BBS Old Contents

掲示板への入り口 アニメイレコム

「もう何も無い世界じゃ、感動も出来ない」



top/最下/07 1月/2月/3月/4月/5 月/6月/7月/8月 /9月/10月/11月/12月/】


【2007年 4月】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

/1

バイクエンジンがカブる原因判明。プラグが緩んでた。こんなところが 緩むはずがないんだが…

つまり、こないだ品川京急ホテルで工作された内容は

・エアクリーナーに水大量
・プラグ緩め

だったことになるのか。プラグが勢いで緩むほど水が燃焼室に入ったら、壊れて動かなくなる。
道理で、ホテルの帰りからいきなり症状が出始めたわけだ。



きょうから目黒区不在者投票のバイト開始。
案の定、スタッフの半分は公安カルト筋のスパイだった。
ヒューマンの派遣の半分、立会人の全員。
眼のランランとした輝き、やけににやけてこっちを見る、一般人とどこか様子が違う。
こちらが威圧気配で苦しんでも、その姿を見て目がランランと輝き、笑ってる。

つまり、世界のどこかに”悪魔”がいて、
そいつと魂を分け合い、意思が繋がり、没個性で細胞みたいな扱いになった人々の集団。
主にカルト、国家諜報、ギャング。

立会人のばあ様たち、変な会話ばかり切り出す。
・警察が警察が(ちょっとなんかあると警察が寄ってたかってきちゃうのよ、もう2階に来てるわよ)
・病院が入院が怪我が

確かに最近はどこへ行ってもパトカーが接近してくる。きょうの帰りも後ろにべた付け。
病院送り、自殺誘導、としかいえないだろう、”威圧念術”で心臓を弱らせて卒倒させるような嫌がらせは。


今週ずっとある。「明日もヨロシク」という提携の挨拶なのに、「きょうまで」などという言葉が飛び出す。
スパイたちが、営業担当の意思を操り言わせている。「明日から来るな」というわけだ。
おれはなにもしてない。悪党がやってきては、おれが変な挙動を示したり、嫌な気配を出すように念術工作を仕掛けてゆく。
だが周囲で見てる人間は、おれが悪いと思い込む。

帰りも酷かった。
大宮大成町のミニストップは、寄ろうと思ってたためにテレパシー思考盗聴で感づかれ、大量のゴロツキや若いのが来てた。
土呂のミニストップにも毎日新聞の専業がなんか文句いいたげにやってきて駐車スペースに居座った。
「左巻きな毎日の販売所ばかり不祥事続きで、これは運命操作の陰謀だね」と、本社へいつもメールしてやったのは迷惑だったのか。陰謀すらオレのせいか、お めでたい頭してるな。
隣にはやくざ?パンチの兄ちゃん。軽ミニバンでやってきて、降りずにおれを睨んで唾を吐く、店に用はないのでしばらくすると去った。

ライコランド。ここもゴロツキ多い。たぶん待伏せも含まれてるだろう。
「あーあ殺されるよはっは!なに、びびってるのへー」などと囃す兄ちゃんたち。

特定の勢力内で、心が繋がりひとつになってしまったために、
サトラレ状態により個人の思考を世間に晒すなどできるようになった反面、
人の心が失われ、本当に「悪魔の心の部分」ばかり目立つ人間ばかりになってしまった。

でも、ぶっ殺すなどと言われるとむしろ発破がかけられてしまう。むしろ何も言わんでくれた方がいじけていられるのに。


心臓付近が焼けるようだ。リンパもパンパン。体の限界。
そして食い扶持の限界。今までは、政府とギャングの阿吽の呼吸で、底辺雇用即ちギャング側に落とされ、
待ち構えてる彼らに飼い殺しにされていた。稼がないよう、あぶれないよう、周到に管理されてた。
ちょっと多く稼げば、警察をよこして切符を切らせる。実に測ってるとしか言えない。

だがついに、上も下も締め出しにかかった。見限られたわけだ。
もう働き口はどこにもない。アルプスだろうが嬬恋だろうが、ギャングや公安の根回しはどこへでも届いていた。
やっとしねる、苦痛が終わる、などという悲哀の感覚が染み付いてしまったのは、4年間の拷問に参ったからだろうな。


「組織ストーカー」では、複数のシナリオを方々へ流していることがよく知られ、告発されている。
おれの場合

・政府要人の役割(尊
・組長的な役割(悪
・仮想的なゲーム、バーチャルシュミレート

つまり、いきなり賛美され、いきなり国賊悪党呼ばわりされる。

5つくらい、良く聞かれるシナリオがあるけど、
ひとつしか知らない奴、
2,3は知ってる奴、
いろいろいて整合性が取れてない。

つまり、故意に情報分断を図っている。悪だと思い込ませたいときに、善人としての情報は伏せたいわけだ。

きょうも「従わないと、出口なんか見えてこねえよ」と言い捨てて去ってゆく若者がいた。
万事にタイミングが良すぎたり、おれがテレビをつけるたびに地震速報が入るなど、バーチャルな出来事が多すぎるというのはある。
でも、そんなことはどうでもいいことだ。抜け出せない仮想は現実。


99年ごろ、ビッグオー、スクライド、そして最終兵器彼女、これらのラストが教えてくれてた
「日本は外敵により絶対絶命」のメッセージとはそういうことだったんだろう。
いまはもう、人心あまねく外敵つまり悪魔の一部になってしまった。
スタートレックでいう「ボーグ」マトリックスでいう「スミス化」だ。


昨日示したとおり、個人を巨悪にみせかけるときは、ごまかしたい真の組織悪がある。
おそらく、斜陽に関わる、一番しられたくない部分が今年以降目白押しなのだろう。
自治体破綻とか、財政悪化とか、色々と。
おれをついに排斥し潰す、からにはよほどその向きに民の視線を向けておきたいのだろう。真に胡散臭い。

「組織ストーカー」を世に告発し、沈静化させたかったが、むしろ大衆をその一部に組み込み、活動を正当化させる結果となった。
あまりにズブ、ベタである。

だから、大衆も、おれの首を取って勝ち誇っている時点で、”眼がランランと輝いた悪魔”であることに注意されたい。
おれも4年前は、普通に弟を殺され、社会生活を、仕事を、追回され奪われただけの告発者だった。

歴史は繰り返す。大衆が、別の誰かが、オレと同じ末路となることを危惧する。
魔女を葬ったぞ、と万歳した直後に国家が財政破綻しました、とかも。

/2

目黒区。お前らは選挙がやりたいのか謀略がやりたいのか、と問い詰めたくなってしまう。
後者だろうから、これはもはや民主主義でも、法治国家でも、ない。選挙よりも、経緯の怪しい”魔女狩り”を優先したがる国など。

現場の人間の半分かそれ以上が、カルトの息がかかってる。立会人は全員?
彼らの定番メニュー、景気曲線のように半々に締付けと、懐柔と、仕掛けてくる手口。

ひたすら勢いよく文句を言い続けるフェイズ。報告書が薄いだの嘘吐きだの仕事しないだの。同時に威圧気配での締め付けも激化。
いきなり褒め称えるフェイズ。よく耐えてるだの頑張ってるだのと。
どっちも一方的言いたい放題。ただデカイ組織だから幅をきかせやすいだけで。
やたら「公明党」という言葉が目立つ。付近住民のうち、公明組ばかりが来てたりして。

アキバのスターケバブにも、嫌がらせ工作が仕組まれていた。
示し合わせで集合していただろう、学生風若いの数名(囃したて役)、浅黒くて汚らしいスーツ男一名(うろつき役)。
気配が良くない。そして店員の外人は「やけにはしゃいで、意地悪な態度」チキーン、とか罵る。
ああ、これはベタだな、と気付く瞬間。

と、店員の女がいきなり、おれをデジカメでフラッシュ撮影した。
これはおれが彼ら、組織ストーカー側を撮影することへの幼稚な報復であろう、よく見かける。

幼稚園児並の、力こそすべて、嫌がらせ手法もその動機も極めて幼稚に、といった概念で、
間接的弾圧を推進しているこの国の裏と表の支配者。

ベルク蓮田。
理由もなく、行きたくて仕方がないときは、意識が操られてる。つまり行く先に待伏せがいる。
案の定、心臓締め付けで半殺しにされてしまった。レジ付近で待ち伏せてる連中が数人、睨みつけてくる。
その気配に操られ、店員も集まってきて、去り際に「いい加減にしろ」と文句言う。
店内で、脳裏に響くテレパシーが死ぬだの葬式だのと言う言葉ばかりになってきた時点で、ああ工作員がひしめいてるんだな、とわかる。
何も買わない、籠さえ持たない、そんなおっさんがウロウロしてるし。外へ出るとセンチュリーが走り去ってゆくし。

(ここで向かいの石井家から出てきた女が「ああん?」と柄悪く怒鳴る。この家はいっつも、おれと同時に出てくる嫌がらせを欠かさない、工作員一家。)


これは「疫病」だ。
感染すると、電波の指令によって身も心も操られることに逆らえないし、むしろ催眠的に迎合する。
みなうれしそうに、追い込みだの、嫌がらせだの、やるようになる。
激しい思い込みも、疑問を持たなくなる。どんな理由かよく知らなくても、おれを激しく憎んだり、侮蔑したりする。そこに正気は残ってない。

問題なのはその疫病を、支配の道具として利用していることだ。
外の大国が日本を実験材料にしてる構図、でも日本政府もグルになってる構図、色々囁かれている。


おれなどもはやどうでもいいけども、
国を挙げて、挙国で闇に染まろうと躍起になる、誰も催眠状態で強く逆らえない、
この状態はいつまで続くのか、やめないのか、だけが心配だ。
光明が見えてこない。もはや表の支配者は光明をリリースするのを不可能と判断、あきらめたかのようだ。

どんな巨大な悪魔が地球を飲み込もうと言うのか。政府レベルが隠蔽している事実をオレが知りようもない。


国会前では警官がわざわざ不自然なタイミングで横断歩道に飛び出してきた。眼がうつろだったから、「電波様」の指示に従って操られたのだろうか。
上野4号でも4人くらい警官が集ってたし、その気配は決してよくなかったし。
アキバでは民主党の街宣車が、待ち伏せるようににいたし。野党勢を何度も応援したのに、「組織ストーカー」側に組み込まれて追う側に居る、だから勝てない んじゃない?と勘ぐりをぼやいてみる。
どれが敵で悪意や恨みを持ってるかわからんね。ここまで拡大してると。半数は、プロのバッシング扇動に乗せられてる気はするけどね。あれもこれもおれのせ いかよ、という感触。

実際の配分、誰にどれだけ恩を売って恨みを買ったかという、指標と、
実際にどこからどれだけ恨まれ、感謝されているか、という統計とは、
おそらく合致してない。

なぜならこれは陰謀だからだ。おれを悪党に仕立てるキャンペーンであり、事実など二の次。
言いなりにならない、反抗した、そんな感じで見限ったとか邪魔者になったとか、なんかそんな感じだ。政治家の顛末にも似ている。
だからこそ、与党は嫌だと明言した数日後に、弟の急死が知らされるのだ。
奴らの呪術はそういうもんだ。4年前も、不正告発と取材にはいってすぐに末弟の訃報が飛び込んできた。

まず、みえない悪魔が支配し、その手足細胞としてのみ生かされる人類。この構図が実に嫌だ。


会話をしない。
相互連帯感がない。
しかも肝心な会議まで行わない。意見が仕様がまとまらない。
システム開発構築運用どの見地からもナンセンス、これじゃ製品が仕上がるわけがない。

で、よくわからないけど、わるい「っぽい」やつに群がって集団リンチ。

頭がいいはずの日本人でさえ、そんなもんだ。

 ◇

うまくいかねえじゃないか、ばかり何年も言う経営者はいない。会社がそうなら潰れてしまうだろう。
だから、そういう人たちはほとんどがバッシング屋なのだろう。最初からうまくゆかないことを願う陰謀かもしれない。


おれと相対する側(公安カルト筋、謀略のプロ、念術で人を操る)は、常にチームワーク、右へ倣え、を要求してくる。
職場に工作を仕掛ける際にも、徹底して浮くように様々な罠を張り巡らす。

きょうの投票所でも、おれの脳を乗っ取って脳内で罵詈雑言をわめきたて、テレパシー越しに周囲に聞かせ、
まるでおれ自身が周囲にけんかを吹っかけてるように仕組む。

あるいは、おれの頭脳のうち「超高速の思考回路」の部分を乗っ取り暴走させ、周囲と連携できなくさせる。
人付き合い、チームワークとは、互いのテンポを同調させるもの。自分だけ超高速に無数に思考結果が沸いてくればそれは混乱を生み、同調を難しくする。

執拗な、鬼悪魔のごとき、諜報謀略的な、嫌がらせ。「こうでなくてはいけない、生かさない」的、押し付け指導。
本人のちょっとしたうちとけで結構チームワークを発揮できるのに、いちいち妨害工作でできないようにする。本末転倒。


東映特撮。
「ボウケンジャー」までは、執拗なまでにおれの趣向や意思を反映した「実質PD」扱いの作品だった。
ひとり、リーダー、各々の個性、の輝きを重視していた。自分好みの凝った演出も多彩だった。

今年の「ゲキレンジャー」からは違う。背丈顔立ちからして没個性の塊で、何がしたいのか今ひとつ散漫だ。
そして今週はお説教話。「ひとりだけダンスがうまくても、なんかムカつく、みんなに合わせろ」
こういう発想は、ボウケンジャーまではそんなに重視されなかった。
なんかこう、これまでと違う「政治的介入」を感じさせる。中国意識なつくりといい。

いまどき、右へ倣えの没個性ばかり重視するってどこのジジイだ?
しかも、鼻につくからって、打ちとけさせるんじゃなくて、むしろ邪魔するってどういうことよ?
苦手なのを得意にするから教育指導なんだろ?

彼らには、開発性、先進性、前向きな開発者技術者の魂、が欠片もない。
歩調をあわせないだけで、不足なだけで、潰しにかかる。そうやって個性的才能を次々潰して、前時代を踏襲させようとする。もはや時代に見合わぬ。


おれはこの数年間、とてつもなくコアな発明(あるいはその布石、原作者渡しとか)を数々こなしてきた。涼宮ハルヒからクールビズまで。
それはいっけん独りよがりでスタンドアロンだが、実際は集団の英知の結晶だ。個性的偏屈者も、お利巧さんも、色々な人々から無作為に出てきた欠片が、具現 化したのだ。

だが、誰に対しても事前に並列化、没個性、強制教育してしまったら、いいものはできない。
没個性のチームワークは、感性(政策決定や、再構築や再編、製品開発)において、個性派のチームワークには勝てない。(ことが大半だろう)

縛り方を間違えれば、ポシャる。
自由を履き違えれば、ポシャる。

日本って、日本人って、こんなに不器用だったっけ?と思う機会が増えたなあ。変革に、ブランニュー創造に、弱い。

欧米競争社会は、枷を避ける社会。異民族同士が互いを妥協し、才能を認めるしかない社会。
そこへ、枷だらけの退行を進める社会構造で、挑もうと言うのか…見慣れぬ異能を気持ち悪がって、邪険にして、潰してしまう有様で。

 ◇

http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1587374
■世の中よくなっているのか、悪くなっているのか
こんな話で頭をいっぱいにしていると、この先の人生はどうでしょう。不幸、恐怖、 不信の「思考」が、身の回りに不幸、恐怖、不信をいっぱい呼び寄せるわけだからねぇ・・・。

この人は実に良くわかっている。
この5年くらいの国内の大地震はほぼ人為的なものだ。
運命を、操る。となれば天候も、思うままに好きな時に好きな場所へ台風を突撃…
人の心も機械や念術で操る。いつどこで人をあやつらっるようにしたいと思えばそうできるようになってる。

魔術的だ。

組織悪。魔術ビジネス。
そういうのに限って、身代わりの楯、個人を立てる。「個人がそんな大層なことを、できるものかよ、いくら用意周到でも限界がある」といっても
頭の固い役所はききいれない。むしろ魔術ビジネスの恩恵を受けてるような先生方の指令を聞くのだから本末転倒。

きょう一緒だった派遣の女性たち、
「最近地震とか異常気象多いよねー」トークを展開。よくある「あんたのせいで不幸災難」話法。
カルトが、魔術ビジネス側に居て、災難を自演しながら、対立側の個人を悪者に仕立てる。
方法はともかく、ノウハウとしては、「組織ストーカー」関連記事や書き込みで良く聞かれるものだ。

連中は、おれが大層腹を立てた翌日にスマトラ大津波を仕掛けた。そういう手法だ。
ここ数日も、テレビをつけた瞬間ばかり、大地震や余震の速報が入る。これじゃ立派に脅しだ。
そこばかり執拗に責めて攻めてくる公安警察筋は、カルト与党とその真相を知ってて共有してるんじゃないの?と勘ぐりたくもなる。
蓮田市役所福祉課に潜む密偵、清野や山崎。なんど遠まわしに脅されたことか。
福祉の職員が人殺しをする。追い込み、脅すと言うことは、そういうことだろう。

 

最近、とくに組織悪に露骨に敵視されてから、呪術的な重りがきつくなった。
体も、心も、物凄く重い。

心は動かず他人と意思疎通が難しく、
体も重くて柔軟迅速さに欠け、

ありとあらゆる妨害が、体の内側、取り憑いた悪魔によって行われる。
前述の、罵詈雑言テレパシー放送もまた、このエージェントによるものだ。

だが、まるで小泉旋風のように、連中にいいように利用されてる範疇だったころ、
まるで綿のように体は軽く、頭脳は量子コンピュータのように迅速で、過剰に追い風だった。

かようなアメとムチを使う。現代の組織謀略は。


/3

ネガティブ「一辺倒」は、宗男報道を見てもわかるとおり、罠、偏向報道、目くらましでしかない。
万事はポジとネガを内包する。そこを忘れているめしいが多くなった世の中。
ああ、熟睡中の夢に宗男が笑みをたたえて登場した!


きょうは如実に、「組織ストーカー」ファシズム魔女狩り、の階層構造を見た気がする。

立会人、公明党信者主婦ばかり。
ひとり、ボス格の、食えない感じのがいる。
眼がランランと光り、こっちを獲物を見つけた狼みたいにニヤニヤ見る。
普通の主婦は、睨み返せばビクッと引く。だがこのボス主婦はむしろやくざみたいに更に眼が輝く。

あたしは青色申告だ、一千万の旅行だ、模範的市民だから、はみ出し者抹殺のリンチに加わるのは当然だ、
そういうトークを何度も繰り返す。
警察がどうこう、(うわーきたよ
病院に骨折で入院(またそれかよ
足腰立たなくなる(とかいいながら心臓締め付けて衰弱させるなよ

で、たまにムチをやめてアメ、褒めちぎるほうへシフトする。

13年前、1994年からやつらのやり方は変わらない。あの頃から魔術を有していた。
学会員ともめる、いい子だと言われず悪い子だと言われる、いきなり高熱を出し、体調が急変する。当時はそのカラクリには気付かなかったが、全く今と同じ。
学会員の大家のアパートに住む恐ろしさ。


奴らのせいで、おれから威圧気配が出される。念術を使う連中は相手の念も操れるからだ。
事情を知らない周囲はその不快感を嫌がる。「もういらない はやくかえれ」とたとえ話を始める。
これこそが、”組織謀略の切り札”だ。

誰かの「気配」を周囲が嫌がるものに改変できたら。
どんな素晴らしい人物も、社会追放できる。仕事が出来ない、遊びに行けない、どこへ行っても馬が合わず嫌がられるから。


テレパシー越しに場の人間たちを操る連中、警察警察と何度も言わせる。
大元はどこに居るか知れない。日本中の伝言を伝えられるようであるから。

しまいには、大学について普通の話をしてたやつが次第に操られ、
「囲まれてる サングラスの…」と、本人でもわけわからんことを言い始めて、やめた。

終盤の投票所は、混乱と恐怖に縛られてた。ニヤニヤしてたのは公明党信者の立会人くらいだ。
こっちがめげてくると「もう気は済んだか」
自殺しかないだろ、とやけになれば「そうするべきだな」
おれの思考がテレパシーで筒抜け。おかげで投票所の皆がうるさがっていた。
こいつら、鬼が宿ってるなあと実感。みかけはばばあでも中身は悪鬼。


誰もおれに同情しない。目先の不満(不快な気配とか)におれの文句を言う若い奴はいる。
救われない。空しい。「仕掛けてる組織悪に文句言えよ」は、事情に疎い奴らには通じない。
唯一、事情を知っている味方工作員?がお茶を入れてくれたり親切をかけてくれるだけだ。


挑発に継ぐ挑発。
で結局、最後の最後にキレさせて暴言を吐かせる。こちらも気が抜けてるから、細かい言動まで統制できず、相手に操られるがままになる。
「このやろ個人だと思って舐めやがって、津波が起きてもしらねえぞ」とかナントカ言ってた気はする。言わされてると頭がぼけるからなあ。

このボス主婦、誘導尋問もプロ並だった。
派遣か、何ヶ月か、どこに何の仕事で勤めてるのか、どこに住んでるか、根掘り葉掘り、迷う暇すら与えず間髪いれず。
「これだけ一杯スタッフがいるとなんだか威圧的じゃない?」と確信犯な質問、”威圧念術”を心得ている証。やくざ筋は”罠バイト”を仕組む時、大人数の会 場を選ぶ。
「向きじゃないね」、という誘導尋問の後、「ンじゃもう二度としたくない、もうやりたくない絶対に?」と極端な承諾誘導。
「昼と夜と別人格だね」とニヤニヤ尋問してくる。
しまいには現場を荒らし始めた。大音量で音楽をかけるよう指示したり、両扉を開けろだのと。してやったりという顔をしている。やくざが乗り移ったみたい に。


今朝。不自然な北風で寒い雨だった。ここで時間を食う。
さらに、122号がどこまでも渋滞している。赤羽でポルシェカイエンが中央分離帯に刺さってた。
浦和の宇佐美も、不自然に満車だった。おれが入れ終わるころには空になってた。
(良くない流れだなあ、きょうは罠が多そうだ)と直感的に感じ取る。

すべてが、運命操作、人間操作、いわゆる魔術があちこち、誰かの好き放題に、操られてる形跡ばかり。
おれが都内にいつまでもバイトに行くのがよほど気に入らないのだ。「いつ死ぬんだよ なに仕事してんだ、飢えてしね」ばかりテレパシーしてくる。

連中は世界の全てを操るから、台風だって地震だって呼び寄せる。今すぐは物理的に無理だが、自然に可能な範囲では横暴に自由に実現する。

おれが、何を言ったか言わないかなんて、あいつらにはどうでもいいのだ。
おれの言動に魔力はない。
あいつらの組織構成員の中に、魔術師がいるだけだ。

たとえば、日本の政治を右傾前提で動かすような発言をするように誘導されると、翌日にはかなってたりする。
しかし、明日にでも億万長者になりたい、組織謀略から自由になりたい、一切無視されかなわない。

アイデアの選者がいる。
魔術師がいる。
いすれも対岸に。加害者組織の側に。おれにはその辺の詳細な仕組みはトンとわからない。

おれは、今も昔も、孤独な一匹狼だ。どこにも属さず、属すことが出来ないでいる。
個人なりの限界しか持ち合わせず、個人なりの頭脳しか持たない。

巡査連中も可哀想だ。警察上層部や公安部は故意にこの魔術の恩恵を受けている節がある。
事件の起こしてるのも災害を拡大してるのも、上層部が頼る「運命操作」自演術。

加害者側に組して個人をリンチする一般民が増えれば増えるほど、殺人幇助者の分母は拡大してゆく。
”一億総ひとごろし国家”の誕生だ。


おれはなんども、「右傾のやつら、警察を死ぬほど憎んでる裏社会の奴ら」の意思が、警官を拳銃自殺させてきた、その痕跡を
わざわざ警視庁にその都度、通報して来た。「まっぽなんか怖くねえ、白バイこけてやがった!」なんて騒いでこけさせてしまう様も生で見てきたからだ。
だが警察は、目立つおれをむしろ敵視してこんな嫌がらせを仕組んでくる。
警備警察か、公安警察かは知らん。とにかく「公明党 警察」と連呼していたのは事実。レトリックの可能性も否定は出来ない。

敵を見誤るな。おれが裏社会側ならわざわざ通報するか。何の得があるんだ。

セオリーは通じなくなってきている。
知能犯にもほどがある、超能力や魔術や超高速思考や第六感に目覚めた連中は、相当に時代の先を行っている。
おれは、国家が高度になっているつもりで、実はもっと高度な裏社会に操られているように見えてならない。
裏社会とは言え、垣根がないだけに、近隣国や某大国も混然一体となっていて油断できない。

帰りの山手通り、地下鉄工事現場のダンプ二台が完全停止して道をふさいだ。
マジェスティの兄ちゃんも道をふさいだ。抜いたら睨まれた。
どれが裏社会の手配かは知らん。偶然すら「運命操作」の範疇だし。今朝のポルシェも降雨も、おそらくはこれだろう。
バイクもエンジン不動の一歩手前、不運不幸の何もかもがピッタリのタイミングで襲い掛かる。まさに魔術。


都心に入ると、一気に強い威圧気配で満ちるスポットがある。
東京は、その膨大な富ゆえにカルト裏社会の魔術に牛耳られ、魔窟となった。
豊富な追い込み工作、いっけん善良な市民でさえ、悪魔のような冷酷非情の殺人工作員。


あさってからは別の罠仕事に入る。
こないだ赤坂でへんな面接を受けた奴だ。とんとん拍子に採用になったのが臭い。
たぶん三日と持たないんだろう。MUFGやJCBがらみだからってあてにはならない。
ネームバリューとて国家謀略に加担するのは何度も見てきた。2003年の発端の頃は日立と防衛庁と創価学会がらみだったし。
行やいま都内だろうが郊外だろうが、日本全国、おれがまともに仕事しようとすれば、
目黒区の投票所みたいな国権を伴う組織工作を必ず仕掛けられてしまう。

カルト優良市民以外、アクの目立つ人間を排除しようと言う、東京や都市部を独占しようと言う動き。
警察検察官公庁ですら、正義感とか実直の人間は自主的にやめるか追い出されているという。後に残るのはカルト与党の筋だともいう。
警官の親父をもつ知人からも聞いた話だ。


結局、明日も行くはずだった目黒区投票所の仕事は休むことにした。これ以上迷惑はかけられないし、体のダメージも内臓に届く相当なものだから。リンパがパ ンパンだ。
先方さんもきっと「助かったー」と喜ぶだろう。面倒なのが俺なのは確かだ。誰がそれを仕組んでいるかは、現場の人間には関係ない。
やさしい、まじめな、狡猾で薄汚れた連中に「お前バカか」といわれる人間ほどそうやって妥協し、自己犠牲に走って、損をする。
やめてゆく警官と同じだよ。社会全体がカルトのせいでそうなってしまったんだ。コスト意識(人命すら安い)と、戦争意識(広宣流布、勝利!最強!)だけ。

 ◇

昨日わかりやすく書いたとおり、

今のおれは鎖に繋がれがんじがらめの虜囚であり、
かつての勢いあるオレはカルトが仕組んだ自作自演だというのに、

いまでもかつてのおれを要求してくる、個人、企業、役所。
それの半分は、わざと、できもしないことがわかってて、嫌がらせで仕組んでいる。

昔だったら、電波で洗脳されないころだったら、そんな陰険なことに加担するのは嫌がる人が多かっただろう。
今はもう駄目だ、そのへんの判断能力すら奪われた洗脳漬けラジコン人間ばかりになった。とくに都心は。

頭脳に、あいかわらず有能の機能はそのまま残っている。
だが、妨害工作によってウイルス、邪魔するプログラム、リミッターと言おうか、それが多数仕掛けられ常駐し、
有能の発揮を悉く邪魔する。まるで常時憑依している、悪魔のように。


http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20070322/121531/
 黄金の法則ナンバーワンは、「波があるところで波乗りをやる」ことです。いくら 優秀な経営者でも、波がないところでは波乗りできません。それには運もありますし、波を察知するのもその人の能力です。

ま、こういうことだ。

 ◇

かの”人間ラジコン化システム”は何も変わっちゃいない。軍配を握る勢力がすげ変わっただけ。
全く同じように、力押しで、相手をいたぶり追い込み、好き勝手に権勢を振るう。

日本にあきれ返った。2000年当時、5年もあれば必ず進歩すると思ったけれど、
上流はサボタージュや妨害工作、下は無関心か、上流の用意した諜報勢力に加わった。変化したがらない。
仕切りだの縄張りだの既得権益だのオンリー。

つまり、日本は、”変革して進む資格”がないのかも。
ただでさえ太平洋戦争までの実力を危険視され、某大国による”国民弱体化工作”を受け続けてきた国であるし。
欧米文化主導で世界が動く限り、海外へ飛び出さないとならない傾向は不変、あるいは今後一層強まるのか。


個性や自律脳を捨て、人格すら貸し借り提供するようになった。
同時に、催眠的に封じられた本能的警戒心や、道徳心。
こんなチープな欺瞞だらけの仕様で、「新人類」とか嘯いてる。笑わせるよ。個性すら独自性すら許されないのに。つねに周囲と同調し連動せねばならない。

例外者を感じる、見つける、容赦なく、獰猛に、襲い掛かる。
触れず、向き合わず、間接的中傷。相手が気付くと小躍りして喜ぶ。
排他的ファシズムによる、”狭い集団化”に躍起になり喜びを感じる、

まさに”悪魔の体内環境達成”。

おれにいわせればこれはもはや人間ではない。生物性が封じられ、生き物の情が残されてない。

・排他性
・見せしめ、処刑、リンチを好む
・本能的判断力が封じられている。指令電波の言うこと(一種のマスコミ、大本営発表)は盲信する

戦争とか、超管理監視社会とか、それ以外に使い道のない仕組み。
隣でリンチされる人がいてもニヤニヤ見てるか、ボーっとしてるだけ、が当たり前になる未来。
戦争反対、などといったら最期。いまの政権はおかしい、とかも。いずれ目玉焼きにケチャップは実質的禁止になるだろうか。


夕刻より、頭脳麻痺神経麻痺の電磁波攻撃が開始された。
処刑環境は維持され停止されず、助力や謝意は全く見られない。

もう日本は駄目だ。ダメな、冷酷非情な、いびつな人情で、ラジコン人形の集合体として進んで行くのみ。

 ◇

おれが組織謀略に潰されるのは時代が悪いからだ。
普通に地味な、ハマればそこそこの地位の、青年に過ぎなかったのに。
なんぞカルトだのギャングだのばかり伸ばす悪魔暗黒時代であったがために…


今月がヤマだろう。これも加害者側に操られて書かされているのだろう。公安つまり国家暴力だもの、よほど根拠があるんだろう。次弟は2月に野垂れ死にし た。おれは4月と言うだけのこと。

それだけ、多数の工作員にテレパシー通信経由で脳内にまで踏み込まれている。一気に潰す気だろう。
きょうの目黒区不在者投票所の一件でもわかる。一気に右傾自公連立で蹂躙したいのだ、奴らは。
おれが強さで勝つだけのやり方を嫌がり、勝とうとしない、だがむこうはどこまでも戦術的に強さのみに特化したのだ。

頭が動かない。ろくな言葉は出ず、鍋にラーメンもちゃんと入れられなかった。
怖いのはこんな人をパーにする工作よりも、
全国民をラジコンにして思うままに操る技術のすでに普及してしまってることだ。
おれよりも、よっぽどそういうラジコンな人々の方が怖いし、異常だ。でも彼らにはそれが自覚できない。

みなが独立した人間だった日本は5年以上前に滅んでいた。
さよなら日本。おれのような凡庸な人間を暗殺するこの国に未来はない。同じような末路である種の滅びを呈するだろう。

 ◇

ハッキリ言う。
おれは鹿児島で自衛隊ヘリが墜落する前の晩、夢でその光景を見せられた。
つまり、それを仕掛ける組織か国が、オレを利用価値として、わざわざみせつけたんだ。

それを通報してもどうせまた、お前のせいだろうとか罵られてバンバン自衛隊ヘリやパトカーに追跡される。

日本はもう駄目なんだよ。想像力、洞察力、地に落ちてる。そのくせ思い込みは激しい。元来鼻の利く官憲ですらこの有様。
これは集団洗脳、人間ラジコン化システムの弊害だ。本能の高度機能が、電波の指令によって、スポイルされている危険な状態。

おれが遠隔洗脳で自殺誘導を仕掛けられて苦しんでる最中のこないだ、踏切事故で警官が轢かれて死んだ。
ああこれも警官憎しの連中の魔術的陰謀だな、とパターンで納得できた。おれも警察のイヌだと思われてるわけだ。タイヤ交換の時に店に来てたヤンキーたちに そう皮肉られたしな。

これも警視庁に教えたってむしろ勘ぐられ憎まれる。

どうやったら、おれのせい、おれだけのせい、他に容疑者なし、なんてことになるのか。なんてチープな想像力捜査力だ。
どうしてこんなやばいことを、犯人が通報してやるものか。


きょうも投票所のカルト与党か警察の息のかかった派遣スタッフが、
「当局が震災続きでぴりぴりしてるんだよねー」
などと嫌味たっぷりにささやいた。

なんでもおれのせいか。おれがソロモンや石川を襲撃して何の得になる。むしろ周辺諸国でも疑ったらどうだよ、利益がらみなんだから。魔術ビジネスは。

おれは、そうしたカルト連中と無理やりにつき合わされ、追回され、魔術に酔う被害も重ねて、そのノウハウや考え方はある程度知ってるだけだ。
絶対に東京は狙わない、決まった地点ばかり狙うつまり技術的制限がある、といったパターンも知ってる。
今朝のポルシェが刺さってたとか、嫌がらせみたいな降雨とか、いうのと震災とは、同じ出所だというのもなんとなく感じられる。
魔術とは”人の意思”であれもこれも実現させる。同じ奴の意思を感じるからだ。

だが所詮は個人統計の一人よがり以上ではない。
組織に加わってれば必ずもっと詳しいことを言ってぼろが出る。その部分が知りたくて仕方がないくらいだ。

奴らには抱き込む余裕や妥協も感じられない。
バンパイアを倒すのはそれを熟知したバンパイアハンターではないのかよ。物知りと言うだけでハンターまで皆殺しか。

どうだ警視庁、というわけで堂々とホームページから通報してやる。
これもオレを操ってるやつが、立場を悪くするためにやらせようとしてるんだろうが、どうせ死に体だし関係ない。


/4

各々が神仏のように、独自で高まるならそれは本当にすごい。

でも、WindowsがLAN経由ですごいソフトをダウンロードするようなものだとしたら。(借り物)
JP1みたいな監視ツールで動作統制され、情報統制を受け、管理者の指示通りにしか動けなかったら。
それはただの、”高機能なお人形”に過ぎない。支配冥利の。

 ◇

これまでより多くの人々に自由を与え、
これまでより弾圧する対象を減らし、
いわゆる政治的なパフォーマンスを見せる。パフォーマンス政治って奴だ。

でも、ファシズムのシステムは維持され、ひどい弾圧を受ける人々はいる。
だとすれば、欺瞞に過ぎない。本質、何も変わってない。冴えた広告で消費者を欺くのがうまい現代企業みたいなもんで。

システムを変更しない時点で、”前任者”と同じ顛末での没落や糾弾されての転落が約束されている。


おれはたまに、「好きなものばかり買うんじゃないよ」と、食料品を買うときに小言を言われる。
”現任者”は、執拗で巧妙な、表が営業顔で固め、裏は幼児性の強い残虐な、そういう青山にもいそうな現代っ子像。

