トルコの旅行記(1)

 トルコの松ぼっくり
旅行中に拾った松ぼっくり。
あまりに大きいのでびっくりしました。
日本に持ち帰ってはいけないのですが、
すっかり忘れて持ち帰ってしまいました。

松かさが開いたらどうなるか楽しみです。
 トルコの長距離バス
トルコを旅行するには、長距離バスが便利です。
値段も安いし、バスはきれいだし、テレビはあるしーーー。
料金の中に、水、サンドウィッチ、ケーキの代金が含まれています。

トルコ旅行で最高だったのは、エフェソスの遺跡。ギリシャのパルテノン神殿よりずっと素晴らしかったです。
 アンカラ・エキスプレス

2004年12月13日、イスタンブール・ハイダルパシャ駅からアンカラまで夜行寝台列車に乗りました。
アンカラまで、約9時間半かかります。
私は、すでに3度寝台列車(ポーランド・スロバキアからチェコ・シベリア大陸横断鉄道)に乗った経験が
あるのでしたが、それでもワクワクしました。
スーツケースを列車に挙げるのは、鉄道の方が手伝ってくださいました。
ツアーのガイドさんから、車掌さんに一人2ドルのチップを渡すように言われて、
高いのにびっくりしました。

向かって右が個室。廊下が狭くてすれ違いが大変。
突き当たりの右側にお手洗いがあります。
お手洗いは、後ろにもあり、1車両に二箇所あります。
個室は中から鍵がかかりますが、外にでるときは
鍵が閉められません。

昼間は椅子になっていて、
夜になると椅子を倒してベッドに。
その上にもう一つベッドがあって、
つまり2段ベッドです。

椅子の向かい側を廊下から撮影。。
スーツケースを置くと狭くて一杯になります。

洗面台を室内から撮影。
夜中に水が出なくなって困りました。


この3枚は、食堂車の様子です。
同行の皆様にお断りなしに写真をアップさせて
いただきます。お許し下さい。

左は朝ご飯です。
コーヒーは有料で、
紅茶は無料だということだったのですが
夜水が出なくなったお詫びなのか、
コーヒーも無料になりました。

 トルコのお土産

名物だと聞いた鰯の缶詰は、私には外れでした。
オイルに漬けてある鰯は美味しそうに見えたのですが、
とにかく塩辛い!
料理の方法によるのでしょうが、
シーチキンのような、塩味のないものを想像していたので
がっかりしました。


お好みによりますが、とても塩辛いことを念頭に
お買い求め下さい。


トルコで美味しかったのは、アップル・ティー。
安いし、ほとんど毎食後飲みました。
日本に帰った後も飲みたいと買ったのが、右のもの。
これは文句なく美味しかったです。

ときどきレスランで出たティー・パックは美味しく
ありませんでした。
お土産用に買ったティー・パックも外れでした。
美味しいアップル・ティーは顆粒になったものです。
 ウシュクダラってどんなところ?

立派なモスクがありました。 ウシュクダラと書いてあるので
間違いなくウシュクダラなのでしょう。

特別どうということのない街の風景

一般の人の集合住居だと思います。
ウシュクダラはるばる尋ねてみたら、世にも不思議な噂の通り
街を歩いて驚いた。
これでは、男がかわいそう!」

トルコをツアー旅行中に何度も何度も歌ったトルコの歌です。
ウシュクダラって、どんなところだろうかと2時間ほどの自由時間があったので行ってみました。
上の写真のように、なんの変哲もない普通の街でした。

因みにこの歌のトルコ語版は、日本語訳とは全く違っていました。


[エントランス] [海外・短編旅行記リスト]  進む