BMW C1 Special Preview in TOKYO MOTOR SHOW 1999

 
BMW2輪ブース展示パネル1

 前口上・・・
 2年に1度の東京モーターショウは遂に33回を数え、しかも今世紀最後の開催となった。 つまり、次回開催されるのは2001年という事になる。感慨深いね、ほんと。
 今日、自動車を取り巻く環境は激変し、国内外の各メーカーはその対応に躍起になっている。 世紀を越えるモーターショウを彩るのは、その意地と努力と技術の結晶たち。 はたしてそれらは21世紀への助走となりうるのだろうか?それとも20世紀最後の徒花なのか・・・?

 会場である幕張メッセは、
 ありとあらゆる自動車で相変わらずひしめき合っていた。
 そんな中、とある2輪車が参考出品されていた。
 その名は「C1」。あの「BMW C1」である。
 
 2輪である事を絶望してしまいそうなスタイリング。
 誰もが考えそうな、夢の詰まった未来派コミューター。
 ある人は一笑に付した。
 ある人は疑問符を連発した。
 ある人は奇異の眼差しでC1を捉えた。
 誰もが一様に驚き、それなりの結論を導き出そうとする。
 だが、”参考出品”という単語がそれを阻む。
 何だ、結局飾ってるだけか・・・。
 そしてそれぞれ”本来お目当てのところ”へと足を向けるのだ。
 もちろんその行動に間違ったところはない。
 誰かに責めらるべき事でもない。
 ・・・ただ、何百万人という来場者の内、一体どれだけの人間が、
 C1が自動車のまったく新しいカテゴリである事に、
 まったく新しい乗り物である事に、
 果たして気付いたのだろう・・・?
 
 すでにC1は組立ラインに乗っている。
 2000年春の販売を目指したテストのため、
 プロトタイプのC1はドイツ国内を走り回っている!
 C1は未来の乗り物なんかじゃない。
 C1はもう走り始めている。
 そして・・・
 
 The city is yours.
 このフレーズが、もうすぐ現実になる。

BMW2輪ブース展示パネル2(縦長(^^;)

Back | Home | Next