ボトックス治療を知る

ボトックス注射 は、注射で薬品を注入することによってシワを改善したり、エラを小さくして小顔にしたり、アメリカや韓国で盛んに行われているメスを使わないで若返ることができる プチ整形 です。しわボトックス治療とか言われ最近とみに注目されている療法です。

皮膚科や美容外科のボトックス注射による治療時間は10分程度、注入直後から化粧をすることも可能で、会社のお昼休みや退社後に皮膚科に寄って注射をする事も可能です。東京や大阪等の大都市ではモデルさんや芸能人の方が利用されている筈・・・

美容先進国の欧米では女性のみならず男性も、シャープな顔を作る風潮があるようです。ビジネスマン等がボトックス注射をしてシワやエラの手入れをしています。アンチエイジング治療は欧米では男女を問わず常識となりつつあります。日本では芸能人が整形したとかいうのは、噂話でよく聞きますが、真相はあまり明らかになりません。でも米国等では、芸能人やハリウッド女優が当然のようにボトックス等の治療を行っています。マドンナ、二コール・キッドマン、ジェニファー・アニストンなどがボトックスによって若々しさを保っているそうです。

ボトックスはもともと神経外科で顔の痙攣治療に使われていましたが、筋肉の動きを止める作用はシワを改善することにも高い効果を発揮する事がわかり美容に応用され始めます。特徴として筋肉を麻痺させる働きがあり、シワの近くにある筋、顎の横にある大きな筋肉を麻痺させることで顔を小さく見せたりする小顔治療に用いられていますが、実はまだ知らない方が多いのも事実でしょう。

それよりボトックスの効果として有名なのは、汗が多い部分に注射して汗を抑える多汗症・わきが治療、笑うと歯茎が出てしまうガミースマイル治療などでしょうね。

ボトックスの小顔治療の効果と料金

ボトックスの効果は小顔になりたい!という事だと言えます。ですからニーズとしては女性が主流となるのが普通ですが、最近では若い男性にも憧れられています。ボトックスを使った小顔治療が行なわれる前は、小顔になりたいイコール外科的な整形手術と思われてきました。現在はボトックスを注射するだけで憧れの小顔を手に入れることができるようになったので、施術を行なう人が増えてきたようです。ボトックスを使った小顔治療は、顔のエラの部分にボトックスを注射して筋肉の活動を抑え筋肉を痩せさせていき、その結果エラの部分がスッキリすることによって小顔効果が現れてきます。

ボトックスの小顔治療にかかる施術時間は、通常であればほんの数十分で終わりますが、痛みが心配で麻酔などをした場合は更に時間がかかります。ボトックスで小顔治療を行なった後、口の中に違和感があったりする場合もありますが、自然に無くなっていきますので心配は要りません。ただし、ボトックスを使った小顔治療を行なった後3日程度は、硬いものを噛んだり、長い時間噛み続けなければいけない物を摂ることは避けましょう。

ボトックスを使った小顔治療の効果は、個人差は勿論ありますが大体1週間ほどで現れ始め、完全に効果が現れるのは1ヶ月後で、6ヶ月ほど持続すると言われています。ボトックスを使った小顔効果を継続させるには再度ボトックスを注射することになりますが、タイミングとしては自己判断によります。ボトックスの小顔治療を行なった後、毎日鏡を見ている中で効果が切れ始めたかなと思ったら2回目・3回目とボトックスを注射していくのが良いでしょう。

ボトックスで小顔治療を行なう際の費用としては、クリニックなどにより様々なのですが大体10万円は掛かると言われ、もっと高額になるところも沢山ありますので慎重に判断する必要があるでしょう。美容外科のシワとりも日本では保険外治療となっています。ちなみにボトックスは個人で輸入する事ができます。1本15000円〜20000円程度らしいですが、個人で手に入れても意味のない行為ですので辞めておきましょうね。

ボトックス注射で小顔

ボトックス注射で小顔になるプチ整形(注射やレーザーなどを使って施術するため、ダウンタイムが短くて済みます)は、骨を削ったりする小顔手術に比較して費用が安く、ダウンタイムも短くて済む(個人差があります)ことが多いため、人気があります。エラの場所にボトックス注射をする事により咬筋の動きを弱め、筋肉を痩せさせることで小顔になるという手術です。

ボトックス注射(ボツリヌス毒素の成分の一部で筋肉を弛緩させるというものです)をすれば、すぐに小顔になるというわけではなく、徐々に筋肉が痩せて小顔になっていくという感じになります。効果は四〜五ヶ月程度なので、小顔のままでいたい場合は定期的にボトックス注射を受ける必要があるでしょう。奥歯を強く噛む癖があったり、寝ている間に歯ぎしりする人は、より元に戻りやすいようです。

ボトックス注射は、注射する位置や美容整形外科によって全く値段が違います。高ければいいというものでもありませんが、あまりにも安いところは口コミ(口頭によるコミュニケーションの略で、マスコミをもじった表現なんだとか)などをよく確かめてから行く方がいいかもしれません。中国産や大韓民国産の安いボツリヌス製剤が使われている可能性も疑ってみるべきです。ボトックス注射(しわとりのほかにも、わきがや多汗症の対策としても有効でしょう)は手軽に小顔になる手術として人気ですが、医師(あまり頼りすぎるのもよくありませんが、全く指示に従わないとなると治るものも治らないでしょう)の腕が悪ければ顔が一時的に(ボトックス注射の効果が切れるまで)麻痺して表情が作れなくなったり、体調不良になるなどの副作用があります。

ボトックス注射で小顔になるには、一回の注射で七万円弱から十万円以上かかり、効果が半年ほどで切れることを考えれば、安い手術ではありません。ただ、何度もボトックス注射(注射以外に、「塗るボトックス」と呼ねれる方法もあるようです)するうちに、段々に戻りにくくなるとは言われています。

ボトックス注入

ボトックス(安全性は比較的高いといわれていますが、注入量には細心の注意が必要です)注入には、ボツリヌス菌から抽出したボツリヌスタイプAトキシン製剤が使用されます。

皮膚(キレイだと男性に好?象を与えられるでしょう。キレイであるのにこしたことはありません)や口腔内を切るような、メスを使う手術に不安(瞑想する習慣をつけると、いいといわれているようです)がある人にとっては、気軽にガミースマイルを治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)できる方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)と言えます。

ボトックスは表情(顔芸というジャンルがあるように、時には笑いを誘うこともできます)筋の緊張をゆるめたりするなど、筋肉の過剰な活動を抑制する効果があり、笑うと歯茎が見えすぎてしまう筋肉の動きを抑制させる治療です。美容(近頃では、女性だけでなく、男性でも意識している方が増えてきています)外科や形成外科で受けられるガミースマイルの治療方法に、「ボトックス注入」というプチ整形があります。ボトックス(繭り返し注射を受けていると抗体ができてしまうこともあるでしょう)は顔の表情(どんなに取り繕おうとしても、多少なりとも内心が出てしまうことが多いものです)筋のみに効くプチ整形(メスを使用しない美容整形手術のことです)で、ガミースマイルの他にも、額や眉間、目じり、えら、オトガイの治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)にも用いられているんです。