壁紙は富士見町乙事の蕎麦畑です。
長野県富士見町旅行記ー富士見町のお蕎麦屋さん(4)

富士見町富士見『にしむら』(06/11/13)
地元産の蕎麦粉を、店主さん自らが石臼で挽いた粉で打った九割蕎麦。
(蕎麦粉は、蕎麦殻を取って甘皮は一緒に挽いたもの)
せいろ1枚70gで、500円という値段設定です。
2枚では足りないという人は、1枚500円で追加できます。
薬味についた山葵は、本山葵だと思いました。
蕎麦湯はサラサラしていました。

定休日 毎週日曜日・第一月曜日  Tel. 0266-62-7078
夜は、予約が必要です。

今回二人で食べたのは: せいろ(1人当たり2枚)
合計
1000円 × 2000円
2000円

間違い等ありましたらすぐに訂正します。メールでご連絡下さい。
正面玄関

店 内
薬味ー葱、大根おろし、本山葵 大ぶり湯飲みのお茶 蕎麦つゆ

せいろ1枚70g(普通盛は時間差があって2枚出ます。)

富士見町乙事『新次そば・三井』(06/ 7/ 9)
乙事にある、普通の民家をお店にしたお蕎麦屋さんで、 予約が必要です。
メニューといったものはなく、もり蕎麦のみ。
左のように書いてあったのと、食べた感じで 十割蕎麦なのだと思いました。
粉は、別のところで挽いてもらっているそうです。

今回二人で食べたのは: もり蕎麦
合計
1050円 × 2100円
2100円

間違い等ありましたらすぐに訂正します。メールでご連絡下さい。
普通の住宅がお店になっています。

店 内
薬味はネギと七味唐辛子
お酢がきいたお漬物(2人分)

塩分控えめの蕎麦ツユ

初体験・どろどろの蕎麦湯
一人前1050円
これで二人前
いかにも手打ち!という感じのお蕎麦


戻る

[エントランス] [日本・短編旅行記リスト][富士見町旅行記リスト