ちびグルメ by 海月 (仙台市近郊/そば)

 

【グルメ】
  美味しい蕎麦屋さんです。   その他の蕎麦屋さん  閉店した蕎麦屋さん
   

●仙台市●

【手打ちそば 草太】 [お勧め] 

 仙台市若林区六丁の目中町13-25
 022−287−2803 (営)11〜14:30 土・日 17:30〜20 (P)あり (水休)

メニュー:東根そば        ¥700

  53歳で農業を辞めて,東根の草宿(くさどまり)で3年間修行した主人がうつ東根そば。東根のそばらしく,つるつると喉ごしを楽しむのではなく,むしゃむしゃと噛みながら食べるタイプ。くちの中にそばの香りが広がります。仙台でこの味を楽しめるとはうれしい限りです。少し,そばつゆの味が濃すぎるような気がしますが,そばの味がしっかりしているので,万人向けにはこのくらいの味がちょうど良いのかなと思います。12時を過ぎると,あっという間に混み始めるので注意してください。

 (H17/12)田舎の大広間のようなスペースで食べます。相変わらずのコシのしっかりとした山形の田舎蕎麦。この太めで,黒味がかった山形の蕎麦を,700円で食べれるお店は貴重です。蕎麦を食べた後は,たっぷりそば湯を飲みましょう。

 (H19/2)久しぶりの草太のそば。以前の記憶も曖昧なのですが,そばつゆが以前よりあっさりしているような気がしました。でも,そば一枚でお腹一杯になったのは,盛が良くなったのか,小食になったのか(笑)。
  ご主人が東北高校と縁のある人なのか,関連するものがチラホラ。個人的に気になったのは,広島カープの嶋選手のサイン。昨年の日付で,2日続けてもらっています。良いなぁ。  

 (H26.10)メニュー構成が変わったようです。蕎麦が,小盛・普通・中盛・大盛となっていて,普通盛が900円くらい。ちょっと高くなったイメージ。ランチのセットものも出来ていましたが,小盛に天ぷらなどで決して安く無さそう。消費税増税など諸々あったのかなぁ,と思っていました。

  普通盛を頼んでみましたが,出てきた蕎麦のボリュームを見てビックリ。既に大盛気分。小食な人なら,普通盛ではなく小盛で十分です。蕎麦が切れやすく,短くなってしまうのは,今の季節的なものなのかな。
  それと美味しかったのが,蕎麦団子汁。優しいスープに具沢山。もっともっとスープを飲みたかった。これからの寒い季節にピッタリです。
   

【四季彩 もがみ野】    [お勧め]

 仙台市青葉区木町通1-8-18田村ビル101
 022−215−2253 (営)11〜14,16:30〜19 (P)なし (日休)

  山形県の特産品をネットで販売している「わらぺっこ」が仙台に出店したお蕎麦屋さん。蕎麦打ちも「わらぺっこ」の社員が行っているそうですが,二八の蕎麦にも関わらずコシがしっかりしており,蕎麦の香りも悪くないです。蕎麦つゆも,出汁が効いていて,山形の蕎麦を味わう感じがします。
  店もキレイですし,店員の方の応対も好感が持てました。「もちもちシューアイス」も食べてみましたが,こちらは私の趣味にはヒットしませんでした。でも,なかなか良いお店です。

 (H17/12)数量限定で太めの麺も出している記憶があったのですが,店頭に表示が無くなったような気がしました。お店の人に聞いてみると,「もう無くなりました。でも,今日のはちょっと太めですよ」とのこと。相変わらずの上品さが感じられる田舎蕎麦は美味しいです。店頭で売っている山形の地場野菜も安くて良さそう。

 (H20/10)蕎麦は「でわかおり」を使った二八の手打ちそばと自家製蕎麦の2種類となります。もがみ野(冷) 850円は,大根おろし・納豆・しば漬け・オクラなど薬味がたくさんの蕎麦。ラフランスのデザートも付きます。
  他には,山形いも煮セット 850円(芋煮,蕎麦,ご飯,お新香,デザート)なども。夜には三元豚の「やきかつ」も食べれるようです。
   

【百全】 [お勧め]

 仙台市泉区寺岡5−1−29
 022−377−2102 (営)11:30〜 品切れ次第終了 (原則無休)

