Ko Olina Chapel
 
Mahalo Hawaii Wedding  

Dress

■海外挙式のドレスって?■
ドレス
海外挙式の場合、ドレスってどうするの?というのが始めの疑問でした。

調べてみると、海外挙式には
・現地でレンタルする方法
・日本で試着・現地でレンタル

・日本で試着・日本でレンタル
・購入

という方法がありました。

まず、私は現地でレンタルというのは現地に行ってからバタバタするのはイヤという理由ですぐに候補からはずしました。

そして次の日本で試着・現地でレンタルですが、これは海外にもショップを出している大手のドレスショップが行っています。海外に置いてあるドレスと同じドレスを日本のショップで試着してドレスとサイズ決めるそうです。これだと手ぶらで現地に行けます。

日本で試着・日本でレンタルというのは、国内で挙式される方同様に日本で試着し、日本でレンタルしたドレスを現地まで自分で持っていきます。飛行場で受け取ったり、ショップで受け取ったり、お店によって違うと思います。

私は日本で試着・現地でレンタルの場合だと、日本で試着した物と同じ物が確実にレンタルできるのか不安でした。例えば、汚れとか生地の痛みとか色合いとか。
あと普通のレンタルだと、決められた号数でのレンタルです。
それだと、自分の体にしっくりこない気がしました。

そして、サイズオーダーレンタル(自分の体に合うようにお直しをしてくれます)か、いっそのこと購入にしよう!という気持ちが強くなりました。
ただ、値段を比べてみると、レンタルを海外と日本で2回するなら購入できちゃうのです。
レンタル2回の方が高いくらい。
だったら、自分のドレスがほしい!!

ということで、私はノバレーゼで購入することに決めました。



■お店めぐり■
試着の時に写真を撮ってOKのお店と契約したらOKのお店があるので、確認していくとよいでしょう。

1軒目【Dress Black】
まだあまりドレスのことを考えていなかった時、 たまたま通りがかったDressBlackに立ち寄ってみました。
たくさんあったのですが、私にとっていいな〜と思ったのは1着だけでした。
その気に入ったドレスはとても 高くて試着もできず、お店をあとにしました。


2 軒目【ホワイトドア】

ゼクシイで1番気に入ったドレスがホワイトドアでした。

ショップに行くと、カタログがいっぱい置いてあり、その中から自分の着たいドレスを何着か選んでいきます。写真だけでもとってもかわいいドレスがいっぱいありました。
その中から私は5着選んで着せてもらいました。

初めてのドレス試着だったので、KEIも私も大感動で全部よく思えちゃって何度も着たのですが、なんとか2着に絞り、 それぞれのドレスの写真のコピーをもらって帰りました。

私の中ではどっちもかわいいし、どっちかで決まりかもぉ〜♪と思っていたところ、家に帰って母の一言。
「う〜ん、あまり好きじゃない。」

ガーーン ・・・
でも、初めての試着で舞い上がっていた部分もあるだろうと、母の助言を聞き、他のドレスショップを探すことにしました。
やっぱり母にも気に入ってもらえるドレスを着たかったですしね。


3軒目【ノバレーゼ】 ノバレーゼドレス
運命のドレスに会えたショップです。

4軒目のドレスアン南青山に行く前に 、たまたま通りがかったところにノバレーゼの看板がありました。
その看板に貼ってあるドレスのポスターを見て、KEIが「かわいい!これがいい!」って。
えっ?と思い、見てみると、すっごくかわいい外人モデルがこれまたかわいいドレスを着ていました。
「うん!かわいいかわいい!」ということで、早速お店に行きしました。

お店に入ると、打ち合わせをしているカップルと試着をしているカップルが何組かいてとっても忙しそうでした。とりあえず、かかっているドレスだけ見せてもらい、パンフレットをもらって帰ることに。
かかっていたドレスを見ると、ポスターの通り、本当にかわいい!でも、シルクでなんだかたかそ〜な感じ。生地もやわらかくて、手触りもよくて、今まで見たドレスとは全然違いました。高いだろうな・・・
でも、 二人とも「あれがいい!」と大盛り上がり。

