シンガポールの旅行記

シンガポールに行きました
2000年12月10日から5日間シンガポール行きました。

ウエスティン・スタンフォードのランチバイキング
チエさんに教えて頂いたラッフルズホテルの反対側の角にある
ウエスティン.スタンフォードホテルの最上階のレストランに行きました。 70階なのですね。
ランチ・バイキングが色々払って51ドル。日本円で、3300円ぐらいでしょうか。
すごくリッチで美味しかったです。ナンと言ってもロブスター。シュリンプじゃないんです。
丸ごと1匹ということじゃないですけど、殻から外しながらもちろん食べ放題。
それから、すごかったのはフォアグラ。
目の前で焼いてもらってソースかけて食べられるンです。
こんなに美味しいものかと、4切れ食べたらさすがに気分が悪くなりました。 お刺身もあれば、ターキーも。
いじましく食べたらお腹が一杯で夕飯時になっても全然おなかがすきませんでした。
よいところを紹介して頂いて、ありがとうございました。

最後になってしまいましたが、70階から見る景色は素晴らしかったです。
マーライオンを見ながらお食事しました。

足裏マッサージ
シンガポールに行ったら足裏のマッサージをやってもらおうと思っていました。
ホテルのロビーにあったチラシに5$値引きするクーポンがついていたので、 そのお店を探して入ってみました。
足の裏のツボをマッサージすると内臓のどこが悪いか分かるそうです。
結論としては、とても痛かった。ふーっ。
目が悪い。腎臓が悪い。耳が悪い。腰が悪い。と散々言われました。
極めつけは、頭が悪い!! 全て事実なので、返す言葉もありません。
家に帰ってから、青竹踏みをしようと思ったのに、実行していません。

お値段は、30分で25$だったかーー。 頭が悪いので、もう忘れました。
気がついたら、足裏マッサージは、オーチャード通りのあちこちにあって、
あんなに必死に探すことはありませんでした。
気持ち良かったので、これもお薦めです。

あと時間があったので、美容院でカットしてもらいました。
値段を聞いて交渉してから切ってもらったのですが、 なんか変です。
日本に帰ってから会った友達に「変な頭!」と言われてショック。 でも、2週間ぐらいでなんとかなるでしょう。
因みに料金は20$でした。 1$は65円ぐらいです。

猛暑の中のクリスマス
猛暑のクリスマスって、初めてでした。
シンガポールがキリスト教国とも思えないのに、オーチャード通りは 電飾がすごくきれいでした。
シンガポールには、モスクもあればヒンズーのお寺もあります。
しかし、観光収入に期待をもつお国柄、ぎんぎんでした。
シンガポールはこの季節雨季で、半日ひどい土砂降りにあったのですが、
クリスマスの飾りが見られるので、良いかもしれません。

最初は暑い暑いと思いながらクリスマスの飾りを見ているのは変だったのですが、
すぐになれてしまって、それが普通になりました。
オーチャード通りを天井とするような電飾の数々。 電気代がすごいでしょうね。
オーチャード通りの中心は高島屋付近。 道を歩けば肩が触れ合うほどの込みようでした。
海外旅行で、日本のデパートに入ることはないのですが、 高島屋には入ってみました。
やはり高くて、日本のデパートと同じという印象でした。

遅くなるとタクシーが拾えなくなると聞いていたので、 あんまりゆっくりしないでホテルに帰りました。

タクシーが安い!
シンガポールは、タクシーが安いんですね。 ちょっとびっくりしました。
タクシーに乗るのは不安なので、ホテルの人にチップのこととか安全かどうかとか、 あらかじめ聞いておきました。
タクシーはメーター制で安全だとのこと。チップは料金に含まれている。
ただ、繁華街で流しのタクシーを止めるのは、違反だとか。 タクシースタンドで待ちましょう。
夕方のラッシュでは、タクシー乗り場はすごい行列。 かなり待たないと乗られません。

