日曜日は、隣近所からのあまりに激しい脳神経疲労困憊を催す「電磁波攻撃」で、自殺も考え、生きることに絶望し、胃腸も血行も衰弱して最悪だった。
最悪のコンディションでも、仕事を予約した責任感だけで、地を這うように出社した。
自宅向かいの公明党信者のグリーンハイツ2Fとか、隣室とか、その辺から殺人的プレッシャーがかけられ、電磁波過敏症に拍車がかかった。

だが、現場で待ち構えている社員やバイトたちにはそんなことはお構い無しだ。
「元気がねえぞ、ちゃんと指示出せや、使えねえじゃねえか、テレパシーがやかましいんだよどうにかしろ!」
言いたい放題言ってくる。

テレパシーがサトラレ状態なのは、政府筋が工作員を使い仕組んだことだ。オレにはどうにもできない。
つまり、政府には、裏社会には、「サトラレ状態にすれば社会で生きてゆけない」、という図式がわかっている。
わかってて仕掛けるのだから、これは立派に「暗殺」である。

1990年代後半以降、公明が与党入りしてから、惨殺だの暗殺だの追い込みだの、ひどくなった。
明らかに、カルト思想、罪人は処刑する、敵を探し出せ、魔女狩りだ、という発想で政府まで動くようになった。手下の裏社会も然り。
選んではいけない支配者を、自動的惰性的に選んでしまった。だから変な集団催眠などかけられて、国民の多くが政府や裏社会の手下になってしまった。

テーゼ、たとえば政府官庁警察ヤクザだのは、横柄である。その国で最も横柄で、当然のような顔をして横暴に振舞う。かなう者はいない。
だから、「まずアンチテーゼな”いち個人”が集中攻撃される、そのような追い込みシステム」は根本が間違いで、まやかしでしかない。

テーゼがイチバン悪い。イチバンあこぎなことをやってて、覆い隠すために、
目障りなアンチテーゼを吊るし上げ、目立つように叩き、眼くらましにしている。

繰り返す。魔女狩りなどという暴挙がまかり通る時代に、テーゼ以上に悪い奴らは居ない。社会の裏と表のテーゼだ。

具体的には、テーゼ、政府裏社会結託連合軍は、

・おれの弟を、おれを脅すために二人も突然死させた。
・一家離散、血みどろの争いになるように組織工作を仕掛けた。実家を引き払うと隣のヤクザが800万は下らないその土地を買い取って庭にしてしまった(証 拠隠滅)。
・社会に出られないような就労妨害、出かけるのも困難なように衰弱工作(電磁波、念術プレッシャー)

様々な弱体化、無力化工作を、ここ5年間欠かしたことがない。
あくまで世の中に出さず、晒し者にして、都合よくブレインとして利用しようとしたが、頑固で勘が冴えてるのでうまく使いこなせずにいた。

かような事実をしらばっくれて、教育だの懲罰だのと嘯いて、正義面している集団、それが今のテーゼである。
幸い、カルト的テーゼも10年間以上経過して、陳腐化、古臭く、奢り高ぶって品質低下、様々なほころびが出てきている。
この国のテーゼは正に再編転換期に来た。

なんとかするなら、アンチテーゼの暮らしを確保するなら、この時期こそであろう。


これだけは最後に言いたい。
「相手の都合を無視し、わーーっと襲い掛かり殲滅するだけのファシズム的ノウハウは、かえって国を先細りさせ、滅亡へつなげ兼ねない。」
「いま日本が一番してはいけないのは、惰性的に日本式だ慣例だといってコタツの中に居座り、国際市場で一線級で戦える実力をつけないままで居ることだ。」
「だが、前述の、「相手を無視したファシズム」は、それでしかない。」

おれは弟を二人も国に殺されたんだ。
不正告発の姿勢が気に入らない、それだけで裏社会に命じておれの弟を殺させた日本政府。
なぜ、この問題には誰も口を挟まないんだ。

おれは政府に体よく利用され、様々なビッグプロジェクト成功させ、少なからず収益を上げてきた。無論損害になったプロジェクトもあるだろうが、トータルは プラスだ。
なぜ、お世話になった、頭が上がらない、部分は無視するのか、誰にも褒められたことも、感謝されたことも、ないぞ。毎日罵られるばかりで。

つまりその傲慢で調子のいい姿勢こそが、テーゼなのだ。
個人などどうとでも不正に利用し、使い捨てに出来る。その前提で偉そうにふてぶてしく、おれをいいように使い捨てにした。
裏社会を通じた末端工作員、きょうの日通センタの現場社員も含め、みなそうしたテーゼの姿勢がそのままリダイレクトされている。その一体感はもはや軍隊で あり、兵隊である。

相手に感謝しない国は遠からず滅ぶ。
それは、相手が乞食だとかブスだとか近隣諸国人だとか、そういうことではないんだよ。
TOTOの業績低迷を見ればわかるように、文明社会が限界を迎え始めている。業界によっては、どんなに苦労し努力してももう、這い上がれない。
だって市場が無限拡大するはずがないんだから。

TOTOならマンション建設ラッシュで魔法瓶浴槽だのトイレだのたくさん納入してる、それで儲からない、業績低迷で蔑まれる、これはおかしいし、限界とい うことだ。
そもそもが魔法瓶浴槽こそが、私がアイデアを提供したものだ。相当に会社を助け利益になっただろうに、会社からも政府からもお礼のひとつもない。
政府与党にとって、おれなどチンケな個人は、文句を売ってきたら配下の右傾ヤクザ系統に命じて脅し黙らせればいい、使い捨ての奴隷くらいにしか思ってな かった。
小泉内閣の姿勢は全てがそうだった。そのおごりっぷりは当時のすべての姿勢が物語っていた。
安倍政権ですっかり消沈したのは、おごりすぎて次々にブレインや側近を排除したからだ。自ら無能で融通の利かない組織に成り下がった。
それと発足当初から、安倍内閣は若すぎて自分の拙い人脈だけで繋がないと派閥からの横槍が多すぎて潰れるといわれてはいたのだが。

繰り返す。相手の立場だの身分など考えず、感謝できない謙虚でない、そんな国は遠からず滅ぶ。
文明成長期というバブルはもう終わったのだから。国際市場のサバイバルレースで生き残るには民が活き活きしてる国が有利だ。
日本人は目が死んでいるし、活力がなく、前向きでなく、セックスも世界最低で、いいところがまるでない。
上を無視してまで発想で勝ち上がる姿勢を、みなビクビクして捨ててしまってるのが致命的なのだ。護送船団方式のせいでブラジル市場での日本企業は散々だ。


きょうも夕方のBIG−Aには、ただならぬ気配の作業服中年や中年主婦数名がわーーーーっと押しかけてきて、不快な気配でおれを縛った。
よくあるパターンだ。カルト筋、右傾筋、部落筋、よくやる。


先週末のビッグサイトには、場所が場所だけに多くの尾行工作員が来ていた。
わーーーーっと集まってくる、きな臭い顔つきのごつい男たち。
「あいつ、あいつだよ、七年も世話してやったのに昨日辞めちゃいやがんの」とコンパニオンにたとえ話で愚痴ったり。

確かに政府与党はおれに便宜したかもしれない。
だが結局は、はむかえば告発すれば、組織暴力に命じて脅し、黙らせた。
自宅に閉じこもらせ、奴隷同然に拷問を仕掛けながらブレーンとオトリ役をやらせた。
だからかえって社交力や、精神的健康や、経済力は、失われた。その辺は政治犯を追い込むようなやり口そのものだったからだ。政治犯を体よく利用してやろ う、程度の意識でしかなかったようだ。

結局は、それでしかない。
逆に、誠実でバカ正直なおれが、相手が誠実だったら裏切ったり蹴るようなマネが出来るはずもない。
「うわ、きたねっ」と醒めて畏れたからこそ、離れたに過ぎない。奴らはどこまでもプロのトップの政治家や官僚や組織暴力だった。

最近になって急に、日本式経営だの成果主義の見直しだの人材育成だの言い出したのもおれのブログでの提唱があったればこそだ。
官民暴力問わず、どれだけ恩を売っているか。どこまで無償の奴隷をタダ働きさせて当然の顔をして家庭と財産を持ち、暮らすんだよ。
おれは家族は暗殺され、残る家族は離散を余儀なくされ、何も残ってねえぞ。おまえら絶対に、この非道の因果応報を喰らうからな。全土に工作員が居れば全土 の工作員に例外なく降りかかる。おなじ不幸がね。

結局は、
大枚はたいて育てたとか、便宜をしたとか、息巻いてみても、
つぶしたのは、
追い出したのは、
逃げ出したくなるよう仕向けたのは、

政府与党とその仲間たち自身であり、そこにおれの問題点はほぼないといってよい。
ある意味、不器用で横柄でしょうもない両親みたいなもんだ。社会人として出来上がった親が教育に”金だけ”かけて、子が逃げ出す崩壊家庭、多いでしょ。

最近は育てるどころか、頭脳潰しに躍起で、土日なんかブログ書こうとすれば脳神経疲弊の電磁波攻撃が飛んできて、入力どころかテレビも見られず寝るしかな いし。
かくなかくなの脅しオンパレード。一昨年までは書けよ書かないと殺すぞなんて脅しばっかりだったのに。
どんな政変だの抗争があるのか知らんが、どんな人間の意地で嫌がらせされてるか知らんが、
育てておいて、すぐつぶす、この本末転倒で支離滅裂で意味不明な流れには、閉口するしかない。

少なくとも、センスがない。

 ◇

奴らは何かというと、自分達の手下や、集団催眠で子分同然にした民を使い、
懲罰だのなんだのと言い訳して組織ぐるみでちょっかいを出してくるが、

結局は暴力だ。

追尾する、
心臓を締め付ける、
プレッシャーを感じさせる、
嫌がらせをする、

ファシズムでは、人心はつかめない。
それは変わるのではなく、無理強いに過ぎず、いずれ転換期には捨てられてしまうものだ。決して自発的に習得されない。
トップページにだいぶ前に書いたとおりだ。「北風と太陽」

だから、彼らのやってる北風運動は決して、世のため人のためにはならない。
シキるだのナワバリだのテーゼだの、そういうのはそいつらの親玉だけのせこい事情だ。広々と国中に強引に押し通されても困るだけだ。

この国民運動の点だけ、日本人はガラリと変わってしまった。盲目的になぜか参加してしまうそれ。
いくら思い返しても、昔はもっと違った。14年前はかなり違って、7年前も微妙に違って。

家庭的、
コミュニケート、
親身、

この点だけでも、時代退行していい。
じゃないと、昔の良さを失いきってないBricsに負けるという事情もある。
気取りすぎ、出来すぎ、なのだ日本人は。縛られる要素が多すぎる。


さて、その「奴ら」の一部かどうかはともかく、久々に、総務省からいつものキーワード検索でアクセスがあった。前回から半年くらいたったかな。
つまり、総務省が迂闊なアクセスをすることもなかろうから、「おれたちが電磁波攻撃を命じてるんだ」という間接的なメッセージかもしれないね。 
57    2007/07/02(月) 16:15:46    smtp-ex2.soumu.go.jp    stw                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E6%94%BB%E6%92%83&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

/3

先月末の記事にした、大塚のPSSが、ウソをついた。
やはり案件は架空だったのだ。おれをおびき寄せるための。

登録面接の時「この件、うちの社員が既に二名入っております」と公言した。
だがきょうの連絡では「他社に案件を取られてしまいました」と明言した。

他社に取られる案件で、なぜ既にじぶんとこの社員が現場に入っているのか。ありえない矛盾。ウソ。

南大塚のプラネットシステムサービスは嘘吐企業なので気をつけよう。大体が@瞬間で見かけるような企業にロクなのは居ない。
アスタは担当がゴロで、機嫌を損ねると低い声で脅しつけてくる。

IT派遣などという頭脳労働さえ、やくざな筋に仕切られて、謀略を仕掛け放題な現状。終わっている日本。


隣室のサル顔男がまたやってくれた。4月からイキナリ押しかけてきて居座っているやつ。
政治系で悪態ついてたら、いきなり壁をぶったたきやがった。
こいつ、24H何日も閉じこもって監視して威嚇するのが任務なんだよね、工作員によくありがちな。

かような、全体主義前提で人権無視の個人蹂躙工作を廃止に追い込む。
それが位置エネルギー最大をゼロに持ってゆくということだ。
物事には反動がなくてはいけない。政権交代とか再編とかいった契機と同時に、まったくこれらが解散し廃止され散り散りになるのが世の中というものだ。
「人を蹂躙するにしても、世の中にウラがあるにしても、程というものを知れ」
という世の中を作るためにも。

 ◇

「運命操作」を行使する、マジシャンな連中。
良くある流れ。
アルバイト通勤中に西村ナントカという企業名の車を見かけた
次の瞬間にいきなりデコトラックに意味もなく煽られる。渋滞寸前で混んでるのに、煽ったり詰めたり急加速する意味は無い。
で、バイト先にはこれまでいなかった、西村というやつが入ってきている。

2ちゃんねるを匂わす、暴力的な流れ、これと5年間付き合ってきた。彼らは暴力的なマフィアであることを誇示してくる。


相変わらず、日中に外を出歩くのが危ない。もはや地球上はそういうものなのかもしれない。

サイキッカー兵士が、国土広域をサーチしている。捕捉されると、激しいサイコキネシス攻撃が襲い掛かる。
内臓や血管を圧迫されるか、脳神経へ過負荷を送られパニックになるか、下手すれば重症や、命を落す。
その辺の実情は、「地球へ…」が描写しているそのまんまである。サイキック・スキラーの”念”は人を殺す。

大体、日勤の時間帯が危ない。夕暮れ過ぎにおさまり、心許して出歩けるようになる。

ヘトヘトだ。なんか腹部の危ない位置がいくつか常時痛むし、吐き気に、脳神経は何度か過負荷攻撃をやられて壊れてきている。若い集中力はもうない。
長生きどころか中年になれるかも怪しい。
社会へ出られないように散々根回しされるし、家族は離散してるし、なんも手元には残ってない。
働くにも妨害アリでは金がたまらない。恋愛どころか人付き合いさえ出来ない。

何も出来ない空虚な生活を、死ねないからというだけで維持している。食住いずれかが途切れたら終わりの綱渡り。
ヤクザ筋には「飼い殺しにしている」自覚がある。よくそういう風に、尾行してくるやつらに脅される。
ということはそれを命じている根源は政府筋だ。政治的弾圧のアウトソーシングである。

表も裏も、国が敵。終わっている人生。いつまで続くのか。
おれはこんなひどい有様だが、弟二人はもう殺されてしまった。一家は離散して、伝染病にかかったりガンで手術を受けたり散々だった。
連中にかかると、運命まで不運続きになる。サイキックも呪術も使いこなす。まさに人類は悪魔の域に達したのだ。


世の中には、東大生だの一流企業社員だの、いい人で偉い人で立派な人のはずが、
こういう国家的謀略の監視役、密告役などを引き受けている奴らが居る。いわゆるハイエナだ。
仲間や友達のふりをして、おれを売り渡した奴らが実際にいた。
2ちゃんねるなどネット掲示板は多くがスパイ機能をもち、それが真の目的である。素人ユーザのふりをした中にスパイが紛れている。
オフ会への参加などは危ない。角が立つ人間はまず接近されつぶされる。

地位や学歴や収入を得ていても、このような汚らしい悪魔のような人間が数多くいる。
自分達は毎日楽しい我が家でおいしい食事をして、近所の人間や知り合いを暗殺しているのだ。何年もそれを続けている。
奴らにはそうした弱者をいたぶるのは楽しみであって容赦が無い。そういう神経でないと何年も恒常的には続かないのだろう。
結城市会議員にもそういうのがいた。ヤツは部活の先輩で、便りも連絡もよこさず、しかし毎日このウェブサイトの監視は欠かさない。

