BBS Old Contents

掲示板への入り口 アニメイレコム

日本は終了しました。今までご愛顧ありがとうござ いました。


top/最下/07 1月/2月/3月/4月/5 月/6月/7月/8月 /9月/10月/11月/12月/】


【2007年 3月】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

/1

きのうのテレパシー罵倒

(いつおれの葬式来るの?ずっと待ってるんだけど)
弟なのか猿真似なのか、後者ならたちが悪い。


昨晩の遠隔攻撃は「しつこいパターン」
眠ろうとすればすぐさまビリリと電撃、この連続。
4時過ぎから断続的に似た手口で起こされる。上のジジイは3時で、隣家の老人は4時。たまらんな。
何かやっかまれるとやられるパターンだ。すぐ近所の、早起きが得意な老世代の仕業。

で、入れ違いの早朝に帰ってきた隣室住人も、威圧念術を仕掛けてくる。心臓に胃にかかる負担が凄まじい。
こうしたテキストを入力していると壁を叩いて威圧を強めてくる。完全に遠隔監視状態。


首相メルマガもきょうは、こんなのを載せてきた。
>地元の人たちは、東軍だけでなく、敵方だった西軍であっても、多くの若者 が異郷の地で命をおとしたことを哀れみ、「死ねば皆仏」の精神でその霊を弔い、

あてつけか。
この時期にこんなテキストを載せるようだから、支持率といいああなんじゃないのか、という気はする。
空気を読んでないというか能力がないというか、賢さを感じない。たぶん西軍の通りにいまの政権はなるんだろう。

 ◇

岩槻周辺ポスティング。いつもと同じ尾行。
きょうは部落と職人が部隊のメイン。ドイトへ行けば、ルーターなんか用がない若い職人がやってきて通せんぼするように居座る。
目のきつい中年夫婦、本能的に(うわこいつら嫌だな)と思ったら案の定通りすがる時に「汚ねえ!」と叫んで去る。

・突然、ヒステリックに怒鳴る
・とにかく勢いで叱り飛ばし、相手を唖然とさせる。屈服させたがる
・年齢問わず、たとえ女性であっても、柄の悪いゴロツキが憑依したがごとく恐ろしい様子になる

以上、カルト諜報部隊の特徴。

レジの方から店内の様子を見ればやはり部落な服装と顔つきの中年家族、「ほれほれ一杯集まってきちゃったから」ニヤニヤしてる。
外へ出ると一緒に出てきた爺さん、ためしにじろっと見てたらニヤニヤ返してくる。こいつも招集された一人か。

「ナントカ町」に一人は、昼間から家の前で仁王立ちしてる亭主がいる。かなりの威圧気配、険しい顔つきで。
カルト諜報員は皆、こういう反応をする。

で、夕方にはお決まりの警察ヘリのつきまとい。真上めがけてノロノロ飛んでくる。
(二周目以上したら撮影するからな)とテレパシーを送ってやるとすぐ帰った。つくづく記録されるのを嫌がる。


死が嫌でなくなるはずはなく、
しかし4年間も国家裏表合同で追い込まれ、兄弟を二人も殺され、イラク以下の無法国家に身を置くと、
やっと死んで楽になれるという誘惑もある。

仮に、この組織的追い込みのマークが取れて自由になっても、
この国は今後どんどん、裏から操られ、ファシズムと国民軽視、利用価値でしか見なくなる。
右傾をやめた今の政権を見ろ、裏から報道と風潮操作を通じ袋叩きにあっている。

こんな国で、普通の民として暮らすにも相当な苦労が付きまとう。
そして俺はそんな境遇で黙って耐えられるはずがない。

03年、末弟の突然死で思った。あいつは楽したな、と。早死にの唯一の特権だ。明日が核戦争でも見ないで済む。
我が家系に生まれ、家族ごとマークされ迫害弾圧、という状況で、何年何十年も過酷に生きて行くよりは。

次弟の死についてはさすがに親父も勘付いたようだ。
政府の圧力と、集団洗脳が医者を狂わせ、わざと医療放棄したんではないのかと。

ハイエナが仕事を奪い、健康を奪い、医者が医療放棄、警官はなんだか事情を知ってるんじゃないかという笑み、市役所職員は公安スパイ。
内閣に組織諜報の文句をメールすれば自衛隊に海上保安庁にヘリやら輸送機やらバンバン飛んで来る。
一般人は、そんなの小説だと思うだろう。


狂ってしまった。
自分の意思、危機意識、本能よりも、集団洗脳に身を委ねるという「空気絶対崇拝」を選んだ。というか洗脳にかかった時点で強制だった。
おかしかろうが、それを認知できず、操られるに任せ。

おれの好きだった日本はいつのまにか終了していた。
それは程度問題であり、生まれてからずっと、親父をルーツとして同じような諜報工作は受けていたんだけど。
程度がいきなり酷くなりすぎた。種火の軍国ファッショ方面が、いきなり主役に躍り出た近年。

とりあえず日本が隕石で滅びるなら結城市へ落ちてくれ。なるべく立川某議員の真上に。
毎日毎日監視には来るけど、「弟さん大変だったね」の一言もありはしない。

 ◇

・政府、政治家、官僚、国家機関、地方自治体
・報道各社
・各界の著名人

4年間。方々に何度も連絡したけど、みな無視だった。
所詮はみな、いくら道徳とか思いやりとか説こうが、我が身大事で、
他人が大変な目に遭おうが、巻き添え食いたくないくらいにしか思わない。
はだしのゲンそのまんま、それが日本であり、ヒトという生き物だ。

とにかく無視されたなあ。
とにかく話が通じなかったなあ。

これが、この4年間の感想だ。2002年以降、ビックリするくらい話が通じないのも、
集団洗脳の効果、「自分自身の考えよりも操られることの方が大事」という作用のおかげだろう。

この別世界のような状況にいる限り、一生今のまま迫害の人生。

 ◇

http://www.kiuchiminoru.com/blog/2007/02/post_156.html
たとえば、この政治家さんは自民党員だ。
おれの弟二人は、自民党政権によって遠隔的に殺されたのだ。裏社会ルートを通じて。
おれ自身、4年間ずっと、組織諜報に痛めつけられている。電磁波、威圧念術、脅し、追尾、ありとあらゆる。

ということは、その辺の流れを知った上(何度もメールしてる)で、自民党員で居続けるこの御方は、
はたして
>私は道徳観のかけらすら持ち合わせていない知識人よりも、人としての道を 踏み外さない常識人の方が偉いと思っている。

と言えるお人なのかどうか。いや、カルトみたいに、「お前に言う権利なんてねえ!この非国民!」みたいな言い方をする気は毛頭ないんだけど。
(逆に言えば、毎日毎日そういう奴らに追い込みされて、見慣れている)


今日は過労気味で、心臓も念術で弱らされ倒れる寸前だった。
いつ死ねるかわからないので、今のうちに言いたいことは言わないと。


二人目の犠牲者、次弟の死をきっかけに随分考えたのだ。
利用価値で雑巾みたいに利用して、ボランティアを強制し、立場や立ち居振る舞いまで型どおりに強制し、
使えない、逆らう、となったら簡単に家族の二人目を殺す、魔王みたいな自公政権にはもう加担したくない、
しかし危害も加えないが支援もない、与党と同じ作用を持たない野党を応援する意味があるのか。政権をとっても、その作用で各方面を押さえ込む度量は無いん だよな??保有してないんだから・・・

現実的に考える羽目になっただけ。まさか二人目が、という甘さは確かにあったけどさ。
それを裏切りとか軽薄とか非常識とか言ってくれるのは簡単だ。
んじゃ、決死の諜報合戦の末端やボスやってみて、3人くらい家族を突然死で殺されてから、もう一回おれに文句言ってくれよ。
祖母に、お前が生意気だからやくざにのろいをかけられて、手術するくらいの大怪我したんだ、なんて何年もにらまれてみろよ。

もう嫌になったんだ。
散々、どっかの政党や企業が波に乗る手伝いをしてつもりで居て、助っ人というかね、
でもどれだけ貢献しても、弟が死んで呆然としたって誰もひと声もかけてはくれない。
「学園アリス」でいうならナツメだ。

なんだよここ、本当に現実の日本?ファミコンの中じゃないの?
みなロボットみたいに静観して無視する理由がそれ以外に考えつかねえ。人が死んでるんだぞ。

 ◇

(勝てる戦を矜持のため勝とうとしない意気や、良し!)
というテレパシーが飛んできた。

数少ない、レアな、”お褒めの馳走”でございます。

対する、カルトとは、ネオギャングとは、手段を選ばない。勝つためには何でもやる。
ワールドカップ2002で、韓国勢はスペインに勝つために試合前日の宿舎前で大合唱を夜通し続けて、翌日のスペイン代表選手は参っていた。
眠そうで、疲れきってて。中朝や、それに染められたカルトはよくそういうことをやる傾向がある。
中朝にだって矜持は居る。カルトとは裏社会、裏社会同士で汚い部分を学びあっている。
つまりカルトが日本を制圧すれば、隣国の汚い精神だけを受け継ぐこととなり兼ねない。

 ◇

仕事詐欺を久々に仕掛けられた。以前、官僚が出席する講演会のアルバイトを持ちかけてきた派遣会社。
基本的に、諜報活動の仕組むやり方はいつも同じで、

・具体的報酬額を示す
・後で急に、ゼロにさせて困らせる

70万の仕事です、8000円当日払いです、
ヤッパリ20万です、いやごっめーーん急に仕事キャンセルでーーー

誰を批判したら仕事干され、応援したらもらえる、
こんなパブロフの犬で飼いならされても仕方が無い。
その組織諜報によって、弟は殺された。ただ脅すというだけのために。

仮に自民公明が指示して暗殺された弟、電磁波を浴びせられ脳梗塞や狭心症になりかけた自分、なのだとすれば、
自民公明を賛美してまでエサをもらうのはどういうことなのかわかるだろう。

餓死ならしてやる。お前らのエサにすがるつもりは毛頭ない。品格のないバイキングみたいな支配者に頭を下げる理由がない。

もう頭脳は洗脳の渦中でズタズタで、こないだ引退した笑点の師匠みたいに言葉も満足に出てこない。
体は狭心症だの脳梗塞だの腎機能低下だのでボロボロ。
どの道、はきはきした若者にもノウハウがあり職場に馴染んだ中年にもかなわない。
大人しく死んだ方がマシだ。

おれがしぼんで、思惑通りとほくそえんでる連中が居る。

/2

http://blog.livedoor.jp/hnx_xgg/archives/50343304.html
http://blog.livedoor.jp/hnx_xgg/
久々に、他人の被害記録と接点してみる。同期してみるとやはり日本はおかしくなっていってるのがわかる。

何が敵なのかよく見極めないと。支配クラスになればオレオレ、オレ味方だから、などとすぐ名乗るし。
この手のサイトは、主役をとっかえひっかえして同じようなのが多い。たとえば公安にやったら詳しい場合はその筋の情報流布工作員だろう。

だから主役の予想はどうでもよくて(どうせ犯罪シンジケートだし)、こういう仕組みがたった一つ、明らかにある、ということなのだ。
あと、この島国の裏事情は属国、傀儡に等しいということ。
世間に対して言いたいのはそういうことだ。

まあ、この動きも下火というか地下潜りになりつつあるけどねえ。一種の熱病だから。

上のサイトに関しては、日本が実験場になってると いうのは実体験的に賛同。

 ・日本中の人間をラジコンのように操り、同じことしか考えさせない技術。
 ・その統一性を利用して、特定の誰かがいきなり悪役になって追放されるシステム。
 ・天候を操作し、起きて欲しい事件事故が起きるかまたは自演で起こされる、劇場国家システム。

この手のやばい橋で頼るべきは敵中の敵だ。警察には警察で政治には政治家。方々に密かな同志を増やし、お互いを知らぬ存ぜぬするしかない気がする。
組織はひとつにまとまるわけがないし、内情がおかしくなればなるほど義憤を募らせる方面が必ずある。

 ・一般人を密かに総理や組長にしてしまう手法

は、大国傀儡国家にする手法にも、大国干渉に密かレジストし独立性を保つ手法にも、転用できる。
おれが妄想だか現実だかわからんうちに4年間経験してきた、まさにそれだ。ついでに開発者やクリエイターなんかにもなったけど。
技術は見て盗む、その飛躍的進化技術である。テレパシー経由での情報共有、超高速ダウンロードと解析咀嚼。Winny的な。
戦後の多くの才能はかくして生まれた可能性。一人で勝手に育つ才能なんていないもんなのだ。

その証拠に、オレ”を”泥棒呼ばわりする奴らが居て、おれ”が” 泥棒呼ばわりしたくなる奴らがいる。
貸し借りである。世の中のネタ切れを防ぐためによく練られた助っ人システム。明らかに長期運用されてきたレガシーなシステムだ。
漫画家が何年かするとネタ切れで真っ白になるのも、そのシステムから外されて急に脳内情報が減るためだろう。

まあ、組織ストーカーにかけられた時点で、「世の中に出られないようにマークされてる人物」なので、
どんな天才や大物になろうがそれは影の話で、表の稼業は日雇い人夫以上はムリなんだけど。
この枠組みを見ても、マフィアが個人を体よく利用する構図、なのがわかると思う。
ほんとうに組織にとって大事な人物ならば、徹底して地位や富や多くの人脈を与え、多くの手下で囲んで、大きな勢力でも手出しできなくするから。

 ◇

http://www3.ocn.ne.jp/~okiwave/fusegeruka.html
べつの被害者。
この語り口や生活の様子からして、おれとおなじく普通の被害者だろう。

 ◇

日時 アドレス アクセス先
リンク元
2007/03/02(金) 08:43:39    133.53.248.253    133.53.248.253      stw     
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E6%94%BB%E6%92%83&sp=1&tid=top_v2&ei=UTF-8&search_x=1&fr=top_v2&SpellState=n-3182553532_q-0CeclLXQNvygd5S%2FPznJMgAAAA%40%40    16

日本原子力研究機構から。
どうも中央官庁を中心として「電磁波攻撃」で検索してここへアクセスしてくる動きが広まっているようだ。

 ◇

相変わらず、隣室や他からの電磁波的、念術的、健康阻害のハラスメントは止まない。
日本政府(あるいはもっと上)はオレを潰そうとしている。兄弟はもう同じ手法でふたりも殺された。

というか夕方鏡で顔を見たら死相が出てた。死に際を想起させる生気のない、苦しさを越して無気力な。
心臓痛い。言葉も浮かばない。これが現実だ。
戦士の死に際としてはそろそろか。5年目だモンな。3兄弟全滅しちゃうな。

日本地球管理システムに実装されてしまったおれが死んで、世界がどうなるのか誰にもわからない。
否応なく生きてる限りその思想や考えが現実となる。それが死滅すればあるいは世界もまた…どうだろうな。なんか人材育成遅々として進まないらしいし。
最終兵器ちせのような哀れな一生、別に続けたくもないんだが。

ソニーに部品取りに行けば、気配と様子だけで軽蔑され睨まれた。
通りすがりの女子学生も気配だけで「あーあいつか」な笑いを堪えもしない。
「なに道の中央を歩いてるんだ、端っこに寄れ」なんていうのも。
みじめを演出することには事欠かない。やってられん。


[北京 27日 ロイター] 中国の山東科技大学の研究チームが、ハトの脳内に極 小の電極を埋め込み、飛び方を自在にコントロールすることに成功した。新華社が27日に伝えた。

 電極を通じて刺激を与えることで、ハトの飛ぶ向きを上下および左右の方向に制御 できるという。
 新華社は「コンピューターを通じて電極に信号を送ることで脳内の別々のエリアを 刺激し、こちらの指示通りに飛ぶようになる」と説明。また主任研究員の話として、ハトを使った実験としては世界初の成功だと報じている。
 2005年にはネズミを使った同様の実験に成功している研究チームのメンバーら は、将来的にはこの技術の実用化も視野に入れているという。
 ただ、リモコン操作できるハトの実用化が何を意味するのかについては触れられて いない。

中国の学術でこうしてる間に、他国政府筋は、広域無線波で国民全体を操る技術を普及させ…
日本人みんな微妙におかしいんだが、気づく人は少ない。

 ◇

Mステ見てたらFMBに「うるせえ」怒られちゃった。
ウタダなんか色っぽいなと思ったが最後、「最近お世話になってるPDに色気が出てきたって言われちゃって」

だから生番組はあんまり見たくないんだよな。誰が好きで邪魔するかよ。だから小泉首相は絶対生の討論番組に出なかった。
チャンネル変えちゃったよ。ズバリに。

全国津々浦々、届く人には届いてるらしいテレパシーネットワー ク、テレパシー音声チャット。
管理者に「生意気だから、晒されちゃってる」のがおれらしいが。
ネットと一緒だから、自作自演もなりすましも世論誘導もある。

そうか、ウタダのいうとおりプロデューサでもあるよな。プロデュースしてるじゃん。そうだよな。目から鱗。

日テレはブラピの「スパイ・ゲーム」。
これ泣けるんだよな。先輩が奔走するの。

/3

で、昨日2日の日記にウタダについて書くと今日、さっそく離婚報道。

このへんの「運命操作」チックなところが、現実味薄いよな。ここやっぱ量子サーバ世界だろ。
…冗談はさておき、政府筋は呪術まで行使している。官僚と内閣の集合体はもはや、魔物と同じ。非人道にもほどがあるし。

歌手の宇多田ヒカルさん(24)が、写真家で映像作家の紀里谷和明さん(38)と 2日に離婚したことを自らのホームページで3日、明らかにした。(朝日)

 ◇

とにかく間違えてはいけないトレンドは、テロル=政府であると言うこと。
裏社会と通じ、裏社会に汚い追い込みもリンチも任せている。
電磁波攻撃、念術攻撃、威嚇、遠隔操作(意思コントロールや内臓不調など)

そして政府ほど高度なテロルは、弾圧した人間をテロルとして”偽装”する。

その”偽装テロル”は、適当な理由をつけて、密かに葬られる。法の裁きなどないのだ。
これは政府が法治国家を捨て、部分的無法国家を自分の好きな時にやるようになったことを示す。

 ◇

深夜、物音で起きる。いや、電磁波攻撃で神経高揚して起こされたか。
(うるさい人が起きちゃった)とテレパシーが飛んでくる。
悪かったな、と返すと、
(だって本当のことじゃない)
相手は女性らしい。


日中は結構、近隣の工作員世帯が食って掛かってきてた。土日らしいともいえる。

気配からしていつもより重く、強制的で、やっつけてやろうという意思で満ちてる。
メンバーもいつも通り。向かいの石井家の女房、その隣の青羽の女房、待ち構えていて、こちらが表へ出てくるのと同時に出てくる。
実に楽しそうな顔をする石井。腹が立つように念術的な心理誘導もセットで飛んでくる。頭が異様に混乱する。すべて外的要因。
この場全体が高度に操られ、おれが腹を立てるように最適に仕組まれている。
こういうときは絶対相手にしてはいけない。暴力犯罪誘導工作だから。

青羽のほうは誤魔化しの為か、え、違うよ、という狼狽の態度でもう一度出てきた。
本当にそうなのか誤魔化し工作なのかは経験上、50%だ。連中は情と迷いを利用するから。

裏の岡田荘の、こないだと同じ幼稚園も行かせてないガキ。目と鼻の先まで近づいてきて、黙っている。話しかけても、目を丸くして黙っている。
気持ち悪いったらありはしない。ぶん殴ってやりたい所だが我慢。
様子的に、操られている。ラーメン屋の出前やってる親も工作員だと、こういうことになる。
さっきもこいつ、110番だーーー!と叫んでいた。で、俺のところへプラのバット持ってやってきて、睨みつけ、
しまいには電柱をバンバン殴り始める。体は子供でも中身が違う。よくある「エー ジェント・スミス」中身は別人と言うやつ。

南方の土建屋のガキどもも、火薬銃持ち出してパンパンやってる。こういうときに限ってこういうことをやる。

かくして蓮田市緑町には暗殺も虐待も地域ぐるみで用意されている。
昨日もそんなことを書いたせいだろうか、隣の隣の住人が引越しを始めた。一度救急車で運ばれたという彼だ。
Mステ生出演のウタダやヒライケンにテレパシーが通じちゃうご時世、隣室の住人も通じちゃったのかな。
唯一、誠実さがあり挨拶を交わせる住人だったが、やはりそういう人間から出てゆくのか。この地域は2年住んで一人とて交流がなかった、変な地域。

逆に、2階の真ん中のゴロツキITの住人は、ゴロツキ御用達のデコレーション・エスティマ乗り付けてきて、物凄い威圧気配。
訪問者の茶髪女のほうが酷い。男はどこか今の首相みたいな隙のある顔をしている。
ここがおそらく、水道管経由の電磁波攻撃、強制参加のテレパシーチャットを仕掛けている。

日本はわざわざしぼもうとしている。
底辺の、隣国の、汚くて浅はかでポリシーのない、精神論で軍国すら待望しちゃうような、
主導権握ると一番まずいような、そういうのが支配だの監視だの徒党組み連携して躍起になってる。
少しでも経済加速のリトライを、という動きを示せば拷問が激しくなるんだから、この頭悪いファシズムは止めようがないんだろう。
しぼんで軍国戦争で監視社会、彼らはそんな発想のボスの元で思考停止して兵隊をやっている。
「おれら理屈通じないから」を自慢する動きが、大した考えもなしに主導権掌握。という風に見えている。

オレには出てゆく金も気力もない。ここで死ぬか大自然の中で死ぬかだな。転居先も同じような工作が待ってるだろうし。
4年前からずっと何も上向かなかったな。
そりゃそうだ、1億国民みなラジコンロボットだもの。話が通じない。
俺にかけられた呪いも、ハウルよろしく真実を語り合うのを邪魔している。


そうそう、組織諜報とは、匿名素性不肖集団が基本だ。
つまり、石井女房たちは立派に組織諜報内部関係者といえる。

逆に、ペラペラ何でも書いちゃう、
ミュージックステーションのウタダとテレパシー会話しちゃうほど目立ってしまう、
おれが影のボスだ、という構図。
こういう組織諜報被害者は、「晒し者」なのだ。
組織諜報は政府の犬だから、政治だの経済だのの難しい部分の手伝いを被害者に強制する。
晒されている人間が何もかも仕切っているように見せかければ、政治家だの官僚だのまして裏社会だの、匿名のままやらせ放題逃げ放題。
しかもただ働きだ。

あとはこのシステムで逆に世の中を振り回し、仕返しをしてやるくらいか。これもやり方は工夫が要るけれど。
いや、おれはやんないけどな。

オレが本当に日本の影のボスだったら大変だよ。
蓮田市緑町から転居続出、半分くらい人が居なくなっちゃうもの。
他にも色々ものすごい勢いで何もかも変わってゆくよ日本中が。だが(以下略

…とか書いたとたん石井家側の壁と電化製品がビシビシ鳴った。念術か音波による衝撃波、威嚇攻撃。

ほんとう嫌になるくらい地獄だ。日本はそうなってしまった。
5年前、もっとよかった。10年前、さらによかった。少なくとも霊的オカルト的におかしいという意味では。
まあ、こないだ餓死した弟と同じ手口で、10年前に創価がらみで暗殺されかけたんだけどね。あの頃から連中は変わらんわ。

日本を支援するのも、口を出すのさえ、正式な依頼と平身低頭があるまでは封印だ。
ふだんなにかやってても独り言に過ぎない。テレパシーで他人に聞こえようが独り言までやめさせる権利はなかろう。
あとは独り言が加害者側の利益にならんよう注意するだけだ。とりあえず民主党政権奪取!とか言うと奴らは嫌がる。

 ◇

青木久美子
Name: 221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp
f. [組織名] 有限会社 Mプラン中之島

このひと、メールお願いしたら逃げちゃったね。
一方的にフォーム送ってくる奴はみんなこうだな。無責任なカルト工作員ばっか。
光回線固定IPで自社ドメイン取得か。いい身分だな。本当に同じ被害者とは思えんが。大阪って景気悪いんじゃ。

2007/03/03(土) 11:52:48    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    stw    taw            
http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2&STYPE=web&IE=UTF-8&PT=HPTOP&from=HPTOP&x=55&y=11     2007/03/03(土) 11:30:20    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp   m0703                  
http://kasumin7.web.fc2.com/
2007/03/03(土) 11:30:17    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    blgtst                  
http://search.yahoo.co.jp/bin/search?p=http%3A%2F%2Fkasumin7.web.fc2.com%2F&lk=jword
2007/03/03(土) 11:29:59    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp    taw    stw
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/
2007/03/03(土) 11:29:47    221x250x150x26.ap221.ftth.ucom.ne.jp   stw      
http://search.goo.ne.jp/web.jsp?MT=%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2&STYPE=web&IE=UTF-8&PT=HPTOP&from=HPTOP&x=55&y=11  
なんかきょうも来てるし。

 ◇

http://d.hatena.ne.jp/fromdusktildawn/20070302

端的意訳
「ファッショとかカルトとかばっかじゃね?なに気合入れて他人様に「こうでなくてはいかん」とか侵略気味に強制してくんの?」
オプティミズム=スパルタ主義 健全な肉体に以下略

放置を理解せよ。

嗚呼だけど、ファッショとは”熱意ある後退”なのだな。
ものすごく熱の篭ったパワフルな連中が、国を潰したり後退させてしまう機微よ。


・自民公明を応援すると、まして入党すると、すごく優遇されます。
・しかし与党は我が弟を二人暗殺しています。右傾の連中(黒犬騎士団)に日々リンチをさせています。

さて、前へ進むために犠牲や矜持を捨てて、出世だの富だのに傾けるかどうか。
弟を殺したくらいだし、どうせエサをちらつかせて結局は何も与えないよきっと。

ぶっ倒れて廃人で居るしかないじゃん、おれ。嫌いな国になっちゃった以上、上へ上がる魅力すら残ってないわけで。
別にかしこまった償いばかりじゃないぜ。暗殺だの追い込みだのが自分に降りかからないヌルい国で普通に伸し上りたかったの!
ガッカリだよなんだよ今の日本は。ガンダムSEEDの時代、ポケモン開始の時代、の方がずっとよかったぜ!

毎日毎日政治犯みたいな扱いで拷問拷問。
背後には家族の屍二つ。

はははははは。すごいパラレルワールドですね。


ひとつしか選択肢がないと、詰まったら終わり。
日本は今そうなろうとしている。誤魔化し誤魔化し、誤魔化せないと暗殺。さて誤魔化し一辺倒が通じなくなると?


おれにはそこそこ中の上の社交性と才能がある。
だから、人格や思想信条で差別検閲弾圧を受ける昨今の日本のようじゃなかったら、一人で適当なポジションに収まってた。

だが、国が傾き、歴史的通例ならここはファッショでしょ、と安直にやりだすと、おれみたいなズケズケ言うのは邪魔になって、
国家諜報的追い込みにより、社会追放と、自室幽閉リンチを課したわけだ。
こういう奴らに限って、エサをちらつかせる。あれをやれば助かる、これをやれば抜け出せる、と。嘘ばっかり。

すっかり日本はテロリスト支配国になった。やってることがテロそのものだからね。
1人で大抵のことが出来る人が、テロルにすがらないと何も出来ない身分に落とされるファシズム国家。

テロにはテロ、
つまりテロなカードにはテロなカード。
もうボランティアとは言わせない。相応の条件を用意してもらおう。

/4

夜通し、早朝さえ続く、テレパシー罵倒、電磁波殺傷攻撃。

おかしい。

「人殺しめ、詐欺師め、国民の総意、責任とって死ね、半殺しにされて当然」
すごい言葉が並ぶ。テレパシーと思って気軽に言ってくれる。

だが、「んじゃ今すぐアパートの前来いよ、面と向かって話しようぜ」
とタイマンを誘っても、誰も来やしない。

人殺しなんて、テロリストなんて、
放っておいたら大変じゃないか。その正義感で俺を罵るなら、どうして勢いよく推参しないんだ?自信あるんだろ?


