壁紙は入笠湿原に咲いていた花です。
長野県富士見町の名物

八ヶ岳豆
小林節子さんが代表の『ふる里工房』で
作っている豆菓子です。

大豆、落花生、あられ、砂糖、食塩でできている
素朴な味で、あとをひきます。

余分なものが全く無添加の嬉しい自然食品です。
Aコープの農協婦人部売店で、
150g−320円で売っています。

富士見高原味噌
富士見町在住の人たちが、自分でつくった大豆で
作っておられる『富士見高原味噌』。
添加物なしの、大豆、米、食塩でつくったものです。

薄塩で、やや白い色が特長で、
とても美味しい味噌です。

色が白いのは、麹が大目だからか?と思っています。

栄養士の小林節子さんはじめ、
地元の皆さんの苦心作、ぜひ味わってみましょう。

Aコープでは900gが800円という値段設定ですが、
おっこと亭の新蕎麦祭で5kgパックを買うと、
3500円とお値打ちになります。



[エントランス] [日本・短編旅行記リスト][富士見町旅行記リスト