あまり書くとキリがないのでこの辺で。要は日本は精神的にもう正常ではなく、瓦解の時期にあるということだ。


/4

吉野家もすっかり行かなくなった。

2003
田無駅店と浦和17号店で、組織ストーカー的な偽店員による嫌がらせ
(田無 見慣れぬ部落顔の店員3名が、影で罵る、少なく盛る いつもの愛想いい若いあんちゃん店員は泣きそうな顔をして青ざめてる、店の雰囲気は総じて 「どうしたんだ???」という感じ)
(浦和 廃棄寸前のドロドロねぎとパサパサ肉を盛り、「あの人にはこれでいいんだ」 と陰で俯きながら断言するメガネ男店員)

2004
狂牛病騒ぎをおれは肯定したが、D&Cはこれを根に持ってるのかどうなのか

2007
何の恨みか、裏社会の手配を頼りに、吉野家D&Cの会社ぐるみでセンターや店舗のアルバイトにおびき出し、様々な嫌がらせに興じる。
「オラオラこんなこともできねえのかよ」と。

(以上、当時の記事もあるけどURLひっぱって来るのは割愛)

生々しく嫌がらせだの復讐だの、
大企業が、大企業だからって(どうせコソコソ陰湿にやってるから被害者は訴えようがないとタカをくくっている)
公然とやってるのを見ると、

さすがに醒めるわ。


「告発者には、同じ辛辣な告発や私的で復讐するビジネス」
を裏社会と政府が結託して展開してるが、長続きしないと思う。(その無茶矛盾を語るまでもあるまい。)


フォームメールを送ったが読んでもらえたようだ。また嫌がらせされちゃうかな。
9    2007/07/04(水) 11:31:02    aurora.ydc.yoshinoya.com    e              0707                1    Bookmark or Direct    9
10    2007/07/04(水) 11:30:25    aurora.ydc.yoshinoya.com    e            0707                1    Bookmark or Direct    10
11    2007/07/04(水) 11:26:54    aurora.ydc.yoshinoya.com    e            0707                1    Bookmark or Direct    11

 ◇

http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/07/post.html#comments
「信じられないかもしれないけれども新潟の地震がアメリカの最新プラズマ兵器によ るものだった、
言うことを聞かないと日本を海の底まで沈めてやる。」

空から何か電磁波のようなものが撃ちこまれるんだ。
屋根とか柱とかが「バチバチバチッ!!」ってあちこち均一に轟音を発するんだ。
大田原の田舎のほうでも追尾してきたその照準。

あるのは確かだ。
ただ、所有者、運用者、因果関係などは闇の中だが。

日本人の組織でも、これを輸入して使っている感じ。自宅に向けて固定照準で撃ち込んでる工作員が居る。
自宅に居る時間が長いほど、頭脳も内臓も衰弱してくる。


http://benjaminfulford.com/New%20Profile.html
ナイトライダーの特派員だったんだな。10年前に紀尾井町のオフィスで良く依頼受けてたのが懐かしい。霞ヶ関まで統計速報を取りに行って、持ち帰って来る んだ。

 ◇

隣室アベック。
不快で威圧的な気配を発している。
彼らが居ると、意識が飛んだり、特定の不調が続いたり、
つまりその気配に全身が「汚染」される。気配や電磁波の過敏症がひどくなってゆく。

まさにこのために、24時間何日も張り込んでいる。この手の連中とはそういうものだ。
3月に男が来るようになってからほぼ欠かさず入り浸っている。そして時折、非常に敵愾心に満ちて攻撃的な態度だ。

朝方も、女のほうの声が響くや、その超え事態に強烈な不快感を覚え意識が遠のく。
「悪魔の気配」に汚染された、ストーカー加害組織に属する、いわばプロはみんなこうだ。
もはや悪魔まで使う。人間の矮小で汚い欲望のために。

善良の神の気配というのは別個にある。無償で、加害せず、ささやかで、ほぼなんでも悪魔とは対照的だ。

悪魔は病と死へ向かわせ、
天使は性の喜びそのものを与え、

前者は奪わせ、
後者は与えた返礼にとお返しをしたくさせる。

もっとも、ただならぬ気配の半分は、機械による電磁波照射に助けられてのことだ。
つまりこのアパート付近の電磁波照射エリア以外では、やつらもそんなに強くはない。
照射される電磁波も、人が放つ悪魔の気配も、同じものであり、セットで運用されている。

そしてここまで傲慢で人を軽んじるようになった人類に感じる予感は、ろくなものではない。

閉塞、減速停滞、波乱、荒天、

世直しだの粛清だの力を見せ付けて鎮圧だの、
良かれと思いやってる政治的謀略暗殺のせいで、むしろ世界は滅びるか、甚大な被害を被るのだろう。
でも、世間も一緒になってやってるのだから(就労妨害とか)自業自得ではある。なんでも惰性で長いものに巻かれているとそうなる。

ザンボット3みたいに、虫が良くボランティアに救ってもらえるとは限らない。
あなたがたが神一族を潰して順調にアルマゲドンを呼ぶ可能性があるのが現実ってもんだよ。

まあこれは予感に過ぎない。
世界の法則にはいくつか、不変で必ずこうなる、みたいなのがあって、どうもそれっぽいなあ、という。


エスパー、神通力、
そういうものを得れば、そうでない民衆を国を支配できる。
でもそれはしょせん、ワガママなパワーハラスメントにすぎず、抱える大きな矛盾はいずれ洪水となって押し寄せる。
加害者側にかいま見えるのはそうした、”関が切れる直前の脆弱な 繁栄”だ。

過ぎた近未来スキル、ツール、を得ると人間はむしろ子供でバカになる。退化する。

/5

ヤマト運輸の主管支店でバイト。
どうにも、何割かが、にやけている。ほとんどがゴロ、ヤンキー、ワル、茶髪の類だ。

・先入観と偏見による悪意
・からかい
・文句
・嫌がらせ

日本中どこへ行ってもこうだ。どの会社とか、地域とか、言う話ではない。

テレパシー越しに何でも知った気になっている国民たち。
悪意の元になる情報しか知らない。

弟が殺されたとか、
毎日殺されそうな綱渡りをして心身悲鳴を上げてるとか、
世のため人のために身を削っている身分でもあることとか、

善意や同情の元になる情報は一切遮断されてる、検閲済みの大本営発表。
吹聴してるのが公安だの右傾組織だの、ろくでもないところなのがミエミエだ。

どうあがいても、世間の人々がこうなってしまったのは変えられない。
つまり日本は見捨てるしかない。
どれだけ必死になって弱者を助けたり、政治や企業活動に協力したりしたか。
全く報われてない。一生養ってもらったっていいくらいの働きは無視されている。

お前らで勝手にやれ。勝手に悪意だけ向けてこい。
だから福知山線の新型車両乗るな。魔法瓶浴槽のふろ入るなよ。ニンテンドーDSやるなよ。農家は果物輸出するなよ。ノーネ クタイ禁止な。ハウル二度と見るなよ、DVDも買うなよ。
おれが関与したプロジェクトに恩を感じられないヤツは恩を受けるな。そんなだからせっかく勝たせてもらった組織がいまや死に体だ。ふてぶてしさはみんなあ んな感じだ、他人事じゃないぞ。

バカ日本、下らない日本、退化した日本・・・なんでこんな風になっちまったんだ。
家族まで殺しやがって。30年以上のおれの人生全部潰しやがって。親父が大卒仕立ての頃から似たような裏工作毎年仕掛けてきてたじゃないかよ公安よ。
年を経る毎に、国や世界への幻滅は増して行く。いくら自民公明が便宜したり予算かけようが、おまえらが弟を殺したんじゃないか。いつもやってくるゴロツキ もおまえらの差し金だろうが。

雷落す。そういう怒りがくすぶって消えない。嗚呼腹たつ。
少なくとも昨年までは、感謝してくれる、慰めてくれる、差し入れしてくれる、人がちらほらいたんだ。
まるで全国民の洗脳が強化されたように、あるいは悪意あるデマが多く流されたように、敵だらけ、悪意だらけになってしまった。

追記 てめえらなあ、豪州とのFTAがいい感じなのも(以下 略

 ◇

昔は、変なたとえ話ばかり固執する人間なんてまずいなかったがなあ。
というか、2002〜3年に豹変して気持ち悪い人間になっていた古い友人や親族に目を白黒させたくらいだ。
ものすごい悪意、ものすごい不快な気配、話し方も変わってる。たとえ話で攻撃することばかり熱心。

そう、「みんな変貌しちゃった・・・」

当時はウブだったおれはオロオロ泣きそうになった。


そんなおれも、もうだめだ。
ついてゆけないのではなく、絶対についてゆきたくはない。
ついてゆかないと余計に弾圧が続くが、もう耐えられない。耐える理由がないから。
守るべき人がいない。守りたくなる社会も組織も皆無。絶望と空虚な気持ち。

わざと、こういう風に落伍する人間は増えるようになっている。行過ぎたデスマッチ社会だ。
音を上げて自殺したり病気で死んだりする人間の急増。
カルト宗教の発想。選民思想。生きていてはいけない人間を沢山作り出して自己満足しているアブナイ政党と支持母体。
だが生き残りだけを検査しても、まず優秀な人間は残っていない。こういうやり方では秀でた人間は残らない。特に若い者は。

というわけで、弾圧被害者(計画的組織的な、集団ストーカー暴力のたぐい)は、
ある程度、レジスタンスとハラスとリバーサルを欠かさぬように。なめられると余計に酷くなる。
おれにてえだすと大変なことに、位の意気込みは欲しい。気持ちが大事。サイキックな思念波のやりとりとはまさにそれだ。仕切るときの空気ってヤツだ。
まっとうな発現には”運”と言う空気が後押ししてくる。

 ◇

朝、NTT-MEの下請けが光回線工事。
なにかっつうと来る、先週来たばかりなのにもう来る。
これまた電柱上の作業で携帯電話、この気配が殺気を伴っている。携帯電話を通じて殺気というのはある程度のプロだけのノウハウだ。

吹っかけた。徹夜明けでこっちも殺気だっている。まともに説明も出来ない下手糞工作員だったら半殺しにしてやるぞくらいの殺気であった。
幸いに、普通に話すと普通の業者。これもプロレベルだと普通にあることだが。普段は業者だが裏で情報工作、という企業が企業ぐるみで存在してたりもする。 IT派遣会社とかね。
まあ、強電(電力)の変圧器はともかく、弱電のしかも光ファイバーで殺傷手段にはなりえない。工事そのものは疑わしくはない。
むしろ本日の主な問題は携帯電話での通話だ。(追い回されるようになるとわかるが、されてない人にはまずわかるまいが。)

おそらく無線通信レベルだと、テレパシーというか、殺気とかサイコキネシスの類を便乗できるのだろう。
これはテレパシー的な脳波操縦信号であり、弱電が得意とする領域だ。


夜、711やマルエツ。
ああこいつ、尾行かな、と思うようなのがちらほら。挙動不審、ブスッとしてる、なぜそこに陣取ってる?
たとえば711でタバコ吹かせて待ち伏せてた女、
おれを目視確認してから、わざとタイミングを合わせながら近づいてきて、
入り口ドア付近で邪魔なようにフェイントしつつ入り口脇の灰皿にタバコの灰を落すだけ、というようなことをやる。
右傾カルトの構成員であろう。なににも属していないのにこういうことには参加しない。どっかやることがおかしい連中しか。
外へ出ると、別の若い男が灰皿付近で喫煙しながらこっちを睨んでいて、駐車場の端っこでも中年男が携帯電話しながらチラチラ見ている。
車の中でやればいいのに、わざわざこういうパフォーマンスをする。もう22時だというのに。

まあいい、好きなようにやらせるしかない。
バカには好きにやらせ、むきになって反論してくれる正直者の相手もいなくなり、
真正面から自分達の愚行が間違いで、世の中を良くしないし悪くもする、という事実を目の当たりにさせるしかあるまい。
いまの政権与党がそれだ。いかにズレて格好悪いか、中心人物ほどわかってない。
実行部隊で現場にやってくる連中もみんな、目が死んでいる。わかいゴロアニキははしゃいだりしてるが、これもパフォーマンスの虚勢であって内心はしぼんで いる。

誰も意義ある仕事と思ってやってない。思ってるのはマインドコントロール教育にかかりはじめの御めでたい人だけだ。みなどっか醒めてる。

というわけで、いまのストーカーどもが自治気取りしているアホな社会をおれは見捨てた。様子見、別にその途中で死んだって惜しくもなんともない。
ダメなものをダメとエスカレーションしても改善しないどころか聞く耳持たないITシステムはいずれ、プロジェクトごと潰れる。
陳腐化した惰性的アナログレガシーシステムが、まさに沈没寸前という。

ちっとも進んでいない。進み具合が感じられたのは2003年ごろまで。

 ◇

というかね、

真の巨悪
真の問題点(主に国内外まで見据えたグローバルな)

そういう、裏があって面倒で、大きくて、かないそうもない、
そういうものに立ち向かう勇気も気力もない、根本がヨワッチイやつばっかり、
群れて組織に扇動され、馬鹿な尾行をやってる。むしろ裏側に取り込まれてる。
組織が指定した小悪、個人とか、商店とか、企業とか、透明性が高くてツツきやすい、いかにも2chという新手の総会屋が標的にしそうな。

個人個人を分断して迫るとみんな急にオドオドするからね。スタンドアロン前提の「出来た人間」にそれはない。



/6

はっきりいえばきょう、フジテレビで冒険王のイベントやるんで案内チラシをポスティングしてきたんだよ。

でも結局は、公明党創価学会の根回しがされていた。
なんかオイシイ、華々しい、仕事には必ず奴らが絡んでいる。おびき寄せて色々したいわけだ。

昼の食堂で待ってましたという態度の中年スーツ二人、出入り業者か社員か、通年入館証の。
「あーそうそう信濃町のねー」
この時点で創価学会決定。
「田舎モノはねー ネタが古い」
などと、あっち陣営の一方的不平言いたい放題モード。

チラシもって出るときのエントランスで、待ち伏せていたのかたまたま居たのか重役っぽい二人
「石を投げてやりたい」と言い出して、こっちがムカッとすると怖気づいたように
「・・・でも軽石でね」とランクダウン、トーンダウンしていた。

街中でも社員でも「無理するな たくさんやりとげたな」などとねぎらう人もいれば、
編成の休憩コーナーのとこで居合わせた、これも待伏せかたまたまか、
「いきなり威圧されっとなんも仕事手につかねえよ、すげえ腹たつよな」
などと凄みをきかせて文句を言う男とか。


派遣会社のほうも、どうも創価の息のかかったのを揃えてきたようで。
わざと連携作業をうまくやらないサボタージュ妨害要員は「うわー師匠だ」などとバカにしてくる。

「絶対うまくやらせない」

そういう工作を奴らは良く仕掛けてくるが、今日もそれだったらしい。
周囲を操って邪魔させるか、おれの気配を操って周囲が足を引っ張られるように仕向けることが多い。


ソニックシティに入居してる会社の社員に「うわきたぞ」などとあざけ笑われ煽られてキレた。
ぶち殺してやろうかというくらい堂々と唸り睨み振舞った。
弟が死んだぞ、体も頭もぶっ壊されたぞ、このやろう笑ってんじゃねえぞ、と。
相手は明らかに引いていた。「訓練だろ???」
だからまた、訓練じゃねえぞこのやろうとキレた。
ドン引きして口数が減ってゆくスーツ社員。

それにしてもきょうは、おれの気配を感じただけで笑い出すやつが実に多い。会社員から学生まで。
これは念術工作員が、そのような気配をおれに浴びせて封じ込めると、こうなる。
気配次第で、社会にいられなくなる。職場にいることも耐えられなくなるからだ。奴らはそういう使い方を熟知している。

16Fマックスサポート、ここに若い尾行が派遣されていた(ここは毎度だな…)。心臓が止まるような強力な威圧気配でプロの筋とわかる。
ヤツはおれとおなじ苗字で呼ばれる。偽名だろう。「これ残業代高いんじゃねえの?」というのが今回のたとえ話伝言らしい。


「大宮350 つ・・・3」の「ホンダ レジェンド 銀」おそらく蓮田在住、に煽られまくった。暴走族同士の戦争みたいに、ローリング、急停止、ドアに腕をかける、バックミラーで睨んでいる、
まあ、最初に悪いのはこっちで、信号待ちで先頭へ出たらたまたま青になり、別のバイクがよそみしてまごついてこっちも右折が遅れ、癇に障ったと、ゴロツキ 相手なら良くある行き違いだ。
ひとまず大人しく下手に出た。それで挑みかかってくるようなら(そんなんガキくらいだが)応戦する構えだったが向こうも引いた。これも大人というヤツか。

