台湾について
北の美味いをお届けする【北加伊堂】


概況
海の彼方の楽園―台湾

台湾は南北に細長い島で、面積は約3万6千平方km、アジア大陸の東南、太平洋の西岸の東アジア諸島の間にあります。北は日本や沖縄諸島、南はフィリピン諸島に接し、アジア各地の交通の要所です。航空機も便利で、気軽に旅行ができます。

台湾は大きくないが、豊かな自然と文化に恵まれています。その自然は、地層プレートが絶えず動いており、複雑で変化の多い地形となりました。高山、丘陵、平原、盆地、離島、峡谷、海岸などさまざまな景色を見せてくれます。また北回帰線が通っているため、台湾では熱帯、亜熱帯、温帯の生態を見ることができます。台湾固有種の割合がとても高く、18,400種あまりもの野生動物のうち20%以上を占めています。サクラサケ、タイワンザル、タイワンクロクマ、ハクカンなどが生息し世界的な保護地域の一つです。

美しい自然と生態を守るために、6つの国家指定公園と11の国家指定の風景地域が設置され、そこに台湾で最も美しい自然と景勝地が集中しています。タロコの切り立った険しい高山峡谷を探訪し、世界三大登山鉄道のトロッコに乗って山間を抜け阿里山日出や雲海を見たり、東北アジアの最高峰玉山を登山し、その雄大な山並みや四季の変化を眺望したり、「アジアのハワイ」と呼ばれる南台湾の墾丁では海辺でのバカンスが楽しめます。日月潭は山間に輝く真珠のようであり、湖と山が絶妙にとけあっています。花東海岸と縦谷は、東台湾の最も純粋な自然を残し、離島の金門と澎湖は、豊かな地方色や文化的な史跡を残し独特の風情を見せてくれます。台湾はさまざまな魅力にあふれているのです。

文化の面では、福建省や客家、中国各地の出身者、原住民など異なる民族からなり、多くの文化を合わせ持っています。宗教、建築、言語、民族習慣、食生活などでも融合しているのです。特に「食」は代表的なもので、台湾料理、客家料理、湖南料理、四川料理、日本料理、韓国料理、台湾の軽食、地方料理など実に多様で、「グルメ王国」台湾として世界的に有名です。

國名:中華民国
面積:
36,000平方km
人口:
2,300万人
首都:
台北
種族:
漢人
言葉:
漢語、台湾語、客家語
宗教:
仏教、道教、キリスト教
総統:
陳水扁

自然
フォルモサ(麗しの島)は、16世紀ポルトガル人がエメラルド色の美しい台湾を見つけて発した賛嘆の言葉です。緑にあふれた台湾の美しい風景が、あなたを桃源郷の世界にいざなうでしょう。
アジア大陸東南の沿海、太平洋の西に位置する台湾は、日本とフィリピンの間にあり、正に東アジアの弧形に並んでいる群島の中央にあって、アジア太平洋地域の海、空の重要な通路になっています。総面積は、約36,000平方kmです。台湾本島は東西が狭く、南北に長く、全島面積の3分の2が高山や林地で、その他の部分は丘陵、平地、台地、高地、海岸、平原及び盆地から構成されています。主な山脈はみな南北に走り、中央山脈は北から南へ全島を貫いていて、台湾東部と西部の河川の分水嶺になっています。その西側の玉山山脈は、主峰が4000m近くあり、東北アジアの最高峰です。

台湾は豊富な森林資源を持ち、3000m以上の峰は293ヶ所にのぼります。これは世界で数少ない地理現象です。山地が多いため、各種の登山活動が非常に盛んで、郊外の山、中級の山から、高山登山、渓谷ウォーキング、渓流の源探し、幾つもの峰を越えて歩く長距離登山まで、どれも草木が青々と茂った渓谷に親しむことで、台湾の山林の美しさを存分に体験できます。こればかりでなく、台湾の五つの国家公園に多くの特殊な景観があります。立霧渓の渓流が創り出した太魯閣国家公園の渓谷の風情、台湾の最高拠点―東北アジア最高峰の玉山、世紀の奇峰大覇尖山の高くて険しい峰及び火山体、火口湖などの景観が残されている陽明山国家公園の大屯火山群、南洋の風情に富む墾丁国家公園の熱帯潅木などです。



