思春期 にきび

サイトマップ

思春期にきびの種類と症状

思春期にきびは、顔・背中をはじめ様々な箇所に出来るものです。思春期にきびは、一般的に顔ばかり着目されていますが、体に出来るにきびも同様に悩みの種になるものです。20歳までに出来る思春期にきび同様、20歳代以降に出来たものを「吹き出物」・「アダルトニキビ」・「大人ニキビ」などと呼んだりしていますが、要は同じものを指しています。

では、思春期にきびの種類としては、どのようなものがあるのでしょうか。

思春期にきびは、症状や色によって分けることができます。思春期にきびの種類は、色で分けると3種類ありますが、黒、白、赤の順で症状が悪くなります。思春期にきびの中でも、「黒にきび」と呼ばれるものは、毛穴の真ん中が、黒くなっているのが特徴です。

黒にきびは、毛穴の中にたまった古い角質と酸化した脂分が固まり、その上に汚れがつくことによって出来るものです。思春期にきびの中でも、特に鼻の頭に出来やすいにきびが、この黒にきびです。思春期にきびの一種である「白にきび」は、毛穴の中は膨らんでいますが、毛穴は閉じていて、全体が黄色みがかった白色に見えるにきびです。白にきびは、皮膚を押すと、ぷちっと飛び出てくるのが特徴のにきびですが、黒にきびよりも悪くなった状態です。

思春期にきびの種類には、赤にきびというものもあります。赤にきびは、白にきびや黒にきびがアクネ菌という菌によって悪化し、中で炎症を起こすことによって、赤くただれてしまったにきびのことです。赤にきびは、別名炎症にきびともいいます。思春期にきびには、化膿にきびというものもあります。化膿にきびとは、赤にきびを更に放っておいたことにより、化膿を悪化させてしまったにきびのことを言います。

思春期にきびのできる原因

思春期にきびは、主に10代の男性に多く、顔にちらばった形で出来やすいですね。成長ホルモンの影響で、皮脂が過剰に分泌されることが原因です。加えて毛穴にいるアクネ桿菌という菌は、にきびが化膿する原因となり、にきび対策の基本はこの菌対策が重要になります。

思春期にきびは、脂分の多い肌の人に出来やすく、春から夏にかけての季節は、特に出来やすくなります。スポーツをした後の洗顔等の手入れは必須です。アクネ菌だけでなく、思春期にきびには、食事も無関係ではありません。ファーストフード等で偏った栄養(脂肪分・糖分)は大敵です。ビタミンb類を摂り、皮膚の抵抗力を強めてニキビを予防しましょう。サプリメントなどでビタミンなどを摂る方法もOKです。

しかしチョコレートの食べすぎが原因という訳ではありませんよ。まあ食べすぎは良くないですが、あくまでバランス取れた食生活が大切という事です。思春期にきびの原因は、過度のストレスや疲労、不規則な生活、慢性の寝不足、生理不順などもあります。過度のストレスや疲労・寝不足などが続くと、内臓の機能も低下するので更に思春期にきびが起こりやすい原因となるのです。

脂っぽい肌の場合

脂っぽい肌の場合、潤いが十分な肌に見えますが、実は水分不足に陥っている状態、という場合がたくさんあります。肌の乾燥が表面化していないのは、オイリー肌の皮脂は次から次へと分泌がされていますので、表面上の乾燥には強い傾向にあるためです。しかし、肌のトラブルを引き起こすのはこの皮脂ですから、洗顔をすることで、余分な分を洗い流すことが大切です。「美肌でいるためには、タバコは厳禁!」なんていうフレーズを耳にしますが、これは美白にしても一緒です。

心から肌を白くしたいと思うのなら、タバコはすぐにでも止めるべきです。その理由としてまず思い浮かぶのが、喫煙でのビタミンCの消費です。喫煙をしていると、美白には不可欠なビタミンCが破壊されてしまうのです。にきびにおいてアンチエイジングに効果があるとうたっている化粧品を使うと、しわ・シミ・たるみのようなお肌の老化を進行を遅くすることができます。しかし、どんなにアンチエイジング化粧品を使用していたところで、生活習慣を整えなければ、肌の老化のほうが優ってしまい効き目を感じることは難しいでしょう。外からだけでなく体の中からにきび薬するということも大切です。

