2006年1月〜3月
3月31日
・以前少し話題に出したドラゴンボールZのBGMコレクション がレンタルであったので借りてみました。
というわけで感想ですが、ぶっちゃけ 大全集の五枚組みCDの劣化コピーでしかなかったですね。
トラック名がそのままのものはもう見事なまでにそのままでした。
とりあえず聞き所といえば、Z序盤のTV版BGMのM700ナンバー、 200話以降の悟飯編のBGMのM1700ナンバー、激突!! 100億パワーの戦士たちのM1300ナンバーというところですかね。
M700ナンバーは、悟飯がラディッツに特攻を仕掛ける曲や、 ピッコロのメインテーマ。
M1700ナンバーは、話の引きで主に多用されたEDテーマのアレンジ曲。
M1300ナンバーは、人造人間との戦いで多用された曲。
この辺りでしょうか。
勿論復活のフュージョンのBGMを聴けたのも収穫でしたね。
ゴジータ登場のBGMは震えました。
けどまあ値段の価値はやはりなかったですね。
レンタルで十分でした。
しかしこんな風に小出し小出しに出されると今度もし完全版のCDが 出たとしても買う気が削がれてしまうので止めてほしいです。
膨大な容量のために値段が高くなるのが問題なのかもしれませんが、 出れば買うから出してほしいなあ。


3月30日
・今回もまた更新が遅くなりました。
最近の近況ですが、少し前に新しいレンタル屋がオープン。
そこで10円レンタルということでチラホラレンタルして見たりしています。
久しぶりにクウガ何ぞを見てみましたが、やっぱりテレ朝ライダーの中では クウガが一番だと思います。
アギトも同じくらい面白いと思いますが、クウガには他のライダーにはない 魅力が沢山あると思います。
殺陣にしてもあの必死感がたまりませんね。
ところでアギトって何か不評なんですが、駄目なんですかね?
というか龍騎以降のライダーは個人的に駄目なので、その分クウガ &アギトがよく見えるんですよね。
今思えばタイムレンジャー&クウガって特撮ゴールデンタイムだったなあ。
本当はクウガ&アギトをレンタルしたかったですが、それどころかクウガも 満足に借りれなかったのがちと残念。
時間もそうですが、結構歯抜けでレンタルされていることもあるんですよね。
そのためにきちんと借りれませんでした。
それでもって今TSUTAYAもセールなんですよね。
というわけでティガ、ダイナ、ガイア、コスモスも見てー、と思ってこっちでも 少しレンタルしてしまいました。
ダイナも面白いなー。
というわけで時間に押し迫られてしまったわけです。
レンタル期間もあるし、ちゃっちゃとしないとなあ。
というか強欲さと、安物買いの銭失いはするのは愚かだなと思ったりも しました。
続いてアニメの感想です。
よみがえる空&シャナはラストということでまた改めて書きます。
というかよみがえる空は短かったなあ。
2クールあると思ってたんですが。
シャナですが、劇場版作成とは凄いですね。
深夜アニメ系で劇場版ってなかなかないと思うんですが。
・舞乙
いよいよ終局に向けて全てが動き出していますね。
アリカは精神と時の部屋での修行並みにパワーアップしているんでしょうか。
というか舞衣は戦わないのかなあ、OPでのあれもちょっと見てみたいんですが。
セルゲイさんが・・・あれかなり重症ですよね。
頭から血を流していましたが、どこを撃たれたんでしょうか。
ニナもどうなってしまうんだか・・・
トモエのシズルへの甘え方はジャングルの王者ターちゃんの クローンを思い出しました。
何も悪いことしていないのに殴るなんて酷いのー、とか言ってましたし。


