横山党も往来した鎌倉街道

町田市 八王子市
鎌倉街道(八王子市片倉町〜町田市八王子バイパス相原インター入り口付近)
横山党も通ったと思われる鎌倉街道が、八王子市片倉から町田市までたどれるというので行ってみました。
片倉のどこが始点なのか住宅地になって開発が進み、よく分からないのですが、
適当に山道を登っていくと、『らしき』道にでて、きっとこれだ!と思いました。
境川の手前、町田市立堺中学校にぶつかって、それ以上すすめなくなるので、
今のところそこを終点と考えることにしました。

八王子バイパス、国道16号線は、御殿峠を通っています。
御殿峠の名前の由来は、ここに粟飯原氏、藍原氏の館があったからだと聞いたことがあります。
町田の市役所に電話で聞いてみたところ、
殿丸城や居館がどこにあったのかは、不明だとのことでした。

私自身も、御殿峠付近に川や池がないので、水はどうしていたのだろうかと不思議に思い、
御殿峠付近が生活に適した場所であったかどうか、疑問に思います。

地図は、こちらにリンクさせていただくようにお願いし、快諾していただきました。

片倉に続く道を、登りきったところで振り返って

この道は、左の写真の道と
大きな車道を介して、繋がっています。

左の写真は、16号線片倉高校入口の交差点を
JR八王子南野方向を進んだところ。

左側に道が見えていますが、
これは、上の左側の写真に写っている道です。
片倉の市街地から登ってくるとここに出ます。


道の反対側に、
登っている道が繋がっているのですが、
これが片倉から続く旧鎌倉街道だと思えます。

ちょっと危ない木の橋がかかっていました。
登りきったところで振り返って
写真ではわかりませんが、下っています。
この先、左側に住宅が続きます。
山の中の古道を歩いてくると
かなり大きな車道に出会います。
左の写真の道の向こうに、
右にカーブする道が見えています。


この道は細い道なのに、車の往来が激しく、
後でわかったのですが、
日本閣の後ろを回り込むようにして、
国道16号線に繋がったいました。


日本閣の手前付近で町田市に入ります。

アスファルトの道を日本閣の社員駐車場を過ぎて、
右側の崖という感じのところを登ります。
崖の上から日本閣を撮影しました。

古道の左側、日本閣の上という感じの場所に
藍原孝遠の居城だった殿丸城があった
という伝承があるとか。
こんなところにお城を建てて、
水はどうしていたのだろうかと不思議です。

細いけれどしっかりとして道が続きます。

藍原二郎の屋敷はこの辺りだったのでしょうか。
実は、全然分かりませんでした。

これが現代の道

相模原に向かって右、
少し低いところにも平行した道があります。

これがかつての古道だとか。

小さな湧き水がありました。

振り返って。鎌倉街道は右側です。
八王子バイパスが左を走っています。

相模原市橋本が見えてきます。
坂を下ると町田街道です。
町田街道の向こうに鎌倉街道が続いています。

町田街道を越えたところで振り返って
古い街道の痕跡がありました。
町田街道を越えると、
すぐに町田市立堺中学校にぶつかります。

堺中学校を背にして振り返りました。
ここで行き止まりです。
堺中学校のその先は境川です。


横山党のある人達は境川を渡り相模川へ
ある人達は、境川沿いに、住み着く場所を
求めていったと思われます。


[エントランス] [相模原とその近郊の横山党・目次