離乳食(補完食)について

 

 離乳食を始めるのはどうして? 

 

 赤ちゃんの体重が増え、動きが活発になってく

 

と消費エネルギーが増えてきて、体重が増えにくく

 

なってきます。そのため、母乳やミルク以外からも

 

カロリーや栄養の補充が必要になってきます。

  

 いろいろな食べ物をどんどん食べられるように

 

することが離乳食の目的ではないのです。

 

 「離乳」とは、母乳やミルク以外の固形食を飲み

 

だり、噛むことに慣れさせていく過程をいいま

 

す。

 

 離乳の完了は大人と同じものを食べられるよう

 

になる1歳半頃とされています。しかし、これは

 

あくまでも目安です。もっと早かったり、遅かっ

 

たり、ママと赤ちゃんの都合の良い時期でいいの

 

です。

 

 

 母乳育児に向いたやり方

 

 母乳は赤ちゃんにとって完全栄養食ですから、

 

ママがバランスのとれた食事をしっかり食べて

 

授乳回数を減らさないようにすれば、6ヶ月ま

 

で栄養やカロリーは足ります。

 

 夏でも、湯ざましや麦茶などを与えなくても

 

分不足の心配はありません。

 

(母乳分泌のしくみからみて)母乳を優先的に

 

与えるようにします。

 

 母乳をいっぱい飲んだ後は食べないので、少し

 

時間が経ってから与えるようにします。

 

 母乳育児はミルク育児と比べて、授乳の時刻や

 

間隔、一回に飲む量が一定していません。

 

授乳と食事をセットにして考えなくてもいい

 

けです。親が食べる時にいっしょに食べると

 

初めての食べ物もよく食べますし、楽しいです。

 

ここが一般的な離乳食の本と違うところです

 

 大切なことは、もっと食べると思っても1回

 

量は与えすぎないことです。初期の1回食の時

 

期でも、3回くらに分けて与えてもかまわない

 

のです。その方が、食事と食事の間の母乳をしっ

 

り飲みますから体重は増えます。

 

 進め方はかんたんです

 

 はじめての食べ物は、親がおいしそうに食べ

 

て見せると、赤ちゃんは安心して食べます。

 

 味つけはごく初期は素材の持ち味をいかして味

 

なしでいいですが、なれてきたらおとなの味つけ

 

に近づけていきます。

 

 8、9ヶ月になると、おとなが食べておいしいと

 

思う煮物をつぶして与えた方がよく食べます。ちょ

 

っと味が濃いかなと思ったら、湯で薄めたり、かゆ

 

や軟飯と混ぜて与えればいいのです。

 

 赤ちゃんも汗をかくし、食べる量は体に合った量

 

しか食べませんから、塩分の摂り過ぎは心配いりま

 

せん。

 

 調理の原則はよく火を通すこと、単純なこと。

 

和風、洋風とわず「煮物」がむいています。

 

 

 進めていく上での注意

 

 赤ちゃんの腸の消化機能は未熟なので、食べた

 

のが完全に消化されて吸収されるとは限りません。

 

 未消化のたんぱく質によってアレルギー反応を起

 

こすこともあるので、ゆっくりすすめていく方が安

 

心です。

 

 口の中にためたり、食卓から離れて遊びはじめた

 

りしたら、あっさりやめます。

 

 10ヶ月頃からは動きが活発になり、おなかがすく

 

ので、1口サイズの軟飯の味つきのおにぎりを作って

 

おき、食事と食事の間の「おやつ」として、母乳を吸

 

っていてなかなか離さない時(母乳だけでは満足でき

 

ないよーというサイン)に1〜3個与えると機嫌よく

 

なります。

 

 こうすることが卒乳に向けての準備にもなります。

 

卒乳を意識して、母乳の回数を減らそうとせず、

 

っぱいを欲しがったら気持ちよく与えます。

 

「おっぱいいつやめようか?」とか、やめる話もし

 

ない方がスムーズに卒乳できると思います。

 

 

 トップページに戻る   前のページに戻る

 

        次のページへ

 

 ..........................................................................................................................................................................          

     Copyright(C)2004 うのとろ母乳相談室All Rights Reserved.  掲載された情報の無断転載はご遠慮ください