つまりおれは、オレを詐欺師に仕立て上げた。”本当の詐欺のプロ”とつき合わされているに過ぎない。
おそらく「オレオレ詐欺」をこなすような業界の。

これには裏づけがある。やくざだの右翼だの与党だのをほめると、一気に締め付けは緩くなるのだ。
それにああした業界が「地域住民の総意」などを持ち出すのは常套手段だろう。
アパートで電磁波をしかけているのは、茶髪で柄の悪い住人だ。この地域で監視嫌がらせを仕掛ける世帯も同じ。

すっかり包囲されている。「はやくノイローゼになれよ」などと罵る、普通じゃない奴ら。
もはやブログを書くのさえできない。俺が何かを書いて、詐欺を働いているという虚偽宣伝が繰り返される、ファシズム国家。

 ◇

罵られる側が、罵る側に回れば、「憎き、罵る人」に変身

そういうシステムです。気をつけてねー。いつのまにか自分が犯罪者呼ばわりされないように…

 ◇

きちんと話がしたい人、いつでも面談アポ受付けますよ。まずはメールフォームから。

相手はきちんと選ぶけどね。一昨年みたいに某学会のスパイを自分から名乗るような人はお断り。
放送業界、政治業界、など、被害を受けている(はずの)側の方々なら大歓迎、かな。


テレパシーでこの入力も伝わってるはずだよね。Mステ生中継のウタダやヒライケンに届くんだし。相手が右傾カルト構成員ばかりとか、偏りがありそうだけ ど。


警察は逮捕に来ないし、どの企業も賠償請求しに来ないし、困った もんだ。まあそうするってえとこっちが報酬請求も出来る道理だがな。
誰も文句いいにすら来ないし。

おれが”勝手に自殺して当然”なんてそんな蟲の良すぎる話、お前 らの方がよっぽど悪魔になってることに気づけ。集団に埋没すると中々難しいだろうけど。

 ◇

街の人々の様子には多少の変化が。

「人間ラジコン作用に抵抗しよう」というアクションが浸透している。
作用を知り、その作用をなるべく避け、無視、しようとする人が明らかに多い。

ニヤけ、今までならそのまま悪口をいいまくる人々が、(あ、これは)という躊躇の後になるべく知らんふりをする。
訓練されてきているということか。多少は”無線による集団催眠”「精神侵略」に対する”竹槍訓練?”が効果を為したか。無いよりは随分ありがたい。
たまーに、良い気配をわけてくれる人も出てきたし。みかけは工作員じゃない人から。

自分達から進んでおかしくなることは無いという意味で、微々たる前進ではある。


だがむしろ、自室への威圧攻撃は激化した。2F真ん中の岩田工作員がいきりたったようだ。
階段をドスンドスン大きく踏み鳴らして脅したり。

結局オレは、損してばっかりだ。心臓をやられ、頭脳も神経磨耗と血流悪化で参ってるし、死んでいないだけの廃人手前。
周囲ばっかりにこやかに変わらぬ平和を満喫し、苦しそうなおれをみて笑うんだ。やってらんね。

 ◇

いま自分に対して行われてる拷問や罵倒は、警察の手法ソックリだ。
いまテレビ朝日「ザスクープ」で鹿児島県、志布志での 自白、事件でっち上げ特集やってるけど、本当にソックリ。
(取調室で”踏み絵”させたと報道にあがった、有名なアレ)
自殺するなら俺の前でしろ、家族全員逮捕してやる、こっちが用意した筋書き通りに書け、動け。
あまりの捏造振りに、捜査員80名ほとんどが疑問を感じ、「逆らうと公務員法で逮捕する」に屈してたという。

で、この番組にもあるとおり、体よくスパイとして利用しようとする。政治経済の重要事項決定に間接介入させて「こいつがやったんだ」と騒ぎ立てる。
無い事件は造ればいい的発想。
でも、俺みたいな人間にはやくざ系統が寄ってきて、これまた利用しようとする。内部に取り込まれてゆく。

どっちもどっち。ただ、疑問を持った奴らがどんどん昇進し、キャリアトップになって組織変革を進めて欲しい。
ルルーシュではなく、スザクのやり方で。ノンキャリをどんどん中央幹部にするべきだ。駐車監視員をやるならこれもやってくれと。

この冤罪事件でもわかるとおり、被告側勝訴が確定しても警官は逮捕されない収監されない、しかも実名公表も無い。
甘すぎる。公務員とて所属によっては公表され逮捕されるではないか。せめて対民間企業並みの平等な裁きを。


きょうサンプロを見てたりして思ったけど、自分の見識にはいくつか偏向や誤解がある。
どこの勢力から組織的被害を受けている、どのマスコミがどの系統の圧力で動いてる、などに対して。
日々のテレパシー罵倒のなかで曲解を誘導されてるのもあるだろう。

とにかく、テレビ討論でも実地でも、意思疎通や勉強は大事。
孤立しつつ、冤罪や犯罪誘導の罠を仕組む側の言いなりになるのが最悪。

/5

トラックバックに相当いたします。

http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html#4-1

こんなものを送るとC130が頭上をガンガン掠めてゆく前政権の時代とは違うと信 じております。


官邸(つまり内閣調査室=諜報機関)へメールフォーム送信したら早速、こんなアクションが。
匿名を装う組織工作は多々あるけど、野党だの報道だのといった外野はこんなやり口はしない。
より中枢に近い奴らだけ。ここ数ヶ月拝んでない手口、手癖。

昨日の記事のURLだし、アンカーURL。器用に宣伝して回る迅速さ、執拗さ。巡回閲覧に来てる常連や一元がそこまでやる可能性は少ない。
メールに記載されたURLを、安直転載の線が濃い。

ああやっぱ中枢はこんなか。ダメだなファッショ下降線だな。
「脅して当然、弾圧して当然、ゴミ人間を使い捨て、目立つ囮にしてやれ。力は誇示するもんだ。」

力の誇示によって、弟二人は暗殺された。
オレが普段から電磁波攻撃で苦しめられ、心不全手前まで行くのと同じ手法
オレが普段から組織的追い込み、根回し、で職すら潰されているのと同じ手法
で。


…だが彼らに誤算がもしあるとすれば、各方面に文面をコピーし、同報送信していることだ。
政府筋の高度なやり口とは言え、晒されている。これはおれにとってもデメリットはあるが、なりふり構ってられるか。

あと、ネタにマジレスとかいう範疇で行くと、
「いい大人たちがだらしないから、子供じみたアクのほうが威力を発揮できちゃうんじゃないか?そのほうが今は幼い世代の味方になりやすいし」
国際競争と聞けば外資でハゲタカ、逃げよう鎖国しよう、こういう幼児の発想をもつお偉いさん老世代には頭が上がりません。

…そして無論、以上は極論的推測でしかない。もっと安直な晒しかもしれない。
ただ、高度なテキストセンス、展開能力、を発揮するサクラ(情報操作)部隊とは、やはり上層に付くものだ。”料金”が違うのだろう。
ネットにボランティアなんて、ありえない。

 ◇

一昨日から露骨な心臓硬直作用が強くなった、威圧攻撃。電磁波(機械)か、念術(人)か、微妙。
ただ、ビームを撃つように直線的で、疲れ知らず長時間不変の作用なので、機械だろうね。

発射元に近づくほど苦しくなるのは当然、たどってゆくと昨年までの町会長の家に。
斜めに発射してるから体感の誤差はあり、実際は隣かもしれないが。

十字路を挟み南西方向のはす向かい。
角に関根(ぼけ婆さんがたまに第三者の憑依に任せ、威圧し、脅しをかける)、
隣が町会長だった古田田中二世帯(馴れ馴れしく話しかけてくるが、露骨に怒ってる時がある、付き合い無いのにいきなり)、
その隣が金野(グロリアでグルグル周回したり、バット持って脅したり)

一軒家に住み子孫がいて安泰、そういう家に限ってこのような暗殺活動を引き受ける。何の疑問も持たない。
「自分さえ良ければ、自分達は模範市民で相手は反逆者なのだから、殺してもよい。」
模範市民の町会長が、自分の孫は可愛がり、他人様の子供は殺すのだ。恐ろしい国ではないか。

隠れ公安、隠れ公明、隠れ右翼やくざ、どういう素性かは外見で判断するしかないが。
何度も言うように、決まった世帯だ。こんな選民的暗殺を引き受けるようなバカは。やらない所は一切やらない。


「悪い奴だ」「どうせ悪い奴だし」と感覚的で突発的にボソッと、ニヤニヤと罵る。悪意を笑顔で振りまける根性はおれには真似できない。そこまで空気様に従 えない。
 ・悪い奴であること
 ・私刑で殺して構わないこと

なぜ”両者は別”だという常識を捨ててしまうのが模範市民なの か。


(ノイローゼになれ もっと萎縮しろ)
ひどいテレパシー罵倒の数々。子供や孫がいる前で念じているのだろう。

こんなやり方で、心不全や飢餓肺炎で、弟達は暗殺されたさ。

 ◇

宮城・松島町長が事故死 1月に初当選したばかり
 4日午後4時ごろ、宮城県利府町赤沼の国道45号で、同県松島町長の松谷昭一さ ん(58)=同町松島=運転の軽トラックが、対向車線を走行中の大型トラックに衝突、松谷町長は全身を強く打つなどして間もなく死亡した。松島町では昨年 末に前町長が汚職事件で逮捕されて辞職し、1月14日の町長選で初当選したばかりだった。

クサい。カルト筋の組織諜報の仕掛けた、呪術的暗殺の線。
体を憑依的に遠隔操作して運転ミスを誘ったか。事前に体調不良を仕組んでいたのか。
逆に言えば、こういうことがたまたま起きるとカルトのせいじゃないか、実質上の政府暗殺じゃないか、
そういう勘繰りをする時代になったという事で、疑われても仕方がない連中が存在する時代ということだ。
なにもかも、「あすこ」にとって都合よすぎる場合。
参考


強姦(ごうかん)と強姦未遂事件で逮捕され実刑判決を受けた富山県内の男性 (39)が約2年1カ月の服役後に冤罪とわかった問題で、男性が朝日新聞の取材に応じた。
逮捕直後に自供を覆し容疑を否認したが、県警の取調官から「なんでそんなこと言う んだ」と怒鳴られ、「今後発言を覆さない」旨の念書を書かされたという。
公判でも認め続けたことには、「何を言っても通用しないと思い込まされてしまっ た」と悔しさをにじませた。

こういう密室拷問と、ひとつ上の記事の「カルト筋リモート的陰謀」とは、どうして親和性が高い、セットなのか。
裏で勝手にやってること、ウチは知らん、という”逃げ口上”がまかり通ってはいないか。

密室に閉じ込め罵倒し電磁波で弱らせ、
外へ出れば体調不良で思わしくないし、変な奴らが尾行してくるし、職場や出先の店などに国権で根回しされていて嫌がらせが…
体調不良で運転に不安、意識や手を遠隔操作されてあわや惨事に、というのは実に身近なことだ。
・この辺の謀略的事情を知っているか
・対策しているか

の違いでしかない。町長も知ってさえいれば、逃れられた可能性がある。

 ◇

正午のベルク蓮田店。
なんか変だ。コントローラー(人間を操る能力者)が来てるっぽい。

一見普通の主婦や子連れなんだけど、気配に釣られてニヤニヤはしゃぎ始め「あの人こう言っちゃ悪いけど違うよね」
なんでそう、といぶかしむくらい執拗に、義務みたいに悪態つく。微妙に進路妨害するし。
店内に入るなり店員二人、本人達も狼狽するくらい笑いがこみ上げてる。

外には清潔で洒落た学生兄ちゃんが携帯電話開いて暇つぶししてる。
待ち合わせか暇つぶしだろうけど、工作員もかように成りすますことがよくある。

妙に操られた脳状態のままフラフラ何度か曲がれば、「線香ローソク」の看板に目が止まる。これで4番レジだったら定番どおり。あいつらの嫌がらせ手法はそ ういうものだ。

今日のこのケースだと、「一見清潔で普通そう」なので、カルト宗教の手勢だな。一団みな清潔そうでまるで軍隊みたいなんだよ。
連中は、一人が細胞、組織全体で生き物、どこかの頭脳に統制された「多細胞生物」だから、
神懸かり的におれと同時タイミングで店に来てるなんて珍しくも無い。


その後、マルヤ、セキ薬品、ウェルシアと出向いてみた。
セキには追手がいた。やたら汚らしい宗教系の女とか。店内の皆がただならぬ気配に狼狽し、自分をうまく制御できずにいる。
全部が全部、追手の手配が間に合うわけではないということだ。

昼間からなにやってるんだろう、と言うのは怪しい。
きっちりした身なりで学生や社会人なのに、こんな時間になんでこんなところで。
理屈の通る疑問は無視してはいけない。

で、きょうこれだけ追手が激しいのは官邸にメールしたからだ。トリガーがそれ以外に考えられない。
結局は、カルト政党の妖術追い込みを頼りにしているダメ政権といえばそれまでだ。
話し合いでも対話理解でもなく、マッチョな暴力で蹂躙する手口。


ヒューマンリソシアから電話がきて、「ご応募ありがとうございます」と言いながら物騒に咳払いを何度もして、しかも謝らない。
・どっかの圧力的指示を受けて、咳払いを強要されている、
・おれのことを勝手に悪人と思い込んで、睨みつけている

どっちかかもしれない。だとすれば採用される確率は低く、されても現場は嫌がらせ工作があるだろう。
いかにも腐敗カルト日本らしい。
密かに影でコソコソ邪険追放なんてやってると政府カルトの秘密処刑の手助けになっちゃうって、何でわからないんだよ。
いい加減空気とかテレパシーで何でも判断するのやめようぜ。話がハッキリしてるなら本人に突きつけろよ。それくらいの自信は見せろ。フェアにやれ。


頭が痛い。自宅を出たときはそうでもなかったが、カルトの手勢が異様な気配を発してるのに飲まれると、脳がパニックしてこうなる。
一番悪態ついてた中年主婦はヤッパリ、一番気配が強かった。
ちなみに、小泉チルドレン83会議員も、なぜだかこの気配を発し ていて、年配議員は怖くて近づけなかったという新聞記事もある。

好選民 VS 嫌選民

21世紀初頭の日本はどうしても、この戦いになる。
前者は小泉的、表は清潔で品がいいが裏は悪魔性で、切捨てや弱者追込みなどへとも思わない。
後者は冴えがない。出し抜かれやすい。


まあきょうのこれも、自分が普段から自室で電磁波なぞ浴びて、霊的な部分、頭脳の機能と言うか、それを書き換えられている、細工されてる、からかもしれな い。
長時間、洗脳作用を含む電磁波を浴びてると、人が変わる。深層意識まで達してないので抑え込めるけどね。
自分もまた周囲を変えてしまうホストに仕立てられているというわけだ。

 ◇


組織謀略。ストーキング。

テレビ放送による嫌がらせは、久々に見た。
おとぎ銃士赤ずきんの猫、ランダージョが受けた指令だ。
「部屋に戻って、寝巻きに着替えて、大人しく寝ている」

先月の放送内容、ふたばちゃんねるで執拗な連続投稿により見るように強制された。
これもランダージョがらみ。
つまりこれもメッセージというわけだ。奴らのしつこさと、伝えたい意思とは比例する。


19時くらいから威圧攻撃が一気にきつくなった。勤労帰宅組の仕業だろう。普通の不慣れな人なら狂うか暴れだすレベルだ。
神経磨耗、混乱、多人数のテレパシーチャットによる脳内介入罵倒。

今年と昨年までと違うのは、支える守る相手がいない、支えられるあても皆無ということだ。
おれを体よく利用しやがった政府筋は、つかえねえと吐き捨てて拙い援護をもやめやがった。抜け落ちてゆく力。
いつ身投げしてもよいというやけな思い、なぜ生きてるのか自答する葛藤。最近はろくな心理状態がない。

人が弱音を吐いた時限定のテレパシーな慰めもまた、密室拷問を長続きさせる手立てでしかない。心身の傷と衰弱とがそれを物語る。
おれを二度と社会に出られないようにしてるのであって、その逆はありえない。弱り、老けてゆくのみ。
早くオレをこの悪魔国と化した日本から解放してくれ。おれにハラスを仕掛けてるのはひとつに官僚たちだ。
財務省やフォーラム会場や警察官立会いの講習など様々な場所で居合わせたが、奴らは首謀者の態度だった。
えらそうだからできねえことやらせていためつけてやれ、というわけだ。
困らせるためなら弟だって殺しやがった。

・二度と参加できず購買できない
・みな悪魔のように残忍に虐待を仕掛けてくる

最悪じゃないか。世界中どこよりもココは最悪だ。人口密集しすぎで至近距離に悪魔がいるし。
あと1年を考えただけでもぞっとする。早く終わりたい。殺せ。

仕事を奪うなぞ、やくざだけじゃムリな根回しだ。必ず公安警察だの与党筋だのが連携している。
今週も来週も一日限りのバイトを重ねてやり過ごしてるのに、さらにそれを邪魔しようとする。大人しく一日中寝込んで衰弱して死ねとテレパシーしてくる近所 の工作員。

オレをココから解放しやがれ、でもなきゃ殺せこんちくしょうが
なんで秘密裏幽閉暗殺なんだよ、きちんと問い詰めて裁判所へ送って断罪しろよくそ野郎が。

・・・ああ日本に帰りたい

親がバカで生意気で大声出してるんで公安なんぞにマークされたたもんだからガキの頃から変な不幸続きだ。
7歳(81年)のとき、共産主義になった日本で警官が物陰から見張って睨んでる夢を見て泣いたけど、まさか正夢だったとはな。

畜生弟返せ俺の人生返せ全部返しやがれこの泥棒国家
おれに手出しした奴全員に、オレと同じ地獄の苦しみ4年分プレゼントしてやりたい。

昨日官邸に抗議メール出して、小泉時代みたいに自衛隊や警察のヘリは飛んでこなかったが、創価学会信者の尾行部隊は一杯着てたし。
カルトの陰謀暗殺に頼らなきゃ勝てないとはあの党も堕ちたもんだ。

加害側の魔性に呑まれてるうちに悪態の限りを出し尽くしてやった。


…まあ邪念が抜けて冷静に考えても、
応援する相手がいない
応援してくれる人がいない
実に悲しく世知辛く、一家全員個室時代、かぎっ子当たり前時代の冷たさを実感せずにおれない。

こんな恐ろしい国で実子はムリだからせめて孤児を支援しようとか色々考えてたんだが、
それもこの4年間の拷問と廃人化工作で幻と消えた。国家諜報はこちらの月収や用途まで向こうで決めて、心身を操って無駄遣いやサボタージュや不調を強要す る。
あとは雪山で三日ほど寝転がるしか、「楽」のつく進路がないじゃないか。

さっきも神経磨耗の余波で内臓が止まるんじゃないかという意識混濁の中で、ああ弟達もこんな風に苦しんだのかとはかなんだ。
それくらい、毎晩がやばい。たまたま生き延びてはいるが衰弱は顔に出ている。

バカだなあこんなに私生活ネット上に書いて。
いやいや反面、書かないほど、証拠の残らない虐待が激化するんだ。前例もあるし。

我々の更生指導に屈しなさい、謝れば全部終わる。バカ言うんじゃねえよ的テレパシー懐柔。
「少しくらい痛い目にあったほうがいいんだ」と、スパルタ大好きな団塊世代加害者達は安易に言う。その安易さが組織ストーカーの虐待の追い風になってる。
んじゃおれが総理になったら老人皆殺しの大粛清福祉削減やっていいよな。じぶんらは高度成長と退職金で大もうけして、負債は後回しにして、後の世代を苦し めた罰だ。これも更生だろ?

街を歩けなくなる?かまやせんよ、こんなこと言ったくらいで、一理あることを言っても、誤解曲解でテレパシー市民ににらまれようが、
そんなザルなインチキテレパシーシステムでキチガイだらけになった日本なんぞ知ったことか。
だれも真実なんか悟りやしない。テレパシーマスコミの嘘情報を信じ込む”催眠奴隷”じゃん。


オレを詐欺師呼ばわりして本当に「ぶっ潰すこと」のみ、にしても良い。
だが、たまに「ホメて懇願して盛り立ててみる」対極的検証は入れたほうがいいんじゃ。

科学的というか、システマティックというか、システム運用では当たり前なIFの検証項目というか。客観的に見てね。
どうしょうもない奴だって、そいつを盛り立てて景気がよくなり異常気象が減ればいいじゃん。西村がいるおかげで2chは盛り上がりネットは栄えてる。
元々が、どこの詐欺師集団かは知らんが、世の中全体のプロデューサに育成しようとしてたみたいだしな。会得したスキル内容からすると。

ま、世迷いごとだ。弱気になった奴の甘えた言葉だ。誤った確信でときに迷走の原因にもなっただろうし。
調子よくこんな事を言ったって、暗殺を仕掛けた与党筋を二度と立てる気はないしな。蟲がいいんだおれは。そして俺自身に適用されたシステムパッケージを、 俺自身よくわからない。
黒田勘兵衛、苦笑いー

おっとまた邪念にのまれてきた。これくらいにしとこう。

 ◇

google検索ワード「リ ストラストーカー 嫌がる

被害者の結束。
おれが野党に結束を呼びかけたのもそのためだ。案の定、組織ストーカー側の与党に嫌な構図になってきている。

/6

唖然と立ち尽くすみんな。
絶望、無言・・・・・・
ありがとう、ありがとう大尉…

(エンドロール)
撮影 IMAGICA
衣装協力 DURBAN
録音 APU
車両協力 本田技研工業
撮影協力 味の素スタジアム 東京都庁舎
総監督 矢立肇
制作著作 TBS


「死ぬかと思った!」


という日だったな。本当、心筋引きつっては、精神錯乱し、周囲の人間は縁起でもない事ばかり言うし。

JR施設内作業か。こないだゲンダイが、左翼により労組が占拠状態とか言ってたっけ。
JR東日本から変な検索で飛んできたっけ。http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0701.html#30
つまりこの作業で嫌がらせされるとなれば、左翼とその系統の公安が相手か。まあ飛躍的極論だけど。

なんか附属病院だし。霊安室とか書いてあるし。
「配電施設通るから、感電死しちゃうよ、しても病院だからすぐ治療いけるけど」現場指揮の人
「車バンバン通るから、くれぐれもくれぐれも、ひかれないようにねえっ」
「昨日とかこの現場入りましたけどマジ死ぬほどキツいっすよ。」こういうの慣れてそうな兄貴
「秘密主義、秘密主義」と呟いてみせる別の兄ちゃん。
みたいなことばかり、至近距離で言われる。

別のトラック納入業者。携帯電話に向かって「逃げられると思ってんのか、てめえ」

病院職員のスーツ組みに囲まれる。むこうがなんだかせわしなく、切実な感じで、訴えかけるような、そんな感じで。
「もう解体しちゃうの、そう解体、終わりだから」
「いつもいつも遠隔監視してるから」
ああまたこの手のたとえ話かあ。

「気配による妨害工作」は常時続いている。他人に嫌がられるちょっかいを出す、テレパシーや、操る念術などで。
「こいつはできないやつ、邪魔ばっかする」と思われてしまう。そうじゃなくて、「いつも纏わりついてる敵方の悪魔」の仕業だっての。
その証拠に、体が重く、心も重く、やたら運気が悪い。心身不調やせわしない変化は無論のこと、

コンビニで、昼は小食でいいやと買った肉まん、きちんと包んであったのにいきなり道端に落ちて、泥がついた。包んであったのに…
ジュース容器にセロテープがくっついて紙袋がやぶれ、肉まんが飛び出した。皮をむいて食べたけど半分くらいになってしまった。
朝からこんなのばっかりだ。極貧で、それはそれは貴重な食事だというのに、買いなおす余裕なんてあるわけがない。

午後は作業を外された。「気配で人の邪魔をする奴」と思われたからだ。入り口で門番だけやってろという。
エレベータで乗り合わせた看護婦「何でも知ってるからってえらそうにねえ」といきなり話し始める。邪な気配に釣られたか。釣られてる時は本人も何を言って るのかよくわかってない。
帰り際に、スーツで監督に来てた人の言葉「それじゃあこの廃墟でホームレスやりますか」とこれまたえげつない。

病院の前には、天井に変なアンテナを一杯つけたハイエースが。盗聴発見業者?液体のタンクま で付いていたが…

大宮まで戻ってコンビニ「変な天気ですねえ、嫌な天気で」を繰り返す。
俺のせいと言いたげなこの言い回しは聞き飽きた。まあ実際、誰かへの報復みたいに天気が荒れて地震が増えるなんて、最近は日常的だが。

ラーメン屋。時間柄がら空きだから入ったのだが。
数十秒後には尾行らしきアベックが。あいつは生意気だと切り出し、小さいだのなんだのと続ける。
大宮なのに土浦ナンバーの911。帰宅してメール確認すると、9:11に返事が来ている”シンクロニシ ティ”。

意外だったのは、新宿副都心どまんなか駅前の方が平和で心落ち着いていたことだ。
蓮田市緑町2丁目、ここのリモート拷問洗脳環境、周辺住民の包囲網のほうがはるかに脅威ということだ。


たぶん忠義を尽くせるボスがいれば、後ろ盾の元で躍進するボスをやるでもよい、もっと意気揚々と邪魔立てなく日々を過ごしているだろう。
最近は孤立のせいか、弱っちい人の影響を受けてしまってるのか、まずいいことがない。頼る泉が枯れてきたかのようだ。

ちなみに、JRにもいくらか恩は売ってある。アイデアという形でね。柵とか低重心とか。

まだまだ既得権益の老獪の勢いが、若手を「生意気」と襲う風潮なのらしい。
いくらそのせいで国が傾こうが、勢いあるものを封じる数年前のようなのもおかしいとは思う、
だがそのまんまやヤスキチやムネオの勢いを止めるわけにも行かない。
それが団塊ジュニア以降でも、どんな貧乏でもやばい境遇でも子供くらいは残せる、世の中にしてゆく必須条件。
監視社会化など、軍国化など、そこそこで衰退させねば。いっときのハヤリ病にせねばならぬ。
トライやインフラ推進に意味があるのと、そのまま自動的に膨張増大させるのとはまるで意味が違う。
トレンドが適度に交代してこそ、というのが国政ではないのか。

ちなみに必ずしも生意気なのではない。家族を二人も殺されれば、恨みはしなくても憤りは溜め込む。
巨大組織なら、至高権力なら、弱小個人なんてぶっ殺して平気、などという連中をあっと言わせたいとは誰もが思う。
心臓がカチコチでちょっとしゃがむだけで意識が途切れたりしても、本当に死ぬような体になっても、その憤りは消えない。
中東でテロ自爆を仕掛ける若者達の気持ちがよくわかる。


世界の株暴落 大揺れするウォール街
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_5591_144206_76

米国株にとって2003年3月以来の最悪の1日となったこの日、売り注文が殺到 し、ニューヨーク証券取引所は
一時、注文を処理できなくなる場面もあった。

シンクロニシティという意味では、この被害体験が始まったのが2003年3月、副都心で組織的に追いかけられてから。体験記を公開したのが6月。
自分の身辺事情の酷さと、世界の株が連動する。
どこぞの勢力が追い出せ締め付けろと絨毯爆撃を仕掛けてきて、白旗寸前自暴自棄になれば、こないだの大暴落を迎えた。

ボウケンジャー最終回でタッチしてたように、実際にゲキレンジャーは後輩?の仕切る作品と思って見ている。
アバレンジャーが”我々の黎明期”に該当して迷走したように、ゲキレンも多少不安定になるっぽい。

色々と変化があり、真実が見えてきて、ああ世界は動いているのだ。

/7

昨晩も、近所から自室へ向けて惰性的に照射されている、「殺傷電磁波による衰弱狙い攻撃」は止んでいなかった。
心臓に不安感持続、排水機能低下、傷は治らず花粉症は酷く、起きて早々「やかましいから寝てろ、起きるな」とテレパシー罵倒。

つまり政治機能は、自動の返信メールは送ってよこしても、国家諜報に命令してそれをやめさせることはしなかったわけだ。
弟たちを暗殺したのも、おれが4年間ですっかり体を弱らせ社会適応を難しくしたのも、冷酷な成果でしかない。
昨日の執拗な「組織ストーカー」たちも、上を辿ってゆけば政府機関にたどり着くだろう。

なんも変わってない。官邸にメールなどするだけ無駄だった。
せいぜい、以前のように派手なことをやって記録されるよりも地味に巧妙に、というネガな意図だけ。
カルト政府に早急に引導を。すっかり恐ろしい国になってしまった。


昨晩の夢も操られていたのか。庭園かどこかで皇后様がご登場あそばされちゃって、背後から肉薄してしまってものすごく狼狽した。
SPは周辺にたくさんいるのに、なぜかあさっての方向を見ては見て見ぬふりなんだよ。
まあ”誇大妄想を拡大させる工作”としてか、こういうのはたまにあるんだけどね。

昨日はやくざに「邪魔すんな」とか脅された挙句、引っ越す夢だったし、現実的な内容が多い。
組織諜報に、テレパシー経由で思考操作されている形跡ではあるが、確定ではない。

まあ、「邪魔すんな」というのはいつも脅されることで、色々告発するのが結果的に組織的悪事にとって邪魔になってるのだろう。
昨日の”秘密主義”発言じゃないけど。

尾行のうち、カルト宗教(見るからに学会の)の信者が繰り出してきたパターンでも、
「抜けられると思っても、中々抜けられないのよ」と呟いて去ってゆくことは多い。ゴロツキ系と宗教系は同じことを言う、公明を通して繋がっている、そして 公明がいないと勝てない自民。
色々と連載的に整合性が取れてくる。

 ◇

インターネットの次代先進は、オカルトである。いやオカルトとは現時点で科学解明不可能というだけの、科学なんだが。

ネットはテレパシーとなり、(通信インフラ)
運命はテレビゲームのように好き勝手にプログラミングされ、(現実の仮想化)
人々は神悪魔のオーラを放つ勢力によって操られ、霊的な高位さに逆らうことも難しい。(法治国家の軽視、さらに上層の統治ギルド、影の政府化)

このインフラを野党勢は持たない。

 ◇

きょうも警察と裏社会連携の尾行が待伏せ、通りすがる。

日高のシャトレーゼに、柄悪い4つ目ベンツ。隣は眼鏡屋?
乗員は作業ジャンバーの数名、うろうろしてどちらの店にも入らない。嫌な気配。
道理で店員と話す時、操られる感じがすると思った。やたら高圧的になって行くんで不審に思ってたんだが。

秩父の山中。地元交番の警官が原付バイクで何度かウロウロする。この業界がよくやる追尾誇示パターン。
行きから帰りまで、とにかく警察が出てきた。何度も何度も。ヘリは来なかったが。

山の頂上で、威圧攻撃を受けた。地元住民が「エージェント・スミスに憑依された」パターンかな。
こういう場合は説得が効果あり。「君達はゴシップな悪評宣伝で一方的に俺を攻撃するが、手柄の部分も認めろよ」
次第に弱まる威圧。具体的なポジを列挙すればするほど。

彼らはいわば、テレパシー版の日刊ゲンダイ(悪口ばかり満載)しか読まず、その気になってるに過ぎない。
テレパシーネットワークに感化されて睨みつけてくる人種はみなそうだ。必ずしも話が通じないわけではない。


集団催眠、テレパシーネットワークに心を支配される。
この状態は、明らかに2003年よりも悪くなっている。非常に重度に、洗脳漬けに。日本人達の姿が豹変しつつある。
東京都心の大企業の担当者なんかも例外ではない。初回の電話からして、怒ってたり、侮蔑している。
遠方のスーパーで買い物をする。店員が次第に熱狂的になり(洗脳が深くなり)「ふふふ、あの人、変、悪いらしいじゃない」とか陰口をやりだす。

・表
・テレパシー社会

の完全二重人格の社会になっている。しかも逆らえない、盲信すべきは後者なのだ。
表社会の法律より、人情より、テレパシー社会が提供する情報や噂、この空間限定の法規、などが最優先。
老若問わず、その裏の無茶や矛盾に眉をひそめる者は少なくない。昨日の看護婦だってそうだ。

「おれを悪者だというなら、表で堂々と吊るし上げろ。裁判にかけろ」

だれもやらない。影でコソコソ言うか、警察や組織的ストーカー部隊のように、うろうろして威嚇するだけ。
念術で内臓を締め付ける殺人行為は公然と行われるが、弟二人がトドメをさされたようにオレにトドメは刺さない。
あくまで自殺誘導。ここがまた汚い。

無論、こうしたおれの見立ては間違ってるかもしれない。だが敵味方の見立てさえ一筋縄ではないのがこの身分。



/8

たぶん遠からず死ぬ。

正確には、組織悪に利用されていた4年間が終わり、捨てたおれを奴らは狂わせ社会適合を奪い仕事も健康も奪い、実質葬る気だ。狂うくらい容赦ない電磁波照 射。
半年なら何とか正気を残していられるかもしれない。だが病気もちになったら自害すると4年前から明記している、気持ちにも変化はない。既に並みの定年過ぎ 老人より衰弱している。

昨日のJR東日本物流の担当のヤツじゃないが、ホームレスやる前に自害するわ。
3兄弟皆殺し、それがこの日本の政府と裏社会の成果だ。ほんのちょっとおれが遅れるだけだ。
きのうだって秩父の山中で念術で心臓締め付けられて「んじゃとっとといまとどめさせや」食って掛かったくらいだからな。やんねえんだよなあ苦しめるだけ で。
山中でも警官が行き来してるようだとダメね、体に霊的なのがへばりつくとしばらく奴らのテレパシー作用を引きずっちゃう。
大抵の人には理解できないだろうが、いいさ。被害者が読めば多少は参考になるだろう。

時代はファシズムと暗殺と、民をラジコンにして自在に操る時代に。
昨年秋までは上層部ホットライン的なワイルドカードでその”霊的暴力の津波”の抑えを利かせられていたが、最近はついに、2002年時点くらいまで急に悪 化、退行した。
尾行も危害もそれくらい容赦なくなった。

現状、どう見てもろくなニーズもオファーもない。ここぞとばかりに攻勢、潰しにかかられている。膨大な功績と、不手際と、うやむやにされたまま死ぬらし い。
充分頑張ったから悔いはない。頑張りすぎて強くなりすぎて涙も出ない。戦場の兵士が死の悲しみに疎くなるアレだ。
やっと楽になれるという安堵もあるのがまた物悲しいじゃないか。


そうそう、明日の午後、銀座東芝ビルの東芝オフィスメイトなるところへ登録面接へ行くんだが、ここがまたバカにした、組織諜報に吹聴された態度でな。
夕方に「明日、都合悪くなったりしないですか?本当に来ますか?」なんて何度も言うんだよな、留守電で。
そもそも募集には「急募!即日勤務で3月末日まで」と書いてあるのに、1日に応募して電話したら「…そうですねえ、んじゃ8日にでもどうですか?」なんて バカにした口調 でなあ。
開発の急募でそんな悠長な登録があるかよ。
(面接言ったら今度は、「うーん、んじゃまた来週にでも顔合わせしますか」だってよ。3月終わっちゃうじゃん!)

