年表

【米軍に関する事件・事故】

1945.8.20 終戦直後、食糧を求めに行く途中、玉城で女性が白人兵に強姦される。後に
      男児出産
1945.10.25 知念村で白人兵2人により女性(35歳)が顔に傷を受け強姦される。後に男
      児を出産
1946.1.21 潮平金城で、女性(23歳)が草刈作業中、白人兵一人にナイフで右顔面を切
      られ、強姦される。後に出産
1946.1   糸満で女性(19歳)が草刈作業中、白人兵に強姦され、ナイフで顔面に重症を
      負う。後に出産
1946.3.10 具志川村(現うるま市具志川)で女性(29歳)が農作業しての帰宅途中、米兵
      2人に強姦され、後に出産
1946.10   具志川村(現うるま市具志川)で女性(39歳)が耕作中、黒人兵3人に強姦さ
      れる
1947.5.8 大宜味村で女性(34歳)が所用で出かけて戻る途中、白人兵2人に強姦される
1947.9.9 コザ市(現沖縄市)で黒人が腰にピストルを据え家に侵入、女性(28歳)を強姦
      した上、ピストルで頭部を殴打して重症を与え、同日死亡
1948.1.7 北谷村(現北谷町)で女性(26歳)が農耕中、白人兵に拉致され強姦される
1948.3.5 具志川村(現うるま市具志川)でフィリピン兵が家に侵入し、女性(35歳)に銃を
      突きつけ強姦
1948.3.26 石川市で夫と薪を取っての帰り、白人兵2人がナイフで脅迫し、夫をねじ伏せ
      女性(24歳)を強姦
1948.7.26 嘉手納村(現嘉手納町)で女性(34歳)が比謝川に洗濯に行き白人兵に強姦
      される。5日後に畜舎跡で死体で発見される
1948.8.6 伊江島で米軍弾薬輸送船が爆発。住民ら106人が死亡、76人が重軽傷
1949.2.13 本部町で女性(23歳)が留守番をしていたところ、白人兵4人が拉致しようとし
      たので、屋外に飛び出したところ強姦される
1950.5.17 那覇市で2人の女性(22、23際)が劇場からの帰り、カービン銃を所持した黒
      人兵15人に強姦される
1950.7.9 読谷村で女性(29歳)が自宅で隣人や同居人らと雑談中、白人兵に強姦される
1951.2.23 真和志村(現那覇市)で女性(30歳)が就寝中黒人兵2人に強姦される
1951.5.20 浦添村(現在市)の店先で女性(24歳)が夕涼みをしていたところ白人兵に強
      姦される
1955.9.4 嘉手納村で石川市に住む幼女(6歳)が暴行され死亡。軍法会議、犯人の米
      軍曹に死刑宣告(後に懲役45年の重労働に減刑)
1955.10.28 コザの繁華街で23歳のホステスを絞殺。犯人(24歳)は懲役3年
1955.12.26 金武村のキャンプ・ハンセンで弾拾い中の55歳の女性射殺
1956.1.   キャンプ・ハンセンの実弾射撃演習場からの銃弾が金武町伊芸区の女児
      (当時3歳)の右ももを直撃
1956.3.8 那覇市内で道路を横断中の28歳の男性、MPカーにはねられ死亡。加害者は
      軍法会議で無罪
1957.7.   航空機演習で投下された弾が伊芸区のトマジャ原に落下
1958.5   金武町平田原で3人が農作業中に銃弾が落下し、1人が重症を負った
1959.6.30 石川市(現うるま市)の宮守小学校に戦闘機が墜落。児童ら17人が死亡、
      200人が重軽傷を負った
1959.10.28 コザ市(現沖縄市)のセンター街で外人クラブの女性従業員(23歳)が絞殺さ
      れる
1959.11   金武町親田原の水田に砲弾破片が落下、崎山酒造の屋根にも直撃
1961.2.1 伊江島の訓練で弾拾い中の20歳の男性射殺。軍民警察は「本人の自損
      行為」と発表
1961.7.1 久志村(現名護市)辺野古のバー店内で女性従業員(47歳)が殺害される
1961.9.19 コザ市で児童4人ひき逃げ、2人死亡。犯人に6ヶ月の外出禁止判決
1962.12.   金武町伊芸区の民家の屋根を破り、床下に150ミリ砲弾の破片が落下
1962.12.20 KB50給油機が嘉手納町屋良の民家に墜落炎上。村民2人死亡、9人が
      重軽傷
1963.2.28 那覇市で下校中の中学生・国場秀夫君(14歳)が米軍車両に轢かれて
      死亡。運転していた米兵に無罪判決
1963.7.3 美里村(現沖縄市)で飲食店女性従業員(22歳)が絞殺される。犯人の米兵に
      懲役18年
1964.2.   キャンプ・ハンセンからの銃弾が家にいた伊芸区の女性(当時19歳)の右
      太ももを直撃。伊芸区の民家の庭に砲弾の破片が落下
1965.1.24 金武村(現在町)でホステス(28歳)が自宅で殺害される。容疑者3人の処罰
      不明
1965.6.11 読谷飛行場での落下傘投下演習で棚原隆子ちゃん(当時11歳)が米軍の
      小型トレーラーに押しつぶされ圧死
1966.2   米軍の夜間演習で照明弾が落下、民家や畜舎の屋根を貫通。伊芸区民多数
      たが公民館に避難した
1966.5.20 那覇市でタクシー運転手刺殺。容疑者の処罰不明
1966.7.22 金武村(現在町)で女性(34歳)が殺害される。容疑者の処罰不明
1966.8.30 宜野座村で軍用トレーラーがバスに衝突。44人死傷
1966.12.3 コザ市で米兵同士のけんかの仲裁に入った男性射殺
1967.1.24 金武村(現在町)のバーで32歳のホステス絞殺。犯人(18歳)の海兵隊員に軍
      法会議は35年の重労働刑
1967.3.23 那覇軍港内で男性作業員をひき逃げ
1967.8.2 具志川村でジョギング中の男子高校生がはねられ死亡。米兵に懲役1年
1968.1.30 浦添村(現在市)の米兵舎でメード(35歳)が絞殺される
1968.11.19 ベトナムへ向け離陸しようとしたB52戦略爆撃機が墜落爆発。村民
      16人重症
1970.5.28 浦添村(現在市)の基地内で21歳の女性従業員に暴行。犯人の米兵は無罪
1970.5.30 具志川村(現うるま市)で下校途中の女子高校生(16歳)を米兵に刃物で襲わ
      れる。犯人は懲役3年
1970.12.7 糸満市で51歳の主婦、暴走車両にはねられ死亡。犯人は無罪
1971.4.23 宜野湾市で23歳のホステスを石で撲殺。犯人は無罪
1971.5.1 金武町で42歳の女性を刺殺
1971.10.2 石川市でタクシー運転手刺殺
1972.4.10 北中城村で25歳のホステス殺害。犯人不明
― 日本復帰 ―
1972.8.4 宜野湾市のバーで37歳のホステスを絞殺。犯人は日本の裁判で無期懲役
1972.9.20 金武町のキャンプ・ハンセンで37歳の男性従業員射殺。那覇地裁、犯人
      の米兵(26歳)に無罪判決
