スポンサーサイト

スポンサーサイト

---下記は、キーワードによるサイト探し  検索エンジンによるサイト複数一覧表示---


銀行 ネットバンク 関係でお探しの方にもお勧め情報

 

銀行 ネットバンク 関係でお探しの方へ




銀行 ネットバンク関係でお探しの方へ 銀行 ネットバンク関係に関する役立つ情報をご提供しています。

何か一つでも、ご参考になる事があれば、幸いだと思います。

インターネット専業銀行あるいはネット銀行、インターネット銀行とは、利用者に対し直接現金や証券証書類の受け払いを行う実店舗(窓口やATM)を原則的に設置せず、営業上必要な拠点のみを設置し、電話やインターネットを介した取引(インターネットバンキング)の提供に特化した銀行のことを示します。

ネット銀行に属する銀行の中には実店舗(窓口)を有する銀行もあり、必ずしもネットや電話のみと言うわけではありません(ジャパンネット銀行は窓口から振り込みもでき、窓口でないとできない業務もある)。

従来型の銀行の多くも、インターネットを介した銀行取引サービス(ネット支店)を行っていますが、既存店舗の取引の延長線上にあるものが多く、ネット銀行はネットが取引の主体であるため本質的には異なることもあります。

顧客の側の利点としては、簡便な口座開設や手続き、24時間取引、手数料の割安さ、有利な預金金利、特色ある金融商品などが挙げられます。

ただし、手数料に関しては、昨今ネット専業銀行の手数料改悪が目立ち(あるいは、提携ATMが地域によって著しく偏りが生じている事も含め、結果的に手数料が掛かり増しになるケースもあります)、

また、都銀の手数料値下げやネットバンキングが追加された結果、都銀の方が手数料が安いという逆転現象が起きています。

反面、インターネットを通じた少人数による営業活動のため融資などの場面では弱く、またシステムの脆弱性やインターネットそのものの信頼性に由来するリスクは事業運営に大きな影響を及ぼしています。

 ジャパンネット銀行のシステムにおいて、複数回にわたり長時間の停止が発生し、2003年6月12日に金融庁から業務改善命令が出されたことがあり、その後10月にもシステムの停止が発生しています。

インターネット専業銀行は、存在の独自性から本質的に高いサービスの提供へと、求められる企業価値や事業展開の質はより高く移行しています。

 

楽天銀行

楽天銀行株式会社とは、新たな形態の銀行に属する日本の銀行(ネット銀行)です。
2010年5月4日に、イーバンク銀行株式会社から商号変更をしました。

楽天株式会社の子会社です。

2010年4月末現在で国内のネット銀行では最大の349万4000口座が開設されており、ネット銀行最大手です。

2000年1月に、銀行設立を目的とした日本電子決済企画株式会社として設立します。
銀行免許の予備審査が終了した2001年6月に、イーバンク銀行株式会社に商号変更し、銀行免許を取得した2001年7月23日から営業を開始します。

電子ネットワーク決済を業務の中核とした銀行であり、融資業務がない(個人向けローン業務は、2009年4月より開始された)など、従来の銀行とは大きく異なっていました。

2009年6月4日に、「楽天銀行株式会社」への商号変更と、本店を楽天本社所在地へ移転する計画が発表され、6月29日の定時株主総会で承認されました。

本店移転は、当初の予定どおり、7月21日に実施されました。

2010年3月19日から4月30日にかけて、楽天株式会社による普通株式および新株予約権の公開買付け(TOB)がなされ、楽天株式会社の出資比率は91.93%となります。
そして、金融庁長官の許可を得て、2010年5月4日に商号変更がなされました。

 

開設の仕方

開設の仕方は、銀行によって、少しばかり違いがあります。
すでに、インターネットバンクを使用できる銀行で、口座をお持ちの方は、すぐに開設できる場合もありますが、
残金が、一定額ありませんと、開設できない銀行もあります。