台湾には豊富な海洋生態があります。東海岸の太平洋では、ハンドウイルカ、ハシナガイルカ、ハナゴンドウ、サラワクイルカ、マダライルカの群れが海面を飛び跳ねるのを見ることができます。そして南方の墾丁及び緑島、澎湖地区には美しい珊瑚礁があり、紺碧の美しい海洋の世界が一望の下にあります。
台湾の気候は温暖で雨量が豊富で、砂州、平原、盆地、丘陵、台地、山岳など、様々な地形が全てそろっていることから、多種で豊富な動植物資源を有し、また非常にたくさんの生物が生み出されて、大きな生態パークがここに形成されました。この他、台湾沿岸は泥状の岸辺と紅樹林があるため、各地から飛来する渡り鳥の群れを呼び寄せ、渡り鳥が棲息するオアシスになっています。例えば、羽の色が色鮮やかで美しいセイロチョウ(別名:八色鳥)のように、春と夏に熱帯から台湾へ避暑に飛来する夏の渡り鳥がいますし、毎年台湾の曾文渓口の沼地に飛来して越冬する世界で僅か530羽しか残っていないクロツラヘラサギ(Black-Faced Spoonbill)のように、秋に寒帯、温帯から台湾に避寒に南下する冬の渡り鳥や、毎年国慶節の時期に台湾に来て、輝かしい10月を共に過ごす国慶鳥―サシバ(別名:灰面鷲)もいます。また、台湾を渡りの中継地点或いは終点にしている更に多くの渡り鳥達がいて、台湾の生態に盛んな生命力を与えています。

台湾は非常に有名な蝶々の国です。南から北まで、蝶々がひらひらと舞う姿を見ることができます。陽明山の天山に面した蝶々花廊、烏来福山地区の蝶々谷、台湾南部の美濃黄蝶翠谷及び六亀の彩蝶谷は美しさに堪えません。
台湾へ旅行すれば、驚きと歓びに出会えるでしょう。


文化
台湾文化のこの盛大な会合へ、ようこそお出で下さいました。今、目の前に展開されている色々な物事に対し、初めて台湾へ来られた貴方にとっては、さぞビックリされることばかりかと思われますが、これは多様な歴史的背景を持つ台湾の、多様多彩な文化でございます。台湾が発展の過程には、原住民、中国大陸の?南(福建の南部)や客家(広東の一部分)からの早期移民、オランダ人、スペイン人、日本人、さらには近く中国大陸からの移民などが登場しており、当地の人たちは伝統的な文化をよく保存すると共に自分の新しい文化も発展していますので、現在貴方は台湾で、原住民の文化、当地本来の文化、中国の文化、そしてオランダ人や日本人が残していった歴史の古跡が見られます。
台湾は中国の伝統的な文化と芸術の中心で、故宮博物院に中国歴代の文化をすっかり保存してある外、次の各面からもその様子が伺えます。.

【寺廟と建築】

台湾の伝統的な建築は民間芸術の総纏めで、その装飾は極めて精緻に施されています。彩画、書法、木彫り、石彫り、泥人形、陶磁器、切り貼りなどはみんな建築の素材となっており、その中から台湾文化の豊富な内容を、幾らか垣間見ることが出来る様になっています。中国大陸?南や客家からの早期移民たちが受継いできた中国の伝統的な建築(例えば板橋の林家の花園)の外、中国廟宇の建築も随所に見られます。その中でも鹿港の龍山寺や天后宮、北港の朝天宮などは、台湾で一番よく知られ、且つ悠久な歴史を持つ寺廟で、芸術的にも崇高な価値があります。
【民俗文化と芸術】