1972.12.1 コザ市(現沖縄市)内の特殊浴場で米兵(19歳)が女性従業員(22歳)を絞
      殺。犯人は無期懲役
1972.12.4 OV10Aブロンコ観測機の燃料タンクが沖縄国際大学の建築現場に落下
1973.3.18 コザ市(現沖縄市)で43歳の女性絞殺。犯人の米兵は基地内に逃げ込んだ
      後、帰国
1973.3.18 宜野湾市で男性殺害
1973.4.12 金武村のブルービーチ訓練場の立ち入り許可日に弾拾い中の老女戦車が
      轢き殺す。「公務中の事故」として裁判権行使を県に通告。処罰不明
1973.4   伊芸区の民家の庭に照明弾が燃えながら落下
1973.5.28 コザ市で米兵10人が日本人女性を殺害
1973.8.2 CH46型ヘリが北部訓練場内の国頭村伊湯岳頂上付近で墜落。乗員3人死
      亡、1人行方不明
1973.8.16 北谷町の国道で事故処理中の警察官ら4人、酒酔い米兵の車にはねられ
      4人重軽傷
1973.10.10 宜野湾市の国道で民謡グループの一家4人の乗った乗用車に米兵の車が
      衝突、民謡一家の母と米兵車の日本人女性死亡
1973.12.5 米軍バートルV107/H46シーナイト(中型輸送ヘリが西原村小那覇の建設
      現場付近に墜落、乗員4人が死亡、1人が重傷
1974.2.13 コザ市内で道路横断中の39歳の男性を嘉手納基地所属の米兵がひき逃げ
1974.7.10 伊江島の訓練場で20歳の青年に米兵2人が発砲、左腕に3週間の重症。
      軍が裁判権行使
1974.7.23 金武町で57歳の女性が運転する車に無理なUターンの海兵隊のジープが
      衝突女性死亡
1974.8.5 具志川市(現うるま市)で76歳の男性、酒酔い海兵隊員の車にはねられ
      死亡
1974.9.30 C130輸送機が離陸失敗で嘉手納飛行場内に墜落、乗員2人負傷
1974.9.27 宜野座村で道路横断中の33歳の男性、海兵隊員のトラックにはねられ
      死亡
1974.10.23 名護市で就寝中の52歳の女性、ブロックで殴られ死亡。米兵(19歳)は
      懲役13年
1975.4.19 金武村で女子中学生2人を暴行。犯人の海兵隊員に6ヶ月の懲役
1975.5.1 与那原町の国道で37歳の男性酒酔い海兵隊員の車にはねられ死亡
1975.6.24 CH46ヘリが国頭村安波ダム建設現場の工業資材運搬用ワイヤーロープに
      接触し、墜落炎上、乗員3人死亡
1976.3   金武町内沖縄自動車道の18.4キロポイント附近に照明弾2個が落下、同年10
      月、伊芸区の水源地の給水管を砲弾で破壊。同区の民家の庭で砲弾が爆発し
      民家を破壊
1977.11.1 嘉手納所属F4ファントムが伊江島沖で墜落、乗員2人が行方不明
1977.11.28 AV8Aハリアー機が嘉手納基地への着陸に失敗し、パイロット1人が軽症
1977.11.29 夜間訓練中のAV8Aハリアーが嘉手納の西北西約39キロの海中に墜落
1978.3.3 普天間基地所属CH46型ヘリが北谷町のハンビー飛行場北方沖合に墜落。乗
      員4人死亡
1978.3   金武町伊芸区のビニールハウスと水田2ヶ所に照明弾が落下
1978.4.13 キャンプ・ハンセン内の第一廃弾処理場で処理中の砲弾破片が約1.5キロ離
      れた金武町伊芸区の民家の屋根など3ヵ所に落下
1978.4.22 名護市数久田から約300メートル離れた西海岸で、105ミリ高性能砲弾が発
      見された
1978.5.18 嘉手納所属のF4ファントムが風防開閉装置の故障でキャンプ・ハンセン内
      の沖縄自動車道西方200mの山中に墜落
1978.12.11 読谷村の国道をバイクで走行中の定時制高校生、米兵運転の2台の暴走
      オートバイに衝突され死亡
1979.1.24 浦添市で国道横断中の51歳の女性、海兵隊員のトラックにはねられ死亡
1979.5.2 金武町伊芸の沖縄自動車道のレストラン駐車場に砲弾の破片が落下
1979.5   金武町伊芸区のゴルフ練習場に直径1.06メートルの照明弾が落下
1979.2.15 宜野湾市で国道横断中の44歳の男性、海兵隊員の車にはねられ死亡
1979.8.2 名護市数久田で、軽機関銃から発射された銃弾が、豚舎のコンクリートに
      はね返った後、アルミ製の水槽を貫通。男性が豚舎で作業中だった
1979.11   米兵のいたずらで民家に照明弾が落下
1979.12.29 名護市許田の民家に銃機関銃が乱射され、軒のトタンを貫通、屋根瓦が割
      れた。民家周辺では弾丸8個30ヵ所の弾丸が見つかった
1980.5   金武町伊芸区水源涵養林に砲弾直撃
1980.8   金武町伊芸区水源涵養林に砲弾直撃
1980.6.22 F15戦闘機2機が訓練中、空中接触事故
1980.10.2 OV10ブロンコ観測機が普天間基地の滑走路に墜落、乗員1人死亡、1人
      負傷
1981.2.5 伊江村真謝区の民家のブロック塀に演習中の米軍ヘリから銃弾2個が当た
      り、転がっているのが発見された
1981.4.14 嘉手納を発信したA4スカイホーク戦闘機が恩納村沖合いで墜落
1981.5.10 宜野湾市で道路横断中の64歳の男性、酒酔い運転の暴走米兵の車に
      はねられ死亡
1982.1.12 伊芸区の民家の屋根と酒造所一帯に砲弾破片が落下
1982.2   県道104号越え演習で伊芸区の水源涵養林に砲弾3発落下
1982.3.8 金武町内で海兵隊員が48歳の男性をブロックで殴殺。那覇地裁は米兵に
      4,000万円の賠償支払いの判決
1982.4.6 嘉手納基地所属のF15戦闘機が空対空戦闘訓練中粟国島沖に墜落
1982.6.12 北谷町の国道横断中の28歳の女性、時速100キロで暴走の米兵の車に
      はねられ即死
1982.8.2 名護市辺野古の住宅建築現場で飲食店従業員の女性(33歳)が米兵(22歳)
      に絞殺される
1982.8.19 UHINヘリが普天間基地北東端に不時着。その衝撃で横転大破
1982.10.22 嘉手納から発進したF4ファントムが沖縄の東南東約120kmの海上に墜落
1982.12.29 嘉手納から発進したF15イーグル戦闘機2機が空中戦闘訓練中本島北東
      の海上に墜落、1人死亡1人救助
1983.2.23 キャンプ・ハンセン内でタクシー運転手を2人組米兵が刺殺。無期懲役
1983.12.23 読谷村で55歳の女性、19歳の米兵の車にはねられ死亡
1984.4.10 キャンプ・ハンセン演習場から飛んできた小銃弾が、民家屋上に設置され
      たタンクを貫通
1984.5.18 名護市許田の市のほ場で、停車中の大型ダンプのフロントに銃機関銃弾が
