戻る - 参加 

串焼きうまやの酒談義、釣り日記

2006年07月24日 10時16分20秒  相馬沖防

7月23日
2006年07月24日 09時55分45秒  続き

ネモちゃんがウオーと吼えた。針全部になにかかかっている。小あじと小サバだ、俺は浮き釣り、忠ちゃんはキス釣り、ネモちゃんだけサビキをやっていた。ネモちゃんは釣りをやらない人だから最初「あれ、なんかいる。」といい始めた時、間違いかと思ってた、釣り始めの1投目だもの、午前のつれなさをたっぷりひきずっている我々としては俄かに信じがたかった。(午前中ネモちゃんは車の中で寝てた、あきちゃって)
あじだけで80は越した、さばはかもめに、ネモちゃんが喜んでくれて良かった。
2006年07月24日 09時16分15秒  続き

地元の人によると、6月20日まではキスが好調だった、後は悪いんだとさ。この天気で干物も作れない状態、梅雨あけまでだめみたい。
そこで、気分一新、港の食堂で昼飯を食う。焼き魚200円を3匹、スズキとイナダの刺身、海鮮丼1000円、うまかった!道の駅朝日で温泉にはいる。450円、やたら熱い、2人は閉口したが俺は熱いの大好き、ゆっくり入って大満足!休憩部屋で1時間熟睡、俺のいびきがウルサカッタと大顰蹙。が本当に迷惑かけたのは、この夜の車中であった、ゴメンなさい。
さて、これからどうする?桑川の港でいい思いをしたと忠君が提案、いくぞー!ますます雨が強くなる、海岸には大木が漂着している。気分が萎えそうになるがとにかく行こう!
2006年07月24日 00時28分22秒  岩船釣行

7月16日17日連休を利用して岩船へ行く。忠ちゃんネモちゃん同行。
おりしも北陸地方は大雨注意報発令、多分後年今年の雨は記録的とされるだろう。そのさなかいってしまった。行くまですったもんだがあったが意外と雨はやさしかった。前線が南下してくれた。石川、長野は死者も出る大雨だった。
岩船の港内は茶色に濁り、キスなどまるで1匹もかからない。そぼ降る雨の中、3時から10時まで5造曚匹離汽丕寡ぁ5造曚匹離劵薀瓧栄ぁデカイキスはどこへ行った?それを追いかけてきたデカイヒラメは何処へいったー?
2006年07月04日 00時44分37秒  相馬沖防 2

7月3日朝5時賀都屋へ、沖防へ、7番ウマズラ狙い仕掛けカワハギ用。先客はカゴ釣りのヒラマサ狙いが2人。よくしゃべる人達だ。ウマズラ釣りは一瞬の勝負、あっという間に餌がとられる。忙しいつりだ。
昼頃までの引き潮の筈、小潮で大した動きはない、どうせめるか?どうも上のほうに居るみたい、底まで着く間に餌はない、浅めをねらってキタ!いっぱいいるようだ。竿を持ったり、置いたり、ちょと遠くに投げて寄せたり、潮の上に投げて寄せたり、いろいろやって11時半まで29匹。タナゴ15匹。メバル3匹。まあまあ楽しかった。ヒラマサはボウズであった。まだちいさいがデカくなるのがたのしみだ。
2時本宮着。風呂はいって、昼寝して、夜仕事。今日は5時半から10人の予約がある、アナゴをさばいて串刺しして、ウマズラはキモをとりだして醤油と和えて刺身のタレとする。
1時やっとお客さんが帰った、アナゴは完売、ウマズラも喜んでもらえた。楽しかったけど疲れた、おやすみなさい。
2006年07月04日 00時08分15秒  相馬沖防 1