徹底して好きなものしか買わない。気に入らなければ執拗に巧妙に追い出す。排他性は若いなりに、より強いのだ。

若いほど、どんどん知能は回る。何をやらせても器用だなあと感心するが、豊かなりに親や物質に甘やかされ、
精神育成的には、実にいびつで幼稚で危ない。街角や報道で見るとおりだ。

彼らはどこまでも極めるし、どこまでも容赦がないが、企業体は心得ており、「臭いものに蓋」は絶妙にうまい。
くるべきときが来たなあと思う。もう少し押し留めて、熟成を待ちたかったのに。
免疫がないんだよな、ファシズムや監視社会といったものにまで。まあ、現任になったからには、遠からず痛い目を見て学ぶだろうけれど。

若年層は、より二分化かな。中年老年よりも更に。
カルトや上流に属しているサラブレッドが徹底して下層を見下し、
日雇い労働で苦労を重ねる下層は、学園闘争ほどのエネルギーも熱意もなくて失意の毎日。

 ◇

”見えない津波”が、到達すると、民衆は一斉に、ある誰かを叩き始める。
それは熱病のように正気を失い、その誰かが去ると跡形もなく消える。キョトンとしている、何やってたんだっけ、と。

そのシステムは、影の政府のごとき連中が、支配の道具として利用している。弾圧、暗殺、の道具として。


おれを叩くなら、ちゃんと叩け。
最低限、この4年分の体験記やレポートを読破して、論点をまとめてメモってきて、会議をやれと。
大人とか社会人以前に、それが唯一の確実性、客観性だろう。

熱病に浮かされて、”風の噂”テレパシー情報に依存して、見知らぬ人間を通りすがりに攻撃するだけ。
そんな”コンビニエンスなゲーム”に甘えるんじゃない。

悪意を、誤解を、利用して利益を上げる組織に、扇動され、利用されるだけの一般民に危機感を覚える。
すこしは自分だけの努力で、「おまえずれてるぞ」と警告されながらやってみたらどうだ。”空気”に逆らってでも。

 ◇

退任させる、当人に対して合理的善意的理由があるとしても、
ネガティブキャンペーン漬けを使うのもその延長線上だとしても、
それで当人を潰しては、それは嘘だろう、悪意が前面だろう、と。

退任後に命や人生が危ない首長など、だれがやりたがるのか。
重要なのは、そうしたアフターケア、セキュリティポリシーだろう。


近聞遠見:外は一目置いている=岩見隆夫(毎日新聞)

 昨年9月末、初組閣を終えたあとの記者会見で、人事方針を聞かれ、安倍は、

 「政治は結果が大切、結果を出せる方を選んだ」

 と述べた。しかし、政権発足から半年が過ぎて、結果を出すどころか、足を引っ張 る閣僚が目立つのに驚く。それが支持率を下げている。

 世論調査の結果をみると、世間は安倍の指導力にも懐疑的だ。頼りない首相と映っ ている。だが、外の目は違う。

 ドイツの有力紙「フランクフルター・アルゲマイネ」は、先に安倍が訪独した際、

 <安倍首相は、内政では戦後最大のがんだった教育基本法の改正にメスを入れ、国 際テロや極東アジアにおける緊張の高まりに備え、防衛庁の「省」への格上げを実現した。

 また、日本でもようやく現代の凄惨(せいさん)な情報戦に対応し、日本版NSC (国家安全保障会議)創設の筋道をつけた>

 などと報じ、外交面の活動も高く評価した。

 ドイツ在住のノンフィクション作家、クライン孝子は、そうした現地の空気を、

 <(安倍は)日本の新しい国家像を内外に印象づけたわけで、欧州では戦後の日本 の首相としては珍しく大胆かつ斬新な政治家として、一目置かれている>

 と伝えている。(17日付「産経新聞」)

 また、パリでは、防衛省に昇格した時の式典あいさつで、安倍がドゴール将軍(第 5共和制初代大統領)の著書「剣の刃」の一節を引用し、

 「難局に立ち向かう精神力の人は、自分だけを頼みとする……」

 と述べたことがニュースになり、すこぶる評判がいいという。

 アジアでも、ある財界首脳が、

 「昨年秋の安倍訪中の前と後に中国に行ったが、空気がガラリと変わっていた。幹 部が口をそろえて安倍さんを激賞する。こんなに急変するものかとびっくりしましたね」

 と言うように、安倍は人気者だ。

 米国とは慰安婦問題がこじれているが、4月の安倍訪米で調整されるだろう。同盟 関係が揺らぐようなテーマではない。

 総じて、国際社会での安倍は、好感度が高い。しかし、国内の目は厳しく、とても 一目など置かれていない。この温度差は何に起因するのだろうか。かつて、

 <戦後、一国民主主義、一国繁栄主義、一国平和主義、まとめて一国とじこもり主 義が日本の常識の主流であった>

 と批判したのは、政治学者の京極純一である。いまもその性癖が日本の世論を偏狭 にしていないか。そろそろ、とじこもりでなく<世界のなかの日本>に開眼する時ではないか。(敬称略)


だがこの政権の配下は、我が弟の二人目を追い込み暗殺した。訃報 はつい2月のことだ。
そこですっかり袂を分かってしまった。共感は一気に萎えた。与党も野党もなく、何もかもどうでも良くなった。下り坂急転落だ。

政治や宗教の団体の配下が勝手をやったかもしれないが、政治トップレベルともなれば同罪だろう。「部下が、下々が、勝手をやった」で済ませるべきではな い。

おれは与党の紳士性を信用して、堂々と批判した。だがあまりに幼稚にえげつなく、暗殺は降りかかったよ。今も俺自身が危ない状況にある。
中国政府を批判できず泣きながら遠まわしに皮肉っていた商店のオバチャン、家族のために泣きながら将軍様万歳を唱えて帰国したオバチャンもいたね。


誰一人、
「お悔やみ申し上げます」
「ご心労お察し申し上げます」

などと表明してこなかった。親身で寄り付く人おらず。

毎日毎日、この体験記やブログを監視に来ている、市会議員という立派な役職のお人でさえ、無視。
これでは「監視だけに来ている」ということになろう。


そのくせ、妙な国権工作があっちもこっちも仕組まれて、結果を出せ、万能なんだろ、という嫌がらせは事欠かない。

悪魔だ。
人間性が微塵もない。
テレパシー電波、その指令で動くラジコン人間達には異常行動、悪魔性が目立つ。誰かが、、、そういう仕様を、実装したのだ。故意に。

まるで、タミフル騒動

 ◇

天声人語
2007年04月04日(水曜日)付
 「日本語は主語を隠し、責任をうやむやにするにはとても便利な言葉だから」。戦 争を遂行し、支えた多くの人が、戦後、責任をすり抜けて遁走(とんそう)した。それを助けたのは、主語なしで成り立つ日本語だったと、井上(ひさし)さん は思う。

だから情報戦争、誰を悪者にするかという陰謀においては
「人殺し! 嘘吐き! バカ! はげ!」

言った奴が勝ちだ。主語は?お前誰?言うだけ無駄。相手は言い捨て。大挙して勢いで蹂躙するだけ。
これは2ちゃんねるなど、軍事的高度手法をなぜか有している情報操作掲示板が、多用している。

 

きのうの目黒区投票所ボス主婦が、終盤にボソッと言った。
「この、ゼロめ。」
コードギアスですかそうですか。どうせ裏表あるよ悪かったね。


魔術を行使する、「先進機能実装人間」
ネットワーキング、連動して動く。頭脳を人格を共有する没個性。例外動作を極端に嫌い攻撃し追い出す排他性。
テレパシーに馴染んでいる。

・お前には新しくなる資格がない
・もう生きる資格もない
・ネットワーク人類、世界中の全てを敵に回した
・社会中から締め出してやったぞ、自殺しろ

と、4年間も変わらぬ”伝統手法”でネチネチ締め付けてきており。
なんだ、新しい新人類とか言ってもすぐ伝統化してしまう応用性のない人種じゃんか。そんなんすぐ抜かれる。

やはりアクセスポイント、基地局、エリアリーダー、そういうのは必要だな。騎士というか。
将軍とその配下機関だけが仕切る重厚長大か。もっとモジュールな現代的組織形態かと。

定型がない奴らは強い。
強いだけじゃなく、人々が惚れる。
だから昨今の浅はかな先進ビジネスは、どこか薄っぺらで、好かれなかった。

戦うだけじゃなく、和合でもなく、
いま何をすべきか、事あるごとに考えている。そして上に打診する。

だが慣例に慣れている人々は

・変わり身早い、昨日ということが違う
・裏切り
・何を言ってるのかわからん

となる。
無論、”誰かに操られそそのかされ”豹変する事態も懸念はされるけど、マネージメントしきった上で迅速な場合もある。



この5年間。

1 官民の温度差がピーク、半断絶
2 政官が一方的に民間各所を蹂躙
3 次第に官主導が反感を呼び、しかし結びつきが結果として官民和合の布石になった
4 いまだいぶいい現象が増えてる。ソフト、フィット、マッチ。

 ◇

どうしてこう、ネット上には、情報工作員を買って出る若いのが多いんだろう。
http://d.hatena.ne.jp/ch1248/20070330
自覚できてないケースはリアルで相当追い込まれている状況が予想される。

http://shi.boo.jp/2007/03/post_241.php
心臓もたねぇす。

いや、何割かはこっちの思い込みなんだけどね。
でもね、神悪魔が相手だと、運命操作を施してまで、嫌がらせを仕組むからね。
相手は確かにたまたま書いただけでも、背後で仕組んでる奴は確かにいると言う、ややこしい話で。

 ◇

2007/04/04 13:58
REMOTE_ADDR: 202.212.156.235 st0139.nas941.d-osaka.nttpc.ne.jp

[ 名前 ]
青木久美子

[ 件名 ]
未記入

[ 本文(大) ]
無事だったんですね。よくわからないけど、誕生日ではなかったのですか?そうでし たら、おめでとうございます。あなた、逮捕されたのか、亡くなったか、海外に高飛びしたかと、心配しましたよ。ちなみに、私はカルト工作員ではありません から。

またこいつか。
さっき、明日は一応誕生日、適当にケーキ買うなりしようかと考えたから、
思考盗聴により、組織ストーカー工作員の連絡網を通じて大阪まで連絡されたようだね。
「ほのめかし発言 俺は工作員じゃない発言」にこだわるのがきみらの手法だもんね。
つうか、文面自体が被害者でも一般人でもないもんな。

なんどか誕生日当日には書いたけど、前日に誤解されるような書き込みはしたことがない。
つまり、「さっきの思考を盗聴してなきゃ、きょうが誕生日だと間違うはずがない。」


221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp
こっちのアドレスは素性がばれるからやめたんだね。
f. [組織名] 有限会社 Mプラン中之島
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0703.html#3

 ◇

きょうも自宅には電磁波照射工作が。
抹消血管が縮むこと。寒くて意識が遠のいて仕方がない。

外へ出た瞬間に石井家の女房は飛び出してきて、いつまでもオレを睨んでるし。「まだ懲りてないのか」などと偉そうにテレパシーしてくるし。
あすこと、南の通り沿いの茶髪の渡辺(土建)、はかなり隠さずに堂々と工作をい仕掛けてくるね。


”自分の分身”が多数増殖し、
決して排他や恐怖統治に依存せず、人情の結びつきと合理性との融合で朗らかな世の中にしてゆけば、
それは非難されない、評価される対象となりえるのではないか、みたいな。

ある人物の心情の
ネガが現実にネガを呼び寄せ、
ポジが現実にポジを呼び寄せる場合、
躍起になってネガに追い込んでた奴らはどう追及されるのか、とか。

どうせマンガみたいな世界なら、
漫画みたいにネガであるより、ポジである方がいいに決まっている。


8    2007/04/04(水) 07:38:31    proxy.keishicho.metro.tokyo.jp    202.32.0.132    eh    192.168.11.53    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)    07                1    Bookmark or Direct    8
10    2007/04/04(水) 07:37:06    proxy.keishicho.metro.tokyo.jp    202.32.0.132    eh    192.168.11.53    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)    07                1    Bookmark or Direct    10
11    2007/04/04(水) 07:35:14    proxy.keishicho.metro.tokyo.jp    202.32.0.132    eh    192.168.11.53    Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1)    07                1    Bookmark or Direct    11

きましたな。斜め読みして終わりかな。

1    2007/04/04(水) 14:44:43    gwplacea.nir.jp    210.254.109.3    h          Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)    0611.html                1    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%82%AA%E9%AD%94+%E5%82%AC%E7%9C%A0+%E6%B4%97%E8%84%B3+%E6%86%91%E4%BE%9D%E3%80%80%E6%96%B9%E6%B3%95&ei=UTF-8&fr=slv1-snvaio&fl=0&x=wrt&meta=vc%3D    1
2    2007/04/04(水) 14:44:22    gwplacea.nir.jp    210.254.109.3    h          Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)    taiiblog                1    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%82%AA%E9%AD%94+%E5%82%AC%E7%9C%A0+%E6%B4%97%E8%84%B3+%E6%86%91%E4%BE%9D&ei=UTF-8&meta=vc%3D&fl=0&pstart=1&fr=slv1-snvaio&b=21    2
3    2007/04/04(水) 14:41:55    gwplacea.nir.jp    210.254.109.3    h          Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)    0610.html                1    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%82%AA%E9%AD%94+%E5%82%AC%E7%9C%A0%E3%80%80%E6%B4%97%E8%84%B3%E3%80%80%E6%86%91%E4%BE%9D&ei=UTF-8&fr=slv1-snvaio&x=wrt&meta=vc%3D    3
4    2007/04/04(水) 14:41:33    gwplacea.nir.jp    210.254.109.3    h          Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)    0611.html                1    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%82%AA%E9%AD%94+%E5%82%AC%E7%9C%A0%E3%80%80%E6%B4%97%E8%84%B3%E3%80%80%E6%86%91%E4%BE%9D&ei=UTF-8&fr=slv1-snvaio&x=wrt&meta=vc%3D    4
5    2007/04/04(水) 14:41:02    gwplacea.nir.jp    210.254.109.3    h          Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)    0611.html                1    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E6%82%AA%E9%AD%94+%E5%82%AC%E7%9C%A0%E3%80%80%E6%B4%97%E8%84%B3%E3%80%80%E6%86%91%E4%BE%9D&ei=UTF-8&fr=slv1-snvaio&x=wrt&meta=vc%3D    5

http://www.e-seikatsu.info/
の社員らしいんだけど。「いい生活」なのに 「悪魔 催眠 洗脳 憑依」って…

/5

おれはつくづく、実験体、実験対象、そして利用価値がなくなり捨てられ、
その際に重篤なウイルスを仕込まれ、サ トラレ状態の思考晒しとか、
”悪魔常駐憑依”でテレパシー越しに周囲の人々にけんか売って歩くとか、
そういう社会不適応な「ウイルス感染状態」にされ廃棄された。

きょういた大手金融系企業のオフィスで、周囲がまるで「量産型」のごとき安定性を見せていた。
驚くべき”同期連動性”。さして個々の能力は高くないが、数で押せ押せの効率重視。ネットワーキングタイプ。

おれは試作機らしく、ゲリラ散発性の電撃作戦には向いてる。
でも、故意に、ネットワーキングな連中とは連動しづらいように、「チューニング」されてしまったようだ。
”邪魔するプロセス”が、おれを巧妙に微細に操って相手と連動できなくさせている。

どこまでも、おれを社会追放、不適応性に、しておきたい意図がある。
これは「組 織ストーカー」などと呼ばれるファシズム弾圧行為の定番動機。


そのオフィス内、皇居も程近い大手大企業なのに、やくざが来てた。頬に傷があって浅黒い。
みなマジメなスーツビジネスマンなのに、彼だけ私服で横柄で、しかも定時に黙々と帰ってしまった。
つまり、威力に任せて乗り込んできたのであり、社員じゃないのだろう。

おれに仕事を教えるという人間も、おなじ手合いだった。目が座っててごつい。カード会社の派遣社員ってタイプじゃない。
業務引継ぎドキュメントをただ読み上げるだけを延々続けながら、至近距離にいながら「念術でプレッシャーをかけ続ける工作」。
しかも「あと3日、ひたすらこれやります」と言う。バカか。要は俺を威圧し続けて根負けさせて追い出したいだけなのだ。
ドキュメントつまりマニュアルや設計、仕様書などは自分で読めばいい。前任者などはたまに質問する相手でしかない。

事前学習したんだろう。した部分はすらすら読むが、ちょっと意表をつく部分を質問するとまったく答えられない。本物の社員じゃない。

しかも挑発的だ。パスワードを堂々と紙に書いて、ほれどうだとばかりに見せびらかしたり、
「中央線で自殺が多くてねえ」とか「底辺でその日暮らしするしかないねえ」とか「予定より早く追い込めそうだねえ」とか、こっちが気をそらしてるときにさ らっと言ってのける。
こいつと一緒に話してると散発的に「殺します」「死ぬのは嫌だろう」などとテレパシーが割り込んでくる。

ズル休みして喫茶店へつれて行き、そこにはカルト宗教信者風の目がパッチリしたおばちゃん二人が談笑している。
見た目は明るいけど、みるみるこっちの心臓が締め付けられ、相手はそれを見てうれしそうにはしゃぎ、益々談笑が盛り上がってゆく。
同伴の彼も一緒になって攻撃してくる。いきなり強調発言の勢いで脅したりとか。
薄れる意識の中、「あのいわいさん?なんかひっこみじあんで」とかほのめかしてきやがるおばちゃんズ。

帰社間際、もうひとり、わざわざ名乗り出た中年工作員が。よく見ると彼も私服ジャンパーだ。
「じつはおれもなんだよー」とか、近くの通路に飛び出してくる。携帯電話かけ始めるけど、持ち込み禁止なんだけどな。

そりゃ3人もプロの念術工作員がいれば、フロア全体の人間がおかしくなるほど操られるさ。
なんか考え出すとケタケタ笑い出す、間違えるか理解があやふやだとキャハハと笑い出す、みんなもぐら叩きのロボットみたいに。

仕事自体は業務サーバ設計構築と、昔の経験が活かせるし充分咀嚼できたけど、邪魔さえなければ明日からでも作業に没頭できるけど、
こうした謀略的要因で諦めるしかない。もう日本は俺にとっては「終わった国」だ。参加できないんだから廃墟と同じ、ジャ ギにハート様はどこじゃあ状態。

派遣の担当も変だった。
いきなり豹変して意気揚々威圧的になる。「うちの社員死んじゃったんだよねえ」と、まるで俺のせいみたいに言ってくる。
「きょうはものすごく心労かかると思うけど、無理しないでねー」と、確信犯的にほくそえむ。
契約書類なのに「今思いつきで、有給休暇を金で買いますよ、どうですか、今すぐ決めてください」などと
まるで詐欺訪問販売みたいなことをやる。大手都市銀の派遣会社なのに。
メールもこんな感じ。
>文脈から見て、23日とあるのは、22日(日)のタイプミスと勝手に判断 し、

こう、キャラを作り上げて持ち上げまくるけど、さりげなくバカにして、侮蔑する、大人らしいやり口と言うか。

派遣先の担当も変だった。最初から、一時間で逃げ帰ることを想定してる。
レクチャーに使う会議室が一時間で別のチームに使われちゃうとか、
念術で心臓を痛めつけて一時間たっても帰ろうとしないので慌てだすとか、
8時間経過して帰ろうとする頃には呆れ顔でいるとか。

重度に操られるにつれ、やくざの代弁者みたいになってく社員さんたち。
「出来ないに決まってるんだから、謝れ」
「おーお、どうせお前が言ってることは何でも正しいよな」
出来るものを、そいつが気にいらないから組織がかりで邪魔して、脅して、潰す。「できねえじゃねえかよ」とまた脅す。

きょうはまさにその「組織ストーカーの定番構図」を濃縮して示したような一日だった。
仕事は比較的簡単なのに…


「二重人格」は、”集団洗脳システム”に組み込まれた機能

「二重人格」は、”集団洗脳システム”に組み込まれた機能だ。
誰もが悪魔に豹変する。追い込むことに容赦がない。居丈高に相手を罵り、苦しめる。
まるで量産ロボットみたいに、みな同じように動き、しゃべる。アシモ10体が日本全国からテレビ会議で同時にダンスするかのようだ。

ネオ討伐のために、霊(エージェント)がテレパシーネットワークを通じてどこまでも追いかけ、現地の人間に憑依して体を乗っ取り、しゃべる。危害する。

シーソーゲームだ。
自分の居丈高が勝てば相手はのた打ち回り意気消沈し苦しみだす。
逆に相手の勢いに飲まれれば心臓や周辺血管が縮み上がり大変な苦痛やショック症状を催すことになる。



数には、プロの強さには、まるで歯が立たない。こりゃ行き倒れかな。
だが意外や意外、警察と自衛隊はまるでいなかったさ。

夜のマルエツ。自動車工のヤンキー上がり兄ちゃん夫婦がよこされてた。
なんか悲しくなったな。根が気前よさそうなあんな兄ちゃんまで命令で動いてる。そんな弱気が伝わったのか、あまり強くは仕掛けてこなかったが。
ビバホームのほうは宗教信者親子か。待ってましたと物陰から出てきて「ああ、かれ、彼ね、いいんじゃないの、たまには美味しいもの食ってね」とか。
中学生が言うことか。眼が泳いでるとは言え。さっき、(たまに寿司でも買うか)と思ってしまったがために”思考盗聴”されたようだ。


 『悪役を作り出す手法


悪役を作り出すセオリーがある。

黒子加害組織<> 公開被害者個人<> 聴衆(二次被害者)

黒子は水面下に隠れながら、個人を悪役として宣伝したり、悪党の一味として演出利用したりする。
民衆は個人が悪だとまでしか情報を与えられない。まさか水面下で悪が動くなどとは考えが及ばない。
個人が巨悪の片棒を担いだように演出し、さーっと物陰に隠れてしまう黒子集団。

そして、被害者は疑心暗鬼になる、偏見の固まりだ。
ただの偶然や他の仕業まで、あいつに決まってる、あいつが悪いに決まってる、と言う様になる。


電波で人を操るその方法は?

http://bakenshi.exblog.jp/
電波で人を操るその方法は?
電波で操られたら、まともに生き、逆らう事。人に広める事、起訴する事。電波で操 られる症状は頭が重い等。
彼らのねらいはVIPだと思われる。監視しなければならない人(国家ならその反逆 者)は全員監視されているかもしれない。

電波で操っている為、妨害電波をだす物を開発してもらいたい。

ここだけ、的確に書いてある。
公共施設の「携帯電話電波妨害機」のような、「テレパシー念術を相殺妨害する携帯機械」が開発されれば、
諸外国の工作によりあるいは無法の徒により操られたり、国内で秘密警察活動に使われたりしても、防衛対抗できる。

防衛手段のない、電波のように避けようのない、「侵略手段」は、
いずれ国家機関をも苦しめる。なぜなら、政府とは法に縛られ、無法には勝てないからだ。
法治と、無法が、それぞれしらばっくれて、電波で互いを操る戦争をやったら必ずそうなる。
特に公務員は、ITさえ無知で理解が進んでない。「電波?洗脳?ハハハ」、だろう、普通に警察署に駆け込んでもこうなるし。
まあこれは一般人も同じ反応だけど。

・あることさえ知らない人が多数
・あることが仮に全国民わかっても、法や遠慮に縛られて勝てない

そして、仮に日本政府が支配のために使っても、中国や米などの”食えない大国”には勝てない。
いずれ洗脳合戦をやって、負けて、”違う民族性”にされかねない。


運命も人も、森羅万象あやつられる時代


今や、
・テレパシー
・精密な連動動作(まるでロボットか、細胞)

などで没個性、全体化、した”新機能人類”。
(新人類ではない、ハードつまり実装機能はともかく中身つまりソフト、心、精神は従来と一緒だから)
(悟ったと思い込みおれを睨むけど、組織悪の存在にすら気付かない。司令塔の自由気ままに「思い込まされてる」だけ。錯覚。)
”影の政府化”して、従来の政治機能を凌駕、軽視しつつあるように見える。政治中枢とて今やカルト与党だし。

昨晩、脅しテレパシーが降り注ぐ中「脳卒中で殺してやる」と罵られた。
その後、「その時歴史が動いた」では、上杉謙信の回。
もう倒されそうな政府、足利幕府を敬い、織田信長に恐れられ、倒しかけたが脳卒中で急死した、「義の武将」。
勝ち戦でも領土を奪わない。そのための産業奨励、富国発展。

彼らは、こういう魔術を良く使う。「運命操作」というやつだ。

テレビを適当につけっぱなしにしてると、次第に会話になってくる。
バラエティのテロップ、ニュースキャスターの一言、チャンネル変えた瞬間に聞こえるセリフなどが繋がってくる。
これは街角でも同じ、適当にすれ違う人々の言葉が連鎖的に繋がってきて、ひたすら一人に罵られたようになってゆく。
これはきょう、オフィス内で仕掛けられもした。念術工作員が潜んでるとその場全体が緻密にそうなりやすい。

参考記事

誰かがいつでも勢いがありラッキー、対抗勢力はいつもアンラッキー、
なんだか地震が散発し続ける、なぜだか二回も大型台風が突っ込み、

神懸かりのように、どこへ出かけても同じタイミングで工作員が押し寄せるし、
彼らに睨まれ体と心が重くなると包丁を足に落したり、犬糞の前で立ち止まることが続いたり、黒犬黒猫カラスとの遭遇が急増したり。
思考はテレパシー越しに盗聴されているし。


http://fushigi.accnet.co.jp/rss/01/id142652.asp
運命変更というのはやはり、情報操作かも知れません

良い着眼点だ。

・情報操作とは、事実と違ってでも”自分達に都合の良い情報”を正当だと宣伝すること。
・運命操作とは、自分たちの思い通りに現実を作り変えようと言うもの。

/6

ぶっ倒れてたら昼に担当が訪問してきた。

話の雰囲気や内容からするに、担当の派遣会社もグルだね。罠案件。
発言も、事後に来たメールも、サクラサクラと連呼してた。派遣先との折衝の経緯が書いてあるけど、すごく芝居臭い、自然な感じがしない。

「ストレスで円形脱毛症だらけに」嬉々として言う。
「この契約書なんか渡すと、さらにストレスになっちゃうかな」
何とかして、昨日のあのオフィスへ向かわせようとする。
味方です、を何度も強調する。
選挙のバイトを全部辞めさせようと躍起になる。あっちは組織工作の根回しが薄いと警戒しているようだ。

しばらくは味方として普通の気配で落ち着いてるけど、ちょっと気をゆるめると意気揚々となり、威圧気配を放ってくる。
この切り替えがうまい。セミプロか、プロか。

面談のあと、疲労困憊だった。それだけ悪意があると言うことだ。
都市銀に直接けんかを売った覚えはないんだけどな。
それとなんだか、現場前任者の素性について触れたがらない、恐れている、そんな感じがしたね。

単発作業系バイトでごろつきに絡まれるのと違い実に周到で回りくどくて神経戦で、でも仕掛けられてることや大元の意思は一緒。


大企業だろうが公だろうが油断ならない。

上層部、都市部、悪意と魔にまみれており、近年それが急激に爆発的増大している。
ちょっと悪意に身を任せると、意識を乗っ取られ暴走しかねない。よって、いま警戒すべきは”悪意の運用”であろう。
こういう時にもっともあてになるのは、交わらない、責任のない、自由な身の上の人間くらいだね。

みな「こういうもんだ」と諦め、割り切る。これが危ない。人間というものの”チェック機能”を捨てた心情が、いまの魔的精神の社会を作り出している。
人として人らしさを温存するにはむしろ社会との交わりを減らすしかない。そういう時代に。


担当に通報されちゃったのか、警察ヘリがやってきて上空をグルグル周回を始めた。

 ◇

蛸型の”ダムダム星人”が侵略して来ました。とはいえ武力など使いません。
彼らはダムダム洗脳光線で、自分達が王であり絶対服従したい”ステキな存在”だと、思い込ませる技術を持っていたのです。
「ダムダム的でない人間は抹殺する!」
市民が、公権が、大企業まで、一丸となって弾圧を繰り広げてゆくのでした。

 ◇

佐川の配達が来た。藪睨みで、本能的警戒を呼ぶ。
別に荷受人でもない俺に話しかけてくる(この時点で普段ありえない)

・やっちまえといわれて断ってる、3人の中でえらべとかなんとか
・地方はしがらみが多くってねー

選挙がらみのたとえ話。


通りすがりの母子が次第に気配に釣られて変なことを言い出す。
「いけないことすっと警察が飛んできてやられちゃうんだよ」
これは目黒区投票所と同じパターンだ。

向かいの石井家の女房が突然「なにっ?」と叫ぶ。まるでキャリア官僚でも乗り移ったように。

どこへでも飛んで来る、官憲の生霊?が人々を操り、監視する。
あるいはそういう演出。

神様だ王様だ大臣だお巡りさんだ、かれらが必ず正しくてよくやってると、決め付ける信仰はどうかとおもうがね。


派遣の担当から電話。
まるでこちらの体調が読めてるように、大丈夫ですか、キャンセルしますか、体あっためて、と言ってくる。
変なところだけ「見ていますよ」とばかりに勘が鋭く、でも日常生活じゃ犯罪沙汰もやれば家庭不和も解消できないし、逃亡犯の居場所すらわからない、普通の 人間。
「以心伝心」と言えど、万能ではない。やたら”支配監視遠隔操作システム”としてばかり、特化されすぎてる気がする。

今月は仕事を中心に組織工作が張られ、過負荷と無理難題による弾圧が目白押しだし、死ぬまで行かなくてもかなりやばいだろうな。
仕事してもやばい、しなければ飢える、誰がこんな”地獄実現システム”をここまでにしたんだ。開発当初とはまた事情も違うだろう。


近所の、とっぽい職人連中だろうか、たまにテレパシーで罵倒してくるのは。

・飯なんか食うな
・仕事なんか行くな
・いつ死ぬんだ

悪魔と人間の一体化、ここに極まれり。世俗から離れたほうが回避はたやすいが、それもまた厳しい道だ。


民衆の共感を呼ばない、諜報謀略


組 織ストーカー」は、所詮は”情報操作”と”運命操作”頼み。あるいは威圧的組織力頼み。

だから、現場の人々は、次第に疑問を感じ、あまり加害に加わらなくなる。不審点が多すぎる。これは被害者当人の「熱意、伝えようとする意思」にもよるが。

昨日の大企業のオフィスも、
先月23日の高輪プリンスホテルの会場も。

時間と共に共感やノータッチこそ増えても、加害者 側に与し続けるのは、現地に押しかけた工作員ばかりに、減少してゆく。
だが結局は、組織の”念術工作員”達は、強引に、現地を操り続けるのだ。

無法が、法治を、凌駕している。


おれは現場ではハッキリ言う。テレパシー垂れ流しにされてる自分の思考を通じて。
相手が大企業社員だろうが、関係ない。

「あなたがたは今まさに、”人殺し”なんですよ。」

 中傷だけだし、なんか悪い奴らしいし、いいじゃん。
 テレパシーうるさい、迷惑な奴だし、追い出すだけだから、いいじゃん。

…という軽薄な認識が大半を占める。堂々と睨みつけるほど熱心な一般人は皆無。

だが、社会中、あますところなく、これを根回しする組織体制が確立している。一種の追い込み、代替手段になっている。
つまり、一箇所で追い出しを許せば、それは日本全国を追い出すこと、「社会追放」を容認すること。干す、ってやつだ。

つまり、日本国民全員が、「ファシズム弾圧の兵隊」
人殺しの構成員、やくざや公安警察の非常勤手下、だ。

スライムみたいな”全体生物”が、一方では中傷のみで、一方では被害者の家族を見せしめで暗殺している。
「共犯関係」。ひとりひとりは細胞で、全体成果は見えていない。

だから、一番しなくてはいけないことは、「諜報謀略には、個人も企業もノータッチ、サボタージュ、無視」
これ以上の有効策は今のところ、見当たらない。

”絵に描いたような個人悪”など、現代においてはありえない。逃げおおせる強盗が皆無なのと同じだ。
だが、
”顔が見えない組織悪”など、支配層の裏表に数々存在していて、似たもの同士で連携している。課長(闇金現場の若いの)とかのせいにして公然と逮捕させ、 組織として逃げ隠れる官庁(あの筋)みたいなもんで。

庶民の”リテラシー不足”。これに尽きる。


ワーワー責める、という虐待、足引っ張り


仮に国会がスタジアムになってて、絶えず政治的サクラも混じったブーイング部隊に野次を飛ばされていたら、
きっと国政は非効率化が進み大きな停滞を生み、国会議員は心労やしわが増えるだろう。

組 織ストーカー」はそれを狙う。

・常時、ひたすら、周囲に野次させる。

車の助手席に、常時自分の運転を野次る奴がいたら、きっと数分で事故を起こすだろう。
どんな優秀なエリートもスポーツ選手も、ミス続きになるだろう。


かの「無 限のリヴァイアス」は、監督が”鈍感力”を発揮し、徹底してファンの意見(主に、公式サイト掲示板)を
見なかった、間接的に伝聞しても返答しなかったからこそ、名作となった。

 私は今回初めてTVの監督をやりました。そのため、道を間違わないよう自分に ルールを設けたのです。それが、外部の意見は意図的に取捨選択させてもらう、ということでした。

 外部の意見を全て無視するつもりは毛頭ありませんが、一人一人考えが違う以上、 そこに何らかの縦筋を通さないと混乱をまねくからです。なんとなくイクミが25話で言った台詞と言い回しが似てしまいましたが、誤解しないようにお願いし ます。

/7

ベルク蓮田。
ガキが異様に騒いでいて、不快でならない。念術工作員が来ていて、操ってるようだ。

遠隔操縦、つまり”憑依”された人間は、
みな同じように騒ぎ、加害し、嫌な気配がして、発するもの全て(声、動作、姿など)が不快に感じる。
そして工作員は、それをすべてわかってて、”嫌がらせの手法”として使う。自分自身が出てくるとは限らず、周囲の人間を操り豹変させる。

そういうもの、としかいえない。
”気配と行動”で瞬時に「霊的レベルにおいての敵味方」が判別できる。

常人が普段感じてるレベルの、気配オーラとか、印象相性とか、
あれの啓発強烈版がエスパーレベル、憑依レベルと言うことだ。機能強化版?