      貫通。運転手は数メートル離れたところにいた
1985.1.16 金武町で就寝中の男性を海兵隊員が殺害
1985.4   キャンプ・ハンセンから飛んできた小銃弾が金武町内の民家の屋上タンクを
      貫通
1985.5.6 普天間基地所属CH53ヘリが屋久島南方の東シナ海に墜落。乗員17人死亡
1985.7.12 普天間基地所属CH53Dヘリが国頭村の辺野喜ダム付近の林道に墜落、乗
      員4人が死亡
1985.10.22 那覇市の国道で36歳の男性、無免許、酒気帯びの米兵にはねられ重症。
      米兵逃走
1985.10.29 石川署は帰宅途中の女性を車で拉致し暴行を加えた2米兵を婦女暴行の現
      行犯で逮捕
1986.5.5 名護市で速度違反の米兵の車がバスに衝突
1986.6.9 嘉手納所属のF15イーグル戦闘機が沖縄の北東220kmの海上に墜落
1986.11.18 那覇市内で定時制高校生のバイクがUターンした米兵の大型トラックに
      衝突され死亡
1986.12.22 北谷町でバイクで新聞配達中の主婦、速度違反の米兵の車に衝突され死亡
1987.1   県道104号越え実弾射撃訓練でさく裂した砲弾の破片が金武町金武区内の
      家畜小屋の屋根に落下
1987.5.19 嘉手納所属のF15イーグル戦闘機が本島東112kmの太平洋上に墜落
1987.6.13 嘉手納町で道路横断中の男性、酒に酔ったグリーンベレー(陸軍特殊部隊)
      の車にはねられ死亡。米兵は逃走、追跡したタクシー運転手につかまる
1987.7   キャンプ・ハンセン内の金武町屋嘉の水源地の水道管がライフル銃弾で打ち
      抜かれ、取水を一時停止
1987.10.27 恩納村瀬良垣の国道58号線で、客を乗せたタクシーが走行中、機関銃の弾
      を被弾
1987.11.2 嘉手納所属RF4Cファントムが通常訓練中、沖縄東北東111kmの海上に墜
      落
1987.12.11 沖縄市で道路横断中の主婦、海兵隊員の車にはねられ死亡
1988.10.15〜25 金武町伊芸区でM16ライフル弾8発、M249軽機関銃弾1発がサービス
      たエリアや集落内で発見され
1988.10.31 普天間基地所属ヘリが国頭村の伊湯岳東側の山林に墜落、炎上し乗員4
      人が死亡
1988.11.26 金武町で19歳の海兵隊員運転のトラックが自動車修理工場に突っ込み、車
      7台大破
1989.3.14 嘉手納所属のHH3ヘリコプターが伊江島南方18kmの訓練空域外で訓練中
      海上に墜落、3人死亡2人救助
1989.4.1 那覇市内の国道を横断中の男性、米兵のオートバイにはねられ死亡
1989.4.21 嘉手納所属のSR71戦略偵察機が離陸後エンジン故障により南シナ海に墜
      落
1989.5.30 普天間基地所属CH46型ヘリが夜間上陸演習中に喜屋武岬南32キロの海に
      墜落
1990.1.26 岩国所属のAV8Bハリアー攻撃機が嘉手納離陸後、伊平屋島の北北東36
      kmの海上に墜落
1990.7.2 石川市の県道を右折中の乗用車に制限時速を30キロオーバーの海兵隊員車
      が衝突、乗用車の女性二人死亡
1990.11.29 厚木基地を離陸した第7艦隊所属のSH2Fヘリがキャンプ・シュワブ沖に墜
      落
1991.6.14 沖縄市内の公園で日本人男性を海兵隊員が殺害
1991.6.20 沖縄市内の繁華街でインド人男子性を海兵隊員が殺害
1991.10.4 読谷村の国道で青信号の横断歩道を渡っていた56歳の男性が酒気おび、
      スピード違反の女性海兵隊員の車にはねられ即死
1991.12.23 北谷町の県道交差点高校生のバイクに右折しようとした米兵の車が衝突、
      高校生死亡
1992.1.1 具志川市の県道でタイヤ点検中の60歳の男性が海兵隊員の車にはねられ
      死亡。米兵も死亡。この月、北谷町と具志川市(現うるま市)でも道路横断中の
      72歳の女性と男性がはねられ死亡
1992.10.20 普天間基地所属のCH46型ヘリがヘリパッド着陸後、駐機場に移動中に横
      転し大破
1992.12.7 石川市の歩道上で孫と買い物帰りの62歳の主婦、海兵隊員運転の大型ト
      ラックにひかれ即死
1993.4.11 金武町の繁華街で日本人男性を海兵隊員が殺害
1993.4.16 浦添市の国道交差点で19歳の会社員の車が対向車線を走ってきた海兵隊
      員の乗用車に衝突され重傷。米兵4人も死傷
1993.5.  金武町キャンプ・ハンセン内に在沖海兵隊ヘリから地上約60メートルで宙づり
      にしていた重量約7.5トンのクレーン車落下
1993.7.22 日本人女性に乱暴し基地内に拘束されていた米兵が脱走、本国に逃亡して
      いたことが判明
1993.9.6 嘉手納町の国道を嘉手納基地の軍曹が時速140キロで暴走、電柱に衝突し
      て即死
1993.10.1 宜野湾市の国道でバイクの大学生に信号無視の海兵隊員の車が衝突、逃走
1993.12.6 北中城村の国道で21歳の青年が海兵隊員の車に追突され即死
1993.12.17 嘉手納から発進したFA18ホーネット戦闘攻撃機2機が通常訓練中に空中
      衝突、沖縄の南東280kmの海上に墜落
1993.12.  北中城村内県道に海兵隊UH1ヘリから重量約16キロの救難具落下
1994.4.4 嘉手納を離陸しようとしたF15C機が嘉手納弾薬庫地区内の黙認耕作地
      に墜落炎上
1994.4.6 普天間飛行場の滑走路にCH46E中型輸送ヘリが不時着訓練中に墜落。乗
      員4人は自力で脱出
1994.7.11 宜野座村の国道で31歳の男性の車が対向車線に進入してきた20歳の
      海兵隊員運転の5tトラックに衝突され重傷
1994.7.17 嘉手納基地内の女性暴行事件で身柄を拘束されていた陸軍兵が民間機で
      米本国へ逃亡
1994.8.5 北谷町の国道で定時制高校生のバイクに米軍軍曹運転の乗用車が衝突、
      高校生が即死
1994.8.17 嘉手納から離陸した岩国配備のAV8Bハリアー戦闘機が嘉手納の北西
      の粟国島近海に墜落
1994.11.16 キャンプ・シュワブ内で普天間基地所属のUH1Nヘリが墜落
1994.12.23 宜野湾市で道路横断中の60歳の男性が海兵隊員の車にはねられ重傷
1995.1.  伊江島内の黙認耕作地に、空軍所属輸送機から重量約1.5トンの貨物落下
1995.3.12 宜野座村の村道で自転車に乗っていた幼児が海兵隊員運転のトラックに
      はねられ死亡
1995.5.10 宜野湾市のアパート前で海兵隊員(20歳)が保険外交員の女性(24歳)をハン
