02.ゴーヤー

 

 明日は5月8日でゴーヤーの日だそうな。
  だからちょっとちなんでみようかと思い立って書いております。

 私がゴーヤーという呼び名を使い出したのはつい最近です。連ドラの「ちゅらさん」が出るまでは周囲もほとんど「にがうり」と言っていたのに時代は変わるのね。

 沖縄のゴーヤーと内地のゴーヤーは品種が違うそうで、沖縄のもののほうが甘いんだそうです。農家の方の話を聞くと肥料に甘味料のステビアを使ったりするとか。そういう特別なものはやっぱり味も違います。

 私は苦いものは駄目なのでゴーヤーは苦手。昔毎朝ジュースにして飲まされましたがまったく慣れませんでしたね・・・。ゴーヤーチップスくらいなら食べれますが料理にもちょっと・・・。
 それなのにちょっと植えたらもう要らんと思うほど実がなってくれる。夏は恐怖。今でも確実に3日に1回は食べているのに。

 内地の方は表面のぶつぶつを削って食べる、という話を聞いたんですが本当でしょうか。「あのぶつぶつがおいしいのに」と周囲は言ってますが。もしそれで苦味が薄れるなら私は削って食べますね。
 とりあえず、ぶつぶつが大きいほうが、熟しているので苦くはないようです。

 調理法としてはやっぱり普通にチャンプルー。これは色々混ぜるのでだいぶ苦味が薄れます。あとは和え物が定番でしょうか。スライスしたものを削り節とドレッシングでいただきます。ごまの焙煎ドレッシングがおいしい。
 それから好きな方は煎じてお茶にしてもいいでしょう。作り方は詳しく知りませんがダイエット効果が高いとTVでも報道していたし。

 給食でカレーに入っていましたが・・・後味がカレーじゃなくてゴーヤー。あれはおいしくなかった・・・。評判が悪かったのか二度は出ていない。あそこまでチャレンジしなくてもいいと思います。

 調理法や味はともあれ、健康にいいのは確かでしょう。ジュースを飲んでいた頃は風邪もめったにひかなかった。

 明日の食事は確実にゴーヤーチャンプルー。立派なゴーヤーもすでに準備されています(私がゴーヤーの日だと言ったばっかりに(泣))。
 だけれども。
 記念日を祝わずとも私たちは充分ゴーヤーを食べていると思われるので。

 母の日を優先させてご馳走を食べませんか、お母様。


 

   食べ物に戻る。   目次に戻る。