水流渓人のページ「登山日記」No.528

 
2013/02/14
 ヶ城山/鬼ヶ城山/高砂城山」日南市
いぬがじょうやま 253m  おにがじょうやま195.0m  たかさじょうやま 202.0m

日南の○○城山3座を、登ったり降りたりして楽しむ・・・?

日南市・松永の集落辺りから、3座を見渡す。

 
犬ヶ城山 鬼ヶ城山 高砂城山
 

 日南に向かうのは、宮崎全山の登り残しを埋める為だが、ここに来て、完了する事に、少し充実感や喜びを覚えている。里山は、人々の暮らしに密着している分、他人の庭に無断立入(実際そうだが・・・)している感が濃厚で、素知らぬ感じで、一気に藪に消えるが良し!である。
 「犬ヶ城山」は、川横の廃道?の空地に駐車し、地図にある点々道(作業道?)を見つけようと突入。山頂方向へ取付いた尾根は、結構急登で、しかもトゲ有りの結構な藪だった。この日、気温上昇で、着込み過ぎていた私は、バテバテになりながら、1時間で山頂へと到着した。あまりの暑さに、何枚か脱ぎ、クールダウンする。いやいや、あなどるなかれ日南の山である。山頂からは南方向の岩に視界が広がっていた。
 下山すると、駐車そのままに、切り株にスリングを垂らし、川に降りて渡渉し「鬼ヶ城山」へ登り始める。少し登り始めると道が出てきて、山頂へと導いてくれた。まぁ、45分程度の登りだが、空腹なので、一気に下山する。早々に「高砂城山」へと移動し、目星を付けた尾根尻の廃墟の空地に駐車させて貰い、昼食にした。
 昼食後、尾根をグイグイ登ると、いつしかお地蔵さんの並ぶ道と合流し、日の丸の旗がなびく山頂へと導いてくれた。山頂からの眺めはすこぶる良くて、日南の山では一番?の絶景ではなかろうか??、気分の良い事この上無かった。気分がいいのは視界だけの問題ではなく、宮崎全山達成までに、「石堂屋」「比叡山」を残すのみとなった事も、大きく影響しているのは間違いないだろう・・・。
 何か云われでもあるのだろうか?3連続登山は、「○○城山」の名がつき、人の暮らしを見守るような膨らみだった。
 私が計画した「宮崎全山」は、国土地理院の「宮崎県の主な山岳」というもので、地形図に山名表示がしてあるものだ。低いなりに、高いなりに、深いなりに、今となっては、それぞれに感慨深いものがある。私は、達成した頃には、何をどう思い、これからをどう歩くのだろう・・・?今は何も見えてこないが、「遊ぶ」事に関しては、尽きない性分だから、何か遊んでいるのだろう。ブロクに「旅の途中」と書いたが、全山341座・・・その山頂は、一つ一つが連鎖し合っている「一筋のもの」の様だ!1座終われば、次の1座と、いつ果てる事の無い感覚でいたあの頃・・・だが、ようやく完了しそうになった今、いい旅を続け、山をつないできた感覚が手中にある。しかし、この宮崎全山も「終われば次・・・の何か・・・。」であり、旅に終わりは無く・・・正に「旅の途中」にしか過ぎない。そう「大好きな旅」の、その途中なのだ!

  


高砂城山からは、海・酒谷川・広渡川、そして町、山々が一望だった。

 

ブログへ

  
自宅6:30----宮崎市内学校----日南・福谷駐車位置スタート10:15----犬ヶ城山11:15----下山----駐車位置着・スタート12:01----鬼ヶ城山12:47----駐車位置着13:10----移動----昼食----益安・駐車位置スタート13:40----高砂城山14:43----駐車位置着15:26----温泉----自宅
  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 53          
ピーク(山行)合計 728