あっちもこっちも同じよ。公安だか暴力団だかは察しは出来ても知らない、とにかく先回りされて、あることないこと吹き込まれて。
へたすれば、現場が念術者に操られる。
バイク屋は工作員との話に専念しておれを何十分も無視するし、派遣会社は大手のインテリジェンス(副都心の超高層ビル)だろうがギャーギャー隣室で世間話 して騒いで耳障りにする。

ドイツもコイツも狂ってやがる、そりゃそうだ、人間をラジコンにすると、非常識な嫌がらせを熱心に始めるんだから。政府と裏社会が使うのはそういう恐ろし い念技術だ。

 ◇

あくる朝。

きたよ。おとといの記事に連動して。

 安倍内閣メールマガジン(第20号 2007/03/08)

映画のあと、久しぶりにラーメン店に立ち寄りました。味噌ベースのとん
こつスープに大きな豚の角煮はボリューム満点。徹夜明けのラーメンは格別でした。  

前総理のときは、オナガの雛の世話してやった数日後のメルマガに、そういう記述があった。
たぶん一昨年の体験記の中に書いたと思う。

まあ、だからなんだという話ではある。満身創痍には違いないのだから。
「身の程を知れ」というテレパシー受信、ご尤もなんだよな、ご尤もだけで世の中うまく回れば苦労しないけど。

これだけ一見、”味方的な展開”をしていても、
自宅に対しては電磁波攻撃を欠かさない。腎機能低下で体温や気力を奪う。いきなり出力が強くなって卒倒しかかる。足がふらつく。

朝方は自衛隊輸送ヘリがバンバン真上を通過していった。

これが現実だ。人を利用するだけしても、並行して、衰弱を進めるために電磁波攻撃、尾行や脅しも欠かさない。
嫌がらせとしては随分よく出来ている。

犯人は、隣室か、南向かいのグリーンハウスだ。最近ここの2Fの爺さんが日中常駐している。夜勤か?


http://www.2chan.net/
ここの「二次元」は、最近になって情報工作の部隊(サクラ)が入れ替わった。
昼夜問わず、いつおれが見ても嫌味になるような、リストラだの敗因だのというスレッドを立てては自演で上げ下げしている。
ここはちょっと前まで、自演すらなくて上げ下げが少なかったが、一変した。
アニメじゃない、どうでもよい自演スレッドばかり増え、熱心にレスが付いている。


おれは、無意識に頑張りすぎて年寄りにしわ寄せするタイプ。直線的だ。実態を見せられれば慌てて是正する単純な奴だ。
だが、もっと若くて都市派なやつらは、もっと巧妙に確実に年寄りを追い詰めるだろう。表の謝罪の顔と、裏の下を出すところもキッチリやるはずだ。
相手がファッショだろうが、刷り寄って商売、利権確保するだろう。
何もかも冴えている、とはそういうことだ。こればかりは「庶民の無知」としか言いようが無い。
生意気だが言うことは言い教えてくれる、稀有なおれみたいなのを信用してもらうしかないんだよ。
彼らが嫌うのは義侠心や矜持。割に合わない追求をするタイプ。

 ◇

またしつこく、東芝オフィスメイトから電話がかかってきた。
このしつこさ、昨年の富士通エフサククリエのときと全く同じ。

出向けば案の定、工作員が多数入り込んでる。仕切りのむこうから意味ありげなたとえ話をしてる、トークが声優みたいに流暢な中年女。
笹山という中年女の面談担当、こいつ社員じゃないな。肌の荒れ方、トーク、むしろ公安だ。
「IT,嫌いなんですか?そうなんですね?」
「府中、と聞いて、いやになりました?やめますか?」
変な同意ばかり求めてきて、念術がセットになってて、気を緩めると呑まれて操られてしまう。その間も震えるでもなく狼狽するでもなく、目がランラン輝いて るのはプロ工作員だけ。
「わたし、ITのことサッパリ知らないんで、この案件のソフトの名前、わかりますか?」
ありえないっての。本物のコーディネイターなわけがない。

最初の受付のお姉ちゃんは普通の社員なので、次第にオフィスの雰囲気がおかしくなってくると狼狽して怖がってた。
組織諜報がその場全体を操り始めると、みな豹変してゆくから常人には怖いはずだ。

ここを去るとき、張り込んでた工作員だろうか、テレパシーが飛んで来る。(お前、今までやってきたことを思い返してみろよ、嫌がらせやられて当然)
こうやって、あるかないか、誰のせいか、微妙な事件事故のことで悩ませる。決め付けた筋書き通りに何としてもしようとする、警察の冤罪によくあるパター ン。


正午過ぎ、いきなり全身の力が抜けて冷たくなってゆく。腎機能低下作用の電磁波攻撃を強めやがったらしい。足がすくんでいる。
この付近は殺人工作員だらけ。一人もいれば充分脅威だというのに。
体感的に、日新グリーンハウスだろう。会社ぐるみで工作員を抱え、工作をしている、昭和臭漂う工業、建設、設備の会社は結構見る。

行きの東大手前。高校生集団、オレを見るなりこっちを見ながら大声で叫びながら走り始める。娯楽じゃないんだがな、命が危ないんであって。

別の面談で出向いた新宿野村ビル出る、背後を歩いてた背広二人「オレだけが喋ってたじゃねーかよっおおっ!」
野村ビルにオフィスがある人の会話ではないね、出入りを装った工作員だろう。こっちのオフィスも途中から雰囲気がおかしくなっていったし。

長崎屋。
テレパシー罵倒(あんまり権力にけんか売るな)
俺の前で会話を聞かせるように立ち止まった部落夫婦、「邪魔になっちゃうからさ」

帰宅、待ち構えたように向かいの日新化熱工業グリーン ハウスの1F爺さん(管理人?)、2Fの常駐おっさんを訪ねて保険証がどうとか。
まあ、ここまで来るとただの勘ぐりと区別が付けにくい。


まあつまり、おれを良いように利用しようとして、逆に落ち目になってるずるい政治の面々は良い気味だと、言われても仕方がないな。
「生意気だから虐待暗殺は欠かさない、でも矢面の的として、ブレインとして利用し続けます」
続くわけないじゃん。会社や国に恨みがある奴が、それらのために頑張ってくれるとでも?病んでゆく精神、弱って使い物にならなくなってゆく体で。
こんなシステム、人物を挿げ替えて、何回続けても、次第に病んで行くぞ。上層部が、悪魔的に。根本が荒むばかりで上向かないぞ。
もっと田舎の幼稚園児くらいの純な心でも参考にしたらどうだ。

三男、次男、立て続けにカルト化した政府の手配で暗殺され、ついに長男も殺されかかっている今こそ、これくらい悪態してもよかろう。
保身に走りストレスで死ぬくらいなら、生意気なまま拷問苦で死んでやる。おれを利用した何もかもを巻き込み瓦解させれば、真の抜本改革の助けになるしな。

連立与党は、今朝も低空真上で自衛隊輸送機を通過させ、右翼やくざ筋の柄悪い連中や公安やカルト宗教に都心を付きまとわせ、場を念術で操って妨害し、
「よくも逆らったな」と脅しつける。与党なんか応援するもんか、と言えばいきなり次男が餓死してしまった。公明お得意の運命操作呪術だ。
でも野党も無視してるしな。結局、政治家とか官僚なんて職業は、根本的に誰も大差ないのかもしれない。


俺が死んでも何も世の中は変わらない。次のスケープゴートが立てられるだけ。
2003年から言ってる通り、こないだふたばちゃんねるで工作員が公言してたように、

・不況などで閉塞感のある世の中で、おれみたいな矢面の的を用意し、騒ぎ立ててリンチさせ、はけ口にしている

だけなのだから。そこまで頭が回らないバカ国民に、よく知りもしないくせに悪態つかれ、悪意を向けられるのも飽きた。

度重なる組織諜報の電磁波攻撃で脳梗塞気味なのか、もう思考がスローでスローで仕方がない。全体的に痺れてるし。
二度と社会復帰は無理だ。参加できない世の中は、無いのと同じだ。


オレの事例は、”「組織ストーカー」の定番”とは違う。

・暴力、カルト、政府、チラつかせれば屈する
・だから多少の暴力でおどしてもいいんだ

という頭悪い前提条件がある。

だが、「絶対に屈しない人間」がいたらどうなる。イラクやポルポトみたいに、どこまでも残忍に殺すのか、拷問するか。
日本は戦後、今になって再び、堕ちる所まで堕ちるのだろう。いや堕ちたのだろう。家族を次々に殺し、生き残りは追い込む、鬼悪魔ファッショ政権。

窮鼠は猫をかむ。そうして利用してたはずのネズミに国を傾かされる事だってありうる。
いくら表をデコレーションしようが、民を騙して安心させ、うその敵を見せびらかして叩かせようが。ボロは出る。


テレパシー因縁吹っかけとの戦い。

(あやまれ、ご迷惑おかけしましたと)
だったらお前らも謝れ。強くて大きければ謝罪もなしか!
黒塗りから降りてきた大臣が俺の前で土下座し、弟の墓(秩父と結城と二つあるぞ)におまいりしたのか。
強い奴に睨まれたら当然の犠牲かよ、冗談じゃねえ。
google 検索 5:18以降
1: 13以降


午後は面接以外はずっと赤坂日枝にいた。国会を眺め、議員会館やその前で太鼓叩く日蓮僧を眺め、
半分は、嗚呼死ぬんだという儚みだった。もう脳が満足に使えないくらい酷くなった。結構寝てたし。
米軍から何度もアクセス来てるし、いずれアパッチに乗って咆哮している迷彩服のカリフォルニア知事にM16で銃殺されるに違いない。
どうせならgoogle本社あたりが拾ってくれれば良いのに、型破りで偏屈な才能は日本じゃ扱いきれないし。
みな、変人を扱いきれてない理解できてないのと、あいつは礼儀知らずで決まりを守らない非国民だと罵るのと、混同してるもの。
規格品過ぎるんだよ、日本人の心は。あれもこれも型を決めすぎ。


方々で、「やわらか戦車」のCMやってる。これもオレを皮肉った作品。
やたら政府筋のゴリ押しで宣伝かけまくって人気とろうとして、ネットで矛盾点を告発されてた、いわくつき。
忸怩たる思い。

反体制と、勝手に決め付けた一般市民を、弾圧し、晒し者にし、ヤバイプロジェクトの矢面の的として晒し、そのプライバシーをあらゆる娯楽の素材に使わせ、
いざという時はその的を、「こいつこそが悪党だーー」とか吹聴して宣伝して回って、民衆にリンチさせる。
この一連の、悪魔の腐ったような連中の手口。これが日本をファシズム国家として安定させようとしている現在の支配層たちのやり方。


/9

日時 ホスト名 アクセス先 前ページ
リンク元
2007/03/08(木) 16:29:08
2007/03/08(木) 16:07:09
2007/03/08(木) 15:38:57
    buc064069.pac.army.mil    stw    stw
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%9B%BB%E7%A3%81%E6%B3%A2%E6%94%BB%E6%92%83&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=   

米軍座間基地から、
政府(外務、総務、国交ほか)と同じキーワードで飛んできた。

つまり、告げ口したのだろう。まあ、03年からずっとホワイトハウスには連絡メールしてるしなあ。相手にされてなかっただろうけど。

よもやUFOがくらげみたいに上空を無数に飛んでいて地球全土を洗脳しているなんて信じるほどバカじゃない。
人が国家間が自作自演してる。オカルトのような集団洗脳を。

 ◇

数少ない、善意のテレパシー伝言。
(国を守りまとめ、後塵を育て…だが、お前はどうなる)
どうなるんだろうね。死ぬかもな。そんなこと考える余裕があるのか、この状況には。

 ◇

「こ んな記事を書いてどういうつもりだ」「何度も何度も取り上げて」「お前は安倍(首相)の手先か」などと断続的に続けられ、中には「記事が書けないようにし てやる!」と、
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_03/t2007030602.html

同じ手口で言論弾圧・言論封殺をしてきた団体が他にもある。
ただし数が違う。


団体=SGだろう。
どっちも北の人のための団体。ちょっと検索すればわかる。
SGは与党のため汚い裏仕事を。そのバックボーンはお米の。

日本を仕切ってる系統はもはや日本人じゃないといえるんだよ。だから怖いことを容赦なくやる。

 ◇

きょうは大掛かりに密かに、”部落公安筋”が展開していたらしい。
農家顔、血の濃そうな面々が、入れ替わり立ち代り意味ありげなことを口走って去る。

朝から、死ぬものと思ってた。腎機能不全の症状。体中が芯まで冷たい。生気のない年寄りみたいに体が動かない。
いきなり冷たくなったり、いきなり戻って元通り若くなったり。

で、すれ違う部落顔のばあさんが「きょうは、あったかかったり冷たかったりねえ」とニヤニヤしながら去る。
寒かったり、というならわかるが、冷たかったり、というのはおかしかろう。
しかもきょうは気温や天候は安定してた。おれの体調が急変しまくって寒かったり熱かったりしただけだ。
オレへのあてつけなのだ。

いきなり寒くなると、ダウンジャンバーを全部ボタンとチャック締め切ってブルブル震えている。
周囲は多少暑そうに上着を脱ごうとしているのに。おれもリモートコントロールが解かれると、いきなりそうなる。忙しい。
水のような、冷たい鼻水や唾液がこれでもかと溢れ出して来るが、数時間続くと胃腸が疲弊して衰弱する。
漢方で言えば芯まで冷えて「寒邪」が酷くなった状態、けっこう重篤で予断許さぬ容態。若いから動いて何とか誤魔化してるだけ。

人に近寄れない。おれに憑依している、常時張り付いてる、悪霊か、生きてる人間の意思か、
これがすれ違った人に悪さをする。罵詈雑言をテレパシーではいたりして、相手に睨みつけられる。

そして、この「身体リモートコントロール作用」は15:55きっかりに終了するのだ。都内だろう埼玉だろうが。お役所仕事。
公共電波に混ぜて、特定個人の固有の脳波長で、様々な不調脳波(脳も電気信号で動く)を流しているらしい。
だから、こういうところに容態を書くと、”実験する側”にデータを与えてしまいその意味ではまずい。
おなじ被害者へのボランティアな情報提供を優先している。

一方的な放送というより、常時のチャットだ。
ちくしょういま、オレに取り付いて心臓周辺をチクチクやってるな、と勘付くと、治まってたのにいきなりまたチクッとやる。
それくらい器用に、常時、テレパシー越しに、こちらを監視してる。


工作員、組織工作を知ってる人々にもおおまかに二種類がいる。

・てめえ、何様のつもりだ、と罵りながら飛び出てきて、心臓圧迫の念を放ってくる。
・この人ようやるわあ、と目が輝いてて、嫌な気配を発してない。

世の中はこの意味でも、ふたつに割れているのだ。公明党のポスターがひしめく地帯は恐る恐る通過するし、共産とか民主だと多少は安心できる。
後者は、抜けていても、人情があり、諸外国のような残虐さが表にない。今の与党筋は悪魔のように怖い。


仕事が終わり711へ。設備工事の兄ちゃんたちがニヤニヤ待ち構えている。組織的追い込みの面々はみんな社会低層の右寄りな人々だ。
俺を見つけると、待ってましたと付きまとう。どうしても目をそらす、密着してジロジロ顔を近づける、また逃げる、ジロジロ、繰り返し。

入れ違いに公共の仕事がいくつか舞い込んでくる。どうやらポスティング系をやめさせたいのか。
まあ、道端よりは役所の中で倒れた方が、追い込まれているという説得力はあるかもしれないな。

風邪に、花粉に、拷問での衰弱に、三重苦の苦しみ。
足を止めれば必ず犬糞。飯を買えば地面に落す。明らかに”呪い”をかけられてる。

呪いも追い風も、特定の勢力しか使えない。
小泉のように、いつまでもずっとラッキー、
抵抗勢力のように、いつもずっとアンラッキー、

でも、与党野党のように両者が入れ替わったりもする。

コイズムの頃はラッキー旋風の影響が強かった。別に所属したり肩入れしてるつもりはないんだが、勝手にリンケージされてたらしい。
今はアベズムの影響か、向い風と「死ね死ね団の追い込みの激化」ばっかり。
源泉は持たぬ、”受身の被験者”なのに民主勢に肩入れしたせいだろうか、自分とこの泉が枯れてきたのかもしれない。


一概に、「憑依」といってるものが実際は

・憑依つまり霊魂というほどアッセンブリーなものが侵入してきてる構図か、
・じっさいはテレパシー、通信的に誰かの脳と繋がってるだけのセッションなのか、

までは、内部関係者じゃないのでわからない。


何にせよ今日は、人体最後の臓器といわれる腎臓まで弱らして戦々恐々してるのに、
4つ目のベンツから降りてきた柄悪そうなスーツ兄貴が待ち構えて携帯電話かけ出し、
テレパシー越しに(いつまで頑張ってんだよ、はやく覚悟決めて死ねよ)とかのたまったときには、
何といやになったことか。


以上、素人なので勘繰りには誤解もあるだろうが、参考までに。

/10

延髄を刺激し思考力を潰す作用の、電磁波攻撃。ビリビリして腫れる後 の首筋。
生気を失う作用も。若さで太刀打ちできなくなる。

心も体も、潰そうとはすれ、援護し守ろうというアクションは見えてこない。そういう身分だ。
堂々と、隣室(はるみちゃんとその男)や、隣宅に、住んでいる。援護があれば、おいそれと手は出せないはずだ。

相変わらず、おれを暗殺しようという工作は止む気配がない。


厳密には、
念術によるプレッシャーというマイナスに対して、軽減相殺、プラスの援護は見られる。
だけどそれが個人的善意か、組織工作かはみえてこない。
堂々とやってくる工作員を、堂々と牽制するようなアンチは見えてこない。

「気配による工作」ひとつにしても、世の中で、浮くように、適応できないように、様々なしつこい追尾の連続。

 ◇

最先端の情報操作、追跡技術などで職を追われ、執拗な追跡を受ける…

エネミーオブアメリカ

2003年3月、この映画がフジかテレ朝で放映されて翌週、翌日だったか、
いきなり自衛隊や海上保安庁のヘリ、ゴロツキやチーマーなどに追回されるようになった。
職も生活も失い、弟も急死した。

皆おかしい、陽気すぎて、自分を見失ってるような、そして変に威圧的な気配を放っていた。
そして、社会というマクロな規模で、人が車が、ラジコンみたいに精密に操られてる。
これ以上はないくらい、精密な進路妨害、先回り待伏せ人材配置、等等…

その監督が今度作った映画「デジャブ」では、「過去を覗ける映像システム」が紹介されている。


きょうの「ウルトラマンメビウス」では、
宙に浮いたUFOが発する洗脳波で、人々がメビウスを敵と思い込み洗脳に逆らえない、という描写が。
ネクサス」から見てきて、立派に情報操作に貢献する番組になって いると思える。

 ◇

どうすれば、運命共同体の皆が、互いを高め、良い影響を与え合うこと が出来るか。
この頃は、そればっかり考えている。

罵りあうのも、敵にしてしまうのも、潰しあうのも、簡単だし、連鎖しやすい。
でも、何も生まない。ケチなビッグバンを繰り返すだけだ。(ビッグちゃうやん…)


ちょっと気を緩めれば、警察だ、やくざだ、名乗るテレパシー。
ちょっとこういうところへ入力して記事を作るのも、遠隔監視しながらピリピリしてる感じ。
以前はいいように利用できるとあって、嫌でも書かせてたのに、今は時として邪魔してくる。

・何か書いた直後に地震が起きる、(昨晩の新潟)
・振り向いた瞬間にテレビのリポーターが思考停止して言葉に詰まる、(11:25ごろのTBS生番組)
妖術を仕掛けているのもこうした手合いと思われる。

俺が何かするたびに、威嚇するため、疫病神に仕立てるため、テロ行為を続ける。
おそらく老齢の、しきたりとかで動く連中っぽいが(諸外国便乗?)、立派に「テロリズム」であろう。

誰かが気に入らない、暴力、武力、言うことを聞かせる。これを「テロ」といいますね。


連座、合議、
互いを高めあう、互いに好影響となる、

…といったアクションとは対照的。

そこに、右左、新旧、などはあまり関係ないと思う。
ただ、いまやるべきことを合理的に見出そうとしない、意固地で盲目なアクションには閉口する。

それは、「真のイノベーション」の阻害要因でしかない。
だが彼らを武力排除すれば彼らと同じになってしまう。


(見積依頼)
おれを、テロルによって武力排除、弱体化することで、本当に利益が出ているのか。
おれを、武力排除、弱体化しないことで、本当に利益がなくなるのか。

同様に

上記のテロルを、アンチテロルによって武力排除、弱体化することで、本当に利益が出ているのか。
上記のテロルを、武力排除、弱体化しないことで、本当に利益がなくなるのか。

/11

きっこ、アクセスあり。たまにくるよねあの人。


体を動かす時の疲労がおかしい。リンパ網を襲うビリビリ感。
ついに自宅も、放射線かそれに近い強力な電磁波が打ち込まれるようになったのか、などと。
風邪だから弱っただけなのか、弱ったから風邪になったのか。腎虚だとしたらもうアウトだ。

ろくでもねえ時代だ。
来月生きてるだろうか、再来月は。生きる意味すら見えない中で。人に利用されるだけされて、何も手元に残らなかった。

 ◇

誰も、
組織的追い込み虐待の実態はいくら訴えても興味示さず、危機感を覚えず、
でも、
おれが外を歩けば3割くらいの人間達が「ああ、あの人、悪い人、自分勝手な」などと、悪評の部分ばかり覚えが良くて、いわゆる偏見に満ちている。

洗脳、マインドコントロール、こんなに深刻に普及してたのはいつ からだ。

誰に襲い掛かるかわからない追い込みは無視できて、
法治国家の警察司法制度は無視し、ナアナアの感覚的なテレパシー思考で「あーどうせあいつは悪人だし」と、
会ったこともない人が「私刑」で暗殺されることを納得してしまう。

仕掛ける側、
政府の一部、裏社会の一部、そういう奴らはよほどこのシステムに自信があるのだろう、余裕たっぷりの笑みだ。
ま、以前ほどではないけどね、不審に思う人々がテレパシーを無視し出してるし。


しっかし運気とは総合的に引いてゆくものだなあ。
健康も金も何もかも。やつらはおれがやりだしたアルバイトを片っ端から潰しにかかる。また食い扶持を失った。(この勢いに乗じて死ねたらどんなに楽だろ う。)
その根拠が、空気、テレパシー、だもの。空気とはテレパシーとは、そんなに偉いのか、絶対なのか。

物騒な人物だというならとっとと毒でも盛れば良いのに、やれ「復讐」だのといった言葉を持ち出して虐待を長期化する本末転倒。
それくらい余裕があるなら別に放置でも良いじゃん。ただの私恨で 国中を巻き込むなよギャングどもが。

 ◇

よく似ている。似てくる。

先週の「その時歴史が動いた
イタイイタイ病訴訟勝訴までの経緯。

・大企業に勝てるわけがないという尻込み、実際それまで公害訴訟に勝訴例無し
・膨大な科学的分析を押し付けてくる(難癖)被告側の大企業

まったく

・集団ストーカー
・電磁波攻撃被害

と同じ。悪党というのは、その性質は、いつの時代にも不変なのだろう。
所属も、規模も、やることなすことも。


新人弁護士たちのボランティアで、自治体の好意で義援金を受けながらの勝利。
つまり、いまおれがヒーヒー言わされてる不可視的被害も、同様にして、スピーディーに勝ち進むしかないと。

・膨大な科学的立証の無限要求を跳ね除け(集団洗脳の技術的立証、開発元や行使者の特定など)
・何によって、多数の市民が犠牲になっているかの立証だけで済ませる(洗脳テレパシーとしか言いようのない現象で、これだけの被害者が出ているじゃない か、と)


訴えは、
大声に出して、
公に訴えなくては意味がない。

リンチ私刑、
こっそり、
悪い噂が飛んでるから痛めつけて良いんだ、
そういう流れをなんとなく支持してしまうのは、イタイイタイ病被告側企業を支持しているのと同じことだ。
だが、新宿丸の内だろうが宇都宮に甲府に、地域問わずそういうのが洗脳的蔓延している。

洗脳電波が流され、「ドラえもんが憎い」という信号が流されれば、みなが憎むようになるシステム。

・おれがきちんと解放され、邪魔立てなく社会適合できる
・罪があれば公で裁かれる、手柄があればきちんと恩賞を受ける

これなくして、秘密諜報で社会追放暗殺を受ける被害者は後を絶たない。
いつでもこの4年間のおれは、秘密裏に、隠され、脅され、利用されつつ、葬られようとしていた。


今も「余計なことを言うな」とテレパシーしてきたり、頭を締め付けたりしてリモートに邪魔してくる工作員達。
隣近所にいて、テレパシー越しに無断侵入してくるそれこそが、”公害”の元凶たち、組織集団なのだ。

公害病の原告団を勇気付けた言葉も、普段おれが口にしてることだ。

・「負ければ非難轟々、地元にもいられなくなる。だが、触っただけで骨が砕ける病の悲惨さを子供たちの世代まで引き継がせてはいけない」

急務。

・被害者一堂の集結
・原告団結成、スピード勝訴


頼む日本よ、
おれにこれ以上呆れさせないでくれ、
変に前時代な論理でおれを論破し潰そうとしないでくれ。
妻子を持てる、もっと隅々まで平穏な国になってくれ。裏表の激しいのはもうやめてくれ。

おれが自殺すれば、
それは日本の自殺。
人類としての理知的進化を捨て、甘えた財閥官憲の発想が時代退行(ファッショ弾圧)を推進する、不器用な鎖国の国。

 ◇

午後、某神社。
支配者への反感や文句、言った瞬間に突風が暴れ狂う。治まり、文句言うとまた荒れ狂う。
(どうせ嘘だと思われる。しかし第三者に嘘か本当かわからなくても見たままに書くのがこの日記。)

