Ko Olina Chapel
 
Mahalo Hawaii Wedding  

Ceremony

←前ページ



■挙式■

PM13:00 ☆挙式☆
とうとう来てしまいました。
始まってしまいました。
まず父と手を組み、扉の前に進みます。
父もいつもと全然違ってすごく緊張した様子。
ますます私も緊張してしまいました。

そして、扉の前に立ったと思ったら、すぐにドアがオープン。
えっ?もう始まっちゃうの? 何も心構えができてないよぉ〜。。
何も考える間もなく始まってしまいました。

参列者の拍手で入場していきます。
少ししたら立ち止まり参列者には着席してもらい、そこでシンガーさんがハワイアンウエディングソングを唄ってくれます。
シンガーさんの声はとてもキレイでちょっとウルッとしましたが、緊張の方が先で泣かずに済みました。

それより、唄ってくれてるシンガーさんを見ればいいのか、牧師さんを見ればいいのか、どこを見ていいか分からず、おまけにチャペルの中を見るのはこの時が初めてだったので「きれいぃ〜〜」と思いながら目だけ
キョロキョロしてしまいました・・・





シンガーさんの歌が終わると、オルガンの結婚行進曲が流れます。
そして、牧師さんの「みなさま、お立ちください」の声で参列者が立ち、入場が始まります。
牧師さんの前まで進み、立ち止まります。

すると、牧師さんが英語で挨拶をし、 コオリナの意味をお話してくれます。
"Ko Olina in the Hawaiian language means, "Place of joy", which symbololically makes Ko Olina Chapel the perfect site for everyone to be married."


挨拶が終わると、牧師さんが父に向かって
「 この花嫁を嫁がせるのはどなたですか。」と尋ねます。
父が「私です。」と答えます。

そして父が私のベールをあげ、牧師さんにお辞儀をし、KEI にもお辞儀をします。

!!本当はここで父から私へ一言あるはずだったのです。
でも舞い上がっていた父は忘れてさっさと席に戻ってしまいました。
父も相当緊張していたようです。。

ここで父が席に着き、私は左に寄り、KEI が私の右側に立ち腕を組んで一歩前に進みます。

そうそう、父親と入場する時って日本は花嫁が左に立ちますよね。
ハワイ(コオリナチャペルは)は逆みたいです。
ベールをあげるのも新郎じゃなくて、父だったのもびっくりしました。
コオリナチャペルはそうでした。

牧師さんの前に立つと、牧師さんが祈辞と式辞を述べます。

その後、両家の母がユニティキャンドルに点火します。
点火が終わると、私たちは向かい合い、結婚の誓いが始まります。

牧師さん:
KEI san and SAYO san, do you promise to give your love, your respect and your honor. If so plese answer, I do.

二人: I do.


ここで牧師さんが聖書を読みます。

そして、いよいよ二人の誓いの言葉。

これがめちゃめちゃ緊張しました。
最初に新郎が誓いの言葉を述べるのですが、あまりに真面目な顔に私の方が緊張してしまい、恥ずかしくて目を見れず、どこを見ていいか分からずにキョロキョロしてしまいました。
このキョロキョロがばっちりビデオに写っていました。(恥ずかしい〜)
実はこの時、ずっと花嫁さんがアップなのです。
新郎が誓っているのにもかかわらず、新郎は頭しか写っていなくて。
花嫁さんは気を抜けませんね・・・

誓いの言葉
私○○は、△△さん、あなたを私の妻(夫)とし、
幸いの時も、災いの時も、豊かな時も、貧しい時も、健康な時も、病気の時も、
あなたを愛し、あなたを慰め、命の限り神の掟に従い、真心を尽くすことを誓います。


次は指輪の交換。
お互いに
今、あなたにこの指輪を送り、永遠にあなたを愛することを誓います。
と誓いの言葉を言いながら指輪の交換をします。

入らなかったらどうしようと、何度か練習してあったので、スムーズに入りました♪
誓いの言葉は牧師さんが言ったあとに続いて言うだけなので、覚える必要はありません。

そして、ラストは ユニティキャンドルです。
先程、両家の母たちが灯したろうそく2本を新郎新婦がそれぞれ持ち、真ん中の大きなろうそくに点火します。そして、2本のろうそくは消します。
これは両家の家族(火)を一つにして一緒になるという意味があるそうです。
とっても素敵なイベントですね☆


これで挙式は終了です。

参列者の拍手の中、退場します。
その後、祭壇の前に戻り、結婚証明書にサインをします。

この後はチャペルの中での撮影大会になってしまいました。
しばらく撮影が続き、参列者には外に出てもらいます。


いよいよフラワーシャワーです。
コオリナチャペルの鐘が鳴り響く中、チャペルのドアが開き、進んでいくと、
「せーーの!」という声で花びらが舞いました。

しばらくすると、、
ドボドボと花びらが・・・
ん?花びら?それにしてはちょっと痛いです。
よく見てみると、蘭の花でした。
念願のフラワーシャワー、うれしかったです。







←前ページ

[→Home]