授業のユニバーサルデザイン研究会<関西支部>
第6回定例会
平成23年2月12日(土) 関西学院初等部

公開授業 
国語科
 「スーホの白い馬(2年生)」

授業者 上田庸子教諭
     (関西学院初等部)


・物語文を挿絵や文章表現を読み取りながら、音読をすることで、情景や登場人物の感情をつかもう、ということに主眼を置いて授業が進められました。位置づける子を数名想定して、動作化や具体化、同時に視聴覚機器を活用しながらの授業でした。
    
★公開授業をもとに授業検討会を持ちました。
授業者の振り返りをもとに、桂聖先生(筑波大学付属小学校)、野村真一先生(関西学院初等部から解説や助言がありました。
   
★授業検討会では、グループごとでの討議会を持ちました。その後、感想や質問、意見を全体の場でも共有し、最後に桂聖先生に授業についてまとめていただきました。     
★最後に桂聖先生(筑波大学付属小学校)から、「文学授業のつくり方」として、具体的な例をあげたり、実際に教科書資料を使ったりしながら、ユニバーサルデザインの考えや視点を活用しながらの授業づくりについて教えていただきました。     
★今回は寒い天候の中ではありましたが、参加いただいたみなさんには充実した時間を過ごしていただいたと感じました。参加された方は今後も、また、興味関心をもたれた方は次回に参加していただき、一緒に「授業のユニバーサルデザイン化」を進めていきましょう。
今後の活動の様子や情報、お知らせなどについては、メーリングリストを使って、お知らせしていきます。今回参加された方からも新規登録がたくさんありました。
ぜひ、登録ください。  
→→→→→→→→→→→
メーリングリスト登録

 アドレス  
   udkansai@yahoo.co.jp

 <記入事項>

  1 氏名 : 

  2 所属 : 

  3 メールアドレス
      
(PCアドレスのみ)