気象が人為で自在に操られる。


15:30、ベルク蓮田。
ひしめく客のうち、部落顔ばかりが過剰反応し、磁石に吸い寄せられるように突進してくる。カゴを取ろう、そこへ突っ込んでくるジジイ。
牛乳を取ろう、そこには誰一人いなかったのに、棚に近づいた瞬間にワラワラと集まる集まる、みな部落顔のジジババのみ。
「へへへーでさーははっは」威圧的、嫌な気配を放ちながら近づいてくる老夫婦、うまくこちらを気配で蹂躙できず諦めたように去ってゆく。
店を出る。さっきカゴのときに突っ込んできたジジイが据わった目でやってきて、また自転車でこっちへ突っ込むそぶりを見せる。

人々が人為で自在に操られる。

操られる、チープなデジタル世界。公平な乱数のない、支配者が定める定数値だけの国。


つまり、狭い島国での下らん内戦に付き合わされたわけだ、この4年間。どっちが天下を取るかという程度の。
外敵侵略とか宇宙人とかどうでもよかった。仕組む側にはその程度のことだった。
嗚呼バカらしい、勝手にやってろ。太平洋戦争の雰囲気の続きをやりたがるあほ老人どもめ。
お前らが自分の過去の栄光オナニー同人軍国もどき活動をやるがために、将来の子供たちはなんら変革の進まぬ借金だらけの国を背負わされるんだ。
勝ち負けなんて興味ねえんだよ。北朝南朝が知ったことか。現実的な未来を背負うのは、過去の遺物じゃねえよ。たまたま生まれちゃった子供たちだ。


「あやかしあやし」を、あんなどこの若者も理解できず共感できないものに仕上げたのが、こういう奴らだ。
サムライ7、チャンプルー、いろはにほへと、るろうに剣心にすら及ばない、ただの老人オナニー。

彼らは痛みを知らない。他人の子とみれば平気で追い込む。=殺している。

・痛みを知る国
・謙虚に学び、変える国

ぜんぜん伝統踏襲ではないが、そういう率直な国にしてゆきたいというのが、おれのマニュフェストだな。
若手は刃を振り回せるほど完成してないしものも知らず、
老世代は懐古と権威ふりかざしばかりで変革には不適で。

あれもこれも変えて、かつ変えた喜びをかみ締めさせる。
ブックオフ社長の手腕を真似するしかないようだ。


ヤンキー先生は、補完要素としては有効。
でもヤンキーやチンピラが世の中を隅々まで仕切ったら、
元々がいい加減で、何でも威圧で強引にやらせて、統制もへったくれもないので、
いずれいい加減なオペレーションばかりひしめくようになって、自壊し、追い出される。
「チームブルーの末期」みたいなもんだ。

身分、職業、もともとがプロが仕切ってこそ世の中は成り立つ。
閉塞感はスパイスで補完すればよいのであり、スパイスが主役と勘違いしてはいけない。
同時に、プロさえいればスパイスは不要と意気込むようでもダメなのだ。

モノは使いよう。
ゴロツキとて、ビジネスセンス、経営手腕は必須。世の中へ飛び込むなら。それはいまどきのITとかのやっさんを見ればわかる。


…ああ、まだこの仮想世界で生きてゆかねばならんのだな。嫌だなあ。

ある種の人種には非常に付き合いにくい、ファシストがむこうから襲いかかってくる国になってしまった。

 ◇

夜になると、延髄付近を刺激し腫れ痺れさせる作用の電磁波攻撃。
水道管を伝うような経路。体感調査で明確にわかる。
アパート内部でこれを仕掛けるのは202のチンピラ岩田くらいだが、施設外から遠隔操作できる機械かもしれない。
マッチポンプの片割れをしてそうなのが、南向かいの日新グリーンハウス、203付近。

NHK大河「風林火山」ではちょうど、信虎追放劇。
おれのニックネームは虎だし、日々の電磁波攻撃でろれつも怪しいし、追放される側というあてつけか。

ここは処刑場だ。何度か書いたが。
この記事を見かけたのか、103は慌てて引っ越していった。うむ、そのほうが良い。

政府はおれを追い込むと同時に遠隔操作で利用してきた。ということは、政府に逆らってまでおれに手出しは出来ないはずだ。
むしろ政府筋もかんでおれを廃人にしようとしている、というのが自然な結論だ。あのバカアホメガネザル岩田も公安かもしれない。
拷問が結構に細かいのだ。影のブレインと矢面の的をやらせてた時は、頭脳を潰すようなことはしなかった。
だが今は、鬱陶しいとかなんとか罵りながら心身とも潰そうとしている。

心身にかかる負荷は月を追うごとに重くなっている。夏まで持つだろうか、もっても割にあわなそうだ。

いっそおれが呪い殺されるなら、加害した連中も皆呪い返してやりたいが。必ず相手にしたのと同じ苦しみを負うのがわかってても暗殺する奴は本物だ。
今や自分はなんの痛みも知らず、イジメの要領で済まそうなどというヘタレばかりだ。殴って殴られて学んでいた頃の方がずっと大人だった。

 ◇

以下拾い記事。よくできてる。


こういったことを可能たらしめるためにはどうしても『支配権力』といったものを想定せざるを得なくなります。
日本を支配する権力は何かを考えてみると集団ストーカーの外郭が浮上してくる気がしてなりません。

自分なりに思うことは、集団ストーカー活動は階層化していて、集団ストーカー活動がなんであるかを十分に解っている少数の階層とその人的ネットワーク、何 も知らない大多数の一般の階層という図式であろうと睨んでいます。
何も知らない大多数の一般の階層は、表向きのもっともらしい建前、大義名分によって唆されお先棒担ぎをさせられているものと考えています。
つまり集団ストーカー活動とは、何も知らない一般大衆を唆して扇動する組織犯罪であるということでしょうか。

ここで集団ストーカーの性質をいくつか挙げておきます。
●集団ストーカー活動には活動の強弱をもたらす周期性がある。
●集団ストーカー活動は常にもっともらしい建前や誰もが反対し得ない事を装ってくる。
●集団ストーカー活動は個人攻撃に対しては有効であっても組織に対しては無効、あるいは無力である
●集団ストーカー活動は常に被害者を悪者に仕立て孤立化させ主観的状況に置きたがる。
●集団ストーカー活動は対象が人的ネットワークを形成し拡大していくことを嫌う。
●集団ストーカー活動は組織的で客観性のあるものを攻撃できない。
●集団ストーカー活動は時の権力者や支配権力階層、豊富な人的ネットワークのある者には絶対に手出しができない。
●集団ストーカー活動には必ずその活動資金とその出所がある。
●集団ストーカー活動は自己を黒幕として安全圏に位置させる一方で、常に他人を唆し操って対象を攻撃させる。
●集団ストーカー活動の実行メンバーは必ず被害者の前に姿を見せるが、当の被害者はそれに気がつくことがない。
●集団ストーカー活動の実行メンバーは脛に傷を持ち弱みを握られた者であると思われる。
●集団ストーカー活動の一連の手口は妄想再現のためのテクニックと言える。
●集団ストーカー活動は昔から存在していたものと考えられる。
●集団ストーカー活動における国内と海外の一致性から、かなり以前に日本国内に持ち込まれてきたものと言える。
●集団ストーカーはその活動実態が世間に知れ渡ることを恐れている。

こういった性質から集団ストーカー活動を抑止していくヒントが見つかるかもしれません。

/12

夜通し、寝てるおれにテレパシー罵倒を投げている工作員達。
テレパシー通信を通じ、どれだ遠方の人間も混じってるのか知らんが、無駄に、すごいエネルギーだ。
前向きには活かさず、こんなことばかりエネルギーを使う。そりゃこの国、真正面には進まんわな。


低家賃住宅は右翼の住処。数年前にだれかが呟いてた。

早朝帰宅、「お前の言ってることは何でも正しいモンなー」と叫びながら部屋に入ってゆく隣の部屋のアベック。
一切他人に絡まないのが普通の人。ネチっこく絡むのはほぼプロの工作員。

その定型句どおりに、おれが言ったことを端的に拾っては世の中に実現させてゆく、あいつら。支配力を有する、組織諜報勢力。
これも一種の嫌がらせだ。分不相応な「完璧な人物」をやらせるのだ。「偉そうだから」というだけの理由で。
彼らは地均しをしている。少しでも周囲と違いいびつに出っ張ってると気に入らない。

免許を取ることも、女を作ることも、全部なにからなにまで強制で、嫌がられて結局は何一つ実現しない。
それが奴らのやり方。ファシズム。スパルタ。押し付け。ノイローゼ、拒絶反応誘発部隊。

「おもしろい、爆笑」、なんだそうだ。

・一見は教育、あいつのため
・実際はただのイタズラ、リンチ、ゲーム画面の向こう

「組織ストーカー」の定番パターン。

年寄りほど騙される。うちの家族も田舎者だから騙されてた、4年前は。
みんな知らず知らずに殺人リンチに加担している。念術で催眠状態になり正気を失い、そこへそそのかされて。

操るか、操られるか。
騙すか、騙されるか。
ねじふせるか、ふせられるか。

のっぴきならない時代になったのだ。



http://blogs.yahoo.co.jp/vanmoon84/29063220.html
木を植えることも信じられないが、伸びっ放しで落ち葉や枯葉はすべて私の庭に落ち る。

これ、今のアパートの北隣の岡田家、
03年に、始めて追跡追回しを受けるようになった西東京市北原町フラワー部落街、アパートの隣、
どっちも同じことをやってた。

隣の家の枯葉をおれに掃除させ、その様子を見ながら「へっなにそうじしてんだ なにうちのにわになげこんでんだ」などと陰口して、とにかく腹立たせる。
腹立ち具合を、むこうはテレパシー経由で増幅できるから、それはもうぶっ殺したいレベルにまで挑発されたが無視。
主人がまた中条静夫顔の(末端公務員に多い)威圧的態度が得意な奴で、「始末してやる」などとテレパシーしてくる。
あすこの婆さんが階段で転んで運ばれたのは恐らく、敵対勢力に呪術的に報復されたのだろう。そういうタイミングだった。
202岩田とかが報復を受けないのは、そういう身分保証を維持するくらいに加担してるからだろうか。

知れば知るほど、見れば見るほど、戦争だ。戦争が出来ないもんだから、こんな代理手段で殺し合いをしている。
いわば、ジジイババアのオナニーだ。必要はないのに、昔の軍国への憧れとか、利権維持の言い訳とか、色々混ざってやってるオナニーファシズム。



とにかく、どっかの筋に良いように利用されちゃってる現状を打破せねば。
出来ないなら死んだ方がマシだ。今年で変わらんものが5年10年先で変わるはずもない。
なぜなら、ギャングはハイエナは、カモを求めるからだ。そして日本はあまりに裏社会が幅を利かせている。

とにかく、根本的にパターンを変える。美味しくない人間にならねば。
いくら政財界に貸しを作ってもなんの見返りもこない身元保証もない、
だったらケジメの上で何もしてやらないほうが良いと。たとえ一銭も欲しくはなくても。


新しさを自称する排他カルト(技術が、表面の飾りがすごいだけ。
その対極だがやはり排他カルト(芯はインパクトはあるが、新しい外見にかなわない。

前者が伸ばそうと、古い連中と同じく独占排他独裁を達成しようともがいているが、
新しいなりに他の点がダサいので、達成できないでいる。

所詮日本は農業漁業の島国だなあと、傍から見ていて思う。ケチ、ダサい、高潔ではない、だからこういうことをやっても成功しない。
大体がどっちも日本人離れしたカルトだもの。しかめっつらしてファシズムやったってそりゃ、成功しないよ。

民意を無視すると睨まれる、
民意なんて途方もないものをまともに相手にすれば潰れる、

世界中で答えは出てる。あとは賢いやり方をタマタマ編み出すくらいしかないのにね。
支配3流国。


まあ後塵からすると、ずっと外野にいて見てるだけで、やっと触れた、という思いがあったりしてさ。
でも、それだけじゃダメだろ。生み出す価値に魅力が薄い、前任に及ばないようでは。
まず金、金!権力、権力!みたいにみえるし。おれら無償で頑張る職人気質だし。

「勝ったーーーーーー!」と叫ぶキリヤ君をみて響鬼見るのやめた人多いよ。

 ◇

いやでも手伝わせてた時代から、
やりたくても追い出す時代へ、

逆風が吹いている。

その二項対立は、浅ましい精神性による、利権抗争である。世界を魔法で操る、その利権に基づいた。
ばかばかしくてこっちから願い下げだ。

殺せといってもやらない。自殺か病死か、ようは偶発を装う狡猾な手口を遵守する。
この辺のポータルサイトが口を揃えて説明している通りだ。

おれは、本質的な改革、改善、革命が、あると思ったから、ある種騙されたから、我慢していた。
でも結局は、あさましいギャング性の商売っ気が幅を利かせてた。


こんな処刑場牢獄のアパートの出る財力も余力もない。はやく死にたい。できるだけ近所の工作員全員を道連れで呪い殺してな、スカイハイじゃないけど。

 ◇

東京都板橋区の私立女子高の2人の女子生徒が一緒に首吊り自殺を図った。
1人が死亡し、もう1人は軽傷で発見された。遺書には「生活に何の不満もない。身 勝手を許してください」などと書いてあったといい、
東京・高島平署はJ-CASTニュースに対し、「自殺理由が簡単にわかるような事 件ではない」などと話すなど全く持って不可解な自殺だ。

成績がよく、クラブ活動もしていて、イジメもなし
トップクラスの高校に入って、入ったら輝かしい未来が開けると思っていたら、平坦 な道が広がっているだけ。優秀とされる男子校、女子校は特に、異性との交 流も無く、ただつまらないだけと退学する生徒も多い。一方で、不満が無く平坦であるがゆえに悲劇のヒロインに憧れる。

おれとは好対照の道だな。辿る最期は同じだけど。

・エリート過ぎて、束縛が多すぎて、嫌になり、自殺
・はみ出し者、国家に弾圧され、自殺強要される

まあそれだけ、エリートだろうが、はみ出し者だろうが、硬直閉塞の日本を見限る人は多いってことだ。
人口多いし、毎年3万自殺しても困らないし、別に良いよ、とか言われちゃうし。

殺傷電磁波の恐怖。神経が壊れてゆく。内臓が機能低下してゆく。ストレスで精神が壊れてゆく。
働く先は根回しで潰され、遊ぶ金もない。行く所がなく、処刑場の自宅にいるしかない。力が入らない。意識がハッキリしない。元気がない。

オレに近寄ってくるのは目先の金目当ての人間ばかり。
善意、厚意、温情、そういうものはなく、こちらから振舞っても無視された。一番嫌な孤独。

http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2007/03/post_6652.html
http://www.youtube.com/watch?v=YcJfY3e6E6w

 ◇

http://alexsea.exblog.jp/4906208/
この中毒症状が大きな社会問題になるのも、もう時間の問題なんじゃないかな。

ロボットアニメの主人公声優からMSワード開発エンジニアになった人。

現実であるはずの今見えている世界の、どうにも都合よすぎる展開に、オンラインゲーム性を感じるのも無理な話ではない。
自分の中に闇人格がインストールされ、その闇人格がテレパシーを通じ、魔法を使って世界運命を動かす。
「こんな奴に出口を教えてやる義理はねえ」と言い放った工作員も居た。

でも、やっぱ、現実をゲームにするのは程々にしようぜ。無関係からいきなり引っ張り込まれた身としてはもううんざりだ。

 ◇

http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html#12-1
ということで。


アクセス解析。日時 ホスト名 アクセス先
リンク元。
2007/03/12(月) 15:13:54    gw.heibonsha.co.jp    stw     
http://72.14.235.104/search?q=cache:M6C5DUTADkAJ:f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/archives/cat34/index.html+%E9%9B%86%E5%9B%A3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%80%80%E6%AF%92&hl=ja&ct=clnk&cd=162&gl=jp

最近たまに平凡社さんから来るね。取材中なのか?
あと茨城県と結城市からも来るね。立川市議と3点セットだな。


下校の小学生が近づくにつれ騒ぎ出し、こっちも段々嫌な気分になり、「うわあ」と唸りながら通過してゆく。
つまり、おれか、部屋に照射されてる電磁波か、どちらかを不快に感じているということ。

この状態でむこうに気を取られるとお互いテレパシーな罵りあいが始まってしまう。
これが強制であるところに、どうにも軍事謀略的技術なニオイがしてしまうが、
そこまで勘が働く大人として、なるべくこっちから避ける。

互いに変な気配を避けたがる、つまり、社会追放に悪用されている仕組みでもある。


これはテレパシー関連の参 考映像ケロ ロ軍曹劇場版
この製作元のサンライズにはマメにメールしている。おれの体験記とソックリな内容なのはそういうことだ。
アニメにだって国家的情報操作、教えたり隠したり、そういう事情はあるってことだ。

 ◇

午後にベルク蓮田店。
きのうの異様な気配と人員が嘘のように静かで自然。

でも出かける前に「殺してやろうかな」と殺伐のテレパシーが飛んできて、強い心臓締め付けが。
隣室か、北隣か、西向かいか。絞り込めるが特定は難しい。いつも決まった人員と方向。


/13

なんかよさそうなバイトがあると、研修へ行ったらやっぱり罠が張って あった。
こないだカルト党の議員が汚職で返金どうこうというとこじゃないか、よく考えたら。

「田舎者め ゼッタイ勝てない 人殺しめ 人付き合いも苦手のクセに はよ帰れ」
後ろでブツブツいいながら、ただならぬ威圧の念を仕掛けてくる役所職員。
蓮田市役所福祉課の清野や山崎と言い、こういうのが得意だね役人は。
なんだか、誓約書とか記入するたびに(やんなくていいのに)とテレパシーが来ると思ったよ。
だったら最初から選考で落とせよ。名指しで落選にすれば良いのに。これじゃ嫌がらせじゃないか。

みんな悪魔の細胞になっちゃうんだな。
繋がってるみんなでひとつの生き物で、魔術が使えるの。
人間性を失い、残虐なこともニヤニヤ平気でやるし、机を叩くような威張り散らしが得意になって。

どうにも、官庁のなかで一部の勢力なのかどうか、連携して威圧や嫌がらせを仕組むようだ。
嫌われてるなあ、つくづく。だけど警察官とかからは威圧は感じないし、どういう系統が敵性なんだろう。
その役場を離れ、都心部へ繰り出すと、波長の合う気配で満ちていてむしろ元気が出る。
最近は親方職人連中の方が、手配書でも回ってるのか、おれを見かければ敵視し威圧してくることが多い。

きょうの役所職員でオレを本気で怒らせたのはひとつだけ。
(おまえらが弟をふたりも殺したんだろうが)
という反論は欠かさないようにしている。
ここで奴らは二通りの反応をする。

・へへえ、ええ?んでさ、とすっとぼける
・だからなんだと開き直って笑う

前者だったが、ぶっころしてやろうかとおもった。国策で殺された弟たちが、一笑に付された。
半殺しにされている俺の日常とて同じ。やつらは平気で笑う。

こんな、二面性の悪魔が巣くう日本などつぶれてしまえ。おれは怒った。
追い出すだけ追い出して稼がせず教授させず、おれからは何もかも吸い出してむさぼり、

なんてふてえ泥棒国家だ。税金だって比較的マジメに払ってきてたのに。国家規模で追い込まれて職を失うまでは。


自己責任のホリエモンの大もうけはまだしも、「政治資金」という名前のワイロを平 気にポッポへ入れている一部の政治家。金属ドロは「おれだって」という気分になる。
 その揚げ句、闇屋のような風ぼうの某大臣が「507万円の光熱水費を計上したの はナントカ還元水をつけているし、暖房も含まれているからだ」と平気で抗弁する。政治資金の使い道を、ありもしない「ナントカ還元水」のセイにする。

 あんな言い訳、犯罪じゃないの?と笑いながら金属ドロが「おれたちもせっせと小 遣い稼ぎ」。長い間、放置された「政界の無法」が、金属ドロを助長している。(専門編集委員)
毎日新聞 2007年3月13日 13時49分

ニュアンスだけ、共感できる。さすがに盗みは感心しないけど。
”テレパシーでの情報疎通”を盗みというかという議論は割愛。宮崎駿も富野喜幸もみな泥棒になるのかという壮大な論議に…

 ◇

テレパシー越しの”おれに対するニーズ”はほぼ全部なくなったような感じ。
悪に利用されることもないし、安堵材料ではある。死んだら代えがきかない人材が一番厄介でしょ。
組織悪はおれを「つかいものにならねえ」とまで言い切った。
テレパシーがうるさくて邪魔だから日中ずっと寝てろという。近所の工作員を通じて。

別に今は、いわれのないことまで混ざって言いがかりされまくって追い込まれて死んだっていい。
重責が一番嫌だ。いわれのないことまで混ざって言いがかりされまくって追い込まれて死ぬ際にまで重責があるのだけは。
無知で偏見で嫌がらせしてきて腹立たしい官民を、背負わなきゃいけないのと、まったく感知しなくて良いのと、という。

すくなくともおれというネタ元と切り離された世界よ、どう動く?
後釜のネタ奴隷の下でか?

もーおれは知らん。なんもかんも知らん。おれに牙向けるやつらでよろしくやっとくれ。
仲良く和合したいだけなのに、そういうのは一切実現しなかったなあ。

いつもどおり赤坂日枝の帰りに国会前の太鼓叩きの日蓮僧を見ながら、
上野のホームレスに衣類をあげてきた。数年前と違い堂々とバラック建ててないのね。石原強引路線のせいかなあ。
しかもキリスト教が集会開いてみんな聞いてる。メシもらえるのかなあ。
ベンチにいるおっちゃんに渡してきた。おれにはやっぱこっちのほうがマッチするわ。
上から高圧的な要求ばかりで、都合よく利用して使い捨てて、今やおれの身は散々だ。いつ衝動自殺するかという話。
カルト与党のせいばかりじゃない。元々役人は悪魔性を帯びてるんだ。現場によこしてくる”実行部隊の裏社会”と本質は一緒。


世捨て人、というのは違う。
世見捨て人、だ。捨てる価値もない、その強引なファッショぶりに呆れたから見捨てるんだ。
今の日本はおれに言わせれば日本じゃない。出られないならはやく死にたい。

まともな企業からフェアな案件を打診されたら、考えようか。
まずないだろうな、暴だの官だのに体よく利用されてた付属物みたいな人間じゃ。
今の日本、尽くし甲斐のある人物も組織も存在しない。

 ◇

きのうenjapanに釣り案件投げてきた会社。

★勤務曜日      3月16日までの任意のお日にちでお仕事出来ます
★勤務時間     9:30〜18:00までの任意のお時間でお仕事できます。(作業時間は4hほどです)お昼休みは11:45〜12:45になります
★契約期間     1日(作業時間は4時間程度です)
★仕事内容    
■CGIシステム構築のお仕事です。
■一部分のみの作業になりますので、作業時間予定は4h程度です。
活かせる経験・スキル
■HP作成のご経験 ■システム構築のご経験
★応募資格・条件     ■システム構築のご経験をお持ちである事

なんじゃこりゃ。どうみてもネタなのだが一応話し合わせてみたら。


>2 このフォームメールCGIは
>>
>> ・自作、オリジナル です。


とありますが、


>> 今回のカスタマイズにあたって、
>>
>> ・なぜ外部に依頼を出したのか。→CGIが不得手との事です。


と矛盾しています。

PerlCGIを自作した方と、不得手な方は別なのでしょうか。
別ならばなぜそのCGI作った方にお願いしないのでしょうか。

「4時間で出来る」と見積もった方は、詳しい方なんでしょうか。
SE的見地で、どうしてその解が出てきたのか不可解なのですが。

応募して10分で電話かかってきたし。あれは待ち構えてたね。今までなかったものそんなの。
こういう罠案件、少なくないんだよね。浜松町の偽IT企業(たぶん囮広告専門)とかさ。ナンバーポータビリティ開発ってなんじゃそりゃ。
えらいむかつく。安くない広告費だしてまで嫌がらせする根性ってどういうんだ?
先週の東芝オフィスメイトだってそうだ。今日電話してきて「まだ担当者が迷ってまして」ありあるかよ急募で月末までの案件なのに。

詐欺だらけ、嘘だらけ、まるで舞浜サーバーだなここは。

 ◇

疲れた。
でも疲れても疲れてもなお、自宅に対しての国家工作による(下請けの右傾工作員による)電磁波攻撃での疲労は重なってゆく。

与党側は利用価値を失うととっとと捨てやがった。後ろ楯がなくなり攻撃に遠慮がなくなった。
野党側は最初から無視している。というか、守る術や権力がないのか。たぶん両方だな。
大和田でおれを大声の威圧で強襲したのは共産党の家の爺工作員だった。敵視されてんのかもな。

そこそこ住み良い、民主的で自由な日本は20世紀に終わり、
21世紀は尾行と嫌がらせと職場つぶしと家族暗殺のイラク以下の国になってた。

明日いきなり全土が廃墟になったらきっと、安堵するだろう。
あのオレを苦しめ家族を暗殺した支配はもうない、と。失うものなどなかったし、解放感の方が大きかろう。
富も権力も最悪に働いて襲い掛かっただけだった。



/14

昨晩のバイトは比較的ましだった。
いつもどおり右な、意図してやってくる輩も数名はいたけども、「今日で最後 そこにいる敵を蹴っ飛ばしたい」などと自動的に言うけれども、
作業自体は黙々と体を動かして集中できるし、彼らもまじめに働くし。
威圧気配に悩まされたって、むこうもこっちの気配やテレパシー垂れ流しに困らされる。あいこ。

都心部の現場だと交通の便が良いせいか、ヒネたのがたくさん送り込まれるからダメだな。最近は大外ればっかりだ。
一見、不良とかワルとかやっさんとかじゃないけど、やさぐれ慣れてる、器用に威嚇や嫌がらせをする、という。
サボタージュ部隊がきちゃうと作業進捗が壊滅するんだよね。参加してていやになる。

岩槻のポスティングはいけなくなってしまった。事務所の社員、すごく嫌そうで、自転車で通せんぼして、「もう来るな!」っていう感じだったしな。
組織工作に巻き込まれればどんな企業も個人もこうなる。当然だ。


なんというか、正念場の演出だな。囚われの黒田勘兵衛のようでもある。

今年はかつてほど強引に利用もされないし、強引で強権な追い風があるわけでもなく、
むしろ現在仕切ってる連中からは、邪魔だとか古いとかもうくんなとか言われてる。

追い込まれるだけ追い込まれて、進むしかない状況にあって。進んでダメだったら自刃するしか、という。
篭城幽閉で無為に時が流れる、というのからはスイッチしたようだ。
さて、夏までににぼしになってないといいが。

しかしあの世で弟二人も待ってるしなあ。
いやむしろ兄貴は来るなと言いそうだなあいつらは。
いや案外、フォースとなって纏わりついて、呪いをかけたり文句言ったりしてるのかも。
霊魂ってあんがい、情報操作や扇動に乗せられやすそうな気がするし。神話の中の神とかって、一端思い込んだら酷いじゃない。


/15

きょうの組織的尾行側の定型句は「深い考えも無しに突っ走るから」
尾行の全員が、こう切り出して追尾してきた。

大宮ソニックシティで、背後にまとわりついてきたスーツ二人(ビジネスマン風だが、サクラ、尾行の類っぽい)
さりげないがしつっこくつきまとう。こっちが立ち止まれば立ち止まり、寂れた方向へ行くのにそっちへ行こうとする。
ビジネスマンがそっちへ行って何をするんだ、バスも電車もないのに。

東大宮ドイトにやってきた、真っ黒な上下のゴロツキ風兄貴二人。
職人面でもないのにそんなものを手にとって眺めるふりをしてどうする。なんで工具見てたのにいきなり次がステーなんだよ支離滅裂な。

都心部も、大宮都心も、ものすごい威圧で心臓や神経がパニックになるし。
つまりそういう電磁波とか念術の類が、一種の尾行として”セッティング”されてるわけで。


20:30ごろ、閉店間際の長崎屋へ。
道中からして気配が良くない。低俗な連中が付近に集まっているのか。
店の中でも”テレパシーネット”を通じていつもと同じ電源脅迫が繰り返される。「いつ死ぬんだ」心臓を威圧する念の気配もしてくる。
インターネットのメールと同じ。いつでもどこでもおなじのが送られてくる。つまり店内に右寄り、ワル系の工作員が来てる。

帰途でそれは裏付けられた。コンビニ前に柄の悪い中学生だか高校生が集結して、集団で面妖な気配を放っている。
奴らはみんなそうだ。悪党は頭の悪い人間を利用し、「徒党で最強の悪魔」を作り出す。
固体は細胞となる。セリフすら用意されたものしかしゃべれなくなる。実に精密に操られる。
奴らの気配に乗せられて、とんでもなく下手な運転をしてしまい、事故になるところだった。

その一味か、中年女二人。ニヤニヤしながら「わかってるんだよ、社長しかもうからないてやっと気付いた」
つまり、これのことを言ってる。ばから しくてやめたこれのことを。
さっき書いたことを、もう組織の皆がテレパシー越しに知ってる。

大宮大成のミニストップのあんちゃん店員も変だった。操られて変なのか、送り込まれた工作員なのか、あごを突き出し偉そうにニヤニヤしている。古くせえと かなんとかバカにした言葉を吐く。
音楽などかかってない店内で、かかってる音楽がどうとか。
ソニックシティの帰りだから、公安系統の工作員が追いついてきてたのかも。


つくづく、「気配で操るか、乗り切るか、」の時代となった。
人の意思が、生物を、運命さえ操る。対処法を学び、強くなるしかない。
「悪魔の集団」に混じり細胞となれば一見強くなるが、単体としてはむしろバカで無能になって行く。