暴走してるとこをデジカメ動画撮影してたらきっと、こないだの当て逃げ犯みたいに2chで騒がれて新聞にも載ったかもな。
ただ、あのビデオ記録みたいに「こっちはちっともわるくないのに」とは言えないが。


総じて今日も、最近の流れに沿っていて

「そこまで文句言われるんなら、最初から何もしないほうがよかったな」

という印象ばかり残った。
お前のせいで、とばかりいうが、どれだけ利益に貢献したかは一切言われない。
ダブルリーダーでわけわかんなくなる、とかいわれると一理あるし、だったら全部投げ出して放っておけばいいような気がする。
つい最近も現場工作員に「誰が今のリーダーなのか思い知らせてやる」とか脅されたしな。

つうか、アルバイトなんだからメンバーとして手足に徹しようとしてるのに、
やたらと工作根回しで”仕切らせようとして”、”ポカをやらかすように”仕向けてくる、
そういう陰湿な工作が相変わらず目立つね。
せっかくうまく行きそうになると場の空気を滅茶苦茶に引っ掻き回して壊すんだよな工作員は。「賽の河原工作」。


「訓練です強盗」
というのが2003年にあったけど、まんま同じだ。

訓練だとか教育だとか周囲に吹聴しつつ、
やってることは気に入らない氾濫分子の抹殺と弱体化。最近寂れてきた右傾活動の一環。

・世の中を自分勝手にいじり倒す魔術とか、テレパシーとか
も公明創価が用意しているし

・「コイツが悪党だ、締め上げろ追い込めー」(もしくは 「訓練ですから」)
と騒ぎ立てて世の中を動かしているのも公明創価で。

おれが気まま勝手に振舞ってるような演出も奴らが仕組んでて、
そんなおれを悪だと世間に向けて騒ぎ立てて、叩かせるのもあいつらで、

究極の自作自演だな。


で、帰宅して英語圏のネットゲームに接続すれば、IDが「jakuza te uza」
どこにでも、ネットも現実もなくつきまとう、現代版追い込み。
さっきの車にしろ、謀略としてみれば、待ち伏せていて、バイクのあんちゃんが下向いてたのも仕組まれてて、ということかもしれない。
魔術がらみ、念術がらみ、なさそうなことがよくある。

/7

きょうも某工場で作業して、
こっちの頭脳から不快な気配を発し、考えることがテレパシーで筒抜けメガホン状態、なんてなってて。
これは付近に張り込んでるやくざやカルトの構成工作員が、遠隔操作した結果で、だから定期的に止んだり発生したりを繰り返すんだが、
これは周囲の人間には関係ない話、ただの迷惑だ。おれが迷惑な人、ただそれだけ。
それこそが、カルトと組織暴力連合軍の思惑だ。被害者が尋常に生きて行きにくい状況にするための。

帰りの南大塚駅北口の711には、作業中から行こうと思ってたので筒抜けのテレパシーごしに思考盗聴され、待伏せされていた。
センチュリー、アルファード、いずれも柄悪いのが。

大体、帰り際に立ち寄るようなスーパーには必ず待伏せがある。きょうもBIG−Aであった。
店に入る前に中の様子を見て、もうおかしかった。うなだれて、恐る恐る動いてる客が多い。気配が不快で恐ろしげだからだ。工作員が張り込んでいる兆候。

一人は茶髪まじりの、もうひとりは黒髪で子連れの、二人で狭い店内の一箇所を陣取って世間話のふりをした”たとえ話”。ものすごい殺気。
「やっと引退か」
はっきりと発声し、目の前でむかついてやると、

「・・・だって情報に関することだからねえ」
と小声でぶつぶつ自信なさげに言い訳して、
いきなり不快な気配を解いたと思うと、誤魔化すための普通の話に切り替える。

蹴散らしてやりゃよかった。てめえらは子供を殺されず、家庭を滅茶苦茶にされず、おいしい暮らしを維持して、他人を追い込んでるハイエナの一味め。
目の前に憎きカタキがいる、おれの生活や健康や人生を、弟二人の命を、奪っておいてヌケシャアシャアと普通に暮らしてる悪魔教団の末端が。
店員もおそるおそるしている。迷惑な奴らなんだから店の外へ追い出すくらいでちょうどよかったんだ。反省。それこそが「ミスリル」ウルズ7の姿勢だろう。


連中のやり方、姿、これは不変だ。変わる気がない傲慢な集団。

・力任せに、ライバルを蹴落とす。

かつては、勝手に祭り上げたおれの周辺を勝手に蹴落とし、目障りになれば今度はおれを蹴落とす。
常時性のテレパシーをおれの脳に仕掛けて、周囲に放送状態ダダ漏れにさせ、風説でデマまで流して悪印象を宣伝して回るのも、邪魔者になったからに過ぎな い。
主格つまりボスは絶対であり、その優秀さで他と競争するとかいった概念がない。はっきりいっていま擁立されてる奴の手腕のほとんどはアレだが、奴らにとっ てはボスはボスなのだ。

だから、いくらすごいエスパーだろうが、中身はサル並、強欲で低俗なまま、ということになる。
結局は

・権力や金を奪うか、独占したいだけ
・邪魔者を排除する万能ツールが欲しいだけ

の、昭和びと達である。ちっと新しくもなければ、高尚でもない。
彼らが新しいならば、とっくに政府与党は斬新になるか、躍起になって斬新になろうとしている途中だろうが、実際は逆だ。
与野党とも変わろうとせず、変われないジレンマはあってもそのことで大してもがいては居ない。あぐらをかいている。

だから、
「なにがボス制じゃぼけ、んなもん蹴倒して新しく作り直すわ。利益?力?鬱陶しいんじゃボケ」
位のことをする気配がないならば、日本は今後、見捨てるべき凋落を辿り続ける。
カルト組織に属している特別な連中だけが秘密主義でウマミを寡占し、寄生植物みたいに何も生まず養分を横取りするだけの。
安倍総理みたいな人だろうが、ボスならば擁護し反論者を弾圧して潰すような昭和以前の封建制度。

おれに古さしか見出せなかった、もしくは故意にそう偏った判断をし続けた公明創価。(前者なら見る目が無さ過ぎるし、後者なら陰謀に偏りすぎ)
彼らでは、もう切り開けないのは確かだ。濃く5年間、薄く15年間、つき合わされ続けたおれだから言える。

こういうことを書けばまた叩かれる。
叩くのは力任せのボス主義だからであって、能力主義だったらむしろ意見は歓迎するはずなのだ。


/8

自宅はあいっ変わらず、電磁波照射による暗殺と洗脳の渦中だ。

気が狂いそうになる、神経刺激磨耗の作用。そこへ、テレパシーごしに聞き耳たててる近所の工作員が野次を飛ばしてくる。
今もそうだ、「もうあきらめろ」などとぶつくさ言って来た。

身体への被害は、いつのまにか全身の神経が反応しなくなってくる。水がめぐらずむくんで力が抜けてくる。

止んだことがない。どれだけ有力政党や新聞社に何年も訴えても、止まない。
つまり、野党だろうが与党だろうが、マスコミだろうが、この攻撃をやめさせる意思がないということだ。自浄作用は完全に失われている。

自浄作用が失われているのは半ば、集団催眠状態のせいだ。全国全国民がなんらかの「洗脳状態」で、先入観と偏見を強力に植え付けられている。
暗黙にコソコソと、マークされた個人を、みんなでよってたかってイジメ、たたき、潰す、これが当然だと思い込んでいる。思い込みだから、本人から追及され ると黙ってしまう。

自宅に公然と監視カメラとマイクを仕掛けられ(テレパシー越しに晒し者にされるのも同じことだ)、外を歩けば侮蔑されたり石を投げられ、これが普通だと、 正常だと、正気だと、思うか?

終わっている日本。おれは日本に生まれたばっかりに、人生を最初から奪われていた。
親父のせいだが、結局は政府公安のせいだ。

 ◇

「若気の至りだろ」

などと野次る奴に限って、大義を背負おうなどという発想も度量も度胸もない。
ただ群れに交わり、周囲と同じことをしようとするだけの自動的ロボット。

現に、それを指摘するとみんな黙るか話題を急変させるし。
おめえらみたいなのばっかだから、今の日本があるんだろうが。これを育てた、中枢で仕組んで長期運用した、やつらもやつらだ。

ま、おれは一部から言わせればステイクホルダーらしいからな。キーマンとかそういうやつだ。
世界中の運命をマスコミやネットの情報、森羅万象などと総合して読み解く神託巫女のような気がしなくもないが、妄想かもしれない。

 ◇

日中のアルバイトとかで、特定の勢力の工作員から、不快な気配や、理不尽な威圧や嫌がらせを受けて帰宅すると、その「気配の影響」を引きずる。

裏社会の奴ら(あの独特の”嫌な気配”を有してる人々)も「悪魔の気配」が頼りだからね、特定個人の身の回りを不運続きにするとかいった手法は。
テレビゲームさえ、どう乱数値をいじってるのかはともかく、不運続きになる。運命が絡むものはすべて。
つまり、悪い流れの時は何もしないに限る。沈静化を待つ。自発的な解決手段もいくつかあるにはある。

 ◇

またこんな報道を見ると、”二大陣営の戦争”は続いているのだなと。
「運命操作という魔術」をプラットフォームとした、”誹謗中傷合戦”。いばら姫の魔女たちのような。
問題は、嫌がらせした方の店主をおれにあてはめた誹謗中傷なのか否かということだ。

少なくともおれは物陰からこんなちんまいマネはせんけども、中傷は無根拠でも成立するからね。
というか、体調不良工作だの就労妨害だの、嫌がらせされるのは日常的ではある。

つい先週以前にも、感じる気配が重苦しく殺伐としてきたなあと思ったら、
久喜だの白岡だの蓮田だので強盗傷害とかやくざが撃たれたとか、数日で頻発した。

「そういうものなのだ」としか言えない。疑ってかかる人には、経験させないと理解してもらうは無理。

「ありえない」
ことが頻発する。国家レベル、もっといえば”国家運営レベルの何か”に巻き込まれるとね。

ライバル焼き肉店に嫌がらせ 男を器物損壊容疑で逮捕(朝 日
2007年07月08日19時33分

 近所に進出した焼き肉店の駐車場で客の乗用車を傷つけたとして、埼玉県警大宮署 は7日、別の焼き肉店を経営する、さいたま市内の男(56)を器物損壊の疑いで現行犯逮捕した。
 調べでは、男は7日午後8時10分ごろ、近くの焼き肉店の駐車場で乗用車2台の ボンネットに、石のようなもので「×」印の傷をつけた疑い。
 大宮署によると、新しくできた焼き肉店は昨年9月に開店し、二つの店の距離は約 100メートル。1月ごろから客の車が相次いで傷つけられたため、同署に計4台分の被害届を出した。
 男は、現場に張り込んでいた警察官に取り押さえられた。数年前から現在の焼き肉 店を経営しており、調べに対して「嫌がらせのつもりでやった」と供述しているという。


/9

午前中。ナナメ裏の岡田荘のババアが、リサイクル回収軽トラックのド アにひじをつき、運転手のオッサン(これまたすぐ近くに住んでいる)と無言の意思疎通をしていた。不快な気配を出しながら。
目が座ってて、まるでやくざだ。
唇を緊張させて息を吸い、「ビビッ」と吸気音を鳴らして威嚇する独特の手法。もんぺ姿。ボロアパート。両者とも部落的特徴。もうたくさんだ。

この辺はそういうのが集合して住んでいる区画。まずいところへきたもんだ。
そもそもが格安物件に誘導されるように流れてきた。あいつらの得意なやり方だ。

部落だの右傾ガテン系だののなかには必ず、組織謀略に加担するヤツがいる。
そうして自宅への電磁波攻撃だのが24時間365日、維持されている。


日中の、日通倉庫でのアルバイトも最悪。ヤクザの手配が回ってた。
パターン、流れはいつもと似たようなもの。

自宅で散々電磁は攻撃で弱らせ、へとへとでいる所に、
アルバイト先では”一番”の働きを強要する。しかも現場全体を仕切らせようとする。

で、できないと「おいこらヤクザだぞ、使えねえやつめ」「7時でおわんのこれ、8時で終わるよいやー早い早い」などと周辺の作業員に言わせたり、野次を飛 ばさせるなどリンチに及び、
こちらをキレさせる。
「てめえさっき台車ぶつけやがってあやまらねえ」とか、仲間に言わせてる別のヤツ。おまえがずーっと後ろ向きながら、停めてる台車にぶつかってきたんだろ うが。

周囲はこちらの事情など全く知らない。生意気だとか大風呂敷とかいった程度の予備知識しかない。
弟が二人も殺されたとか、一家離散とか、普通に働けないように根回し(尾行、待伏せ、嫌がらせ)されて散々だとか、
そういうこちは一切知らない。「ヤクザに遊び半分に脅されてるだけ」くらいの認識のみ。

だから、こっちが本気でキレてかかって
「てめえら子供どころか孫もいるよなあ、その孫が次々と心不全でポックリ死にまくってみろよ、」
「おれに対して出来るんなら、、自分の孫にも出来るよなあ」
とか、勢い任せに気配で脅しまくると、みな黙ってしまう。

周囲のどうみてもヤクザじゃないジジイどもが
「いや、やっちまうというのはあそびはんぶんにやっちまうという意味で」
とか言い訳しだすから、
「おうおうそんじゃ身内が死にまくる遊びってのはあるのかよ、んじゃいますぐ孫や子供が心不全で死んでもいいんだよなあ」
「おまえらなあ、妻子がいるくせになさけない脅しかけてんじゃねえよ」
とキレてかかれば、そりゃ黙るというわけだ。深刻さのレベルが違いすぎる。

ヤクザが行使する、「悪魔の気配」が身に降りかかった途端、足首はひねる、頭や顔を台車にぶつける、台車の車輪に足を踏まれる、立て続けに起こる。
こういう流れ、概念も、この5年間で散々やられてきたから、俺にとってはおなじみだ。だが周囲は知らない。

こうした「情報遮断、情報格差」を故意に利用するのが、現代の組織悪。
80年代以降、任侠からハイテク、情報産業に移行したのとピタリ一致している。
またその頃、マル暴法で一網打尽にされた反撃に社会を牛耳った、という流れとも一致している。
つまりは政府、警察庁が打った布石の失態つまり”ツケ”が、まるまる今の謀略繁盛を生んでいて、太刀打ちできないでいるわけだ。
派遣会社はヤクザ支配下で、派遣社員は官庁にも大企業にも出入りするから、情報は筒抜けになるし、
組織的謀略をどこにでも仕掛けられてしまい、一昨年のように財務省霞ヶ関本庁舎に派遣で出向いた時も、仕事仲間の派遣社員はその筋の若いのばかりだった。
まあこれはおそらく、官庁キャリアもしくは小泉政権がグルだったんだろうけれど。
いきなり「室長に挨拶する」と言って、ノーネクタイから30秒でネクタイをするという嫌がらせを仕組まれたし。
つまりは、クールビズ仕掛け人のおれへの報復、つまり官庁が仕組んで裏社会と結託、というパターンだったのだろうが。


/10



/11

やれやれ、南向かいのグリーンハイツ(公明党信者あり)が牙を向いた か。
きょうは電磁波でのプレッシャー攻撃が酷いなあ、と夜中に体感調査すると、南東のこの物件2Fから直線状に射線が伸びていたり。
昼間に日経読んでコメントつけようとすれば、グラインダーで削る音を立てたり。遠隔的にこっちの頭脳を麻痺させて読解力を阻止しようとしたり。

午前中、買い物へ行くと道中、いかついおっさんがすれ違いざまに何度も鼻をすすってこちらを”めげさせる”。
向こうがこっちの気配に嫌なものを感じただけなのか、スーパーに待伏せが多いから気をつけろということなのか、はてさて。