べつにベルクに限らない。どこででも、いきなり突発的に不快になったり心臓が辛くなったりする。
周囲の人々が急に殺伐としたり、耐えてるような顔をしたり、咳払いが増えたりするのも、シグナルだ。

4年前より、2年前より、精度が上がっている、「人間ラジコン化、集団洗脳、のシステム」。
まるでレーダーミサイルのように、いつでもどこでも、精密に、迅速に、捕捉されるようになった。
以前はもっと、田舎ではゆるいとか、近くに不審な車が来ないとやられなかったとか、”開発段階”のような隙があったが。
監視社会実現の上で、”実用域”に達し始めている。非常に危険な段階。

この場合の監視社会は、二進数だ。
適合していると普通に暮らせるが、不適合、不正に口うるさい、などでフラグが立つと、市民総出で追い出され、干される。
なんせ広域電波に制御された「ラジコン市民」。”真実”は知ろうとしないが、”指令”は忠実に実行する。

 ◇

家庭教師ヒットマン reborn
マフィアのボスになるために死ぬ気で特訓とか言うアニメ。

「悪のオーラ」対決とか、おれの身辺で繰り広げられてる”念術による暗殺”合戦とよく似ている。
マフィア陣営内部で人体実験とかモルモットとか。

あまりに、陰惨な現実をモチーフにしたアニメやドラマが増えた。
最近だと「ダーカーザンブラック」もそれ。
デスノート、コードギアス、など。
「女王の教室」なんかは、当時の狂った為政者の欲望を表していた。

テレビは時代を空気を映し出す。
以前はソフトなもんだったが…なんか変だな、と淡く感じたときにはもう本当に変になってた。

 ◇

この手の脅迫には慣れてるからね。
素人でも文面の所々で気付く。


【忍者メールフォーム】 [ defo ] にメッセージが投稿されました。
8:50
REMOTE_ADDR: 219.165.251.222 i219-165-251-222.s02.a020.ap.plala.or.jp

[ 名前 ]
san

[ 件名 ]
お互い頑張りましょう!

[ 本文(大) ]
はじめてお便りします。
四月一日のブログを読みました。エンジンへの水混入、私もされました。おかげでバ イクが動かなくなり東村山から当時住んでいた武蔵村山までバイク(といっ てもスクーターですが)を押して帰ったことがありますよ。プラグが緩められたこと、これもあります。2001年頃でしょうか、頻繁にパンクが起こった時期 がありました。夕方直しにいったのに朝になるとまたパンクしているといったような・・。でいつも近くのバイク屋のおやじさんに直してもらってたんですが、 あるとき「このネジ、おたくが緩めたの?」などと聞いてくる。私はもちろんネジなどいじったこともありません。なんでもそのネジというのはそのスクーター にとって大変重要なネジで、これが緩んだまま走っているとこのまま分解をおこすような大変危険なネジだそうです。で、そのネジは通常緩むようなことはな く、人間の手でかなり力をいれて、かつ専用の工具を使って回さない限り、絶対に緩まないようなところだそうです。そのおやじさんに「おたく狙われてるね。 気をつけた方がいいよ」と言われました。2004年頃には100CCのスクーターが盗まれました。またバイク走行中で�
 $N7y$,$i$;$b@($^$8$/!"L5M}$JI}4s$;!"%&%$%s%+!<$r$D$1$:$K5^$K: 8@^(バイクは通常、車の左側を走るので、この急な左折がどれほど危険なものかはご理解頂けるかと存じます)。信号などでの停止時は前をいかせないよう に思いっきり左側に寄せての停止、etc。停止しているバスに突っ込ませるような誘導運転をされたこともあります。連中は嫌がらせのためならどんな手段も 使ってきます。もう充分わかってらっしゃるとは思いますが、特に走行中はお気を付け下さい。

 ◇

なんかここ数ヶ月、「平凡社」に気に入られて集中アクセスを受けてる。「集団ストーカー 実行役」検索で。
そんな色物の書籍は出してないようなんだけどな。マジメな取材??
おれそのうち、「音声を変えてあります」とか、モザイクとか、そういう取材受けるのかなあ。よく知る人物、とかで。


流出したのは“超ド級”の「軍事機密」 (ゲンダイ)
 海上自衛隊の2曹(33)により持ち出されたイージス艦の“超ド級”の極秘ファ イルは、よりによってワイセツ画像とセットで外部に漏れていた。米国が誇る最高軍事機密が、いとも簡単に流出したとあっては、米国側が激怒するのも当たり 前。もっとも、司法で裁こうにも、漏れた機密ファイルの全容は明らかにできないとあって、事件は下っ端のしっぽ切りで、ウヤムヤで終わる可能性は高い。

これは、シンクロニシティ(運命連動)的に、目に付いた。いわば暗示。

「運命操作」、「集団洗脳で人間ラジコン化」、こうした機密が、散々利用した、おれによって漏らされている、
まるでトカゲの尻尾切りみたいな今の自分の状況。

 ◇

大学生くらいの4人組がやってきて自宅前で「しね しねよばーか」罵り、去る。
テレパシーでおれの脳内に張り付いてる連中が(よくぞいった!)などと、はしゃいでいる。
普段見ない連中。ここは閉鎖的地理条件の住宅街で通行人は決まった人間ばかりだ。

様子を見てると、やたらクネクネ曲がってゆくし、行き先が見えてこない。
どこぞの組織系統に命令されてやってきた口か。花見にしてもここはよそ者の通過点になりっこない。

と、今度は中学生のワル3人組がやってきて、これは露骨に嫌がらせだった。
道路の真ん中に自転車を放置してやかましくキャッチボール。チラチラ意識してる。
”不快な気配”も、大人の悪党の気配と代わらん。貰い受けているのだろう。やくざ予備軍の顔ぶれ。
よくあるパターンだ。いさめさようという意図。数ヶ月前に近所の中学生にも家の前でやられた(記事アリ)。

同時に似たような不審なのが数組来る、いずれも柄の悪い奴らばかり。差し向けてきた系統が窺い知れる。

/8

ものすごいスーパーツールがひしめく現代、それを使いこなす若いのは 無数にいる。オペレートスペシャリストは。
でも、そのツールを分解してカスタマイズできるか、できない。自分で似たものを作ろうとするか、しないしできない。

さて、世の中の多くの人々の、テレパシーや予見などのESPスキルが、支配者によって引き上げられたようだ。
「お前と同じレベルになったぞ、お前の事はなんでもテレパシー越しに聞いてるぞ、わかってるぞ」

ため息が出る。4年前の、すっかりやくざに仕掛けられた遠隔洗脳で思い込みでバカになってた家族達を思い出すよ。すごい不快な気配出してな。
あの家族達の悪魔性が社会中の人々に適用されたような状態。あっちもこっちもニヤニヤするか、不快な気配を発しながら恍惚とした眼で嫌がらせしてくる。

テレパシーはそんなに真実だけを聞かせるの?
予知予見は?高速思考は?ネットワーキングによるデータの貸し借りは?

きっとほとんどの人が答えられまい。
なぜなら彼らは「新聞を読む人」以上ではない、ウインドウズなら一般ユーザだからだ。
受身で、聞きかじるだけ。虐めていいというから面白半分に参加してるだけ。だから軽薄な若い奴が多い。
深みがない。真実探求の真摯な姿勢は、もっとない。論客とか論議とか、縁遠い。

だから、まだまだだ。上級シスアド、アナリストレベルを戦ってきた、知りすぎてやばいくらいのおれとでは、むしろまだ差がありすぎる。
古い新しいでもない。

テレパシーネットは、インターネットの延長だ。
脳をパソコンとして、ネットワークを通じて、コンピュータウイルスも来れば、ハッキングもされるし、トロイも仕掛けられる。
何より、ファイアーウォールがない。せいぜい精神統一で排他性を高めるくらいだ。

俺の人格の半分は、そうしたハッカーによって付け足された。
以前は自分しかなかったのに今や、自分じゃない人格が居座り、自分より偉そうに、抑止も出来ず勝手に暴れる。
遠くにいてもおれの思考が聞こえる?バカを言うんじゃないよ、というのはそういうことだ。裏事情を知らないからそんな安直なことがいえる。

・口汚く他人を罵る、卑猥を口走る
・物凄くえらそうで、まるで官僚

この辺は完全に、俺の悪印象を誘うために、おれの人格に組み込まれた「常駐ウイルス」
あるいはリアルタイムのハッキングで俺を操ってるチンピラの人格。現地のやりとりでは多いパターン。

組織陰謀レベルで、こういうものが実用化され、手馴れて使われている。

 ◇

都知事選の投票所スタッフやってきたけど、やっぱりここも罠が張られてたな。
もはや、日本中どこへいってもこういうもんだ。例外はまずない。それくらい、諜報筋に監視され帳簿につけられとる。

超音波による威圧攻撃。耳鳴りの周波数が音量ボリュームのつまみいじるみたいに絶えず変調するから電磁波ではないとわかる。
自分の席付近に、散発的に照射される。
テレパシーも多くの生物は音波を使う。コウモリ、イルカ等。
脳波(体調や性癖など)を音波信号で書き換える、人の意思を聞かせる、などができるわけだ。実体験してるし。

スタッフも、中核をメインに訳知り顔。どの人が操られて陰険なのか、本物の工作員なのか、いまひとつわからない。
警察官も常駐してたし、これも無関係ではないだろうな。すごい顔していたし、道中の交番からも血相変えて巡査が飛び出してきたし。

シンクロニシティ、つまり「運命操作」的な誘導も、用意周到な感じ。
会場の近くをぶらつくと、なんとあの試衛 館道場跡を発見。新撰組かよ。
むこうさんはすぐこっちを、古い、どうせ潰れる支配者にくっついて頑張ってるおっさん、みたいに例え話する。

エスパーもどきになった連中は大抵そうだ。

・残忍、情がない
・テレパシー情報は鵜呑みにするが、会話には持ち込まずむしろ逃げる
・徒党で寸止めで追回したり突付きまわすのが好き
・古いものを酷く嫌い、侮蔑している

幹事かなんかのオジサン、
「別に仮病使って帰っちゃってもいいんだぞー」「すっかり青ざめちゃって」などと散発的にからかってくる。
心臓を締め付けられても業務をこなすこっちを見て楽しんでいる。
「精神病棟に入るの、そう」などと、たまたまきた客か、サクラか、わからないけどそんな話をしてゆく。

派遣として一緒に来たオバサンのほうは、これも嘘っぽいたとえ話。
三人兄弟がどうとか、長男は好き放題やってるとか。
すると向かいのオジサンも、「三人兄弟の兄貴はだめだね、態度とか言葉遣いとかがなあ」
説教をしながら、弾圧をやってる。まあ弾圧を教育と嘯けばみんな納得するもんな。

ほかの普通っぽい職員達は、なんとか通せんぼとかやんわり嫌がらせをして帰らせようとする。
そりゃそうだ、とばっちり受けてるんだから。来場者も会場のただならぬ気配におびえる人もいたし。

帰り、待伏せが多かった。みんな若いヤンキーまがい、あるいはダウンタウンファッションの連中。
街角にたむろってニヤニヤしてたり。共通点は、こっちを意識している。

明日は例の罠案件の様子見だ。どうせまたアレだろうから早退と辞職の流れっぽいな。
干す腹らしいからな、組織謀略側は。まあいいさ弟二人心不全と衰弱で殺されておれも同じように殺される、
そんな国は富士山噴火の呪いと共に、おれと一緒に滅んでもらおうか、みたいな”気持ち”にはなる。

/9

知能犯的、どこまでも回りくどい、謀略と言うのがある。

・味方です、と何度も宣言する
・つくり笑顔も万端
・景気曲線のように、甘い言葉と脅しを含む悪い話を繰り返し、いつまでも迷わせる

だが、どんな知能犯とて、限界はある。意図を見せないなど不可能だからだ。

・景気曲線の悪い話ターンになったときだけ、力が入り、意気揚々としている。
・良い話ターンの時は、適当に、だましてるんだとからかうくらいのスタンス。


結局、大手信販の案件はトラップオンリーだった。

02年の、都心部のやくざIT企業に誘われた時と酷似している。

・まるでコネみたいにストレートに入れる、他の優良派遣では絶対にレジュメで落とされるのに
・しかも「あなたが気に入った」「とても期待している」という論調まで持ちかける。
・入ってみると、ゴロツキ社員が囲んで迎え入れる。プレッシャーと間接中傷のオンパレード

つまり、関西の大手都市銀も、国内大手の信販も、グルになってオレに仕返しをしたかったわけだ。
あれか、グレーゾーン金利見直しがおれのせいだとか勘ぐりたいのか、なんでもかんでもおれのせいだな。

この場合は、「内部による犯行」
昨日の選挙事務は違う。いや程度の差かもしれないが、内部にたいした人員もなく、たいした罠もない。「外部犯行の関与」
「おれは警官の不審自殺が相次いだら何度でも警視庁に通報してやる」と考えた瞬間に、詰めてた私服警官がトイレに入ってくるが敵意は感じないのだ。

だから、昨日は別に良かったが、今日は行くべきでなかった、という感じ。


日本全体が、国政も大手企業も問わず、「悪魔になりたがり病」に罹患している。
それは、「電波による集団催眠」と無縁ではない。全国民、先進各国をカバーするそれと。


その大手信販の「おれ追い出しチーム」は、決まった手順だけを踏む。
(たぶん押しかけ偽社員も混ざってる、都市銀系列派遣会社担当がやくざっぽい外見の”前任者”についておびえるように黙った瞬間があった)

・ひたすら意味の無い長時間会話に持ち込む

何時間でも書類を読み上げる。
何時間でも相談と称して話し合いをする。
いずれも中身がない。

だが、謀略としてこれ以上の材料はない。意思を通じ、声を聞いてしまったら念術は襲い掛かる。
プレッシャー地獄、例え話による中傷と脅し、漬けにしたいわけだ。
実際、2時間いただけでヘトヘト。選挙会場に11時間いてもなんとかなったのに。

最初はやんわりたとえ話。大丈夫だとか頑張ってやっていきましょうとか。
でも業を煮やしてくると「いつまでもおなじ、長い会議を用意し続ける」「色々我侭言ってくるけど、やらせませんよ、という話を」
「がんじがらめに縛った上で、やっちまえ、という話をする」「彼、早口すぎてなに言ってるのかわかんないし」などという話へシフトし、意気揚々目がランラ ンとし始めた。
彼らは話や表情は明るくても、テレパシーレベルでは「つかえねえ はよかえれ」と何度も脅してきた。

いちばん気前がいい、こちらの面倒を見るはずの人物は朝一番、人相の悪い”前任者”と打ち合わせに行った。馬が合ってて、”今日の芝居”の打ち合わせとし か見えなかった。

メーラーを借りる。西村寛之という名が見受けられた。組織謀略では良くある2ちゃんねる誇示パターン。
二日目にしてマイPCもメアドも入館証も用意されてない。言葉とは裏腹に歓迎されてない証拠。
態度からして「どうせ明日あさってには嫌になって出て行っちゃうから」という悪意ばかり。マトモに付き合ってると震え上がって生気が消えてゆく。邪念の 場。

あきらかに、念術合戦に持ち込まれて疲労困憊していた。導きか、相手の意思か、一階へ体が誘導され、帰れ、というテレパシーの声がして、体はドアへ向いて いた。


待ち行く人がぎょっとしておれを見る。相変わらず虎の威を借る狐らしい。
帰路に飛び出してきた中学生に警笛鳴らしたら怒鳴るんで説教くれる羽目になったが、こりゃ運命操作的”啓示”からすれば、おれの身がやばいのかもしれな い。
学生は半泣きで謝ってたけど、おれにはおれ自身にそんな価値を感じないし、誰も心配どころか見向きもしない客観的無価値。

帰宅すると付近で遊んでるガキどもが豹変する。「ころせーーーころせーーー」と叫んでるが、おれに釣られてるという”被害者意識”であるらしい。
明日この人おかしいよ、キニシナイで行こうぜ、などと囁いてる。
叫んでる声は鬱陶しくて仕方がないが、囁いてる方は気にならない。「言霊」とはそういうもの。邪念か清念かで与える作用が変わる。

かように、「霊的なストーキング」が存在する。念術者に仕掛けられた気配を持ち帰り、周囲の人々が豹変するほど”強い気配”がしばらく続くと言うものだ。


まあ、色眼鏡抜きに見ても、おれがもう社会復帰が不可能な頭脳回路になっちゃってるのは間違いない。
現場の人間がおれの気配を感じおれの頭脳で動くようになって混乱、停止する。動きも言動もぴたっと止まる。
次第におれの脳裏に浮かんでくる言葉ばかりしゃべるようになる。

浮かんでくる言葉は脅しか卑猥ばかり。そういう別人格が埋め込まれ、暴走する仕組みになってる。

おれは、周囲を操るための発信機、ラジコンで言えば”プロポ”にされてしまった。
操縦桿を操ってる連中が他にいる。だがプロポは逆らえない。その手段がないから。

一緒にメシをくおう、その言葉に恐怖した。ものすごい威圧気配を放つ人間と一緒に…というんもあるけど、
おれが入った居酒屋なり食堂なりの客達が、どんな大混乱に陥るか。
脳が働かないように抑えに抑える、その断末魔の苦しみと言ったら。食事どころじゃない。
一匹狼、フラフラ者、しかできない頭脳と、危険な身の上になってた。


弟も二人死んだ。キリもいい。生きる意味がない。頭脳回路が一部とは言え狂ったままどこかで社会復帰できるわけがなかった。
制御しきれない、暴走している、コンピュータウイルスに汚染され、ハッカーに操られ放題の、世界屈指の威力を持つエスパー頭脳。
こんな危なっかしい体を持ち歩けるものかよ。

あぶれるまで記事書いて、かけなくなったときが死に時。シンプルでいい。

 ◇

年月日時刻    ホスト名    IPアドレス    アクセスページ        リンク元URL
2007/04/09(月) 02:59:31    FL1-125-197-222-148.tky.mesh.ad.jp    125.197.222.148        0703.html
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=JCB%E3%80%80%E6%AC%A1%E4%B8%96%E4%BB%A3%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%80%80%E5%8B%95%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%81%84&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=


【忍者メールフォーム】 [ defo ] にメッセージが投稿されました。2007/04/09 3:20

 ▼投稿されたメッセージ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

REMOTE_ADDR: 125.197.222.148

[ 名前 ]
まさ

[ 件名 ]
どうしたの?

[ 本文(大) ]
大丈夫?
何を思ってこれを書いたかが分からない。何を伝えたい?

 ◇

隣室の彼氏が気配的に過剰反応する。
これは、相手がそういう属性であることを意味する。
作業着の工員や職人、ワル属性の未成年、ゴロっぽいおっさんなど、決まった人種は必ずこういう相互反応をするし、
相手は別に敵意があるとは限らない。半強制的作用と言うわけだ。

つまり、「気配を通じて、テレパシー的に、常時監視」というシステムだな。”気配”だから逃れる術が(ないわけじゃないが)限られる。
気配を通じ、あるいは携帯電話も手伝い、どこまでも情報が通じてしまう。

ヒトは、生物は、必ず神悪魔が宿る。その種類によって外見や素行が大きく変化する。
高度霊体が宿るからこその高度文明。制御される端末に過ぎない。

/10

これ以上の就業継続は困難と判断していますが、ご異議ありませんか?
 異議なければ、後始末に掛かりましょう。

案件担当からのメール。
変わった言い回しだけど、「例え話伝言」ではよくやられる。
畳み掛けちゃったんだ、とか、やっちまえ、とか、物騒な言葉がポンポン飛び出すのは先週からの記事の通り。

まあ実際あっちへ出向いてもこっちへ出向いても、組織暴力が包囲網を敷いてて社会から干す段取りを敷いて、これまでになく八方塞であるし、
それが後始末というならそうなんだろう。生きる道は断たれたか。
別に組織的追い込みをかけられた4年前に人生終わって死ぬ覚悟は出来てて、それがたまたまむこうの思惑で4年延びただけだからね。

つまらん。何もかもが無味無臭に終わってゆく。能力は不変にあっても年数を追うごとに妨害工作が激しくなって不評が増えていったように。

(追伸)
  世の中を狭くしないように  「飛ぶ鳥、後を濁さず!」と申します。

これも微妙な言い回しだな。
組織暴力的には、責任とってシネとかいった物騒な言い回しになるし。伝言ってのはややこしくなって嫌だね。

3兄弟全滅か。


まったく、やつらは、一切、メリット(恩恵)は無視だ。さすがにプロのバッシングだけはあるよ。
仮に、金額でも、実績の数でも、50:50としても、”デメリットの50”しか言ってこない。
こうなるとボランティアでも対価が支払われても、メリットをしてやるのが嫌になる。
まったく「注文の多い料理店」

たとえば
人間を操る魔術で警官を連続自殺させている、こりゃその手のギャングの仕業だな、といったことが把握理解できるので、
その事実を何度も通報してあげても、
「お前はその一味なんじゃないか」と勘ぐられて、ヘリやパトカーで追跡されまくるといったようなことだ。

なんかこう、「悪意だけを優先するような、まともじゃない”魔性”」が、人々の心にインストールされてはいまいか。
いつもじゃなく、あるトリガーによって作動する。自意識で認知できないので、自覚できず、問題意識をもてない。

まあいいや、どうせもう参加できない世の中なんぞ。
このまま切腹の心持ちで何もしないでそのまま死ねるのかどうか、そこまで事態を見守るトライも悪くなかろう。そっちが追い込むと言うならこっちも腹をくく ると言う具合に。

 ◇

きょうは、何面のドカタの家の子供が群れて離れないで、テレパシーを通じて午後ずっと嫌がらせ、というパターン。
むこうも自覚はある。山口のねえちゃんがどうとか、殺すとか殺せとか、ずっと木の上あがりこみ妙な罵りをかけてくる。支離滅裂で繋がってない。
何より不快な気配が周囲に充満してる。

これが新人類とやらだ。誰かにラジコンみたいに操られて、自分達がやってることの異常さに気付くことすらできない。
異常には気付けないが、確信犯で関わる奴らはいる、特定の勢力とその家族って奴だ。テレパシーネットを通じて操られることを了承してる。

おれが追い出されたように立場が弱くなってから、余計にこのシステムは強化され、人々の異常さは増してるように見える。
左派のTBSがまるで魔女狩りみたいに連日吊るし上げられてるし。ここまでひどくはなかったぞ、去年までは。

 ◇

おれを

・うるさい
・悪い

人物に演出している、おれを排除封殺しようとする勢力。
邪魔者を鼻つまみ者にしてゆくってのは古来より支配の定番だよな。

よほどの理由がある。やくざだの公安だの、底辺の犬が寄ってくるからには。
普通に見て、不釣合いなことをしたとか、逆に過大評価とか、色々考えられよう。
元々が案外に多様性を認めない国だ。官のみならず民からも弾圧を受けやすい。

反抗はした。数年間体力が続く限りやった。
もう限界だし、限界を超えてまで頑張る意味は無い。

不当な暴力や信じられないような不正を教えてやっても、民は無関心だ。
もはや想像力欠如、意欲はもっと欠如、

だから最新の若者は中身がなくて、アクがなくて、すぐ食べられるカップめんみたいな抑揚のない作品を好むし、すぐ飽きるし。

やらなかったことが残ってる。不当な要求を飲むことだ。
死ねというのを逆らわない。だが別に急いで自殺もしない。それで死ぬならそれしきの人間だったと言うだけのこと。

いまの日本に落胆している。なんだこの惰性と外圧に負けまくって汚れきった島は。
こんなもののためにおれは命を張ってきたのか。

屈する際に土下座して従順な奴隷になるのは簡単だが、そうじゃないことで支持してくれた人々に申し訳ないからそれはしない。
大体、こっちが低姿勢になるとパンの次はチーズを要求する人種もいる。

5年間、牢獄につながれ、生活保護以下の暮らしを強いられ、無駄にした。正確には10年間尾行され呪いをかけられ、呪縛の日々だった。
二人の弟が暗殺された。一家は荒み離散した。最初に暗殺されかかったのは10歳のとき。

もう充分だ。ためしに大手信販会社Jの派遣に入ってみればやはり組織暴力の手配で脅されまくって追い出された。
大手信販に頬に傷の役職っているんだろうか。

 ◇

ちょっと求人など見ようものならテレパシー攻勢が降り注いでくる。
「もういいんだ やんなくていい やめとけ」
食事をしようとしただけで同じ罵倒が降ってくることもある。

自宅に篭ってただ寝ていろという。
こないだ、やくざ系企業コナミがスポンサーしているアニメのシナリオにこれが投影されていた。(赤ずきん。ランダージョが命じられた内容)
組織ストーカーでは定番の、公共放送を使った嫌がらせだ。

来月生きてんのかなおれ。あまりに八方塞にあちこち張り込まれて、何をする気力もわかない。


舐められないためにも、
評価を数値で示させるためにも、

報酬って重要だよな。

大体が無料奉仕だの搾取だのをありがたがる連中なんてロクなのがいない。そういう奴らに限って、顔を見せないし使者すらやってこない。
すぐ警察だのやくざだの天皇家を名乗ってくるが、テレパシー空耳越しの名乗りほどあてにならないこともない。本当だとしても相手が誠実か狡猾かも見えな い。

/11

おれは常時、テレパシーネットに常時接続を強いられている。
インターネットはパソコン側で切断できるけど、以心伝心はそうは行かない。
で、いつ操られるかわからない。

さて、朝一番のベルク蓮田店。
本当は8:30に行こうと思った。でも、急にもう少し後でもいいような気がしてきた。

ここがすでに、「操られた意識」としてよくあるパターンなんだよ。

加害側は、この隙を利用して、店に待伏せする態勢を整えていることが多い。
案の定、9時過ぎに出向いてみれば、

・いきなり250ccカワサキバリウスにやんわり突っ込まれ逃げられ、(このパターン多し
・店外の物陰に、公安系のスーツ4人がたむろしてる。春日部8190白カムリ、ベタ過ぎる。
・店内に、カルト信者顔の主婦二名が、一箇所に陣取って陽気に話している。

主婦二名の威圧気配は尋常じゃない。
そして普通の主婦はいつまでも一箇所に固まって話などしない。案外しない。朝一番は特に。目的があってやってる場合を除き。

メガネの店員、店長だろうか、こないだから血相変えて出てくるようになった。
なんせつい数ヶ月前、パン売り場の照明落としや買占めなどの組織謀略を、店ぐるみで許すような状況である。どんな職権をチラつかされたやら。(当時の記事アリ

外へ出ると、さっきのスーツ4名がこっちを睨んでいる、さっきから挙動不審だ。
しかも気配が誘っている。おれに近づかせようとしている。これもよくあることだ。相手を操るか、られるか。

話をしてない。ニヤニヤと囲んでるだけ。誰かや車を待ってる風でもなく待伏せ以外にありえない。
すれ違いざまにいきなり「300万」とだけぼそっと呟く。わけがわからない。

ちょっと離れてすぐ戻ってみるといなくなっていた。つまりおれ自身が目的だったと言うことだ。


店内の主婦は叫んだ。「つかわせない!」

テレパシーネットは、閉鎖独占的、まるで秘密クラブか裏カジノだ。胴元が仕切る。
これが胡散臭い媒体たらしめてる。特定利権しか使えず、大本営発表みたいに作為的に晒されたり。
被弾圧側の人間がパージされたり、使い勝手のいい駒が優遇されたり。
オープンソース、仕様機能の公開、待ち望まれる所だ。


ファシズムの観点から言えば、今年に入って加速度的に悪化している。
あれら組織謀略部隊の展開、報道やテレビ番組作りの傾向、待ち行く人々の様子、などを見ればわかる。
加速度的であるということは、瓦解到達が早いことを意味する可能性が高い。

 ◇

道沿い南のドカタ家。
昨日も子供にたむろさせ暴れさせ暴言を吐かせ、
きょうもミニバン全開走行で物騒な轟音。
昨年も同じガキが馴れ馴れしく話しかけてきて「あんた本当に大人なの?」親がそういう態度をさせてなきゃまずありえない態度。

組織系統のポリシーがあって、それに従いハラスを家族総出で演じている。
他にそういう家はない。いやないではないが、こんな物騒で露骨ではない。
なによりそっち方向からの威圧気配が尋常ではない時間帯がある。

/12

政治経済などの知的文章を書いてると、いきなり嫌な気配が強く照射さ れ、頭脳の歩みが遅くなったりする。
こうした頭脳妨害工作は、日々の組織ストーカー活動、謀略工作、の動機付けであるようだ。
鬱陶しい、邪魔だ、という排他選民発想。ファシズム的安直排除発想。


http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/gazou/futaba.php?res=100
こういうのを”シンクロニシティ”と言う。
過去と現在の”事象”が複雑に絡み合い、”ある時期に集中して、ひとつの情報を見せる”と言うもの。テレビと雑誌とWEBとが同時に同じ語句を表示した り。


今回、お願いしておりました目黒区の選挙の件ですが、
後半シフトの4/16−4/21について、連絡がつかず、
就労可能かの確認をとることができませんでしたので、
今回は後半シフトの全ての日程においてお断りとさせて頂きます。

尚、既に交代スタッフは手配済みでございますので、
取り急ぎ、併せてのご連絡でございます。

なにをそんなあせってるんだろう。裏でなんか告げ口でもされてるのかなあ。
単に、心臓付近が不調で、とかいってこないだ休んだから嫌われてんのかな。
大手派遣らしからぬ慌てた対応。TELがだめならメールがあるのに。メール開口一番でこれだもの。普通じゃない。

ま、立会人がこっちをニヤニヤ見る公明系ばっかりだしな。
あるいは、研修の日の本庁舎に、民主の原付が目の前に来てたから、あれ”サイン”だったのかもな。今回は見限られたか。


まるで、生きるのに資格が要るみたいだ。
そういう人生の演出がずっとされてきた。いくら苦労しようが乗り越えようが、常人の何十倍も何百倍も苦労を強いるし、
部屋に篭るように、他人と打ち解けないように、様々な演出をかけてくる。
それは絶対的なもので、乗り越えるような性質ではない。選民主義。

地球上とは元からそんなものなのかもしれない。もっともっと、いい奴なのにもっと苦しいまま死んでった奴らもいる。
生き物じゃなく、神みたいな管理者クラスがもってる管理ポリシーがあって、そういうものなんだろうか。
さすがに弟二人が同じように殺されて、津波や地震の仕掛け人みたいなデマで公安警察に吊るし上げられて、(たぶん向こうもわかっててデマ流してるんだろう けど、チカン冤罪みたいに)
ここまで事態が大事になると、諦観ばかり強くなる、支持者もいない、身内らしいのも皆無、だしな。

間違った管理運用ポリシーの星の上では、弾かれたら生きることも許されず、我慢しても生きる意欲や動機となる対象も奪われる。
この星は売り買いされてしまったのかな、へんなギャング神に。

21世紀になり加速度的に民衆がおかしくなったのは、異次元にでも連れてこられてたという理由のほうがまだよかった。
自分のいた世界がそのままおかしくなってゆく恐怖と悲しさ。

なるべくそうした排他排除がないように尽力して来た。どんな冷酷なものに呑まれても、そうした流れにはノーを突きつけてきた。
おれが放逐されたら案の定、タガが外れたようだ。冬の時代はこれからやってくるのだ、社会の隅々に。


2月に二人目の弟が暗殺された時点で、全てが終わったな。
力が抜け落ちた。誰に何をしてやる気持ちも引いていった。気が抜けたら防御力も抜けてったのかな。
心身の衰えが尋常じゃなく進行している。もはや社会適応は無理だ。ついてゆけないくらい弱っている。

悪魔が伸ばしている。邪念ばかり強くなっていく、この世界。
そろそろ限界だ。呪いのごとく悪い材料ばかり集まってくる。


ヤクザ系工作員、JしBだとタナカを名乗ってた頬に傷の人物とか、必ず定型句を言う。(IBMからきてるとか日立からきてるとか、怪しい設定の連中は皆や くざ系の顔だった、皆役者だったんだろう)
「いつ来るんだ」
どうも、閻魔大王の代弁をしてると言う設定らしい。もうこの4年間聞き飽きた。


悪い人だといわせないために、悪い人だと宣伝して回る


この手のような、一見、人が信じて同調しやすいトークを、「国家機関の諜報謀略」は濫用 する。配下の暴力系集団も同じだ。
(ネット掲示板はどこも右傾宗教系のサクラが管理している。特にふたばちゃんねる二次元はつい最近、柄の悪い”新手”に占領されて雰囲気が一変した。)

「あの人が、こそが、悪い人なんだ」「えらそうに 身分をわきまえない」

などと、ハイエナが宣伝して回る構図。

つまりは、「批判、告発、封じ」。

野党が与党追及すると、野党の欠点を洗い出して宣伝追求してる手 法と全く一緒。
だからここ最近、左傾のTBSばかり不正報道があがっている。多局とて同じなのに。

もの言わぬイエスマン社会構築。

最初は、ノーマン弾圧(外部粛清)。
次は、イエスマン弾圧(内部粛清)。

次に、なりかかってきている。


以下は下らんツッコミではあるが、

王さんよりたくさんホームランを打たないと王さんの批判は出来ないのか。
プロ野球選手じゃなきゃ駄目?野球経験者じゃないと駄目?

アニメ見るだけで作らない、イラストも描けないアニメ批評オタクは全員、処刑対象ですな。
でもアニメ批評がなくなっちゃうと日本アニメはきっと勢いを失い、散漫になり、あるいは商品価値も下落するかもね。

批判する内容も、資格も、ケースバイケース。
悉く、資格や条件を設けて牽制する集団には気をつけたい。

批判即ち悪、批判即反撃、なんともカルト、ファッショ的ではないの、余裕がないというか目が△というか。

そもそも、誰かを批判するのに自分も批判する義務などない。
第三者が自分を評価するのは、その姿、在り様。いちいち個別に何をしているか見ているわけではない。


上の記事の延長として。

・集団で囲む、勢いで罵る、プレッシャーをかけまくる
・自信喪失を狙う、依存心を誘う
・テレパシー経由で心の声を勝手に演出する(相手をしてください 寂しい 死にたくない 等)

大規模で、超能力的で、つまりハードウェアはすごいんだけど、
その動機つまりソフトウェアは単一で浅はかで、ガッカリする。
相手を屈服させ、自分の我侭放題の天下を成立したいだけの幼稚性。

えてして批判側は落ち着いていて理論的で物腰柔らかい。
囲い込む側は暴力がらみで恐ろしさや硬直な態度を基調とする。
まるでいまの野党と与党だ。顔つきや話し方がまるで違う。
無論逆もあるけれどね、プロが雇う役者は色々なのがいるから。宗教系エキストラは幸せ顔で、幸せそうすぎて見てて気持ち悪いくらいの人が結構いる。

 ◇

こういうのも「たとえ話による中傷とか助言」の一環。

自分が書き込む>勘が鋭いので察知される>サクラ部隊によりたとえ話での書き込みが為される

ネット掲示板は右傾とカルトの息のかかったサクラが制圧している。そういう職業があるのはJCASTで記事にもなった。

”わかってしまう”というルールがある。これは、誰からの、たとえ話だ、と言う風に。
テレパシー能力の一部として機能実装されている、という感じらしい。

下の場合、この話題をもっていきなり全く異なる話題に切り替わっている。このパターンがひとつの判断材料。
作り話っぽい、別の意図を感じる、なんてのも判断材料。

以下の内容はつまり、能力を使い方がへたくそだと言いたいわけだ。
いかにも連中らしい言い回しだ。事情も知らずに適当なセオリーを言って助言したつもりになって。

組織悪に向かって何か反論するたびに弟の急死が電報されてみろ。
スマトラ震災も中越地震もおまえのせいだろうとか言われて公安警察ややくざに追尾嫌がらせされてみろよ。

巨大組織は、なかば故意に、誤解を取っ払わない。(情報遮断)
たくさんの構成員に各々好き勝手なことをワーワー罵倒させる。


877 :774RR:2007/04/12(木) 20:45:44 ID:t1SNPAYf
    おれはアド乗りだが、アド買ってから適応障害(うつ状態)で仕事9ヶ月休んだ。
    気楽に、バイクにでも乗って気分転換しよう。
    深刻にならないように。


878 :774RR:2007/04/12(木) 20:55:21 ID:XjSLIxVJ
    >>877
    加えて、仕事は適当にこなす要領の良さを身につけると良いかも。

879 :774RR:2007/04/12(木) 20:55:40 ID:63BoJxpB
    撃つ病

880 :774RR:2007/04/12(木) 20:59:49 ID:9ZvlWlf6
    >>877
    バイクいじりに目覚めるのも一興

881 :774RR:2007/04/12(木) 21:00:49 ID:Xp1k9CqU
    >>877
    アドVのせいでうつ病になったってこと?神経質になりすぎたとか
    何か気にかかることでもあるの??