7月2日午前11時出発、1時磯浜着海水浴場に面した堤防でキス釣り。12贈栄い世院■柑計画通り南防波堤へ移動。雨降りだす。5時ザーザー降り、雷雨注意報出てたな、予報では4時まで降ってあとは雨は降らないはず。帰ろうか、6号線まで出たら西の空が明るい、夕焼けの雰囲気、様子をみて車を停めていると、雨が弱くなってきた、西の空が赤くなってきた、もどる。
再び南防波堤へ、止んだ。7時アナゴ狙いの投げと、ドンコ狙いのさぐり。8時が満潮、さっそくアナゴがきた、ちょと小さい、でも1年ぶりにアナゴを見た。さっきまでの天気がウソみたい、星も見える。11時まで6匹、ドンコはついに顔をみせなかった。メバル3匹。ハリス切れ1度なんだったのか、ずいぶんひいたからデカメバルかな。ソイとは違う、ボラにしては魚体が丸かった。今晩は車で1泊する。
2006年06月19日 07時55分44秒  相馬 南防波堤

6月18日(日)朝から仙台に子供達に荷物を届けに行って来た。帰り道仙台港に行ってみた、意外と狭く感じた。テロ対策でフェンスがたてられているからだろう。港内で竿を出してみたが干潮の潮止まりかつれなかった。オキアミをまいたら小さい魚が結構あつまり食べている、アイナメの子らしい。
海沿いに南下して相馬に3時ごろ着いた、海の幸ラーメン1000円也を食べて(ほたて、からすがい、えび、いか等具沢山)南防波堤へ。ウマズラ仕掛けに下針をつけた、下だけサンマの蜜漬けをつけた。小さいメバルがいっぱいつれた。今年初めてのウマズラ、タナゴが来た。ぼらも2匹、最高は25造らいのソイが釣れたのがうれしかった。
2006年06月12日 09時49分43秒  磯浜

昨日は11時に相馬の北、磯浜へ釣行。午後1時に釣開始。雨は降っているが風はあまりなく大潮、5時までの上げ潮、濁りもありの波もあり、いい感じだ。
浮きとオモリのバランスに重点をおく。立ち浮きの先っぽだけ出るようにする。オオガイが4本たてつづけにきて、その後ボラがきた、6時までやってオオガイ7本ボラ4本、退屈はしなかったがクロは最後まで来なかった。4時ごろから雨風が強くなってきて、5時ごろハリス切れしたので、チョッと周りをみてあるいた。投げ釣とルアーが多い、ルアーは三叉の下に軽いオモリと横にハリスをのばしワーム。アイナメがつれたらしいがクロは釣れないらしい。
後1時間と思い再開したが餌がそのまま、潮止まりだ。雨が強くなり釣り人もいなくなった。カエロ.....来た時はいっぱいいたのに、港のなかで雨の中2人だけがんばっていた。天気よければ夜釣りもするつもりだったけどこの雨じゃなー。
2006年06月09日 11時03分30秒 

梅雨に入ったかのように朝からシトシト降ちています。家の中は暗く子供時代近所の子らと押入れの中に電燈を持ち込んで遊んだ事を思い出します。
さて、今日からWカップ夜の商売にはマイナス要因だねー。思い切ってテレビをドーンと店の真ん中に鎮座させますかね。昨日のお客さんNさんはサッカー通、なぜニッポンのキャプテンはバックなのかについて説明頂きました。攻撃力のないわが国は守備に重きを置くしかないのだそうで、攻撃的なブラジルサッカーをめざすジーコ監督はかなりストレスがたまっているらしい。そこで中田が守備的な攻撃というべきか、少ないフォワードで隙間をついて点を取りにいくスルーを、そこに攻撃陣が回り込んでいるという状況を創るべく大きな声でやりあっているらしい。ブラジルの攻撃力はすさまじく相手より多く点を取ればいいと、全員が点取り屋なのであーる。日本が勝つには守備が零点に抑え攻撃が万分の一の可能性を求めて1点を取りに行く!これしかないそーだ。
さてオーストラリアにどう立ち向かうのか、高さのあるチームなので2点取られても3点取り返す攻撃にやや力をいれた戦い方を選ぶのではないだろうか。
2006年06月03日 08時18分55秒  十四代

