相模原市の太平記


淵野辺駅、古淵駅付近には、太平記に名を連ねる淵野辺氏とその関連建築物等があります。
その史跡を歩いて、当時に思いを馳せました。(2005/ 1/16)
.
淵野辺良博居館跡の碑(相模原市淵野辺本町3−26)

淵野辺良博の居館跡は、
旧家天野氏の敷地にあります。
上の写真左の手前は、天野家ご先祖のお墓です。
碑の裏側に『26代天野重男之建』とあります。
淵野辺氏が姓を変えて、いつからか天野氏を
名乗っておられるのだと思います。

淵野辺良博の名前は『太平記』に出てきます。
足利良直の命令で、
後醍醐天皇の皇子大塔宮護良親王を
殺害したと言われる人物です。
大塔宮護良親王
後醍醐天皇の親政のおり、征夷大将軍に
任命されるが
足利尊氏の讒言により、
鎌倉に幽閉され、後に殺害される。

護良親王については、こちらもご覧下さい。
足利直義
足利尊氏の弟で、尊氏とともに北条氏、
後醍醐天皇等と争うが、後に兄とも離反する。

相模原から中里橋を経て
町田街道へ抜ける道の
途中 にあります。
今は新中里橋ができて、
町田街道へは一直線なのですが、
中里橋へは、途中右に曲がらなければなりません。

中里橋は、縁切り橋とも呼ばれます。

淵野辺良博は、
足利
直義に護良親王を殺すよう命ぜられ
実際に殺したという説と
殺すに忍びず鎌倉から領地に連れてきて匿い、
その後、石巻(宮城県)に逃がしたという説が
水戸光圀編纂の『大日本史』に
書いてあるそうです。


護良親王を石巻の送るとき、この榎の下で妻子、
家来と縁を切って、縁切り橋を渡ったというーー。

縁切り榎(東淵野辺2−30)

右は、かつては縁切り橋と呼ばれた
境川にかかる中里橋。

中里橋の向こうは町田市になります。

道幅が狭いので、不便だったのですが、
今は新中里橋ができたので、
車の通行はめっきり減りました。

この橋の上で淵野辺良博は、妻子・家来と
別れを告げて、石巻に落ちていったそうです。

相模原は台地です。
矢部良兼
の館も
淵野辺良博の館も境川近くにあるのは、
水の便が良かったからでしょう。
因みにこの二つの館は、
歩いて20分くらいの距離です。
中里橋=縁切り橋東淵野辺2−29

1307年、鎌倉幕府将軍久明親王の執権北条貞時が
僧となって淵野辺にやってきていました。
このとき、近くの池(境川)に大蛇が住み着いて、
付近の住民を食べるので皆難渋しました。

貞時は、現日枝神社のある位置にある小高い丘に
山王大権現を祈願して、
淵野辺良博に大蛇退治を
命じました。
淵野辺良博は、見事大蛇を退治して、
その後、日枝神社は数々の歴史を経て
今日に至っています。

現在の社殿は、昭和40年に再建されたものです。

日枝神社(淵野辺本町1−36−16)

淵野辺良博が
境川に住んでいる大蛇を退治したとき、

大蛇の身体が三つに分体したので、それぞれを奉る
3寺を作ったが、そのうち残った1つが龍像寺。
1338年〜1341年の頃だそうです。

龍像寺だけ1556年に再建されたそうですが、
現在の
龍像寺は、美しくかなり裕福なお寺に見えます。
の写真は、残された古い門。
1556年のものでしょうか。

このお寺の裏の洞窟に
護良親王を匿った洞窟があると
聞いて探してみたのですが、見つかりませんでした。

良博が退治した龍の骨と良博の使った矢尻と板碑が
龍像
寺に残っているそうです。
龍像寺(東淵野辺3−25)

境川に沿って小淵方向に歩いていくと、
ファミリーマートが角にある境川橋に出ます。
大日堂は、ファミリーマートの裏にあります。

元は南側の崖下にあったものを江戸時代に
この場所に移築したとか。
鎌倉幕府最後の執権北条高時の息子の時行と
足利直良が1335年、高時死後2年経って、
この地で合戦しました。

時行は直良軍に連戦連勝するが、
後に足利尊氏に破れた。

大日堂の縁起は諸説あるようですが、
時行と直良の合戦での戦死者を弔うために
作られたというのが定説になっているようです。
大日堂(古淵1−34)

鹿島神社(古淵1−33)

新田義貞が鎌倉攻めの祈願のために作ったとも、
淵野辺良博の息子の良喬が作ったとも言われる
鹿島神社。
大日堂のある坂を少し上ったところにあります。
鹿島神社の大欅




[エントランス] [日本・短編旅行記リスト