台湾の主な時節祭りには春節(農暦の新年)、元宵節(農暦の正月15日)、端午節(農暦の5月5日)、七夕(農暦の7月7日)、中元節(農暦の7月15日)………などがあり、松柏嶺玄天上帝の祭典、大甲媽祖のお参り、北港媽祖の巡視、台北城隍爺のお出迎え、東港の王船祭り、二結の王公の火渡り、及び原住民の祭典………などは、台湾の大規模な民俗のイベントです。その外、中国の伝統的な戯曲を伝承する以外、台湾は自分の特有な芸術に属する歌仔戯(台詞を歌に乗せて歌うお芝居)や布袋戯(手と指で人形を操るお芝居)を作り出しています。歌仔戯は台湾各地の特別なメロディーと音楽を一体にまとめた演芸芸術で、布袋戯に至っては最近音響とライトの特殊効果を取り入れて、若い人たちの間で広く人気があります。台湾の映画や演芸団体も近年來は段々と国際舞台で頭角を現わし、再度中国の伝統と台湾本土文化の伝承と創作を、世の人々に見せております。
豊年祭、祖霊祭、狩猟祭、図案、蛇紋………は台湾原住民の神秘な文化色彩で、台湾文化に違った生命力を注ぎ込んでいます。台湾の原住民族は南方諸島言語系で、南方諸島言語族の最北端に分布された、人種的にはマレー人に属します。台湾原住民は現在大部分が山岳地帯に居住しており、サイシャ族、タイヤル族、アミ族、ブノン族、ペナン族、ルカイ族、パイワン族、ヤミ族、ツオウ族、シャウ族などの10種族に分かれ、それぞれの言葉や風俗習慣と部落の構造を持っていますが、目前は違う種族の同化や、文化保存の問題に面しています。しかしその中で、離れ島の蘭嶼に住むアミ族の人たちは、地理的な隔離のため漢民族との接触が一番遅く、従って一番完全な原住民文化を保っています。
台湾の沢山の場所で貴方は、過去殖民地時代の面影を見ることが出来ます。淡水の紅毛城はオランダ人とポルトガル人が台湾の一角を占領した時の遺跡で、台北の人出が盛んな迪化街、桃園の大渓、台南の新化などでも、日本殖民地時代から残されたバロック風な建築が立っています。現在、台北にある多くの植民地時代の建物、例えば台北の西区にある総統府、行政院、古い台湾大学病院………等々は、夜間にスポット・ライトを当ててその典雅さを見せ、台北の夜空を彩る装飾となり、台湾が身を持って経てきた歴史の悲しさを幾らか和らげ、芸術的な人文のロマンチックな風情を添えています。

これが台湾、一つの文化の饗宴です。ロマン、伝奇、荘厳、面白さ………、貴方はここで、様々な事や物に出会うことでしょう。


人々
人民−−熱情溢れる台湾の人たち

台湾の人口は約2200万人です。今台湾に住んでいる人たちはその大部分が中国大陸の各省からの移民の後裔で、その内でも東南沿海の福建や広東から来た人が多く、しかし氏族融合の観念が相当に行き渡っていますので、本来違う省から来たという省籍の境は、もうそろそと無くなりかけています。この外、台湾には数にして約36万人の原住民が居て、彼らは一番早くからこの土地に根を下ろした人たちです。そしてその原住民は、サイシャ族、タイヤル族、アミ族、ブノン族、ペナン族、ルカイ族、パイワン族、ヤミ族、ツオウ族、シャウ族、タロコ族、カバラン族、などの12種族に分かれています。

国語(北京語)は台湾の公式用語です。しかし台湾の氏族には南(福建の南部)から来た人が多いので方言として南語(河洛語)を話す人が多く、人数のやや少ない客家人(広東から来た人たち)や原住民の各族は、それぞれ特有の言語を保有しています。また日本の植民地統治が半世紀の長きに及んだので、今の年がいっている人たちは台湾が植民地統治から開放される前までは日本教育を受けており、日本語を話せる人たちがいます。
台湾で一番普及している外国語は英語で、国民教育(小学校及び中学校)の重要な科目の一つになっています。しかし外国の観光客がタクシーに乗る際は、やはり中国文で行き先を書いて運転手さんに見せたほうが、安全な方法だと言えます。
この外、台北は中国語を勉強する最適の場所で、多くの語学学校が中国語文を教えており、時間数で習うコースから、単位を授与する大学のコースまであり、欧米から夏休みにわざわざ台湾へ来て習う人や、1、2年かけて中国語を勉強に来る人たちもいます。