山形の地酒 十四代が最近ますます手に入りずらくなった。以前は本丸という普通酒が大抵酒屋にあったのが今は在庫がない。1週間前にようやく雄町の純米吟醸が手に入った、その時もこれ1種類だけの在庫だと店の人が言った。日本酒が売れないと世の中はいうが、好きな酒を探して飲む人は増えていると感じる。
近頃ゆず酒とか、シークァサーとか果実の酒でおいしいのがでてきた。そのまま飲んでもおいしいが、酎ハイによくあう。シークァサーとは沖縄の果物で黄色いまことにすっぱい、レモンより甘く、グレープフルーツより苦味がなくよりすっぱい代物である。
2006年05月25日 08時39分22秒  うまや

串焼きメニュウオンリーから、魚メニュウを加えておよそ二年になるが、最近串焼きより魚の方がでる。客層の年代が高くなって好みがそうなってきたのだが、逆に考えると若い層が減ったといえる。
開店から11年目、このままでいいのか?と考えてしまう、今日このごろである。
2006年05月25日 08時26分40秒  クロをもとめて

5月24日【水】クロをもとめて広野海浜公園に行った。
自分の未熟さを知る結果となったが、得たものはおおきかった。
1、浮きとオモリのバランスを初心に帰っておろそかにしない。
2、オキアミは水で解かさない。水っぽくなって魚は見向きもしない。半分乾いた状態がベスト。ニオイも大事!
3、コマセはクロ釣には、絶対必要!
特に2が大事。
2006年05月23日 13時59分30秒  四倉港 孔明丸 メバル釣

5月22日【月】3時起床 メバルを店の為に仕入れに行く。目指すは四倉の孔明丸。ホームページで見つけて今日初めて乗る。2時間かからずに港に着いた。パソコンで見た船長の顔があった。餌つき6000円が仕入値段。遊びに来たわけではない!しごとである!
6時出港、わずか15分位で釣開始。25辰叛い。底から3辰って待つ。10時までは好調!、、、、重い、これはオモイ、取り込むため糸をたる、!そのとき!ボキ!竿が、、、竿がおれた。しかし糸はつながってる、だが軽い!仕掛けがナーイ。二重のショックで立ち上がれない、風と波もでてきた。ゲロあげ寸前で帰港。12時半陸にあがり、やっぱり俺は船はきらいだー。
メバル47匹、アイナメ1匹。
2006年05月02日 00時01分28秒  反省会

5月1日(月)広野釣公園にいく。朝起きられず10時出発。午後の部にかける。大潮で昼干潮。午後からの上げ潮に期待。のっけから黒鯛大釣の情報!クーラーが一杯になったからあがったという、40オーバーが3匹はいた。その人の後に車をおいていざ釣り場へ!駐車場は満杯。
12時半まずは手前を浮きで探る、あたりなし。餌は先週の残りの赤イソメ、餌を食ったあともない。周りを見ると皆ブッコミ!オモリは丸型でせいぜい10号でオモリ止めの下約2メートルのハリス。いたって単純な仕掛け。竿は1,5号ほどの磯竿、穂先が細いが先調子。
問題は場所!先端の人たちばかり釣れる。真ん中の場所しかとれないワシの周りは、だれも釣れない!場所のセイばかりではないだろうが。
ここの形状は左側が空いている筒である。右側の筒の底部分から温水が噴出している。だから手前は外海から底へ向かう流れ、次はその水が温水と一緒になって外へ向かう流れ、次が温水が外へ向かう本流、仕掛けが飛ぶのはそこまで。  だから隣が手前に投げると、遠くへ投げたこっちと必ず絡まるわけ。難しい!
先端は外海の水と温水が丁度うまくまざりあってるのかも?
2006年04月30日 08時36分51秒  久しぶり

今年の冬はワカサギ釣りを楽しんだ。氷が張る前は桧原湖、氷が張ってからは秋元湖で毎週の様に通った。例年より早い1月からの結氷だった。3月上旬まで楽しんだ、平均で70匹位釣れた、まだまだ下手だけど今度こそ200を達成するぞ!
3月下旬久しぶりの海、それも船つり。亘理のきくしん丸、メバル型良50、アイナメ型小5、カレイ5、目標の半分だったがまあまあ。4月17日きくしん丸が出れなくなり相馬の賀都屋に乗ったが、船頭が下手!4時出船でつり始めが6時、ウロウロするばかりで、釣る前にゲロあげた。釣り果もメバル15、アイナメ1、カレイ1.ひどい釣だった。メバルの型は良!
2005年11月30日 10時02分24秒  相馬沖防

