top

ラジオを作ろう 部品はたったの4個です! 

1.部品

ここで作るラジオに絶対必要な部品は、ゲルマニウムダイオード・コイル・バリコン・クリスタルイヤホンのたった4つだけ!

ゲルマニウムダイオード(1個)
ダイオードにはいろいろな種類がありますが、ゲルマニウムラジオに使うのは、ゲルマニウムダイオードです。ここでは1N60と言うゲルマニウムダイオ−ドを使います。
コイル(1個)
コイルは市販もされていますが、大変手軽に自作できるので、自分で巻いてみる事にします。(コイルの変わりにマイクロインダクタ330μHなどを使うとたいへん小さなラジオを作る事が出来ます。)
直径4cmの紙筒(長さ約8cm)に太さ0.32mmのエナメル線(約13.1m)を巻きます。芯になるものは、紙筒に限りませんし直径も4cmでなければいけないと言う事もありません。エナメル線の太さも何mmでなければならないと言う事も有りません自由に作ってみてください。(必要なエナメル線の長さは、次ぎのページの表を参考にして下さい。)
ポリバリコン(1個)
電気を蓄える量を変化させることが出来るコンデンサー(バリヤブルコンデンサー)です。コイルと組み合わせる事により容量を変化させ選局を行います。バリコンは使い捨ての透明コップとアルミホイルとを使って自作する事も可能です。これには後ほど挑戦したいと思います。 
クリスタルイヤホン(1個)
ゲルマニウムラジオは、一般に売っているイヤホンでは聞く事は出来ません。電池も使いませんから、スピーカを鳴らす事もほとんど不可能です。(でも、出来ない事もないようです→参考「工作と物理のページ」
クリスタルイヤホンを買ってください!

あれば良いけど、なくても別に困らない部品

ミノムシクリップ(10個)
部品をつなぐ配線に使います。つないだり、はずしたりが大変簡単にできます。
スズめっき線
配線用です。
ビニール線
アンテナ・アース用に5mのものを二本用意しました。(先にミノムシクリップを付けておくと便利です。)
ターミナル端子(4個)
クリスタルイヤホンをつなぐ為に用います。また、アンタな線やアース線をつなぐ端子に使います。
写真には有りませんが長さ2cmほどのビスとナットを6個ずつ用意した下さい。(押しビンなどで代用してもOKです。)
部品取り付け用に板を用意しました。

工具について

半田こてと半田 部品に配線をしっかり止めるため使います。
半田付けしなくても線と線をねじったり、すればほとんどだいじょうぶ!その代わり、しっかりねじってね!!
ラジオペンチ
+ドライバー バリコンのダイヤルをつけるのに必要です。
紙やすり エナメル線の被膜をはがすのに使います。
セロハンテープあるいは両面テープ コイルを巻くときに解けないように仮止めするのに使います。
この他に部品取り付け用板にビス穴をあける為キリなどがあれば用意して下さい。


はじめは、コイル巻きです。根気よくがんばってください!

戻る 次ページ
ゲルマニュウムラジオや鉱石ラジオ以外の電子工作にチャレンジして見たいと思った方は、ぜひ!「エレ工房さくらい」さんを訪れてください!いろいろな電子工作キットがおどろくほどの安さで販売されています。(250円キットシリーズなんて言うのも有ります!)ネットで購入可能、送料も安いですよ!