書評(平成18年07月27日)

『おぼろ隠密記 妖し小町』
(六道慧著・光文社時代小説文庫)

  久々にスケベ心丸出しで、エロ小説に近い作品を読んだ。といっても、最初はそこまでの作品とは思っていなかったのだ。誰かのレビューに「六道さん、いいよ」と書かれていたのが頭に残っていて、書店でこの本を見つけて「ちょっと読んでみようかな」と思い、買ったのだ。
 読んでみると山田風太郎の『くの一忍法帖』に匹敵するぐらいの作品だった。でも山田風太郎さんと同じく、カラッと明るいエロで、非常に楽しめるのだ。ジメジメと湿っぽい感じではない。

 内容だが、恥ずかしいから、今回は粗筋など書くのはやめておく。ただし、どういう感じの小説であるかだけは書いておこう。
 『くの一忍法帖』のくノ一の代わりに隠密が、対する相手が敵対する忍者ではなく、田沼意次配下の妖術師に代わったような作品といえばわかるだろうか。といってもあの山田さんの作品を読んでいない方にはわからないだろうが。
 エロの部分も、女性でありながら、ここまで書いているのは、私が知っているところでは斎藤綾子の『ルビーフルーツ』くらいなので、驚きであった。六道さんは、こういうエロっぽい小説以外も書いているようだから、この作品だけで彼女を評価するのは間違いだろう。
 でもこの楽しいエロは、山田さんに嵌った時と同じくらいの衝撃だ。
 シリーズは、第5作まであるようだが、たぶん全て読んでしまいそうな気のする源さんでした。<(^^;;