夕刻。
通りすがる中学1年生2名が、野次言い捨て。
「開き直ってやがる」
などと何度もほざく。

物陰で言い捨てて逃げる、誰でも出来る。
無責任。
主役側の重荷や責任や重圧を一切受けない。

「んじゃお前がやれ」
言われても、誰もやろうとしない、というかやらないで「逃げる」だろう。
普段、集団や民衆というものに、誰もが感じているそのままの姿だ。

自室で平穏に過ごしてて、
いきなり野次を飛ばされ頭に血が上り、
へたすれば飛び出して胸倉掴んで問い詰めた所を、
億劫も手伝い窓際で怒鳴り謝らせたただけに留めたが、(これまたヘラヘラとかったるそうに、当然立ち止まりもせずこっちもちゃんと見ず)
次回もそう穏やかとは限らない。

いいのか?
日本は、これで。

誰も、
何も、
やんないぞ。

誰かが勝手にやってくれるのを、
ただジーーっと見てるだけで、
行動するどころか、考えも意見もせず、
手を出した人が不手際をやらかしたら、パパラッチみたいに群がって物陰の安全圏から野次を飛ばす、

誰が改革だの再編だのやるんだろうね。
おれは、この最近の情勢を見る限り、世代が進むにつれ、誰もやらなくなると思うがね。

民衆は役立たずのゴシップになりさがり、
優秀なブレーンが参加してくれない政官財は埋没してゆくのに、ゴシップに叩かれて疲弊し、
全然いい材料がないじゃん。あほらしい。おれだったらあんなおれを非難してくる小生意気な中学生の「ためになる」ことなんてやりたかないね。


ちなみに、この中学生も、カルトの手下かもしれない。
近くの公園で一度立ち止まり、待っていた伝令役みたいな別の生徒と何か話し、それぞれ別の方向へ散っていった。
伝令役はこっちをチラチラみながら駆け足だった。
大体、家の前は通学路ではないし、ふだん見かけたことがない。わざわざやってきた可能性がある。

こういうまねをするのは、カルトの家族とかぐらいのものだ。
近所で言えば丑場という家のガキ(これも同じ中学の生徒)がそうだった、自宅前で邪魔臭くやかましくケタケタとバカにした態度でバドミントンしていた。(過去記事アリ
見知らぬ他人に野次を飛ばす学生など、いち個人ではまずいない。必ず組織の指令に基づいている。

大人がさーっと頭に血が上るような小ざかしい工作など、ヒョロヒョロした13歳のガキが思いつけるはずがないのだ。
そして、街中で大人がやってるのと全く同じ工作である。

蓮田市、ことに緑町には、こうした「危ない世帯」が多い。
蓮田高校の連中は、こないだ強盗が入ったウェルシアで、 待伏せしててやっぱわけわかんねこと向こう向きながら野次ってくるし。
こんどは黒浜 中学かよ。地域汚染はかなり深刻だ。
ガキがこんなだから、いい大人が老人まで、スーパーに待ち伏せて嫌がらせしたりする。

イノベーションには程遠い。
ぜんぶ仕切られ、潰されてしまう、何も進化しない。いや、させないのだ。
日本列島は今も、カルトを支配する妖怪が仕切っている。

人を操るシステムを改変した与党がいる。21世紀に入り、急激に陰湿な行動を辞さなくなった日本社会。

 ◇

物事は、

・問題提起し
・話し合いを重ねて解決策を練り
・解決策を実行して「改善」する

物陰から言い捨てて逃げるのは、2番目に永久に到達しないので、
日本がいい意味で変わってゆくことは、このままではありえない。カルト妖怪に食いつぶされるのみ。
文句を言ったやつを取り込んで、どんどん言わせるのが健康で前向きというものだろう。今はその真逆である。

 ◇

パチスロメーカー。
派遣請負会社。
偽装請負だった。現場に請負側担当が張り付いているが専門知識はなく、指示してるのは社員だ。

結託、癒着。そういう構造にはやはり、右傾とかいった裏の要素で謀略が絡みやすいのか。
初回の始業前から、色眼鏡でニヤニヤ見ているスーツ社員。「はよ帰れ」などと呟く。

現場でも周期的に目が回り、いきなり暑くなり、いきなり心臓が痛み出す。いわゆる”フォーカス”されている状態。
自分の持ち場という狭いエリアだけ、念術の気配による不快感があるのだ。
「バトル」、という用語が、右傾系(ゴロツキ、ワルの類)の若手には浸透しているらしい。
いわゆる、”サイキックバトル”念術とかいったインターフェースでの戦いのことだ。



/12

yahooBBの、地名が入らないアドレス。
組織謀略が、好んで使うので有名だ。

「みせしめカラス」
なんていう検索で来るのが、さすがだ。検索キーワードさえ、伝言手段にしている。


相変わらず自宅は電磁波攻撃がやまず、日常化している。
神経過敏、意識朦朧(これも過敏作用のせいだろう)
胴体の芯のほうが嫌な圧迫感と痛みを発し続けてるし、いつポックリかもわからん。

昨晩は、かなりひどくやられて、全身から精気は抜け落ち血も水も巡りが悪くなった。
うなされる、起き上がれない、死ぬんじゃないかというくらい生気がない。前日がいたって活気があったのと落差が激しい。
電磁波攻撃をやられると、どっか臓器が張りや傷みを出す。その深刻さを顕している。

まったくとんでもない暗殺集落にきてしまった。ごく一部、一軒でも過激派がいればそういう地域になってしまう。たとえば隣室に張り込んでいるアベックがそ うだ。


深見せいざんの団体が、興味深げになんどもアクセスしていった。
つまりあの団体は、加害者組織からは程遠いということだ。
カルト宗教でも、ごく一部だけが、このトチ狂った秘密裏暗殺追い込みの組織謀略、ストーカー活動、行っている。
たとえば政権がらみとか、某大国から裏でシキリを委任されているとか、そういうレベルの。
この国は自分達だけならそこそこマトモでいられるが、外圧で狂え狂えと脅されているような一面が見受けられる。

 ◇

この雨の中でもビバホーム白岡に待ち伏せてベンチに座ってた老人工作員「変なヤツがいるな」「ああ確かに変だな、聞いてたとおりだ」。
もはや呆れを通り越すしつっこさ。ビバの待伏せはいつもこの入り口のベンチだ。

自宅は、隣室からのプレッシャー攻撃が7割、近隣(柄悪いとか部落系とかの世帯)からが2割、ってところか。
知覚過敏にされてしまうのでオーバーに受取っているのが1割。
周辺に人がいなければいないほど、プレッシャーもなくなる。
ただし素人はほぼ不快な気配を出さないので、普段からちょっかい出してくるやつがいないほど、確実に楽な環境になる。

きょうもひどいな。念術プレッシャーで神経のみならずダイレクトに心臓を狙ってくるのは、連中がいきり立ってる証拠だ。
家にいるときだけ、政治的謀略に張り付かれてる場所だけ、変な動作や痛みが頻発する心臓病ってどんなやねん。明らかに人為的じゃないか。

テレパシーによる罵倒もひどい。
「けりとばしてえ」
「しぬぞ」
「もうえらそうな物言いやめろ やんなくていい」

全部、力押し。納得させるとか、話し合うとか、まるで皆無。
こんな一方通行では、永久に解決しないのに、いずれ遠からず衰退するであろう。


人類はやりすぎた。

それに怒っている神仏の類は確実におられる様子。
神の世界も人間社会と同じようなものらしい。悪くて暴力的で原理的な勢力が伸ばす時もある。

案の定、一番強いからって人命を弄び悪魔のようになっている勢力がいる。これが情けない。
超能力を得てもオモチャにしているに過ぎず、精神性の進化は皆無。
文明を得てむしろ退化した人間の本能、というようなものではないか。サイキックという高度なスキルを単なるコンビニエンスな暗殺手段にしてどうする。


公明筋は、やれ「仕事を振った」だの「世話してやってるのに出て行った」だの
恩着せがましく、公家みたいに高慢な所がある。
いわゆるカルト宗教や、ヤクザ系統の、恩着せの手法にソックリ。

まずはこの意識を政治の頂点から除外しないと、日本はどう足掻いても変われるはずがない。


・・・などと書いてたらいきなり心臓狙い攻撃の絨毯爆撃だ。20:30すぎ。
うねるように心筋が変な動きをし続ける。イジられてるとしか言いようがない。
近隣を歩いて検証すれば、隣あってる世帯のどっかだ。アパート内(隣室)、北隣の岡田、南向かいのグリーンハイツ公明信者、
流れ的に、体感的に、岡田がクサイが、連携してることが多いのでアテにはならない。

ったくしょうもねえよ、人の命なんざ屁とも思ってねえ。
んじゃおまえらこっちの弟二人殺したから、オレにて出したやつ全員、身内二人いますぐ死んでもいいよな理論を展開したらピターっと止みやがった。
ご都合主義だ。「いますぐ殴りあいしようぜ」言っても絶対出てこねえ癖に、「心臓の遠隔操作はお手軽だからやりますよ」ってか。根性無し。卑怯者。

誰の怒りが世界で何番目に強いかわからん時代。
あんまこういうやさしくないシステムはとっととレガシーにして捨てちまいたいね。
話せばわかるようなことを全部暗殺で片付けるなつうーの。


とりあえず、ここ2〜3日は、「挑発」にこだわってる様子。
とことん興奮させ、怒らせ、叫ばせる。

それは70年代からの父親の姿と全く一緒。つまりそのころから、親父は公安にマークされ狙われていた可能性がある。

(と書いたらまたも心臓めがけてドッカンとリモート攻撃。憑依した悪霊みたいに24時間、心の内に付きまとうしつこさ)
(まあ隣室はそのために組織から金もらって24時間365日部屋に閉じこもって働きもせずスカイライン乗れてるんだろうからなあ)

で、工作員は検索でこういうことを犯行声明してくる。
2007/07/11(水) 19:50:18    202-94-133-94.cust.bit-drive.ne.jp
0603.html
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E4%BA%BA%E3%82%92%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E8%B3%AA%E3%81%AB%E3%81%95%E3%81%9B%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95%E3%80%80%E4%BA%BA%E6%A0%BC%E6%93%8D%E4%BD%9C&lr=

神経質にさせる、というキーワードを目にさせて直後、実際にそういう工作が開始されるのは良くあること。



/13

中高年は、こういう事実も知っておく べきだ。
”インターネット界”は、匿名で誰が誰だか、なんの組織だか、わかんないだけで、
”現実世界”の謀略や暴力が、そのまま跋扈している。むしろ匿名ゆえに好き放題でもある。


地獄の一夜が明けた。まだくすぶっているが。

擬似脳波化された、電磁波攻撃。
つまり頭脳を操り、神経を操り、臓器を誤動作させる”クラッキング信号”。

ひたすら心臓狙い。ちょっと気を緩めると心臓にドッカンと激しく電気ショック。
心不全特有の不安な感触、どうやっても治まらない興奮状態。症状を激しく”誘導”されて、真夜中2時にイキナリ起こされる。
心臓をやられると物凄く疲れるし、老ける。

カルト与党のやることはこれなのだ。
わけもわからず弟達は衰弱して死んでいったのだ。近所に潜む暗殺工作員の毒牙にかかって。
おれは3人目の犠牲者にされる勢いで、既にまっとうな人生は潰された。底辺の暮らしを余儀なくされている。


一昔前までの日本人なら、多くの人が、

他人の心を盗み読んだり、
他人の頭脳を操れる技術を身につけても、

使わない、もしくは厳格なポリシーを定めて濫用しない、

ということに留まっただろう。
つまりは刀の使いどころをわきまえていた侍のようなものだ。

どこか日本人らしからぬ集団が中心となって暗躍したために、野放図に広まってしまった。

 ◇

隣室に張り込んでる連中。
求人を閲覧しだすと、不快な気配を強めて、こちらの頭脳を混乱させて妨害する。

徹底した常時監視。なるほど何日も部屋から出てこないし誰も訪ねてもこないのに、
金回りはよくてスカイラインGTRを維持できるわけだ。どっからいくらもらってんだか知らんが。

無論、異なる隣人からの攻撃の可能性もあり、連携しているかもしれない。

 ◇

南向かいの日新工業www.nisshinkanetsu.co.jpグリーンハイツで不審な動き。

一昨日だったか、みょうに調子を合わせて騒音を出すんで記事にしたけれども。
きょうは、階段を金槌で叩いている。微妙にやかましい。

全く意味不明、意味がない。
以前公開した画像の通り、まだ朽ちていない普通のアパートだ。階段を叩く意味など全くない。プロだって叩くまい。

それでなくても、この方向から電磁波攻撃が照射されていて、しかも公明党信者がいる。
立ち入り禁止だの監視カメラだの物々しい物件なのに、公明党仲間のオバチャンは平気で入っていけるし、話し込んでいた。
ま昼間から2世帯以上、男が入り浸っている寮っていうのも変ではある。普通、平日の寮はもぬけの殻だ。

以前警察沙汰になったときも、警官はろくに話も聞かずにすぐ出てきてしまった。(一昨年記事アリ)
「いいの、いいの」と、何がいいのかサッパリわからんかった。意識を操られたか、仲間内なので一瞥しただけだったのか。

色々と条件は揃っているのだ。怪しい。

 ◇

転入当初から、公安工作員多数が潜入して福祉課に待ち構えていた蓮田市役所。(2005年以降の記事に詳細)
その悪逆非道の連中が、何の用なのか、アクセスして来た。
清野とか山崎とか、まだいるんだろうかあの公安野郎。

33    2007/07/13(金) 14:33:47    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)          ind    top    46    8    http://www.geocities.jp/unwatchedattack/    33
34    2007/07/13(金) 14:33:01    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)          top    ind    90    7    http://www.geocities.jp/kasumin777/    34
35    2007/07/13(金) 14:31:31    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)          ind    top    3    6    http://www.geocities.jp/unwatchedattack/    35
36    2007/07/13(金) 14:31:28    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)          top    ind    7    5    http://www.geocities.jp/kasumin777/    36
37    2007/07/13(金) 14:31:21    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)          ind    top    529    4    http://www.geocities.jp/unwatchedattack/    37
38    2007/07/13(金) 14:22:32    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)          top    top          3    Bookmark or Direct    38
40    2007/07/13(金) 14:08:19    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)          top    ind    39    2    Bookmark or Direct    40
41    2007/07/13(金) 14:07:40    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)          ind                1    http://www.geocities.jp/unwatchedattack/    41
52    2007/07/13(金) 13:26:07    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          taw                1    http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/2006/04/index.html    52
53    2007/07/13(金) 13:22:15    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          0611                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%93%AE%E7%94%B0%E3%80%80%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%80%807%E6%9C%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=    53
54    2007/07/13(金) 13:21:42    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          0611                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%93%AE%E7%94%B0%E3%80%80%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%80%807%E6%9C%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=    54
55    2007/07/13(金) 13:21:31    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          0611                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%93%AE%E7%94%B0%E3%80%80%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%80%807%E6%9C%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=    55
56    2007/07/13(金) 13:20:34    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          0611                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%93%AE%E7%94%B0%E3%80%80%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%80%807%E6%9C%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=    56
57    2007/07/13(金) 13:20:23    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          irecom                1    http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0611.html    57
58    2007/07/13(金) 13:20:21    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          0611                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%93%AE%E7%94%B0%E3%80%80%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%80%807%E6%9C%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=    58
59    2007/07/13(金) 13:20:19    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          irecom                1    http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0611.html    59
60    2007/07/13(金) 13:20:14    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          0611                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%93%AE%E7%94%B0%E3%80%80%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%80%807%E6%9C%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=    60
61    2007/07/13(金) 13:20:02    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          irecom                1    http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0611.html    61
62    2007/07/13(金) 13:15:22    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          0611                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%93%AE%E7%94%B0%E3%80%80%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%80%807%E6%9C%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=    62
63    2007/07/13(金) 13:14:09    i179.city.hasuda.saitama.jp    e    172.28.10.46    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.2; .NET CLR 1.1.4322)          0611                1    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E8%93%AE%E7%94%B0%E3%80%80%E5%B8%82%E5%BD%B9%E6%89%80%E3%80%80%E7%8A%AF%E4%BA%BA%E3%80%807%E6%9C%88&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=    63