83会とかいう小泉チルドレンたちも、面妖な気配を放っていた時期があったという。
世も末、なんとかしないと人間は人間とは呼べなくなる。魔術師を抱える悪党ギルドの天下になってしまう。


(大損だ)などとテレパシー伝言を送ってくるあいつら。
しぬしぬ詐欺、とかいうのでネットサクラ部隊が騒いでたが、
そんそん詐欺、というのは悪党の常套手段じゃなかったっけ。

人の承認も得ずにザルだか緻密だかもわからん投資を投資と呼べるものか。

 ◇

アルバイトもほぼ応募すれば、
工作の入り込んだ、もしくは
最初から仕組まれた、案件ばかりだし。

見かけは、敵味方が展開しているように見える。裏側でどう繋がったりしているかは勘ぐるしかない。


こんな秘密諜報なんぞ時代遅れにしてくれる。
じゃなきゃ家族を葬られたことが見合わない。それは決して感情論でも怖い仕切りでもなくて。
ひっかきまわされるくらいなら、してやる。


【安倍内閣メールマガジン 第21号】更生する少年たちの心 (2007/03/15)

きょうの官邸メルマガはたまたま、少年院の更生がどうとか言う話題だったが、
おれのこの4年間の無茶苦茶な扱いを、
「組織ストーカー 追い込み」だの
「電磁波照射被害」だの

こういうものを更生、教育、などと言われてはたまらない。
ナチスの虐殺は教育だった、と言ってるようなものだから。
行政だの軍事警察には、なるべくそういう言葉を積極使用して欲しくはない。

身近なところでは、今更のようにこないだ話題になった「戸塚ヨットスクール」の代表。
あれに共感できた人がどれだけいるだろうか。


国家がらみの「組織ストーカー」に、人権無視、玩具同等、虐待の扱いを受けているならば、
利用されるくらいなら、する、
やばい相手ならじぶんがやばくなる、

逆転反転の発想を持ち、実践することを勧める。
小泉はおれの真似でもしたのかシンクタンク作って20億集めた。そういう風になればいい。無視できない人材になれば。

 ◇

おかしいとは思わないか。

みな裁くこと、追い込むこと、
罵り、嫌がらせること、

そんなネガなことばっかり躍起になってる。
悪魔に操られ、ラジコンのような、細胞のような、無個性な存 在と成り果てて。

褒める、世話する、支えあう、

舞い降りる天使のようにポジだけやった方が、本質的精神的に、世の中は良くなる。
実は経済などソコソコであればどうでもよく、みなが明るく無理なく生活できるようにはなる。

その逆をやっている。イジメが計画的生産され、何も解決せず既得権益のお偉いさんが優遇されるような世の中作りを。

バカだなあ。どんなに悪魔に操られ一見おりこうなことをやってるようでも、バカだなあ。
ちったあ自分の頭で考えろよ。

 ◇

(分析)

たまにはみといてねリンク集。
体験記ばかりになると初心者の理解が見込めないので。理解者が増えないとこの社会はセクト(カルト)によって終わります。

2つめと 3つめ
ぼやきと日記

BBSと画像 とウェブログ

スレッド 1
スレッド 2
サクラ(工作員)しかいないけど事情はわかる

検 索1 集団ストーカー
検 索2 組織ストーカー
検 索3 電磁波被害
検 索4 思考盗聴

私にとっては3年の付き合いで古典的なキーワード。
検索結果を見ると、相変わらず加害側工作員の胡散臭い自演サイトが散発、上位に食い込んでいる。
というより、検索上位になるには結局はカネや影響力なのだよね。本当の被害者は個人だからね。


/16



/17

追い込みの激化。

これまでと違うのは、完全に見限り、畳み掛けてきてるということ。
電磁波攻撃の内容も、腎臓が弱る攻撃。力が入らない。体温維持すら出来ない。
自宅アパートだと、隣の村田かその上の岩田か、そのへんの仕業だろうが、警察に突き出せないんじゃ推察など無意味。

弱音を吐くのも飽きた。なぜここに書いてるのか、意味を考えるのもバカらしい。

色々書きたいけれど、今は余裕がない。余裕がないまま死ねそうで死ねないのが辛い。その意味でおれは強すぎる。


BIG-Aで絡んできた公安筋の百姓ジジイ。
腎臓衰弱のおれ以外が寒い寒いなどと騒ぐはずがない。みなは車で来てるんだし。
ずっと背後に付きまとい、「おおさむい、あーさむい、いやさむいなあ」と楽しそうにバカにした声で繰り返している。
完全にバカにされている。舐められている。弱り目と思ってこの野郎。
と、やつが車で幹線道に出ようとしたところを、職人かゴロツキ風の日産キャラバンに道をふさがれてたじろいでた。ざまみろ。

若くして、団塊定年組みの艶々老人達より老けて元気のないおれ。朽ちた体に泣き叫んだグリフィスそのものだな。

コベルコパーソネルの単発バイトに応募、登録へ出向く。
一昨年末の日産スタジアムと「同じ」パターン、ホテルに寝泊りして、会場内PCの簡単なサポート。
「同じ」、な時点でもう罠っぽい。あのときがどう見ても公明筋だったから、今回も同じだろうな。念術の威圧攻撃により30分で追い出されたっけ。

長期もどうですかといって案件を話してくるが、文科省配下の発明協会でまとめ役だのなんだのと、
いきなり意味不明に「では、ふつうのお仕事主体で生活されたいんですね?」

ようするに、おれがブログで色々発案して、泥棒国家日本にただ働きでアイデア提供するのを継続しろという間接的な伝言なのだ。
案件に具体性がなく、かつ伝言に最適化されてる。
またもコーディネイターは「ITのこと全然わかんないですけど」と平気で言う。そんな派遣会社の内勤がいるわけねえだろ。
「安倍」という苗字の時点でクサイとおもってた。政治家の姓名か、顔のソックリさんご登場は大体が、国家工作がらみだ。
前日のコンクリ運びのバイトの依頼は福田だったから元官房長官だし。

せっかく腎臓衰弱までいったんだ。
どこへ出向いてもやくざのベンツが待ち構えて、目の据わったおっさんがチラチラ見てくるようにまでなった。
はやくとどめをさして弟達の所へ送ってくれ。これ以上おれにそれ以外のことで構うな。

詐欺師でも悪党でも、なんとでも祭り上げるがいいさ。
そのデタラメが大半のやり方で、日本はどんどん悪魔に飲まれてゆく。
金と権力が全て、そのためなら人殺しも厭わない。長期間追い込んで苦しめるのは人殺しと同じだ。しかもそれがビジネスならば守銭奴の悪魔。


きのう。大宮駅の雑踏、おれの気配で周囲がどう変わるかを観察。
中年スーツ組みグループ。「あれ、悲しくなってきちゃった?へへへ」「おー困ってる困ってる。ははは」
定番どおりだ。テレパシー越しに「おれの心情の実況」 をはじめて嫌な思いをさせ、嫌になればなるほど小躍りして喜ぶ。
酔っ払いの老人グループ。おれの気配を感じてしばらくすると「おーーい!名前は知らないけど!名前は知らないけど!」えらく楽しそうだ。

完成間近の大宮DOM内部の建築バイト。この手の右寄りな職人達はまずおれを嫌がらせしかしない。やくざワル系統とでも言うのか、みな心が繋がっている。
とにかく、囃す。バカ騒ぎする。おれの頭を混乱させる。また騒ぐ。
教育などという前向きなものではない。潰し、追い込みだ。相手が弱ろうが参ろうが喜ぶだけ。

きょうの日本橋。
コベルコの前で、まちかまえてたのかカルト信者風のオバチャン通過「いや、生き延びさせてるってだけで、散々でも知らないから」
立川ビッグカメラ。店内にいた高校生?グループ。いきなりおれの思考内容を読み上げる(心情実況)。むこうもいきなりでビックリしたらしく「・・・?なに このオッサ ン??」
それくらいおれの脳波が強く垂れ流しにされてる、道理で目が回ると思った。組織諜報の工作員は、念術により「人体の遠隔操作」を可能としているから。

最も心配なのは、若い世代ほどテレパシーに依存し、融合し、違和感を抱いてないことだ。ヘラヘラ危機感なく受け入れてる。
命じられるままに残忍にイジメ倒し、操られ、洗脳される。警戒心の薄い、若者の姿そのものだ。
世代が進むほど、強い自我はなくなり、電波に依存した弱い主体人格になってゆく。過労死や自殺にまで従順なのはそういうことだろう。

おそろしい。電波洗脳で夢遊病のような市民と、
おなじく洗脳で悪魔の使いになってしまった支配層の連中。生意気な民を追い込むビジネスとは恐れ入る。
誰も彼も、洗脳様空気様、だもの。

10年前は、もっとそういうのはカルトだった。世の片隅で気持ち悪い存在だったさ。
いまや民衆がこぞってカルトな異常性を帯び始めた。伝染病のように。


外にいると危ない。今やそれくらい、公共放送や無線電話並みに、やばいテレパシーが飛び交ってる。
情報量(パケット)が飛躍的に多くなってきてる。パニック続きといってよい。Dos攻撃みたいに。
胃が締め付けられ、心臓が止まりそうになり、「いつしぬんだ ころすころすころす!」と激しい勢いでゴロツキからのテレパシーが飛んで来る。
以前は心身をひどく操られるのは自宅とか、たまたま工作員が張り込んでた現場だけだったが、いまやどこででもいきなり攻撃による不調となる。
所詮は無線技術を流用してるので、何か技術的なアップデートがあったのかもしれない。すっかり過ごしづらくなった。

これはつまりそう、百姓国家日本の卑しさ、発展とかいっても、所詮は卑しい、日本の限界を見せられているのだ。
新しくて生意気な若造となれば、潰しにかかる。ここまでやるか普通。最低だ。人殺し泥棒国家。政治5流国。
ひとをさらしものにして喜ばせ、たたかせ、イジメさせ、しかも若い世代ほど躊躇がなく、分別あるはずの年寄りまで一緒になってる始末。

家族の命を返せ。
おれの健康と財産を返せ。
横暴な君主による弾圧、その犠牲者が奪われた全てを返せ。
おれは日本をこんなにした奴らを全員許さない。おれがしぬ瞬間に全員道連れにしてやる。
その気持ちがあれば必ず大物の何人かは道連れ可能だろう、今までの セオリーからすれば。まあいくら人物が倒れても、システムを壊さなきゃ次が立っちゃうから無意味なんだが。

5年も必死で、呑まれたり抗ったり、基本は世の中と庶民に対して、真実を訴える人であったのに。
5年は無駄だった。誰も耳貸さず何も変わらず、ぜんぶおれのせいにして逃げやがった悪党の詐欺師連中。

ものすごいストレスが溜まっている、。気持ち的には富士山が大噴火するくらい大暴れしたくてうずうずしてる。だが爆発させる体力はない。ちきしょう。

/18

たまには概念図でも。
図解の3、4、5を追 加。



長崎屋。閉店間際。

寿司を買いに行こう、などとどこかで思ったが最後、”テレパシー通信”を通じて右傾カルト筋に思考が筒抜けになっている。
案の定、寿司の前にパンチパーマジジイと、ヤンキー崩れ女のペアが、陣取っている。
いつまでも、陣取っている。邪魔で邪魔で仕方がないが、陣取っている。

つまり、確信犯だ。案の定こちらの思考を盗み聞きして、「おいおい邪魔だってよ」「きもちわりいやつ」
人の思考を平然と盗み聞きして、こんな横柄な態度を取るのはこいつら右傾カルトだけだ。サイキック技術の独占的使用。
多くの客がいたが、みな平然とおれを無視している。それが普通なんだよ。
反応してくるのは外見から卑しかったりワルだったり、一癖ある連中だけ。中には待伏せしてた備考要員もいるかも。

このゴロツキペア、まだいつまでも居座ってるし、おれをコソコソ睨みつけている。
で、おれのほうからじゃまそうに見てやるとそそくさと逃げていった。このわざとらしさも、おれに対する故意の挑発だ。

レジの後ろでまた、「きもちわるいね」
このおばはんの場合は、自動的に、強制的に、言わざるを得なかったパターンっぽい。
おれの気配を感じすぎてしまった人々はたまにそうなる。

ビッグサイトでコミケ後片付けのバイトしてきたけど、利用客の女どももやっぱ気配を感じておびえたり、嫌がったり眉をひそめたりはするな。
気配、テレパシー、そういうものは名言や文章化はないけれど、日常的になっている模様。おれからすると別世界だけどな。
ついにはその強烈な気配にバイトの人間達も困っちゃう始末。
こうやって厄介者になるのも、おれの気配をこんなにしやがった右傾カルトの連中の思惑。
自宅で電磁波攻撃、付随する洗脳を受け続けるとこうなる。山奥で何の影響も受けず半月も過ごせばふつうに戻る。

きょうのバイト人数は30名近かったが、やっぱりというか、ゴロツキが二人来てて、やたらおれの近くに近寄ってきた。
このパターンは最近多い。


秋葉原を歩く。涼宮ハルヒのED映像を流す中古PCパーツ屋。
やはり夢でも幻でもない。まるで執権のように、この数年間すべてではないにせよ世の中を動かしたのだ。自分の趣向思考が意図の有無に関わらず世の中で具現 化される現象。
コイツが勝手に割り込んできてやった”悪行”、みたいな調子良い風潮も工作されてはいるが、押し付けでも、ゴリ押しでも、その”成果”は確かにあった。
まあ今物騒なことになってるのもこれと無縁ではなく、下記の通り

「いばったら、物申したら、現場指揮を無理強いして、足を引っ張り、失敗させて、 晒し者にする」という嫌がらせ。

の一環ではあったのだけど。やらせたら案外やるもんで慌てたり、完膚なきまでやられてプロの面目つぶれたり、色々あったらしいのは工作員経由で聞いてい る。
腹いせ交じりに半殺しか、やっぱ幼稚だよな。

で、
ハルヒの声優が今 日の日記でこんな書いてる。

携帯に付けている、以前紹介したガムランボールが、
切れた…
ぇー(ノ゜O゜)ノ
なんの兆し!?

とにかくあれもこれも不吉ばかり。やくざの、カルト与党の、行使する魔術とは常にこういうものだ。
機嫌を損ねればどこまでも呪い、持ち上げればどこまでも追い風吹かせる。
電磁波、念術、ゴロツキ尾行、警察自衛隊ヘリ追跡、これに魔術(不運、からす黒猫黒犬など)までくればそりゃ、毎日死にたくもなる。

 ◇

http://www.tansei.biz/

やっぱり嘘案件だった。
いきなり変な求人載せて、CGI技術者求むとか行って。
矛盾だらけ、何をお願いしたいのかサッパリわからなくて。

enjapan
仕事内容     
■CGIシステム構築のお仕事です。
■一部分のみの作業になりますので、作業時間予定は4h程度です。
活かせる経験・スキル
■HP作成のご経験 ■システム構築のご経験


で、こういうメールのやりとりになる。


>2 このフォームメールCGIは
>>
>> ・自作、オリジナル です。


とありますが、


>> 今回のカスタマイズにあたって、
>>
>> ・なぜ外部に依頼を出したのか。→CGIが不得手との事です。


と矛盾しています。

PerlCGIを自作した方と、不得手な方は別なのでしょうか。
別ならばなぜそのCGI作った方にお願いしないのでしょうか。

「4時間で出来る」と見積もった方は、詳しい方なんでしょうか。
SE的見地で、どうしてその解が出てきたのか不可解なのですが。


可及的速やかに、と木曜日に言われて、本当なら金曜日中に、このページのフォーム内容に追加がなくてはいけないのに、
今時点でも一切の変更がない。大体、なんでこのページに注文関係の項目追加する必要があるのか。
http://www.tansei.biz/cgi-bin/inquiry/inquiry.cgi

デザインとか、スポーツとか、どうもやくざ系企業が多いようだ。
やくざ系企業同士で、詐欺だの騙しだの脅しだのの連携を図ってくる。
昨年に辛酸を舐めさせられたアークスタッフに電話した数分後、墓石販売の勧誘電話がかかってくるのだ。


そうそう、ゴロツキ系右傾カルト系といえば、マンネットに電話すると凄みを利かせた低い声でお断りしてくるようになったな。
やくざが経営してそうな企業は口を合わせたように一斉にこういう態度になる。「組織ストーカー」を運営する上で、口裏合わせが徹底している。



おれは向こうを馬鹿だと思ってる。
むこうもおれをそう思ってる。

つまりこれは戦争だ。異なる民族性に等しい。

何かというとすぐ、組織力に頼る。暴力、権力、振り回すだけで幼稚でどうしようもない。

「リーダーに従いなさい、独断はやめなさい」「専門でないことに口出しはやめよう」
言うことはもっともだが、問題なのはそのセッティングだ。奴らは情報工作のプロ、おれが最低最悪に見えるような話題づくりに執拗である。
まるで本人像とかけ離れた悪人像が出来上がってゆく。

単発アルバイトの現場に押しかけ、あるいは予め口裏合せし、とにかくおれに対して執拗に絡み次いで「悪い例」に仕立て上げる、柄の悪いリーダー格。
「いや知らないんですけど」ととぼけながら、色々根掘り葉掘り知識をきいてきては、軽蔑したように白けてみせる工作員。

こいつら、ばっかだよなあと思う。
おれの独創性が、この5年近く与えてきたメリットを考えてみろ。石原や小泉が批判一辺倒か?頼もしいとすら言われてるだろう。
おまえらの軍隊的教練じゃな、ライン工フリーターしか育たなくていまの閉塞社会を生み出しちゃうんだよ。
おまえらが閉塞感を生み出し、打開しないでいるんだよ。
…と、どうしても感じてしまう。新しさがない、変えてゆこうというポジティブさがない。えらい人に従う姿勢のみで。主権的に動く姿勢がない。

案の定きょうの作業も、統制が行き届いてなくて作業員の手が止まり、作業遅延してるし。
人手が不足してるなら準リーダー決めて指示させれば良いのに。

ま、こんな事書くとまた、強制的に、今後のアルバイト現場で、どんなに嫌がっても、現場指揮をさせようとするんだろうけど。
やくざが仕組んで(イベント建築系)も、官僚筋(セミナーや庁舎作業、公的イベントなど)が仕組んでも、このパターンは不変。

「いばったら、物申したら、現場指揮を無理強いして、足を引っ張り、失敗させて、晒し者にする」という嫌がらせ。

まあむこうも、すっかり敵視して「殲滅すべき敵」とした上で、ウチの弟をふたりも病死みせかけの暗殺してくれてな。
いま弱り目のおれを叩くだけ叩いておこうという意図が見え見えで、隠そうともしない。
バカなんだよな、軍配が欲しくて仕方がないだけの守銭奴に近い。ほしいよほしいよ、あいつのほしいようわーーん、というのが根底にあって、
暴力で奪い取ると今度は、うわーんあいつきにいらないよいじめちゃえ、くらいの意識しか見えてこない。

幼稚でバカでも統治できちゃう、奥ゆかしさと陰湿さは一流の日本、おれには性に合わない。
「本当の。本物の。大人で、完成した精神」が、幼稚な成人たちに虐めたおされ、あるいは命を奪われる。
これは社会人ならば、うすうすわかってることだろう。


昨日の日本橋に待伏せしてたカルト婆さんの言うとおりだ。
殺されないだけ。苦痛は相当なもので、延々数年間続いてる。荒んだ。病的になった。健やかさは微塵もなくなった。
カルトはそういうものだ。自分達になびかない、見所のある人間を、悉く潰してしまう。政財官の人脈もその多くをカルトが根幹を握っている。


オレを敵視し、支配権を掌握した?連中は安直だ。
なんでも元に戻し、なんでもまえの自由や慣例に戻し、
敵は敵がやったのと同じように叩き、全否定して。いわく連中のボスは「何も言わない口出ししない」そうだし。

要するに、ラーゼフォンを作ってしまった時代に戻そうというのだ。画面はすごい、だがソフトウェア的な部分が…という。
技術や外見に、中身が伴わない。その限界を迎えたはず、混迷のなかで違うアプローチをして活気付いたりもしたはず、
そうしたトライを、敵というだけで、全否定し、潰そうとしている。

こんなバカどものオペレーションは長続きしない。おれが5年持ったら連中は3年がよいとこだろう。
良い意味で小泉や石原を継承しそうなキャラが育たない。お利巧で並列なエリート(プロ、専門家)だけの楽園にしようとしている。例外は、口さがない素人 は、叩けと。

有 権者、訳あって変心 石原都政8年
2007年03月18日00時52分
過去8年間、東京都政を担ってきた石原慎太郎知事(74)に好感を持っていたの に、近ごろ心が離れてきてしまったという人たちがいる。逆に、これまで石原さんに反発を感じてきたけれど、リーダーシップを見直したという人たちもいる。 それぞれの心変わりの理由から、22日告示を迎える都知事選の風向きを探る。

 「今の東京はカッコイイと胸を張れます」
 豊島区の日本語学校教師の女性(60)は、過去2回の都知事選とも石原さんに投 票してきた。
「3期は少し長いし、ご高齢になったためか独断的な物言いが目立つ。辞めどきで しょう」

 64年の東京五輪のとき、愛知県で電機の下請け会社に勤めていた。五輪で世の中 が活気づくのを肌で感じた。自動車や家電のメーカーからの受注が増えた。配線などはさらに内職の人たちへ。みんなが豊かになっていく実感があった。
 しかし、かつて下請けや内職が支えていた作業は、いま人件費の安い海外の工場が 担う。
 「こんな時代に五輪招致にお金を使うのか」。石原さんの発想が理解できなくなっ た。

 渋谷区の女性会社員(46)も、こう話した。
 「私は考え方は保守的だが、それでいて変化を求める気持ちも強い。今回、石原さ んはそのバランスが最もいい。意見をはっきり言い、それを実行する力もある。国と戦う姿勢もある」

とりあえず、今回は都知事選のスタッフである。現場を肌で感じる、死に際にしては、実に楽しい仕事じゃないか。
夏に軽井沢で凍死してくるかな。10度以下ならいけるそうだ。

/19

巡 査が交番で拳銃自殺か 静岡・富士署
2007年03月19日08時12分
 19日午前2時ごろ、静岡県富士市伝法の富士署伝法交番で、同交番勤務の巻田一 人巡査(21)が頭を拳銃で撃って死亡しているのを同僚の男性巡査部長(29)がみつけた。

右傾裏社会が動き出すと急増し始めるこのパターン。
数日前も拳銃暴発させた報道があったよね。
天皇家は敬うけど、配下の警察は敬わない。ある意味変な話だと素人目に不思議に思う。

裏社会も政府機関も、違ったアプローチで同じ嫌がらせばかりしてくるので、
もはや信用には値しないし、醒めた目で傍観してはいる。
孤立無援、当然メリットデメリットがある。

 ◇

さすがに潮時を感じる。5年間で、おれは何もつかめなかった。人もモ ノも、何も手元に増えなかった。

今月にどういう結果になるか、これで人生を締めくくる決心としようと思う。年度末で切りも良い。

これ以上、薄汚いハイエナの餌食にされ続ける恥辱、
監視諜報を裏社会にやらせ文句を言わせない、そんな薄汚くなった日本という国、

付き合いきれぬ。どれだけ文句を言っても、物量組織力にモノを言わせた謀略加害は否応無しに襲い掛かる。
もはや健康ではない体、疲弊しきった心。

いつまでも公安だのやくざだのの仕組む罠のアルバイト案件ばかりやらされるわけにはいかぬ。
つき40〜70を稼げるエンジニアであった。今すぐにでも復帰できる、邪魔さえなければ。

邪魔が入るなら、どうせ人生続く限り邪魔が入るなら、ここで覚悟を決めた方がマシだ。
おれを嫌がらせる組織諜報「組織ストーカー」はビジネスモデルだ。被害者がいる限り、与党筋の税金投入で利益が出る仕組みになっている。
公安が右翼を手なづけるべく金を出しているなど有名な話ではないか。

これ以上魔界には居れぬ。
常世へと弟二人に叱られに参るとしよう。

できれば大臣を小突き回し、蹴っ飛ばしておまえたちの墓石の前にひざまづかせたかった。
でなければ、永田町からセンチュリーで使いをよこさせて、あごで使ってやりたかったよ。

だがな、
実直で単純なオレは結局、
政府官僚だのやくざだのに良い様に利用されてしまった。
残ったのは俺だけに対する世間の悪評だけだ。
なんで俺以外の名前が出てこないのだ、組織悪なのに。おかしいだろ。政党とか団体名が出てこなきゃいおかしいだろ。
まったく矢面の的にされたもんだ。


何が悲しいて、さっきMOTOGPの中継を見たときだ。普通に暮らして普通にサーキットへ通ったあの日、それは現実であり延長線上だった。
いまや団塊老人よりも疲弊し衰弱した体で、やくざや公安に執拗に狙われる身で、何が出来るというのか。悲しくも絶望感にもなった。
奪われたものが多すぎる。この島国全部ぶっ潰したって代償になるものではない。それがおれの主観的な被害の重みだ。


霊的ステージ

かつて、「霊的ステージ」を唱えたカルトがありました。

今や、裏社会と政府官僚(カルト与党)は結託し、これを普及し、実験を繰り返している。
日本だけの話ではないようなので、開発元は海外の大国のような感じもする。映画「マトリックス」を作ったのは事実を宣伝するためではないかとも。

思想的性格的に気に入らぬ人間を見つけると、「組織ストーカー」部隊で追い込み、普通の社会生命を奪う。
そしてこの「霊的ステージ」システムの奴隷的身分をあてがう。

結局は「テレパシーネット」(昨日記事)による「人間ラジコン」システムの一環だ。
人をテレパシー越しに遠隔操作、洗脳し、ある程度思いのままの人材にしてしまう。

個人には、オーラがあり、

・逆らいがたい、敬ってしまう、
・見るとつい噴き出してしまう、いじめたくなる、

これが霊的ステージ。オーラの波長を変更する技術があれば、どんな人もどん底にも頂点にも出来てしまう。
右傾だけが優遇されるような世の中、社会的高位が盲目崇敬される前時代的な世の中、が作れてしまう。

霊的ステージで人を判断するように仕組まれた世の中では、人々は瞬時に人をなんとなく判断し、蔑み、敬う。。
ずべては仕込まれたオーラ次第。

奴隷的なステージをあてがわれると、とにかくその気配に気持ち悪がられ、互いのオーラが嫌で仕方がなくなる。
高いステージを持つ一般市民は奴隷ステージの人間に嫌がらせをしたくなる。これも多くは自動的なものだ。

なんとなく、気配だけで、気分的に、互いを相互管理するようになる。恐ろしさ。
自分の脳で考えなくなる。操縦された結果がどんな精密な集団的行動でも、自分で考えないんだ。考えを封じられた奴隷。

しかもラジコンである以上、操縦している身分がある。
これを政府だの裏社会ギャングだのという連中が操縦桿を所持したらどうなるか、という話が今も続いている。


カルトは、高位ステージを占有する。
結果的に反カルトになる、直感的でまっすぐな人間達は多くが狩られてゆく。

直感的ということは、悪は悪だと見抜いて、世間に告発を始めてしまうから。
上記の通り、自分の頭脳で考える人間が邪魔なのだから。

「ちゃんと連動しろよ」「周囲に合せて動け」
13行上の通り、集団的に操られた人間はこれを執拗に強制してくる。

さすが支配層の考えるシステムは巧妙で、良いところばかり協調して、欠点は覆い隠す。
組織暴力を使い、強制し、世間を監視しているのがいい証拠。本当によいものは強制する必要がない。
2chなどのネット掲示板に書いた内容で、組織ストーカーに追い込まれるのが現実。

 ◇

偉そうに講釈、説教させるシステムが蔓延しています。

電波が流されており、洗脳されると、操られてしまうようになる、
このパターンではこう、
あのパターンではああ、
すべてサーバーの指示で決められてしまう。ラジコン人間。

さて、そんなラジコン人間がやるようになる、偉そうな講釈や説教も、使う人間がダメならダメなのでして。
自分で考えなきゃ、人にものを教えるなんて無理で無意味でね。
マニュアルどおりのことを教えたって、「改善」にはならない。
意外性、本質、そういう核心に近づいて「おお」と唸らせ、実行して導いた結果で再度「おお」と言わせる。

感動

だけど、マニュアルを繰り返す多くの人間には、権威服従の「負の姿勢」ばかりで、「感動」がない。
だから彼らには、不向きなシステムであり、決してうまくは行かない。
ましてやそのような嫌がられる教え方を、故意に、弾圧のために使う。「嫌がらせじゃありません教育です」と。
右傾とかいった柄の悪い連中はやたら上記の説教で人を弾圧したがる。

本質が金儲け、縄張り争い、そんな下賎であれば尚更うまく行かない。ライブドアに買収された企業の気持ちを考えればわかる。
だが、世の中をオカミ公認で監視しシキリ教育名目の弾圧までできるファッショなビジネスとなれば、奴らが涎たらして群がるのは理解できる。
まあつまり、今でも日本の支配的な部分はライブドアに支配されてるようなもんだ、といえばわかりやすいか。


いまおれが世間に通じない、逆効果、迷惑な存在、なのは、大尉自身が壊れたり、古くなったからでは決してない。

・リミッター
・コンピュータウイルス的な頭脳破壊工作
・霊的ステージを低く書き換え

テレパシーネット越しに、様々な手段で雁字搦めにされてるからだ。カルトに敵視危険視された末路。
これは同時に、やたら世間に通用してた時期もまた、様々な手段で才能を引き出されていたことも意味する。