ネットバンクにおいて、有名な、楽天銀行について、紹介します。

楽天銀行に口座を開設する場合は、楽天銀行のホームページから、申し込みをします。
書類が届きますので、その書類に、証明となる、車の免許書の写し、などの書類を添付し、返信します。
口座などを書いた書類などが、届きますので、
その書類を元に、パスワードの設定などを行えば、開設は終わりです。

楽天銀行は、楽天関係以外にも、いろいろと提携をしていますので、
ネットをされる方は、楽天銀行、又は、ジャパネット銀行の口座を開設される事を進めます。

 

スルガ銀行ANA支店

スルガ銀行ANA支店は、日本空輸株式会社と提携して運営するスルガ銀行の支店です。
「銀行キャッシュカード」に「マイレージ」と「電子マネー(Edy)」をプラス!世界で初めて3つの機能が使えるマイレージカードが使えます。

マイルを貯めてANAマイレージクラブの豊富で楽しい特典を手に入れる事が可能です。
スルガ銀行は、ネットバンクにも力を入れていますので、
スルガ銀行を利用する事により、マイルも貯めやすいのが特徴です。
マイルを貯めている方には、お勧めの、銀行です。

セブン銀行

株式会社セブン銀行とは、大手流通企業グループ「セブン&アイ・ホールディングス」傘下の日本の銀行です。
コンビニATM事業最大手である。旧商号は株式会社アイワイバンク銀行です。

金融ビッグバンによる規制緩和が進行する1999年11月に、イトーヨーカ堂とセブン-イレブンが主体となり、
当時のIYグループ店舗に小型ATM(コンビニATM)を設置する形態の決済銀行の設立構想が報道されました。

2000年に銀行業の予備免許を取得後、2001年4月10日に株式会社アイワイバンク銀行として設立、同年5月7日に開業しました。2005年の10月11日より、現在の商号に変更されています。

他のイーネットやLANSではATMシステムから相手先銀行または管理銀行の勘定系システムへ直に接続されますが、
セブン銀行ATMでの提携金融機関(銀行・証券・生保・クレジットカード)利用の場合は、セブン銀行の勘定系システムを経由して相手先のシステムに接続される方式を採っているため、セブン銀行側でシステム障害が発生しなければ、提携先金融機関で何らかの障害が発生しても、その範囲を除いたATM利用には問題が発生しない仕組みです。

 

イオン銀行

株式会社イオン銀行は、日本最大手の流通・小売業グループ「イオン」の傘下にある「新たな形態の銀行」に分類される銀行です。全国銀行協会準会員。管轄税務署は江東西税務署です。

キャッシュカード「イオンバンクカード」にはイオンの電子マネー「WAON」の機能が標準搭載されており、キャッシュカードとしての利用とWAONとしての利用が1枚でできます。

通常のWAONカードにはないイオンバンクカード限定の機能として、銀行口座からWAONへの銀行チャージやオートチャージが可能となっており、またチャージ限度額も他の種類のWAON(20,000円)より拡大されて50,000円となっています。
ネットからでも、振込み、残金の確認、チャージなども行えます

 

シティバンク銀行(eセービング)

シティバンク銀行(eセービング)は、シティバンク銀行が運営しています、ネットバンクです。
シティバングは、口座を開設するには、口座維持費を徴収されますが、eセービングは、口座維持費が無料とお得です。

シティバングの強みは、海外でも、お金を下ろす事が可能という事です。
海外へ、旅行を行う方は、ぜひ開設をしておきたい、銀行でもあります。

もしも、何かあった時、シティバングにお金を預けていれば、
海外で下ろす事が可能です。


スポンサーサイト

銀行 ネットバンク 関係でお探しの方にもお勧め情報




銀行 ネットバンク 関係 
でお探しの方にもお勧め情報

銀行 ネットバンク 関係でお探しの方にもお勧め情報銀行 ネットバンク 関係でお探しの方にもお勧め情報銀行 ネットバンク 関係でお探しの方にもお勧め情報銀行 ネットバンク 関係でお探しの方にもお勧め情報銀行 ネットバンク 関係でお探しの方にもお勧め情報