Counter





Welcome come, and look slowly.


The comment is all right, too.


メニュー
手術の方法 病 歴 LINK プロフィール
病院の選択 養生の失敗談 省みる 趣味の写真


閉鎖の予告をしましたが、相変わらず多数のご訪問を頂いているので、私の趣味の「写真」を載せて継続しますので今後共よろしくお願いしますm(_ _)m






腰部脊柱管狭窄症術後の日々


ようこそいらっしゃい、ゆっくりご覧下さいm(__)m







2013/12/7 久々の更新!!

“その後の養生”

2年前の春の事、全く痛みもなく「これで一安心」と思い

忙しいので休日もなく連続仕事に励みました。

ところが12月になって小雪の降る中「腰に無理」のかかる作業を

したところ、右足に違和感を覚えました。


早速病院に行き、症状を話したところ血行の良くなる薬を処方

され約1年飲み続けております。


経過は良く右足の力も回復してきました。

しかしチョットの油断がこのような結果になり残念な思いでいます。


完全な回復ができるかは、現在のところ不明ですが!!

医師の説明によると、術前のような酷使は避けるようにと言われています。

やはり控えめに体は使わないといけなかったのだと反省しております。



***************************************************************************
2009/4/

★最近気をつけて実行していることを紹介します。

私の場合で皆様に当てはまるかどうかは自信のないところですが試みようと思われる方は

実行してみられると良いと思います。

術後相当な期間が経ちました、ところが、筋肉が緊張してしばしば痛みを感じる事があります。

その時することです。

病院で実行していた「リハビリ」を毎日繰り返して実行すると筋肉が柔らかくなり楽に過ごす

ことができます。

たわい無い事ですが、効果は大きいと思いますので、お勧めします。

!コツ:長くやっていない方は、最初同じ動作を三回程度から徐々に多くすること です。最初から、やり過ぎると痺れや痛みが増す場合があります。



2008/2/
★二年半術後の養生に専念してきましたが、医師から完治の見極めを頂きました。
その間多くの方の、お出でを頂きましたことを、この場より厚くお礼申し上げます。

2009/1/
管理人の近況です。
最近は、相当の重いものを何日持ち運んでも、一夜寝ると回復して何ヶ月でもその労働
をすることができるようになりました。

!!病歴の更新

ゲストブックの閉鎖


☆ お断り:質問は原則お受けしておりません。従ってメールでの回答もご容赦ください。
☆ メニュー”LINK”関係リンク集です。
☆ これから手術をされる方、足が痺れる、痛いそんな症状でお悩みの方は参考にしてください。お役にたてば幸いに思います。
☆ LINKページの下段の 『参考に』からご覧下さい。手術の事が、詳細に分かります。
☆ ご希望の方は遠慮なく「お気に入り」をクリックして登録してください。m(__)m
☆ 平成20年2月16日70,000回突破。全ページを閲覧いただきました。如何に多くの方がこの種の病気にお悩みかと言う事を物語っている証だと思います。今後ともよろしくお願いすると同時にお役にたてば幸甚に存じます。






ブナ林






(クリック拡大します。)





Copyright(C) 2004 turu_kichi All Reserved.
このHPの全ての文章の文責および著作権は turu_kichi に帰属します。転載・画像の持ち出し、は一切禁止とします。