      マーで顔面を殴って殺害
1995.6.18 北中城村の県道で27歳の女性運転の軽自動車に海兵隊員の貨物車が
      衝突、女性が死亡
1995.7.  北中城村の民家屋上に、海兵隊ヘリからヘルメット落下
1995.9.1 嘉手納を発進した岩国所属のAV8Bハリアーが本島西方80kmの鳥島
      近海に墜落
1995.9.4 本島北部で米兵3人による少女乱暴事件が発生
1995.10.18 嘉手納所属のF15C戦闘機が嘉手納南方120kmの海上に墜落
1995.10.28 沖縄市の県道で軽自動車に海兵隊員の妻の運転する車が衝突、軽自動車
      の父子が重傷
1996.1.7 宜野湾市内国道58号線で米兵車が歩道に突っ込み母子3人はねられ死亡
1996.1.22 北中城村の軍司令部前でバイクに米兵車が衝突、予備校生死亡
1996.5.8 石川市で道路を横断中の52歳の女性が海兵隊員の車にはねられ死亡
1996.5.  糸満市内高嶺中学校隣に米軍P3C対潜哨戒機から重量約11キロのソノブイ
      (水中音波探査浮標)落下
1996.10.15 普天間基地格納庫付近でKC130空中給油機から燃料約380リットルもれる
1996.11.  沖縄市知花ハウジングエリアに米空軍UH60ヘリから重量約1.3キロのキャン
      バス袋落下
1997.4.15 普天間基地所属のCH46輸送ヘリの警告灯のランプが点灯し、渡嘉敷村
      前島に不時着
1997.5.  海兵隊CH53ヘリから重量約2キロのカバーパネル落下
1997.5.  嘉手納米空軍基地所属のF15イーグル戦闘機の暴風ガラスが訓練中に同基
      地内に落下
1998.7.23 普天間基地所属のUH1Nヘリが宜野座村の水源涵養林に墜落。乗員4人
      は軽症
1998.10.14 北中城村で飲酒、スピード違反の米兵がバイクの女子高校生をはね死亡
      させ逃走
1999.4.19 普天間基地所属のCH53ヘリが夜間洋上訓練中に国頭村安波の沖に墜落し
      乗員3人死亡、1人行方不明
1999.6.4 米海兵隊岩国基地所属のAV8ハリアー機が嘉手納を離陸しようとして
      失敗墜落炎上
1999.9.11 普天間基地所属のUH1指揮連絡ヘリが東村営グラウンドに不時着
1999.9.24 韓国烏山基地所属のMH53ヘリが油漏れで渡名喜島に不時着
1999.12.9 カデナエアロクラブ所属のセスナC172機がエンジントラブルで嘉手納
      基地内道路に緊急着陸
1999.12.21 普天間基地所属のCH53大型輸送ヘリが勝連町の浮原島に不時着
2000.8.4 KC130空中給油機が普天基地内で左翼のエンジンが止まり緊急着陸
2000.12.28 普天間基地所属のCH46ヘリが油圧系統のトラブルで与那城町役場近く
      の公園に不時着
2001.2.5 普天間基地所属CH53型ヘリ2機が飛行場上空で接触し、双方機体に損傷。
      県などへの通報は1ヵ月過ぎた後だった
2001.3.2 名護市内で盗難車両を衣料品店に突っ込ませるなどして、窃盗、建造物損壊
      などの容疑で基地内に住む米国人大学生らが逮捕される。後に連続車両放火
      事件も自供
2001.6.13 普天間基地所属のCH53型ヘリから、宜野湾市大山の民家わきに訓練用
      バッグ10キロと13キロのバッグが落下
2001.6.29 北谷町で嘉手納基地の軍曹が女性を暴行
2002.2.5 北谷町で高校生がバッグを奪われ暴行された事件で、基地内米軍属家族の
      高校生3人を事後強盗容疑で逮捕
2002.2.14 嘉手納基地所属のHH-60型ヘリが油圧ポンプの不具合で渡名喜村内の急
      患用ヘリポートに緊急着陸
2002.3.4 普天間基地所属CH53ヘリの整備中に機体から出火
2002.3.6 C-130機が第4エンジンのプロペラオイルの低下を示すランプが点灯し、那覇
      空港に緊急着陸
2002.4.5 那覇市の県道でキャンプ・シュワブ所属の海兵隊員運転の大型トラックが、
      車両など9台を巻き込む玉突き事故を起こす
2002.4.7 宜野座村松田の民間道路に米軍の水陸両用車1台が侵入
2002.4.8 午前0時20分頃、嘉手納基地上空でF15戦闘機からフレアが落下し、上空で燃
      焼した
2002.4.17 普天間基地所属CH53型ヘリの燃料補助タンク2個が滑走路上に落下
2002.4.24 沖縄本島南東約130キロの海上で、飛行訓練中の嘉手納基地所属のF15戦
      闘機から暴風ガラスが落下
2002.4.25 米海軍空母キティ・ホーク搭載機C2Aグレイハウンド輸送機が燃料もれを起
      こし、嘉手納基地に緊急着陸
2002.5.1 嘉手納基地でC17輸送機の後輪のタイヤがパンクし、離陸を中止
2002.5.27 座間味村新田海岸に漂着した米海軍の訓練用標的が発見される
2002.5.29 嘉手納基地でF15戦闘機がトラブルのため緊急着陸
2002.6.18 KC135空中給油機が患者輸送の都合で嘉手納基地に緊急着陸
2002.6.24 F16戦闘機が嘉手納基地でワイヤを使って緊急略陸
2002.7.22・24・25・29・30 久米島沖の提供水域外のパヤオで操業中の漁船上空を米海
      軍ヘリが旋回し、漁船が同海域から退去
2002.7.23 名護市数久田のパイン畑にM2重機関銃の弾が着弾
2002.7.末 久米島沖で、米海軍ヘリが漁船に接近、創業を中止させる
2002.7.31 嘉手納基地の格納庫内でF15戦闘機のエンジンから出火
2002.8.1 嘉手納基地内でF15戦闘機の尾管に付着した燃料から出荷
2002.8.2 普天間基地所属のCH53ヘリ、宜野座村の潟原ビーチに不時着
2002.8.7 嘉手納基地から離陸したUH1指揮連絡ヘリが制御異常を感じ、緊急着陸
2002.8.9 嘉手納基地でFA18ホ―ネット、C130輸送機、F15戦闘機が相次いで緊急着陸
2002.8.9 キャンプ・ハンセン内の米海兵隊の実弾射撃訓練で原野火災が発生
2002.8.13 嘉手納基地内で周辺自治体への事前通知なしに消防訓練を実施
2002.8.21 嘉手納米空軍基地所属のF15戦闘機が本島南100kmの海上に墜落
2002.11.2 本島中部で海兵隊少佐が女性を襲う婦女暴行未遂事件発生
2003.4.28 旧具志川市でタクシー運転手の頭を殴り、支払った運賃を奪った強盗致傷容
      疑で基地内に住む少年を逮捕
2003.5.23 偽造米紙幣を使い偽造外国通貨行使容疑で嘉手納基地に住む男子高校生
      を逮捕
2003.5.25 海兵隊の上等兵が女性を殴り、暴行する暴行致傷事件発生