メニュー:裁ちそば      ¥850

 (H20)南会津の裁ちそばが食べられるお店。いわゆる自宅系のお蕎麦屋さんで,駐車場も自宅用らしきスペースに1台が停められる程度。普通のお宅の1階で食べるようになります。
  2部屋にテーブルが4台ほどのスペース。そこをご主人が一人で切り盛りするようになります。11月の新そばの季節なので,裁ちそばの一種類だけのおもてなしでした。
  まずお茶の替わりにそば湯と,キノコの小皿が出されます。やがて,出される蕎麦は,荒めに挽いていて,粒々の食感も楽しめます。蕎麦だけで食べても風味が味わえます。つゆは,会津地方っぽい,辛口で濃い目のもの。
  美味しいお店なのですが,あまり知られていないような気がします。この日は,私が帰る時(午後1時すぎ)には,品切れしてしまっているため,絶対数が出ていないせいでしょうか。
  

【ふくふく庵】 [お勧め] 

 仙台市泉区館4−22−9
 022−376−7301 (営)11時〜15時,17時〜20時 (火休)

 (H26/2)2013年にオープンしたお店。あの人気カフェ「アンソレイユ」さんの隣にできました。女性二人で切り盛りされているようです。仙台が大雪に見舞われた日に訪れたので,お店に着くまでが大変でしたが,貸切なのはラッキーでした。
  名物の山形冷やし肉そば(850円)は,山形県の河北地方で有名なお蕎麦。鶏だしと節系のWだしの少し濃厚な感じのスープに太めの麺が良い感じです。蕎麦は二八とネットで見ましたが,十分な方さと風味があるものでした。また,歯ごたえのある固めの鶏肉が,噛めば噛むほど旨みが出てきて美味しいです。

  普通の冷たいざるそば(650円)も太い蕎麦でチョイス。そば汁は濃いのですが,甘い訳くもなく,少しさっぱりする不思議なものでした。そば湯もトロトロ系の濃いのが良いです。 外は寒いので,暖かいかけそばも。こちらは細めの蕎麦。上品なスープでゴクゴク飲んでしまいました。
  最後に,たまごかけご飯(300円)。そばの実が入ったご飯に,たまごの黄身の部分だけをかけていただきます。そばの実の食感・風味も感じられて良い感じでした。

 (H28/3)12時頃の訪問でしたが,待つことなくお店に入ることができました。
  天然海老や山菜などが入った天ざる,山形の冷やし肉そば,小鉢2品,たまごかけごはん,お漬物,ちょこっとぜんざいなど,少しづついろいろを楽しめる福膳を注文。たまごかけごはんは,黄味のみと全卵から選べます。また,土日のみ選べる太めの蕎麦でお願いします。

  天麩羅は揚がったものから持ってきてくれます。最初は,味の濃い椎茸,にんじん,せりの根に海老など。次にせりの葉の部分や大豆にネギ,そして最後は林檎の天麩羅。大豆も珍しいですが,林檎の天麩羅っていうのも初めて。サクッとした食感で,食べた後に林檎の風味が優しく残る感じで面白かったです。
  蕎麦はうどんのように太いもの。結構な食べ応えがあります。そしてビックリしたのが,お好みで粗塩でという食べ方。水蕎麦は食べたことがあっても,塩蕎麦って初めて。蕎麦つゆに比べて,蕎麦の風味を強めに感じることができます。

  ちょこっとぜんざいも,そこそこの量があります。適度なあんこの甘さが美味しい。小鉢も2種類あって,楽しめました。 クリームそば白玉ぜんざい(650円)は,そば粉を加えた白玉がほんのり風味にモチモチ感。愛すとの組合せも良い感じでした。
  

蕎麦酒房 季楽 [お勧め]

 仙台市青葉区小田原6丁目3−1 631ビル
 022−721−3447  (営)17:30〜24,お昼ランチ営業あり (火休)

 (H21)小田原にあるツルハドラック向かいにあるお店。居酒屋なんですが,「蕎麦酒房」と銘打っているだけあって,蕎麦も自慢です。
  ランチの時は,普通盛(700円)の他,薄盛・大盛りがあります。また,かき揚丼とのちょっとお得なセットもあります。もっとも普通盛といっても,単品で考えると,ボリュームは少なめ。小食の人でなければ,大盛りかセットにした方が良さそうです。蕎麦は時期によって,二八だったり十一だったり変えているようです。細めながらもコシのある麺は,香りも十分。個人的には,蕎麦つゆのコクがもう少しあった方が好みです。

  仙台市内の蕎麦屋はしょうがないのかもしれませんが,値段比で考えると,もう少しボリュームが欲しいところ。
  2007年の年越し蕎麦(薄盛4人前,ツユ付 1500円)も試してみましたが,上手く茹できれず,とても短い蕎麦に(涙)。やっぱりお店の味を出すのは大変です。ちなみに,ついてきたツユはお店でいただいたものより,しっかり濃い口でした。
  

信州戸隠蕎麦 安曇野   [お勧め]