3月21日
・不覚、不覚でした。
ドラゴンボールの新しいBGMコレクションって発売されていたんですね。
しかも1ヶ月も前に。
DBのBGM集が出たらまず買おうと思っていた僕にとっては結構不覚でした。
でもなあ、幸か不幸か結構このCDの内容って微妙らしいですね。
以前発売された大全集BGMの劣化コピーというのが定評なんですよね。
僕は出ているCDは全部持っているので買ったら後悔しそうで嫌だなー。
買ったはいいが重複ばっかじゃ凹みますしね。
でも復活のフュージョンと龍拳のBGMってこれでしか聞けないだろうし、 それだけでも買う価値ないことはないのかなー。
とりあえずレンタルを探してみて、なければ購入を考えるくらいでいいか。
・SoltyReiの話。
うわ、本当にローズは死んでしまった・・・
ようではないみたいですね。
だってあれはどう見てもあの人だし。
というかラジオ聞いていますから何となく分かってましたよ、実際は。
でもあの展開は凄かったなあ。
まさかあんなドラマ展開をさせて、ようやく吹っ切れた矢先にあんな仕打ち・・・
さすがに見たときは唖然としましたね、アニメで唖然としたのは久しぶりでした。
ついでにラジオのお話。
相も変わらず面白すぎですね、砂とか笑い上戸はちょっと鬱陶しかったですが。
でもそろそろ終わってしまうんですね、ここ最近のアニラジ系では一番面白いのに。
ぜひ大原さんにもゲストに来て欲しかったのにな。
そういやカレイドスターラジオってまだ続いているんですか。
長いですねー、こっちがそれだけ続くなら もっとこっちの方も続けて欲しいんですが・・・
こっちの方が断然面白いし。
・舞乙
舞衣登場、待ってましたぜ。
何をしているのかと思ってたんですが、明るかったのがちょっと意外でした。
というか今更修行って、残り数話で何をどうする気ですか。
それに強いとか強くないとかってこの話ではそんなに関係ない気も するんですが・・・


3月16日
すっかり遅くなりましたが最近の近況なんぞを。
最近はサムライチャンプルー、ぱにぽにだっしゅという作品を見たりしています。
まず前者の作品ですが、ぶっちゃけイマイチ世界観や内容は 完全に把握できるわけではないのですが単純に面白いですね。
侍二人もいいキャラクターしていると思います。
ただ結構容赦なく切り捨てるので、微妙にグロイですけどね。
でも今後に期待です。
後者の作品ですが、これもまた形容のしがたいギャグアニメ?です。
マサルさん、じゃないなあ、カルトなあずまんがというイメージ、でもないですかねえ。
どちらもアクが強いので人を選ぶとは思いますが、今のところ楽しんでいます。
続いてリアルタイム作品
よみがえる空
パーティーというタイトルの割にはあまりそういう話じゃなかったような。
主人公の彼女と遭難していた人たちばかりに焦点が向いていた気がします。
舞乙
トモエが完全水銀燈さんになってたのがなんとも。
まあ誰でも予想のついていた本性ですが、そのまんまでした。
個人的にニナはダークホースまっしぐらな気がします。
それにアリカに突っかかるのが微妙に無理のある展開のような。
ここのところのマシロは素敵ですね。
アスハドのメンバーに蹴散らされるオトメたちの姿は壮絶でした。
串刺しは痛々しいです。
それにしてもアオイはやっぱり生きていたんですね。
まあそうだろうとは思っていましたが、どう助かったんでしょ。
でもこの勢いじゃ最後にエルスも復活するんでしょうか。
ようやく舞衣&命の登場というところでしょうかね。
でもあれだけバレバレ(予告でも出てるし)だったら今更隠す意味も 何もなかったんじゃ。
しかし残り4話程度でどういう活躍をしてくれるんでしょうか。
それに楯は?