 ◇

iラインも同じ穴の狢か。
というか、もはや裏から手が回る身だから、どんな一流企業だろうが、組織謀略に嫌がらせされるんだけどね。

日通の仕事は、潜入工作員に殺すだのヤクザだの暗に脅されるから揉め事が嫌だと、担当にはっきり言った。
すると人員入替するから何とか来てくれという。
背が寒いのときも正社員に嫌味言われたり散々で、待ち構えられてたって感じだったし、
つまりこうもどの現場でも都合よく散々だということは、iラインもグルってことじゃないのかと。

登録にオフィスへ出向いた日のことを考えても辻褄が合う。(探すの面倒だけど、多分、先月記事)

ああ若いから易々と死ねない。だが重責と拘留ばかりでなにも上向かない空虚なだけの毎日が五年間。これからも、粘るだけ数十年でも。
成長も進歩も前進も皆無。たまらん。根負けしたくて仕方がない。雪山で一晩の境地。

こうしてる間にも、北隣の岡田か、隣室の村田アベックか、南向かいのグリーンハイツ202の変なジジイか、そのへんから心筋締め付け念術攻撃が仕掛けられ る。
「キチガイになるまで続行する」などとテレパシー越しに堂々と犯行声明される。
めげるよ、24H不定期にこんな攻撃されるとな。まさに密室拷問で次第にめげてゆく映画のワンシーンそのものだ。

地域ぐるみで、市役所まで一体化して、用意がよすぎる。埼玉県蓮 田市緑町 殖産住宅
おれの一生涯の仕事は、連中全部から仕事を奪い、顔の血の気を失わせ泡を吹かせて、堂々と組織ぐるみで人を殺し始末してきた悪行の対価を支払わせることな のかもしれない。

 ◇

これこそが旧態依然の日本そのものだ。
上への盲従を信じて疑わぬ洗脳、集団催眠。身も心もどっぷり染め上げる。

そういう「電波洗脳 以心伝心システム」、ちょうどルーターのRIP情報を自動上書きしてゆくようなものだ。
おれが街を歩けば道行く人々にこのように扱われるのも、いわば”機能拡張”に過ぎない。

病んでゆく組織(国)は、ほうっておくしかない。それが5年間付き合い弾圧されて得た結論だ。
ガンになるまで働きづめたい、という人を引きとめられる人が、どれだけいるだろうか?

http://accessjournal.jp/modules/weblog/
朝日新聞が「偽装業務委託」?ヘラルド朝日労組の投げかけたもの

朝日新聞といえば、「ネットカフェ難民」と言われる日雇い労働者の取材や、キャノ ンの偽装請負問題の追及など、立場の弱い労働者への取材をしっかりおこなっている。そんな印象がある。
 ところが、その朝日新聞の英字紙「ヘラルド朝日」で働く人たちは、労働者として の権利は一切認められず、労働組合をつくればつぶされるというひどい労働実態にあることが、編集部員たちが起こした裁判(2005年〜)によって明らかに なった。

労組を結成した途端、はげしいイジメが

 ヘラルド朝日労組のメンバーとして、労働者としての地位確認を求めて朝日新聞を 訴えている、現在フリーで通信社記者をしている松元千枝さんにお話を伺った。
 英字紙ヘラルド朝日では80人弱の人々が働いており、朝日新聞の正社員や、アル バイト、派遣労働者など細分化された形で編集スタッフが構成されていた。しかしそのなかに、そのいずれの雇用形態にも該当しない人たちがいた。フルタイム で働いているが、日給制で、雇用保険も社会保険も、労災も一切ない人たちだ。20人ほどそうしたスタッフがいたが、松元さんもその1人。
 あるとき、嘱託契約で働いていたアイルランド人(労働運動が盛んな国柄)の記者 が、松元さんたちの労働実態に疑問を持った。そこでまず、主に正社員で構成する朝日新聞労働組合に相談したが、正社員の雇用確保で精一杯、「そこまで面倒 は見切れません」と断られたそうだ。そこで、不安定雇用で働くスタッフが集まって、2002年11月、18人で「ヘラルド朝日労組」を結成した。ところが その途端、予想しなかったほどの会社側からの圧力がはじまったという。「まさかこんなことができるのか、と。昨日まで『千枝ちゃん、元気』と言っていた人 が、労組を結成した後は、目も合わさず、一夜にして話もしなくなる。記事の相談をしたくてもできない雰囲気になったんです」「ある翻訳担当の人は、それまで重要な翻訳を任されていたのに、急に商品の解説といった初歩的な仕 事しか与えられないようになった」「私自身も『あなたはちょっと別だから』と露骨に差別されました」「いじめがつらくて労組を脱退すると、今度は手のひら を返したように、食事に連れて行ってもらった人もいるようです(笑)」。


/14

つくづく自分の所へ寄ってくるのは、

・悪魔属性
・魑魅魍魎属性

ばかりになってしまった。
些細に温情や施しがきていたのも皆無になった。

ヤクザ系だの配下のゴロツキばかり寄ってくる。もしくはカルト宗教の。一生上向かないと、奴らが太鼓判を押すのも無理はない。

頼られない。
疎まれる。

生きる気力をこれほど奪うとは。吸われるばかり。入ってこない。
悪魔な連中は、おれが無気力で何もせず朽ち果て死んで行くように仕向けてくる。
だがそれをガードしてくれる味方はいない。

いくら尽力して、助力して、貢献して、人のためになっていても、
「お前は悪いヤツだ」
と、取り付くしまもなく、自動的に、まるでロボットみたいに、蔑まれる。

偏見は、見知らぬ大半の人々が既に抱えている。どっからかおれの悪い噂を聞きつけているという態度。
随分高度なテレパシー人類になったね日本人、とおもうが、その割りには世の中は愚行犯罪ばかり昔のまま続いている。

そういう日本を、5年間以上、嫌というほど味わわされて、すっかり嫌いになった。
だから余計に行き場を失った。

なんせ、文句しか言われず、いっくら人の二倍三倍百倍の働きをしても、
偏見と悪意交じりに「使えないやつめ」と罵られる。
やはり日本人は悪魔に取り付かれたとしか言いようがない。なんせ政府は裏社会に命じて、実家を離散させ、弟二人を衰弱させ暗殺した。

ヤバイ生き物。何かに憑かれ別の生き物化した人間。近寄りがたい。


まあ、曲がりなりにも色々苦労して取り組んで、5年たっても10年たっても形を残せなかったのだから、
所詮オレは埋もれてゆくタイプなのだろう。輝くタイプには程遠い。
なにより国家弾圧の影響で、心肝腎と重要臓器が悲鳴を上げている。体が動かない。
健康がついてこない人間は終わっている。金の切れ目と同じことだ。

今年は上向かなければ滅ぶ年だと悟っている。滅ぶならとっとと滅びたいものだ。
ただしそうなれば、おれや家族にちょっかい出した悪党全員とその家族を道連れにしてやりたいがね。何十万人かな。


今のアパートにいる限り、何世帯もの工作員に囲まれて、念術プレッシャーで意識も身体もがんじがらめで操られ束縛されている状態では、
何年たっても同じようであるだろうし、いつ根負けして死ぬとも限らない。
だがここから出られるような運すら尽きているのが、この世界におけるおれの人生の限界、終わりを示しているのだろう。
そもそも引っ越しても同じだ。結城の実家がそうだったように。この5年間で人生やキャリアや資産、何も変わらぬ、無一文のままだ。やつらの組織工作の狙い 通りだ。
出かければゴロツキ、自宅もごろつきとカルト、狭い日本に一億も詰め込んでるから、こういうどうしようもない謀略が何十年何百年も蔓延る。
大陸じゃ考えられない。すこしでも、旅行とかで歩いてみるとわかるが。狭いから完全管理だの慣例主義だのみみっちくて意地悪い方に走る。


などと書いていると、心筋締め付けの念術攻撃が始まった。また隣室か、隣の家のヤツだろう、気配で常時オレを監視している。
腹が立ったので日没後の外を歩くと、障害児が親に連れられてアーアーうめきながら通過してゆく。
これも公務員系の組織謀略の手法。たまにやられる。普段は見かけないのに、自分と居合わせるようなタイミングで歩いてくる。不審がらせる。

/15

た まにはみといてねリンク集。
体験記ばかりになると初心者の理解が見込めないので。理解者が増えないとこの社会はセクト(カルト)によって終わります。

2つめと 3つめ
ぼやきと日記

BBSと画像 とウェブログ

スレッド 1
スレッド 2
サクラ(工作員)しかいないけど事情はわかる

検 索1 集団ストーカー
検 索2 組織ストーカー
検 索3 電磁波被害
検 索4 思考盗聴

私にとっては3年の付き合いで古典的なキーワード。
検索結果を見ると、相変わらず加害側工作員の胡散臭い自演サイトが散発、上位に食い込んでいる。
というより、検索上位になるには結局はカネや影響力なのだよね。本当の被害者は個人だからね。

 ◇

相変わらず、バイトに行けば現場の人間に嫌がられるか、嫌がらせされる。
おそらくヤクザと繋がりあるだろうなーという外見の若いのや中年が、決まった対応をしてくださる。
最初から「かえれ ひとりいなくなってもこまんねえ」
とか
目の前ではしゃいでみたり、乱暴に振舞ったり。

いつもそうだが

「キーマン、怪しいやつが一人来れば、現場の雰囲気はおかしくなってしまう」

いつも言っている「クウキをあやつる念術スキルを持つ人間」が来れば。
昨晩のヤマトの支店もそんな感じだった。

で、その異様な気配に、文句を言われるのはおれ一人だけ。

根本的にアクドイのは組織悪のほうなのに、
おれひとりだけを悪者、厄介者、に仕立て上げる。
いつもいつも、同じ手口。

この絶対的、圧倒的、な「念術的追い込みシステム」が、日本をだめにし続ける。
なぜならこうやって個人を吊るし上げているのは、「官庁と政治家と組織悪の合弁事業」だからだ。
やつらがえらそうに絶対優位という顔をしてヘラヘラしている限り、どうあっても変革などはすまい。

それは、一昨日紹介した朝日の記事が全てを顕している。
あれが日本全体に適用されているのだ。おそるべき閉鎖的発想。まずグローバル化には乗れず、没落必至。


で、仕事を終えて帰宅すれば隣室住人にトイレストーカーを仕掛けられる。
こちらとまったく同時にトイレに入ってくる定番メニューだ。


ヤマトには支店であれ、業種なりに数多く柄の悪い人間がいる。
だが派遣会社まで。
派遣側とヤマト側で、ゴロツキ同士がひとつになって裏の悪事を履行するのだからたまらない。
派遣会社は中央官庁にだって入り込んでいる、どこにでもこの悪事、謀略、は実行されるだろう。

マイワークの点呼役。こいつが刺客だった。
頭悪そうな、トロそうな、若いの。

・赤シャツを着る(サイン)
・入店前に点呼取ったのに、「え、あなたは数に入ってませんよ10人でしょ」とヤマトの現場ですっとぼけて、ヤマトの職長とおれを困らせる「11人い る!」
・判別用の腕章をわざとおれにだけ配らない
・そこ邪魔だから通るなよ、と考えたら最後、テレパシー越しに思考を読んでいるため、故意に邪魔するために通る
・退出の点呼で、職長に「あんたそこえらそうに座ってないで点呼手伝ってよ」と注意されてるのに居座り、おれをにらみつけてブイサインする

こういう、ほかと違う念術の気配を有している人間は、その気配を感じただけで物凄く腹が立つ。
これも相手の思惑であり、”挑みかからせる挑発”なのだ。

どこにでも入り込んできて、
念術で現場を操り、クウキを支配し、

・・・というノウハウにより、もはや日本はガタガタ、組織悪の良く言えば天下、悪く言えば私物化されているのだ。
意思をしっかり持っていないと、相手に操られる。

おれのように素人、善人、ベースの、遠慮がちな人間ばかりではない。
いま世の中をこのノウハウで牛耳ってる奴らは、組織悪そのもの、プロだ。見境はない。

そこを見誤ると、祭り上げられ、吊るし上げられ、頭脳の中身を晒されている、
おれだけに目が行き、本当の悪や、その実態を見失い、
いつまでも改善せず、事態を打開できない。

なにせ、そんな事態であることすら、分かってないヤツがほとんどだ。

当初は恐らく、もっと学術とか善用とか言う要素で立ち上がったシステムだろうに。
悪党に、国家私物化の点で目をつけられ、略奪されてしまったようだ。

 ◇

与党には利用され野党には無視され、(これは与党が確信犯だから)
報道機関はダンマリ続けてるし(カルト宗教と政治がらみに弱いから)

相変わらず救いのない人生で、救いの無い国だ。このままじゃ共倒れだな。

 ◇

湧いてくる力よりも、
刺す殺気と陰気の方が多いということはつまり、

原理主義で粗暴な連中の、野放図な「支配的気配」が天から降り注いでるわけだ。
この意味で日本は、昨年までよりもはるかに絶望的状況にある。
実際、この「空気」で”頭を瞬間的に操られる”街の人々の、態度や言動は以前より過激で酷くなった。
恒常性や本能的なものが失せている。”人形度”が高まってる。

同人的で無所属で、独善的であっても義のためならボランティアしちゃうような人間達と、
営利的で支配と金のことしか考えず、生み出すものがダメだろうが力で認めさせちゃうようなプロフェッショナルと、

という違いかな、側面的には。
両社の長所短所はあろうが、ねっこの部分が以前より救いがない感じがしている。

/16

いきなり、自分の体が誰かの思念波にフォーカスされる。
心臓がまるで握られるようにのた打ち回るように動き、締め付けられる。神経が刺激され参ってくる。
土日祝はそういうヒマなことをするやつが近所に増える。休みだから。

きょうは、北西から殺気が飛んできているようだ。いわゆる念術攻撃(このサイトで良く使う語句で言うならば)。
そこにはゴロツキな、リーゼントだの爆音クルマだのというパーツが揃った、菊池家がある。十字路をはさんではす向かい。
この周辺を巡ってみても、北に向かっては伸びてない。南西の自宅アパートに向かってのみ、プレッシャーが伸びている。
よくもまあ射線上の住民は不快感や体調不良にならないものだと。

きょうは南面の家の気配は静かだった。
交代制なのか、たまたまなのか、なんにせよ下らん組織工作ではある。
きょうはあそこの家からか、などと体感で察しても、実際はアパートの隣室などの住人も関与していることもある。ややこしい。
あれだな、学校で言えば、クラスの皆で、被害者から取り上げたモノを隠して、見つかったらパスして、って嫌がらせに近い。マフィアみたいな水面下工作。

/17

昼過ぎ、いきなり、おそらく隣室から、心臓引きつり攻撃をやられた。
照射方向が一定で追いかけてこないので、機械を使っているようだ。人が放つ念術ではない。

ここ数日、隣室は執拗にストーキング行為を顕示してくる。
こちらの帰宅と同時に帰宅、こちらのトイレと同時にトイレ、
そしてきょうも出かけようとドアを出ると同時にドアを出てくる。

 ◇

恐ろしいまでに、誤った偏見に満ちている、異様な気配と、異様な様子の人々。

こちらを見かけると、気配を感じると

「あ、あいつだ」
「わかっちゃうよねー」

などとはしゃいだり、

いきなり責める口調になり
「悪いことしやがって」
などと集団で野次りだす。

しかも、背中を向ける。あっちを向いている。
絶対に、堂々としない。


きょうの長崎屋LAPARKは、相次いでひとり者の若者ばかり3名ほど、進路妨害。
いつもにはないパターン。つまり組織が送り込んだストーカー要員だろう。

こういう奴らが来ている場は、つまり店内は、店員がおかしくなる。
冒頭にあるような異常行動が活発で、積極的になる。同じ店員が日によってかなり態度が変わるのだ。
広大な店内の橋から端まで、訓練された兵隊の動作みたいにおんなじ。南の魚屋も、北の惣菜担当も、パン屋の娘も・・・これはいくらなんでも変だ。