陰気を放ち人を硬直させ、おれとは違う誰かの意思が現場を滅茶苦茶に動かし、
それでも「大尉がいると滅茶苦茶になる」と言う話になる。物陰から監視してる奴らは笑いが止まるまい。

これが逆になると、居るだけで皆が高揚し、やる気を出して超人的に動き、
「大尉がいると神がかりの実績が残せる」と賞賛される。

問題は、そうした賢人も愚者も、支配層カルトが自在に生み出せる点にある。カーストに繋がる、ひどい支配システムではないか。


 ◇

ベルク蓮田店で飛んできたテレパシー。相変わらずものぐさに、臆病に、面と向かっては言わない。
(生き延びたいからって調子いいこと言って)(過保護だ)

ほーう。

語調から多分ジジババだと感じられたが、んじゃこんな無礼で一方的な思い込みだけで相手を調査もせず、
とっとと死ねよ調の罵りが許されるというなら、
逆転したら老世代狙い撃ちの過酷な重税を課してもいいわけだよな。「だって過保護だし、とっとと死ねよ」ってな。
生存が気にいらねえならけんか吹っかけて勝ったら殺せばいいだろう。

向かいのミニストップでも待伏せなのか、「骸骨のやつ早くしなくちゃ」と言い捨てて去ってゆくオバン。
人が聞いたら縁起でもないことを言い捨てて去ってゆく工作パターンか。死ぬだの葬式だの呪いだの、普通なら小声で言うことを意気揚々と。

こんなんで疑心暗鬼になってるところで小学生が飛び出してきて手を振って来る。
バカにしてんのかこのやろう!という目でついつい見る。ここが危ない。

疑心暗鬼犯罪誘導、これは連中の思う壺だ。3割のハラスを仕掛けて10割見かけた全てをハラスと思い込ませ、
世の中への復讐心による犯行へと誘導する。5年も付き合うとスラスラと筋書きが読めるから何とかなってるけど。

 ◇

2度目のアーケード暴走、被告に懲役3年判決 仙台地裁(朝日)
2007年03月19日10時50分
卯木裁判長は「統合失調症の影響を強く受けていたが、アーケード内で通行人が死ん ではまずいと思いアクセルを緩めるなどしており、心神喪失状態だったとは言えない」と述べ、

よく言うよ。「テレパシーネットワーク越しに、組織的ストーキングや、自由自在な洗脳を仕掛けられる」、
ことを官庁の少なくない人間が知っているくせに。秘密諜報が、人為的に統合失調症を作り出せることも知っているくせに。
(心に他人を感じれば、それが強制的であれば、統合不全、統合失調と診断されてしまう)

いや、この裁判長が知ってるとは限らないが、政府が仕掛ければ共犯者も同じだろ。
公安諜報がこの運転手が混乱して暴走するように仕組み、警察が逮捕、裁判所が裁いたんじゃこれは自作自演だ。
なんとかそれを仕組む奴ら全員の脳天にイカヅチを落としてやれないかと憤懣している。民は自演の道具じゃねえ。

 ◇

コベルコパーソネルから連絡。採用通知。罠へのゲートが開かれたか。
案の定、安倍総理と同じ苗字の、ITのこと全くわからないと公言する、変な担当は
「携帯おもちじゃないんですか、万一、万一のことがあると「大変」ですからねー」
やたら物騒な所を強調してみせる、組織諜報の工作員が良くやるパターン。

いや別に、多少の辛苦があっても無事仕事が完了して、給料がもらえりゃいいんだけどね。
2005トヨタカップ@日産スタジアムのときのように、えらい物騒な暴力で追い出されるようなら、オレも腹に据えかねるってだけでね。

いいんだよ、魔術で国民を洗脳して騙して、きちんと追い出すというならそれはそれでね。
覚悟も死に場所も決めてある。

嫌な国に無理して付き合い、秘密警察の拷問や裏社会の報復暴力で心身ボロくなってゆくだけの人生は続けられない。
おれは冴えたカッコイイ面白い国と付き合いたい。いまの日本には欠片もない要素。
たとえあっても洗脳人間たちが排他的に、おれを排除した上でむさぼっている。
自分が関われない国は遠い外国と同じ。よその国がどう豊かだろうがつぶれてしまおうが知ったことではない。

/20


昨夜に体を動かし再確認。ひどい。心臓付近が固まって血行が滞る、道理で意識や体温すら保てないはずだ。
自宅で延々殺傷電磁波浴びて、出先で脅されて、二重苦三重苦。夏には生きていないものと思い過ごしている。
自殺かな。
組織諜報に追い込まれて、体を壊して、もはやこれまで。

こんなもったいない最期を迎えるくらいなら、
まだ「改革を継承する立場」を目指したいんだがな。
日経BPOの竹中コメントを見てその思いは強くなった。

老世代に改革をやらせるとどうしても強引になる。我々はそこをソフトにやるノウハウを持っていて、身につけているから。
だが悲しきかな、強引な部分を身につけてないのが多数であるために、サクサク動かないんだな、マクロになればなるほど。

石原さんはお疲れだし、ヤスキチは次なる椅子を探してるし、潜りつつ次へ、という良い時期ではないかと。
小泉シンクタンクなんてまさに、”堂々と潜る”良い機関なのでは。

 ◇

今日行ってきた面談も、用意された芝居、偽っぽかったな。一流企業レベルの、高品位なセッションだったんだけどなあ。

本筋の話よりも、”対面側の内輪話”がやたら充実してて、たとえ話として完成してるの。
(ああ、またお芝居かよ、こりゃやっぱ死ぬしかないのか)なんて考えたが最後、次の瞬間に「ああそれが一番好都合ですね」と盛り上がる、あっち側の内輪 話。
まあ、昼間に奥多摩で念術か電磁波で狙撃されて、下手すりゃ救急車搬送の体調で臨んだからなあ。西澤タワーのあたりでちょっと息絶えかけた。
心臓付近に水でも溜まってるらしい。血が巡らず体温が偏在してる。それでも話が進むのも、”伝言を聞かせる罠”でしかなかったからかな。
なんだろう自宅は放射能でも照射されてるのか、でもそうすると脱毛とか炎症がないのはおかしい。電磁波で甲状腺をやられたのか。

工作員という奴は、必ずウマイ話とオッカナイたとえ話を交互に混ぜるんだ。
もしやいいことがあるんじゃないか、
いやどうせダメなんじゃないか、
と迷わせるために。

でも、心身にはうそをつけない。
からだに対しては、拷問、衰弱攻撃しか仕掛けない。年数をかけて弱って、健常さを失ってゆく。癒しは皆無。自分でささやかに用意するだけ。

暗殺じゃなく、病死とか自殺、秘密工作。日本は調べてゆくと不審死が実に多い。特に最近は。茨城の国会議員、いや数代前の総理だってね…

03年1月に末弟が心不全で死んだ。
こないだ次弟が衰弱で死んだ。
おれも衰弱し心臓が弱っている。毎日電磁波攻撃などの国家諜報の加害工作を受けている。
末弟が死んだ前後に異様な尾行が急増し、3月を境に生活維持が不可能なくらい追い込まれるようになった。


以下、面談中の語句。

「次世代システム」、
「専門家の難解な用語を翻訳する折衝役」、

「あの人は気まぐれにパートタイムに退勤してしまって困る」、
「スキル不足 前任者が優秀すぎた」、
「態度が悪くて印象が良くない、3月でクビ」、

すべて、この4年間関わらされてきた、「人を社会を操るシステム」のたとえ話。それとしてはピッタリ符合する。
テレパシーネットワークに全国民強制参加、接続と同時に洗脳され操られる。

面談の最後に一同ニヤニヤして「こっちの案件に釣られて、やって来ちゃったんだよね!」
ノコノコやってきたと言いたげに。
コーディネイターは別れ際に言った。
「よく相手の言ったことの裏を読んでくださいね」

やっぱ夏には生きてなくていいや。
こんな秘密主義で恐ろしいことやる国とは付き合いきれない。
どの道、衰弱でもう足腰も満足に立たない。

あのシステムには愛がない。人情がない。こころを操って下僕にし、周囲と違う奴を囲い込んで殺すシステム。
どんな完成度の高いシステムになっても、上から下まで悪魔になってしまうだろう。
無理難題、締め付け、脅し、人質、見せしめ暗殺、まるで平安貴族がクライアントのような。欧米的な、楽天的合理的に伸ばす発想がない。


赤坂日枝神社で、国民新党のバスが真正面にやってきて停まった。
車を向ける、という工作は、大抵は敵意を示すものだ。小泉一派と思われて憎まれてるのかな。まあもう何でもいいや死に際だし。

きょう一日の様子で大体の覚悟を決めようと思っていた。
こりゃダメだ。いい要素が全くない。

少なくともおれと、弟二人を人柱の犠牲にしたこの冷徹なシステム。うまくゆくはずがない。
精神性が悪魔、むしろ悪魔という霊体に世の中全体が操られてる気がする。


帰宅と同時にお隣さんが帰ってきた。男の方はなんだか窓越しにいきりたって敵意バリバリなんだけど、
オレの気配がちょっかい出しちゃったのか、組織諜報の任務で脅してるのか。どっちが悪いのかも判別難しく。

/21

きのう、昼間の都内でテレパシー受信数回。

「もうクビ、早く死ね」
「お前しか頼りがいないんだからしっかりしろ」

どっちだよ。自作自演か敵味方かも区別がつかぬ。
テレパシーネットワークも、なりすまし防止、証明書発行技術、がインターネット並みに普及すればねえ。

あと、セグメントを分けて、色々なチームが独占領域を使えるようにしないとね。LAN化。
共有域はインターネット化する。

「もう必要ないんだよ、でてけ」
とか言われるってことは、相変わらずゴロツキたちの独占回線ってことだろ。

ジャミングECM、アンチジャミングECCM、とかね。頭脳を乗っ取られないような防護策。携帯電話電波無効化技術みたいな。
多くは通信インフラ技術の応用で済む。

企業を、国を、諸外国を、巻き込む。改善対策は早くて速いほど良い。

図解4

 ◇

Q いま、外を出歩くというのはどういうことを意味しますか?
A 「マトリックス レボリューション」。ゲートが開き、殺人ワームどもがザイオン中を飛び回る中、砲撃してる味方の所へ銃弾を補充しに飛び出さねばなら ない。

「テレパシーによる威圧攻撃」銃弾の嵐。
地域によって急激に強まる。避けながら、弾を喰らったら応急処置しながら、進む。

熱気バサラは、涼宮ハルヒは、大変なんだよ。

 ◇

21

自宅にて、
「公明党を舐めんなよ」
というテレパシー脅迫。これでハッキリした。
バカだ。人に「外部から」拷問を加えて、矯正だの更生だの言い出すだけのことはある。

電撃でも、核攻撃でも、
家族暗殺でも、呪術攻撃でも、

北風と太陽、人は頑ななままである。やられっぱなしで死んでもいいと覚悟するものだ。
人を、なめんなよ?

鞭を打つよりも、
自ずと自己を制御し管理するように仕向けるのが、あるべき姿ではないか。

時代は一度大いに間違った方が良い。多くの民が辛酸を舐めるべきだ。その役割を知っててこなす今の連立与党は実に偉い。

安倍政権も宮崎駿も、ここ最近、再教育だの更生だのという語句を用いた。
この世代には、サラブレッドには、もはや限界があるな、と感じた一幕。
勢いをなくし始めた石原都知事と同じ部類。上から見下ろして断罪したがる。

モノを自由に言える、誰かに採点され拷問され阻まれることのない世の中を。
変革のやり方を、すぐに軍隊式教育に結びつける勢力がはやる時代ではない。

自分自身、傲慢で強圧的な拷問と、自称再教育を受けてみて、
こいつら本当に不器用で、頭悪いよなあと嘆息してた。末端は指示通りにしか動けない兵隊だしなあ。

プロではないが、人を教えたこともある。彼らのやり方じゃ、いつまでも
・上達しない
・立派にならない
・やる気を出さない

鞭を打った。思うようにならず
また鞭を打った。思うようにならず
また鞭を打った。思うようにならず
また鞭を打った。思うようにならず

で、何かあったら戸塚ヨットみたいに言い訳して開き直ればよい。
才能の伸ばし方とは、そういうんじゃないんだよ。

政治経済を動かすトップレベルにあっては尚更。
才能が元々ない田舎者や原住民に、義務教育的に叩き込む方法だ、ああいう粗暴なのは。明治時代じゃないんだから。

なにかあちらの気に入らないと、弟が死ぬ、そうやって二人も墓に入って、
それでもあちらの工作員達は平然と笑顔で「あの人は仕事しない あの人が悪い」などと言う。
昨日の面談の担当者だってそうだ。家族を殺された相手に向かって、家族を殺すようなカルトの指令どおりに嫌がらせをする。都市銀行系の社員が。
どういう無神経だ、冷酷非常だと、まず呆れなくてはいけない。呆れるような相手の言うことは尚更聞きたくない。

人命を軽んじ、軽んじてでも結果最優先な冷徹さで、
そのくせ暴力に頼り、人材育成も進捗管理も、不器用この上ない。

そういう姿を4年間見てきて、変わり映えもしてないからいえる。
あのカルトギャングにトップ層を維持させてはいけない。いちど合理と人情を含めた勢力に譲り渡さねば。
心臓はじめ血流系をかなりやられた。自殺誘導、カルトの目論みは本当に酷過ぎる。末弟もいきなり心不全だったし。


サーキットライディングをビシビシ教えてる奴がいた。家族なのか彼女なのか。何度も見かけてるけど、サッパリ上達しない。
情熱に任せて2,3の動作を教えたら、5分で覚えて速くなった。
そういうもんだ。ダメなやつが、ダメな教え方でいくら回数を重ねても、ダメダメ。おれはその基本を知ってるから、断言する。
親父も優秀なコーチだったし、その姿を多少見て育った。この点は無知ではない。

/22

結論から先に言えば、罠が絡んだアルバイトしかやれてない。
やくざゴロツキが目立つのは実行部隊、末端だからで、結局は政府筋の意図が見え隠れしている。

この流れを見れば、夏までまともに生きられないのは必至だ。どうせそんなもんだと思ってやり過ごすしかない憐れさ。
とにかく、内臓が悲鳴を上げている。いつどこが詰まるか溢れるか…
死に場所も大体は決めてある。病院と墓と女と財産と持ち家とクルマとスキーには無縁を貫けそうだ。

最近いつも、やっと死ねるのか、という思いがよぎる。弟達は大して怖い思いもせずいきなり暗殺されて、ある意味幸せだったな。
それだけ怖い国だったんだ。おれが10歳でいきなり衰弱してガンで死にそうになったのも何のことはない、同じ「公安筋による組織謀略」だったのさ。
いつも近所から電磁波で洗脳されて、荒んだ家庭でい続けるように、仕組まれていたんだ。衰弱したのも電磁波攻撃のせいというわけさ。

 ◇

前の晩、猫なで声の勧誘案件が求人サイトに。
やけに日給がよく、確認の電話でもそれを誇示してくるが、現場名を言わない。この会社、いつも柄悪いのわざと派遣して来るんだよな…

ああなるほど。到着してみればそこは新築稼動前の埼玉医大だった。
心臓外科のオペレーションフロアに連れて行かれた。氷付けにする前処置室、博物館みたいにモニターだらけのオペルーム、全部目の当たりにした。
人が、ゴロツキの放つ気配で心臓を弱らせヒーヒー言ってる時に。それもわかった上でのセッティングだろう。
こうやって脅すためのセッティングにはえらく金をかけ、手配も徹底している。
さっき「お前の得意な蹴りでよー」と脅してきたやくざ風のおっさんが、わざわざ処置室を通過するルートを選んで引率してゆく。嫌がらせだ。

明日は一人増えて奇数だそうだ。おれがいつリタイアしても良い様にひとりふやしている。きょうも電話の声がにやけている。
帰れ追い出せプレッシャー攻撃、朝から晩までこれで苦しめられたきょう。明日も変わらんだろうなあ。潜在的軍国主義、ファシズム弾圧、これに侵されて来て いる日本。

「次世代システムです」といいながら、「狂人になるテレパシー通信システム」に参加する人々。
支配者の命令次第で、目の前の人をいたぶり殺すようになる国民たち。いくら言って聞かせても話が通じない。逃げる。黙る。
おれが、あんな、いたぶられ方を、一日中されるわけがない。昔のまま、正気のまま、の人々が相手なら。


ゴロツキ身分は、政府から、人々を操る、誰かを念で威圧する、テレパシースキルを”支給”されている。標的を追い込むための手段として。
国民がキチガイになろうが、面倒に巻き込まれようが、お構いなし。
これは実体験を基にした仮説である。

 ◇

テレパシー。
法則がある。礼儀作法が出来上がってる。全国どこでも同じ対応をされるのは日本人がラジコンだからだ。

・嫌な気配>「いやあね、キモチワルイ」
・ダダ漏れしている思考(サトラレ的テレパシー)>「聞こえてますわよ、言った方がいいのかしら」
・いずれのときも>嫌な気配で反撃し、「出てゆけ、帰れ」とテレパシーで応戦して追い払う。

おかしいだろ。
なんで、「なんとなく」テレパシーと念術で応戦して「なんとなく」帰らせちゃうんだよ。
念術で心臓発作や衰弱まで行くんだぞ、おまえら人殺しじゃないか。日本人は皆人殺しスナイパーかよ。

言いたいことがあるなら口でハッキリ言え。帰って欲しければはっきりそう言え。

じゃないと、国家機関の謀略、やくざの追い込み、どっちにも一般市民が貢献しちゃうだろうが。
気に入らない奴が、嫌な気配を出すように仕組めば、世の中どこにも居づらくなり、社会追放と同じことになるだろうが。
他人様の気配をチューニングして人を殺せる時代ってことだぞ。いいのかよ!

本当、追い込まれてないノンキな羊たちというのは、無神経で、自分勝手で、これっぽっちも、虐める、加害する、対象の人物を思いやってない。
一度やられてみろってんだ。自分達がいかに残虐な殺人鬼集団になってるかがよくわかるさ。
殺人鬼集団は、念術威圧でおれの家族を殺してしまっても、平然としてるし、文句を言うのもやめない。
なんだこの無神経、無知、無思慮さは、と愕然とする。恐ろしい情報が遮断され知らないから、平気で残酷なことをやる。

すべては「人間をラジコンのように操る無線操縦システム」が導入されてからおかしくなった。
意思は封じられ、いつでも殺人鬼に豹変する国民たち。

埼玉医大の職員や見学者まで、雰囲気だけで「帰れ」とか「キモイ」言ってくるし。
どこへ行ってもそう。みなファシストと同じだ。

 ◇

夜のマミーマートへ出向けば、案の定やくざが追尾してきた。
直前の711に、これもつきまとうSMXに上下スウェットのヤンキー女。
前をノロノロうぜえんだよ、と思いながら711でバイクを停めるとそのSMXもいきなり止まる。
俺と一緒に入店して、一緒に出てくる。大した用事があるようには見えなかったが、俺のことは目視して来た。

で、マミーマートには「おうこんちは」とやってきた黒ジャンバーのやくざ。
「ナントカ病院でさあ」と、おれが病院で仕事してたことを仄めかす会話。会話の相手もサクラ、あまりにツーカーでウマが合いすぎ。
睨みつけると「いや、べつにー、こんにちはーってね、」とすっとぼけて見せる。

とにかく同じようなゴロツキばかりワンパターンにどこへでも付きまとえば、
その結果が嫌がらせと間接暴力ばかりでもあるし、ろくでもない理由としか普通取らないわな。

 ◇

「身の程を知れ あれはダメこれもダメ、大人になれ、交通違反じゃないか…」
やかましいテレパシー非難。

よくある、潰すための説教だね。仕返し半分という感じらしい。
職人が、スポーツ選手が、一挙手一投足ごとに野次入れられてたら、気が散って何も出来まい。
彼らは故意に、それを狙ってくる。運転中にワーワーやられると本当に命が危ない。



/23

人を晒して暴力的に追い込み玩具にすることで有名な、2ちゃんねる ニュース速報板。

 914:名無しさん@七周年 03/24(土) 15:19 u2Ix+Zj30
 同類例 その1
 http://aaa56.hp.infoseek.co.jp/top.html

 アニメ製作者に頭の中を読まれて内容をパクられてるらしい
 近所のスーパーの客も全員工作員らしい
 死ぬ死ぬ言ってるけど全然死なない人

そうだな、もはやアニメ業界とは暗黙了解、提携関係に等しい。
こういうもんだ。http://kasumin7.web.fc2.com/m0703.html#23-1

んで、こんなURL晒しのおかげで普段の5倍のアクセスの直後から、
夕方の職場と、夜中の買い物先へのストーカー要員が増え、さらに若いのばっかりになった。

カルト与党、隣国、裏社会、ストーカー部隊、探偵、匿名掲示板、

この密接振りが指摘されて久しい。もう5年目か。
おれは2002年からこの件を追ってたら弟が急死、都心をストーカー追跡され、職場を追われた。
このサイトで体験記を書くようになったきっかけだ。

”警官を自殺させる手口”を当局へ指摘し続けて妙なシンパシーさえ生まれ、各方面へ様々なパイプも出来た。
良くも悪くも劇的に人生が変わった。

遠隔技術。
呪術で、不幸が自在に降りかかる。
念術で、自在に苦痛、心臓逼迫が襲う。
テレパシーを通じ、心身は簡単に操られ、原始的な力比べになる。

知ったが最後、でも知らないと出遅れる。イラクより酷い今の日本。


いっとくが、もう古いし、問題点山積みで放置だぞ。「組織ストーカー」なんてのは。自発 参加するもんじゃない。
2chだってカビだらけだ。うまみで人が離れないだけで先進性はない。

カビてくぞ、そこに留まってると。
さっき夜中マルエツにきてた連中はなんか半端な道義心と、なんか半信半疑な迷いの顔と、なあ。
迷うくらいならやめたら。なんで来るの。追回して楽しくないんだろ?こっちも楽しくねえよ。

楽しくない国をせっせと作る気か?
それとも何、実力者の爺さん連中でしか国は作れないと思ってる?小さいねえ。

 ◇

夜、高輪プリンスホテルへ向かう。
家を出る際から、強いテレパシーで「行くな、ろくなことがないから」と強く念押し。
嗚呼このパターンは脅しでもなく、本当だなとはわかるんだけど向かった。

ひどいな、からだは操られ運転がぎこちなく、
政府筋に指令が入ってるのか、パトカーの連動が良すぎる。品川でついに停められた。
まるで待ち構えたような。ホテルの待ち合わせ時間ギリギリまで引き止め、そして別れ際の心配そうな顔。
全て把握された上で、下っ端の精一杯の善意と言うような感じにも見えた。

おかげでその晩はタダ働きだ。ここまで意図してるのが、いまどきの魔術行使カルト与党。
以前も同じパターンがあった。結城市から目黒の会社まで仕事着のスーツ取りに行った帰り、待ち構えたようにネズミ取りがいて、嬉々として追いかけてきた。


夜中2時にチェックインしたホテルでTVをつけるとコードギアスが放送中「お、ギアスだ」
ちょうどラストシーンで、「ユーフェミアを殺せ!」
うわあ、これを見せたかったのね。

運命は、操られる。(運命改変)
心身もまた、操られる。(ギアスの力)

世界の全ては操られる。

誰が提供した技術なのか。誰が配布し行使する大元なのか。俺にわかるはずもない。
最初が巻き込まれパターンで、ずっと孤立外部のままの俺に。

/24


エーザイ主催のフォーラム。
高輪プリンスホテル国際パミール。

この大きな二つを巻き込むことになってしまった。
これは申し訳ないながらも(国家諜報がらみでは避け得ない)、大きな進展だ。

秘密諜報、
秘密謀略、

これを、多くの大衆、エグゼクティブの集まる場で晒すことが出来た。


日本の恐ろしい一面、イラクどころじゃないコッソリ謀略。

企業がどう振り回され、
個人がどう追い込まれるか、

を。


企業は操られ、
個人も操られ、

政治がらみだ。

・右派が目の敵にした人物を追い込む手段、
・一部やくざの新種の追い込み手段、
・顧客として官庁や政治家が絡む場合(ライバルや目の敵の追い込み手段)、

これはエーザイに対して、正直に、主観ではあるけれど、伝えるメッセージでもある。
4年間、同じように追い込まれたり、利用されて飲み込まれたり、

すべてがナアナア、不文律で、裏事情がわからない。
おそらく仕掛けている組織は帳簿をつけながら、緻密だ。いつも同じ手口を仕掛けてくるから。
じぶんはどこをどれだけ利用され、自分から進んで、どれだけ被害者でどれだけ悪党なのかも正義なのかもわからない。

わけがわからないまま、様々な身分をこなすようになる。
少なくとも振り回される側には違いない、自分だけで用意したことが少なすぎるから。外部の、やるよりはやられるほう。


深夜に高輪京急ホテル到着。
目前にしてパトカーに止められた。どうもむこうも偶然を装ったような節がある。
だからか、集合時間ギリギリまで、あれやこれやと引き止められた。

ロビー、スーツ組みの半数が工作員。
・会話が変(「地獄を見ている」、ばかり聞こえるような大声で連呼)
・つまり、何しに来てるのか不明。気配も威圧的。意気揚々の雰囲気からして公務員っぽい。

プリンスホテル。
相変わらず、バイト仲間として派遣されてきた連中も、ゴロツキばかり。

わざとサボタージュする工作。ニヤニヤと、手を放して見せたり、わからないですととぼけたり。
難癖に等しい無意味な作業を次々と提案して困らせる。
LANケーブルを繋ぐだけと、派遣会社の営業に言わせておいて、「なんだLANケーブルコネクターのカシメも出来ないのかよ」と文句を言う。そりゃ電気工 事士の専門分野だ。


一事が万事こんな調子。気配も良くないし、”良くない気配を攻撃に使う”器用さもプロフェッショナル。
カルト、やくざ右傾の一部は、こういう人間を送り込んでくる。

彼らの特徴は、特定個人をいたぶるためなら、
出入りしている現場(今回は医薬系フォーラム会場)も荒らすし、仕事そっちのけで嫌味と脅しばかり仕掛けてくる。


今日は堂々と公言してきた定番手法。(それだけなりふり構わず畳み掛けていると言うこと。)
「本当は全部わかってるけど知らない振りして、バカにするんだよねー」おれに全部言わせて間違いを嘲笑皮肉する。
とにかく陰険。これまで数年、官庁職員にもやくざにもやられてきた。

出席者確認用PCという重要なツールの前で陣取ったり据わったりして邪魔をする、柄の悪い人々、
とても社員とは思えない。積極的に中傷を仕掛けてくるし。
ホール前の廊下には、ムキムキ野太い男たちが目立つ。ニヤニヤが慣れた諜報系の顔立ち。
(ああこりゃビンゴだ)と思った瞬間。与党筋の工作員だ。
2003年に新宿駅周辺〜青梅街道沿いの都下住宅地で尾行してきた連中と同じ顔つき体つき。自衛隊ヘリ海上保安庁ヘリもパトカーも連動、政府絡み、これに チンピラのミニバン集団が加 わってた。


良くない気配。30分おきくらいに、波がある。ないときは全くない。
そのうち、会場内の特定の位置、自分が長い時間立っていた位置で、物凄く心臓や神経が苦しくなる現象が。
指向性の光線のように、直線的にそれは照射される。
気配を感じると、自分の意思がラジオのように周辺に”放送され”、周囲はやかましく感じたり、釣られて困ったりする。
これも立派に、軍事的な武力行使といえる。被害者は睨まれ、民衆は困り果てる。だが仕掛け人たちはバレずに潜み続ける。

夕方、さっきのムキムキマンたちが一箇所に集まりだす。
聞こえるように「ぶち殺す、今度は容赦なくやっちまうぞ」などと呟くこと数回。
邪魔だから帰れ的な気配で応戦すると、退散はしたが。

会場を威圧的な気配で混乱させ、
社員に扮装して、本当の社員がPCを使いづらくして、
堂々と脅し言葉を吐いてくる、

一体、どこのテロリスト部隊ですか。個人への報復がそんなに大事ですか。


朝昼夕と、ホテル会場とその周辺地域で付きまとわれ(15号の吉野家へ行けば黒人数名がやってきて、Excuseme?と茶化してくる)、
夜中の蓮田マルエツでは若手の尾行が待伏せしててね。

奴らは、
一体、
何がしたいのだろう。

国の、幸せな雰囲気作りを目指していないのは確かだ。
マフィアをやりたがってるのも確かだ。
ファシズムを通し、軍国的風潮を用意している、

つまり、自分勝手で、人殺しだ。

「追い込むだけなら自殺だから、人殺しじゃないよ」、
「巨大な組織の末端、顔も知らない誰かが殺していても、おれ下っ端だからしらねえよ」、
…バカ言うなよ。

人殺し集団に人殺し言われ、
タマラン毎日です。


エーザイ副社長さんは壇上で「精神侵略の脅威を実感した」旨を述べた。たとえ話だとすればね。
私がこの意味で侵略側でもホワイトナイト側でも良い。
副社長さんには言いたい。昨年、三菱本社ビルを訪れた際、住吉を口にする柄の悪い男が、なぜかオフィスに入り込んで立ってたことを。
なぜか彼らはそういう根回しだか、人心操作だかを可能にしている。どこへでも入り込んで待っている。

「仕掛ける組織」は秘密主義、知られることを極端に嫌がる。
どんな超能力や魔術も、タネと仕掛けを知られると用心され通用しなくなるから。

人間を操る時、本人のふりをして話しかける手口が多い。
だが、予め「超能力で操られることがあるから注意しなさい」と教育されていたら通用しない、という話。

おれはオープンソース派だ。こんな核兵器以上に物騒なツールを、秘密主義で、支配層と裏社会の”寡占状態”で使わせたくはない。
明らかに硬直している。使い方、使う人間が。ろくなことに使われてない。


きょうは、12時間は同じ現場にいて、様々に周囲の印象、言葉に内容が変化した。
状況が理解されるにつれ、励ましも増えてきた。

テレパシーネットワークはあまりに稚拙なダマシで成り立っている。
ここが”寡占状態”のデメリットだが、諜報にだけ使う分には好都合なのだろう。


権利(因果)関係を現場状況から整理。

(いずれも諜報的な所属は不明)
コベルコパーソネル:確信犯
サイメディックス:確信犯

国際館パミール:フロント職員の攻撃的追い出したがりの様子などから、確信犯。
職員に実は公安工作員が混ざってる?

