水流渓人のページ「登山日記」No.518

 
2012/10/28
 「不動冴山」「たかつごう山」「松株山」椎葉村
たかつごうやま1260.2m たかつごうやま1406m まつかぶやま1292.6m

そうだ!椎葉へ行こう・・・。そう思う様に、気持ちをコントロールするのも大変だが、行くと、やはりいいもんだ!!

晴れて来た! いい感じの紅葉 不動冴山」三等三角点
 

 よし!椎葉へ行こう!と、気持ちにスイッチが入る。宮崎の山全341座まで、後23座となったが、やはりストレスを感じていて、なんだか気持ちが乗らなかった、ここまで来て止めたらバカだ!素晴らしい事をしていながら、バカの域も見え隠れする私の挑戦は、いったい何なんだ!まぁいい・・・人に評価されようとか、人に褒めてもらいたいとか、そんな感覚はまったくなく、所詮、自分で思いついた「道楽」みたいなもんで、自己的に「遊びの王道」だと思っている。全部登ってしまえは、何か見えて来るのでは?と、見返りを期待する卑しい自分を卑下したりして、落ち込んだりもしたが、なぁ〜に何がある訳でもなく淡々とその日を過ごせばいいと思える。
 椎葉は、冬を迎える前に「秋が輝きを放っていた。」不動冴山には、登山道が出来ているとか、扇山からの縦走路があるとか、私にはどうでも良かった。空地に駐車すると、そこが登山口で、笹藪の斜面が登山道だ!しかも、それは未来永劫において、登山道になる事も無い、私だけの素敵なアプローチ道だ。ヒィハァ言いながら、笹藪を掻き分けたが、標高260m登るのに2時間20分もかかった。結構つらい藪漕ぎだった。山頂へ到達すれば、さぁ次!という元気な自分も確認できた。
 車移動して、林道からすぐの「たかつごう山」を2座目に消化し、さらに標高を下げながら林道を詰め、ちょいの歩きで「松株山」を3座目とした。駐車位置が、あまりにも気持ち良くて、景色良くて、来ている意味の実感できる場所だった。椎葉は、自宅から2時間で行ける。淡々とピークハントを続け、間もなく宮崎全山を完結させるつもりだ。

ススキ越しに周囲を見る

たかつごう山

松株山

 

ブログへ

  
自宅6:00----椎葉8:15----松木方面----内の八重----駐車位置標高990mスタート10:18----不動冴山12:40----昼食----下山13:12----駐車位置14:12----移動----松木越----たかつごう山14:56----移動----スタート15:19----松株山15:30----昼寝----椎葉----自宅19:30
  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 53          
ピーク(山行)合計 709