よく分からなかったのは、メーターにプラスされる1$、2$。
メーターだけの料金でも良い時がありました。 ここは確認すべきでした。

なんのトラブルもなかったのですが、1度だけ 中華街に行ったとき、運転手さんに何を買うのか、
どこに行くのか、
漢方薬ならいい店を紹介すると、煩く言われました。 それ以外は何もなく快適でした。

地下鉄にも乗ってみました。
乗り方は日本と同じで、券売機で切符買って、自動改札を通るのです。 ふた駅乗って、50円ぐらいでした。
地下鉄も良かったのですが、タクシーに安く乗れるので猛暑の中 あまり苦痛に感じず観光できました。

ナイト・サファリに行きました
シンガポールのおすすめは、ナイト・サファリだと教えて頂きました。
動物って、夜行性のものが多いから、昼間見るより夜見るほうが面白いそうです。
私たちは、タクシーで往復したのですが、シンガポールのタクシーはとにかく安い。 快適でした。
ナイト・サファリの中を歩いてまわるか、トラムに乗るかーー。
もちろん日本語の説明つきのトラムに乗りました。 驚いたことに、トラムはガラスで覆われているのではないのです。
大丈夫なのだろうか。襲われたりしないだろうか。 少し不安でした。 しかも歩いて園内を回れるようにもなっている。
むむむ。
あまり明るいわけではないけれど、十分動物が見られようになっていました。
ライオンのうなり声とか怖かったですが、考えたら柵があるのでしょうね。
説明通りのところに各動物がいましたから。 「絶滅の危機に瀕している」という言葉が何度も聞かれました。
そういう意味からもこの動物園は貴重なのでしょうね。

名前を覚えられない動物の数々。 とても面白かったです。 暗くなると開園して、12時に閉園とか。
「また見に来てるぜ。うるさいなー。まっいいか。仕事仕事。」 と言っている動物の声がきこえるようでした。
ウエスティン・スタンフォードの最上階レストラン
ラッフルズホテルの隣といいますか、道路を挟んだ、反対側の角に
ウエスティン.スタンフォードというホテルがあります。
当時、10年近く前ですが、ホテルとしては世界一の高さを誇って いましたが、
その最上階がレストランバーになっていて、夜景を楽しみ
ながら食事ができます。
食事をしなくて、飲み物だけでもいいんです。

飲み物の中にはその容器を持ち帰ってもいいものもあって記念になります。 確か一杯1000円くらいでした。
私達が行ったのはもう10年近く前のことなので、今もあるかどうか わからないのですが、多分あると思います。
7時くらいに行ったらもう列ができていて、30分くらい待った記憶があります。
それでも窓際のテーブルをと言ったら、ちゃんと窓際の夜景のきれいに 見えるテーブルをとってもらえました。
きっと予約したほうがいいですね。

娘が昨年行って、ナイトサファリがおもしろかったと言っていました。
ナイト・サファリは超おすすめ
シンガポールは8年前にいきました。
ジョホールバルはお隣マレーシアに入国するのでシンガポールと違った風景がみれます。
超おすすめは「ナイトサファリ」です。時間的にも夕方のツアーで夕食付きで結構楽しかったですね。
アフタヌーンティなら「グットウットパーク」ですが、たぶん「ラッフルズ」の方が「おももち」があっていいと思いますよ。
「グットウットパーク」は俗っぽくなっていました。でも「ラッフルズ」も当時改装していたので今では・・・・

それから、「なんとかマンション」っというところでの、マレーシア料理がいいと思います。
料理一つ一つをマレーシア衣装を着た女性がサービスしてくれて王様になった気分が味わえます。

私たち(実は新婚旅行)は予約できなく行ってません。
ぜひ、行ってみて下さい。
昼間の動物園と噴水ショウ
シンガポールは初めてですか? 初めてでしたらお勧めは昼間の動物園。
お好みと合うかは分かりませんが、
私が初めて動物園が楽しいと思ったのはシンガポールズ−でした。
セントーサ島の噴水のショーも良かったです。


[エントランス] [海外・短編旅行記リスト