美食

台湾はレストラン天国


中華民族の飲食文化は世界に名を轟かせています。今日国際的な大都市ならどこでも中国料理を味わうことができますが、玄人達は台湾でこそ各地の各スタイルの中国料理を一同に味わうことができると評します。「人民は食に頼って生きている。ゆえに、食を最も大切なものとする」がモットーの台湾では、三歩歩けば軽食屋、五歩歩けばレストランがあると言えるほどでです。北部の代表的な味である、北京ダック、燻製チキン、羊肉のしゃぶしゃぶ、魚の薄切りあんかけ、チンジャオロース、干貝柱と大根の団子などから、南の代表的な味である樟茶鴨、塩蒸煮鳥、中華ハムの蜂蜜蒸し煮、ピーナッツと海老の強火炒め、ナスの煮込み、麻婆豆腐等まで、どんな料理にでも出会えると言えるでしょう。近年来の急速な商工業の発展により、台湾の食文化は、伝導的な中国飲食スタイル以外に、中国式ファーストフードチェーン店の経営スタイルも発達し、中国の「食の芸術」をさらに豊富にしています。また、アメリカのハンバーガーやイタリアのピザ、日本のさしみ、ドイツの豚足、スイスのバターなど、世界各国の食も、次々と台湾に登場しており、この現象もまた台湾をレストラン天国にしている大きな要因の一つでもあります。
また台湾独特の本土料理も全世界を風靡おり、一度食べたら忘れられない味であることうけあいです。
広東料理:
広東料理は、煎(油炒め)、焼、炒、蒸、煮などいずれの調理法を用いる場合でも、すべてきめ細やかで入念です。また使用する食器は、他の中国各省の料理の中でも、ひときわ精巧緻密で有名です。

四川料理:
四川料理の最大の特徴はごく普通の材料で、傑出した美味を演出するところです。しびれるような辛さは食欲を大いに増進します。

北京料理:
北京料理は清朝宮廷料理、回族、モンゴル族の料理の特色を融合させた料理です。調理方法は極めて豊富で多彩ですが、その中でも北京料理が特に重視しているのは火加減と切り方です。あっさりした味と、柔らかいマイルドな口当たりが特徴です。

江浙料理:
江浙料理は上海料理で代表されます。発祥地は長江下流域を含む東南沿海地方です。四方を江湖に囲まれている為、新鮮な海老、蟹、うなぎ等が豊富なため、調理法は海鮮を主とします。

湖南料理:
「燻」は湖南料理における肉の処理方法の独特な方式です。口あたりが濃厚で、これは湖南料理の特徴でもあります。;湖南料理には四川料理と一つの共通した特徴があります。それは殆どの料理に大量の赤唐辛子を使用し、非常に辛い点です。

台湾料理:
台湾料理は、材料の元の味を生かしており、「あっさり、新鮮」を基本としています。味付けは複雑さを求めず「あっさり、新鮮、元の味を生かす」事を調理の基本としています。
また、季節ごとに漢方で食材を煮込んだ、薬膳料理であり、この点も台湾料理の特徴です。
客家料理::
日干して漬け込んだ食品は客家料理で、重要な食材です。
客家料理は味が比較的濃く、「焼、香、熟(煮る)、塩味、肥(脂肪分が多い)」を特色としています。

気候

様々な気候の台湾
高緯度の国の方なら、台湾に旅行してみてください。厚いコートを脱ぎ捨て、穏やかで暖かい日の光を思う存分楽しむことができるでしょう。それとも気持ち良く汗を流す快感を味わいたいのなら、台湾南部の一年中夏のような墾丁の砂浜に行ってみるとよいでしょう。強い太陽の光に日焼けする心配もありません。亜熱帯に位置する島の台湾は、光が眩く刺激がなく、四方を海に囲まれて海洋気流の影響を深く受けています。湿り気のある気候が乾燥した寒さを完全に忘れさせてくれるでしょう。

低緯度の国の方でも、ここの穏やかで暖かい太陽の光に酔いしれることができます。台湾は少し涼しい時もあるので、酷暑から逃れたいという思いを必ず満足させることができます。台湾の山を歩けば、山一面に広がるエメラルド色の風景が森林浴に最適です。森の精気と香りの中で、この美しい島のすがすがしい空気を思う存分吸ってみてください。