2003.8.13 午後4時10分頃嘉手納基地の滑走路上で離陸直後のF15戦闘機が1機が訓
      練用のフレア数個が同時に外れ、滑走路に落下、燃焼した
2003.9.24 具志川市昆布の米陸軍貯油施設・第一ファームから航空機燃料約114
      リットルが基地外に流出
2003.11.13 北谷町キャンプ桑江北側返還地から鉛、ヒ素、六価クロムなどの特定
      有害物質及びPCBを検出
2004.2.4 伊江島補助飛行場でパラシュート降下訓練中の米兵一人が、提供施設外
      の葉タバコ畑に降下
2004.2.7 金武町の米軍キャンプ・ハンセンで実弾射撃演習による山火事発生、
      約9万平方メートルを焼失し8日正午鎮火
2004.2.10 名護市の米軍キャンプ・シュワブで実弾射撃訓練による火災発生。3万
      3,000平方メートルを延焼、3時間後に鎮火した
2004.2.10 宜野座村潟原の国道329号線を米海兵隊の水陸両用車5台が横断、一般
      車両が通行止めに遭った
2004.2.12 名護市のキャンプ・シュワブで実弾射撃訓練による原野火災発生。米軍
      基地火災は今年に入って5件目
2004.4.1 沖縄市内でモデルガンを発射し、車で走行中の民間人にプラスチック製弾によ
      る打撲を負わせ傷害容疑で米軍属の息子を逮捕
2004.5.21 米軍キャンプ瑞慶覧のモータープールから普天間川に油流出。
2004.6.15 北谷町美浜の民家の庭で米軍戦闘攻撃機FA18Cホーネットからの落下物
      (金属片)が見つかった。
2004.7.14 米軍嘉手納基地に飛来している米海兵隊予備役飛行隊のFA18戦闘攻撃機
      ホーネットが数日に渡って近海にクラスター爆弾を投下した疑いがあることが
      明らかになった
2004.8.9 嘉手納基地所属のHH60救難輸送ヘリが油圧系統のトラブルで渡名喜島
      に不時着
2004.8.11 米軍キャンプ・シュワブ内「レンジ10」着弾地付近で、実弾射撃訓練
      による原野火災が発生、約175平方Mを焼失した
2004.8.13 午後2時15分ごろ、米海兵隊ハワイ所属の大型輸送ヘリCH53D1機が
      宜野湾市にある沖縄国際大学の一号館本館に接触、墜落、炎上した。同機
      は墜落現場から400Mの所にある我如古公民館上空で尾翼を落下させ、
      バランスを失い回転しながら墜落した。黒煙と共に10数Mの火柱が上った。
      同機が接触した建物には職員が約20人いたが危険を察知して逃げ、全員無事
      だった。乗組員3人が重軽傷を負った。墜落の衝撃でプロペラの破片
      (長さ8M)や部品が現場向かいの住宅街を直撃した。現場に最も近い位置に
      ある住宅では破片が窓ガラス、襖を貫通し、テレビを破壊した。窓近くに
      は寸前まで赤ちゃんが寝ていた。他にも隣家のドア、水タンク、門の鉄筋
      などを破片が直撃し破壊した。民間人にけが人はいない。墜落と同時に隣接
      する普天間基地から米兵数10人が駆けつけ現場を封鎖した。伊波洋一
      宜野湾市長や沖縄国際大学職員は現場確認を拒否された。現場一帯は一時
      騒然となった。米軍が大学前道路も封鎖したため広範囲にわたって交通渋滞
      を引き起こした
2004.9.6 金武町キャンプ・ハンセン内の都市型戦闘訓練施設の建設現場から台風
      18号の影響で赤土が大量に流出した
2004.9.20 米軍嘉手納基地にKC135空中給油機1機が油漏れを起こし緊急着陸した
2004.9.27 米軍キャンプ・ハンセン内にある都市型戦闘訓練施設の建設事務所で
      火災発生、全焼した
2004.10.4 沖縄本島南部約200キロ近海の訓練空域でF15戦闘機2機が訓練中に接触、
      垂直尾翼と水平尾翼を破損、嘉手納基地に緊急着陸した
2004.10.15 沖縄本島中部の民家で女性を乱暴し、暴行と住居侵入の疑いで米軍属を
      逮捕
2004.11.1 米軍キャンプ桑江北側返還跡地の土壌の一部で、油分による汚染が見つ
      かった
2004.11.9 午後2時55分ごろ、恩納村の米軍キャンプ・ハンセン内の着弾区域内で
      実弾射撃訓練による原野火災が発生。夕方までに、約3,200平方メートルを
      焼失した
2004.12.10 嘉手納弾薬庫から発煙筒の赤い煙が県立嘉手納高校に流れ込み、3階で
      授業を受けていた3年生が一時教室から避難した。
2004.12・21 米空軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が沖縄本島沖の海上で訓練中、
      右主翼後部の補助翼の一部を紛失し緊急着陸した
2005.2.10 米軍普天間飛行場に配備されているKC130空中給油機1機が、給油ホース
      を格納せずにぶら下げ第四エンジンのプロペラも停止したまま嘉手納基地に
      緊急着陸した
2005.2.12 キャンプ・ハンセン内で歯科技士の米兵の遺体が見つかった事件で、米軍捜
      査機関が同じ第三歯科大隊所属の米海兵隊員らを逮捕
2005.2.18 北谷町の米軍キャンプ桑江北側返還跡地で米軍のものとみられる機関銃弾
      の不発弾1万発以上とロケット弾四発が見つかり撤去された
2004.3.9 午後1時45分ごろ、那覇空港国内線平面駐車場出入口でM16自動小銃を肩
      にかけた在沖米海兵隊員が立っているのを同空港国際線の保安検査員が見つ
      け、平和団体などから非難の声が上がった
2005.3.12 米軍嘉手納基地で午前5時半から午前6時にかけ、KC130空中給油機とみら
      れる米軍機など計6機が、事前通告がないまま相次いで離着陸を繰り返した。
2005.3.17 嘉手納基地所属のHH60が警告ランプが点灯、久米島の農道に緊急着陸し
      3日後の20日に帰還
2005.4.1 恩納村側米軍キャンプ・ハンセン内レンジ9で原野火災が発生、6,000平
      方メートルを焼失した
2005.4.4 金武町の米軍キャンプ・ハンセン内レンジ2付近で不発弾処理による原野
      火災が発生した。6日、約80ヘクタールを焼失し、約41時間ぶりに鎮火した
2005.4.14 米空母キティーホーク艦載機のFA18E戦闘攻撃機五機が、米軍嘉手納基
      地のF15戦闘機とともに飛行訓練を断続的に繰り返し、嘉手納上空に100ホー
      ンを越える激しい爆音を響かせた
2005.5.2 午前3時ごろ、米軍嘉手納基地からF15戦闘機が離陸、航空機騒音測定装
      置では、午前3時7分から同15分までに、100デシベルを超える騒音を9回測定。
