CONTENTS
 射出成形アニメーションA




















 一連の動作は成形品に応じた時間や速度設定で動いています。小型機での成形工程時間は、
製品により違いは有りますが特殊なものを除いて数秒〜数十秒で製品が出来上がります。
              
            

                      Injection molding process 2008/4/28  
         
    動作                     詳細
■型閉じ・型締
    ↓
低速→高速→低速→金型保護(低圧・低速)→高圧型締
■射出・保圧
    ↓
射出→保圧⇒速度・圧力を位置や時間で段階的に変化させる。
■冷却
■背圧
■スクリュ回転
    ↓
射出・保圧工程終了後、冷却・計量・可塑化工程に入ります。
スクリュが回転し材料供給・可塑可を行いながら設定値まで後退します。
必要に応じ回転速度も段階的に設定します。
■型開き
    ↓
型開き⇒低速→高速→低速→停止
■製品突出し
    ↓
突出し⇒状況により速度調整したり2回3回と突出したりもします。
■製品取り出し 取り出し⇒製品やその他の状況に応じて自動落下させたり製品取り出し機
によって取り出します。

  (圧力、速度、時間、位置、これらは成形品によりそれぞれ違った設定数値で動作します)
                                        
Copyright ©2001-2009 Tukubasan. All Rights Reserved. ◇Animation画像の無断使用・転載を禁ずる。