作品

カップ その他


梅乃瀬窯の作品、最近はタタキ仕事が多いです。皿でも湯呑みでも何でも叩いてタタいて土を鍛えます。
たたけば自然と器に命が息吹きます。
絵付けはシンプル&モダン。 しかし たった一本の線でも土と呉須を合わせたものを、
あらかじめ彫った線に埋め込み削る、「象嵌(がん)」という技法をとっています。


また、神経を注いでいる事の一つは釉薬です。 カタ灰釉(樫・ナラなどの硬い木の灰)を使い、
深みのある肌合いに焼き上げています。
そして、もちろん土にもこだわり、砥部磁器の原土に近い土を使用した作品もあります。
磁器ながら土物のあたたかい雰囲気が出るのが特徴です。



トップ
  

梅乃瀬窯
  

作家
  

商品
  

制作工程
  

イベント情報
  

陶芸教室
  

取扱店
  

ンク
  

メール