    なんか気になる

887 :774RR:2007/04/12(木) 22:08:17 ID:JR/mR9TY
    >>881
    アドV症候群といって、アドVに乗る以上はガンガンすり抜けが出来ないと情けないという自己嫌悪に陥る。
    ライテクや判断力が豊富であれば良いのだが、そうでない人の場合は、自身のライテク以上のすり抜けを実践してしまうため、
    焦るあまり安全確認や状況判断を誤りやすく、ライディングに恐怖心が芽生える。

    一度恐怖心が芽生えてしまうと、快適なはずのバイク通勤、通学さえもが不安で耐えられなくなる。
    それならば、車列に並ぶなりバイク通勤を辞めるなりの回避方法を選べば済む話なのだが、
    バイク乗り特有の負けん気の強さが災いして、なかなか一筋縄にはいかないようだ。
    ライテクの向上により、この状況から抜け出せる人間もいるが、その前に事故を起こしたり、最悪は命を落とすまで繰り返す人もいる。

    本当にアドV症候群と呼ぶかは不明だが、実際に毎日のすり抜け通勤や通学で、原付が原因で鬱になる人は結構いるよ。
    地域によっては、ほとんどレース感覚なので、そこが適応できる人と出来ない人がいるのは当然といえば当然なんだけど。
    女性で原付を買ってみたものの、怖くて公道を走れない。
    だけど買った以上はどうしても乗らなくてはいけないという、本末転倒なストレスを抱えるのも同じようなケース。


よくいうよ、こいつら(加害者側)でやくざだの用意してバイト先に待ち構えてプレッシャーかけて追い出してしまうくせに。
自分らで陰謀を企てて、追い出した相手を不適応だの病人呼ばわりか。いつもの手口だな。

大体、弟が殺されたんだって毎日ブツブツ言ってても、全国にテレパシーで丸聞こえのはずなのに、誰にも伝わってないじゃないか。
そのくせ、テレパシーを通じて放送されてる大本営発表とやらで、おれを悪党と思い込んでるバカは多いし。
ずいぶん都合よく情報操作できるもんだな。
4年間ほぼ自宅に幽閉されてたんだぞ。人生を4年間も、無駄にした。
なんでテレパシーを通じて伝わってるはずなのに、その非人道的な扱いに同情する人々は皆無なんだよ。

世間に超能力で超人になった奴が増えたにしては、超人なりに器用に生きてる人間を見たことないぞ。
みんな偉い人や金持ちや秀才になれるんじゃないのか。

どうなってんだよ、まるでデキの悪いヴァーチャルに放り込まれて化かされてるようだ。


何でもかんでも不特定多数、の匿名集団で個人に襲い掛かって潰してしまって、ヘラヘラ笑ってるだけ。
責任とか罪状は、囮にしたおれみたいな個人にかぶせて逃げる。

こんな無責任な、なんでも組織の命令だから、責任は取らないから、な連中が、
いくら強かろうが天才だろうが最強だろうが、日本をよくする事はありえない。
言うなれば、すごい玩具をもらって有頂天、使いこなして有頂天、というだけのガキの集まりだから、志が低い。

 ◇

http://homepage.mac.com/cron/iblog/C1790922926/E20070408215231/index.html
http://homepage.mac.com/cron/iblog/C1790922926/E20070408210447/index.html
http://homepage.mac.com/cron/iblog/C1790922926/E20070408200331/index.html

で、こんな記事まで用意される。

散々弱者の立場に追い込んで、
常時「お前が絶対悪」と罵るよう仕向け続けて、

これはゲームだ、復讐ゲーム、などとやくざとその配下を使い追尾させ待伏せさせ、脅しからかう。

なるほど確かにそうかもな。理不尽にもほどがある。
なんかそそのかされて手をつければみんな俺が悪者になるようにできている。

いいよ、どんな理不尽でもいい、もう疲れたし弁解も面倒くさい。
ぜんぶおれのせい、おれがわるい、責任とって死んでやるからもう俺を責めるな。

俺を責めるな、少なくとも罪状一覧も示さないままで。

「空気システム」とやらに、2002年からいきなり放り込まれて、まるで異次元世界で、
まったく適応できずにどれだけ苦しんだか。
話は通じないのに、勝手にテレパシーによる誤解は拡大して行く。


たぶんおれにハラスする側も同じ人種だ。おれがどんなに無神経で身勝手だとしてもね。
脅され続けての血管萎縮で狭心症や肝機能低下に陥っても、ゲームでしかなくて攻撃を緩めない。


おかしい。当人同士の主張が、口頭説明が、通じない。
空気とやらは万能か、なにをいっても空気なら正解か。
空気で裁判も処刑方法も完璧に決まるのか、だから心不全で死ねと言うのか。


嗚呼怖い。本物の地獄へ放り込まれたのか、5年前に。
弟二人は見せしめで心不全で殺された。でも誰も取り合わない、そんな異常世界。


おれの幽閉された4年間を返せ。
弟二人を返せ。
仕事も、それで稼ぐはずだった稼ぎも経歴も返せ。

2002年から徐々に変な集団に追回されるようになり、接頭語に「この悪人め」ニヤニヤ
最初に決め付けありき。2002年2003年におれがどれほどの悪党であったというのか。

あの当時から、今まで、扱いは全く変わってない。何が何でも悪党に仕立てるありき。

なんだったんだこの4年間は。じっとしてれば責められ脅され、出歩けば責められ脅され…
いいがかりと本当の区別も付かぬように演出されたまま責められた勢いに負けて謝罪などもってのほか、無念を抱えて墓まで持ってゆくしかないじゃないか。

/13

どうも日本はもはや、経済とか政治とか、小手先のハードでいくら持ち 直そうが、
悪魔が宿った”次世代頭脳”とやらで結局は沈没するのだろう。

テレパシーネットワークの「空気さま」に操られることへの忠誠、心(本能)を売り渡す。
痛みがわからぬ、すぐ魔女狩りには参加する(つまり絶えず誰かを罵って嬉々としている)、
若いのばかり目立つし、高齢でも釣られて参加してたりする。

どんな優秀なOSもハックされればオシマイだ。
むしろ優秀なコンピュータほど、狂い暴走すると始末に終えなくなる。

なるべく客観視で書いてるつもりだが、いい言葉が浮かんでこない。
やさしいやつもいるけど、まともなやつもいるけど、
支配オタクのギャング気質な群れが、すべてを塗りつぶすような、そういうビジョンであるから。

ネガな行為を心から駄目だと悔やみ、
なんとかお互いを盛り上げ、称えあえないものかと、四苦八苦したが。
それが連中にとっては「ヤバイ 面倒」邪魔らしい。

だから、あらゆる意欲、奉仕の心を失った。

むしろ、そんな日本を立て直そうなどと助力しても、
そうしたギャング達の天下を助けるばかりだ。彼らは自分達の天下が欲しい、社会を私物化したい、だけに見える。
悪化を放っておく方が薬になるのではないかと。膿はためたほうが出しやすいのでは、と。
そんな忠告もまた、心に響いてくるのだ。

 ◇

罵られたから、
罵って返す、

この手法は磐石ではなく、むしろ嫌がらせ謀略に使われていることが多い。

そういうパターンになりそうなときほど、
「北風と太陽」

これを思い出して欲しい。

思い出して欲しい。


誰かにも説明したけれど、「いたいいたい病」を蔓延させるな。
一方が痛いと罵り、もう一方が痛いと罵る。
それ以外が許されないプロトコールでは、えんえん憎しみと悲しみの連鎖ではないのか。

謀略の徒は、数を集めようとする。民衆が一斉におなじ非難をしても、むしろ防御されるばかりではないのか。


組織ストーカー活動 テレパシー媒体

現代の国家諜報謀略、「組織ストーカー活動」。
テレパシー、テレパシー的連動(渡り鳥の整然とした統率のようなもの)を常用する。
一部で「思考盗聴」と呼ばれているものはこれであり、機械があるわけではないようだ。4年付き合ってて見かけたことはない。
ただ、車載無線機などと組み合わせてる可能性はある。通信機器と、テレパシー即ち”電磁波での脳通信”とは、相容れるようだ。

テレパシーネットワークに組み込まれれば筒抜けだ。どこへでも尾行が大挙して、自分と同時期にやってくる。
自分の行動や思考を読み上げる「ほのめかし」も数多くやられる。


さて、加害者側に都合よく引き入れて利用し、悪行だけ背負わせて捨てる、まるきりギャングなことをやられる。

誰も出てこない、匿名集団のまま、テレパシーで語りかけ、「助力する、がんばれ」、などと甘い言葉をかける。
実際に組織力を使い、傲慢なまでの支援もする。でも匿名集団のまま。
その実績を明文化などすれば、後で「こいつがやった」一大キャンペーンを展開し、悪人として祭り上げられる。
ここ4年間はそういう流れだった。

すぐ、総理だの天皇だの親分だの、じつにインフレなネームを持ち出し、味方や後援であるように思わせる。

だが実際はどうか。4年間も付き合わされて、一銭ももらえなかった。
仕事ひとつもらえず、月に10万も手取りがなくそれさえも場末のバイトでの自活であり、

誰かが惚れ惚れとした態度で敬ってきたり、おにぎりひとつ、包み菓子さえ、くれることも無かった。
ふつう、偉い人に関わるならばそれくらいはあって当然だろう。むしろ変な噂が立てられて睨まれたり笑われるほうが多かった。

つまり、テレパシー基調のすべては虚構、騙し、いわば「オレオレ詐欺」なのだ。悪事に加担させる罠。
匿名集団はいつの間にか闇に逃げて、姿がない。自分だけが素性のハッキリした”悪人”として晒し者だ。


テレパシーの語りかけを、それを通じた匿名のままの物理的な助力 を、警戒せよ。
助力を受けるなら、正式な使者を、然るべき報酬を、要求せよ。来ないなら、支払わないなら、断れ。
報酬も使者も、相手を尊重する手段。こないのは舐められてる、都合よく利用する腹、だからだ。
勝手に助力をやられたら、決して明文化するな。無視、拒否。

ニヤニヤして、やけに勢いよくなって、
頭がボーっとして判断力はないのに、無我夢中で人に嫌味を言ってる、
そういう状態を決して受け入れるな。悪魔の手下つまり組織悪に操られている。
これのせいで、世の中に悪魔的な邪な事象ばかり見受けられるようになってきている。
人々の魔性な行動動機ばかり増大し、相対してささやかな善意や人情がスポイルされている。

テレパシーに構うな。せいぜい目の前の友人と通信を楽しめればいいくらいに、しておけ。
テレパシーによる語りかけ、命令、に従う癖をつけると、それは洗脳を受け入れ、加害者側の指示に従うことになる。
無論たまに忠告が的中することもあるが、加害者が自分で仕掛けた罠の種明かしをしてるだけとも言える。



午前、水道橋711。
待伏せスーツ若いの。表情が硬いのが識別点。携帯電話を取り出してごまかしてる。
念術を使われるので店内の雰囲気は悪い。店員は、誰かを中傷してないと落ち着かない感じ。
そこへ競馬場通い風のオッサンが乱入。ジロジロ見てくる、さっきの若いスーツと話してるが、普通接点ないだろこの二種類は。
通りすがりの専大生を操って「政治犯ねー」と呟かせる。言わされた本人達は何のことだか分かっているまい。

面接先。IT企業なのにいきなり緑作業着のおっさんがギロリ眼で出てくる。ああこれは現場制圧済みか。
変なスーツ連中が登場。リモートで消去の案件ですと言う話からいきなりナンバーポータビリティ、代理店、携帯買う???
支離滅裂で、対面する双方の馬が合いすぎる、役者による演技だな。たとえ話で何かを伝えたいのだろうが無視。

蓮田マルヤ。やくざ配下風土建風のおっさんが通路通せんぼ気味に買い物。意味ありげに一瞥してくるからおれに用があるんだろう。
トイレに行きたいかも、と思った瞬間にトイレの場所をしつこく聞いてるおやじ、これもグルだな。
この3年間でこの店でトイレの場所聞いてるのはじめて見たし。

向かいの711.昼間なのに4人も中年女店員がいる。普通は二人だろ。
やたら茶髪ばっかだし、半分は押しかけてきた役者か。案の定去り際に「いい加減にしやがれ!」と怒鳴る。

大人数割いてる感じ。


野外にいても、すぐ補足されて体調が急変するようになった。
このへんはシステムアップデートがあったんだろう。以前は郊外で補足されることはまずなかった。現場に急行してくる不審な車がいない限り。
もっと長距離でも、出向かなくても、気配を感知できるアップデートがあったようだ。
この辺は完全に、”超能力戦争”の領域だね。


なんというか、社会全体、国民全員を、
牢獄と、監視員と、いう性格を持たせ、つまり一億総監視社会、一 億総人殺し暗殺部隊、というわけだね。

一箇所は単に追い出すだけという気軽さでも、
その命令が一箇所の支配者から来ていて、
全国で同じことをやるならば、それは「相手を締め出して、餓死しろと命じてるに等しい」言うことだ。

方々で同じように相手の心臓を締め付けて、簡単に懲らしめているつもりでも、
方々で何年もやられたせいで心不全で死んでしまったら、「一般人すべてが暗殺部隊の一員」ということだ。

ひとりひとりが人殺しである。
隠された真相を嗅ぎ取り、その自覚を持たないと、ファシズム監視社会を打破するのはまず無理。

「ファシズム監視暗殺社会ではなく、ちょっとした懲らしめだ」

たとえヒトラー以前の時代でも、現在でさえ、同じ言い訳が通用している。歴史家はともかく、庶民に学習効果はない。
懲らしめで弟二人が死ぬことはありえない。本物の暗殺でない限りは。


ひとりが大きなものを叩くと、多くの改善実績を残せる。
おおきなものがひとりや少数を叩く場合、ひとつも実績を残せない。

意図が違うからだ。

ひとりは義憤によって改善を望む。
多数派は悪意によって抹殺を仕掛ける。

開発や再構築か、
潰すのか、

こうも対照では、後者に実績が生まれようはずもない。

おれは4年間潰され、幽閉され、仕事は単発アルバイト以外ほとんど出来なかった。中堅のITエンジニアはこうまで”潰され”たのだ。
だがおれが告発や口出しすれば多くのプロジェクトはみるみる”改善”した。潰された人間の指摘が日本の方々を新生の足がかりへ導いたのだ。

こうなるともう、どっちの方が社会貢献度が高いのかと 言う話で、どっちのほうが役立つか一目瞭然だ。
ネガティブが、しがらみによる庶民の恐れや諦観だけを頼りに、いつまでも無茶をやっても、決して良くはならない。
惰性でよくない風潮を続けて、いつまでも自動的に持続できるとは限らない。

だから、どうでもよい。
貢献度が高い人間を、しがらみだけで追い込み抹殺する私物化国家。
魅力がない。献身の意味がない。決まった立場の人たちが決まったことだけやればいいのだよ。


4年前の自分は、追い込まれ始めていたけど希望があった。
4年間も世の中何ら変わらない、ああこりゃダメダメだ、という経験を、まだしてなかったから。
良いものは必ず受け入れられる、青い幻想があった。だが「建国200年の若い多民族国家」ではないんだよなここは。
しがみつくひとびとは、メンツと嫉妬とを存分に発揮した。小泉排他のフラストレーションをおれに向けてきているかのように。


おれを理解できない(学際指向への無理解)
よって
おれをうまく運用できない(定型パターンの日本人同士でしか仕事が組めない)

これはつまり、「現状日本の、致命的限界」を如実に示している。
そりゃ電通丸投げでしか中国でビジネスできず、うまく意思疎通も市場把握も出来なくて撤退するよな。
この辺は見事に繋がっている、共通要素だ。

マッチング、これが非常に不得手というか、非常に限られた範囲でしか出来ない人種。
これでは、「世界へ打って出る、国際競争力首位の日本」など実現不可能だ。
”経済軍隊”を世界へ向けて展開できなければ、本土を防衛する礎がない。落ちぶれてゆくしかない。ならば弾圧軍事国家に逆戻りもありだろうか。
あすこ(北米)は得意だがあすこ(中国)は苦手、なんて言ってる場合ではないのに。うれないうれないどうしよう、で止まってる。政治はそれを気に弾圧軍事 とやりたがってる。

これ以上は言わない。加勢するだけ無駄で、吸いだされるだけで手元に何も残らない。
よきパートナーシップ、チーム、支えあい、人情。カンパニーライク。

さ て

IT業界は儲かってるからって人を舐めている。
いつまでもグルグルと仕事を渡り歩く、完成品のスペシャリスト。
いつまでもレジュメがグルグルと回る、恒久的未完成人材。

後者は、実はなんでも三日で覚え、脅威の作業速度を持っているとしても、
担当者が見るのは紙、レジュメだけ。

人が育たない。いや育てない。

もっと職人のシステムを見習って欲しい。
入れるだけは入れる、(門戸は広い)
一年は見て覚えさせる、必ず精進する、(高確率)

だからってIT会社のプロパーとかだと、現場やプラットフォームが限定されてしまう。
むしろこの場合は派遣請負系にこそ導入して欲しいことばかりだ。

今のまま、国際競争力などととても呼べないままでいいなら、据え置いても良い。
人が育ち、よく動き、ソフトにクールに、いい成果が出せるようにしたくなければ。
米国では日本の良い部分と自分たちの良い部分を融合し始めてる。アジャイル(アジル agile)ってやつだ。

あっちじゃ昼飯はすきなように各々が食う。だが日本企業内部ではなかよしチームを組んで必ず一緒に食わねばならない。
これってどうよ?「提供すべきはパーツ単位のスキルと成果であり、自分丸ごとじゃない。」これがあっちのビジネスマンが普通に言うことだ。
なかよしに加わらないからって才能を追い出すとか門前払いとかはしない。進退は、会社の業績や、貢献度の加減に拠る。


家電業界はもうアイデアがなく、回転率が速すぎ、世界中の企業が同じものを作ってるため、松下でさえ苦しんでいる。
国として今後、何が売りになるかはわからない、何でも売りものに仕上げられる可能性を残しておかないと。


・・・といった情熱は無視され、あるいは吸い上げられ盗まれ知らん振りされ、「国賊 政治犯 悪党」などと言われ公然と処刑される。

  ◇

18:00すぎ、ベルク蓮田店、向かいのウェルシア。
ベルクはとっとと通過したので工作員を確認する暇なし。
ウェルシアもいなかった気がするが、締め付けるようなプレッシャーがあるので、尾行要員の存在を確認。
隣のミニストップ。ここが一番尾行要員が集中していたようだ。柄の悪いトラックが止まってる時点で。ヤンキーギャルが来ている時点で。

外へ出ると、待ってましたとばかりにジャイアン風、運送業なのにスーツ着てみた感じの男が躍り出てきて、こっちのバイクのまん前に仁王立ち、携帯電話を始 める。
「おー○○さーん、”もうすぐだとおもうけどよー”」
殺すだの、倒れるだの、のタイミングを臭わせる、 メジャーなたとえ話手法
すかさずこちらも奴を撮影開始(しかし画質が良くないので今回は公開見送り)。
この手の尾行はまず例外なく、記録されるのを極端に嫌がる。 なるべく遠まわしに、匿名のままで、が基本だから、素性や悪行がはっきり知れてしまう記録行為を恐れる。
大慌てで、脇を見たり、必死でとぼけようとする男。さっきまでの勝ち誇ったような勢いがすっかり消えていた。

人員が減ってくると、なかなかピッタリとは落ち合わなかったり、へぼい人材しか来なかったりするもんだけど、
ここ最近は奮発されているようだ。予算が下りる時期なのだろう。個人のためだけに増員されることはめったにないから。右翼カーも都内で多くなってるし。
公安警察筋が横流ししてる酒代か、クライアントが追加で入金したか、そんなもんだろうか。「組織ストーカー活動」は政治団体や探偵業界や諜報警察の絡んだ ビジネスである。

自宅もひどいもんだ。台所への、神経錯乱作用の電磁波照射。室内への、心臓締め付け作用の電磁波照射。
このところ、物騒な勢いのある隣の彼氏は、早朝帰ってくるときにわざと騒がしく帰宅する。嫌な気配も伴って。
威圧気配と物音で6時にたたき起こされる身としては、いい気はしない。

ここはつまり、2年前に引っ越してきた時に判明したように、組織ストーカーが用意した、処刑用の罠物件な訳だ。
実際、飛び込んでくるテレパシーは脅しのみならず、はやく出て行けという勧告もたまにある。
102、202、普通じゃないのが住んでいる。工作員とよべるほど深い関与をしているかは不明。


「んで、いつ死ぬの?」
淡々と、定期的に、問うて来るチンピラ監視員。

携帯電話すら使わず、テレパシーで馴れ馴れしく脅せる時代。
人命なんぞ、人権なんぞ、へたすりゃ法治国家すら、なんとも思っちゃいない連中。


「みんなの迷惑になるから、出かけるな。」というテレパシーによる中傷。

一見して正しいかに思える。出かける先に組織悪が追尾してきたり、呪術を使われて不吉な出来事が起こったり。
でも、やはり、迷惑なのは組織謀略であって、おれではない。

おれにもともと不幸のタネが根付いていたわけではない。あいつらに狙われて、呪われてから、何もかもおかしくなっただけだ。


/14

http://kasumin7.web.fc2.com/m0704.html#14-1
出張版。


真昼に徐々に畳み掛けられたね。電磁波攻撃の神経磨耗作用。
二階の真ん中からか、いや近所の北側か南側からかな、感触からしていつもの連中には違いない、などと考えつつ外出。
外へ出てビックリした。あまりに神経をやられて何をやってるのかわからない。夢もみずにしばらく熟睡。


ブログ記事を書いてたら、南面のドカタ家が騒ぎ出した。
こうした右傾系統は、子供を兵隊のように使いけしかけたりと、手段を選ばない傾向がある。
「あんた本当に大人なの?」とバカにさせたり、数人で公園で「殺す、殺すー」などと騒がせる。それを気にするようにしつこく釣ってくる。

尋ねてくるのもやくざ未満か該当のようなのばかり。これがまた怒鳴る。
こっちに向かっては強気な子供連中も、そんな親や訪問者の前ではおろおろ付き従っている。

エスパー化した右傾底辺の地下組織ネットワークには注意されたい。


このところ、心臓締め付けなどのプレッシャー攻撃(体機能操作)のみならず、精神攻撃(精神侵蝕)も盛んだ。
鬱状態、無気力状態、これを強制し、固定する。ある意味もっとも酷な。
何時間でも何もする気が起きずテレビも照明さえも消したまま。弱気も妬みもすべては第三者の演出の一部。

頭脳が、頭脳同士でテレパシー的にハッキングされる時代。
心身ともに、油断はならない。


今朝も隣人の男の気配で起床する羽目に。奴が寝ると気配は静まる。”その方面に属する”手合いなのは間違いない。
素人でどことも無関係でそれはありえないし、「終わりだね」とか「バイバーイ」なんて意味深に叫んだりはしない。
気配で追撃すれば、逆に気配で反撃したり、かく乱してくる。オーラバトル。
こういう器用なやり取りは、事情通じゃないとできない。


http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2007/04/snk.html
魔女狩りゲーム発売。

ここでは、「組織ストーカー活動」およびその風潮をさして「魔女狩り」と呼ぶことが多い。4年間それは続いた。
で、活動を構成する主体である裏社会のネットワークは、被害者を食い物にする。加害行為に引き込んだり、プライバシーを盗用する。

かいつまんでいえば、魔女狩り魔女狩り言ってると、こういうゲームが出る。
それが乱発される時もあり、そういうときだけ”主従逆転”ともいえる。
しかし基本的には人権無視でゴロツキどもに追回され、社会の隅々まで追われほとんど参加できない、無味乾燥の奴隷的身分だが。

大体、どんなに願いがかなっても、社会に出てゆくことが出来ないのでは、何の意味もない。利用される立場以上ではない。
会社にも、遊園地にも、秋葉原にも渋谷にも行けない。家にいるか、電磁波攻撃を避けて田園にでも逃げるか。
自分でもいままでよく食いつないできたと不思議でならない。別に何らワイルドカードはなかったのに。

「どん底を維持する管理」を、むこうで緻密に組んでいるとしか思えない。
あとは無味乾燥と孤独に負けて自殺するとか、それくらいの選択肢しか残さず。

100万円拾う、という願いはかなうことはない。
だが、物騒な罵りがそのまま物騒な事件や天災に結びついたりはする。
つまり、これもまた管理されているし、ろくでもないことを実現したがる組織なのだろう。


きちんと客観的に管理できる役割役職は皆無なのだろうか。
振り回し、振り回され、ろくなことがない、という印象が目立つ、この「システム」。
だが、熱い、すごい、速い、というメリットも多々あり。
テレパシー情報共有、運命連動。関わるものを高次元に変える。

良くも悪くも、この新システムがもたらしている効果は大きい。
ただ、仕切り役が暴力集団とか強権力とかだと、おっかなくてネガなことばかりやるような。
たぶん、最初は大学とか研究者レベルだったんじゃないかな。学生風情のささやかな楽しみとか自己満足な研究とか。

民間、個人レベル、これが巻き返しこのシステムにおけるウェイトを増すかどうか。それにかかってる気もする。
根っこが恐怖支配のためのシステムでは、硬くて怖くて、使うほうもぎこちなくなるだろう。
オープンソース、公開技術、そこまで実現すれば、支配システムとしての価値は薄らぐ。

/15

テレパシーネット(通信)。
「晒し」というインターネットの応用手法、組織悪の手法。

うるせえ、じゃま、いちいち反応してくる連中。
「スルー力」のない人々。

自分が心の声を24h晒されたら、ということを考えてみろ。
心の声まで他人に気を遣ってしゃべれるか?
私生活まで他人に見られる前提でいちいち構ってられるか?

しょせん、「晒し」を行うのは自覚あるワル、組織悪だけだ。
バッシングに結び付けたがるそれは、なるべくスルーする土壌であってほしい。

だって、これからが、テレパシー前提の文化なんだろ?
先が思いやられるぜ。
聞こえてウザイだの、洗脳されて思い込み激しくなって憎むだの。「振り回されまくり」じゃん。


本人責任への誘導 脅した後は必ず猫なで声を出す

参考画像。

こうした、アニメとか特撮とかいったジャンルとは無関係の投稿がいきなりある場合、(しかも自演レスまでつく場合。普通の人は無関係なスレッドに興味を示 さない)
ほとんどが「組織ストーカー」の一部であるわけで。

近代社会は

・追い込む陰謀

に対して、対になるように

・追い込まれると、その条件が悉く「ナントカ症」になるように出来ている

統合失調、なんてのはまさにこれ。
ああ病気なのかと思ったら相手の思う壺。病院へ行こうが意味の無い薬を飲もうが何の意味もないし、立場はむしろ悪くなる。

組織謀略(裏 諜報警察、組織暴力など)

政治行政の側(表)との、白々しい自作自演。

だがこれらの手法はどうやら海外に学んでいる。日本人らしからぬ。



不審な錠剤は「発泡洗剤」 配布業者を横浜市が聴取へ(朝日)
受け取った住民の多くは「下水工事をしており、においがしたら使ってほしいと言わ れた」と話していた。ただ、一部に「水に入れて飲むように言われた」との声もあったため、念のため市や県は飲まないように注意を呼びかけ、県警も住民らか ら事情を聴いている。

工事業者…職人系統、底辺層…
「組織ストーカー活動」に裏社会の指揮系統として組み込まれていること多数。

つまり、自演とか、すっとぼけとかの、達人たちが含まれる。このケースがそうだと断定はしないけど。
クサい。今度はどんな巨悪報道をうやむやにしたかったのか。

組織悪告発にうるさい個人を、震災の張本人のエスパーに仕立てて しまう連中である。
油断はならない。どんな大災害も、恫喝材料として行使してしまう 冷徹さ。

時代は、ロードオブザリングなのだ。巨塔のデビルアイが、全国を見張っている。
マークされると、行く先々に追手が来て、不幸が起きて、つまり「手配」に途切れがない。人知を超えるそれはまさにデビルの所業。


首都圏のキヨスク、3分の1が臨時休業…リストラ補充失敗(読売)

 電車に乗る前に雑誌を買おうとしたら、売店のシャッターが閉じていた――。最近 そんな経験をした人が少なくないはずだ。首都圏のJR駅で、スタンド型売店「キヨスク」の3分の1が臨時休業するという異常事態が続いている。
 店舗を運営するJR東日本の子会社が人員整理を進めた結果、販売員が十分に確保 できなくなったという。休業店再開のメドは立っておらず、駅利用者の不満は高まる一方だ。

左傾勢力の悪意がこの”JR東日本”を通じて襲い掛かったこともある。(先月だったか、記事にして ある。)
こういう連中は、時代の先を見越したおれのような人間の提唱の、真逆を、しかもいまごろやる。こないだの都知事選のときの某派と似て。遅いというか、一体 感に欠けるというか。

だめだなJRは。たぶん上向かない。よくて横ばいか、緩やかな惰性的上昇。
慣れ親しんだ熟練を放出して間に合わせのペーペーを…好材料がない。
おもえば鉄道こそは、重厚長大時代の象徴。

 ◇

20行ほど上のように地震がどうとか書こうが書くまいが、もはやほぼ毎日余震含め発生している。
そして正午過ぎの三重地震のような物騒なことがあった日に外へ出ると、体がビリビリしてきたりする。
そう、それは意思があって、敵意殺意を感じて、いわば殺傷性思念攻撃とでも言おうか…

思念だけで、人を傷つけたり、天災を誘発できるのだとすれば、難しい時代であろう。
人が神の機能の一部を持つのだから、その運用フローたるや…マジメなプロとは限らない。愉快犯私欲の徒かもしれない。


世の中は甘くねえんだよ、と彼らは凄むが

な るほど、な記事。特撮番組PD直筆の。

仮に戦隊ヒーローや仮面ライダーに対して各話の評価を書くとする。

たまたま政治犯として政府与党筋にマークされていて、
政府が組織暴力を行使して、我がポジティブを常時破壊するべく躍起になるならば、「ポジティブな評価」は激減して当然。

”居酒屋の愚痴”に等しくなる。
ちょっとだけゲキレンジャーに不満があって、さっきヤクザ数名に脅されて職場を追い出されてくると、
こういう記事を書くようになる。

そして、その上で、
組織暴力を行使して、「ポジティブな評価」を強制するならばこれは、青ざめた顔で書く”提灯記事”に過ぎないが、
それでもいいならいくらでも書いてやろうか、という反感交じりの返答になる。

お客さんがみんな業者に対してそういう風な国ってきっと、住みづらい、生きづらいだろうな。


ちょっとした短日アルバイトも、まして長期プロジェクトでさえも、ヤクザとか公安警察に潰される日々。
そりゃ恐ろしいもんだ、そういう強面やろくでなしを相手にする毎日とは。4年前の自分なら自殺してたかも。

菊地美香や水嶋ヒロは、明るい文章をスラスラ書けて当然。誰から狙われてるわけじゃないもの。むしろ意気揚々前途洋洋だ。
牢獄でネチネチ拷問を受けている荒んだ毎日で、同じことやれというのはまず無理。

こないだまで、さっきまで、心臓直近の太い血管の血流が悪くなってて意識朦朧で死を予感してたような、
たまたまほぐす手段がうまくいっただけのような、綱渡り人生では。

無理だと辞退すると、相手はまた発狂気味に怒り狂う。新たなプレッシャー、増える組織謀略。
「マイナススパイラル」の渦中とは、恐ろしいほどマイナス無限地獄である。
このへんは「プリキュア5」が、よく描写している。

いまも、この春から組織暴力による”社会進出バリケード”の強化で干されている「火の車の家計」に悩みを通り越して餓死を覚悟している。
彼らはその、生活保護以下のどん底状態を維持させる。むこうで帳簿をつけて管理している。
ちょっと稼ぎが増えると警察をよこして反則切符を切らせる。なにもかも出来すぎている。緻密な一体感を見せる弾圧活動。

”この国”がタカ派ファシズム弾圧地下活動「組織ストーカー」で駄目になってゆ くのと、
そうした政治的事情で駄目になって行く”私自身”とは当然、まるきり連動している。
いわば、「坑道のカナリヤ」だ。

5年目は不要。
何も代わり映えせず、弾圧対象として牢獄で飼われるだけなら、人並みの社会生活も収入も夢物語なら、山の肥やしになった方がいい。


さて

何でもかんでもポジティブに評価する人というのは、じつは”無数にいる”。
ブログを巡回してみよう、半分は提灯記事、つまり営利サクラによる盛り上げ活動である。
2chのサクラが営利がらみで、盛り上げと批判をバランスよくこなしているのと同じ。

むしろ

いないのは、率直な物言いをする人だ。角が立ってけんかになる、干される、息苦しくなる、
これを恐れて、本当のことを言わない。

無論、丁寧でポジティブに率直な意見を言う人はさらにレアだ。でもそんなのはある種、ねだり過ぎじゃなかろうか。
むしろ、緩衝材(クッション役)とか、創意工夫の方が現実的ではないだろうか。モノ言う人材の数を絞らないで済むし。

チューニングする、エンジニアとしての努力がない。
「最初から完成品でいろ」、それはIT派遣企業のワガママな物言いそのものだ。人材育成が進まず空洞化を招いた根本原因だ。

万能を当然のように求めるのは、飽食で豊かな社会の弊害のような気もする。
頑固おやじ、告発者、邪魔だ、ウザイ、潰せ。そうして”国策弾圧”は裏ビジネスとして伸ばしてしまったのだから。
報道まで一緒になってバッシング活動に過熱する。不二家騒動は明らかに外資資本に操られた謀略だったのに。
叩けば叩くほど金が入る、仕事が確保できる、そういうハイエナ業界が確立している。


「教育」と称して、過度の拷問を正当化し、対外的に「いえ教育ですからご心配なく」誤魔化す手口。組織的弾圧の常用手法。
評価が下がる、社会進出を諦める、それが目的。そうやって個人の4年間はズタズタに潰された。風評被害で、評価も地に落ちた。

私の両親は教育者だ。自分も迅速に人を育てる術に長けているのはその影響だろう。
その頭脳で、自分自身を”デキル人材”にするのに、「半年で充分」だと見積もりが取れている。
なぜ4年間もかかって、何一つ進歩せず、心臓を痛めて衰弱したのか。真実は陰謀だからだ。
陰謀でなければ、たった4年間で兄弟が二人も突然死はしない。ひとりは心不全だった。

自分と、組織暴力と、番組制作。
この明確な接点で、振り回された、自覚がある「番組製作者」なら、わかることはたくさんあるはずだ。
私が、いかに傀儡として、目に見える標的として、利用された側面があるのかを。悪乗りもした、カルマは確実にあるにせよ。
彼らは私の言うことを聞くふりをして、駄目な実績を積みたかっただけ。失敗に終わらせたいプロジェクト。
「ちょこざいなガキが利いたような口を利くから、トップやらせるけど足引っ張ってやれ」という場面に数多く遭遇してきた。
新高輪PHで仲 間だというゴロツキ派遣社員と一緒に作業すると、頻繁にプレッシャーをかけ、脅してくる。「できるんだろうがあ、この兄貴よう」
奴らのペースに付き合うとみるみる全体作業が停滞する。立ち切って、ゲリラ的に出向いては引っ込むようにしてると、みるみる進む。
「味方のふりをした敵」が送り込まれる日常。

