水流渓人のページ「登山日記」No.515

 
2012/09/26
「大椎」美郷町
おおしい 543.0m

2座目「熊の神楽」は、後100mを残しシダ藪に敗退・・・の印象につきた一日!
 
この斜面をヒーコラ登る 大椎山頂にて 熊の神楽の小ピークから全景
 

 もはや、私の山歩きは、登山道を調査する事は無い。出来る限り、地形図以外の情報は得ずして思った林道を走り、思った斜面・尾根に取付く。今回も、それそのものな登りで山頂に立つと、反対側から整備された登山道が上がって来ていた。後から美郷町のHPを見たら、山開きまで実施されている様子・・・、あー良かった!思い道理のコースで登れて!!やっぱり、価値が違うよね!
 「下鶴大橋」から林道へと入る。目当ての林道は、JA日向の養鶏場?付近から先は、荒れて廃道状態。駐車し、林道を歩いて目当ての尾根を目指す。所々崩壊した箇所を通り越すと、立派な林道に飛び出した。もちろん地図には無い。しばし方向だから林道を歩くが、地形は良く見ておくことが大切で、案の定その林道は別方向に行っていることに気づく。旧道を確認し、適当な斜面に取付いた。結構な急登りだが、30分と続かない。ようやく主尾根に到達し、しばし快適な尾根歩きが続き、山頂に飛び出した。
 案内板や標柱や、整備された山頂からは、おかげ?で眺望が楽しめるようになっていた。2座目と目論む「熊の神楽」や、「尾鈴山」まで見渡せる。結構、気温は上がり、日差しは強い。早々に、下山方向に進み、木陰で昼食とした。
 少し車で移動し、「熊の神楽」へと向かう。林道は倒木で塞がれていたので、駐車しあるく。地図からしても地形は複雑で、谷から稜線鞍部へと到達し、さらに斜面を登り鞍部へと至るのが計画。しかし、最初の鞍部で勘違いし、逆方向へ進み217mの小ピークに立つ。当然、探しても三角点は見当たらず、向こうにさらに高い山頂が見えていた。木を取り直しグイグイ登り、後、山頂まで100m地点に到達する。しかし、猛烈なシダの藪が立ち塞がった。右往左往するが、その尾根からは回り込めない。時間は、3時30分。シダ藪に取付くが、10分たっても10mぐらいしか進まない。これじゃ、最悪100分はかかる。そうなると、この複雑な地形を暗くなりかけ下山となる。潔く敗退とした。まぁ、再度挑戦し、突破する事には間違いないので、敗退も闘志へと変えつつ下山。

 

ブログへ

  
自宅6:25----佐土原駅6:45----美々津----石峠レイクランド----大鶴大橋----林道駐車位置スタート10:00----林道歩き----藪斜面10:39----大椎11:51----
  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 53          
ピーク(山行)合計 702