カルト組織の水面下工作が、場の空気を変えてしまう。

痛みを知らない人間になる。
「もう終わりだよねあの人」
などとボソッと突き刺すように言う、自分が言われたらどんな気分か考えない。

なぜなら集団洗脳にかかると、正気の考え方が出来ないからだ。
ボーっとしたり熱くなってきて、
なんとなく「やらなくちゃいけない気分」になってきたら最後、善悪の判断できずに集団で「魔女狩りリンチ」を始める。

自己がしっかりした人間(主に中年以降が多い)はワレを忘れず動じないでいるが、
”気配”に飲まれても危機感なく受け入れる若者などは、アウトだ。

親米政権も行過ぎるとこのようなマジカルな支配術を使うようになるらしい。
「終わる」だの「死ぬ」だのばかり言ってくるということは、
世の中が終末思想に染め上げられ、操られ、終末まっしぐらであるという証拠ではないか。
10年前を思い出せ、そんなネクラなやつはかえって隅に追いやられていたではないか。

きょうの長崎屋と、2003年3月の田無駅の吉野家は、おなじ工作が行われたということだ。


都心部も酷かった。どこへ行ってもいきなり圧迫感を感じる。暗殺レベルの念つまり気配が、都心部を覆い尽くしている。
だがまて、考えてみればそれはおとといの中越地震と連動している。
もしかすると、人間を操るのも、自然を操り災害を起こすのも、同じようなことなのかもしれない。
考えてみれば、運命、空気、どっちを操るのも似たようではないか。
実際、この5年間見て体験してきた統計では、おかしなことが頻発する日、週、にはおかしな気配が強く、世間はみな非常におかしくなっている。
何か、連動しているように見える。

だけど、別に都心部のアキハバラや大手町でごった返している人々は、
おれの気配を感じても素通りするし、そもそも感じていない。フツーだ。
長崎屋の出来事が特殊条件だからこそ、こうなる。誰もがエスパーで、どこでも同じように迫害があるわけではない。

誰か、カルトの工作員が出向いてきて、場の空気を操る必要があるのだ。インチキである。
思い込ませる。頭脳を麻痺させ考えさせずにシナリオ通りのイジメを無我夢中でやらせる。

5年間、不変だった手口。

それらが魔物の気配であるのは、霊験ある神社の気配で中和され消え去るので明白。
”一番の薬”は今のところ、これだ。赤坂日枝とか秩父とか、しっかりしたとこに出向く。

 ◇

過激派、などとテレパシーごしになじられた今日。
徒党で個人を追い込みイジメるのはカゲキじゃないのかい。

もっとも、工作員はまるで2ちゃんねるのようにそういう罵倒を執拗に仕掛けてくるのだが。
もはやテレパシーがネット、世の中が板や掲示板群、人々が煽る匿名書き込み、
いわばそういうやつらに操られちゃってる世の中、という風にも見える。誰がそんなゴロツキどもにマジックを授けたのかは知らんが、どうせ国際政治がらみだ ろう。


心配な点を、親米と言う言葉にしたのは理由がある。
かの国は、自らテロリストを作り出している。本末転倒だが、これは有名な話だ。
同じ猿真似を、させられているのが今の日本だ。
もともといない犯人や悪人を、自分達の演出でさもいるかのように捏造し、
吊るし上げた人間を巻き込んで半ば既成事実化してしまう。悪事に引っ張り込むワナが盛んに仕掛けられる。

悪に対処するものと、庶民レベルは思っている。
悪を作ってから対処する自作自演が完備されているなどとは、ついぞ思っていない。


/18

朝方8時台
隣室住人からだろうか、
いきなり心臓引きつり攻撃。
で、散々マイペースで痛めつけた挙句、「可哀想だから」といきなりやめる。

さあて、玄関から引きずり出してガッツンガッツンぶちかますのはいつだろうねえ。
こっちが同等に攻撃できないからといってなめられたもんだ。

優越感かましたリンチ拷問ほど人間を傲慢にするものはない。
正統な役職、刑務所の刑務官でさえ捻じ曲がるというのに、
勝手に罪人を作り上げて民間で私刑するバカどもときたら。


とりあえず、なんでもかんでもおれのせいにすんな。鬱陶しい。


世の中総出で仕掛けてくることが、
おれをひたすら潰すこと、
おれをひたすら追い出すこと、

だけなのだから、ヤルキも失せる。多数派工作、過剰演出、なのはわかっていても、
5年間も追尾され拷問され職に就けず健康は害しっぱなしで、

気力が続く方がおかしい。ありえない。

日本が潰れようが知ったこっちゃないが、(財産も親類知人友人も皆無だからね)
おれにとっととトドメを刺さない残虐さはどうかしている。3兄弟のうち二人も心不全と衰弱で殺したんだから、おれもとっとと殺せばいい。

こないだに引き続き、フジテレビの冒険王のバイトの誘いメールが来た。
またどうせ出向けば待伏せしてるごろつきが外どころか内部にまでいて、「殺す」だの「迷惑だ」だの罵ってくるんだもの。フジテレビもグルなのと一緒じゃね えか。

なんてことを書いてる真っ最中に、埼玉県警の警察ヘリが上をグルグル回り始めた。15:30前くらいだ。
気分を害するということは、相手は悪意を向けてきているということだ。以心伝心ってのはそういうもんだろう?

ったく言いたいことがあるなら警官でもパトカーでもよこせばいいじゃねえか
。(ま、どうせ来たら来たで対等な話なんかできねえ、させねえだ ろうけど)
威嚇にもならんつまんねえ、その割りに金(血税だぞバカ)のかかる”ストーカー行為”なんぞやりやがって。
おれは、おれの命や財産や職や、家族の命まで奪う国家に興味なんぞないし、責任あるアプローチなどせんよ。参院選がどうなろうが知ったことか。
気分的に2ちゃん的に言えば、富士山噴火しておまえらみんなとっととしねばーか、という”気分”だよ。うざったい。誰だってこのくらい考えたり呟いたりす るだろ。

なんで日本なんかに生まれたんだろうな。大失敗だ。


あれからもう5年経過してるのに、まだお墨付きだの国家弾圧だので、やっていけると思っている時代錯誤振り国家運営の継続に、さすがに呆れ見放したわ。
この国はもう駄目だ。参院選の顔ぶれや取り組みの変わり映えのなさをみてもわかるだろ。なんもかもが終わっていて、しかも変わろう変えようとしない。

たとえばこれ、スティールのヤ ツ。

このままだとあのフラグだな。「あの人は、やっぱりなくてはならないお方だったんだとやっと気付き、必死で探し出した時にはもうこの世を去っていたさ」フ ラグ。いわゆるバッドエンドですな。
日本の庶民は、先見の明に対する見識がなさ過ぎるし、”大本営発表”を信じすぎる。


・警察ヘリが威圧飛行
・考え事や執筆をさせまいと、頭脳鈍化攻撃(電磁波、念術)
・心臓を弱らせ弱体化狙い(電磁波、念術)

ぜんぜん悪い。最悪だ。今もって国と裏社会は合同で、おれを潰そうと躍起なのだ。
あれだけ悪逆非道な裏工作をやってた小泉政権が可愛く思える。はっきり言って、全体的な流れは、益々悪くなっている。06、05、04、03・・・・振り 返るほど、まだましだった。
なんつうかね、頭の固い、融通利かない、年取った、バカが増えている気がする。上層に。ガチガチ権限意識、利権意識、「渡さない!!」てしがみついてる感 じの。

ま、どうでもいいがね。もはやなんもイラン。手元には何もない。欲が失せてきたわ。再び、釈迦の悟りの境地に近くなってきたかな。
こうもセオリー通り終末思想が現実になると、本当に、悟りに近い人間しか、滅亡の後には生きてゆけないのかもなあ…ありえなそうであるよそういうのは、こ こまでくると。

 ◇

隣室が出かけると静まる気配。
帰宅してくると殺伐とする気配。

これは、いつものようにあるパターンだ。
明らかに工作員としての態度をみせた、そういう連中は必ずこういう”気配”を行使してくる。ツールとして。

殺伐は、荒みを高める。どんどん意地汚く荒んで攻撃的になってくる。

殺伐がやってくる瞬間、本能が怯えを催す。つまり相当にヤバイものだ、あれは。
おそらく以前は、そんな人間ごときが簡単に濫用していいものではなかったはずだ。以前、がどの程度前かは知らないが。

隣室の連中のそうしたやり方は、心臓を締め上げる作用が強い。
そして、妙な男が隣室に来るようになってすぐ、下手すれば死ぬような攻撃ラッシュを喰らった。3月か4月の記録の通りだ。

働きもせず24H部屋に篭って、こっちを見張って痛めつけつつスカイラインに乗っているこいつら。そのカネが、税金と裏社会のカネとどっちから出ているの か。

 ◇

きょうの北西からの電磁波照射はすこし射線がずれているようだ。やや南北の線に近く、つまり部屋を南北にちかい射線で通っている。

/19

やっぱり今日も待伏せとか押しかけがあったな。
しかも天下のNTTの研究施設内(あすこだよあすこ、宮路社長の地域の)、つまりかなりのセキュリティレベルの中へと。
たぶんアメリカの政府レベルでは、こんな簡単に入り込まれない。やはり日本は甘い。アウトソーシングとか出入り業者というだけで謀略やり放題。

なんでか
消防の点検だの、
ビデオの撮影だの、
一斉に押しかけてきた。

普通、消防点検なんて土日にやるもので、案の定まじめな従業員は「この部屋はお忙しいからだめですよね、また土日に来ますよ」と腰が引けている。
明らかに、どっかから命令されて仕方なくやってる感じ。ぎこちない。

で、午後に来た撮影業者。こっちは容赦なくて、業務中で消防点検を断ってるくらいなのになぜか入り込んできて撮影を始めた。
優先権がなぜか部屋の責任者じゃなく業者側にある。押しかけ工作員はみんなこうだ。念術で操って誰でも下僕にしてしまう。
なんかどっか柄が悪い。中庭の駐車場でも、車から降りてフラフラウロウロ体をゆすってたし。
何より、機材にもクルマにも業者の名前が入ってない。
携帯通話のたとえ話「だめにきまってんだろ!」
むかついてると今度はNTT研究員がやってきて「ありがとうございます」連発。
運命は連鎖し、操られる。念術がらみはいつもそうだ。

相変わらず、日本はカルト一色。
カルト意識を電波かなにかで常時洗脳され染まりきって抜け出せない世の中。
10年前、阪神震災やオウム摘発の前くらいの頃、こんなにひどくなかった。明らかに酷くなかったし、多種多様な人々がそこそこ市民権を持ってた。居場所が あった。
いまや、おんなじようなヤツしかいない。おんなじじゃないヤツはどんどん墨に追いやられ、口をつぐんでいる。

帰途のBIG-Aも待伏せ多し。
上下スウェットの金髪ヤンキー夫婦と連れのヤンキー男、いずれも濃いグラサンかけている。
買い物する様子もなくずっと野菜売り場をふさいでいる。棚の向こうから「かてるわけねえよ」などと話している。
レジ後ろ付近には部落系?婦警でもやってたような陰気で固い顔のババアが深い帽子をかぶりこれまた、用もないのにずっとつっ立ってこっち睨んでる。
つまり、入り口の外で険しい表情でこっちをにらみながら去ったババアもグルってことだろう。5,6人は派遣されてたようだ。

夜中の711、険しい目つきのゴロツキがトヨタビビで待伏せ。出てこない。こっち睨んでる。
やつの気配が険しく意識が薄れてくる、店員その気配でビビリまくって手先が滞る。
こっちが出てくるのを睨んで見届けると、すぐ帰ろうとバックランプ点灯。
じつにテレホンパンチでわかりやすい尾行員だった。
もうこうなると、金髪茶髪ゴロツキ系だったら尾行だから、わかりやすくはある。見かける1割くらいが無関係で、なんかほっとするわ。

続いてベルクにも数組の待伏せ。
裏からやってきてニヤニヤやつだぜとかテレパシーうるせえよとか野次りだす中年夫婦。
レジ裏の台で嫌な気配を発してこっちの意識を薄れさせる、堂々と昭和シェルの作業服着てる若い夫婦。
いずれも睨みつけると逆転。隙あらば憑くと言う事か。いつも念術というのは天秤、シーソーゲームである。

外へ出ると妙なメガネオヤジが妙な格好で妙な携帯通話中、目の前にいるのに全然声が聞こえない。。これは例え話の架空通話に多いパターン。
こっちが煙たがると「ふざけんな」とここだけ聞こえるように言うが、睨みつけると「がんばってください」とへりくだる。これも天秤。

きょうは大漁だった。それだけは確かだ。
この大量動員は、かならず国政レベルと連動している。名目上の依頼者だからだ。
参院選か、大震災と台風絡みか。はてさて。

そろそろ動画と静止画の記録を再開するかな。昨日も警察ヘリ自宅真上通過の画像撮ったし。

/20

「断罪」はいけない。

せめて

「追求」に留めるべきだ。

両者は類似だが同一でない。
意見に留めるのが追求であり、
己が傲慢さで相手を組み伏せ従わせるのが断罪である。

歴史上、そして現代でも、
断罪をやった大きな組織や勢力は、みんな西洋中世の魔女狩りとやってることが変わらない。
まず、”オレルール”を勝手に作り上げ、命を軽視し、簡単にヒトを追い込み殺すようになる。勝手な圧政。
オウムがそのはしりであり、現在は違うカルトが継続している(模様)。

なぜなら、そういう”巨大で強大な魔物”が、人々に取り憑くからだ。地球上にいる限り、ほかのやり方を許さない。
「こういうやり方ならイケるんじゃないか?」と発想してみても、
地球上にいる人類である限り、やらないほうがいい事というのはいくつかあるらしい。実地体験して良くわかった。
断罪だの追い込みだの、徒党でやってる連中の気配を感じればわかる。目が態度が普通じゃないし、寄り付きがたい。

受肉生物は、上位存在である霊界生物にはかなわない。
ヒトだけがほかの動物よりかなり不自然な生き物なのも、霊界に操られたり品種改良されてきたからなのらしい。

霊界にも、無法者も、道徳者も、いる。ヒトはその写し身かもしれない。

 ◇

きょうも選挙がらみの研修に行ってきたけど、カルトが一杯待ち伏せていた感じ。
嫌な気配に顔をしかめると、その意思をテレパシーごしに聞き取ったカルトが「蚊が一杯いるんだよねぇ〜」
ここは一等地高田馬場のコミュニティ施設でして、蚊は一切おりません。

「2ちゃんねるって知ってます? あすこが言うとおりだ」
「いいかげんな会社だから、懲らしめてやるんだ」

ああこのパターンの人ね…
「断罪」に走って有頂天になり、いつのまにか人殺し活動の一翼になってるパターンだわ。
うちはそれで弟二人が死んで、でもこういう表の奴らはそれを知らない。裏で何をやってるかなんて。
裏でなにやってるか広く知られれば、ネット掲示板なんて怖い所だと思われてあっという間に寂れるよ。

人が死ぬ。
裏の自治圧政が蔓延るとダブルスタンダードになり、裏ゆえに好き放題やり始める。

だから断罪はダメだ。

 ◇

などと色々書いていると、周囲の人々が操られるがままに騒ぎ出したり物音を立てたりすることがある。どこででもそうだが。
テレパシーや霊的か、電波か、とにかくそういうものが空間を支配している感じ。

だけど、夢中で動いている人々は我に返ると「でも、なんでこういうことしてるのかわからない」などと漏らしたりすることが多い。
それだけ危険な状態であり、行動ということだ。自分を明け渡し、操られるに任せるというのは。

/21

きょうも自宅へ向けた攻撃は止まない。
擬似脳波、電磁波を脳波とおなじくしたものを照射し、心臓に電気ショックの動作をさせる。
たまにおきる電気ショック。そのたびに心労でくたびれる。近所に組織の殺人鬼がいる。


電柱上手前に良くある、電話線の黒い終端ボックスの工事(ゴンドラトラックで来るやつ)。
自宅前を含め、何箇所も巡回して工事していた。この辺のぜんぶいじってた感じ。
先週といい、かなり頻繁だ。変な謀略がらみでないといいが。

悪いことが盛んになれば、かならず、結局は、総合して悪くなってゆく。片方で陰謀をして総合では良くなるなどと…さすがに度が過ぎよう。
いいかげん、そういう流れは減少傾向になって欲しいものだが。そろそろ時代遅れともなりつつあるし。