 仙台市青葉区大町2−8−39 рO22−222−3715

 (H20)1階はカウンター5〜6席,2階は掘りごたつ式の広間となっています。
  太ざる蕎麦(780円)は,山形蕎麦かと思わせる太くて固い蕎麦(太さもバラバラで食感も様々)。ズルズルとすするなんていうのは無理で,噛みながら食べていく感じ。その分,蕎麦の甘みをしっかり味わうことができます。つゆは濃い目なので,ちょっとつけて食べるようになります。普通の蕎麦は結構細めですが,それでも十分なコシがあったのには驚きでした。
  食後にそば団子が2つ付いてくるサービスも嬉しかったです。(サービスの無い時もあります)

 (H21/4)中のメニューには無いのですが,店頭の看板に「うどん」が出ています。全て500円なのですが,同じ内容で蕎麦だと1050円するものです。
  天ぷらうどん(500円)は,大きい海老にカボチャ,山菜の天ぷらは食べ応えあり。ぶっかけのうどんも,讃岐うどんよりは若干細めではありますが,しっかりとコシがあって,カミカミカミって感じです。
  けんちんうどん(500円)は,熱々のあんかけの中に,蒟蒻・人参・筍などなどが入って,ホクホク。熱い汁の中にあるうどんは,はっとのような感じでした。うめおろしうどん(500円)は,暑い日にはピッタリな感じがしますが,おろしが結構辛くて舌がヒリヒリ。
  岩手県南部の地粉を使用しているとのことでした。
  

【酒彩蕎麦 桂苑  [お勧め]

 仙台市青葉区木町通2−55 1F  022−718−8476
 (営)11〜15,17〜23  (日休)

  蕎麦は“白鷹産でわかおり”を使用しており,一日15食限定。注文したのは,一粒で二度美味しい「あいもり」(850円)。蕎麦と,青そ麦きりの2つが盛られて出てきます。黒みがかった蕎麦は,粉の粒々が残っています。十割でコシ,食感共に良いです。蕎麦つゆは濃い目でした。蕎麦湯はトロリとした感じのもので,〆た感じがします。ちなみに,わさびは自分でするタイプのものです。むぎきりは,つるつるした食感。きちんと蕎麦つゆとは別のものが準備されていました。
  JAZZが流れる店内。食後には温かいお茶が出されるなど,サービスもキチンとしています。

  なお,もう一つの「うり」であるえごまのラーメンは,えごまを自分で挽いてラーメンの上にかけるようになります。えごまの香りを楽しみながら食します。ランチには,ビーフカレーやミニ丼系とのセットもありました。
  

【割烹 浅羽】 [お勧め]

 仙台市青葉区国分町2-1-10 阿部フォトビル 3F  ⇒ 中山エリアに移転
  022−227−8133
 (営)11:30〜13:30,18〜23  (日・祝休)

 (H20)阿部フォトビル3階という場所なので,目指していかないと行かないようなお店です。
  普通の蕎麦と“かわり蕎麦”が楽しめる「二色盛蕎麦」(850円)を注文。この日の“かわり蕎麦”は“さくら”で,さくら餅のような上品な香りがしました。蕎麦つゆではなく塩・スダチでいただきます。塩をパラパラと振ってみると甘みが増し,スダチを絞ってみるとサッパリした味わいになります。
  普通の蕎麦は,二八とは思えないしっかりとしたコシ。蕎麦の香りも良いです。つゆは甘めで,ダシもしっかり濃いめでした。ちなみにわさびは自分でするタイプ,蕎麦湯は薄めの普通のものでした。
  食前に小鉢(しいたけ,昆布,山芋など)が出るところが割烹らしい感じです。  
   

【蕎麦BAR 月うさぎ】 [お勧め]

 仙台市青葉区国分町3−2−5 ゼロキュービル4F   022-263-3577
 (営)11〜14:30,18〜24  (無休)

 (H20)定禅寺通り沿いの4階にお店はあります。
  ランチの蕎麦セット(900円)は,蕎麦+お惣菜3品,小サラダ,ミニ丼(この日は,マーボーなす丼),食後のコーヒーです。蕎麦は二八と更科から選ぶことができます。
  田舎蕎麦の二八は,細めの麺なのですが,そこそこのコシがあります。ツユは辛口で,ダシも強く効いていて,濃い目。蕎麦湯は透明な感じのタイプ。ミニ丼もなかなか美味しいし,クーポンで抹茶アイスもつけてもらったので,満足感あり。

  夜は雰囲気の良いBARとなります。定番のボトルではありますが,モルトの種類も結構あるので,楽しめそうです。
 

【手打ち蕎麦 錦町 招月】 [お勧め]