      最高値は同13分の105デシベルだった
2005.5.10 北谷町の飲食店で偽造紙幣を使用したキャンプ瑞慶覧の海兵隊員の男2人
      を逮捕
2005.5.11 タクシー強盗容疑で在韓米陸軍二等兵を逮捕
2005.5.17 鳥島射爆場から帰還途中の嘉手納基地所属HH60ヘリが故障のため久米島
      町宇江城の農道に不時着した。修理に手間取り3日後の20日帰還した
2005.6.6 米軍キャンプ・シュワブからキャンプ・ハンセンに海上移動していた米海兵隊の
      水陸両用車14台のうち5台が、訓練水域を外れて民間地の宜野座村松田の海
      岸に上陸した。さらに、キャンプ・ハンセンゲートの手前にある沖縄自動車道の
      高架橋フェンスを損壊した
2005.6.9 名護市の辺野古漁港から約1.5キロ沖のリーフ上のくぼみに在沖米海兵隊
      の水陸両用車一台が沈没した。車両は7月15日に引き揚げられた
2005.6.14 米軍が管理する「嘉手納ラプコン」のレーダーが故障し、約3時間半使用
      できなくなった
2005.7.3 本島中部の小学生の胸を無理やり触り、強制わいせつ容疑で空軍二等軍曹
      を逮捕
2005.8.15 米海兵隊員が2年前から沖縄市八重島公園でモデルガンを使ってサバイ
      バルゲームを楽しんでいたことがわかった
2005.8.23 米海兵隊が大型トラックを使い沖縄自動車道で走行及びUターン訓練を
      実施、那覇料金所付近で一般の自家用車と衝突した。24日、米海兵隊報道部
      は同訓練を1994年から続けていることを明らかにした
2005.8.24 米空軍は嘉手納町役場駐車場に隣接する基地内道路で、有事を想定した
      即応訓練を実施した。閃光とともに爆発音が鳴り、大量の白煙が駐車場内
      に流れ込み一時騒然となった
2005.8・27 1950〜80年代の米軍基地で、アスベストが大量に使われ、基地従業員
      に関連が疑われる肺疾患が多発していることが分かった。従業員らは防護服
      を着けず、紙マスクだけで石綿粉末を扱う作業を約40年間続けていた
2005.9.7 恩納村の米軍キャンプ・ハンセン演習場「レンジ7」付近で、実弾射撃
      訓練に伴う原野火災が発生した。米軍演習場の原野火災は今年7件目
2005.10.14 浦添市にある米軍キャンプ・キンザーで、午前9時すぎ、武装した米兵
      数10人がライフル銃を国道側に向けて訓練しているのが確認された。浦添市
      屋富祖の国道58号沿いの訓練は歩道を隔てるフェンスのすぐそばで行われ
      ていた
2005.10.16 米軍のAH1ヘリなどが「うるま市具志川まつり」の会場上空を長時間
      旋回、まつり参加者を怖がらせた
2005.10.19 米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が、右翼先端から大量の燃料を噴き出し
      ながら同基地南側滑走路に緊急着陸した
2005.10.27 米軍牧港補給地区内で郵便物が燃え、警報機が作動、米軍普天間飛行場
      などから緊急車両が出動した
2005.11.1 米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が左水平尾翼の一部を破損したまま
      同基地に緊急着陸した
2005.11.2 米軍キャンプ・ハンセンの都市型戦闘訓練施設で、「ドーン」という大きな爆発
      が断続的に10回前後確認された。同施設に隣り合う伊芸地域では、衝撃でガラ
      ス窓が揺れるなど、一時騒然とした。同施設内の「突破訓練施設」が初めて使
      われたとみられる
2005.11.16 米軍嘉手納基地はGBS(地上爆発模擬装置)を使用した「戦闘技術訓練」
      を、読谷村牧原の嘉手納弾薬庫地区で再開した。空砲も併せて使われ、隣接
      する同町の民間地域には、断続的に爆竹音や発砲音が鳴り響いた
2005.12.8 普天間飛行場所属のCH46中型輸送ヘリ2機が、無灯火での旋回飛行訓練
      を宜野湾市上空で実施した
2006.1.7 午前1時20分ごろ、在沖米海兵隊キャンプ瑞慶覧内の兵舎前路上で、無線
      で呼び出されたタクシーが外国人らしき男にいきなりナイフを突きつけられ釣り
      銭を奪われた
2006.1.12 午前0時30分ごろ、うるま市の米軍キャンプ・コートニー内で空砲を使用した
      夜間上陸訓練が実施され、空砲の連射音が断続的に確認された
2006.1.17 午前10時ごろ、伊計島の東約75キロの訓練水域洋上で、米空軍嘉手納基地
      所属のF15戦闘機が墜落した。パイロットは緊急脱出し、救出された。機体は27
      年前の製造で、米軍は老朽化が原因としている。近くの漁場には多くのパヤオ
      (浮礁)が設置され多い日には100隻の漁船が操業している
2006.1.19 嘉手納基地所属のKC135空中給油機が給油ホースを収納できないまま、同
      基地滑走路上を飛行した。
2006.1.22 午前0時40分ごろ、北谷町大村の在沖米海兵隊キャンプ瑞慶覧内で、タク
      シー運転手が80ドルの入った財布を外国人の女5人組に盗まれた
2006.1.22 キャンプ・シュワブと民間地域を隔てる有刺鉄線付近の民間地域側で焚き火
      をしていた旅の男性に対して、海兵隊員2人がフェンスを越えて近づき、四つん
      這いにさせて1時間にわたって拘束した。その上、別の人が砂に書いた反戦メッ
      セージを消させ、「SORRY」と書かせ立ち去った
2006.1.23 宜野湾市伊佐3丁目の排水路に大量の油が浮いているのを、タクシー乗務
      員が発見した。90メートル上流にあるキャンプ瑞慶覧内の排水口に設置された
      防護柵には油のよどみができており、基地内から流出した可能性が高い
2006.3.30 午後2時40分頃、嘉手納基地所属のF15戦闘機1機からフレアが発射され、
      上空で燃焼した。付近住民から沖縄市上空で発射されたという目撃情報があっ
      た
2006.5.2 米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機一機が着陸時に車輪を破損し、滑走路脇
      たの緑地帯に突っ込み左翼が地面についた状態で停止した。事故から6時間後
      たに原因が明らかにされないまま同型機の飛行訓練を再開した
2006.5.2 キャンプ・ハンセン都市型戦闘訓練施設付近で爆風を伴う大きな爆発音が
      断続的に4回確認された
2006.5.22 宜野座村の宜野座漁港沖合で米軍の上陸用とみられるボート4隻が訓練水
