An art of carp fishing  

    The know-how to aim at a large carp 大鯉を狙うノウハウ


おいでのみなさま、本年もよろしくお願いします。当月で当HPの全ページを79,000回以上をご覧頂きました、有難うございます。お役に立てば幸いに思います。     




★ 「水温と泳層」に秋、冬のポイントの掴み方を追加しました。
     




メニュー


川釣り(River fishing)



鯉釣り(Carp fishing)


体験談(Experiences)


餌について(About bait)


湖沼(Wetlands)


ある湖沼に挑戦(I challenge a certain wetlands)


合わせ(Put it together)


tamo




水温と泳層(Water temperature and a depth range where schools of fish are found)



私の池(My pond




投稿について(About a contribution)



お気に入り(A favorite)









気楽なブログ(下手な水彩画も掲載します、覗いて見てください。)



au one blog 写真日記





   
   

鯉つりの勧め

   
       
   野鯉釣りを始めたのは
    休日は何をして楽しもうかと、思いついたのが鯉釣りでした。
    最初は何も分からず、鯉についての本を買って読むことから始まりました。
    安い竿等その本の内容通り釣具屋さんで買い求め、先ず湖沼に釣りに行きました。
   そのうち少し分かったような気がして足繁く通い、いくらか釣りましたがあまり大きいものは釣れずその年は暮れました。
   

冬になって改めて鯉の生態について調べ、今年こそ大鯉をと計画して、それから秋を迎え60センチ余りの鯉を釣り自信がついてきました。(#^.^#)

   

    ある日朝3時に起き、日ごろからポイントとして最適と考えていた所に餌をいれました。
        夜明けから釣れだし、とうとう其の日は30〜45センチの鯉を15匹つりました。
           

帰り道「食堂に立ち寄り其の家の主人」にこの事を話したら其の方も一時鯉釣りに凝って野鯉釣りの話を聞かせて頂くことになった。
       

池を見ると1メートルを超える鯉がスイスイと泳いでいるではないですか。
        沢山の鯉を釣り足が痛くなって「鯉の祟り」のような気がして、今では鯉釣りは止めた。
    こんな話を聞きました。
           

私も最近足が痛くなり「鯉の祟り」ではないかと思いこれから体験でも話してみようかとHPをつくりました。    

少しでも参考になればと思います。(*^_^*)

           
   
   
私の20年余りの経験談です。
   
釣り上げた写真を載せるのが本意ですが、「釣り自慢」ではありません。
   

またの機会に、HPをつくりたいと思っております。m(__)m

       




* お出での皆様の中には釣果を発表する場合を考えておられる方も在るかと思います。

そんなことを考えず懸命に釣る事のみに専念している方も大勢おられます。

案外目立たない所で頑張っておられる方の中に密かにメーター超級の成果をあげて

おられる かも 知れません。

先ず大鯉を釣ることに専念される事をお勧めします。

一度成果を上げると、確かな感と、自信がつき次を狙えるようになります。



* これから「鯉釣り」を始めようと思われる方

ページ内のリンクをクリックして、詳細「図解」などご覧ください。
   
また質問がありましたらBBS、ゲストプックでお尋ね下さい即答はできませんがお待ち頂けば回答をします。
また皆様からも頂けます。



ゲストブックにコメントをされる方は、ご自分のURLを入れて責任ある発言をしてください。
HPまたはblogをお持ちでないか、URLの記入の無いものは承認できません、念のため申し添えます。

  ようこそいらっしゃい、これから鯉釣りを始められる方にお勧めします。最後までお読み下さい必ず"1メートル超の大鯉 "が釣れます。ゆっくりご覧下さい。   

   

冬季の渇水時川底の様子を掴もう、きっとシーズンになれば役立つよ(*^。^*)


シーズンになってからでは間に合わない、オフの時こそ野鯉の生態を研究しょう。

疑問に思うことは、誰かに聞くことも大切だ、色々な回答から自分に合う事を実行してみよう。

「ポイント」は人に聞いても駄目だ、苦心して探したポイントは易々人には教えられないのが普通だ、自分で努力すること。

川の形を見るのも大事だが
「鯉の生態の研究」 が大切、如何に大水が出ても鯉は'海では暮らせない'。

一回の釣りで「野鯉」は釣れない、そんなに容易く釣れたら大きくなることはできない

他人の話も大切ですが自分の「秘術」を身につけて野鯉(大鯉のみ)を目標としましよう。

「信念で釣る」この強い心を忘れないでください。



自分で決めたポイントは絶対自信を持とう


人によっては、釣り場を移動したり色々な所に投入して何時までもポイントの定まらないのを見かけますが

これが釣れない人の代表と言えると思います。


ここぞと思ったら集中して投入して粘る事が大切です。

また掛かりに鯉が逃げ込んだ時は少し緩めて待ちましょう暫くすると出てきます。

引き続けるとバレたり、糸を切る事になります。


これから釣り期にはいります、私の経験から言って1m未満の鯉は何とか頑張って釣りに励んでいれば釣れる事があります。
ところが1m超となると大鯉の知恵にまさる知恵を出さないと釣れません。
何年も同じ事を繰り返しても釣れません、そこが難しいところです。

ところが一旦釣れたら 『その感』 を忘れない限り釣る事ができるようになります。



↑top





Copyright(C)2004 turu_kichi_sy. All Rights Reserved.

このホームページのすべての文章の文責および著作権は、turu_kichi_sy. に帰属します。