今月、4年目にして最大手信販の派遣案件に入ってみれば、偽社員のやくざ数名に脅されて逃げ帰ってきた。
たった一日で心臓しめつけ工作を畳み掛けられた。心拍が低下してしばらく腕が動かなかった。状況は何一つ好転していない。
短日アルバイトは建設とかイベントだからやくざ系企業の仕切りだ。いくらでもゴロツキが追いかけてくる。もう戻れない。


で、情報工作員的見地なんて不要ではあるけれどそういうのって立場役割も色々あるだろうけど、強烈な批判はいくら書いてもいいのだ。受容されやすい優しい 文章を書くのはまずいのだ。
ブログは誰もが見る、監視されている。好きなようにも、ベストなようにも、立場によっては書けない制約を余儀なくされるのだ。
いやこれは妄想なのだから真に受けなくて良いのだ。



この所、隣室の住人がねちっこく噛み付いてくる印象がある。
正確には、最近になってやってくるようになった男が、だが。
このアパートの真ん中の部屋はどうも1、2Fとも工作員性の動きをする。両者とも居住期間も長い。

早朝も遠慮なくやかましく外を通過する。
きょうの昼も昼過ぎとは言え、目の前の道で騒ぎを始める。
アイデア系のブログ記事を書いてればいきなり打音で威嚇する。

無論、勘ぐりの可能性もある。だが、プロ工作員しか発しないようなプレッシャーを常時、発してくる。

ちょっと窓から様子を見れば「変な人が見ている」という侮蔑の態度を示す、普通の隣人のような遠慮がない。
要警戒対象、か。
このような古い物件自体、弾圧工作の”罠物件”が多いようでもある。



http://kikko.cocolog-nifty.com/
※業務連絡、業務連絡、奥田民生さん、ブラックバス釣りに飽きちゃって、もうぜん ぜんやってないんなら、使ってない道具をあたしにください。あ!「ガキの使い」の河口湖のバス釣り大会だけには、今でも出てましたね(笑)

これなんかまさに、情報工作員の「たとえ話伝言」
だれに何を要求してるんだか知らんが。




(分析)

たまにはみといてねリンク集。
体験記ばかりになると初心者の理解が見込めないので。理解者が増えないとこの社会はセクト(カルト)によって終わります。

2つめと 3つめ
ぼやきと日記

BBSと画像 とウェブログ

スレッド 1
スレッ ド 2
サクラ(工作員)しかいないけど事情はわかる

検 索1 集団ストーカー
検 索2 組織ストーカー
検 索3 電磁波被害
検 索4 思考盗聴

私にとっては3年の付き合いで古典的なキーワード。
検索結果を見ると、相変わらず加害側工作員の胡散臭い自演サイトが散発、上位に食い込んでいる。
というより、検索上位になるには結局はカネや影響力なのだよね。本当の被害者は個人だからね。


/16

まただ。
過去二年間の記事の通り、北側の岡田荘の住人で一世帯だけ、露骨に敵意、妙なのがいる。
6部屋のうちそこだけ、気配が妙に威圧を含んで常時放っている。ラーメン屋の岡持ちに出ている世帯だ。
今朝も子供を使い「あすこの変な人 悪い人」とか陰口しながら、さも面白がってかつ嫌そうに自宅前を駆け足で笑いながら通過する。

・北の岡田荘ラーメン岡持ち
・岡田家北隣
・石井家西向かい
・ドカタ家南沿い

2年間、メジャーに明記が多いのはこれくらいか。妙な動きをする、最初から敵意がある、そういう人種はやはり少ない。カルトなんだよな。


組織謀略、ストーカー行為、これに加担する人種というのがある。
右傾など特殊な指揮系統の配下にあり、人を操る念術を持っており、
常に人を監視し、中傷し、電磁波や念術で危害を加える。
工作員は、こうした職人業とか底辺業の世帯が多い。インテリ層は元公務員とか某党支持者とか、ある程度人種が限られる。


…と書いていたら、向かいの石井家と北隣の岡田家と、慌ててすっ飛んできて大声で話し始めた。
「使いこなせるわけないのにさあ、」
またたとえ話部隊か。つくづく、工作員は工作員同士でつるむ。いやこれは勘ぐりの部類か。

一時間後、岡田家に、朝っぱら9時前だというのに見かけない車ホンダロゴで見かけない男が訪問してきている。
こちらがここに書いて、すぐにあちらが「イレギュラーに反応する」、いつものことではある。
テレホンパンチ、どれが工作員なのかわかりやすくていいけれど。
今回のケースは、婆さんと会話しながら伝言させてるパターンかな。押しかけてきてるほうがプロ。
「気になる?気になるよねえ(そういう風に念術で意識誘導をかけてきてるから)」
「途中で、残念だけど」

「なんにも知らないよ」
とかとぼけるんだけど、工作員に限って、聞かせるタイミングで、わざとらしく、そういうことを言う。
素人はとぼける必要がなく、そもそもたとえ話なんかしない。

「もっと低予算で」、とか匂わせてて、アレのことだとすれば、こっちは傀儡トップ(親分)で実質マネジメント(仕切りと乗り込み)は他のどっかが他の誰か の指揮の下でやってるし、
自分自身の構想で言えば、むしろ少数精鋭低予算で賄えるはずだけど何年もエスカレーションしては無視され続けで、
つまりそういうミスマッチなのだと認識しているし…俺自身はバラマキ方式とか嫌いだし…いやここで言っても仕様がないんだけど。

今回の件で北隣の岡田家は工作員だと裏付けられた。緻密狡猾過ぎる。


そういうときに目を通してるのが、こういうのだったりする。奴らのシンクロニシティ、運命操作魔術ってのは実に嫌で厄介なものだ。ハマれば楽しくてラッ キーなんだけど。

[ブックオフ社長橋本真由美の「最強の現場の創り方」] 
(20)2号店の仲間との辛い別れ
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_5977_173782_94

昨日のNHK「風林火山」でも諏訪氏が同じように追い詰められてた。一時期に悪い材料ばかり集中する。魔術によって。


まあ要は、ネットワーキングに、個々が細胞として、全体が精密に動く、
新手の魔術で操られた社会に、おれは利用された挙句、捨てられたわけだ。いいよもう餓死で。今の日本がだいっ嫌いだから。復讐心をおこさないようにするの がせめてもの優しさだ。
優しい人間が、使命感に燃える人間が、つぎつぎ消されてゆく。

ムード、空気…中枢頭脳の気分次第で、世の中全体の空気が連動操作され、つまり嫌われた人間はおれみたいに社会中で疎まれ生きてゆけなくなる。
聞こえてくるテレパシーは文句ばかり。伝わる空気は陰気ばかり。みな、意識を操られ、そういう感情になるように誘導されちゃってれば、こうもなる。
みなが一斉にムシキングに熱中する種明かし。

いま気付いたけど、南向かいのグリーンハウス寮の会社の社長かな、ベンツでやってきてる。
「いい加減にしろ」とか呟くと、とっとと帰ってしまった。それだけ言いに来たのか。

 ◇

室内に対して、
神経磨耗作用、心臓へ電気ショック作用、様々な「擬似的脳波信号」の照射が続いている。
一晩も浴びれば狂人になる。外を歩いて少しづつ、その洗脳作用を抜くのだ。
この地域に2年もいて、犯人も絞れているのに、たった一発ブン殴ることも出来ていない。
被害者の疑心暗鬼を加速させ、その隙間に真犯人は逃げ込み潜む。

念術による遠隔操作で、気力が奪い取られ、それが維持され、
外へ出れば、高度な念術者に感知され、プレッシャーと不調の渦中へ引きずり込まれ、
働きに出れば、やくざ筋の潜入待伏せが門前払いを食わせる。


こないだの
信販JC○の案件でわかったが、裏マフィアの支配体制を築きたい のかもしれない。
TV局が、制作会社が現場が、あらゆるオフィスが、個人宅まで、
乗り込まれて、混乱しようが、
地震が起きようが、人が死のうが、それは脅しの手段でしかなく、熱血ロボアニメで恐怖の皇帝が雷を起こして庶民を脅すようなもので、

そのシステムを無償で脅されながら「作れ、逃げるな、追うぞ」、みたいな話をされたので、
余計に意気消沈してやる気ダウン。2月に弟が殺された理由がわかった気がする。


ここまで急転落した理由はひとつ、与党に利用されるのをキッパリ 拒否声明を明記したからだ。
途端に体調急変、アルバイト先襲撃激増、数日後に訃報の電話。

魔術まで使い、恐怖と暴力ですべてを支配する、かつての日本は滅び、いまは違う国。
干されてるし、ラジコン国民たちは支配者に命令どおりにオレを罵り拒絶するし、
夏を迎える前に飢え死にか。それもよかろう。


ハッキリしたのは、与党筋だけが保有する兵器的利用「魔術」があ るということ。
野党にもあれば、もっと複合的に支援が感じられるはず。もってないから何の接触もないし、彼らは弱いままだ。

あれこれ屁理屈こねておれを悪者にしても、所詮は利用価値でなくなったから潰すだけのことじゃないか。2月に断絶宣言した途端に弟を殺しやがって。


4年間でにぎりめしひとつの「真心」も戴けない、(もっと賄賂とか贔屓とか根回しとかいった、”組織の下心”的なものはたまにあったけど)
誰も訪問してこない、感謝されない、文句も言われないが、

孤独なままの人生がおれの価値を表している。にぎりめしをもらえない人間に職も住居もあてがってもらえるはずはない。追い詰められれば孤独に死ぬだけ。

・謀略のせいもあるにしても、
・おれ自身にも問題はあろう。

組織謀略は、これの後者のみを世間に過剰宣伝して回る。
だからいつまでも被害者の風評は、悪人のままだ。


あと数ヶ月、社会に出るのを組織暴力に阻害され続け、
電磁波や念術による攻撃のダメージで廃人手前の体調でありつづけ、
有り余る暇な時間にこんな愚痴を書くばかりで死ぬのか。

5年も人生を潰されて、何も前進しなかった。奴らの思惑通りに。

”テレパシー越しの遠隔監視”担当の野郎が、この文章を見て喜んで笑ってやがる。
こっちにもある程度相手の様子が伝わってくる。わかる。


こうした最新記事だって、閲覧に来るのは2,3人、その多くが工作員。
世間に伝えるのが、難しい。というか、無理に近いな。
普通だったら
「何、そりゃ大変だ」「よし助け合おう、結束しよう」
と、自然と拡大してゆくんだが、
国民全体が広域電波で洗脳を受け、頭脳が麻痺していて、
支配者の命令どおりに、たいした根拠もなく誰かを恨むようなラジコン人形になっていると、

驚くほど、重大な問題をスルーする。
まるで別民族のように、おかしな行動をみんなで取るようになる。

危機において、本能的な
感知、判断、行動、

能力の退化した民族ほど危険なものはない。いわば免疫をなくした生物。

 ◇

おれは、神の采配に世界情勢から、最新の流行にエンターテインメントに今晩のおかずまで、
ものすごい多機能工として育成されてきた背景もある、そんな感じだ。

でも、活かせない。缶詰つまり幽閉されたままだ。こんなのが何になる。裏社会にいいように乗せられ利用される以上ではなかった。

しかも、「こんなのはだれでも出来るんだ」そうだ。おれにこんな境遇を強制している組織悪連中の弁では。
すげえな、だれでも神にも大統領にもなれるんだ。そのスキルが発揮できるんだ。

でも、世の中を見渡すと・・・
多機能工経験者で溢れかえってるんだよね???器用なエスパーで。
なんも変わってないよ?愚かな犯罪や失敗や揉め事ばかりだよ?家計やりくりひとつ冴えてないままよ?
農村の婆ちゃんは農村の婆ちゃんのままだよ?あほなガキはあほなガキの…

同じような多機能工の人々を見てきてるからわかる。ものすごく食えない、隙が無い、めったなことはしないよ、彼らは。
「騙し、ウソ」、だな。誰もがやれることじゃなく、むしろ人を選ぶ。
何でもかんでも適当に、自信喪失狙いで罵ればいいってもんじゃないよ。

 ◇

無神経め、悪人め、と大衆に罵倒されている人間が実は、ひと一倍人に気遣う優しい性格だったり、
かように罵り間接暴力を振るう、無責任大衆の方が実は殺人者に等しい無神経ぶりだったり、

めくらな、おかしな、世の中になった。世界中が。

日本はもはや狭すぎるのかも、人口の割りに。
エスパー化は知覚センサー有効範囲の拡大、逃げ場が減る。生物には隠れ家や逃げ場が要る。

 ◇

No     年月日時刻    ホスト名    アクセスページ    前ページ    リンク元URL    No
1    2007/04/16(月) 10:37:30    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    stw    taw    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt    1
2    2007/04/16(月) 10:37:26    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0703          http://www.google.com/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=http%3a%2f%2fkasumin7%2eweb%2efc2%2ecom%2f    2
3    2007/04/16(月) 10:37:25    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    3
4    2007/04/16(月) 10:37:03    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    0701          http://kasumin7.web.fc2.com/m0704.html    4
5    2007/04/16(月) 10:37:00    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    5
6    2007/04/16(月) 10:36:28    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    0701          http://kasumin7.web.fc2.com/m0704.html    6
7    2007/04/16(月) 10:33:19    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    0701          http://kasumin7.web.fc2.com/m0704.html    7
9    2007/04/16(月) 10:31:48    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    9
10    2007/04/16(月) 10:31:46    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0703          http://www.google.com/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=http%3a%2f%2fkasumin7%2eweb%2efc2%2ecom%2f    10
11    2007/04/16(月) 10:31:34    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    taw    stw    http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/    11
12    2007/04/16(月) 10:31:22    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    stw    taw    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt    12
13    2007/04/16(月) 10:31:19    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0703          http://www.google.com/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=http%3a%2f%2fkasumin7%2eweb%2efc2%2ecom%2f    13
14    2007/04/16(月) 10:29:15    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    14
15    2007/04/16(月) 10:27:30    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0704.html    15
16    2007/04/16(月) 10:27:08    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    16
17    2007/04/16(月) 10:27:06    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0703          http://www.google.com/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=http%3a%2f%2fkasumin7%2eweb%2efc2%2ecom%2f    17
18    2007/04/16(月) 10:26:58    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    taw    stw    http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/    18
19    2007/04/16(月) 10:26:49    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    stw    taw    http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2&ei=UTF-8&fr=top_v2&x=wrt    19
20    2007/04/16(月) 10:18:57    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0703          http://www.google.com/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=http%3a%2f%2fkasumin7%2eweb%2efc2%2ecom%2f    20
21    2007/04/16(月) 10:17:46    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    21
22    2007/04/16(月) 10:17:23    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    22
24    2007/04/16(月) 10:15:42    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    0701          http://kasumin7.web.fc2.com/m0704.html    24
25    2007/04/16(月) 10:13:25    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    25
26    2007/04/16(月) 10:13:22    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    m0703          http://www.google.com/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=http%3a%2f%2fkasumin7%2eweb%2efc2%2ecom%2f    26
27    2007/04/16(月) 10:13:14    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    taw    stw    http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/    27
28    2007/04/16(月) 10:13:04    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    stw          http://search.yahoo.co.jp/search?p=%C1%C8%BF%A5%A5%B9%A5%C8%A1%BC%A5%AB%A1%BC%C5%C5%BC%A7%C7%C8&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1&x=15&y=4    28

大阪は中ノ島の青木久美子がしつこすぎる件について。

つくづく、工作員という奴は、妙なことばかりやる。
今朝の石井や岡田のように。

 ◇

いま現在は逆風だ。
不平不満文句中傷罵倒ばかり、空耳が聞こえてくる。

真偽で言えば、偽。ウソ欺瞞ばかりが自分に降りかかっている。悪意はそれらを増幅する。

いい風が吹けば自然と、応援激励、物理的な後援すら目立ってくるものだ。
すべては、流れが、女神の微笑が、仕切っている。

再来はあるのか。

どっちでもいいや。いくら頑張って貢献しても、聞こえてくるのが文句ばかりじゃ。
潰れろ、飢え死にしろ、悪人、殺人鬼め、
言いたい放題言いやがって。おまえらみたいな奴らのために頑張ってきたんじゃねえよ。
…とかいうとまた、扇動工作員たちを喜ばせるだけ。

国家謀略による”殺傷兵器的な電磁波の照射”で、体は冷たいし、精神は発狂寸前だし、
散々だよ。


なんせ 偽 だもの。物事の本質には触れず、ウワサだ伝聞だ、これで評価されて崖っぷちで蹴落とされる。
おお、真 になった、と感じられる業界も出てきてはいるけど、自分の身の回りにはサッパリ実感がないね。
真 を信じて、先の2月に堂々と与党は嫌いだと言ってみた。数日後に弟が餓死で亡くなったと父から電話が、もうコリゴリだ。


ためしにシステム周辺の仕事に応募してみたら、これも罠っぽい。派遣元が富士通系だろうが関係ないね。
渋谷の会社をはさむ多重派遣だし、この時点で素性が怪しくなる。
ドスの利いた声(偽社員かゴロ社員)、時給忘れちゃった、3交代と言ったけど2交代なんです(すごい適当)、
一刻も早く来て欲しいという話のうますぎるトントン拍子、

なんだか金融系に敵視されてる感じが、○CBの案件における悪意で感じられた。
これも金融系だから、また畳み掛けられてはたまらないな。
騒がしい都心部で組織悪に囲まれてやられるくらいなら、静かに餓死の方がまだいい。

 ◇

懸案事項はいくつかあるが、

・祭り上げられた人物が、数年すると疲弊したり体調を崩し、挙句に暗殺されるような顛末になる

んだとすれば、何回すごく元気で明るい若者を立てようが、結局は無意味なんじゃ。
蓄積や継承がない、上司として残ってゆかない、行き当たりばったりで適当なヤクザ興行的。流行を生んで捨てて繰り返してるだけ。

ただの人柱じゃん。

企業体としても、体を為していない。
効率でも、温情でも、悉くいいかげん。評価はしない、慰労もしない、矢面に立たせ、文句だけは受け止めさせる、

切捨て格差社会がどんな殺伐を生んだことか。それに文句言わせないために、あちこちの事業所やコミュニティに強面の連中が入り込むようになり。

 ◇

仮に、
誰か、
芸能人にでもしておこうか、

彼が、テレパシー情報に拠れば、人殺しとか、すごい悪人らしいとか、だと。

おれは彼と共に働いたり飯を食っても、「自動的に」彼を叩くことも、悪意を向けることも、できない。
だが、世間の多くの人々は、できる。すごいなあと、感心する。安直過ぎて。

悪意を向ける前に、本人に話を聞く。これは必ずや らないと、気が済まない。
それがまっとうな、狂っていない人間のやり方だと思うから。

つまり、世の大半の人々は、テレパシーの遠隔操作で狂っている、と思ってるんだよ。今現在でも。

狂った指揮系統に操られ、狂った民族性は、大体が大声を出して、処刑だの戦争だのに走る。
それに加わるまいとするのは判断力と、なにより本能からくる恐れだろう。


なんでもテレパシーのウワサで知ってる、彼らはあいかわらず進歩のない世の中を維持するだけ。愚行も変わらず繰り返してる。
なんも進歩してない。進歩してない人々がどうしてテレパシーには依存するのか。信じ込めるのか。それは催眠状態ではないと言い切れるのか…

/17

バイト応募。派遣元、なんでか「自分で相手の担当者に電話しろ」とい う。
そしたらひたすら電話に出ない。わざと出ない。一流家電メーカー系列の役職さんなのに。
「当日、スケジュールとか電話します」というから待ってるのに、かけてこない、かけても出ない。出かける2時間前なんだけど。
さすがに、組織謀略の関与を悟る。何より予感が(行くな)と強く告げている。

川崎駅前、雨というのに何人張り込んでるのか、ものすごいプレッシャーに身がすくむ。飲まれる規模。
例によって(損した)コール。人に勝手にオッズでもかけて賭博でも開催してたんだろうか。過去にそんなことを言ってた工作員もいたんで。

作業にかかると、大手家電量販店なのに、変な店員。柄悪い、体育会系、坊主、絡むようなトーク。
「ねえこのやり方新しくない?なあ新しくない?」怒鳴る。大手家電メーカーの役職に向かって怒鳴る。
 (内容としては、「人間ラジコン化、及び操縦システム」を進化させた、と言いたいらしい。)
 (おれをトップから底辺に突き落としてオーラを奪い、小手先の手配だけは素早いところを示してくる、と。)

そういう”パフォーマンス”をおれに向かって顕示して見せてるわけだ。工作員として。
ああこいつ偽店員かな、と悟る。んじゃ容赦なくムカついてやると退散する。

「あいつ、干したら泣きついてくると思ったのに、アッサリやめやがったからせいせいしてる」※
「始末書書かされるらしい」
やけに具体的な、たとえ話。目の前の店員と役職さんが急変して、操られて、柄の悪いたとえ話に及んだ。
4年間おれを利用してきた与党執行部の、精一杯の嫌味だろう。
別れた妻とよりもどす、みたいな新聞記事とかTV番組を急増させて情に訴えるような出戻り奨励作戦まで仕掛けて、
その実、裏では人の良さを小バカにして舌を出しているような。2月に弟が暗殺され(急死)てまで、権力になびくほどバカじゃないね。

帰りには待ち伏せてたやくざ組員?がすれ違って「ああんもう、怖くて震えちゃうよ」などと茶化してみせる。
政暴結託で与党だけ柄悪いったらありゃしないのは有名な話だしな。


川崎駅前の家電店にも、出入りの業者にも、迷惑をかけてしまう格好となったな。
でもこりゃしょうがないんだ。ファッショ弾圧が、民間に委託されてどこへでも飛んで来る格好なんだから。
むしろそういう被害者が今後増えることを鑑み、多少大目にみてくれるくらいであってほしい。
そういう人は大抵、困っている。

「だってうるさいんだもの」とか物陰でヒソヒソ言ってる場合じゃないんだよ。そんなつまらない理由で追い出すな。
モノは言い合えよ。じゃないと誤解と誤解を利用されて、いつまでも謀略が流行し続ける。


「おかしいとおもったよ…」
「邪魔」
ホンネは、小声で精一杯呟く、役職さん。

どっかの悪の親玉に操られ言わされる伝言は、そりゃあもう意気揚々とエネルギッシュだ。

このシステムには、そういう特性がある。


おれとの連動を外されたかの内閣が今、どういう方向性を見せ始めているか、
こないだどんな法案を通過させてしまったか。

そういうことも深く考えないくせに、安易にテレパシーによるウワサだけを信じておれの様な追われる者を現場から追い出すのはやめて欲しいね。
これじゃ、国民全員がファシズムの手先、やくざの手先、人殺しの末端だ。
暗殺手法だもの。従来の手法から置換できる。弾圧対象を「気配が気に入らない、しかも悪党”らしい”」の一言で世の中から追い出す。


新たな技術に基づいて非暴力を説き、それを暴力が目をつけて奪うなどして、利用する。
なんとも皮肉だが、古来の中国といい、よくある話だ。



人間ラジコン化システムの全国網羅、組織ストーカー活動で社会的抹殺
これらを使い、国家は国土は無法に私物化されてゆく。
不恰好でもおれのような素人が影響力を発揮してた時代と違い、
その道のプロつまり一流揃いがそれらを行使するのだから、
今後はよりとんでもない時代になろう。酷い目にあう弱者も増えることが予想される。
一見、自由も平和も豊かさもそのままある。その辺は狡猾にカムフラージュしている。


こうしたことを書いてるとまた、監視工作員達がテレパシー越しに騒々しくなって
「なにもわかってない」
とか言いだす。
なんかそういや、きょうの隣人の男の方は騒がしい気がするな。

だったら先に回答を教えろよ。おれくらいのキーマンにはむしろ教えなきゃマズイだろ、色々と。
悠長に謎解き課してる場合じゃない。


川崎の行きは寒い雨。帰りも雨。翌朝のいまは突風。
とにかく、安定しないね、追い出せ追い出した、新しい人々のオペレーションとは、かくも不安定なのか。これで望み通りか。
こっちを不安定な外国製端末、きみらは安定可動の国内端末、にたとえ話してなかったっけ?
たまごっち王の怒りは収まらないのか。あるいは悪魔の罠か、神羅万象チョコ。

まあいいや、もう追い出されて外野だから。

 ◇

以下はおれの嫌味の代弁。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/a/biz/hyogo/senryu_a0404/senryu_a12.shtml
 新しい経営者は、コンピュータ好きのようです。システム部門は忙しくなります が、そのこと自体に不満はありません。経営者は、昨年に比べてシステム部門の陣容を3割増強させるといっています。今は30人程度のシステム部門で、私は 基幹系システム担当チームのリーダーをしています。

 昨年秋に、生産管理と販売管理システムをそれぞれ再構築したばかりですが、「こ れでは競合に勝てない」との経営者の一言があり、戦略性の高いシステムを計画するように言われています。上司のシステム部長によると、どこかのコンサルタ ント会社から吹き込まれたらしいのです。
 正直なところ、現場は新システムの開発どころではありません。近々、システム部 員の数人が辞めることを知っています。生産や営業の現場では、中堅社員にかかる「業績を上げろ」というプレッシャーはすごいもので、大事な人間が辞めそう だという噂も耳にしました。社員が安心して働ける会社にすることが最優先と思うのですが、社内でこんな話はしにくい状況です。
 社長に吹き込んだコンサルタント会社は、経営がKAというコンピュータ用語であ るかのように言葉巧みに社長を洗脳してしまったのではないでしょうか。

やってられっか!という意味です。
「やめてせいせいした」?お互い好都合じゃねえか。

このコンサルは今すぐ勝つことを吹聴するタイプだったんだろうな。
現状を知り、時機を見る感じじゃない。
 (ただ、経営的見地だと、本当に経営者側のほうが正しいのかもしれないんだよな。実際に会社を見ないとなんともいえない。)
 (もしそうならば、まずは折衝が重要になる。次に見直し計画。上と下で水と油ではいかん。)
 (なんせかつての途上国に追い上げられて限界期の日本、ラクして勝てないし、無理をしても勝てるとは限らないし。今後はバクチだよ、開発も、改善も。)

イエスマン社会だろうが、
各地各企業に暴力や公安が乗り込んできて現場が荒れようが、
「知ったこっちゃねえ」
のが、ギャングのセオリーであり。目先の天下が取れるなら、彼らはそれで満足する傾向を持っている、いや実際に内部的にどうかは知らんけど。

荒らしてでもギャング天下、右傾天下、
そんな日本は見たくないなあ。

これってつまり、内乱的、内向きなんだよな。みみっちいKOEIの国取りゲームを、現実の社会を舞台にやってるだけ。
いまはむしろ、いかに外向きに展開するかなんだが。そういうのは赤字覚悟の儲からない投資事業だから、目先の利益を分捕る向きには相反するんだろう。

ま、様子見ですな。
こっちも生き延びられるかわからん綱渡りに拍車がかかってるし、下手打てばまた家族に犠牲が出兼ねないし、国が荒れようがそれどころじゃねえ。
支えあう、子供のときから支えられて、すごいものに目を輝かせて、自然に定着する愛国心愛国土心とは、真逆だな。あまりの無法魔界ぶりに落胆と絶望と諦観 と。

でも、議員候補のうち、こちらの暖かいオーラを分けてくれた候補がいた。
どの党とかじゃなく、この人に投票してあげよう。これからの時代は目先の物質より、利益より、これが一番大事だ。同じ釜の飯をわけてあげる心だ。
”温かい心の連帯”に、いま流行してる”悪魔の心の連帯”は近寄って来れない。それを前面に推す野田の某団体には悪い印象はない。そのキャッチコピーCM に心救われたこともあった。

 ◇

25    2007/04/17(火) 12:47:53    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    221.250.150.26    stw    taw    http://www.google.co.jp/hws/search?client=dell-row&adsafe=high&safe=high&channel=jp-psp&hl=ja&q=%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2    25
26    2007/04/17(火) 12:47:51    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    221.250.150.26    m0703          http://www.google.com/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=http%3a%2f%2fkasumin7%2eweb%2efc2%2ecom%2f    26
27    2007/04/17(火) 12:43:28    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    221.250.150.26    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html    27
28    2007/04/17(火) 12:43:25    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    221.250.150.26    m0703          http://www.google.com/search?sourceid=navclient-menuext&ie=UTF-8&q=http%3a%2f%2fkasumin7%2eweb%2efc2%2ecom%2f    28
29    2007/04/17(火) 12:43:19    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    221.250.150.26    taw    stw    http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/    29
30    2007/04/17(火) 12:43:10    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    221.250.150.26    stw    taw    http://www.google.co.jp/hws/search?client=dell-row&adsafe=high&safe=high&channel=jp-psp&hl=ja&q=%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2&Submit=%E6%A4%9C%E7%B4%A2    30

 ▼投稿されたメッセージ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

REMOTE_ADDR: 221.250.150.26

[ 名前 ]
青木久美子

[ 件名 ]
未記入

[ 本文(大) ]
このスパイシステムで息が詰まってるやつもいるでしょうね。思考読まれたくないせ いで狂うとは考えますか?表面的な環境で判断できるのですか?

すっかり加害者側常連投稿となった青木久美子・大阪中之島在住さんからの、脅迫メッセージです。

 ◇

昨日今日はちっとばかり、高度な課題だったのかな。
敵対、そうでもない、そういった謀略リテラシーを要求されるような。味方などいないというのは社会の鉄則。

植木屋土建屋が民家へ訪問(突入、制圧)し、次々と案件を売り込む、よくある手口。
(集団ストーカー で検索し、ネット掲示板のスレッドを見て回ると、同じ事例が結構出てくる。)
念術で、人の意思を操れば、嫌と言わせず、帰れと言わせず、仕事を売り込める。蓄財も減らすことができる。
おれの実家が、4年前にこのように丸裸に潰されていった。

さて、常日頃から、隣近所に、電磁波攻撃、念術プレッシャー攻撃、でおれの体調や精神を狂わせる「日常的な工作員」がいる。
毎日のように被害体験記に書いている。

仮に突入側も、被る側も、明確な敵だとしても、突入側はホワイトナイトでありえる。

被る側は困惑しており、周囲から、びっこひいた老人とか、障害者系底辺層の住人が矢継ぎ早に通過してゆく、土建屋に話しかける者もいる。
諜報における、部落系、職人系、の対決のようにも見える。

さて、わざわざうちのアパートの前にクルマをドカっと停めている。敵意要素。
昨日、川崎へ出かけようとすると、それを確認したように急発進したこの車。監視要素。

さっき、「カラスだカラス」と、秘密諜報の名乗りとしてメジャーな言い回しをした。
急に苦しくなってくれば、「胸が締め付け」などといい始める。
「いつやるか、5月連休か」などと、殺意を仄めかすメジャーな手法。

つまり、職人側にも敵意がある。

同じ穴の狢、さてどう判断するかというと、とりあえず
・嫌な気配の排除
・邪魔な車を鬱陶しがる

くらいしかやることがない。壁を蹴っても空しいばかり。
背後関係だけで人は動けないな。


とりあえず、部落系民間諜報筋が根付いてそうなのは改めてわかった。
荒川沿岸で、昭和40年代の古びた老人多い造成住宅地。蓮田という部落性(岩槻の隣)。ベタではある。


たぶん同じやり口でTV局だの制作プロダクションだの、大企業の本社オフィスだのまで、乗り込まれてるんだろう。
アニメだとサンライズがそうっぽいが現場までは見てない。
一流企業だと三菱本社やJCB、いずれも現地で待ち構えられてた。

左傾一般市民の弾圧や、悪事への好都合利用を、「教育」などと言うのは簡単だ。
周囲はおろか、当人まで躊躇してしまう。

 ◇

報道にあがる人物を、自分に照合させる、という疑心暗鬼育成手法を、盛んに仕掛けてくる、組織諜報。

●自ら混乱を招き、仕切る
●何から何までウヤムヤ
Jリーグ川淵会長についてのゲンダイのゴシップ記事より抜粋。

あの人のあの部分が似てるとか、似てないとか、クヨクヨ悩ませる。
ついには、あの事件も災害もおれのせいか、などと言う域まで誘導される。
そして悪い方ばかり採択させる。

テレパシーで張り付くというのはつまり、警官の密室拷問に同じ。
ろくなオペレーションにはならない。
理由も、右傾でないとか、告発姿勢がウザイとか、政治的理由が含まれる。


アルバイト現場で仕組まれる嫌がらせは一定だ。

・現場全体をいきなり仕切らせようとする。
・無理難題を吹っかける。マニュアル見るな、いきなり完璧にやれ、と。

で、屈服させたいのだろうが、こっちもある種のいい加減なので、そうは引き下がらない。
こう着状態、決着つかずで4年を超えた。太平洋戦争の期間より長い。

ツールには、使い方が決まっている。
それを無視し、いつでも万能にやれと言うのはヤクザの言い回しだ。
携帯ゲーム機で据置きゲーム機の市場を淘汰しろとか、
日本アニメでディズニー市場を征服しろとか、
そういう荒唐無稽なレベルとみているが、如何。

嫌がらせでできる切磋琢磨なんぞしれたもの、長続きする必要も意味もない。
いずれはもっとお互いを前向きに高めあう姿勢が問われる。

ま、人生で一番いい時期をカルトだの暴力だので潰されてきて、もう若さも後もない人間の言うことだ。


http://kasumin7.web.fc2.com/m0704.html#17-11

 ◇

ひとつ衝撃的事実が判明。

南向かいの日新工業グリーンハイツ寮

隣の公園に、公明推薦現職議員が演説に来た。
と、グリーンハウスへそのリスナーのオバチャンが入ってゆくではないか。
監視カメラとセンサーライトが入り、うかつに赤の他人は入れない。

だからか。一昨年から、やたらと、この地域の組織ストーカーに絡んできたのは。


演説がいやでも聞こえてくるんだが、「他党の議員は悩むが、私は悩まない断行型です」心がおびえるようなヒトラー型の怒号大声。
なんともこう、全体主義的な…しかも画像の通り信者集合、「ばんざーいばんざーい」と、すごい拍手喝さい。戦前の軍人さん送り出しかよ…

こないだ、無所属新人の、気配がよくてうっとりしてしまった候補は違った。
物腰優しく、心を踏み荒らされるような勢いではなく、とにかく自然体で聞いていられた。おれはあの人に投票する。


…と、北隣岡田家にまた別の訪問者が、さっきの鬱陶しい位置に、車を停めている。土建屋ではなく、保険屋かなんかのようだ。
ナンバーが 8181(バイバイ)、組織ストーカー被害でままある手口。
あすこの婆さん、人相が悪い。気配が悪い。口が悪い。さっきも通りすがるや「あーあ可哀想、嫌われちゃって」などとニヤニヤしている。
息子だか亭主だか、たまに来る連中も同じ。ひと癖ある。陰湿というか陰険というか。

きのう、石井家と一芝居組んで嫌な気配でこっちを釣りながら世間話、出てきたところへ近所の土建屋が乗り込みたとえ話、
今日も土建屋 が来てその周囲に部落住人がウロウロ、で8181車。どっちの車も嫌な位置にわざわざ停める。