      域を外れ航行、モズクに被害はなかった
2006.6.4 在沖海兵隊キャンプ・フォスター所属の上等兵ブランドン・J・シェパードは、読
      谷村伊良皆にある喫茶店の駐車場で、女性従業員の軽自動車の助手席側窓ガ
      ラスをブロック片で割った疑いで逮捕された
2006.6.4 在沖米海兵隊キャンプ・フォスター所属の伍長アダム・M・ヘルストリーは、
      酒を飲んだ後、北谷町浜川の国道58号で乗用車を運転し酒気帯び運転の疑い
      で逮捕された
2006.6.12 在沖米陸軍トリイ通信施設所属の軍属デルバート・スピアはライフル銃などを
      所持したとして、銃刀法違反と火薬類取締法違反の疑いで逮捕された
2006.7.12 米軍嘉手納基地でE3空中早期警戒管制機が北側滑走路脇に停止した状態
      でエンジン調整を行い、ゴーという騒音が読谷村まで響き、苦情が住民から寄せ
      られた。また黒い煙が発生、「道の駅かでな」周辺に悪臭が漂った
2006.7.28 米本国での演習参加を理由に、米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機など計11
      機が午前3時35分から20分間、次々と同基地を離陸した。嘉手納町が屋良地区
      に設置した航空機騒音測定装置によると、飛行時間帯に5回の騒音が発生、午
      前3時52分に最高値の92.5デシベルを記録した。26日以降、周辺住民が強く反
      発する中、日曜日に強行され四回目の未明離陸となった
2006.8.16 米軍普天間飛行場所属のCH46ヘリ二機が午後9時45分ごろから約15分間、
      住宅地上空で旋回訓練を実施した。タッチ・アンド・ゴーを繰り返し、夜間の住宅
      地に爆音が響きわたった。騒音防止協定で禁止されている同10時50分ごろにも
      飛行が確認された
2006.8.25 嘉手納町の米陸軍貯油施設の上空で、嘉手納基地所属のF15戦闘機から
      訓練用照明弾1発が落下した
2006.9.11 午前3時40分ごろ、米軍嘉手納基地から、同基地所属のF15戦闘機2機と
      空中給油機3機が離陸、同町屋良地域で100.3デシベルの騒音を記録した。7月
      末に続く未明の離陸。北谷町は同日、同基地に対し文書で抗議した
2006.10.4 伊江島でパラシュート降下訓練中の米兵が、所定地域外に降下
2006.11.16 うるま市の浜比嘉島で外国人男性の首を切り現金を取ったとして、強盗致傷
      容疑で米海兵隊三等軍曹等を起訴
2006.11.21 午前10時45分ごろ、米軍嘉手納基地で北側滑走路に着陸した同基地所属
      のF15戦闘機一機がオーバーランし、滑走路の端から約30メートル先の緑地帯
      で停止した
2006.12.13 読谷村の都屋漁港200メートルの海上に普天間飛行場所属のCH53E大型
      輸送ヘリがワイヤでつり下げ運搬中の廃車を落下させた。米陸軍トリイ通信施
      設から搬送する途中だった
2006.12.24 高校生にナイフを突きつけ、ピアスなどを奪う強盗容疑で米軍属子弟の少年
      を逮捕
2007.1.5 東村の福地ダムで計1,500発のペイント弾が入った未開封の袋を発見した。
      後に米軍の訓練用と判明
2007.1.11 米軍の訓練用ペイント弾が入っている袋三つと照明弾や手りゅう弾と見られる
      武器類2個を湖底から発見した
2007.1.15 県警は他のダムでも捜査を開始、新川ダムでも照明弾とみられる武器が見つ
      かった
2007.1.15 沖縄市で女性を殴りバッグを奪った強盗致傷容疑でパトリオット部隊の米陸
      軍二等兵が逮捕される
2007.1.16 福地ダムで回収した弾薬類は計7,918発に上ることが確認された
2007.1.18 東村の新川ダム湖岸で、新たに照明弾1発が発見された。また、同村の福
      地ダムで、複数のペイント弾を新たに確認した
2007.2.1 読谷村トリイ通信施設の米陸軍特殊部隊が、伊江村でパラシュート降下訓練
      中、米兵6人のうち4人が訓練施設を大きくはずれ、同村真謝区集落周辺に落
      下した
2007.2.6 石垣市吉原海岸に爆発の危険性のある在沖米海兵隊所有の照明弾が漂着し
      た
2007.2.13 宜野座村潟原で、米軍の水陸両用車がトラブルのため立ち往生した。さら
      に、武装した兵士約20人以上が現場付近の草むらに隠れ、一部は銃を国道329
      号に向けるなどした
2007.2.14 米海兵隊のヘリ二機は悪天候のため、金武町のギンバル訓練場南側の提供
      施設外の船揚場に不時着し、約2時間後、離陸した
2007.2.20 嘉手納町が初めて実施した「嘉手納基地(健康)被害聞き取り調査」によ
      ると、嘉手納基地から派生する航空機騒音や訓練によって、滑走路に最も近い
      嘉手納町東区の43%の住民が「耳鳴りがする」と訴え、過半数が「気分がすっき
      りしない」と回答するなど、基地被害が近隣住民の身体だけでなく、心理面にも
      影響を与えていることが、明らかになった
2007.2.23 国の北部ダム統合管理事務所は東村の福地ダム湖底を調査し、米軍が使用
      したとみられるペイント弾や照明弾など計3,768発を新たに回収した
2007.3.9 沖縄署は、空気銃のようなもので、歩行中の無職女性(50)にけがをさせたな
      どとして、北谷町の民間地域に住む米軍嘉手納基地軍属(陸軍)の息子の無職
      少年(19)を殺人未遂と器物損壊の疑いで逮捕した
2007.3.16 米軍嘉手納基地に一時配備されている最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプター
      一機が、同基地南側滑走路に緊急着陸した。原因は公表されていない
2007.3.20 沖縄総合事務局は米軍北部訓練場内にある東村の福地ダムで、ペイント弾
      73発を発見した
2007.5.1 米軍嘉手納基地で、同基地所属のF15戦闘機一機が滑走路移動中に前輪脚
      が折れ、機体前部を滑走路に付けて停止した
2007.5.11 沖縄自動車道の屋嘉・石川両インターチェンジ間の南向け車線で、走行中の
      米軍キャンプ・ハンセン所属のトレーラーが横転する事故があり、混乱した。民
      間人に怪我はない
2007.6.7 県は、嘉手納基地内で大量のジェット燃料が流出した問題で、基地内に立ち
      入り、環境への影響を調査した。県は流出現場の土壌や水の採取などを米軍に