この夏、時代は何かイノベートな転換を迎えるのか、悪化に歯止めがかからずこのまま退行なのか。
どっちかだなーという風には感じている。

ボスだの、
天下だの、
こだわらない、
役割とか、総合成果とか、

変革や解体を、損益を献身を、いとわぬ人間や組織でないと、今後は切り抜けられないだろうな。
その意味では、神が人類に高度文明のまま好き放題やらせた20世紀後半は、その検証実験だったのかもしれない。もう結論はつき、ネクストフェイズにある。

/22

毎日、自殺衝動を抑えるくらいにひどい苦痛が常時ある。

ここ数日は、「周囲がこちらの気配に反応して、夢遊病のように野次を飛ばす行為」も、その極端さが顕著になってきた。
もはやそういうときの彼らは、ちょっと寄り付きがたい雰囲気をかもしている。

つくづく、仲間はずれと被差別を助長させるためだけのネガティブなシステムだ。陳腐化、停滞期、してきてはいるのが救いだが。

一生、以下に悩まされる。日本政府が今のままで、既存の裏工作システムが存続する限り。
・就労妨害(職が非常に限られる)
・自宅への有害電磁波照射(心身とも不健康維持)
・風評被害(真偽ごちゃまぜのややこしい野次と不評の連続。とりあえず功罪の功は無視され、罪ばかりギャーギャー騒がれる)

働けない金がない、遊べない趣味も出来ない、よって街やオフィスや趣味の場所に出向けないから人付き合いが皆無になり、
日々をボーっとすごし鬱になりやすく無味乾燥な日々。
これがあと3040年か・・・

日本に生まれるんじゃなかった。(何度書いたかな)

/23

県警本部で当直中の巡査が拳銃自殺 埼玉(朝 日

またかー。どうせ操られたんだろ、おれみたいにな。
必ず
・若い
・拳銃で

なんだよな。赤坂御所の事件もそうだったし。意志が弱いから心にすぐ侵入されるんだろうどうせ。

自業自得だよ。政府与党が裏社会のこうした暗殺システムのインフラを利用し、(あるいは勝手に助力援護され)
その政府の公務員もまた犠牲者になる。というかそもそも与党がカルトだからな。

そういう意味で、政権交代しないと、益々国民は狂った習性を洗脳され、正気と判断力を失い、”シナリオ”に沿って、衝動的に何をするかわからない危うさを 助長する。
支配者がつけたヘッドギアにより国民がその姿の模倣を余儀なくされるなら、この場合は支配者を違うものに変えるべきだろう。

 ◇

相変わらず止まない、近所からの有害電磁波照射。
見張り要員がテレパシー越しにこちらの意思や体調を縛り、いじりまくる。
政権交代したら止むだろうか。予算がカットされれば奴らも活動できまい。

だめになってゆく国、
狂ってゆく人類、

そういうのを見ながらどうすることも出来ないのは空しいものだ。
残虐な人間ばかりになってしまい、話は通じないし、自動的な嫌がらせばかり激しい。
全国どこでも、おれを見れば野次で襲い掛かってくる人間が何割かいる。
広域電波による洗脳、予備知識による偏見、いわゆる自動的で真偽などどうでもいい嫌がらせ。

ボーグ。まさにボーグ。機械化人類。
それはホワイトハウスからの密かな警鐘か。日本政府が星界の紋章に模倣させたのもそういうことか。

/24

毎日常時、死にたくなったり死を感じるほどきつかったり。
まさに俺は最初からクライマックスだぜ。冗談じゃなく。

近所の見張り工作員達は、おれに知的なことをさせまいと頭脳麻痺工作に余念がない。
常時見張りつつ、手をつけたことが知的だと、様々な手でトコトン邪魔しにかかる。


不定期に、総務省が「電磁波攻撃」の検索で飛んで来ること3年間。
なんかのサインだろうと思わざるをえないが、きょうは同じ検索で、飲料メーカーのキリンから飛んできた。
どういうつながりだろうね。

2007/07/23(月) 13:10:29    lager.kirin.co.jp    stw     http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E6%94%BB%E6%92%83&tid=top_v2&ei=UTF-8&search_x=1&pstart=1&fr=top_v2&b=11

 ◇

昼前にネット掲示板に追尾してきた工作部隊の、不自然な乱立スレッドのひとつ。
「悔しいか?」

ああ、こういう意識の人たちなんだよなあ。
普段は秘めている、「悪い心」ってのはこうも子供だ。だから日本人の多くは潜在的に子供だ。

/25

http://d.hatena.ne.jp/kamayan/20070719#1184779313
たとえば日本などを典型とする地域では、さらに高度な「戦略レベルでの霊の戦い」 が必要とされる。

ちょっと興味深い。
昨今、急激に日本の空気、日本人の様子、が豹変してきていて、
どこか大陸風なギスギスを感じさせる、ことと無縁ではないのかも。
あやつられている
下僕にされかかっている

元々、カルト性とか、謀略性が、すんなり民間に根付くような島国ではなかった。10年前は、人口の1割とか、ストッパーや異論者がいたものだ。

関連
サ イキックアニメ フカシタンワショーイ
な のはストライカーズはフカシタンワショーイのパクリ)

 ◇

色々ブログで書いてたら、スッ飛んできたんだか通りがかったんだか、
近所のジジイ二名がえらい剣幕で話を始める。雰囲気で、遠まわしにおれを非難しているのがわかる。生意気だのケンカ吹っかけてだのまくし立ててる。
すぐあとに共産党がチラシポスティングして行ったが、グルなのかたまたまなのか。

世の中、こんな変な動作をするロボット人間ばかりになってしまって何だか寂しい。ふつうの人間に会えない。


【洗脳技術(脳波と同様の電波による暗示作用)】
強く思い込みをさせ、意識を支配し操る結果、
・いわれだけで罵るように仕向ける
・ものすごく陰湿な悪意を浴びせていても、悪びれを感じさせない

これがどんな国もダメにしてしまう気がする。
そこには会議がない。会議しない国は頭が悪くなる。構造がスッカスカになってもおかしくはない。

 ◇

北隣の岡田家が、様々な家財を外へ出しながら、その物音と気配による威圧を連携して威嚇してくる。
これはちょっとした事変だ。なにしろ恨みがましくかなり強いオーラでプッシュしてくる。家財運び出しと関係があるのか。

バイト先に、自分とおなじとこの派遣社員に工作員が紛れて嫌がらせ、というパターン。
派遣会社が率先して裏社会とつるんでゴロツキを送り込んでくる、というパターン。
アイライン、お前もか?

なぜ担当が視察にやってきて、おれひとり無視して帰るのか。
その日だけゴロツキだらけで、初日でロクに仕事も出来ないヤツに
「あいつは論外だ」などと休み時間に威嚇されギロリとにらまれなくてはいけないのか。

事変、という感じのアドリブな出来事が多いな。選挙前だからか、状況が根本的に変わってきたのか。

/26


WORK ID     WA00724269 / KA01521857
業種     インターネット関連
職種     調査・アンケート・モニター関連 / モニター
勤務先名称     株式会社インディバル
WORKの勤務日     2007年7月26日
採用された日     2007年07月26日
勤務時間     19:00〜21:00、実働2時間0分、
雇用形態     アルバイト
勤務地住所     東京都港区赤坂9−7−1ミッドタウン・タワー
勤務地交通     日比谷線   六本木駅   徒歩5分

特記事項1     服装自由、印鑑と振込先の銀行口座がわかるもの(キャッシュカードなど)を持参ください。
特記事項2     時間厳守でお願いします。
エントリー年齢     20〜35歳
エントリー資格     IT業界での仕事経験またはWEB系ページ制作等の経験がある方。

などという変な募集、しかもやすやすと採用、こういうときはまず、裏社会が裏からの根回しで仕組んだトラップなんだが。
相手がヤフーなら大丈夫、でもない。吉野家だって富士通や日立だって、会社を上げて謀略に加担していた。
昨年の太陽生命の例を見よ。(過去ログ参照)一昨年の日立とかアジルラボとか。

出かけると案の定、全く関係ない話題ばかり。
shotworksの今後の仕様をどうとか切り出しておいて、
あらゆるスキルを評価する方法とか。カメラ写真を見せ合うコミュニティとか。コボルの開発現場で爺さんがどうとか、ただの世間話や横道ばっか。
で、他の参加者もサクラばかり。
30代のcobol開発者が2名ってどういう人選だ。ITに薄いカメラマンとか。

要するに、たとえ話がしたいだけ。
ヤクザが密かに世の中を支配するための、意識をテレパシーで繋げてデータを貸し借りする、インターネットのような、
そのシステムの詰めがやりたいだけ。これが”表層レベルの”目論見。

しかし、
向こうが気に入らない返答をしたり、流れを作ったりすると、心臓を締め付けるようなプレッシャー攻撃で、黙らされる。
彼らは、お願いしますだの、経験者の知恵求むだの表向きは言っておいても結局は、
暴力で脅しつけて、自分達の好き放題な機能ばかり、無茶な要求する。
「はいはいどうせSEの用件定義なんか最初から聞く気ないんでしょ、んじゃあんたらが好きなように決めたら?」
決して完成するはずがない、”システム開発において最悪なパターン”を5年以上続けている。これはバカのやることだ。5年も学習能力なく続けるのはバカ以 外ではない。

会場に行く前も、帰りも、結構な数の尾行が用意されてる。
いずれもカルトではなく、ゴロツキ系ばかり。罵ったり、近づいて突っ込んできたり。
都心部にいる限りずっと、ものすごいプレッシャーが襲う。
むしろこちらの体内に、ミッドタウンか他のどこかで邪念を吹き込まれ、それが作用しているような。
悪党は悪党という属性である限り(ヤンキーとか建築系とかトラッカーとか)、
べつに尾行でなくても自動反応するしかなくて、罵倒や加害に繋がっているケースもある。
磁石が引き合う義務、のような。ある種はた迷惑な仕様だ。親玉の仕組んだこととはいえ。

かように、結局は、おれに無理難題をいって脅し続けたいだけ。

本当にシステムの完成を追及しているなら、もっと合理的な方法、かなりの待遇、で迎える。
裏社会とてIT派遣だのシステム開発だのの大半に参入している。娯楽などサービス業も熟知している。じつはまったくのところバカではない。
インテリヤクザとは良く言ったものだが、この用語が誕生したのは80年代だ。
これは上記の一流企業に根回しがきくのをみても明白。ただのギャングでは一流企業のインテリジェンスと通じることは出来ない。意識的に無理がある。

システムの完成などどうでもいいのだ。

この変なアルバイトの終了後にサクラに言わせた「完成しない限り無限に続く」という、それこそが彼らの真意。
むしろ完成しては困るように見える。下っ端は逆だろうが、上は。

帰途の尾行者や襲撃者達に「つかえねえやつ 役立たず」と数多く迅速に罵らせ根負けさせるのが真意。
考えも無しに、短絡的に、一回の短時間の会議や査定で”決め付け”た野次ばかりに固執して。
これは企業的ではなく、チンピラの発想だ。

一生、裏社会はこうして感情的に執拗に狙うだろう。
おれの人生を早くも終了させ、実家を滅茶苦茶に潰し、弟二人を殺してくれたこの日本を、決して許しはしないし、見捨てるに値する。
未完成のシステムで狂い続ければいい。しったことか。
裏社会はフロントに過ぎず、命じて加担してるのは役人や政治家である。国を挙げての不正。しかも堂々と誇示している。

以下も似たような犠牲者であろう。すぐ隣町のヤクザの仕業、
運命的な仕組みごとが得意な彼らは、さいたま市のような近隣で、沢山の事件事故を集中して起こす。これも脅しの一環だ。見慣れてしまった。
(ここ数週間、報道をチェックしてた人ならわかるはず)

恐喝未遂:旭鷲山狙った暴力団組長ら逮捕 警視庁
 大相撲元小結・旭鷲山さん(34)=本名ダバー・バドバヤル=から現金を脅し取 ろうとしたとして、警視庁組織犯罪対策4課は25日、指定暴力団住吉会系元組長、宮本直彦(62)=東京都台東区根岸5▽同会系組長、藤浪元巳(36)= 埼玉県上尾市原市=ら3容疑者を恐喝未遂容疑で逮捕した。旭鷲山さんは昨年11月に引退したが、同課に「この事件に巻き込まれなければ現役を続けていた」 と話しているという。

心労で心臓を傷めたという旭鷲山。うちの弟たちや自分自身と、まったく同じだ。
気配によるプレッシャーですべて潰してしまう。


以下の企業もグルだ。不審な挙動に、案の定な結果。最初から仕組んでいる。

バルテス株式会社の増田と申します、
この度は弊社募集にご応募頂き誠にありがとう御座います。
早速ですが1度登録面接にお越し頂きたいと思います。
岩井様のご都合の良い日時を2,3挙げて頂けないでしょうか。
場所は下記横浜オフィスか東京オフィス
東京都港区港南2-15-1 品川インターシティ A棟 28階
になりますので併せて御希望をご連絡下さい。

というメールが、

お世話になります、バルテスの増田です。
面接登録会ですが26日(木)15時から
デスカット品川港南口店のミーティングルームにて行います(下記アドレス参照)
http://www.deskat.net/insti/shinagawa/map.html

に変わり、人数が多いからだと説明してたのに、出向いてみると自分ひとりしかいない。
面接ごときにオフィスの区画も割けない企業なんてありえないから、わざわざ外で面接する理由がない。
うわ、本社が大阪か…ここで不審に思う時点で大抵トラップだ。

で、さらにろくな面接もしないうちに、
「もう採用です、また月曜にここに来てください」
なんでまた来なくちゃいけないのか。派遣会社はそんな無駄なことはしない。ここで不審ふたつめ。
そもそも、機器テスト業務は未経験でも即OKなどというのはまずありえない。最低でもメーカーが面接して判断する。
以下はその確認メール。

お世話になっております、バルテスの増田です。

07/26 16:17
8月1日からのお仕事について、7月30日の17:30から説明会、契約を併せて 行います
場所は東京都港区港南2-14-14 品川インターシティフロントビル3F
デスカット品川港南口店にて行います。
当日の持ち物として印鑑、給料振込み口座の判るもの(コピーでも構いません)筆記 用具
以上をお持ち下さい。

が、

07/26 19:52
ご紹介させていただいた五反田でのシャープでのお仕事ですが、
急遽人員に変更があり岩井様をアサインできない可能性がでてきました。
とりあえず月曜日のご来社の件はキャンセルさせてください。
 バルテス株式会社
   人材開発部  井上 

と案の定に急変。おそらくここまでが予定調和なのだろう。

デスカットのビルを出てバイクへ戻ると、トランクに接着してたシートが剥ぎ取られている。
で、品川駅前だというのに、似つかわしくない田舎者な中年が次々とやってきて、睨みつけ、咳払いし、去ってゆく。
(例えばこんな感じの)
目をまん丸に見開いてまっすぐ睨む手口。公安の手下。一重瞼の血族。こいつらしか従事してない”裏仕事”。
この場だけ、ものすごいプレッシャーで本能的危機を感じ、早々に立ち去る。

日本は、悪党と、カルトと、結託して私物支配されてしまっている。
魔物の手下(裏)ばかりが伸ばすのは、善良な神々(表)のオーラによる支配力が、弱まっている兆候。
セカイ的な末期状態。ダメなもんはダメ。見放して、遠くから静観しているしかないのだろう。

見掛けの繁栄と安定とは裏腹に、崩れ始めている。それはハードではなく、ソフトからであった。
崩落は禿山の崖崩れ。決して防止できず、再発も防げない。

ノ エイン」の、主人公のパパ黛博士の心情と、身辺事情。
そんな連想をした。


ノーチェックの害虫産業では、現場で平然と”組織謀略”が展開される。温床。
あれが効率だ、これがトレンドだ、結局は汚くなきゃ勝てないんだ、という風潮が、日本をスッカスカにした。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20070718/130096/
 規制緩和が進むことで急速に膨張した市場では、未成熟ゆえの問題も起きやすい。そんな新興市場を行政がろくにチェックせず、トラブル発生後も黙認してい たとしたら…。
 この10年、大きく揺れ動いた雇用・労働という領域で、そんな恐れが現実となった。それが「偽装請負」だ。

