宇根のお祭り横瀬町 武甲山の麓の長閑なお祭り

僕の地元、埼玉の秩父郡横瀬町にある宇根地区の八阪神社例大祭について語る価値があると
思いますので出来るだけ話したいです。

追加していくつもりです。 宇根のお祭りレポート(新)へ
宇根のお祭りレポート(旧)へ



宇根のお祭りとは?


江戸時代に作られた山車(笠鉾)が2台曳廻されされているお祭りです。
初代の笠鉾は、江戸時代末期に創建されたが、明治32年頃に、二代目が完成した 為、
秩父市東町に売却されたようです。

昔の、宇根八阪神社は、現在の向かい側の天王山山頂に祭られていたため、
急坂の 連続でまさに壮観だったようですが、転倒事故も多く、中止になったそうです。
現在の、平地に神社が移されて、ニ代目笠鉾の引き回しが、再開されましたが、
電線 架設により、高さを短縮したりしたが、再び中止になったようです。
そして昭和35、36年頃に再び再開 されました。

そして、4、5年前に、東林寺に保存されていた、昔の真 柱を取りつけ、
総高10メートル以上の立派な笠鉾で現在、引き回しをしています。 ちょっと不安定ですが。
以前は、4月8日と、例大祭の日にちが決まっていました が、
現在は、 4月の第一日曜日となっています。
また、秩父屋台囃子をたたける人がいなくて、他の地区の人に頼んでいましたが、

今は、地元宇根社中がりっぱに勤めています。

横瀬町宇根地区は区によって分けられているのですが、八阪神社(天王様)から武甲山方面が「」、
横瀬駅方面が「」という呼び方もあります。
山車は上組、下組に分かれていて僕は太鼓を山車の中で叩いたので、
山車の大きさが違うのが良く分かりました。
特に太鼓を演奏する場所の広さが違うのが分かります。

上組、下組笠鉾は、昭和48年、横瀬町有形民俗文化財に指定されました。
笠鉾に付けられている花は全て宇根地区の住民が手作りをしたものです。


毎年お祭りが近づくと、今年は誰が山車に乗るのか、といった話題が出てきます。
僕は、小学校4年くらいの時にホーリャイと掛け声をかける
乗り子(正式名称:囃子手)をやりました。その時は雨が降りました。
僕の父も昔(昭和37年)、大雨の中、乗り子をやりました。
今は笠鉾全体が覆える特製のシートがあるので、雨の時も大丈夫ですが、
父が乗り子をやった時には今のようなシートもなくてびしょぬれ、熱を出して しまったそうです。



行事について


午前10時笠鉾巡行に先立って八阪神社境内にて神事が執り行われます
笠鉾には子供たちが乗ります。秩父独特の掛け声「ホーリャイ」がここでも聞けます
清めの振る舞い酒をいただき、安全を祈願します


11時頃笠鉾の出発。急な坂があるので、境内から慎重に車道に降ろします
遠くから太鼓の音が聞こえ、次第にその音とともに、勇壮な姿が近づいてきます。
坂に差しかかると引く者、押す者、力が入ります
秩父のシンボル・武甲山をバックに進む笠鉾は正に勇壮です。
この風景はお祭りの白眉といってよいでしょう

秩父夜祭りで見られるような山車の下にギリ棒を当てて回転させる形ではなく、
曳き手が力を合わせて方向転換をおこないます。
ですから、太鼓としては角を曲がるときに演奏する小太鼓の玉入れが
非常に短いか長いか極端になる傾向があります。
一度神社に戻ってきてから、休憩して、反対方向に出発します。

最初に上を曳くか下を曳くかは、年によって交互に変わります。

夕闇があたりを包むころ、ぼんぼりの灯がともされた笠鉾は神社への帰途につきます

午後8時ごろ最後に数十発程度のちょっとした打ち上げ花火もあります。
夜祭の花火とはかなり違いますよ。(笑)



太鼓からの視点で


笠鉾の中で太鼓を叩いていると大変貴重な経験が出来ます。
笠鉾では床下の土台の中で太鼓を演奏します。
先ず、笠鉾の内部の構造が良く分かります。
お祭りで外から笠鉾を見ると華の部分が見えるのですが、
太鼓の部屋から見ると一つ一つのパーツが組み合わされている複雑な構造だと分かります。
これは組み立ての日に様々な人が力をあわせて釘を一本も使わずに組み立てた結晶です。
次に、笠鉾の複雑な動きに合わせた、振動が体験できます。
笠鉾は坂道やで舗装道路の形状に合わせた素直な動きをします。
笠鉾はいつも揺れています。その揺れを余すことなく体験できるのです。
角を曲がるときは曳き手が力を合わせて方向転換をやるので、かなり揺れます。
太鼓は決して途中で音を絶やしてはいけないのです。
決して伝統を絶やさないという強い思いが心に響く太鼓の音を奏でるのです。

宇根上組笠鉾 宇根下組笠鉾
宇根上組笠鉾 宇根下組笠鉾

宇根笠鉾の曳き廻し順判定

下の空欄に調べたい西暦年を入れて「判定する」ボタンを押して下さい。
年は、笠鉾の曳き廻しは上と下どちらが先か?

※上は八阪神社(天王様)から武甲山方面、下は八阪神社(天王様)から横瀬駅方面です。


宇根八阪神社への交通 ●西武秩父線横瀬駅下車徒歩20分程度

宇根のお祭りは、

僕が一番関係のある地元のお祭りであり、家族中も良く知っています。

また何か分かり次第掲載していきます。


written by 高沢 洋樹

秩父 横瀬 うららかよこぜ 横瀬町役場 公式HP 秩父市 横瀬町 高沢洋樹 秩父夜祭 高澤洋樹