11月28日 相馬沖防7番 竿磯1,5号 オモリ10号 カワハギ仕掛け
6時半開始 13時終了  ウマヅラ6匹 タナゴ94匹
 前回より魚が冷たい、ウマヅラも終わりかも。タナゴは開いて干した。3日後に美味しい干物が出来る予定。5番でクロが釣れていた、例年だととっくに終わってるはずなのに、海が暖かいのだろう。
 K君に公魚をいただいた、49匹 全部網で焼いて一部をK君の奥様にあげた。今回は自分は食べてない、来週自分で釣ってくるから。
2005年11月25日 09時50分35秒  公魚 桧原湖ドーム

11月21日(月) 6時20分開始
 えさは、赤虫と白ラビット。竿は2本おもり2g、針1,5と2号。
 えさはどちらも食った。問題は新しく買った竿、ペーパーでこすったがまだまだ硬かった、後半あたりがとれなかった。ラビットをちょん切りすればもっとつれたかも?2時終了(4時までできる) 隣の人100位、自分44匹。
 釣り人3人。反省点 手返しが遅すぎ、針がしっかりかからない、100めざしてまだまだだ。焼いて食べたが好評!
2005年11月15日 11時35分43秒  続き

ウマヅラ8、タナゴ50、小サバ15、ウマヅラ27cm
釣れた魚があたたかい。
2005年11月15日 11時29分50秒  相馬

11月14日6時開始、1時まで  風が強く竿が転がるほどだったが10号のオモリでなんとか釣りになった。
2005年11月10日 23時27分27秒  うまずら

10月31日相馬沖防7番へ、朝5時ちょと過ぎ実釣開始。雨気味曇り、サバ狙いのサビキとカワハギ仕掛けの2本をだす。前回あれだけ釣れたサバはいない。隣のサバねらいで来た人も小さいサバ1匹だった。ウマズラ12匹8匹は型が良い、27cmから30cmはある。タナゴもいる、半分はカモメにやった。このタナゴを二日干したらおいしいひものができた。4%の塩水につけてから編みかごで、天気が丁度良かったのだ、おいしかった。
 結論、ウマズラはデカクなった。サバはいなくなった。タナゴは干物が美味い! 以上。
2005年09月23日 15時55分28秒  9月20日

相馬沖防4時半着 今日はカワハギ仕掛けと、ハリス3号のサビキの2本立て。サバ8匹、ウマヅラ11匹、イシダイの子、タナゴ多数。結構重かった。
2005年09月07日 08時35分09秒  相馬

 4日 今回は1人で相馬へ行った。雨が弱く降り続き風もあるという前回とはかなり違う環境である。釣り始めは5時、沖防に着いた時はすでに雨と波で濡れそぼっている。
 ウマヅラ用、サバ用、鰤用の3本の竿をだした。餌はオキアミ1ブロック。ウマのオモリの下の捨て針にメバルが最初にきた、その後もタナゴとメバルが次々と来た、サバ用はアジ釣りさびきを使用、サバが来たがハリス1号だったので2回とも切られた、ウマ用の仕掛けに替えてなんとか2匹ゲット。堤防が高くてタモが直下しか使えないのでボラの時竿を折ってしまった、1度折ったものを修理したのだが同じ所が折れた。
 ブリ用には何もこなかった。今思えば釣った魚を餌に試せばよかった、小魚の群れが居ない時はオキアミより有効かもしれない。
 ウマ用にスズキがきた、直下まで来て顔を見たから間違いないと思う、タモを取りに振り返ったら逃げられた、針が曲げられていた。
 11時頃ようやくウマがきた、なかなか来ないので、1mづつ下していったら3m位の処でなにか?があった。そこを攻め続けたらやっとウマが来た、がタナゴのほうが多い。2匹ゲット。
 今日の反省、1 サバは1号では無理。2 ウマは中層。3 ぶりには小魚を使ってみる。4 竿はひもで繋いでおく。(恥ずかしながら竿をもっていかれた、2本は繋いでおいたのだけど)
 釣り果 サバ2 ウマ2 タナゴ28 メバル18 ソイ1 写真はイシダイの子リリース
2005年09月03日 00時41分04秒  鮎3