      求めたが、拒否された
2007.6.7 昨年返還された米軍読谷補助飛行場跡地と瀬名波通信施設跡地の土壌から
      基準値を超える鉛などが検出された問題で、防衛施設庁は詳細な調査結果を明
      らかにした。
2007.6.27 米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機一機が同基地に緊急着陸した。同機は約
      30分後にけん引されて格納庫に移動した。その間、滑走路は閉鎖され、訓練中
      だった別のF15戦闘機2機は普天間飛行場へ着陸した
2007.7.3 県環境保全課は米空軍嘉手納基地内でジェット燃料が流出した問題で、地
      面への浸透は深さ最大4メートルだったと公表した
2007.7.8 米軍がベトナム戦争で使用していた枯れ葉剤を1961〜62年、沖縄の米軍北
      部訓練場などで使用していたことが米退役軍人省の公式文書で明らかになっ
      た。散布、作業に携わった元米兵が前立腺がんの後遺症を認定されていた、と
      の内容
2007.7.26 米軍ホワイトビーチ海軍桟橋付近でディーゼル油流出事故が発生。桟橋突端
      から陸上側に長さ約200メートル、幅5―10メートルの油が浮いた。
2007.8.2 2003年3月に返還された北谷町の米陸軍貯油施設・桑江第1タンクファームの
      小型タンクからディーゼル燃料が流出し、隣接する民間地を汚染した。
2007.8.6 うるま市田場の県立前原高校の敷地に米軍車両とみられるトラックが侵入、
      ロータリーを一周して去った。
2007.9.6 米海兵隊員が女性の顔を殴って暴行容疑で逮捕される
2007.11.20 伊江村西崎の伊江島補助飛行場上空でパラシュート降下訓練を行っていた
      米海兵隊員6人が、施設フェンスを最大約250メートル外れ、民間地に降下した。
2008.1.7 沖縄署は、本日午前3時すぎ、タクシー運転手の男性を瓶やこぶしなどで殴
      り、全治1週間のけがを負わせ、運賃を払わず逃げたとして、在沖米海兵隊普
      天間基地所属の伍長、ジョセフ・リドル容疑者(20)と同基地所属の一等兵の少
      年(19)を強盗致傷容疑で逮捕した。
2008.1.17 米海兵隊員2人がタクシー運転手を殴って怪我を負わせ、料金を払わず逃走
      し強盗致傷容疑で逮捕される
2008.2.10 本島中部で米海兵隊による女子中学生暴行事件発生。沖縄署は11日午前、
      在沖米海兵隊キャンプ・コートニー所属の二等軍曹タイロン・ハドナット容疑者を
      (38)逮捕した。
2008.2.18 名護署は、住居侵入の疑いで、キャンプ・シュワブ所属の米海兵隊伍長、
      ショーン・コーディー・ジェイク容疑者(21)を名護市辺野古の民家に不法侵入した
      として、現行犯逮捕した。
2008.2.20 米陸軍の隊員が、今月中旬、フィリピン人女性に暴行した疑いで米軍当局に
      身柄を拘束された。
2008.3.2 北部訓練場へ隊列を組んで向かっていた米海兵隊の大型車両1台が名護市
      汀間の国道331号で出火した。2時間以上片側1車線通行に制限された。
2008.3.16 沖縄市の路上で、外国人とみられる3人組の男がタクシーを止めて乗務員の
      男性を殴った上、現金約8,000円を盗んで逃走した。乗務員は軽症を負った。3
      日後の18日、米国人の少年2人を窃盗の容疑で逮捕した。
2008.3.26 金武町の米軍キャンプ・ハンセンで。大規模な山火事が発生した。ピーク時に
      は民間地まで推定約600メートル前後まで火の手が迫った。隣接する伊芸区で
      は煙のにおいが立ち込め、灰が降った。約22,500平方メートルを焼失し、午後12
      時ごろ鎮火した。
2008.3.27 午後1時59分ごろ、うるま市田場の県立沖縄高等養護学校内に米軍関係車
      両が侵入し、校内で方向転換して引き返した。同校では昨年7月18日に米軍の
      装甲車が侵入、同8月には近隣の前原高校でも同様のトラブルが起こってい
      る。
2008.3.27 名護市の米軍キャンプ・シュワブで27日午後零時半ごろ、山火事が発生し、
      同日午後2時52分に鎮火した。
2008.10.5 沖縄署は、タクシーを盗んだ容疑で在沖米海兵隊員2人を現行犯逮捕した。
      米兵2人は盗んだタクシーで逃走中、信号待ちの車列をすり抜けようとして、車5
      台と接触事故を起こした。
2008.10.24 午後6時35分ごろ、名護市真喜屋のサトウキビ畑に米軍嘉手納基地所属の
      米兵四人が乗った同基地内レクリエーション組織「カデナエアロクラブ」のセスナ
      C172型一機が不時着炎上した。乗員四人が重軽傷を負った。現場は、最も近い
      民家まで約50メートル、真喜屋小学校まで約200メートルだった。小学校では少
      年野球チームが整列していた。不時着したセスナ機が高圧線一本を断線したた
      め、午後6時半ごろから約700世帯が停電した。火は周囲の畑にも延焼、同午後
      8時40分に鎮火した。
2008.11.5 名護市辺野古でキャンプ・シュワブ所属の米海兵隊ジョーダン・アンドリュ
      ー・バッカスが酒に酔って民家に侵入、名護署は住居侵入の現行犯で逮捕した。
2009.4.  海兵隊が那覇市松山の路上で男女3人をひき逃げした。
2009.11.陸軍2等軍曹が読谷村楚辺でひき逃げし、村内男性が死亡。
2010.1.13 金武町金武で、外国人風の男が客待ちをしていたタクシー乗務員の顔を殴り
      逃走
2010.3.12 沖縄市園田で在沖陸軍所属の特技伍長と上等兵がタクシー乗務員に現金を
      要求し首に打撲傷を負わせる
2010.4.4 北谷町宮城で、黒人風の男2人がタクシー乗務員をナイフで脅し、釣銭箱を奪
      い逃走
2010.4.9 浦添市城間で、在沖米海兵隊キャンプ・キンザー所属の上等兵が釣銭箱を奪
      い逃走
2010.4.  北谷町で米軍人関係者の息子がタクシー強盗
2010.5.8 那覇市牧志で、外国人風の2人がタクシーから釣銭箱を奪い逃走
2010.5.9 沖縄市中央で、外国人風の3人がタクシーから釣銭箱を奪い逃走
2010.5.22 沖縄市美里で在沖海兵隊キヤンプ・フォスター所属の上等兵がタクシーから
      釣銭箱を奪い逃走
2010.5.29 嘉手納町東で、米陸軍所属の特技伍長がタクシー乗務員に暴行
2010.5.30 那覇市中央で、米軍嘉手納基地所属の空軍兵が走行中のタクシーに投げ
      つける


【参考文献】
『沖縄タイムス』『琉球新報』

back