修 理・リ メ イ ク

丸盆の修理

 

裏底が抜けていたりした。麻布で補強。

陶器の小鉢の漆継



割れたのを粘りが出た黒漆で貼り合わせる。

創作盆の補修・漆塗り



削りすぎたところを埋める。樟の亀裂がひどいので、外縁周りにラミー紐を巻く。全体に麻布。

蒔絵椀


朱漆で前の図をなぞる。金の丸粉1号。



粉どめの後、胴擦り。透漆塗り。

椀の修理



木地のひび割れで水分を吸いこんでいる。



盆の上に置いてある椀。

紐巻きによる丸盆のリメイク



側面が割れてばらばらになったそうで、セメダインでくっつけた状態のを預かる。
端や内脇に見える黒っぽいのは、継ぎ目の亀裂が大きかったのを埋めた跡。

木魚の修理

 

見た目には古くなっているだけの感じだが、、、

 

お経を墨書した紙が浮いていた。木胎はこんな姿だった。
ひび割れもあちこちにあり、その付近などは麻布で補強した。

 

漆の下仕事がしてなかったのには驚いたが、何とか完了。

ホームへ