Kiyoshi Shomura

photo : the childhood

 1951年に東京都杉並区で産まれる。

 昭和26年、大晦日の夜に誕生、慌ただしい出産だったろう。医師は「元旦の日付で書いておきましょか?」と言ってくれたそうだが母は一生嘘をつくようなので断ったということである。

 父は堅実なサラリーマン、写真とテニスが趣味で、子供の成長の記録はまめに撮っていたようである。

 杉並はまだ田舎の雰囲気が残っていた。道路は砂利道、畑もありのどかな雰囲気の町だったように記憶している。

※4才の秋、父が撮影した写真,文字は母の筆跡である。還暦を過ぎ、ヒゲオヤジとなった今では想像もできない素直な顔立ちではありませんか?

次のページへ

copyright