 と言う訳で私はすることが無いので投網の練習をしてました。
 まず網の先についてる3メートルほどの紐を左手にたぐりながら輪っかにして持ちます。(紐の先端は手首又は指に固定しときます)
網の部分も同様にネジリをとりながら輪っかにして左手に持ちます。網のオモリがついている先端部分は1m程たらします。
 右手で垂らしてる網の適当な端をつまんで左手の肘をもちあげながら、左の肩に掛けます。
 左肘の下に垂れている網の内側を右手の小指でシッカリ掴みます。右手の人差し指と中指を網の内側に入れて、ジュンジュンに手繰ります。7分目迄手繰ったら、準備完了。右手の小指を最後迄放さないつもりでブワーっと投げる訳です。
岩根の皆さんお世話になりました。
2005年09月03日 00時16分09秒  鮎2

鮎取りとは、投網漁なの!1人が投網を投げ入れるともう1人が反しなしのヤスを持って水中メガネをかけて水中に潜って網の中の鮎を突いたり頭をつぶしたりするわけ。
 つまり私は水中を歩く靴とメガネを持ってないと何の役にも立たない訳。鮎は頭が良くて網がかかってもジッと石にくっついて動かないから水に潜って処理しないと、まず絶対と言うほど網になんか架からないんだって!知らなかった。
2005年09月02日 23時47分47秒 

9月1日 お客さんの「鮎取りにいくかい?」の一言で同行させて戴いた。
 朝6時出発、わずか40分で摺上川に着いた、「水着だけ持って来て」の言葉通り素直にその通りにした。が、これが大失敗! 「鮎釣り」でなく、「鮎取りの」意味が理解できていなかったのだ。
2005年08月22日 09時36分59秒  デカイ!

 隣の4人は青物狙い、仕掛けは太い道糸に中通し浮き、粗いハリガネカゴ、カゴ下1m強の8号のハリス。それに8時ジャストでかいのがかかった。それがこの写真。続いてもう1匹別の人にきた。75センチ4キロ!
 10時ごろ「テトラででかいのに逃げられた!」と隣グループの1人がいうと皆移動、ハリスも10号以上にしろとか物騒なことを言っている。あの連中のすごいとこは、魚が見えること!「あっいた−っ。」と騒いで一斉に本気になる、まず魚を見つけるコツを知らないとできないなとおもった。
2005年08月22日 08時58分55秒  相馬沖防

 珍しく今回は単独ではない。店に来る川君とネモちゃんの3人である。
 はずれの少ないウマズラ狙いとした。3時出発5時に釣り開始。波なし、風弱、天気良好、11時の干潮に向け大潮の満潮から始まった。川君は投げとアジ釣り仕様(アジはあまりいないんだよね、でも彼頑固アジが好きなんだよね)、私とネモちゃんはカワハギ釣り仕様、結果としては投げはだめだった、カワハギ仕様には結構きた、タナゴ、メバル、ソイ、さば、ふぐ。本命のウマはネモちゃん2匹、私1匹バラシは仲良く1匹づつ。さば(写真)大きかった、川君面倒がってサビキで引き抜こうとして2匹ばらして、あとはタモを使う。走って引いて楽しい。4匹持ち帰る。9時ごろまでが面白かった、後は海側のテトラにいったのか?暑さだけがすごかった。
2005年08月16日 08時18分20秒  雨の夏祭り

 昨日は夏祭り、よさこい踊りが行われたが雨が降ったり止んだり、それで蒸し暑いと変な天気が1日続いた。
 普通祭りの日は、うまやは暇なのだが雨のおかげか忙しかった。女性10人のグループが入って慌てた。夜はザーザー雨がふり、祭り関係の人達は難儀しただろう、今日は良い祭り日和になりますように。
2005年08月16日 07時47分30秒  8月1日真鯛大漁