3月7日
最近はこの曜日にならなければ更新していないということに 今更ながらに思ったり。
・今更ですがウルトラマンメビウスの放送時間って5時半なんですね。
また懐かしい時間に戻ってくるようで。
新番組予告も見ましたが、ウルトラ兄弟が登場するかもというのは何気に楽しみです。
・結構どうでもいいことなんですが、好きなアニメと一口に言っても、 やはり何度も見たくなる、見てしまうという作品でなければ あまり好きと言えないのかなとか思ってしまったりします。
何が言いたいのかというと、例え見た時に面白かった、素晴らしかったと 思ってもそれはそれまでなんですよね。
何度も見たいとはあんまり思うのは少ないわけです。
それを考えてもやはり勇者シリーズ、エルドランシリーズは僕にとっては 別格だなと。
ゴウザウラーにいたってはおそらく僕にとって生涯この作品を 超える作品はないんじゃないかと思っています。
この11作品が僕にとっては最高の作品群であり、 ゴウザウラーの一番、そして上位 11位の中に割り込んでこれる作品はないんじゃないかなと思います。
DBZはそれなりに惜しいのですが、長すぎるうえに話によって 落差もあるのでちょっと残念なところです。
他に候補となりそうな作品はないですね。
正直どれもこれもイマイチです。
ただ別に僕は過去の作品に固執しているわけではありません。
ゴウザウラーを超える作品もあるものならあってほしいです。
だってそれだけ自分にとって良い作品ということですからね。
良い作品にめぐり合えるのなら、それは好ましいことですし。
あと余談なんですが、結局ガンダムSEEDも結構何度か見てたりするんですよね。
SEEDはそんなにですが、DESTINYの方はリピート率が高いです。
この作品については突っ込んだり文句を言ったりしていたのにも関わらず、 何か見てしまう。
そう考えると他の作品では素晴らしいとかGJとか言っていても、 それらよりこのDESTINYの方が好きなんでしょうかね。
まあ別にそれでもいいんですけどね、SEEDは普通に好きですし。
続いてアニメの感想です。
・よみがえる空
正直ちょっと拍子抜け。
最後の救出も呆気なかったし、悟少年のドラマもあまり描かれていなかったような。
あの子供との絡みもあまりよく分からなかったし。
まだまだこれからという言葉は、紅葉とあの親子のことなんだろうとは思いますが。
それにあんなに簡単にゴンドラを運んでいけるものなんですか?
強風とかは大丈夫だったんでしょうか。
・舞乙
個人的には一安心というか、マシロの決意や、あの難民の人たちとの確執も 一段落して安心しました。
ところであのミコトは猫のミコトとどういう関係なんでしょうか。
あと今更ですが、OPでラドは猫のミコトを抱きかかえていたんですね。
ラドもミコトも色が黒いので気付きませんでした。
やっぱり前作ではああいう関係だったからですかね、ああなってるの。
ラドといえば今回はちょっと予告が面白かったりしました。
次回は遂にあの人が登場か?
・シャナ
今回の話ではとどのつまり、結局お前は何をどうしたいんだというのに尽きますね。
そうやって意志をはっきりさせないままでいられるなんて甘いことが 許されるわけがありません。
どれだけ強く願ってもそれが叶わなかったりすることのほうが多いのが普通なんですから。


2月28日
アニメの感想
・よみがえる空
今回の話は今までになく面白そうという感じです。
今まではただ救う側だったのが、今度は自らも巻き込まれ その中で被災者を救うというのは緊迫感がありますね。
あの学生と養母のことが好きになれない少年とのドラマの 結末も楽しみです。
・舞乙
今回は「よいではないか」しか印象に残りませんでした。
・シャナ
そうか、あのメイドさんの選択とは悠司を殺すか否かの選択でしたか。
予想とは大分違いました。
さーて、どうする気でしょうかあのシャナは。


2月24日
・ウルトラマンの新作はウルトラマンメビウスというらしいですね。
詳しくはこちら
何と今度は第二期プッシュですかあ、ウルトラの父がいるというのもなかなか面白そうです。
怪獣にはぜひベムスター、タイラント、ブラックエンドなども出して欲しいですね。
ヤプールやエースキラーは無理かな?
原点回帰と言われるマックスは第一期で、今度は第二期路線ですか。
マックスも楽しかったですが、今後も楽しみですね。
まだマックス終わってないですけど。
・ガンダムSEEDDESTINYもスペシャルエディションやるみたいですね。
詳しくはこちら 今回は4部作のようですが、今度はどんな新規カットがあるのか気になります。
といっても前作SEEDのもまともに見ていないんですがね。


2月22日
あんまり更新してないからしたいなー、と思いつつもなかなか更新できない 今日この頃です。
そういや凄い今更ですが、THE有頂天ホテルって面白いんですか?
結構評判はマチマチというか、これまた賛否両論あるんですよね。
見に行ってみてもいいかなとも思っていますが、どうなんだろうなあ。
まあ人それぞれとしか言いようがないと思いますが。
あとアニメの感想です。
・よみがえる空
今回助かってよかったなあー、と思うのもあるのですがEDの ひょっこりひょうたん島が印象に残ってばっかでした。
あの航空機などの映像をバックにしたEDを見た人はどう思うんでしょうかこの作品。
・舞乙
そういやOPでマシロと一緒にいた人たちはアスハドの人でしたか。
永遠の17歳という設定はなかなかシビアな話だった割にはタイトルの 顔文字のギャップが凄かったです。
あれでいいんでしょうか。
・シャナ
まあそこそこ良い感じになってきたんじゃないでしょうか。
別に吉田さんプッシュなわけではなく、 シャナが自分の立場を理解した。
というか自分の意志もはっきりさせないまま自分の思うが通りになる わけがない状況に追い込まれてきたわけなので。
あの人が再登場するのはちとビックリでしたが、次回は きっと今後悠司と一緒にいるかどうかの選択を迫るというところでしょうかね。
見た目にシャナの様子がおかしいのはバレバレなんでしょうし。
けどまあどうせシャナに良いように良いようにという展開に なるんでしょうけど。


