シベリア特殊部隊 隊員名鑑


ここでは、医務官室長 ピロシキ・ユーリエブナ・フェドートバ殿が作成して くださったイラストを紹介しています。


司令官 Major General Albatrossky Eagle Read


司令官で、少将。投票によって決まった。
今まで不信任案が一度も出ず、実力のある司令官。
通常連隊長、通常連隊第8大隊長、会計課補佐を兼任。



司令官副官 騎士 Major General Krimganof Lucolaich Stravinsky


司令官副官で、少将。騎士の称号を持つ。
司令官副官、独立連隊長、独立連隊第9大隊長、主任管制官、運用参謀、軍楽 隊指揮を兼任。



副司令官 騎士 Colonel Michel Draclua Luna Laurant Tepsh 3rd


副司令官で、大佐。騎士の称号を持つ。
シベリア騎士団隊長で、コンピュータ関連にも優れている。
独立連隊第1大隊長兼務



参謀長 Captain Syobonof


参謀長で、大尉。騎士の称号を持つ。
人材教育に定評がある。
警備連隊長、警備連隊第3大隊長を兼任。



武器開発科 騎士 Captain Teck 5


武器開発科で、大尉。騎士の称号を持つ。
Teck 5 近衛騎士団を牛耳り、戦闘では一番活躍しているといっても過言では ない。
独立連隊第13大隊長、支援大隊第19大隊長を兼任。



補給参謀 Colonel Rosyana


補給参謀で、大佐。
色々な役職を兼任し、様々な方向で活躍している。
支援連隊長、支援連隊第21大隊長、会計課主任、管制官、図書係を兼任。



通信科 Captain Sage Key Jen


独立連隊第9大隊の通信科で、大尉。
数々のソフトを開発し、うpろだの設立者でもある。
コンピュータを使う特殊部隊にとって、重要な隊員である。
兼任なし。



狙撃隊 Captain Tachabanasky


数少ない狙撃隊で、少尉。
狙撃手としてオマンチンと組んで活動していたが、オマンチンは自主除隊した。
特殊連隊第15大隊長を兼任。



航空科 Warrant Officer Ninth


第8大隊第81戦闘航空群第288戦闘飛行隊の2番機パイロット。准尉。
以前に外部で特殊部隊の支援をしていた。その後一度撤退し、現在は上記の職 に就いている。
兼任なし。



空挺隊 Warrant Officer Richard Asimov


空挺隊で、准尉。
多くの戦績を残しており、家族を大事にすることでも有名。
通常連隊第2大隊長を兼任。



空挺隊 Serjent Major Gennady Chernov


空挺隊で、曹長。
何事にも素早く、一番先に戦場に到着する。
兼任なし。



情報大隊 Private Herox


第15大隊員で、情報大隊長。一等兵。
主力の航空管制官として活躍している。
情報大隊長、管制官を兼任。



ソラトモ傭兵隊長 Army Soratomo


ソラトモ傭兵隊の隊長。
外部部隊の隊長ではあるが、特殊部隊にとっても重要な隊員。
第17大隊長、第6大隊長を兼任。



軍医総監 Docter Pirosiki Yurievna Fedortba


軍医総監で、中佐。
日々隊員の健康を守り、食事を作っている。
軍医総監、第20大隊長を兼任。





シベリア特殊部隊