エーザイMR(医薬営業):これも確信犯が混在。
ムキムキの兵隊みたいな奴ら、検索PCの前で立ち止まってニヤニヤと妨害してる奴ら、
いずれも工作員。本物の職員ではない。


『工作員は、念術で、現場を、混乱させる。』

例)
講演の壇上の人の思考を操り、言いたくもない言葉を言わせる。


『工作員の動機付けの基本は、政治工作である。』

私が、こんな国家諜報に追回されるきっかけが、
インターネット匿名掲示板2chほか各地で、若干の政治思想をもって書き込みに参加したことに起因する。
・反カルト体制
・反右傾

つまり「抵抗勢力」というどっかで聞いたような人間が、次々と同じような目にあわされている。
たとえば郵政造反議員のうち、茨城県古河出身の故・永岡議員、この人は自殺に追い込まれた。
自殺報道で直前数日間の様子を見聞してすぐわかった。このひとは私と同じように追い詰められた、と。
みな、精神的に追い詰められる。マインドレイプ(精神侵略)で、感情(不安絶望)も思考(ダメだ、死ぬしかない的)も、最悪状態で固定される。


『工作員は、現場に対して容赦しない。』

ホテルで行われるフォーラムが混乱しようが、お構いなし。
標的にされた人間が困れば、苦しめば、それでよいと言うスタンス。

彼らは呪術を使う痕跡がある。
米国へ二回も台風が突っ込み、抵抗勢力の発言が目立つと地震が群発し、左傾の毎日と朝日ばかり不祥事報道が続き、
いろいろと経験を重ね、追えば追うほど「これは故意だろうな、あの方面の」という絞込みが容易になる。


『身代わりを立てて砲弾をかわし、現場に様々な嘘を言ってなだめる』

パミールでは、「訓練である」と吹聴されていた人々がいた模様。(ちょっと、訓練にしてもこれはやりすぎだ)という非難テレパシーが飛んできた。
だがこんなのは良くあるダマシトークのひとつかもしれない。

訓練、教育、といったシチュエーション騙し、
あの人こそが悪人です、我々は正しいのです、などという身分的騙し、


テレパシー、テレパシーネットワークは、インターネットのように視覚的でない分、
もっと容易に、なりすまし、騙し、が可能で、濫用されている。

自分に他人が入り込んで「死ね」とか「暴れろ」などと命じてきても、中々気付かない。
国会議員ですら、その言葉や気配に惑わされて自殺する時代だ。


私は、何者だろう。

所詮、工作員達の無数の情報操作に惑わされ、あまりの類似情報の多さになにも特定できないのだ。
何に、どれだけ、関与しているか。
どれがどう悪で、善なのかも。

だから、、どうせ立場を明確に出来ない以上、なるべくホワイトナイト、告発者を心がけるしかない。
となれば、秘密主義ではなく、公開主義。
どうせ、「見せ掛けの、目立つ悪党」として晒されるのは目に見えている。

公開される、表舞台:被害者当人、周囲の人々や企業
非公開水面下潜伏匿名:秘密諜報の工作員や組織

悪人として逮捕や吊るし上げされるも止む無し。どん底まで落とされて、弟二人も急死して(組織工作の痕跡あり)。
失うものがないからせめて社会の認知度を底上げしようと言うんだ。
その情熱に応えないような社会は、いつまでも甘い、組織謀略ごときに振り回される、存在であり続けるだろう。
私ですら振り回される。もっとこの方面に無知な世の中がどうなるかは自明の理。


かなり大掛かりな組織的行動、成果、なのに、たった一人、数名しか浮かびあがってこないこと自体が、
あまりにおかしく、またあまりに現代的先進的謀略のニオイがしてくるではないか。

特定すべきは、まず全容解明だ。

他の現代的組織犯罪よりも、”組織が逃げる”トカゲの尻尾切りシステムが完成されすぎている。
しかも、たまたま巻き込まれた一般人が、次の工作員にされてしまう危険性がある。(踏み台)

その捜査や取材が前進するなら、今後も勝手連的に体を張って社会にぶつかって行く。


企業や機関が、個人や民衆が、被害者意識で、いつのまにか加害者側になっている。
これが厄介な”基本構造”だ。

・扇動し熱狂的にし、冷静な判断を奪う
・熱狂状態のまま、洪水のように一気に突進させる

インターネットでも良く行われる人心操作、扇動の手法。

インターネット・ネットワークも、
テレパシーネットワークも、

共通概念で多くが動いている。

/25

某メール内容に記載漏れの分。
>かような報告例があまりに多い、という点にも着目いただきたく思います。
http://f40.aaa.livedoor.jp/%7Ekasumin/mt/b/
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/mt/b/archives/3006/08/post_216.html

こちらも参考に。
http://www.geocities.jp/unwatchedattack/0703.html#15-2

 ◇

これはエーザイなど企業側にも知って欲しい、
国家機関、裏社会など政治支配層による、謀略。その概念(手順)。


人間をラジコン操作する技術。正確には”念術”

1 プロの組織工作員(公安、政党員、部落政治団体など)が、標的と定めた”一般人”を操る(敵対者など)。
2 操られた”一般人”の頭脳(多重人格)が、プロに操られるがまま、二次的に周囲の人々を操ったり、卑猥暴言などをテレパシーしまくる。

私と同じ場に居合わせ、特に長時間居合わせた人々は、
あまりに単調な、テープ再生みたいなセリフに変だと思わなかったか。

ものすごく暴言やセクハラなどを吐く割に、表の態度は硬化したり困惑してなかったか。


つまり、意図は単純。

「操られた人が、諸悪の根源だと思い込ませる”トリック”」

インターネットで言えば、「踏み台」。
メールウイルス感染者から送られてくる、自動送信メール。


まったく、プロとしての専門知識はない。
ただひたすら被害者側として4年間、独学で分析記録を作り、まとめた概念に過ぎないので、誤りや主観もあると思われる。


私はこんな日本が嫌だ。

秘密主義の工作員が、いわば軍隊がどこへでも乗り込んでくるような。
断罪、断罪、また断罪、
バッシング扇動に乗せられた、事情に疎い民衆が、
支配者が用意した、真偽の怪しい「悪党」を切って捨てる。社会から追い出す。

しかも、電波による洗脳の影響が濃い。日によって、人々の反応には強弱がある。
目が回るような体感の強い日は、周囲の反応が極端におかしくなる。静かな日は前日が嘘のように静まり返る。
支配者が、民衆を、ラジコンのように動かせてしまう恐怖。

 ◇

被害者には、”フラグ”が立てられている。
気配が、周囲と違う。誰にでも判別できる。

判別した後、
・攻撃するかどうか、
・攻撃手段を有しているか、

には免許条件がある模様。


仮説1

・特定身分だけが、当然のように授与されている特殊能力
・たまたま居合わせると、自動的に、攻撃する
・よって、いつもおなじセリフ、攻撃方法

仮説2

・被害者が当日向かう場所と時刻が把握されており、連動的に先回りして待ち伏せている
・これも特定身分だけの免許条件かもしれない


スーパーへ向かう。
・気配が良くない。(条件 1)

部落農村の顔ぶれが目立ち、
・様子を伺うようにしている。(条件 2)
・買い物の中身や様子が変。支離滅裂、菓子とかばかり大量に買う、曜日や時間帯に不一致な買い方。
・こちらの様子を伺いながら、立ちふさがる。このとき視線はひたすらそらす。
・こちらに気分を落ち着かせないような、”気配による威圧”を欠かさない。

レジにて、
・滅茶苦茶にかごを一杯にして、被害者の前に並ぶ。(条件 3)
 真夜中にやってきた部落貧民の老婆がなぜ4千円分の菓子を早急に買って行くのか。細かいのばっかりですごく時間がかかる清算。

レジ裏にて、
・「へっ、あいつ、わかってんだぜ」と叫ぶ。ニヤニヤしていて、こっちをジロジロ見る。(条件 4)


支配が、このようであってほしくない。
支配が支配として色めきたって出てくるとろくな事がないようだ。

/26

午前中、道路の南沿い、土建ワタナベ家の奥方が出てくるなり「家から 絶対出てくるな」などと子供にいいつけてる。
自宅周辺の、おれに対する加害工作のポリシーそのまんま。
またここか。特定の家しかこういうたとえ話はしない。


赤坂日枝に出向く。

ゴロツキが尾行に来ている。ギャーギャーたとえ話で挑発したり、ウロウロ社内をうろついて中々帰らない。(周囲の一般客と様子が違う)
祝詞っぽいのを唱えてる女がいるけど、黒装束で、メモを見ながら、まったく祝詞とは違うのをゴニョゴニョ言ってるだけ。
一昨年やってきた、物凄い効力の神主?さんの祝詞とはまるで違う。むしろ悪魔側の、悲しさや落ち込みを誘うような…


ワース三崎町へ出向く。
ここは事務員が柄悪い。「本物じゃないと潰す」「セカンドステージだ、なんならサードステージやるか?」などと電話のたとえ話で挑発してくる。

耐えかねて手を出すように、悪事加担へ傾くように、絶えず挑発はある。
なにせ、おれのような個人は世間に晒されて罪は全て擦り付けられ手柄は持ってゆかれ、マフィアのような水面下組織は一人も着目されず罪を負わない。
リスク比100:0、分が悪いどころじゃない。


マックスサポート大宮へ出向く。
ふだん1,2人しか来てないオフィスに、ゴロツキや使われ舎弟みたいなのが矢継ぎ早に10人ほど集まってくる。
半分が未登録でこれから登録用紙を書くという。ひとりは中年のやくざなおっさん。
物凄い怒気で、たまに脅してくる。たとえ話での脅しや文句も絶えない。

事務員も、あまりの威圧的な気配で混乱し、人数も数えられず、名前もロクに出てこないようだった。

スーパーへ行けばカゴ一杯の小品でレジを困らせ、本当にこの人種は、自分勝手で、ネガティブ一辺倒で、秘密諜報的で、世の中を悪くするばかり。
魔術により悪魔に頼ることで、人間をラジコンのように操ることで、どんなデメリットがあるとか考えてない。自分さえ良けりゃ、と。

おれが最も心配しているのはそこだけと言っても良い。
このままじゃ、万民の心に悪魔が宿り、いつ誰に操られ発動するかわからない”危険な兵隊”になってしまう。
ひとりは悪魔の細胞、組織全体でひとつの悪魔。

魂が汚れると、地震を起こすとか事件事故を自演するとか言う”呪術”まで商売道具にする始末。


総じて今日は、都内が気配的に危なかった。
弱腰、潰れそうになる心。淡々と続く。おそらく洗脳信号をFM波などに乗せて飛ばしているのだろう。
埼玉へ渡ると止むということは、狭域無線電波ということ。人が発するテレパシーはもっと狭く、距離ムラがある。

電波、音波、
つまり「力線信号」が危ない。




表の支配、
裏の支配、
内よ、
外よ、

心配だ。

いまある気持ちは、
たったの

それだけ。他は付帯要素に過ぎず、日々の生の動機付けはそれだけと言っていい。


おかしい。

「組織」はその規模によって磐石に活動する。正確、高機能、緻密。
でも、トップやセカンドが、悪魔に憑かれたとしても、
下はその指令を受け、動き続ける。

その状態がもう、5年以上、大差なく続いているように見える。
(その警鐘が先週放送分の「コードギアス 22話」だったように思える。http://www.geass.jp/story_22.html)
(強制的暗示により、豹変するユーフェミア)

さる筋から、見えない概念を”読む”ことを教えられてきた。
定期的に”読ん”でいるけれど、今もそれらの根幹の部分が、ほぼ不変のまま。4行上の通り。
誰がどうすげ変わっても、主導権が対極に移ろうとも。”呪いの軍配”を奪い合っているようにしか見えない。

そう、社会全体が劇場で、人は役者で、一部二部と、配役がどう入れ替わろうがシナリオが不変であるような。

もっと、正気な時代があった気がする。いまはもっと正気が失われてそうな気がする。
いや、記憶違い、知識不足、の可能性は否めないが。


だから、
利益に、権益に、色めきたつのをどうか、抑えてくれ。

「この劇場の監督」は、勢いを、利用する。
勢いづくほど、正気を離れるほど、
人の正気を離れ、
シナリオの命令に近づいてゆく。

正気が多い方が、人々にとって、ノーマルではないか。扇動された暴徒が過去、なにをやってきたか。

勝敗より、結果論より、
人の生き様とは、プロセス、過程論ではないか。
額面や権限の結果もいいけれど、「人」に根ざして、正気でゆっくり落ち着いて考え、
正気を忘れて突っ走りすぎないよう、「空気」に暴走を促されないよう、注意してはくれまいか。


右だけが、左だけが、
ファシズムだけが、フェミニズムだけが、絶対じゃないさ。

「こそ・・・正しい」
に気をつければなんとかなる。そう信じている。


盲信はしなくていいから、
無視もしないで欲しい。
相手が誰であっても。

それが、「こそ」決めつけを回避するという姿勢。

けなすなら、ほめてみる。
欠点を探すなら、長所にも目を。

強制が危ない。

 ◇

統一地方選の単発案件、、春からの別案件。
いずれも共通の痕跡が見られる。

・後ろから、鼻でせせら笑っている。
・途方もない作業負荷や、出来るわけがない無理難題を、吹っかける目論見

過労に追い込まれ、見世物にされてストレスのはけ口にされるか。
それ以外の何らかのポジパターンがあるのかどうか、なにせ相手は組織的、権力だの暴力だから。
特に目黒区での作業が怪しい。役場での説明会で職員に気配による威圧行為を散々受けた。
公明議員が汚職で騒がれた所でもあるし、いい印象がない。

何でもかんでも秘密主義。

後ろで勝手に納得し、吹聴し、
どうせ悪い奴だから、とかなんとか早合点して、
こっそりネチネチと嫌がらせを重ねて、社会追放。

この4年間のワンパターン。これ以外がなかった。
国家機関や組織暴力は独占的存在であり、どうせノウハウは変える必要がないからそういうパターンになる。


/27

起床時。
やけに早く目が醒める。思考がやかましい。ゴロツキ数名がひたすら罵倒している。テレパシーチャット。
つまり意識を乗っ取られている。よくあることだ。
無意識状態に近いほど、頭脳は乗っ取られる。

不可聴レベルの、洗脳信号。
可聴レベルの、チャット信号。
色々と混ぜて発信できるようだ。


朝一番。
沿道の奥様方が挨拶がてら、ペラペラ世間話を始めて鬱陶しい時間帯。

自宅は、近所から照射される洗脳電波が24時間止まない。いればいるほど、妙な気配に浸され、おかしくなり、衰弱する。
自宅を出るときが最悪の状態で、外出すると段々”気配”が抜けて行くくらいに。

当然、自宅では、近所の人間と気配と気配が干渉し、互いに狂いだす。
こっちが嫌がるほど、あちらは「ドカーン」だのと話に脈絡のない、癇に障る大声が多くなる。

この野郎、と憤る。だがここまでが「シナリオ」。憎ませ、いがみ合わせ、病人か、犯罪者か。そういう誘導術。

相手の様子を窓越しに伺う。
相手も気配を通じてその辺は感じていて、言い訳を始める。
「(強制的な命令が)頭に入ってきちゃう 言わざるを得ない でも我慢して、押し留める」

つまり、電波洗脳が、人間をラジコン状態にして、
人々を狂わせ、妙なことをさせるようになる。
個人の意思ではなく、どこかの支配者の、悪魔の、指示を実行させるように。

おれは嫌な思いばかり。
周囲も困る。

どこへ行ってもついてくる。電波が届く限り。気配を宿す工作員が追いかけてくる限り。
裏社会が喜びそうな仕様ではある。

対策は、相手にしないことに尽きる。テレパシー全てを無視し、抗 い、言いたいことは当人へ口頭か文書で伝える。


まだ、こんなシステムを続けるのか。「暴力統治」を続けるのか。
道具には様々な使い方があるが、ひどい、迷惑な、使い方を”そのまま”続けるのか。
偉いから、強いから、大きいから、続けるのか。

使い道によっては、素晴らしい成果を出せると思う。
だが、いまやこの人間ラジコンシステムは、ギャングにハッキングされ、管理権を占領され、ろくな使い方をされてない(ように見える)。
だが、政府のタカ派はギャングと繋がって、利用している。主権が暴力を容認している。実質上の、テロ国家だ。
(「プ リキュア5」でいえば、 騙されたナッツが善意で門を開けて占領されてしまった“パルミエ王国”)


時代を変えねば、今とまるで違うことをやる支配者に交代せねば、
「次は見えてこない。」
次もダメかもしれないが、変えようともしないよりはマシだろう。

運用ポリシーを、変えろ。
異なる運用チームを、入れろ。
ここ最近ですら、ちょっとばかり毛色の違う連中が伸ばしたくらいで、根本は何も変わってない。

変わってない。

順番交代、談合体質。
なかなか、体質が変わらない。各々の役割変更、配分変更、というのが見えてこない。
仕事をこなす仕事人がいない。組織をこなす組織人ばかりで。

 ◇

ここ最近、裏社会カルトにとっての利用価値の変化か、締め付けに容赦がなくなっている。
健康な社会生活と言う意味では、不可能に近い。ギスギスヘトヘトの連続ではね。
おれが耐えかねて死ぬのはともかく、社会がこんな悲惨な仕組みを抱えたままである不安と言うか心配と言うか。

「何か悪事をやった」と言うことになってて、
なんとなーくの空気で、自殺して責任とって当然だろ、と世間の方々で物影から言われる。
おまえら知ったような顔して全然わかってないだろ、という。操られるとみんなそうだ。一瞬のテレパシーで何でもわかるなら犯罪も事件事故も激減するって の。

悪い奴なら、法廷へ送れ。出来ないとか言わずに、せめて社会問題に発展させる努力を。
自殺して当然などと言う浅慮は、ファシズムを応援するのと同じ。支配者に睨まれたら自殺を強要されるのだから。


ホンダドリーム大宮へ。
やっぱり来てた尾行。つまりサクラの客と言うか、偽の客と言うか。

若いアベック。「お、やばい人来たよー、リーダー、いやリーダーだった、かなあ」ニヤニヤ
店員の様子もおかしくなる。”場の空気”は尾行員により操られた。遠まわしに俺を責める雰囲気に満ちる。
当然、こちらもおかしくなる。猜疑心が強くなり、いがみ合う気持ちで一杯になる。抑える。
これらは一連の”劇場化”システムによる罠であり、配役の通りこなすと犯罪(暴力沙汰とか)だのろくなことにならない。

「リーダー、えらい人!すごい!原付なんか乗ってていいの?」
「散々悪いことして、わかってんだろうな。」
最近は、表裏二重構成、アメとムチで混乱を誘う。どっちか迷わせる。だが5年間付き合ってきた、見飽きた光景。

たったひとつ、部品注文だけの用事に、3つも4つも面倒が重なる。疲れて仕様がない。
店内には、このおっちゃん公務員かな?この兄貴茶髪だしワルかな、の両方が来てた。

MOTOGPの800cc早期実現も、RC212VやZXRRや'04YZRの設計も、アイデアかまとめ役かで関与した割りには、割に合わない締付けばか り。( 
手柄は黙殺、不手際は他人のさえ押し付けられ、と言う印象。


(初心者への助言)
とにかく、なるべく避ける、相手にしない。これが基本だ。なにか別の算段、目論みがあれば別だけど、初心ではその余裕もあるまい。
ギャング、もしくは諜報に、場を操られると言うことは、何かをすればするほど暴走を仕組まれる回数が増える。投網猟みたいなものでもがかない方が良い。。
手を出さなければ、仕組む相手はやきもきしているしかない。


アウトソーシングはインベイダーに門戸を広げるようなもの


マンネット、ユニティー、ワース、マックスサポート、フルキャスト…
運送系、体力作業系、こうした単発アルバイト会社には、やくざ筋が乗り込んできやすい。経営資本がそっち系なのもあるだろうか。
会社ぐるみで、もはやギャングの支部的な役割とすら見えることもある。

IT派遣も同じ。請負や委託も含む。

報酬詐欺、期間詐欺、労基法を無視できる事業主契約の際に仕掛ける。
作業現場に若い衆をよこし、散々嫌がらせや脅しに終始して追い出す。だが作業放棄の責任は激しく追及する。


つまり、ITにせよパワー系にせよ、「派遣会社が伸びる限り、やくざの天下」という見方が出来る。(これに軍事警察、私兵などの諜報が加わる。外国とか ね)
建物は彼らが建て、霞ヶ関にだって人材は彼らがよこしてくる。実質上、どこへでもフリーパスだ。
アウトソーシングに依存する限り、社会はマフィア秘密主義冥利、やくざ化しやすくなる。そして「その場限り」人材はマトモに育たない。

守秘義務とやらで、うかつにこうした悪事を告発できない。
国家諜報と、裏社会とは、これを悪用している。堂々と、ネット掲示板での匿名投稿で、それを明かしている。


暴力が単純に暴力でなくなった時代。
根回し、ネチネチ、精神的追い込み。魔術。念術。悪魔契約。

まだ光明があるのは、年数がたち、多少は転換の兆しやヒントがみえてきたことか。
おれのような人種が期待をかけるような勢力が、勉強して対策してきている。

 ◇

様々な役割を背負わされてきたことを悩めば「11の偽名を使ってきた逃亡犯が逮捕」
弟の遺品が送られてきたが大きな絵画だし不用品なので売却すれば「絵画不正売却などで逮捕」

アサヒコムは偽のサイトでも別立てで用意してるんですかね。

自分が意気消沈し、追い込まれるのが激化すると、同じようなことをやってた方々がやはり停滞や停止を招いている。ニュースブログとか、製品開発とか、政治 動向とか。
国を世界を地域を良くする上での流れならばいいけど、どうもそういうのは少ない感じ。むしろ「書かせないやらせない」、という消極保守的な。

 ◇

自宅アパート。夕刻、202岩田が帰宅する頃になると途端に激化する、電磁波攻撃。
いやもっと詳しく言うと、「水道管に電気信号を通し、ヒトの念術を機械的に伝達する技術」のようだ。
念術(脳波信号)が通れば、テレパシーも通じるし、体も操られる。だから台所付近では強力な不快感、ゴロツキの罵倒テレパシー、がセットの”地獄”とな る。
人が放つ場合、可動だから向きが変わる。でもこれの場合は位置固定。

102つまり隣のとっぽい兄ちゃんもなんだか騒々しく歩くし、両人とも長期居住だし、工作員的ではある。

 ◇

現状、「テレパシー無線」でおれを民衆の晒し者にして、都合よいところばかり見せて悪党像を作り上げようとしてる。
新聞テレビ、インターネットサクラ言論、やってることと同じ。いわばこれは「メディア」だ。ムネオ像もホリエモン像もメディアの作為と公権の指示が作り上 げている。

インターネットまでは、疑うことを覚えた民衆。でも、テレパシーレベルはなぜか盲信してしまう。洗脳されてるのか。
民衆がメディアの嘘っぱちを盲信して大騒ぎし、やむなくWW1(世界大戦)に参戦することになったのはアメリカだったが。

おれにテレパシー越しに大挙して張り付き、混乱させて無力化を狙う組織連中。そんなにこの頭脳が、書く内容が、脅威か。

疑うことを知らない面々は少し、先週末23,24の記事でも見て欲しいものだ。大手製薬会社のフォーラムを滅茶苦茶にしようとする連中が言う悪党とか正 義って、何だよ。
おれがもし悪党の側なら、一言もこんな事、告発しないけどね。

/28

http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/cat_mov.html#070328
昨日のホンダドリーム大宮の件といい、この動画の内容とどこが違うの?

うちは14歳の弟が殺されたよ。家族一同に容赦がない。

 ◇

今日は実に厳しかった。いかにも集中砲火。
昨日書いた記事が記事だからなあ。

呪術も、尾行も、派手に追いかけてくる。
心身が操られっぱなしで、最悪のタイミング続出の自動車運転。
そこへ最悪のタイミングで尾行員が突っ込んできて横断歩道をニヤニヤ小走りで渡ったりする。
コンビニへ入ればほぼ、時間にしては多い職人や茶髪のスウェット姿。

ちょっと休憩すれば自衛隊輸送機C130の2機が低空でグォーーと通過してゆく。
遠巻きにパトカーが張り付いたりもする。帰るかと動き出すと向こうも隠れてた路地から出てくる。
http://f40.aaa.livedoor.jp/~kasumin/cat_mov.html#070328-1


夜、例によって近所の帰宅組が放つ電磁波攻撃で、ついに倒れた。
急激な肝機能低下で力が抜けた。いきなり鼻が赤くなったからなんだろうと思ってたら。
連中もだいぶ本腰だ。来月を乗り切れるかさえ微妙になってきた。まあ背負うものはないんで気は楽だけど。
親族もやくざに追い込まれてることはとうに知ってるしな。同じ苦しみを4年も続けた。もういい。耐えたくない。むしろ終わりたい。

きょう鏡を見てびっくりした。すごく老けている。というより、内臓機能低下による老いと言っていい。一年前の写真とえらく違う。
4月からの案件の面談でもからかわれた。あの案件も罠だろう。罠だったら企業の実名まじえて告発だ。いつものことだ。

おとといマックスサポート大宮つまりソニックシティに追いかけてきたやくざ連中はたとえ話で言った。
「なにまじめに仕事してんだよ」
「え、マジメに仕事していいじゃないの?」
「いや、とっとと死ねよ」

結局、いくら政治や経済に利用されても、誰も助けちゃくれなかった。利用するだけして使い捨て。ねぎらいひとつない。
手柄を褒められたことがない。だが捨てられたら不利なことばかり吊るし上げてくるようになった。

 ◇

世の中のみんなが、ひとつの信号で、操られてる。神懸かりに、ぴったりの時間にやってくる。
操られる気配を通じて、彼らに思考を読まれたりする。
神懸かりに操られる民衆、運命。最悪のタイミングがこれでもかと続く。シンクロニシティ。
(以上、復習)

 ◇

都心から洗脳電波「よむ空気」が

都心某所から、無線電波信号が放たれている。
不可聴。脳波的な信号。強制作用。つまりラジコンと同じ。
データが残れば「洗脳」

落ち込め、という信号にも、意気揚々となれ、という信号にも、脳は反応してしまう。
パソコンと違って、ファイアーウォールは存在しない。

個人別に、作用を決められるらしい。複数周波数帯を確保なのか。
もしくは、感知能力を啓発されないと感知できず、作用しないような、とにかくなんらかの個別化手段があるようだ。

埼玉県では、久喜市街までが、強力な作用範囲。栗橋近辺で急激に薄らぐ。
この2年間、不変だった。固定作用、固定設備。

発信源が山手線の円内とすれば、有効範囲は半径≒50km圏内ということか。TVFM波はもっと遠くまで届くので違うね。小山や結城でNACK5聴いてた し。
悪党組織は、かならず携帯電話をかける。増幅手段らしく、不快な気配が強まる。遠方から”気配を伝達”する手段でもあるのか。
通信電波に混ぜられてる可能性。

/29

昨晩。いきなりクラクション。いつまでもやまない、防犯装置故障のシ チュエーション。
直前に怒りをぶちまけていた。少しは表に出て来い、この加害者どもめ、と。

オーソドックスな流れとしては
・テレパシーを通じて聞こえたので
・近所の配下が反応したか、指令が行って、

というところか。
いやそれとも、おれに曲解させるパターンで、目の前の当人達は知るよしもないパターンかな。

何度も続いてしつこいので現場(数十m先の新しめのアパート)へ行くと、目の据わった職人風の男が出てきていた。この人は車のオーナーではない隣人。
で、オーナーはその車を転がして、おれのいる公園の沿道まで付けてきた。

この辺の手法は、「集団ストーカー」なるカテゴリーで検索すると、複数のサイトで同じように紹介されている。
時代は殴蹴ではなく、執拗につきまとい、威圧気配や電磁波など、触れない手段で嫌がらせる時代。法整備の思わぬ副作用。


10:20ごろ、急に照射開始。
無から有へ、いっきに不快感、意識低迷。”電波で飛ばされ、やってくる人の気配”。威圧に満ちた気配でテレビなど家電製品のボディがバチバチときしむ。
白昼からいる工作員。向かいのグリーンハウスとか、その辺りが怪しい。


組織悪に利用され、使い捨てられ、死ぬのはもしや来月かという予断ならぬ。
こ ういう筆者は実はおれを利用した中国筋の回し者なんじゃないか、などと邪推ばかり走る。
邪推猜疑心は、彼らが仕掛けるメジャーな洗脳手段だ。

あー目が回る。自分の心に他人を感じる。ゴロツキだな、この冷たさは。



テレパシーネットはインターネットの欠点を踏襲する

しかも上位なので、もっとややこしく難しくなる。


テレパシーネットワーク。
必然的に、インターネットよりも信用ならぬ仕様となっている。

・モニター越しにサイトが見えるわけではない
・URLで確認できるわけではない

非常に、思考野での狭い判断に依存してしまう。”真偽判別”がむずかしい媒体だ。
「ラジオなんだけど、テキスト」。肉声ほどの判断材料も無い。

インターネットは、相手の顔は見えないけど、文面や画像でなんとなくわかってしまう。
IPやアクセスログなど、判別手段は可視的にいくらかある。結構、悪事側には面倒な媒体だ。
それらが、ない。整備されてないのか、実現不可能なのか、はてさて。

結局、直感が鋭い、妄想の達人でもないと、相手を想像しづらい。結果、使い手を選ぶ危険なメディアと言うことになる。
テレパシーで”啓発”を受けた人間は、「高速思考」を有していることがある。いわばクロックアップであり、これを追随、まして凌駕するなどの人材は、よほ ど限られる。
「テレパシーを理解し、その概念に基づいて考えられる人間」がまた少ないのだから。


今朝。例によって近所の主婦世間話にて。
段々テレパシー的にリンクしてしまう。意識の混同。否応なしの強制チャット。
無線LANのアクセスポイントに、強制で繋がってしまうようなもんだ。こういえばわかるか。

あっちも色々駆使してたとえ話をするんだけど、結局は伝わらない。
大声でしゃべってて、いきなり無言で手振り身振りはそのまま、つまりテレパシー会話して見せたり。

で、しまいには「使いこなせない ハイテクいらない」とハッキリ言って去って言った。
なんかこう、ベトナムやイラク戦争の被害者とか、、そういう感じにも見えたな。「押し付けいらない」、という。

どこの組織が、公的機関が、相変わらずインフラし続けてるのかは知らないが、
せめて実情に見合ったカスタマイズ、チューンデチューンを行うべきではないのか。


携帯電話:航空機内の使用で異常、05年に48件(朝日新聞)
国交省によると、これまでに報告された障害の約半数は操縦室のモニター異常だが、 01年9月には高度約3000メートルで上昇中に機体が突然右に25度傾くトラブルが発生。03年2月には、空中待機中の航空機が、高度を約120メート ル逸脱するなど運航に影響が出た例もあった。いずれも乗客が携帯電話の使用をやめると正常な状態になった。

これぐらいのインパクトはあるよな。なんせヒトの意識に土足で侵入するんだから。
「気が散って集中できない」なんて日常茶飯事。組織暴力はこれを悪用してるし。心の中へ何人も上がりこまれて脅されるってのは最悪だぞ。
「仮面ライダー電王」くらい、対等で良好な関係で、扱いきれてればいいけどね。実際は力を記事出来る組織が結局はモノをいってる。

・改善(用件定義)
・法治、自治

まだまだ全然追いついてない。黎明期のインターネット以下じゃないの?


