対人戦をとことん遊ぼう

■PvPの基本形式

GuildWarsのPvPは大きくわけて

・4v4のランダム戦
・4v4のチーム戦
・8v8のチーム戦
・8v8のギルド戦

の4種類が用意されています。いずれも比較的少人数かつ同数で、実際の対戦は専用のアリーナ内で行われます。Mobのいる一般フィールドで戦うわけではありません。

4v4ランダム戦は、チーム編成自体がランダムなので、予め職構成を練ることができません。その場のアドリブ能力みたいなものが如実に必要になってきます。勝つも負けるも運次第の面があります。しかし少人数なので各自の動きにまぎれが少なく、新しいビルドの性能を試すのにも便利です。4v4用のスキルスロット構成が必要になってきます。

8v8のチーム戦は、ギルドの所属に関係なく自由にチームを編成することができます。マップとルールが多彩で職構成も事前に練れるため、ある意味一番人気があります。

ギルド戦は、名前の通り、ギルド間での対戦となります。全体的な戦略やメンバーの連携具合が勝敗の分かれ目になってきます。また1回の対戦が長時間長引くこともしばしばあります。勝利するとGuildRatingが貰えランキングが上がっていきます。

----------------------
■Factionについて

2005/6月のアップデートから、PvPでFactionと呼ばれるポイントが獲得できるようになりました。Factionを一定ポイント貯めると街のNPCでスキルやルーン、武器コンポーネントのアンロックが行なえます。

・デスペナルティのない敵を倒すと、低レベルアリーナで1、通常のアリーナで2ポイント貰えます。傭兵を倒しても2貰えます。

・Ascalon Arenaで勝利すると2、Shiverpeak Arenaで5、その他のアリーナで10ポイント貰えます。

・5連勝すると追加で、Ascalon Arenaで2、Shiverpeak Arenaで5、その他のアリーナで10ポイント貰えます。

・見方が一人も倒されず勝利すると追加で、Shiverpeak Arenaで1、その他のアリーナで2ポイント貰えます。

・Tomb of the Primeval Kingsの最初のマップで20、前半40、後半60、HoHで80ポイント貰えます。

・GvGで勝利すると、ギルドのレイティングに応じて200から500ポイントが貰えます。

ファクションの獲得は、チームメイト全員で共有されます。つまり自分が死んでいても生きていても、敵が倒れたら全員にFactionが入り、また誰が相手を倒してもFactionは(倒した人だけでなく)全員に入ります。

Factionの交換レートは以下のとおりです。

・Rune - 1000 points
・Major Rune - 1500 points
・Superior Rune - 2000 points

街のルーントレーダーと異なり、Factionを消費して得たルーンはアンロックの対象になります

・Minimum Power Item Upgrade - 1000 points
・Maximum Power Item Upgrade - 1000 points

アップグレードアイテムは、性能の低いものから順にしか取得できません。

・通常スキル - 1000 points
・エリートスキル - 3000 points

Factionをアイテム等と交換できるNPCは以下の街にいて、それぞれ内容も異なります。

・Ascalon City
・Yak's Bend
・Lion's Arch
・Henge of Denravi
・Amnoon Oasis
・Droknar's Forge

----------------------
4v4
勝利条件:相手を全滅

・双方、数が少ないので、クラス構成がすぐ把握できます。monk, mesmerあたりは一目散に張り付かれます。ここが8v8と違って一番辛いところ。

・なので8v8よりも回避率Up、命中率down系スキルの重要度は高い。

・開始直後に「next target」キーを使って一通り相手の職構成を頭にいれておくのが良い。

・死んだ仲間を復活する手段は、たとえヒーラーでなくても1スロット割いておくべきです。1v3から逆転みたいなことが普通に起こります。逆に、ここでrezさえあったら・・・みたいな後悔もよくあります。Warrior, Rangerが一人生き残ったらヤケになって特攻せず、逃げ回ってひたすらrez。Monkは仲間が死んだら即rez。

・仕留める側は、rezkillを徹底する。足の遅い職は無理に残りの敵を追いかけず、敵死体の隣に待機。rezの詠唱は長いので詠唱中断スキルが有効。rez中断が無理なら、最低でも、復活のタイミングにあわせてAoEDDなりを重ねておく。

・曲がり角を利用して壁に隠れながらのヒールはかなり有効。相手からは自分の姿が全く見えないので、マウスによる直タゲができない。そのためヒーラーにターゲットが変更されるタイミングがかなり遅れる。うまくいけば終始フリーでヒールしつづけられる。
逆にWarriorは、フィールド4隅の角周辺に敵を誘って交戦するとベスト。外周と中央の高低差を利用した隠れヒールも有効。