Dおおよそを説明すれば、台湾は一年中温暖で、四季の中で春と冬の変化が比較的大きく、夏と秋の変化が小さく、旅行に最も適した気候を有しています。
一年の平均気温は約22℃、平均最低気温は12-17℃(華氏54-63度)です。このため、冬に降り積もった雪を見ることはできず、高山に限って雪を少し見ることができます。

春と夏の間(毎年3月〜5月)は、停滞する前線の影響を時々受けて、細い雨が長々と降り続きます。この時期に台湾に来るなら、雨傘を持参した方がよいでしょう。

雨の中をそぞろ歩くのはロマンチックですが、びしょ濡れの姿での旅行は避けたいからです。
台湾の夏(毎年6月〜8月)は時折台風が通り過ぎるので、気象情報に注意してください。台風の日の海岸は大波が押し寄せるので、素晴らしい景色を見るのに適した時ではありません。秋(毎年9月〜10月)は、晴れた空と爽やかな空気を毎日思う存分味わえます。

台湾の短く暖かな冬(毎年11月〜2月)は楓狩りの季節で、時々やって来る寒流は温泉好きの方を喜ばせています。
四季を通じて春のような台湾は、あなたの旅行に最も適した選択です。

宗教・信仰
台湾はさまざまな宗教信仰を有する地方で、仏教、道教、キリスト教、モルモン教、回教、一貫道教、統一教会、ヒンズー教などがあり、伝統信仰を崇拝するだけではなく、外来の宗教思想も幅広く受け入れています。
伝統的宗教には、主に仏教、道教、そして民間信仰が挙げられます。しかし今現在では少数の純粋な仏教寺院以外、殆どが道教と混在しています。道教は中国本土の宗教です。中国人は高尚な精神をもつ人物を重視することから、そのような人物を神格化し廟に祀り崇拝します。関羽はその典型的な例といえます。道教は17世紀台湾に伝えられましたが、日本統治時代、中国文化の精神を有するとして日本からの迫害をうけました。信徒は仏教の寺で道教の神を祀ることしかできませんでした。
中国への祖国復帰(=「光復」)後、宗教に対する観念が寛大になったことから、仏教、道教が合流し、一つの神殿に同時に異なる神を祀るようになり、これも台湾の特色の一つになりました。
その他、是非取り挙げるべきなのは儒教の孔子です。孔子は中国で最も偉大な教師であり、礼儀と祖先を祭ることを提唱しました。西漢元帝が孔子の為に設祠後、続けて多くの孔子廟が建立されました。それらはすべて孔子に対する敬慕を表すものです。
外来宗教においては、17世紀の初頭、カトリックとプロテスタントがスペイン、オランダの勢力について、前後して台湾に入ってきました。その中で、初期に台湾で発展したのは、カトリック以外では、全てプロテスタントの長老教会であり、歴史上で重要な役割を果たしました。
近来、各方面の宗教の勢いが盛んで、カトリック、プロテスタント以外に、回教や大同教、天理教などがあり、台湾に於いて一定の地位を占めています。

北海道特産のタラバガニ・毛ガニ・花咲ガニ・イクラ・荒巻鮭
の販売を始めました。どれも勿論本物の味!
中古品ショッピングと併せましてご覧下さい!
北の美味いをお届けする【北加伊堂】

お時間のございます方はこちらもよろしくお願いします


中古品販売
の激安店
北加伊堂

北の美味いを
お届けする
【北加伊堂】

北海道
いんちき釣師

奮戦記

いんちき釣師の
奮戦記
【北海道・道の駅】
スタンプラリーの旅

にゃんちゅうは
おりこうさん

家にアメリカン
コッカースパニ
エルとヨーク
シャーテリア

中古品販売の激安店【北加伊堂】
URL:
http://www.tkt-net.com/
北の美味いをお届けする【北加伊堂】
URL:
http://www.tkt-net.com/hokkaidou/
〒060-0006
北海道札幌市中央区北6条西22丁目2番3号707
TEL:0120-171-291

MAIL:webmaster@tkt-net.com