水流渓人のページ「登山日記」No.511

 
2012/08/19
「高屋山/鞍掛山」高千穂「中登山」五ヶ瀬
たかやさん640m  くらかけやま742m  なかとだけ949.5m

暑い、暑い、夏の一日。高千穂界隈の山に興じる。
 
高屋山 鞍掛山 中登岳
 

 夏は暑く、冬は寒い。判っていても、「暑い暑い」「寒い寒い」と、口に出して言う。自分の口から発しても、ちゃんと自分の耳には届くってもんだ。聞けば、だんだん嫌になって、気持ちが萎える。判っているが、何度も何度も気持ちを入れ直すこの頃である。
 二上神社方面に左折すると、すぐに右上に入る車道を進む。ぐいぐい高度が上がり、人家が現れ、視界が広がる。段々畑の斜面には、キツネノカミソリのオレンジ色が散在している。尾根方向に狭い道を走ると、「三原尾野創生センター」の広場に着いた。奥に電波塔が建ち、古い山道が消えるように続いているのが判る。身支度を整え、地図に点線が入る山道を歩くと、ところどころが道は消失しているものの、古い息遣いを感じる素敵な尾根道だった。急な斜面をたどると、標識も三角点も無い「標高点」の高屋山に着く。
 一旦、高千穂峡まで戻り、青葉大橋を渡ると、「向山神社」の標識に導かれ林道を走る。ただ、その向山神社が取付こうとしている尾根の延長なのかは判らないし、まったく地図に載っていない林道を走っている。まぁ、こういう時は行って見る事だ。地形が似ていりゃ登ってみる事だ。林道は、こんな山奥にどうして?という程の立派な鳥居と不動明王?が建ち、少し歩くと、石段の向こうに、ますます立派な神殿が鎮座していた。奥へ進むように尾根は続き、急な登りは地形図道理だ!鹿避けネットに突き当たると、伐採地からは高千穂の市街地と、夏の空がドデンと見えた。山頂は、石の祠があり、静かな佇まいだった。少し引き返し、景色の良い所で昼食にした。風が涼しくて、寒いぐらいだ。気圧が動き始めていた。
 涼しい風に、もう1座!と欲を出す。また、五ヶ瀬方面へと走り、「中登岳」へのアプローチを探す。上手くいけば、山頂近くまで林道があるはずだ!三ヶ所神社そばを入ると、違う林道へと入り込んでしまい、坂狩の集落から林道へと入り直す。標高800m辺りで、林道も荒れ始めたので、空地に駐車し、しばらく林道を歩き山頂近くから斜面を這い上がる。3座目となると、足もヘロヘロで、ここまで来ての再訪は辛いと、気力で三角点を踏む。
 高千穂の町は、あれこれイベントがあったのだろう・・・。たくさんの観光客や、地元の人達でにぎわっていた。お祭りだっのだろうか?温泉にも寄らず帰宅した。

 

ブログへ

  
自宅6:15----高千穂8:30----三原尾野創生センタースタート8:47----高屋山9:45----下山----駐車位置10:07----移動----向山神社鳥居11:05----神社11:14----鞍掛山12:24----昼食----下山----鳥居13:30----休憩----移動----三ヶ所神社----林道スタート地点15:35----中登岳16:00----下山---駐車位置16:15----自宅19:00
  
参加者 ぱぱ まま 長女 次女 長男 次男 ゲスト
出欠            
年齢 53          
ピーク(山行)合計 695