2月14日
とりあえずアニメの感想です。
・舞乙
今回はもうとにかくいつマシロの正体がばれやしないかとハラハラでした。
新OPではマシロはあの人たちと一緒にいたように思えたので、 正体がばれてもそれでもなんとか助かるものかと思っていたのですが。
それにしても人は集団になると恐ろしいものですね。
人は美しい花を作る手を持ちながら、 一旦、その手に刃を握るとどんな残忍極まりない行為をする事か
まあ今回の場合はマシロ(と王家のメンバー)に対する憎しみが 強かったようなので、集団でなくてもマシロはどうなっていたか分かりませんが。
マシロを助けてくれた子が、アオイが飛び降りた後薄ら笑いを浮かべて いたのが恐ろしかったです。
さすがに耐えれなくなったのかマシロは一人荒野の果てに 流れていくようですが、果たして?
くどいようですがOPから察するとやはり共同していくことに なると思うんですが。
多分アオイはチエあたりが救っている気もしますが、エルスのこともありますし、 案外今回は犠牲者が多いことになったりしそうな気も しないでもないです。
しかしまた前作同様面白くなくなったなあ。
話の出来とか云々に関係なく見ていて鬱になるものは嫌です。
多分最後ではきちんと締めてくれるとは思うんですがね。
・シャナ
相変わらずうだつの上がらない恋愛劇ばかりしてるなあ。
今回のシャナはひたすらにウザかったです。
そりゃ悠司も普通に怒るって。
でも製作側としては祐二が悪者のような感じ(気付かない祐二が悪いとか) らしいんですよね。
ということは気丈で素直じゃない可愛いシャナマンセー、 気付かない悠司が鈍感で悪者ってことですか?
それはきついなあ、SEEDDESTINYのキラが絶対正義、シンはたてつく 悪者ってのより私的には嫌ですよ。
しかも今回の脚本小林靖子さんなんですよね。
戦隊ではこの方の脚本の回はお見事でしたが、その他はどうなんでしょうか。


2月11日
最近はいらないものを処分、ということでもう遊ばない ガオレンジャー〜アバレンジャーまでの玩具などを処分しています。
色々考えましたが、やはり場所をとるだけで遊ばないものはあっても しょうがないですし。
リボルバーマンモスや、ブラック轟雷旋風神などはかなり大きいですし。
それにこの辺の戦隊はあんまり好きでもないですし(ついでに言うと デカ&マジに至っては買ってないです)
それを言ったら勇者シリーズやエルドランシリーズもそれほど 遊んではいないのですが、やはりこの辺は特別ということで多分残していくと思います。
それにジェットマン〜タイムレンジャーまでの玩具も多分遊ばない ですが、それでも処分しないかなー。
微妙なところですが。
最近はオークションで売るのが一番だということで処分していますが、 今でもガオレンジャーがそこそこ高い値段で売れたりしてビックリしました。
確かに当時は物凄く高くて、それに比べればまだ低い方ですけどね。
それにしてもキラーオーは低いな、1000円もいかないなんて。
今後は仮面ライダー、次に電童やトランスフォーマーカーロボットなどを 出してみようかなと思っています。


2月8日
アニメやらの感想です。
・SoltyReidio
うは、本当にこのラジオ面白いなー。
前回のお葬式も笑いましたが、今回のも面白いです。
やっぱ声優ラジオはパーソナリティの人に大きく左右されますね。
トップ2のラジオもそうですが、アニメの出来に左右されないアニラジ。
このクオリティこそ声優さんの成せる技ですね。
地方により見れないことによるネタバレは嫌ですが・・・
・舞乙
エルスさんが・・・
まさかそっちの人だったのかとビックリでした。
トモエが凄い分かりやすい悪役だったので、その比較も含めて エルスには驚かされました。
今作は復活できるのか?
あとできればナツキ&シズルタッグと、ミドリたちのガチンコバトルがもっと見たかったな。
しかしマシロって全然人望ないんですね。
まあ実際にも国の頭首の人は人民にそれほど信望されていなさそうだし、 自分が傷ついても庇う人なんてまずいないでしょうし。
マシロって市民からの反感も強そうなので庇う理由なんざないということなんですかね。
マシロを見つけた女性、迷う様子もなくはなかったものの、えらい憎悪を含めた表情をしてましたし。
・シャナ
あー、歌変わっちゃった。
緋色の空は結構好きな歌だったんですけどねえ。
あと絵も以前のやつの方が好きでした。


