ほくろ除去 手術

サイトマップ

ほくろ予防の大切さ

ほくろ除去 をする前に予防することはとても大切です。ほくろ除去 を悩む前に日焼け止めを使用することによってほくろ予防は出来ます。ほくろは紫外線などの影響をうけて増えます。この紫外線を浴びないように日焼け止めをしないと、ほくろ予防にはなりません。
  
ほくろ除去 で悩む前に紫外線カットのグレードが高い、「SPF」、SUN PROTECTION FACTOR(サン・プロテクション・ファクター)「PA」の表示がある日焼け止めクリームを使用することをお勧めします。ほくろ除去で悩む前に外出時の肌を保護することでほくろ予防になります。日傘や帽子、長袖の着用といった肌の露出をさけることが紫外線から肌を守り、ほくろ除去の予防になります。目の周りのほくろの発生をさけるために、サングラスを使用するとよいでしょう。

目の周りは日焼け止めクリームは塗れないのでサングラスはほくろの予防に有効です。ほくろ除去で悩む前に直射日光や紫外線を徹底的に肌にあてないことがほくろ予防になります。日に焼けると言うことはほくろを作っている、増やしている事になります。ほくろ除去で悩む前に海や山へ出かけるときだけではなく、日常の中で紫外線や直射日光をさけることがほくろ予防へと繋がります。

ほくろの原因と除去の必要性

ほくろ除去 を始める前に、ほくろが出来る原因を確認する必要があるでしょう。ほくろの原因はメラニン色素を産出する細胞が、皮膚の深い所に多数集まる事によっておこります。

ほくろは、体質が関与しているケースが多いという特徴があります。大切なのは皮膚癌と区別する事でしょう。ほくろの場所によっては、ほくろ除去が必要な場合があります。特に舌や陰部は危険で、顔のほくろ除去と違い癌の可能性がある為、病院の受診が必要と言えるでしょう。

ほくろ除去は病院においてはレーザー手術等で安全に行なえ費用も安価にすむ為、最近はほくろ除去をして気になる箇所の悩みを解消しているひとが増えているようです。美容的なほくろ除去は、東京をはじめ大阪、名古屋、福岡等大都市では皮膚科やクリニックも行われているようですが、癌の可能性を感じる場合は大学病院等への受診が必要です。

ほくろ除去手術

ほくろ除去の方法は手術が基本となります。

手術方法も2つの方法が主流です。
1つは、炭酸ガスレーザーでの除去で、早くて簡単な手術です。ほくろの大きさが5mm以下の盛り上がっていないほくろの除去に適しています。炭酸ガスレーザー(レーザーメス)でのほくろ除去の所用時間は、5分から10分と短時間で手術はおわります。痛みもなく、出血量も少なく、施術後は絆創膏などを貼るだけです。女性の方も翌日からお化粧が出来ます。

しかし基本的にほくろを削りとっているという内容の為大きなほくろ除去には向きませんし、癌の検査(病理検査)には対応できません。

もう一つの方法は、切除縫合法と言われます。一般的な外科手術の方法です。
切除縫合法でのほくろ除去は直径6mmを超える大きなほくろに適していて、経験豊富な医師ならレーザーメスでのほくろ除去よりも綺麗な仕上がりが期待できます。切除縫合法でのほくろ除去は、メスでほくろとほくろの周りを除去し、手術用の糸で真皮の縫合と表面の縫合をする為、どうしても痛みが2〜3日は続くようです。また通院消毒をする必要があります。

メラノーマや悪性のほくろなどを心配している方は切除法合法でのほくろ除去は安心な施術方法といえるでしょう。切除法合法でのほくろ除去の欠点は、抜糸をするまで顔を洗ったり、入浴も出来ないということです。不快感や抵抗を感じますし、通院消毒が必要だったりするので多忙な方には不向きな、ほくろ除去法かもしれません。

ほうれい線対策

「ほくろの原因と予防と除去手術」について

ほくろのできる原因を知り予防する事は非常に大切ですが、できたほくろを除去する際には受診して除去方法を検討する事は更に大切です。