ウナギ釣りの仕掛け   

                           

                                

 

     

 

ウナギ釣りの基本的な仕掛け図

      

上の絵のとおりウナギ釣りの仕掛けはそれほど複雑ではありません。                    とても簡単な仕掛けなので気軽にできます。

道具について

まずリール竿についてです。ウナギ釣りは基本的に投げ釣りができればいいのです。         なので高い竿をわざわざ買う必要はありません。安い竿でいいのです。                   釣りの本などには中型スピニングリールと書いてあることがありますが、小型スピニングリールでも   釣ることはできます。しかし、大型のウナギがかかると力が強すぎてなかなかリールを巻くことができないことがあります。そんなときには、やっぱり中型のほうがよかったなぁ〜と後悔するかもしれませんが私は中型は小型よりもかさばるので小型を使っています。                           私が使っている竿とリールは上州屋で竿とリールセットで1300円ほどで購入したものです。      

鈴について

次はウナギ釣りの時に竿の先につける鈴についてです。この鈴はウナギがかかったときに       りんりん!と音をたててアタリを知らせてくれます。夜釣りでは暗くて竿の先がみにくいのでこの鈴があるととても便利です。この鈴のかわりにケミホタルを竿先につけてOKです。ケミホタルはダイソーでとても安く売っています。注意:ダイソーによっては扱っていないかもしれません                  また、鈴が鳴っても必ずしもかかっているとは限りません。ウナギの場合はじめにりん!りん!と少しずつ鳴り、そのあと大きく竿が揺れて鈴が鳴ことが多いです。   

道糸について

道糸は3号〜5号を使います。これ以外を使ってもかまいませんが、糸が細すぎるとウナギがかかったときに切れてしまうことがあります。私は4号を使っていますが、ウナギに根に入られたときに切れてしまいました。私的には4号か5号あたりをおすすめします。

おもりについて

おもりは6号〜30号を使います。台風がすぎたあとや流れの速い川で釣りをするとおもりが流されてしまったりして釣りにならないことがあります。流れの穏やかなときは6号以下でも平気かもしれません。 私は中通しおもりの10号を使っています。中通し以外にも六角おもりやジェット天秤でもOKです。

サルカンについて

サルカンについては、自分の好みにあわせてください。スナップ付サルカンを使うとハリスの管理や片付けに便利です。

ハリスと針について

ハリスは私は4〜6号を使います。針はウナギ針の10号〜17号です。私はおもに10号と14号をつかっています。

その他あると便利なもの

その他あると便利なものを紹介します。まずは竿立てです。ウナギ釣りは竿立てに鈴をつけた竿を2、3本放置すると楽です。次にライトです。ウナギ釣りは基本的に夜にやるのでエサをつけてり針をはずすときなどにとても便利です。それとウナギが釣れたときにウナギを入れる入れ物です。クーラーボックスでもかまいません。私は下の写真のようにクーラボックスがかさばるのでビニール袋を使っています。                                 ポケットにおさまるのでとても便利です。                                      注意:しっかりとウナギが脱走しないようにふたをしましょう!わずかな隙間からも脱走します。

その他ペットボトル仕掛けもあると釣果があがります。