2月2日
例によってアニメの感想を。
・よみがえる空
さすがに内田も落ち込んで、予定していた実家帰省もしなかったようですね。
それでいて彼女が仕事を見事にこなしていることでちょっと軽い嫉妬と、 劣等感、そして苛立ちを覚えてしまったんでしょうか。
でも結局は誰だってお仕事で苦労しないことなんてないってところですかね。
最初からやりたい仕事をできるというわけでもないでしょうし。
対内で散々に茶かされてしまった内田。
笑顔が戻ってこれで内田も持ち直せれるでしょうか。
・舞乙
OP変わりましたねー。
歌は今までのような明るい感じではなく、多少悲壮感を感じるものでした。
絵も結構変わってましたが、随分と戦闘色が強いですね。
今後は武力抗争に発展していくのでしょうか。
トモエは完全にダークサイドですね。
ニナもアリカと激突するような感じでしたし。
舞衣の姿も明かされましたが、どのように登場するのでしょうか。
続いて本編について。
これまたトモエは思いっきりやりたい放題ですね。
もう開き直っているのかのようです。
でもなあ、エルスもトモエの姿は見ているんだし、どうやって彼女のことを庇ったんでしょうか。
あんなものが自然に落ちてくるはずもなく、何者かの人為的な仕業なのは明確なんでしょうし。
アリカとニナも「誰がこんなことを」と疑問に思わなかったのでしょうか。
チエはやっぱりトモエとミーヤのことを知っていたんですね。
可愛い部屋係なんだから庇いたいというのはいいんですが、さすがにやりすぎなので チエにも何かしら行動を起こして欲しいです。
・シャナ
相変わらず面白くもなんともないですね。
初めての戦いとか言いつつ全然緊迫感もないし。
・アニマル横町
相変わらずイヨは酷いですな・・・
笑顔で人の嫌がることをするその姿は、見た目の可愛さも相まって シュールさ満載です。


1月30日
・何だかんだで仮面ライダーカブト見ました。
けどその前にマジレンジャーから。
どうやら両親とも魔法戦隊に舞い戻っていたみたいですね。
ウルザードの人間体というか、お父さんのお姿を初めて見ました。
しかし前作のデカレンジャーも7人+@(スワンさんの変身した姿)くらいいましたが、
今回のマジレンジャーも同じくらいに戦隊員がいるもんですね。
今後は7人が基本くらいになってしまうんでしょうか。
いい加減6人目自体を考えて欲しいです。
6人目を失くすか、最低でも戦隊側には基本的に付かない(黒騎士、タイムファイヤーとかかな)
くらいのことしてくれないとつまらないなあ。
しかしあの先生と青の人はできていたんですか。
さすがにビックリでした。
でもシャインを呼び出したのって確か青の人でしたっけ。
それにしても今回のマジレジェンド、えっらい呆気なく倒されましたね。
最終戦は近いようですが、勝てるのかな。
いい加減勇気は止めてほっしいな。
それで仮面ライダーカブトですが、今のところはまだ未知数ですね。
まあ平成ライダーなんて龍騎以降のは大体第1話は違和感を感じるものですけどね(剣は除くかも)
あと役者さんもまだちょっとぎこちないなあ。
それにしてもカブトの基本形態の前?の姿はあまりにもずん胴でビックリしました。
あと序盤の量産ライダーの戦闘シーンは映画のエイリアンみたいでしたね。


1月27日
・凄い今更なんですが、地方では見れないアニメがあったり放送が遅れたり してますよね。
そういうのにめげずに見ていても、たまにネットで感想などを見ていると 思わぬネタバレに出会ったりすることもしばしば。
そういうのも仕方ないといえば仕方ないんですが、 思わぬ重大なネタバレはやっぱりきついものがありますね。
誰々が死んでしまったー、とか。
いや、それだけなんですが。
1月26日
・凄い唐突ですが、SoltyReiというアニメのラジオ、SoltyReidioに 自分の投稿したメールが採用されていたことに昨日気付きました。
カレイドスターに続き二回目の採用でしたが、案外送ってみればいけるもんなんでしょうか。
ところで少し文が短縮されていたような気がしたのが気になりましたが・・・
あとこのSoltyという作品を見ているというのはこのサイトでは 明かしていませんでしたが、AT-Xで見てます。
あんまり期待していませんでしたが、意外に面白かったりします。
別に秘密にしていたわけではなく、タイミングがなかっただけです。


