歴史学同好会


歴史学同好会トップ


歴史学同好会は、歴史愛好者の交流の場をつくるために、平成8年9月に結成された会です。ハイレベルの研究者から、趣味で歴史を愛好する方まで、さまざまな人たちの参加を歓迎しています。毎月1回開催している会員懇談会では、日本史、中国史、西洋史、北海道郷土史などいろいろなテーマをとりあげています。毎年、会員の作品による会誌「からいどすこーぷ(万華鏡)」を発行し、平成31年1月に第21号を刊行する予定です。





毎月札幌市内で懇談会開催
会 員 募 集 中 !




歴史講座のお知らせ


「墨家の思想とその時代」

講 師 室谷 邦行 元 北海道科学大学教授 

日 時 平成31年2月17日(日)13:30〜

会 場 かでる2・7 10階 1030会議室 
     (札幌市中央区北2条西7丁目)
受講料 1人500円(歴史学同好会会員は無料です)

 【要旨】
 中国の戦国時代、墨子に率いられて急成長した墨家は、儒家に対抗できる大勢力となり、他の諸子百家に見られない特異な思想と行動で注目を集めました。工学的技術力と組織力を持ち、絶対的人格神の信仰(天志)を基盤にして、血縁関係を超えた倫理思想(兼愛)、徹底的な功利主義(交利)、時に攻城戦をも避けない反戦論(非攻)などを説きました。
 ところが、秦漢の統一時代になると、急速に衰えて消えてしまいます。原因として時代の状況や、墨家の持つ非中国的傾向などのためでしょうか。その存在は長らく忘れられていたものの、近代以降は思想史上の関心事、重要な研究対象となっています。
 今回の講座では、墨家の論議の様々、その興隆と消滅の謎などについて考えてみようと思います。

           お問い合わせは次のアドレスまで

         tvben937@ybb.ne.jp