 本宮町の三瓶釣具屋で去る8月1日船貸し切りで、10人参加で寝屋漁港出船の夜釣りを行った。
 午前11時出発、4時間かけて当地に到着、6時ごろ出船。粟島付近で船を係留しての釣り、深さは60mあるがカゴは40m付近で停めて餌をまくそうだ。なんでも遠くに居る魚も呼び寄せるために流れることを意識してのことらしい。ハリスは4号以上6号を使っても夜だから大丈夫らしい。
 皆大漁で三瓶さんは真鯛だけで70匹!初心者でも50以上連れたとのこと、8月いっぱいが好期、予約がいっぱいとのこと。
 寺泊の真鯛釣りは船を流しながらなので、カゴを底につけてから6mぐらい巻き上げるのだが、それだと底にいる魚しかつれない、釣り方の違いが面白い。
 だんだん鯛の棚があがってきて入れ食いだなんて、一度はいってみたいなー。
2005年08月08日 12時07分30秒  休み

 こう暑くては出かける気になれない。日本海で大釣れしたと聞いたが、家でクーラーかけて福島代表の聖光学園の試合をみてました。佐賀商を相手に9回までノーヒット、2アウトめに初ヒットされたが、1安打零封、たいしたもんだ。たしか14安打11得点!相手のミスもたしかにあったが、特に三本間に挟みながらアウトにできず追加点を許した場面は佐賀商にとって悔いが残ったろう。聖光はこれでもかとバントをしつこくして相手の嫌がる攻撃が目立った。老練ささえ感じる監督采配だった。おめでとう!
2005年08月02日 08時59分10秒  海タナゴ

 寺泊行きは、結局やめた。先週は結構忙しくて疲れたし2日続けて休むのも気が引けて、相馬へ行くことにした。
 日曜日は1日ゴロゴロして月曜朝3時に出発。海老浜に4時半着、初めてきた場所だ。道路のすぐ側がテトラになっている。霧が深くて朝は見えなかったが、10時ごろやっと水平線が見えた、沖の方に波がくずれる処があり防波堤は見えないから海底がそういう形になっているのか自然の波止めになっていてテトラには、わりとやさしい波ばかりで安心して釣りを楽しめそうな場所だ。
 クロが釣れるらしいので来たが、海タナゴとフグしか釣れなかった。11時半竿を納めた。
 七時過ぎが干潮、浮き下1,5mで棒浮が寝てしまう、ハリスを自由に泳がせるつもりでハリス1m強にして、浮が沈むまで我慢する相手任せの釣り方にした。でかいボラが2匹のんびり泳いでる、クロもいるだろうと期待したが結局見ることはできなかった。残念。本日長潮、干7時、満14時の2回だけでした。前回稚魚がお腹いっぱい居たのに今回全く居ません。
2005年07月27日 11時56分43秒  フォレストパーク

 キャンプ場のフォレストパークにいるS君。
 黒糖焼酎を飲んでるのかい?それとも泡盛?左隣にいるのは近所に住んでるU君だっけ?君の方が泡盛だっけ?ふたりともドクシンよろしく。
2005年07月27日 11時03分21秒  台風一過

 台風7号が今朝までに三陸へぬけた。
 台風後の釣りは馬鹿釣れもあるという。が、日曜は長潮。潮の流れはない。2週間もいってないし、どうしよう?おもいきって寺泊の真鯛釣りに行こうか、(船酔いはいやだけど)もう1日考えよう。
 昨日の夜は、悪天候の中早い時間にわりと忙しかった。でもさすがに9時頃お客さんが帰った後は誰も来ず、10時閉店にした。バイトの佳菜恵ちゃんも風邪がひどく辛そうだった。もう1人の麻耶ちゃんのネパールに住むばあちゃんが亡くなり、政情不安なのでお母さんだけ葬式に今日発つが台風でみんな大変だ。遊びの事などで悩んでたら怒鳴られるな。
 「久保田の千寿は好きだが、百寿はからいし、万寿はつまらん。」と昨日の客がいってたが、スキッとした酒の凋落ぶりがかんじられた。1人でじっくり飲めばやっぱりうまいんだけどね、ワーワーいって飲むと味も香りもどっかへ行っちゃうんよ。落ち着いた雰囲気の店づくりが本当に大事になる、特にウチみたいなちっさい店では。
2005年07月25日 10時28分21秒  お酒の仕入れ