いずれ来る不況に切り捨てが繰り返される

 ギリギリの状況に追い込まれたとき、何を切り捨てるかに選択者の価値基準が表れる。日本社会は底が抜けたような不況に陥ったとき、20代の若者を切り捨 てることを選んだのだ。その一方では少子化対策に金をつぎ込んでいるけれども、若者から安定雇用を奪えば非婚化・晩婚化が進むことなどわかりきっているで はないか。

 われわれは赤字国債を発行して将来にツケを回しているのみならず、若者を切ることで日本の未来を捨てたのである。「最近の若者は我慢が足りないからフ リーターやニートになる」と、うそぶきながら。

/27

昨深夜にベルクへ行く。空気は重く、なぜか詰めた袋が破けて寿司やフ ルーツがパックを飛び出し床に散乱。
近くにはニヤニヤ見ているどっか柄の悪い主婦、すかさず目をそらす。店内に待伏せが居る。
またこのパターンか、こちらの不運を強めて嫌がらせするパターンの。呪術型嫌がらせ。

で、こんな報道。自分のすべてが、強制的に、世の中のどっかとリンクしている。そういう「強制労働」を裏社会から仕組まれている。

トラック積み荷のカツオが散乱 京都・大山崎の名神高速(朝 日
2007年07月27日12時19分


/28



ブログアニメURL転載。


イノベーション保護のふりをした権威の番犬。

日本で本物のイノベーションは無理だろう。
イノベーションには非主流などという存在は無い。

 ◇

テレパシーネットは

・セキュアに大いに問題がある。インターネットどころではない。

 人格をリライトされ(人格改造)、
 常時自分の意識下に張り込まれ(常時監視)、
 ウイルスを仕込まれ人格破綻や暴走(人格改造のひどい版)、
 など。

・気配が強くなる。干渉しやすい。

 科学的な無線は、簡単に周波数を分けたり出来るけど、という話。

 至近距離で会議するのはご法度。脳波がジャムる。コリジョンする。
 膨大なデータの処理中に、チャットな即時性会話はそぐわない。使う人にもよるのか。

/29

参院選選挙会場のバイト。
基本的に、4月の時と同じ、と書けば済んでしまう。

以下は某所へ宛てたメールの一部。

>きょうだって、会場に多数の工作員を配置して、心臓を傷めるようにプレッ シャー攻撃を仕掛け、
>投票用紙をお渡しする際に声を出すのが大変なほどだったのです。
>「おいおいもうちょっと周囲を見渡したほうがいいぜ」などと休憩所での彼 らはほのめかすのですよ。

これは中年男。昼と夕方の休憩室でいっつも比例はダメだという話ばっかしてる。
やたら政治に詳しいからそっち系の工作員かもしれない。その話の直後だ、上のほのめかしを何度か意気揚々と始めたのは。
これは警官も同席していたが。

受付とかいったフロント業務には中年女、母だの主婦というヤツだ。
これがまた顔つきや目や肌の荒れがいかにもカルトっぽい。
「アゲハが迷い込んできたわ、かわいそうに水も無く枯れ果てて死んじゃうのよ、しんじゃうよ!」
と、何度も何度も死ぬだの可哀想だのとしつっこく繰り返す。
こういうことはカルトしかやらない。上から命じられているからやるんだよ。自らの意思はそこには無い。

嫌がらせみたいに激しい雷雨、これもわかってるかのように
「まるで選挙戦を暗示するかのような、誰かが仕組んだかのような、嵐だわ!」
などとほのめかすように、ニヤニヤ言うんだよこういう人たちは。
実際、きょうの昼の豪雨はおれの通勤時間を直撃、川となった国道、まさに嵐で前が見えない。
こういうことが良く起こる。カルト支配者が神のスキルを掌握しているかのような。ラッキーすぎた小泉なんてのはまさに典型。

またこれが、凍りつくような気配を放っているんだカルトな人々は。
心臓は締め付けられ、神経は磨り減って参ってくる。
唾液が出なくて受付のアナウンスに支障が出る。

受付の女性ほとんどが一目瞭然にカルトか朝鮮系のためか、世間話の内容まで嫌がらせが多い。
こちらの頭脳の記憶や、今考えてることを盗んで明言する、たとえ話に盛り込む、なんてのはまさに。
「3時間しか寝てない」とかね。

カルト従業員は、仕事よりも謀略が大事。追い出されない、注意を受けない、程度にぎたすら嫌がらせに励む。

むしろ4月に嫌味だった爺様立会人は心配してたかんじ。なんもなければいいが、てね。
場への心配かおれへの心配かはともかく、常人の意識だったのでほっとした。
それと待機の警官からは凍りつく気配とかは出ていなかった。

気のせいだろうか、投票に来た人の中に同じような人間を何度か見た気がする。
そして、「免許証確認必須だよな、不正投票なんてわかんねえよ」とまくし立てて帰ったおっさんも二回来たような。

真っ赤なシャツを着た男には要注意だ。大抵は政治系のメッセンジャー工作員だから。ゴロな顔つきとかでも判別できる。
「病人乗せてんだよ、停めといていい?」などと、死だの病気だのを匂わせてくる、案の定、工作員要素ぽかった。

開票作業でも、アルバイト現場で良くある嫌がらせが。
サボタージュ要員がチーム内に派遣される。わざとやる気のないスローな作業をする。


夕方の弁当注文で、「誰も頼んでないよねー」などと、おれが根負けして帰るのを予定調和にしてるようなそぶりを何度も見せて、
結局居残って弁当も頼むことになって、ガッカリしてるカルト主婦達。ほんとう、意識レベルが低い。

大体、他人の命なら簡単に奪える、
それが強盗だろうが、組織悪の追い込みや暗殺だろうが、
そういうやつらは総じて志が低い。頭脳レベル、意識レベルが低い。

そんなファシズムで世の中を牛耳るなどと不遜に考えるなら、いちどやられるほうに転落すべきだろう。
敗者交代制にでもして、双方が同等の、家族や人生設計に多大な被害を被らなくてはいけない。
恒久与党などとバカな考え方が一時普及しかけたが、そういうのが生む、生命すら軽んじるような傲慢さは長続きしない。


正義のヒーローやロボが、「おれたちの街を守るんだ!」
なんていうパターンが適用できるほど、現代の「市民達」はきれいじゃない。
むしろ、怪しげな組織連帯でもって、悪の帝王とかザンコック星人そのものになりはてていたりする。
だから、ヒーローロボは街を見捨て、時には街と戦う(壊す:ソフトでもハードでも)んだろう。現代をきちんと描写するなら。

現実世界には異星人も悪魔もいない。
それらは確かに見えないレベルで存在し、それらに憑依され操られても、社会に存在しているのは人間だけだ。
だから同じ人間からテロが生まれたり、わざわざテロを自作自演して兵器の安定供給先を確保したりする。


/30

きょうの新座日通もひどかった。いや毎週酷かったんだけど。
選挙戦のことで根に持ってるのかどうかは知らんが、ゴロツキが単発バイトでやってきてて、
フーだのハーだの凄んで力んで呼吸して威圧して。大した迫力は無いんだが。
こういう現場は元々が荒いのが多いから、子分みたいに操られて嫌がらせに興じるやつが多い。
目先で「やっちまおうぜ どうせもう二度とこねえよ」などと息巻いておいて、食って掛かれば「何のことだしらねえよ」とくるわけだ。
あのメビウスのテッペイみたいなヤツ。三下のくせに役割だけキッチリこなしやがる。あの慣れは単に操られたというよりも、ゴロツキの一味だろう。

こんな全時代的なマフィア的な恐怖統治で、
日本の変革だのは無理レベルで牽制され続けている。
とっとと軍国化だのファシズムだの似は傾くくせに、イノベーションだの改革ひとつ満足に進められない、
その情けなさが払拭できない、いやしようとすらしない。

この仕事を毎週「人がどうしても足りないんですよ」と泣き落としで降って来るア イラインもグルだ。あすこも裏社会の手先と言うわけだ。
アウトソーシング企業とやらのほとんどは信用ならない。
先週も今日も、スーツ姿の担当が飛んできて、おれ以外の社員とバイトで囲むようにジロジロ見てくるが、なんも言っては来ない。
テレパシーが聞こえてきてうるさいだの遠巻きに文句を言うだけだ。

だがそれはおれの意思でもなく、おれが自分で実装したのでもなく、カルトが主に謀略のために仕掛け仕組んだことだ。自分でつけたならとっくに外している。
なんでもかんでもおれのせいになり、おれが 世の中で生きづらくなる、そのために仕掛けられたいわば「盗聴器兼騒音発生器」だ。

大体、泣き落としで呼び寄せておいて、追い出すことに加担する営業、こいつはバカか、そでなければ相当な策士だろう。企業ぐるみの策士。
だが、働きに出ればいつもこのパターンだ。嫌なら最初から呼ばなきゃいいだろ、という。
つまりこれがカルトの意図であり、手法なのだろう。

 ◇

夕刻に帰宅するなり、隣室のバカアベック監視工作員にケンカを吹っかけられた。
つまり、室内から大声で挑発されたのだ。大声でもないが、よく聞こえる発声で。
「いずれ根負けしてボロボロになるぞ」
「うわこっちきた」

などと。
実際、これを書いてる際も、思念波による心臓へのプレッシャー攻撃などで威嚇挑発を欠かさない。それができるのが近所においてこいつらだけとは限らない が。

こいつらの勢力全てを、被害側に転落させるのがもはや悲願。
人ひとりを監視し虐待するためだけに、アベックが働きもせず24H365日、室内に入り浸りスカイラインを乗り回すような予算が下りる、おかしな組織では ないか。
カネと権が無くなれば、あっという間に瓦解しよう。

無理難題を強要され続け、
弟は殺され実家は潰され、

ホンモノの、鬱憤が根底にある。チャラチャラと娯楽意識で人を追い込み命を奪う、当人や家族の犠牲など皆無のケーハクバカどもとは違う。

やってはならないやり方で、一方的選民ファシズムをやつらはやったのだ。雷だろうがなんだろうが、脳天めがけて降る時はやってくるだろう。
おれはもはや何も残ってないから捨て身が出来るが、その被害側の犠牲で豪華絢爛な暮らしを確保してる連中は、どうかな?

 ◇

深夜にRSSに目を通すと
「退職強要で自殺」 元社員の遺族が日通を提訴(朝日)

これもカルトがおれに仕掛けた一連の霊的プログラムの副産物だ。
運命とおれとが連動する。時に悪意、時に善意。

/31

きょうは、いやきょうもひどい。

尾行の連中は、政治系の柄の悪い連中が多く目に付く。
主にスーパーなどで待ち伏せているパターンには変わりは無い。
何も買わない柄の悪い亭主がふらふらとしながら、いきなりこっちへ藪ニラミで突っ込んでくる。
そのすぐ先には恐らくグルの、茶髪夫婦がノロノロ買い物をしている。「へへあいつわかってんぜ」いつもの揶揄パターン。

ただ、やり口が悉く強化されている。先の参院選結果がらみの腹いせといった感じだ。
実際、政治がらみでやってくる工作員はみな、公明か自民の名前しか出さない。
この5年で一回だけ、共産支持者に道をふさがれたことがあるくらいだ。


アイラインはやはり、組織悪のグルらしい。というかほぼ99%の企業はグルになるようだが、組織暴力か公権に根負けするようだ。。
あれだけ、二日間も、営業をよこしてきて長い時間現場の職長と論議し、
おれだけ無視しのけ者にして遠巻きに「あいつはテレパシーがうるさい、にどとくるな」などと囁いておいて、
きょう伝票を届けに行ったら、またその現場、日通新座をお願いしたいという。
で、こちらが帰るので振り返りざま、非難するような咳払いをするのだ。

「二度と来るな なんだかテレパシー越しに悪人だと聞いているぞ」

という意思が感じとれる。これもいつものことだ。

10年前はもっと人々はどこか牧歌的で、普通に優しく普通に寛容だった。
あやつられる感じはそんなにはしなかったものだ。オペレーションに普通の人の感覚があったのだろう。

いまはカルトとごろつきの連合軍が遠隔洗脳のオペレーションに入り込んで、世間はおかしくしてしまった。
不自然にギスギスして、不自然に陰険で、犯人探しだの悪者探しだの、魔女狩りばかり熱心にやるような。

普段は普通だから、おかしくなるときは限られているし夢中になってしまうから、彼らは自覚しない。
自覚させないように苦心しているからだ。大衆にかける洗脳が不審に思われ自覚されては意味がない。

こういう肝心な情報は伝わらないが、ちょっとしたミスなどは大げさに宣伝される。
しょせんはテレパシーもマスメディアに過ぎない。新聞テレビのように支配者が検閲し編集している。
テレビは冷静に見られるけど、テレパシーは自分を洗脳し操って冷静ではいられない。油断していると飲み込まれてしまう。


きょう利巧だったのは高校生カップルだけ。
「相手にしないんだ」
という冷静さを見せた。そう、魔女にされた標的を相手にしないことは、集団洗脳を相手にしないのと同義。

 ◇

世間に対する集団洗脳も、強化されている。
自分の周囲で、豹変して、おかしなことをわめきだす人間が急増。

「悟る」というと、仏教的にはすべて正しく見通すことを言う。

彼らは遠隔洗脳の電波ごしに、悟ったような気分にはなるが、
実際は放送に近いものであり、作為が混じっている。

「このような気分になりなさい」
「このような内容を正しいと思い込みなさい」

という自在な洗脳術によって、数多くの現場がおかしな争いごとを誘発されてきた。
5年間も沢山見てくれば、そのインチキぶりもよく知っている。いかにも力任せで高慢な支配者が使いたがりそうなシステム。

真理はひとつ。だから大衆がすべて悟っていれば、情報にばらつきは無い。
だが実際は、みながめいめい違うことを好き勝手にわめいて非難してくる。まるで方々で工作員が適当な情報を流布しているかのように。

 ◇

なんか切なく空しくなる。自宅に対してはそういう”遠隔洗脳”も仕掛けられているし。

 ・明白に、与党筋の暴力的生活妨害工作はある。毎日毎日熾烈に。
 ・アンチな支援援護は見受けられない。アンチ勢力はそういう風には動いてくれない。

なんのために、産業や政治に有効な発言を厭わずにいて、いくつも採用というか盗用というか、されるのを許しているのか。
やられっぱなし。謝意も見返りも無い。

こんなだったら、「そんな国は見捨てよう」と誓うのが普通の人間の感覚だろう。


きょうもIT系の求人をチラチラ閲覧してみたが、半分くらいは実力的に余裕にもかかわらず、絶対に採用されないし、
何日か勤めても
外にゴロツキが張り込んだり
場の雰囲気が操られおかしくなったりして
うまくゆかなくなる。

知能も、技能も、上級能を要求されるレベルになれば、集中力も、身の安全も、ハンパではなく必須となる。
プロジェクトリーダーは、政府の謀略工作で追い込まれる片手間にはやれない。いわんやマネージャ、アナリストをや。

海外にノーマークの暮らしがあればいいんだが。
ないとなればまた、もののけ姫の祟り神みたいに暴れたくなりそうだ。

 弟を二人も殺された
 実家を争いの修羅場にされ一家離散へ追い込まれた
 様々な病気が一時期集中して家族に襲い掛かった
 就労妨害
 etc

恨みは深い。

なんなんだきょうベルクによこしたあの仏頂面のジジイ尾行は。参院選後だろうが、こっちの身の上はなにも変わってねーや。むしろ逆恨みされ悪くなってる。

今書いてることへの報復みたいに心臓を締め付けてきやがった、テレパシー越しに監視盗聴している、政府がよこしたゴロツキ工作員。
ここまで悪魔、悪魔しか支配者がいなくなった、悪魔の気配に全土が汚染された国で、何をどう希望を持てと。
底辺の肉体労働以外にできないように、それすらできなくなりそうなくらいの暴力的な妨害と威嚇の政府工作。毎日が制限が多すぎてなんの楽しみも無い。




top/最上/】
(未完)