次に行くドレスアン南青山でこういうデザインのドレスをアレンジしてどれくらいの値段になるのか聞いてみることに。


4軒目【ドレスアン南青山】
フルオーダーのお店です。

オーダーも聞いてみようと思い、話を聞きに行きました。
ゼクシイでなんとなく気になったドレスの写真と、さっき見つけたばかりのノバレーゼの写真を持って行きました。
ノバレーゼのドレスをちょっとアレンジして、デザインしてもらい、シルクの生地とレースを選び、いくらになるか見積もってもらいました。

すると、なんと!オーダードレスが30万円という、とっても安くびっくりな見積もりでした。
おまけに、 新郎のタキシードを小物込みで海外と国内で2回無料でレンタルしてくれるのです!
あまりの安さに、KEIと二人、ほぼここで決まり!という気持ちでした。

家に帰り、早速母親にも相談。
考えているうちに 「オーダーでちゃんとイメージ通りに仕上がるのだろうか」という迷いがでてきてしまいました。
とりあえず、ノバレーゼにも行ってみようということになり、 試着の予約をしました。
しかし、ノバレーゼはすごく人気のようで、予約が2週間後になってしまいました。


【ノバレーゼ試着】
いよいよお待ちかねのノバレーゼの試着です。

CHECK !
話を聞いて分かったのですが、ノバレーゼのドレスはイタリアのブランドのドレスを現地まで行って選んできているそうです。
それも全部イタリアで作られた物。
購入の場合はその人のサイズでイタリアのお店にオーダーし、イタリアで作られて日本に送られてくるのです。
扱っているドレスはもちろん全部シルク。
その話を聞いて、ますますステキ☆と心ときめかせてしまいました。


で、試着。
まずは何着か試着したいドレスを選び、試着します。
どれもとっても凝った作りでかわいいのですごく悩んだのですが、4着選びました。
もちろん、ポスターのドレスが第1候補です。

試着の時はちゃんと髪の毛をアレンジしてくれました。
なので、とっても雰囲気がつかみやすかったです。
おまけに ドレスを変える度にヘアアレンジと小物を少し変えてくれます。
試着なのにお姫様気分でした♪

母もKEIも4着とも大絶賛。
母は特に「生地と作りがステキだわ〜☆」ととってもお気に入った様子。
その中でも3人の意見が一致したのが、第1候補のポスターのドレスとグリーンとピンクのお花がついたようなかわゆいドレス。
ただ、そのドレスは作るのに相当時間がかかるので、今から作ると間に合わないのでレンタルか現品購入になるとの話。
やっぱり第1候補に決定?と思いつつも、とりあえず焦らずに考えることにしました。

4着全部の見積もりをもらい帰りました。
だいたい購入でドレスアンより少し高いくらいのお値段でした。
レンタルだともっと安いですが、2回借りるなら断然購入の方が安いです。


この時点でノバレーゼに心が傾いていました。
ただ、ノバレーゼにするとまた別にタキシードのレンタルがかかるので、ドレスアンに比べると大幅にコストがかかってしまいます。
ただ、気に入ったドレスがないならいいですが、これ!と思っているドレスがあるのに、それをオーダーで作ってもらって本当に満足いくドレスができるのか・・という不安はやっぱり消えませんでした。
またこういう風にして!とうまく伝えられるか自信もありませんでした。

なので、オーダーすることは断念しました。
とっても魅力的なお値段だったのですが・・・

【5軒目 Piacere】
ほとんど ノバレーゼに心は決まっていたのですが、念のため他のイタリアのドレスを扱うショップを見ようと思い、Piacereにいきました。

ここもイタリア現地まで買い付けに行っているそうです。

ただ、ノバレーゼのドレスに心奪われていた私にはステキ!と思えるものがありませんでした。
とりあえず3着ほど試着しましたが、なんかしっくりせず・・・
それは一緒に行った母も同じようでした。

やっぱりノバレーゼだね! という結論になり、その足でノバレーゼの契約に向かいました♪


■試着感想■
私は5軒で決まりましたが、一生に一着しか着れないウエディングドレス。
なかなかそう簡単に決まらないです。
10軒以上見る人も多いです。
ドレスは早めに見に行くことをお勧めします♪

[→Home]