ニューカレドニア(仏領)の旅行記

松の島・イルデパン
名物ロブスター・ブーニャ
海が美しいイルデパン

1993年にニューカレドニアのパン島(イルデパン)に行きました。
とても平和な島だという印象だったので、今回の一人旅の女性が殺された事件にはびっくりです。
パンというのは、フランス語で松という意味で、松が多い綺麗な島でした。
ヌメア市内の旅行社で、飛行機のチケットを買って、イルデパンでのホテルを 予約したことなど、
私は全然覚えていないのに同行の友人はよく覚えてい
てくれました。
ニューカレドニアの首都ヌメアからイルデパンまで、 小型のセスナ機で25分でした。
泊まったのは、大きなリゾートホテルだけれど、 私たちの部屋は庭にあるコテージでした。
なかなか雰囲気があって素敵でしたが、バスタブはなくてシャワーだけでした。


そこでタロイモと大エビをバナナの皮で蒸した料理を食べました。
大きなエビを半分に割ったのが2人前で3匹入っていました。
食べても食べても減らないという感じ。 もうエビは一生食べなくて良いと思ったほどでした。
私は覚えていないのですが、この料理一人前5000円だったとのこと。
今でも一緒に行った友人と美味しかったねーと話題になるイルデパン。
悲しい事件をとても残念に思います。

私達より先にニューカレドニアに行った別の友人が 「のんびりしてきた。」と話してくれたのですが、
のんびりする以外、何もすることがないという印象でした。泳げない私ですのでーーー。
でも、心が洗われた5日間でした。

バンガローの天井
友人と泊まったバンガロー



[エントランス] [海外・短編旅行記リスト