プロほど、器用に会話をつむぐ。
こっちが聞いてない時、聞こえない場所で、かすかに聞こえる時には盛大に嫌味を言い、物騒なことを話す。
こっちがむきになって登場すると、途端にスイッチして善良な市民の普通の会話に戻る。

プロは自分の中の悪魔を、起用に出したり引っ込めたりして相手を翻弄 する。このような悪魔憑依型の人間が、集団洗脳的に、集団感染的に、急増しているという印象。
血も涙もなく人殺しに平気で加担する。弱れば弱るほど喜ぶ。奪うほどに恍惚としている。だが突如普通の人へ戻る。

何より、人を操る、場を操る、ことに慣れてる。
いつのまにか、大して気にしてなかったのに、執拗に相手に絡み、接近し、撮影し、イライラしている。相手の誘いに乗り、悪気に飲まれている。
そして奴らは示し合わせて言うのだ。「ああ怖い怖い、へんな人がいる」とニヤニヤしながら。

岡田の婆さんは、そのありようは、完全にプロといえる。
油断ならない。そうとだけは言える。いつだったか転んで骨折して救急車で運ばれていったけど、それなりの理由があるのかもしれない。


結局、きのうきょうを総合すると、蓮田市一体の公明筋とかいった系統だった組織諜報が、派手に展開してきたような印象。ぜんぶグル。


さっき、この無所属議員さんに入れる、というところを書いていたら突然、激しく右手が電気ショックを受けた。バチンッと。
久々の、リモート攻撃。ソース(源)が電磁波か音波か念術か、そんなことは二の次だ。

自民公明を崇拝しろ、誰のおかげで生き延びてると思ってるんだ。
公明に「使える奴がいる」とかウワサが来たから利用してやったのにサッパリ使えないしー

これが、公明筋の工作員がやってきたときの常套文句。

超能力が普及すると、世の中は、人に強制する時代に戻ってきた。
念術で、操るか、プレッシャーかけて、本人が涙を流していても、弟を見せしめで暗殺してでも、与党万歳といわせる。

 ◇

http://www.youtube.com/watch?v=8MRQ6LeUwzc
15日の(分析)の項で「集団ストーカー」でググルとyoutubeを駆使してる人を発見。

ハイハイハイハイ、これわっかるわかる。
久々にみた、本当の被害者、被害体験。

やたらエスパー領域が開発されると、本能的にかぎ分ける。うさんくさいやつ、悪意がある奴、作り笑い、詐術…
これにはそれがなかった。こっちの日常そのものだ。
白い営業者セダン、こういう安い車ばかり使う。あとはヤンキー車かな。
官公庁はパトカーはあまり使わず、警察ヘリと自衛隊輸送機C130に依存している。

勘違いすべきでないのは、「現象が頻発する」ということ。
上の動画をいくつか見ると、ちゃんとした会社のバンが混じってるが、別に彼らが”悪意あるスパイとは限らない”ということだ。

「テレパシーネットワーク」は悪魔のつながり。心を繋げ、集団で連動して、神悪魔に操作されるように精密に動く。集団が、世の中全体が。
つまり、そうやって操られた世の中、地域が、まるでひとつの生き物のように、悪意を見せるのだ。一種の新世代統治システムではある。日本はその実験場か。
集団が操られれば、個人の感情も操られて疑心暗鬼になる。上 の撮影者もかなり急性の疑心暗鬼のようだ。まだ日が浅いのか。
思考が監視され、政治的にまずい内容だと”思考停止”を仕掛けられたりもする。まさにメンインブラック。

色々と、非公開技術が投入されている印象。おそらくは西欧製。

”指揮する王様”つまり気分で世の中を動かしてしまう人材が、どこに居るのかは知らない。色々と真偽混ぜた複雑怪奇な構造でカムフラージュしている模様。
おれは囮要素の強いこうした役割を半強制された。「組織ストーカー」被害者にままある傾向。
711に拉致襲撃され、雇われ店長をやらされたようなもんだ。北に拉致された人々にも似ている。やらなければ世の中が動かないし、下が困る。その道義心を たくみに利用される。

 ◇

官民問わず、おれの声が聞こえてるのなら、呼びかけたい。おれの意思がテレパシーを通じ「常時晒されてる」はずだよな?
「操られるな、うかつに、安易に、」

せめて、二面性をそういうことに使ってくれ。虐待行為のほうを、そうやってサボタージュしてくれ。
首を振って、軽くうめくなどすれば回避できる。一度頭を空にするんだ。

 ◇

見所のある文章。現実の雰囲気をよく描写している。実際の因果関係はともかく。
http://www.geocities.jp/unknown_quantity2004/

http://crime.bbs.thebbs.jp/1154156436/e100
[455]wforwork 07/04/17 15:19 1c/JMn3AR4
    >>452

    もともとは、公安vs共産ゲリラの間にあったのが(諜報戦)
    この犯罪の発端。

    今では、マスコミの餌。(組織ストーカー被害者個人の頭脳情報を吸出し、番組製作者や報道機関へ売り込んでいる、非合法行為。)

 ◇

夜、超能力関係の記事を書いて ると、近所からプレッシャー攻撃。ビリビリ感じさせる奴。巷では「電磁波被害」といわれてる。
たぶん隣の部屋とか、隣の家とか、それくらいの至近距離だ。テレパシー的に明瞭に意思が通じるくらいの距離。
ここは囲まれている。最初からそういう、地域牢獄みたいな罠の場所なのだ。

/18

昨晩は、テレパシーネットワーク経由の、”心への割り込み”によるス トーキングが執拗だった。頭脳のハッキング。
ちょっと気を緩めれば、テレパシー罵倒のやかましいことこの上ない。人数が多いんだろう、いつまでも他人に割り込めるほどヒトは暇でも器用でもない。
どれくらい広域なネットワーク範囲から入り込んでるのやら。ヒトの心のつながりを通じて遠方から来るらしいから。
中身はやくざ筋ばかり。殺すとか生意気とか偉そうにとか、根拠無く脅してくるあのタイプ。

無意識に近いほど防御が弱まり簡単に侵入され、当然、夢も割り込まれる。やくざが出てきて「絶対ここからださねえ」と羽交い絞めにするシーンが持続する。
ワンパターンで不自然なのが、”外部から改変された夢”の特徴。
頻繁に目が覚める。身体各所を操ってそのせわしなさに起きるのだ。隣の老人が起床する時刻とか、決まった時間に。
隣の部屋から、ひどいプレッシャー。だからこそ重いのだろう。(いやこれも体感で推測してるだけだから、その先があるのかもしれない。)
ただここは、物音を立てて威嚇するとかいった行為が最近目立つ。訪問してくる男の攻撃衝動の多さとか。

起床して、意識がハッキリして、不快な気配の方向の”相手”をしっかり補足すると、途端に止む精神攻撃。
心の強さが防火壁となる。それだけで太刀打ち反撃できることもある。相手がどんなゴツかろうが関係なく。
逆に、夢も見ず寝てると操られにくい。何らかのイメージがわいてるときに、割り込むようだ。

周囲を歩き回ると、アパートへ向けて不快な気配が照射されてる。公明支持の日新グリーンハイツからにも感じるし、アパート内部からにも、でも明瞭に範囲が わかるわけではないので別方向からもあるかも。
間違いないのは、至近距離から、”テレパシーとか不快感の源を提供”されているということだ。機械による電磁波か音波の照射。人が放つときは疲労があるの で時間に限りがある。
それらと連動して嫌がらせを待ち構えるような、胡散臭い世帯は場所が決まっている。いつもここで名前が出てくるような世帯、ということだ。


最新スペックのパソコンをして、おれたち最強!という主張をされている気がする。
一番速い思考、優れた予知能力。
でも、彼らのオペレーションは野性的本能、むしろ法治を疎み危害を加えるタイプ。従来のタカ派的枠組みの思惑に基づいてて、目新しさはない。
彼らにはどこか、”本質”がない。虚構を飾り立てるのが、新世代なりに上手ではある、そんな印象。

だれでも最新パソコンは買えるし、使える。
でも賢さや、優しさは、バンドルされてこない。自分で所望して使おうとしなければ、その分野は粗野な旧世代のままだ。
最新パソコンだけで、偉くなれない。頼られない。新しいモノを生み出せない。
最新パソコンを所有するだけの愚かな人は、人生を普通の人のまま、知恵の働く管理や創意工夫もせず、三面記事に挙がったりしている。
エスパー能力を持ったから、賢者になれるわけではない。

上の文節を書いていると、いきなり思考停止の妨害工作。
テレパシー経由での常時監視。あくまで感覚だと、隣室の住人、北隣の岡田家、あたりが噛んでいそう。
知的部分を無力化しようという工作が盛んだ。ここ4年間ずっとそうだった。ジャミング性音波照射のせいで、油断すると頭が回らなくなる。


末端工作員はあくまで楽器。指示されたとおり、操られ、任務をこなす。
もっと遠方、中央のほうに、演奏者がいる。ネズミ算式にテレパシーで繋がってるのか。
そんな中央集権できるほど、いまの日本は賢く柔軟に対応できて、知的人材が豊富だろうか。
その守旧懐古的部分でこのシステムは、ニーズを失い陳腐化するのが早いのではないかと思える。

きょうも選挙戦は激しい。
共産党が街頭演説。介護保険料減免を実現とか、今後はどうして行きますとか、実質的な働きや目標が目立つのは地方行政に強い政党だけはある。聴衆はゼロ。
昨日、公明の現職議員は米寿のお祝い金を存続させたの一点張りで勢いよく怒鳴りたてた。支持者10名近くが寒い雨の中駆り出され万歳三唱。
教祖と信者みたい。教祖が口を開くと熱狂的に信者が応える。

なんかいまの政党政治の現状の縮図を見た気がしてちょっと空しくなった。


さて、普段疑いを向けている対象者が、文句言いたげに、あるいは陰口で不平しながら出てくるような場面。
向こうは向こうの不満、こっちはこっちの不満。共に「文句しか言わない」

少なくともおれは、どこに引っ越しても、電磁波攻撃、プレッシャーで潰そうとする工作、を受ける。
兄弟二人がこれで死んだ。4年間も職や趣味などの自由を奪われた。
この相当なフラストレーションを、どこへどう向ければいいのか。照射されるだけでは、明確に容疑者を絞り込めない。
相当に、卑怯な謀略手段だ。

一 回 も 話 し 合 わ な い 。

このシステムは、この点が唯一の問題点ではないのか。相手に歩み寄らず、あるいは相手に立場に立たない。
にらみ合うならまだいい、一方的に攻撃して満足して終わり。

今だって、職につくことの妨害(街中での追いこみや根回し)の延長でどこにも行けない。
電磁波音波の類で神経をやられ気力を奪われ、モチベーション低下。

この相当なフラストレーションを、どこへどう向ければいいのか。

刑務所だって日々、やることはある。
ここは何も出来ない。ただの幽閉。

第一次のハラスを受けてる自分がいる。
そのネガティブの蓄積が、周囲に伝染して陰気にする。

この悪循環を断絶しない限り、おれは滅びるしかないのだろう。生きていても鬱陶しがられて悲しいだけだ。
だが裏社会の”底無しネガティブ”は、これを手段として利用し、持続する。潰す任務、ビジネスの元では。底無し沼に落ちた気分だ。

つくづくいやだねえ、マトリックスみたいに、警官やマフィア員が霊として飛んできて、誰かの体を借りて攻撃するパターンは。
ものすごい威圧のプレッシャーを放つ相手も、体を貸す羽目になってるだけかもしれない。
・外へ出るな、買い物へいくな、働くな
まるで昨晩の夢を乗っ取った奴らと同じことを命じてくる。

奴らが刷り込んだ洗脳、いや邪霊は他人を見つけると、”テレパシー”と”念術”とで暴れまわる。卑猥、暴言、やりたい放題でおれの名誉を汚してゆく。呆然 としている周囲。
良くも悪くも、もはやこの心と体は、半分は他人に占拠されたもの で、自由には動かせない。
事実上、狂った頭、動かない体、打つ手無し。霊障を取り除くには、狙われない身分の確保以外にはありえない。

太陽がもしも無かったら、地球はたちまち凍りつく。
人は微笑み、無くすだろう。

 ◇

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070416/122878/
「働く」って何だっけ?
日本の労働観を再考せよ

 「企業は本業を通じて社会貢献をする。利益とは社会に貢献したことの証しである。多くの利益を与えられたということは、その利益を使って、さらなる社会 貢献をせよとの世の声だ」
 これこそが、日本的経営の利益観なのですね。欧米の利益観は少し違っていて、利益を悪とは言わないにしてもどこか後ろめたいものととらえる傾向がある。 日本では、利益は社会に貢献した証しだと堂々としている。

 企業経営のスタイルは、欧米的、特に米国的な方に向かおうとしているが、どうしても徹底できない。もともとお金をもらえるから頑張るという文化ではな かったのに、成果主義という言葉を持ち込んで無理やりに「報酬はお金だ」と叫んでいる。実際にはそれほどお金をもらえるわけでもない。メリハリもつかず中 途半端なまま。気がつくと、今まで自分たちを鼓舞していた日本的な労働の価値観を希薄化させただけだった。
 もちろん、日本人の労働観が手放しで良かったかと言えば、そうではない。一歩間違えば、「傍を楽にする」のではなく「皆で楽になる」というぬるま湯文化 に陥ってしまうことも少なくなかった。競争原理という点では弱いのです。日本の集団主義は、良い面と悪い面がちょうどコインの裏表のような関係にあった。 集団として貢献することが喜びだったはずが、一つ間違えると無責任主義に転じてしまう。腕を磨くとか、お客様を鏡として己を磨くという意識がどんどん低下 して、結果としてアマチュアリズムが蔓延していきました。

 ですから、「プロフェッショナリズム」の復活ということを、しっかりやらなければならないと思います。自分の商品価値を上げるためなどという、欧米的な 労働観からくる誤ったプロフェッショナリズムではありません。
 日本には職人魂とか商人魂というのが昔からあって、近江商人の心得「売り手よし、買い手よし、世間よし、三方よし」とか、住友家訓の「浮利を追わず」と か、お客様の笑顔を見るために努力するとか、優れたプロフェッショナリズムがあった。これを復活させることを同時に行わないと、非常に危うい状態に向かっ てしまう。

強迫は士気を生み出さない

 市場原理、競争原理の目的は生産性を上げることです。もっと働けということでもある。ではどうやるかといえば、3つの言葉に走ってしまう。「生き残り」 「勝ち残り」「サバイバル」という強迫の言葉です。
 確かに人間には怠け者の側面もありますが、脅かされてばかりでは心が持たない。働きがいとか生きがいといった前向きな面を論じないと社会全体がおかしく なってしまいます。

 「2人の石切り職人」という寓話があります。旅人がある街を通りかかったら新しい教会が建設されているところだった。建設現場では2人の石切り職人が働 いていた。旅人が1人の石切り職人に聞いた。「あなたは何をやっているのですか」。すると、「俺はこのいまいましい石を切るために悪戦苦闘しているのさ」 と答えた。
 ところが、2人目の職人は目を輝かせてこう言った。「ええ、私は人々の心の安らぎの場となる素晴らしい教会を作っているのです」。つまり同じ仕事をして いても、その仕事の彼方に何を見ているかが全く違うわけです。
 人は働く時、この「2人目の石切り職人」のような世界を心の中に必ず持っているのです。それは金儲けや生き残りのためではなくて、仕事に対するプロ フェッショナリズムや誇りのためなんです。そこに気づくことから、日本人の新しい働き方が見えてくるのでしょう。

#心の友よー、代弁者。

 ◇

http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20070416/122868/
(21)「お母さん社長」、行きます!

 でも、私の中には頑として変わらない考えもあります。それは若者への見方です。

ニートを救うのは、コミュニケーション

 今の若い人がダメだ、ニートやフリーターが増えて日本社会は弱体化していく、といった悲観論がバッコしていますが、私は断固として反対です。
 そんなことはありません。
 実際、ブックオフで元気に働いている社員やスタッフには、「オレ、昔ニートでした」「引きこもってました」という人がいます。「あら、あなたもそうな の」と取り立てて驚きもせず、私は、彼らの話を聞くことにしています。
 再三述べたことですが、自分を認めてくれる人がいる職場に出会えば、どんな若者だって、その人に喜んでもらいたいと思って、すごい力を発揮するもので す。そうやって仕事の楽しさを体感すると、今度は自分が周囲の人の力を認め、新しくやってきた人を育てたいと思うものです。

 そのために必要なのは、コミュニケーションです。店で一緒に仕事をして、話して、おいしい物を食べて、居酒屋へ出かけてお酒を飲んで、共に時間を過ごす のです。彼らの仕事ぶりをほめてあげる。もちろん、間違っていたらちゃんと叱る。中身の伴うそんなコミュニケーションが取れていれば、元ニートだってフ リーターだって、ちゃんと「仕事のできる人間」に変わっていくものなのです。
 心の扉をオンにする。人と人とのコミュニケーションがとれている時の状態を指す、私たちの言い方です。
 仕事には人間同士の摩擦がつきものです。

 壁にぶち当たるときは、大抵、心の扉がオフになっている。そんなとき人間は、他人の言うこと、することを否定しにかかっているのです。それに気づいて、 まず店長が自分の心の扉をオンにする。スタッフさんに一声かける。相手を気遣って、先回りして動いてみる。
 その一言、その一歩で状況は開けてくるものです。

 今、自分で自分の心の扉を閉ざしている人に、私はそのことを伝えたい。

#切り捨てる(殺す)のは簡単だ。きのうも暗殺事件があったね。政官財問わずそういう世の中にしたら、それは有権者全員の責任だ。あいついらないから追い 出しちゃえ、というのでは。
#まさにそんなエゴで、社会を追放され、あと何週で飢えるかという人間がここにいる。

#ITとか大企業のオフィスへ行くと、ハマってるけど使え無そうだなあ、あれもこれもというタイプではないなあ、という若者が多い。
#逆に、あぶれたフリーターとかに、ハマるとどこででも上昇しそうなのがゴロゴロしてる。
#ミスマッチだらけで、だれも改善を提案もせず、空しい。この島国は。

 出産と育児でいったん退職した人、介護で一度は会社を離れざるを得ない人が、望むならば再び復職できる会社にしたい。生活すべてを仕事に捧げるのではな く、きちんと休みを取って、家族と過ごしたり自分の体を休める時間を確保しながら、働ける会社にしたい。

 ブックオフの財産は、人です。ブックオフの強さは、人間力にあるのです。
 この原点を忘れずに、私は「会社の母」として、舵取りに全力を注ぎます。

(終わり)

 ◇

今月5日のJCBのあれは、実に落胆した。ここまで憎まれてるのか、追い込まれる身分なのかと。
2月は弟の訃報で落胆した。下降線だと嫌なことばかり続くし、敵意ある勢力は一気に攻め込んでくる感じ。

 ◇

きょうもふたばちゃんねる2chan.netは、柄の悪いサクラに占拠されてる。(アーカイブ
ここは今年に入って、娯楽性が減りむしろ、足を引っ張る連中が居ついた感じがある。
学生上がりの趣味性の強い盛り上げ投稿でなく、やる気のない割に怖い一行投稿ばかり。


http://d.hatena.ne.jp/kanose/20070415/character
それって、あなたがやって欲しくないことでは…?と不思議に思って指摘したくなる のだが、指摘したところで逆ギレされる

ゴロツキやカルトに組織的に嫌がらせされて、それを非難したら
「お前が嫌なことをしたからおれもやるんだ」
という逃げ口上へ持ち込まれる、ということが少なからずあった。先手がむこうでも、真似を重ねられてうやむやになる。

嫌がらせ合戦に発展性は無い。ああいえばこういうで陰湿な虐待を続けるのこそがギャングだと言われてしまえばそれまでなんだけど。

相手の論調を鵜呑みにして、嫌がらせが双方なくなるように努力しても、
結局はむこうからあれこれ難癖付けてきたりね、カモられるというか。
むしろ弱腰になればなるほど無理に押されるというかね。

で、気付けばモノ言えぬ”言論思想封殺の世の中”になってましたと。
何か言えば警官が飛んでくるのも、素性不肖のゴロやカルトが飛んでくるのも、同じこと。

背景にあるのは、ディベート論破、勢いで相手を倒したもの勝ちと いう概念の横行。
能弁を使う、組織暴力をつかう、権力を使う、どんどん無理難題をエスカレートさせ、相手が屈服するまで続けるし、屈服しても潰れるまで無理難題と従属を強 いる。
すべて、ファシズム風潮に好都合だから。無法化が。

www.yomiuri.co.jp/feature/otokogokoro/fe_ot_07011001.htm
 仮想的有能感――。昨年、約34万部を売り上げた「他人を見下す若者たち」の著 者、名古屋大大学院の速水敏彦教授(教育心理学)の造語だ。
 無意識に他人を見下すことで、「自分はエライ、有能だ」と思い込むことを意味す る。

すぐこっちへ振りたがる。これ以外の論調をさせない暴力や勢いまで行使する。
この記事での専門学校生は、いかにも若く典型的だけれど、おれの場合に関しては、これは本質ではないと思う。過去数年を分析した上で。

至って謙虚だし、順応しようとする。
でも、させないという妨害工作が激しい。
・組織暴力の根回しで、悪評ばかりが先行して告げ口されていたり、
・こちらの意識をリモートコントロールして、不審な動作や、悪態のテレパシーを周囲にわめきちらすなど、

「ふつうにデキる人材を、わざわざ汚し、足を引っ張る」

こちらが先であるという、本末転倒。

ああいえば、こういう。「周囲は言わないような文句ばかりいうからだ ローラー作戦」
こちらが理論的論破するたびに、新しい無理難題を吹っかける。

どうしてこうも、封殺の陰湿さばかり目立つ世の中になってしまっ たのか。
ぜんぜん目立った成果は上げていない。むしろ萎縮させる逆効果が目立つ。こうなるともう、ギャングの私利私欲のみではないのか。

・社会的には大人しく順応し、家庭内では不正告発活動家、

この条件が、封殺部隊の存在により不可能。どんど ん汚される、封じられ追放される。

この本質は、なかなか世間中に広まってゆかない。もともと大人しい、不正は目を瞑る人口が多いからだろうか。

 ◇

最近は、「もう勝敗は決したから、逆らうだけ無意味」という脅迫が、目立つ。
テレパシー経由、工作員のたとえ話、共に。

なんの、やくざか、他の手合いか、抗争があったんだろうか。
でも、こっちには関係ない。


/19

http://www.amakiblog.com/archives/2007/04/19/#000346
敵を恐れることはない。敵はせいぜい君を殺すだけだ。
友を恐れることはない。友はせいぜい君を裏切るだけだ。
無関心な人びとをおそれよ。彼らは殺しも裏切りもしない。
だが、無関心な人びとの沈黙の同意があればこそ、地上には
裏切りと殺戮が存在するのだ。


無法を迎合するな、法整備を

「おまえのテレパシーはうるさい」のだという。
だがそれはテレパシー回線提供業者(素性が怪しい)の管理であり、ユーザのおれに言われても対応できない。

うるさいから、自宅に閉じこもってどこにも来るな、というのはつまり、どこへいっても人々がそう言うならば、
つまり一億総マフィア兵隊化であろう。安易に干すということは一億の兵隊で被害者を殺しているのと同じこと。
みんなが同じ”電波の信号”で同じように動いてないか?ちゃんと判断してる?

「くるな でていけ」その言い回し、誰が命じた?
自発的だというなら、おかしすぎないか?裏でそういうことをやって良いというジャッジは。なにか感覚麻痺してないか?

必要なのは、社会認知、法整備、法対処、だろう。
きっちりと事実関係を書類にして、検討して、裁判にかける。

いまの安直なやり方は、”無法を迎合”してるのに等しい。一方的に言い捨て、切って捨てている。

引退、社会復帰、その後無視、くらいならわかる。
散々、社会貢献に引っ張り出しておいて、いらなくなったらネガティブポイントだけ叩いて、潰す。このやり方は非道だろうといっている。


昨晩いきなり、電磁波音波攻撃の内容が変化。
神経磨耗作用から、心臓付近の電気ショック作用へ。

眠たくなり気を緩めると、定点がドカッドカッと痙攣。
夜通ししつこくやられ、定期的に激しくして起こす。 おかげで常に痛くて満足に歩けない。電気火傷、炎症になったか。

このパターンだと相手はずっと起きてるはずで、よくもまあ他人への攻撃で徹夜出来るもんだと呆れる。
体感調査、今までのパターン(電気ショック系)、南のドカタ家からっぽい。まあ自宅周囲が工作員だらけだし、複合要因で無いとは限らない。

全国民の心は悪魔に食われている。海岸の波のように、自覚なきまま徐々に。公共電波のようなもので降り注ぐから、例外は無い。
一部の謀略のプロは知ってて染まっているけれど。悪魔に魂を売ってでも、そういう組織に加わってでも、儲かりたい、という根性。

大体こういう致命的攻撃にシフトするときは、政治的謀略である加害者側に気に入らないアクションをしたということだ。
何を書いたとか、どうせそんな下らない理由だろう。いつもそうだから。


どうも隣室から電磁波か音波の信号が放たれ、身体機能や精神を操ろうとしてる模様。
そっちへ向くと、壁越しにモウモウと全身の体感があり、腕の特定部分がピクピク痙攣する。
まったく働きに出かけなくなったのは、たまたまなのかどうか。24h張り付く意図か。男の方は実は押しかけか。色々邪推は膨らむ。
だいたい5軒くらいが容疑者だ。北隣、アパート住人2世帯、向かい、南向かい、南の土建屋。


都心の大きなJR駅で面会。現地に工作員が待ち伏せているのか、体が急激に冷えて仕方がない。
急いでいるのに、きもの中年数名で道をふさいでノロノロ歩く。
ジャンバーに鳥の糞がヒットする。
相変わらず、風水だかなんだか知らないが、不幸で固定されてるようだ。運命操作マジック。
駅構内の主に学生が、こちらの気配を感じ嫌な顔をして見る。つづけて自動的に文句を言いかかるが、遠慮しているようだ。
よほどの気配なのか、サラリーマンでもハッとして顔をむけられることがある。

同姓の担当が出てきて「奇遇だなあ」などと白々しく演技がかって言う。根回しですよ、偽者ですよ、といわんばかりに。
パーティションの後ろの社員たちが異様な気配で豹変して「ひゃーはは、ころされるー」などと騒いでいる。一流企業本社の話だ。
むしろ、一流企業のほうが工作員に操られ、謀略に加担している気がする。日立、JCB、三菱、etc
たぶんホンダだろうがソニーだろうがまして、なんとか省だろうが(一昨年の財務省本庁舎の例もある)、みな同じだろう。おなじ謀略が同じくセッティングさ れる。

なーんかやっぱ、フツーじゃないな。みな熱に浮かれて状況判断できなくなってて。
「こりゃおかしい、やめよう、」というジャッジが出来る人が、極端に減っている。


昨晩も夢がハッキングされてた。
「使えないお前と中国人は切るからねー」
「お前はおれ達の中じゃ、所詮はピエロなんだよ」
だそうだ。
秘密諜報、追い込みゲーム、影の政府ゲーム、ってところか。

 ◇

 ▼投稿されたメッセージ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

REMOTE_ADDR: 221.250.150.26

[ 名前 ]
青木久美子

[ 件名 ]
未記入

[ 本文(大) ]
あなた人の人生持て遊ぶのは偉い身分ですね。あなたが何人とか最初からどうでもい いんですけど個人の人生ゲームにしてたのしいか?


実際に、楽しんでるのは「本当に偉い身分」の、”観衆”でしょ。

被害者に大仕事やらせて責任回避、
生意気な奴を小突いて、悪の頭領に仕立てて、周囲に非難されて苦しむさまを見て喜ぶ、

…とかバカ正直に答えるおれもおれだな。その人生ゲームのディーラー側の一員かもしれないヤツに対して。

/20

 ▼投稿されたメッセージ
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

REMOTE_ADDR: 202.212.156.235

[ 名前 ]
青木久美子

[ 件名 ]
未記入

[ 本文(大) ]
いつもご苦労さまです。とりあえずそれだけ書かしてもらいます。



公共電波や念術により「人民を催眠状態にして操るシステム」は普及したようだ

すっかり、公共電波や念術により「人民を催眠状態にして操るシステム」は 普及したようだ。
どこへ行っても、安定して同じ振る舞いが見られる。以前はもっとバラツキがあった。

朝、セキ薬品、シャトレーゼ。
店員達まず、ハッとした表情、ギョっとしてるのもいる、
憑かれたように慌てて集合、

仕事よりもそっちの方が大事、という力の入れようで、
「あの人はろくなことしない」「余計なことばっかり」
と、天から降って来るセリフを次々しゃべる。本人達の脳みそそのものは、まったく、あるいは大して、わかってない。

北の国とかは、命令と弾圧とで強制的に従わせる。
この国では、電波とか人の放つ気配に操られ、”自分から兵隊になる”のだ。強制加入のテレパシーネット。個人の独自性はなくなる。

「目印」、弾圧被害者に憑かせるそれが体の中にある限り、
どこにいる誰であっても、”豹変する”。
家族や友人さえ、この数十年間見せたことの無いような陰険な態度や言動に走る。

支配者を間違うと、とんでもないことになる。
有権者のノンキさ、ツケを払う時代となった。
次に「目印」をつけられるのは、あなたのお隣さんかもしれない。その一家は不幸不運災難続きで性格も荒み、ろくな末路は辿らないだろう。
だってそれは「呪術」なのだから。肉体生物ごときが運命や霊に抗いきれるものではない。

建設性が無い。
封じ込めるだけ。

夕方、マルヤ。
柄の悪いペアや一家が揃って到着。
つきまとう、意味ありげなたとえ話をしながらすれ違う、うろうろ用もないのに粘る。

家族連れは、小学生の子供を操って伝言させる。「てめえなに暴走してんだよ」カートを蹴っ飛ばす。


一昨日の晩にやられたのは筋なのか内臓なのか血管なのかよくわからないが、スレスレ致命傷間際には違いないようだ。
深い真ん中、うかつに立てないし悲鳴が出るしうなされる。いやまいったねこりゃ。
別に今日明日死のうがなんも背負ってないしどうでもいいんだが、苦痛そのものは嫌だねやっぱ。
何より嫌なのは、こんな陰気で元気なくて死相が出てる人間でも働きに出なきゃ行けない。
すると周囲は活気に満ち溢れた若造たちが盛り上がってる。悉く殲滅するように現場をお通夜の雰囲気にしてしまう。
あまりの陰気のためにおねえちゃんに泣かれるとさすがに辛い。

きょうは台場のテレビでバイト。佃美奈が曲がったり桐生さんが突破した入り口を過ぎ、視聴率ポスターが山と貼られている廊下を抜け。
私はやってない、悟空、ミーナ、のだめ、スカルマ、なんだよ番組ポスターの半分はおれ発のアイデア商品じゃないか、とか。
どうせ理解されない自己満足妄想の中、なんか老練のニュースキャスターとすれ違ったらしいけど俯いてて気付かず、周囲の活気と意気揚々の笑みがぜんぶ魔の 気配に思えて、余計に暗くなる。
心筋だか血管だかがいたくってそれどころじゃないのもある。畠山智宏や筑紫哲也だったら気配でトキメイちゃうけどね。


今日は興味深い事実を再検証。

・テレパシーは、本人他人の区別がつかない。無認証。

つまり、「仮面ライダー電王」にたとえると、
おれが良太郎で、心の中でモモタロスが難癖付けて、ウラタロスがナンパしてるとしても、
それがテレパシーで聞こえている周囲の人々は、「こいつ一人」としか感じてないってこと。
声は個性がある。メールも案外個性が出る。でも、テレパシー音声には個性を判別する要素が無い。

ペアだったおねえちゃんには、こっちの心の声が聞こえているようだった。
不意に誰かがおれの心の中で(うぜえ)だか(うせろ)と脅した。おれじゃない。精神ハッカーだ。
すると隣にいたおねえちゃんは、「はい、わかりました、今すぐ行きます!」と感極まったように駆けていってしまった。

ふだん(Hしよう オナニー)などと何度も叫んでるのも、
(ぶっ殺すぞ ぶん殴る)などと脅す場合でも、
おれからすればおれの心に無断侵入しているハッカーゴロツキ工作員による工作だとわかっても、
周囲でテレパシーを聞いてる人にはそれがわからない。


改めて思う。
テレパシーは、公開技術にすべきで、オープンソースであるべき だ。

設計書、
仕様書、
マニュアル、

こういうものがないと、各人がめいめいの思い込みで済ませることになる。
仕様も、通信内容も。

上からの抑え付け、弾圧や、情報操作で悪人に仕立てる、
などには今のままで良い。誤解されるほど好都合だし、不文律だからだれも知らない、口にしない、ことになっている。

だけど、せめて「インターネット並みに信頼性の高い意思疎通手段」とするには、今の仕様では程遠い。
だれが言ってるのかすぐわかる、認証手段、証明書技術が必要だ。ファイアーウォールがしっかりしないと、すぐ心に入り込まれてチャット状態、聞き手に誤解 が及ぶ。


相変わらず、だれもが、口々に、
「あああいつね、悪いやつ、晒されてる奴」
みたいに、侮蔑の視線を向けてきたりする。

でも、テレパシー経由で私生活を晒せるんだったら、なんでチンケな個人じゃなく、総理とか社長とかいった大物を晒さないのか。
悪行を晒す目的なら、そのほうがよほど世直しになるだろうに。

おれのすべてが24h晒されてるなら、電磁波攻撃を受けてのたうちまわる苦しみも、いかにはめられている人間かも、筒抜けだろうに。
なんでおれにとってデメリットなことばかり晒されてるのか。ひどい情報統制じゃないか。

 ◇

ここまで書いてて、いきなり念術攻撃を喰らった。
いつもよりはるかに強烈な、心筋付近の緊縛作用。まるで息が出来ない。かなりやばそうだ。
同時に「いいからとっとと死ねよ」とやかましいテレパシーが何度も飛んできた。

外で必死になってたら、見慣れぬハイラックスに3人、服装の良くない男たちが乗って去っていった。
あれ犯人かもな。いつもとあまりに違いすぎる。もしくは帰ってきたばかりの隣人か。それまでは平穏だったんだよ。

そして2月に肺炎と餓死で暗殺された弟もまた、呼吸が出来なくて苦しい状態だったらしい。。
おなじ手法でやられた感じ。

あと何日生きられるかわからんというレベルだが、やれるところまではやってみるさ。

それにしても、長崎市長の事件やきょうの暴立てこもり事件、
おれまでその流れに巻き込まれる格好となっている。別に要人でもなんでも無いのにな。
むしろ政治犯扱いだ。きょうもヒューマンリソシアから電話で「今週末選挙は入れますか?」で肯定したら、いきなり語調を荒げてイラついたように返答して 切ってきた。
みんなこうだ。政治工作のスパイみたいな感情を表してくるよ。
きょうは警視庁(自称)からテレパシーが来たが「やっていい事と悪いことがあるんじゃないの?」だってさ。少なくともおれはホシなわけだ。善意の通報とか は無視だな。教えてやるんじゃなかった。

おれがここまで致命傷を負う、ああこの日本は、いや世界中は、終わったんだなと悟った。
普段はヒトのままでも、いつ悪魔が発現するか。魔女狩りの対象が現れ、その気配を感じると発動するんだろう。
処刑を好み、追い回し罵倒し笑みを漏らす、痛みを知らぬ悪魔。