 昨日は郡山へ仕入れに行ってきた。
 泉屋で八海山の普通酒、本譲、吟醸、山形の十四代、喜多方の飛露喜、麦焼酎の喜六、〆張鶴特選、田酒、久保田千寿。
 ほとんど2,000円台のばかり、1合500円台に売値を抑えるには、この位の仕入れ値になると思ってる。人口2万の町では高くなく高くなく、安くなくと考えて商品構成をしている。
 ちょっと面白そうなので買ってきたのが、吉田蔵という酒、大吟醸で2,625円が魅力で、今晩味見してみよう。売値は600円消費税を入れて630円だったら飲んでくれるかな?
2005年07月21日 18時46分51秒  高校野球

我等が応援団、今は女子の応援団もいる。男と同じ格好、声をはりあげてた。かわいらしさゼロ、がそこがいい!
2005年07月21日 18時42分12秒  高校野球

今日白沢パークで安積と富岡の対戦、3回戦があった。9−1で勝利、おめでとう。
2005年07月19日 11時15分36秒  法事

7月17日 猪苗代のいとこの法事で釣りは休み。
11時から4時半まで飲みっぱなし。喜多方の清川という酒蔵が、いとこの妹の嫁ぎ先で、おいしい酒と振舞われたが、一寸甘すぎると感じました。(ごちそうになって悪いけど)本醸造のほうが飲みやすかった。
友人のKが、新潟の岩船漁港の堤防釣りにいってきた。こいつも船に弱くて陸釣り専門、アジの小さいやつがクーラー半分釣れたッて、あと30センチのヒラメ2匹つれたそうで、大変楽しかったとの事、お喜び申し上げます。
関東地方の梅雨明けが宣言されました。今年の明け方は梅雨前線が消滅する形で、序序に弱まるのと違って暑い夏になる傾向がみられるとの事。
また別の友人J氏は、相馬沖防で手のひら大の馬面を、100匹あげたとの事、お喜び申し上げます。この人は馬専門で、場所も同じ所だけでやってます。場所は秘密。にしておきます。
2005年07月16日 11時21分45秒  平潟

5月29日 平潟漁港にて

今日初めて写真を載せることが出来た。携帯に残ってたのをチョイスしてのせました。
2005年07月16日 10時51分43秒  古磯部の成果

7月3日 古磯部のワンドで朝10時過ぎ釣れた、ソイと海タナゴ。どちらも、25センチ。
2005年07月16日 10時29分51秒  ハワイ

6月8日 初めてハワイに行ってきました。
ここは、ハナウマ湾、ダイビングを経験してきました。
妻と2人でしたが、写真はオンエアできません。
2005年07月14日 11時10分18秒  南防波堤の夕焼け

7月10日朝沖防で釣りをした後、夕方南防波堤で夜釣り、メバルとアナゴを釣りました。
2005年07月14日 09時30分18秒  平野屋

酒店平野屋の紹介をします。場所は郡山市の真ん中、4号線と桜通の交差点を思い浮かべて下さい。郵便局が4号線沿いにあります、その西裏にあります。4号線の西側一本目に北から南へぬける一方通行の道沿いにあります。
若主人は哲っちゃんといって、西日本の酒蔵に強い思い入れがあるように思われます。鳥取の鷹勇(たかいさみ)という酒蔵には師匠と思ってる杜氏さんがいて毎年仕込みの手伝いに行くそうです。
酒の産地は、今もてはやされている新潟は少なくて岩手、宮城、秋田、山形、福島、埼玉、静岡、大阪、京都、兵庫、鳥取、山口、高知、福岡、泡盛の沖縄、まー色々あります。差別化を考えてるのか新潟は避けてるみたい、有名な酒蔵より自分の気に入った酒を探すのが楽しみみたい、頑固な人、顔はにこにこして優しいですよ。
お母さんはワインセラピーの資格を持っていて、ワインを探してる人にもオススメ!
2005年07月12日 09時12分45秒  黒はどこ?