にきび薬家電って、本当はこっそり人気があるんです。自分のスケジュールに合わせて家の中で、エステティックサロンで体験するフェイシャルコースと同様ににきび薬さえも望めるのですから、皆が手に入れたがるのも理解できます。入手したのは良いものの毎回使うことが億劫になってしまうことだってあります。いち早く購入に走るのではなく、継続して使うことが可能かどうかも後悔しないよう、しっかりと前もって検討してくださいね。プラセンタの効果を効率よくアップさせたいなら、摂取のタイミングこそが大事です。一番なのは、空腹の時です。逆に、満腹時は吸収されにくく、摂取自体が無意味になってしまうこともあります。また、就寝前の摂取もおすすめのタイミングです。

人間の体は就寝中に修復や再生が行われるので、就寝前の摂取が効くのです。キメ細かい美しい肌は誰しもあこがれるお肌ですよね。美しい肌を保つためには、何より大切なことは保湿です。潤いを保ち続けている肌は肌のトラブルにも負けなくて、強くハリもあります。また、保湿の為に意外と必要と言われているのが、紫外線から肌を守ることです。紫外線は肌を乾燥させてしまいますので、適切に対策をたてることが大切です。にきびといえば、保湿剤を使用したり、マッサージをするなどといった外からのお手入れも大切です。でも、内側からのにきび薬ということが同じくらい、いえ、それ以上に大切と言えます。偏った食生活や寝不足、タバコを吸っていたりすると、高価な化粧品の効果を台無しにしてしまい、肌の状態を悪化させる一方です。毎日の生活習慣を改善することにより、肌を体の内部からケアすることができます。肌が荒れているのは空気が乾いているために布団から出ています。

お肌を守ってくれるクリームを多めに使うと良いでしょう。乾燥した肌を放置するのは避けた方が無難です。肌をきれいにするためには、洗顔する必要がありますが、洗顔も度を超すと、かえって肌を傷つけてしまいます。朝の洗顔はしないか、軽く済ませるようにするのが良いです。ひどいニキビに悩まされているからといって洗顔をやりすぎると、必要となる油脂も落としてしまい、かえってニキビが悪化する原因ともなります。多く洗うとしても顔を洗う回数は一日二度までにしておきましょう。肝心なのは洗顔を十分に泡立てて、肌にはじかに手を触れさせずに、あくまでも泡だけで顔を洗うこと、そして洗顔後にはすぐ保湿をすることです。実際、ニキビがおでこにできてしまうと、なんとしても前髪で隠してしまいたくなります。しかしながら、それはニキビをより悪化させてしまう行為なので、極力前髪で隠すといったことはせずに前髪がニキビには触れないように刺激を与えないことが大切なことです。

思春期にきびと薬の関係

にきび薬といっても、人によってにきびの程度も肌の状態も違いますし、にきびに直接作用する塗り薬や飲み薬もあれば、にきびの原因や周りから改善していく薬もあります。にきびを改善したい方の肌状態で使う薬も違ってくるというものです。

小さなニキビがぽつぽつできる人と大きな赤く腫れあがったにきびが沢山出来る人とでは、同じようににきびが悩みでも肌の状態も使ったほうがいいにきび薬も違うという事です。程度の軽い方には、思春期にきびの薬ではないのですが、吹き出物はビタミンBやビタミンCの不足によっても起きるので、熊笹エキスを濃縮したものやチョコラBBなども効くと言われています。思春期にきびには、ビタミン補給が一番の薬になるかもしれません。

にきび肌といわれる肌には、皮脂を取り除く効果のあるきび薬が効果的です。肌の状態がオイリー肌だった場合、皮脂を取り除く効果のあるものが比較的効果がありますし使って実感が得られます。石鹸タイプのものや、中にはクリーム状のものもありますが、石鹸タイプのにきび薬であまり頻繁に洗顔を行うと皮脂を過剰に取りすぎるのでかえって皮脂の分泌を促すことになる場合もあります。また、皮脂を取り除く効果的が高いものは乾燥肌・乾燥に強い混合肌のタイプの方にはお勧めできませんから注意が必要です。

薬局や医師の処方にもある抗性物質の外用は、薬剤でにきび菌を殺菌するにきび治療薬です。効果的ですが、服用をやめるとにきびが再発するケースが多いようです。漢方薬が効果テキメンの場合もあります。完治まで時間がかかるのが難点ですが、いったん治るとにきび体質そのものが改善されるため、にきびが再発することが少ないのがうれしいですね。
矢吹心の敏感肌のための、本当に正しいニキビケア


「思春期にきびの種類と原因」について

にきびで悩む方は多いですね。正しく原因と種類を認識し、治療を施す必要があります。がんばってにきびを退治しましょう。