 仙台市青葉区錦町2丁目4−1   022-263-0313
 (営)11:30〜14:00,18:00〜21:00   (月曜・第三火曜日休)

 (H21.11)平成21年にオープンしたばかりの錦町の住宅街にあるお店。でも,13時を過ぎても,お客さんが次から次へとやってくる人気店です。
  ランチの「天丼セット もり」(780円)は,ニ八の蕎麦に天丼が付くお得なセット。蕎麦は二八の細麺ですが,その割りにコシも風味もしっかり。ツユはキリリとした濃い目の味付け。蕎麦とツユとのバランスも良く,上品で美味しい。
  天丼は,なす・ちくわ・半熟玉子の天ぷらという変わった組合せ。タレの香りもたまらなく,単なるランチセットの天丼以上の丁寧な出来です。
  ちなみにお勧めの「招月そば(秋)」(1050円)は,舞茸・椎茸・なめこなどが入った温かい汁につけながら食べるメニューのよう。きのこ天ぷらも付くというので,高くはないかも。
   

【そば処・悠全】 [お勧め]

 仙台市太白区秋保町長袋字清水久保54-1  022-399-4034
 (営)11:30〜15:00   (木曜定休,第1・3水曜日)

 (H22.2)夫婦で営んでいるお店。シンプルな店内には,静かな音でエリック・クラプトンが流れています。ざるそば大盛(750円+300円)と,かけそば(750円)をいただきました。
  そばは二八の藪蕎麦ですが,細めで,とても繊細な仕上がりに感じました。ダシがしっかりと感じられる甘めのツユにピッタリで,丁寧な仕事ぶりだと思います。かけそばも,薄味ながらも良い感じのスープとの組合せでしたが,麺が繊細な分,すぐ柔らかくなってしまいバランスが崩れてしまうのが残念でした。
  蕎麦が出てくる前に,そばがきを揚げたものがサービスで出てきました。熱々に揚げられており,また,蕎麦の風味が十分感じられた美味しいものでした。 
  

【みたて 二日町店】 [お勧め]

 仙台市青葉区二日町3-32 深松ビル2F  022-213-1914
 (営)11:30〜14:00,17:00〜24:00   (日・祝休)

 (H22.2)十割蕎麦ランチ(700円)をいただきました。日替りミニ丼・ミニ天丼・ミニとろろ御飯のいずれかと,蕎麦のセットになります。
  少し辛めですがコクのある蕎麦つゆ。十割という蕎麦は,細いけれどもコシがしっかりとして,コリコリッとした食感が嬉しいです。わさびともみじおろし付。
  この味・内容で700円は安いと思いました。
  

【康正庵】 [お勧め]

 仙台市青葉区中山6−1−3
 022−279−4003 (営)11:30〜17 品切れ閉店 (P)あり (月休)

メニュー:せいろ         ¥1000
      変わりそば      ¥1100

 (H18)中山の坂の途中にあるそば屋さん。やはり美味しいそばは冷たいもので食べたいものです。正直,“そば”として食べる場合,この値段の設定はちょっと高め。でも,落ち着いた店内や,着物をきちんときて対応してくれる(奥さんであろう)お店の人を考えると,まぁ,しょうがないかな。仙台で美味しいそばを食べるには,普通よりも相場を高くしないといけないのかもしれませんね。


  

【利蔵庵 米澤屋】 [お勧め] 

 加美郡加美町下新田字原江25−1   0229−25−6586
 (営)11時開店,蕎麦無くなり次第終了 [平日]約30食 [土日祝]約50食 (水休み)

 (H27.9)11時半くらいの到着で,40分待ち。名前を書いて待ちます。少人数での対応なので時間はかかりますが,接客はテキパキしています。 ざる蕎麦(840円)は,新潟のへぎ蕎麦のように,束に纏めた状態で提供。へぎ蕎麦よりは,一束が大きく,一ざるで六,7束くらい。二八ですが,適度なコシも風味もあります。ツユは濃いめなので,蕎麦はちょっとつけて食します。蕎麦湯はオーソドックス。野菜ときのこのてんぷら(740円)も一緒にいただきました。

  三種類の餅は,あんこ,クルミ,ゴマで。 餅はつきたてで,柔らかいです。くるみ餡は色のついた甘味が強め。あんこは,柔らかいこしアン。そしてクリーミーなごま餡でした。 古民家のような店で雰囲気がありますが,キャパが小さいので,時間に余裕を持って出かけたいです。


 


【七ヶ宿のそば街道】は別ページにまとめています。

  その他の蕎麦屋さん    閉店した蕎麦屋さん