町田の立てこもり事件の速報は、フジ本社ビルのあの球体の脇の渡り廊下のとこで見た。ぞっとしたよ。
でもあすこ、オフィスのヒトは普通に接してくれたな、プロパーじゃなくて外注制作のひとだけど。こっちがあんまり卑屈で避けてるんで白けられちゃったけ ど。
まあ、きょうあす死ぬかもしれない時に、いい思い出が作れたな。日本テレビ旧本社と、テレビ東京芝公園スタジオ(レディス4)くらいしか入ったことがな かったから。

おれみたいな追われる身が転機を迎えるチャンスがあるならば、せいぜい野党が連立して政権とって今までと違う連中とつるんでくれることくらいかな。
それでも追われたら、そういう筋に睨みを利かせることのできない政権と言うことだろう。

/21

みな、

・演劇
・ゲーム

のような、役者によるフィクションだと吹聴されている。


「思い込み」に固執させる。情報分断、情報統制、頭の中身を「支配者」が一元管理する、
そういう狡猾な意図が、この「テレパシーシステム」にはある。

だから、これに騙されないだけの意思を公に見せると、支配者の手配で追い込まれる。
「ずれてる 周囲と違う」といっては邪魔立てをする。
元来、そういうのは水面下に隠すべきものだ。じゃないと家族まとめて暗殺されかねない。

10年前はこうではなかった。すっかり万民は、魔女狩り前提の集合意識体になってしまった。支配者が悪いとこうも激変する。
心がひとつになったはいいが、催眠術師が用意した複数の”暗示情報”を、各々が信じ込むようになった。
判断能力がなくなったのだ。「のだめは悪い女」などとテレパシー情報が流されれば、そう信じ込むグループが出現する。


きのうは念術攻撃で心臓緊縛を仕掛けられ周辺臓器までパニックを起こし、いっとき重態だった。
そういうことは伝わらない。もしくは伝わっても、視聴者の心は氷のようであり、情をみせることがない。苦しむ様を見て、にやけてるだけ。

多くの人口が悪魔憑きとなってしまった。そんな街を、人を、見るのが辛い。

社会とおれの現状を、だれもきちんとはわかってない。おれの気配に触れることで、なんとなく悟る人間はいても。
催眠を打ち破る手段は、”催眠を打ち破った人間に触発されること”なのかもしれない。テレパシーを通じて雰囲気は伝播する。

きのう同伴のお姉ちゃんは、おれが「毎日胸に差込があるんだよ」というと震えて半泣き。
「くすり飲んでるんですか?」すごく深刻そうに言うんだけど、そんなもんだ。
ドラマとかいった軽いものだと思っている。真実は、この晩の暗殺行為の通り。

・「追い込み暗殺」ということになっている、演劇(ウソ
・「演劇」ということになっている、追い込み暗殺(事実


テレパシー越しに、裏社会や政治の代弁者をやらされてきたから、(要は当のお偉いさんが手を汚したくない故の代弁者、政治秘書みたいな)
「悪党だ、始末されて当然」、ということでニヤニヤしてる人もいる。
しかしそれも支配者の自作自演。

えてして催眠にかからないのは、本質を見抜き判断基準とするような純粋な人間。マスコミのような情報操作に引っかかりにくい厄介者。
それを徹底して汚す。弱らせる。悪党のレッテルを貼る努力を惜しまない。
古来より政治とはそういうものだったし、今も変わらない。かなりおおげさだが、要は救世主のようなものを極端に嫌う。

悪魔は天使を悪魔側に引き込もうとする。
いまや悪魔の勢力があまりに拡がり過ぎた。
悪魔憑きの人間は外見や素行は善人で社会適応性が良い。カルト教団の人々が正にそんな感じ。
神は断罪に容赦なくメギドの火で焼き尽くすようなものだということを忘れてはならない。
天使と悪魔は表裏一体、サタンはミカエルだった。

 ◇

以下、シンクロニシティ魔術と、アニメの特定作品がわかってる口調で書いており。

遊戯王 デュエルモンスターズ」。

本放送時からシンクロニシティしまくってきた。日常と作中のシンクロ。
オレイカルコス編の終盤からのことだ。
いま再放送でオレイカルコス編中盤、再放送なのにシンクロニシティしている。
遊戯が闇に呑まれて負けたのだ。

GXくらいになると、人的な手配でシンクロを演出してるのはわかる。
でも、前作はそうじゃなかった。このへんはむしろ「魔術」運命操作、シンクロニシティ誘発の魔術としか。
じゃなきゃ2003年本放送時と、今年の再放送が双方とも、視聴時の自分とシンクロする、なんてとてつもなく器用なことは仕掛けられまい。

旬を過ぎたロッキーが挑戦する「ロッ キーザファイナル
これも人的手配を超えている。魔術的。

こないだNHK教育の米国コメディドラマ(ピカチュウとアラレちゃんがでてる)で、幸運の絶頂、不運への急転落、ダメだと思ったが無事夢がかなう、
なんていう願望成就の内容だったけど、これはあくまで願望を映したシンクロで、実現するものではないようだ。


さて、シ ンクロニシティ的に常時あやつられ監視されている社会では、おれもまた常時その影響下にある。

どうやら昨日の念術攻撃は狭心症誘発作用、呼吸困難は重篤度の表れだったようで、相当な消耗を呼んだ。
朝起きてすぐ痛覚疲労で寝てしまい、目が覚めると「ケ ロロ軍曹」の終盤で、
「素直に謝らないと、とてつもない不幸が襲い掛かります」という、ケロロの仕組んだ偽占いに基づいて、夏美に鉄拳制裁を喰らうケロロ、というシーン。

後半パートを最初から見直すと、加害者側の強制的な物言い(偽の占い)に従うことを強制され、
不幸も幸運も、組織的活動によって予め自作自演、仕組まれている。
逆らうと不幸と拷問(ムチ)続き、従うとささやかなミツが振舞われる。
まるで現場を見ているかのように、サンライズによる描写はソックリだった。
前半パートは、ケロロたちを牢獄に閉じ込めて治療過誤を行い、脱獄に至るというストーリー。これもまるきり加害者側(諜報機関)のネタに依存しているかの ようだ。

ああ、こないだの 「コードギアス」の時にソックリなパターンだ。
昨年、夏美が犬にされて遠隔監視され恥ずかしい姿を撮影されるという話があったけど、あれに内容がソックリ、書き手の精神性が一緒だな。

むしろ、この数年を振り返れば、占いに支配された夏美の状況に近いといえるんだが、反撃どころか心不全になるような攻撃食らってる始末だしな。
焼ける心臓は爆弾みたいに圧力の向けどころを失いパンパンで、肺が膨れると心臓がパニックになって息が吸えない。恐ろしいひとときだった。よく持ち直した もんだ。

いやいいんだ、おれも所詮”非がない人”ではないだろうし、つまり振り回す側にも結果としてなった、させられたというかね、
今さら心不全ともなれば働かざるもの食うべからず、何より”魔物になってしまった全国民”の向けてくる悪意の間で暮らしてゆくのは無理だ。
真実が、どうでもいい。いいがかりや大規模な組織暴力や権力の前では、何もかも面倒くさくなってくる。力押しの恐ろしさ。魔女狩りとはそういうもの。

”イヌにされた夏美”がいたぶられるのを衆人監視して、ざまあみろと喜んでるような、そういう連中を、”魔物”と呼ばずになんと呼べばいいのか。
裁くなら表で堂々と法治で裁け。裏でコソコソリンチするのは無法迎合。魔物ほど無法を喜ぶ。

祭り上げられた個人が叩かれるのは、組織悪が根本であることを誤魔化すための、古典的な政治手法。
銀行強盗の激減を見れば明白で、個人悪などたかがしれている。組織悪は匿名不特定多数を武器に暗躍し、祭り上げる人材を確保し続ける。


おっと午前中にしてまた隣人が念術攻撃開始か。こういうおしゃべりな書き込みを続けてるとやられやすいんだよな。どうせならとっとと止めを刺せばいいの に。
とりあえず、サンライズには報知する。組織的根回しが行ってる企業だし、長年報知してるし、知らないわからないわけがない。


シンクロニシティ即ち類似現象の連続性、最近は顕 著だ。
「バージニア工大銃撃、長崎市長銃撃、町田銃撃立てこもり、NASA銃撃立てこもり、」
わずか一週間ほどの間に、こうも演劇的に連続している。

本当に、現実なのか。

・現実が仮想的だったのか、
・現実と疑わなかったものが実は仮想だったのか。

 ◇

隣室住人男女。
昼過ぎ、車に乗る。暖機運転。
不意に胸が締め付けられる。男がへへっと笑っている。
窓越しに様子を見るも、決して目を合わせてこない。

どうも、男の方、やり手かもしれない。(昨日やられた時間は、女だけが帰ってきた直後なんだが)
チュッパチャップスなんぞナメながらふざけた態度、挨拶も無し、バドミントンで周辺を騒々しくしながらニヤけてる、
巧みに目をそらすような人間に、ろくなのはいないという印象がある。偏見だけど。

念術による密かな暗殺。
その組織構成員がこうも堂々と街中を闊歩している事実。

 ◇

今の「組織的追い込み」におけるフェーズはつまり、
あらゆる流れや勢いを奪い、
自信を失わせ、小心者にすることで相対的に周囲から揶揄攻撃させ、
一部のお偉いさんたち、平民でも、鬱憤溜まった向きをニンマリさせる、という感じかな。

セオリーが通じるなら、時代を停滞させないのなら、
たとえ道化とはいえ、先駆者など不要だったはずだ。
自分達は、努力して、まじめに、貯蓄や地位を手に入れたのに、維持運用に奔走しているのに、
ワイルドカードでアウトローに抜け駆けして活躍したやつが許せない、という感情。
そこには真実のみならず、誇張宣伝も、私的偏見も混じっている。

なにより、集団リンチ的な一方的断罪は、反省を生まない。
一方だけが正義というファシズム的発想を利用した、一種のお祭り騒ぎ。当然、正気の沙汰ではない。
昨日石を投げた人が、今日は投げられる側に立つことがありえるシステム。


テレパシーによる中傷。
「この負けず嫌い。」
フツー、家族暗殺されてまで安易に屈服しないだろ。

心臓への攻撃を繰り返しながら
「しにたくねえよーーー」
勝手にこっちの心の代弁をするパターン。漫画では定番のギャグではあるが。
別にあの時トドメを刺されてればそれはそれでよかったんだがな。


もはや働けるような、体でも、環境でも、ない。
処刑は本気度を増し、追い込みも熾烈を極めた。
とりあえず餓死するまでの家賃を先に支払っておく、そんだけだな。
念術で操られる、”擬似的”な狭心症のおかげで、背中から迂闊に寝られない。
労作や不定期発作が”ほんもの”の症状だが、この場合は念術を喰らった時限定で起きる。

今後が停滞と閉塞感の時代であるが故に、「真偽の”偽”で世の中を覆い尽くそう」という流れ。
本物(世間一般の意味とは違う)は次々と力を奪われ潰されてゆく。偽の維持に適合する「催眠状態の幸せに浸かる」人々だけが生きることを許される。

ダメなもんはダメなんだが、それを言うと命がない。

 ◇

おれは、心が闇に引き込まれすぎた。
2年前まで結城にいたころ、都心と接する機会がなかった。物理距離が離れてた。
自然と触れ合う機会はあった。闇に飲まれる機会が少なかった。大きな脅威なんて近所の狂気を秘めたジジイ工作員とか、ブラジル人一家くらいだった。
いまやアパートの住人という壁の隣レベルで、首都圏の一戸建て団地という距離の近さで、邪気を放たれるし、人口も多い。
結果、神々しさが体内から消えた。

霊能者は都会に住めない、近寄りたがらない、というのもわかる気はする。
まるで「地球少女アルジュナ」のクリスのように、体内に溜め込むだけ溜め込み、衰弱する羽目になる。

ハエもカブト虫も、田舎へ行くほどエネルギッシュ。


90年代には霊的技術も含む組織ストーカー行為が

「組織ストーカー」の痕跡は1994年にはあった。
中学時代に一番嫌だったやつが、待ち構えていた。顔をそらし、こちらを意識しながら、駅前でくっちゃべってた。
おやじに見つかりたくないのに、やはり駅前に待ち構えてた。これは直前に車で発見されてたんだが。
もう一人嫌なやつの家に新聞を配るとき、真っ暗な早朝に、窓越しに「あいつ○○じゃねえ?」と直感的に言い当てられてしまった。

いずれも、創価学会員ともめて、いきなり体調や日々の運勢が急降下して後のこと。それ以降は不自然に不幸不運続き。
高卒前にバイトで入って和気あいあいだった複数の職場が、出戻ってみるとすべて険悪で意地悪で長続きしなくなっていた。
人の運命を改変し固定する、傲慢な、一種の「風水的呪術」なのは今思い返せばわかる。いや創価がやってるとは限らないが、傍観者的にせよ仕掛け人はいる。

中学当時、テレパシーネットワーク即ち”空気のつながり”がどういうものか知ってて、使い方も知ってて、
他の人間と違い、余裕な態度で、他にはない現場掌握、人心掌握の術を行使していた同級生がいた。彼らは社会適合の核心に迫るのが得意だった。
霊界通信なるものを意識して口にする者もいた。

80年代後半、長年入院してた病院へ行くといきなり同級に、「あなた結城のすごい人でしょう、知ってますよ」と勘違いされた。いや勘違いにしか見えなかっ たけど、テレパシーネットワーク的に何か先行情報があったのかもしれない。
帰りに白スーツの男に会い、やはり過去の入院仲間と勘違いされて話し込んだ。でもなんか、わかってて話しかけてきた感じ。
同じように、さんづけでうやうやしくされることがままあった。霊的に感じ取るのか、先行情報があるのか。
中学の時に妄想と寝てるときの夢とが混合した。予知夢を見ることが急増していた時期。「大人になったら独裁者になる」
高校生になり祖母に夢で事故に遭うから気をつけろといわれた翌朝に轢かれた。中高とわず、30歳以上先を生きる実感、予感がなかった。
以降自転車に乗ってると自動車に当てられることが増えたが、なんでか向こうが睨みつけてくる。相手が悪い事例ばかりなのに。一種の諜報活動だったのかも。

その意味でおれは、最近になって遅れて知った口なんだなろう、これらの存在や仕組みを。一種の障害者かな。
世の中にはプレッシャーを感じ取れずに勉強せず零点とり続けられる人もいる。
個性的感性には特殊なケースもあるんだろう。そして特殊な人間には異能が宿るらしい。
凡人は異能なら万能だと偏見を持ち、ほれやってみろよ、できねえじゃん、と続けたがる。
でも異能とはマイペースとか限定条件とか、かなり条件を選ぶものだ。「ワガママがとおらなきゃいけない」と言ってもいい。


念術攻撃つまりサイコキネシスには返し技があるそうだ。いわゆる攻撃が最大の防御ってヤツか。
その辺が器用になると、サイキックアタックは脅威でなくなるのかもしれないね。



夜半過ぎ、隣室住人男女が車で帰宅。
重い気配を持ち帰ってくる。絶えず意図して気配をこっちに向けているのがわかる。
たまに空気砲みたいにピンポイントで念術を打ち込んできて、ソニックブームのように射線上の壁が打音したりする。
むこうの気配がこっちの体を包み、内側へ意識をもってゆかせて内臓を刺激しようとする。
このパターンは法治するときのうみたいな攻撃をくらい面倒なので回避する。
どの道、ここまで器用に念術の数々を使いこなす時点で、虐待や暗殺のセミプロ以上、工作員である。

執拗。意図。
寝付けばモノを落とす大きな音。
昨日の晩にいきなり畳み掛けてきたのもこいつらだろう。敵意や執拗さが符合している。
先月くらいから、細身の中朝系のような男が来るようになってから一変したな。こいつは普段の態度といいどうにもダメだ。
以前の茶髪の男といい、コンビニエントにつれてくる男のどれもがこういうのばかりだ。

物音は嫌がらせのために最適な音を出す割りに、友人としても恋愛としてもずいぶん物静か、声も音もしない。変。
変と言えば定時に働きに出てたのに男が来るようになりそれがなくなった。二人で働かないで生活費どうしてるんだろうというのは邪推だが。


/22

会場:牛込付近
選管プロパー、公安警察系(と思しき)。
立会人、派遣スタッフ:創価公明系(と思しき)。

という印象。

派遣のオバン4名は全員、しわくちゃ浅黒カルト系、目だけがやたら輝いて幸せそうな物腰上品カルト系、で占められていた。
ちょっと油断すると「病院 入院 骨折 ガン 手術」という会話パターンを延々繰り返す。ものすごく不快な陰気を発しながら。
ハンコおす係のクセに、「私いま押しましたっけ?」と毎度繰り返す。嫌がるとニヤけてさらに繰り返す。
しわくちゃ部落系の顔に見合ったことをやってくれる。

こっちの思考を盗聴しつつ、こっちが思い浮かべた思考の内容どおりにウソの会話を展開してゆく。
被害体験も4年か、と思えば「うちの息子が留学して4年目なんですよ」パターンの繰り返し。

で、終盤になると「こんな仕事不自然じゃありません?13時間もずっと同じ場所で座ってるだけなんて」
まさかそれだけのために、開始から開票まで15時間も体験できる仕事を仕組んだとは思えないけど。


殺気念術で相手の不調と狂気を誘う、というのがこいつらの弾圧スタイル。

・一箇所にずっといさせながら、念術で締め上げる
・人が多ければ多いほど良い

人が多ければ多いほど、放っている思念波が多くなる。
ハッカーの大規模攻撃のやり方と同じ。乗っ取った多数の端末から一箇所へ一斉射撃するので、サーバーはひとたまりもない。


控え室には私服警官待機。彼がカルトオバンに会話に持ち込まれてしゃべってたのは
「公明学校 公費で学び放題 金銭は徹底的に調べられる 貯蓄がないと突付かれる」とかいうもの。
警官は別に表立って加担していない。怪しく弾圧活動を連携し発揮するのは投票会場のカルト系ばかり。

この日のメンバーはやたら、公明公明と連発する。
公明系は数日前の演説の通り、「高みから気配で威圧し扇動し万歳斉唱させるシステム」を基本としているし、
「念術で屈服を強いる弾圧スタイル」とは何も矛盾しない。
最近は、「かつての飼い犬に噛まれることになるとはなあ」、なんて中傷も飛んできたっけ。

山本という立会人代表格の老齢の男、みかけは立派でも、やってることは嫌がらせ工作員の親玉格。
笑いが下品。他の選管職員も、どこか強面やり手の雰囲気で、教師ではない。まあ選管だから教師のはずもないか。
都知事選のときも、全く同じように苦しめられた。

「ははは、殺されると思ってやがるよ」
「人を信じたいんだなあ、アホ、ははは」

ヒマな時に山本氏も投票。「いや、あってないような名前なんだけど」
わざわざ偽名ほのめかしかよ、とこの男の素性を疑っていると、変な男が投票に来た。
しつっこく「おれは都知事選のときに不正投票だと疑われちゃってさあ」と食い下がる。
ああこりゃ連携してる工作員だとすぐわかる。外見がやり手だもの。
思考は晒され読まれているし。

http://www3.nhk.or.jp/anime/ojaru/
おじゃる丸の本田先生そっくりな選管プロパー。あまりに肉体系で意気揚々でカツゼツがはっきりしすぎている。念術者として厄介なタイプ。
学校の日常風景に詳しい話し振りを聞くと教師のようだが、本物の教師なのか偽者なのか。
呼吸法で威圧する術を行使する。気配を放つだけの念術よりも強力に相手を屈服させる手段。下手な際をするとスーーー、ハーーーと攻撃してくる。

まさかこんな物騒な念術を生徒に向けて使ってることはないとは思うが、使ってるならこの教師、おれが全力を挙げてボコる。
おれら団塊ジュニアが小学中学の頃、こんな念術を使う教師はなく、もっぱら連中にとって棍棒や竹刀が頼りだった。それだけが頼りだった。
念術なんぞ見かけるようになったのはせいぜい、ここ数年だ。連中も「ああ、あの時代はねー」などとおれの心を勝手に読んで同意しやがったし。

念術で人を屈服させるのは戦争の勝ち負けと同じ。ファシズム強制と同じ。柔軟性をなくし、個性を封じる。子供の輝きは消え、諦めの大人しさが残る。
少なくとも連中は、使い方や組織的運用法を大いに間違えている。戸塚ヨットと何も違いはない。


同伴役の工作員もプロともなると、器用なもんだ。
8時間の仕事で同伴を余儀なくされると、ずーーーっと、しゃべってる限りは明るく前向きだったりする。
こっちが勘ぐるほど逆に幸せな言葉が並べられてうやむやにされる。
だがあまり聞き入ってはいけない。百にひとつ、刺すように残虐な言葉を混ぜる。いい話を聞いてる時にいきなり
「殺気 刺す」
などという言葉をいきなり混ぜてきてギクリとさせやがる。
「カドを取ってまるくすると、刺されなくなるような、殺気がやわらぐような気がしません?」というわけだ。
つっけんどんな物言いで告発するようでは、容赦なくボディブローですよというわけか。ありがちなフェイクだな。

複数の会話を展開して聞き取れなくなった隙を伺い、
「とんでもないホームページ作ってるしよー」
確かに。見たままとその印象だけで書いてる。嘘も本当も無い。


そうそう、朝からずっと、呪術使用をほのめかす会話を打診されてた。
向こうが気に食わないような返答をすると
「あらあら、強風が吹いてきちゃったわねえ」

いきなり体育館の屋根がくまなくビリバリビリバリときしみだす。念術によるサイコキネシス効果だ。ソニックブームに近い。
2003年の小山で自転車買いに行った時と同じ。本屋に寄ったときとも同じ。(当時の記事に記述あり)
「あらあら、やねがきしんでるわ雨も降ってないのに」

奴らの表情が凍りつくと気配が悪くなり血行が悪くなり寒くなる。
「なんだか、急に寒くなってきませんか?」
このような思わせぶりの問いかけが彼らのセオリーだ。素人ならもっと、異変に動揺して言葉にならない。


おれが不機嫌になるとお菓子を振舞う。
おれがいないときだけ、券の男女分けをやってない。
おれが「閉鎖前の時報大丈夫ですか」、と聞くと派手にベルを鳴らしたりするが忌々しそう。
なんか色々と階層的背景事情があるようだ。「仕方なくやってます」臭の演出に躍起だ。
連中の組織内部で、おれに対する印象や扱いに温度差分布があるのかも。上はどうで下がどう、あっちはああでこっちはこう。


結局は、高みの連中が、悪者を探し出し、弾圧して屈服させるシステム。
こんな高飛車で独善的な連中が、支配の中核を担うようになった。日本は今後も、悪い意味で様変わりするだろう。

エライヒト、デカイ組織、が何でもかんでも決めてしまう。
組織構成員と、組織のトップは、なんらその迫害を受けないつまり、「聖域なき改革」とは好対照の国家私物化前提となる。
もっと謙虚で素朴な組織人員がやってるわけじゃない。傲慢高圧、ズブ。

おれのエンジニア的視点は、これを肯定しない。
肯定するようなケースは大抵、ひとが胸をなでおろし、伸びやかに、楽しそうにしている。
どんなすごい魔術軍事力で国を牛耳ろうが、いずれ陳腐化するか打倒される。だが打倒するのは従来の、お題目だけの左派的主張や保守堅持論ではない。

 ◇

最近の暴力系の応対は主に、子供じみた部分、女々しい部分、を声真似してからかう行為が目立つ。
系統ごとに、統一された中傷に徹するのはなんとも軍隊的。開票作業とかスーパー店内とかで見ていて思った。


暴力がそこらでみかけるような俗世間の悪だと言うなら、
カルトだの権力の悪はある意味もっとたちが悪い、上層の悪だ。格差社会、監視社会、選民思想を欲するものたちだ。

(霊術的な)武装化、過激化し、自分達だけのオタッキーな発想、カゲキな選民思想で社会を密かに牛耳っちまおうという、
無垢な市民なんか”神通力”で操っちゃえばいいんだ、操れないもの逆らうものは密かに囲い込み追い込み暗殺しちまおうという、
しかし表面上はもの優しげな市民や教師や公務員をやっている。ものすごい多重人格性。
裏の無法的私的断罪の仕組みを最も重視し、表の裁判とか刑法制度を軽んじている。

”神通力”を手に入れ、霊的進化的な高みから凡人を見下している。いつでも凡人の人格を操り、体調を操って暗殺し、精神を操って狂人にしようとする。
ジャイアンが危険な玩具を使おうとするような、容赦のなさ。いやジャイアンだって自重を知ってる漢だし。もっと現代的な容赦のなさ。

権力も財力も行使しまくる。無駄遣いとかいったレベルじゃない。
ファシズムのためならいくらでも遣う。虐待を推進することの旨味をよくわかっているよあいつらは。
殺すでも潰すでもなく、何年でも何十年でもいたぶり、つくり上げていった”被害者の醜態”を公に晒し続ける。
投票所業務が終わった時の殺し文句が「イジりすぎて上に登れなくなっちゃったね」
それが目的としか言いようが無い。洗脳につぐ洗脳で、ウイルスじみた余計な動作ばかり多くなり、雁字搦めでいい発想も発揮できず。
組織的追い込みを受ける前、受けた直後の0203年ごろは、もっと身軽で伸び伸びしていた。

部分的に、まだ粗暴な連中のほうがマシだ。彼らの多くは格差社会で負け組みに置かれる者たちだから。
でも結局は、でかくてつよいものはみんなダメだという境地に至る。古今東西、悪が良になり代わる時代はさすがにない。

いくらエスパーじみた高品位を実現した人種も、
守ってるのが既得権益という古臭いものでは、垣間見える本質はチープになる。
崇高でワクワクする超能力も、支配層の弾圧手段にばかり成り下がってるのを見ると、なあ。空しくなる。


ガンダムでいえば、
ニュータイプたちは連邦政府に組み込まれ、
オールドタイプたちを啓発してニュータイプに変えて行き、
弾圧の担い手として力を発揮して行くのでした、みたいな。

ジオンはむしろそれを嫌い立ち上がる感じ。
なんかそういう切り口の現代版ガンダムが出来そうだな。

ま、実情がどうかちゃんとは知らないけどね、でも加害組織側も、ちゃんと知らないやつばっかりな気はする。

 ◇

負のエネルギーに情熱を注げる人ってすごいね。
誰かに何か指摘されると、重箱の隅ツツキ、あら捜し、
なんとしても、同じ事柄で相手に反撃し、逆に屈服を迫る。
ものすごい負けず嫌い、制圧指向。

でも、案外とデカイ組織のトップの方に多いみたい。
普通の企業よりは、公とか裏とかに。
要は組織が、個人からの告発や追及を逃れるため、「相手に何もいえなくさせる目的」があったりする。

組織力は徹底して個人を調べ上げられる。言いがかりをつけるネタなんて無数に見つけてくる。

 ◇

さてきょうも「とんでもないホームページ」なりに主観で見たままを書いた。
個人の告発者が、それ以上のことを出来るものじゃない。

公務員改革、骨抜きの恐れ 官僚は「霞が関の劣化を招く」と猛反発
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_6065_177035_82

永田町と霞が関を舞台として、久しぶりに改革推進と抵抗勢力が
つばぜり合いを演じた。

いや昨日のね、新宿某所でもね、改革推進と抵抗勢力が
つばぜり合いをね…

でも改革にもロクでもないのはいて、保守にもいい連中はいるし、
一概に勢力ではくくれない。自民と民主も一度連立して人員トレードしたほうがいいという話もあるし。

自民と民主、民主と共産、こういうのが繋がらないと、変わってゆかないものってある気はする。
ドラえもんのあの”ふたば画像”が使いたい。8日都知事選の結果は。じつに…のやつ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E3%81%B3%E3%82%8F%E6%B9%96%E9%A7%85
また反対派は二候補出たための票の分散もあり、三人の候補のうち唯一の推進派であ る現職の国松正一候補(自民・公明推薦)が比較多数の得票で再選された。
なお反対派二候補の合計得票数は国松候補より上回っており、嘉田知事は栗東市長選 挙後の記者会見でこの点を指摘し、


/23

最初に予言しておく。
「雰囲気だけで人を潰し牽制するシステムは、未来を暗くし動脈硬化にする。」
なんでもやらせる環境作りなくして、国際的に打って出る土壌とはならない。

だが、それを推進しようとしている支配者が統べる国。5年前に感化されかかったが早急に異論を唱え、弾圧され、弾き出された。

いちどレッテルを貼られたら、
「水槽の中の綾波レイ」みたいに「精神一体化した国民たち」に自動的に睨まれる。≒人口の半数。

制限監視社会。農家とか、宅地の庶民とか、大きな仕組みまで頭が回らない立場の連中ほど、これに参加したがる。
まず体制に取り入り、地位やコネで生きてゆくタイプ。既得権益に組み込まれやすく盲信しやすい。
今一番すべき改革とか、聞いても答えが出ないだろう人種。クリエイティブなどの「作り出す」人種には少ないようだ。

・あまりにも背伸びをさせる仕組みはどうかと思うけれど、
・あまりにも身の程を知れと萎縮させる仕組みはもっとどうかと。


昨日の数少ない成果は、長らく精神にインストール常駐されていた「コンピュータウイルス」が多少は駆除されたことかな。
ウイルス人格が勝手に暴れまわることが減った。機能も減衰した。マシな念属性の連中と通じ合った方がいいらしい。


隣室住人の訪問者の男。
つきあいというよりは、追っ手という感じだな。
深夜に物をぶつける音で威嚇、壁際でなにやらささやく、
何より、殺気とも言うべき不快な”気配”。表面をどんなに飾ろうが、これは誤魔化せない。
昨日の投票所の連中といい、こいつといい、結局は繋がっている。日本はファシズム弾圧下にある。

金曜に急激な狭心症でぶっ倒れたのもこいつらの仕掛けだろうし、油断ならぬ。
下手すれば、あの加藤大治郎の命日4/21未明に昇天してたかもしれない。たまたま応急処置がうまく行っただけだ。
元々自発病態ではないから回復は早いし投票業務にも入れたが。そこはそこで異なるトラップが待っていた。

フジテレビがポスティングなんか頼むわけがない。
出向いてみれば訳しりげな顔の連中の多いこと。配達するマンション街はへんな作業着連中が広場のベンチで座ってて威圧気配に満ちていた。
仕組まれたアルバイト、いまさら珍しくもないけれど。いきなりドッカンと心臓電気ショックとか、念術攻撃が激しかったな。


午後出かけようと外へ出ると同時に、向かいの石井家女房が出てきて出かけようとする。
またかよ。いつものこと。監視しているぞサイン。
で、帰宅すると同時にむこうも帰宅してくる。よほど血眼になって合わせてるのか、支配者の仕掛ける”シンクロニシティ魔術”に体を預けてるだけなのか。
待ってたように元班長の女房が路地にいて、「あちこち出かけて大変だねえ」と言い捨てると急いで去ってゆく。

かように、スパイになってイジメをやりたくて仕方がない連中が地域にまで根付いているうつくしい国。
その悪魔度は年年アップしている。抑えが効かなくなっているほど、おれのような人間への締め付けは際限がなくなっている。
それがいいこと、解放感のような、表向きの詐術(リリース)が行われているが、実態はそんな単純ではない。
いかに劇場型社会への追従に市民が慣らされているのかを物語っている気がする。

いわば、スタートラインだ。先が思いやられるのはこれから。
昨年までがごまかし先述べの劇場的演出で、これからが本チャン、みたいな。
真の真相を自分で知ることが出来るのか、知った所でどうするのか、大衆だけで支えられるテーマなのかどうか。

天は小手先のやり取りに怒るように、一昨日寒くきのう暖かくまたきょう寒く、風やまず晴れない、ことを繰り返している。


部屋にいると、散発的に手足が振動する。不快感もあるので電磁波とか音波のようだ。
隣室住人がすっかり物騒になった。それでなくても周辺住民が物騒なのに。篭城するようになり、つまり常時張り付かれている。
こうも日常的に、そういうものを照射して危害する日本という国。劣化ウラン弾でなければ、即死しなければ、いいという悪魔の心。


茶化すようだが。おれを弾圧し経済力や能力を奪う愚行は、日本や世界にとっての損失である。
まず税収が減り、アニメやバイクが好きなので年間数百万の経済活動が減り、それに基づく波及効果も減る。
DVDもレコーダーも高いバイクも買わず維持費も使わず、触発された金持ちが高級品を買いに走ることもない。(これ結構多かった)
つまり、おれ一人を社会的抹殺することで年間数千万円くらいの消費効果が無くなっているかもしれない。ゼロである。
車も家電もネタに窮しててとにかく買って欲しいのに、逆に消費が減るのだ。だれだって生涯に2億届かないくらいは稼ぐのに。

そのくせ、追回す人件費やその他コストが膨大にかかる。追回す人材は家族サービスもアフター5の消費も出来ずこれも経済波及効果でマイナス。
民間に委託して税金で支払えば、これもマイナス。どうせ裏でコッソリやるから帳簿にも残りはしない。

経済だけでどうこうとは言わんが、あまりに無駄ばかり多すぎる。人心も荒廃する。
ばっかじゃねえの、である。しかしどうせやってる当人達にそこまで考える暇も知恵も、権限もない。

社会は維持コストが高いけど、育つ人材が多い前提でそれを賄っている。だが弾圧は育つ人材を減らし、ワンパターンにして社会閉塞を生む。

ファシズムとはかように良かれと思い込んでやってても方々が冷え込むばかりだ。ろくなことはない。
人は世の雰囲気が荒むほど金を使いたがらない。自暴自棄で病院通いになっても街は賑わわないし景気には貢献しない。
弾圧する側の少数金持ちが多少使おうが、寄与率なんて知れたもの。
弾圧されれば結婚せず子供生まず少子化は維持、親の面倒を見る余裕も無いから福祉業界が冷え込む原因となる。
弾圧するような政府は庶民階級の要望なんて見向きもしないから、ズレたオペレーションばかりやって顰蹙を買う。

なにより近年、シンクロニシティの激化傾向。
悪いことを発生させると同じ悪いことが世界中各地で同時多発する。銃犯罪事件が日米で4箇所連続発生したのは記憶に新しい。

それらをふまえてもどこまで邪道を突き進むのか、人類の愚かさを傍観して注視している。
自分の眼で見て考えて気付くか、いつまでも周囲の情報に踊らされるのみか。

国が衰える時は、引き締めなきゃいかんのだ!などと声を荒げる人種がいるが、
財布を引き締めるのみならず、弾圧して報酬そのものを生まない無産階級を増やし、用心用心の世の中を作るのは、本末転倒ではないのか。
軟着陸をわざわざ急転落へもってゆく愚行を望むのはつまり、外国と通じる内通者とか、単にファッショマニア?