1月25日
例によってアニメの感想をちらほらと。
・よみがえる空
やはりなかなか人命救助も上手くいかないものですね・・・
でもあのさくらちゃんは犬を探しに行ったのに何故に家屋の中にいたんでしょうか。
それにまずはさくらちゃんはどこにいるのかを声で呼ばなかったのもどうかと。
それがなかったので少々もどかしさのようなものを感じたりもしました。
車が集まって光の目印にしたのはウルトラマンティガを思い出しましたね。
なかなか「おお」と思ったのですが、その途端にこの結果。
現実の辛さを思い知りましたね。
あの絵本の朗読もシビアでした。
・舞乙。
セルゲイさんより相変わらずなナオお姉さまの方が素敵でした。
夜の蝶かよ。
それにしてもミーヤという方はよほどトモエに弱みでも握られているのか。
あるいは単純に怖いのか。
自分の恋が破れてしまった(まあ勘違いみたいなものかもしれませんが)
アリカとマシロもとりあえず元気を取り戻したようですがどうなるでしょうか。
トモエはまだ何か仕掛けてきそうですが。
・シャナ
前回から思っていたことですが、あのメイドさんのあります口調は何か人を バカにしているようにしか聞こえませんでした。
それにあの仮面、響鬼じゃないんですから。
あれは笑ったというか萎えたというか。
シャナは地上に来るまであの人くらいにしか人とのコミュニケーションを 取っていなかったんでしょうか。
てっきり生まれた頃からただ相手を倒すためだけの教育のみ施されている ものとばかり思っていたので。
あの場ではそこそこ感情豊だったようですが、地上では そういうわけにはいかなかったのでしょうか。
・地獄少女
いっぺん死んでみる?
の決め台詞で有名?なこの作品。
アニメディアの特集があって興味を持ち、友達の経緯でキッズで放送されているのを見させてもらいました。
基本的に恨みを晴らしていく話なので暗いのは当然。
恨みを晴らせてもらえた人は吹っ切れたり、そうはならなかったりもするため 締めもどうにも鬱な場合が多いです。
1話は同級生に脅迫され、2話ではストーカー被害に、3話ではあらぬ殺人疑惑、 4話では持ち込む客で対応を変える獣医により大事なペットがろくに 治療されずに失ってしまう少女等等。
面白いかどうかはまだ微妙ですが、案外書きたいことが多いので もしかしたら近いうちにページを作って簡単な感想を書くかもしれません。


1月23日
・そういや響鬼って昨日最終回だったんですね。
うーん最終回くらいは見てみようかとも思ったんですが、 どうにも見る気が起きなかったんですよねえ。
マジレンジャーよりいくらかは良い気もしますが、それでもなあ。
そういえば仮面ライダーカブトですが、ベルトに入れるあのアイテム。
思いっきりビーファイターのビーコマンダーのような感じですね。
見ようかどうしようかなあ。


1月18日
おーとととお。
舞-乙HiMEなかなかとんでもな展開になってしまいましたぜ。
以前戦争という要素が出てきたことことで多少不安だったのですが、どうにも 風向きが不安な気がします。
ところであのトモエという人は恐ろしいですなあ。
アリカの危機の差し金はやっぱりあの人なんですかね。
もしそうなら本当に恐ろしいです。
同じ女性なのに。
予告もなーんかはぐらかしていたように思えます。