7月10日 相馬沖防、0番5時20分釣り開始、小雨降り続くが風弱く波も良し。期待高まる。足元に潮をかぶりながら潮位が高いので沈みのテトラの先に入れて引き戻す感じで狙う。下げ潮で浮きは沖の方へ引っ張られる、比較的に釣り易い状況。投げ入れて引き戻したときビクッときた、タナゴだった。餌は無くなる、そんなまま11時タナゴ18贈局い派發を失くした所で納竿。浮きを失くしたのは集中力のなさ、やめたやめた。堤防でゴロッとなったら眠ってしまった、昨日は寝てない、あっと目が覚めたら30分経ってた。天気が良くなっている12時迎えの船が来た、帽子を飛ばされた、今日失くした物、使い慣れた浮き1つ、帽子1つ、ストレス1週間分。 天気がすっかり回復して帰るのが惜しくなった。スーパーで昼飯を買い港で食う。釣り人がいっぱいだ、小さいサバがあがってた。車で仮眠、3時半ごろ起きて南防波堤へ、餌はオキアミとさっき買った秋刀魚を駐車場で捌いた切り身。先っぽまで行くつもりだったがその手前で馬面が釣れてたのでそこにする。カワハギ専用仕掛けでメバル3匹、海草にひっかかり仕掛け3つ失くした。馬面には会えなかった、下手。暗くなってアナゴ狙い、竿がクーッと引き込まれてツンと戻ったときグインと竿を引くと乗る、小さくても結構重い、気が付かづにいると仕掛けがガチャガチャにされる、大物はかからなかったけど5匹あげて終わった。
2005年07月09日 21時33分08秒  雨、でも行きたい

明日は雨。先週相馬沖坊で黒が20枚あがってると聞いては行かずばなるまい。一方で底荒れして釣れないとの情報もある。雨に濡れながらおでこ、頭に浮かぶ忌まわしいこの絵を振り払い、やっぱり行く。乞うご期待!
2005年07月07日 10時00分19秒  日本酒

最近日本酒が低迷してるそうだが、だんだん飲みやすい酒が終わって癖のある酒が出てきそうな気配がする。郡山市清水台の平野屋酒店に行ってそう感じた。ちょっと酸っぱくない?という様な酒がバランスよく調整されて出てきた。ハマルそうだ。試しにいってみたら?広島の竹鶴1升3000円、大阪の秋鹿1升2300円、昨日買ってきた。竹鶴結構濃いよ。本宮町うまやの報告でした。
2005年07月07日 08時39分48秒  再開

何故か書き込みがズラーッと消えてしまったので、一時嫌になって止めていたがまた始めようかな。六月は勿来の隣の平潟漁港で面白かった。左端の奥、作業場の裏側をぬけると堤防がある、車を停めて10歩歩くともうそこがテトラなの、簡単、便利、ものぐさには良い場所!五月の連休の時に見つけたんだけど、その時は水温が低くて(12度)でだめだったけど、六月には16度位で、30センチのアイナメを筆頭に小型メバルが入れ食いで、タナゴも25センチが2匹楽しかった。ただ2時ごろまではつれなくて、ちょっと休んで3時半から日没までがよかった。深さは5mだったかな。次の週にも行ってその時は25cmのメジナがかかった、刺身で女房どのと一緒においしくいただきました。この時は朝10時頃、いるのはいるね。
2004年03月01日 12時42分08秒  さあ、仕事

休みは、あっとの間で終わり。52歳どういう風にいきてくか、少しのんびりしてみたい。ナーンにもしないで休みは終わった。
2004年02月29日 16時08分18秒  なかなか難しい

誰からも読まれないであろう日記を書くのも楽しい。今日は休みにした。朝からホームページ作りをしていた。なにがなにやらさっぱりアカンワー、思ったようにはまるでできん。これから長続きするんだろうか。
2004年02月29日 09時17分55秒  初めまして

初めてホームページを開きました。