 ◇

久々に、シンクロニシティ(運命操作)魔術の悪用に関する記事を。

たまたまテレビに目をやると、いきなり速報。植木等死去だって。
新聞記事だと「日本一の無責任男」植木等さんが死去 (読売新聞)

なるほど、皮肉めいてきたらなんとなく”連中からの悪意”だとわかった。

いつだったか、やはりテレビをつけると「反抗的でさっぱり言うことを聞かない生徒が」という場面。
学校であり、教育更生指導であり、という「いいわけ」も良く聞かれる。”連中からの悪意”だとわかった。
ウエから一方的押し付け強制スパルタ指導、ありがちな時代退行。ナチス下では反ナチスは教育対象、手段は暴力尋問。


学園アリス」。ナツメが学園 に利用されてボロボロで、なんか自分と似てるなあと思えば、
今度新番組の「Darker Than Black」の主人公・ヘイがよ く似てる。仕事でかぶる仮面とかが。

 ◇

ホンダお客様相談センターですら、入り込んでくる諜報部員


電話すると、コールの女性が出てくる のは、どの企業も同じ。今回はいけはたさんだったかな。
しかし、後ろに技術的な返答をする男性が控えていると言うのは、普通の自動車系企業には無いと思う。
普通は、「しばらく調査して後、折り返します」と来るはず。
もしくは技術系部課に転送。サポセンで返答と言うことはあまり例を見ない。

けど今日は違った。口調もやくざ風、べらんめえな、ホンダ社員とは到底思えない。
即興で調べただろう、こちらのバイクの部品情報をベラベラしゃべってゆき、
「2スト不安定でしょ」勢いづいたついでに「だから見切ったんですよ、盛り上ろうと頑張るのはわかるけどね、もう諦めてくださいよー」とのたまう。まるき り公安の恫喝だ。
その後の語調はいきなり低くなり、まるきりやくざの恫喝。しかもあまりに低すぎて何を言ってるのかわからない。

で、「NSR500でもインジェクションやってましたよねえ」、とカマかけてみると
「そういうことじゃねエンだよこのっ」とか呟いてる。やくざじゃなきゃ、公安部員か。社員なら乗ってくる話題だから。

かように、どこにでも入り込んでくる。昨年だと品川の三菱本社フロアに、「住吉がさあ」とかニヤニヤ呟くやくざ風のおっさんが。
強制的に入ってくるのか、
よほど強力に「場の人間の意識を操って」有無を言わせないのか、
それとも”公安による職権”で入り込むのか。

不審に感じるからには、問い詰めなきゃ損だ。もう一回電話する。

と、ここで尻尾を出した。
「オクムラさんでしたっけ、どこの所属ですか」
慌てる女性オペレーター。
やんわりかわすも、ついに保留にして、オクムラ氏を呼び出す。この間に5分近く待たされた。「想定外」だったのだろう。

「チーフです」としか言わない。所属部課もないチーフがあるかよ。
しかも一人で、技術系部課から情報を仕入れて返答してると言う。うそつけ。
作業負荷的に、役割分担的に、ありえない。サポートセンター経験者をなめんなよ。


押しかけ工作員。大企業だからって安心は出来ない。
田無駅の吉野家に、見慣れない部落風アルバイトが3人も入ってきて、並盛を半分しか盛らずにケタケタ裏で笑ってたのは4年前。
三鷹のいなげやで、副店長だと言って出てきたのは顔に傷がありそうなやくざ風の男。
子分みたいな奴らと、こっちがバイク駐車してる位置の掃除を始めて腹をたたせる工作。
(いずれも当時の日付で記録してある)



夕方のベルク蓮田。
デブ姉妹とか老人数名とか、いずれかがカルト工作員なのが気配と、異様に陰険なノリでわかる。
場を操れる工作員がひとりだけでも、周囲の数名は充分に険悪に言動してくる。外見で一目瞭然な工作員ばかりではない。
「あいつだ、わかってんだぜ、わるいんだぜ もうおかしくなってるんだぜ」ニヤニヤ
睨みつけてくる。この現象がレジの裏だけだから、ここにいる人間の中に工作員が混じってる。
なんかこう、やっぱり様子が一般人と違う。その様子を隠そうとしない奴も多い。


この手の連中は、「組織でひとつの心、シナリオ」、で動いてる。
誰と気配を交わそうが、テープ再生みたいに同じ罵倒テレパシーが響いてくる。「真っ黒 しね 」などと。
弱気になってくる。どんどん、めげて負けてくる。相手が正しいような気がしてくる”心理誘導”が進行する。

敵性の用意した演劇舞台に立てば当然、ろくな役をあてがわれない。

このような「超能力戦争」じみた時代には、とにかく「防御と回避」
相手に影響されてはいけない。
物量で押して来るなら、相手にしないで”気配の交流”を回避するか、
防御力が足りてれば、逆に押す、防戦する、などでもいい。この辺はシーソーゲームだ。


そういや一昨日のホンダドリーム大宮。いくらやくざな工作員にあやつられてたからって、おれに部品番号を調べさせて書かせてたな。
以前はむこうで調べてくれたのに。ホンダの場合はそれが普通なんだけどな。
こういうところからして、「操られた現場」というのは異様になる。みながやくざの兵隊みたいに陰険で騒がしくなって。

 ◇

「世の中はお前の玩具じゃねえ」というテレパシー罵倒を見かけるようになった。
むしろ加害組織側がいいように利用してきたんじゃないか。時系列的に明白だ。
ファシズム、製品開発、責任もつと面倒な部分ばかり、押し付けてきた。
まるでおれひとりがやったように見せかけて。おれひとりしか表舞台で目立たないようにして。
そんな天才いるかっつの。テレパシーネットワークで相互カンニングしてるだけだろ。
それが歴代の天才の種明かしってことだろ。種も仕掛けもあるんだよな。
この辺は実に、秘密結社的。秘密を守れ口外するな的。

かように、シンジケート。
部署ごと、組織ごと、情報遮断が、故意に行われている痕跡。
知ってる、知らない、勘違い。その温度差を利用して多彩にターゲットを叩く。

世の中全体が、実験場にされている。何でも操れて、どこへでも入り込めて、有頂天な加害者組織。それに飲み込まれた自分だから良くわかる。


超能力、魔術、がらみな現代の情報謀略戦。
相手が言ったことをたとえ話として咀嚼する。(相手は訓練されそれを駆使してくる)
それだけじゃない、自分が言ったことも、言わされてるものとして咀嚼する。

劇場型世界。お抱えシナリオライターが書いたシナリオ通りに動いている。
自分の言葉さえ、誰かが仕組んでる。

 ◇

おれと運命共同体な某知事も倒れてしまった。だがこんなのよくあることだ。おれが死んだら誰と誰が死ぬのかと戦々恐々ではある。絶望のあまり、ほぼ無関心 だけどね。
このシステムでは、叩くこと、謀略がはやる。
でも、潰して、交代して、また繰り返して、

何になるんだろう。おれはそれが死ぬほど嫌だ。

組織謀略も、上流にとっては見世物、ゲーム感覚だという。
悪魔が上流に取り憑いたのか、元から悪魔じゃないと上流になれないのか。

高い身分とは、いいものばかりでもないようだ。悪魔になってしまうようでは。庶民を見下して惨殺ゲームを見物するようでは。

 ◇

昨日いきなりほんの一瞬で顔が赤焼けしてヒリヒリし、ぶっ倒れた。
そして普段から自宅にはなんらかの力線が照射され続け、
・脱力
・節々が痛い
・甲状腺腫れ
・むくみや血行不良
・神経麻痺
・顔がこける

が常態化してる。自宅にいる限り無気力で倒れるか俯いてる。行き場がないからだ。

つまり、紫外線か、もっと突き抜けてX線を使ってる恐れがある。
ただし、光線系の照射距離は長く出来ないし、照射元と射程範囲全体が危険で、実用的ではない。
じぶんでX線かぶりながら暗殺に従事する住民と言うのもある意味すごいな。

照射はアパートの北側からに感じられる。台所が地獄絵図。実際にどういう仕掛けがあるのかは知らないが。
どうしても照射方向の一番近い家を疑ってしまう。でもこういうのは組織ごと吊るし上げないと意味がないんだよな。


おれにとっての日本は終了した。生ける屍の毎日。
あした完全に解放されても健康は元にまでは戻らない。
はやく死にたいのはやまやまで、単に自分でやるのが面倒なだけだ。

末弟は電磁波照射(電気ショック)攻撃の連続で心不全。
次弟はおそらく同じ電磁波攻撃も重なっての衰弱死。
おれも衰弱死か自殺だな。
3兄弟皆殺しにされるわけだ。政府に、やくざに。表裏の支配者は連携結託するようだ。

 ◇

根が素直でいい人間ほど潰されてる。
いや、人畜無害でなんにもしない一般的な人じゃない。誰かのために背負ってしまう道義心の人たちだ。

霊的な部分で、上から始まって下まで、悪魔に侵されてる。
たぶん各国政府も、その巨大な現象を掴んでいる。連絡を入れても沈黙、極たまに弾圧で、やんわりとした返答や対応がないんだよ。
彼らは密偵を使い一様に言うんだ。「絶対ダメなんだよ」と嘆息して。

なんか、その意味が4年間の実体験でわかった気がするよ。
今や組織悪ばかり強い。昔は組織悪とは言え人だったけど、いまは悪魔が宿り後押しを受けてる。

根本をもっと引き戻さなきゃダメなんだ。でもそれに類する告発をすると潰されるんだよ。
悪魔は人を使い物量と気迫ですべてを粉砕して回ってる。

「サイカノ」のラストシーンが思い起こされる。そういうことだったのか。
物語の作者は、そういう真実を教えられてる。コッソリと、あるいは公然と。一種の情報操作の請負人だ。

/30

http://www.niji.or.jp/home/k-tatu/page066.html

・疲れやすい。
・熱感。

テレビにいきなり激しいノイズが出る。不定期、一瞬。ザッザッ・・・・ザザッ


こういう、人に向けて撃っちゃいけませんがわからない方々は、
「この野郎」とすぐ攻撃衝動を顕わにする。
「やっちまうぞ 勝てるわけがねえ おれらが最強だ なめんじゃねえ」

ものすごい意気揚々。なにをそんな気張るのかというくらいに。
タカ派にしても超超タカ派。むしろ過激派。

誰かの家に狙いを定めて電磁波を撃ち込むからには、線上の住民も同じ被害を受ける。
米軍やイラク軍をやっつけるために膨大な住民の死傷者を出し平気でいる軍人根性に、似てるような。

 ◇

誰かが人柱となってどうにか安定し、下落しない世界。
無理に人柱を引き抜けば、あれもこれも下落する。

その後の運用ポリシーがしっかりしてる連中ならいいが、略奪程度の意識だと、悲惨なのは事後の方であろう。

気に入らない奴が人柱だからって暖冬や強風続きにする幼児性残虐性。
人柱がすげ変わり、やっと冷えてきたと思えば、今度はあっちもこっちも冷え込んできちゃった。あーあ。

協調と断行、リーダーシップとディスカッション、結局はチョイスの器用な見識のある人(マネージャ)が残る。いや残らないと色々大変。

 ◇

ついに部屋で寝られないくらい酷くなった。
電磁波照射でビシビシきしむ電化製品やその他構造物。

朝起きれば、手馴れた工作員(近所の住民の誰か)が、「へ、起きやがったな、ざまみろ」などと悪態ついてにやけている。
テレパシーもここまで鮮明なのは珍しいが、
・至近距離
・外
だからだろうな。北隣、もしくはそのすぐ近く。

 ◇

新宿、アルバイトの研修。
これも例外なく、国家諜報の妨害工作が仕組まれてる。

・こいつ本当に区役所員か?というごつい人物(密偵)
・狂わせようとする、話についてこれないように体調不良を仕組むなどする(妨害)
・魔的な性格を強制増幅して、威圧的気配や、テレパシーなどで周囲に嫌がらせをさせる(不評工作)

ここまで強力なのは、同じ室内に工作員がいないと無理。オレが聞き取れない時にそれを感じ取ってわざわざ声を荒げてペースをあげていく職員、怪しい。

外へ出ると、待ってましたとパトカーが路地から出てくる。
スーツで一人で白セダンに乗ってる場合は要注意。急左折工作の車かもしれない。

そもそもこのバイト、官公庁、15時間労働、などとこないだの品川の案件とセッティングが酷似している。
公安が、大事な大事な国政選挙を巻き込み滅茶苦茶にしてまで、おれひとりへの嫌がらせを仕組む時代。
目的と手段が不釣合い、逸脱、逆転。


でも池袋ビックカメラの前でバスから大量の警官が降りてきたのはきっと板橋郵便局強盗の検問だろう。
その向かい側で老人に丁寧にお辞儀されたのは人違いだろう。

こないだ京急ホテルの帰りにやたら咳き込むバイクに不審を感じて分解すれば、水がどっと出てきた。
これは、構造上、人為的工作かもしれない。クリーナーからどばっと出てくるなんて自然にはありえないから。たいした降雨もなかったし。
とにかく先週末の品川は工作だらけだった。


夕刻自宅近辺。たぶん公明党だろう、あいさつ回りしてる。浅黒いごつい男なんか同伴させて、よく話を聞いてもらえるものだな。
鬱陶しい気配。嫌と感じる場合は大抵、実際に敵性。相手に悪意がある。
うちのまえで立ち止まってごにょごにょ言ってる。いきなりテレパシーが飛んできて「もういいだろう、しねよ」
で、自宅前まで来て口頭で「あのひと、わーかってるくせに」と叫んで逃げてゆく。これはこっちの気配に感応しての”自動的悪態”か。

まあ、この辺は虚構を仕組まれやすいので、見たままとは限らないが。テレパシーは本人確認が難しい。


人殺し国家。気に入らなければ本人を痛めつけながら家族をみせしめ暗殺してゆき、
本人は汚い工作に巻き込まれ、どんどん悪者にされてゆく。

人殺しに「この人殺しめ」と
嘘吐きに「この嘘吐き詐欺師」と
罵られるのが、国家諜報、やくざ脅しの基本パターン。プリキュアみたいに、これらは表裏一体。

 ◇

4月中にはしんでるっぽい。公権が堂々と職場潰しに大量動員し始めたし、
自宅でも都心でもいきなり威圧気配で心不全手前まで持っていかれる。JCBの件もどうせ罠だろう。

日本はカルト与党が滅茶苦茶の悪魔支配にしてしまいました。
自民は甘言に惑わされるべきじゃなかった。でも高慢と魔術を組み合わせてしまった。
昔は圧力が来ただろう。いまや念術だの魔術だのがくる。
魔術とは、人間よりも高位の悪魔と契ることだ。絶対に、呑まれる。相手のほうが生物的に偉いんだから。

すまん弟達よ、長続きできなかった。無念を晴らすどころか無念のひとつとなりそうだよ。

 ◇

テレパシー戦の時代

物理戦争一期(手と手、刃と刃)
物理戦争二期(兵器同士、戦線同士)

情報戦争(信じさせる、強制的に刷り込む)

これからは

テレパシー戦争(相手の頭脳(管理権)を乗っ取る、洗脳、そこには違和感を感じる自由すらない)

情報戦(争)までは想像がつくだろう。これはある程度「任意」
信じ込ませるのが基本。営業努力って奴だ。騙し、むろん強制の命令もあるが。
脳の中に独立した自己がある。国がいやなら亡命すればいい。

テレパシー戦争となるとそうは行かない。

パソコンは、乗っ取られて自由に操られても、ネット回線を切断し、再インストールできる。
だが脳は、テレパシー通信でハッキングされ、正気、判断力、違和感まで奪われると、修復が難しい。回線切断不可。

おかしいはずのことを、おかしいとすら思えなくなる。完全なる下僕だ。
「エヴァンゲリオン」のATフィールドとは、そういう描写だった。確信犯だろうね。

実際はテレパシー、超能力、第六感、気功、念、まだきちんとした呼称は定まってない。

仮にローマ帝国がオスマントルコ人民をすべて思うままに操れたら、自分達の意思でローマ万歳と叫ぶように洗脳したら。
これで侵略は完了してしまう。

自分の脳と言うパソコンを、ファイアーウォールさえインストールできない原始的高機能ツールを、
各々が守って行かねばならない。いつだれにどう洗脳されているかわからない。気がついたら自分が豹変している。

漫画と違い、通信経由だからインターネット並に相手がどこにいるのかわからない。
通信だから国中、世界中を網羅している。遠隔気功(テレパシー)は地球の裏側まで届くと言うのが結構メジャーに語られている。検索すればわかるけど。
逃げ場がない。亡命と言う話ですらない。


かくして、カルト信者、部落諜報、組織悪末端、などには
「思考停止の下僕」が多く見受けられる。自我を奪われ、ひたすらラジコンのように働かされるタイプだ。

/31

朝、9:00まえくらいからいきなり、”思考ジャミング作用”の電磁 波照射が開始された。
思考が遅くなり、鈍くなり、つまりは頭脳潰し。書かせない考えさせない。これもゆっくり書いてるし、入力がおぼつかない。
操られる状態になると、常時監視、”検閲状態”となり、たえず”仕掛けてきている相手”の気配を感じ、書いてる内容によっては急激に思考停止や痛覚などで 邪魔をされる。

”取り憑く妖術”で、まさに内面まで張り付かれるようになった時代。


「お前は悪だー! しねー!」
「やばいぞー!」

どこへ出かけても、居合わせた通行人がそのようなことを口走る。
ニヤニヤと一般人のこいつらはゲーム感覚かもしれないが、被害者は家族を亡くしたり、死にそうな目にあっている。
この温度差はなんだろう。
 (まあ大抵は目的地と用事と到着時間まで計算されて、サクラが数名来てるんだけどね。相手は国家諜報とやくざのつるみだし、人はいくらでも用意できるよ うで。)
 (一例だと昨日の長崎屋蓮田店、ものすごい威圧気配で沿道を通るのも苦しかった。「くるかもしれない」というだけで、念術工作員が来てるということ。大 量動員。)

いやそれはいいんだが、こうなるともう、民衆はみな「悪魔」だ。
カルト尾行部隊に執拗に追回されても同じように感じるが、自分達が正義で、絶対正しいから相手を叩き潰す。容赦しない。ネチネチいたぶる。

その姿はまさに、悪魔。中世の拷問官。

かくして、電波に操られ、夢遊状態となり、誰もが瞬時に「悪魔」になれる、夢のような時代となった。
きょうは誰に「エージェント・スミス」が宿るだろうか。

もう世間を民を心配する余力もない。勝手に狂ってくれよ。



個人を、民衆を、運命さえも、操れる力

コー ドギアス」、放送終了。
まるで自分の身辺事情を公的諜報筋が情報収集した上で制作されたようなアニメ。

現実においても、ほぼギアスと同じ力が運用されている。

支配者とそのイヌ(つまりは組織)が使うそれは、はるかに陰惨で無遠慮な、まさに国家諜報、軍事警察、政治工作、という視点でのものだ。
それはもはや、同じ日本人とは言えない別種の人種である。ハイエナ根性、支配のみに固執する「悪魔

ユーフェミア、異邦の日本人を愛する姫君でさえ、強制的な催眠状態によって日本人を殺戮してしまう。

若いルルーシュ一人には遠慮があって、涙も流した。でも現実は、政治団体ほか裏社会、公安警察による常用。
ルルーシュは最後に公言した。オレは悪魔と契ったから、と。少年なりの青臭いそれと、汚れ切って遠慮のないプロ組織とはまるで違う。

そういう時代だ。個人を、民衆を、操ってどうにかしてしまおうと言う。家族ごと心不全で闇に葬ろうとか、国会議員すら操って自殺させよう、警官は拳銃自殺 させよう、という。

5年間も粘って、ネットを中心に世間へ呼びかけたけど、あまりに反響がなかった。
むしろ諜報網の流す、偏向な、”テレパシー的な噂”を盲信するばかりの世間。様々な工作でむしろ、こっちがどんどん悪人にされていった。


 ◇

4月は選挙も絡み公的なバイトが散発するが、現時点で出揃った材料から推測していずれも罠だと踏んでいる。
エーザイがホテルで大々的に行う、医師向けフォーラムイベントでさえ、(23,24日)
12時間以上も用意してひたすら念術プレッシャーと無理難題で苦しめた。この手法はワンパターンに、慎太郎お膝元の新宿区の案件でも用意されている模様 だ。

鎮圧蹂躙主義。

”先生方”以外の”いち個人”が公開の場で主張すると、「んじゃやってみせろよ、大口叩くなら」とけんかを吹っかけつつ、その権限や組織力も貸しつつ、し かしその組織力で”同時に盛大に邪魔”をする。
「できるわけがねえんだよ」という結末を用意してある猿芝居。

エーザイフォーラムではそれが顕著だった。やくざ筋の柄悪いやつがバイト仲間として送り込まれ、
「おい兄貴ぃ、こんなのできねえのかよぅ」などと声を低くして唸る。電気工事士が練習して会得するような、LANケーブル端子の加工など、無理難題ばか り。
うまくいってる仕事は邪魔をする。グルの数名が押しかけてきて、「なにうまくやってんだこら、こっちの仕事がねえゾー」などと因縁を吹っかけまくる。威圧 念術で思考停止を誘う。

カルト、ギャング、官、これらに”なびかない才能”つぶしに過ぎない。
下っ端は加害し、上は高見の見物。

・仲間のふりをしたギャングに注意
・筋書きの決まったシナリオである
・ウエを疑うことを知らない日本人を逆手に取った

潰し、排他、結局は暴力性。
世の中を暗黒で染めて、萎縮材料を増やして、どうするんだと一般人は思う。
でも、支配階級とかあの辺のタカ派になると思考回路、魂、別物だ。その総合的意思は魔物と言っていい。
鬱病が、不安が、テレパシー的に伝染するように、魔物の心もまた仲間内に伝染し同期する。

だから支配支配と躍起にならない頃の日本は明るかったんだろうな。影でひっそりしてたほうがいい役割ってのはあるのかも知れない。
15年前はそこかしこにあった「相手をいかに幸せにするか」というサービス精神、まごころ、すっかり減った。見なくなった。
表で作る明るさと、裏の陰湿な本音が、すっかり乖離、接着がはがれおちてしまった。

政府広報では、イジメ相談ダイアルなんて宣伝してる。
だがかたや、政府も絡んだ諜報謀略で小中学生を含む家族が暗殺されている。

こうした世の中の不穏な空気を、本能の強い子供たちは、敏感に感じ取る。子供のゆがみは、鬱は、今のままじゃ増えはしても減らない。


http://nj7lx99q.blog71.fc2.com/blog-entry-307.html
この辺が、おれよりは世に出て触れて肌で感じてる中高齢者の言い分かな。
これのおかげで、”嫉妬を煽りイジメ倒すビジネス”が、官民連携で、はやってしまう。
おそらくそれは、現実的で地味ではあっても「スピードグラファー」の ような感じで存在している。

 ◇

きょうは、老人工作員が大挙していた。部落農村の顔ばかり。家族の何人かだったり。

スーパー
「あ、あのへんなひとだ」などという定番セリフ、
レジで背後からカゴをガツンガツン押し付けている陰険な80代婆さん、
さっきの悪態爺さんに試しに視線を合わせると、ちょっとだけそらしながらいつまでもこっちを睨み続ける。「ああやっぱり」判別完了。

ガス屋
アパートでてっちゃった、電話繋がらない、などという、ろくでもない末路を予感させる話をクドクドしてゆく老婆。
しつこい。こっちを意識しつつ語調が上がってゆく。

農村老人は古くからこのシステムに組みこまれ、「まず理解よりも睨め、上に逆らう奴は」ばかり。
一番話が通じにくい。

 ◇

仮面ライダーカブト、内山の紹介文。http://www.tv-asahi.co.jp/kabuto/04_cast/list.html#%89e%8ER%8Fu
最近だと
月面兎兵器ミーナ最終回。

「日本中を敵に回して」というフレーズが散発。

自分は常に、放送番組にプライバシーを盗用されている。
そういう政治的工作。要は嫌がらせと、メッセンジャーだ。

つまり「無線による人間ラジコン化システム」を使えば、
何割かの民衆に、「誰々が悪いと言う盲信」をさせることが出来る、ということを顕示したいわけだ。
これはもう5年近く付き合っている現象だから、状況証拠的に間違いない。

会ったこともない人間を、思い込みや伝聞で敵視し、睨みつけ、加害する、人種の増加。

スイッチひとつで、特定の誰かを、国中の村八分に出来る技術。

ろくなものがはやらない現代。

 ◇

「集団ストーカー」という検索ワードで出てくる、メジャーな掲示板のスレッドはほぼ、プロの情報工作員だけが常駐し張り込んでいるけど、

彼らが定期的に言うには、
「虚構の敵を作り出す」
「庶民にみせつけ、晒して、バッシングさせ、ウサ晴らしをさせる 魔女狩り行為」
「トップ層の、真の巨悪から目をそらさせる」
「要は、マスコミやインターネットを使ってやってる手法と同じ」

だそうだ。

ちょっと検索して調べれば、5年ほど前から同じような書き込みが散発しているのがわかる。

有力でない個人が、いきなり巨悪などありえない。
必ず、バックがいる。

バックが大きいほど、普通はかなり親密な付き合いがあるはず。なければコネをもてないから。議員さんとの付き合い方を考えてみたらいい。
だから、まったくそうした付き合い、会いも会話もしてない場合、一方的に利用されるか、”シビアな条件の相互利用”を強いられている可能性が高い。

いつのまにか利用される個人より、結局は巨悪の根源を辿らねば意味がない。

「つねに秘書が逮捕されてた時代」よりもっと酷い。秘書は内部関係者だもの。
外部の人間がいつのまにか、いきなり、というのはもっとひどい。仕掛ける組織側にあまりに有利だから。個人は目立つからすぐ矢面になる。

 ◇

加害者側からだろうか、昨晩の夢の中で重大なリークをしてきた。テレパシー経由のリーク、たまにあることだ。

だけど今のように、真偽ごっちゃの民衆バッシングの渦中では、被害が降りかかる先に教えてやることも出来ない。
お前のせい、とかまた言われちゃかなわんからね。
何度も警視庁には、不審な拳銃自殺の件とか通報してきたけど、逆効果だったかな。いままで数多くの通報をしてきた役割は小さくなかったはずなのに。

モンスターと通じる可能性、倒す可能性は、やはりモンスター。経験者。
悪者を作り出す、倒す、繰り返す、敵全滅、今度は内部からあぶりだす、また全滅、
イエスマン化、硬化、人材萎縮、育たず、

といったところですか。

 ◇

外出したとき、国中広域に照射されてるであろう洗脳電波を感じていたのは数年前から。
でも、今月中盤から、一気に強化された感がある。

田園など広々とした地域でも油断できず、誰かにフォーカスされ、テレパシー通信が繋がってしまう、
これは「前代未聞」

呼応するように、各地域の人々のただならぬ様子、組織ストーカー工作員の展開や人 数、も過激になっている。やはり洗脳電波は人をおかしくする。出力が強ければ強いほど。
本能(判断力、警戒心など)を麻痺させ、電波の指示を優先させる。


top/最上/】
(未完)