1月11日
いきなりですがとりあえず色々とアニメの感想を。
よみがえる空
新聞欄では新の文字がなかったので一話見逃したのかと思ったのですが、 新聞のミスだったようです。
とりあえず感想ですが、良くも悪くもレスキューというものを真剣に 取り組もうというところなんでしょうか。
地味かもしれないけど、これまでにそうないであろうジャンルなので とりあえず見ます。
それにしても訛り声はなかなか良いな。
あと携帯は持ってください、お願いだから。
舞乙
アカネさん、今回も悲劇が待っているのかと思ったら。
結婚式のイザって時に花嫁が奪われるというのはお約束ですかね。
でもなあ、実際問題そんな一人や二人、ましてや家系とかのレベルではなく 国家間での結婚だったんですよねえ。
アカネさんもその辺は理解して全てを決めたと思ったのに。
アニメなら許されるんですかねえ。
でも以前にも国家間の関係の伏線もそれなりに張られていたので、タダでは 済まないんじゃないかとか思います。
傍から見れば本当に好き合っている二人が結ばれることになって良かった、良かったと なるかもしれませんが・・・
あんまり素直に喜べないのではないかと思います。
でもこの回ってやたら評判いいんですよね、その辺はやっぱり考えない方が いいのか。
しかしアリカはセルゲイに惚れたのかあ、それもちょっとどうかなと思ったり。
タクティカルロア
実はラジオだけはきちんと聞いている作品だったので一応チェック。
でも作品としては論外。
多分本編は10分も見ていません。
主人公がトラブルに巻き込まれ始めてからは見ていられなくなりました。
まさかダフネのように化けるわけもないしもう見なくていいな。
まあラジオだけ聞くか。
しかしあまえでないよのときも思ったけど、中原さんはあんまりこういう 話に出て欲しくないなあ。
この人目当てで見て作品がこうだと悲しくなります。
シャナ
とりあえず一言、吉田さん頑張れ。
あんな言葉もろくに話せないくせに下手なプライドだけはあって刀を振り回す ヤクザになんざに負けることはない。
最終的に主人公の友達と吉田さんがくっつくという、余り物の馴れ合いにだけは なってほしくないです。
お願いだから。


1月9日
・今日はちょっと書籍のお話で。
君たちはウルトラマン80を愛しているか?
ウルトラシリーズの中でも賛否両論が絶えない第二期ウルトラシリーズ(帰りマン、A、タロウ、レオ)
この第二期の作品は様々なテーマや、方向性、独創性があったものの 初代マンやセブンを見ていた人たちには快く受け入れられなかったらしいです。
そのため各所でこれらの作品は低い評価を受け続け、今では随分とマシになったようですが一昔前は明らかには不当な扱いすら されていたこともあったようです。
それらを踏まえたうえで再度これらの作品を再度評価する。
そういった振れ込みで数年前、第二期ウルトラシリーズ四部作 をそれぞれ評論した本が辰巳出版より発売されました。
しかしその第二期ウルトラシリーズよりはっきりいって知名度が低く、地味な 印象を持つウルトラマン。
それがウルトラマン80です。
その知名度ゆえ、それほど関連書籍なども発売されず、あまり語られない分、 第二期より不憫な扱いだったと思います。
ウルトラ兄弟という枠組みにも入れず(入ったのかもしれないけど)
劇場版でなければ彼の姿に会うことはもうほとんど出来なかったのです。
そんな作品が第二期の本たちと同様評論されることとなり、 辰巳出版より満を持して発売されました。
実はまだ買っておらず、少し立ち読みした程度なのですがそのうち買ってしまうかもしれません。
僕としてはこの作品は結構好きです。
ウルトラマンと地球人の間での葛藤、ウルトラマンがいれば人類は努力しないで 良いのかという壁、人間のマイナスエネルギーにより怪獣が誕生するという 平成ウルトラでも使用される設定(これは少し第二期でも触れられてましたが)
これまた試行錯誤や路線変更も多かったですが、良い作品だったと思います。
DVDもそのうち出るとは思いますが、これももっと評価されてもいい作品だと思いますね。
ボンボン版ガンダムSEEDDESTINYについて。
多分今までこのHPでは話題にしたことはなかったとは思うのですが、 個人的にはこの漫画版はずっと前から超一押し。
展開がかなり早いですが、むしろ本編をここまでスムーズに進めても そんなに問題ないんだなと感心しました。
まあシンの視点になっているためにネオやミーア、あとスティングですら ほとんど結末はスルー状態でしたが、この辺は仕方ないかな。
でも放送当時シンは正論を言われるとぶち切れる。
力でしか訴えてこないとか散々いわれていましたが、本編でもこの漫画のように セリフや行動があれば多少は印象も変わったんじゃないかなと思ったりします。
個人的に印象に残ったセリフは、
「俺だってちゃんと考えてこの道を選んだんだ!!」 「だったらどうすればいいっていうんだ!?
あんたらの理想ってヤツで戦争を止められるのか!?
戦争のない世界以上に幸せな世界なんて・・・・あるはずがないっ!!」 等など。
前のSEEDを元にしたキラとアスランの激闘も一緒にボンボン版、高山先生版 のガンダムSEEDはなかなかお気に入りです。
もう問答無用でガンダムSEEDなんざどう転んでも最悪だという人には駄目でしょうが、 好きだった人、惜しいと思っている人には良いのではないでしょうか。
今月のアニメディア
各部門賞で、シンがワガママだったとあと何か妙な賞を受賞していましたが、 やっぱりシンってこういう感じなんですね・・・
特集の仕方も結構シンは駄目な子的な感じでしたし。
ちなみに今回の受賞で鈴村さんはシンはワガママだとは思っていない、とはっきり言っていました。
もう鈴村さんはそうっとしてあげてほしいです・・・