ファッショも利巧なら舌を巻くしかないが、愚行では、指摘すべき点はしておかないと。

/24

昼過ぎまで自宅にいたら、隣室からのプレッシャーやら電磁波攻撃やら でヘロヘロだ。寒さも手伝い意識が朦朧としている。
毎日が障害者。毎日が日曜日。

午後、ベルク、ウェルシア。
どうも尾行が来ている模様。局所的にいきなり体調が急に悪化し弱気になる。
ニヤニヤつっ立ってるおっさんとか主婦とか、見かけたのでその中のどれかだろう。

恐ろしい。横暴な空気が全てを操り支配している。
正体は公共電波による集団催眠と、相互超能力啓発。
みなおかしくなってゆく。でもみんながそうだからと気にも留めず染まってゆく。

自分達がやってることを鏡で観られない、近未来を達成した今でさえこうだから、人々は簡単に暴走する。

 ◇

成長から競争へ―「国策の拠点」東京の今(ゲンダイ)

「東 京の果てに」平山洋介著(NTT出版 2400円)

 もはや残された土地すらほとんどない東京。「生活空間計画学」を専門とする著者 は、東京は「フロンティアの揺らぎ」に直面しているという。高度成長以来の拡大成長路線という「直線状の道程」が終わったあと、つまり未開拓空間(フロン ティア)が消えた果ての世界が見えない、という不安のなかで東京は揺れているというのだ。
 著者は「都市再生」を掲げた政府方針と連携する石原都政を綿密に分析。石原都知 事は反骨を自称してきたが、実は東京は「成長から競争へ」をねらう「国策の拠点」になりつつある。その骨子は規制緩和の名の下で、東京を多国籍企業とグ ローバル資本市場に開放すること。これが「東京を世界都市に再編する」という国家方針になっているのだ。また石原都知事は「心の東京革命」を唱えたが、内 容を丁寧に解析すると「東京という都市の特権性を強調し、『東京を好きになること』を暗に求めるメッセージ」が織り込まれている。その先にあるのは競争原 理の「世界都市」に適した人間だけを歓迎し、それとは別種の人間を排除するイデオロギーだったという。鋭い分析である。

いくらおれが石原を応援しても、
結果としてその石原に「東京に来るな近寄るな働くな」といわれているに等しいわけだ。
どこもかしこも排外的になって行く。”集合魔”と化す日本に、あかるい未来などないというのに。

 ◇

http://tacho.blog52.fc2.com/
ここの人物は議員失職して欲しかったが、無投票当選だとか。
このサイトを毎日監視に来ている、何年も。だが一回も一言の挨拶もない。
たまに接触してきてやったことは、議員の振る舞いで威圧し、病院通いや入院の工作を手伝ったくらいだった。

過去ログを見れば、どんな裏を持つ人物かわかるはず。弟が死んでもひとことの見舞いもなかった。
無垢な票田市民にはいい顔して評判をあげ、マークされた市民には偏見と悪意で諜報監視のみ行う。

こんな権力すりより監視屋ばかり伸ばす時代は間違っている。

本日今朝までの分
1    2007/04/24(火) 09:28:41    nt11-ppp249.east.sannet.ne.jp    219.106.36.249    0704          http://www.geocities.jp/unwatchedattack/2007.html    1
2    2007/04/24(火) 09:28:36    nt11-ppp249.east.sannet.ne.jp    219.106.36.249    top          http://www.geocities.jp/kasumin777/    2
3    2007/04/24(火) 09:28:34    nt11-ppp249.east.sannet.ne.jp    219.106.36.249    ind          http://kasumin7.web.fc2.com/    3
4    2007/04/24(火) 09:28:31    nt11-ppp249.east.sannet.ne.jp    219.106.36.249    blgtst          Bookmark or Direct    4
10    2007/04/24(火) 09:09:27    nt11-ppp249.east.sannet.ne.jp    219.106.36.249    m0704          http://kasumin7.web.fc2.com/    10
11    2007/04/24(火) 09:09:22    nt11-ppp249.east.sannet.ne.jp    219.106.36.249    blgtst          Bookmark or Direct    11


おれは、当然だという顔をして、人に幽閉や死を求める連中に対して、もっと鬼になるべきだろうか。
おれは、絶対にどんな悪人だろうが、家族殺しだろうが、しねとか逮捕されて当然だとか、言わない。これは性分だからで、強がりではない。

何かが間違っている。世の中の、真人間とか外れ者の定義は。

洗脳されるようなヤツ、安直にその操縦に身を委ねて人に危害するヤツ、右へ倣う一般的な人種に多いが、
そういう奴らほど痛みを知らず、報道にあがるような犯行に及んでいる。おれよりずっとすばらしい、社会適応の人間のはずなのに。

流されることが、どんどん危険になってきてる。まともだと風評されてれば安泰では、実はない。


おれが絶えず自殺に追い込まれそうになるのも、
やたら国家規模の組織に利用され続けてきたのも、(しかも一切直接接触は無し、テレパシー通信のみ)

http://www.mypress.jp/v2_writers/hirosan/story/?story_id=1599193
こういうのと概念は共通なのかも。利用するだけして自殺させる。
一日の局地テロより、何年も国や企業や人心を洗脳して操るほうがオペレーションとしてはデカイ。

ま、勘ぐりすぎかな。

日本政府がそれくらい欧米ナイズされバカなことを模倣し始めているっぽいな。昨日の選挙会場はこうめいこうめいうるさかったし。
工作員だのテロだのまで世界標準に合わせる必要はない。

 ◇

自分らしさに固執して、古い資産を抱きしめて離さず、対外的なことから逃げてばかり。
まるでいまのおれはいまの日本の旧態依然な連中そのものじゃないか。
なんのことはない。悪い意味での”昭和的日本”とおれとはシンクロしていたんだ。’80sなんだよ。

むろん、平成や、そこを更に突き抜けちゃった先進的なおれもまた存在するんだけど。そこいらは”超時空的メトロポリタン人格”だな。

おれを奮起させいっぱしにすることで日本もいっぱしになる、なんてのは虫が良すぎる夢物語なんだろう。
そういうのはそもそも世間が許さないな。いや大抵のことはちょっと考えればわかる。それが空気ってもんなんだろ?

 ◇

隣室の住人は、ズブに挑発陽動役だな。末端工作員というやつだ。
外へ出るたびにキモイキモイと挑発し、キモイからとっとと走り抜けろ!なんつって騒々しく玄関先を走る。
こないだは鉢合わせても挨拶もしてこないしな。根が幼稚なんだろう、20代前半のチャラチャラした感じだ。

こっちの思考をテレパシー盗聴してるから、「お、帰ってくるなり嫌がられちゃってるぞ」などと嫌味を言って見せる。
全てが気に入らないし、とにかく手を出したくなる。”組織諜報”に加担してない奴には、そこまで感情が高ぶらない。
これはそういうもんとしか言いようがなく、”感情の陽動”がセットになっている。

近所だと、岡田荘の1F住人にそういうのがいる。ここは幼児まで使う。

これがいまの若いヤツ、カルトだの部落だのでまとまってる連中の素性だ。いいのかよ?という道徳的な訴えは通じない。
飴をなめる要領で人に危害を加えては楽しんでやがる。悪魔と変わらん。
弟二人を心不全や衰弱死に追い込んだ奴らの手下だ。見過ごすわけにもいかん。

もうひとつ、相手が加害者サイドかどうか判別するポイントがある。手配に影響されるか、いつまでも悠然としているか、だ。

 ◇

体調は淡くも酷いな。血がうまく巡らずふらふらする。
夜通しのプレッシャー攻撃で、心臓がずるずるとしめつけられてたらしい。
まったく落ち武者負け戦、市中に手配書が回り、絶えず自刃要求、ズブな絶体絶命じゃないか。
まるで「壬生義士伝」の中井貴一だな。屍みたいに血だるまで床に這いつくばってる。

外を歩けば、犬散歩の老女に「わかってんだろ、悩んでも仕方ないんだよ、逝けばいいんだ」などと大声で騒がれる。
みんなこうだよ、支配者に操られて同じことしかしない人たちは。

せめてあの世では兄弟三人適度に仲良く暮らしたい。


/25

目くそ鼻くそを笑う
五十歩百歩

一方の勢力が相対する勢力を笑い、排除しようとする行為。

集団主義が個人主義を、
アクのない奴がある奴を、
富裕が貧困を、
権力が庶民を、

そういうときこそ、ヒト、生物としての本質が透けてみえる。


大抵、ファッショじみた威力行使に走る者たちは、どこか怖い。
目つきからして怖い。心もガチガチに武装している。みかけ上品で朗らかでも、別の人格を隠し持ち、踏み込ませないし、逆にこっちには刺すように接してく る。
自分達以外を認めない、排除、攻撃して弱らせる、勢いで論破し屈服を狙う、

ああ、この人たちは、いくら偉かろうが、上品だろうが、数が多かろうが、
「自分達の思いのまま、ワガママしたいだけなんだなあ」

醜い顔。笑い方まで醜い。「へへ、おれ達は勝利者なんだ、ママに褒められるー」

個人集権な動きから集団制にスイッチする際、前者を踏まえた継承であれば、誹謗中傷に走らないのであれば、
別にいいんじゃない?と思っていた。
でも実際は最悪のシナリオ。「やっとおれ達の出番だ、独裁ができる、前の奴らを追い出せ、締め上げろ」

そういう国なんだな、もう放っておこう、という心情に至る。
こういう場面でこそ、メトロポリタンを実践できなくて、国際社会の高みに打って出られるものか。精神性が低い。
いつまでも、腰の低い、発言力なくその中身もない、今のまま。


こういうことを書き出すとまた、近所の監視工作員が電磁波攻撃を強め、腹痛だの心痛が劇的に悪化する。
テレパシー越しに「またやんのかよ もういいんだよ」などという柄の悪い脅しも伴う。

 ◇

昨晩は執拗な胃腸系刺激の電磁波攻撃。

機械式で、スイッチでどの内臓を狙うか設定できる模様。4年も付き合えばわかるさ。
むしろ電磁波が全身に作用するような安直なものではなく、「脳波を模した信号」と言って良い。
だから脳が感知しなければ、耳をふさいでるだけでも、効果があるときはある。リラックス無視徹底でなんとかなる時も多い。
耳が関係する時はむしろ高周波かもしれない。

感知が主体だから、過敏症へ持っていかれる。過敏になるほど症状が激化する。

http://72.14.235.104/search?q=cache:GrkQ9tS34QAJ:www.pana-wave.com/4/4_g_1.html+%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E6%94%BB%E6%92%83+%E7%97%87%E7%8A%B6&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp
http://www.pana-wave.com/4/4_g_1.html

ここに書いてある多くの現象や対処法は本物だ。
でも実際は共産と公安と同じような技術で競り合ってるように見える。
電磁波攻撃と、政治的根回しによる就職妨害や風評被害、つまり体制側でないとこんな芸当は不可能。

よく「集団ストーカー 電磁波被害」といった検索キーワードの掲示板で言われること(プロがリークしてる)だが、以前は共産シンパのみへ攻撃してたもの が、
最近はちょっとでもその属性の発言があるとか、反抗的だとか、いうだけで暗殺に等しく追い込まれる。それは利権維持というだけの醜い真相。
だからこういう方面の国権諜報活動は予算を激減してよい。主義者弾圧ならともかく、メシ食うためだけに一般人まで標的にするなど、乱射事件犯人と何が違う のか。


昼間に帰宅してくる、髪型からしてヤンキー上がりの北西向かいの戸建亭主。こうして怪しい要因を見出す中に、真の加害者が含まれてるんだよな。だが過ぎる のも良くない。

刺すような電磁波的殺気が、絶えず移動フォーカスしながら迫ってくる。しばらく安堵してると追っかけてくる。近隣からの人的オペレーション。
パナウェーブの記述どおりだ、このあたりは。

 ◇

情勢に変化無し。
底辺の単発バイトは裏社会か公権の手配で干される。全部落とされる。
IT派遣業も面接の段階で本物の社員と偽の公安役者が摩り替わっていてバカにされる。

夏を迎えられそうにない。人々が集合悪魔(悪魔に操られるままの細胞格)になってゆくのを手を加えて見ているだけの悔しさ。
今まで4年間の頑張りはなんだったのか。
民衆が悪魔に飲まれ冷静に話を聞かなくなるほど、先入観を強めるほど、告発の声は皆に届かなくなってしまった。
理解が進み様子が変わってくると、また”集団洗脳”が強められてみな一気に忘れてしまう。振り出しに戻る繰り返しだったな。
「メンインブラック」みたいに”記憶消去”が絡んでいる。おれにはあんまり効かないみたいだが。


国民皆兵の魔女狩り「組織ストーカー」「人間ラジコン化システム」
えてして工作員となった彼らは、卑怯で無責任だ。

・殺すぞ 死ね と言っておいて、殺さない。自らは手を汚さない。

自殺に任せるのだ。責任持って相手の命を奪おうとはしない。
誰でも中傷の延長でそれくらいは言える。言いっぱなしは幼児でもできる。

念術による暴力、暗殺もまた無責任だ。
壁越しに、気持ちだけで、危害を加えられる。現実味が薄く、ゲーム感覚で楽しむバカもいる。

憎いなら、多大な損害を被っているなら、筋道とおった理由があるなら、
きちんと本人を訪ね、自信をもって殺せばよい。ぐうの音も出ないくらい論破すれば良い。

なんで4年間も、誰一人訪問すらしてこないのか。
特に近所の下賎な工作員など、嫌がらせに徹していて浅ましいばかりだ。
電磁波攻撃しかしてこないやつ、
向かいの石井家みたいに、毎度毎度こっちと同時に外へ出てこようとするやつ、

 ◇

12:32
REMOTE_ADDR: 202.212.156.235

[ 名前 ]
青木久美子

[ 件名 ]
未記入

[ 本文(大) ]
あなたは、私の盗聴見ているので、よく知っていると思いますけど、私は誰の思考盗 聴もやってません。あなたの誕生日はあなたのブログで、そういう記述があったので、ついでに祝ってやろうと思っただけですよ。「逆情報工作」とかやってい るのですか?知らなくて勘違いなら私もしょっちゅうやらかしてますけど。あと、あなたは普段から人の盗聴をやっているように文面から暗黙にも伝わるのです が、人違いじゃなければ、大阪の本屋で出くわした事ありませんでしたか?だとしたら懐かしいんですけど。

少なくとも居住地域くらいは誕生日よりも簡単に割れるのでは。
そして誕生日を一日ズレて勘違いした理由への説明に欠けている、どうでもいいけど。

 「思考盗聴=テレパシーネットワーク=上流階級が裏社会から受けている非公開サロン的サービスmade in US or euro」

…という感じなのが、数年間付き合っていて臭ってくるわけで。少なくともユーザが”選出”されている。
つまりインフラがある。絶えず誰かと心を通じ合っている土壌が。

上流階級は秘密裏に、政府機関絡みでか、庶民の日々の暮らしからアイデアや日常を吸い上げて「情報化」している。
それが放送業界や出版業界に「売買」され、無尽蔵なネタ元となっている。
それは時に無償の善意だったり、悪意で追い詰める行為だったりする。

自分の場合、よくあることで、個人被害者が、あの手この手で加害者側のインフラに引っ張り込まれていった典型。
否応無しに、「情報化されたアイデア」のライブラリに触れることになる。
最初は能力を測られ、次第にプロジェクトの決済つまりマネージャをやらされるようになった。
だがそこは粗暴な非公開形態であり、理不尽な無償強制労働。もっと改善すべくオープンにしなきゃね、という話に。

世の中には、大きく分けて二つの流れがある。

・「表」社会の人々が、企業活動や、私生活を通じ、自分の意思で動かしている側面
・だが実はそれらは「裏側」では、お釈迦様の手の内であって、もっと大きな意思のワガママで、すべて良いように仕組まれているという側面

シンクロニシティ。

先週で言えば、
長崎市長、バージニア工大、町田、NASA、それぞれ犯人が自分の納得で起こした銃犯罪だけれど、
実はどっかの神か悪魔か、これが同時多発になるように最初から目論んでいる、という具合。

加害者側のインフラに組み込まれると、その「裏側」と密接になってしまう、という話。

最近の異常気象は「たまごっち王の怒り」かも知れず、
神羅万象チョコみたいに「神の裁きか、悪魔の罠か」もわからない状態。
ありとあらゆるものが作為的になっている。まるでデジタルな仮想世界。


15:50
REMOTE_ADDR: 202.212.156.235

[ 名前 ]
青木久美子

[ 件名 ]
未記入

[ 本文(大) ]
これって、「逆情報工作」なのか釣りなのか知りませんけど、何度も言っているとう り、私は「思考盗聴されている側」であって、している側ではないですよ。あなたは確信犯的詐欺師ですか?誰かに命令されてるんじゃないですよね。私が個人 的に感知しない派閥が存在するのですか?コメントフォームに書き込みしただけで工作員だとかウソつくなら、コメントには何も書かないことにしますが。いろ いろ大変かもしれないけど、ただの詐欺師じゃないことを願ってます。私がいつ思考盗聴したなんて書き込みしたんですか?あなたの自作自演なのか誰かの偽装 工作なのかもしれませんね。自分の加害者に「新人類の兄弟」なんて思いかけてバカみたいですね、私が。

お上手な作文でいらして。
まあその”新人類”とやら、被害者か加害者か無関係か紛らわしい「業界」なのだし、あんまり真に受けず、お互い疑ってかかってればいいんじゃないですか ね。
馬が合えば適当に付き合えばいいんだし。ある意味、ビジネスマンの世界と同じというか。


/26

丸二日間荒天のせいで外も歩けず、国家指示>裏社会工作 のプレッ シャー攻撃の渦中を過ごした。
体は弱る、心も参る。
胃腸は穴が開くかと思うし、心臓は止まるんじゃないかと思うし、衝動自殺するんじゃないかと思う。並の人間はすぐ参って暴走するだろう。
はっきりいって何の謀略的障害も無い、普通の仕事を残業付きでこなしたほうが疲れてないし、心地よい。
ゲンダイネットに、「植物人間化が目的」という記事見出しが載ったが、ここもこうした「伝言」の手配は数多い。

仕掛けているのは昨日今日の場合は複数世帯からのようで、
こっちの気配を感じながら憑依状態で感覚盗聴を行い素行監視、
まるで公安警官のように思考言動をチェックし、めざとく問題発言を見つけてはプレッシャー攻撃を激化、という流れ。

朝方に散策すると、相変わらず不快気配を放つ家は決まっている。不在でなく、どこか柄が悪い、人相が悪い、ヒネている。
西向かいの石井人相悪い、北西はす向かいの菊池柄悪い、西へ進んだ金野強面系、ぐらいかな今朝だと。
みんな裏社会系統、しかし意図を辿れば政党や官僚が透けて見えてくる。黒いつながり。

特に思考を、つまりこうした文章作成を妨害する気満々だ。
次に就職、働いて金になることを邪魔する気でいる。

おれがこれだけ大規模に追い込まれる、つまり多数の人間が同じ目に遭ってる、もはや工業生産ラインのごとき常時性インフラ。


これからの日本は排除排外型では成り立たない。
向きな人間ばかり集めてそれ以外を追い出してる場合じゃない。それは古いしマッチしてない。
むしろグーグル本社やマサチューセッツ工科大のように人種問わず方々から意見を募るようでないと。

・・・というのは場末工作員の爺さん婆さんゴロツキ兄さんには理解できない。やれメンツの礼儀の若造のと。

古いものが守られるのは、新しい最先端が切り開くからだ。
神社仏閣も田舎の農村や地場産業も、国を支えるという規模ではない。
なのに、そういうレベルの庶民や底辺層に、よく理解もさせず最先端を追い込む、この危機感は募るばかりだ。

古風が好きな最先端もいる。しかしマスコミ報道で偏見を持つことになれてしまった彼らは、一度敵視すると頑なである。

regards

 ◇

この所ずーーーーっと見てなかった多事総論を、どうも意図的に見るように仕組まれたようで、(つまり意識を操られたようで)
で、こんな内容。
http://www.tbs.co.jp/news23/onair/taji/s070425.html

誰が、どのような意図で、見せたかったのか。

 ◇

2月に急死した弟の形見の絵画から、せめて墓標に飾れるようにとメタルキーホルダーでも作ってやりたいのだけど、
なにせアルバイトすら締め出す容赦のない組織工作のおかげでその数千円も捻出できず、食いつなぐのもやっとだ。
というかおれ自身、夏まで生きられるんだろうか。毎日心臓周辺が凍り付いて体が悲鳴を上げてる。

その墓参り、秩父で狙われた。
行きの高麗川沿いはなんともなかったから、秩父で”念術攻撃”を仕掛けられたんだろう。帰途は体中が痺れ麻痺して危なかったが、日高に入ると急激に霧散し た。

なんかもう、人間は携帯電話と大差ない気がする。
携帯電話は、通話エリアに居ると捕捉される。
人間は、テレパシーネットワークの範囲内で捕捉される。

山中にいても、捕捉されると、
・やかましいテレパシー野次
・心臓を締め付けるなどの殺傷行為
・風が吹き荒れるなどの威嚇行為

んで帰宅すると、近所の工作員だろうか、
「逃げんじゃねえ 家でずっと寝たきりでいろ」
とか無茶苦茶言ってくる。聞き飽きたけどな。

操る阿呆に操られる阿呆。
みな正常な判断力を失い、受動的エセ超能力で偏見を重ね、誰々は死んでもいいなどと平気で思うような国民性になってしまった。
いつもじゃなく、瞬間的になるから自覚しにくい。刹那の催眠状態。

すげ、おれ霊的VIP、霊的要人、「てゆうか暗殺対象?」

さっきNHKニュース9で赤坂御所の園遊会の映像出てたけど、心根がやさしいよな。
「体にきをつけて」なんていえる人や、その家系が、大風吹かせたり念術で射殺そうとするとは思えない。繋がらない。
よくあるパターンだと”悪い配下”とか、全く別の勢力とかなんだろうな。与党筋なんかいやこれ以上は言うまい。
要は17日の記事のようなことだ。おれは彼らのその様子が怖い。


http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/c/archives/2006/09/post_86.html
今もこんな感じだ。もう何ヶ月持続してるだろうか。サイコキネシスの心臓締め付け攻撃までセットだ。

夏まで生きてたら、財布に金があったら、秩父にキーホルダーを持ってゆこう。
死ぬ最期のひとときは、弟二人にだけ、謝ってやろう。


/27

アクセス解析結果。
2    2007/04/27(金) 17:35:05    gw.heibonsha.co.jp    210.196.82.189    top          http://72.14.235.104/search?q=cache:JYqnT1XIr-AJ:f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/cat29/index.html+%E9%9B%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%80%E6%94%BE%E7%81%AB&hl=ja&ct=clnk&cd=58&gl=jp    2
3    2007/04/27(金) 17:34:30    gw.heibonsha.co.jp    210.196.82.189    0704          http://aaa56.hp.infoseek.co.jp/2007.html    3
4    2007/04/27(金) 17:32:40    gw.heibonsha.co.jp    210.196.82.189    top          http://72.14.235.104/search?q=cache:JYqnT1XIr-AJ:f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/cat29/index.html+%E9%9B%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%80%80%E6%94%BE%E7%81%AB&hl=ja&ct=clnk&cd=58&gl=jp    4

辞典とかお堅い出版の「平凡社」が、「集スト」などとマニアックで一般人に通じない用語で検索。
私的に暇な時間に検索かけてるんだろう。これが新聞社とかになるとまた話は違ってくる。


ひでえな、きょうも。
4dとかいう会社経由で吉野家の漬物作ってるセンターに派遣されてきた本日。
不自然に高い時給、どうか来て下さいと言う、不審な勧誘。

のっけから「最高責任者がいない」とオロオロしたりいなくなる引率役。ああここからして演技か。なんだよ”最高”責任者って…
ゴロツキまがい(後に宮川と判明)がなんでかいきなり登場し引率するが、野菜係なのに肉係のユニフォームを渡したりやたら急がせるなどして混乱させる。
わざとやってる嫌がらせな訳だ。従業員の多くもこのゴロツキに操られてるかのように、やたらと陰険。
はじめから嫌がらせありき「ああ、あの人ね、和を乱すとか言う」「ったく早く帰れよ」「あーあーったく!」仕事開始3秒で「ったく」もねえよな。
ロッカー室の鍵をまごまご探しては怒鳴りつけて無駄に時間を費やす社員とか、
「いやべつに帰っちゃう人は定食頼む必要ないんだけど」と繰り返し強調して、「早く帰れ鬱陶しい」と言わんばかりの社員とか。
面倒な存在、本当は必要のない人員、アルバイト、という感じ。また公安とかやくざあたりが強引にネジこんだのか。

いつもどこへ行ってもやられる嫌がらせがあったので、”組織的根回しによる謀略”と確信。
素人が、いきなり何の説明もなく、次から次へとベテランとして仕事を要求されるという無茶苦茶。

2003 年の田無駅店浦 和17号店での偽社員の嫌がらせといい、吉野家にはいい思い出がない。


昼過ぎへんな会話を見せ付けてくる準?社員のオバチャンたち。ごろつきに操られ言わされてるのか。
「あの人、戦隊長には絶対逆らってはいけないのに逆らったので、帰らされました」
戦隊長???ジャンプの漫画「武装錬金」ですか???

ロッカー室の裏側で待伏せ、たとえ話してる奴ら。偽社員か。
「いや教育なんだけど」どこが教育だバカ。4年間もかけておれがひとっつも前進もせず貯金も出来てねえじゃねえか。ただ弾圧され、悪事に利用されただけ だ。
おまえらに人を教える資格はない。おれは俺自身のような男を半年〜一年もあればいっぱしにできる自信がある。変な邪魔さえ入らなければな。
つまり国家機関だの裏社会だの総動員して一歩も進んでない
=進ませないで閉じ込めとくのが目的ってことだろうが、弾圧目的で。おれの弟ふたりも暗殺しやがってクソ野郎。

退勤時も待伏せ。1Fロッカールームに宮川とか言うゴロツキ。ギャーギャー騒いだり珍妙な声真似をしたり、室内の皆が不快な思いをする。
こいつはタチが悪く、白菜の葉っぱをどこに捨てるかで水槽の中だとうそを教えて他の社員をキレさせたり(なんでそんなの教えて邪魔するんだよ!と)、
作業中も、隣にいると不必要にハイペースを強いて嫌がらせたり。

下駄箱のところにはヤクザ構成員かと思うデブ系ゴロツキが待ち伏せてる。真正面に自分の靴があるのに「ない、ないんですよー」と社員に話し、
こっちが来たのを確認した途端に、真正面の靴を指差し「あった」と白々しくにやけて言う。

道中大利根の県道でも、携帯電話片手に「おお来た」という顔をして反転して去ってゆくスーツ中年ゴロツキ。
呼応して、たぶんおなじ運送会社の運転手たちだろう、作業着の老人と中年とがわざわざ飛び込むように横断してくる。
つまり、スーツの男を指揮系統として”操られてる”わけだ。操られてる人間らしく、死んだ魚の目のような虚ろで泳いだ視線、わき目も振らずにトボトボ横断 している。
4年前に操られてた親兄弟を思い出す。普通じゃない、まるで化け物かゾンビみたいな死んだ様子。

帰りにベルク蓮田店。
店内をうろつく若い夫婦が尾行工作員。「あ、やっぱり来た」「近寄るなっつの」そっちこそ近寄るなっつの選民かぶれめ。
レジで待ち伏せてた老夫婦、「あんなんじゃいつまでも結婚できないよな」
うるせえよ。今日明日死ぬもんだと思ってる極道以下のつまらん人間だよどうせ。悪かったな。

行き過ぎた監視社会。ファシズム化国家。右傾ばかり国家と連携しかように大規模に展開し、
親兄弟をみせしめで殺す。本人も同じ手段(念術による心不全など)で半殺しにされることもたまにある。
息がつまる。奴らは何もかも管理し監視し封殺する気だ。狭い島国に無数の人口がいるからこんな惨状になってしまう。
この国ではマルチな才能は育たない。平身低頭で監視社会のお目こぼしをもらうような従来型の才能しか。

吉野家社長は、おそらくこの顛末を知っていると睨んでいる。知らなくて国家公安ややくざ筋がねじ込めるとは到底思えない。
なので、きちんと社長宛にエスカレーションしておく。たまげるか、知ってるよという顔をされて終わりかは、こちらはタッチしない。

 ◇

思い出し追記。
不意に、まるで筆者が気分を害したせいだとでも言うように
「あした、いきなり雨、夕立とかにならないといいけどね」「そうだよねーー心配だよねーー」
センターの従業員のオバチャン。

何言ってんだよ、予報じゃ高気圧強くて晴れだぞ、とか思って聞き流してたが、
帰宅してNHKで予報見ると平井さんが「いきなり高気圧がひとつ減りまして、低気圧が伸びてきました、明日は雨模様です」

マジかよ。
世の中にこういうバーチャルゲーム性が増えすぎてね。面白くない。誰かの意思で簡単に動き、覆るんじゃ。



/28


/29

昨日昨晩とひどかったね。
スーパーに行けばナナメにまっすぐ睨みつけて固まってる汚らしい服装と気配の兄ちゃん。意識を操られて悪態に躍起になって「きゃははーあいつだあいつ」は しゃぐ姉ちゃん達。
右がどうとか書こうものなら強化される”電磁波照射の拷問”。夜中に何度も飛び起きる。衰弱するのが速い。


だが今日も酷かった。土日で手が空いてる民間工作員が多いから、気配も人数も豊富に投入されている。
最近はテレパシーネットワークも進化したのか、広範囲で察知されてしまう。田園でも山間部でも、休む場も無い。
どこにいても心臓締付けや神経磨耗やプレッシャーがやってくる。テレパシーの野次も。

来週土曜の「地球へ…」で全く同じシーンがある。エスパーだけが超音波に 悶え苦しむのだ。これも政府筋の情報操作の一環、よくあることだ。
一昨年911に衆院選挙を持って来たことように、呪術に長けている。

自宅は当然、もっとひどい。壁一枚、塀一枚向こうの住人がプレッシャーをかける工作員だからだ。特に隣の住人は今月に入ってから豹変した。
水道管ごしの電磁波導電なのか台所付近が物凄いことになっていて、朦朧としながら料理などする。これは4年間不変なので国家諜報の得意パターンなのだろ う。
試しにブレーカー落として座ってみたけど、やはり台所だけ、急激に目がショボショボしてくる。低周波で毛細血管から縮み上がっているのだ。
そのせいか口もよく動かない。言葉が出てこない。下手な老後よりも酷い始末だ。

いつでも地獄の苦しみを与え、いつでも死ねという事だ。年齢に見合わず老けている。一時でなく顔に刻み込まれる老け。
問答無用、冷たいなんてもんじゃない。それがこの日本の選民主義的ファシズム。
同じ苦しみの中、二人の弟が暗殺された。

幸いなのは何も抱えていないことだけ。家族らしき家族も、財産も、立場も、一切。慕われ頼られることが皆無なのは不幸中の幸いだ。
健康不安も深刻化し、夏まで生きたくは無い。今年に入ってからずっとそんな考えが覆らない。健康は大事だな、今更だけど。

 ◇

以下、吉野家本社にメール送付。27日の件で。
「リストカット希望」などと以心伝心してくる睨み目の社員って…

http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0704.html#27
吉野家が協力しているのか、主催で仕組んでいるのか、
圧力に逆らえなかったのか、はともかくとして、

カミッサリーセンターでこのようなファシズム弾圧が
公然と行われた事実は、覆しようがないのです。

私は、弟を二人暗殺された、被弾圧5年目の人間です。
どの事業所へ入っても、似たような手勢が乗り込んできて、似たようなハラスを仕掛けてゆくのです。
いきなり乗り込んできても文句を言わせず仲間として振舞ってしまう、
そういう人心操作の妖術を彼らは持っています、

社長も黙認の事態でないことを祈ります。
ファシズムを礼賛し、「敵を、悪いやつを、やっつけるんだ、追い出すんだ」みたいな掛け声ばかり響く、
社会全体にそういう安易な空気が浸透しつつあるのが怖い。

やっつける相手は弱い個人で、家族を殺されている。
社会全体で追い出しをかけたらそれは、社会という軍隊が飢え死にを強制しているということである。
追い込んでいる側は公安だの、右翼だの、創価学会だの、ファシズム推進の手勢ばかりです。

そこは履き違えないで欲しいのです。


/30

このページ、
ダーカーザンブラック」で検索ヒットしてるようだ。さすがお れ。ヘイのモデル。

整理すると、これも公安諜報に個人情報(日常生活レベル)を盗まれ、勝手に番組スタッフに売られ、作品そのものになっているという流れ。
「組織ストーカー」というファシズム的 弾圧工作を受けるようになると、みなこのような被害を訴える。

・古いアパート
・黒猫
・公安密偵
・エスパー戦
・ひっそり育ててる植木鉢
・ときどきぼやける意識
・電線を伝う監視網

もうこの辺でおなか一杯なくらい、自分と条件がかぶりまくり。この作品は他にはないくらいに多用している。

マークされてる親父の家庭下で、
部屋でエロ本見つけたら、ケンツやスコットがエロ本に興じ、
義母と仲悪い最中に重病で入院したら、バーツが事故で重傷を負い入院して義母の輸血をもらい、
銀河 漂流バイファム

というのはもう1983年のことだ。そういうルート、活動が、あるんだよ。ずっと前から。
多分安保騒動が契機で、欧米から輸入された監視システム。呼応するように「地球 へ…」みたいな作品が数多く輩出された。

 ◇

朝起きると殺傷電磁波を浴び続けたせいで体中の感覚が麻痺しうまく動かない。
磁力で血行や神経が萎縮し止まってる模様。
こうやって弟二人は殺された。小学生のときに急に衰弱してガンになったが、これも事実上の”暗殺”と言っていいだろう。
親父はマークされていて常に家庭は荒んでいた。今はそのメカニズムがよくわかる。隣近所が仕掛ける電磁波で衰弱し、洗脳されて常に仲違い。
おそろしい国だよ。体験しないとわからないが、体験したら人生が家庭が終わる。


きょうも吉野家のセンター行ったけども、変なのがまま見受けられるな。
「吉野家に尽くし、最善の努力をもって最善の製品作りを心がける」
これのみを目指すべきが、理想の社員像であるはずなのだが、これはバイトだろうが関係なくてね、

なんか知らんが、おれに絡んで野次を飛ばす、公安密偵みたいな謀略作業に現を抜かす連中がそう、全体の一割くらいいた。
「黒い黒いと思ってたが(組織暴力)、赤かった(共産)とはな」
「おかしいな、散々嫌がらせして参ってるだろうに、まだ帰らないよ」
「死んじゃう!死んじゃう!死んじゃうほど疲れた」←背後でワイワイすんげーしつこい

吉野家終わったな。というか日本終わったな。

ファシズムの工作員がどこへでも入ってきて、嫌がらせして、
会社も黙認するか、協力している始末。

カッチョイイ国や企業には、フェアならば、真心が通うならば、薄給で手弁当ででも尽くすのが人間。
百億積まれようがどうしようもない呆れる付き合いを避けたい国や企業とは、何の関係も持ちたくないのも人間。

評価は必須だ。でないと利用され使い捨てられ、「こいつが勝手にやったんだ」ということになるのが政治分野でのセオリーだから。
悪党は正規の金や手間を積みたがらない。契約とか、定期報酬とか。それを払おうとする、便宜を惜しまない、そういうパートナーを探すべきだ。
契約や見積もりをしておかないと、因縁をつけられる元となる。「できねえじゃねえかよ」が難癖なのか真実なのか一々ジャッジしなくてはいけないなど荒唐無 稽。

きょうも死ぬかと思った。血の通わぬ体のもろいこと心細いこと、働きに出れば待伏せの公安もしくは右傾の密偵。
こんなダッサイ国以下略。
亀井小沢両御方はカッチョヨク作り変えてくれるかなあ。

今必須なのは風評被害撲滅と肖像復権、社会復帰。ねちっこいゴロツキやスパイに毎日囲まれて野次飛ばされるような日々を終わりにすること。


top/最上/】
(未完)