・4v4におけるmonkの重要なプレーヤースキルは、ヒールよりも逃げ足。

・Monkの数で半分勝敗は決まる。

・自分をターゲットにする動作はキーアサインして1アクションでないとつらい。

・剥がしてくれない、ヒールこない、集中攻撃しない、etcetc それでも生き延びるところが4v4の醍醐味。

----------------------
8v8
8v8は4v4と違って勝利条件が複数あります。

【スタート地点にHeroとPriestと旗があるマップは、相手の全滅が勝利条件】
1grp vs 1grpとは限らず、複数grp混戦の場合もあります。Priestが生きてると敵を倒しても一定時間で復活してしまうため、これを排除するのが重要。Priestをめぐってわりと駆け引きがある。

【中央に1箇所 台地があり、Orbが落ちてるマップは、占拠戦】
制限時間終了時に中央の台地を占拠してるグループが勝利。占拠にはGhostly Heroを連れていく必要がある。3grpが殺到するため、まぁとにかく中央で乱戦になりやすい。味方のGhostly Heroが殺された場合はorbを使うと復活できる。

他のルールはイマイチ判別しきれなかったので、またの機会に

・マップが広く複数グループ入り乱れるため、回避系スキルは「あった方が良い」程度で、4v4ほどシビアではない。死ぬときは1戦中何度も死ぬし自動復活もあるので、1回限りのrez signetは外してOK。

・stick togetherと肝に銘じていてもばらけてしまう事は多い。なぜか? ヒーラーが味方を支えきれず前線の敗走が始まるから。なので、追われる時は、一直線に逃げず、ヒーラーが移動しなくてもヒールできる領域をぐるぐるまわるのが良い。Monkが味方の後ろを追いかけ出すのが、戦線瓦解の始まり。

・フリーになってる時とターゲットにされてるときの落差が激しい。フリーなときはとことん放置。ターゲットにされると瞬殺くらう。これをいかにしのぐか。

----------------------
GvG
勝利条件:相手陣のGuildLordを倒す

■ルール関連
・スタート地点にGuild Load、Guild Thiefがいる。このうちGuild Thiefは最初に話かけた人の後について移動するようになる。Thiefは敵陣の城門を空けるのに必要です。

Thiefが殺されると一定期間後に、自陣内で自動復活します。これは
1.復活するまで待たないと敵城門を開けられない 
2.自陣までThiefを連れにもどらなくてはならない 
というデメリットを意味します。したがってGvG開始直後にThiefを連れまわすのは必ずしも得策とはいえないず、むしろ数的に有利になった時点で一人別働で自陣に戻っても遅くはないです。

・旗はマップ中央の見張り塔まで運んで立てるとmoral boostがもらえます。ただし敵に後から立てられると、先に立てた方の旗は自陣に戻されます。したがって後差し有利です。旗を近くに隠しておいて、立てられたら立て返す、立てそうになかったら立ててしまう判断が必要です。

・両軍の激突地点であるマップ中央は、隘路になっていて狭いです。範囲魔法が入りやすい反面、入れられる可能性もあり注意が必要。狭いという地形特性上、AoEを使った連携やスキル構成に影響を与えそうです。

・互いの城門脇に投石器があります。投石器はかなり強力で、食らうとキャスターなら即死します。射出方向は自分では操作できず、敵陣内にただ打ち込むだけです。投石するにはマップに数個落ちているRepair Kitが必要になります。したがって早めのRepair Kit確保と、逆に相手に使われないように余分なRepair Kitは隠してしまう必要があります。

・敵陣内、敵陣手前にNPCが多数配置されて、近寄ると攻撃してきます。攻撃自体はそれほど痛くないですがHPが削られるのは確かなので、早々に倒していくのが良いです。NPCは倒すと復活しません。

■編成関連
・2〜3 Tank, 3 healer, 1〜2 nuker が欲しい。
現状では、TankはWarrior or Ranger primary, healerはMonk primaryもしくはEle/Moが好ましいと思う。

・特にmonkの確保が重要なので、編成の機動力を上げるため、monk以外の職をやってる人は、monk primaryな2ndキャラの育成と練習が必要

・少なくてもTankは、防具を複数そろえて相手キャスター陣の特化具合にあわせて着替える必要がでてきそう。そのためギルド内でカンパして前衛の装備充実を支援する。

・monkはhex, 状態異常の治癒も考慮に入れたビルドにする。あるいは複数monk確保が前提で、そのうちの1人はhex, 状態異常除去特化のビルドにする。

・相手Enchantmentの剥がしは、healer以外の後衛陣の重要な仕事の一つ。 healerは味方をタゲるので相手encの存在に気づきにくいが、casterは敵をタゲるので存在に気づきやすい。

[Topへ戻る]