円山公園のホームページ(試作版)

円山公園

MARUYAMA PARK


ここに円山公園のひょうたん池の写真があります

円山公園「ひょうたん池」


歴 史


  太政官布告に基づき,明治19年(1886),八坂神社,安養寺,長楽寺,双林寺,弁天堂の除地
並びに境内に解説された京都市最初の市政執行(明治22年)前の公園である。地域内は公園開設以前
より茶店数多くあり,就中安養寺六坊の如く,参拝者湯茶接待は般若湯,赤前垂サービスとなり,歌舞
音曲も加わり,境内の一隅には層楼の吉水温泉があり,また京都におけるホテルの嚆矢とも言うべき也
阿弥ホテルもあった市民遊楽の地であった。温泉,ホテルは明治末年火災により焼失したが,也阿弥の
名は料理旅館として昭和初頭まで残り,他の多数の料理旅館がありその他弓場,馬場などもあった。
  市政執行後大正8年に至るまで公園経済は特別会計であったが,それらの使用料収入を以て維持管理
に充て,余る物であったと思われる。(管理費の少ない,今では信じられない話です。)
  なお公園は開設後,中心部の民地の買収拡張など再三に亘り整備がなされ,ほぼ現在の形となったの
は大正初年の小川治兵衛などによる公園造成による。また昭和に入って大桜周囲の岩組,苑路土留,人
止柵等全般に亘って野口有朝によって整備されたが,公園というより庭園というべきものであった。
  昭和3年近代的公園施設として安田耕之助などの寄付により音楽堂が設置されたが,これは萩の名所
であった。真葛原の環境と雰囲気を破壊する物であった。

                      加藤五郎著 京都の公園・街路樹物語より
 
 
円山公園の概要
設置年月日 明治19年12月25日
所 在 地 京都市東山区円山町
面   積 86,641u
公園種別 風致公園

円山公園の桜
種   別 本 数
染井吉野桜 495
山   桜 150
枝 垂 桜  10
八重桜・八重紅枝垂桜等 195
合 計 850

一重白彼岸枝垂桜(←円山の枝垂桜の名前)

 現在の桜は二代目で,初代は樹齢220年で昭和22年に枯死した。
昭和3年に初代より種子を採って育成された桜を,15代佐野藤右衛門氏
により昭和24年に寄贈・植栽され,平成10年現在70歳を向える。
 植床754.38u・木の高さは11m・目通りの幹回り2.71m
 毎年のライトアップには500W13基が使用される。
ここに枝垂桜の絵があります ここに枝垂桜の絵があります

円山公園枝垂桜(1999/03/30)



市民及び観光客の皆様への注意

・公園内を飼犬のふん便により汚さないようにしましょう。違反者は「動物の飼養

 管理に関する条例」(京都府)により罰せられます。   

・ゴミは持ち帰るかゴミ容器に入れましょう。              

まったく!処理が大変でした! まったく!処理が大変でした!

・人の迷惑になる行為は止めましょう!                  


作成者:U2

作成日:平成12年04月03日



MUPのメインページにもどる