1月6日
・古畑任三郎最終三部作。
とりあえず1は良かった、2はまあまあ、3はイマイチでした。
1は前記したのでもういいとして、2に関してはイチロー選手頑張ったなあという感じでした。
毎度毎度チョイチョイ出てきたあの元刑事のお人が事件に関わるのはちょっとビックリでしたね。
お話自体はまあまあ、としか言いようがなかったです。
3のは、何というか殺したところで妹に成り代わるなんてそりゃ無理ですよね。
今までほとんど家の中にいた人が、社交的にやってきた人のように振舞うのは まだいいとしても、
これまでの人間関係や培ってきたものも何もないのに無理な話ですよ。
まあそれは本人も自覚していたようですが。


1月4日
・昨日の古畑任三郎、意外と面白かったというか、 結構意表を突かれた気がしました。
最初はこんなトリックじゃあ事故に見せるどころか、すぐにばれるだろうとか 思っていたんですが、結局はあの先生が操っていたんですね。
今回の事件は結局あの先生が罪に問われることはないんでしょうか。
過去の事件以外に。


1月3日
・昨日は親戚の集まりであんまり更新とか出来なかったです、掲示板 だけは新設置できたのですが。
親戚とはほとんど会わない、というか1年のこの時しか会わないのですが、 会うたびに彼のアニメの知識などがなかなかなものだということに驚いたりしてしまいました。
SEEDくらいはいいとしても、まさかストラトス・フォーとかいうタイトルが 出てくるとは思いませんでした。
どうやら今の学校の友達の影響らしいですが、そういうのって結構羨ましかったりします。
僕の時はほとんど特定の少ない人としかそういう話が出来なかったのですが、 彼の場合は結構人数がいるとのこと。
昨日は時間がなくてあまりお勧めとか言えなかったのですが、 今思えばもう少し話しておけばよかったです。
でも今更勇者シリーズとかは無理だろうなあ。
小さい頃は一緒にエクスカイザーやファイバードのオモチャで遊んだり していましたが、今となっては半端に知っている分今更 見ようとか思ったりもしないでしょうし。
でも今からでも少しでもファンを増やせると良いんですが。
・古畑任三郎最終三部作が今夜からですね。
最近は放送されることもなかったですが、チマチマ新作をやるよりは 一気に完全な完結編を作って終了ということでしょうか。
でもあんまり期待できないかなあ、この前のTRICKとかも イマイチだったし。
でもまあ見ますけどね。
・次の戦隊とライダーのタイトル聞きました。
もうご存知の方も多いとは思いますが、知らない、知りたくない人のために とりあえず選択しないと見れないようにしておきます。
宜しければ選択してご覧になってください。
あ、その前に再起不能といわれたトドロキさんって今普通に 戦っているって本当ですか?
不屈の闘志があるといっても、無理なものは無理なのでは。
何というか毎度毎度新しい戦隊のタイトルを見るたびに思ったりするんですが、 今回のはさすがにどうでしょうか。
肩書きも、チーム名もどうですかねえ。
ゴーゴーを轟にかけるのはともかく、轟というのはどうでしょうか。
とはいえ他に良い漢字があるかと言われればないんですが。
ボウケンジャー、ゴルドランみたいに何か探したりするのがメインなんでしょうか?
遺跡荒らしが敵とか?
違うだろうな。
ところで今までは○○レンジャーが定番でしたが、今後は ハリケンジャーや今作のように○○ケンジャーというのも増えていくんでしょうか。
そして仮面ライダーカブト。
デザイン的にはビーファイターのブルービートみたいですね。
まあ仮面ライダーとしては普通なデザインなんじゃないでしょうか。


1月2日
・なぜか掲示板に入れません。
IDが存在しないとか言われてしまいます。
原因がまるで不明ですが、とりあえず究明に務めます。
・掲示板の件は判明しました。
単純に書き込みがなかったからでした。
また新しく設置しましたが、今度は多分消えることはないと思います。


1月1日
明けました新年。
いやだからといってどうなんだといわれたらアレなんですが、とりあえず去年を振り返って。
といってもあまりないなー。
まあこのHPも一体どこへ行くのか分からないですが、今後とも適当に見守ってやってください。




トップへ